2024/04/08 更新

写真a

エモト ケント
江本 健斗
EMOTO Kento
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0948-29-7624
外部リンク

研究キーワード

  • algorithmic skeletons

  • プログラム変換

  • アルゴリズム合成

  • 最適化機能付きライブラリ

  • 並列プログラミング

出身学校

  • 2004年03月   東京大学   工学部   計数工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2006年03月   東京大学   大学院情報理工学系研究科   数理情報学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  博士(情報理工学)   2009年10月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系     准教授

  • 2015年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     准教授

  • 2014年04月 - 2015年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系     助教

  • 2013年04月 - 2014年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     助教

学外略歴

  • 2009年12月 - 2013年03月   東京大学   大学院情報理工学系研究科   助教   日本国

  • 2008年04月 - 2009年12月   東京大学   大学院情報理工学系研究科   研究員   日本国

  • 2007年12月 - 2008年03月   東京大学   大学院情報理工学系研究科   産学官連携研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 2011年08月 - 現在   ACM   アメリカ合衆国

  • 2009年03月 - 現在   情報処理学会   日本国

  • 2004年08月 - 現在   日本ソフトウェア科学会   日本国

論文

  • Fregel: a functional domain-specific language for vertex-centric large-scale graph processing 査読有り

    IWASAKI H., EMOTO K., MORIHATA A., MATSUZAKI K., HU Z.

    Journal of Functional Programming   32 ( 2 )   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The vertex-centric programming model is now widely used for processing large graphs. User-defined vertex programs are executed in parallel over every vertex of a graph, but the imperative and explicit message-passing style of existing systems makes defining a vertex program unintuitive and difficult. This article presents Fregel, a purely functional domain-specific language for processing large graphs and describes its model, design, and implementation. Fregel is a subset of Haskell, so Haskell tools can be used to test and debug Fregel programs. The vertex-centric computation is abstracted using compositional programming that uses second-order functions on graphs provided by Fregel. A Fregel program can be compiled into imperative programs for use in the Giraph and Pregel+ vertex-centric frameworks. Fregel’s functional nature without side effects enables various transformations and optimizations during the compilation process. Thus, the programmer is freed from the burden of program optimization, which is manually done for existing imperative systems. Experimental results for typical examples demonstrated that the compiled code can be executed with reasonable and promising performance.

    DOI: 10.1017/S0956796821000277

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85123949074&origin=inward

  • Watts–Strogatz モデルに基づく大規模ランダムグラフの分散並列生成 査読有り

    神野 薫, 江本 健斗

    コンピュータ ソフトウェア ( 日本ソフトウェア科学会 )   37 ( 2 )   2_34 - 2_45   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>近年,SNS や Web グラフなどの大規模なグラフに対して,解析処理を行うプログラムの開発の需要が高まってきている.そのようなプログラムの性能評価にあたっては,特定の特徴をもった様々なノード数のグラフが多く必要となる.しかし,逐次プログラムによる大規模な性能評価用グラフの生成は,非常に時間がかかってしまい,また,メモリ不足の可能性もあり,望ましくない.これらの問題点を解決するために,大規模グラフ生成の分散並列化が望まれる.<br/>本研究では,現実世界の大規模グラフに似た特徴を持つ,よく知られたグラフモデルの一つである Watts–Strogatz モデルに基づく生成の分散並列化を提案する.この際,分散並列環境として Hadoop MapReduce を用いる.分散並列化にあたっては,元の生成法に若干の制約を導入し,その効率化を図っている.そのため,提案手法が元のモデルに期待される特徴を保存していることも,理論的・実験的に証明する.</p>

    DOI: 10.11309/jssst.37.2_34

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007863812

  • Recursion Schemes in Coq 査読有り 国際誌

    Kosuke Murata, Kento Emoto

    Programming Languages and Systems - 17th Asian Symposium, APLAS 2019 ( Springer )   11893 LNCS   202 - 221   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Program calculation, a programming technique to derive efficient programs from naive ones by program transformation, is challenging for program optimization. Tesson et al. have shown that Coq, a popular proof assistant, provides a cost-effective way to implement a powerful system for verifying correctness of program transformations, but their applications are limited to list functions in the Theory of Lists. In this paper, we propose an easy-to-use Coq library to prove more advanced calculation rules in Coq for various recursion schemes, which capture recursive programs on an arbitrary algebraic datatype. We prove all the lemmas and theorems about recursion schemes in Coq including histomorphisms and futumorphisms proposed by Uustalu et al. Our library can be used to obtain certified runnable programs from their definitions written with recursion schemes in Coq scripts. We demonstrate a certified runnable program for the Fibonacci numbers and unbounded knapsack problem from their histomorphic definitions.

