2024/01/05 更新

ワタナベ シンジ
渡辺 真仁
WATANABE Shinji
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 9

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 基礎科学研究系
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 物質科学

  • 量子多体系

  • 強相関電子系

出身大学院

  • 2000年03月   東北大学   理学研究科   物理学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東北大学  -  博士(理学)   2000年03月

学内職務経歴

  • 2021年09月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   基礎科学研究系     教授

  • 2011年10月 - 2021年08月   九州工業大学   大学院工学研究院   基礎科学研究系     准教授

学外略歴

  • 2009年10月 - 2011年09月   大阪大学   基礎工学研究科   特任准教授   日本国

  • 2007年04月 - 2009年09月   東京大学   大学院工学系研究科   助教   日本国

  • 2001年04月 - 2006年03月   東京大学   物性研究所 物性理論研究部門   助手   日本国

所属学会・委員会

  • 2016年04月 - 2020年03月   新学術領域研究 「J-Physics:多極子伝導系の物理」   日本国

  • 2012年10月 - 2015年09月   SPring-8長期利用課題「X線分光法による臨界価数ゆらぎによる新しい量子臨界現象の実験的検証」   日本国

  • 1995年03月 - 現在   日本物理学会   日本国

論文

  • Magnetic Dynamics and Nonreciprocal Excitation in Uniform Hedgehog Order in Icosahedral 1/1 Approximant Crystal 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Scientific Reports   13   14438-1 - 14438-11   2023年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/s41598-023-41292-1

    DOI: 10.1038/s41598-023-41292-1

  • Crystalline electric field and magnetic anisotropy in Dy-based icosahedral quasicrystal and approximant 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe, Tatsuya Iwasaki

    Physical Review B   108   045110-1 - 04110-6   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevB.108.045110

    DOI: 10.1103/PhysRevB.108.045110

    Kyutacar

  • Magnetism and topological property in icosahedral quasicrystal 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Journal of Physics: Conference Series   2461   012011-1 - 012011-8   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1088/1742-6596/2461/1/012011

  • Temperature Dependence of Yb Valence in an Au–Al–Yb Intermediate-Valence Quasicrystal Investigated by Yb L3-Edge X-ray Absorption Near-Edge Structure Spectroscopy 査読有り 国際誌

    Tetsu Watanuki, Masaichiro Mizumaki, Shinji Watanabe, Naomi Kawamura, Kiyofumi Nitta, Akihiko Machida, Tsutomu Ishimasa

    MATERIALS TRANSACTIONS ( 公益社団法人 日本金属学会 )   63 ( 10 )   1380 - 1383   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we investigate the temperature dependence of Yb valence in an Au-Al-Yb intermediate-valence quasicrystal by Yb L3-edge synchrotron X-ray absorption near-edge structure spectroscopy. The Yb valence of 2.61+ at room temperature decreases monotonically as the temperature decreases, indicating that the Yb ionic radius increases as the temperature decreases and is consistent with the anomalous suppression of the thermal shrinkage of this quasicrystal by cooling, as previously reported. The Yb valence changes by -0.053 on cooling from 298 to 2 K, and its change is more gradual on the high-temperature side than on the low-temperature side with the boundary around 200 K. Additionally, the effect of the changes in the Yb valence on the volume is quantitatively examined. The ratio of the volume changes due to the change in Yb valence per Yb atom, ΔVYb, to the amount of change in Yb valence, Δν, which is expressed as ΔVYb/Δν, was evaluated. The value of ΔVYb/Δν was estimated to be -2.8 Å3/unit Yb valence/Yb atom, whose value was close to that evaluated for YbInCu4

    DOI: 10.2320/matertrans.MT-M2022064

    DOI: 10.2320/matertrans.MT-M2022064

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139524039&origin=inward

  • Magnetic dynamics of hedgehog in icosahedral quasicrystal 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Scientific Reports   12 ( 1 )   15514-1 - 15514-8   2022年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Quasicrystals (QCs) possess a unique lattice structure without translational invariance, which is characterized by the rotational symmetry forbidden in periodic crystals such as the 5-fold rotation. Recent discovery of the ferromagnetic (FM) long-range order in the terbium-based QC has brought about breakthrough but the magnetic structure and dynamics remain unresolved. Here, we reveal the dynamical as well as static structure of the FM hedgehog state in the icosahedral QC. The FM hedgehog is shown to be characterized by the triple-Q state in the reciprocal-lattice q space. Dynamical structure factor is shown to exhibit highly structured q and energy dependences. We find a unique magnetic excitation mode along the 5-fold direction exhibiting the streak fine structure in the q-energy plane, which is characteristic of the hedgehog in the icosahedral QC. Non-reciprocal magnetic excitations are shown to arise from the FM hedgehog order, which emerge in the vast extent of the q-energy plane.

    DOI: 10.1038/s41598-022-19870-6

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137878072&origin=inward

  • Magnetic dynamics of ferromagnetic long range order in icosahedral quasicrystal 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Scientific Reports   12 ( 1 )   10792-1 - 10792-9   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Quasicrystals lack translational symmetry and have unique lattice structures with rotational symmetry forbidden in periodic crystals. The electric state and physical property are far from complete understanding, which are the frontiers of modern matter physics. Recent discovery of the ferromagnetic long-range order in the rare-earth based icosahedral quasicrystal has made the breakthrough. Here, we first reveal the dynamical as well as static magnetic structure in the ferromagnetic long-range order in the terbium-based quasicrystal. The dynamical structure factor exhibits highly structured energy and wavenumber dependences beyond the crystalline-electric-field excitation. We find the presence of the magnetic excitation mode analog to magnon with unique hierarchical structure as well as the localized magnetic excitation with high degeneracy in the quasicrystal. Non-collinear and non-coplanar magnetic structure on the icosahedron is discovered to give rise to non-reciprocal magnetic excitation in the quasicrystal as well as non-reciprocal magnon in the periodic cubic 1/1 approximant. These findings afford illuminating insight into the magnetic dynamics in the broad range of the rare-earth-based quasicrystals and approximants.

    DOI: 10.1038/s41598-022-14796-5

    DOI: 10.1038/s41598-022-14796-5

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85132981230&origin=inward

  • Pressure dependence of the magnetic ground state in CePtSi2 査読有り 国際誌

    S. E. Dissanayake, F. Ye, W. Tian, M. Matsuda, H. Muto, S. Suzuki, T. Nakano, S. Watanabe, J. Gouchi, and Y. Uwatoko

    Physical Review B   105 ( 24 )   245111-1 - 245111-6   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CePtSi2 was reported to exhibit an antiferromagnetic order below T∗=1.8 K at ambient pressure, a valence state change at ∼1.2 GPa, and superconductivity in the range between 1.4 and 2.1 GPa with a maximum transition temperature of 0.14 K [T. Nakano, Phys. Rev. B 79, 172507 (2009)1098-012110.1103/PhysRevB.79.172507]. We have performed polycrystalline and single-crystal neutron diffraction experiments to determine the magnetic structure under ambient and high pressures. We found incommensurate magnetic peaks with a magnetic propagation vector of (0.32,0,0.11) at ambient pressure below TSDW∼1.25 K. Those magnetic peaks originate from a spin-density-wave order with the easy axis along the c axis and an averaged ordered moment of 0.45(5)μB, suggesting that there may be an intermediate phase between T∗ and TSDW. Applying pressures, the magnetic propagation vector shows no change and the magnetic order disappears around 1.0 GPa, which is much lower than the critical pressure for the superconducting phase. The results suggest that other than magnetic fluctuations may play a primary role in the superconducting pairing mechanism.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.105.245111

    DOI: 10.1103/PhysRevB.105.245111

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85132319934&origin=inward

  • Topological magnetic textures and long-range orders in terbium-based quasicrystal and approximant 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   118(43) ( 43 )   e2112202118-1 - e2112202118-5   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The quasicrystal (QC) possesses a unique lattice structure with rotational symmetry forbidden in periodic crystals. The electric property is far from complete understanding. It has been a longstanding issue whether magnetic long-range order is realized in the QC. Here, we report our theoretical discovery of the ferromagnetic long-range order in the Tb-based QC. The difficulty in past theoretical studies on the QC was lack of the microscopic theory of the crystalline electric field (CEF), which is crucially important in the rare earth systems. By analyzing the CEF in the Tb-based QC, we clarify that magnetic anisotropy plays a key role in realizing unique magnetic textures in the Tb-based QC and approximant crystal (AC). By constructing the minimal model, we show that various magnetic textures on the icosahedron, at whose vertices Tb atoms are located, are realized. We find that the hedgehog state is characterized by the topological charge of one and the whirling-moment state is characterized by an unusually large topological charge of three. The hedgehog and whirling-moment states are shown to be realized as antiferromagnetic orders transcribed as the emergent monopole and antimonopole in the 1/1 AC. We find that these states exhibit the topological Hall effect under applied magnetic field accompanied by the topological as well as metamagnetic transition. Our model and the determined phase diagram are expected to be relevant to the broad range of the rare earth–based QCs and ACs with strong magnetic anisotropy, which are useful not only to understand magnetism but also, to explore topological properties.

