田中 啓文 (タナカ ヒロフミ)

TANAKA Hirofumi

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

脳型デバイス カーボンナノチューブ、グラフェンナノリボン

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-695-6157

研究室FAX

093-695-6157

ホームページ

http://www.brain.kyutech.ac.jp/~tanaka/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)  1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2014年03月

    大阪大学   大学院理学研究科 化学専攻   助教   日本国

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    自然科学研究機構   分子科学研究所 分子スケールナノサイエンスセンター   助教   日本国

  • 2003年10月
    -
    2007年03月

    岡崎国立共同研究機構(平成16年4月~:自然科学研究機構)   分子科学研究所 分子スケールナノサイエンスセンター   助手   日本国

  • 2002年04月
    -
    2003年09月

    ペンシルバニア州立大学   理学部   博士研究員   日本国

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

    理化学研究所   表面界面工学研究室   基礎科学特別研究員   日本国

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    IMAA  インド

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    ナノ学会  日本国

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ電子通信学会  アメリカ合衆国

  • 2015年01月
    -
    継続中
     

    応用物理学会 分子バイオエレクトロニクス分科会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 単層カーボンナノチューブとポリ酸による ニューロモルフィックランダムネットワークデバイス(招待)

    田中啓文, 赤井恵, 浅井哲也, 小川琢治

    電子情報通信学会誌      2020年01月  [査読有り]  [招待有り]

  • Three site molecular orbital controlled single-molecule rectifiers based on perpendicularly linked porphyrin-imide dyads

    Handayani M., Tanaka H., Katayose S., Ohto T., Chen Z., Yamada R., Tada H., Ogawa T.

    Nanoscale    11 ( 47 ) 22724 - 22729   2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The original single-molecule rectifier proposed by Aviram and Ratner is based on a donor-σ-acceptor structure, in which σ functions as the insulator to disconnect the π electronic systems of the two parts. However, there have been no reports on experimentally demonstrated highly efficient single-molecule rectifiers based on this mechanism. In this paper, we demonstrate single-molecule rectifiers with perpendicularly connected metal porphyrin-imide dyads. Our proposed molecule rectifiers use hydroxyl groups at both ends as weak anchoring groups. Measurements of the single-molecule current-voltage characteristics of these molecules clearly show that the rectification ratio reached a high value of 14 on average. Moreover, the ratio could be tuned by changing the central metal in the porphyrin core. All of these features can be explained by the energy-level shift of the molecular orbital using a model with three electronic parts.

    DOI Scopus

  • Controllable synthesis of MoS2/graphene low-dimensional nanocomposites and their electrical properties

    L.-N. Long, P.-T. Thi, P.-T. Kien, P.-T., Trung, M. Ohtani, Y. Kumabe, H. Tanaka, S. Ueda, H. Lee, P.-B. Thang, T.-V. Khai

    Appl. Surf. Sci.      2019年10月  [査読有り]

    DOI

  • Three Sites Molecular Orbital Controlled Single-Molecule Rectifier based on Perpendicularly Linked Porphyrin-Imide Dyads

    M. Handayani, H. Tanaka, S. Katayose, T. Ohto, Z. Chen, R. Yamada, H. Tada, T. Ogawa

    Nanoscale      2019年10月  [査読有り]

  • Effect of Synthesis Procedure on the Size of Ag/Ag<inf>2</inf>S Core-Shell Nanoparticles for Memristive Brain-Like Devices

    Nakao Y., Oradee S., Tukiman H., Tanaka H.

    Proceedings of the 2019 IEEE Regional Symposium on Micro and Nanoelectronics, RSM 2019      79 - 82   2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 IEEE. For several decades, 'von Neumann' computers have been downsized while their performances have been improved. However, the downsizing has reached its limit, imposed by the tunneling effect in the transistor, which also prevents energy consumption. To overcome such limitations, neuromorphic devices have been proposed, which exhibit high performances with significantly low power consumption. In this study, we realize a neuromorphic device based on Ag/Ag2S nanoparticles, which have a switching behavior and allow the easy fabrication of a random network for reservoir computing. We start by fabricating particles with a desired particle size distribution. The amount of allylmercaptan (AM), which is a source of sulfur, was varied in the synthesis stage, and the obtained particles sizes were compared. By changing the concentration of AM, the sizes of Ag/Ag2S core-shell nanoparticles were successfully controlled, which allow us to achieve reservoir computing by aggregation of the particles.

