2022/05/25 更新

写真a

マツダ カズトシ
松田 一俊
MATSUDA Kazutoshi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 建設社会工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室住所
福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
研究室電話
093-884-3466
研究室FAX
093-884-3100
外部リンク

研究キーワード

  • 風工学

  • 耐風工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学  / 耐風・風工学

出身学校

  • 1981年03月   京都大学   工学部   土木工学科   卒業   日本国

取得学位

  • 京都大学  -  博士(工学)   2006年05月

学内職務経歴

  • 2011年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系     教授

学外略歴

  • 1991年07月 - 2011年03月   石川島播磨重工業株式会社   技術開発本部基盤技術研究所   副所長   日本国

  • 1981年04月 - 1987年06月   川崎重工業株式会社   鉄構・機器事業部設計室技術開発部   研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 1980年10月 - 現在   土木学会   日本国

  • 1981年10月 - 現在   日本風工学会   日本国

  • 1995年10月 - 現在   日本機械学会   日本国

  • 2011年08月 - 現在   社団法人日本鋼構造協会   日本国

  • 2011年07月 - 現在   九州橋梁・構造工学研究会   日本国

  • 2020年12月 - 2021年03月   西日本高速道路株式会社九州支社工事発注後の契約適正性に関する有識者会議   日本国

  • 2018年06月 - 2020年05月   日本風工学会表彰委員会 副委員長   日本国

  • 2018年04月 - 現在   西日本高速道路株式会社九州支社 入札監視委員会   日本国

  • 2017年04月 - 現在   北九州市 総合評価落札方式の入札にかかる意見聴取の学識経験者   日本国

  • 2016年08月 - 現在   国土交通省九州地方整備局佐賀国道事務所 呼子大橋修繕対策検討委員会委員   日本国

  • 2016年06月 - 2020年05月   日本風工学会編集・広報委員会委員   日本国

  • 2016年04月 - 2017年03月   愛媛県 上島架橋(岩城橋)技術検討委員会委員   日本国

  • 2015年04月 - 2016年03月   太陽光発電システム風荷重研究会   日本国

  • 2015年02月 - 2016年03月   日本風工学会 太陽光発電システム風荷重研究会委員   日本国

  • 2014年04月 - 2015年03月   愛媛県上島架橋(岩城橋)技術検討委員会委員   日本国

  • 2014年02月 - 2016年12月   土木学会第23回風工学シンポジウム査読委員会   日本国

  • 2013年04月 - 2015年03月   土木学会構造工学論文集編集小委員会部門分科会 主査   日本国

  • 2012年11月 - 2014年05月   国土交通省九州地方整備局 有明海沿岸道路筑後川・早津江川橋梁設計検討委員会   日本国

  • 2012年04月 - 2016年03月   土木学会西部支部商議員   日本国

  • 2011年11月 - 2012年03月   長崎県土木部 生月大橋劣化予防保全検討委員会   日本国

  • 2011年09月 - 2013年03月   土木学会構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会流体関連振動・風工学部門 副主査   日本国

  • 2011年09月 - 現在   社団法人日本鋼構造協会 鋼構造と風研究小委員会   日本国

  • 2011年08月 - 2012年06月   若戸大橋の健全度評価に関する技術検討委員会   日本国

  • 2010年12月 - 現在   日本風工学会 代表委員会   日本国

  • 2009年08月 - 2012年03月   関西道路研究会道路橋小委員会 強風・波浪にもとづく外力および応答評価小委員会   日本国

  • 2009年02月 - 2014年05月   阪神構造道路管理技術センター 橋梁のフラッター性能評価と耐風設計法に関する研究委員会   日本国

  • 2008年09月 - 現在   日本機械学会D&D v_BASEコア委員会   日本国

  • 1995年04月 - 現在   土木学会構造工学委員会耐風工学連絡小委員会   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • メガソーラー用単体パネルの局所レイノルズ数効果および風力係数低減対策の検討

    メガソーラー パネル 風洞試験 局所レイノルズ数 風力係数 風洞試験

    研究期間: 2012年06月  -  2013年03月

  • プラズマアクチュエータを用いた橋梁制振対策手法の研究

    プラズマアクチュエータ 風洞試験 制振

    研究期間: 2012年04月  -  現在

  • トラス橋斜材の低風速励振動の振動メカニズムの検討とその制振対策に関する研究

    トラス橋 斜材 低風速励振 制振対策 風洞試験

    研究期間: 2012年04月  -  現在

  • 長大吊橋主塔のギャロッピング振動メカニズム

    主塔 ギャロッピング 風洞試験 揚力係数 効力係数

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月

  • メガソーラー単体パネルに作用する風荷重

    風洞試験 パネル 風荷重

    研究期間: 2011年04月  -  2015年03月

  • タンデム角柱のインライン振動

    角柱 インライン振動 風洞試験

    研究期間: 2011年04月  -  2015年03月

  • プラズマアクチュエータを用いた気流制御の研究

    プラズマアクチュエータ 風洞試験 制振

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月

  • 円形断面を有する構造物の流体関連振動

    インライン振動 円柱 風洞実験

    研究期間: 1996年04月  -  2004年03月

  • 高レイノルズ数における橋桁のフラッター特性

    レイノルズ数 橋桁 フラッター 非定常空気力 三分力係数

    研究期間: 1996年04月  -  1999年03月

  • 超長大橋新形式橋桁の開発

    橋桁 風洞試験 フラッター 数値解析

    研究期間: 1994年04月  -  現在

  • 「本四公団・多々羅大橋」の耐風安定性検討

    風洞実験 ガスト応答 数値解析 三分力係数

    研究期間: 1993年04月  -  1998年03月

  • 長大橋梁ガスト応答解析

    橋梁 風洞試験 ガスト応答 数値解析

    研究期間: 1993年04月  -  1996年03月

  • 長大橋梁フラッター解析

    橋梁 フラッター 風洞試験 数値解析

    研究期間: 1993年04月  -  1994年03月

  • 橋梁主塔振動実験・動態観測

    主塔 動態観測

    研究期間: 1992年04月  -  1993年03月

  • 橋梁の風洞実験

    橋梁 桁 塔

    研究期間: 1981年06月  -  現在

▼全件表示

論文

  • 低風速域で生じるトラス橋斜材の空力振動

    松田一俊

    日本風工学会誌 ( 日本風工学会 )   41 ( 1 )   10 - 15   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 大規模太陽光発電所(メガソーラ)の風荷重合理化設計の一般化 その2 ~合理化設計のコスト低減効果と基礎形状が風力係数に与える影響 ~

    池田博嗣,松田一俊,池田浩一

    電力土木 ( 電力土木技術協会 )   ( 380 )   139 - 143   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 地上設置型太陽電池アレイの風力係数の精緻化に向けた取り組み

    松田 一俊

    電力土木 ( 一般社団法人電力土木技術協会 )   ( 361 )   4 - 8   2012年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Reynolds Number Effects on the Steady and Unsteady Aerodynamic Forces Acting on the Bridge Deck Sections of Long-Span Suspension Bridge

    K. Matsuda, M. Tokushige, T. Iwasaki

    IHI Engineering Review ( 石川島播磨重工業 )   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Horizontal Gust Response of "Tatara Bridge" under Construction

    K. Matsuda, T. Fujiwara, A. Moriyama,M.Tokushige, T. Iwasaki

    IHI Engineering Review ( 石川島播磨重工業 )   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 長大橋の風による振動とその制振対策

    松田 一俊

    ながれ ( 一般社団法人 日本流体力学会 )   21 ( 3 )   269 - 273   2002年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Proposal for Super-Long Span Suspension Bridge and Its Aerodynamic Characteristics

    K. Matsuda, Y. Hikami, M. Tokushige

    IHI Engineering Review ( 石川島播磨重工業 )   1997年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 中部国際空港道路連絡橋の制振対策と鉛直用制振装置の適用 査読有り

    小池裕二、松田一俊、佐藤文男、風間睦広、宇野名右衛門、五嶋浩一

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 長大橋に作用する定常・非定常空気力のレイノルズ数効果 査読有り

    松田一俊、徳重雅史、岩崎 徹

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Experimental study on the effect of the secondary vortex at trailing edge on response characteristics of the motion-induced vortex vibration for specific cross sections 査読有り

    Nade CAO, Kazutoshi MATSUDA, Kusuo KATO, Mitsushi Imamura, Tomoya Yanase

    Journal of Structural Engineering   67A   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In general, motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of the separated vortex from leading edge and the secondary vortex at trailing edge. However, the results of wind tunnel tests for rectangular cylinders have revealed that the secondary vortex at trailing edge is not necessary for the generation of motion-induced vortex vibration. In this study, two kinds of cross sections where the secondary vortex at trailing edge is considered less likely to occur were selected as the target cross sections. Wind tunnel tests were conducted in order to give a further explanation of the effect of secondary vortex at trailing edge on the motion-induced vortex vibration at the wind velocity region where larger response amplitude occurs. As a result, the secondary vortex at trailing edge is not necessary not only for the onset of the motion-induced vortex vibration, but also at wind velocities where larger response amplitude occurs.

  • 八角形断面の面取り角度の違いが渦励振応答特性に与える影響

    松田 一俊, 加藤 九州男, 重富 堅太, 曹 納徳, 横田 菜

    日本風工学会年次研究発表会・梗概集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   2021 ( 0 )   123   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>本研究は,<i>Vcr=</i>0.83<i>B/D</i>から発現する自己励起型渦励振に着目し.<i>B/D</i>=4の矩形断面をベースに面取り角度<i>θ</i>を徐々に変化させたとき,断面形状変化が渦励振応答特性に与える影響を実験的に検討したものである.その結果,<i>θ</i><i>≦</i>5deg.の場合,断面上下面に前縁剥離渦が生成され自己励起型渦励振が発現するが,<i>θ=</i>10, 15deg.の場合,前縁剥離渦の生成が弱まり,代わりに後縁から生じるカルマン渦が徐々に強まることに起因してカルマン渦励振に変化することが分かった.</p>

    DOI: 10.14887/jaweam.2021.0_123

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008052695

  • Experimental study on the effect of the secondary vortex at trailing edge on response characteristics of the motion-induced vortex vibration for specific cross sections 査読有り

    Cao Nade, Matsuda Kazutoshi, Kato Kusuo, Imamura Mitsushi, Yanase Tomoya

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )   67A ( 0 )   220 - 232   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In general, motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of the separated vortex from leading edge and the secondary vortex at trailing edge. However, the results of wind tunnel tests for rectangular cylinders have revealed that the secondary vortex at trailing edge is not necessary for the generation of motion-induced vortex vibration. In this study, two kinds of cross sections where the secondary vortex at trailing edge is considered less likely to occur were selected as the target cross sections. Wind tunnel tests were conducted in order to give a further explanation of the effect of secondary vortex at trailing edge on the motion-induced vortex vibration at the wind velocity region where larger response amplitude occurs. As a result, the secondary vortex at trailing edge is not necessary not only for the onset of the motion-induced vortex vibration, but also at wind velocities where larger response amplitude occurs.</p>

    DOI: 10.11532/structcivil.67a.220

    CiNii Research

  • Experimental study on the effect of the secondary vortex at trailing edge on response characteristics of motion-induced vortex vibration in the torsional mode 査読有り 国際誌

    Cao N., Matsuda K., Kato K., Shigetomi K., Ejiri K.

    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics   206   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Elsevier Ltd In general, motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of the separated vortex from leading edge and the secondary vortex at trailing edge. However, the results of previous wind tunnel tests for rectangular cross sections with side ratios of B/D ​= ​2, 4, 6 (B: along-wind length, D: cross-wind length) reveal that in the heaving mode, the secondary vortex at trailing edge is not always essential for the generation of motion-induced vibration, but can be relevant to the magnitude of the exciting force acting on the model. In this study, flow visualization tests by smoke wire method under forced vibration conditions and spring-supported tests by free vibration method were conducted. The emphasis of this study is placed on clarifying the effect of the secondary vortex at trailing edge on response characteristics of motion-induced vortex vibration in the torsional mode for rectangular cross sections. As a result, the stable shedding of the secondary vortex at trailing edge is not a necessary condition for the generation of motion-induced vortex vibration in the torsional mode, but the secondary vortex at trailing edge can be relevant to the magnitude of the exciting moment acting on the model.

