2024/05/21 更新

キタムラ ミツル
北村 充
KITAMURA Mitsuru
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 13

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
093-884-3304
研究室FAX
093-884-3304
外部リンク

研究キーワード

  • 有機合成

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機合成化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 有機合成化学

出身学校

  • 1994年03月   慶應義塾大学   理工学部   化学専攻   卒業   日本国

出身大学院

  • 1999年03月   東京工業大学   理工学研究科   化学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1996年03月   慶應義塾大学   理工学研究科   化学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京工業大学  -  博士(理学)   1999年03月

学内職務経歴

  • 2022年04月 - 現在   九州工業大学   教育高度化本部     教授

  • 2022年04月 - 2024年03月   九州工業大学   教育高度化本部     GCE教育推進室長

  • 2022年04月 - 2024年03月   九州工業大学   大学院工学研究院     工学専攻長

  • 2022年04月 - 2024年03月   九州工業大学   大学院工学研究院     副研究院長(副工学府長)

  • 2015年06月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2015年05月   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     准教授

▼全件表示

所属学会・委員会

  • 2010年04月 - 現在   日本化学会   日本国

  • 2010年04月 - 現在   アメリカ化学会   アメリカ合衆国

  • 2009年04月 - 現在   有機合成化学協会   日本国

論文

  • Diazo-Transfer Reaction of Nonactivated Ketones with 2-Azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium Hexafluorophosphate (IPrAP) 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Ohtsuka K., Eto T., Tsuzaki M., Wada M., Shimooka H., Okauchi T.

    Journal of Organic Chemistry   88 ( 21 )   15494 - 15500   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The diazo-transfer reaction of nonactivated ketone under mild reaction conditions was developed. Various nonactivated ketones such as aryl methyl ketones, sec-alkyl methyl ketones, and cyclic ketones were transformed into their corresponding α-diazoketones in one step by treating 2-azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium hexafluorophosphate (IPrAP) in the presence of iPr2NH in ethylene glycol. In the reaction of IPrAP with prim-alkyl methyl ketone and prim-alkyl aryl ketones, migratory amidation proceeded under the reaction conditions to afford the corresponding amides.

    DOI: 10.1021/acs.joc.3c01743

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85177807337&origin=inward

  • Formal synthesis of isoquinocyclinone using ortho-alkoxycarbonylmethylation of anthranol via diazoquinone 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Fukuzumi N., Shinagawa M., Araki K., Shimizu Y., Takahashi S., Iwata T., Shimooka H., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   125   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, a formal synthesis of isoquinocyclinone is reported. Synthesis of key intermediate lactone 6, an intermediate in Koert's s total synthesis of isoquinocyclinone, was succeeded. The lactone 6 was synthesized by using our developed diazo-transfer reaction of anthranol with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium chloride (ADMC) and alkoxycarbonylmethylation of diazoquinone as key reactions.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2023.154618

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85162238120&origin=inward

  • Synthesis of Diazoquinones and Azidophenols via Diazo-Transfer Reaction of Phenols 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Eto T., Konai K., Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2022 ( 18 )   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The first efficient diazo-transfer reaction of phenols is described. o-Quinone diazides (diazoquinones) were prepared from phenols in high yields by the diazo-transfer reaction using 2-azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium hexafluorophosphate (IPrAP, 2-PF6), which is a safe and stable crystalline. The reaction efficiently proceeded in methanol in the presence of a base. Phenols substituted with electron-donating groups reacted more smoothly than those having electron withdrawing groups. Reactive phenols were diazotized by IPrAP with iPr2NH as a base, and low reactive phenols were diazotized with N,N-dimethyl-4-aminopyridine (DMAP). Furthermore, the formed diazoquinones reacted with sodium azide in 2-methoxyethanol and afforded the corresponding azidophenol in high yields.