    DOI: 10.1007/978-3-030-34175-6_11

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85076703659&origin=inward

  • HOPE: A Parallel Execution Model Based on Hierarchical Omission 査読有り 国際誌

    Masahiro Yasugi, Daisuke Muraoka, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani, Kento Emoto

    Proceedings of the 48th International Conference on Parallel Processing, ICPP 2019 ( ACM )   77:1 - 77:11   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents a new approach to fault-tolerant language systems without a single point of failure for irregular parallel applications. Work-stealing frameworks provide good load balancing for many parallel applications, including irregular ones written in a divide-and-conquer style. However, work-stealing frameworks with fault-tolerant features such as checkpointing do not always work well. This paper proposes a completely opposite "work omission" paradigm and its more detailed concept as a "hierarchical omission"-based parallel execution model called HOPE. HOPE programmers' task is to specify which regions in imperative code can be executed in sequential but arbitrary order and how their partial results can be accessed. HOPE workers spawn no tasks/threads at all; rather, every worker has the entire work of the program with its own planned execution order, and then the workers and the underlying message mediation systems automatically exchange partial results to omit hierarchical subcomputations. Even with fault tolerance, the HOPE framework provides parallel speedups for many parallel applications, including irregular ones.

    DOI: 10.1145/3337821.3337899

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85071139641&origin=inward

  • A DSL for graph parallel programming with vertex subsets 査読有り 国際誌

    Kento Emoto, Fumihisa Sadahira

    Journal of Supercomputing   76 ( 7 )   4998 - 5015   (First Online 23 March 2019)   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The vertex-centric (VC) computation model has emerged as a promising approach for easy parallel programming and massive parallel execution for big graph processing. A simple graph computation can easily be implemented in the VC model, but some algorithms cannot easily be implemented in the VC model. Examples of the latter algorithms are those that use vertex subsets or subgraphs as a manipulation unit. Such a “global view style” is natural for programmers to design graph algorithms, but the VC model requires us to redesign algorithms in the “local view style” focusing on a vertex. The gap between these styles prevents us from writing parallel programs for useful graph computations. In this paper, we propose a novel DSL for graph processing that can be used to write parallel programs for big graph processing in the “global view style”. It is compiled into the VC model so that it can enjoy massive parallelism in various parallel computing environments including commercial cloud services like Amazon EC2. We show non-trivial examples in our DSL, and our experimental results show that the compiled program achieves good scalability.

    DOI: 10.1007/s11227-019-02821-w

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081217953&origin=inward

  • 定理証明支援系Coqにおける不等式変形記法 査読有り

    村田康佑, 江本健斗

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   11 ( 4 )   1 - 12   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Optimizing declarative parallel distributed graph processing by using constraint solvers 査読有り

    Morihata A., Emoto K., Matsuzaki K., Hu Z., Iwasaki H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10818 LNCS   166 - 181   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018, Springer International Publishing AG, part of Springer Nature. Vertex-centric graph processing is a promising approach for facilitating development of parallel distributed graph processing programs. Each vertex is regarded as a tiny thread and graph processing is described as cooperation among vertices. This approach resolves many issues in parallel distributed processing such as synchronization and load balancing. However, it is still difficult to develop efficient programs requiring careful problem-specific tuning. We present a method for automatically optimizing vertex-centric graph processing programs. The key is the use of constraint solvers to analyze the subtle properties of the programs. We focus on a functional vertex-centric graph processing language, Fregel, and show that quantifier elimination and SMT (Satisfiability Modulo Theories) are useful for optimizing Fregel programs. A preliminary experiment indicated that a modern SMT solver can perform optimization within a realistic time frame and that our method can significantly improve the performance of naively written declarative vertex-centric graph processing programs.

    DOI: 10.1007/978-3-319-90686-7_11

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046812115&origin=inward

  • Efficient parallel tree reductions on distributed memory environments 査読有り

    Kakehi K., Matsuzakl K., Emoto K.

    Scalable Computing   18 ( 1 )   1 - 15   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017. SCPE. A new approach for fast parallel reductions on trees over distributed memory environments is presented. The start point of our approach is to employ the serialized representation of trees. Along this data representation with high memory locality and ease of initial data representation, we developed an parallelized algorithm which shares the essence with the parallel algorithm for parentheses matching problems. Our algorithm not only is proven to be theoretically efficient, but also has a fast implementation in a BSP style.