    DOI: 10.1073/pnas.2112202118

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85117846699&origin=inward

  • Magnetism and topology in Tb-based icosahedral quasicrystal 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Scientific Reports   11 ( 11 )   17679-1 - 17679-8   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Quasicrystal (QC) possesses a unique lattice structure with rotational symmetry forbidden in conventional crystals. The electric property is far from complete understanding and it has been a long-standing issue whether the magnetic long-range order is realized in the QC. The main difficulty was lack of microscopic theory to analyze the effect of the crystalline electric field (CEF) at the rare-earth atom in QCs. Here we show the full microscopic analysis of the CEF in Tb-based QCs. We find that magnetic anisotropy arising from the CEF plays a key role in realizing unique magnetic textures on the icosahedron whose vertices Tb atoms are located at. Our analysis of the minimal model based on the magnetic anisotropy suggests that the long-range order of the hedgehog characterized by the topological charge of one is stabilized in the Tb-based QC. We also find that the whirling-moment state is characterized by unusually large topological charge of three. The magnetic textures as well as the topological states are shown to be switched by controlling compositions of the non-rare-earth elements in the ternary compounds. Our model is useful to understand the magnetism as well as the topological property in the rare-earth-based QCs and approximant crystals.

    DOI: 10.1038/s41598-021-97024-w

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85114603690&origin=inward

  • Elastic Softening in Quantum Critical Yb-Al-Au Approximant Crystal and Quasicrystal 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Solid State Communications   336 ( 336 )   114425-1 - 114425-6   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The elastic property of quantum critical quasicrystal (QC) Yb15Al34Au51 is analyzed theoretically on the basis of the approximant crystal (AC) Yb14Al35Au51. By constructing the realistic effective model in the AC, we evaluate the 4f-5d Coulomb repulsion at Yb as Ufd≈1.46eV realizing the quantum critical point (QCP) of the Yb-valence transition. The RPA analysis of the QCP shows that softening in elastic constants occurs remarkably for bulk modulus and longitudinal mode at low temperatures. Possible relevance of these results to the QC as well as the pressure-tuned AC is discussed.

    DOI: 10.1016/j.ssc.2021.114425

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85108646163&origin=inward

  • Crystalline Electronic Field in Rare-Earth Based Quasicrystal and Approximant: Analysis of Quantum Critical Au-Al-Yb Quasicrystal and Approximant 査読有り

    Shinji Watanabe, Mina Kawamoto

    J. Phys. Soc. Jpn.   90 ( 6 )   063701-1 - 063701-5   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    On the basis of the point charge model, we formulate the crystalline electronic field (CEF) Hamiltonian HCEF in rareearth based quasicrystal (QC) and approximant crystal (AC) with ligand ions located at pseudo 5-fold configurations by using the operator equivalent method. By setting the total angular momentum J = 7=2, the CEF in the quantum critical QC Au51Al34Yb15 and the 1=1 AC Au51Al35Yb14 is analyzed with consideration for the effect of Al=Au mixed sites. We find that the ratio of the valences of ligand ions x = ZAl=ZAu plays an important role in characterizing the CEF ground state. As x decreases from x = 3, the 4f wave function of the CEF ground state with the flat shape lying in the mirror plane is deformed around x ≈ 0.8 to the flat shape perpendicular to the pseudo 5-fold axis at x = 0. The formulated HCEF by J is generally applicable to rare-earth-based QCs and ACs, which is useful to analyze the CEF.

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.063701

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85106240078&origin=inward

  • Interplay of Valence and Semimetal-to-Insulator Transitions in SmS 査読有り

    Shinji Watanabe

    J. Phys. Soc. Jpn.   90 ( 2 )   023706-1 - 023706-5   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Recent discoveries of a new type of quantum criticality arising from Yb-valence fluctuations in Yb-based metal in periodic crystal and quasicrystal have opened a new class of quantum critical phenomena in correlated electron systems. To clarify whether this new concept can be generalized to other rare-earth-based semimetal and insulator, we study SmS which exhibits golden-black phase transition under pressure. By constructing the model for SmS, we show that Coulomb repulsion between 4 f and 5d orbitals at Sm drives first-order valence transition (FOVT) and semimetal-to-insulator transition (MIT) simultaneously, which explains the golden-black phase transition. We clarify the ground-state phase diagram for the FOVT and MIT by identifying the quantum critical point of the FOVT. We find that exciton condensates in both semimetal and insulator phases. Our result explains measured peak anomalies in the specific heat and compressibility in pressurized golden SmS and provides a cue to clarify recently-observed anomalies in black SmS.

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.023706

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099938822&origin=inward

  • Ultrasound Response in Quantum Critical β-YbAlB4 and α-YbAl0.986Fe0.014B4 査読有り

    Shinji Watanabe

    J. Phys. Soc. Jpn.   89 ( 7 )   073702-1 - 073702-5   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We analyze the key origin of quantum valence criticality in the heavy electron metal β-YbAlB4 evidenced in the sister compound α-YbAl0.986Fe0.014B4. By constructing a realistic canonical model for β-YbAlB4, we evaluate Coulomb repulsion between the 4f and 5d electrons at Yb Ufd≈6.2 eV realizing the quantum critical point (QCP) of the Ybvalence transition. To reveal the Yb 5d contribution to the quantum critical state, we propose ultrasound measurement. We find that softening of elastic constants of not only the bulk modulus but also the shear moduli is caused by electric quadrupole fluctuations enhanced by critical 4f and 5d charge fluctuations for low temperatures at the valence QCP. Possible relevance of these results to β-YbAlB4 and also α-YbAl1-xFexB4 is discussed.

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.073702

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090575518&origin=inward

  • Theory for Non-Fermi Liquid Temperature Dependence in Resistivity of CexLa1-xCu5.62Au0.38 (x=0.02-0.10) on the Local Quantum Valence Criticality of Ce Impurities 査読有り

    K. Miyake, S. Watanabe

    JPS Conf. Proc.   30   011027-1 - 011027-7   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.7566/JPSCP.30.011027

  • Quantum Valence Criticality in Heavy Fermions on Periodic and Aperiodic Crystals 査読有り

    S. Watanabe, K. Miyake

    JPS Conf. Proc.   30   011023-1 - 011023-12   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.7566/JPSCP.30.011023

    Kyutacar

  • 価数転移に由来する新しい量子現象 査読有り

    渡辺真仁

    J-Physics ニュースレター   9   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 磁気量子臨界点近傍の比熱、熱膨張係数、グリュナイゼンパラメーター 招待有り 査読有り

    渡辺真仁

    J-Physics ニュースレター   9   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Charge Transfer Effect under Odd-Parity Crystalline Electric Field 査読有り

    S. Watanabe, K. Miyake

    JPS Conf. Proc.   29   014001-1 - 014001-10   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.7566/JPSCP.29.014001

    Kyutacar

  • Non-Divergent Grüneisen Parameter in Quantum Critical Quasicrystal Yb15Al34Au51: Reflection of Robustness of Quantum Criticality under Pressure 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Solid State Communications ( ELSEVIER )   306   113774-1 - 113774-6   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The mechanism of not diverging Grüneisen parameter in the quantum critical heavy-fermion quasicrystal (QC) Yb15Al34Au51 is analyzed. We construct the formalism for calculating the specific heat CV(T), the thermal-expansion coefficient α(T), and the Grüneisen parameter Γ(T) near the quantum critical point of the Yb valence transition. By applying the framework to the QC, we calculate CV(T), α(T), and Γ(T), which explains the measurements. Not diverging Γ(T) is attributed to the robustness of the quantum criticality in the QC under pressure. The difference in Γ(T) at the lowest temperature between the QC and approximant crystal is shown to reflect the difference in the volume derivative of characteristic energy scales of the critical Yb-valence fluctuation and the Kondo temperature. Possible implications of our theory to future experiments are also discussed.

    DOI: 10.1016/j.ssc.2019.113774

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0038109819307148?via%3Dihub

  • 価数転移由来の新規量子現象の理論研究

    渡辺真仁

    J-Physics ニュースレター   7   24 - 25   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Charge Transfer Effect under Odd-Parity Crystalline Electric Field: Divergence of Magnetic Toroidal Fluctuation in β-YbAlB4 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan   88 ( 3 )   033701-1 - 033701-5   2019年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A novel property of the quantum critical heavy fermion superconductor β-YbAlB4 is revealed theoretically. By analyzing the crystalline electronic field (CEF) on the basis of the hybridization picture, odd parity CEF is shown to exist because of sevenfold configuration of B atoms around Yb, which breaks the local inversion symmetry. This allows onsite admixture of 4f and 5d wavefunctions with a pure imaginary coefficient, giving rise to the magnetic toroidal (MT) degree of freedom. By constructing a realistic minimal model for β-YbAlB4, we show that onsite 4f-5d Coulomb repulsion drives charge transfer between the 4f and 5d states at Yb, which makes the MT fluctuation as well as the electric dipole fluctuation diverge simultaneously with the critical Yb-valence fluctuation at the quantum critical point of the valence transition.