    DOI: 10.1002/ejoc.202200307

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85130033732&origin=inward

  • Synthesis of an Ortho-Functionalized Tetrafluorinated Azobenzene Phosphoramidite for Incorporation into a Tetrafluorinated Azobenzene-Containing siRNA for Photocontrolled Gene Silencing 招待有り 査読有り 国際誌

    Hammill M.L., Tsubaki K., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    Current Protocols   3 ( 10 )   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This article presents the detailed synthesis and characterization protocols for an ortho-functionalized tetrafluorinated azobenzene containing siRNA, which has photoswitchable properties. To design this tetrafluorinated azobenzene scaffold, several synthetic steps are performed to generate a symmetrical tetrafluorinated azobenzene diol. This diol is treated with dimethoxytrityl chloride (DMT-Cl) to protect one of the alcohols. Next, the DMT-protected tetrafluorinated monoalcohol is phosphitylated to afford the DMT-phosphoramidite building block used for solid-phase synthesis. This paper also contains the detailed biophysical characterization, biological testing, and photo-switching protocols of an ortho-functionalized fluorinated azobenzene containing siRNA (F-siRNA), which has photoswitchable properties that can be controlled with visible light. First, the F-siRNA was characterized by annealing the sense and antisense strands together and then measuring the circular dichroism (CD) profile and melting temperature (Tm) of the duplexes. Second, biological testing of the F-siRNA is performed in cell culture to determine their gene silencing efficacy. Finally, their gene-silencing activities are measured after exposure to green light to inactivate the F-siRNA, followed by blue light, which reactivates the F-siRNA. The F-siRNA can be kept inactive for up to 72 hr and reactivated at any time within this 72-hr window. © 2023 Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/cpz1.874

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85174820352&origin=inward

  • Conversion of η4-(Vinylketene)iron complexes to η4-(Vinylketenimine)iron complexes using titanium chloride and amines 査読有り 国際誌

    Tatsuo Okauchi, Kohei Teratani, Tomoya Nakagawa, Taiga Ichimura, Hirokazu Shimooka, Mitsuru Kitamura

    Journal of Organometallic Chemistry ( Elsevier B.V. )   990   Article number 122672   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We developed a one-pot convenient method for the synthesis of η4-(vinylketenimine)iron complexes using η4-(vinylketene)iron complexes. This method does not require toxic reagents or prior preparation of corresponding reagents. The (vinylketene)iron complex is readily converted to (vinylketene)iron complex by mixing TiCl4 and a commercially available amine.

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2023.122672

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2023.122672

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149853261&origin=inward

  • Synthesis of Dinucleotide Non-Symmetrical Triester Phosphate Phosphoramidites and Their Incorporation Within Oligonucleotides 招待有り 査読有り 国際誌

    Desaulniers J.P., Tsubaki K., Hammill M.L., Kitamura M., Okauchi T.

    Current Protocols   3 ( 5 )   2023年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this protocol article, the synthesis of dinucleotide non-symmetrical triester phosphate phosphoramidites will be highlighted. Specifically, we use a selective transesterification starting with tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate to afford a dinucleotide derivative phosphate ester. Substitution of the final trifluoroethyl group with various alcohols affords a dinucleotide triester phosphate with a hydrophobic group, which can then be deprotected and converted to a phosphoramidite for incorporation within oligonucleotides. © 2023 Wiley Periodicals LLC. Basic Protocol 1: Synthesis of a DMT- and TBS-protected unsymmetrical dinucleotide. Basic Protocol 2: Synthesis of a DMT-protected unsymmetrical dinucleotide phosphotriester monoalcohols. Basic Protocol 3: Synthesis of DMT-protected phenylethyl phosphotriester dinucleotide phosphoramidites. Basic Protocol 4: Synthesis, purification, and characterization of RNAs containing triester phosphate modifications.

