2024/05/14 更新

写真a

オダ マサル
小田 勝
ODA Masaru
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 基礎科学研究系
職名
准教授
研究室電話
093-884-3420
研究室FAX
093-884-3420
外部リンク

研究キーワード

  • ナノ構造物性

  • 光物性物理学

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノ構造化学

  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理

出身学校

  • 1997年03月   東北大学   理学部   物理学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2002年03月   東北大学   理学研究科   物理学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東北大学  -  博士(理学)   2002年03月

学内職務経歴

  • 2013年05月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   基礎科学研究系     准教授

学外略歴

  • 2011年08月 - 2011年09月   マサチューセッツ工科大学   化学科   日本学術振興会特別研究員   日本国

  • 2007年04月 - 2013年04月   東京農工大学   大学院工学研究院先端物理工学部門   助教   日本国

  • 2002年04月 - 2007年03月   東京農工大学   大学院物理システム工学専攻   助手   日本国

所属学会・委員会

  • 2017年04月 - 現在   シンクロトロン光大学間連携会議委員   日本国

  • 2016年06月 - 現在   ナノ学会   日本国

  • 2005年03月 - 現在   応用物理学会   日本国

  • 1997年09月 - 現在   日本物理学会   日本国

論文

  • 量子ドット蛍光発光強度時系列データのための隠れマルコフモデル解析

    古田達央, 濱田啓輔, 小田勝, 中村和磨

    第33回光物性研究会論文集   33   211 - 214   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 溶液分散CdSeナノプレートレット微小共振器の角度分解発光スペクトル

    大和千晃, 江頭潤哉, 松尾洋希, 中石勝之介, 小田勝, 近藤久雄

    第33回光物性研究会論文集   33   215 - 218   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Hidden Markov model analysis for fluorescent time series of quantum dots 査読有り

    Tatsuhiro Furuta, Keisuke Hamada, Masaru Oda, and Kazuma Nakamura

    Physical Review B ( APS )   106   104305   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Modification of the synthesis of layered titanium chloride nitride 査読有り 国際誌

    Tanaka M., Kataoka N., Kobayashi H., Fujioka M., Oda M., Yamamoto A., Terashima K., Nishii J., Tanaka H., Yokoya T.

    Materials Research Bulletin   153   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Layered titanium nitride chloride (TiNCl) exhibits a relatively high superconducting transition of ∼16 K, and it is a candidate for the unconventional superconductor. To better understand the superconductivity, we modified the synthesis process for TiNCl. Highly crystalline TiNCl was prepared by chemical vapor transport at different transport temperatures and intercalated with sodium (Na) metal. Although the crystallographic parameters obtained through Rietveld refinement are similar, the superconducting properties strongly depend on the treatment temperature of pristine TiNCl. Optical and photoemission spectroscopy revealed an in-gap state below the Fermi level, indicating hydrogen incorporation, similar to the case of β−ZrNCl. Hydrogen temperature-programmed desorption revealed hydrogen emission against the heat treatment of the obtained pristine TiNCl. The in-gap state of hydrogen inhibits the introduction of electron carriers from the intercalated Na metal.

    DOI: 10.1016/j.materresbull.2022.111896

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85131419312&origin=inward

  • CdSeナノプレートレットによる共振器ポラリトンの室温形成と発光特性

    松尾洋希, 中石勝之介, 小田勝, 近藤久雄

    第32回光物性研究会論文集 ( 第32回光物性研究会 )   32   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 高濃度CdSeナノプレートレット溶液を入れた微小共振器の作製とその光学特性評価

    永木健太, 松尾洋希, 中石勝之助, 河野結愛, 小田勝, 近藤久雄

    第31回光物性研究会論文集   31   253 - 256   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • CdSeナノプレートレットの合成と微小光共振器効果

    細川拓哉、永木健太、松尾洋希、小田勝、近藤久雄

    第30回光物性研究会論文集   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Synthesis and characterization of quantum dot chains: Self-assembly of mercaptopropionic-acid-capped quantum dots conjugated with short single-stranded DNA 査読有り

    Oda M., Sasano K., Nishi A., Zako T., Tani T.