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.033701

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061079901&origin=inward

  • Grüneisen Parameter and Thermal Expansion near Magnetic Quantum Critical Points in Itinerant Electron Systems 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Physical Review B   99 ( 99 )   035108-1 - 035108-25   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Complete expressions of the thermal-expansion coefficient α and the Grüneisen parameter Γ are derived on the basis of the self-consistent renormalization (SCR) theory. By considering the zero point as well as thermal spin fluctuation under the stationary condition, the specific heat for each class of the magnetic quantum critical point (QCP) specified by the dynamical exponent z=3 [feorromagnetism (FM)] and z=2 [antiferromagnetism (AFM)] and the spatial dimension (d=3 and 2) is shown to be expressed as CV=Ca-Cb, where Ca is dominant at low temperatures, reproducing the past SCR criticality endorsed by the renormalization group theory. Starting from the explicit form of the entropy and using the Maxwell relation, α=αa+αb (with αa and αb being related to Ca and Cb, respectively) is derived, which is proven to be equivalent to α derived from the free energy. The temperature-dependent coefficient found to exist in αb, which is dominant at low temperatures, contributes to the crossover from the quantum-critical regime to the Curie-Weiss regime. For sufficiently low temperatures, the thermal-expansion coefficient at the QCP behaves as α≈αb∼T1/3 (3D FM), T1/2 (3D AFM), -lnT (2D FM), and -ln(-lnT)/ln-TlnT (2D AFM). Based on these correctly calculated CV and α, Grüneisen parameter Γ=Γa+Γb is derived, where Γa and Γb contain αa and αb, respectively. The inverse susceptibility (renormalized by the mode-mode coupling of spin fluctuations) coupled to the volume V in Γb gives rise to the divergence of Γ at the QCP for each class even though the characteristic energy scale of spin fluctuation T0 is finite at the QCP, which gives a finite contribution in Γa=-VT0∂T0∂VT=0. For TT0, the Grüneisen parameter at the QCP behaves as Γ≈Γb∼-T-2/3/lnT (3D FM), T-1/2/(const.-T1/2) (3D AFM), -T-2/3lnT (2D FM), and ln(-lnT)/[TlnTln-TlnT] (2D AFM). General properties of α and Γ including their signs as well as the relation to T0 and the Kondo temperature in temperature-pressure phase diagrams of Ce- and Yb-based heavy electron systems are discussed.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.99.035108

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85059897560&origin=inward

  • The Dominant Role of Critical Valence Fluctuations on High Tc Superconductivity in Heavy Fermions 査読有り

    Gernot W. Scheerer, Zhi Ren, Shinji Watanabe, Gerard Lapertot, Dai Aoki, Didier Jaccard, Kazumasa Miyake

    npj Quantum Materials   3 ( 1 )   41-1 - 41-6   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Despite almost 40 years of research, the origin of heavy-fermion superconductivity is still strongly debated. Especially, the pressure-induced enhancement of superconductivity in CeCu2Si2 away from the magnetic breakdown is not sufficiently taken into consideration. As recently reported in CeCu2Si2 and several related compounds, optimal superconductivity occurs at the pressure of a valence crossover, which arises from a virtual critical end point at negative temperature Tcr. In this context, we did a meticulous analysis of a vast set of top-quality high-pressure electrical resistivity data of several Ce-based heavy fermion compounds. The key novelty is the salient correlation between the superconducting transition temperature Tc and the valence instability parameter Tcr, which is in line with theory of enhanced valence fluctuations. Moreover, it is found that, in the pressure region of superconductivity, electrical resistivity is governed by the valence crossover, which most often manifests in scaling behavior. We develop the new idea that the optimum superconducting Tc of a given sample is mainly controlled by the compound’s Tcr and limited by non-magnetic disorder. In this regard, the present study provides compelling evidence for the crucial role of critical valence fluctuations in the formation of Cooper pairs in Ce-based heavy fermion superconductors besides the contribution of spin fluctuations near magnetic quantum critical points, and corroborates a plausible superconducting mechanism in strongly correlated electron systems in general.

    DOI: 10.1038/s41535-018-0111-6

    Scopus

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41535-018-0111-6#article-info

  • Anomalous temperature dependence of the relaxation rate measured by muon spin rotation in alpha-YbAl0.986Fe0.014B4 査読有り

    Kazumasa Miyake, Shinji Watanabe

    Physical Review B   98 ( 7 )   075125-1 - 075125-6   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Recently, it was reported by MacLaughlin et al. in Phys. Rev. B 93, 214421 (2016)2469-995010.1103/PhysRevB.93.214421 that α-YbAl0.986Fe0.014B4 exhibits an anomalous temperature dependence in the relaxation rate 1/T1 of μSR, and stressed that such temperature dependence cannot be understood by the scenario based on the quantum critical valence transition (QCVT) while this compound exhibits a series of the non-Fermi-liquid behaviors explained by the theory of the QCVT. In this paper, we point out that the anomalous temperature dependence in 1/T1 can be understood semiquantitatively by assuming that the attraction of a screening cloud of conduction electrons about the μ+ induces a local magnetic moment arising from a 4f hole on the Yb ion, giving rise to the Kondo effect between heavy quasiparticles.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.98.075125

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85051793850&origin=inward

  • Effects of Crystalline Electronic Field and Onsite Interorbital Interaction in Yb-based Quasicrystal and Approximant Crystal 招待有り 査読有り

    S. Watanabe and K. Miyake

    J. Phys.: Condens. Matter   30   184001-1 - 184001-11   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Yb系準結晶・近似結晶の新しい量子臨界現象 招待有り

    渡辺真仁

    J-Physics ニュースレター   5   10 - 13   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Grüneisen Parameter and Thermal Expansion by the Self-Consistent Renormalization Theory of Spin Fluctuations 査読有り

    S. Watanabe and K. Miyake

    J. Phys. Soc. Jpn.   86   034712-1 - 034712-6   2018年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Coincidence of Magnetic and Valence Quantum Critical Points in CeRhIn5 under Pressure 査読有り

    Z. Ren, G. W. Scheerer, D. Aoki, K. Miyake, S. Watanabe, and D. Jaccard

    Phys. Rev. B   96   184524-1 - 184524-5   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • New quantum criticality revealed under pressure 招待有り 査読有り

    Watanabe S., Miyake K.

    Japanese Journal of Applied Physics   56 ( 56 )   05FA01-1 - 05FA01-7   2017年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 The Japan Society of Applied Physics.Unconventional quantum critical phenomena observed in Yb-based periodic crystals such as YbRh2Si2 and β-YbAlB4 have been one of the central issues in strongly correlated electron systems. The common criticality has been discovered in the quasicrystal Yb15Au51Al34, which surprisingly persists under pressure at least up to P = 1.5 GPa. The T/H scaling where the magnetic susceptibility can be expressed as a single scaling function of the ratio of the temperature T to the magnetic field H has been discovered in the quasicrystal, which is essentially the same as that observed in β-YbAlB4. Recently, the T/H scaling as well as the common criticality has also been observed even in the approximant crystal Yb14Au51Al35 under pressure. The theory of critical Yb-valence fluctuation gives a natural explanation for these striking phenomena in a unified way.

    DOI: 10.7567/JJAP.56.05FA01

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85019215795&origin=inward

  • Ubiquity of Unconventional Phenomena Associated with Critical Valence Fluctuations in Heavy Fermion Metals 招待有り 査読有り

    K. Miyake, S. Watanabe

    Philos. Mag.   ( 97 )   3495 - 3516   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lifetime-Broadening-Suppressed X-ray Absorption Spectrum of beta-YbAlB4 Deduced from Yb 3d→2p Resonant X-ray Emission Spectroscopy 査読有り

    Naomi Kawamura, Noriko Kanai, Hisashi Hayashi, Yasuhiro H. Matsuda, Masaichiro Mizumaki, Kentaro Kuga, Satoru Nakatsuji, and Shinji Watanabe

    Journal of the Physical Society of Japan   86 ( 86 )   014711-1 - 014711-7   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this work, the Yb 3d → 2p (Yb Lα1,2) resonant X-ray emission spectrum of β-YbAlB4 was acquired using excitation energies around the Yb L3-edge, at 2K. Subsequently, the lifetime-broadening-suppressed (LBS) X-ray absorption structure (XAS) spectrum was obtained using the SIM-RIXS program. This spectrum was found to exhibit clearly resolved pre-edge and shoulder structures. Resonant La1 emission spectra were well reproduced from LBS-XAS profiles over wide ranges of excitation and emission energies. In contrast, noticeable discrepancies appeared between the experimental and simulated Lα2 emission spectra, suggesting an effect resulting from M4M5O1 Coster-Kronig transitions. LBS-XAS, in conjunction with partial fluorescence yield (PFY) XAS and transmission XAS, determined a value for the Yb valence (v) in β-YbAlB4 of 2.76 ± 0.08 at 2K. Despite this relatively large uncertainty in v, each method provided a consistent variation in valence (Sv) as the temperature was raised from 2 to 280 K: 0.060 ± 0.004 (LBS-XAS), 0.061 ± 0.005 (PFY-XAS) and 0.058 ± 0.007 (transmission XAS). The smaller δv associated with LBS-XAS demonstrates the greater precision of this method.

