2024/05/22 更新

フクモト ユキヒロ
福本 幸弘
FUKUMOTO Yuki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
イノベーション本部
職名
特任教授
外部リンク

研究キーワード

  • 環境電磁工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

出身学校

  • 1986年03月   京都工芸繊維大学   工芸学部   生産機械工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2003年06月   McGill University   経営学研究科   修士課程・博士前期課程   修了   カナダ

  • 2001年03月   岡山大学   自然科学研究科   知能開発科学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1988年03月   京都工芸繊維大学   工芸学研究科   生産機械工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • McGill University  -  経営学修士   2003年06月

  • 岡山大学  -  博士(工学)   2001年03月

学内職務経歴

  • 2023年04月 - 2024年03月   九州工業大学   先端研究・社会連携本部   産学イノベーションセンター     特任教授

     詳細を見る

    備考:令和6年度改組

  • 2023年06月 - 現在   九州工業大学   先端研究・社会連携本部     設備共用推進部長

  • 2023年06月 - 現在   九州工業大学   先端研究・社会連携本部   機器分析センター     センター長(機器分析センター長)

  • 2024年04月 - 現在   九州工業大学   イノベーション本部     特任教授

  • 2023年06月 - 現在   九州工業大学   先端研究・社会連携本部     機器分析センター長

  • 2017年11月 - 2023年03月   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     特任教授

▼全件表示

学外略歴

  • 1988年04月 - 2017年10月   パナソニック株式会社   本社技術部門   主幹   日本国

  • 2007年04月 - 2009年03月   九州大学   産学連携センター デザイン総合部門   客員教授   日本国

所属学会・委員会

  • 2010年04月 - 現在   KEC関西電子工業振興センター   日本国

  • 2000年07月 - 現在   IEEE   アメリカ合衆国

  • 1999年07月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 1992年08月 - 現在   エレクトロニクス実装学会   日本国

研究経歴

  • EMC(PLC、車載部品)

    研究期間: 2017年11月  -  現在

  • EMC、アンテナ、無線電力伝送

    研究期間: 2006年04月  -  2012年03月

  • ディジタル回路のEMC

    研究期間: 1998年04月  -  2002年03月

  • プリント基板CAD、高速回路システム

    研究期間: 1993年04月  -  1998年03月

論文

  • デファレンシャルモードからコモンモードへの変換も考慮した放射エミッションでのコモンモードフィルタ対策効果の簡易比較法 査読有り

    菊池 浩一, 宗本 悠有, 松嶋 徹, 桑原 伸夫, 福本 幸弘

    電子情報通信学会論文誌B 通信 ( 電子情報通信学会 )   J106-B ( 8 )   519 - 526   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    差動信号のインタフェースは多くの車載機器に使用されており,コモンモードフィルタ(CMF: Common Mode Filter)がキーデバイスとして使用される.CMFの特性指標としてミクスドモード・Sパラメータが使用され,デファレンシャルモード(DM)である信号がCMFの不均衡によりコモンモード(CM)に変換され放射エミッションに大きく寄与する.ミクスドモード・Sパラメータはそれぞれに位相特性が含まれており,元々発生するCM信号の位相とモード変換によって生じたCM信号の位相は同じではなく,単純に比較できない.そのためCMFの選択においても従来システムとして組み込んでCISPR25に準拠した形で比較評価を行う必要がある.本研究においては,CMFの有用性を確認する方法の一つとして等価コモンモード電圧 VEQ の計算式を求め,あるDM信号源とCM信号源の矩形波に対してそれぞれのCMFの VEQ を算出した.次に,信号源の条件が同じ波形を用いて36 MHzから196 MHzまでの放射エミッションレベルをCISPR25に準拠した測定により評価した.その結果,等価コモンモード電圧 VEQ と大小関係が同じ傾向だったことがわかった.

    DOI: 10.14923/transcomj.2022pep0009

    CiNii Research

  • 高速電力線通信における分電盤の透過特性評価 査読有り

    脇坂 俊幸, 松嶋 徹, 榎 凌弥, 桑原 伸夫, 福本 幸弘

    電子情報通信学会論文誌B 通信 ( 電子情報通信学会 )   J106-B ( 8 )   498 - 508   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    今日,IoT化の需要増に伴い,工場等の大規模施設での高速電力線通信(PLC)の要望が高まっている.これまで,一般家庭における単相電力線における伝送特性等の研究は多く行われてきたが,大規模施設における分電盤を経由するPLC信号の透過特性に分岐数やブレーカーの構造が与える影響,及び異相間通信を含む透過特性は明らかにされていない.そこで,本論文では,工場等の大規模施設で利用される分電盤を経由する透過特性について,まずブレーカー単体における信号伝搬特性を検討し,漏電ブレーカーのキャパシタの影響により通常ブレーカーに比べてミクスドモードSパラメータ値が大きくなることを示した.そして,分電盤を経由する通信において分岐数がどのように影響するかを測定と解析により検討し,いずれの場合でもおおよそ分岐数分の1に近くなることを示した.本論文により分電盤を経由した透過特性を概算することで,PLCの中継器を設置すべき場所を推定することが可能となる.

    DOI: 10.14923/transcomj.2022pep0001

    CiNii Research

  • 海中における伝送特性を用いた Wavelet-OFDM 通信の通信速度推定

    元村 史龍, 仙波 拓人, 桑原 堅誠, 脇坂 俊幸, 松嶋 徹, 福本 幸弘

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   37 ( 0 )   14A5-4   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11486/ejisso.37.0_14a5-4

    CiNii Research

  • Underwater Live Video Streaming Experiment Using Radio Frequency Communication for AUVs 査読有り 国際誌

    Alahmad Raji, Nishida Yuya, Ishii Kazuo, Fukumoto Yuki, Matsushima Tohlu

    人工生命とロボットに関する国際会議予稿集 ( 株式会社ALife Robotics )   28   497 - 501   2023年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Autonomous Underwater Vehicles (AUVs) require long-distance communication, especially in the deep sea. Radiofrequency (RF) communication provides a high data rate. However, electromagnetic wave is seriously limited by high attenuation in the water medium. In this study, we investigate Radiofrequency communication in seawater. The experiment results show the effects of the distance between the transmitter and receiver, and the stability of the antennas. We achieved HD video transmission with 25fps.

    DOI: 10.5954/icarob.2023.os21-1

    CiNii Research

  • Experimental Study of Underwater RF Communication for Live Video Transmission for AUVs Application 査読有り

    Alahmad Raji, Ishii Kazuo, Nishida Yuya, Fukumoto Yuki, Matsushima Tohlu

    Journal of Robotics, Networking and Artificial Life ( 株式会社 ALife Robotics )   10 ( 1 )   84 - 90   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Autonomous Underwater Vehicles (AUVs) require long-distance communication, especially in the deep sea. Acoustics communication and wireless optical communication have limitations of low latency and water conditions effects respectively. Radiofrequency (RF) communication provides a high data rate with free orientation of the transmitter/receiver antennas. However, electromagnetic waves are highly restricted by high attenuation over short distances in the underwater medium. In this study, we investigated the RF communication in a tank full of seawater. A loop antenna and rectangular antenna were used for the base station and AUV respectively. The experiments were conducted to measure the transmission rate with different distances between the base station and the AUV using both User Datagram Protocol (UDP) and Transmission Control Protocol (TCP). Live video streaming with framerate analysis was considered. The results show the effect of the distance between the transmitter and receiver on the transmission rate, in addition, to the antenna's stability has huge effects on the connection stability. We successfully achieved a High-Definition (HD) video streaming with 25fps for over 1 meter.