    DOI Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 真空分子スプレーによる基板へのグラフェンナノリボン吸着

    安藤 紗絵子, 稲見 栄一, 田中 啓文, 山田 豊和

    表面科学学術講演会要旨集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <br><br>我々は自作超高真空STM装置を用いカーボンナノチューブをアンジップし得たグラフェンナノリボン(GNR)の研究を行っている。GNR溶液をAu基板上に大気中で滴下し真空槽内にて加熱した。この手法では溶媒の不純物吸着による汚染は避けられない。そこで新たに上記装置に真空分子スプレーを自作し取り付けた。溶媒を真空中に拡散する事で、GNRのみを基板上に吸着できる。詳細を報告する。

    CiNii

  • Neuron-like signal generation and its chaotic analysis of single-walled carbon nanotube and nanoparticle complex

    H. Tanaka, H. Tamukoh, T. Asai, T. Ogawa

    International Congress on Scanning Probe Microscopy  2014年12月  -  2014年12月   

  • Fabrication of nanogap electrodes by molecular ruler method

    H. Tanaka

    27th International Microprocesses and Nanotechnology Conference  (Hilton Fukuoka Sea Hawk)  2014年11月  -  2014年11月   

  • カーボンナノチューブネットワークを用いた脳型デバイス

    田中啓文

    ナノカーボンバイオセンサーの医療応用研究会  2014年10月  -  2014年10月   

  • Electric properties of single-walled carbon nanotube and nanoparticle complex for neuron-like signal generation

    H. Tanaka

    Seminar of Materals and Metallurgy2014  2014年10月  -  2014年10月    LIPI

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Application of nanomaterials for neuromorphic processing

    International workshop on Bioiontronics, ISIPS2019 ( FAIS )  2019年11月22日  Waseda University

  • Neuromorphic pulse generation from SWNT/POM random network for next generation computer

    MNC-2019   2019年10月29日  Japanese Society of Applied Physics

  • Neuromorphic pulse generation from SWNT/POM random network for next generation computer

    ISAS-2019 ( Ho Chi Minh City University of Technology )  2019年10月18日  Ho Chi Minh City University of Technology

  • Neuromorphic pulse generation from SWNT/POM random network

    JCC-2019   2019年09月10日  Indonesia Chemical Scociety

  • Neuromorphic pulse generation from SWNT/POM random network

    MRS-Thailand 2019 ( Pattaya )  2019年07月11日  MRS-Thailand

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 強相関電子材料のドメイン界面における異常配位環境を利用した新奇機能性開拓

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月

    研究課題番号:  17H03393

     概要を見る

    強相関電子材料のドメイン界面における異常配位環境を利用し、新奇機能性を開拓する

  • アンジップ単層グラフェンナノリボンの革新的エッジエンジニアリング

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15H03531

  • パルス発生する負性抵抗素子カーボンナノチューブネットワークの脳型情報処理への応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  15K12109

  • 非対称、非線形単分子電気特性を示す有機・無機混成分子系の合成と機能集積化

    新学術領域研究

    研究期間:  2013年06月  -  2018年03月

    研究課題番号:  25110002

  • カーボンナノシステムの有機分子修飾による電子特性制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  24510150

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • シャドウコーン法を使った直立ナノロッド配列作製とその応用

    共同研究

    研究期間:  2004年04月  -  2005年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自動トマト収穫ロボット搭載用の熟れ度検出のための革新的触覚センサーと機械学習自動判別システムの開発研究

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2018年04月  -  2019年02月

  • アンジップグラフェンナノリボンの交差構造の電気物性制御

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月

  • カーボンナノシステムの有機分子修飾による電子特性制御

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2012年04月  -  2014年09月

  • ナノギャップの形成に関する研究

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2005年07月  -  2010年03月

  • カーボンナノチューブ配線上でナノデバイスとして動作する平面分子に関する研究

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2005年04月  -  2006年03月

全件表示 >>

海外研究歴 【 表示 / 非表示

  • グラフェンナノリボン・有機分子ナノ複合体の磁気測定

    復旦大学  中華人民共和国  研究期間:  2011年10月22日  -  2011年12月22日

  • Fabrication of graphene /organic molecular nanocomplex

    ライス大学  アメリカ合衆国  研究期間:  2011年01月25日  -  2011年04月10日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  知能集積システム2

  • 2019年度  工学基礎

  • 2018年度  知能集積システム2

  • 2018年度  工学基礎

  • 2018年度  工学基礎1

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    IMAA   Comittee member

  • 2014年04月
    -
    継続中

    応用物理学会   プログラム編集委員

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 塔野小学校キャリアスタディ

    2019年02月
     
     

     概要を見る

    八幡西区塔野小学校にて6年生を対象にしたキャリアスタディに出前出張。大学教授の仕事とは何かを説明した。
    主催者:塔野小学校及び同校PTA
    役割:講演者
    会場:同校体育館

 

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • スラナリー工科大学科学院  2019年02月  -  継続中

  • ホーチミン市工科大学  2017年11月  -  継続中