2022/05/25 更新

ツゲ アキヒコ
柘植 顕彦
TSUGE Akihiko
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
093-884-3317
研究室FAX
093-884-3075
外部リンク

研究キーワード

  • シクロファン

  • 分子認識

  • 水素結合

  • 配位化合物

  • 分子集合体

  • 高分子

  • 有機合成化学

出身学校

  • 1980年03月   九州大学   工学部   合成化学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1985年03月   九州大学   工学研究科   合成化学   博士課程・博士後期課程   単位取得満期退学   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  工学博士   1985年05月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     教授

所属学会・委員会

  • 2020年04月 - 現在   有機π電子系学会 会長   日本国

  • 2018年04月 - 2019年03月   日本化学会九州支部監査   日本国

  • 2017年10月 - 2019年03月   有機π電子系学会 副会長   日本国

  • 2017年04月 - 2018年03月   日本化学会九州支部支部長   日本国

  • 2015年04月 - 2017年03月   日本化学会九州支部副支部長   日本国

  • 2015年04月 - 2016年03月   日本化学会九州支部化学教育協議会議長   日本国

  • 2014年04月 - 現在   日本化学会九州支部 支部代議員   日本国

  • 2014年04月 - 2015年03月   日本化学会九州支部教育幹事   日本国

  • 2014年03月 - 現在   アメリカ化学会   アメリカ合衆国

▼全件表示

研究経歴

  • シクロファン類の合成とその機能化

    有機合成,シクロファン,分子認識,動的構造

    研究期間: 1994年04月  -  現在

  • ロタキサン類の機能化

    有機合成,ロタキサン

    研究期間: 2006年04月  -  現在

  • 新規ゲル化剤の開発

    ゲル

    研究期間: 2009年04月  -  現在

論文

  • Preparation and Properties of Ambidextrous Gelators Having Ethanolamine Moiety 査読有り

    Tsuge A., Koretsune Y., Araki K.

    ChemistrySelect   6 ( 47 )   13468 - 13471   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Although tremendous research investigations on organogelators and hydrogelators have been conducted, the reports about the ambidextrous gelators capable of gelating both organic solvents, especially, apolar solvents and water are very limited. In order to create efficient ambidextrous gelators it should be necessary to take a bottom-up approach. Thus, according to molecular design the amphiphilic compounds consisting of glutamate-based structure having two long alkyl chains and the ethanolamine moiety have been prepared. The compounds having C6 and C7 alkyl chains have been found out to work as an excellent ambidextrous capability because they can only gelate water and apolar solvents. Although the compounds having C9 and C10 alkyl chain showed no gelation in water, by introduction of an ammonium cation into these compounds ambidextrous properties were gained. Ambidextrous ability can be imparted to the compound having no ambidextrous properties by mixing with a small amount of an authentic ambidextrous gelator.

    DOI: 10.1002/slct.202103016

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85121516215&origin=inward

  • Investigation of the hardener with latent and rapid curing based on phenol-amine salts for applications to cyanate ester resins. 査読有り 国際誌

    J. Ueyama, R. Ogawa, A. Tsuge, T. Endo

    J. Appl. Polym. Sci. ( WIELY )   e5128   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/app.51286

    Kyutacar

    その他リンク: https://doi.org/10.1002/app.51286

  • Formation of Organogel In Situ Based on a Dynamic Imine Bond 査読有り

    Tsuge A., Suehara, S., Takemori Y., Nakano, M., Araki K.

    Chem. Lett. ( 日本化学会 )   50 ( 5 )   1091 - 1094   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A simple approach for creating organogel in situ through formation of a reversible imine bond known as a dynamic covalent bond is described. As the condensations of the glutamate-based amine compounds and salicylaldehyde or 2-hydroxy-1-naphthaldehyde in alcohols such as MeOH, EtOH and propanol as well as DMF proceed, gelation occurs in situ depending on the condition. Addition of a small amount of acid and water to a resultant gel induces its collapse due to returning to the corresponding amines and aldehydes. No such a gelation was observed when combining benzaldehyde or naphthaldehyde.

    DOI: 10.1246/cl.210062

    Kyutacar

    その他リンク: https://doi.org/10.1246/cl.210062

  • 分子設計に基づいた有機およびアンビデキストラウスゲル化剤の創製(総合論文) 招待有り 査読有り

    柘植 顕彦

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )   79 ( 4 )   300 - 310   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.79.300

  • Properties of poly(methacrylate)s bearing hydroxyurethane structures synthesized by various amines with poly(methacrylate)s containing five-membered cyclic carbonates obtained from poly(glycidyl methacrylate) and carbon dioxide 査読有り

    Mori Y., Houda T., Tsuge A., Endo T.

    Polymer Bulletin   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We evaluated properties such as thermal stability and solubility of poly(methacrylate)s bearing hydroxyurethane structures synthesized by various amines with poly[(1,3-dioxolan-2-on-4-yl) methyl methacrylate] obtained from poly(glycidyl methacrylate) and carbon dioxide. As for the thermal stability, thermal decomposition temperatures of the polymers prepared from n-hexylamine and benzylamine were found over 20 °C higher than that of the polymer obtained from piperidine. The hydrogen bonding interaction involving the hydrogen on the nitrogen in the urethane moiety would be critically important for the thermal stability. The polymers showed good solubility in a wide range of common organic solvents due to urethane and hydroxy groups as hydrophilic moieties and alkyl groups in urethane structures as hydrophobic parts. Graphical abstract: Properties such as thermal stability and solubility of poly(methacrylate)s bearing hydroxyurethane structures synthesized by the reaction of various amines such as n-hexylamine, benzylamine, and piperidine with poly[(1,3-dioxolan-2-on-4-yl) methyl methacrylate] obtained from poly(glycidyl methacrylate) and carbon dioxide were evaluated.[Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s00289-021-03943-z

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85119842840&origin=inward

  • Rapid Curing System of a Cyanate Ester Resin/Epoxy Resin with a Thermal Latent Polymeric Hardener Based on a Phenol-Amine Salt 査読有り

    Ueyama J., Ogawa R., Ota K., Mori Y., Tsuge A., Endo T.

    ACS Applied Polymer Materials   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We studied the thermal behavior and curing process of a cyanate ester resin (Cy)/epoxy resin (EP)/thermal latent polymeric hardener system based on a phenol-amine salt (PA-hardener) and the resulting cross-linked structure. Additionally, the physical properties of the cured product were evaluated. As a result, the curing system of Cy/EP with the PA-hardener was found to have unique thermal behavior, and an adhesion process was conducted in which the functionality and reactivity of the cyanate ester resin were utilized. The system cured rapidly at approximately 80 °C and could be completely cured at 120 °C in 1 h because the PA-hardener dissolved in the resins at an elevated temperature to give free amines, which could readily initiate the polymerization of cyanate ester resins and epoxy resins. The glass-transition temperature (Tg) of the cured products increased with increasing a triazine-rich cross-linked structure derived from the cyclotrimerization of the cyanate ester resin as the curing proceeded at a relatively low temperature. The Cy/EP/PA-hardener system was found to have a rapid curing process and excellent adhesiveness, and it afforded a cured product with heat stability.

    DOI: 10.1021/acsapm.1c00995

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85121128782&origin=inward

  • Development of novel aromatic ambidextrous gelators based on molecular design 査読有り

    Tsuge A., Matsumoto S., Hashimura D., Araki K.

    Tetrahedron Letters   61 ( 7 )   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier Ltd Although large amounts of organogelators and hydrogelators have been available, the ambidextrous gelators that can gelate both organic solvents, especially, apolar solvents and water are very limited. Furthermore, most of them have been found out incidentally. In order to create powerful ambidextrous gelators it should be necessary to tackle a bottom-up approach based on organic synthesis. Thus, according to molecular design the amphiphilic aromatic compounds consisting of glutamate- or aspartate-based structure having two long alkyl chains and some ethylene glycol units have been prepared. The glutamate-based amphiphilic compounds having one ethylene glycol unit or two ethylene glycol units exhibited an excellent ambidextrous capability because they can only gelate benzene, toluene and water, however, introduction of three ethylene glycol units prevented gelating water. On the other hand the corresponding aspartate-based amphiphilic compound showed no such ambidextrous properties.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2019.151501

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85076838639&origin=inward

  • Gelating abilities of two-component system of catecholic derivatives and a boronic acid 査読有り

    Tsuge A., Kamoto R., Yakeya D., Araki K.

    Gels   5 ( 4 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the last two decades, various kinds of the low-molecular-weight organogelators (LMOGs) have been investigated in terms of technological applications in various fields as well as their fundamental scientific properties. The process of gelation is generally considered to arise from immobilization of the solvents in the three-dimensional networks formed by the assembly of gelator molecules through weak intermolecular noncovalent interactions. From these points of view a huge number of organogelators have been developed so far. In the course of our research on LMOGs we have noticed a mixture of two gelators could show a different trend in gelation compared to the single gelator. It is well known that the catecholic moiety easily forms cyclic boronate esters with the boronic acid. Thus, we have investigated the two-component system based on cyclic boronate esters formed by the catechols and a boronic acid in terms of the control of gelation capability. Basic gelation properties of the constituent catecholic gelators have also been clarified. The catecholic gelators with the amide unit form no gel by addition of the boronic acid. In contrast, the catecholic gelators with the glutamic acid moiety improve their gelation abilities by mixing with the boronic acid. Furthermore, the gelation ability of the catecholic gelators having the urea unit is maintained after addition of the boronic acid. It has been found that gelation abilities of the catecholic gelators are highly affected by addition of the boronic acid. In terms of practical applications some gels can be obtained by on-site mixture of two kinds of solutions.

    DOI: 10.3390/GELS5040045

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85084814090&origin=inward

  • Gelating Abilities of Two-component System of Catecholic Derivatives and a Boronic Acid. 査読有り

    Akihiko Tsuge, Ryota Kamoto, Daisuke Yakeya, Koji Araki

    Gels ( MDPI )   5 ( 45 )   5 - 14   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/gels5040045

    Kyutacar

  • Preparation of mussel-inspired biopolyester adhesive and comparative study of effects of meta- or para-hydroxyphenylpropionic acid segments on their properties. 査読有り 国際誌

    Siqian Wang, Yuka Kitamura, Noriko Hiraishi, Shu Taira, Akihiko Tsuge, Tatsuo Kaneko, Daisaku Kaneko

    Polymer ( Elsevier )   165   152 - 162   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.polymer.2019.01.012

  • Synthesis of three new thiophene condensed pyrene derivatives, crystal structure and evaluation of their photophysical properties 査読有り

    Moriguchi T., Yakeya D., Tsuge A., Jalli V.

    Journal of Molecular Structure   1157   348 - 354   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V. Three new thiophene condensed fluorescent pyrene derivatives have been synthesized by a two-step process, via. Wittig reaction followed by iodine promoted photocyclization. These molecules have been characterized by 1H NMR and EI-MS. Further, the molecular structures of 4a, 4b and 4c has been confirmed by single crystal X-ray diffraction analysis. The protons located in the fjord and cove-regions of molecules 4b and 4c showed downfield shifts of the protons. Molecule 4a crystallized under monoclinic system with space group P21/c, molecule 4b crystallized under monoclinic system with space group C2/c and the molecule 4c crystalized under triclinic system with space group P-1. Molecules 4a, 4b and 4c showed strong absorption maxima wavelengths at 305, 358 and 330 nm, respectively. The molar extinctinction coefficients (ε) of the compounds 4a, 4b and 4c indicated molecule 4c has better ability to absorb UV light, molecule 4b has better fluorescence intensity than molecule 4a and 4c.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2017.12.081

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85039413823&origin=inward

  • On-off switching of gel formation by red-ox reaction 査読有り

    Daisuke Yakeya, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    Tetrahedron Letters   59 ( 8 )   712 - 714   2018年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2018.01.013

  • Synthesis, crystal structure and photo physical properties of isomeric fluorinated s-shaped polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives 査読有り

    Moriguchi T., Tabuchi D., Yakeya D., Tsuge A., Jalli V., Yoza K.