    DOI: 10.57417/jrnal.10.1_84

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85176586532&origin=inward

  • Underwater Live Video Streaming Experiment Using Radio Frequency Communication for AUVs 査読有り

    Alahmad R., Nishida Y., Ishii K., Fukumoto Y., Matsushima T.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics   499 - 503   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Autonomous Underwater Vehicles (AUVs) require long-distance communication, especially in the deep sea. Radiofrequency (RF) communication provides a high data rate. However, electromagnetic wave is seriously limited by high attenuation in the water medium. In this study, we investigate Radiofrequency communication in seawater. The experiment results show the effects of the distance between the transmitter and receiver, and the stability of the antennas. We achieved HD video transmission with 25fps.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149482890&origin=inward

  • Experimental Study of Wavelet-OFDM Radio Communication System for AUVs Under Seawater 査読有り

    Hasaba R., Eguchi K., Wakisaka T., Satoh H., Hirokawa J., Hirose M., Matsushima T., Fukumoto Y., Nishida Y., Ishii K.

    17th European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2023   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    AUVs are used for marine resource exploration, and although acoustic, laser, etc., are often used for wireless communication for AUVs, wireless communication using RF signals is being studied. By placing the VNA in a waterproof container, we measured the insertion loss between the antennas under seawater and obtained good results with simulation results. Furthermore, using a Wavelet-OFDM module as the communication method, a maximum communication speed of 6.8 Mbps was achieved with the antennas embedded in the AUV immersed in seawater.

    DOI: 10.23919/EuCAP57121.2023.10133725

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85162266560&origin=inward

  • Comparison of Suppression Effect by CMF for UTP and STP Lines Using Chain Parameter Matrix 査読有り 国際誌

    Kuwabara N., Matsushima T., Fukumoto Y.

    2023 IEEE Symposium on Electromagnetic Compatibility and Signal/Power Integrity, EMC+SIPI 2023   196 - 201   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Common-mode filter (CMF) is a vital device to improve electromagnetic compatibility (EMC), and the analysis of the CMF effect is essential to improve the design quality of EMC. This paper analyzes the suppression effect of CMF used for telecommunication lines using a chain parameter matrix. The chain parameter matrix represented the CMF and the interface cable, and the S21 at the far end of the cable was calculated. The analytical method was validated by comparing measurements using unshielded twisted pair (UTP) and shielded twisted pair (STP) cables. The results showed that the analysis method was appropriate for analyzing the suppression effect. Using the analysis method, the suppression effect was evaluated by the common mode (CM) current at the cable input and the radiated electric field. The result showed that the characteristic impedance and the transmission loss of the CM transmission line affect the suppression effect. The result also showed that the suppression effect by the radiated electric field could be estimated from the suppression effect by the CM current at the cable input.

    DOI: 10.1109/EMCSIPI50001.2023.10241556

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85173797203&origin=inward

  • Common-mode Current Converted from PLC Signal in Three-phase Distribution Network with Earth Leakage Circuit Breaker 査読有り 国際誌

    Enoki R., Wakisaka T., Matsushima T., Fukumoto Y.

    IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility   2023-September   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    It is known that power line communication (PLC) works across different phases in a three-wire three-phase distribution system; even through the pairs of lines for each phase are not physically connected. This research focuses on the distribution boards in the power distribution network and evaluates the effect on PLC of an earth leakage circuit breaker(ELCB) attached to the boards. The results of an evaluation of the common-mode current with and without the ELCB showed that it increased with the ELCB. Resonance in our setup occured at 20 MHz. A simulation analysis showed that the capacitor connecting the two wires at both ends of the ELCB contributed to the resonance.

    DOI: 10.1109/EMCEurope57790.2023.10274371

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85174572740&origin=inward

  • Analysis of Common-mode Voltage during Switching of Individual IGBTs in Three-phase Inverter 査読有り 国際誌

    Fujimura M., Matsushima T., Fukumoto Y., Takada K., Kobayashi K.

    IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility   2023-September   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The impedance-balancing method is a way of reducing common-mode voltage. However, when it is applied to a three-phase inverter circuit, the inductances of the two conductor lines supplying the power affect the common-mode voltage. Here, we investigated the effect of the inductance of the conductor lines supplying power on the common-mode voltage in the impedance balancing method by using a circuit simulation. The results show that when the balance of the inductances of the two conductor lines changes, the value of the balancing element that reduces the common-mode voltage also changes. An analysis of the common-mode voltage during individual switching of the insulated-gate bipolar transistors constituting the three-phase inverter shows that it is reduced under all switching conditions.

    DOI: 10.1109/EMCEurope57790.2023.10274203

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85174612143&origin=inward

  • 近距離無線通信コイルアンテナ間の伝送特性の解析法

    脇坂 俊幸, 桑原 堅誠, 仙波 拓人, 松嶋 徹, 福本 幸弘

    エレクトロニクス実装学会誌 ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   25 ( 4 )   309 - 313   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.5104/jiep.25.309

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137877797&origin=inward

  • Communication Distance Estimation for Power Line Communication Using Various Differently Constituted Power Cables 査読有り

    Fukumoto Y., Oshikawa K., Matsushima T., Kuwabara N., Wakisaka T.

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   17 ( 4 )   498 - 505   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The use of PLC (power line communication) is growing as the adoption of IoT technology becomes more widespread. However, the maximum communication distance between PLC modems cannot yet be clearly defined since the communication characteristics of the power lines used for PLC are not formally specified. In this paper, the propagation characteristics in the high-speed PLC communication band of 2–30 MHz were investigated when equipment is not connected to the power line except both ends. The line constants for five typical types of cables used as single-phase and two-wire power lines were measured. Our results showed that different cables have markedly different transmission characteristics. The attenuation constant varied up to fourfold depending on the cable insulator material. We also derived a method of estimating the communication distance for different cables for application of the HD-PLC system, which is the most commonly used type of high-speed PLC. The measurement result by using VCT cable was almost agreed with the estimated value. By comparing the estimated distance with the experimental results, we show that the transmission distance can be estimated with sufficient accuracy for practical use. © 2021 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.23535

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85122137658&origin=inward

  • Rapid Calculation Method of Three-Dimensional Communication Range in HF Broadband Communication System 査読有り

    Kuwahara K., Fukumoto Y., Matsushima T., Wakisaka T.

    2022 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility and Signal/Power Integrity, EMCSI 2022   106 - 111   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    RF interference is a vital issue to construct the communication network using many Internet of Things (IoT) devices. This study proposes the rapid estimation three-dimensional communication range for the wireless communication system using magnetic field coupling of air-core coils in HF broadband communication. Firstly, an equivalent circuit for rapid calculation of transmission coefficient between transmission coils is shown. The theoretical equation for accurate calculation of the inductance of a straight conductor is derived, followed by the calculation of the total inductance of coils by combining inductances of straight conductors. Then, the calculation speed and accuracy of the proposed method are verified by the simulation and the measurement using the coil implemented on a printed circuit board (PCB). As a result, the proposed method can calculate the transmission coefficient in a few milliseconds, and the error is approximately 1 dB compared to the measurement results. Additionally, it plotted the entire communication range in 3 seconds for the case study of a 2-turns coil.

    DOI: 10.1109/EMCSI39492.2022.9889342

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85140833464&origin=inward

  • Electromagnetic Noise Evaluation of Transceiver IC and Communication Modules in CAN-FD Communication 査読有り

    Nishida S., Matsushima T., Fukumoto Y.

    2022 IEEE CPMT Symposium Japan, ICSJ 2022   76 - 79   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    EMI testing of in-vehicle equipment must be conducted during the automotive development phase. ICs used in automotive equipment need to be replaced by ICs with stable supply due to the shortage of semiconductors. However, it is inefficient to perform EMI testing for every change. Therefore, we are researching a mechanism to complete the evaluation of radiated noise generated from wire harnesses connected to in-vehicle electronic devices with a single IC. We examined and compared the results of two EMI testing methods. One is radiated emission measurement from a wire harness with equipment, while the other is the conducted emission measurement of an IC. The radiated emissions from the wiring harnesses connected to the vehicle-mounted equipment were measured in accordance with CISPR 25 (ALSE). On the other hand, the measurement of conducted emissions from a stand-alone vehicle-mounted IC complies with IEC 61967-4. As a result, it was confirmed that ICs that performed lower noise in stand-alone IC measurements also performed lower noise in mounted in-vehicle equipment. The results show that there is a relationship between the radiated noise from the wiring harness and the conducted noise generated by the individual vehicle-mounted ICs.