    DOI: 10.1016/j.jweia.2020.104369

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090728390&origin=inward

  • 数値流体解析および風洞実験による各非定常空気力係数を用いた長大箱桁吊橋のフラッター解析に関する比較検討 査読有り

    田邨 拓海, 黒田 眞一, 山内 邦博, 松田 一俊, 佐藤 弘史, 森内 昭

    風工学研究論文集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   26 ( 0 )   268 - 277   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    数値流体解析(CFD)は,長大橋のフラッター特性を検討する上で,これまで主な手法であった風洞実験との相互補完的な運用が本格化しつつある. この論文は,橋梁断面の定常および非定常空気力を予測するためのCFDの適用性について検討したものである. 基本断面および長大吊橋の箱桁断面の計7種類の断面形状の各定常および非定常空気力係数を2次元RANSに基づく数値解析によって求めた.解析値と風洞実験値を比較した結果,両者は良く一致していることが分かった. 次に、解析値の空気力係数を使用してマルチモードフラッター解析から得たフラッター風速を風洞実験値の係数を使用した結果と比較した. その結果,CFDによる空気力係数を用いて解析したフラッター風速は,風洞実験値を用いて解析したフラッター風速と10%以内の誤差でほぼ一致した結果が得られた.

    DOI: 10.14887/windengresearch.26.0_268

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008043950

  • Wind tunnel tests on motion-induced vortex vibration 査読有り 国際誌

    Matsuda K., Kato K., Cao N.

    Proceedings of XI International Conference on Structural Dynamics (EURODYN 2020)   1   1988 - 2000   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 European Association for Structural Dynamics. All rights reserved. In 2009, a crack was discovered in the bracing member around the intermediate pier of Ikitsuki Bridge, a truss bridge in Nagasaki Prefecture, Japan. As a result of a field oscillation measurement by Nagasaki University, the main cause of the crack was identified as the Kármán vortex-induced vibration. However, aerodynamic vibrations were also observed even in the wind speed range lower than the resonance wind speed of the Kármán vortex-induced vibration. Conventionally, according to the result of a wind tunnel test using side ratios of B/D=2.0-8.0 (B: along-wind length, D: cross-wind length), the motion-induced vortex vibration caused by unification of the separated vortex from leading edge and the secondary vortex at trailing edge was recognized. However, considering the fact that the side ratio of the section of the bracing member of Ikitsuki Bridge is B/D=1.18, there has been a little past research on motion-induced vortex vibration on a rectangular cross section of B/D of less than 2. Therefore, the authors moved forward with a research of the motion-induced vortex vibration, focusing on the rectangular cross sections with small side ratios including B/D= 1.18. In order to clarify the generation of motion-induced vortex vibration, a spring-supported test and a smoke flow visualization test were conducted on the said cross sections. A possibility was shown that without the formation of the secondary vortex at trailing edge, a motion-induced vortex vibration might occur. Based on the wind tunnel test results, this research aimed to verify whether or not the secondary vortex at trailing edge is essential for the generation of motion-induced vortex vibration. As a result, it was found that it is considered that the secondary vortex at trailing edge is not always necessary not only for rectangular cross-sections with less than a side ratio of B/D=2, but also for a cross section similar to the rectangular cross section at both small amplitude range at the onset reduced wind speed of motion-induced vortex vibration and a comparatively large amplitude range where the maximum response amplitude of motion-induced vortex vibration occurs.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099726625&origin=inward

  • Study on the relation between secondary vortex at trailing edge and motion-induced vortex vibration in heaving mode for rectangular cross sections with side ratios of B/D=0.50-6.0 査読有り

    Nade Cao, Kazutoshi Matsuda and Kusuo Kato

    構造工学論文集   66A   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   東京   2020年04月18日  -  2020年04月19日

    In general, motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of separated vortex from leading edge and secondary vortex at trailing edge. However, the results of wind tunnel tests for the cross sections with side ratios of 1.18 reveal that motion-induced vortex in heaving mode might occur without the formation of secondary vortex at trailing edge. Therefore, in order to clarify the relation between secondary vortex at trailing edge and the generation of motion-induced vortex vibration, spring-supported and flow visualization tests for rectangular cross sections with side ratios of 0.50-6.0 were conducted. It was found that the stable shedding of secondary vortex at trailing edge is not necessary condition of the generation of motion-induced vortex vibration in heaving mode.

    Kyutacar

  • Study on the relation between secondary vortex at trailing edge and motion-induced vortex vibration in heaving mode for rectangular cross sections with side ratios of <i>B/D</i>=0.50-6.0 査読有り

    Cao Nade, Matsuda Kazutoshi, Kato Kusuo

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )   66 ( 0 )   303 - 316   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In general, motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of separated vortex from leading edge and secondary vortex at trailing edge. However, the results of wind tunnel tests for the cross sections with side ratios of 1.18 reveal that motion-induced vortex in heaving mode might occur without the formation of secondary vortex at trailing edge. Therefore, in order to clarify the relation between secondary vortex at trailing edge and the generation of motion- induced vortex vibration, spring-supported and flow visualization tests for rectangular cross sections with side ratios of 0.50-6.0 were conducted. It was found that the stable shedding of secondary vortex at trailing edge is not necessary condition of the generation of motion-induced vortex vibration in heaving mode.</p>

    DOI: 10.11532/structcivil.66A.303

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007830358

  • ICWE15 参加報告

    中藤 誠二, 長谷部 寛, 松田 一俊, 松宮 央登, 吉田 昭仁, 勝地 弘, 菊本 英紀, 酒井 佑樹, 富永 禎秀, 友清 衣利子, 南雲 洋介, 野口 恭平, 野口 卓史

    日本風工学会誌 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   45 ( 1 )   41 - 48   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.5359/jawe.45.41

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007858882

  • 強制加振時における矩形断面周りの流れの可視化

    松田一俊,加藤九州男

    日本風工学会誌 ( 日本風工学会 )   47 ( 1 )   17 - 22   通号No.170   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Motion- Induced Vortex Vibration of a Diagonal Member in a Steel Truss Bridge 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Nade Cao, Kenta Shigetomi and Kazufumi Ejiri

    Proceedings of the 12th Pacific Structural Steel Conference (PSSC2019)   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京   2019年11月09日  -  2019年11月10日

    In 2009, a crack was discovered in the bracing member of the Ikitsuki-ohashi Bridge, a truss bridge in Nagasaki Prefecture, Japan around the intermediate pier. The side ratio of the section was B/D=1.18 (B: along-wind length, 590mm, D: cross-wind length, 500mm). As a result of a field oscillation measurement, the main cause of the crack was identified as a Kármán vortex vibration. However, another aerodynamic vibration was also observed even in the wind speed range lower than the resonance wind speed of the Kármán vortex vibration. Since the Scruton number of the bracing members was estimated to be approximately 2-3, the aerodynamic vibration was thought to be motion-induced vortex vibration at first. The generation of motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of separated vortices from the leading edge and secondary vortices at the trailing edge. Though motion-induced vortex vibration has been confirmed on rectangular cross sections with side ratios of B/D=2–8 according to the results of past wind tunnel tests, there are few past researches on the motion-induced vortex vibration on a rectangular cross section of B/D of less than 2. For that reason, spring-supported test for B/D=1.18 was conducted to simulate the phenomenon in a closed circuit wind tunnel at Kyushu Institute of Technology. It was a new findings to find out that vibrations were confirmed in the neighborhoods of reduced wind speeds Vr=V/fD=2 and Vr=8 (V: wind speed (m/s), f: natural frequency (Hz)). Because the reduced wind speed in motion-induced vortex vibration is calculated as Vr=1.67×B/D=1.67×1.18=2.0, vibrations around Vr=2 were considered to be motion-induced vortex vibration. On the other hand, vibrations around Vr=8 were considered to be Kármán vortex-induced vibration, because Vr=1/St=8.1. St is Strouhal number of 0.124 measured by wind tunnel test using a rectangular cross section of B/D=1.18. In this paper, the authors paid attention to the wind tunnel model configuration. Flanges of rectangular column in steel structures have not been usually taken into account when manufacturing wind tunnel test models. Wind tunnel tests were carried out in order to clarify the effects of flanges of rectangular column in steel structures on motion-induced vortex vibration.

    Kyutacar

  • Experimental Study on the Effect of Secondary Vortices at the Trailing Edge on Motion-Induced Vortex Vibration 査読有り

    Matsuda K., Kato K., Cao N., Higashimura R.

    Lecture Notes in Civil Engineering ( Springer )   27   496 - 506   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019, Springer Nature Switzerland AG. According to the results of conventional wind tunnel tests on rectangular cross sections with side ratios of B/D = 2–8 (B: along-wind length (m), D: cross-wind length (m)), motion-induced vortex vibration was confirmed. The generation of motion-induced vortex vibration is considered to be caused by the unification of separated vortices from the leading edge and secondary vortices at the trailing edge. Spring-supported tests and smoke flow visualization tests for B/D = 0.62, 0.75, 1.0, 1.18 and 1.50 were conducted in a wind tunnel at Kyushu Institute of Technology. As a result, it was considered that the secondary vortices at the trailing edge are not always essential for the generation of the motion-induced vortex vibration in heaving motion of each cross section. In this study, smoke flow visualizations were performed for side ratios of B/D = 2.0, 4.0, 6.0 in order to elucidate the role of secondary vortices at the trailing edge in motion-induced vortex vibration in heaving motion. Spring-supported tests were also carried out in order to obtain the response characteristics of the models.

    DOI: 10.1007/978-3-030-12815-9_38

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85063745897&origin=inward

  • <b>タンデム正方形角柱の空力振動に及ぼす模型支持条件の影響</b>

    松田 一俊, 加藤 九州男, 中村 雄太, 神谷 健太

    日本風工学会年次研究発表会・梗概集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   2019 ( 0 )   143 - 144   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>タンデム正方形角柱の空力振動に関する既往の研究では,一様流中に直列に置かれた2角柱のうち注目する試験体を弾性支持し,他方を固定した状態で2角柱の間隔を変化させて研究を行っている.しかし,研究機関によって模型支持条件だけでなく,スクルートン数,アスペクト比等の実験条件が異なることから,タンデム正方形角柱の空力振動に及ぼす模型支持条件の影響,ひいては耐風設計上安全側の評価を与える模型支持条件が明らかになっていない.本研究では,タンデム正方形角柱の主流直角方向振動を対象に風洞実験を行い,著者らの既往の研究で明らかになったタンデム正方形角柱の主流方向振動(インライン振動)特性に与える模型支持条件の検討結果も勘案した上で,タンデム正方形角柱の空力振動に与える模型支持条件の影響を総括的に明らかにすることを目的とする.</p>

    DOI: 10.14887/jaweam.2019.0_143

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Effects of rectangular column flanges in steel structures on motion-induced vortex vibration 査読有り

    Matsuda K., Kato K., Ejiri K., Cao N.

    ASME-JSME-KSME 2019 8th Joint Fluids Engineering Conference, AJKFluids 2019   1   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Copyright © 2019 ASME A spring-supported test for a rectangular cross section with the side ratio of B/D=1.18 (B:along-wind length, D: cross-wind length) was conducted to simulate the phenomenon in a closed circuit wind tunnel at Kyushu Institute of Technology. A new finding was that vibrations were confirmed in the neighborhoods of reduced wind speeds Vr=V/fD=2 and Vr=8 (V: wind speed (m/s), f: natural frequency (Hz)). Because the reduced wind speed in motion-induced vortex vibration is calculated as Vr=1.67×B/D=1.67×1.18=2.0, vibrations around Vr=2 were considered to be motion-induced vortex vibration. On the other hand, vibrations around Vr=8 were considered to be Kármán vortex-induced vibrations, because Vr=1/St=8.1. St has a Strouhal number of 0.124 measured by wind tunnel test using a rectangular cross section of B/D=1.18. In this paper, the authors focused on the wind tunnel model configuration. Rectangular column flanges in steel structures have not usually been taken into account when manufacturing wind tunnel test models. Wind tunnel tests were carried out in order to clarify the effects of rectangular column flanges in steel structures on motion-induced vortex vibration. Spring-supported tests, smoke flow visualizations and measurements of Strouhal number and unsteady aerodynamic lift were performed with or without flanges changing angle of attack. Models were forced-oscillating in smoke flow visualizations and unsteady aerodynamic lift measurements. All wind tunnel tests were conducted in a smooth flow. As a result, it was found that it could be very important to model rectangular column flanges in steel structures for wind tunnel tests, especially bracing members of long-spanned truss bridges from a wind engineering point of view.