    DOI: 10.7566/JPSJ.86.014711

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85007490428&origin=inward

  • 周期系・準周期系重い電子系に普遍的な新しい量子臨界物性の解明

    渡辺真仁

    J-Physics ニュースレター   2   19 - 19   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Origin of quantum criticality in Yb-Al-Au approximant crystal and quasicrystal 査読有り

    Watanabe S., Miyake K.

    Journal of the Physical Society of Japan   85 ( 6 )   63703-1 - 63703-5   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    ©2016 The Physical Society of Japan.To get insight into the mechanism of emergence of unconventional quantum criticality observed in quasicrystal Yb15Al34Au51, the approximant crystal Yb14Al35Au51 is analyzed theoretically. By constructing a minimal model for the approximant crystal, the heavy quasiparticle band is shown to emerge near the Fermi level because of strong correlation of 4f electrons at Yb. We find that charge-transfer mode between 4f electron at Yb on the 3rd shell and 3p electron at Al on the 4th shell in Tsai-type cluster is considerably enhanced with almost flat momentum dependence. The modecoupling theory shows that magnetic as well as valence susceptibility exhibits χ ∼ T-0.5 for zero-field limit and is expressed as a single scaling function of the ratio of temperature to magnetic field T/B over four decades even in the approximant crystal when some condition is satisfied by varying parameters, e.g., by applying pressure. The key origin is clarified to be due to strong locality of the critical Yb-valence fluctuation and small Brillouin zone reflecting the large unit cell, giving rise to the extremely-small characteristic energy scale. This also gives a natural explanation for the quantum criticality in the quasicrystal corresponding to the infinite limit of the unit-cell size.

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.063703

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84973875471&origin=inward

  • f電子系準結晶・近似結晶の量子臨界性

    渡辺 真仁

    日本物理学会講演概要集 ( 一般社団法人 日本物理学会 )   71 ( 1 )   1753 - 1754   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_1753

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010057726

  • Basic Properties of Conductivity and Normal Hall Effect in the Periodic Anderson Model 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan   ( 85 )   044704-1 - 044704-16   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.044704

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://journals.jps.jp/doi/10.7566/JPSJ.85.044704

  • Quantum Criticality and Emergence of the T/B Scaling in Strongly Correlated Metals 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   ( 400 )   13 - 16   2016年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2015.09.042

    Scopus

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304885315305916

  • Thermal Expansion of a Au-Al-Yb Intermediate Valence Quasicrystal 査読有り

    T. Watanukia, S. Kashimoto, T. Ishimasa, A. Machida, S. Yamamoto, Y. Tanaka, M. Mizumaki, N. Kawamura, S. Watanabe

    Solid State Communications   ( 211 )   19 - 22   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.ssc.2015.03.008

    Scopus

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0038109815000939

  • Pressure-Induced Valence Crossover and Novel Metamagnetic Behavior near the Antiferromagnetic Quantum Phase Transition of YbNi3Ga9 査読有り

    K. Matsubayashi, T. Hirayama, T. Yamashita, S. Ohara, N. Kawamura, M. Mizumaki, N. Ishimatsu, S. Watanabe, K. Kitagawa, Y. Uwatoko

    Physical Review Letters   114   086401-1 - 086401-5   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.114.086401

    Scopus

    その他リンク: http://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.114.086401

  • High Pressure Properties for Electrical Resistivity and Ce Valence State of Heavy-Fermion Antiferromagnet Ce2NiGa12 査読有り

    N Kawamura, R Sasaki, K Matsubayashi, N Ishimatsu, M Mizumaki, Y Uwatoko, S Ohara and S Watanabe

    Journal of Physics: Conference Series   568   042015-1 - 042015-6   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/1742-6596/568/4/042015

    Scopus

    その他リンク: http://iopscience.iop.org/1742-6596/568/4/042015/

  • T/B Scaling in beta-YbAlB4 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan   83   103708-1 - 103708-5   2014年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.83.103708

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://journals.jps.jp/doi/abs/10.7566/JPSJ.83.103708

  • Unconventional Quantum Criticality Due to Critical Valence Transition 招待有り 査読有り

    三宅和正、渡辺真仁

    Journal of the Physical Society of Japan   83   061006-1 - 061006-10   2014年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.83.061006

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://journals.jps.jp/doi/abs/10.7566/JPSJ.83.061006

  • Robustness of Quantum Criticality of Valence Fluctuations 査読有り

    渡辺真仁、三宅和正

    Journal of the Physical Society of Japan   82   083704-1 - 083704-4   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.083704

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://journals.jps.jp/doi/pdf/10.7566/JPSJ.82.083704

  • Multiprobe Signatures of the Valence Crossover in Heavy Fermion Superconductor CeCu2Si2 Under High Pressure 査読有り

    Gabriel Seyfarth, Anna-Sabina Rüetschi, Kausik Sengupta, Antoine Georges,Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake, Didier Jaccard

    Journal of the Physical Society of Japan Supplement B   81   SB004-1 - SB004-8   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJS.81SB.SB004

    Scopus

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJS/81SB/SB004/

  • New universality class of quantum criticality in Ce- and Yb-based heavy fermions 招待有り 査読有り

    S. Watanabe, K. Miyake

    Journal of Physics: Condensed Matter   24 ( 29 )   294208-1 - 294208-10   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/0953-8984/24/29/294208

    Scopus

  • Heavy Fermion Superconductor CeCu2Si2 Under High Pressure: Multiprobing The Valence Crossover 査読有り

    G. Seyfarth, A.-S. Rüetschi, K. Sengupta, A. Georges, D. Jaccard, S. Watanabe, K. Miyake

    Physical Review B   85   205105-1 - 205105-13   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevB.85.205105

    Scopus

    その他リンク: http://prb.aps.org/abstract/PRB/v85/i20/e205105

  • 局所相関の強い遍歴電子系における新しい量子臨界現象の解明 招待有り

    渡辺真仁

    重い電子系の形成と秩序化 ニュースレター   4 ( 2 )   4 - 6   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • New Frontiers of Quantum Critical End Point

    渡辺真仁

    Journal of the Physical Society of Japan News and Comments ( Journal of the Physical Society of Japan )   8   12 - 12   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    その他リンク: http://journals.jps.jp/action/showMultipleAbstracts?doi=10.7566%2FJPSJNC.8.12

  • Sharp Valence Change as Origin of Drastic Change of Fermi Surface and Transport Anomalies in CeRhIn5 under Pressure 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of Physics: Conference Series   273 ( 1 )   012063-1 - 012063-4   2011年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1088/1742-6596/273/1/012063

    Scopus

    その他リンク: http://iopscience.iop.org/1742-6596/273/1/012063

  • Roles of Critical Valence Fluctuations in Ce- and Yb-Based Heavy Fermion Metals 招待有り 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of Physics: Condensed Matter   23 ( 9 )   094217-1 - 094217-11   2011年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/0953-8984/23/9/094217

    Scopus

    その他リンク: http://iopscience.iop.org/0953-8984/23/9/094217

  • Quantum Valence Criticality as an Origin of Unconventional Critical Phenomena 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Physical Review Letters   105 ( 18 )   186403-1 - 186403-2   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.105.186403

    Scopus

    その他リンク: http://prl.aps.org/abstract/PRL/v105/i18/e186403

  • Origin of Drastic Change of Fermi Surface and Transport Anomalies in CeRhIn5 under Pressure 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan   79   033707-1 - 033707-4   2010年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.033707

    Scopus

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/79/033707

  • Influence of Quantum Critical Point of First-Order Valence Transition on Ce- and Yb-based Heavy Fermions 招待有り 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    physica status solidi (b)   247 ( 3 )   490 - 494   2010年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/pssb.200983011

    Scopus

    その他リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pssb.200983011/abstract

  • Magnetic-Field Induced Quantum Critical Points of Valence Transition in Ce- and Yb-Based Heavy Fermions 査読有り

    Shinji Watanabe, Atsushi Tsuruta, Kazumasa Miyake, Jacques Flouquet

    Physica B: Condensed Matter   404 ( 19 )   2942 - 2945   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.physb.2009.07.040

