堀部 陽一 (ホリベ ヨウイチ)

HORIBE Yoichi

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

材料物理・相転移・結晶構造・透過型電子顕微鏡

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://w3.matsc.kyutech.ac.jp/transition/index.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 15

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月   早稲田大学   理工学部   材料工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月  早稲田大学  理工学研究科  資源及材料工学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 1997年03月  早稲田大学  理工学研究科  資源及材料工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 -  博士(工学)  2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年06月
    -
    2013年09月

    Rutgers大学   新奇材料センター透過型電子顕微鏡施設   施設長   アメリカ合衆国

  • 2005年04月
    -
    2006年05月

    大阪府立大学   理学部物理科学科   助手   日本国

  • 2002年10月
    -
    2005年03月

    大阪府立大学   総合科学部物質科学科   助手   日本国

  • 2000年04月
    -
    2002年09月

    Bell研究所   博士研究員   アメリカ合衆国

  • 2001年04月
    -
    2002年09月

    日本学術振興会   海外特別研究員   日本国

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月
    -
    継続中
     

    日本物理学会  日本国

  • 1996年03月
    -
    継続中
     

    日本金属学会  日本国

  • 2002年10月
    -
    継続中
     

    日本顕微鏡学会  日本国

  • 2002年10月
    -
    継続中
     

    日本結晶学会  日本国

  • 2001年03月
    -
    継続中
     

    アメリカ物理学会  アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 金属物性・材料

  • 物性Ⅱ

  • ナノ材料化学

  • ナノ構造化学

  • 無機材料・物性

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Growth and anisotropy evaluation of NbBiCh<inf>3</inf> (Ch = S, Se) misfit-layered superconducting single crystals

    Nagao M., Miura A., Horibe Y., Maruyama Y., Watauchi S., Takano Y., Tanaka I.

    Solid State Communications    321   2020年11月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd NbBiCh3 (Ch = S, Se) misfit-layered superconducting single crystals were successfully grown using a CsCl/KCl flux for the first time. The obtained crystals had a well-developed habit parallel to the c-plane with a typical width of 1–2 mm and thickness of 10–40 μm. The superconducting transition temperatures with zero resistivity of NbBiS3 single crystals obtained from the nominal composition of Nb0.9Bi1.2S3 was 0.31 K, and that value of the NbBiSe3 single crystals grown from the stoichiometry composition (NbBiSe3) was 2.3 K. Sharp decreases in electric resistivity and magnetic susceptibility at approximately 3 K suggested a possible superconducting transition temperature of NbBiSe3. The normal-state anisotropy values of grown NbBiS3 and NbBiSe3 single crystals were 2.2–2.4 and 1.5–1.6, respectively.

    DOI Scopus

  • Control of nanostructures by cooling rate in spinel-type manganese oxide ZnMnGaO<inf>4</inf>

    M. Ishimatsu, H. Tabuki, and Y. Horibe

    Japanese Journal of Applied Physics    59 ( 105002 )   2020年09月  [査読有り]

    機関リポジトリ DOI

  • Ferroelectric Sr<inf>3</inf>Sn<inf>2</inf>O<inf>7</inf>:Nd<sup>3+</sup>: A New Multipiezo Material with Ultrasensitive and Sustainable Near-Infrared Piezoluminescence

    Tu D., Xu C.N., Kamimura S., Horibe Y., Oshiro H., Zhang L., Ishii Y., Hyodo K., Marriott G., Ueno N., Zheng X.G.

    Advanced Materials    32 ( 25 )   2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Ultrasensitive and sustainable near-infrared (NIR)-emitting piezoluminescence is observed from noncentrosymmetric and ferroelectric-phase Sr3Sn2O7 doped with rare earth Nd3+ ions. Sr3Sn2O7:Nd3+ (SSN) with polar A21am structure is demonstrated to emit piezoluminescence of wavelength of 800–1500 nm at microstrain levels, which is enhanced by the ferroelectrically polarized charges in the multipiezo material. These discoveries provide new research opportunities to study luminescence properties of multipiezo and piezo-photonic materials, and to explore their potential as novel ultrasensitive probes for deep-imaging of stress distributions in diverse materials and structures including artificial bone and other implanted structures (in vivo, in situ, etc).

    DOI Scopus

  • Self-assembled lamellar-type nanostructure in manganite spinel (Co,Mn,Fe)<inf>3</inf>O<inf>4</inf>

    Horibe Y., Ishimatsu M., Takeyama S., Mori S., Kudo M., Auchi M., Tanaka M., Murakami Y.

    Applied Physics Letters    115 ( 23 )   2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 Author(s). Distinct nanostructures in (Co,Mn,Fe)3O4 were investigated using X-ray diffraction techniques combined with transmission and scanning transmission electron microscopy, as well as energy dispersive X-ray spectroscopy. The size of the checkerboard nanostructure increased with annealing, followed by the appearance of lamellar nanostructures comprising different types of platelike nanodomains because of nanoscopic spinodal decomposition of Mn and Fe ions. Remarkable local strain relaxation at the nanoscale associated with the domain size is suggested to play an important role in the stabilization of these checkerboard and lamellar nanostructures.

