2022/05/25 更新

写真a

チン ハイザン
陳 沛山
Chen Pei-shan
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 建設社会工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室住所
福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
外部リンク

研究キーワード

  • 構造解析・形態解析

  • 構造デザイン

  • 超高層・大空間構造

  • 建築構造

  • 軽量コンクリート

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料  / 建築構造設計,力学解析・構造解析,超高層&大空間建築構造

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / バブル・コンクリート, 軽量コンクリート

取得学位

  • 法政大学  -  博士(工学)   1996年03月

学内職務経歴

  • 2014年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系     教授

所属学会・委員会

  • 1993年04月 - 現在   日本建築学会   日本国

  • 2013年02月 - 現在   土木学会   日本国

  • 2007年04月 - 現在   日本免震構造協会   日本国

  • 1993年04月 - 現在   国際シェル空間構造学会(IASS)   スペイン

  • 2017年09月 - 現在   国際建築構造協会(ICSA)   ポルトガル共和国

研究経歴

  • 強化ガラスを用いた構造体の設計理論

    ガラス構造,強化ガラス,フレームレスガラス構造,

    研究期間: 2018年04月  -  現在

     詳細を見る

    本研究は理論及び実験研究により強化ガラス板の許容応力度の算定理論を提案する.さらに,純ガラスに近い構造体の設計に関わる理論を提案する.

  • Lap型立体組合せガラス・パネル構造に関する研究開発

    ガラス構造,立体組合せガラス・パネル

    研究期間: 2016年04月  -  現在

     詳細を見る

     透明性が要求される建築物に用いられる板ガラスの多くは金属骨組に支持されているが,これらの骨組は透明性を妨げ,景観や環境効果にも消極的な影響を与える.筆者は,骨組み部材を使用せず,小さいコネクッターで板ガラスを連結して,純ガラスに近い状態の透明空間を実現する構法を提案し,その構成原理,力学特性,接合方法などの研究を行っている.
     本研究の最終目的は,提案構法の構造設計理論を完成させるが,本論ではガラスパネルのせい(板ガラス幅)を形状パラメータとして力学解析及び載荷実験を行い,その応力分布や変位等の力学特性を分析すること,適切なガラスパネルのせいを推測すること,ガラスパネルの破壊メカニズムを把握することである.さらに,長期荷重及び地震時の短期荷重時に対する試行構造設計を行い,その実現可能性を検証する.

  • 1.5層スペースフレームの実用化ための構造設計理論

    スペースフレーム,立体トラス,1.5層スペースフレーム

    研究期間: 2016年04月  -  現在

     詳細を見る

    1.5層スペースフレームは2層の節点と1層の弦材および斜材によって構成される最新構造システムであり,上弦材があれば下弦材が不要,下弦材があれば上弦材が不要である.本研究は,1.5層スペースフレームの実用化を目標とし,力学解析や載荷実験を行い,その形状パラメーター(構成グリッドや形状寸法)と静的力学特性や線形・非線形座屈特性の関係,動的力学特性,構造設計の可能性を明らかにし,その構造設計に資する情報を収集する.

  • 1.5層スペースフレームの力学特性に関する研究

    スペースフレーム,立体トラス,1.5層スペースフレーム

    研究期間: 2016年04月  -  現在

     詳細を見る

    本研究は下記の6つの内容に分けて展開する:1)関連調査研究,2)形状パラメーターと力学特性の関係の研究,3)動的力学特性の解明,4)試行設計,5)模型検証,6)研究成果のまとめ公表.
    1)関連調査研究:日本国内外において文献調査を行う.必要の場合,類似構造物の実地調査を行う.
    2)形状パラメーターと力学特性の関係:グリッド種類や形状寸法をパラメーターとして,応力分布,剛性の評価,構造耐力等の力学特性を分析し,形状設計に資する情報を収集する.構造耐力は,線形及び非線形解析,座屈解析を用いて求める.
    3)動的力学特性:グリッド種類や形状寸法パラメーター毎に解析モデルを作成し振動解析を行い,振動特性を把握すると共に実施設計ための地震力算出に資する情報をまとめる.
    4)試行設計:幾つの代表構造を選出し,試行設計を行い,その実現可能性や構造設計方法を検証する

  • Lap型立体組合せガラス・パネル構造に関する研究開発

    ガラス構造,立体組合せガラス・パネル

    研究期間: 2015年12月  -  2016年12月

     詳細を見る

    本研究では、「立体組合せガラス・パネル構法」を提案し,小さいコネクターで板ガラスを連結して、純ガラスに近い状態の透明空間を実現する構法を研究している。
    提案構法は、「Lap 型」と「交差型」などの組み立て方法が考案されが、本申請は交差型立体組合せガラス・パネルを研究対象とし,下記の研究内容を行った。
    (1)実現可能な平面や曲面形状の構造仕組みを提案しCGで表現する。
    (2)ガラス・パネルの応力分布を分析し、安全かつ合理的なガラス・パネルの形状を決定する。
    (3)接合方法を開発する。
    (4)力学解析及び載荷試験を行い、平面や曲面構造体の力学特性を把握する。鉛直荷重や水平荷重に対する応力分布や変位特性を調べる。
    上記研究内容は、関連調査研究、日本の伝統文化を表現する形状デザインや組み方をCGで表現すること、載荷実験、弾塑性力学解析を行った。

  • バブルコンクリート(高強度中空体を混入した軽量コンクリート)

    バブルコンクリート,軽量コンクリート

    研究期間: 2007年04月  -  現在

     詳細を見る

    高強度中空体をコンクリートに混入することにより強度と剛性を維持向上しながら材料を軽量化することについての研究である.破壊原理を分析して,中空体の形状改良を行い,数理手法により最適な中空体の形態を求める理論を研究している.

  • 非線形構造解析(大空間構造の線形・非線形座屈解析,ケーブル構造解析)

    Nonliear analysis,

    研究期間: 1989年04月  -  現在

▼全件表示

論文

  • Experiments and Mechanical Simulation on Bubble Concrete: Studies on the Effects of Shape and Position of Hollow Bodies Mixed in Concrete 招待有り 査読有り 国際誌

    Xiangdong Yan, Pei-Shan Chen, Amin Al-Fakih, Baoxin Liu, Bashar S. Mohammed, and Jialiang Jin

    Crystals ( MDPI )   11 ( 858 )   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper proposes a new type of lightweight concrete called bubble concrete, which was
    developed by mixing concrete with high-strength hollow bodies. In the present study, concave and
    spherical steel hollow bodies were used not only to form multiple cavities in the concrete but also
    to transfer internal stresses. Through compression tests, the shape effects and distribution effects of
    the hollow bodies on the strength and Young’s modulus of concrete were investigated. In addition,
    the mechanical characteristics of the bubble concrete were simulated by nonlinear elastoplastic finite
    element analysis to study the stress distribution and failure mechanism. The results indicate that
    with the proper combination, bubble concrete can reduce its density to 1.971–2.003 g/cm3 (83.3–
    84.7%, compared to control concrete) and its strength reaches 27.536–28.954 N/mm2.