    Journal of Physics: Conference Series   1220 ( 1 )   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. In this paper, we describe the synthesis and characterization of quantum dot (QD) chains. We used small QD-DNA conjugates, i.e., short-ligand-capped QDs conjugated with short (15-mers) single-stranded DNA, as the building blocks. The small conjugates were separated based on the valence of the DNA, i.e., the amount of DNA per particle, using agarose gel electrophoresis. The conjugates formed self-assemblies composed of closely spaced (inter-particle spacing of 0.6-2 nm) QDs. We report the results of our investigation of the electrophoresis and hybridization of the conjugation.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1220/1/012051

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85067789263&origin=inward

  • 量子ドット一次元配列構造作製へ向けたDNA 機能化量子ドットの分離・精製法の開発

    佐々野 晃輔、西 輝、小田 勝、座古 保

    第29回光物性研究会   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 微小光共振器中における溶液分散コロイド状半導体量子ドットの発光評価

    荒井淳志、細川拓也、小田 勝、近藤久雄 

    第29回光物性研究会論文集   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Gel electrophoresis and hybridization of DNA-functionalized quantum-dots as part of a study of linear quantum-dot chains 査読有り

    M. Oda, K. Sasano, A. Nishi, T. Zako, T. Tani

    EPJ Web of Conferences   190   03009   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • アントラセン微小共振器におけるポラリトン発光

    近藤 久雄, 小田 勝

    光物性研究会論文集   29   221 - 224   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Research

  • 有機無機層状ペロブスカイト型半導体微小共振器における光学応答

    近藤 久雄, 小田 勝

    光物性研究会論文集   29   129 - 132   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Research

  • 溶液浸透法によるハロゲン化鉛ぺロブスカイト化合物の単結晶薄膜の作製とその光学応答

    近藤 久雄, 小田 勝

    光物性研究会論文集   29   249 - 252   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Research

  • Synthesis, characterization and its photoluminescence properties of group I-III-VI2 CuInS2 nanocrystals 査読有り

    M. Oda, T. Miyaoka, S. Yamada, and T. Tani

    Phys. Procedia   29   18 - 24   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.phpro.2012.03.685

    Kyutacar

  • Room-temperature fluorescence lifetime of pseudoisocyanine (PIC) J excitons with various aggregate morphologies in relation to microcavity polariton formation

    Y. Obara, K. Saitoh, M. Oda, T. Tani

    International Journal of Molecular Sciences   13   5851 - 5865   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/ijms13055851

    Kyutacar

    Scopus

  • Versatile implementation in angle-resolved optical microscopy: its application to local spectrometry of microcavities with PIC-J-aggregates

    Y. Obara, K. Saitoh, M. Oda, and T. Tani

    International Journal of Spectroscopy   2011   1 - 6   Article ID 523017_1-6   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kyutacar

  • Single molecule FRET detection in CdSe-QD donor and Cy5-labeled molecular chaperone acceptor complex by imaging microscopy

    T. Tani, M. Oda, H. Sakai, D. Araki, Y. Itoh, A. Ohtaki, and M.Yohda

    Journal of Luminescence   131   519 - 522   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jlumin.2010.09.019

    Scopus

  • Photoluminescence properties of CdSe/ZnS/TOPO nanocrystals in full- and half-microcavity structures

    M. Oda, H. Kazita, Y. Obara, and T. Tani

    Physica Status Solidi C   8   423 - 425   2011年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/pssc.201000526

    Kyutacar

    Scopus

  • Anomalous reflection properties in high density limit fibril shaped PIC-J aggregates in microcavity structure

    Y. Obara, K. Saitoh, M. Oda, and T. Tani

    Physica Status Solidi C   8   595 - 597   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/pssc.201000586

    Scopus

  • Fabrication, characterization and its local reflection properties of a metal-mirror microcavity with high concentrated PIC J-aggregates

    M. Oda, Y. Obara, K. Saito, K. Higashi, and T. Tani

    Physics Procedia   3   1615 - 1620   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.phpro.2010.01.229

    Kyutacar

    Scopus

  • Single molecule and single quantum dot photodynamics by polarization-rotating modulation microscopy

    T. Tani, H. Sakai, E. Usukura, T. Suzuki and M. Oda:

    Phys. Procedia   3   1607 - 1613   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.phpro.2010.01.228

    Kyutacar

    Scopus

  • Energy transfer in hybrid CdSe quantum dots vs. labelled molecular chaperone systems by imaging microscopy 査読有り

    Tani T., Horiuchi H., Oda M., Usukura E., Sakai H., Ohtaki A., Yohda M.

    Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   6 ( 4 )   912 - 915   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Resonant energy transfer in hybrid CdSe quantum dot (QD) conjugated with Cy5-labelled molecular chaperone systems is observed with single molecule imaging technique. Photonic QDs are the core-shell type nanocrystals covered with organic surfactants on the outermost surfaces, i.e. CdSe/ZnS/TOPO's, and prefoldin (PFD) is used as prototype molecular chaperons. PFD is a jellyfish-shaped hexameric co-chaperone of group II chaperonins, which recognize hydrophobic portion of denatured proteins and encapsulate them within its central cavity. So the CdSe/ZnS/TOPO QDs can also be captured be cause of its surface similarity to the denatured proteins. We have found one possible reaction pathway to get such artificial complex in aqueous solutions with keeping bioactivities of the proteins. Performance of the complex is evaluated by TIRF imaging microscopy. As the proteins are transparent in visible wavelength region, labeling dyes, Cy5, which also work as acceptors, are connected to detect their behaviors microscopically. Forster type energy transfer is observed from the QD donors to Cy5-labeled PFD acceptors in single molecule level, which can be a distinct evidence for the complex formation. © 2009 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim.

    DOI: 10.1002/pssc.200880644

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=70349423882&origin=inward

  • Synthesis, characterization, and its PL dynamics of colloidal type II CdTe/CdSe nanocrystals 査読有り

    Oda M., Nishiyama A., Marumo G., Yamada S., Tanaka E., Tani T.

    Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   6 ( 1 )   61 - 64   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We describe our improved synthesis and optical properties of high quality type II CdTe/CdSe nanocrystals (NCs). Specifically, clear shell-thickness dependences have been observed in the absorption and photoluminescence (PL) spectra and FL decay profiles as well The magnitude of the lowest absorotion band decreases drastically with large redshift as the shell thickness increases. The origin will be discussed on the bases of the model where the spatial configuration of the lowest electron-hole pair in the NCs changes from that of type I to type II as the shell thickness increases. As for the PL lifetime of the lowest electron-hole excitations, substantial increase is observed with increasing shell thickness. This can also be understood by considering the spatial configuration; spatial overlap between electron and hole wavefunctions decreases with increasing shell thickness, thus the lifetime increases, As for the NCs with extremely thin shell (∼1 ML; 1 ML = 0.35 nm), the PL lifetime seems much longer than expected. This suggests that the thin shells seem imperfect and work rather a kind of trap sites than layers. © 2009 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA.

    DOI: 10.1002/pssc.200879878

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=63449135740&origin=inward

  • Strong exciton-photon coupling and its polarization dependence in a metal-mirror microcavity with oriented PIC J-aggregates 査読有り

    Oda M., Hirata K., Inoue T., Obara Y., Fujimura T., Tani T.

    Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   6 ( 1 )   288 - 291   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We present a study of strong exciton-photon coupling and its dependence on incident light polarization in a metal-metal mirror microcavity containing PIC J-aggregates. Rabisplitting energies between upper and lower polariton branches are estimated as 94 meV and 69 meV for s- and p-polarized incident light, respectively. These large values are due to large oscillator strength of Frenkel excitons in the PIC J-aggregates and strong confinement of light attributed to the metallic microcavity as well. As for the effective thickness of the active layer for s-polarized light, a good agreement is tained between L efffit = 201nm deduced from the experimental data and Leffcalc = 207 ran calculated from the summation of the measured thickness of active layer with the estimated penetration depths into silver mirrors. We also discuss the difference in the polarization dependences of Rabi-splitting energy, quantitatively. It is concluded mat the polarization dependence is mainly due to an alignment of the J-aggregates in the active layer and is not affected so much by anisotropy of the penetration depths into the silver mirrors. © 2009 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA.

    DOI: 10.1002/pssc.200879879

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=63449106843&origin=inward

  • Synthesis, characterization, and its PL dynamics of colloidal type II CdTe/CdSe nanocrystals

    M. Oda, A. Nishiyama, G. Marumo, S. Yamada, E. Tanaka, and T. Tani

    Physica Status Solidi   6   61 - 64   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kyutacar

  • Strong exciton-photon coupling and its polarization dependence in a metal-mirror microcavity containing oriented PIC J-aggregates

    M. Oda, K. Hirata, T. Inoue, Y. Obara, T. Fujimura, and T. Tani

    Physica Status Solidi   6   288 - 291   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kyutacar

  • FRET-structure with non-radiative acceptor provided by dye-linker-glass surface complex and single molecule photodynamics by TIRFM-polarized imaging