    DOI: 10.12694/scpe.v18i1.1230

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85016205451&origin=inward

  • Think like a vertex, behave like a function! a functional DSL for vertex-centric big graph processing 査読有り 国際誌

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki, Zhenjiang Hu, Akimasa Morihata, Hideya Iwasaki

    ICFP 2016 Proceedings of the 21st ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming   51 ( 9 )   200 - 213   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The vertex-centric programming model, known as "think like a vertex", is being used more and more to support various big graph processing methods through iterative supersteps that execute in parallel a user-defined vertex program over each vertex of a graph. However, the imperative and message-passing style of existing systems makes defining a vertex program unintuitive. In this paper, we show that one can benefit more from "Thinking like a vertex" by "Behaving like a function" rather than "Acting like a procedure" with full use of side effects and explicit control of message passing, state, and termination. We propose a functional approach to vertex-centric graph processing in which the computation at every vertex is abstracted as a higher-order function and present Fregel, a new domain-specific language. Fregel has clear functional semantics, supports declarative description of vertex computation, and can be automatically translated into Pregel, an emerging imperative-style distributed graph processing framework, and thereby achieve promising performance. Experimental results for several typical examples show the promise of this functional approach.

    DOI: 10.1145/2951913.2951938

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85084505714&origin=inward

  • BSP(Bulk Synchronous Parallel)モデル再訪--BSPによるマルチコアプログラミングと大規模グラフフレームワーク--

    松崎公紀, 江本健斗

    情報処理学会学会誌 情報処理 ( 情報処理学会 )   56 ( 5 )   482 - 488   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • An Automatic Fusion Mechanism for Variable-Length List Skeletons in SkeTo 査読有り

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki

    International Journal of Parallel Programming   42 ( 4 )   546 - 563   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10766-013-0263-8

    Scopus

  • Shortest Regular Category-Path Queries

    Le-Duc Tung, Kento Emoto, Zhenjiang Hu

    Technical Report GRACE-TR-2014-03   12 pages   2014年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • A Verified Generate-Test-Aggregate Coq Library for Parallel Programs Extraction 査読有り

    Kento Emoto, Frédéric Loulergue, Julien Tesson

    Interactive Theorem Proving, 5th International Conference, ITP 2014   258 - 274   2014年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austria   Vienna   2014年07月14日  -  2014年07月17日

    DOI: 10.1007/978-3-319-08970-6_17

    Scopus

  • A Generate-Test-Aggregate parallel programming library for systematic parallel programming 査読有り

    Yu Liu, Kento Emoto, Zhenjiang Hu

    Parallel Computing   40 ( 2 )   116 - 135   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.parco.2013.11.002

    Scopus

  • Accumulative Computation on MapReduce 査読有り

    Yu Liu , Kento Emoto , Kiminori Matsuzaki , Zhenjiang Hu

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   7 ( 1 )   18 - 27   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjtrans.7.33

    Scopus

    CiNii Article

  • A generate-test-aggregate parallel programming library: systematic parallel programming for MapReduce 査読有り

    Yu Liu, Kento Emoto, Zhenjiang Hu

    Proceedings of the 2013 PPOPP International Workshop on Programming Models and Applications for Multicores and Manycores   71 - 81   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1145/2442992.2443000

    Scopus

  • An Automatic Fusion Mechanism for Variable-Length List Skeletons in SkeTo

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2013 ( 04 )   1 - 18   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Parallel Tree Reduction on MapReduce 査読有り

    Kento Emoto, Hiroto Imachi

    Proceedings of the International Conference on Computational Science, Procedia Computer Science   9   1827 - 1836   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.procs.2012.04.201

    Scopus

  • Filter-embedding semiring fusion for programming with MapReduce 査読有り

    Kento Emoto, Sebastian Fischer, Zhenjiang Hu

    Formal Aspects of Computing   24 ( 4-6 )   623 - 645   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s00165-012-0241-8

    Scopus

  • Generate, Test, and Aggregate ---A Calculation-based Framework for Systematic Parallel Programming with MapReduce 査読有り

    Kento Emoto, Sebastian Fischer, Zhenjiang Hu

    Programming Languages and Systems - 21st European Symposium on Programming, Lecture Notes in Computer Science   7211   254 - 273   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-642-28869-2_13

    Scopus

  • Systematic Derivation of Efficient Parallel Algorithms for Generate-test-alpha Computation 査読有り

    Kento Emoto

    コンピュータソフトウェア   29 ( 1 )   159 - 175   2012年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11309/jssst.29.1_159

    Scopus

  • Generate, Test, and Aggregate---A Calculation-based Framework for Systematic Parallel Programming with MapReduce

    Kento Emoto, Sebastian Fischer, Zhenjiang Hu

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2011 ( 34 )   1 - 28   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 正規表現マッチングの並列化とそのHadoopによる評価 査読有り

    松崎公紀, 江本健斗, 劉雨

    情報処理学会論文誌 プログラミング   4 ( 4 )   1 - 11   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • An Algebraic Approach to Efficient Parallel Algorithms for Nested Reductions

    Kento Emoto

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2011 ( 01 )   1 - 31   2011年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Implementing Fusion-Equipped Parallel Skeletons by Expression Templates 査読有り