    DOI: 10.3390/cryst11080858

    その他リンク: https://doi.org/10.3390/cryst11080858

  • 単層スペ-スフレーム座屈荷重評価への回帰分析の応用

    劉宝新, 陳沛山, 晏向東, 金家良

    2021年度 第61回日本建築学会九州支部研究発表会 ( 日本建築学会 )   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本  

  • Approximate Equation for Estimating Global Buckling Load of Single-Layer Cylindrical Spaces 査読有り

    Baoxin LIU, Pei-Shan CHEN, Jialiang JIN, Xiangdong YAN

    Awam International Conference on Civil Engineering 2022 (AICCE 2022) ( AICCE 2022, USM )   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia  

  • Effect of Hollow Bodies on the Strength and Density of Bubble Concrete 査読有り

    X. Yan, Pei-Shan Chen, B.S. Mohammed, B. Liu

    Awam International Conference on Civil Engineering 2022 (AICCE 2022) ( AICCE 2022, USM )   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia  

  • Dynamic Properties and Seismic Performances of 1.5-Layer Space Frames with Lap-Units with Considering Vibration of Lower Joints 査読有り

    Jialiang JIN, Pei-Shan CHEN, Baoxin LIU, Xiangdong YAN

    Awam International Conference on Civil Engineering 2022 (AICCE 2022) ( AICCE 2022, USM )   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia  

  • Experimental Report on Compression Loading Test of Tempered Glass Panels 査読有り

    Saddam Hussain, Pei-Shan Chen, Yutai Matsuno, Baoxin Liu

    Awam International Conference on Civil Engineering 2022 (AICCE 2022), USM ( AICCE 2022, USM )   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia  

  • Evaluation Equation on Global Buckling Load for Cylindrical Single-Layer and 1.5-Layer Space Frames 査読有り

    Baoxin LIU, Pei-Shan CHEN, Xiangdong YAN, Jialiang JIN

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021) ( SAES2021, UPM )   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia  

  • Effect of Hollow Body Shape on the Internal Stress Distribution of Bubble Concrete 査読有り

    X. Yan, Pei-Shan Chen

    7th International Conference on Architecture, Materials and Construction ( ICAMC 2021 )   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal  

  • Numerical Simulation on Lightweight Concrete Mixed with High-Strength Ceramic Hollow Bodies

    X. Yan, J. Jin, Pei-Shan Chen

    2021 建築学会大会(東海) ( 日本建築学会 )   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本  

  • Dynamic Mechanical Properties of Cylindrical 1.5-Layer Space Frames with Diagonal Lap-Units

    Jialiang JIN, Pei-Shan CHEN, Xiangdong YAN

    2021 建築学会大会(東海) ( 日本建築学会 )   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本  

  • 木質ハイブリッド 1.5 層スペースフレームの実現可能性に関 する基礎研究

    久保田愛,陳沛山

    2021 建築学会大会(東海) ( 日本建築学会 )   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本  

  • Study on Deformation and Buckling Capacity for Single Layer Cylindrical Space Frames with Different Grid Patterns

    Baoxin LIU, Pei-Shan CHEN, Xiangdong YAN, Jialiang JIN

    2021 建築学会大会(東海) ( 日本建築学会 )   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本  

  • Buckling Characteristics of Domed 1.5-layer Space Frames with Lap-units

    JIN Jialiang, QIAN Xiaoxin

    2020年度 第60回日本建築学会九州支部研究発表会 ( 日本建築学会九州支部 )   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    2021年03月07日  -  2021年03月08日

  • STUDY ON BUCKLING CHARACTERISTICS OF CYLINDRICAL AND DOMED 1.5-LAYER SPACE FRAMES WITH LAP-UNITS 査読有り

    Jialinag Jin, Xiaoxin Qian

    構造工学論文集 ( 日本建築学会 )   Vol.67B   251 - 260   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A 1.5-layer space frame is a new structural system which may provide new design possibilities for architects and engineers. Compared with a conventional double layer space frame, the 1.5-layer space frame can realize lighter weight because it is a bar-linked structure only configured with upper chords, web members, and diagonal members. The present paper investigates the buckling characteristics such as buckling loads and buckling modes of cylindrical and domed 1.5-layer space frames with lap-units. The relation between buckling characteristics and geometrical parameters of 1.5-layer space frames with lap-units were obtained by linear buckling analysis, which may provide parameter recommendations for practical structural design.

  • Numerical evaluation of dynamic responses of steel frame structures with different types of haunch connection under blast load 査読有り

    Yussof M.M., Silalahi J.H., Kamarudin M.K., Chen P.S., Parke G.A.R.

    Applied Sciences (Switzerland)   10 ( 5 )   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    © 2020 by the authors. This research is aimed at investigating the dynamic behaviour of, and to analyse the dynamic response and dynamic performance of steel frames strengthened with welded haunches subjected to a typical hydrocarbon blast loading. The structural dynamic analysis was carried out incorporating the selected blast load, the validated 3D model of the structures with different welded haunch configurations, steel dynamic material properties, and non-linear dynamic analysis of multiple degree of freedom (MDOF) structural systems. The dynamic responses and effectiveness of the reinforced connections were examined using ABAQUS finite element software. Results showed that the presence of the welded haunch reinforcement decreased the maximum frame ductility ratio. Based on the evaluation of the results, the haunch reinforcements strengthened the selected steel frame and improved the dynamic performance compared to the frame with unreinforced connections under blast loading, and the biggest haunch configuration is the "best" type.