    T. Tani, K. Mashimo, T. Suzuki, H. Horiuchi and M. Oda

    Journal of Luminescence   128   757 - 760   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photoluminescence behaviors of single CdSe/ZnS/TOPO nanocrystals: Adsorption effects of water molecules onto nanocrystal surfaces

    M. Oda, A. Hasegawa, N. Iwami, K. Nishiura, N. Ando, A. Nishiyama, H. Horiuchi and T. Tani

    Journal of Luminescence   127   198 - 203   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Complex formation of CdSe/ZnS/TOPO nanocrystal vs. molecular chaperone in aqueous solution by hydrophobic interaction

    H. Horiuchi, N. Iwami, F. Tachibana, A. Ohtaki, R. Iizuka, M. Oda, M. Yohda and T. Tani

    Journal of Luminescence   127   192 - 197   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Reversible photobluing of CdSe/ZnS/TOPO nanocrystals

    M. Oda, A. Hasegawa, N. Iwami, K. Nishiura, N. Ando, A. Nishiyama, H. Horiuchi and T. Tani

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   56   241 - 245   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Anisotropic observation of absorption and fluorescence transition dipoles in exciton-polariton properties of PIC J-aggregates

    T. Tani, M. Oda, T. Hayashi, H. Ohno and K. Hirata

    Journal of Luminescence   122-123   244 - 246   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photobrightening of CdSe/ZnS/TOPO nanocrystals

    M. Oda, J. Tsukamoto, A. Hasegawa, N. Iwami, K. Nishiura, I. Hagiwara, N. Ando, H. Horiuchi and T. Tani

    Journal of Luminescence   122-123   762 - 765   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Real Time Magneto-optical Imaging using Liquid Crystal Modulator

    T. Ishibashi, S. Yufune, T. Kawata, M. Oda, T. Tani, Y. Iimura, Y. Konishi, K. Akahane and K. Sato

    Journal of the magnetic society of Japan   30   578 - 580   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Magneto-optical Imaging Using Polarization Modulation Method

    T. Ishibashi, Z. Kuang, S. Yufune, T. Kawata, M. Oda, T. Tani, Y. Iimura, and K. Sato

    Journal of Applied Physics   100   093903_1 - 093903_6   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kyutacar

  • Single molecule imaging towards precise detection of individual photophysics

    T. Tani, Y. Yamaguchi, K. Ohuchi and M. Oda

    Journal of Luminescence   119-120   173 - 177   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photoluminescence of CdSe/ZnS/TOPO nanocrystals expanded on silica glass substrates: Adsorption and desorption effects of polar molecules on nanocrystal surfaces

    M. Oda, J. Tsukamoto, A. Hasegawa, N. Iwami, K. Nishiura, I. Hagiwara, N. Ando, H. Horiuchi and T. Tani

    Journal of Luminescence   119-120   570 - 575   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Magneto-optical imaging using liquid crystal modulator 査読有り

    Ishibashi T., Kuang Z., Yufune S., Oda M., Tani T., Iimura Y., Sato K.

    INTERMAG ASIA 2005: Digests of the IEEE International Magnetics Conference   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=28444455254&origin=inward

  • Microscopic exciton properties of fibril-shaped molecular J-aggregates prepared in ultra-thin polymer films

    T. Tani, M. Saeki, Y. Yamaguchi, T. Hayashi and M. Oda

    Journal of Luminescence   107   42 - 50   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Single-molecule optical detections of carboxytetramethylrhodamine connected by alkyl chains on silica glass substrates

    T. Tani, Y. Yamaguchi, K. Ohuchi and M. Oda

    Journal of Luminescence   107   42 - 50   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 有機分子に包まれたCapped-CdSeナノ結晶の発光特性

    小田 勝,塚本 純平,長谷川 篤史,萩原 泉,松林 正行,谷 俊朗

    高分子論文集   61   63 - 74   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Optical properties of capped-CdSe nanocrystals covered with organic molecules 査読有り

    Oda M., Tsukamoto J., Hasegawa A., Hagiwara I., Matsubayashi M., Tani T.

