齋藤 泰洋 (サイトウ ヤスヒロ)

SAITO Yasuhiro

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

移動現象論, 数値流体力学

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 11

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月   東北大学   工学部   生物化学工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月  東北大学  工学研究科  化学工学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 2008年03月  東北大学  工学研究科  化学工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)  2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    秋田大学   理工学部物質科学科   非常勤講師   日本国

  • 2015年04月
    -
    2015年09月

    仙台高等専門学校   機械システム工学科   非常勤講師   日本国

  • 2012年04月
    -
    2012年09月

    八戸工業大学   工学部バイオ環境工学科   非常勤講師   日本国

  • 2011年08月
    -
    2018年08月

    東北大学   大学院工学研究科化学工学専攻   助教   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中
     

    日本混相流学会  日本国

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本エネルギー学会  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本伝熱学会  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本鉄鋼協会  日本国

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化工物性・移動操作・単位操作

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Large-scale simulation of gasification reaction with mass transfer for metallurgical coke: Model development

    Numazawa Y., Saito Y., Matsushita Y., Aoki H.

    Fuel    266   2020年04月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd Large-scale simulation of gasification for a highly resolved coke model with hundreds of millions of voxels was carried out. Three-dimensional phenomena could be evaluated by the numerical simulation, while our previous study was limited to one-dimensional distribution due to the high computational load. The coke model was developed from micro X-ray CT images of a cylindrical coke sample with a radius of 20 mm, and the screen resolution was 20.6 µm/pixel. In the resolved pores, the mass transfer with CO2 gasification was analyzed, whereas voxels of the coke matrix adjacent to the pore vanished due to the reaction. Coke was found to degrade non-uniformly as the reaction progressed, and the areas with highly concentrated carbon matrix voxels remained unchanged. These characteristic areas were derived from the X-ray CT images. Focusing on the concentration distribution of CO2, it was found that the rate-controlling step changed from pore diffusion to chemical reaction with structural change at 1573 K.

    DOI Scopus

  • Flamelet approachにおいて用いるデータベースの作成方法に関するレビュー

    横井智記*, 齋藤泰洋, 松下洋介, 青木秀之, Malalasekera, Weeratunge

    日本燃焼学会誌    61 ( 195 ) 66 - 75   2019年02月  [査読有り]

    DOI

  • 種々の凝集体径におけるカーボンブラックの形態に関する実験的検討

    加賀慶一, 荒木耀一朗, 高橋要, 松川嘉也, 齋藤泰洋, 松下洋介*, 青木秀之, 江良康貴, 青木崇行, 山口東吾

    日本燃焼学会誌    61 ( 195 ) 76 - 83   2019年02月  [査読有り]

    DOI

  • Investigation of the wet extraction of hydrocarbons from a heterotrophic microalga, Aurantiochytrium sp. 18W-13a, by cell disruption using a high-pressure

    Yuka Fukuda, Shun Tsutsumi, Yasuhiro Saito*, Yohsuke Matsushita, Hideyuki Aoki, Shinya Fukuda, Iwane Suzuki, Narumi Tani

    Journal of the Japan Institute of Energy    97 ( 12 ) 353 - 361   2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Effects of hydrocarbon addition on increase in dilatation of coal

    Hayashizaki H., Kanehashi K., Uebo K., Nomura S., Saito Y., Matsushita Y., Aoki H.

    ISIJ International    59 ( 8 ) 1404 - 1412   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 Iron and Steel Institute of Japan. All rights reserved. The addition of coal tar pitch mainly composed of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs), increases the dilatation of coal. We investigated the effect of PAHs on the maximum dilatation (MD) of hard coking coals and semi-soft coking coals. Twenty-six kinds of PAHs and aliphatic hydrocarbon were used as additive agents. The use of a PAH with a molecular weight in the range 152.19-178.23 as an additive agent almost unchanged the MD. When a PAH with a molecular weight in the range 178.23-378.47 was added to the coal, the MD of the coal increased. The increase in MD achieved with the addition of 9,10-dihydrophen-anthrene was larger than that obtained with the addition of phenanthrene. This is likely because the hydrogen atoms in the ninth and tenth positions in 9,10-dihydrophenanthrene inhibit the polymerization of the coal structure. The MD was hardly affected by the addition of a linear aliphatic hydrocarbon (C28H58) but MD decreased due to the addition of anthraquinone with carbonyl carbon. When a PAH with non-planar structure was added to the coal, the increase in MD was smaller than when a PAH with planar structure was added.