    Journal of Molecular Structure   1152   37 - 43   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V. Two s-shaped fluorinated isomeric polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives have been synthesized by a two step process using the Wittig, Heck and iodine promoted cyclization reactions. These cyclized compounds were characterized by 1H NMR and EI-MS. Further, absolute configurations of isomeric 4a and 4b were determined by X-ray diffraction analysis. Compound 4a crystallized under monoclinic system with space group P21/c and compound 4b crystallized under monoclinic system with space group Cc. They have good solubility in common organic solvents such as dichloromethane, chloroform and THF. Photophysical properties of 4a and 4b were evaluated by using UV–Visible and Fluorescence spectrophotometer. Compounds 4a and 4b showed strong absorption maximum wavelength at 317 nm. The emission spectra of 4a and 4b displayed sharp peaks in the visible region from 417 to 441 nm. The shape of the UV–Visible and Fluorescence spectra of 4a and 4b looks almost identical. But compound 4a exhibited better fluorescence intensity than compound 4b. This difference may be due to the difference in the configuration of compounds 4a and 4b.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2017.09.057

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85029833288&origin=inward

  • Synthesis of three new thiophene condensed pyrene derivatives, crystal structure and evaluation of their photophysical properties. 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Naoya Kitou, Daisuke Yakeya, Akihiko Tsuge, Kenji Yoza, Venkataprasad Jalli

    J. Mol. struct.   1157   348 - 354   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Syntheses, Crystal structure and Photoluminescence properties of Piperidinium Tetrakis (1,3-diphenyl-1,3-propanedionato)europate (III) Complex and its Two Different Crystals 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Naoya Kitou, Daisuke Yakeya, Akihiko Tsuge, Kenji Yoza, Venkataprasad Jalli

    Cryst Struct Theor Appl   6   57 - 66   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis, crystal structure and photo physical properties of isomeric fluorinated s-shaped polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives. 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Daichi Tabuchi, Daisuke Yakeya, Akihiko Tsuge, Kenji Yoza, Venkataprasad Jalli

    J. Mol. Struct.   1152   37 - 43   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of two novels-shaped dibenzo[c,l] chrysene derivatives, crystal structure, and the evaluation of their photophysical properties 査読有り

    Moriguchi T., Tabuchi D., Yakeya D., Tsuge A., Jalli V.

    Crystals   7 ( 8 )   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Two s-shaped polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives have been synthesized by a two-step process, via. The Wittig reaction, followed by iodine, promoted photocyclization. These molecules have been characterized by1H NMR, FAB-MS, and elemental analysis. Further, the molecular structures of 4a and 4b have been confirmed by single crystal X-ray diffraction analysis. The protons located in the cove-regions of molecules 4a and 4b showed downfield shifts of the protons. Molecule 4a crystallized under the monoclinic system with space group C2/c, and the molecule 4b crystallized under the monoclinic system with space group P21/n. Molecules 4a and 4b showed strong absorption maxima wavelengths at 310 nm and 324 nm, respectively. The molar extinctinction coefficients (ε) of the compounds 4a and 4b indicated that molecule 4b has a better ability to absorb UV light than molecule 4a. The emission spectra of the molecules 4a and 4b displayed peaks in the region 429–456 nm. The shape of the UV-Visible and Fluorescence spectra of the molecules 4a and 4b look almost identical. However, molecule 4b exhibited better fluorescence intensity than molecule 4a. This may be due to the difference in the substituents of molecules 4a and 4b.

    DOI: 10.3390/cryst7080251

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85027101401&origin=inward

  • Synthesis of Two Novel S-Shaped Highly Fluorinated Dibenzo[c,l]Chrysene Derivatives, Crystal Structure and Evaluation of their Photophysical Properties. 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Daichi Tabuchi, Daisuke Yakeya, Akihiko Tsuge, Kenji Yoza, Venkataprasad Jalli

    Crystals   7   251 - 260   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Design and properties of glutamic acid-based coumarin derivatives as organogelators 査読有り

    Daisuke Yakeya, Naoya Kitou, Shougo Kinugawa, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    Tetrahedron   73 ( 27 )   3973 - 3978   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tet.2017.05.074

  • The Syntheses, Crystal Structure and Luminescence Properties of Cone-Like Octadentate Europium (III) Complexes with Four Short Alkoxy Substituents 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Satoshi Hirosaki, Venkataprasad Jalli, Akihiko Tsuge, Kenji Yoza

    Crystals   7   85 - 94   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/crysta7030085

  • The syntheses, crystal structure and luminescence properties of cone-like octadentate europium (III) complexes with four short alkoxy substituents 査読有り

    Moriguchi T., Hirosaki S., Jalli V., Tsuge A., Yoza K.

    Crystals   7 ( 3 )   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Treatment of 1-(4′-methoxy or ethoxy phenyl)-4,4,4-trifluoro-1,3-butanedione with europium (III) chloride in the presence of piperidine resulted in the halide ligands exchange yielded new piperidinium tetrakis{1-(4′-methoxy or ethoxy phenyl)-4,4,4-trifluoro-1,3-butanedionato} europate (III) complexes 2a and 2b. Complexes 2a and 2b have been characterized by elemental analysis,1H NMR spectroscopy, and FAB-MS, and their absolute structures were determined by single crystal X-ray diffraction analysis. The complexes 2a and 2b have the monoclinic space groups C2/c (No. 15, 4′-substituent = OCH3) and with P − 1 (No. 2, 4′-substituent = OC2H5), respectively. X-ray analysis results showed that eight coordinate structures of the complexes 2a and 2b have conelike structures, like calix[4]arenes, but their structures were slightly different due to the crystal packing and the existence of the solvent molecule. The complexes 2a and 2b exhibited identical, strong photoluminescence emissions in the solution phase.

    DOI: 10.3390/cryst7030085

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85015314579&origin=inward

  • Synthesis and Molecular Structures of Two Novel p-Conjugated Extended Dithia[3.3]metacyclophanes 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Daisuke Yakeya, Venkataprasad Jalli, Akihiko Tsuge, Kenji Yoza

    Cryst Struct Theor Appl   6   1 - 10   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/csta.2017.61001

  • Synthesis, characterization and air stable semiconductor properties of thiophene-condensed pyrene derivatives 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Makoto Higashi, Daisuke Yakeya, Venkataprasado Jalli, Akihiko Tsuge, Tatsuo Okauchi, Shuichi Nagamatsu, Wataru Takashima

    Journal of Molecular Structure   1127   413 - 418   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.07.104

    Scopus

  • Efficient synthesis of novel pyrrolo[2,3-c]pyridone derivatives using Ugi four-componeny reaction followed by condensation reaction 査読有り

    Jalli Venkataprasado Jalli, Suvratha Krishnamurthy, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    New Journal of Chemistry   41   97 - 107   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/C6NJ02569B

  • Syntheses, Characterization and DFT Analysis of Two Novel Thiaheterohelicene Derivatives 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Keiichi Mitsumoto, Yuki Nishizawa, Daisuke Yakeya, Venkataprasad Jalli, Akihiko Tsuge

    Cryst Struct Theor Appl   5   63 - 73   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/csta.2016.54006

  • Molecular structure of n-type semiconducting material 2,5-difluoro-1,4-phenylene-3,3'-bis{2-[(4-trifluoromethyl)phenyl]acrylonitril} and its photo dimerization product 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Naoya Kitou, Venkataprasado Jalli, Kenji Yoza, Shuichi Nagamatsu, Tatsuo Okauchi, Akihiko Tsuge, Wataru Takashima

    Journal of Molecular Structure   1118   372 - 377   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.04.035

    Scopus

  • Synthesis and Crystal Structure Determination of 4’,9’,4”,9”-Tetra-t-Butyl- 1’,6’,1”,6”-Tetramethoxy-2,5-Dithia[3.3] Metabiphenylophane 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Tatsuya Egami, Daisuke Yakeya, Venkataprasad Jalli, Kenji Yoza, Akihiko Tsuge

    Cryst Struct Theor Appl   5   56 - 62   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/csta.2016.53005

  • One-pot four component synthesis of novel 3-furyl coumarin derivatives 査読有り

    Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishna Murthy, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    J.Chem.Sci.   128 ( 2 )   217 - 226   2016年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s12039-015-1014-8

    Scopus

  • Organogelators based on metacyclophane skeleton having urea units in the bridge 査読有り

    Akihiko Tsuge, Tsugumichi Fujiwara, Daisuke Yakeya, Hiroyoshi Kawasaki, Tetsuji Moriguchi, Koji Araki

    Tetrahedron   71 ( 50 )   9429 - 9432   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tet.2015.10.056

    Scopus

  • Crystal structure of 3,4-dimethyl 2-(tertbutylamino)-5-[2-oxo-4-(thiomorpholin4-yl)-2H-chromen-3-yl]furan-3,4-dicarboxylate ethyl acetate hemisolvate 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, Akihiko Tsuge and Kenji Yoza

    Acta Crystallogr E   E71   1003 - 1004   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2056989015021970

    Scopus

  • Crystal structure of (tert-butylcarbamoyl)(4-chloro-2-oxo-2H-chromen-3-yl)methyl acetate 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, Akihiko Tsuge and Kenji Yoja

    Acta Crystallogr E   E71   1002 - 1002   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2056989015021982

    Scopus

  • Synthesis of Novel Spiro[indol-2,2′-pyrroles] Using Isocyanide-Based Multicomponent Reaction 査読有り

    Jalli V., Krishnamurthy S., Kawasaki H., Moriguchi T., Tsuge A.

    Synthetic Communications   45 ( 19 )   2216 - 2226   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2015 Taylor & Francis Group, LLC. An efficient and facile method for the synthesis of novel spiro[indole-2,2′-pyrroles] from N-methyl-3-isatin imines, t-butyl isocyanide, and dialkyl acetylenedicarboxylate has been achieved by [3 + 2] cyclo addition reaction. All the products were purified by column chromatography as yellow solids and confirmed with 1H NMR, 13C NMR, fast atom bombardment, mass, and infrared. Compound 11 was further confirmed with x-ray analysis.

    DOI: 10.1080/00397911.2015.1071396

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84941600599&origin=inward

  • SYNTHESIS OF NOVEL SPIRO[INDOL-2,20-PYRROLES] USING ISOCYANIDE-BASED MULTICOMPONENT REACTION 査読有り

    Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, Hiroyoshi Kawasaki, Tetsuji Moriguch, Akihiko Tsuge

    Synthetic Communications   45   2216 - 2226   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    その他リンク: http://dx.doi:10.1080/00397911.2015.1071396

  • a-Chymotrypsin and L-acylase aided synthesis of 5-hydroxypipecolic acid via Jacobsen's hydrolytic kinetic resolution of epoxy amino acids 査読有り

    Suvratha Krishnamurthy, Venkataprasad Jalli, Tarun Chand Vagvala, Tetsuji Moriguch, Akihiko Tsuge

    RSC Advances   5   52154 - 52160   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    その他リンク: http://dx.doi:10.1039/c5ra09207h

  • Crystal structure of benzyl 3-oxo-2-oxa-5-azabicyclo[2.2.1]heptane-5-carboxylate 査読有り

    Suvratha Krishnamurthy, Venkataprasad Jalli, Tarun Chand Vagvala, Tetsuji Moriguch, Akihiko Tsuge

    Acta Crystallogr E   E71   447 - 448   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2056989015010464

    Scopus

    その他リンク: http://dx.doi:10.1107/S2056989015010464

  • Crystal structure of (1R,4R)-tert-butyl 3-oxo-2-oxa-5-azabicyclo[2.2.2]octane-5-carboxylate 査読有り

    Suvratha Krishnamurthy, Venkataprasad Jalli, Tarun Chand Vagvala, Tetsuji Moriguch, Akihiko Tsuge

    Acta Crystallogr E   E71   449 - 450   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2056989015010476

    Scopus

    その他リンク: http://dx.doi:10.1107/S2056989015010476

  • Preparation and structural properties of highly twisted polycyclic aromatic hydrocarbons with [4]helicene components 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Naoya Kitou, Takuya Iwamoto,Kenji Yoza, Akihiko Tsuge

    JOURNAL OF CHEMICAL RESEARCH   ( 6 )   351 - 356   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3184/174751915X14329171309884

    Scopus

  • α-Chymotrypsin and l-acylase aided synthesis of 5-hydroxypipecolic acid via Jacobsen's hydrolytic kinetic resolution of epoxy amino acids 査読有り

    Krishnamurthy S., Venkataprasad J., Chand Vagvala T., Moriguchi T., Tsuge A.

    RSC Advances   5 ( 64 )   52154 - 52160   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © The Royal Society of Chemistry. Diethyl malonate derivatives were used to synthesize racemic 2-amino-5-hexenoic acid. These racemic 2-amino-5-hexenoic acid (homoallylyglycine) derivatives were efficiently resolved aided by α-chymotrypsin or l-acylase, giving rise to l- and d-enantiomers. These isolated enantiomerically pure amino acids with tert-butoxycarbonyl (Boc) protection were oxidised with 3-chloroperbenzoic acid. The oxidation gave rise to inseparable diastereomeric epoxides due to a newly generated chiral center at the C<sup>5</sup> carbon. The isolation of one of the diastereomeric epoxides was possible by selectively converting the remaining diastereomer into a dihydroxyl compound catalysed by Jacobsen's hydrolytic kinetic resolution (HKR). The isolated epoxide was regioselectively attacked by LiBr to give vicinal halohydrin, with bromide attacking the terminal C<sup>6</sup> carbon. Boc deprotection of the halohydrin led to intramolecular cyclization by attack of free amine at the C<sup>6</sup> carbon, generating a single isomer of 5-hydroxypipecolic acid which was effortlessly recovered in good yield after re-protection of the amine with the Boc group. Similarly the dihydroxyl compound isolated earlier was converted to a halohydrin with iodine at the C<sup>6</sup> carbon. This was feasible by efficient regioselective mono-tosylation with catalytic Bu<inf>2</inf>SnO followed by iodine substitution. This was utilized to synthesize the 5-hydroxypipecolic acid derivative in the same described sequence consisting of Boc removal by acid treatment, cyclization, reprotection and purification. Finally the same sequence was repeated with the d-isomer and two diastereomers were isolated.