    Kiminori Matsuzaki, Kento Emoto

    Implementation and Application of Functional Languages, Lecture Notes in Computer Science   6041   72 - 89   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-642-16478-1_5

    Scopus

  • Lessons from implementing the biCGStab method with SkeTo library 査読有り

    Kiminori Matsuzaki, Kento Emoto

    HLPP '10: Proceedings of the fourth international workshop on High-level parallel programming and applications   15 - 24   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1145/1863482.1863488

    Scopus

  • Generators-of-Generators Library with Optimization Capabilities in Fortress 査読有り

    Kento Emoto, Zhenjiang Hu, Kazuhiko Kakehi, Kiminori Matsuzaki, Masato Takeichi

    Euro-Par 2010 - Parallel Processing, Lecture Notes in Computer Science   6272   26 - 37   2010年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-642-15291-7_4

    Scopus

  • GCC上での並列プログラミングサポート(特集:マルチコアを活かすお手軽並列プログラミング)

    江本健斗

    情報処理学会学会誌 情報処理 ( 情報処理学会 )   49 ( 12 )   1369 - 1374   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Generator-based GG Fortress Library

    Kento Emoto, Zhenjiang Hu, Kazuhiko Kakehi, Kiminori Matsuzaki, Masato Takeichi

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2008 ( 16 )   1 - 19   2008年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Generator-based GG Fortress Library --Collection of GGs and Theories--

    Kento Emoto, Zhenjiang Hu, Kazuhiko Kakehi, Kiminori Matsuzaki, Masato Takeichi

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2008 ( 17 )   1 - 19   2008年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Compositional Framework for Developing Parallel Programs on Two-Dimensional Arrays 査読有り

    Kento Emoto, Zhenjiang Hu, Kazuhiko Kakehi, Masato Takeichi

    International Journal of Parallel Programming   35 ( 6 )   615 - 658   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10766-007-0043-4

  • Efficient parallel tree reductions on distributed memory environments 査読有り

    Kakehi K., Matsuzaki K., Emoto K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4488 LNCS ( PART 2 )   601 - 608   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A new approach for fast parallel reductions on trees over distributed memory environments is proposed. By employing serialized trees as the data representation, our algorithm has a communication-efficient BSP implementation regardless of the shapes of inputs. The prototype implementation supports its real efficacy. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38049115892&origin=inward

  • A web service architecture for bidirectional XML updating 査読有り

    Hayashi Y., Liu D., Emoto K., Matsuda K., Hu Z., Takeichi M.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4505 LNCS   721 - 732   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A Web service architecture is described for bidirectional XML updating. The updating mechanism exploits the power of bidirectional transformation so that users can update remote XML data by editing a view on the local machine that is generated by a transformation of the XML data. This architecture consists of three tiers: data viewer clients, a bidirectional transformation engine, and content servers accessible through the Internet. Due to the use of standard Web service technologies, the data viewer clients and content servers can be easily replaced with ones chosen by the user. Users can use this architecture to implement their own applications that exploit the power of bidirectional transformation without the burden of installing and maintaining a bidirectional language package. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38049057259&origin=inward

  • Domain-specific optimization strategy for skeleton programs 査読有り

    Emoto K., Matsuzaki K., Hu Z., Takeichi M.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4641 LNCS   705 - 714   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Skeletal parallel programming enables us to develop parallel programs easily by composing ready-made components called skeletons. However, a simply-composed skeleton program often lacks efficiency due to overheads of intermediate data structures and communications. Many studies have focused on optimizations by fusing successive skeletons to eliminate the overheads. Existing fusion transformations, however, are too general to achieve adequate efficiency for some classes of problems. Thus, a specific fusion optimization is needed for a specific class. In this paper, we propose a strategy for domain-specific optimization of skeleton programs. In this strategy, one starts with a normal form that abstracts the programs of interest, then develops fusion rules that transform a skeleton program into the normal form, and finally makes efficient parallel implementation of the normal form. We illustrate the strategy with a case study: optimization of skeleton programs involving neighbor elements, which is often seen in scientific computations. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38049128929&origin=inward

  • Domain-Specific Optimization Strategy for Skeleton Programs 査読有り

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki, Zhenjiang Hu, Masato Takeichi

    Euro-Par 2007, Parallel Processing, Lecture Notes in Computer Science   4641   705 - 714   2007年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-540-74466-5_74

  • 木スケルトンによるXPathクエリの並列化とその評価 査読有り

    野村芳明, 江本健斗, 松崎公紀, 胡振江, 武市正人

    コンピュータソフトウェア   24 ( 3 )   51 - 62   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Web Service Architecture for Bidirectional XML Updating 査読有り

    Yasushi Hayashi, Dongxi Liu, Kento Emoto, Kazutaka Matsuda, Zhenjiang Hu, Masato Takeichi