    Kobunshi Ronbunshu   61 ( 1 )   63 - 74   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We describe the synthesis of capped-CdSe and capped-CdSe/ZnS nanocrystals and their characterization by micro-spectroscopy of their optical properties as well as high-resolution transmission electron microscope (HRTEM) observations. The narrow spectral bandwidth of absorption and photoluminescence (PL) indicates that the size distributions of the nanoparticles are satisfactorily narrow and that the nanoparticles are nanocrystals, which is confirmed by HRTEM observations. Passivation with overcoating ZnS provides a large enhancement of the photoluminescence intensity, i.e., quantum efficiency reached over 50%. PL observations emitted from the luminescent single nanocrystal are carried out using our custom-made laser scanning optical microscope. A large number of nanocrystals show anomalous on-and-off behavior of their PL. To investigate an origin of the anomalous behavior, we measured integrated PL intensity emitted from over 1000 nanocrystals. As a result, the enhancement of PL intensity is observed with increasing exposure time of excitation light depending on the kind of gases. These photo-induced phenomena are interpreted by the model that the nanocrystals are passivated by the polar molecules, especially water.

    DOI: 10.1295/koron.61.63

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=1842592108&origin=inward

  • 高分子薄膜中のフィブリル構造分子性J-会合体―作製と局所光物性評価

    谷 俊朗,山口 義宏,林 俊秀,小田 勝

    高分子論文集   60   712 - 724   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Fibril-shaped molecular J-aggregates in thin polymer films-preparation and local photo-physics 査読有り

    Tani T., Yamaguchi Y., Hayashi T., Oda M.

    Kobunshi Ronbunshu   60 ( 12 )   712 - 724   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Fibril-shaped J-aggregates of pseudo-isocyanine dyes in ionic polymer poly(vinyl sulfate) are prepared and its optimization of the fabrication conditions have been successfully established. By the custom-made microscopic detection system, as well as imagings, local reflectance spectra and the polarization dependences of the reflectance at the J-band(s) on the specific location of the fibrils with sub micrometer spatial resolution are observed. In the local reflectance spectra, an increase of the bandwidth roughly proportional to the increase of the local reflectance is observed. It is also found that the line shape of the reflection band becomes complicated at a higher reflectance and, from time to time, a dip-like structure appears at a slightly lower energy side of the so-called J-band. These properties can basically be interpreted by the model as a formation of Frenkel exciton-polariton in the fibrils or at least as being at the onset of polariton scheme from the simple exciton scheme. The results of the local fluorescence observation as well as those obtained in the fibrils formed in the ultra thin PVA polymer films are consistent with those of the model. From the local polarization dependences, it is found that the direction of local transition dipoles can deviate from the long chain direction of the fibrils with a wide range of angles up to almost 90 degrees. The deviation appears at the polariton scheme range and also seems to be proportional to the magnitude of the local reflectance. Detailed results and discussions are presented.

    DOI: 10.1295/koron.60.712

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=1542611428&origin=inward

  • Local reflection micro-spectroscopy of excitons in fibril-shaped molecular J-aggregates prepared in PVA thin films

    T. Tani, Y. Yamaguchi, M. Saeki, M. Oda and M. Vacha

    Journal of Luminescence   102-103   27 - 33   2003年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Novel Implementations in Mesoscopic-structured Excitonic Systems: CdSe/ZnS/TOPO Nanocrystals and Molecular J-aggregate fibrils

    T. Tani, J. Tsukamoto, Y. Yamaguchi, M. Saeki, K. Hashizume, M. Vacha and M. Oda

    Nonlinear Optics   29   537 - 542   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Subpicosecond Exciton Dynamics of CuBr Nanocrystals Embedded in PMMA

    M. Oda, M. Y. Shen, A. Yamamoto, M. Saito, and T. Goto

    Nonlinear Optics   29   409 - 414   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dynamical process of photoionization in semiconductor nanocrystals

    M. Y. Shen, M. Oda, T. Goto, and T Yao

    International Journal of Modern Physics B   15   3574 - 3578   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • High Density Exciton Dynamics of CuBr Nanocrystals Embedded in PMMA

    M. Oda, M. Y. Shen, and T. Goto

    International Journalof Modern Physics B   15   3912 - 3915   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Quantum-Size confinement of excitons in CuBr nanocrystals embedded in a polymer

    M. Oda, M. Y. Shen, M. Saito, and T. Goto

    Journal of Physics: Condensed Matter   13   11465 - 11472   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photobrightening of CuBr nanocrystals in PMMA

    M. Oda, M. Y. Shen, M. Saito, and T. Goto

    Journal of Luminescence   87-89   469 - 471   2000年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Direct Evidence for Photoionization in CdTe Nanocrystals Embedded in Trioctylphosphine Oxide

    M. Y. Shen, M. Oda, and T. Goto

    Physical Review Letters   82   3915 - 3948   1999年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • 新編物理学実験第3版(共著)

