嘉数 直樹 (カカズ ナオキ)

KAKAZU Naoki

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学 -  博士(医学)  2000年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   健康支援・安全衛生推進機構   教授  

  • 2018年11月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   保健センター   教授  

  • 2018年11月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   保健センター   副所長  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 精神科救急医療体制の現状と課題:日本公衆衛生学会モニタリング・レポート委員会精神保健福祉分野活動総括

    吉益 光一, 藤枝 恵, 原田 小夜, 井上 眞人, 池田 和功, 嘉数 直樹, 小島 光洋, 山田 全啓, 窪山 泉

    日本公衆衛生雑誌  ( 日本公衆衛生学会 )  66 ( 9 ) 547 - 559   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    <p><b>目的</b> 精神科救急医療体制の構築と関連する法律の整備に関して,現代の日本における課題を明らかにし,解決策を探ること。</p><p><b>方法</b> 日本公衆衛生学会モニタリング・レポート委員会精神保健福祉分野のグループ活動として,2014年度から2017年度にかけて精神科救急および措置入院に関する情報収集を行った。各年次総会に提出した報告書を基に,必要に応じて文献を追加した。</p><p><b>結果</b> 地域における精神科医療資源の偏在や,歴史的な精神疾患に関する認識の問題なども絡んでいるため,全国均一的な救急医療システムの構築のためには越えなければならないハードルは高い。また,強制入院の中で最も法的な強制力が強い措置入院制度に関しては,その実際的な運用を巡って全国でも地域差が大きいために,精神保健福祉法に,より具体的な記載が盛り込まれるとともに,厚生労働省から一定のガイドラインが提示されている。とくに近年は凶悪犯罪事件との関連を巡って,社会的にも関心が高まっており,一部では措置入院の保安処分化を懸念する声が上がっている。精神疾患は今や五大疾病の一つに位置づけられているが,その性質上,生活習慣病などに比べて,疫学的エビデンスが圧倒的に不足しており,これが臨床や行政の現場での対応に足並みが揃わない主要因であると考えられる。</p><p><b>結論</b> 日本公衆衛生学会は,医療・福祉・行政などに携わる多職種から構成される学際的な組織である強みを活かして,多施設共同の疫学研究を主導し,措置入院解除および退院後の予後に関する,すべての関係自治体が共有しうるデータベースとしての疫学的エビデンスの構築を推進する役割を担っている。</p>

    機関リポジトリ DOI CiNii

  • PAX3-NCOA2 fusion gene has a dual role in promoting the proliferation and inhibiting the myogenic differentiation of rhabdomyosarcoma cells

    Yoshida H., Miyachi M., Sakamoto K., Ouchi K., Yagyu S., Kikuchi K., Kuwahara Y., Tsuchiya K., Imamura T., Iehara T., Kakazu N., Hojo H., Hosoi H.

    Oncogene    33 ( 49 ) 5601 - 5608   2014年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2014 Macmillan Publishers Limited. We analyzed a complex chromosomal translocation in a case of embryonal rhabdomyosarcoma (RMS) and showed that it generates the fusion gene PAX3 (paired box 3)-NCOA2 (nuclear receptor coactivator 2). To understand the role of this translocation in RMS tumorigenesis, we established two types of stable mouse myoblast C2C12 cell lines expressing PAX3-NCOA2 and PAX3-FOXO1A (forkhead box O1A), respectively. Compared with control cells, PAX3-NCOA2 cells grew faster, were more motile, were less anchorage dependent, progressed more quickly through the G1/S phase of cell cycle and showed greater transcriptional activation of the PAX3 consensus-binding site. However, PAX3-NCOA2 cells proliferated more slowly and differentiated more weakly than did PAX3-FOXO1A cells. Both PAX3-NCOA2 cells and PAX3-FOXO1A cells formed tumors in nude mice, although the PAX3-NCOA2-induced tumors grew more slowly. Our results may explain why NCOA2 rearrangement is mainly found in embryonal rhabdomyosarcoma, which has a better prognosis than alveolar rhabdomyosarcoma, which expresses the PAX3-FOXO1A fusion gene. These results indicate that the PAX3-NCOA2 fusion gene has a dual role in the tumorigenesis of RMS: promotion of the proliferation and inhibition of the myogenic differentiation of RMS cells.

    DOI Scopus

  • Identification of the 12q15 amplicon within the homogeneously staining regions in the embryonal rhabdomyosarcoma cell line RMS-YM

    Kakazu N., Yamane H., Miyachi M., Shiwaku K., Hosoi H.

    Cytogenetic and Genome Research    142 ( 3 ) 167 - 173   2014年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Gene amplification represents one of the molecular mechanisms of oncogene overexpression in many types of tumors. Homogeneously staining regions (HSRs) are cytogenetic hallmarks of gene amplification. Rhabdomyosarcoma is the most common malignant soft-tissue tumor in children. RMS-YM is an embryonal rhabdomyosarcoma cell line that possesses 3 HSRs. This cytogenetic finding suggests the presence of gene amplifications associated with tumor development or progression in RMS-YM. Here, using fluorescence in situ hybridization, we detected high amplification of the MDM2 gene in the HSRs of RMS-YM. We also refined the region of the amplicon and identified that the FRS2 gene and others are amplified in RMS-YM. MDM2 and FRS2 play important roles as a regulator of p53 and a mediator of FGF signaling, respectively, and thus are potential molecular targets for therapy in many different tumors. RMS-YM may be useful for studies of the molecular pathways of tumorigenesis and tumor progression in rhabdomyosarcoma and for in vitro evaluation of newly developed therapeutic agents that target MDM2 or FRS2. © 2014 S. Karger AG, Basel.

    DOI Scopus