    Advances in Data and Web Management, Joint 9th Asia-Pacific Web Conference, Lecture Notes in Computer Science   4505   721 - 732   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-540-72524-4_74

  • Efficient Parallel Tree Reductions on Distributed Memory Environments 査読有り

    Kazuhiko Kakehi, Kiminori Matsuzaki, Kento Emoto

    Computational Science - ICCS 2007, Lecture Notes in Computer Science   4488   601 - 608   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-540-72586-2_88

  • Domain-Specific Optimization for Skeleton Programs Involving Neighbor Elements

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki, Zhenjiang Hu, Masato Takeichi

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2007 ( 05 )   1 - 29   2007年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • An Practicable Framework for Tree Reductions under Distributed Memory Environments

    Kazuhiko Kakehi, Kiminori Matsuzaki, Kento Emoto, Zhenjiang Hu

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2006 ( 64 )   1 - 21   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Surrounding Theorem: Developing Parallel Programs for Matrix-Convolutions 査読有り

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki, Zhenjiang Hu, Masato Takeichi

    Euro-Par 2006, Parallel Processing, Lecture Notes in Computer Science   4128   605 - 614   2006年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/11823285_63

  • A library of constructive skeletons for sequential style of parallel programming 招待有り 査読有り

    Kiminori Matsuzaki, Hideya Iwasaki, Kento Emoto, Zhenjiang Hu

    Proceedings of the 1st international conference on Scalable information systems   2006年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1145/1146847.1146860

    その他リンク: http://doi.acm.org/10.1145/1146847.1146860

  • Surrounding theorem: Developing parallel programs for matrix-convolutions 査読有り

    Emoto K., Matsuzaki K., Hu Z., Takeichi M.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4128 LNCS   605 - 614   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Computations on two-dimensional arrays such as matrices and images are one of the most fundamental and ubiquitous things in computational science and its vast application areas, but development of efficient parallel programs on two-dimensional arrays is known to be hard. To solve this problem, we have proposed a skeletal framework on two-dimensional arrays based on the theory of constructive algorithmics. It supports users, even with little knowledge about parallel machines, to develop systematically both correct and efficient parallel programs on two-dimensional arrays. In this paper, we apply our framework to the matrix-convolutions often used in image filters and difference methods. We show the efficacy of the framework by giving a general parallel program for the matrix-convolutions described with the skeletons, and a theorem that optimizes the general program into an application-specific one. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2006.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33750015284&origin=inward

  • 有理式で表される不確かさを持つ制御系の解析・設計法 査読有り

    江本健斗, 大石泰章

    計測自動制御学会論文集   41 ( 4 )   314 - 321   2005年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/sicetr1965.41.314

  • A Compositional Framework for Developing Parallel Programs on Two Dimensional Arrays

    Kento Emoto, Zhenjiang Hu, Kazuhiko Kakehi, Masato Takeichi

    Mathematical Engineering Technical Reports, Department of Mathematical Engineering and Information Physics, University of Tokyo   2005 ( 09 )   1 - 43   2005年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • VSML/VSS: テキストベース動画編集のための動画構造/装飾記述言語

    志岐 颯駿, 江本 健斗

    火の国情報シンポジウム2024  2024年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2024年03月13日 - 2024年03月14日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島  

  • 指定した形の中間証明状態へ至る形式証明の自動生成を目指して~Transformerを用い た深層学習的アプローチ~

    鵜狩 慧久, 江本 健斗

    火の国情報シンポジウム2024  2024年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2024年03月13日 - 2024年03月14日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島  

  • 高性能・高信頼な高水準言語の実装向け持続型例外処理機構の設計

    八杉 昌宏, 江本 健斗, 平石 拓

    情報処理学会 第146回プログラミング研究発表会  2023年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年10月31日 - 2023年11月01日   記述言語:英語  

  • 大域的グラフ計算記述言語の最適化および辺集合に関する拡張

    福島 央章, 江本 健斗

    火の国情報シンポジウム2023  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月13日 - 2023年03月14日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 定理証明支援系Coqによる持続型例外処理機構の形式化

    森 公哉, 江本 健斗

    火の国情報シンポジウム2022  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月01日 - 2022年03月02日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 並列計算量の形式的証明を伴う BSP プログラム用 Coq ライブラリ

    田中 匠海, 江本 健斗

    火の国情報シンポジウム2022  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月01日 - 2022年03月02日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • Switching execution between vertex-centric computation and block-centric computation for distributed large-graph processing

    Ryuichi Takakura, Kento Emoto.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月05日 - 2021年12月08日   記述言語:英語   開催地:online  

  • レベル付き持続型例外処理機構の設計

    八杉 昌宏, 江本 健斗, 平石 拓

    日本ソフトウェア科学会第38回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月01日 - 2021年09月03日   記述言語:日本語  

