江本 健斗 (エモト ケント)

EMOTO Kento

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

並列プログラミング プログラム変換 アルゴリズム合成 最適化機能付きライブラリ

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7624

ホームページ

http://www.ipl-lab.org/~emoto/

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 6

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月   東京大学   工学部   計数工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月  東京大学  大学院情報理工学系研究科  数理情報学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(情報理工学)  2009年10月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   准教授  

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系   准教授  

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系   助教  

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年12月
    -
    2013年03月

    東京大学   大学院情報理工学系研究科   助教   日本国

  • 2008年04月
    -
    2009年12月

    東京大学   大学院情報理工学系研究科   研究員   日本国

  • 2007年12月
    -
    2008年03月

    東京大学   大学院情報理工学系研究科   産学官連携研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年08月
    -
    継続中
     

    ACM  アメリカ合衆国

  • 2009年03月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2004年08月
    -
    継続中
     

    日本ソフトウェア科学会  日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Watts–Strogatz モデルに基づく大規模ランダムグラフの分散並列生成

    神野 薫, 江本 健斗

    コンピュータ ソフトウェア  ( 日本ソフトウェア科学会 )  37 ( 2 ) 2_34 - 2_45   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>近年,SNS や Web グラフなどの大規模なグラフに対して,解析処理を行うプログラムの開発の需要が高まってきている.そのようなプログラムの性能評価にあたっては,特定の特徴をもった様々なノード数のグラフが多く必要となる.しかし,逐次プログラムによる大規模な性能評価用グラフの生成は,非常に時間がかかってしまい,また,メモリ不足の可能性もあり,望ましくない.これらの問題点を解決するために,大規模グラフ生成の分散並列化が望まれる.<br/>本研究では,現実世界の大規模グラフに似た特徴を持つ,よく知られたグラフモデルの一つである Watts–Strogatz モデルに基づく生成の分散並列化を提案する.この際,分散並列環境として Hadoop MapReduce を用いる.分散並列化にあたっては,元の生成法に若干の制約を導入し,その効率化を図っている.そのため,提案手法が元のモデルに期待される特徴を保存していることも,理論的・実験的に証明する.</p>

    DOI CiNii

  • Recursion Schemes in Coq

    Kosuke Murata, Kento Emoto

    Programming Languages and Systems - 17th Asian Symposium, APLAS 2019  ( Springer )    202 - 221   2019年12月  [査読有り]

    DOI

  • HOPE: A Parallel Execution Model Based on Hierarchical Omission

    Masahiro Yasugi, Daisuke Muraoka, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani, Kento Emoto

    Proceedings of the 48th International Conference on Parallel Processing, ICPP 2019  ( ACM )    77:1 - 77:11   2019年08月  [査読有り]

    DOI

  • A DSL for graph parallel programming with vertex subsets

    Kento Emoto, Fumihisa Sadahira

    Journal of Supercomputing      (First Online 23 March 2019)   2019年03月  [査読有り]

    DOI

  • 定理証明支援系Coqにおける不等式変形記法

    村田康佑, 江本健斗

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)     11 ( 4 ) 1 - 12   2018年12月  [査読有り]

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • レベル付き持続型例外処理機構の設計

    八杉 昌宏, 江本 健斗, 平石 拓

    日本ソフトウェア科学会第38回大会  2021年09月  -  2021年09月   

  • HOPE: 階層的計算省略に基づく耐障害性を備えた並列実行モデル

    八杉 昌宏, 村岡 大輔, 平石 拓, 馬谷 誠二, 江本 健斗

    日本ソフトウェア科学会第37回大会  2020年09月  -  2021年09月   

  • Coq における Hylomorphism を用いたプログラム運算の検証に向けて

    村田 康佑, 江本 健斗

    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2020)   2020年03月  -  2020年03月   

  • 高度な運算定理の Coq による証明とその自動化

    村田 康佑, 江本健斗

    日本ソフトウェア科学会第36回大会  (横浜)  2019年08月  -  2019年08月   

  • Watts-Strogatz モデルに基づく大規模ランダムグラフの分散並列生成

    神野 薫, 江本健斗

    日本ソフトウェア科学会第36回大会  (横浜)  2019年08月  -  2019年08月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 高橋奨励賞

    2016年12月31日   日本ソフトウェア科学会   日本国

    受賞者:  江本健斗

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 非正則なデータ構造上の非数値計算問題に対するスケルトン並列プログラミングの応用

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  24700025

  • 非数値計算問題に対するスケルトン並列プログラミングの応用に関する研究

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2010年04月  -  2012年04月

    研究課題番号:  22800007

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 大規模グラフに対するクエリの分散並列処理基盤に関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2017年04月  -  2018年03月

  • 大規模グラフ処理のための系統的並列プログラミングの定式化に関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2016年04月  -  2017年03月

  • 大規模グラフ処理のための系統的なPregelプログラミング手法に関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月

  • 生成・検査・集約プログラミング環境の実現とその実問題への応用に関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2014年04月  -  2015年03月

  • 生成・検査・集約プログラミング環境の実現とその実問題への応用に関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2013年04月  -  2014年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  オブジェクト指向プログラミング(C)

  • 2020年度  プログラミング言語と処理系特論Ⅱ

  • 2020年度  情報セキュリティ概論

  • 2020年度  計算機システムⅠ

  • 2020年度  情報通信工学実験Ⅲ(2Q)

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 学生奨励賞

    2019年09月   日本ソフトウェア科学会

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    情報処理学会   九州支部 幹事

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL 2022 組織委員・プログラム委員長

  • 2021年01月
    -
    2021年07月

        International Symposium on High-level Parallel Programming and Applications, HLPP 2021 プログラム委員

  • 2020年04月
    -
    2024年03月

    情報処理学会   プログラミング研究会 編集委員

  • 2020年01月
    -
    2020年12月

        Asian Symposium on Programming Languages and Systems, APLAS 2020 組織委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 免許法認定公開講座(計算機システム)

    2020年07月
     
     
  • 免許法認定公開講座(計算機システム)

    2018年06月
     
     
  • 免許法認定公開講座(計算機システム)

    2016年06月
    -
    2016年07月