久代 紀之 (クシロ ノリユキ)

KUSHIRO Noriyuki

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

組込みシステム工学、サイバーフィジカルシステム、要求工学

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)  2008年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   ■廃止組織■   情報科学センター   センター長  

  • 2012年03月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Executable test case generation from specifications written in natural language and test execution environment

    Aoyama Y., Kuroiwa T., Kushiro N.

    2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2021  ( IEEE )    2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    The Software Product Line Engineering (SPLE) realizes various products, reusing software parts, whereas issues remain in test case design and execution. Test cases are conventionally designed by a manual routine from specifications written in a natural language, and the routine and redesign of the test cases caused by the defects in the specification require much human time. Also, functions of recent consumer products are invoked in non-deterministic order by messages sent over a network, and combinations of software parts and execution orders require many regression tests, which are time-consuming and often infeasible to execute manually due to limited development time. Against the above issues, we introduce a test design process for specifications written in natural language, support tools for the process, and a test execution environment that automatically executes the non-deterministic tests to reduce the human time of both test case design and execution. Case studies confirmed that the proposing process automated the manual routine, removed defects in a specification, and generated test cases. The case studies also showed that the test execution environment automatically executed the non-deterministic tests for an HVAC system developed with the SPLE. Finally, we confirmed that the proposing methods shortened the human time of design and execution of tests.

    DOI Scopus

  • Thermal Environment Simulator for Office Building with Multi-agent-Based Simulation Technique

    Murakami K., Mega T., Kushiro N.

    Lecture Notes in Networks and Systems    225 LNNS   424 - 435   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    There is a growing interest to introduce split-ductless air conditioning systems into an office building both for realizing energy saving and comfort to office workers. Building energy management systems (BEMS) are expected to establish sophisticated controlling methods for the split-ductless air conditioning system. For creating the methods, simulators for thermal environment in a building are required. However, existing simulators necessitate a building information model (BIM) and huge amount of data for parameter tuning. Moreover, the existing simulators have difficulties to express spatial and temporal dynamics in each space in a building. The spatial and temporal dynamics in a space are indispensable for creating methods for controlling split-ductless air conditioning systems, because the systems independently manage devices dispersed in a room. A thermal environment simulator with multi-agent-based simulation (MAS) technique was proposed in the paper. The simulator can work without BIM and visualize spatial and temporal dynamics with limited numbers of parameters, which are easily obtained from BEMS. The simulator with MAS was implemented and applied to a field test in winter and summer seasons. As a result, high precision for reproducing spatial and temporal thermal dynamics was confirmed through the field test.

    DOI Scopus

  • テストケース生成のためのシステム仕様書の論理記述変換アルゴリズム

    青山裕介、黒岩丈瑠、久代紀之

    情報処理学会論文誌  ( 情報処理学会 )  61 ( 3 ) 521 - 534   2020年03月  [査読有り]

     概要を見る

    システム開発の最終段階に実施されるシステムテストケースの設計では,自然言語で書かれた仕様書からテストに必要な入力項目や確認項目を抽出し,抽出した入力項目・確認項目のパラメータを具体化してテストケースが作成される.一方,自然言語で書かれる仕様書は論理関係に曖昧さを含むため,左記の仕様書をもとに作成されるテストケースは,テスト設計者の論理関係の解釈誤りによって不適当になることがあるという課題がある.本研究では,日本語の仕様書から命題論理の記号を用いることで論理関係の曖昧さを排した,セミ形式記述と呼ぶ表現へ変換するアルゴリズムを開発した.セミ形式記述の仕様を対象に入力・確認項目間の論理関係をレビューすることで正しい論理関係へ修正する.論理関係を修正したセミ形式記述は,本研究で開発したテストケース生成アルゴリズムにより,自動的にデシジョンテーブル形式のテストケースへと変換される.本研究で開発したアルゴリズムを電気ポットの仕様文に適用した.提案アルゴリズムにより日本語の仕様文の曖昧さを排除したセミ形式記述へと変換されること,セミ形式記述から自動的にデシジョンテーブルが生成されることを確認した.

  • Identification of power demand characteristics for each aria and energy saving control selection method

    Toshihiro Mega, Yusuke Fujiwara, Masatada Kawatsu, Noriyuki Kushiro

    The proceesings of ICGEA2020  ( IEEE )    2020年03月  [査読有り]

    シンガポール  シンガポール  2020年03月  -  2020年03月

  • エミュレーション技術の活用によるIoTシステムのテスト効率化

    黒岩丈瑠、青山裕介、久代紀之

    電気学会論文誌C  ( 一般社団法人 電気学会 )  140 ( 1 ) 113 - 121   2020年03月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 The Institute of Electrical Engineers of Japan. In the development of the IoT systems, because it is necessary to test in various combinations, it takes much cost and time to execute tests for each combination and to analyze failures. In this paper, we have proposed a testing environment of the IoT systems to solve this issue. The proposed testing environment enables the IoT systems to work on the PC using the emulation technologies and testers can easily monitor inputs and outputs of each IoT device. The environment also automates combination tests and facilitates to manage the files for the automated test by managing functions to be tested and configurations to be tested separately. We have developed a prototype of the proposed testing environment for an air conditioning IoT system and verified that the environment had reduced the time to execute combination tests and to analyze failures.