    DOI: 10.1039/c5ra09207h

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84934987084&origin=inward

  • Crystal structure of ethyl 2-(2-{1-[N-(4-bromophenyl)-2-oxo-2-phenylacetamido]-2-tert-butylamino-2-oxoethyl}-1H-pyrrol-1-yl)acetate 査読有り

    Moriguchi T., Jalli V., Krishnamurthy S., Tsuge A., Yoza K.

    Acta Crystallographica Section E: Crystallographic Communications   71   o1049 - o1050   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the title compound, C28H30BrN3O5, there is an intramolecular N - H⋯O hydrogen bond and an intramolecular C - H⋯O hydrogen bond, both forming S(9) ring motifs. The planes of the 4-bromophenyl ring and the phenyl ring are inclined to that of the pyrrole ring by 48.05(12) and 77.45(14)°, respectively, and to one another by 56.25(12)°. In the crystal, molecules are linked via C - H⋯O hydrogen bonds and C - H⋯π interactions, forming slabs parallel to (10-1).

    DOI: 10.1107/S2056989015023592

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84988233543&origin=inward

  • Self-alignment Ability of Copper Ball on Soldering for Packaging-on-Packaging and Measurement of Oxidation Layer Thickness by Lightness Value 査読有り

    Kawasaki Hiroyoshi, Hattori Takahiro, Roppongi Takahiro, Soma Daisuke, Sato Isamu, Kawamata Yuji, Araki Koji, Tsuge Akihiko

    Transactions of The Japan Institute of Electronics Packaging ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )   8 ( 1 )   162 - 165   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cu balls showed unique soldering behavior that was different from the conventional solder as the semiconductor devices. On soldering on pad by the solder balls, solder balls move to the center position because of their self-alignment ability. On the contrary, Cu balls tend to move to the outer position from the mounted center position. We have achieved arranging of Cu balls at the center position using their self-alignment ability. It requires a thin oxidation layer on Cu balls. We also developed the simple and easy method to measure the thickness of the oxidation layers by utilizing the lightness.

    DOI: 10.5104/jiepeng.8.162

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005139872

  • Efficient production of bisphenol-A by utilizing cation-exchange polystyrene resins that are cross-linked by naphthalene or a biphenyl unit with the porphyrin 査読有り

    Katsuhiko Sakura, Akihiko Tsuge

    Polymer Journal   46 ( 1 )   82 - 84   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1038/pj.2013.57

    Kyutacar

    Scopus

  • Regulation of dynamic structure of cyclophanes by their complexation with the porphyrin 査読有り

    Akihiko Tsuge,Masahiro yokoo,Hiroyoshi Kawasaki,Daisaku Kaneko,Tetsuji Moriguchi,Koji Araki

    Tetrahedron Letters   54   6181 - 6184   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.08.116

    Scopus

  • Formation of Luminescent Organogels from the Europium-based Complexes 査読有り

    Akihiko Tsuge, Daisuke Yakeya,Daisaku Kaneko,Kouji Araki

    Chemistry Letters   42 ( 3 )   263 - 265   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Conformational Regulation of Cyclophanes by Formation of Pseudorotaxane Based on a Charage-transfer Complex 査読有り

    Akihiko Tsuge,Katsuji Nakamura,Tetsuji Moriguchi,Kouji Araki

    Chemistry Letters   41 ( 9 )   880 - 882   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1246/cl.2012.880

    Scopus

    CiNii Article

  • Organogelators Derived from [3.3]Metacyclophane Skeleton with a Urea Unit. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Ryuichiro Matsushita,Katsuhiko Sakura,Tetsuji Moriguchi,Kouji Araki

    Chemistry Letters   41 ( 5 )   485 - 467   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1246/cl.2012.485

    Scopus

    CiNii Article

  • Preparation of cyclophanes having cofacial bisporphyrins and their binding properties. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Yutaka Ikeda,Tetsuji Moriguchi,Kouji Araki

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   16 ( 2 )   250 - 254   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1142/S1088424612004562

    Scopus

  • ロタキサン型シクロファンモノマーを基盤とした動的超分子ポリマーの合成とその特性

    柘植 顕彦

    物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書   422 - 423   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Binding Properties of Calixarene-based Cofacial Bisporphyrine. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Toshiyuki Kunimune,Yutaka Ikeda,Tetsuji Moriguchi,Kouji Araki

    Chemistry Letters   39 ( 11 )   1155 - 1157   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1246/cl.2010.1155

    Scopus

    CiNii Article

  • Synthesis and the electron transfer reaction of (metallo)porphyrinlinked with a fullerene through an (L)-lysine spacer. 査読有り

    Toru Arai,Yoshikazu Shimote,Norikazu Nishino,Akihiko Tsuge

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   14   1019 - 1026   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1142/S1088424610002860

    Scopus

  • Polythiophenes Bearing Electron-Withdrawing Groups in the Side Chainand Their Application to Bulk Heterojunction Solar Cells. 査読有り

    Kwang-hoi Lee,Ho-kin Lee,Kouji Kuramoto,Yohei Tanaka,Kazuhide Morini,Atsushi Sudo,Tatsuo Okauchi,Akihiko Tsuge,Takeshi Endo

    J.Polym.Sci., PartA:Polym.Chem.   49   234 - 241   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/pola.24444

    Scopus

  • π電子系が関与した弱い相互作用の視点から見た小環状シクロファン類(総合論文) 査読有り

    柘植 顕彦

    有機合成化学協会誌   63 ( 3 )   247 - 261   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Aspects of small-sized Cyclophanes in terms of weak interactions involving π electron system 査読有り

    Tsuge A.

    Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   68 ( 3 )   247 - 261   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cyclophanes can provide the intriguing cyclic structure built by the aromatic components. In small-sized [2.n]metacyclophanes their unique physical and chemical properties are mainly due to transannular electronic effects in the forced proximity and particular orientation of two π systems. In order to gain deeper insight concerning this n electronic interaction we have carried out investigation of the diazo coupling reaction of the cyclophanes, estimation of the cationic character of the cyclophane diazonium salts, comparison of the cyclophane skeleton toward the spectral properties and reactivity, and introduction of the stilbene and oligothiophene units into the cyclophane structure. Conformations and molecular packing of the cyclophanes have been examined in terms of some weak interactions based on π electron system. We also have studied the cyclophanes having the anthracene, pyrene and fluorene moieties as the component in viewpoints of their spectral properties, reactivities and formation of the charge-transfer complexes. Conformations of flexible cyclophanes have been investigated by considering intramolecular weak interaction involving the πelectron system.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.68.247

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77953255786&origin=inward

  • Preparation of syn and anti cyclophanes having oligothiophene units and their spectral properties. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Takeshi Hara,Tetsuji Moriguchi

    Tetrahedron Letters   50   4509 - 4511   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation, Structure, and Spectral Properties of Cyclophanes Consisting of Oligothiophene Units. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Takeshi Hara,Tetsuji Moriguchi,Minoru Yamaji

    Chemistry Letters   37 ( 8 )   870 - 871   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Structure and conformational properties of three-layered cyclophanes prepared by a one-pot synthesis. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Takahiro Okamoto,Tetsuji Moriguchi

    J.Chem.Res   2007 ( 7 )   429 - 431   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Spectal Properties and Charge-transfer Complexes of the Cyclophanes Having the Pyrene Moiety. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Yukihiro Ikeura,Tetsuji Moriguchi,Minoru Yamaji

    Chemistry Letters   36 ( 8 )   1016 - 1017   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Self-assembled coordination cage derived from small-sized pyridinophane. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Ayumi Matsubara,Tetsuji Moriguchi,Yoshihisa Sei,Kentaro Yamaguchi

    Tetrahedron Letters   47   6607 - 6609   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis, structural properties, and charge-transfer complexes of pyrenophanes. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Megumi Otsuka,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Org.Biomol.chem.   3   3590 - 3590   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and Spectroscopic Properties of Cobalt(II), Copper(I), and Silver(I) Complexes and Crystal Structure of a Cobalt(II) Complex with a Bidentate Diisonitril Contaioning Two Amino Nitrogens in the Bridging Group. 査読有り

    Kazunori Sakata,Yasushi Yamaguchi,Xuan Shen,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge

    Synthesis and Reaction in Inorganic,Metal-Organic and Nano-Metal Chemistry   35   545 - 551   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation and structural properties of thiametacyclophanes having pyridine rings. 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Kanako Kamada,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    J.Chem.Research   2004   165 - 169   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Structural Properties of Novel Fluorenophanes. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Hideki Nishimoto,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Chemistry Letters   32 ( 8 )   776 - 777   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and Spectral Properties of Iron(II), Copper(I), Silver(I), and Palladium(II) Complexes of a Bidentate Diisonitrile. 査読有り

    kazunori Sakata,Kohji Urabe,Mamoru Hashimoto,Tomoyoshi Yanagi,Akihiko Tsuge,Robert J. Angelici

    Synthesis and Reactivity in Inorganic and Metal-Organic Chemistry   33 ( 1 )   11 - 22   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and reaction of novel(tetraaza[14]annulene)nickel(II) complexes with amino groups in their side chains. 査読有り

    Kazunori Sakata,Hideo Shibata,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge

    J.Coord.Chem.   55 ( 2 )   225 - 239   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation and Melecular Arrangement of Novel Pyrenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Yuji Tanba,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Chemistry Lattera   2002   384 - 385   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Weak interactions in cyclophane system 査読有り

    柘植 顕彦

    Research Signpost   2002   11 - 32   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and Characterization of Yttrium(III), Lanthanum(III), and Holmium(III) Complexes with a Heptadentate Schiff Base Ligand. 査読有り

    Kazunori Sakata,Takashi Yamamoto,Mamoru Hashimoto,Xuan Shen,Akihiko Tsuge,Hiro Kuma

    Synthesis and Reactivity in Inorganic and Metal-Organic Chemistry   34 ( 4 )   641 - 651   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation,spectroscopic properties and characterization of oxovanadium(IV), isothiocyanatomanganese(III), cyanocobalt(III) and cobalt(II) complexes with a bis-crown ether tetraaza[14]annulene. 査読有り

    Kazunori Sakata,Yasushi Miyamoto,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge

    J.Coord.Chem.   55 ( 11 )   1283 - 1291   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and Characterization of 7,16-Bis(phenylazo)tetraaza[14]annulenes. 査読有り

    Kazunori Sakata,Junichi Yamashita,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge

    J.Heterocyclic Chem.   38   933 - 938   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and spectral properties of 1,8-Bridged Fluorenophanes Consisting of Polynuclear Aromatic Component 査読有り

    Akihiko Tsuge,Ryosuke Nada,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    J. Org. Chem   66 ( 26 )   9023 - 9025   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Inter-and Intramolecular Interaction in Substituted[3.3]metacyclophanes 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    J. Chem. Soc., PerKin Trans. 2.   2001   934 - 938   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Conformational Properties and Intramolecular Weak Interactions in Substituted Dithia[3.3]metacyclophanes. 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Meguni Inoue,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    Chemistry Letters   2001   586 - 587   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and spectroscopic properties of copper(I) and silver(I) complexes with a bidentate dinitrile having two thioether sulfurs in the bridging group/ 査読有り

    Kazunori Sakata,Kazuyuki Watanabe,Ikuko Kobayashi,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge

    Synthesis and Reactivity in Inorganic and Metal-organic Chemistry   31 ( 7 )   1217 - 1227   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and structural properties of dithia[3.3.1]metacyclophanes 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Megumi Inoue,Mikio Yasutake,Teruo Shimyozu,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    J. Chem. Soc., Perkin Trans2   2001   2084 - 2088   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and electrochemical properties of bis([2.2]metacyclophane) bipyridinium. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Yoshihiro Fukumaru,Ryosuke Taniguchi,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata,Koji Araki

    J.Chem.Research   2001   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis and structure of dichloropalladium(II) (dithia[3.3]metapyridinophane) and dichloroplatium(II)(dithia[3.3]metadipyridinophane) complezes. 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Seikou Kitamura,Kazunori Sakata

    Polyhedron   20   2315 - 2320   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Spectroscopic Properties and Crystal Structure of a Tetraaza[14]annulene Nickel(II)Complex Containing Pyridine Group 査読有り

    Kazunori Sakata,Akifumi Ueno,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge,Hiro Kuma

    Synth. React. Inorg. Met-Org. Chem.   30   1629 - 1642   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparations and Characterization of Five-coordinate Zinc((II)Complexes of H2tmtaa and Crystal Structure of Zn(tmtaa)OPPh3. 査読有り