    DOI: 10.1002/cpz1.784

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85159804752&origin=inward

  • 抗菌ペプチドの新たな機能と応用 査読有り

    ファラグ ヒシャム, 下岡 弘和, 北村 充

    産業医大誌 ( 学校法人 産業医科大学 )   45 ( 1 )   1 - 7   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The emergent disaster of antimicrobial resistance developed by virulent bacteria has highlighted the need to investigate substitutes for the presently existing antibiotics. Antibacterial peptides (ABPs) have arisen as promising substitutes because of their unique killing effect on bacteria: bacterial resistance toward ABPs is negligible. ABPs have many beneficial subsidiary effects, such as protection of labile bioactive compounds, and they can be covalently connected to different materials to enhance their antibacterial effect. Many researchers have investigated many applications of these peptides recently, such as in a variety of pharmaceutical dosage forms and wastewater treatment.</p>

    DOI: 10.7888/juoeh.45.1

    CiNii Research

    PubMed

  • A Convenient Method for Synthesizing 1-Alkyl-2-Acyl-sn-Glycero-3-Phosphoethanolamines 査読有り 国際誌

    Okauchi T., Tsubaki K., Higuma Y., Shimooka H., Kitamura M.

    Synthesis (Germany)   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A convenient method for synthesizing 1-Alkyl-2-Acyl-sn-glycero-3-phosphoethanolamines starting from an optical active alcohol is described. In this method, the phosphate group was introduced through the transesterification that we developed, and a protected 1-Alkyl-2-lyso-GPE was employed as an intermediate. This compound is stable and serves as a common intermidiate for the synthesis of various 1-Alkyl-2-Acyl-GPEs with different acyl groups.

    DOI: 10.1055/a-2257-0684

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85184481416&origin=inward

  • Synthesis, Derivatization and Photochemical Control of an ortho-Functionalized Tetrafluorinated Azobenzene-Modified siRNA 査読有り 国際誌

    Matthew L.Hammill, Kouta Tsubaki, Yuwei Wang, Golam Islam, Mitsuru Kitamura,Tatsuo Okauchi, Jean-Paul Desaulniers

    ChemBioChem   23 ( 20 )   e202200386   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/cbic.202200386

    DOI: 10.1002/cbic.202200386

  • SiRNAs with Neutral Phosphate Triester Hydrocarbon Tails Exhibit Carrier-Free Gene-Silencing Activity 査読有り

    Hammill M.L., Tsubaki K., Salim L., Varley A.J., Giorgees I., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    ACS Medicinal Chemistry Letters   13 ( 4 )   695 - 700   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Short interfering RNAs (siRNAs) show promise as gene-silencing therapeutics, but their cellular uptake remains a challenge. We have recently shown the synthesis of siRNAs bearing a single neutral phenylethyl phosphotriester linkage within the sense strand. Here, we report the synthesis of siRNAs bearing three different hydrophobic phosphate triester linkages at key positions within the sense strand and assess their gene silencing in the absence of a transfection carrier. The best siRNAs bearing hydrophobic phosphate triester tails were not aromatic and exhibited effective gene silencing (IC50≈ 56-141 nM), whereas the aromatic derivative with three hydrophobic tails did not exhibit carrier-free gene silencing.

    DOI: 10.1021/acsmedchemlett.2c00027

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85127360112&origin=inward

  • Formal Synthesis of Teadenols via Pd-catalyzed 6- endo Cyclization of Epoxyphenol 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Hiroki S., Hoshino K., Higashijima Y., Kisanuki M., Yuasa R., Yamaguchi Y., Shimazu T., Koga N., Hamada H., Miyori N., Shimooka H., Okauchi T.

    Synlett   33 ( 15 )   1523 - 1526   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Formal synthesis of teadenol A and B was achieved via Pd-catalyzed 6- endo cyclization of phenol having vinylepoxide moiety as a key reaction. Although 5- exo and 6- endo cyclizations compete for the cyclization of epoxides with a nucleophilic moiety at the 5-position, 6- endo cyclization can be realized by using a palladium catalyst.

