藤本 晶子 (フジモト アキコ)

FUJIMOTO Akiko

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

太陽地球系科学(宇宙天気)

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 6

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月   九州大学   理学部   地球惑星科学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月  九州大学  大学院理学府  地球惑星科学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 2007年03月  九州大学  大学院理学府  地球惑星科学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(理学)  2010年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   革新的宇宙利用実証ラボラトリー   助教  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   データサイエンス基盤研究センター   助教  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系   助教  

  • 2018年05月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年04月

    九州大学   日本学術振興会特別研究員   日本国

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    九州大学   国際宇宙天気科学・教育センター   学術研究員   日本国

  • 2010年04月
    -
    2013年02月

    宇宙航空研究開発機構   宇宙科学研究所   宇宙航空プロジェクト研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年11月
    -
    継続中
     

    地球電磁気・地球惑星圏学会  日本国

  •  
     
     
     

    アメリカ地球物理連合  アメリカ合衆国

  •  
     
     
     

    日本地球惑星科学連合  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 超高層物理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Seasonal variation of inter-hemispheric field-aligned currents deduced from time-series analysis of the equatorial geomagnetic field data during solar cycle 23–24

    Manjula Ranasinghe, Akiko Fujimoto, Akimasa Yoshikawa, Chandana Jayaratne

    Earth, Planets and Space    73 ( 146 )   2021年07月  [査読有り]

    DOI

  • The BepiColombo–Mio Magnetometer en Route to Mercury

    Baumjohann W., Matsuoka A., Narita Y., Magnes W., Heyner D., Glassmeier K.H., Nakamura R., Fischer D., Plaschke F., Volwerk M., Zhang T.L., Auster H.U., Richter I., Balogh A., Carr C.M., Dougherty M., Horbury T.S., Tsunakawa H., Matsushima M., Shinohara M., Shibuya H., Nakagawa T., Hoshino M., Tanaka Y., Anderson B.J., Russell C.T., Motschmann U., Takahashi F., Fujimoto A.

    Space Science Reviews    216 ( 8 )   2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020, The Author(s). The fluxgate magnetometer MGF on board the Mio spacecraft of the BepiColombo mission is introduced with its science targets, instrument design, calibration report, and scientific expectations. The MGF instrument consists of two tri-axial fluxgate magnetometers. Both sensors are mounted on a 4.8-m long mast to measure the magnetic field around Mercury at distances from near surface (initial peri-center altitude is 590 km) to 6 planetary radii (11640 km). The two sensors of MGF are operated in a fully redundant way, each with its own electronics, data processing and power supply units. The MGF instrument samples the magnetic field at a rate of up to 128 Hz to reveal rapidly-evolving magnetospheric dynamics, among them magnetic reconnection causing substorm-like disturbances, field-aligned currents, and ultra-low-frequency waves. The high time resolution of MGF is also helpful to study solar wind processes (through measurements of the interplanetary magnetic field) in the inner heliosphere. The MGF instrument firmly corroborates measurements of its companion, the MPO magnetometer, by performing multi-point observations to determine the planetary internal field at higher multi-pole orders and to separate temporal fluctuations from spatial variations.

    DOI Scopus

  • 大分県久住町で観測されたシューマン共鳴の特性

    池田昭大, 魚住禎司, 吉川顕正, 藤本晶子, 阿部修司

    大気電気学会誌  ( 大気電気学会 )    94 - 95   2020年03月

  • 太陽フレア・SPEに対するシューマン共鳴の応答

    池田昭大, 魚住禎司, 吉川顕正, 藤本晶子, 阿部修司

    大気電気学会誌  ( 大気電気学会 )  13   168 - 169   2020年01月

  • Remote Detection of Drift Resonance Between Energetic Electrons and Ultralow Frequency Waves: Multisatellite Coordinated Observation by Arase and Van Allen Probes

    Teramoto M., Hori T., Saito S., Miyoshi Y., Kurita S., Higashio N., Matsuoka A., Kasahara Y., Kasaba Y., Takashima T., Nomura R., Nosé M., Fujimoto A., Tanaka Y., Shoji M., Tsugawa Y., Shinohara M., Shinohara I., Blake J., Fennell J., Claudepierre S., Turner D., Kletzing C., Sormakov D., Troshichev O.