  • HOPE: 階層的計算省略に基づく耐障害性を備えた並列実行モデル

    八杉 昌宏, 村岡 大輔, 平石 拓, 馬谷 誠二, 江本 健斗

    日本ソフトウェア科学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月08日 - 2020年09月10日   記述言語:日本語  

  • Coq における Hylomorphism を用いたプログラム運算の検証に向けて

    村田 康佑, 江本 健斗

    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2020)  

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月02日 - 2020年03月04日   記述言語:日本語  

  • 高度な運算定理の Coq による証明とその自動化

    村田 康佑, 江本健斗

    日本ソフトウェア科学会第36回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月27日 - 2019年08月29日   記述言語:日本語   開催地:横浜  

  • Watts-Strogatz モデルに基づく大規模ランダムグラフの分散並列生成

    神野 薫, 江本健斗

    日本ソフトウェア科学会第36回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月27日 - 2019年08月29日   記述言語:日本語   開催地:横浜  

  • Coqを用いた高度なプログラム運算定理の検証に向けて

    村田 康佑, 江本 健斗

    第21回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2019)  

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月06日 - 2019年03月08日   記述言語:日本語  

  • FregelからGraphXへのコンパイルにおけるSMTソルバを用いた不要な通信の削減

    小西 篤志, 江本 健斗

    第21回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2019)  

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月06日 - 2019年03月08日   記述言語:日本語  

  • Coqにおける検証されたプログラム運算の拡張

    村田 康佑, 江本健斗

    日本ソフトウェア科学会第35回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月29日 - 2018年08月31日   記述言語:日本語   開催地:横浜  

  • Coqを用いた高度なプログラム運算定理の検証に向けて

    村田 康佑, 江本 健斗

    第21回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2019)  

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月06日 - 2019年03月08日   記述言語:日本語  

  • グラフ上の生成検査集約プログラミングの実現に向けて

    中島 拓, 江本 健斗

    第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2018)  

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月05日 - 2018年03月07日   記述言語:日本語  

  • Coqにおける可読性の高い形式的証明に向けて

    村田 康佑, 江本 健斗

    第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2018)  

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月05日 - 2018年03月07日   記述言語:日本語  

  • 並列プログラム計算量の系統的機械証明手法の開発

    白水 駿, 江本 健斗

    日本ソフトウェア科学会第34回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月19日 - 2017年09月21日   記述言語:日本語   開催地:横浜  

  • 頂点主体並列グラフ処理の制約解消器による効率化

    森畑 明昌, 江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江, 岩崎 英哉

    日本ソフトウェア科学会第34回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月19日 - 2017年09月21日   記述言語:日本語   開催地:横浜  

  • 頂点部分集合変数を備えた大規模グラフ計算用領域特化言語

    定平 典久, 江本 健斗

    第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2017)  

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月08日 - 2017年03月10日   記述言語:日本語  

  • Spark GraphXへのFregelコンパイラ

    中島 拓, 江本 健斗

    第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2017)  

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月08日 - 2017年03月10日   記述言語:日本語  

  • 大規模グラフ並列処理のための関数型領域特化言語 Fregel とその評価

    江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江, 森畑 明昌, 岩崎 英哉

    日本ソフトウェア科学会第33回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月06日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:仙台  

  • 大規模グラフ並列処理のための関数型領域特化言語

    江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江, 森畑 明昌, 岩崎 英哉

    第18回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月07日 - 2016年03月09日   記述言語:日本語  

  • A Functional DSL for Large Scale Graph Processing

    Kento Emoto

    Thirteenth International Symposium on Functional and Logic Programming (FLOPS 2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月04日 - 2016年03月06日   記述言語:英語   開催地:Kochi, Japan  

  • Accumulative Computation on MapReduce

    劉 雨, 江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江

    情報処理学会 第95回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月31日 - 2013年08月02日   記述言語:英語  

  • An Automatic Fusion Mechanism for Variable-Length List Skeletons in SkeTo

    Kento Emoto, Kiminori Matsuzaki

    International Symposium on High-level Parallel Programming and Applications (HLPP2013) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月01日 - 2013年07月02日   記述言語:英語  

  • An Accumulative Computation Framework on MapReduce

    劉 雨, 江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江

    第15回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2013) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月04日 - 2013年03月06日   記述言語:英語  

  • boost::proto を用いた融合変換機能付きライブラリの作成

    松崎 公紀, 江本 健斗

    情報処理学会 第93回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日 - 2013年03月01日   記述言語:日本語  

  • A Practical Generate-Test-and-Aggregate Framework on Hadoop

    劉 雨,江本 健斗, 胡 振江

    第14回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月08日 - 2012年03月10日   記述言語:英語  

  • Generate, Test, and Aggregate --- A Calculation-based Framework for Systematic Parallel Programming with MapReduce