    DOI: 10.1115/AJKFLUIDS2019-4620

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85076423035&origin=inward

  • 断面辺長比B/D=2,4,6の矩形断面の自己励起型渦励振における後縁2次渦の役割 査読有り

    松田 一俊, 加藤 九州男, 曹 納徳, 江尻 和史, 東村 諒也

    風工学シンポジウム論文集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   25 ( 0 )   301 - 306   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>矩形断面から放出される渦は大別して,カルマン渦と自己励起渦(前縁剥離渦)の2種類がある.カルマン渦は,断面上面および下面から放出される剥離せん断層が断面後流域において相互に干渉し合う渦であるのに対し,前縁剥離渦は,断面の振動に伴って断面の上面および下面の前縁から剥離せん断層がそれぞれ独立に放出される渦である.自己励起型渦励振は,前縁はく離渦と後縁2次渦の一体化が原因と考えられており,断面辺長比B/D=2~8(B:断面幅,D:断面高さ)で発生することが報告されている.また,自己励起型渦励振の発現換算風速Vr=V/fD(V:風速(m/s),f:固有振動数(1/s))は,断面辺長比に依存し,例えば鉛直たわみ振動の場合,断面前縁で発現した前縁剥離渦が振動1周期または2周期で後縁に達する場合,Vcr,n=(1/n) ×1.67×B/Dより,それぞれVr=1.67×B/D(n=1),0.83×B/D(n=2)と表わされる.著者らは,断面辺長比B/D=2.0以下の空力的によりブラフな断面を対象にばね支持実験および流れの可視化実験を行った結果,自己励起型渦励振の発現を確認した上で,後縁2次渦は自己励起型渦励振の発現に必ずしも必要ないことを指摘した.ここでは断面辺長比B/D=2.0,4.0,6.0の矩形断面を対象に,始めにばね支持実験で基本的な自己励起型渦励振特性を把握し,その結果を踏まえて流れの可視化実験から得られる強制加振させた各矩形断面まわりに生じる前縁剥離渦と後縁2次渦の流れパターンから自己励起型渦励振における後縁2次渦の役割を考察した.B/D=2.8~6.0のカルマン渦励振と自己励起型渦励振の各発現風速が近接していることから,カルマン渦を抑制する目的で矩形断面の後流側にスプリッター・プレートを設置した実験ケースも行った.</p>

    DOI: 10.14887/kazekosymp.25.0_301

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007669571

  • Experimental Study on the Effect of Secondary Vortices at the Trailing Edge on Motion-Induced Vortex Vibration 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Nade Cao, Ryoya Higashimura

    Proceedings of XV Conference of the Italian Association for Wind Engineering   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Napoli   2018年09月10日  -  2018年09月12日

    Kyutacar

  • Aerodynamic Flow Separation Control Using Plasma Actuator of Rectangular Cross Section with a Side Ratio of B/D=2 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Kentaro Suda, Mitsushi Imamura, Nade Cao

    Proceedings of 13th UK Conference on Wind Engineering   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    England   Leeds   2018年09月03日  -  2018年09月04日

    Kyutacar

  • EFFECTS OF ASPECT RATIO AND DISTANCE BETWEEN TWO SQUARE CYLINDERS IN A TANDEM ARRANGEMENT ON IN-LINE OSCILLATION CHARACTERISTICS 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Yuta Nakamura, Haruna Inoue

    Proceedings of the 9th International Symposium on Fluid-Structure Interactions, Flow-Sound Interactions, Flow-Induced Vibration & Noise   2018年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    CANADA   TORONTO   2018年07月08日  -  2018年07月11日

    Kyutacar

  • STUDY ON THE RELATION BETWEEN SIDE RATIOS OF RECTANGULAR CROSS SECTIONS AND SECONDARY VORTICES AT TRAILING EDGE IN MOTION-INDUCED VORTEX EXCITATION 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Kouki Arise, Hajime Ishii

    Proceedings of the ASME 2017 Pressure Vessels & Piping Division Conference   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Waikoloa   2017年07月16日  -  2017年07月20日

  • IN-LINE OSCILLATION CHARACTERISTICS OF TWO SQUARE CYLINDERS IN A TANDEM ARRANGEMENT 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Kentaro Suda, Yuta Nakamura

    Proceedings of 7th European-African Conference on Wind Engineering   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Beggium   Liege   2017年07月04日  -  2017年07月07日

  • Study on the relation between side ratios of rectangular cross sections and secondary vortices at trailing edge in motion-induced vortex excitation 査読有り

    Matsuda K., Kato K., Arise K., Ishii H.

    American Society of Mechanical Engineers, Pressure Vessels and Piping Division (Publication) PVP   4   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    According to the results of conventional wind tunnel tests on rectangular cross sections with side ratios of B/D=2-8 (B: along-wind length (m), D: cross-wind length (m)), motion-induced vortex excitation was confirmed. The generation of motion-induced vortex excitation is considered to be caused by the unification of separated vortices from the leading edge and secondary vortices at the trailing edge [1]. Spring-supported test for B/D=1.18 was conducted in a closed circuit wind tunnel (cross section: 1.8 m high×0.9 m wide) at Kyushu Institute of Technology. Vibrations were confirmed in the neighborhoods of reduced wind speeds Vr=V/fD=2 and Vr=8 (V: wind speed (m/s), f: natural frequency (Hz)). Because the reduced wind speed in motion-induced vortex excitation is calculated as Vr=1.67×B/D=1.67×1.18=2.0 [1], vibrations around Vr=2 were considered to be motion-induced vortex excitation. According to the smoke flow visualization result for B/D=1.18 which was carried out by the authors, no secondary vortices at the trailing edge were formed, although separated vortices from the leading edge were formed at the time of oscillation at the onset wind speed of motion-induced vortex excitation, where aerodynamic vibrations considered to be motion-induced vortex excitation were confirmed. It was suggested that motion-induced vortex excitation might possibly occur in the range of low wind speeds, even in the case of side ratios where secondary vortices at trailing edge were not confirmed. In this study, smoke flow visualizations were performed for ratios of B/D=0.5-2.0 in order to find out the relation between side ratios of rectangular cross sections and secondary vortices at trailing edge in motion-induced vortex excitation. The smoke flow visualizations around the model during oscillating condition were conducted in a small-sized wind tunnel at Kyushu Institute of Technology. Experimental Reynolds number was Re=VD/v=L6×103. For the forced-oscillating amplitude η, the non-dimensional double amplitudes were set as 2η/D=0.02-0.15. Spring-supported tests were also carried out in order to obtain the response characteristics of the models.

    DOI: 10.1115/PVP2017-65565

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85034055018&origin=inward

  • 断面辺長比2以下の矩形断面の自己励起型渦励振における後縁2次渦の役割

    松田 一俊, 加藤 九州男, 有瀬 公貴, 石井 甫

    日本風工学会年次研究発表会・梗概集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   2017 ( 0 )   133 - 134   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    矩形断面の自己励起型渦励振は,断面辺長比B/D=2~8で発生することが報告されている.前縁剥離渦が,断面側面上を流下し,後縁2次渦と一体化することにより振動が発現すると考えられている.一方,著者らが実施した断面辺長比2以下の矩形断面を対象としたばね支持実験の結果,自己励起型渦励振と考えられる空力振動が観測された.しかし,小振幅で強制加振させた断面周りの流れの可視化実験結果によると,前縁剥離渦は確認されたが,明確な後縁2次渦の発現は確認できなかった.本研究は,断面辺長比が2以下の矩形断面を対象に,強制加振振幅を変化させて後縁2次渦の生成状況を流れの可視化実験によって確認することにより,後縁2次渦が果たす役割を明確化することを目的とした.

    DOI: 10.14887/jaweam.2017.0_133

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006983953

  • 鋼・コンクリート混合斜張橋用箱桁の耐風対策の検討-岩城橋- 査読有り

    八木裕紀,河本卓朗,深谷茂広,田中剛,森野真之,野田辰徳,松田一俊

    第24回風工学シンポジウム論文集   ( 24 )   349 - 354   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   東京   2017年12月05日  -  2017年12月07日

  • IN-LINE OSCILLATION CHARACTERISTICS OF TWO SQUARE CYLINDERS IN A TANDEM ARRANGEMENT IN FLOW HYSTERESIS REGION 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Itsuki Aratsu, Yoko Tashiro

    Proceedings of 11th International Conference on Flow-Induced Vibrations   2016年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Netherlands   Hague   2016年07月04日  -  2016年07月06日

  • Experimental study on aerodynamic vibrations of rectangular cross sections having low side ratios 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Yusuke Tamai, Kentaro Suda

    Proceedings of 8th International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston   2016年06月07日  -  2016年06月11日

  • 鋼・コンクリート混合斜張橋用箱桁の耐風対策の検討-岩城橋- 査読有り

    野田 辰徳, 八木 裕紀, 河本 卓朗, 深谷 茂広, 田中 剛, 森野 真之, 松田 一俊

    風工学シンポジウム論文集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   24 ( 0 )   349 - 354   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    本稿は,中央支間475mの混合斜張橋用鋼箱桁の耐風安定性について述べている.鋼箱桁において,渦励振やギャロッピング,フラッターのような空力振動を抑制するためには,フェアリングやフラップのような空力対策を設置することが多い.しかし,これらの部材は,近年,維持管理において問題が生じており,耐風安定性のみではなく,初期コスト及び維持管理費についても考慮するべきである.そこで,久保等によって開発された剥離干渉法に基づいた小規模な耐風対策部材による耐風安定性の確保を試みた.二次元剛体模型を用いたバネ支持風洞試験により,基本断面では渦励振の発現が確認されたが,主桁下面の隅切りと,水平プレート(鋼床版の張出)及び物止め板(地覆の代用)を耐風対策として採用し,耐風安定性を確保した.

    DOI: 10.14887/kazekosymp.24.0_349

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005464446

  • 低風速域で生じるトラス橋斜材の空力振動 招待有り

    松田 一俊

    日本風工学会誌 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   41 ( 1 )   10 - 15   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.5359/jawe.41.10

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005151079

  • ICWE14参加報告

    野田 稔, 伊藤 靖晃, 植松 康, 勝地 弘, 河合 英徳, 今野 大輔, 白土 博通, 竹内 崇, Cristiano Augusto Trein, 野口 恭平, 野村 卓史, 長谷部 寛, 松田 一俊, 八木 知己

    日本風工学会誌 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   40 ( 4 )   428 - 439   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.5359/jawe.40.428

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jawe/40/4/40_428/_pdf

  • :AERODYNAMIC FLOW SEPARATION CONTROL OF BRIDGE DECK SECTIONS USING PLASMA ACTUATORS 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato

    Proceedings of the ASME 2015 Pressure Vessels & Piping Division Conference   2015年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    米国   ボストン   2015年07月19日  -  2015年07月23日

  • Experimental Study on Aerodynamic Vibrations of a Bracing Member with a Rectangular Cross Section of The Long–Spanned Truss Bridge 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Yusuke Tamai, Kyohei Misawa, Itsuki Ikeda

    Proceedings of 14th International Conference on Wind Engineering   2015年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ブラジル   ポルトアレグレ   2015年06月21日  -  2015年06月26日

  • Estimation and Refinement of Wind-Force CoefficientActing on a Photovoltaic Array on the Ground 査読有り

    Hirotsugu IKEDA, Kazutoshi MATSUDA, Kusuo KATO, Kouichi IKEDA

    Journal of JSCE   3 ( 1 )   145 - 159   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ESTIMATION AND REFINEMENT OF WIND-FORCE COEFFICIENT ACTING ON A PHOTOVOLTAIC ARRAY ON THE GROUND 査読有り

    IKEDA Hirotsugu, MATSUDA Kazutoshi, KATO Kusuo, IKEDA Kouichi

    Journal of JSCE ( 公益社団法人 土木学会 )   3 ( 1 )   45 - 59   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

     Wind loads, known to be an essential factors in the design of structures for photovoltaic arrays, are the products of kinetic pressure, wind-force coefficient <i>C<sub>W</sub></i> and array area, under JIS C 8955. However, the use of <i>C<sub>W</sub></i> is limited to an array angle-of-attack θ between 15° and 45°, and is not applicable where angle-of-attack is low at approximately 10°. However, such low θ have been used increasingly in recent years. In addition, the impact of the difference in the distance from the ground to array has not been investigated. When objects having a wing-form shape are moving close to the ground, a ground-effect may arise, resulting in an increase in lift power, and a similar increase is expected for arrays that have shapes similar to wings. If these wind loads can be evaluated properly, it is expected that the safety and economical performance of arrays can be further improved. In this research, the authors conducted a wind tunnel test using a 1/20 single-unit scale array model to estimate and refine wind-force coefficient <i>C<sub>W</sub></i> taking into account the array's angle-of-attack and its structure height.