    DOI: 10.3390/app10051815

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081577810&origin=inward

  • 竹集成材を用いた1.5 層スペースフレームの実現可能性についての基礎研究

    秋満暁

    2019年度第59回日本建築学会九州支部研究発表会 ( 日本建築学会九州支部 )   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本   熊本県熊本市   2020年03月01日  -  2020年03月02日

  • Buckling Characters and Approximate Buckling Load Factors of 1.5-Layer Cylindrical Space Frames with Crossing-units

    LIU Baoxin

    2019年度第59回日本建築学会九州支部研究発表会 ( 日本建築学会九州支部 )   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本   熊本市   2020年03月01日  -  2020年03月02日

  • Configuration and Mechanical Characteristics of 1.5-Layer Space Frames 査読有り 国際誌

    Pei-Shan CHEN

    4th International Conference on Structures and Architecture ( (ICSA)Structures & Architecture )   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal   Lisbon   2019年07月24日  -  2019年07月26日

    DOI: 10.1201/9781315229126-83

  • Design of Large-Span Structure based on Integrated Parametric Study of Grasshopper with Structure Analysis 査読有り 国際誌

    Meng Ting Tsai, Pei Shan Chen and Ho u Yang Chen

    Fifth International Forum on Advanced Technologies   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Research on Allowable Stress of Structural Glass for Frameless Glass Structures and Timber Supported Glass Panels 査読有り 国際誌

    Meng-Ting Tsai, Pei Shan Chen

    TAIWAN TECH – 2018 Joint Research Worksho   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • EXPERIMENTAL STUDY ON FAILURE MODE OF RECIPROCAL WOODEN JOINT WITH DOWEL CONNECTION AND WOODEN INTERLOCKING

    Meng Ting Tsai, Pei Shan Chen, Te Hsin Yang, Chien Tung Chen, Hao Ming Hsu

    World Conference on Timber Engineering 2018   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Seoul  

  • 交差型1.5層スペースフレームの座屈特性についての研究 査読有り

    野口怜(陳沛山)

    構造工学論文集   Vol.64B   599 - 604   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 立体組み合わせガラスパネルの構造設計に関する基本研究 査読有り

    陳沛山(生田翔大,上山拓杜)

    構造工学論文集   Vol.64B   591 - 598   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Experimental study on failure mode of reciprocal wooden joint with dowel connection and wooden interlocking 査読有り

    Tsai M.T., Chen P.S., Yang T.H., Chen C.T., Hsu H.M., Liu T.C.

    WCTE 2018 - World Conference on Timber Engineering   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © WCTE 2018 Committee. The objective of this study examine the feasibility of using domestic plantation Cryptomeria japonica to develop an innovative dowel system integrated with wooden interlocking. The study focus on the failure mode and yield load distribution of this wooden joint with dowel connection based on the design proposal of wooden bridge. An experimental approach on comparing the structural performance of dowel connection with and without wooden interlocking is carried out, and the results is adopted by the wooden bridge design as well as its future application. A further analyse and estimation of maximum yield strength by Load-Displacement relationship is determined by the experimental results. Thus, it is expected to provide a reasonable application for dowel connection with wooden interlocking. The experimental results indicate wooden interlocking helps increase the initial stiffness for dowel connection by 2 times, however, the failure mode is considered similar, which concentrated on the rapture of lower chord of beam component. The additional failure mode of this connection system is the crush of the wooden interlocking part, causing the obvious crack occurred on the end section of shorter wooden component.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85058156603&origin=inward

  • Buckling features of 1.5-layer space frames with crossing units 査読有り

    Pei-Shan CHEN

    IASS Annual Symposium 2017(Hamburg)   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • On the Configuration of 1.5-Layer Space Frames 査読有り

    Pei-Shan CHEN

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2016   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 1.5層スペースフレームの構成システムについての研究 査読有り

    陳沛山

    構造工学論文集   Vol.62B   93 - 98   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 中空球状体を混入した軽量コンクリートの開発に関する基礎的研究 査読有り

    陳 沛山(月永洋一)

    材料, Vol.64,No.9,2015年9月 号, pp711-717   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2472/jsms.64.711

    Scopus

    CiNii Article

  • 227 新しい1.5層スペースフレームの組み立て方法に関する基礎研究(建築構造)

    劉 瑞鋒, 陳 沛山

    日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系 ( 日本建築学会 )   ( 54 )   317 - 320   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009940560

  • 224 交差型とLAP型の円筒形1.5層スペースフレームの力学特性に関する基礎研究(建築構造)

    落石 謙, 陳 沛山

    日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系 ( 日本建築学会 )   ( 54 )   305 - 308   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009940557

  • 225 平面状1.5層スペースフレームの静的力学特性に関する研究(建築構造)

    郭 威, 陳 沛山

    日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系 ( 日本建築学会 )   ( 54 )   309 - 312   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009940558

  • 226 1.5層スペースフレームの接合方法に関する研究(建築構造)

    開田 隼輔, 陳 沛山

    日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系 ( 日本建築学会 )   ( 54 )   313 - 316   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009940559

  • 1.5層スペースフレームの幾何学的構成及びデザインの多様性についての基礎研究 査読有り

    Pei-Shan Chen

    構造工学論文集, Vol.60 B, pp153-158   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Innovation of 1.5-Layer Space Frames 査読有り

    Pei-Shan Chen

    Architecture Research   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.5923/j.arch.20140401.01

  • Optimization for Maximum Nonlinear Buckling Load and Topics on Imperfection of Latticed Shells 査読有り

    Pei-Shan Chen

    Journal of Civil Engineering and Architecture, Vol.8, No.2(Serial No.75), pp143-150   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 単層スペースフレームの最大座屈荷重に関する最適化問題

    陳 沛山

    理論応用力学講演会 講演論文集 ( 日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」 )   63 ( 0 )   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    本論は,単層スペースフレームの最大座屈荷重を目的とする最適化手法を紹介する.また,連続体シェルの最適形態(最大座屈荷重形態)はその初期不整に敏感するため座屈荷重が低下することが指摘された.ことに対して,本論は,ラチスシェルの最大座屈荷重形態はその初期不整に敏感しない可能性についての研究課題を提起する.さらに,数値解析例を用いて,単層スペースフレームの最大座屈荷重形態はその初期不正に敏感しないことを証明する.

    DOI: 10.11345/japannctam.63.0_93

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005478090

  • Shed Light on the geometrical configuration and structural principle of an ancient wooden bridge in Qingming Shanghe Tu 査読有り

    Pei-Shan Chen

    Journal of Civil Engineering and Architecture, Vol.6, No.6, pp.665-672   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 清明上河図」虹橋についての研究

    Pei-Shan Chen

    中国関係論説資料,論説保存協会,第52号(平成22年分)第1分冊   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Introduction to 1.5-Layer Space Frames 招待有り 査読有り

    Pei-Shan Chen

    IASS Annual Symposium: IASS-APCS 2012   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Report on the Innovation of Reciprocal Panel System 査読有り

    Pei-Shan Chen

    IASS Annual Symposium: IASS-APCS 2012   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • State-of-the-Art for Optimization of Forms and Strength for Reticulated Shells 招待有り 査読有り

    Yamamoto(Pei-Shan Chen,etc.)