    Zenglin Wang,Kazunori Sakata,Mamoru Hashimoto,Tetsuji Moriguchi,Akihiko Tsuge

    Synth. React. Inorg. Met-Org. Chem.   30   73 - 87   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation, Conformation and Reaction of Medium-sized[l. n. n]Metacyclophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Nobuko Takagi,Yakehiko Kakara,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Chemistry Letters   2000   948 - 949   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis, spectroscopic properties and X-ray crystal structures of tris(tfacametacyclophane)(bpy)europium(III)and piperidium tetrakis(p-tolutfacac)europate(III)complexes 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Kazuaki Uchiyama,Mikio Yasutake,Teruo Shinmyozu,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    Polyhedron   19   785 - 790   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Transannular Interaction and Reactions of the Dithia[3.3]metacyclophanediazonium Salt 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    J.Chem.Research   1999   2601 - 2609   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Diene-transmissive Hetero Diels-Alder Reaction of 1,5-Diphenyl-1,4-Pentadien-3-one 査読有り

    Otohiko Tsuge,Taizo Hatta,Toshitsugu Fujikawa,Tomoya Yokohari,Akihiko Tsuge,Tetsuji Moriguchi

    Heterocycles   50   661 - 661   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Characterization, Spectroscopic Properties and Crystal Structure of a Tetraaza[14]annulene Manganese(III) Complex 査読有り

    Kazunori Sakata,Zenglin Wang,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge,Yasuhiro Tanoue

    Synth. React. Inorg. Met-Org. Chem.   29   265 - 265   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Conformational and Intramolecular Hydrogen-Bonding Properties of Substituted Dithia[3.3]metacyclophanes 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    Chemistry Letters   1999   167 - 167   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Evaluation of Transannular Interaction of[2.3]Metacyclophane-diazonium Tetrafluoroborate and its Dediazoniated Derivatives 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Mikio Yasutake,Kazunori Sakata,Akihiko Tsuge

    J. Chem. Research   1999   78 - 78   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Synthesis of Small-sized Stilbenophanes and their Transannular Delocalization 査読有り

    Akihiko Tsuge,Toshihiro Nishimoto,Tomoko Uchida,Mikio Yasutake,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    J. Org. Chem.   64   7246 - 7248   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Specific transannular interaction in small-sized cyclophane systems. 査読有り

    柘植 顕彦

    Recent Research Development in Pure&Applied Chemistry   3   47 - 45   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation, Structural Properties, and Charge-Transfer Complexes of Novel Anthracenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Waka Iwsaki,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Chemistry Letters   33 ( 6 )   756 - 757   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Conformational Properties of 1,8-Bridged Fluorenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Tadashi Araki,Yuji Noguchi,Mikio Yasutake,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Chemistry Letters   1998   603 - 603   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation and spectral properties of nickel(II)and copper(II)complexes with two isomeric cyclohexylcyclams 査読有り

    Kazunori Sakata,Takeharu Odashima,Yumie Kanbara,Tamami Nibu,Mamoru Hashimoto,Akihiko Tsuge,Yoshiki Moriguchi

    Polyhedron   17   1463 - 1463   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Preparation and Spectroscopic Properties of Five 7,16-Bis(azophenyl)-tetraaza[14]annulene Nickel((]G0002[)) Complexes 査読有り

    Kazunori Sakata,Junichi Yamashita,Mamoru Hashimoto,Tetsuji Moriguchi,Akihiko Tsuge

    Inorganica Chemica Acta   281   190 - 190   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Immobilization of a Water-soluble Host Molecule by Polyion Complexation with a Polymer 査読有り

    Akihiko Tsuge,Keisuke Masumi,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Aust. J. Chem.   51   1175 - 1175   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Evaluation of Transannular Interaction of 5-Substituted [2.2]Metacyclophanes Carrying Diazonio Group on their Outer Position 査読有り

    柘植 顕彦

    J. Chem. Soc. , Perkin Trans. 2   2141 - 2141   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Structure of Novel 1,8-Briclged Fluorenophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    J. Chem. Res.   ( 5 )   168 - 168   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of Water-soluble Diaza-1,2,5-Thiadiazolocyclophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    Heterocycles   46   651 - 651   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of Transannular Interaction in [2.3]Metacyclophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    Chem. Lett.   ( 5 )   413 - 413   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis, Conformation, and Reactivity of Ethylene-Bridged [1.2.2] Metacyclophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    Chem. Lett.   425 - 425   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Facile Synthesis of Dinitro [2.2] metacyclophanes and its Partial Reduction. 査読有り

    柘植 顕彦

    Liebigs Ann   769 - 769   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Unusual Balz-Schiemann Reaction of [2.2] Metacyckophanediazonium salts. 査読有り

    柘植 顕彦

    J. Chem. Res   460 - 460   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Spectral Properties of Disubstituted [2.2] Metacyclophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    J. Org. Chem   60   4930 - 4930   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Thiacalixarenes 査読有り

    柘植 顕彦

    J. Chem. Res   22 - 22   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Complexation Properties and Characterization of Four Conformers of a [2. 1. 2. 1]Metacyclophane 査読有り

    柘植 顕彦

    J. Inc. Phenom   19   301 - 301   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of Benzothiazolyl[2. 2]metacyclophanes and Their Structural and Spectral Properties 査読有り

    柘植 顕彦

    Chem. Lett.   1529 - 1529   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The Stability Constants for the 18-Crown-6 Complexes with [2. 2]Metacyclophanediazonium Salts 査読有り

    柘植 顕彦

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   67   277 - 277   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of Through-Space Interaction in [2・2] Metacyclophcmes by Diazo Coupling Reaction 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Chemical Society, Perkin Trans 1.   18   2211 - 2211   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Facile Synthesis of 1,8-and 1,7-Bis(chloromethyl)fluorenes 査読有り

    柘植 顕彦

    Synthesis   2   205 - 205   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Reaction and Spectra of [n. 2.1](1,2,3)Cyclophanes 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 1   9   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Structural Properties of Hydroxy and Alkoxy[2.2.1]Metacychophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 1   12   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Spectral Properties of Benzothiazolyl [2, n]meta-cyclophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Chemical Research   9   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Nitration and Bromination of 8,16-Dimethoxy[2,2]metacyclophane. 査読有り

    柘植 顕彦

    Chemistry Express   7 ( 6 )   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Diazo Coupling of [2,2]Metacyclophanes 査読有り

    柘植 顕彦

    Chemistry Letters   4   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Conformational Properties of [n, 2,2]-and [n, 3,3] Metacyclophanes. 査読有り

    柘植 顕彦

    Chemistry Letters   3   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Thiophere Ring Opening Reaction of [2]Paracyclo[2](2,5)and-(2,4)thiophenophanes 査読有り

    柘植 顕彦

    Chemische Berichte   124 ( 6 )   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Partially Hydroxy Depleted Calixarene-like Componnds. 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Chemical Society Chemical communications   19   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of 4,5-Dimethyl-4,5,9-Trimetlyl-and 4,5,9,10-Tetramethylpyrene. 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Organic Chemistry   56 ( 13 )   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of 1,4-Naphtoquinone Annelation on the Conformational Behaviour of Carbonyl-and Methano-bridged Cyclodecadiene Derivatives 査読有り

    柘植 顕彦

    Journal of Chemical Society Perkin Transactions 1   5   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発(共著)

    柘植顕彦(単著 ,  範囲: 錯体化を駆動力とした赤色発光型ゲル化剤の創製)

    技術情報協会  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 位置異性体に着目したアンビデキストラウスゲル化特性の制御

    橋村 大輝, 池之上 春陽, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 界面での化学反応により誘起される超分子ゲル形成に基づくアガロースゲルの接着

    荒木 孝司, 中野 正貴, 柘植 顕彦

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Adhesion of agarose gels based on formation of supramolecular gel induced by chemical reaction at their interfaces.

    Masaki Nakano, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Joint Seminar on Chemistry with Malaysian Cooperation Universities and Kyutech 2022  KIT, UPM

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月26日 - 2022年01月27日   記述言語:英語  

  • Synthesis of Five-Membered Cyclic Carbonates and Their Cationic Ring-Opening Polymerization Behavior.

    Masato Kawamoto, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Joint Seminar on Chemistry with Malaysian Cooperation Universities and Kyutech 2022  KIT, UPM

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月26日 - 2022年01月27日   記述言語:英語  

  • Construction of novel gelation system using the dynamic imine bond.

    Masaki Nakano, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    The 2nd Japan and Korea joint meeting on research development of chemistry  Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月09日 - 2021年12月10日   記述言語:英語  

  • ウレタン構造を有する二官能性五員環カーボナートと多官能性アミンとの重付加によるネットワークポリヒドロキシウレタンの合成

    田中友也、吉田嘉明、荒木孝司、柘植顕彦、遠藤剛

    第70回ネットワークポリマー討論会  合成樹脂工業協会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月08日 - 2021年11月10日   記述言語:日本語   開催地:関西大学  

  • 五員環環状カーボナートの合成及びカチオン開環重合挙 招待有り

    川本将都、森康友紀、荒木孝司、柘植顕彦、遠藤剛

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 1,2,3-トリアゾール部位を有するゲル化剤の合成とその特性 招待有り

    宮石理沙、荒木孝司、柘植顕彦

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 親水性及び疎水性を併せ持つ低分子ゲル化剤の合成と特性評価 招待有り

    橋村大輝、荒木孝司、柘植顕彦

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 光によるG-quadruplex(G4)リガンドの結合制御 招待有り

    大地桃子、荒木孝司、柘植顕彦、佐藤しのぶ、竹中繁織

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 電荷移動錯体型ゲル化システムの構築 招待有り

    竹本一晴、荒木孝司、柘植顕彦

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 動的共有結合を駆動力としたゲル化システムの構築 招待有り

    中野正貴、荒木孝司、柘植顕彦

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • ポリマー型アンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性 招待有り

    本田真稔、荒木孝司、柘植顕彦

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 五員環環状カーボナート構造を持つ二官能性ウレタンの合成 招待有り

    田中友也、吉田嘉明、荒木孝司、柘植顕彦、遠藤剛

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • Preparation and properties of low molecular weight gelators that have both hydrophilicity and hydrophobicity

    Daiki Hashimura, Koji Araki, and Akihiko Tsug

    2021 KKU-Kyutech Online Preparative Meeting for Future Exchange  KKU and Kyutech

     詳細を見る

    開催期間: 2021年04月30日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • ポリイオンコンプレックス型ゲル化剤の合成と特性評価

    安部克典、荒木孝司、柘植顕彦

    第14回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月08日   記述言語:英語   開催地:遠隔会議  

  • ポリマー型アンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性

    本田真稔、荒木孝司、柘植顕彦

    第14回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月08日   記述言語:英語   開催地:遠隔会議  

  • 動的共有結合を利用した新規オンーオフ型 ゲル化システムの構築

    中野正貴、荒木孝司、柘植顕彦

    第14回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月08日   記述言語:英語   開催地:遠隔会議  

  • エタノールアミン型アンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性評価

    是恒佳秀、荒木孝司、柘植顕彦

    第14回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月08日   記述言語:英語   開催地:遠隔会議  

  • アスパラギン酸骨格を基盤としたアンビデキストラウスゲル化剤の合成とその機能評価

    橋村大輝、荒木孝司、柘植顕彦

    第14回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月08日   記述言語:英語   開催地:遠隔会議  

  • 動的共有結合を利用した新規オンーオフ型ゲル化システムの構築

    中野正貴, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • アビエチン酸誘導体を用いたナノカーボンの可溶化(3)

    白鳥 正人, 川﨑 浩由, 明吉 雄大, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • アビエチン酸誘導体を用いたナノカーボンの可溶化(2)

    川﨑 浩由, 白鳥 正人, 明吉 雄大, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • アビエチン酸誘導体を用いたナノカーボンの可溶化(1)

    明吉 雄大, 白鳥 正人, 川﨑 浩由, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 分子設計に基づいたアンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性

    橋村大輝, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • シクロヘキサン骨格を含む新規ゲル化剤の合成と特性

    安部克典、荒木孝司、柘植顕彦

    第13回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語   開催地:宮﨑フェニックスシーガイヤリゾート  

  • エポキシ系フラックスの活性剤添加によるガラス転移温度への影響

    川崎浩由、荒木孝司、柘植顕彦

    第13回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語   開催地:宮﨑フェニックスシーガイヤリゾート  

  • アゾベンゼン部位を有するゲル化剤の合成とその異性化によるゲル化制御

    宝田貴宏、荒木孝司、柘植顕彦

    第13回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語   開催地:宮﨑フェニックスシーガイヤリゾート  

  • ゲル化剤分子の非対称性の視点から見たゲル化特性に関する研究

    是恒佳秀、荒木孝司、柘植顕彦

    第13回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語   開催地:宮﨑フェニックスシーガイヤリゾート  

  • 分子設計に基づいたアンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性

    松本伸之輔、荒木孝司、柘植顕彦

    第13回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語   開催地:宮﨑フェニックスシーガイヤリゾート  

  • スター型有機ゲル化剤の合成とそれらの機能評価

    池田佳穂、荒木孝司、柘植顕彦

    第13回有機π電子系シンポジウム  有機π電子系学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語   開催地:宮﨑フェニックスシーガイヤリゾート  

  • シクロヘキサン骨格を含む新規ゲル化剤の合成と特性

    安部克典、荒木孝司、柘植顕彦

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月25日 - 2019年09月27日   記述言語:英語   開催地:大阪国際交流センター  

  • グルタミン酸骨格を基盤としたアンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性

    松本伸之輔、荒木孝司、柘植顕彦

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月25日 - 2019年09月27日   記述言語:英語   開催地:大阪国際交流センター  

  • Novel Ambidextrous Gelators based on Molecular Design

    Akihiko Tsuge, Shinnosuke Matsumoto, Koji Araki

    18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月21日 - 2019年07月26日   記述言語:英語   開催地:Sapporo, Japan  

  • アゾベンゼン部位を有するゲル化剤の合成とその異性化によるゲル化制御

    宝田貴宏、荒木孝司、柘植顕彦

    第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • スター型有機ゲル化剤の合成とそれらの特性評価

    池田佳穂、荒木孝司、柘植顕彦

    第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • ゲル化剤分子の非対称性の視点から見たゲル化特性に関する研究

    是恒佳秀、荒木孝司、柘植顕彦

    第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 分子設計に基づくアンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性

    松本伸之輔、荒木孝司、柘植顕彦

    第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • アンビデキストラウスゲル化剤を指向した両親媒性型化合物の合成とその特性

    橋村大輝、荒木孝司、柘植顕彦

    第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • シクロヘキサン骨格を基盤とした新規ゲル化剤の合成と特性

    安部克典、荒木孝司、柘植顕彦

    第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 分子設計に基づいたアンビデキストラウスゲル化剤の合成とその特性

    松本 伸之輔, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • シクロヘキサン骨格を基盤とした新規ゲル化剤の合成と特性

    安部 克典, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • Syntheses and evaluation of novel organogelators containing the cyclophane structure.