    DOI Scopus CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 未来の売れ筋発掘学

    東京大学工学部 大澤・西原研究室 ( 共著 )

    ダイヤモンド社  2010年08月

  • Integrated Design Framework for Embedded GUI System

    N.Kushiro and Y.Ohsawa ( 共著 )

    Springer  2008年08月

  • A Requirement Acquisition Process as an Evolved Chance Discovery

    N.Kushiro and Y.Ohsawa ( 共著 )

    Springer  2006年09月

  • 冷凍空調便覧(第6版)制御システムの階層

    久代紀之 ( 共著 )

    日本冷凍空調学会  2006年03月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 視線センサを用いた潜在的リスク認知知識の表出化とリスク認知構造に基づくリスク教育ツールの提案と評価

    久代紀之、妻鹿利宏

    ヒューマンインタフェースシンポジウム2021  (仙台)  2021年09月  -  2021年09月    ヒューマンインタフェース学会

  • 仕様書におけるパラグラフ内構成文の論理構造の可視化

    緒方佑亮、青山裕介、久代紀之

    情報処理学会 ソフトウェア工学研究会  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月    情報処理学会 ソフトウェア工学研究会

     概要を見る

    システム開発の最終工程では品質を担保するためにシステム試験が実施される.システム試験には,テスト仕様書が必要であるが,テスト仕様書は,テスト設計者が自然言語で記述された仕様書を熟読し,記載された各文から,“テスト条件(パラメータを含む)⇒期待値”のタプルを抽出することで生成される.上記の抽出作業は人手で行われ,かつ,自然言語で記述された仕様書には,誤りや曖昧さが含まれるため,その修正・確認のため膨大な工数を必要とし,筆者らの調査によれば,600ページの仕様書で約700時間が必要となっていた.
    上記課題を解決するために,本研究では仕様書記載の各文を形式的な記述へ変換することで,自然言語で記述された仕様書内に発生する誤りや曖昧さの補完を促したのちに,各文の構造を視覚的に表現するために“条件⇒期待値”の論理包含関係を基準としてパラグラフ内構成文の論理構造の可視化ツールの開発を行った.

  • システム仕様書の形式化による漏れ・誤りの発見および修正支援

    若松大雅、青山裕介、久代紀之

    電子情報通信学会 研究会  (オンライン)  2021年01月  -  2021年01月    電子情報通信学会

  • 自然言語仕様書からのテストケースの自動生成-機能試験への品質試験ケースの追加支援ツール

    吉井亮介、青山裕介、久代紀之

    情報処理学会 組込みシステム研究会  2020年12月  -  2020年12月    情報処理学会

  • リスク制御のための現場知識—工事現場監督の視線と発話解析によるメタ・ドメイン知識の抽出

    久代紀之、妻鹿利宏、西永航志郎、住吉恵弥、青山裕介

    情報処理学会研究会  (静岡大学)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • (社団法人) 電機設備学会 九州支部賞

    2015年05月   (社団法人) 電機設備学会   日本国

    受賞者:  久代紀之

  • (社団法人)日本電気協会 優秀賞

    2011年03月   (社団法人)日本電気協会   日本国

    受賞者:  久代紀之

  • (社団法人)情報処理学会 山下記念研究賞

    2011年03月   (社団法人)情報処理学会   日本国

    受賞者:  久代紀之

  • (社団法人)日本電気協会 最優秀賞

    2010年03月   (社団法人)日本電気協会   日本国

    受賞者:  久代紀之

  • (社団法人)発明協会 関東地方発明表彰

    2009年11月   (社団法人)発明協会   日本国

    受賞者:  久代紀之

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  組込みプログラミング

  • 2020年度  システムアーキテクチャ

  • 2020年度  計算機システムⅠ

  • 2020年度  クラウド開発型プロジェクト

  • 2019年度  情報通信工学実験Ⅱ

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 情報技術人材育成のための実践教育ネットワーク形成事業(enPITクラウド)

    2013年04月
    -
    2017年03月

     概要を見る

    ・2014年より、九工大における本事業の取組み責任者を担当
    ・文部科学省の事後評価で、S評価

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems

    シンガポール  2015年09月07日  -  2015年09月09日  KES

  • International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems

    2013年09月09日  -  2013年09月11日  KES