    IASS Annual Symposium: IASS-APCS 2012   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 1.5層スペースフレームの形態安定性とデザインの多様性についての基礎研究 査読有り

    小田島大地(水島潤弥,陳沛山)

    八戸工業大学紀要,No.31,pp19-27   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 立体組合せパネル構造についての基礎研究 査読有り

    工藤聖来(西野大貴,陳沛山)

    八戸工業大学紀要,No.31,pp29-36   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Report on the Innovation of 1.5-Layer Space Frames 査読有り

    Pei-Shan Chen

    IABSE-IASS 2011,Taller, Longer, Lighter (London)   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A study on the geometrical configuration of an ancient wooden bridge in Qingming Shanghe Tu 査読有り

    Pei-Shan Chen

    2010 Symposium of the International Association for Shell and Spatial Structures-Spatial Structures- Temporary and Permanent   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Shape optimisation for a tensegrity system 査読有り

    Pei-Shan Chen

    2010 Symposium of the International Association for Shell and Spatial Structures-Spatial Structures-emporary and Permanent   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 「清明上河図」虹橋についての研究 査読有り

    川村誠(陳沛山)

    八戸工業大学紀要, No.29, pp53-61   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Overall stiffness evaluation and shape optimisation of a tensegric structure 招待有り 査読有り

    Pei-Shan Chen

    Int. J. Structural Engineering, Vol. 1, Nos. 3/4, 2010, pp241-254   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1504/IJSTRUCTE.2010.033481

    Scopus

  • OVERALL STIFFNESS EVALUATION AND SHAPE OPTIMIZATION OF A TENSILE STRUCTURE 査読有り

    Pei-Shan Chen

    The 9th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures (APCS2009, Nagoya)   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 中国宋代虹橋の構造原理についての研究 査読有り

    陳沛山(大川原恵美,原田恵美子,細川美穂)

    構造工学論文集Vol.54B, pp259-265   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • テンション構造の全体剛性評価法の分析と最小変位法を用いた形態最適化 査読有り

    陳沛山

    構造工学論文集Vol.54B, pp267-273   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Study Report on an Ancient Wood Bridge Hongqiao 査読有り

    Pei-Shan Chen

    Str. Eng. International (SEI), pp84-87   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2749/101686608783726614

    Scopus

  • Configuration and Structural Principle of an Ancient Chinese Wood Bridge Hongqiao 査読有り

    Pei-Shan Chen

    Structural Architecture-Toward the future looking to the past, IASS2007   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Assessment Frost of Resistance of Concrete Exposed to Deicing Salts by Using Different Freeze Thaw Test Methods 査読有り

    Gondai Yoshinori(Chen etc)

    八戸工業大学紀要, No.26, pp-51-60   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Maximum Buckling Load of Lattice Space Frames and Topics on Imperfection Sensitivity 査読有り

    Pei-Shan Chen(Mamoru Kawaguchi)

    IASS-APCS 2006 Beijing   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Optimization for Maximum Buckling Load of a Lattice Space Frame with Nonlinear Sensitivity Analysis 査読有り

    Pei-Shan Chen(M.Kawaguchi)

    International Journal of Space Structures Volume 21 No.2 2006, pp111-118   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1260/026635106778494363

  • Optimum Shape of a Cable Dome Structure 査読有り

    M.Kawaguchi(I.Tatemichiand,PeiShan Chen)

    Engineering Structures No. 8 Vol. 21 pp.719-726 .     1999年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/S0141-0296(98)00026-1

  • サスペン・ドームの開発及び実大建物の実証実験 査読有り

    畑戸龍夫(立道郁生,藤原智,陳沛山)

    中日建築技術交流大会,中国シンセン   1997年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • スペース・フレームの最大座屈荷重形態 査読有り

    陳沛山(川口衞

    日本建築学会構造系論文集第489号pp.41-46   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3130/aijs.61.41_2

  • 多目的最適化解析によるテンション構造の最大剛性形態 査読有り

    陳沛山(川口衞)

    日本建築学会構造系論文集第481号pp.55-61   1996年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3130/aijs.61.55_1

  • テンション構造の最小変位形態 査読有り

    陳沛山(川口衞)

    日本建築学会構造系論文集第468号,pp.101-108   1995年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3130/aijs.60.101_1

  • テンション構造の最大剛性形態 査読有り

    陳沛山(川口衞)

    日本建築学会構造系論文集第476号pp.113-120   1995年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3130/aijs.60.113

  • An Application of Inverse Problem Techniques to Spatial Structures 査読有り

    PeiShan Chen(Mamoru Kawaguchi,Masaru Abe)

    Spatial/Lattice and Tension Structures (Atlanta Georgia) , pp.113-122   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Minimum Deformation Shape of Prestressed Bar Structures 査読有り

    PeiShan Chen(Mamoru Kawaguchi)

    Seiken-IASS Symposium on Nonlinear Analysis and Design for Shell and Spatial Structures,Tokyo   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Shape of Tensegrity Frames With an Optimum Rigidity 査読有り

    PeiShan Chen(Masaru Abe,Mamoru Kawaguchi)

    Space Structures 4, The 4th International Conference on Space Structures, Surrey University,UK   1993年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1680/ss4v1.19683.0110

  • Tensegrity における逆問題の応用

    陳沛山

    法政大学大学院紀要第30号pp.399-401   1993年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Joint Matrix Method for Structural Analysis 査読有り

    PeiShan Chen

    Journal of the Henan Academy of Sciences (China) No. 4   1984年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • ケーブル構造設計指針・同解説(2019年改定版)

    1-2章 岡田,宮里等,3章形山等,4章原田等,5章中島等,6章陳沛山,7-8章杉内等(分担執筆)

    日本建築学会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 建築構造設計教本

    陳沛山著,柴田明徳 (監修),斎藤公男 (監修)(単著)

    森北出版  2015年04月  ( ISBN:4627553110

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Guide to Buckling Load Evaluation Metal Reticulated Roof Structres

    Shiro Kato, etc. Pei-Shan Chen etc.(共著)

    IASS  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • Study on Deformation and Buckling Capacity for Single-Layer Cylindrical Space Frames with Different Grid Patterns

    LIU Baoxin, Yan xiangdong, Pei-Shan Chen

    2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月10日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • Numerical Simulation on Lightweight Concrete Mixed with High-Strength Ceramic Hollow Bodies

    YAN Xiangdong, JIN Jialiang, CHEN Pei-shan

    2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月10日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 木質ハイブリッド1.5 層スペースフレームの実現可能性に関する基礎研究

