宇佐美 雄生 (ウサミ ユウキ)

USAMI Yuki

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月   大阪大学   理学部   化学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月  大阪大学  理学研究科  化学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(理学)  2020年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本表面真空学会  日本国

  •  
     
     
     

    日本化学会  日本国

  •  
     
     
     

    ナノ学会  日本国

  •  
     
     
     

    日本神経回路学会  日本国

  •  
     
     
     

    応用物理学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用物性

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 物理リザバーに向けたポリアニリン-金微粒子ランダムネットワークの構築

    川嶋 悠哉, 宇佐美 雄生, 琴岡 匠, 田中 啓文, 松本 卓也

    日本表面真空学会学術講演会要旨集  ( 公益社団法人 日本表面真空学会 )  2020 ( 0 )   2020年12月

     概要を見る

    <p>リザバーコンピューティング(RC)は、リザバー層で行われる演算を物理現象に置換することができる情報処理システムである。我々は、自己ドープ型ポリアニリン分子(SPAN)と Au ナノ粒子(AuNP)からなるネットワーク内に非線形 <i>I-V </i>特性が発生することを明らかにしている。本研究では、RCへの適用可能性を探るため、ナノギャップ電極によって多入力多出力電極間での非線形電気特性および記憶特性を検討した。</p>

    DOI CiNii

  • 気相からの金ドーピングによるPCBM薄膜のコンダクタンス増加

    中島 剛志, 三坂 朝基, 宇佐美 雄生, 大塚 洋一, 大山 浩, 松本 卓也

    日本表面真空学会学術講演会要旨集  ( 公益社団法人 日本表面真空学会 )  2020 ( 0 )   2020年12月

     概要を見る

    <p>PCBM薄膜上に少量の金を蒸着するとコンダクタンスが顕著に増加する現象を見出した。この金蒸着量では金自体のアイランド成長に伴う多重トンネル伝導は起こりえないので、金蒸着したPCBM薄膜では異なるメカニズムによる電気伝導が起きていると考えられる。このような顕著なコンダクタンス増加の起源は明らかではないが、金がPCBM薄膜のドーパントとして働く可能性がある。講演では分光学的なデータも示し議論を行う。</p>

    DOI CiNii

  • Frequency dependence dielectrophoresis technique for bridging graphene nanoribbons

    Aji W.W., Usami Y., Hadiyawarman , Oyabu R., Tanaka H.

    Applied Physics Express    13 ( 10 )   2020年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 The Japan Society of Applied Physics We succeeded in bridging unzipped graphene nanoribbons (GNRs) and separating them from unwanted single-walled carbon nanotubes (SWNTs) using a frequency-dependent dielectrophoresis (DEP) method by varying the frequency and applied voltage used for future assembly. Atomic force micrographs and Raman spectra proved that unzipped GNRs were successfully bridged by the DEP method at frequencies higher than 13 MHz. The theoretical calculation also supported the finding that only GNRs were collected from a mixture of SWNTs/GNRs suspensions.

    DOI Scopus

  • Local-field-induced current noise in shape-limited self-doped polyaniline

    Bao J., Otsuka Y., Etoh R., Usami Y., Matsumoto T.

    Nanotechnology    31 ( 36 )   2020年09月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 IOP Publishing Ltd. Electronic noise generators are an essential component of molecular neuromorphic devices. To realize molecular noise generators with a high degree of freedom for design and integration into molecular devices, the utilization of the local electric field for the modulation of electrical conduction via a shape-limited conductive polymer is one promising strategy. Herein, a molecular noise generator composed of thin self-doped polyaniline (SPAN) lines is reported. SPAN lines fabricated via fountain pen lithography on SiO2/Si substrates were found to generate current noise upon laser irradiation. This current noise exhibited white-noise-like power spectral density in the frequency range of 1-25 Hz and was independent of temperature. Multiple independent noise generation on the same substrate was also successfully demonstrated. The present results indicate that the noise generation mechanism involves the local modulation of hopping conduction via SPAN lines owing to the spatial proximity of the conduction path in the SPAN line to the surface photovoltage region of the SiO2/Si interface. This on-site random noise generation in shape-limited conductive polymers is expected to be beneficial for the realization of molecular neuromorphic devices.

    DOI Scopus

  • Visualization of Charge Migration in Conductive Polymers via Time-Resolved Electrostatic Force Microscopy

    Kajimoto K., Araki K., Usami Y., Ohoyama H., Matsumoto T.

    Journal of Physical Chemistry A    124 ( 25 ) 5063 - 5070   2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 American Chemical Society. Charge dynamics play an important role in numerous natural phenomena and artificial devices, and tracking charge migration and recombination is crucial for understanding the mechanism and function of systems involving charge transfer. Tip-synchronized pump-probe electrostatic force microscopy simultaneously permits highly sensitive detection, microsecond time resolution, and nanoscale spatial resolution, where the spatial distribution in static measurement (usual EFM) reflects differences in the carrier density and the time evolution reveals the surface carrier mobility. By using this method, carrier injection and ejection in sulfonated polyaniline (SPAN) thin films were visualized. Comparison of tr-EFM results of SPAN thin films with different doping levels revealed the individual differences in carrier density and mobility.

    DOI Scopus

全件表示 >>