    DOI: 10.1109/ICSJ55786.2022.10034693

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85148698598&origin=inward

  • Detection of fault location in branching power distribution network using deep learning algorithm 査読有り

    Nagata D., Fujioka S., Matshushima T., Kawano H., Fukumoto Y.

    IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility   2022-September   655 - 660   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    An immediate response is desired when any failure on overhead power distribution systems has occurred, and the TDR(Time Domain Reflecting) method has been introduced to detect fault detection locations. However, accurate detection of the fault point is difficult due to waveform distortion and decrease in amplitude of TDR pulse in complex networks with multiple branches and electric power distribution equipment such as transformers and switchgear. A method for detecting fault points from TDR waveforms using deep learning is proposed in this study. The proposed method can be applied to detect fault locations and fault types in branching power distribution networks where multiple reflected waves are observed. Since the deep learning algorithm requires a large amount of waveform data, we developed a fast simulation method to create the data. To simulate the circuit rapidly, the power distribution line was treated as a transmission line, thereby deriving the fundamental matrix of the transmission line. Additionally, the equivalent circuit model of the power distribution network was represented by cascading the fundamental matrix. The TDR waveform data was obtained rapidly by calculating the equivalent circuit using MATLAB. We used this to create many TDR waveform data of an overhead distribution network model with multiple branches and performed fault locations detection using a deep learning algorithm. As a result, it was shown that the location of accident was identified with 96.8% accuracy.

    DOI: 10.1109/EMCEurope51680.2022.9901205

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85140265057&origin=inward

  • Circuit analysis of common mode current in coupling coils for HF broadband communication system 査読有り

    Matsushima T., Kuwahara K., Fukumoto Y.

    2022 Asia-Pacific International Symposium on Electromagnetic Compatibility, APEMC 2022   19 - 21   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper investigates common mode generation in a wideband communication system using magnetic field coupling with two coils. Two coils are placed in parallel and communicate without resonance in the frequency band below 100 MHz. In this case, the common mode current to the feeder line may cause the transmission of electromagnetic field beyond the designed communication range. The circuit analysis shows that both magnetic and electric field coupling contribute to the common mode generation. It was also suggested that the phase difference between these couplings may cancel the common mode generation.

    DOI: 10.1109/APEMC53576.2022.9888658

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139462330&origin=inward

  • Basic Study of Communication System in Seawater Using Magnetic Field Coupler and Wavelet OFDM 査読有り

    Hasaba R., Eguchi K., Wakisaka T., Sato H., Hirokawa J., Hirose M., Matsushima T., Fukumoto Y.

    Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC   2022-November   488 - 489   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Since seawater has high attenuation of electromagnetic waves, the transmitting and receiving antennas are magnetically coupled using a coil with a diameter of 80 cm. The antenna is submerged in saltwater, and insertion loss is measured using a VNA. The communication speeds experiment of the UDP and TCP protocols is conducted when the distance between the transmitter and receiver antenna is changed.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85146667678&origin=inward

  • Analysis of CM-Signal Suppression Effect from DM Signal by Common-Mode Choke Coil Using Chain-Parameter Matrix 査読有り

    Kuwabara N., Matsushima T., Fukumoto Y.

    2022 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility and Signal/Power Integrity, EMCSI 2022   181 - 186   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Common-mode choke coil (CMC) is used in vehicles and electronic devices to improve electromagnetic compatibility (EMC), and the analysis of the CMC effect is essential to improve the design quality of EMC. In this paper, the suppression effect of CMC for the common-mode (CM) signal converted from the differential-mode (DM) signal is analyzed using a chain-parameter matrix. The chain-parameter matrix of the CMC was obtained from the SPICE model and the measured data. And then, the amount of conversion level from DM signal to CM signal was calculated using the chain-parameter matrix of the signal source, the termination, the cable, and the CMC. The CM signal level was calculated for the shielded twisted pair cable with one pair considering imbalances of the signal source, the termination, the cable, and the CMC. The calculation value was compared to the measurement value due to confirm the validity of the method, and the calculated results were in close agreement with the measurement value. The investigation results showed that we should pay attention to the CMC imbalance when the cable is well balanced. In addition, the results suggested that the CMC should be prepared at both ends of the cable to reduce the current outside the shield.

    DOI: 10.1109/EMCSI39492.2022.9889495

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85140851981&origin=inward

  • 短波帯広帯域通信における無線通信範囲を制限するアンテナの設計方法

    仙波 拓人, 桑原 堅誠, 脇坂 俊幸, 松嶋 徹, 福本 幸弘

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   36 ( 0 )   24B5-1   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.11486/ejisso.36.0_24b5-1

    CiNii Research

  • Calculation of Radiated Emission from STP Cable by Chain-Parameter-Matrix 査読有り

    Kuwabara N., Matsushima T., Fukumoto Y.

    2021 Joint IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility Signal and Power Integrity, and EMC Europe, EMC/SI/PI/EMC Europe 2021   1087 - 1092   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Radiated emission from shielded twisted pair (STP) cable was calculated using a chain-parameter-matrix. The series connection of the matrix represented the transmission line inside the shield, and the common-mode (CM) current was obtained by solving the matrix equation. The induction voltage on the outside of the shield was determined from the CM current using the shield's transfer impedance. The current on the outside of the shield was calculated from this induction voltage. And then, the radiated electric field was calculated from this current. The matrix elements representing the transmission line between conductors and shield were determined from the measurement, and the transfer impedance was also determined from the measurement. The line constants between shield and ground were determined from the theory by assuming the shield as a copper rod. The maximum current on the outside of the shield and the maximum radiated electric field were measured in the frequency range from 30 MHz to 300 MHz, and these were compared to the calculated value. The calculation results of the maximum current intensity were well agreed with the measured value, and the calculation results of the maximum radiated electric-field strength were almost agreed with the measured value.

    DOI: 10.1109/EMC/SI/PI/EMCEurope52599.2021.9559295

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85118380387&origin=inward

  • Simulation of mode division multiplex transmission method in shielded four-wire cable 査読有り

    Matsushima T., Sato T., Fukumoto Y., Kuwabara N.

    2021 Joint IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility Signal and Power Integrity, and EMC Europe, EMC/SI/PI/EMC Europe 2021   570 - 574   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A mode division multiplex transmission system that assigns signals to the eigenmodes of a transmission line was proposed for a cable that is uniform in the longitudinal direction. The transmission characteristics when the proposed method is used in a 1m long shielded untwisted 4-wire cable were verified by circuit simulation. It is shown that the proposed method enables four-channel simultaneous transmission. In addition, the proposed method significantly improves the crosstalk compared to the differential and single-ended transmission methods.

    DOI: 10.1109/EMC/SI/PI/EMCEurope52599.2021.9559178

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85118390415&origin=inward

  • Evaluation of influence to electromagnetic environment on outside of building by PLC system using three-wire three-phase power line 査読有り

    Wakisaka T., Matsushima T., Koga H., Okumura H., Kuwabara N., Fukumoto Y.

    Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi)   214 ( 2 )   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, the influence to electromagnetic environment was evaluated on the outside of buildings where power line communication (PLC) systems were installed to a three-wire three-phase power distribution line. The electric field strength was measured at 140 points in five factories, in two office buildings, and in one stadium. Since many radio waves existed in the environment, the electric field strength when PLC system was operated and was not operated was measured. The influence was evaluated by the cumulated occurrence probability because the frequency characteristics of the electric filed strength changed by the measurement points. The results showed that the occurrence probability was not changed when the PLC system was operated and was not operated. The electric field strength was calculated by the common mode current obtained from the test result, and this indicated that the occurrence probability was lower than the measured occurrence probability of electric field strength.

    DOI: 10.1002/eej.23324

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100516646&origin=inward

  • Equivalent Circuit of Common-Mode Choke Coil Considering with Conversion from Differential-Mode Signal to Common-Mode Disturbance 査読有り

    Kuwabara N., Matsushima T., Fukumoto Y.

