森 直樹 (モリ ナオキ)

MORI Naoki

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

精密加工、プラスチック成形加工

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 1

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(情報工学)  2014年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    精密工学会  日本国

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    自動車技術会  日本国

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本材料学会  日本国

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    型技術協会  日本国

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 産業用ロボット制御への第5世代移動通信システムの適用

    横田 篤紀, 長田 真太郎, 本田 空, 山福 佳, 西田 健, 池永 全志, 森 直樹, 松永 彰, 丸山 翔, 吉田 享広

    電気学会論文誌D(産業応用部門誌)  ( 一般社団法人 電気学会 )  140 ( 4 ) 314 - 326   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>This paper presents the results of verification tests for the application of a 5th generation mobile communication system (5G) to an industrial robot control system, consisting of an industrial robot, a three-dimensional measurement sensor, and a robot controller. First, the configuration of the industrial robot control system to be used for testing was examined. Second, the 5G radio characteristics at two factories were measured. The radio interference to/from devices in operation in the factories and the human shield effect influencing the radio characteristics were also examined in these measurements. In factory automation, it is generally inevitable to spend a long time rearranging the components of the industrial robot control system. From the test results, it was confirmed that the time required could be greatly reduced by replacing wired communication lines with 5G capable systems.</p>

    DOI CiNii

  • 超音波加振式ミニチュアねじ締付け法の開発:-60kHz 縦振動の振幅の効果-

    吉川 浩一, 森 直樹, 水垣 善夫

    生産加工・工作機械部門講演会 : 生産と加工に関する学術講演会  ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2019 ( 0 )   2019年01月

     概要を見る

    This paper describes the effect of amplitude of longitudinal ultrasonic vibration on tightening miniature screw threads in terms of tightening torque, bearing surface friction torque and thread torque. Miniature screw threads of S1.4 are tightened with the ultrasonic vibration of 4 different amplitudes of 60 kHz longitudinal vibration. The experimental results indicate that the amplitude of 2.6μm reduces the tightening torque by 25%. In the case of the amplitude of 1.8μm, the largest depression of the contact surface of specimen was formed. These experimental results suggest that the amplitude of vibration should be optimized.

    DOI CiNii

  • A-10 四角錐台加工による5軸制御加工機の工作精度評価 : 四角両角錐台加工による揺動軸幾何偏差評価

    立石 祥悟, 吉川 浩一, 水垣 善夫, 森 直樹, 湯浅 皓介, 寺嶋 啓佑

    日本機械学会九州支部講演論文集    2016 ( 69 ) 21 - 22   2016年03月

    CiNii

  • 形状創成放電加工における電極消耗予測に基づく加工経路の生成

    岡田 一貴, 吉川 浩一, 水垣 善夫, 森 直樹

    年次大会    2016 ( 0 )   2016年01月

     概要を見る

    <p>There are large electrode wear in the contouring EDM because material removing per unit area of electrode surface is larger than those in the other types of EDM. There is a problem that the machining accuracy is worsen because electrode wear is large. The purpose of this study is to reduce the machining error by generating a machining path in consideration of shape of electrode wear predicted. From the result of the processing experiment with changing the tool path in consideration of the electrode wear predicted, it was possible to reduce the average of shape error to 62% less than that in the case of ignoring the electrode wear.</p>

    DOI CiNii

  • 816 不燃性加工液のかけ流しによるくり抜き放電加工の基礎研究

    黒川 久仁彦, 吉川 浩一, 水垣 善夫, 森 直樹

    日本機械学会九州支部講演論文集    2015 ( 0 ) 331 - 332   2015年01月

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 樹脂繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価(共著)

    蛯名武雄 ( 共編者 , 担当範囲: 成形品の物性向上 )

    技術情報協会  2018年01月 ISBN: 978-4-8610-4690-2

     概要を見る

    樹脂繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価に関して
    これまで独自の成形システムを研究開発してきた。この中でも有用な事例や評価、解析に関して報告した。

  • ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術(共著)

    森直樹「伊藤浩志」 ( 共編者 , 担当範囲: 第5章 ポリプロピレンの成形、2次加工技術 )

    技術情報協会  2016年06月 ISBN: 978-4-8610-4620-9

     概要を見る

    ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術に関して、金型技術の観点よりこれまでの研究成果と今後の展望について解説した。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 樹脂流動制御で成形品の物性向上するシステムの開発

    提供機関:  公益財団法人 JKA 

    研究期間:  2016年05月  -  2017年03月

     概要を見る

    樹脂の異方性を利用して輸送用車輪の成形加工時の欠陥を低減する。
    射出成形時の型内での樹脂流動制御によって異方性の変化を実現し、車輪全体の強度を向上する射出成形システムを提案する。
    金型には樹脂の流動方向などを変更する可動部を用い,型内の樹脂が製品形状に付与される前に、固化を制御する適切な外力を施す樹脂流動制御法を組み合わせるこ とにより,異方性による物性のばらつきを抑制する。
    輸送用車輪の樹脂化を実現し,輸送業界のみならず,機械装置の回転機器の省エネルギー化を目指す。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  機械工作法実習

  • 2019年度  機械工作法実習

  • 2018年度  機械工作法実習Ⅱ

  • 2018年度  機械工作法実習Ⅱ

  • 2018年度  機械工作法実習Ⅰ

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • ものつくり支援

    2018年01月
     
     

     概要を見る

    新規加工設備の導入、ワイヤー放電加工装置

  • 学生フォーミュラ

    2014年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    学生フォーミュラのFA(監督) ものつくり支援センターにおいて学生が自作するための設計、製作支援。これまでのものつくり(特に自動車関係)の経験より実践的なアドバイスを行う。

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年12月
    -
    2015年12月

    プラスチック成形加工学会   実行委員

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (企業向けPR)

    プラスチック成形加工
    金型、成形品の設計評価
    プラスチック複合材料
    生産技術、切削加工
    知的財産

    産学官を全て経験しました、色々な立場で支援が可能です。