    Yuki Daba, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • Preparation and characterization of novel organogelators based on the cyclohexane skeleton.

    Katsunori Abe, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • Preparation and properties of ambidextrous gelators.

    Shinnosuke Matsumoto, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • Synthesis and evaluation of functional star-shaped organogelators.

    Yoshiho Ikeda, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • Synthesis and properties of organogelators based on various amino acid skeletons.

    Takuya Rikitake, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • Construction of novel gelling system using dynamic covalent bonding.

    Yuki Takemori, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • Study on relationship between the molecular shape of gelators and their gelation properties.

    Chiaki Hamamatsu, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   記述言語:英語   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • シクロヘキサン骨格を基盤とした新規ゲル化剤の合成と特性

    安部克典,荒木孝司,柘植顕彦

    第12回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月30日 - 2018年12月01日   記述言語:英語   開催地:滋賀  

  • スター型有機ゲル化剤の合成とその機能性評価

    池田佳穂,荒木孝司,柘植顕彦

    第12回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月30日 - 2018年12月01日   記述言語:英語   開催地:滋賀  

  • シクロヘキサン骨格を含む新規ゲル化剤の合成と特性

    安部克典、荒木孝司、柘植顕彦

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月25日 - 2018年09月27日   記述言語:英語   開催地:大阪国際交流センター  

  • シクロヘキサン骨格を基盤とした新規ゲル化剤の合成とその特性

    安部克典、森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月06日 - 2018年09月08日   記述言語:英語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス  

  • 疎水性及び親水性部位を併せ持つ低分子ゲル化剤の合成とその特性

    松本伸之輔、森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月06日 - 2018年09月08日   記述言語:英語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス  

  • スピロピラン誘導体を用いたホウ酸センサーの合成

    玉虫勇太、柘植顕彦、荒木孝司、豊瀬康司

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • ホウ酸認識能を有する環状ホストの合成と機能評価

    秋野泰洋、柘植顕彦、荒木孝司、豊瀬康司

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • クラウンエーテル部位を持つEu(III)錯体の構築とその機能評価

    的野恭輔、柘植顕彦、荒木孝司、豊瀬康司

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • シクロヘキサン骨格を基盤とした新規ゲル化剤の合成と特性

    安部克典、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 疎水性及び親水性を併せ持つ低分子ゲル化剤の合成と特性

    松本伸之輔、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • シクロファン骨格を含む有機ゲル化剤の合成とその特性

    駄場勇貴、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • スター型有機ゲル化剤の合成とそれらの特性評価

    池田佳穂、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 動的共有結合を利用したオン-オフ型ゲル化システムの構築

    竹森友紀、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • ゲル化剤分子の形とゲル化能の相関関係に関する研究

    濱松千明、光本啓一、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 二種類のアミノ酸骨格を基盤とした有機ゲル化剤の合成とその特性

    力武拓也、荒木孝司、柘植顕彦

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • ホウ酸認識能を有する環状ホストの合成と機能評価

    秋野 泰洋, 豊瀬 泰司, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • クラウンエーテル部位を持つEu(III)錯体の構築と機能評価

    的野 恭輔, 豊瀬 泰司, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • スピロピラン誘導体を用いたホウ酸センサーの合成

    玉虫 勇太, 豊瀬 泰司, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • 動的共有結合を利用した新規オン-オフ型ゲル化システムの構築

    竹森 友紀, 森口 哲次, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • 新規ピンセット型有機ゲル化剤の合成とその特性

    濱松 千明, 森口 哲次, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • 複数のアミノ酸骨格を基盤とした有機ゲル化剤の合成とその特性

    力武 拓也, 森口 哲次, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • シクロファン骨格を基盤とした有機ゲル化剤の合成とその特性

    駄場 勇貴, 森口 哲次, 荒木 孝司, 柘植 顕彦

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • イミン結合形成―解離を利用したオン-オフ型ゲル化剤の新規ゲル化システムの構築

    竹森友紀、森口哲次、柘植顕彦

    第11回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月15日 - 2017年12月16日   記述言語:英語   開催地:埼玉県秩父  

  • シクロファン骨格を有する新規有機ゲル化剤の合成と特性

    駄場勇貴、森口哲次、柘植顕彦

    第11回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月15日 - 2017年12月16日   記述言語:英語   開催地:埼玉県秩父  

  • Syntheses and Properties of 3d Zn Complexes Having Multiple Light-concentrating Antenna Sites

    Shiori Yokoyama, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    第10回バイオマイクロセンシング技術に関する日韓ジョイントシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月20日 - 2017年11月21日   記述言語:英語   開催地:北九州  

  • Preparation and Properties of V-shaped Organogelators

    Chiakai Hamamatsu, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    第10回バイオマイクロセンシング技術に関する日韓ジョイントシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月20日 - 2017年11月21日   記述言語:英語   開催地:北九州  

  • Syntheses and Properties of 3d Zn Complexes Having Multiple Light-concentrating Antenna Sites

    Nobuhito Kimura, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月14日 - 2017年11月15日   記述言語:英語   開催地:UPM, Malaysis  

  • Synthesis and properties of organogelators based on various amino acid skeletons

    Takuya Rikitake, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月14日 - 2017年11月15日   記述言語:英語   開催地:UPM, Malaysis  

  • スチルベン型小環状メタシクロファン類の合成とその渡環的相互作用

    宮本大輔、森口哲次、柘植顕彦

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月09日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 外部刺激応答型有機ゲル化剤の合成と

    応用化学科

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月09日   記述言語:日本語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • カテコール部位の特性を活用した有機ゲル化剤の合成とその評価

    嘉本崚汰、森口哲次、柘植顕彦

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月09日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 高共役系芳香族化合物群の合成と構造特性の評価

    田淵大治、森口哲次、柘植顕彦

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月09日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 新規マルチヘリセン様化合物群の合成と構造特性

    光本敬一、森口哲次、柘植顕彦

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月09日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 新規マルチヘリセン様化合物群の合成と構造特性

    光本敬一、森口哲次、柘植顕彦

    第29回 若手研究者のためのセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月26日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 高共役系芳香族化合物群の合成と構造特性の評価

    田淵大治、森口哲次、柘植顕彦

    第29回 若手研究者のためのセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月26日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • Organogelators Having the On-off Functional Groups

    Akihiko Tsuge

    17th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月23日 - 2017年07月28日   記述言語:英語   開催地:Stony Brook, USA  

  • カテコール部位を基本骨格とする低分子ゲル化剤の合成とその特性

    嘉本崚汰、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • AFMを用いたカテコール基とアセチル化カテコール基間の単分子相互作用に関する研究

    竹森友紀、森口哲次、金子大作、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 複数のアミノ酸骨格を基盤としたゲル化剤の合成とその特性

    力武拓也、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 集光アンテナ部位を複数有する亜鉛錯体群の合成とその光特性評価

    横山栞、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • V字型有機ゲル化剤の合成とそのゲル化特性

    濵松千明、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • シクロファン骨格を有する新規有機ゲル化剤の合成と特性

    駄馬勇貴、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 1,3,4-オキサジアゾール環を有する有機半導体の合成とその特性評価

    木村伸仁、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • スチルベン骨格を有するメタシクロファン類の合成とその渡環的相互作用に関する研究

    宮本大輔、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 新規デュアルヘリセン様化合物群の合成と構造特性

    光本敬一、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 高共役系芳香族化合物群の合成と構造特性の評価

    田淵大治、森口哲次、柘植顕彦

    第54回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • Preparation and properties of tweezer-shaped organogelators

    Chiaki Hamamatsu, Keiichi Mitsumoto, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    The 23rd Joint Seminar of Busan Branch of Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月14日 - 2017年06月16日   記述言語:英語  

  • Syntheses and properties of 3d Zn complexes having multiple light-concentrating antenna sites

    Shiori Yokoyama, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    The 23rd Joint Seminar of Busan Branch of Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月14日 - 2017年06月16日   記述言語:英語  

  • ピンセット型ゲル化剤の合成とその特性

    濱松千明、森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • スチルベン骨格を有するメタシクロファン類の合成とその渡環相互作用

    宮本大輔,森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • 強赤色発光 Eu(III)錯体群の合成とその構造特性評価

    森口哲次、廣﨑 聖、柘植顕彦

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • 高共役化合物群の合成と構造特性の評価

    田淵大治,森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • カテコール部位を基本骨格とするゲル化剤の合成とその特性

    嘉本崚汰,森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • フェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその特性

    焼谷大輔,森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • カテコール基を有するゲル化剤の合成とその評価

    嘉本崚汰、森口哲次、柘植顕彦

    第10回有機π電子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月16日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:あうる京北  

  • 配位子型ゲル化剤の合成とその特性評価

    末原俊平、森口哲次、柘植顕彦

    第10回有機π電子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月16日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:あうる京北  

  • クマリン及びフェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその特性

    応用化学科

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月01日 - 2016年09月03日   記述言語:日本語   開催地:広島  

  • 金属錯体型有機ゲル化剤の合成とそのゲル化特性

    応用化学科

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月01日 - 2016年09月03日   記述言語:日本語   開催地:広島  

  • 高大気安定性n型有機半導体化合物の合成とその評価

    応用化学科

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月01日 - 2016年09月03日   記述言語:日本語   開催地:広島  

  • カテコール部位の特性を活用した有機ゲル化剤の合成とその性質

    応用化学科

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月01日 - 2016年09月03日   記述言語:日本語   開催地:広島  

  • カテコール部位の特性を活用したゲル化剤の合成とその特性評価

    嘉本崚汰、森口哲次、柘植顕彦

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • ピレン骨格を有する分子ピンセット型ゲル化剤の合成とその性質

    光本啓一、森口哲次、柘植顕彦

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 金属錯体型ゲル化剤の合成とそのゲル化特性

    末原俊兵、森口哲次、柘植顕彦

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 酸化還元応答性を有するゲル化剤の合成とその特性

    焼谷大輔、森口哲次、柘植顕彦

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 8配位Eu錯体の合成とその構造特性評価

    廣﨑 聖、森口哲次、柘植顕彦

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • ホウ酸認識機能を有する環状ホストの合成と機能評価

    川上健、豊瀬泰司、柘植顕彦、荒木 孝司

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • クラウンエーテル部位を有するEu(Ⅲ)錯体の合成とその機能評価

    竹田眞也、豊瀬泰司、柘植顕彦、荒木 孝司

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • デュアルヘリセン様縮環芳香族化合物の合成とその評価

    東真人、森口哲次、柘植顕彦

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体およびフェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその機能評価

    焼谷大輔,森口哲次、柘植顕彦

    第26回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年04月23日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • フェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその酸化還元応答ゲル化特性

    焼谷大輔,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学  

  • 8配位Eu錯体の合成とその構造特性評価

    廣﨑聖,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学  

  • 配位子型ゲル化剤の合成とそのゲル化特性

    末原俊兵,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学  

  • カテコール部位を有するゲル化剤の合成とその特性

    嘉本崚汰,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学  

  • Synthesis of novel fluorescent 3-furyl coumarin materials using multicomponent protocol

    Venkataprasad Jalli, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    International Conference on Nanoscience 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月14日 - 2015年12月17日   記述言語:英語   開催地:Visakhapatnam, India  

  • フェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその酸化還元応答特性

    応用化学科

    第9回有機π電子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月20日 - 2015年11月21日   記述言語:日本語   開催地:犬山  

  • グルタミン酸骨格を基盤としたゲル化剤の合成とそのアニオン応答特性

    応用化学科

    第26回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月24日 - 2015年09月26日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • デュアルヘリセン様縮環芳香族化合物の合成とその構造特性

    応用化学科

    第26回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月24日 - 2015年09月26日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • フェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその酸化還元応答特性

    応用化学科

    第26回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月24日 - 2015年09月26日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • Preparation and Properties of Organogelators Having the Anthracene and the Ferrocene Units

    A.Tsuge

    16th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月05日 - 2015年07月10日   記述言語:英語   開催地:Madrid, Spain  

  • Chemoenzymatic synthesis of 4-hydroxyproline and 5-hydroxypipecolic acid through epoxide cyclization

    Suvratha Krishnamurthy, Jalli Venakataprasad, Tetsuji Moriguchi, Koji Araki, Akihiko Tsuge

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • シアノエチレン系n型有機半導体化合物の合成とその安定性評価

    木登直弥、森口哲次、柘植顕彦

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • デュアルヘリセン様縮環芳香族化合物の合成とその構造特性

    東真人、森口哲次、柘植顕彦

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 多様な機能を有するゲル化剤の合成とその評価

    焼谷大輔, 森口哲次, 荒木孝司, 柘植顕彦

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • グルタミン酸骨格を基盤とした新規ゲル化剤の合成とその特性

    笹川知里、焼谷大輔、森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • Efficient synthesis of novel spiro[indol-2,2’-pyrroles]

    Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • シアノエチレン系n型有機半導体化合物の合成とその安定性評価

    木登直弥,森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • Synthesis of novel Spiro [indole-pyrazoles] using isocyanide based multi component reaction.