    Geophysical Research Letters    46 ( 21 ) 11642 - 11651   2019年11月  [査読有り]

     概要を見る

    ©2019. American Geophysical Union. All Rights Reserved. We report the electron flux modulations without corresponding magnetic fluctuations from unique multipoint satellite observations of the Arase (Exploration of Energization and Radiation in Geospace) and the Van Allen Probe (Radiation Belt Storm Probe [RBSP])-B satellites. On 30 March 2017, both Arase and RBSP-B observed periodic fluctuations in the relativistic electron flux with energies ranging from 500 keV to 2 MeV when they were located near the magnetic equator in the morning and dusk local time sectors, respectively. Arase did not observe Pc5 pulsations, while they were observed by RBSP-B. The clear dispersion signature of the relativistic electron fluctuations observed by Arase indicates that the source region is limited to the postnoon to the dusk sector. This is confirmed by RBSP-B and ground-magnetometer observations, where Pc5 pulsations are observed to drift-resonate with relativistic electrons on the duskside. Thus, Arase observed the drift-resonance signatures “remotely,” whereas RBSP-B observed them “locally.”.

    機関リポジトリ DOI Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Study on the Solar Flare Effect (SFE*) of equatorial electrojet around local noon

    Yasunaga, A., A. Fujimoto, A. Yoshikawa

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  (オンライン開催)  2021年05月  -  2021年06月   

  • Development of SDR-based scintillation detector system and observation with magnetometer and radar

    Abe, A., A. Fujimoto and A. Yoshikawa

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  (オンライン開催)  2021年05月  -  2021年06月   

  • Seasonal dependence of dusk-side equatorial IHFACs polarity during solar cycle 23-24

    Ranasinghe, M., A. Fujimoto, A. Yoshikawa, C. Jayaratne

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  (オンライン開催)  2021年05月  -  2021年06月   

  • Statistical characteristics of the magnetic field variations observed by Arase

    Matsuoka, A., M. Nosé, Y. Miyoshi, M. Teramoto, R. Nomura, A. Fujimoto, et al.

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  (オンライン開催)  2021年05月  -  2021年06月   

  • Consideration of the CubeSat for Observation of IHFAC at LEO

    Kitamura, K., T. Takada, K. Imai, M. Shinohara, M. Wakabayashi, A. Fujimoto, et al.

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  (オンライン開催)  2021年05月  -  2021年06月   

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 超高層大気研究におけるデータサイエンスと共通データフォーマット化の現状

    計測分析プラットフォーム第193委員会 第9回研究会 ( オンライン開催 )  2021年06月18日 

  • データサイエンスとして視る宇宙天気

    日本OR学会九州支部 2020年度 第2回講演会 ( オンライン開催(大会本部:福岡工業大学) )  2020年12月12日  日本OR学会九州支部

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  信号処理

 

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 2019年地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント「科学実験で宇宙・惑星・地球の不思議を体験しよう!」

    2019年10月
     
     
  • 福岡県庁まるごと体験隊2019「オリジナル万華鏡を作ろう!」

    2019年08月
     
     
  • 2018年地球電磁気・地球惑星圏学会一般公開イベント「はかせとワクワク大科学実験☆ 地球と宇宙のひみつを解明しよう!」

    2018年10月
     
     
  • 福岡県庁まるごと体験隊2018「オリジナル箱カメラを作ろう!」

    2018年08月
     
     
  • 世界一行きたい科学広場 in ふくおか 2018

    2018年08月
     
     

全件表示 >>