    DOI: 10.2208/journalofjsce.3.1_45

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 完全剥離型矩形断面の剥離渦に対するプラズマアクチュエータを用いた剥離抑制制御

    松田 一俊, 加藤 九州男, 玉井 佑典, 池田 樹

    日本風工学会年次研究発表会・梗概集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   2015 ( 0 )   179 - 180   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    近年,誘電体バリア放電により生成されるプラズマを利用した流体制御技術として,プラズマアクチュエータが注目されている.これは2枚の電極とその間に挟まれる誘電体層からなるシンプルな構造をしており,電極間に交流高電圧を印加することで,上部電極から下部電極方向にプラズマが発生し,その周辺に流れが誘起される.これまでDBDプラズマアクチュエータの剥離抑制効果は翼断面等で実証されてきたが,著者らが行った研究によって橋梁断面等についても剥離抑制効果があることが確認された.最終的な目的であるプラズマアクチュエータによる橋梁の空力振動抑制法の確立に向け,ここでは矩形断面の強制加振時における断面周りの流れの可視化結果から本剥離抑制制御手法の有効性を示す.

    DOI: 10.14887/jaweam.2015.0_179

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005485632

  • Aerodynamic flow separation control of bridge deck sections using plasma actuators 査読有り

    Matsuda K., Kato K.

    American Society of Mechanical Engineers, Pressure Vessels and Piping Division (Publication) PVP   4   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Copyright © 2015 by ASME. In order to suppress wind-induced vibrations of bridge girders, two general methods are applied: aerodynamic and mechanical countermeasures. In this study, a new approach to suppress wind-induced vibrations, "a dielectric barrier discharge (DBD) plasma actuator", was investigated through wind tunnel experiments to determine its potential as a device for flow control around bridge deck sections. This approach is already in use in other fields, such as in the fluid dynamics flow control for separation control in wing surface flow. In this study, it was found that there is a possibility that DBD plasma actuators could be used in the future as the devices for suppressing wind-induced vibrations of bridge girders.

    DOI: 10.1115/PVP2015-45140

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84957034051&origin=inward

  • 大規模太陽光発電所(メガソーラー)の風荷重合理化設計の一般化~配置形状に依存しない設計用規格化風力係数の低減範囲の特定~ 査読有り

    池田博嗣,松田一俊,村上貴裕

    電力土木   ( 375 )   13 - 27   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 低風速域で生じるトラス橋斜材の空力振動に関する実験的研究 査読有り

    玉井佑典,松田一俊,加藤九州男,三澤恭平,池田樹

    第23回風工学シンポジウム論文集   211 - 216   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 地上設置型太陽電池アレイの風力係数の精緻化と推定 査読有り

    池田博嗣,松田一俊,加藤九州男,池田浩一

    土木学会論文集A1   70 ( 1 )   105 - 117   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 主流方向に縦列で並んだアレイの配置が風力係数に与える影響 査読有り

    池田博嗣,松田一俊,加藤九州男,大竹克典,中牟田和典,池田浩一

    第60回構造工学論文集   436 - 445   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 地上設置型太陽電池アレイの風力係数の精緻化と推定 査読有り

    池田 博嗣, 松田 一俊, 加藤 九州男, 池田 浩一

    土木学会論文集A1(構造・地震工学) ( 公益社団法人 土木学会 )   70 ( 1 )   105 - 117   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    太陽電池アレイ支持物の設計において重要となる風荷重は,JIS C 8955により動圧力と風力係数<i>C<sub>W</sub></i>およびアレイ面積の積で表されるが,風力係数<i>C<sub>W</sub></i>の利用においては,アレイの迎角がθ=15~45°の範囲に限定されており,近年採用が増えている10°程度の低迎角には対応していない.また,地面からアレイまでの間隔の違いが与える影響も未検討である.翼形状を持つ物体が地面付近を移動する場合,揚力が増す地面効果現象が発生するため,翼形状に似たアレイでも同様に揚力の増加が予想される.これらの風荷重を正しく評価できれば,アレイの安全性と経済性がさらに向上することが期待できる.そこで本研究は,単体のアレイを1/20で模型化した風洞実験を実施し,迎角と支持高さを考慮した風力係数<i>C<sub>W</sub></i>の精緻化と推定を試みた.

    DOI: 10.2208/jscejseee.70.105

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004557016

  • 主流方向に縦列で並んだアレイの配置が風力係数に与える影響 査読有り

    池田 博嗣, 松田 一俊, 加藤 九州男, 大竹 克典, 中牟田 和典, 池田 浩一

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )   60 ( 0 )   436 - 445   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    For solar panels, it is vital to ensure adequate wind-resistance performance. JIS has provided an approximation formula for calculating the wind force coefficient, which must be understood to ensure wind performance. In addition, when a mega-solar system is installed, it is well known that for solar cells located at the center, half the value of the wind force coefficient as compared to that of the surrounding solar cells subject to direct wind exposure may be applied. However, the zone of solar panels for which half the wind force coefficient may be applied has not been clearly identified. Given the situation, we approached the development of a design methodology for reductions in solar panel framework cost and foundation construction cost.

    DOI: 10.11532/structcivil.60A.436

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005438981

  • 低風速域で生じるトラス橋斜材の空力振動に関する実験的研究 査読有り

    玉井 佑典, 松田 一俊, 加藤 九州男, 三澤 恭平, 池田 樹

    風工学シンポジウム論文集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   23 ( 0 )   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    平成21年長崎県にある中央支間長400mを有するトラス橋である生月大橋の斜材に亀裂が発見された.その後の現地振動計測の結果,亀裂の主原因はカルマン渦励振とされたが,カルマン渦励振の共振風速よりも低い7~8m/sの風速域においても振動が観測された.従来,断面辺長比B/D=2~8の矩形断面を用いた風洞試験結果によると,カルマン渦励振風速域よりも低風速域で生じる自己励起型渦励振が確認されている.しかしながら,生月大橋のトラス斜材の断面辺長比は,B/D=1.18であり,この断面辺長比については従来のばね支持実験で自己励起型渦励振が確認されていない.そこで,本研究ではカルマン渦励振の共振風速よりも低風速領域で発現が確認されたこの振動に着目し,断面辺長比B/D=1.18の矩形断面を対象に,ばね支持実験を行い,振動の再現を試みた.さらに非定常空気力計測や流れの可視化実験も行い,ばね支持実験結果についての考察を試みた.また,自己励起渦の生成と断面辺長比B/Dとの関係を明らかにするため,断面辺長比B/Dを0.5~2.0に変化させた流れの可視化実験も行った.

    DOI: 10.14887/kazekosymp.23.0_211

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005478112

  • 20087 湾岸部に建設されるメガソーラー発電所太陽電池アレイの設計用風力係数(耐風設計(1),構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    石出 一郎, 松田 一俊, 西村 章, 大竹 和夫, 田中 英之, 上村 要, 首藤 束, 池田 博嗣

    構造I ( 日本建築学会 )   ( 2013 )   173 - 174   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009683119

  • REYNOLDS NUMBER EFFECTS ON THE STEADY AND UNSTEADY AERODYNAMIC FORCES ON A 1:10 SCALE BRIDGE DECK SECTION MODEL 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kevin. R. Cooper, Hiroshi Tanaka, Masafumi Tokushige, Toru Iwasaki

    The Second International Symposium on Engineering Mechanics and its Applications   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州市   2013年08月  -  2013年08月

  • Flow Control of Bridge Deck Sections Using Dielectric Barrier Discharge Plasma Actuator 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Tatsuhiro Uchida, Chikako Hirano, Akimi Sawata

    Proceedings of The 6th European-African Conference on Wind Engineering   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    英国   ケンブリッジ   2013年07月07日  -  2013年07月11日

  • LOW SPEED INSTABILITY OF TWO-DIMENSIONAL RECTANGULAR PRISMS 査読有り

    Kazutoshi Matsuda, Kusuo Kato, Keigo Hisadomi and Kentaro Harada

    Proceedings of ASME 2013 PVP;Pressure Vessels & Piping Conference in Paris   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    フランス   パリ   2013年07月14日  -  2013年07月18日

    DOI: 10.1115/PVP2013-97353

    Scopus

  • プラズマアクチュエーターを用いた気流制御の高効率化に関する実験的検討

    松田 一俊, 加藤 九州男, 平野 智香子, 内田 達大, 澤田 陽未

    JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering   ( 135 )   173 - 174   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10031173528

  • プラズマアクチュエーターを用いた矩形断面のはく離制御に関する実験的研究

    松田 一俊, 加藤 九州男, 平野 智香子, 内田 達大, 澤田 陽未

    理論応用力学講演会 講演論文集 ( 日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」 )   62 ( 0 )   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    従来,翼のはく離制御方法として前縁フラップやボルテックジェネレーター等が用いられている.最近,誘電体バリア放電(Dielectric Barrie Discharge)を利用したDBDプラズマアクチュエーターによって,翼周りの流れをアクティブに制御する方法の研究が進められている.本研究では,橋梁などの耐風制振対策へのプラズマアクチュエーターの適用性検討の初期段階として,断面比(桁幅/桁高)が3の矩形断面を対象に断面周りの流れの制御を風洞実験で試みた.プラズマアクチュエーターを構成する2つの電極の長さの最適な組み合わせ,電極に負荷する電圧や変調周波数の最適化,プラズマアクチュエーターの矩形断面への取り付け位置の最適化の各検討を行った.また,これらの実験結果に対して,PIVを用いた流れの可視化実験も行い考察も行った.

    DOI: 10.11345/japannctam.62.0.229.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004605054

  • Flow control of Bridge Deck sections using dielectric barrier discharge plasma actuators 査読有り

    Matsuda K., Kato K., Uchida T., Hirano C., Sawata A.

    6th European and African Conference on Wind Engineering, EACWE 2013   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In order to suppress wind-induced vibrations of bridge girders, two general methods are applied: aerodynamic and mechanical countermeasures. In this study, a new approach to suppress windinduced vibrations, "a dielectric barrier discharge (DBD) plasma actuator", was investigated through wind tunnel experiments to determine its potential as a device for flow control around bridge deck sections. This approach is already in use in other fields, such as in the fluid dynamics flow control for separation control in wing surface flow. In this study, it was found that there is a possibility that DBD plasma actuators could be used in the future as the devices for suppressing wind-induced vibrations of bridge girders.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84923884736&origin=inward

  • プラズマアクチュエーターを用いた気流制御の高効率化に関する実験的検討

    松田 一俊, 加藤 九州男, 平野 智香子, 内田 達大, 澤田 陽未

    日本風工学会年次研究発表会・梗概集 ( 一般社団法人 日本風工学会 )   2013 ( 0 )   173 - 174   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    従来,翼のはく離制御方法として前縁フラップやボルテックジェネレーター等が用いられている.最近,誘電体バリア放電(Dielectric Barrie Discharge)を利用したDBDプラズマアクチュエーターによって,翼周りの流れをアクティブに制御する方法の研究が進められている.本研究では,橋梁などの耐風制振対策へのプラズマアクチュエーターの適用性検討の初期段階として,断面比(桁幅/桁高)が3の矩形断面を対象に断面周りの流れの制御を風洞実験で試みた.プラズマアクチュエーターを構成する2つの電極の長さの最適な組み合わせ,電極に負荷する電圧や変調周波数の最適化,プラズマアクチュエーターの矩形断面への取り付け位置の最適化の各検討を行った.また,これらの実験結果に対して,PIVを用いた流れの可視化実験も行い考察も行った.