    Kento Emoto, Sebastian Fischer, Zhenjiang Hu

    第14回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月08日 - 2012年03月10日   記述言語:日本語  

  • Implementing Generate-Test-and-Aggregate Algorithms on Hadoop

    劉 雨, Sebastian Fischer, 江本 健斗, 胡 振江

    日本ソフトウェア科学会第28回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月27日 - 2011年09月29日   記述言語:英語  

  • 正規表現マッチングの並列化とそのHadoopでの評価

    松崎 公紀, 江本 健斗

    情報処理学会 第83回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月25日 - 2011年04月26日   記述言語:日本語  

  • An Algebraic Approach to Efficient Parallel Algorithms for Nested Reductions

    Kento Emoto

    第13回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月09日 - 2011年03月11日   記述言語:日本語  

  • Semirings for Free! ---An Algebraic Approach to Efficient Parallel Algorithms for Nested Reductions

    Kento Emoto

    The fourth DIKU-IST Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月10日 - 2011年01月13日   記述言語:英語  

  • GoG Style Parallel Programming for Non-numeric Computation

    Kento Emoto

    The 2nd Parallelism-Oblivious Programming (POP) Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月10日   記述言語:英語  

  • Active Libraries for Parallel Programming in Fortress

    Kento Emoto

    The 4th International Workshop on Bidirectional Transformation in Architecture-Based Component Composition 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月12日 - 2010年03月14日   記述言語:英語  

  • 最適値の並列探索のための Improving Value の Fortress 実装

    江本 健斗, 寺田 洋介, 松崎 公紀, 胡 振江, 武市 正人

    第12回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月03日 - 2010年03月05日   記述言語:日本語  

  • Implementing fusion-equipped parallel skeletons by expression templates

    Kiminori Matsuzaki, Kento Emoto

    the 21st International Symposium on Implementation and Application of Functional Languages (IFL 2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月23日 - 2009年09月25日   記述言語:英語  

  • 式テンプレートによる最適化機能付き並列スケルトン

    松崎 公紀, 江本 健斗

    日本ソフトウェア科学会第26回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月16日 - 2009年09月18日   記述言語:日本語  

  • プログラム運算に基づく最適化機能つきFortressライブラリ

    江本 健斗, 胡 振江, 筧 一彦, 松崎 公紀, 武市 正人

    第11回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日 - 2009年03月11日   記述言語:日本語  

  • A Generative Matrix Library in Fortress Relieves Programmers' Headache!

    江本 健斗, 胡 振江, 筧 一彦, 松崎 公紀, 武市 正人

    日本ソフトウェア科学会第25回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月10日 - 2008年09月12日   記述言語:日本語  

  • Domain-Specific Optimization Strategy for Skeleton Programs

    Kento Emoto

    Workshop on Parallelism Oblivious Programming 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月26日 - 2007年07月27日   記述言語:英語  

  • 近傍要素を必要とするスケルトンプログラムの最適化

    江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江, 武市 正人

    第9回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2007) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月08日 - 2007年03月10日   記述言語:日本語  

  • Parallel Dynamic Programming using Data-Parallel Skeletons

    Kazuhiko Kakehi, Kiminori Matsuzaki, Akimasa Morihata, Kento Emoto, Zhenjiang Hu

    日本ソフトウェア科学会第22回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月13日 - 2005年09月15日   記述言語:英語  

  • 助っ人:構成的な並列スケルトンによる並列プログラミングライブラリ

    松崎 公紀, 明石 良樹, 江本 健斗, 岩崎 英哉, 胡 振江

    日本ソフトウェア科学会第22回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月13日 - 2005年09月15日   記述言語:日本語  

  • 木スケルトンによるXPathクエリの並列化とその評価

    野村 芳明, 江本 健斗, 松崎 公紀, 胡 振江, 武市 正人

    日本ソフトウェア科学会第22回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月13日 - 2005年09月15日   記述言語:日本語  

  • Bidirectionalizing Tree Transformations

    Zhenjiang Hu, Kento Emoto, Shin-Cheng Mu, Masato Takeichi

    Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC 2004) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月13日 - 2004年09月14日   記述言語:英語  

▼全件表示

学術関係受賞

  • 高橋奨励賞

    日本ソフトウェア科学会   2016年12月31日

    江本健斗

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 正しさと効率に関する機械的証明を備えた並列プログラミング環境の実現に関する研究

    研究課題番号:15K15974  2015年04月 - 2019年03月   若手研究(B)

  • 非正則なデータ構造上の非数値計算問題に対するスケルトン並列プログラミングの応用

    研究課題番号:24700025  2012年04月 - 2015年03月   若手研究(B)