    2021 13th International Workshop on the Electromagnetic Compatibility of Integrated Circuits, EMC Compo 2021   59 - 64   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A common-mode choke coil (CMC) is an essential device for achieving electromagnetic compatibility (EMC). An equivalent circuit considering the common-mode (CM) disturbance converted from differential-mode (DM) signal is needed because the spectrum of telecommunication signals overlaps with the regulated frequency band of the radiated disturbance due to the increase of telecommunication speed in recent years. In this paper, an equivalent circuit of CMC considering the conversion phenomenon is proposed. The admittances were inserted between each terminal of the CMC and the ground for demonstrating the phenomenon. The SPICE model of CMC was represented by the combination of the ABCD chain-parameter-matrices, and the elements of the overall matrix were calculated. The mixed-mode S-parameters were calculated using these elements. The elements of the ABCD matrix and the mixed-mode S-parameters were measured and the admittance values were determined by comparing the calculated data with the measured data. The pulse response calculated by the proposed equivalent circuit was well agreed with the measurement value.

    DOI: 10.1109/EMCCompo52133.2022.9758620

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85129578586&origin=inward

  • Transmission line pulse method with arbitrary characteristic impedance for immunity evaluation of ESD protection device 査読有り

    Tanaka K., Matsushima T., Fukumoto Y.

    2021 IEEE CPMT Symposium Japan, ICSJ 2021   21 - 24   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In a conventional TLP system, the pulse disturbance is applied to the DUT via the transmission line, whose characteristic impedance is 50 Ω. However, the DUT for the evaluation, such as an ESD protection device, may be affected by the transmission line’s characteristic impedance. This paper adds an impedance matching circuit to the conventional 50 Ω TLP system, making it possible to adjust the circuit to an arbitrary value of the transmission line’s characteristic impedance. By using the developed system, the IV characteristics of an ESD protection device are evaluated when the characteristic impedance is 20 Ω, 50 Ω, and 150 Ω. As a result, it was found that the negative resistance characteristics after the breakdown voltage change depending on the transmission line’s characteristic impedance.

    DOI: 10.1109/ICSJ52620.2021.9648864

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124180517&origin=inward

  • Imbalance difference model for prediction of unintentional radiated emission from 10-wire power cable using for power line communication 査読有り 国際誌

    Tohlu Matsushima, Hiroyuki Okumura, Nobuo Kuwabara, Yuki Fukumoto

    Wireless Networks   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Investigation of Multi-Cable Effect to Radiated Emission from Cable Used for Power Line Communication 査読有り 国際誌

    Tohlu Matsushima, Hiroyuki Okumura, Nobuo Kuwabara, Miuto Iwasaki, Dai Ichiro Koike, Yuki Fukumoto

    Proceedings of the 2020 International Symposium on Electromagnetic Compatibility - EMC EUROPE, EMC EUROPE 2020   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy  

    The radiated emission of the power line communication (PLC) system should be investigated to maintain electromagnetic compatibility. Recently, the development of applying the PLC system to factories and offices was started. In these environments, many cables are arranged in the cable tray. Therefore, the multi-cable effect should be investigated. In this paper, the multi-cable effect was examined by using the scale model. The 0.5 times scale model was constructed in the semi-anechoic chamber, and the maximum common-mode (CM) current was measured by changing position along with the cable. The measured result was agreed with the result using the full-size original model. The experiment by using five cables suggested that the influence by the conductive loss and the dielectric loss of cable was not large for the maximum CM current, and the CM current was dominated by the cancellation effect of the in-phase currents flowing on the cables. The investigation for dependency of the position of the signal apply was indicated that the effect can be roughly estimated from the current division factor.

    DOI: 10.1109/EMCEUROPE48519.2020.9245704

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85097162849&origin=inward

  • Cancellation of common-mode excitation by SCD21and SCC21of CMF due to phase relationship between DM and CM voltages 査読有り 国際誌

    Tohlu Matsushima, Koichi Kikuchi, Kenta Ishibashi, Yuki Fukumoto, Nobuo Kuwabara

    Proceedings of the 2020 International Symposium on Electromagnetic Compatibility - EMC EUROPE, EMC EUROPE 2020   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy  

    In this paper, reduction effect of a common-mode filter is discussed. When the performance of a common-mode filter is evaluated, it is necessary to consider not only SCC21 but also SCD21. Using these two parameters, the common-mode current flowing on the secondary side of the common-mode filter was formulated. Common-mode current is a summation of two causes: common-mode transmission and differential mode conversion from a signal source. The common-mode current depends on not only the phase relationship between SCC21 and SCD21 of the common-mode filter but also the phase relationship between the differential mode and the common mode of the signal source. Even if the same common-mode filter is used on a differential signaling system, the common-mode current increases or decreases depending on the phase of the differential mode voltage and the common-mode voltage at the signal source.

    DOI: 10.1109/EMCEUROPE48519.2020.9245809

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85097134265&origin=inward

  • Analysis of Cable Length Dependency on Common Mode Current by Using Scale Model for Power Line Communication 査読有り 国際誌

    Dai Ichiro Koike, Hiroyuki Okumura, Tohlu Matsushima, Yuki Fukumoto, Nobuo Kuwabara

    Proceedings of the 2020 International Symposium on Electromagnetic Compatibility - EMC EUROPE, EMC EUROPE 2020   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy  

    Power line communication (PLC) is the technology that uses a power line as a signal line. Because an imbalance of the power line is generally larger than that of the communication line, we should take care of radiated emission from the PLC cable. A small-scale model can be applied to evaluate easily the radiated emission from PLC cables for large structures. In a scale model, all structures in the PLC system need to be manufactured as 1/n size to satisfy complete equivalence between the reference model and its scale model, though it is difficult to fabricate the fine structure such as conductors in a cable smaller. Therefore we investigated the effect on common-mode current when some parameters of the scale model were not scaled down perfectly. As a result, a reliable scale model was obtained to evaluate peak common-mode currents in resonant frequency even if some parameters of the structure were incompletely scaled. Furthermore, the cable length dependency of common-mode current was evaluated experimentally by using the scale model.

    DOI: 10.1109/EMCEUROPE48519.2020.9245868

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85097186671&origin=inward

  • Influence of Scd21 Characteristics of Common-Mode Filter on Radiated Emission from UTP Cable 査読有り 国際誌

    Koichi Kikuchi, Tohlu Matsushima, Kenta Ishibashi, Nobuo Kuwabara, Yuki Fukumoto

    2020 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility and Signal/Power Integrity, EMCSI 2020   386 - 391   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA  

    The common-mode filter (CMF) is a key device for suppressing emissions radiated from telecommunication cables. Recent serial interfaces deliver the necessity of considering that common-mode (CM) disturbances are converted from the differential mode (DM) telecommunication signals by a CMF. To examine this phenomenon, this study investigated the S_{\text{cd}21} characteristic, which is one of the mixed-mode S-parameters. Two types of CMFs whose S_{\text{cd}21} were different were examined. A signal was supplied to an unshielded twisted pair (UTP) cable through the CMF. The emission from the cable was measured using a setup complying with CISPR 25. Then, the relationship between the ratio of CM to DM signals and the emission level was investigated. The results showed that the emission level decreased as a result of employing the lower S_{\text{cd}21} CMF and that the emission level was linearly proportional to the ratio of the CM to DM signals. The results indicate that {S}_{\text{cd}21} is an essential parameter with which to evaluate CMFs used in telecommunication ports of serial interfaces.