    出口 博之, 井上 和樹, 小田 勝, 田中 将嗣 , 茶屋道 宏貴, 中尾 基, 美藤 正樹(共著)

    東京教学社  2021年04月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 色材・顔料・色素の設計と開発 第3章 第3節 「セレン化カドミウム/硫化亜鉛」 pp. 299~310

    小田 勝、谷 俊朗(共著)

    情報機構  2008年01月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 量子ドットの生命科学領域への応用 第12章 「高品位CdSe/ZnS/TOPO系ナノ微結晶の合成とその光物理―発光の周辺雰囲気依存性」 pp. 133~145

    小田 勝、谷 俊朗(共著)

    CMC出版  2007年08月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 量子ドット蛍光発光強度時系列データのための 隠れマルコフモデル解析

    古田達央, 濱田啓輔, 小田勝, 中村和磨

    日本物理学会2023年春季大会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語  

  • 溶液分散型CdSeナノプレートレット微小共振器におけるポラリトンの室温発光特性

    小田勝, 大和千晃, 江頭潤哉, 中石勝之介, 近藤久雄

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月15日 - 2023年03月18日   記述言語:日本語  

  • 溶液分散CdSeナノプレートレット微小共振器の 角度分解発光スペクトル

    大和千晃, 江頭潤哉, 松尾洋希, 中石勝之介, 小田勝, 近藤久雄

    第33回光物性研究会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月09日 - 2022年12月10日   記述言語:日本語  

  • 量子ドット蛍光発光強度時系列データのための隠れマルコフモデル解析

    古田達央, 濱田啓輔, 小田勝, 中村和磨

    第33回光物性研究会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月09日 - 2022年12月10日   記述言語:日本語  

  • 量子ドット蛍光発光強度時系列データのための隠れマルコフモデル解析

    古田達央, 中村和磨, 小田勝

    第128回日本物理学会九州支部例会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月03日   記述言語:日本語  

  • CdSeナノプレートレットによる共振器ポラリトンの室温 形成と発光緩和過程

    小田 勝, 松尾 洋希, 中石 勝之介, 大和 千晃, 近藤 久雄

    第69回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月22日   記述言語:日本語  

  • 溶液分散型CdSeナノプレートレット微小共振器におけるポラリトンの室温発光特性

    小田 勝、大和千晃、江頭潤哉、中石勝之介、近藤久雄

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月18日   記述言語:日本語  

  • CdSeナノプレートレットによる共振器ポラリトンの室温形成と発光特性

    松尾洋希, 中石勝之介, 小田勝, 近藤久雄

    第32回光物性研究会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月10日 - 2021年12月11日   記述言語:日本語  

  • DNAを用いた量子ドットの電気泳動法の分離分解能の向上と一次元配列構造体の作製

    片井野 拓海、井上 裕輔、小田 勝、座古 保

    令和3年度応用物理学会九州支部学術講演会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月04日 - 2021年12月05日   記述言語:日本語  

  • CdSeナノプレートレット微小光共振器による共振器ポラリトンの室温形成

    松尾洋希, 永木健太, 中石勝之介, 藤井佳奈映, 河野結愛, 小田勝, 近藤久雄

    第68回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月19日   記述言語:日本語  

  • 時系列データ解析のための隠れマルコフシミュレーション:量子ドットblinking現象解析への応用

    古田達央, 濱田啓輔, 小田勝, 中村和磨

    第76回日本物理学会年次大会  2021年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語  

  • 高濃度CdSeナノプレートレット溶液を入れた微小共振器の作製とその光学特性評価

    永木健太, 松尾洋希, 中石勝之助, 河野結愛, 小田勝, 近藤久雄

    第31回光物性研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月12日   記述言語:日本語  

  • 時系列データ解析のための隠れマルコフシミュレーション:量子 ドット発光・消光継続時間解析への応用

    古田達央, 中村和磨, 小田勝

    第126回日本物理学会九州支部例会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月05日   記述言語:日本語  