  • 非数値計算問題に対するスケルトン並列プログラミングの応用に関する研究

    研究課題番号:22800007  2010年04月 - 2012年04月   研究活動スタート支援

受託研究・共同研究実施実績

  • 大規模グラフに対するクエリの分散並列処理基盤に関する研究

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

  • 大規模グラフ処理のための系統的並列プログラミングの定式化に関する研究

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

  • 大規模グラフ処理のための系統的なPregelプログラミング手法に関する研究

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

  • 生成・検査・集約プログラミング環境の実現とその実問題への応用に関する研究

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

  • 生成・検査・集約プログラミング環境の実現とその実問題への応用に関する研究

    2013年04月 - 2014年03月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   支援士実習

  • 2022年度   情報・通信プロジェクト演習CE

  • 2022年度   情報・通信プロジェクト演習NT

  • 2022年度   情報・通信プロジェクト演習SD

  • 2022年度   関数プログラミング

  • 2022年度   情報通信工学実験Ⅲ

  • 2022年度   オブジェクト指向プログラミング(C)

  • 2022年度   情報セキュリティ概論

  • 2022年度   計算機システムⅠ

  • 2021年度   プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2021年度   情報通信工学実験Ⅲ

  • 2021年度   オブジェクト指向プログラミング(C)

  • 2021年度   情報セキュリティ概論

  • 2021年度   計算機システムⅠ

  • 2020年度   プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2020年度   情報通信工学実験Ⅲ(2Q)

  • 2020年度   情報通信工学実験Ⅲ(1Q)

  • 2020年度   オブジェクト指向プログラミング(C)

  • 2020年度   情報セキュリティ概論

  • 2020年度   計算機システムⅠ

  • 2019年度   プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2019年度   オブジェクト指向プログラミング(C)

  • 2019年度   情報セキュリティ概論

  • 2019年度   情報セキュリティ概論

  • 2019年度   計算機システムⅠ

  • 2019年度   知能情報工学実験演習Ⅱ

  • 2019年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2018年度   計算機システムⅠ

  • 2018年度   情報セキュリティ概論

  • 2018年度   情報セキュリティ概論

  • 2018年度   プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2017年度   プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2017年度   計算機システムI

  • 2017年度   計算機システム I(教職)

  • 2016年度   プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2016年度   計算機システムI

  • 2015年度   計算機システムI

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 学生奨励賞

    日本ソフトウェア科学会  

    2019年09月

    村田 康佑(指導学生)

学会・委員会等活動

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミング論研究会 運営委員  

    2022年04月 - 2026年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2023 組織委員  

    2022年04月 - 2023年03月

  • 情報処理学会   九州支部 幹事  

    2021年04月 - 2023年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2022 組織委員・プログラム委員長  

    2021年04月 - 2022年03月

  •     International Symposium on High-level Parallel Programming and Applications, HLPP 2021 プログラム委員  

    2021年01月 - 2021年07月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 編集委員  

    2020年04月 - 2024年03月

  •     Asian Symposium on Programming Languages and Systems, APLAS 2020 組織委員  

    2020年01月 - 2020年12月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2020 プログラム委員  

    2019年08月 - 2020年03月

  •     4PAD 2019 : 6th International Symposium on Formal Approaches to Parallel and Distributed Systems プログラム委員  

    2019年01月 - 2019年07月

  •     4PAD 2018 : 5th International Symposium on Formal Approaches to Parallel and Distributed Systems プログラム委員  

    2018年01月 - 2018年07月

  •     International Symposium on High-level Parallel Programming and Applications, HLPP 2018 プログラム委員  

    2018年01月 - 2018年07月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2018 組織委員・プログラム委員  

    2017年04月 - 2018年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2017 組織委員長  

    2016年04月 - 2017年03月

  •     The 5th ACM SIGPLAN Workshop on Functional High-Performance Computing, FHPC'16 プログラム委員  

    2016年01月 - 2016年09月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2016 プログラム委員  

    2015年09月 - 2016年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 運営委員  

    2015年04月 - 2019年03月

  • 情報処理学会   Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure ACSI2016 組織委員  

    2015年04月 - 2016年02月

  •     International Symposium on High-level Parallel Programming and Applications, HLPP 2015 プログラム委員  

    2015年01月 - 2015年07月

  •     International Symposium on High-level Parallel Programming and Applications, HLPP 2013 プログラム委員  

    2013年01月 - 2013年07月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 免許法認定公開講座(計算機システム)

    役割:講師

    2020年07月05日 - 2020年07月26日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 社会人・一般

    種別:資格認定講習

  • 免許法認定公開講座(計算機システム)

    役割:講師

    2018年06月17日 - 2018年06月30日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 社会人・一般

    種別:資格認定講習

  • 免許法認定公開講座(計算機システム)

    役割:講師

    2016年06月19日 - 2016年07月30日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 社会人・一般

    種別:資格認定講習