    DOI: 10.1109/EMCSI38923.2020.9191645

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85091860556&origin=inward

  • Measurement of Differential Mode Impedance and Longitudinal Conversion Loss for In-Factory High-Speed PLC System using Three-Phase Power Distribution System. 査読有り 国際誌

    Toshiyuki Wakisaka;Tohlu Matsushima;Hiroyuki Okumura;Hisao Koga;Nobuo Kuwabara;Yuki Fukumoto

    IEEE ISPLC   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The differential mode impedance (DMZ) and the longitudinal conversion loss (LCL) are important parameters to introduce high-speed power line communication (PLC) systems. Therefore, we should evaluate the DMZ and LCL in a factory environment because the three-phase power distribution system has been employed in factories. The admittance matrix elements at the power distribution board were determined from S-parameter measured with a vector network analyzer. An isolation probe was developed to measure S-parameters under high voltage applying conditions. Measurements were carried out at 60 points in 4 factories. The admittance matrix was represented by the equivalent circuit composed by six impedances, then the DMZ and the LCL were calculated from the mean value of the impedances. The results showed that the absolute value of DMZ was lower than the characteristic impedance of the PLC transmission line, and the LCL value was similar to the LCL in house environment where a two-phase power distribution system was employed.

    DOI: 10.1109/ISPLC48789.2020.9115393

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85087183761&origin=inward

  • Method of implementing radiation resistance to analysis model for radiated emission using chain parameter matrix 査読有り

    Kuwabara Nobuo, Matsushima Tohlu, Fukumoto Yuki

    IEICE Communications Express ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   9 ( 9 )   446 - 450   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The analysis method using the chain parameter matrix (F-matrix) has been proposed for calculating radiated emission from the cable used by power line communication (PLC). In this paper, the radiation resistance was implemented to the F-matrix as the load of the common mode current which was converted from the differential mode PLC signal by the unbalance of the transmission system and was considered as the emission source. The calculated result for the simple cable model was compared to the measurement value and to the calculation value of which the radiation resistance was not considered. The investigation result indicated that the influence of radiation resistance appeared at the frequency where the high radiated emission was observed.</p>

    DOI: 10.1587/comex.2020XBL0070

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007895332

  • 三相3線電力線を使用したPLC通信システムが建物外の電磁環境に与える影響の評価 査読有り

    脇坂 俊幸, 松嶋 徹, 古賀 久雄, 奥村 浩幸, 桑原 伸夫, 福本 幸弘

    電気学会論文誌. A ( 一般社団法人 電気学会 )   140 ( 12 )   557 - 564   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In this paper, the influence to electromagnetic environment was evaluated on the outside of buildings where power line communication (PLC) systems were installed to a three-wire three-phase power distribution line. The electric field strength was measured at 140 points in five factories, in two office buildings, and in one stadium. Since many radio waves existed in the environment, the electric field strength when PLC system was operated and was not operated was measured. The influence was evaluated by the cumulated occurrence probability because the frequency characteristics of the electric filed strength changed by the measurement points. The results showed that the occurrence probability was not changed when the PLC system was operated and was not operated. The electric field strength was calculated by the common mode current obtained from the test result, and this indicated that the occurrence probability was lower than the measured occurrence probability of electric field strength.</p>

    DOI: 10.1541/ieejfms.140.557

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007948596

  • 九州工業大学工学部電気電子学科福本・松嶋研究室

    福本 幸弘, 松嶋 徹

    エレクトロニクス実装学会誌 ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   22 ( 7 )   622 - 622   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    DOI: 10.5104/jiep.22.622

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jiep/22/7/22_622/_pdf

  • Characteristics of Radiated Emission by PLC Signal from Three-wire Power Cable 査読有り 国際誌

    Nobuo Kuwabara, Yuki Fukumoto, Tohlu Matsushima, Hiroyuki Okumura

    EMC Europe 2019   267 - 272   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2019年09月

  • Characteristics of Radiated Emission by PLC Signal from Three-wire Power Cable 査読有り

    Kuwabara N., Matsushima T., Fukumoto Y., Okumura H.

    EMC Europe 2019 - 2019 International Symposium on Electromagnetic Compatibility   267 - 272   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Characteristics of radiated emission from the three-wire power cable where the power line communication signal was transmitting was studied by using circuit theory. The simple model whose length was 14.4m was used for the investigation, and the radiated emission was calculated and measured. The average deviation between the calculated data and the measured data was -3.6dB and the standard deviation was 3.3dB. The calculation results indicated that the maximum magnetic field strength could be estimated from the maximum common-mode current. The analysis also suggested that the maximum common-mode current of a three-wire cable was less than that of a two-wire cable in many cases.

    DOI: 10.1109/EMCEurope.2019.8872015

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85074359074&origin=inward

  • Evaluation of EM emission from a wire with common mode filter considering mode-conversion 査読有り 国際誌

    Koichi Kikuchi, Masaharu Kondo, Tohlu Matsushima, Yuki Fukumoto, Nobuo Kuwbara

    2019 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility, Signal & Power Integrity (EMC+SIPI)   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   New Orleans   2019年07月

  • Statisitical Investigation of Radiated Emissions from PLC System Connected to 3-Phase Power Lines in Factories 査読有り 国際誌

    Toshiyuki Wakisaka, Tohlu Matsushima, Hisao KOGA, Naohiro Kawabata, Nobuo kuwabara, Yuki Fukumoto

    APEMC 2019 & EMC Sapporo   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sapporo   2019年06月

  • Calculation of Electromagnetic Field Radiated from Power Line Communication of Three Wires System 査読有り 国際誌

    Takeshi Yamamoto, Tohlu Matsushima, Nobuo kuwabara, Yuki Fukumoto, Hiroyuki Okumura, Toshiyuki Wakisaka

    APEMC 2019 & EMC Sapporo   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sapporo   2019年06月

  • Calculation of Electromagnetic Field Radiated from Power Line Communication of Three Wires System 査読有り

    Yamamoto T., Okumura H., Wakisaka T., Matsushima T., Kuwabara N., Fukumoto Y.

    2019 Joint International Symposium on Electromagnetic Compatibility, Sapporo and Asia-Pacific International Symposium on Electromagnetic Compatibility, EMC Sapporo/APEMC 2019   704 - 707   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Electromagnetic field radiated from Power Line Communication (PLC) which was applied to three wires system was examined with Method of Moments (MoM). The influence of the wire configuration and the terminating condition of the third wire was also evaluated. Calculated common mode current and electromagnetic field intensity agreed well with measured results. The calculation results showed that electromagnetic field intensity decreased or didn't change from two wires system when the third wire was connected to the ground.

    DOI: 10.23919/EMCTokyo.2019.8893771

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075269924&origin=inward

  • Experimental study of the relationship between maximum common mode current and maximum magnetic field strength using a simple power distribution line model 査読有り

    Okumura Hiroyuki, Matsushima Tohlu, Kuwabara Nobuo, Yamamoto Takeshi, Wakisaka Toshiyuki, Fukumoto Yuki

    IEICE Communications Express ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   8 ( 5 )   178 - 183   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The relation between maximum common mode current and maximum radiated magnetic field strength was experimentally studied using a simple power distribution line model. The common mode current was measured along the cable and the radiated magnetic field strength was measured around the model. They were evaluated using the <i>S</i><sub>21</sub> parameter. The frequency characteristic of both the maximum current and the maximum strength showed a closely similar pattern. Our evaluation of their correlation indicated that the relation between the maximum common mode current and the maximum radiated magnetic field strength could be represented by a straight line, and that 80% of the measured data was contained within 2 dB of the regression line.</p>

    DOI: 10.1587/comex.2019XBL0004

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007641560

  • 電力線通信の長距離化に向けた電力ケーブルの透過特性測定

    小原 総一郎, 小林 史和, 押川 和正, 脇坂 俊幸, 松嶋 徹, 福本 幸弘

    産業応用工学会全国大会講演論文集 ( 一般社団法人 産業応用工学会 )   2019 ( 0 )   41 - 41   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    現在,500mを超える長距離区間で電力線通信(PLC)を使うケースが増えている。そのため電力線ケーブルの高周波透過特性を調べることが必要である。本報告ではVVFケーブルとEEFケーブルの透過特性を測定した。全帯域を使える長さはVVFケーブルでは0.3 kmであるが,EEFケーブルでは1.5k mである。よって長距離通信ではEEFケーブルを用いることが望ましい。今後は他のケーブルも測定することでより良い透過特性を持つケーブルの検証を実施する。

    DOI: 10.12792/iiae2019.022

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 妨害波パラメータに対するEthernet通信のパケットエラーレートの変化