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0921452609005110

  • Valence Fluctuations Revealed by Magnetic Field and Pressure Scans: Comparison with Experiments in YbXCu_4 (X=In, Ag, Cd) and CeYIn_5 (Y=Ir, Rh) 査読有り

    Shinji Watanabe, Atsushi Tsuruta, Kazumasa Miyake, Jacques Flouquet

    Journal of the Physical Society of Japan   78   104706-1 - 104706-13   2009年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.78.104706

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/78/104706

  • On Proximity of 4/7 Solid Phase of 3He Adsorbed on Graphite -Origin of Specific Heat Anomalies in Hole-Doped Density Ordered Solid- 査読有り

    Shinji Watanabe, Masatoshi Imada

    Journal of the Physical Society of Japan   78   033603-1 - 033603-4   2009年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.78.033603

  • 量子モンテカルロ法における負符号問題とその克服 : 経路積分繰り込み群法の開発とその発展

    渡辺真仁

    素粒子論研究 ( 素粒子論研究編集部 )   116   F87 - F92   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007115103

  • Magnetic-Field Control of Quantum Critical Points of Valence Transition 査読有り

    Shinji Watanabe, Atsushi Tsuruta, Kazumasa Miyake, and Jacques Flouquet

    Physical Review Letters   100 ( 23 )   236401-1 - 236401-4   2008年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.100.236401

    その他リンク: http://prl.aps.org/abstract/PRL/v100/i23/e236401

  • What is Minimal Model of 3He Adsorbed on Graphite? -Importance of Density Fluctuations in 4/7 Registered Solid- 査読有り

    Shinji Watanabe, Masatoshi Imada

    Journal of the Physical Society of Japan   76   113603-1 - 113603-4   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.113603

  • Quantum Valence Criticality and Superconductivity 査読有り

    Shinji Watanabe, Masatoshi Imada, Kazumasa Miyake

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   310 ( 2 )   841 - 843   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2006.10.716

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S030488530601955X

  • Superconductivity Emerging near Quantum Critical Point of Valence Transition 査読有り

    Shinji Watanabe, Masatoshi Imada, Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan   75   043710-1 - 043710-4   2006年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.75.043710

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/75/043710

  • 経路積分繰り込み群法のアルゴリズムとその応用

    渡辺真仁

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   1441   28 - 31   2005年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

    その他リンク: http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/kokyuroku/contents/1441.html

  • Thermodynamic Relations in Correlated Systems 査読有り

    Shinji Watanabe, Masatoshi Imada

    Jounrnal of the Physical Society of Japan   73   3341 - 3350   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.73.3341

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/73/3341

  • Precise Determination of Phase Diagram for Two-Dimensional Hubbard Model with Filling- and Bandwidth-Control Mott Transitions: Grand-Canonical Path-Integral Renormalization Group Approach 査読有り

    Shinji Watanabe, Masatoshi Imada

    Journal of the Physical Society of Japan   73   1251 - 1266   2004年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.73.1251

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/73/1251

  • Absence of Unit Cell Doubling in Nonmagnetic Insulator Phase on Two-Dimensional Lattice with Geometrical Frustration 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Journal of the Physical Society of Japan   72   2042 - 2045   2003年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.72.2042

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/72/2042/

  • Coupled CDW and SDW Fluctuations as an Origin of Anomalous Properties of Ferromagnetic Superconductor UGe_2 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan   71   2489 - 2499   2002年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.71.2489

  • Nonmagnetic Insulating States near the Mott Transitions on Lattices with Geometrical Frustration and Implications for kappa-(ET)_2Cu_2(CN)_3 査読有り 国際誌

    Hidekazu Morita, Shinji Watanabe, Masatoshi Imada

    Journal of the Physical Society of Japan   71   2109 - 2112   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.71.2109

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/cgi-bin/getarticle?magazine=JPSJ&volume=71&page=2109

  • A Scenario for Superconductivity of UGe_2 due to Coupled Charge and Spin Fluctuations 査読有り

    S. Watanabe, K. Miyake

    Journal of Physics and Chemistry of Solids   63   1465 - 1468   2002年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/S0022-3697(02)00084-7

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022369702000847

  • Partial Ferromagnetism in Semimetallic Systems: Numerical Calculation and Rigorous Proof 査読有り

    Shinji Watanabe, Koichi Kusakabe, Yoshio Kuramoto

    Physica B: Condensed Matter   312-313   811 - 812   2002年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/S0921-4526(01)01230-3

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0921452601012303

  • Coupled charge and spin fluctuations and mechanism of superconductivity in UGe2 under pressures 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake

    Physica B: Condensed Matter   312-313   115 - 117   2002年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Partial Ferromagnetism in a Two-Band Hubbard Model with Semimetallic Bands: Numerical Evidences and a Rigorous Result 査読有り

    K. Kusakabe, S. Watanabe, Y. Kuramoto

    Journal of the Physical Society of Japan Supplement   71   311 - 313   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJS.71S.311

    その他リンク: http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJS/71S/311

  • Anisotropy and Pressure Dependence of the Upper Critical Field of the Ferromagnetic Superconductor UGe_2 査読有り

    I. Sheikin, A. Huxley, D. Braithwaite, J. P. Brison, S. Watanabe, K. Miyake, J. Flouquet

    Physical Review B   64   220503(R)-1 - 220503(R)-4   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevB.64.220503

    その他リンク: http://prb.aps.org/abstract/PRB/v64/i22/e220503

  • UGe_2: a Ferromagnetic Superconductor 査読有り

    J. Flouquet, A. Huxley, I. Sheikin, N. Kernavanois, D. Braithwaite, E. Ressouche, S. Watanabe, K. Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan Supplement   70   14 - 17   2001年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Magnetization Process in Heavy Electron Systems 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe

    Journal of the Physical Society of Japan   69   2947 - 2952   2000年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.69.2947

  • Ground State and Elementary Excitations in the One-Dimensional f^2 Kondo Lattice Model 査読有り

    S. Watanabe, Y. Kuramoto

    Physica B: Condensed Matter   281-282   260 - 261   2000年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/S0921-4526(99)00858-3

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0921452699008583

  • Transition from Haldane Phase to Spin Liquid and Incommensurate Correlation in Spin-1/2 Heisenberg Chains 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe, Hisatoshi Yokoyama

    Journal of the Physical Society of Japan   68   2073 - 2097   1999年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.68.2073

  • Spin, Charge, and Quasi-Particle Gaps in the One-Dimensional Kondo Lattice with f^2 Configuration 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe, Yoshio Kuramoto, Tomotoshi Nishino, Naokazu Shibata

    Journal of the Physical Society of Japan   68   159 - 165   1999年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.68.159

  • Competition between Crystalline Electric Field Singlet and Itinerant States of f Electrons 査読有り 国際誌

    Shinji Watanabe, Yoshio Kuramoto

    Zeitschrift für Physik B Condensed Matter   104 ( 3 )   535 - 540   1997年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s002570050487

▼全件表示

著書

  • Quantum Critical Phenomena of Valence Transition -Heavy Fermion Metals and Related Systems 査読有り

    Shinji Watanabe, Kazumasa Miyake(共著)

    Springer Nature  2023年12月  ( ISBN:978-981-99-3517-8

     詳細を見る

    総ページ数:215   担当ページ:215   記述言語:英語

    DOI: 10.1007/978-981-99-3518-5

  • 固体物理 誌上セミナー 量子臨界現象の新展開 (その4)価数ゆらぎによる超伝導発現機構 査読有り

    三宅和正、渡辺真仁(共著)

    アグネ技術センター  2023年05月 

     詳細を見る

    総ページ数:8   担当ページ:8   記述言語:日本語

  • 固体物理 準結晶および近似結晶における結晶場 -点電荷モデルによる定式化- 査読有り

    渡辺真仁(共著)

    アグネ技術センター  2023年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:12   担当ページ:12   記述言語:日本語

  • 化学と教育 準結晶 -非周期秩序構造と物性ー 査読有り

    渡辺真仁(単著)

    日本化学会  2022年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:6   担当ページ:p598-p603   記述言語:日本語

  • 日本物理学会誌 準結晶における磁気長距離秩序 -20面体と磁気異方性がもたらす多彩な磁性とトポロジー 査読有り

    渡辺真仁(単著)

    日本物理学会  2022年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:616-620   記述言語:日本語

  • 固体物理 誌上セミナー 量子臨界現象の新展開 (その3)価数転移と価数クロスオーバー 査読有り

    渡辺真仁、三宅和正(共著)

    アグネ技術センター  2022年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:10   担当ページ:10   記述言語:日本語

  • 固体物理 特集号 ハイパーマテリアルの量子臨界現象と弾性定数の理論

    渡辺真仁(単著)

    アグネ技術センター  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 固体物理 誌上セミナー 量子臨界現象の新展開 (その2) 量子臨界磁気体積効果

    渡辺真仁, 三宅和正(共著)