    久保田愛,陳沛山

    2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Dynamic Mechanical Properties of Cylindrical 1.5-Layer Space Frames with Diagonal Lap-Units

    JIN Jialaing, CHEN Pei-Shan

    2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月10日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • Study on Buckling Characteristics of Cylindrical and Domed 1.5-Layer Space Frames with Lap-Units

    金家良, 銭暁鑫, 陳沛山

    第67回構造工学シンポジウム  日本学術会議 土木工学・建築学委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年04月17日 - 2021年04月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • Buckling Characteristics of Domed 1.5-layer Space Frames with Lap-units

    金家良, 銭暁鑫, 陳沛山

    2020年度第60回日本建築学会九州支部研究発表会  日本建築九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月07日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 竹集成材を用いた1.5層スペースフレームの実現可能性についての基礎研究

    秋満暁,陳沛山

    2019年度第59回日本建築学会九州支部研究発表会  一般社団法人 日本建築学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月01日   記述言語:日本語  

  • Buckling Characters and Approximate Buckling Load Factors of 1.5-Layer Cylindrical Space Frames with Crossing-units

    劉宝新,陳沛山

    2019年度第59回日本建築学会九州支部研究発表会  一般社団法人 日本建築学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月01日   記述言語:英語  

  • Basic study on Epoxy Adhesive Bonding Joint for Frameless Glass Structure

    Peng-yu ZHAO, Pei-Shan CHEN

    第 14 回 コロキウム構造形態の解析と創生 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月01日   記述言語:英語  

  • スペースフレームの震度係数に関する基礎研究

    興津直斗,陳沛山

    第 14 回 コロキウム構造形態の解析と創生 2019  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月01日   記述言語:日本語  

  • 構造用ガラス板の接合部のばね定数に関する実験研究

    小泉渚, 陳沛山

    第 14 回 コロキウム構造形態の解析と創生 2019  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月01日   記述言語:日本語  

  • Cylindrical Partial 1.5-Layer Space Frames Generated by Evaluating the Curvature of Buckling Mode

    Jian LIU, Pei-Shan CHEN

    第 14 回 コロキウム構造形態の解析と創生 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月01日   記述言語:英語  

  • Calculation of Approximate Buckling Load Factors of Single Layer and 1.5-Layer Cylindrical Space Frames

    Baoxin LIU, Pei-Shan CHEN

    第 14 回 コロキウム構造形態の解析と創生 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月01日   記述言語:英語  

  • A Basic Study on the cylindrical Partial 1.5-Layer Space Frame

    Maliang ZHU, Jian LIU, Pei-Shan CHEN

    第 1 3 回 コロキウム構造形態の解析と創生 201 8  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月18日   記述言語:英語  

  • 交差型1.5層スペースフレームの座屈特性についての研究

    野口怜( 陳沛山)

    第64回構造工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年04月22日   記述言語:日本語  

  • 立体組み合わせガラスパネルの構造設計に関する基本研究

    陳沛山(生田翔大,上山拓杜)

    第64回構造工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年04月22日   記述言語:日本語  

  • Effect of Form Imperfection on Buckling Features of 1.5-layer Space Frames with Lap Units

    銭暁鑫(祝馬梁,陳沛山)

    2017年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月04日   記述言語:日本語  

  • 伝統文化を表現する1.5 層スペースフレームの安定性に関する研究

    岡﨑将也(陳沛山)

    2018年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月04日   記述言語:日本語  

  • 四角錐型と四角錐LAP 型の1.5 層スペースフレームの静的力学特性に関する基礎研究

    浦山卓也(陳沛山)

    2017年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月04日   記述言語:日本語  

  • Structural Merits of 1.5-layer Space Frames with Crossing-units,

    Maliang ZHU(Satoshi NOGUCHI, Pei-Shan CHEN)

    コロキウム構造形態の解析と創生2017,USB,2017年10月19 日  

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月18日 - 2017年10月19日   記述言語:日本語  

  • On the Buckling Capacity of 1.5-Layer Space Frames with Lap Units,

    Xiaoxin QIAN(Pei-Shan CHEN)

    コロキウム構造形態の解析と創生2017,USB,2017年10月19 日    

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月18日 - 2017年10月19日   記述言語:日本語  

  • LAP型と交差型の立体組み合わせガラスパネル構造に関する解析及び実験研究(その2 載荷実験)

    生田翔大(上山拓杜,陳 沛山)

    日本建築学会大会学術講演梗概集.構造I,No.20454 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月   記述言語:日本語  

  • On the Maximum Span of Planar 1.5-Layer Space Frames With Crossing-units,

    祝馬梁(銭暁鑫,野口怜,陳 沛山)

    日本建築学会大会学術講演梗概集.構造I,No.20395 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月   記述言語:日本語  

  • LAP型と交差型の立体組み合わせガラスパネル構造に関する解析及び実験研究(その1 FEM解析)

    上山拓杜(生田翔大,陳 沛山)

    日本建築学会大会学術講演梗概集.構造I,No.20453 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月   記述言語:日本語  

  • Local Buckling Analysis of 1.5-Layer Space Frame with Lap Units

    銭暁鑫(祝馬梁,野口怜,陳 沛山)

    日本建築学会大会学術講演梗概集.構造I,No.20394 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月   記述言語:日本語  

  • 交差型の円筒形1.5層スペースフレームの座屈耐力と幾何学特性の関係に関する基礎研究

    野口怜(陳沛山)

    日本建築学会大会学術講演梗概集.構造I,No.20393 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月   記述言語:日本語  

  • 伝統文化を表現する1.5層スペースフレームの組み立て方法に関する研究

    繁田恭子(陳沛山)

    2017年度日本建築学会九州支部研究発表会,No.56 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月05日   記述言語:日本語  

  • 正方向の交差型とLAP型の円筒形1.5層スペースフレームの構造設計に関する基礎研究

    野口怜(陳 沛山)

    2017年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月05日   記述言語:日本語  

  • 三方向と六角錐ユニットの1.5層スペースフレームの静的力学解析に関する基礎研究

    新宅駿登(陳沛山)

    2017年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月05日   記述言語:日本語  

  • 円筒形交差型1.5層スペースフレームの動的特性に関する基礎研究

    奥田直輝(陳沛山)

    2017年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月05日   記述言語:日本語  

  • 交差型と Lap 型 1.5 層スペースフレームの軸力分布特性及び構造設計の可能性に関する研究,

    野口怜(陳沛山)

    コロキウム構造形態の解析と創生2016,USB,2016年10月27日  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月26日 - 2016年10月27日   記述言語:日本語  