    石橋 健太, 松嶋 徹, 福本 幸弘

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   33 ( 0 )   12C2-04   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>近年,自動運転技術などの発達により,車載通信の大容量化が求められている.この要求に対して,通信容量が比較的大きいEthernetを車載用途に転用する動きがある. Ethernetはオフィスや家庭で使用されてきたため,車載用途と比較して信頼性要求は高くない.</p><p></p><p>そこで本研究では,信頼性の評価方法を定めるため,Ethernetが弱点とする妨害波のパラメータを探ることを目的とした.そのために,妨害波として差動のパルス電圧を通信中のEthernetケーブルに対して印加し,その妨害波のパラメータとパケットエラーレートの相関を調査した.この論文ではその結果を報告する.</p>

    DOI: 10.11486/ejisso.33.0_12c2-04

    CiNii Article

    CiNii Research

  • モーメント法を用いた高周波電流測定用ロゴスキーコイルの設計

    押川 和正, 桑原 伸夫, 福本 幸弘, 松嶋 徹, 脇坂 俊幸

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   33 ( 0 )   11D3-02   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>PLCなど電力線上の高周波電流を測定する際、低周波電流による磁気飽和をしないロゴスキーコイルを用いる必要がある。</p><p></p><p>本論文では、モーメント法を用いた電磁界解析プログラムであるNEC2によるシミュレーションにより伝達インピーダンスを求め、所望の高周波電流を測定できるロゴスキーコイルを設計した。</p><p></p><p>設計したロゴスキーコイルを作製・評価し、電力線上のPLC信号の電流測定を行った。</p>

    DOI: 10.11486/ejisso.33.0_11d3-02

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Key Challenges for Internet of Things in Consumer Electronics Industry 査読有り

    Yukihiro Fukumoto, Kazuo Kajimoto

    Studies in Computational Intelligence, Artificial Intelligence and Robotics   752   229 - 237   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Key Challenges for Internet of Things in Consumer Electronics Industry 招待有り 査読有り

    Yukihiro Fukumoto, Kazuo Kajimoto

    The 2nd International Symposium on Artificial Intelligence and Robotics (ISAIR 2017)   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu  

  • High-Speed Simulation of PCB Emission and Immunity with Frequency-Domain IC/LSI Source Mode 査読有り

    Osami Wada, Zhi Liang Wang, Tetsuya Watanabe, Yukihiro Fukumoto, Osamu Shibata, Eiji Takahashi, Hideki Osaka, S. Matsunaga, Ryuji Koga

    2003 IEEE Int. Symp. on EMC   TU-AM-SS1-2   4 - 9   2003年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston  

  • LSIの電源端子電流モデルのEMIシミュレーションへの適用 査読有り

    高山惠介, 木下智博, 松石拓也, 松永茂樹, 王 志良, 豊田啓孝, 和田修己, 古賀隆治, 福本幸弘

    電子情報通信学会論文誌B   J86-B ( 2 )   226 - 235   2003年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • EMC基礎講座 第11回:プリント配線板のEMC設計CAD 招待有り 査読有り

    福本幸弘, 中山武司

    エレクトロニクス実装学会誌   5 ( 6 )   613 - 618   2002年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of LSI immunity to noise using an equivalent internal impedance model 査読有り

    Eiji Takahashi, Osamu Shibata, Yukihiro Fukumoto, Takashi Yoneda, Hiroshi Benno, Osami Wada

    EMC EUROPE 2002 Int. Symp. on EMC   487 - 492   2002年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Sorrento  

  • Analytical simulation of radiated emission from power bus noise on PCB with linear macro-model of IC/LSI 査読有り

    Osami Wada, Zhi Liang Wang, Yukihiro Fukumoto, Yoshitaka Toyota, Ryuji Koga

    XXVIth General Assembly of the International Union of Radio Science(URSI)   1691.1 - 1691.4   2002年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Netherlands   Maastricht  

  • Radiated Emission Analysis of Power Bus Noise by Using a Power Current Model of an LSI 査読有り

    Yukihiro Fukumoto, Osamu Shibata, Keisuke Takayama, Tomohiro Kinoshita, Zhi Liang Wang, Yoshitaka Toyota, Osami Wada, Ryuji Koga

    2002 IEEE Int. Sympo. on EMC   1037 - 1042   2002年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Minnesota  

  • A Simple Method for Measuring the Relative Permittivity of Printed Circuit Board Materials 査読有り

    Akihiro Namba, Osami Wada, Yoshitaka Toyota, Yukihiro Fukumoto, Zhi Liang Wang, Ryuji Koga, Takuya Miyashita, Tetsushi Watanabe

    IEEE Trans. on EMC   43 ( 4 )   515 - 519   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Power current model of LSI/IC containing equivalent internal impedance for EMI analysis of digital circuits 査読有り

    Yukihiro Fukumoto, Yasuo Takahata, Osami Wada, Yoshitaka Toyota, Takuya Miyashita, Ryuji Koga

    IEICE Trans. on Communications   E84-B ( 11 )   3041 - 3049   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Modeling of Printed Circuit Boards for Fast EMC Simulation 査読有り

    Osami Wada, Zhi Liang Wang, Yukihiro Fukumoto, Yoshitaka Toyota, Ryuji Koga

    2001 Asia-Pacific Radio Science Conference   AP-RASC-’01   2001年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo  

  • Power current model of LSI and a parameter identification for EMI simulation of digital PCB 査読有り

    Yukihiro Fukumoto, Takuya Matsuishi, Tomohiro Kinoshita, Osami Wada, Yoshitaka Toyota, Ryuji Koga

    2001 IEEE Int. Symp. on EMC   1185 - 1190   2001年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Montreal  

▼全件表示

著書

  • マーク・モントローズ ノイズ解決の早道六法

    福本幸弘, 他(共訳 ,  範囲: 第1章, 第5章)

    CQ出版社  2018年10月  ( ISBN:978-4-7898-4282-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • スマートグリッドとEMC -電力システムの電磁環境設計技術-

    福本幸弘, 他(共著 ,  範囲: 7.1.1 スマートホームの校正とEMCリスク, 7.8 スマートホームにおけるEMC)

    科学情報出版株式会社  2017年01月  ( ISBN:978-4-9047-7451-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ハワード・ジョンソン 高速信号ボードの設計(応用編)ホール&ヘック 高速デジタル回路設計 アドバンスト・シグナルインテグリティ

    福本幸弘, 他(共訳 ,  範囲: 理想的な伝送線路の基礎)

    丸善株式会社  2012年01月  ( ISBN:978-4-621-08472-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • エリック・ボガティン 高速デジタル信号の伝送技術 シグナルインテグリティ入門

    福本幸弘, 他(共訳 ,  範囲: タイムドメインと周波数ドメイン)

    丸善株式会社  2007年07月  ( ISBN:4621082612

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ハワード・ジョンソン 高速信号ボードの設計(応用編)

    福本幸弘, 他(共訳 ,  範囲: クロック分配)

    丸善株式会社  2007年07月  ( ISBN:9784621078631

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • プリント回路技術便覧

    福本幸弘, 他(共著 ,  範囲: 2.5.2 EMC設計用CAD)

    日刊工業新聞社  2006年06月  ( ISBN:4526056685

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • EMC設計技術

    福本幸弘, 他(共著 ,  範囲: 応用編(第6章)配線設計とEMC)

    エレクトロニクス実装学会  2004年08月  ( ISBN:4990218817

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • STPケーブルが接続された通信機器におけるコモンモード変換量の評価法 (電磁環境研究会 パワーエレクトロニクス,EMC一般)

    [小林 史和,松嶋 徹,福本 幸弘]

    電気学会研究会資料. EMC = The papers of technical meeting on electromagnetic compatibility, IEE Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月24日   記述言語:日本語  

  • 水中や地中に配置されたケーブルを用いた電力線通信の通信特性推定 (電磁環境研究会 パワーエレクトロニクス,EMC一般)

    [押川 和正,脇坂 俊幸,松嶋 徹,福本 幸弘]