    アグネ技術センター  2020年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:p697-p713   記述言語:日本語

  • 固体物理 誌上セミナー 量子臨界現象の新展開 (その1) スピンゆらぎのSCR理論

    渡辺真仁, 三宅和正(共著)

    アグネ技術センター  2020年02月 

     詳細を見る

    担当ページ:55-68   記述言語:日本語

  • SPring-8/SACLA利用者情報 X線分光法による臨界価数ゆらぎによる新しい量子臨界現象の実験的検証

    渡辺真仁(単著)

    高輝度光科学研究センター  2016年05月 

     詳細を見る

    担当ページ:96-100   記述言語:日本語

  • 固体物理 価数ゆらぎと量子臨界

    渡辺真仁, 三宅和正(共著)

    アグネ技術センター  2012年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:511-519   記述言語:日本語

  • 物性研究 重い電子系における近藤効果と量子臨界現象

    渡辺真仁(単著)

    物性研究刊行会  2012年01月 

     詳細を見る

    担当ページ:605-636   記述言語:日本語

  • 固体物理 経路積分繰り込み群法

    渡辺真仁, 水崎高浩, 今田正俊(共著)

    アグネ技術センター  2004年09月 

     詳細を見る

    担当ページ:565-576   記述言語:日本語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • Strongly Correlated Emergent Phenomena in Rare-Earth Based Quasicrystal and Approximant 招待有り

    渡辺真仁

    International Workshop on Topology, spin-orbit interactions and superconductivity in strongly correlated quantum materials under extreme conditions (H-Physics)  2023年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年10月10日 - 2023年10月12日   記述言語:英語   国名:フランス共和国  

  • Magnetism, Topology and Dynamics in Icosahedral Quasicyrstal and Approximant

    渡辺真仁

    International Conference on Complex Orders in Condensed Matter: Aperiodic Order, Local Order, Electronic Order, Hidden order  2023年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月24日 - 2023年09月29日   記述言語:英語   開催地:Evian   国名:フランス共和国  

  • 20}面体準結晶の強磁性秩序における磁気ダイナミクス

    渡辺真仁

    日本物理学会  2023年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月16日 - 2023年09月19日   記述言語:日本語  

  • 20面体準結晶における結晶場と磁性、トポロジカル磁気構造

    渡辺真仁

    日本物理学会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン (ZOOM)  

  • 希土類系20面体準結晶・近似結晶における結晶場と磁性、トポロジー、素励起

    渡辺真仁

    新学術領域「補空間が創る新物質科学」 第9回領域会議  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月20日 - 2022年12月22日   記述言語:日本語   開催地:神戸ポートピアホテル  

  • SmSのエキシトン凝縮理論 招待有り

    渡辺真仁

    基盤研究(B)「エキシトン凝縮とフラクタル超伝導」研究会  2022年09月  佐藤憲昭

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日   記述言語:日本語   開催地:愛知工業大学本山キャンパス   国名:日本国  

  • Tb系20面体準結晶と近似結晶における磁性とトポロジー

    渡辺真仁

    日本物理学会  2022年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月12日 - 2022年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス  

  • Tb系準結晶における結晶場と磁気異方性の理論解析」

    渡辺真仁

    日本物理学会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月19日   記述言語:日本語  

  • 希土類系準結晶と近似結晶における結晶場: 量子臨界準結晶Au-Al-Ybの理論解析

    渡辺真仁, 川本美那

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月20日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語  

  • 量子臨界準結晶Yb-Al-Auと近似結晶の弾性定数の理論研究

    渡辺真仁

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月20日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語  

  • SmSのblack-golden相転移の理論解析:価数転移と絶縁体-半金属転移とエキシトン凝縮機構

    渡辺真仁

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月20日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語  

  • 量子臨界物質 b-YbAlB4における超音波応答

    渡辺真仁

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語  

  • 量子臨界準結晶Yb-Al-Auと近似結晶の弾性定数の理論研究

    渡辺真仁

    第25回準結晶研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月03日 - 2021年03月05日   記述言語:日本語  

  • 奇パリティ結晶場における電荷移動効果と臨界体積効果

    渡辺真仁

    新学術領域研究 「J-Physics:多極子伝導系の物理」 領域全体会議  新学術領域研究 「J-Physics:多極子伝導系の物理」

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月06日 - 2020年01月08日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学百周年記念館六甲ホール  

  • 奇パリティ結晶場における電荷移動効果: b-YbAlB4における磁気トロイダルゆらぎの発散

    渡辺真仁、三宅和正

    日本物理学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月10日 - 2019年09月13日   記述言語:日本語   開催地:岐阜大学  

  • 準結晶Yb15 (Al1-xGax)34 (Au1-yCuy)51のYb価数の格子定数依存性

    渡辺真仁

    日本物理学会秋季大会2018  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日 - 2018年09月12日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学  

  • 量子臨界準結晶Yb15Al34Au51の比熱、熱膨張係数とグリュナイゼンパラメータ

    渡辺真仁

    日本物理学会秋季大会2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日 - 2018年09月12日   記述言語:日本語  

  • 価数転移由来の新規量子現象の理論研究

    渡辺真仁

    新学術領域研究 「J-Physics:多極子伝導系の物理」 平成30年度領域全体会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月24日 - 2018年05月26日   記述言語:日本語  

  • Yb系準結晶と近似結晶における新しい量子臨界現象

    渡辺真仁

    新学術領域研究 「J-Physics:多極子伝導系の物理」 平成29年度領域全体会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月15日 - 2018年03月17日   記述言語:日本語  

  • Ce<sub>x</sub>La<sub>1-x</sub>Cu<sub>5.62</sub>Au<sub>0.38</sub> (x=0.02-0.10) における量子価数臨界ゆらぎによる非フェルミ液体的振る舞いの理論

    三宅 和正, 渡辺 真仁

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 遍歴電子系の磁気量子臨界点における熱膨張係数とグリュナイゼンパラメータ

    渡辺真仁

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月24日   記述言語:日本語  

  • Yb系準結晶と周期結晶の量子臨界性とT/Bスケーリングの普遍性

    渡辺真仁

    J-Physicsトピカルミーティング「局在多極子と伝導電子の相関による新現象」 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年04月17日 - 2017年04月18日   記述言語:日本語  

  • Yb系準結晶と近似結晶の量子臨界性とT/Bスケーリングの出現機構

    渡辺真仁, 三宅和正

    日本物理学会第72回年次大会(2017年) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月17日 - 2017年03月20日   記述言語:日本語  

  • 準結晶Yb15Al34Au51の圧力に対してrobustな量子臨界現象

    渡辺真仁

    九州工業大学物性グループセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月24日   記述言語:日本語  

  • 高圧下におけるYbIr2Zn20のX線吸収測定

    本多史憲

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月21日 - 2015年03月24日   記述言語:日本語  

  • Yb系新物質YbCo2Ge4における高圧下物性

    松林和幸

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月21日 - 2015年03月24日   記述言語:日本語  

  • Ce2NiGa12の量子臨界現象とX線吸収によるCeの価数評価

    河村直己

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月21日 - 2015年03月24日   記述言語:英語  

  • 22aPS-69 Yb系新物質YbCo_2Ge_4における高圧下物性

    松林 和幸, 岩谷 誠, 北川 健太郎, 河村 直己, 水牧 仁一朗, 石松 直樹, 渡辺 真仁, 上床 美也

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月21日   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • Yb-Au-Al準結晶の低温におけるYb価数の磁場依存性

    綿貫徹

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語  

  • 希土類元素に対するX線吸収の2p→4f遷移とその共鳴X線発光スペクトル

    河村直己

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語  

  • 重い電子系準結晶Yb15Al34Au51の量子臨界性

    渡辺真仁

    日本物理学会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:英語   開催地:東海大学湘南キャンパス  

  • Ce2NiGa12におけるCe L3-吸収端での高圧下X線吸収測定

    河村直己

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • 重い電子系化合物YbAuCu4の価数磁場依存性

    水牧仁一朗

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • 二段価数秩序転移を示すEuPtPの高圧効果

    光田暁弘

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月25日 - 2013年09月28日   記述言語:日本語  

  • EuPtPの圧力下X線吸収分光

    梅田真史

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月25日 - 2013年09月28日   記述言語:日本語  

  • X線吸収分光法によるPrTi2Al20のPr価数の圧力変化

    河村直己

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月25日 - 2013年09月28日   記述言語:日本語  

  • 中間価数物質YbNi3Ga9における圧力誘起強磁性秩序と価数クロスオーバー

    松林和幸

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月27日 - 2013年03月29日   記述言語:日本語  

  • YbT2Zn20(T: Co, Rh, Ir)の電子状態と圧力効果

    本多史憲

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月26日 - 2013年03月29日   記述言語:日本語  

