柘植 顕彦 (ツゲ アキヒコ)

TSUGE Akihiko

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

有機合成化学, シクロファン, 分子認識, 水素結合, 配位化合物,分子集合体, 高分子

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-884-3317

研究室FAX

093-884-3075

ホームページ

http://www.che.Kyutech.ac.jp/chem06/chem06.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 6

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1980年03月   九州大学   工学部   合成化学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月  九州大学  工学研究科  合成化学  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  工学博士  1985年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中
     

    有機π電子系学会 会長  日本国

  • 2018年04月
    -
    2019年03月
     

    日本化学会九州支部監査  日本国

  • 2017年10月
    -
    2019年03月
     

    有機π電子系学会 副会長  日本国

  • 2017年04月
    -
    2018年03月
     

    日本化学会九州支部支部長  日本国

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
     

    日本化学会九州支部副支部長  日本国

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • シクロファン類の合成とその機能化

    有機合成,シクロファン,分子認識,動的構造  

    研究期間: 1994年04月  -  継続中

  • ロタキサン類の機能化

    有機合成,ロタキサン  

    研究期間: 2006年04月  -  継続中

  • 新規ゲル化剤の開発

    ゲル  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigation of the hardener with latent and rapid curing based on phenol-amine salts for applications to cyanate ester resins.

    J. Ueyama, R. Ogawa, A. Tsuge, T. Endo

    J. Appl. Polym. Sci.  ( WIELY )    e5128   2021年06月  [査読有り]

    DOI

  • Formation of Organogel In Situ Based on a Dynamic Imine Bond

    Tsuge A., Suehara, S., Takemori Y., Nakano, M., Araki K.

    Chem. Lett.    50 ( 5 ) 1091 - 1094   2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A simple approach for creating organogel in situ through formation of a reversible imine bond known as a dynamic covalent bond is described. As the condensations of the glutamate-based amine compounds and salicylaldehyde or 2-hydroxy-1-naphthaldehyde in alcohols such as MeOH, EtOH and propanol as well as DMF proceed, gelation occurs in situ depending on the condition. Addition of a small amount of acid and water to a resultant gel induces its collapse due to returning to the corresponding amines and aldehydes. No such a gelation was observed when combining benzaldehyde or naphthaldehyde.

    DOI

  • 分子設計に基づいた有機およびアンビデキストラウスゲル化剤の創製(総合論文)

    柘植 顕彦

    有機合成化学協会誌  ( 有機合成化学協会 )  79 ( 4 ) 300 - 310   2021年04月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI

  • Development of novel aromatic ambidextrous gelators based on molecular design

    Tsuge A., Matsumoto S., Hashimura D., Araki K.

    Tetrahedron Letters    61 ( 7 )   2020年02月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 Elsevier Ltd Although large amounts of organogelators and hydrogelators have been available, the ambidextrous gelators that can gelate both organic solvents, especially, apolar solvents and water are very limited. Furthermore, most of them have been found out incidentally. In order to create powerful ambidextrous gelators it should be necessary to tackle a bottom-up approach based on organic synthesis. Thus, according to molecular design the amphiphilic aromatic compounds consisting of glutamate- or aspartate-based structure having two long alkyl chains and some ethylene glycol units have been prepared. The glutamate-based amphiphilic compounds having one ethylene glycol unit or two ethylene glycol units exhibited an excellent ambidextrous capability because they can only gelate benzene, toluene and water, however, introduction of three ethylene glycol units prevented gelating water. On the other hand the corresponding aspartate-based amphiphilic compound showed no such ambidextrous properties.

    DOI Scopus

  • Gelating Abilities of Two-component System of Catecholic Derivatives and a Boronic Acid.