    Jalli Venkataprasad,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:英語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • グルタミン酸骨格を基盤としたπ系ゲル化剤の合成とその特性有する化合物のゲル化挙動

    笹川知里,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • Synthesis of four isomers of 5-hydroxypipecolic acid by intramolecular cyclization of epoxides derived from 2-amino-5-hexenoic acid.

    Suvratha Krishna Murthy, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    ACS 249th National Meeting  American Chemical Society

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月22日 - 2015年03月26日   記述言語:英語   開催地:Denver, Colorado  

  • Synthesis of novel Spiro [indole-pyrazoles] using isocyanide based multi component reaction.

    Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishna Murthy, Tetsuji Moriguchi, Akihiko Tsuge

    10th International Symposium on Bio-Organic Chemistry  IUPAC

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月11日 - 2015年01月15日   記述言語:英語   開催地:Pune, India  

  • ピレンを環成分とするシクロファン型ゲル化剤に関する研究

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • グルタミン酸骨格を基盤とした種々の有機ゲル化剤の合成とその特性に関する研究

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 長鎖アルキル基を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン構造の特性評価

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 架橋部に水素結合部位を導入したシクロファン類のゲル化挙動

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 架橋部に水素結合部位を導入したシクロファン類のゲル化挙動

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 植物由来接着性高分子の分子量制御による粘着接着特性転移の制御

    黒田一真,王思乾、金子大作、森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • シクロファン型ロタキサン類の構造特性評価に関する研究

    岩本拓也,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • クマリン骨格を有するゲル化剤の合成とそのゲル化特性

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • ピレンを環成分とするシクロファン型ゲル化剤に関する研究

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • インジウムボールの形状制御

    川崎浩由,岡田弘史,六本木貴弘、相馬大輔、馬渡佳秀,山村方人,鹿毛浩之,村上直也、横野照尚、荒木孝司,柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • クマリン骨格を有するゲル化剤の合成とその発光ゲル化剤としての特性に関する研究

    木登直弥,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 架橋部に水素結合部位を有するシクロファン類の合成とそれらのゲル化特性

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 長鎖アルキル基を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン構造の特性評価

    岩本拓也,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計

    川﨑浩由,柘植顕彦、荒木孝司

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • ホウ酸イオン吸着能を有する樹脂の開発

    重井沙知子,豊瀬泰司,柘植顕彦、荒木孝司

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • アミノ酸骨格を有する赤色発光型ユーロピウム錯体のゲル化挙動に関する研究

    池田脩,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第7回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月13日 - 2013年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高崎ビューホテル  

  • ピリジン部位と亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的構造制御

    応用化学科

    第7回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月13日 - 2013年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高崎ビューホテル  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計

    川崎浩由,柘植顕彦,荒木孝司

    第7回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月13日 - 2013年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高崎ビューホテル  

  • アミノ酸骨格を有する赤色発光型ユーロピウム錯体のゲル化挙動に関する研究

    池田脩,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた糖分子応答超分子ハイドロゲルの合成

    川崎浩由,柘植顕彦,荒木孝司

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的ホスト分子の合成

    川崎浩由,牛島洋佑,中上英紀,柘植顕彦,荒木孝司

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計

    川崎浩由,牛島洋佑,中上英紀,柘植顕彦,荒木孝司

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた大環状分子の合成

    川崎浩由,柘植顕彦,荒木孝司

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • インジウムボールの有機錯体被膜形成による流動性制御

    川崎浩由,岡田弘史,馬渡佳秀,山村方人,鹿毛浩之,荒木孝司,柘植顕彦

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • ポリオール化合物を用いた電気化学的ホウ酸センサーの開発

    島田遼,馬場亮多,豊瀬泰司,柘植顕彦,荒木孝司

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • ホウ酸吸着能を有する樹脂の開発

    重井沙知子,豊瀬泰司,柘植顕彦,荒木孝司

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的特性の制御

    田浦裕樹,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:日本語   開催地:学習院大学  

  • Preparation of Metacyclophanes Having the Urea Units and Their Applications as the Organogelators

    A.Tsuge

    15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月28日 - 2013年08月02日   記述言語:英語   開催地:Taipei, Taiwan  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計

    川崎浩由,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • デュアルヘリセン様の縮環芳香族化合物の合成とその評価

    西澤悠生,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 水素結合型シクロファン類の合成と集積化によるゲル化特性

    藤原続道,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 長鎖アルキル基を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン構造の特性

    岩本拓也,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的特性の制御

    田浦裕樹,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • ゲル化能を有する赤色発光型ユーロピウム錯体の構築とその特性

    池田脩,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた刺激応答性ハイドロゲルの合成

    川崎浩由,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • ピレン骨格を母体とする置換縮環芳香族化合物の合成とその構造特性

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • リチウムイオン選択性カリックス[4]アレーンの合成とその機能評価

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体を用いたゲル化剤の開発

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • β-ジケトン体を基本骨格とする配位子のゲル化挙動に関する研究

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • 無機物表面に親和性を有する強赤色発行Eu錯体の合成と評価

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的特性の制御

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • 水素結合型配位子を用いた赤色発光ユーロピウム錯体のゲル化挙動に関する研究

    応用化学科

    第6回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月14日 - 2012年12月15日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類のコンフォメーション制御に関する研究

    応用化学科

    第6回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月14日 - 2012年12月15日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • Formation of a luminescent organo gel from the europium-based complex

    D.Yakeya, T.Moriguchi, K.Araki,A.Tsuge

    The 5th Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月26日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu  

  • Organogelators Derived from the [3.3]Metacyclophane Skeleton and the Europium-based Complex

    A.Tsuge

    The 7th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月21日 - 2012年10月24日   記述言語:英語   開催地:Hsinchu city, Taiwan  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類のコンフォメーション制御に関する研究

    応用化学科

    第23回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月19日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • ピリジノファン類の合成とパラジウム錯体形成による動的特性の制御

    応用化学科

    第23回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月19日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 水素結合型配位子を用いた赤色発光ユーロピウム錯体のゲル化挙動

    応用化学科

    第23回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月19日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • リチウムイオン選択性カッリクスアレーンの合成と機能評価

    応用化学科

    第23回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月19日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的特性の制御

    応用化学科

    第49回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月30日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピリジノファン類の錯体形成による動的特性の制御

    応用化学科

    第49回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月30日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピレン骨格を母体とする縮環芳香族化合物への置換基導入とその特性

    応用化学科

    第49回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月30日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体を基盤としたゲル化剤の開発

    応用化学科

    第49回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月30日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • リチウム及びセシウム補足選択性をもつ大環状シクロファン類の合成と特性

    応用化学科

    第49回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月30日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的特性の制御

    応用化学科

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

    CiNii Article

  • リチウムイオン選択性カリックス[4]アレーンの合成及び機能評価

    応用化学科

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • ポリオール化合物を用いたホウ酸の認識

    応用化学科

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体と二分子膜との複合系の構築とその特性

    応用化学科

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

    CiNii Article

  • リチウム及びセシウム捕捉選択性をもつ大環状シクロファン類の合成と特性

    応用化学科

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 赤色発光ユーロピウム錯体のゲル化挙動に関する研究

    応用化学科

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン形成による動的特性の制御

    物質工学科

    第5回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月25日 - 2011年11月26日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • ピレンを環成分とするシクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第5回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月25日 - 2011年11月26日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体を用いたゲル化剤の開発に関する研究

    物質工学科

    第22回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月23日   記述言語:日本語   開催地: つくば  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体と二分子膜との複合系の構築とその特性

    物質工学科

    第22回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月23日   記述言語:日本語   開催地: つくば  

  • 架橋型カリックス[4]アレーンイオノファーの合成

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ヘテロ環を有する新規縮環芳香族化合物の合成とその特性

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピリジノファン型イオノフォア分子の合成とその特性

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規イオノフォア型シクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を活用したピリジノファン類の動的特性の制御

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • オリゴチオフェン系デンドリック型シクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 赤色発光ユーロピウム錯体型ゲル化剤の創製とその特性

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体と二分子膜との複合系に関する研究

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • アセチレン部位から成るシクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • オリゴチオフェン部位を含むシクロファン類の合成とそのロタキサン形成による動的特性の制御

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ランタノイド金属による構造体の構築とその機能評価

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • リチウムイオン選択性カリックスアレーンの合成と機能評価

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • コレステロールとPEG 骨格を持つ両親媒性分子の合成

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ボロン酸エステルによる動的分子集合体の構築と機能評価

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ホウ酸エステルを用いたホウ酸除去法の確立

    物質工学科

    第48回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • リチウムイオン選択性カリックスアレーンの合成と機能評価

    応用化学科

    第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月28日 - 2011年05月29日   記述言語:日本語   開催地: 東広島  

  • 亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的特性の制御

    応用化学科

    第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月28日 - 2011年05月29日   記述言語:日本語   開催地: 東広島  

  • 新規ユウロピウム錯体群の構造特性及び特異赤色発光特性

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体と二分子膜との複合系の構築とその特性

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 赤色発光型ユーロピウム錯体を用いたゲル化挙動に関する研究

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • リチウムイオン選択性カリックス[4]アレーンの合成及び機能評価

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • コレステロールとPEG骨格を持つ両親媒性化合物の合成

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 架橋型カリックス[4]アレーンイオノファーの合成

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • アセチレン部位を含む[3.3]メタシクロファン類の合成とその構造特性

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン形成による動的特性の制御

    応用化学科

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • Preparation of cyclophanes consisting of the oligothiophne units and control of their dynamic properties by formation of the rotaxane structure.

    本人

    PACIDICHEM 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月15日 - 2010年12月20日   記述言語:英語   開催地: America Honolulu  

  • Aspects of Small-sized Cyclophanes in Terms of weak Interactions Involving p Electron System.

    本人

    5th BK21 International Symposium and Workshop on Materials Chemistry 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月07日 - 2010年12月08日   記述言語:英語   開催地: Korea Busan  

    CiNii Article

  • オリゴチオフェン部位を持つデンドリック型シクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第4回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月18日 - 2010年11月19日   記述言語:日本語   開催地: 神戸  

  • アセチレン部位を含むシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第4回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月18日 - 2010年11月19日   記述言語:日本語   開催地: 神戸  

  • ジボロン酸とポリビニルアルコールから成る化学刺激応答性ゲルの合成と機能評価

    物質工学科

    第21回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月11日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン型電荷移動錯体形成による動的特性の制御

    物質工学科

    第21回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月11日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • ピレン骨格を基本母体とする新規縮環芳香族化合物の合成とその特性

    物質工学科

    第21回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月11日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • リチウムイオン選択性を有するカリックス[4]アレーンの合成及び機能評価

    物質工学科

    第21回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月11日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 新規高歪縮環ヘテロ芳香族化合物の合成とその電気伝導特性

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ジオールとフェニルボロン酸誘導体による動的分子集合体の構築と機能評価

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フェロセンボロン酸誘導体による電気化学的糖認識

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フェロセンボロン酸トリオールエステルを用いた動的ホスト分子の設計

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フェニルボロン酸トリオールエステルを用いた動的ホスト分子の設計

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • コレステロールとPEG骨格を持つ両親媒性分子の合成

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ボロン酸エステルによる新規動的分子集合体の構築

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • リチウムイオン選択性を有するカリックス[4]アレーン誘導体の合成

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ランタノイド金属による構造体の構築とその機能評価

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 複数のオリゴチオフェン鎖を有する化合物のロタキサン構造形成に関する研究

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピンセット型分子とシクロファン分子との相互作用

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ロタキサン構造を利用したシクロファン類の動的特性の制御

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 水素結合部位を有するチオフェン類の合成とその重合挙動

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピリジノファン骨格を基盤としたイオノフォアの合成とその応用

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規ユウロピウム錯体群の構造及び赤色発光特性

    物質工学科

    第47回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月10日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • カリックスアレーン骨格を基盤としたビスポルフィリン型ホスト分子の合成とその分子認識能

    物質工学科

    第6回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月11日 - 2010年06月12日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン型電荷移動錯体の特性

    物質工学科

    第6回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月11日 - 2010年06月12日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • Preparation of Cyclophanes Consisting of the Oligothiophne Units and Properties of Thir Rotaxane Structures Based on the Charge-transfer Complexes.