  • LAP 型の立体組み合わせガラスパネル構造に関する研究,

    生田翔大(上山拓杜,陳沛山)

    コロキウム構造形態の解析と創生2016,USB,2016年10月27 日  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月26日 - 2016年10月27日   記述言語:日本語  

  • 1.5層スペースフレームの構成システムについての研究

    陳沛山

    第62回「構造工学シンポジウム」  日本学術会議,日本建築学会,土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年04月23日 - 2016年04月24日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学(東京)  

  • 多様な1.5層スペースフレームの構成システム

    陳沛山

    コロキウム構造形態の解析と創生2015  日本建築学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月29日 - 2015年10月30日   記述言語:日本語   開催地:日本建築会館(東京)  

  • 新しい1.5層スペースフレームの組み立て方法に関する基礎研究

    劉瑞鋒(陳沛山)

    2014 年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年02月18日   記述言語:日本語  

  • 1.5層スペースフレームの接合方法に関する研究

    開田隼輔(陳沛山)

    2014 年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年02月18日   記述言語:日本語  

  • 交差型とLAP型の円筒形1.5層スペースフレームの力学特性に関する基礎研究

    落石謙(陳沛山)

    2014 年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年02月18日   記述言語:日本語  

  • 平面状1.5層スペースフレームの静的力学特性に関する研究

    郭威(陳沛山)

    2014 年度日本建築学会九州支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年02月18日   記述言語:日本語  

  • 単層スペースフレームの最大座屈荷重に関する最適化問題

    陳沛山

    第63回理論応用力学講演会  第63回理論応用力学講演会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月26日 - 2014年09月27日   記述言語:英語  

  • 1.5 層スペースフレームのデザイン多様性についての基礎研究

    陳沛山(水島潤弥,小田島大地)

    日本建築学会2010年度大会(東海),構造 I 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:日本語  

  • 立体組合せパネル構造に関する研究

    陳沛山(工藤聖来,西野大貴)

    日本建築学会東北支部研究報告集,2012年, 第75号 構造系, pp107-112. 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月   記述言語:日本語  

  • 1.5層スペースフレームの形態安定性とデザインの多様性についての研究

    陳沛山(小田島大地,水島潤弥)

    日本建築学会東北支部研究報告集 2012年, 第75号 構造系, pp97-102 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月   記述言語:日本語  

  • 「1.5層スペースフレーム」と「立体組合せパネル」に関する基礎研究

    陳沛山

    コロキウム構造形態の解析創生2012, pp131-136 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月   記述言語:日本語  

  • 1.5層スペースフレームの力学特性に関する基礎研究

    小川洪典(陳沛山)

    日本建築学会東北支部研究報告集 第74号 構造系, pp47-50 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月25日   記述言語:日本語  

  • 宋代虹橋の幾何学構成及び構造原理についての研究

    川村誠(陳沛山)

    日本建築学会2010年度大会(北陸) 学術講演梗概集,B-1構造Ⅰ,pp851-852 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:日本語  

  • 宋代虹橋の幾何学構成及びその原理の応用についての研究

    川村誠(陳沛山)

    日本建築学会東北支部研究報告集 第73号 構造系, pp57-60 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:日本語  

  • 1.5 層スペースフレームに関する基礎研究

    川村誠(陳沛山)

    コロキウム構造形態の解析と創生2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月   記述言語:日本語  

  • 形態設計のS-Art理念

    陳沛山

    コロキウム構造形態の解析創生2008, pp79-84 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月   記述言語:日本語  

  • 高強度中空体を混入した軽量コンクリートに関する基礎研究の報告

    陳沛山

    日本建築学会東北支部研究報告集 第71号 構造系, pp57-62 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 中国宋代虹橋の構造原理についての研究

    陳沛山(大川原恵美,原田恵美子,細川美穂)

    日本建築学会東北支部研究報告集 第71号 構造系, pp161-166 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 宋代『虹橋』の構造原理についての研究

    陳沛山

    コロキウム構造形態の解析創生2007, pp79-86 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月   記述言語:日本語  

  • ノートパソコン必携による学生の受講意識の変化について

    陳沛山(その他4人)

    文部科学省・国立大学情報教育センター協議会・独立行政法人メディア教育センター、大阪大学,情報教育研究集会講演論文集, pp123-124 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年08月   記述言語:日本語  

  • 最適化における剛性感度テンソルの応用

    陳沛山

    コロキウム構造形態の解析創生2006, pp79-86 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月   記述言語:日本語  

  • 形態最適化における最適度合の情報について

    陳沛山(立道郁夫,川口衞)

    日本建築学会大会学術講演梗概集 B-1pp.385-386 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年09月   記述言語:日本語  

  • 多目的最適化解析手法による最大剛性形態(その1)

    陳沛山(川口衞)

    日本建築学会大会学術講演梗概集 B-1pp.443-444 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年08月   記述言語:日本語  

  • 多目的最適化解析手法による最大剛性形態(その2)

    川口衞(陳沛山)

    日本建築学会大会学術講演梗概集 B-1pp.445-446 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年08月   記述言語:日本語  

  • 最大座屈荷重形態と最小変位形態

    陳沛山(川口衞,阿部優)

    日本建築学会大会学術講演梗概集 B pp.2049-2050 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年09月   記述言語:日本語  

▼全件表示

工業所有権

  • バブコン

    陳沛山

     詳細を見る

    公開番号:特開2008-308395  公開日:2008年06月13日

    本発明は強度と剛性そして形状特性を持つ中空体(バブル)をコンクリートに混入して軽量混合材料(バブコン)を作り、この軽量混合材料の使用により必要以上の強度と剛性を持つ軽量構造体を実現する。

  • 1.5層立体トラスと立体組合せパネル構造

    陳沛山

     詳細を見る

    公開番号:特開2012-52347  公開日:2012年03月15日

    節点をAとBという異なる2層の面に分布させ、A層の節点同志およびA層とB層の節点を棒状部材でつなぎ、B層の節点同志を部材で連結しない方法で出来た立体構造(1.5層立体トラスと呼ぶ)。1.5層立体トラスを構成する棒状部材の代わりに安定な構造物を部材として利用する。1.5層立体トラスの単位架構の代わりに平面パネルを用いる。平面パネルの縁にある距離で離れている2つの節点を設け、この2つの節点を端部節点と呼び、端部節点をつなぐ一つのパネル縁を構造辺と呼び、構造辺の端部節点の間に1以上の構造辺中央節点という節点を設ける。一つのパネルの端部節点を他のパネルの構造辺中央節点と接合する方法で複数のパネルを組み立て、立体組合せパネル構造を組立てる。

作品

  • 300m級建物の試行設計――上部住宅架構の耐震設計(非線形解析・構造計算,構造設計)

    陳沛山(他数名)

    2006年03月

     詳細を見る

    高さ日本一をめざして,360m級の超高層建築構造を実施設計に近い設計検討,非線形解析・構造計算,構造設計を行い,貴重な実施設計資料をまとめた.