    Akihiko Tsuge, Ryota Kamoto, Daisuke Yakeya, Koji Araki

    Gels  ( MDPI )  5 ( 45 ) 5 - 14   2019年10月  [査読有り]

    機関リポジトリ DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発(共著)

    柘植顕彦 ( 単著 , 担当範囲: 錯体化を駆動力とした赤色発光型ゲル化剤の創製 )

    技術情報協会  2013年12月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 五員環環状カーボナートの合成及びカチオン開環重合挙

    川本将都、森康友紀、荒木孝司、柘植顕彦、遠藤剛  [招待有り]

    第58回化学関連支部合同九州大会  (Online)  2021年07月  -  2021年07月   

  • 1,2,3-トリアゾール部位を有するゲル化剤の合成とその特性

    宮石理沙、荒木孝司、柘植顕彦  [招待有り]

    第58回化学関連支部合同九州大会  (Online)  2021年07月  -  2021年07月   

  • 親水性及び疎水性を併せ持つ低分子ゲル化剤の合成と特性評価

    橋村大輝、荒木孝司、柘植顕彦  [招待有り]

    第58回化学関連支部合同九州大会  (Online)  2021年07月  -  2021年07月   

  • 光によるG-quadruplex(G4)リガンドの結合制御

    大地桃子、荒木孝司、柘植顕彦、佐藤しのぶ、竹中繁織  [招待有り]

    第58回化学関連支部合同九州大会  (Online)  2021年07月  -  2021年07月   

  • 電荷移動錯体型ゲル化システムの構築

    竹本一晴、荒木孝司、柘植顕彦  [招待有り]

    第58回化学関連支部合同九州大会  (Online)  2021年07月  -  2021年07月   

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Organogelators Derived from the [3.3]Metacyclophane Skeleton and the Europium Complex

    The 7th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules ( National Chiao Tung University )  2012年10月23日 

  • Aspects of Small-sized Cyclophanes in Terms of Weak Interactions

    有機化学セミナー ( University of California, Irvine )  2012年10月15日 

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 無色から赤く発色

    日刊工業新聞  2011年01月14日

    柘植顕彦,森口哲次

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度有機π電子系学会賞

    2018年11月30日   有機π電子系学会   日本国

    受賞者:  柘植顕彦

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゲル化に伴い接着能、及びコーティング能を発現する機能性有機材料の創製

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K05480

  • 錯体化を駆動力とした赤色発光型ゲルの創製とその機能化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23550157

  • ニトロソニウムカチオンに対して認識能を持つ金属発光型ボックス分子の合成と機能化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  17550132

  • フルオレン系アセチレン型大環状化合物を用いたナノ分子組織体の構築と機能化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2002年04月  -  2004年03月

    研究課題番号:  14550827

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • AS242Z01014M三原色発光型ゲルの創製とその機能化

    受託研究

    研究期間:  2012年11月  -  2013年10月

  • (AS232Z01220D)セシウム(放射性)を特異的に結合するシクロファン類の開発とその実用化

    受託研究

    研究期間:  2012年04月  -  2012年07月

     概要を見る

    研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ
    (A-STEP)

  • (AS232Z01220D)セシウム(放射性)を特異的に結合するシクロファン類の開発とその実用化

    受託研究

    研究期間:  2011年12月  -  2012年03月

     概要を見る

    研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ
    (A-STEP)

  • 環状芳香族化合物-炭木質複合体を用いたリチウムの特異的捕捉に関する研究

    受託研究

    研究期間:  2009年07月  -  2010年03月

  • 有機化合物を用いた高感度フッ素センシングシステムの構築

    受託研究

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  有機化学基礎

  • 2020年度  有機工業化学

  • 2020年度  物理学・化学実験

  • 2020年度  構造有機化学特論

  • 2020年度  有機化学概論

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 2017年度応用化学科ベストプロフェッサー賞

    2017年04月   九州工業大学工学部教育方法等開発室

  • 2013年度応用化学科ベストプロフェッサー賞

    2014年04月   九州工業大学工学部教育方法等開発室

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    有機π電子系学会 会長   会長

  • 2017年10月
    -
    2020年03月

    有機π電子系学会 副会長   副会長

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    日本化学会   九州支部支部長

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    日本化学会   九州支部副支部長

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    有機合成化学協会   支部幹事

全件表示 >>