  • 溶液分散CdSeナノプレートレットを入れた微小光共振器の光学特性

    松尾洋希, 永木健太, 細川拓哉, 小田勝, 近藤久雄

    第81回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日   記述言語:日本語  

  • 微小光共振器中CdSeナノプレートレットにおける共振器ポラリトンの形成と光学特性

    松尾洋希、細川拓哉、永木健太、小田勝、近藤久雄

    第67回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月13日   記述言語:日本語  

  • CdSeナノプレートレットの合成と微小光共振器効果

    細川拓哉、永木健太、松尾洋希、小田勝、近藤久雄

    第30回光物性研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月13日   記述言語:日本語  

  • CdSeナノプレートレットの光学特性と微小光共振器効果

    永木健太、細川拓哉、松尾洋希、小田勝、近藤久雄

    2019年度応用物理学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月24日   記述言語:日本語  

  • CdSeナノプレートレットを入れた微小共振器の作製とその光学特性評価

    細川 拓哉、永木 健太、小田 勝、近藤 久雄

    第80回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月19日   記述言語:日本語  

  • DNA機能化量子ドットの電気泳動分離と一次元配列構造の作製

    林田 弦樹、佐々野 晃輔、小田 勝、座古 保

    第66回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月12日   記述言語:日本語  

  • 微小光共振器中における溶液分散コロイド状半導体量子ドットの発光評価答

    荒井 淳志、細川 拓也、小田 勝、近藤 久雄

    第29回光物性研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月17日   記述言語:日本語  

  • 量子ドット一次元配列構造の作製 : 電気泳動法によるDNA 機能化量子ドットの分離精製

    林田 弦樹、佐々野 晃輔、西 輝、小田 勝、座古 保

    平成30年度応用物理学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月09日   記述言語:日本語  

  • 水溶液分散半導体量子ドットを入れた微小光共振器構造の作製と光学特性

    細川 拓哉、荒井 淳志、小田 勝、近藤 久雄

    平成30年度応用物理学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月09日   記述言語:日本語  

  • 量子ドット一次元配列構造作製へ向けたDNA 機能化量子ドットの分離・精製法の開発

    佐々野 晃輔、西 輝、小田 勝、座古 保

    第29回光物性研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月07日   記述言語:英語  

  • 微小光共振器中における溶液分散コロイド状半導体量子ドットの発光評価

    荒井淳志、細川拓也、小田 勝、近藤久雄

    第29回光物性研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月07日   記述言語:日本語  

  • 微小光共振器中における溶液分散コロイド状半導体量子ドットの光物性

    荒井 淳志、細川 拓也、小田 勝、近藤 久雄

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月20日 - 2019年09月20日   記述言語:日本語  

  • DNA機能化量子ドットを用いた一次元配列構造の作製と光学評価

    佐々野 晃輔、西 輝、小田 勝、座古 保

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月20日   記述言語:日本語  

  • Synthesis and PL Properties of Quantum-dot Chains: Gel Electrophoresis and Hybridization of DNA-functionalized Quantum-dots

    M. Oda, K. Sasano, A. Nishi, T. Zako, and T. Tani

    13th International Conference on Hole Burning, Single Molecule and Related Spectroscopies: Science and Applications 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月20日   記述言語:英語  

  • Synthesis and optical properties of quantum-dot chains linked by DNA

    M. Oda, K. Sasano, A. Nishi, T. Zako, and T. Tani

    12th International Conference on Excitonic and Photonic Processes in Condensed Matter and Nano Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月08日   記述言語:英語  

  • Single CdSe-QD Photonics and its Application to Optical Microscope Imaging for Time-resolved Detection of 3D Protein Dynamics

    Toshiro Tani, Masaru Oda

    BIT’s 1st annual conference of quantum world-2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月16日 - 2017年10月18日   記述言語:英語  

  • Nanomaterials and Microscopes for Nanophotophysical Investigation

    Toshiro Tani, Masaru Oda

    BIT’s 6th Annual World Congress of Nano Science & Technology – 2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月26日 - 2016年10月28日   記述言語:英語  

  • Nanomaterials and Microscopes for Nanophotophysical Investigation

    Toshiro Tani, Masaru Oda

    BIT’5th Annual World Congress of Nano Science & Technology – 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月24日 - 2015年09月26日   記述言語:英語  

▼全件表示

工業所有権

  • 光電変換装置

    小田勝

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-075932  出願日:2015年04月02日

  • コア・シェル型量子ドットの配列構造及びこれを備えたポラリトン素子

    小田 勝 谷 俊朗

     詳細を見る

    出願番号:170383  出願日:2010年07月29日

講演

  • Fabrication, photodetection and optical properties of semiconductor quantum-dot conjugates

    ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム  2020年02月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

科研費獲得実績

  • コロイド状半導体量子ドットにおける増幅キャリア抽出方法の新開発

    研究課題番号:16K04878  2016年04月 - 2019年03月   基盤研究(C)