  • 3D-CG開発

    陳沛山(他数名)

    2005年04月

     詳細を見る

    3次元ゲームと同じ感覚でコンピューター画面上に建築物を組み立て,梁や柱の外観形状及び内部配筋,ボルトなどの細部を忠実に表現できる3D設計システムを開発した.構造計算,意匠設計,設備設計および積算との連携が可能である.建築構造設計の自動化に貢献した.

  • K6計画(58階建超高層集合住宅)

    陳沛山(他数名)

    2005年04月

     詳細を見る

    58階建て超高層住宅 鉄筋コンクリート造 CFT造担当部分

  • 300m級建物の試行設計――ダブルチューブ架構方式の耐震設計(非線形解析・構造計算,構造設計)

    陳沛山(他数名)

    2005年03月

     詳細を見る

    高さ360m級の超高層建築構造を実施設計に近い設計検討,非線形解析・構造計算,構造設計を行い,貴重な設計資料をまとめた.

  • Information and Telecommunication Center of Vietnam(競争入札)

    陳沛山(他数名)

    2004年04月

     詳細を見る

    Building-A 27 Floors Building-B 23 Floors RC造 ベトナム初のマルチメディア超高層オフィスビル

  • C街区住宅・施設建設工事

    陳沛山(他数名)

    2003年10月

     詳細を見る

    PCa造地上14階 地下1階 普通鋼を用いた履歴型制震ダンパー

  • SMP-PJ発電設備建設工事

    陳沛山(他数名)

    2003年10月

     詳細を見る

    発電所 オイルタンク タービン棟(高さ30m)

  • ライフサイクル評価技術

    陳沛山(他数名)

    2003年04月

     詳細を見る

    建築物のLC評価環境負荷評価のソフトの開発

  • OO-Mail

    陳沛山

    2003年04月

     詳細を見る

    Perl POP3 CGIによるネット・メーラーシステム

  • Skeleton

    陳沛山

    2003年04月

     詳細を見る

    最適手法用いた復元力特性解析

  • JPH第2宇多津ネットワークセンター

    陳沛山(他数名)

    2002年05月

     詳細を見る

    鉄骨造 2階建て 屋上設備層

  • KSI住宅のスケルトン

    陳沛山(他数名)

    2001年01月

     詳細を見る

    大規模建築骨組を建設し内部に小さい建築物を建設できる特殊工法の研究開発

  • 市民体育館(第2アリーナ技術支援及び設計)

    陳沛山(他数名)

    1999年04月

     詳細を見る

    T市,張弦梁屋根;屋根スパン 41m×36m;鉄骨造鉄筋コンクリート造である.非線形解析理論を用いて,構造体の形態を制御し,高い精度で設計形状の実現にした.

  • スタジアムの開閉屋根部(競争入札)

    陳沛山(他数名)

    1999年04月

     詳細を見る

    大スパン折り畳み式構造の研究開発に取り組み,構造解析,走行実験,開閉動作の連続性,摩擦荷重,形状変化に伴う抵抗力の算定などの研究を行った.この研究成果は,スタジアム(競争入札,開閉部スパン90m,走行200m)の開閉屋根に応用された.また,施工時の形状制御を担当し,接合部の施工精度を2mm以下に制御できる工法を研究した

  • ふれあいどーむ(円形体育館)

    陳沛山(他数名)

    1997年08月

     詳細を見る

    日本2番目のサスペンドーム;ケーブル補強型直径 46mの大空間建造物を実現した.

  • 直径210mドーム(競争入札)

    陳沛山(他数名)

    1997年05月

     詳細を見る

    雪国の大空間建築物;引出し式サッカー場;高さ70m;直径 210m

  • TB-CPS

    陳沛山

    1997年04月

     詳細を見る

    張弦梁の一貫解析

  • Tree

    陳沛山

    1996年06月

     詳細を見る

    鋼構造の自動設計システム

  • 体育館屋根の張弦梁施工時検討(S学園新築工事、非線形形態解析)

    陳沛山(他数名)

    1996年04月

     詳細を見る

    三つの体育館(スパン20m,21m,32m)の屋根の形状形状非線形解析及び張力購入など施工時管理

  • CPS:スペース・フレームの非線形解析

    1994年04月

     詳細を見る

    座屈しにくい構造形状を数理手法で確定する方法や非線形感度問題は非常に難しい課題として知られていたが,私は初めて座屈荷重の幾何学非線形感度を評価し,スペースフレームの最大座屈荷重形態を求める方法を提案した.このプログラムは非線形解析,分岐座屈点探査機能及び形態最適化を一体したものである.

  • 河南省出版センター

    陳沛山(他数名)

    1989年04月

     詳細を見る

    15階オフィス建建築物の設計

  • 出版局住宅,3号棟~4号棟

    陳沛山(他数名)

    1987年04月

     詳細を見る

    5階建建築物の設計

  • 出版局住宅(下部店舗)

    陳沛山(他数名)

    1986年04月

     詳細を見る

    6階建建築物の設計

  • 出版局住宅,6号棟

    陳沛山(他数名)

    1986年04月

     詳細を見る

    6階建建築物の設計

  • 農牧専門学校住宅

    陳沛山(他数名)

    1986年04月

     詳細を見る

    6階建建築物の設計

  • 出版局オフィス及び寮(下部店舗

    陳沛山(他数名)

    1985年05月

     詳細を見る

    7階建建築物の設計

  • 出版局住宅,5号棟

    陳沛山(他数名)

    1985年04月

     詳細を見る

    6階建建築物の設計

  • 中州書店

    陳沛山(他数名)

    1985年04月

     詳細を見る

    店舗建建築物の設計

  • 出版局住宅,1号棟~2号棟

    陳沛山(他数名)

    1983年04月

     詳細を見る

    5階建建築物の設計

▼全件表示

講演

  • 「ケーブル構造設計指針・同解説」6章構造解析

    「ケーブル構造設計指針」改定講習会  2019年12月  日本建築学会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 陰陽太極思想と建築構造デザイン

    北九州市民カレッジ  2019年12月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他  

  • Configuration and Seismic Design of 1.5-Layer Space Frames and Frameless Glass Structures