    応用化学科

    Post 5th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月11日 - 2010年06月12日   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Synthesis of Bisporphyrin Host Molecules Based on the Calixarene Skeleton and Their Molecular Recognition.

    応用化学科

    Post 5th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月11日 - 2010年06月12日   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Eu(III)錯体を用いたオキソ酸イオンの認識

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的ホスト分子の設計

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた糖分子応答性超分子ハイドロゲルの合成

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪  

  • 複数のオリゴチオフェン鎖を有する化合物を用いたロタキサン型電荷移動錯体に関する研究

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪  

  • 新規高歪縮環ヘテロ芳香族化合物群の合成とその電気伝導特性

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 東大阪  

  • ロタキサン構造形成を利用したシクロファン類の動的特性の制御に関する研究

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 東大阪  

  • カリックスアレーン骨格を基盤としたビスポルフィリン型ホスト分子の合成とその分子認識能

    応用化学科

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 東大阪  

  • 高歪みフェン系多環芳香族化合物の合成とその物性

    物質工学科

    第3回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日 - 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地: 別府  

  • ポリチオフェン二分子膜の合成と物性評価

    物質工学科

    第3回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 別府  

  • シクロファン骨格を有するクレフト型ポルフィリンの合成と特性

    物質工学科

    第3回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 別府  

  • シクロファン類骨格を有するクレフト型ポルフィリン類の合成と特性

    物質工学科

    第3回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フルオレン部位を有するシクロファン類の合成と構造特性

    物質工学科

    第3回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 別府  

  • 易溶解性ポリチオフェンの合成とその物性評価

    応用化学科

    第3回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 別府  

  • Synthesis of sugar-responsible supramolecular hydrogel using phenylboronic acid ester.

    Hiroyoshi Kawasaki

    IKCOC-11 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月09日 - 2009年11月13日   記述言語:英語   開催地: 京都  

  • Preparation of cyclophanes having oligothiophene units and control of their dynamic structure by formation of the rotaxane-type charge transfer complex.

    Katsuji Nakamura

    Kyutech-KETI workshop to enhance partnership: Development of novel intelligent nano materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月15日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • Synthesis of bisporphyrin host molecules based on the calixarene structure and their molecular recognition.

    Yutaka Ikeda

    Kyutech-KETI workshop to enhance partnership: Development of novel intelligent nano materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月15日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • オリゴチオフェン部位を有するシン型及びアンチ型シクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第20回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 群馬  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた糖分子応答性超分子ハイドロゲルの合成

    物質工学科

    第20回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 群馬  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的ホスト分子の設計

    物質工学科

    第20回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 群馬  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン型電荷移動錯体形成による動的特性の制御

    物質工学科

    第20回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 群馬  

  • 高歪みフェン系多環芳香族化合物の合成とその物性

    物質工学科

    第20回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 群馬  

  • カリックスアレーン骨格を基本としたビスポルフィリン型ホスト分子の合成とその分子認識能

    物質工学科

    第20回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 群馬  

  • Preparation of Cyclophanes Having Oligothiohene Units and Their Spectral Properties.

    本人

    13th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月19日 - 2009年07月24日   記述言語:英語   開催地: Luxembourg Luxembourg city  

  • Design of Dynamic Molecular Assembly Using Phenylboronic Acid Ester

    13th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月19日 - 2009年07月24日   記述言語:英語   開催地: Luxembourg Luxembourg city  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フルオレン部位を有するシクロファン類の合成と構造特性

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 三官能性フェニルボロン酸誘導体を用いた機能性会合体の構築

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • アニオン種に対して認識能を示すピレン誘導体の合成とその特性

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規高歪縮環芳香族化合物の合成と構造特性

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン類骨格を基盤としたピンセット型ポルフィリン類の合成とその特性

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ビスジオールと三官能性フェニルボロン酸誘導による分子集合体の構築

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • カリックスアレーン骨格を基本とした外部刺激応答型ポルフィリン類の合成とその分子認識能

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フェニルボロン酸誘導を用いた分子会合体の構築

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ボロン酸部位を有する化学刺激応答性ゲルの合成と機能評価

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フェロセン誘導体を用いた電気化学的手法による分子認識

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 高輝度赤色発光錯体群の合成とその特性

    物質工学科

    第46回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月11日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フェニルトリボロン酸誘導体を用いたかご型化合物の構築

    物質工学科

    第5回ホストゲストシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月30日 - 2009年05月31日   記述言語:日本語   開催地: 宇都宮  

  • ジボロン酸とポリビニルアルコールから成る化学刺激応答性ゲルの合成と機能評価

    物質工学科

    第5回ホストゲストシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月30日 - 2009年05月31日   記述言語:日本語   開催地: 宇都宮  

  • シクロファン骨格を有するクレフト型ポルフィリンの合成及びその特性

    物質工学科

    第19回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月03日 - 2008年10月05日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • オリゴフルオレン部位を持つシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第19回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月03日 - 2008年10月05日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • オリゴチフェン鎖を有するシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第25回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月08日 - 2008年09月10日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • シクロファン骨格を有するクレフト型ポルフィリンの合成及びその性質

    物質工学科

    第45回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • オリゴフルオレン部位を持つシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第45回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 平面共役金属錯体の合成とその積層構造

    物質工学科

    第45回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • Preparation of Bisporphyrin Hot Molecules Based on the Calix[4]arene and their Inclusion Ability.

    物質工学科

    The first Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月23日   記述言語:英語   開催地: 北九州  

  • Construction of face-to-face porhyrins based on the cyclophane structure and their properties.

    物質工学科

    The first Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月23日   記述言語:英語   開催地: 北九州  

  • Construction of face-to-face porphyrins based on the cyclophane structure and their properties.

    物質化学

    The first Japan-Korea joint symposium on biomicrosensing technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月23日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • Preparation of Bisporphyrin Host Molecules Based on the Calix[4]arene and their Inclusion Ability.

    物質化学

    The first Japan-Korea joint symposium on biomicrosensing technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月23日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • フェロセン誘導体を用いた電気的手法による分子認識

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • オリゴチオフェン部位を有するシン型及びアンチ型シクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • 新規ユウロピウム錯体群のゲスト分子添加時の赤色発光特性

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • シクロファン骨格を有するクレフト型ポルフィリン類の合成及びその特性

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • カリックス[4]アレーンを基盤としたビスポルフィリン型ホスト分子の合成とその包接挙動

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • オリゴフルオレン部位を持つシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計(2)

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 千葉  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 千葉  

  • フェニルボロン酸エステルを用いた動的分子集合体の設計(1)

    物質工学科

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 千葉  

  • フルオレンを環成分とする小環状シクロファン類の合成とその性質

    物質工学科

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 新規縮環芳香族化合物の合成とその構造特性

    物質工学科

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • オリゴチオフェン部位を有するシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • カリックス[4]アレーンを基盤としたビスポルフィリン型ホスト分子合成とその包接挙動

    物質工学科

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 長鎖アルキル基を有する三価ユウロピウム錯体の合成とその特性

    物質工学科

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • シクロファン骨格を利用した新規拡張π共役系の構築

    本人

    特定領域第1回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年01月25日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • オリゴチフェン部位を有するシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第1回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月08日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Syntheses and Properties of Cyclophanes Having the Oligothiophene Chain.

    本人

    The 3rd Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月17日 - 2007年11月20日   記述言語:英語   開催地: Taiwan Chia-Yi  

  • オリゴチオフェン部位を持つシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第37回構造有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌  

  • ポルフィリン部位を有する錯体型ホスト分子の合成とその機能化

    物質工学科

    第37回構造有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • Construction of Novel Host Molecules from the Ligands Having the Porphyrin Units and their Functionalization.

    物質工学科

    The Post ISNA-12 Symposium on Physical Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月30日   記述言語:英語   開催地: Fukuoka  

  • Syntheses and Structural Properties of the Novel Polycyclic Aromatic Compounds Having High Distortion.

    物質工学科

    The Post ISNA-12 Symposium on Physical Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月30日   記述言語:英語   開催地: Fukuoka  

  • Preparation, Properties and Application of Small-sized Cyclophanes.

    本人

    The Post ISNA-12 Symposium on Physical Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月30日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Preparation and Characterization of the Cyclophanes Carrying the Oligothiophene Chain.

    本人

    12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月24日 - 2007年07月25日   記述言語:英語   開催地:日本 淡路  

  • 新規高歪み多環芳香族化合物の合成とその構造特性

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピレノファン類の合成とその構造特性及び電荷移動錯体

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • オリゴチフェン部位を有するシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 水素結合型長鎖アルキルユーロピウム錯体の構築とその構造特性

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • アニオン種に対して認識能を示すピレン誘導体の合成とその応用

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ポルフィリン部位を有する錯体型ホスト分子の構築とその機能化

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピリジノファン類を基盤とした分子カプセルの構築とその特性

    物質工学科

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • オリゴチオフェン部位を持つシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第17回万有シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • ピレノファン類の合成とその構造特性及び電荷移動錯体

    物質工学科

    第87日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月27日 - 2007年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • オリゴチオフェン部位を持つシクロファン類の合成と特性

    物質工学科

    第87日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月27日 - 2007年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • アニオン種に対して認識能を示すピレン誘導体の合成とその応用

    物質工学科

    第87日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月27日 - 2007年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • ポルフィリン環を有する錯体型ホスト分子の構築とその機能化

    物質工学科

    第87日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月27日 - 2007年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • シクロファン部位を含むピンセット型分子の合成とその特性

    物質工学科

    2006年西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月19日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄  

  • 新規ユーロピウム発光体の合成とその発光特性制御に関する研究

    物質工学科

    2006年西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月02日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄  

  • シクロファン骨格を基盤としたクレフト型ポルフィリンの合成とその特性

    物質工学科

    2006年西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月02日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄  

  • 1,3-架橋ピレノファン類の合成とその電荷移動錯体に関する研究

    物質工学科

    第18回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月19日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • フッ素イオンに対して認識能を示すセンサー分子の合成とその機能化

    物質工学科

    第18回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月19日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • シクロファン部位を含むピンセット型分子の合成とその機能化

    物質工学科

    第18回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン骨格を基盤としたクレフト型ポルフィリンの合成とその特性

    物質工学科

    第18回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月02日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 新規三層型シクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第18回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月02日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • ピリジン環を有する[3.3]メタシクロファン類の合成とその機能化

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン骨格を含むピンセット型分子の合成とその機能化

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 1,3-置換ピレノファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 特異配位子を有するルテニウム錯体材料の開発

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 高共役縮環芳香族配位子を含む金属錯体の合成とその評価

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 水酸基を有するシクロファン類の合成と構造特性

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン骨格を基盤としたカチオン性ホスト分子の合成とその応用

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • フッ素イオンに対して認識能を示すセンサー分子の合成とその応用

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン骨格を基盤としたポルフィリン類の合成とその特性

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規三層型シクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規ユーロピウム錯体群の合成とその発光特性制御

    物質工学科

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 縮環芳香族部位を含む強赤色発光ユーロピウム錯体群の合成とその特性

    物質工学科

    第86日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月27日 - 2006年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • 三層型シクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第86日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月27日 - 2006年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • π共役延伸配位子を含む新規ランタノイド金属錯体の合成及びその発光特性に関する研究

    物質工学科

    第86日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月27日 - 2006年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 千葉  

  • シクロファン骨格を基盤としたポルフィリン類の合成と構造特性

    物質工学科

    第86日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月27日 - 2006年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 千葉  

  • Aspects of Weak Interactions in Cyclophane System.

    本人

    The 2nd Taiwan-Japan Conference on Molecular Architecture of Organic Compounds for Functional Design 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月24日 - 2006年03月25日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Construction of self-assemble capsule based on pyridinophanes.

    物質工学科

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月15日 - 2005年12月22日   記述言語:英語   開催地:America Honolulu  

  • Syntheses and properties of cyclophanes carrying the porphyrin units.

    物質工学科

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月15日 - 2005年12月22日   記述言語:英語   開催地:America Honolulu  

  • Preparation, confomational properties, and charge-transfer complexes of pyrenophanes.

    本人

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月15日 - 2005年12月22日   記述言語:英語   開催地:America Honolulu  

  • Preparation, photochemical properties and application of the lanthanide complexes of the ligands having various aromatic components.