  • 人工フレンケル励起子創成に向けた半導体量子ドットの1次元近距離配列構造の新開発

    研究課題番号:25286015  2013年04月 - 2016年03月   基盤研究(B)

  • 一次元ナノ構造有機半導体による量子相関光子対生成への新展開

    研究課題番号:23651105  2011年04月 - 2013年03月   挑戦的萌芽研究

  • 半導体ナノ構造による励起子プラズモンポラリトンの実現とその発光特性

    研究課題番号:22710086  2010年04月 - 2012年03月   若手研究(B)

  • 半導体QDと蛋白質との結合による特異な相互作用の発現と新デバイス機能の構築

    研究課題番号:21651066  2009年04月 - 2011年03月   挑戦的萌芽研究

  • 単一CdSe/ZnS/TOPO系ナノ結晶の時間分解発光計測

    研究課題番号:16710066  2004年04月 - 2007年03月   若手研究(B)

  • 単一分子画像分光計測によるナノ光物理ダイナミックスへの展開

    研究課題番号:16655053  2004年04月 - 2006年03月   萌芽研究・萌芽的研究

▼全件表示

その他競争的資金獲得実績

  • コア・シェル型半導体ナノ結晶の機能制御近接周期配列構造による室温動作ポラリトン素子開発への新提案

    2009年01月 - 2010年12月

    NEDO  

海外研究歴

  • コロイド状コア・シェル型半導体量子ドットにおける励起電子発光緩和ダイナミクスの研究

    マサチューセッツ工科大学  アメリカ合衆国  研究期間:  2011年08月01日 - 2012年09月30日

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   ナノ構造光物性特論

  • 2023年度   基礎量子力学

  • 2023年度   物理学Ⅰ

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   基礎量子力学

  • 2022年度   物理学Ⅰ

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   ナノ構造光物性特論

  • 2021年度   ナノ構造光物性特論

  • 2021年度   基礎量子力学

  • 2021年度   物理学Ⅰ

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   ナノ構造光物性特論

  • 2020年度   基礎量子力学

  • 2020年度   物理学Ⅰ

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   ナノ構造光物性特論

  • 2019年度   基礎量子力学

  • 2019年度   物理学Ⅰ

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2018年度   ナノ構造光物性特論

  • 2018年度   基礎量子力学

  • 2018年度   物理学実験

  • 2018年度   物理学実験

  • 2018年度   物理学Ⅰ

  • 2017年度   ナノ構造光物性特論

  • 2017年度   基礎量子力学

  • 2017年度   物理学実験

  • 2017年度   物理学Ⅰ

  • 2016年度   基礎量子力学

  • 2016年度   物理学実験

  • 2016年度   物理学Ⅰ

  • 2016年度   ナノ構造光物性特論

  • 2015年度   ナノ構造光物性特論Ⅰ

  • 2015年度   ナノ構造光物性特論Ⅱ

  • 2015年度   物理学Ⅰ

  • 2015年度   物理学実験

  • 2015年度   基礎量子力学

  • 2014年度   物質科学Ⅲ

  • 2014年度   ナノ構造光物性特論

  • 2014年度   物理学Ⅰ

  • 2014年度   物理学実験

  • 2014年度   基礎量子力学

  • 2013年度   物理学実験

  • 2013年度   物質科学Ⅲ

  • 2013年度   物理学Ⅰ

▼全件表示

その他教育活動

  • 物理学実験責任者(工学部)

    2022年04月
    -
    現在

学会・委員会等活動

  • 応用物理学会   代議員(第61期、第62期)  

    2022年02月 - 現在

     詳細を見る

    第61期、第62期

  • 応用物理学会   代議員(第59期、第60期)  

    2020年02月 - 2022年01月

  • 応用物理学会   シンポジウム現地実行委員長(応用物理分科会第29回物理教育に関するシンポジウム 18.12.1~2開催)  

    2017年12月 - 2018年12月

  • シンクロトロン光大学間連携会議委員   委員  

    2017年04月 - 現在

  • 応用物理学会   理事(九州支部会)、プログラム担当  

    2016年04月 - 現在

  • 応用物理学会   幹事(教育分科会)  

    2016年03月 - 現在

     詳細を見る

    2022年度: 会計(副)、2023年度: 会計(正)

  • 日本物理学会   運営委員(領域5)  

    2011年10月 - 2012年09月

▼全件表示