    DOI: 10.14887/jaweam.2013.0.173.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004607112

  • Kyushu Electric’s Approach to Wind-resistance Design for Solar Panels

    Hirotsugu Ikeda, Kouichi Ikeda, Kazutoshi Matsuda, Kusuo Katou

    The 19th Conference on Electric Power Supply Industry (CEPSI 2012 Bali)   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Nusa Dua-Bali   2012年10月15日  -  2012年10月19日

  • 並列配置された橋桁の空力振動応答 査読有り

    山内邦博,上島秀作,松田一俊

    「フラッターの制御と利用」に関する第1回シンポジウム梗概集   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   東京  

  • 荒川横断橋りょうの耐風設計 査読有り

    杉本高志,井上 学,松田一俊

    橋梁と基礎 ( 建設図書 )   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Wind Tunnel Test for "Binh Bridge" in Vietnam 査読有り

    H. Uejima, K. Matsuda and M. Yabuo

    IHI Engineering Review ( 石川島播磨重工業 )   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 完成後に得られた減衰特性と気流特性を考慮した「門崎高架橋」(4径間部)の耐風性再調査 査読有り

    杉本高志、松田一俊、楠原栄樹

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 「ビン橋」(ベトナム)の風洞試験 査読有り

    上島秀作、松田一俊、薮野真史

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Reynolds Number Effects on Gust Responses of Long-Span Cable-Stayed Bridges under Construction 査読有り

    K.Matsuda, T.Sugimoto, H.Uejima, D.Tsushima

    Proceedings of 6th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering   2005年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 風洞実験と数値計算による二箱桁断面の非定常空気力に関する研究 査読有り

    杉本高志,黒田眞一,市東素明,松田一俊,上島秀作

    土木学会構造工学論文集II   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 有限長円柱のインライン振動に関する水槽実験 査読有り

    杉本高志,岡島 厚,木綿隆弘,斎藤 忍,松田一俊

    日本機械学会論文集(B編)   71 ( 703 )   753 - 759   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The analysis of wind –Induced static displacements and flutter for long-span suspension bridges using steady and unsteady aerodynamic forces measured at high Reynolds numbers 査読有り

    K.Matsuda, K.R.Cooper, H.Tanaka

    Proceedings of 11th International Conference on Wind Engineering   2003年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Wind tunnel tests on in-line oscillation of a two-dimensional circular cylinder 査読有り

    K. Matsuda, H.Uejima, T. Sugimoto

    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics   2003年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 風洞試験による大型鉄鋼構造物の耐風設計 長大橋梁・コンテナクレーンを例として

    松田 一俊

    検査技術 ( 日本工業出版 )   7 ( 12 )   37 - 42   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Wind Tunnel Test for a Nielsen Bridge Using Inclined Plates 査読有り

    H.Uejima, K.Matsuda, S.Takamori, K.Ogiwara

    Proceedings of the Advances in Wind and Structures(AWAS’02)   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Steady and unsteady loading on a roughned circular cylinder at Reynolds numbers up to 900,000 査読有り

    S.J. Zan, K. Matsuda

    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Wind tunnel tests on in-line oscillation of a two-dimensional circular cylinder 査読有り

    K.Matsuda, H.Uejima, T.Sugimoto

    Proceedings of 5th Asia-Pacific Symposium on Wind Engineering   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 長大箱桁吊橋のフラッタ特性に関する解析的検討 査読有り

    松田一俊、上島秀作、杉本高志

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Wind tunnel tests on in-line oscillation of a two-dimensional circular cylinder 査読有り

    K.Matsuda, H.Uejima, T.Sugimoto

    Proceedings of the 2001 ASME Pressure Vessels and Piping Conference   2001年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An investigation of Reynolds number effects on the steady and unsteady aerodynamic forces on a 1:10 scale bridge deck section model 査読有り

    K. Matsuda, K.R. Cooper, H. Tanaka, M. Tokushige, T. Iwasaki

    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics   2001年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 長大箱桁吊橋のフラッター特性に関する解析的検討―風荷重静的変形とモード別空力減衰がフラッター特性に与える影響 査読有り

    松田一俊,平野 茂,上島秀作,杉本高志

    第16回風工学シンポジウム論文集   2000年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Aerodynamic admittance and the ‘strip theory’ for horizontal buffeting forces on a bridge deck 査読有り

    K. Matsuda, Y. Hikami, T. Fujiwara, A. Moriyama

    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics   1999年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 多々羅大橋架設時の耐風安定性 査読有り

    松田一俊、岩崎 徹、徳重雅史、鳥海隆一

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   39 ( 2 )   1999年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • An investigation of Reynolds number effects on the steady and unsteady aerodynamic forces on a 1:10 scale bridge deck section model 査読有り

    K.Matsuda, K.R.Cooper, H.Tanaka, M.Tokushige, T.Iwasaki

    Proceedings of the Tenth International Conference on Wind Engineering, 1999   1999年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 架設時長大斜張橋の水平ガスト応答 査読有り

    松田一俊,鳥海隆一,岩崎 徹,徳重雅史

    第15回風工学シンポジウム論文集   1998年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 橋梁耐風安定性の解析的アプローチ 査読有り

    松田一俊、上島秀作、徳重雅史、岩崎 徹

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   37 ( 6 )   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Study on the Importance of Similarity Requirement of Wind Characteristics in Wind Tunnel Tests on Gust Responses 査読有り

    K.Matsuda, Y.Hikami, T.Fujiwara, A.Moriyama

    Proceedings of 4th Asia-Pacific Symposium on Wind Engineering   1997年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 超長大新形式橋梁の提案とその耐風安定性 査読有り

    樋上琇一、松田一俊、徳重雅史

    石川島播磨技報 ( 石川島播磨重工業 )   37 ( 1 )   1997年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Study on Superposition of Unsteady Aerodynamic Force to be used for Flutter Analysis 査読有り

    M.Tokushige, H.Katsuchi, Y.Hikami, K.Matsuda

    Proceedings of the 12th U.S.-Japan Bridge Engineering Workshop(1996)   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Aerodynamic Characteristics of Super-Long-Span Bridge and New Idea of Gravity- Stiffened Girder Bridge 査読有り

    Y.Hikami, K.Matsuda

    Proceedings of BRIDGES INTO THE 21ST CENTURY   1995年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Nonlinear geometric and aerodynamic analysis for a long-span cable-stayed bridge during construction 査読有り

    Y.Hikami, K.Matsuda, T.Suzuki

    Proceedings of the 1st IAWE European and African Regional Conference   1993年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 長大吊橋の多自由度フラッター解析 査読有り

    樋上琇一,松田一俊,鈴木利彦

    第12回風工学シンポジウム論文集   12   357 - 362   1992年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Multi-Degree of Freedom Flutter of Long-Span Suspension Bridges 査読有り

    K.Matsuda, Y.Hikami, T.Suzuki

    Proceedings of the 8th U.S.-Japan Bridge Engineering Workshop(1992)   1992年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 開口部のある流線形箱桁断面の空力特性およびその改善策に関する研究 査読有り

    多田和夫,小川一志,松田一俊

    第9回風工学シンポジウム論文集   9   211 - 216   1986年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 充腹断面の空カ減衰に関する一考察 査読有り

    小川一志,酒井洋典,松田一俊

    第8回風工学シンポジウム論文集   8   333 - 340   1984年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 乱流中における吊橋主塔の耐風安定性について 査読有り

    成井 信,小川一志,松田一俊

    第8回風工学シンポジウム論文集   8   371 - 378   1984年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • 道路橋耐風設計便覧(平成19年改訂版)(共著)

    勝地弘他(共著)

    日本道路協会  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 風工学ハンドブック(共著)

    松本勝他(共著)

    日本風工学会  2007年04月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 構造工学シリーズ12 橋梁の耐風設計-基準と最近の進歩-(共著)

    土木学会構造工学委員会橋梁耐風設計規準の国際化研究小委員会(共著)

    土木学会  2003年09月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • パラペットを有する校舎屋上に設置されたソーラーパネルに作用する空気力特性の定性的検討

    清水大貴,松田一俊,田川裕貴,加藤九州男

    令和3年度土木学会西部支部研究発表会  2022年03月  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月05日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • メガソーラー用単体パネルにおける局所レイノルズ数効果の実験的検討

    梶谷諒,松田一俊,森塚佑哉,加藤九州男

    令和3年度土木学会西部支部研究発表会  2022年03月  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月05日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • トラス橋斜材におけるカルマン渦励振推定発現風速の過大評価について~アスペクト比がカルマン渦励振発現風速に及ぼす影響~

    吉居 翔太郎,松田 一俊,加藤 九州男,井上 遥奈

    第9回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • トラス橋斜材のカルマン渦励振発現風速に及ぼす迎角特性

    原田健佑,松田一俊,加藤九州男,井上遥奈

    第9回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 断面辺長比B/D=4の八角形断面における面取り角度の変化が渦励振応答特性に与える影響

    厳天浩,松田一俊,加藤九州男,重富堅太

    第9回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 上下面勾配および端部形状を変化させた矩形断面の自己励起型渦励振における後縁二次渦の必要性

    柳瀬智也,松田一俊,加藤九州男,今村光志

    第9回九州橋梁・構造工学研究会  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 連続斜張橋の活荷重たわみ特性に関する一考察

    岡田誠司,秦聡一朗,杉本高志,山口鈴人,松田一俊

    土木学会第76回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 長大吊橋のフラッター形態の決定要因に関する解析的検討

    今村 郁,山内 邦博,松田 一俊,佐藤 弘史,森内 昭

    土木学会第76回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 連続斜張橋の固有振動特性およびフラッター特性に関する解析的検討

    山口鈴人,松田一俊,秦聡一朗,杉本高志

    土木学会第76回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 八角形断面の面取り角度の違いが渦励振応答特性に与える影響

    松田 一俊,加藤 九州男,重富 堅太,曹 納徳,横田 菜

    日本風工学2021年度年次研究発表会  日本風工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • H型断面における後縁二次渦が自己励起型渦励振に与える影響

    山口鈴人,松田一俊,重富堅太,加藤九州男

    令和2年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月06日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    本研究ではH型断面および矩形断面を対象に応答実験および流れの可視化実験を行うことにより,基本的な断面における後縁二次渦が自己励起型渦励振に与える影響について明らかにすることを目的としている.ばね支持実験結果および流れの可視化実験結果より,H型断面(B/D=2,4)において後縁二次渦は自己励起型渦励振の発現・発達に必ずしも必要ではないことが明らかになった.また,矩形断面(B/D=2,4)と比較しH型断面の方が,最大応答振幅が大きい結果となった.

  • 風洞実験における極慣性モーメント減衰パラメータの妥当性の検討

    今村 郁,松田 一俊,加藤 九州男,三好 瑠甫

    第8回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    本研究では極慣性モーメントを段階的に変化させた5ケースのねじれ1自由度応答実験を行い,風洞実験の相似則として極慣性モーメント減衰パラメータを適用することの妥当性を応答振幅および空力減衰に関して確認し,適用可能な極慣性モーメントの所要値との誤差の範囲を明らかにすることを目的とした.本研究から得られた結果は以下の通りである.
    (1) 本研究で行った実験範囲【極慣性モーメント;1~3.10倍,構造減衰率;1/3.10~1倍】では,応答振幅に関して極慣性モーメント減衰パラメータを相似則として適用することの妥当性を確認した.
    (2) 本研究で行った実験範囲【極慣性モーメント;1~3.10倍,構造減衰率;1/3.10~1倍】では,空力減衰を式(10)で補正することにより,空力減衰に関して極慣性モーメント減衰パラメータを相似則として適用することの妥当性を確認した.
    (3) 通常,本研究で行った実験範囲【極慣性モーメント;1~3.10倍,構造減衰率;1/3.10~1倍】を超えた実験を行うことはない.よって,極慣性モーメント減衰パラメータは通常の実験の範囲では,相似則として適用可能だと言える.