    電気学会研究会資料. EMC = The papers of technical meeting on electromagnetic compatibility, IEE Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月24日   記述言語:日本語  

  • スケールモデルを用いたPLCからの漏洩磁界強度評価

    [小池 大一朗,奥村 浩幸,松嶋 徹,福本 幸弘]

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月   記述言語:日本語  

  • 車載Ethernetの信頼性評価に向けた100BASE-TXのパルス性妨害波に対するパケットエラーシミュレーション

    [石橋健太,松嶋徹,福本幸弘,後藤薫]

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月   記述言語:日本語  

  • 平行4線マイクロストリップ線路を対象としたモード多重伝送方式の透過特性及びクロストークの評価

    [今川壱織,佐藤匠弥,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告(Web) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月   記述言語:日本語  

  • コモンモード電流推定のための信号源の平衡度を考慮した簡易シミュレーション法

    [米村貴翔,菊池浩一,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告(Web) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月   記述言語:日本語  

  • 次世代の高速通信に向けた伝送方式における変成器を用いた時間領域解析

    [佐藤匠弥,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月   記述言語:日本語  

  • 電力線束上におけるPLC通信時のコモンモード電流に関する実験的検討

    [岩崎未羽人,奥村浩幸,小池大一朗,松嶋徹,福本幸弘]

    電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月   記述言語:日本語  

  • 4線STPケーブルのモード多重伝送におけるトランスを用いた励振法に関する検討

    佐藤匠弥,松嶋徹,福本幸弘

    電子情報通信学会技術研究報告  

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月17日   記述言語:日本語  

  • 4線STPケーブルのモード多重伝送におけるトランスを用いた励振法に関する検討

    [佐藤匠弥,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月17日   記述言語:日本語  

  • 電力線通信の長距離化に向けた電力ケーブルの透過特性測定

    小原 総一郎 , 小林 史和 , 押川 和正 , 脇坂 俊幸 , 松嶋 徹 , 福本 幸弘

    産業応用工学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月   記述言語:日本語  

  • PLCにおけるスケールモデルを用いたコモンモード電流解析

    小池大一朗,奥村浩幸,松嶋徹,福本幸弘,桑原伸夫

    電子情報通信学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月27日   記述言語:日本語  

  • スケールモデルを用いたPLCのための電力線上のコモンモード電流解析

    小池大一朗,奥村浩幸,松嶋徹,福本幸弘,桑原伸夫

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月11日   記述言語:日本語  

  • 妨害波パラメータに対するEthernet通信のパケットエラーレートの変化

    石橋健太,松嶋徹,福本幸弘

    エレクトロニクス実装学会講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月11日   記述言語:日本語  

  • 妨害波パラメータに対するEthernet通信のパケットエラーレートの変化

    [石橋健太,松嶋徹,福本幸弘]

    エレクトロニクス実装学会講演大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月11日   記述言語:日本語  

  • 電磁界シミュレーションを用いた高周波電流測定用ロゴスキーコイルの設計

    押川和正,松嶋徹,桑原伸夫,福本幸弘,脇坂俊幸

    電子情報通信学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月05日   記述言語:日本語  

  • 多導体伝送線路のクロストーク低減のための固有モードに着目した伝送方式に関する検討

    佐藤匠弥,松嶋徹,福本幸弘

    電子情報通信学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月05日   記述言語:日本語  

  • 屋内配電網構造推定のための適切なTDRパルスの決定

    [小林史和,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月05日   記述言語:日本語  

  • 2つのLCL計算式の同一性について

    [脇坂俊幸,三村政博,古賀久雄,桑原伸夫,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月05日   記述言語:日本語  

  • 車載通信システムのイミニュティ評価用

    [三井悠也,松嶋徹,福本幸弘]

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月05日   記述言語:日本語  

  • 電力線通信の長距離化に向けた電力ケーブルの透過特性測定

    [小原 総一郎,小林 史和,押川 和正,脇坂 俊幸,松嶋 徹,福本 幸弘]

    産業応用工学会全国大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   記述言語:日本語  

  • 電力線通信時におけるスケールモデルを用いたコモンモード電流解析

    [小池 大一朗,奥村 浩幸,松嶋 徹,福本 幸弘,桑原 伸夫]

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   記述言語:日本語  

  • コモンモード電流発生量を評価するための3ポート機器のモード変換係数

    [小林 史和,松嶋 徹,福本 幸弘]

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   記述言語:日本語  

  • CISPR25環境下におけるSTPケーブルのコモンモード電流と放射電界の関係

    [石橋 健太,菊池 浩一,松嶋 徹,福本 幸弘]

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   記述言語:日本語  

  • インフラ点検用ロボットにおける電力線通信のコモンモード電流測定

    [江口 偉,小原 総一郎,門芳 響子,押川 和正,松嶋 徹,福本 幸弘,脇坂 俊幸]

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   記述言語:日本語  

  • インフラ点検用ロボットにおける電力線通信の放射磁界測定

    [門芳 響子,江口 偉,小原 総一郎,押川 和正,脇阪 俊幸,松嶋 徹,福本 幸弘]

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   記述言語:日本語  

  • Investigation on Improving Frequency Range of BAN (Broadband Artificial Network) for Immunity Evaluation of an In-vehicle System

    Yuya Mii

    電子情報通信学会 環境電磁工学 研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月22日 - 2018年11月23日   記述言語:英語   開催地:KAIST, Daejeon< Korea  

  • 三相3線電力線におけるインピーダンス測定

    脇坂俊幸

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月   記述言語:日本語  

  • 接地分離型LCLプローブ

    福本 幸弘

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月   記述言語:日本語  

  • オープンショート法を用いたCVTケーブルの特性インピーダンス測定 招待有り

    邑中 修

    平成30年 電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月   記述言語:日本語  

  • スマートホームにおけるEMC課題 招待有り

    福本幸弘

    第23回EMC環境フォーラム セッション7:スマートグリッドとEMC  科学技術出版社

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月   記述言語:英語  

  • パナソニックにおける産学連携の課題と大学への期待

    [福本幸弘]

    映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月07日   記述言語:日本語  

  • 第18回2012EMC環境フォーラム総合セッション システムとコンポーネントから見たEMC~自家障害を乗り切るために~自動車のEMC スマートハウスのEMC 医療機器のEMC LSIのEMC

    [野島昭彦,福本幸弘,柴田優,上野淳]

    電磁環境工学情報EMC 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年04月05日   記述言語:日本語  

  • 第18回2012EMC環境フォーラム総合セッション システムとコンポーネントから見たEMC : 自家障害を乗り切るために

    [正田 英介,野島 昭彦,福本 幸弘]

    EMC : Electro magnetic compatibility : 電磁環境工学情報 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年04月   記述言語:日本語  

  • モノづくりとEMC パナソニック株式会祉 EMC品質強化のための組織横断の取組み

    [福本幸弘,中村亨,渡辺善規]

    電磁環境工学情報EMC 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月05日   記述言語:日本語  

  • 6面電波暗室におけるEMI測定方法の検討

    [田儀 裕佳,齊藤 義行,福本 幸弘,中森 拓也,井上 正孝,石原 勝夫]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月11日   記述言語:日本語  

  • コンデンサ内蔵インターポーザによる電源ノイズ抑制効果

    [佐々木 智江,菅谷 康博,高橋 英治,齊藤 義行,福本 幸弘]

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月   記述言語:日本語  

  • 携帯電話市場におけるネットワークの外部性の研究 −携帯電話市場でなぜOSの標準化が進まないのか?−

    [伊藤宗彦,福本幸弘]

    神戸大学経済経営研究所ディスカションペーパー, 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年08月   記述言語:日本語  

  • 等価内部インピーダンスを用いたシミュレーションによるLSIのEMS評価

    [高橋 英治,柴田 修,福本 幸弘,米田 貴史,辨野 宏]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月15日   記述言語:日本語  

  • LSIの電源系EMC設計のためのシミュレーション

    [高山 惠介,木下 智博,松永 茂樹,王 志良,豊田 啓孝,和田 修己,古賀 隆治,福本 幸弘,柴田 修]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月06日   記述言語:日本語  

