柴田 将拡 (シバタ マサヒロ)

SIBATA Masahiro

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

分散システム、モバイルエージェント、モバイルロボット

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7656

ホームページ

http://nmlab.cse.kyutech.ac.jp/?lang=ja

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2012年03月   大阪大学   基礎工学部   情報科学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月  大阪大学  情報科学研究科  コンピュータサイエンス専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 2014年03月  大阪大学  情報科学研究科  コンピュータサイエンス専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(情報科学)  2017年03月

  • 大阪大学 -  修士(情報科学)  2014年03月

  • 大阪大学 -  学士(情報科学)  2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   助教  

  • 2017年03月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   電子情報工学研究系   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2019年01月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎理論

  • 計算機システム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A self-stabilizing algorithm for constructing a minimal reachable directed acyclic graph with two senders and two targets

    Kim Y., Shibata M., Sudo Y., Nakamura J., Katayama Y., Masuzawa T.

    Theoretical Computer Science    874   1 - 14   2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we introduce a new graph structure named an ST-reachable directed acyclic graph which is a directed acyclic graph (DAG) that guarantees reachability (i.e., a directed path exists) from every sender to every target. When an arbitrarily connected undirected graph G=(V,E) and two sets of the vertices, senders S (⊂V) and targets T (⊂V), are given, we consider the construction of a minimal ST-reachable DAG by changing some undirected edges to arcs and removing the remaining edges. In this paper, we present the necessary and sufficient condition under which a minimal ST-reachable DAG can be constructed when |S|≤2 and |T|≤2, and propose a self-stabilizing algorithm for constructing a minimal ST-reachable DAG (if it exists) when an arbitrarily connected undirected graph, S(|S|≤2) and T(|T|≤2) are given. Moreover, our proposed algorithm can detect the non-existence of any ST-reachable DAG if the ST-reachable DAG of the given graph and two sets of vertices, S and T, do not exist.

    DOI Scopus

  • TDMA-based scheduling for multi-hop wireless sensor networks with 3-egress gateway linear topology

    Nguyen Vu Linh, Nguyen Viet Ha, Masahiro Shibata, and Masato Tsuru

    Internet of Things; Engineering Cyber Physical Human Systems      2021年06月  [査読有り]

    DOI

  • Gathering of seven autonomous mobile robots on triangular grids

    Shibata M., Ohyabu M., Sudo Y., Nakamura J., Kim Y., Katayama Y.

    2021 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops, IPDPSW 2021 - In conjunction with IEEE IPDPS 2021      566 - 575   2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we consider the gathering problem of seven autonomous mobile robots on triangular grids. The gathering problem requires that, starting from any connected initial configuration where a subgraph induced by all robot nodes (nodes where a robot exists) constitutes one connected graph, robots reach a configuration such that the maximum distance between two robots is minimized. For the case of seven robots, gathering is achieved when one robot has six adjacent robot nodes (they form a shape like a hexagon). In this paper, we aim to clarify the relationship between the capability of robots and the solvability of gathering on a triangular grid. In particular, we focus on visibility range of robots. To discuss the solvability of the problem in terms of the visibility range, we consider strong assumptions except for visibility range. Concretely, we assume that robots are fully synchronous and they agree on the direction and orientation of the x-axis, and chirality in the triangular grid. In this setting, we first consider the weakest assumption about visibility range, i.e., robots with visibility range 1. In this case, we show that there exists no collision-free algorithm to solve the gathering problem. Next, we extend the visibility range to 2. In this case, we show that our algorithm can solve the problem from any connected initial configuration. Thus, the proposed algorithm is optimal in terms of visibility range.

    DOI Scopus

  • Gathering of seven autonomous mobile robots on triangular grids

    Masahiro Shibata, Masaki Ohyhabu, Yuichi Sudo, Junya Nakamura, Yonghwan Kim, and Yoshiaki Katayama

    Proceedings of the 23rd Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM)      2021年05月  [査読有り]

  • Effective Route Scheme of Multicast Probing to Locate High-loss Links in OpenFlow Networks

    Tri Minh Nguyen, Masahiro Shibata, and Masato Tsuru

    IPSJ Journal of Information Processing      2021年02月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • オイラーグラフの辺素な閉路分解問題の計算困難性

    石井 柊汰, 川原田 隼介, 牧 佑河, 宮野 英次, 輝, 柴田 将拡, 鶴 正人

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  2021年09月  -  2021年09月   

  • 送信者符号化複数経路マルチキャストに基づく多対多ファイル転送

    伊藤 幸輝, 柴田 将拡, 鶴 正人

    電子情報通信学会技術研究報告(IN2021-17)  2021年07月  -  2021年07月   

  • P4 言語によるネットワークキャッシュに基づく効率的パケット再送 -Coded-MPMC 一対多ファイル転送への実装-

    倉田 真之, 柴田 将拡, 鶴 正人,

    電子情報通信学会技術研究報告(IN2020-86)  2021年03月  -  2021年03月   

  • 動的リングにおけるモバイルエージェント均一配置アルゴリズム

    柴田 将拡, 首藤 裕一, 中村 純哉, 金 鎔煥

    電子情報通信学会技術研究報告(COMP2019-45)  2020年03月  -  2020年03月   

  • リード・ソロモン符号化複数経路マルチキャスト転送の最適スケジュールを生成するためのブロック割当法

    倉田 真之, 柴田 将拡, 鶴 正人

    火の国情報シンポジウム  2020年03月  -  2020年03月   

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Partial gathering and uniform deployment of mobile agents

    Workshop on Distributed Algorithms for Low-Functional Robots   2019年11月 

  • 自律的集散のためのモバイルエージェント移動制御アルゴリズム

    第11回DTNとその未来に関するワークショップ   2017年11月17日 

  • 自律的集散のためのモバイルエージェント移動アルゴリズム

    日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部 平成29年度第1回講演・研究会   2017年07月15日 

  • Uniform deployment of mobile agents in asynchronous unidirectional ring networks

    Workshop on Advanced Distributed Algorithms (WADA)   2016年11月23日 

  • Partial gathering and uniform deployment of mobile agents in ring networks

    Move and Computing, 6th Research Meeting on Distributed Computing by Mobile Robots (MAC)   2016年09月 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第11回情報科学ワークショップ 優秀研究賞

    2015年09月18日   2015年度事務局:名古屋工業大学   日本国

    受賞者:  柴田将拡,大下福仁,角川裕次,増澤利光

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  情報工学基礎実験

  • 2020年度  情報通信工学プロジェクト研究

  • 2019年度  情報工学基礎実験

  • 2019年度  電子情報セミナー I

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪医科大学 看護学部 非常勤講師

    2015年04月
    -
    2017年03月
  • 放送大学大阪学習センター 非常勤講師

    2014年09月
    -
    2016年08月
  • FFD(Futrure Faculty Development) program 「大学授業開発論I」の履修・修了

    2014年04月
    -
    2014年08月
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    情報処理学会   論文誌ジャーナル/JIP編集委員会,委員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM)   委員 (Program chair)

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS)   委員 (Program chair)

  • 2018年06月
    -
    2018年11月

    International Symposium on Stabilization, Safety, and Security of Distributed Systems (SSS)   委員 (Publicity chair)

  • 2017年04月
    -
    継続中

    International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA)   委員 (Program Committee)