  • 菱形配置されたメガソーラーパネルに作用する空気力特性

    重富堅太,松田一俊,加藤九州男,安河内佑磨

    第8回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    本研究では,大規模太陽光発電施設を想定し,菱形配置されたメガソーラーパネルに作用する空気力特性を明らかにすることで,今後建設が予定されている大規模太陽光発電施設の基礎部分の建設コスト削減に役立てるデータを得ることを目的とした.

  • タンデム角柱のインライン振動応答特性に与えるアスペクト比の影響

    戸田 勇帆,松田 一俊,加藤 九州男,荒津 樹

    第8回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    本研究では両側弾性支持状態での,タンデム角柱のインライン振動応答特性に与えるアスペクト比の影響を明らかにすることを目的に実験を行った.                                    1) 単独角柱
     単独角柱のアスペクト比L/D=2.44, 3.11及び3.78の3ケースでは,アスペクト比の増加に伴い最大応答振幅が増加した.さらにL/D=3.78,4.44のケースは最大応答振幅の差が小さいことを示したため,L/D=3.78以上では最大応答振幅に差がなくなると考えられる.                                   2) タンデム角柱
    ①上流側角柱
     上流側角柱では,アスペクト比の増加に伴い,各単独角柱時の応答値に近づく無次元間隔sが増加していること,及び無次元間隔s=3.5のケースを除いて各単独角柱時と同様に,最大応答振幅が増加することが分かった.
    ②下流側角柱
    下流側角柱では,無次元間隔s=3.0以上ではアスペクト比による応答への影響は小さくなることが分かった.さらに,単独時と同様にアスペクト比の増加に伴い,最大応答振幅が増加することが分かった.

  • トラス橋斜材のカルマン渦励振に関する迎角特性

    原田健佑,松田一俊,井上遥奈,加藤九州男,吉居翔太郎

    土木学会第75回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

     断面辺長比B/D=1.18の矩形断面を有する,アスペクト比56.9の3次元弾性模型の応答実験を,迎角を変化させて行った結果,迎角が大きくなると,揚力係数勾配の変化に伴い,ギャロッピングが消滅し,カルマン渦励振のみが発現する傾向にあることがわかった.迎角とカルマン渦励振発現換算風速との関係は,既往の研究成果にほぼ対応した.

  • 自己励起型渦励振における後縁二次渦の必要性に関する実験的研究

    柳瀬智也,松田一俊,今村光志,加藤九州男,曹 納徳,重富堅太

    土木学会第75回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    本研究では断面形状を幾何学的に変化させ,後縁二次渦が生成しない,または生成しにくいと想定される断面を用いた実験を行い,自己励起型渦励振の発現における後縁二次渦の必要性だけでなく,最大振幅における励振力に与える影響についても明らかにすることを目的とした.本実験結果から,TYPE1およびTYPE2の断面において後縁二次渦は,自己励起型渦励振の発現に必ずしも必要ではなく,かつ最大振幅における励振力に与える影響は小さいと考えられる.

  • トラス橋斜材におけるカルマン渦励振推定発現風速の過大評価について~アスペクト比がカルマン渦励振発現風速に及ぼす影響~

    吉居翔太郎,松田一俊,井上遥奈,加藤九州男

    土木学会第75回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    本研究では,既往の研究とは異なるアスペクト比を有する2種類の3次元弾性模型を用いた応答実験および様々なアスペクト比においてストローハル数計測を行い,アスペクト比がカルマン渦励振発現換算風速に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした. 断面辺長比B/D=1.18の矩形断面で,アスペクト比As=30.0, 56.9である3次元弾性模型を用いて応答実験およびストローハル数計測を行った結果,アスペクト比がAs=20付近までは,アスペクト比の増加に伴いストローハル数が増加することでカルマン渦励振発現換算風速が低下しており,アスペクト比がAs=20より大きい範囲ではカルマン渦励振発現換算風速はVcr=7付近で収束した.これが生月大橋におけるカルマン渦励振推定発現風速が過大評価になった要因であると考えられる.

  • トラス橋斜材におけるカルマン渦励振推定発現風速の過大評価について ~アスペクト比がカルマン渦励振発現風速に及ぼす影響~

    吉井 翔太郎,井上 遥奈,松田一俊,加藤九州男

    令和元年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月07日   記述言語:日本語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

    長崎県の平戸島と生月島を結ぶ下路式 3 径間連続トラス橋である生月大橋に,2009 年 12 月中間橋脚付近の斜 材部でき裂が発見され,これは季節風が橋軸直角方向に吹き付けることによる振動が原因と考えられた.調査の 結果,20~25m/s の高風速域と 6~8m/sの低風速域で斜材の振動が確認された.そこで本学では,これまで低風速 域における自己励起型渦励振について研究が行われ,自己励起型渦励振の応答特性が明らかにされてきた.ところで,高風速域における振動はカルマン渦励振と考えられるが,カルマン渦励振発現換算風速 Vcr の推定式 Vcr=1/St より,カルマン渦励振推定発現風速は 28.1m/s であり,上記の調査結果では 20~25m/sで振動が確認されていることから,カルマン渦励振推定発現風速は過大評価である.既往の研究結果から,アスペクト比の増加に伴い,カルマン 渦励振発現換算風速が低下する傾向にあることが分かった.本研究では,異なるアスペクト比を有する 2 種類の 3 次元弾性 模型を用いた応答実験および様々なアスペクト比におけるストローハル数計測を行い,アスペクト比がカルマン渦励振発現換算風 速に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした

  • トラス橋斜材のカルマン渦励振に関する迎角特性

    原田健佑,井上 遥奈,吉井 翔太郎,松田一俊,加藤九州男

    令和元年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月07日   記述言語:日本語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

    長崎県の平戸島と生月島を結ぶ下路式 3径間連続トラス橋である 生月大橋が1991 年に完成した.しかし,18 年後の 2009年12月に中間橋脚付近の斜材部でき裂が発見された.本橋には,年中季節風が橋 軸直角方向に吹き付けることや,それほど大型車交通量が多くないことから,この疲労き裂の発生原因は季節風による振動が原因とされ,調査の結果,20~25m/s の高風速域と6~8m/sの低風速域で斜材の 振動が確認された.本学では低風速域における自己励起型渦励振の 研究が行われ,自己励起型渦励振の応答特性が明らかにされてきた.一方,高風速域における振動はカルマン渦励振と考えられる.カルマン渦励振とは,ある限定された風速域で,カルマン渦放出周波数と 固有振動数が一致するlock-in 現象による共振現象である.また,実橋梁に吹き付ける風向きは常に橋軸直角方向ではなく,様々な方向から吹き付けるため,橋軸直角方向だけでなく異なった 風向きにおける斜材への影響の検討が必要とされる. 本研究では, 3次元弾性模型を用いて応答実験及びストローハル数 測定を,迎角を変化させて行い,斜材に吹き付ける風向及びアスペク ト比がカルマン渦励振に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした

  • 自己励起型渦励振における後縁二次渦の必要性に関する実験的研究

    柳瀬智也,今村光志,松田一俊,加藤九州男

    令和元年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月07日   記述言語:日本語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

    自己励起渦励振は,従来,物体が振動することで生じる前縁剥離渦および後援二次渦の一体化が発現の要因であり,前縁剥離渦は後縁二次渦と一体化することで安定するとされている1).
    本学では,自己励起型渦励振における後援二次渦の役割を明らかにするために,継続的研究を行っている.これまでの研究成果2),3)から,後縁二次渦は自己励起型渦励振の発現に必ずしも必要ではないことが明らかとなった.また,後縁二次渦が顕在化した際に応答が増大することが確認されたことにより,後縁二次渦は前縁剥離渦と一体化することで,自己励起型渦励振の励振力の大小に影響を与えている可能性が示唆された.しかし,後縁二次渦の役割についての詳細は明確化されていない.そこで,本研究では矩形断面を幾何学的に変化させ,後縁二次渦の役割をさらに明らかにすることを目的とした.

  • タンデム正方形角柱の空力振動に及ぼす模型支持条件の影響

    松田 一俊, 加藤 九州男, 中村 雄太, 神谷 健太

    日本風工学会年次研究発表会  日本風工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月22日   記述言語:日本語   開催地:京都大学宇治キャンパス  

    タンデム正方形角柱の空力振動に関する既往の研究では,一様流中に直列に置かれた2角柱のうち注目する試験体を弾性支持し,他方を固定した状態で2角柱の間隔を変化させて研究を行っている.しかし,研究機関によって模型支持条件だけでなく,スクルートン数,アスペクト比等の実験条件が異なることから,タンデム正方形角柱の空力振動に及ぼす模型支持条件の影響,ひいては耐風設計上安全側の評価を与える模型支持条件が明らかになっていない.本研究では,タンデム正方形角柱の主流直角方向振動を対象に風洞実験を行い,著者らの既往の研究で明らかになったタンデム正方形角柱の主流方向振動(インライン振動)特性に与える模型支持条件の検討結果も勘案した上で,タンデム正方形角柱の空力振動に与える模型支持条件の影響を総括的に明らかにすることを目的とする.

    CiNii Article

  • プラズマアクチュエーターを用いた断面辺長比2の矩形断面の空力振動抑制効果

    戸田勇帆

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語  

  • ねじれ自己励起型渦励振における後縁二次渦の役割

    今村 郁

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語  

  • 模型支持条件に着目したタンデム正方形角柱におけるギャロッピング振動特性,

    神谷健太

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語  

  • スプリッタープレート長が矩形断面の空力振動に与える影響

    黒田達仁

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語  

  • 後縁二次渦がねじれ自己励起型渦励振に与える影響

    重富 堅太

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語  

  • 後縁2次渦が自己励起型渦励振に与える影響

    江尻和史

    第6回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月14日   記述言語:日本語  

  • 断面辺長比2の矩形断面におけるプラズマアクチュエータによる空力振動抑制に関する研究

    中村雄太

    第6回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月14日   記述言語:日本語  

  • 断面辺長比B/D=2.0および4.0の矩形断面における自己励起型渦励振と後縁二次渦の関係性

    田邨拓海

    平成29年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月29日 - 2018年08月31日   記述言語:日本語  

  • 断面辺長比B/D=6の矩形断面の自己励起型渦励振に関する流れの可視化

    曹納徳

    土木学会第73回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月29日 - 2018年08月31日   記述言語:日本語  

  • タンデム正方形角柱のインライン振動特性に与えるアスペクト比および角柱間隔の影響

    井上遥奈

    土木学会第73回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月29日 - 2018年08月31日   記述言語:日本語  

  • プラズマアクチュエータを用いた断面辺長比B/D=2の矩形断面における空力振動抑制

    今村光志

    土木学会第73回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月29日 - 2018年08月31日   記述言語:日本語  

  • 自己励起型渦励振における後縁二次渦と断面辺長比の関係性

    東村諒也

    平成29年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語  

  • タンデム正方形角柱のインライン振動特性に与えるアスペクト比及び角柱間隔の影響

    井上遥奈

    平成29年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語  

  • プラズマアクチュエータを用いた断面辺長比B/D=2の矩形断面における空力振動抑制

    今村光志

    平成29年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語  

  • 矩形断面における空力振動の相互干渉に関する研究

    曹納徳

    平成29年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語  

  • 地上設置型単独ソーラーパネルの風力係数分布特性

    田邨拓海

    平成29年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語  

  • タンデム正方形角柱のインライン振動応答特性に与える模型支持条件の影響

    中村雄太

    第5回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月15日   記述言語:日本語  

  • 辺長比2以下の矩形断面の自己励起型渦励振における後縁二次渦の役割に関する実験的研究

    須田健太郎

    第5回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月15日   記述言語:日本語  

  • タンデム正方形角柱のインライン振動応答特性に与える模型支持条件の影響

    中村雄太

    土木学会第72回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月11日   記述言語:日本語  

  • トラス橋斜材のフランジ突起の有無が自己励起型渦励振応答特性に与える影響

    江尻和史

    土木学会第72回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月11日   記述言語:日本語  

  • 断面辺長比2以下の矩形断面の自己励起型渦励振における後縁2次渦の役割

    松田一俊

    日本風工学会誌  日本風工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月24日   記述言語:日本語  