    物質工学科

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月15日 - 2005年12月22日   記述言語:英語   開催地:America Honolulu  

  • ピリジノファン類を基盤としたカプセルの構築に関する研究

    物質工学科

    第20回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月02日   記述言語:日本語   開催地: 奈良  

  • ポルフィリン骨格を有するシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第20回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月02日   記述言語:日本語   開催地: 奈良  

  • 縮環芳香族部位を含む新規ユーロピウム錯体群の合成と特性

    物質工学科

    2005年日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月22日 - 2005年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 山口  

  • シクロファン骨格を基盤としたポルフィリン類の合成とその特性

    物質工学科

    2005年日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月22日 - 2005年10月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 山口  

  • 新規縮環芳香族化合物の合成とその光化学的特性

    物質工学科

    2005年日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月22日 - 2005年10月23日   記述言語:日本語  

  • Unique Properties of Substituted Dithia[3.3]metacyclophanes.

    本人

    The 11th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年08月15日 - 2005年08月19日   記述言語:英語   開催地: Canada St.Johns  

  • 新規ユーロピウム発光体の合成とその発光特性制御に関する研究

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピリジノファン類を基盤とした自己集積型カプセルの構築に関する研究

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン骨格を基盤としたクレフト型ポルフィリンの合成とその特性

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規三層型シクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ポルフィリン骨格を有するシクロファン類の合成とその特性

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 蛍光性縮環芳香族部位を含むランタノイド錯体の合成と機能化

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン部位を含むピンセット型分子の合成とその機能化

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規ピレン誘導体の合成とその光化学的特性

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 架橋鎖に水素結合部位を有するシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 配位部位に様々な置換基を有する新規ユーロピウム錯体群の合成とその特性

    物質工学科

    第42回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月02日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 蛍光を有する縮環化合物群を含むランタノイド単核及び二核錯体の機能化

    萬有15周年記念福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月14日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • ナフタレンを環成分とするシクロファン類の合成と構造特性

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 新規縮環芳香族部位を構造に含むルテニウム錯体群の合成とその特性

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • ピリジノファン類を基盤とした自己集積型カプセルの構築

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 新規ピレン類の合成とその光化学的特性

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 新規ピレノファン類の構造とその電荷移動錯体

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • ポルフィリン骨格を有するシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 蛍光性縮環芳香族部位を含むランタノイド金属錯体の合成とその機能化

    物質工学科

    第85日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 蛍光性縮環芳香族部位を含むランタノイド錯体の合成とその機能化

    物質工学科

    第19回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月26日 - 2004年11月27日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 新規縮環芳香族化合物の合成とその光化学的特性

    物質工学科

    第19回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月26日 - 2004年11月27日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • ピリジノファン類を基盤とした自己集積型カプセルの構築に関する研究

    物質工学科

    第19回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月26日 - 2004年11月27日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • ピレノファン類の構造特性と電荷移動錯体に関する研究

    物質工学科

    第19回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月26日 - 2004年11月27日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • ポルフィリン環を有する[2.2]メタシクロファン類の合成とその特性

    物質工学科

    第19回シクロファン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月26日 - 2004年11月27日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Synthesis and characterization of cyclophane compounds consisting of naphthalene unit.

    物質工学科

    16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemist 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月13日   記述言語:英語   開催地: 佐賀  

  • Structural properties and charge-transfer complexes of pyrenophanes.

    物質工学科

    16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemist 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月13日   記述言語:英語   開催地: 佐賀  

  • Synthesis of ligands having an aromatic component and their ruthenium complexes.

    物質工学科

    16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemist 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月13日   記述言語:英語   開催地: 佐賀  

  • Synthesis, structural properties and charge-transfer complexes of novel pyrenophanes.

    本人

    The first Gunma International Symposium on Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月06日   記述言語:英語   開催地:日本 桐生  

  • 弱い相互作用の視点から見た小環状シクロファン類

    本人

    東京大学理学部講演 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • ナフタレンを環成分とするシクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第17回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月23日 - 2004年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • 縮環芳香族を有する配位子の合成とそのルテニウム錯体に関する研究

    物質工学科

    第17回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月23日 - 2004年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • ピレノファン類の構造特性と電荷移動錯体に関する研究

    物質工学科

    第17回基礎有機化学連合討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月23日 - 2004年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • 蛍光性縮環芳香族部位を含むランタノイド錯体の合成と機能化

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 特異配位子構造を有するルテニウム錯体材料の開発

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ナフタレンを環成分とするシクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 水素結合型シクロファン類の合成とその集積化

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規縮環芳香族化合物の合成とその光化学的特性

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン骨格を持つポルフィリン類の合成とその特性

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • アセチレン部位を含むシクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ピリジノファン類を基盤とした自己集積型カプセルの構築に関する研究

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 新規ピレノファン類の構造とその電荷移動錯体に関する研究

    物質工学科

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月17日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • シクロファン系における弱い相互作用

    本人

    九州大学先導物質化学研究所講演 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • Intra- and Intermolecular Interactions in Dithiametacyclophane System.

    本人

    The 10th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月06日 - 2001年08月10日   記述言語:英語   開催地: America San Diego  

  • Aspects of cyclophane compounds in terms of weak interactions.

    本人

    Special seminar 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年01月20日   記述言語:英語   開催地: America Los Angeles  

  • Aspects of cyclophane compounds in terms of weak interactions.

    本人

    Seminar on Organic Chemistry Division 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年01月16日   記述言語:英語   開催地: America Boston  

  • Synthesis and Conformational Properties of 1,8-Bridged Fluprenophanes.

    本人

    1999 IAMS International Seminar 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月18日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Synthesis and Structure of Novel 1,8-Bridged Fluorenophanes.

    本人

    The 2nd Korea-Japan Symposium for Young Organic Chemist 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年02月06日 - 1998年02月07日   記述言語:英語   開催地: Korea Pusan  

  • Transannular Interactions in Metacyclophanes.

    本人

    The New Horizons in Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年11月20日 - 1997年11月23日   記述言語:英語   開催地: America Los Angeles  

  • Preparation, Characterization, and Application of [2.n]Metacyclophanediazonium Salts.

    本人

    1996 IAMS International Seminar 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年11月21日 - 1996年11月22日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Synthesis, Structure, and Reactivity of Cyclophanes Consisting of Three Aromatic Rings.

    本人

    Korea-Japan Symposium for Young Organic Chemist 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年03月09日 - 1996年03月10日   記述言語:英語   開催地: Korea Pusan  

  • Preparation, properties, and reaction of [2.2]metacyclophanediazonium salts.

    本人

    8th International Symposium on Novel Aromatic Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年07月31日 - 1995年08月03日   記述言語:英語   開催地: Germany Braushweig  

  • Conformation and Reactivities of [2.2.1]- and [2.2.3]Metacyclophanes.

    20th International Symposium on Macrocyclic Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 1993年08月02日 - 1993年08月07日   記述言語:英語   開催地: Netherland Enschede  

▼全件表示

講演

  • 分子設計に基づくアンビデキストラウスゲル化剤の創製

    ナノサイエンス研究交流会講演会  2021年12月  崇城大学ナノサイエンス学科

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:崇城大学  

  • 分子設計に基づく機能性有機ゲル化剤、およびアンビデキストラウスゲル化剤の創製

    工学部先端科学講演会  2020年11月  工学部

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Preparation and properties of organogelators and ambidextrous gelators.

    Workshop by Graduate Students from Laboratories of KIT and NCTU  2019年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月13日 - 2019年01月15日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:National Chiao Tung University, Hsinchu, Taiwan  

  • π電子を基盤とした相互作用の視点から見た小環状シクロファン類

    第12回有機π電子系シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月30日 - 2018年12月01日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:滋賀  

  • Novel Ambidextrous Gelators

    The 11th Japan-Taiwan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules  2018年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月25日 - 2018年08月29日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Tunghai University, Taichung City, Taiwan  

  • Organogelators consisting of some unique moieties.

    The 10th Japan-Taiwan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules  2017年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月14日 - 2017年10月17日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Miyazaki, Japan  

  • Organogelators Derived from the [3.3]Metacyclophane Skeleton and the Europium Complex

    The 7th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules  2012年10月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:National Chiao Tung University  

  • Aspects of Small-sized Cyclophanes in Terms of Weak Interactions

    有機化学セミナー  2012年10月 

     詳細を見る

    講演種別:その他   開催地:University of California, Irvine  

▼全件表示

報道関係

  • 無色から赤く発色

    柘植顕彦,森口哲次

    日刊工業新聞  2011年01月14日

学術関係受賞

  • 平成30年度有機π電子系学会賞

    有機π電子系学会   2018年11月30日

    柘植顕彦

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • ゲル化に伴い接着能、及びコーティング能を発現する機能性有機材料の創製

    研究課題番号:15K05480  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • 錯体化を駆動力とした赤色発光型ゲルの創製とその機能化

    研究課題番号:23550157  2011年04月 - 2014年03月   基盤研究(C)

  • ニトロソニウムカチオンに対して認識能を持つ金属発光型ボックス分子の合成と機能化

    研究課題番号:17550132  2005年04月 - 2007年03月   基盤研究(C)

  • フルオレン系アセチレン型大環状化合物を用いたナノ分子組織体の構築と機能化

    研究課題番号:14550827  2002年04月 - 2004年03月   基盤研究(C)

受託研究・共同研究実施実績

  • AS242Z01014M三原色発光型ゲルの創製とその機能化

    2012年11月 - 2013年10月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • (AS232Z01220D)セシウム(放射性)を特異的に結合するシクロファン類の開発とその実用化

    2012年04月 - 2012年07月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

    研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ
    (A-STEP)

  • (AS232Z01220D)セシウム(放射性)を特異的に結合するシクロファン類の開発とその実用化

    2011年12月 - 2012年03月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

    研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ
    (A-STEP)

  • 環状芳香族化合物-炭木質複合体を用いたリチウムの特異的捕捉に関する研究

    2009年07月 - 2010年03月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 有機化合物を用いた高感度フッ素センシングシステムの構築

    2008年04月 - 2009年03月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   有機化学概論

  • 2021年度   科学英語Ⅰ

  • 2021年度   有機化学基礎

  • 2021年度   化学Ⅰ

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   有機化学概論

  • 2020年度   構造有機化学特論

  • 2020年度   科学英語Ⅰ

  • 2020年度   有機工業化学

  • 2020年度   有機化学基礎

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   有機化学概論

  • 2019年度   有機工業化学

  • 2019年度   有機化学基礎

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2018年度   科学英語Ⅰ

  • 2018年度   有機工業化学

  • 2018年度   有機化学基礎

  • 2018年度   化学Ⅰ

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   有機化学概論

  • 2018年度   構造有機化学特論

  • 2017年度   有機化学基礎

  • 2017年度   化学ⅠA

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   有機化学概論

  • 2017年度   科学英語Ⅰ

  • 2016年度   有機化学概論

  • 2016年度   構造有機化学特論

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   科学英語Ⅰ

  • 2016年度   科学英語Ⅰ

  • 2016年度   有機化学基礎

  • 2016年度   化学Ⅰ

  • 2015年度   応用化学入門

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   応用化学特論Ⅰ

  • 2015年度   応用化学特論Ⅱ

  • 2015年度   応用化学特論Ⅲ

  • 2015年度   有機化学概論

  • 2015年度   化学Ⅰ

  • 2015年度   有機化学基礎

  • 2015年度   科学英語Ⅰ

  • 2015年度   科学英語Ⅱ

  • 2015年度   見学実習

  • 2014年度   有機化学基礎

  • 2014年度   科学英語Ⅰ

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   構造有機化学特論

  • 2014年度   有機化学概論

  • 2014年度   グローバル教育実践実習

  • 2014年度   化学Ⅰ

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2013年度   有機化学概論

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   科学英語Ⅰ

  • 2013年度   有機化学基礎

  • 2013年度   化学Ⅰ

  • 2012年度   構造有機化学特論

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   科学英語Ⅰ

  • 2012年度   有機化学基礎

  • 2012年度   化学Ⅰ

  • 2012年度   有機化学概論

  • 2011年度   科学英語Ⅰ

  • 2011年度   工学と環境

  • 2011年度   化学Ⅰ

  • 2011年度   有機化学基礎

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   有機化学概論

  • 2011年度   応用化学自由研究

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 2017年度応用化学科ベストプロフェッサー賞

    九州工業大学工学部教育方法等開発室  

    2017年04月

  • 2013年度応用化学科ベストプロフェッサー賞

    九州工業大学工学部教育方法等開発室  

    2014年04月

学会・委員会等活動

  • 有機π電子系学会 会長   会長  

    2020年04月 - 現在

  • 有機π電子系学会 副会長   副会長  

    2017年10月 - 2020年03月

  • 日本化学会   九州支部支部長  

    2017年04月 - 2018年03月

  • 日本化学会   九州支部副支部長  

    2016年04月 - 2017年03月

  • 有機合成化学協会   支部幹事  

    2015年04月 - 2016年03月

  • 日本化学会   九州支部副支部長  

    2015年04月 - 2016年03月

  • 日本化学会   九州支部幹事  

    2015年04月 - 2016年03月

  • 日本化学会   九州支部化学教育協議会議長  

    2015年04月 - 2016年03月

▼全件表示