    Whorkshop in Università degli Studi “G. d’Annunzio” di Chieti Pescara  2019年07月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • 清明上河図から創出した新しい構造システム(清明上河圖的啟迪與現代新型結構體系)

    国立台湾科技大学講演会  2018年11月  国立台湾科技大学

     詳細を見る

    発表言語:中国語   講演種別:招待講演  

  • On Seismic Design in Japan

    Universiti Sains Malaysia 要請講演  2017年04月  School of Civil Engineering, Universiti Sains Malaysia

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:School of Civil Engineering,Universiti Sains Malaysia  

  • 1.5層スペースフレームという新しい立体トラス構法の紹介

    北九州「産学官」第6回建築構造系講演会  2015年11月  JSCA(日本建築構造技術者協会)九州支部

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:小倉  

  • 1.5層スペースフレームの原理及び力学特性

    (中国)西安建築科技大学特別講演  2014年11月  (中国)西安建築科技大学

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • 「第1部 日本の耐震設計の現状」,「第2部 3.11大震災の調査報告」

    (中国)西安建築科技大学特別講演  2012年05月  (中国)西安建築科技大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 第1部 3.11大震災の調査報告」,「第2部 1.5-Layer Space Frame and Reciprocal Panels」

    (中国)同済大学 文遠講座  2012年04月  (中国)同済大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 第1部『中国の耐震事情と大規模建築物の紹介』,第2部『建築設計におけるS-Art理念』

    日本建築学会青森支所総会  2008年11月  日本建築学会青森支所

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • S-Artと最新建築技術

    放送大学青森  2008年06月 

     詳細を見る

    講演種別:座談会  

  • S-Artと構造技術----古代・現代の建築技術

    (社)青森県建築士会三八支部 総会  2008年03月  118) (社)青森県建築士会三八支部

     詳細を見る

    講演種別:座談会  

  • S-Artと現代建築技術

    日本建築学会青森支所総会  2007年05月  日本建築学会青森支所

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 日本の大規模建設技術の紹介(中国語)

    (中国)河南大学招待公演  2006年05月  (中国)河南大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 制震装置の紹介(日本語,中国語)

    国際建設技術協会  2004年01月  国際建設技術協会

     詳細を見る

    講演種別:座談会  

▼全件表示

報道関係

  • 古代中国に学ぶ構造技術-八工大建築工学科国宝の絵画から再現

    陳沛山

    東奥日報  2008年02月21日

受託研究・共同研究実施実績

  • Research on Load Carrying Capability of Joints of 1.5-Layer Wooden Space Frame

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

    In this application of the Collaboration Program, the candidates will propose new types of joint technology for the construction of 1.5-Layer Wooden Space Frame, and determine its load carrying capability by experiments and nonlinear mechanical analysis. However, 1.5-Layer Wooden Space Frame is a new type of structural system, and its realization will provide new possibility for architectural design and economic effectiveness. In this context, the final goal of the continue research will aim at its structural design and construction methods. But the joint technology has been a keystone of this research, therefor the candidates select it as the purpose of this application.

  • Research on Allowable Stress of Structural Glass for Frameless Glass Structures and Timber Supported Glass Panels

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

    Unlike the conventional usage of glass panels for building cladding, the applicants propose to use the glass panels as structural material for the construction of a pure glass building. Unfortunately, researches on structural glass is still a big challenge, and there is no standard theory to determine the “allowable stress” of glass panels. However, the allowable stress is very important to evaluate the safety of a structural member bearing various loads. Therefore, the goal of this research is set to propose the basic theory for determining the allowable stress of toughened glass panels against compression, bending and shearing, which is a new and important theme in the fields of structural engineering.

その他競争的資金獲得実績

  • Lap型立体組合せガラス・パネル構造に関する研究開発

    2015年12月 - 2017年01月

    2015年度 公益財団法人 LIXIL住生活財団 研究助成  

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   建設社会工学概論A

  • 2021年度   建設社会工学概論B

  • 2021年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2021年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2021年度   建設社会工学演習

  • 2021年度   維持管理システム

  • 2021年度   建築設計製図基礎

  • 2021年度   建築学特論

  • 2021年度   建築構造特論

  • 2020年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2020年度   建築学特論

  • 2019年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2019年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2019年度   建築構造特論

  • 2018年度   建築構造特論

  • 2018年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2018年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2017年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2017年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2017年度   建築構造特論

  • 2016年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2016年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2016年度   建築構造特論

  • 2015年度   建築構造特論

  • 2015年度   建築一般構造Ⅱ

  • 2015年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2014年度   建築一般構造Ⅰ

  • 2014年度   建築学特論

  • 2014年度   建設社会工学演習

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 日本建築学会   テンション構造小委員会  

    2016年04月 - 現在

  • 日本建築学会   構造形態創生小委員会委員  

    2006年04月 - 現在

  • 産業応用工学会   産業応用工学会論文誌副編集  

    2020年11月 - 現在

  • 日本建築学会   九州支部建築構造員会委員  

    2014年05月 - 現在

  • 日本建築学会   「ケ-ブル構造設計指針・同解説」編集委員会  

    2013年04月 - 2019年12月

  • 日本建築学会   ケーブルと膜構造小委員会委員  

    2013年04月 - 2016年03月

  • 日本建築学会   東北支部常議員  

    2013年03月 - 2014年04月

  • 日本建築学会   複雑系の数理科学とアルゴリズミック・デザイン小委員会委員  

    2008年04月 - 2011年03月

  • 日本建築学会   みちのくの風2009福島)実行委員  

    2008年03月 - 2009年12月

  • 日本建築学会   2009年度日本建築学会大会(東北) 実行委員  

    2008年03月 - 2009年12月

  • 国際シェル空間構造学会(IASS)   Computational Method in Shell and Spatial Structures委員  

    2007年03月 - 現在

  • 国際シェル空間構造学会(IASS)   Historical Structures委員  

    2007年03月 - 現在

  • 国際シェル空間構造学会(IASS)   Metal Spatial Structures委員  

    2007年03月 - 現在

  • 日本建築学会   青森支所幹事  

    2007年03月 - 2014年03月

  • 日本建築学会   テンション構造小委員会委員  

    2006年04月 - 2013年03月

  • 日本建築学会   東北支部常議員  

    2006年03月 - 2008年04月

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • AICCE'22

    Universiti Sains Malaysia (USM)  マレーシア  2022年02月15日 - 2022年02月17日

その他国際交流活動

  • (中国)西安建築科技大学 客座教授(名誉)

    活動期間: 2012年05月 - 現在

  • (中国)河南大学 兼職教授

    活動期間: 2009年08月 - 現在