  • LSI電源端子電流モデルのEMIシミュレーションへの適用

    [木下 智博,高山 恵介,松石 拓也,福本 幸弘,王 志良,松永 茂樹,豊田 啓孝,和田 修己,古賀 隆治]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年05月18日   記述言語:日本語  

  • LSIにおけるゲートレベルのEMIノイズ解析手法

    [島崎 健二,平野 将三,辻川 洋行,米田 貴史,高橋 英治,福本 幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年12月08日   記述言語:日本語  

  • LSI電源端子電流モデルの簡易決定手法

    [福本 幸弘,松石 拓也,豊田 啓孝,和田 修己,古賀 隆治]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月14日   記述言語:日本語  

  • 電源系ノイズを考慮したプリント基板の自動レイアウト

    [福本幸弘,中山武司,谷本真一,池田浩,植村博一]

    エレクトロニクス実装学会, 実装CAE研究会, 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年06月   記述言語:日本語  

  • EMCを考慮した部品配置/配線レイアウト設計

    [福本幸弘]

    EMC・ノイズ対策技術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月19日   記述言語:日本語  

  • 電源系ノイズを考慮したバイパスコンデンサの自動レイアウト手法

    [中山武司,福本幸弘,池田浩,谷本真一,植村博一]

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年03月01日   記述言語:日本語  

  • IC/LSIのEMC特性測定における電源系デカップリング

    [和田修己,古賀隆治,福本幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年12月22日   記述言語:日本語  

  • 電流源によるICの電源端子電流のモデリング

    [高畠 靖雄,渡邉 篤志,和田 修己,古賀 隆治,福本 幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年12月22日   記述言語:日本語  

  • 高速デジタルインターフェース用CSP

    [齊藤 義行,柴田 修,福本 幸弘,小椋 哲義,田口 豊]

    電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年12月03日   記述言語:日本語  

  • クリティカルネットの長さを制限した部品自動配置によるプリント回路基板からのEMI低減方法

    [谷本 真一,中山 武司,池田 浩,三浦 伸治,福本 幸弘,植村 博一]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月26日   記述言語:日本語  

  • プリント基板のEMC設計CAD

    [福本幸弘]

    第11回電気電子機器のEMCワークショップ, 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月   記述言語:日本語  

  • バイパスコンデンサの実装方法とICの電源系高周波電流の関係

    [福本 幸弘,中井 哲也,難波 明博,和田 修己,古賀 隆治,中村 篤]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年09月17日   記述言語:日本語  

  • デカップリング・インダクタによるディジタル回路の電源・グランドノイズ低減の定量評価

    [中村聡,松原正志,和田修己,古賀隆治,福本幸弘]

    電子情報通信学会大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月08日   記述言語:日本語  

  • SB-2-1 デカップリング・インダクタによるディジタル回路の電源・グランドノイズ低減の定量評価

    [中村 聡,松原 正志,和田 修己,古賀 隆治,福本 幸弘]

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月08日   記述言語:日本語  

  • 電磁放射ノイズを低減するLSIパッケージの開発

    [福本幸弘,小掠哲義,中村聡,和田修己,古賀隆治]

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月03日   記述言語:日本語  

  • ディジタル多層基板の電源・グランド層間に流れる高周波電流の低減効果の実験的評価

    [中村 聡,和田 修己,古賀 隆治,福本 幸弘]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月15日   記述言語:日本語  

  • ディジタル基板の電源グランドプレーン共振による放射の低減手法

    [福本 幸弘,中山 武司,中村 聡,難波 明博,和田 修己,古賀 隆治]

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年07月10日   記述言語:日本語  

  • ミックスレベル故障シミュレーションの一手法

    [水野洋,吉田久人,福本幸弘,村岡道明]

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 1990年10月08日   記述言語:日本語  

▼全件表示

工業所有権

  • 電力線通信装置および通信方法

    脇坂俊幸、井形裕司、福本幸弘、松嶋徹

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-060555  出願日:2020年03月30日

講演

  • IoTを実現するための電力線通信技術(PLC)の適用範囲拡大に向けた研究開発

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集  2019年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • EMC Challenges for Internet of Things

    International Joint Workshop on Kyutech Research Centers  2018年11月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月   発表言語:英語   講演種別:基調講演  

  • 産官学連携と博士人材

    第30回電気電子機器のEMCワークショップ  2018年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • パナソニックにおける産学連携と課題

    映像情報メディア学会 2016年度冬季大会【招待講演】,  2016年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • 産学連携のあり方と博士人材

    学振165委員会7月研究会,  2016年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • 産学連携による高度博士人材養成

    博士課程教育リーディングプログラム オールラウンド型7大学シンポジウム2016【基調講演】,  2016年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月   発表言語:日本語   講演種別:基調講演  

  • システムとコンポーネントから見たEMC:スマートハウスのEMC

    マツ第18回EMC環境フォーラム 総合セッション,  2012年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • デジタル民生機器開発におけるLSI/PKG/PCB統合シミュレーション技術

    EDN Japan主催 第4回ノイズセミナー,  2010年11月 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • JISSO Technology for CE Products - SI / PI / EMC Analysis and Design -

    2007 Second Industry Forum Day, Georgia Institute of Technology PRC [Industry Keynote Speech]  2007年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • 電機機器メーカにおけるEMCマネジメントについて

    エレクトロニクス実装学会 2006年サマーセミナー,  2006年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

▼全件表示

報道関係

  • 高速PLC規制緩和を   新聞・雑誌

    福本

    電波新聞  2020年03月12日

  • 大型化する産学連携、ダイキン、ソニー、パナソニックが踏み込む   インターネットメディア

    石田、酒井

    日経xTECH  2019年06月19日

  • 研究室訪問:九州工業大学 福本・松嶋研究室   新聞・雑誌

    福本、松嶋

    エレクトロニクス実装学会誌  2019年03月

  • パナソニックで見た! 電力線通信のいま(事業編)

    福本幸弘

    EE Times Japan  2018年10月03日

受託研究・共同研究実施実績

  • IoTシステム実装の研究開発

    2017年11月 - 2020年10月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

    IoTシステム実装の共同研究

  • IoTシステム実装の研究開発(追加投資)

    2019年02月 - 2019年03月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

    IoTシステム実装の共同研究(追加投資)

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   半導体トピックセミナー

  • 2023年度   半導体トピックセミナー

  • 2023年度   半導体トピックセミナー

  • 2023年度   通信基礎

  • 2023年度   通信基礎

  • 2022年度   通信基礎

  • 2022年度   通信基礎

  • 2022年度   半導体トピックセミナー

  • 2022年度   回路実装・システム設計特論

  • 2022年度   半導体トピックセミナー

  • 2022年度   半導体トピックセミナー

  • 2021年度   回路実装・システム設計特論

  • 2021年度   半導体トピックセミナー

  • 2021年度   通信基礎

  • 2021年度   通信基礎

  • 2020年度   回路実装・システム設計特論

  • 2020年度   通信基礎

  • 2020年度   通信基礎

  • 2019年度   回路実装・システム設計特論

  • 2019年度   先端電子工学特論

  • 2019年度   半導体トピックセミナー

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 環境電磁工学特論

    機関名:岡山大学

  • MOT

    機関名:九州大学

学会・委員会等活動

  • IEEE EMCソサエティ   理事  

    2019年01月 - 2024年12月

  • 電子情報通信学会   環境電磁工学 国内委員会・委員  

    2018年07月 - 現在

  • 能率協会   EMCノイズ対策技術シンポジウム企画委員会・委員  

    2013年01月 - 現在

  • 電子情報通信学会   環境電磁工学 研究専門委員会・委員  

    2011年07月 - 現在

  • KEC関西電子工業振興センター   KEC-iNarte EMC設計技術者資格推進委員会・主査  

    2010年04月 - 現在

  • KEC関西電子工業振興センター   EMC関西企画WG  

    2009年07月 - 2019年03月

▼全件表示