    機関リポジトリ DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 数値流体力学

    松下洋介, 齋藤泰洋, 青木秀之, 三浦隆利 ( 共訳 )

    森北出版株式会社  2011年05月 ISBN: 4627919727

  • Fortran90/95プログラミング

    冨田博之, 齋藤泰洋 ( 共著 )

    株式会社培風館  2011年04月 ISBN: 4563015873

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 粒子の摩擦抵抗が石炭の成型過程に及ぼす影響に関する数値解析

    小野祐耶, Mohammad Ramdzuanny, 齋藤泰洋, 松下洋介, 青木秀之, 宍戸貴洋

    日本鉄鋼協会第177回春季講演大会  2019年03月  -  2019年03月   

  • Investigation of Factors Affecting Briquetting Process

    Mohammad Ramdzuanny, Yuya Ono, Yasuhiro Saito, Yohsuke Matsushita, Hideyuki Aoki, Takahiro Shishido

    日本鉄鋼協会第177回春季講演大会  2019年03月  -  2019年03月   

  • ベル型静電塗装機における気液二相流解析

    齋藤泰洋

    日本塗装技術協会第3回講演会  2019年02月  -  2019年02月   

  • 自由表面流れ解析による液体微粒化現象の検討

    齋藤泰洋

    液体噴霧に関するワークショップ”Discovery in Fragmentation”  2018年12月  -  2018年12月   

  • 界面捕捉法を用いた回転霧化塗装シミュレーション

    齋藤泰洋

    化学工学会材料界面部会・塗布技術研究会(第62回関西定例会)  2018年11月  -  2018年11月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究発表優秀賞

    2019年02月22日   日本塗装技術協会   日本国

    受賞者:  福野純一, 稲村隆夫, 城田農, 岡部孝裕, 大黒正敏, 青木秀之, 松下洋介, 齋藤泰洋

  • Best Award

    2018年11月08日   15th International Conference on Flow Dynamics   日本国

    受賞者:  H. Mayusumi, Y. Saito, Y. Matsushita, H. Aoki

  • 奨励賞

    2018年11月06日   第30回環境システム計測制御学会研究発表会   日本国

    受賞者:  三宮豊, 横井浩人, 齋藤泰洋, 松下洋介, 青木秀之

  • Centificate of Recognition

    2018年10月10日   ACS   アメリカ合衆国

    受賞者:  Yasuhiro Saito

  • Outstanding Contribution in Reviewing

    2018年04月12日   Elsevier   オランダ王国

    受賞者:  Yasuhiro Saito

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 予混合火炎から拡散火炎までシームレスに表現可能な複合Flameletモデルの提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月

    研究課題番号:  18K03964

  • 噴霧塗装における塗膜形成シミュレーションの提案

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  16K18274

  • 動的モンテカルロ法を用いた速度モデル構築法の提案

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  26630384

  • 水素吸蔵合金のマイクロ構造変化のオンサイト可視化および容器変形現象の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  24760619

  • 超高速回転場における気液二相流解析による非線形ミクロ流動機構の解明

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月

    研究課題番号:  10J03187

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  化学工学Ⅱ

  • 2019年度  移動現象特論

  • 2018年度  応用化学自由研究

  • 2018年度  応用化学実験C

  • 2018年度  化学工学Ⅱ

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 八戸工業大学   エネルギーと物質の循環

  • 仙台高専   化学工学概論

  • 秋田大学   移動現象論II

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    化学工学会   第50回化学工学会秋季大会粒子・流体プロセス部会シンポジウム[熱物質流体工学の最前線2018]オーガナイザー

  • 2015年07月
    -
    2016年08月

    化学工学会   20th International Drying Symposium実行委員

  • 2015年04月
    -
    2018年02月

    日本鉄鋼協会   新規コークス製造プロセス要素技術研究会研究委員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    化学工学会   熱工学部会会計幹事

  • 2015年04月
    -
    2016年11月

    日本伝熱学会   4th International Forlum on Heat Transfer ローカル実行委員

全件表示 >>