  • 辺長比の小さい矩形断面柱の自己励起型渦励振に及ぼすフランジ突起の影響

    有瀬公貴

    平成28年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月   記述言語:日本語  

  • タンデム配置正方形角柱のインライン振動特性に与える模型支持条件の影響

    田川裕貴

    平成28年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月   記述言語:日本語  

  • タンデム正方形角柱のインライン振動特性に関する研究

    中村雄太

    第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月02日   記述言語:日本語   開催地:博多  

  • 小さい断面辺長比を有する矩形断面の空力振動に関する実験的研究

    江尻 和史

    第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月02日   記述言語:日本語   開催地:博多  

  • 小さい断面辺長比を有する矩形断面の空力振動に関する実験的研究

    須田健太郎

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:日本語  

  • STUDY ON AERODYNAMIC VIBRATIONS OF A BRACING MEMBER WITH A RECTANGULAR CROSS SECTION OF A LONG–SPANNED TRUSS BRIDGE

    Kentaro Suda

    First International Symposium on Flutter and its Application  フラッター研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月15日 - 2016年05月17日   記述言語:英語   開催地:東京  

  • EXPERIMENTAL STUDY ON THE EFFECTS OF FREQUENCY RATIO ON IN-LINE OSCILLATION OF TWO SQUARE CYLINDERS IN TANDEM ARRANGEMENT

    Kazutoshi Matsuda

    First International Symposium on Flutter and its Application  フラッター研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月15日 - 2016年05月17日   記述言語:英語   開催地:東京  

  • プラズマアクチュエータを用いた矩形断面における流れの剥離抑制制御

    田川 裕貴

    第3回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • トラス橋斜材の自己励起型渦励振応答特性

    有瀬 公貴

    第3回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム  九州橋梁・構造工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • プラズマアクチュエータを用いた完全剥離型矩形断面における剥離抑制制御

    田川裕貴

    土木学会第70回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • トラス橋斜材の3次元弾性模型を用いた自己励起型渦励振の応答特性

    有瀬公貴

    土木学会第70回年次学術講演会講演概要集  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • 完全剥離型矩形断面の剥離流に対するプラズマアクチュエータを用いた剥離抑制制御

    松田一俊

    日本風工学会年次研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月28日   記述言語:日本語  

  • パラペットを有する校舎屋上における陸屋根形ソーラーパネルに作用する空気力特性

    大竹克典

    平成26年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月   記述言語:日本語  

  • トラス橋斜材の3次元弾性模型を用いた自己励起型渦励振の応答特性に関する研究

    原田健太郎

    平成26年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月   記述言語:日本語  

  • 強制加振時における断面辺長比2以下の矩形断面まわりの流れの可視化

    玉井佑典

    第2回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月   記述言語:日本語  

  • 断面日B/D=1.18のトラス橋斜材の空力弾性振動

    玉井佑典

    土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   記述言語:日本語  

  • 新天門橋架設時の耐風安定性に関する検討

    川東龍則

    土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   記述言語:日本語  

  • トラス橋斜材の低風速励振に及ぼすアスペクト比の影響

    三澤恭平,玉井佑典,松田 一俊,加藤九州男

    平成25年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月   記述言語:日本語  

  • タンデム角柱のインライン振動特性に与えるアスペクト比及び固有振動数相対誤差の影響に関する実験的検討

    佐藤誠

    平成25年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月   記述言語:日本語  

  • 菱形配置されたメガソーラーパネルに作用する空気力特性と風力係数低減領域の提案

    中牟田和典

    平成25年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月   記述言語:日本語  

  • 鹿児島七ツ島メガソーラーの太陽電池アレイ設計風力係数に関する風洞実験

    大竹 克典

    第1回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月   記述言語:日本語  

  • 湾岸部に建設されるメガソーラー発電所太陽電池アレイの設計用風力係数

    石出一郎,松田一俊,西村章,大竹和夫,田中英之,上村要,首藤束,池田博嗣

    日本建築学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月01日   記述言語:日本語  

  • 鹿児島七ツ島メガソーラーの太陽電池アレイ設計風力係数に関する風洞実験

    大竹克典

    土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月   記述言語:日本語  

  • トラス斜材の対風応答特性に関する実験的検討

    原田健太郎

    土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月   記述言語:日本語  

  • プラズマアクチュエーターを用いた気流制御の高効率化に関する実験的検討

    松田一俊

    日本風工学会年次研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月   記述言語:日本語  

  • 長大吊橋主塔の空力振動応答特性の検討

    ROKHAMSAY Chinda,本田 貴嗣,松田 一俊,加藤 九州男

    平成24年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 矩形断面の低風速励振に関する実験的検討

    久富 圭悟,原田健太郎,松田 一俊,加藤 九州男

    平成24年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • プラズマアクチュエータを用いた気流制御の高効率化に関する研究

    平野 智香子,澤田 陽未,松田 一俊,加藤 九州男

    平成24年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 大規模太陽光PSに作用する風荷重の平面分布特性の明確化に関する研究

    池田博嗣,池田浩一,松田一俊,加藤九州男

    土木学会西部支部技術発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月   記述言語:日本語  

  • プラズマアクチュエータを用いた気流制御の研究

    内田達大,松田一俊,加藤九州男

    土木学会第67回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月05日 - 2012年09月07日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 数値解析と風洞実験との比較による山の後流域における流れの特性比較

    三澤恭平,野田貴博,松田一俊,加藤九州男

    土木学会第67回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月05日 - 2012年09月07日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 円柱構造物の渦励振対策に関する研究

    中牟田和典,椙村渉,松田一俊,加藤九州男

    土木学会第67回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月05日 - 2012年09月07日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 弾性支持タンデム角柱のインライン振動に関する実験的研究

    佐藤誠,樋口芳俊,松田一俊,加藤九州男

    土木学会第67回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月05日 - 2012年09月07日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 風向変動風洞用大型シャッターの閉塞時に生じる圧力変動の特性

    大谷大二朗

    平成23年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月03日   記述言語:日本語  

  • 円柱構造物の渦励振対策に関する研究

    椙村 渉

    平成23年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月03日   記述言語:日本語  

  • タンデム角柱のインライン振動に関する研究

    樋口芳俊

    平成23年度土木学会西部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月03日   記述言語:日本語  

  • CFD Analysis of Intefering Separated Flow

    Takahiro Noda

    The 7th KMK Joint Seminar on Civil Engineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月   記述言語:英語  

  • 架設時長大斜張橋のガスト応答特性に及ぼすレイノルズ数効果

    松田 一俊

    日本流体力学会年会2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語  

  • 斜角を有する箱桁橋(清幌橋)の耐風検討

    野田勝哉

    土木学会北海道支部年次技術研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年02月   記述言語:日本語  

  • 乱流中における有限長円柱のインライン振動に関する水槽実験

    杉本高志

    日本機械学会Dynamics and Design Conference 2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語  

  • アーチリブと桁の空力干渉を考慮したアーチ橋のガスト応答評価

    上島秀作

    第59回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語  

  • 風荷重静的変形とフラッター特性に着目した長大橋に作用する空気力のレイノルズ数効果

    松田一俊

    第53回理論応用力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月   記述言語:日本語  

  • 「開口一箱桁断面を有する超長大橋」大型全橋模型の設計

    本田

    第58回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語  

  • 長大橋の風荷重静的変形およびフラッター特性に及ぼすレイノルズ数効果

    松田一俊

    第58回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語  

  • 実構造物の振動特性と接近流の乱流効果を考慮した円柱インライン振動特性の研究

    杉本高志

    第58回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語  

  • 逆カマボコ型桁を有する超長大吊橋の耐風性に関する基礎検討

    上島秀作

    第58回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語  

  • 「開口一箱桁断面を有する超長大橋」大型全橋模型風洞試験

    吉住

    第58回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語  

  • 「開口一箱桁断面を有する超長大橋」大型全橋模型の桁形状模型化検討

    村上

    第58回土木学会年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語  

  • 長大橋の風荷重静的変形およびフラッター特性に及ぼすレイノルズ数効果

    松田一俊

    日本風工学会年次研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語  

  • 3次元円柱のインライン振動に関する水槽実験

    杉本高志

    土木学会第57回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月   記述言語:日本語  

  • レイノルズ数領域における橋梁非定常空気力の振幅依存性

    松田一俊

    土木学会第57回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月   記述言語:日本語  

  • 高レイノルズ数領域における橋梁非定常空気力係数の振幅依存性

    松田一俊

    日本流体力学会年会2002 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年07月   記述言語:日本語  

  • 高レイノルズ数領域における橋梁非定常空気力の振幅依存性

    松田一俊

    第51回理論応用力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年01月   記述言語:日本語  

  • 並列2主桁橋の架設時における耐風性について

    上島秀作

    土木学会第56回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月   記述言語:日本語  

  • 2次元円柱インライン振動特性

    松田一俊

    土木学会第56回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月   記述言語:日本語  

  • 荒川横断橋梁(仮称)主塔の風洞試験

    杉本高志

    土木学会第56回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月   記述言語:日本語  

  • 高レイノルズ数領域における2次元円柱の空気力特性

    松田一俊

    第33回流体力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月   記述言語:日本語  

  • 2次元円柱インライン振動風洞実験

    松田 一俊

    日本流体力学会年会2001 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月   記述言語:日本語  

  • 流体中での円柱構造物のインライン振動

    松田 一俊

    日本機械学会v_BASEフォーラム 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:日本語  

  • 風荷重静的変形とモード別空力減衰がフラッター特性に与える影響

    松田一俊

    土木学会第55回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:日本語  

  • 乱流中における橋桁の非定常空気力特性

    上島秀作

    土木学会第55回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:日本語  

  • 並列ケーブルの非定常空気力の計測

    杉本高志

    土木学会第55回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:日本語  

  • 2次元円柱インライン振動風洞実験

    松田 一俊

    日本機械学会2000年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:日本語  

  • 高いレイノルズ数領域における長大橋梁断面の空気力特性―その2:非定常空気力特性―

    松田一俊

    土木学会第54回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年09月   記述言語:日本語  

  • 高いレイノルズ数領域における長大橋梁断面の空気力特性―その1:三分力特性―

    上島秀作

    土木学会第54回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年09月   記述言語:日本語  

  • 高いレイノルズ数領域における長大橋梁断面の空気力特性

    松田一俊

    日本風工学会年次研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年04月   記述言語:日本語  

  • 非定常空気力強制振動法における測定方法の比較―風速固定と振動数固定―

    岩崎 徹

    土木学会第53回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月   記述言語:日本語  

  • 架設時長大斜張橋の水平ガスト応答

    松田一俊

    土木学会第53回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月   記述言語:英語  

  • 中央開口部を有する超長大橋箱桁断面のフラッター特性~追い越し車線部のグレーチング化によって中央開口部を設ける方法~

    徳重雅史

    土木学会第51回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年09月   記述言語:日本語  

  • 経済性を考慮した2500m級吊橋の開発

    松田一俊

    土木学会第51回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年09月   記述言語:日本語  

  • 隅切り断面に作用する渦減衰力

    上島秀作

    土木学会第51回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年09月   記述言語:英語  

  • 分離二箱桁を有する2500m級吊橋の耐風安定性

    松田一俊

    土木学会第50回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年09月   記述言語:英語  

  • 長大橋梁のフラッター特性に影響を与える非定常空気力の特性

    松田一俊

    土木学会第50回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年09月   記述言語:日本語  

  • 長大橋梁のフラッター応答に影響を与える非定常空気力の特性

    松田一俊

    日本風工学会年次研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年04月   記述言語:日本語  

  • 明石海峡大橋フラッター特性に関する解析的検討

    勝地 弘

    土木学会第49回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年09月   記述言語:日本語  

  • 超長大橋の設計上考慮すべき対風応答と新形式橋梁の提案―その1 設計上考慮すべき対風応答―

    松田一俊

    土木学会第49回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年09月   記述言語:日本語  

  • 矩形断面の防振装置に関する研究

    小川一志

    土木学会第41回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1986年09月   記述言語:日本語  

  • 開口部を有する流線形箱桁断面の空力特性について

    松田一俊

    土木学会第41回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1986年09月   記述言語:日本語  

  • 箱断面の空力ダンパに関する研究

    酒井洋典

    土木学会第40回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1985年09月   記述言語:日本語  

  • 乱流中における有風時減衰の計測法について

    小川一志

    土木学会第39回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1984年09月   記述言語:日本語  

  • 北備讃瀬戸大橋主塔の耐風安定性について-乱流中の実験-

    松田 一俊

    土木学会第39回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1984年09月   記述言語:日本語  

  • 空力減衰と質量パラメータに関する一考察

    小川一志

    土木学会第38回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1983年09月   記述言語:日本語  

  • 無風時の空力減衰に関する一考察

    松田 一俊

    土木学会第38回年次学術講演会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 1983年09月   記述言語:日本語  