    機関リポジトリ DOI Scopus

  • Quadruple superstructure with antiferroic ionic displacements in B i1-x S mxFe O3

    Horibe Y., Nomoto M., Inoshita T., Watanabe K., Cheong S., Inoue Y., Koyama Y.

    Physical Review B    100 ( 2 )   2019年07月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 American Physical Society. Crystallographic and morphologic features of quadruple and double superstructures in Bi1-xSmxFeO3 with 0≤x≤0.40 were investigated by x-ray powder diffraction and transmission electron microscopy. The presence of a quadruple superstructure accompanied by antiferroic ionic displacements was found near the morphotropic phase boundary between the R3c phase (0<x<0.10) and the Pnma phase (0.25≤x≤0.40). The quadruple superlattice phase coexists with a ferroelectric R3c phase at x=0.15. These superstructures were found to originate from the freezing of multiple phonon modes related to transverse wave ionic displacements. These findings provide further insight towards understanding the complexity of rare-earth-doped BiFeO3.

    DOI Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Nano-sized Checkerboard Domains in Manganese Spinel Oxides

    Yoichi Horibe

    2nd International Symposium on Frontiers in Materials Science (FMS2015)   2015年11月  -  2015年11月   

  • Topological domain structures in quantum materials

    Yoichi Horibe

    Ulsan National Institute of Science and Technology (UNIST) Physics Colloquium 2015   (Ulsan, South Korea)  2015年05月  -  2015年05月    Ulsan National Institute of Science and Technology

  • インターカレート型遷移金属カルコゲナイドFexTaS2におけるトポロジカル分域構造

    堀部陽一, J. J. Yang,Y.-H. Cho,X. Luo,S. B. Kim, 浅田敏広, 谷村誠, Y. S. Oh, S.-W. Cheong

    日本物理学会第70回年次大会  2015年03月  -  2015年03月   

  • ローレンツ顕微鏡を用いた高純度Fe‐6wt%Siの結晶相及び磁区の研究

    堀内拓郎, レイ チェ, 三村悠, 佐々木巌, 小川俊文, 堀部陽一, 惠良秀則

    日本金属学会2015年春期大会  2015年03月  -  2015年03月   

  • マルチフェロイクス物質 Bi1-xSmxFeO3の低Sm組成域における誘電状態の特徴

    井下匠, 野元将志, 小山泰正, 井上靖秀, 堀部陽一

    日本金属学会2015年春期大会  2015年03月  -  2015年03月   

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 六方晶遷移金属化合物の構造階層性に由来する特異なドメイン構造

    日本金属学会2017年春期大会   2017年03月 

  • Nano-sized Checkerboard Domains in Manganese Spinel Oxides

    2nd International Symposium on Frontiers in Materials Science   2015年11月 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 金属組織写真賞最優秀賞

    2016年03月23日   日本金属学会   日本国

    受賞者:  堀部陽一, Y. S. Oh, S. C. Chae, X. Wang, S.-W. Cheong

  • 学術写真賞最優秀賞

    2013年07月   日本セラミックス協会   日本国

    受賞者:  森 茂生、久留島康輔、堀部陽一、小林敬介、加茂秀基

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • イオン拡散を伴う軌道自由度凍結現象とナノ構造制御の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26420681

  • 強相関電子材料における電荷スピンフラストレーションとナノ組織制御

    若手研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  18760508

  • スピネル系強相関電子材料における高温度域での電荷整列現象に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月

    研究課題番号:  16760534

  • 特別研究員(DC2)

    特別研究員奨励費

    研究期間:  1999年04月  -  2001年03月

    研究課題番号:  99J06179

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会領域10誘電体分科運営委員

    2018年09月
    -
    継続中
     

  • 日本金属学会 平成30年度合同学術講演会実行委員会

    2018年03月
    -
    2018年06月
     

  • 日本顕微鏡学会 第74回日本顕微鏡学会学術講演会プログラム委員

    2017年05月
    -
    2018年06月
     

  • 日本金属学会報まてりあ編集委員

    2015年03月
    -
    2017年03月
     

  • 日本金属学会 平成27年度合同学術講演会実行委員会

    2015年03月
    -
    2015年06月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  マテリアル工学基礎Ⅱ

  • 2019年度  専門英語Ⅰ

  • 2019年度  構造相転移学特論

  • 2018年度  マテリアル工学基礎Ⅱ

  • 2018年度  専門英語Ⅰ

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本物理学会   領域10連絡委員

  • 2018年10月
    -
    継続中

    日本物理学会   領域10(誘電体分科)運営委員

  • 2018年03月
    -
    2018年06月

    日本金属学会   平成30年度合同学術講演会実行委員会

  • 2017年05月
    -
    継続中

    日本顕微鏡学会   第74回日本顕微鏡学会学術講演会プログラム委員

  • 2015年03月
    -
    2017年03月

    日本金属学会   日本金属学会会報編集委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 材料の内部をのぞいてみよう-ナノやミクロの世界でみるマテリアル-

    2017年11月
     
     

     概要を見る

    福岡県立伝習館高等学校

  • 材料の内部をのぞいてみよう-ナノやミクロの世界でみるマテリアル-

    2014年07月
     
     

     概要を見る

    福岡県立八女高等学校