  • Quantum Valence Criticality in Ce- and Yb-Based Heavy Fermion Systems

    Shinji Watanabe

    International Workshop on Heavy Fermions (TOKIMEKI 2011)  大阪大学最先端ときめき研究推進事業

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月23日 - 2011年11月26日   記述言語:英語   開催地:Osaka University  

  • Quantum Valence Criticality as an Origin of Unconventional Critical Phenomena in Ce- and Yb-based Heavy Fermions

    Shinji Watanabe

    International Conference on Heavy Electrons 2010  Scientific Research on Innovative Areas "Emergence of Heavy Electrons and Their Ordering"

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月17日 - 2010年09月20日   記述言語:英語   開催地:Minami-Osawa, Japan  

  • Spin Fluctuations Induced by Critical Valence Fluctuations

    Shinji Watanabe

    International Workshop on Correlated Behavior & Quantum Criticality in Heavy Fermion and Related System  Aspen Center for Physics

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月26日 - 2009年08月16日   記述言語:英語   開催地:Aspen, USA  

  • Superconductivity and Novel Phenomena Emerging near Quantum Critical Point of Valence Transition

    Shinji Watanabe

    International Workshop on New Developments in Theory of Superconductivity (NDTS09)  The Institute for Solid State Physics University of Tokyo

     詳細を見る

    開催期間: 2009年06月22日 - 2009年07月10日   記述言語:英語   開催地:東京大学物性研究所  

  • The Nature of the Quantum Critical Point of the First Order Valence Transition

    Shinji Watanabe

    International Workshop on Supercomputing in Solid State Physics (SciSSP2009)  The Institute for Solid State Physics University of Tokyo

     詳細を見る

    開催期間: 2009年02月16日 - 2009年02月19日   記述言語:英語   開催地:東京大学物性研究所  

  • Magnetic-Field Control of Quantum Critical Point of Isostructual First-Order Transition in Charge Degrees of Freedom

    渡辺真仁

    International Workshop on Quantum Critical Phenomena and Novel Phases in Superclean Materials   科研費特定領域研究スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月10日 - 2009年01月13日   記述言語:英語   開催地:ハワイ  

▼全件表示

講演

  • 20面体準結晶と近似結晶における磁性研究の最近の発展

    準結晶研究会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年02月27日 - 2023年03月01日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • 準結晶における磁性とトポロジー

    第16回物性科学領域横断研究会 凝縮系科学の最前線  2022年11月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月25日 - 2022年11月26日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Magnetic long-range order and topology in icosahedral quasicrystal

    10th International Conference on Aperiodic Crystals  2022年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月20日 - 2022年06月24日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • New Quantum Critical Phenomena Driven by Inter-Orbital Coulomb Repulsion in Correlated Metals, Semimetals, and Quasicrystals

    Materials Research Meeting 2021  2021年12月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • Elasticity, crystalline electric field, and magnetism in the Yb- and Tb-based quasicrystal and approximant

    IRN-Aperiodic conference 2021  2021年10月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • Quantum Valence Criticality in Heavy Fermions on Periodic and Aperiodic Crystals

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2019),  2019年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Charge Transfer Effect under Odd-Parity Crystalline Electric Field: Divergence of Magnetic Toroidal Fluctuation in β-YbAlB4

    International Workshop on Multipole Physics and Related Phenomena (J-Physics 2019)  2019年09月 

     詳細を見る

    講演種別:その他  

  • Non-Divergent Grüneisen Parameter in Quantum-Valence-Critical Quasicrystal

    Interdisciplinary Symposium for Quasicrystals and Strongly Correlated Electron System (QSC2019)  2019年06月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Tohoku University, Sendai  

  • 量子臨界周期結晶と準結晶におけるグリュナイゼンパラメータ

    第3回強相関電子系研究会  2018年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月21日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:島根大学  

  • 価数量子臨界現象の最近の発展

    物性セミナー・創発的物性物理研究拠点セミナー・キラル物性セミナー  2018年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月14日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:広島大学  

  • Grüneisen Parameter in Quantum Critical Metals on Periodic and Aperiodic Crystals

    International Workshop on "Emergent Phenomena in Strongly Correlated Quantum Matter"  2018年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Natal, Brazil  

  • Grüneisen Parameter in Quantum Critical Yb-Based Quasicrystal

    The 18th International Conference on High Pressure in Semiconductor Physics (HPSP-18) & The Workshop on High pressure Study on Superconducting (WHS)  2018年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:スペイン バルセロナ  

  • Quantum Criticality Universal to Yb-Based Quasicrystal and Periodic Crystal

    International Workshop on Multipole Physics and Related Phenomena (J-Physics 2017)  2017年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:岩手八幡平ロイヤルホテル  

  • Universality of Quantum Criticality in Yb-Based Heavy Fermions on Quasicrystal and Pressurized Approximant Crystal

    The 26th International Conference on High Pressure Science and Technology (AIRAPT26) joint with the 8th Asian Conference on High Pressure Research (ACHPR8) & the 19th China High Pressure Conference (CHPC19)  2017年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Beijing, China  

  • Novel Superconductivity and Quantum Criticality Induced by Critical Valence Fluctuations

    The International Workshop on Recent Progress in Superconductivity (IWRS 2017)  2017年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Origin of Quantum Criticality in Yb-Al-Au Quasicrystal and Approximant Crystal

    International Workshop on "Open Space Between Aperiodic Order and Strong Electronic Correlations"  2017年06月 

     詳細を見る

    講演種別:その他  

  • Universality of Unconventional Quantum Criticality in Correlated Electrons on Periodic- and Quasi-crystal Systems

    14th Bilateral Japanese -German Symposium "Effects of Parity Mixing in Correlated Electron Systems"  2016年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 圧力と磁場制御による量子臨界物性の新展開

    第2回強相関電子系研究会  2016年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月23日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:島根大学  

  • New Quantum Criticality Revealed under Pressure

    The 17th International Conference on High Pressure in Semiconductor Physics (HPSP-17) and Workshop on High-pressure Study on Superconducting (WHS)  2016年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Unconventional Quantum Criticality Universal to Yb-Based Periodic- and Quasi-Crystal Systems

    International Workshop on Fermi-Surface Topology and Emergence of Novel Electronic States in Strongly Correlated Systems  2016年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Natal, Brazil  

  • f電子系準結晶・近似結晶の量子臨界性

    日本物理学会、領域6・領域8合同シンポジウム「f電子系準結晶及び近似結晶の最近の展開」   2016年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東北学院大学  

  • 局所相関と電荷移動がもたらす新しい量子現象

    東京大学物性研究所短期研究会「量子物質研究の最前線」  2015年12月  東京大学物性研究所

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東京大学物性研究所  

  • Universal Quantum Criticality in the Yb-Based Heavy Fermions on the Quasicrystal and Periodic-Crystal Systems

    Toyota RIKEN International Workshop 2015 on "Strongly Correlated Electron Systems: Open Space between Heavy Fermions and Quasi-crystals"  2015年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Nagoya University  

  • Quantum Criticality and Emergence of the T /B Scaling in Strongly Correlated Metals

    International Conference on Magnetism 2015   2015年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Barcelona, Spain  

  • Quantum Criticality and Emergence of the T /B Scaling in Strongly Correlated Metals

    International Conference on Magnetism 2015 (ICM2015)  2015年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Barcelona, Spain  

  • Quantum Criticality of Valence Fluctuations in Ce- and Yb-Based Heavy Fermions

    International Workshop on Quantum Criticality in Correlated Materials and Model Systems  2014年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Natal, Brazil  

  • 磁場・圧力制御による電荷移動の自由度と新しい量子現象

    東京大学物性研究所短期研究会「極限強磁場科学-場、物質、プローブのリンクから融合へ」   2013年11月  東京大学物性研究所

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 価数ゆらぎと量子臨界:理論と展望

    日本物理学会、領域8シンポジウム「価数と軌道が誘起する新しい量子臨界現象」   2013年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:徳島大学  

  • 重い電子系の量子臨界現象における新しい普遍性クラス

    強相関f電子系研究会  2013年06月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:琉球大学  

  • 価数ゆらぎの量子臨界現象の理論の構築

    重い電子系研究奨励賞受賞記念講演会  2013年01月  新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:東京工業大学  

  • Unconventional Criticality in Heavy Electron Systems

    International Conference on Heavy Fermions and Novel Quantum Phases  2012年07月  Korean Superconducting Society

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Gyeongju, South Korea  

  • 局所相関の強い遍歴電子系における新しい量子臨界現象

    ワークショップ 「重い電子系における格子・フォノンの役割」  2012年06月  新学術領域研究 「重い電子系の形成と秩序化」

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:岩手大学  

  • Quantum Valence Criticality and Magnetism in Ce- and Yb-based Heavy Electron Systems

    Korean Physical Society Meeting  2011年10月  Korean Physical Society

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:BEXCO Busan, South Korea  

  • 価数転移の量子臨界現象とその波及効果

    日本物理学会領域8若手奨励賞受賞記念講演会  2011年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:冨山大学  