  • 構造基本断面の空力振動に及ぼす乱流効果

    松田 一俊

    土木学会関西支部年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1981年06月   記述言語:日本語  

▼全件表示

講演

  • 米国技術士資格を取得して

    九州工業大学技術士会  2014年05月  九州工業大学技術士会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州工業大学  

  • 太陽パネルの風洞実験結果について

    太陽電池パネル風対策に関する講演会  2014年01月  宮崎県庁

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:宮崎観光ホテル東館2階「紅の間」  

  • 建設社会工学研究系における海外の大学・研究機関との教育・研究成果

    九州工大「秋の会」   2013年12月  九州工業大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:若松キャンパス  

  • プラズマアクチュエーターを用いた矩形断面のはく離制御に関する実験的研究

    第62回理論応用力学講演会  2013年03月  日本学術会議 「機械工学委員会,土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   発表言語:日本語   講演種別:基調講演   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス  

  • プラズマアクチュエーターを用いた矩形断面のはく離制御に関する実験的研究

    第62回理論応用力学講演会  2013年03月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:東京工業大学  

  • 「民間会社から大学へ」~4つの職場を渡り歩いて~

    耐風研究会  2012年09月  耐風研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:名古屋市 名鉄ニューグランドホテル  

▼全件表示

報道関係

  • 出てこい!将来の建設エンジニア 小学生ら紙工作で橋作り

    「松田一俊」

    西日本新聞  2014年11月17日

  • 現行の耐風設計は妥当-石播がカナダで風洞実験-

    松田 一俊

    日刊工業新聞科学技術面  1999年11月17日

     詳細を見る

    橋梁 風洞実験 レイノルズ数 定常空気力 非定常空気力 ストローハル数 三分力係数

学術関係受賞

  • 日本風工学会 学会賞(論文賞)

    日本風工学会   2005年05月

    松田 一俊

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 一般社団法人電力土木技術協会第42回高橋賞

    一般社団法人電力土木技術協会   2016年05月25日

    池田博嗣,松田一俊,村上貴裕

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 土木学会全国大会第50回年次学術講演会優秀講演者

    土木学会   1995年11月

    松田 一俊

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本機械学会Dynamics & Design Conference 2008,v_BASE フォーラム(振動工学データベース)優秀講演賞

    日本機械学会   2008年09月

    松田 一俊

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • プラズマアクチュエータを用いた橋梁制振対策の研究

    研究課題番号:16K06470  2016年04月 - 2019年03月   基盤研究(C)

  • プラズマアクチュエータを用いた風による橋梁振動の制振方法

    研究課題番号:24656280  2012年04月 - 2014年03月   挑戦的萌芽研究

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   建設社会工学概論A

  • 2021年度   建設社会工学概論B

  • 2021年度   建設振動学

  • 2021年度   建設社会工学演習

  • 2021年度   維持管理システム

  • 2021年度   建設構造設計製図

  • 2021年度   構造動力学特論

  • 2020年度   構造動力学特論

  • 2020年度   技術英語Ⅰ

  • 2020年度   維持管理システム

  • 2020年度   建設社会工学演習

  • 2020年度   建設構造設計製図

  • 2020年度   建設振動学

  • 2019年度   構造動力学特論

  • 2019年度   建設振動学

  • 2019年度   維持管理システム

  • 2019年度   技術英語Ⅰ

  • 2019年度   建設構造設計製図

  • 2019年度   建設社会工学演習

  • 2018年度   構造動力学特論

  • 2018年度   建設構造設計製図

  • 2018年度   技術英語Ⅰ

  • 2018年度   維持管理システム

  • 2018年度   建設社会工学演習

  • 2018年度   建設力学基礎及び演習

  • 2018年度   建設振動学

  • 2017年度   建設振動学

  • 2017年度   建設力学基礎及び演習

  • 2017年度   構造動力学特論

  • 2016年度   建設振動学

  • 2016年度   建設力学基礎及び演習

  • 2016年度   構造動力学特論

  • 2015年度   構造動力学特論

  • 2015年度   建設力学基礎及び演習

  • 2015年度   建設振動学

  • 2014年度   構造動力学特論

  • 2014年度   建設構造設計製図

  • 2014年度   建設力学基礎及び演習

  • 2014年度   建設振動学

  • 2013年度   建設力学基礎及び演習

  • 2013年度   建設構造設計製図

  • 2013年度   建設振動学

  • 2013年度   構造動力学特論

  • 2012年度   構造動力学特論

  • 2012年度   都市再生デザイン演習

  • 2012年度   建設力学基礎及び演習

  • 2012年度   建設振動学

  • 2011年度   構造動力学特論

  • 2011年度   建設力学基礎及び演習

  • 2011年度   都市再生デザイン演習

  • 2011年度   建設応用工学

  • 2011年度   建設社会工学演習

  • 2011年度   建設振動学

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 土木学会西部支部優秀講演賞

    土木学会西部支部  

    2019年03月19日

    戸田勇帆

  • 第6回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム優秀発表賞

    九州橋梁・構造工学研究会  

    2018年12月18日

    中村雄太

  • 土木学会第73回年次学術講演会優秀講演賞

    土木学会  

    2018年08月18日

    井上遥奈

  • 土木学会西部支部優秀講演賞

    土木学会西部支部  

    2017年03月17日

    田川祐貴

  • 土木学会西部支部研究発表会優秀講演賞

    土木学会西部支部  

    2015年03月

    大竹克典

  • 第2回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム優秀発表賞

    九州橋梁・構造工学研究会  

    2014年12月

    玉井佑典

  • 土木学会第69回年次学術講演会優秀講演賞

    土木学会  

    2014年09月

    玉井佑典

  • 土木学会西部支部研究発表会優秀講演賞

    土木学会西部支部  

    2014年03月

    中牟田和典

  • 第1回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム優秀発表賞

    九州橋梁・構造工学研究会  

    2013年12月

    大竹克典

  • 土木学会西部支部研究発表会優秀講演賞

    土木学会西部支部  

    2013年03月

    ROKHAMSAY Chinda

  • 土木学会西部支部研究発表会優秀講演賞

    土木学会西部支部  

    2012年03月

    椙村 渉

     詳細を見る

    「円柱構造物の渦励振対策に関する研究」を発表したところ,講演技術が簡潔明瞭で優れていると認められた.

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 西日本高速道路株式会社九州支社   西日本高速道路株式会社九州支社工事発注後の契約適正性に関する有識者会議 委員  

    2020年12月 - 2021年03月

  • 日本風工学会   表彰委員会副委員長  

    2018年06月 - 2020年06月

  • 西日本高速道路株式会社九州支社   入札監視委員会委員  

    2018年04月 - 2022年03月

  • 北九州市   総合評価落札方式の入札にかかる意見聴取の学識経験者  

    2017年04月 - 2022年03月

  • 国土交通省九州地方整備局佐賀国道事務所   呼子大橋修繕対策検討委員会委員  

    2016年08月 - 2021年03月

  • 日本風工学会   編集・広報委員会委員  

    2016年06月 - 2020年05月

  • 太陽光発電システム風荷重研究会   委員  

    2015年04月 - 2017年03月

  • 愛媛県上島架橋(岩城橋)技術検討委員会   委員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 第23回風工学シンポジウム査読委員会   委員  

    2014年02月 - 2014年12月

  • 土木学会構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会流体関連振動・風工学部門   主査  

    2013年04月 - 2015年03月

  • 国土交通省九州地方整備局 有明海沿岸道路筑後川・早津江川橋梁設計検討委員会   委員  

    2012年11月 - 2014年05月

  • 土木学会西部支部商議員   商議員  

    2012年04月 - 2016年03月

  • 長崎県土木部 生月大橋劣化予防保全検討委員会   委員  

    2011年11月 - 2012年03月

  • 社団法人日本鋼構造協会 鋼構造と風研究小委員会   委員  

    2011年09月 - 現在

  • 土木学会構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会流体関連振動・風工学部門   副主査  

    2011年08月 - 2013年03月

  • 若戸大橋の健全度評価に関する技術検討委員会   委員  

    2011年07月 - 2012年06月

  • 日本風工学会 代表委員会   委員  

    2010年12月 - 2020年11月

  • 関西道路研究会道路橋小委員会 強風・波浪にもとづく外力および応答評価小委員会   委員  

    2009年08月 - 2012年03月

  • 阪神構造道路管理技術センター 橋梁のフラッター性能評価と耐風設計法に関する研究委員会   委員  

    2009年02月 - 2014年05月

  • 日本機械学会D&D v_BASEコア委員会   委員  

    2008年09月 - 現在

  • 土木学会構造工学委員会耐風工学連絡小委員会   委員  

    1995年04月 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    九州工業大学  宮崎県立飯野高等学校  2022年03月18日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    明治学園高等学校  2021年05月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    宮崎県立飯野高等学校  2021年03月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    福岡県立久留米高等学校  2020年12月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    岡山県立岡山芳泉高等学校  2020年11月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    愛媛県立西条高等学校  2020年09月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    明治学園高等学校  2020年09月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    熊本県立鹿本高等学校  2020年07月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    株式会社フロムページ  夢ナビライブ  マリンメッセ福岡  2018年10月20日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    夢ナビライブ・講義ライブ担当者

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    鹿児島県立鹿屋高等学校  2018年06月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    大分県立臼杵高等学校  2018年06月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    理数教育支援センター  九州工業大学C-3A講義室  2017年10月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立嘉穂東高等学校の模擬授業

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    佐賀県立唐津東高等学校  2017年09月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 橋梁の風に対する制振対策

    役割:講師

    明専会若松支部  明専会若松支部講演会  日揮触媒化成(株) 白山荘  2016年11月30日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    佐賀県立鳥栖高等学校  2016年10月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 「強い橋をつくってみよう!」in九州工業大学,ミニ講義

    役割:講師

    2015年11月14日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    北九州市が主催した「強い橋をつくってみよう!」in九州工業大学において,ミニ講義を担当した.

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    2015年10月21日

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

    西南女学院中学校・高等学校

  • 「強い橋をつくってみよう!」in九州工業大学,ミニ講義

    役割:講師

    2014年11月16日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    北九州市が主催した「強い橋をつくってみよう!」in九州工業大学において,ミニ講義を担当した.

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    2014年10月23日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立柏陵高等学校

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    2014年10月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    山口県立萩高等学校

  • 風が吹くと橋はどうなる? 風と揺れとの闘い」の講義

    役割:講師

    2013年10月19日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    夢ナビライブ LIVE2013(国公立大学・私立大学合同進学ガイダンス)が,福岡市のマリンメッセ福岡で開催され,上記テーマについて高校生を対象に講義を行った.

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    2013年07月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立小倉南高等学校

  • 長~い橋が風で揺れる!?-揺れを小さくする技術とは?-

    役割:講師

    2013年06月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大分県立大分舞鶴高等学校

  • 風が吹くと橋はどうなる? 風と揺れとの闘い

    役割:講師

    2012年05月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    夢ナビライブ LIVE2012(国公立大学・私立大学合同進学ガイダンス)が,小倉の西日本総合展示場新館で開催され,上記テーマについて高校生を対象に講義を行った.

▼全件表示