  • New Universality Class of Quantum Criticality in Ce- and Yb-based Heavy Fermions

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems  2011年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Cambridge, United Kingdom  

  • New Quantum Criticality in Itinerant-Electron Systems with Strong Local Correlations

    International Conference on Ultra Low Temperature  2011年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:KAIST, South Korea  

  • New Quantum Criticality in Itinerant-Electron Systems with Strong Local Correlations

    International Conference on Ultra Low Temperature 2011 (ULT2011)  2011年08月  KAIST, South Korea

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月18日 - 2011年08月22日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:KAIST, South Korea  

  • Interplay of Quantum Valence Criticality and Magnetism in Ce- and Yb-Based Heavy-Electron Systems

    SKKU-APCTP International Symposium on Heavy Electrons and Novel Quantum Phases  2011年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Sungkyun Kwan University, South Korea  

  • 価数ゆらぎのもたらす新しい量子現象 -Yb系とCe系の普遍性と相異点-

    ワークショップ「Yb系重い電子化合物における電子状態と新しい物性」  2011年01月  新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Quantum spin liquid in two dimensional Fermion systems: Universality in 3He and electron systems

    11th German-Japanese Symposium in 2010 New Quantum States and Phenomena in Condensed Matter  2010年09月  日本学術振興会日独交流事業共同セミナー

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Miyajima, Japan  

  • Origin of Drastic Change of Fermi Surface and Transport Anomalies in CeRhIn5 under Pressure

    International Conference on Core Research and Engineering Science of Advanced Materials  2010年05月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Osaka, Japan  

  • New Trend of Superconductivity and Quantum Critical Phenomena in Correlated Electron Systems

    International Workshop on Advanced Materials and Nanotechnology  2009年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Hanoi, Vietnam  

  • Influence of Quantum Critical Point of First Order Valence Transition on Ce and Yb Based Heavy Fermions

    International Conference on Quantum Criticality and Novel Phases  2009年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Dresden, Germany  

  • Ce及びYb系重い電子系における価数転移の量子臨界点の波及効果

    新学術領域研究 「重い電子系の形成と秩序化」第1回研究会  2009年03月  新学術領域研究 「重い電子系の形成と秩序化」

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

▼全件表示

報道関係

学術関係受賞

  • 重い電子系研究奨励賞

    新学術領域研究重い電子系の形成と秩序化評価委員   2013年01月13日

    渡辺真仁

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本物理学会若手奨励賞

    日本物理学会   2011年03月25日

    渡辺真仁

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • JPSJ注目論文賞

    日本物理学会   2009年02月

    渡辺真仁, 今田正俊

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ISSP学術奨励賞

    東京大学物性研究所   2006年03月22日

    渡辺真仁

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 青葉理学振興会賞

    青葉理学振興会   2000年03月14日

    渡辺真仁

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 準結晶・近似結晶におけるトポロジカル電子物性の開拓

    研究課題番号:22H01170  2022年04月 - 2026年03月   基盤研究(B)

  • 希土類系ハイパーマテリアルの結晶場と磁性の理論

    研究課題番号:22H04597  2022年04月 - 2024年03月   新学術領域研究(研究領域提案型)

  • 結晶の幾何学的構造と局所相関による創発電子物性の開拓

    研究課題番号:18K03542  2018年04月 - 2021年03月   基盤研究(C)

  • 価数転移由来の継続量子現象の理論研究

    研究課題番号:18H04326  2018年04月 - 2020年03月   新学術領域研究(研究領域提案型)

  • 周期系・準周期系重い電子系に普遍的な新しい量子臨界物性の解明

    研究課題番号:16H01077  2016年04月 - 2018年03月   新学術領域研究

  • 強相関電子系の新しい量子臨界現象の微視的理論の構築

    研究課題番号:15K05177  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • 局所相関と電荷移動の自由度がもたらす新しい量子現象

    研究課題番号:24540378  2012年04月 - 2015年03月   基盤研究(C)

  • 局所相関の強い遍歴電子系における新しい量子臨界現象の解明

    研究課題番号:23102716  2011年04月 - 2013年03月   新学術領域研究

  • 量子縮退領域における1次転移の臨界終点がもたらす量子現象とその波及効果の解明

    研究課題番号:21740240  2009年04月 - 2012年03月   若手研究(B)

▼全件表示

その他研究活動

  • SPring-8長期利用課題「X線分光法による臨界価数ゆらぎによる新しい量子臨界現象の実験的検証」の実験責任者

    2012年10月
    -
    2015年09月

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   物性物理学特論

  • 2022年度   統計力学

  • 2022年度   基礎量子力学

  • 2022年度   物理学Ⅰ

  • 2021年度   物性物理学特論

  • 2021年度   統計力学

  • 2021年度   基礎量子力学

  • 2021年度   物理学Ⅰ

  • 2020年度   物性物理学特論

  • 2020年度   統計力学

  • 2020年度   基礎量子力学

  • 2020年度   物理学Ⅰ

  • 2019年度   物性物理学特論

  • 2019年度   統計力学

  • 2019年度   基礎量子力学

  • 2019年度   物理学Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目

  • 2018年度   物性物理学特論

  • 2018年度   物理学Ⅰ

  • 2018年度   物理学ⅡB

  • 2018年度   基礎量子力学

  • 2018年度   統計力学

  • 2017年度   基礎量子力学

  • 2017年度   物理学Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目

  • 2017年度   物性物理学特論

  • 2017年度   統計力学

  • 2016年度   統計力学

  • 2016年度   基礎量子力学

  • 2016年度   物理学Ⅰ

  • 2016年度   物性物理学特論

  • 2015年度   物性物理学特論Ⅰ

  • 2015年度   物性物理学特論Ⅱ

  • 2015年度   物理学Ⅰ

  • 2015年度   基礎量子力学

  • 2015年度   統計力学

  • 2014年度   物性物理学特論

  • 2014年度   物理学Ⅰ

  • 2013年度   物理学Ⅰ

  • 2013年度   物性物理学特論

  • 2013年度   統計力学

  • 2012年度   物性物理学特論

  • 2012年度   物質科学Ⅲ

  • 2012年度   統計力学

  • 2012年度   物理学Ⅰ

▼全件表示

FD活動への参加

  • 2023年02月   工学研究院FD研修会「コロナ世代の研究室適応ー研究室訪問型心理教育プログラムの実践からー」

  • 2022年09月   第2回工学研究院FD研修会

  • 2022年06月   第1回工学研究院FD研修会「コロナ3年目の学生相談の状況と対応〜低単位取得学生へのアプローチから〜」

  • 2022年01月   第2回工学研究院FD研修会「大学院生の研究計画・報告管理に伴う大学院版学修自己評価システムの構築」

  • 2020年07月   第1回工学研究院FD研修会「本学における学生支援の実際」

  • 2019年12月   第2回工学研究院FD研修会「学生実験に関するFD研修会」

  • 2018年12月   第2回工学研究院FD研修会「ラーニングアナリティクスができる電子書籍の活用、地域の企業と行なう長期実践型インターンシップ」

  • 2018年11月   学生と教員との懇談会参加

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 日本物理学会   セッション(23aH1)座長  

    2023年03月

  • 新学術領域研究 「ハイパーマテリアル」   領域全体会議 12月22日セッション3-3座長  

    2022年12月

  • 日本物理学会   セッション(21pF2)座長  

    2021年09月

  • 準結晶研究会   セッション4座長  

    2021年03月

  • 新学術領域研究 J-Physics 地域研究会 北九州   研究会実行委員  

    2019年06月

  • 新学術領域研究 「J-Physics:多極子伝導系の物理」   トピカルミーテイング「局在多極子と伝導電子の相関による新現象」 4月18日午前セッション座長  

    2017年04月

  • 日本物理学会   第72回年次大会(2017年) 領域8セッション(17pH11)座長  

    2017年03月

  • 日本物理学会   2016年秋季大会 領域8セッション(16aJD)座長  

    2016年09月

  • 日本物理学会   2015年秋季大会 領域8セッション(18pDC)座長  

    2015年09月

  • 日本物理学会   第122回物理学会九州支部例会 実行委員  

    2015年09月 - 2016年12月

  • SPring-8長期利用課題「X線分光法による臨界価数ゆらぎによる新しい量子臨界現象の実験的検証」   課題番号0046 実験責任者  

    2012年10月 - 2015年09月

  • 日本物理学会   領域8運営委員  

    2006年05月 - 2007年04月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 福岡県立明善高校 理数科 講演「物質科学がおもしろい」

    役割:講師

    2023年07月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

国際会議開催(学会主催除く)

  • The Concepts and Discovery in Quantum Matter

    イギリス  2015年07月12日 - 2015年07月15日

  • International Conference on Heavy Fermions and Novel Quantum Phases

    韓国  2012年07月05日 - 2012年07月07日