    DOI: 10.1055/a-1890-8287

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85134309293&origin=inward

  • Building siRNAs with Cubes: Synthesis and Evaluation of Cubane-Modified siRNAs 査読有り

    Hammill M.L., Salim L., Tsubaki K., Varley A.J., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    ChemBioChem   22 ( 20 )   2981 - 2985   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cubane molecules hold great potential for medicinal chemistry applications due to their inherent stability and low toxicity. In this study, we report the synthesis of a cubane derivative phosphoramidite for the incorporation of cubane into small interfering RNAs (siRNAs). Synthetic siRNAs rely on chemical modifications to improve their pharmacokinetic profiles. However, they are still able to mediate sequence-specific gene silencing via the endogenous RNA interference pathway. We designed a library of siRNAs bearing cubane at different positions within the sense and antisense strands. All siRNAs showed excellent gene-silencing activity, with IC50 values ranging from 45.4 to 305 pM. Incorporating the cubane modification in both the sense and antisense strand led to viable duplexes with good biological activity. To the best of our knowledge, this is the first report of siRNAs bearing a cubane derivative within the backbone.

    DOI: 10.1002/cbic.202100334

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85112037081&origin=inward

  • Pyrrole Formation via Reactivity of η4-(Vinylketenimine)iron Complexes with Electron-Deficient Alkynes 査読有り 国際誌

    Okauchi T., Urakawa A., Tabuchi N., Arai M., Nakagawa T., Ichimura T., Shimooka H., Kitamura M.

    Organometallics   40 ( 17 )   2929 - 2933   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    When electron-deficient alkynes reacted with η4-(vinylketenimine)iron complexes, pyrroles were produced. Pyrrole formation involved the [2 + 3] cycloaddition of alkyne to the ketenimine moiety, migration of the vinyl group, and decomplexation. Either alkynes bearing two electron-withdrawing groups, or terminal alkynes with an electron-withdrawing group reacted to generate pyrroles.

    DOI: 10.1021/acs.organomet.1c00321

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85114181199&origin=inward

  • New Phosphorylating Agents for the Synthesis of Phosphatidyl­ethanolamines 査読有り

    Tsubaki K., Yamanaka T., Hisamitsu T., Shimooka H., Kitamura M., Okauchi T.

    Synthesis (Germany)   53 ( 20 )   3827 - 3835   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The preparation of three novel phosphorylating agents and their application toward the synthesis of phosphatidylethanolamines is described. These reagents are stable to air and moisture, and phosphorylate glycerols in good yield. The experimental procedures using these phosphorylating agents are simple. Moreover, the appropriate reagent can be selected based on the desired functional groups of the targeted phosphatidylethanolamine.

    DOI: 10.1055/a-1516-9893

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85108869274&origin=inward

  • PdBr<inf>2</inf>-Catalyzed Acetal Formation of Carbonyl Compounds Using Diazophenanthrenequinone: Utility of 9,10-Phenanthrenedioxyacetal 査読有り

    Kitamura M., Fujimura R., Nishimura T., Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2020 ( 33 )   5319 - 5322   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim We developed a new acetalization method of ketones and aldehydes under non-acidic conditions using diazophenanthrenequinone and PdBr2. The formed acetals that have a phenanthrene skeleton withstand under mild acidic conditions. Removal of acetals was successfully proceeded under strong acidic or oxidation conditions using aqueous ceric ammonium nitrate (CAN) to afford corresponding ketones and aldehydes.

    DOI: 10.1002/ejoc.202000315

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085974663&origin=inward

  • Synthesis and Evaluation of Neutral Phosphate Triester Backbone-Modified siRNAs 査読有り

    Tsubaki K., Hammill M.L., Varley A.J., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    ACS Medicinal Chemistry Letters   11 ( 7 )   1457 - 1462   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2020 American Chemical Society. Two unsymmetrical dinucleotide phosphate triesters were synthesized via transesterification from tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate. The protected triesters were phosphytilated to generate phosphoramidites for solid-phase oligonucleotide synthesis. Neutral phenylethyl phosphate-modified short-interfering RNAs (siRNAs) were synthesized and evaluated for their gene-silencing ability, siRNA strand selection, and resistance to nucleases. These backbone-modified phosphate triester siRNAs offer many improvements compared to natural unmodified siRNAs.

    DOI: 10.1021/acsmedchemlett.0c00232

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85094628376&origin=inward

  • Structural modification of a novel inhibitor for mycobacterium enoyl-acyl carrier protein reductase assisted by in silico structure-based drug screening 査読有り

    Taira J., Nagano T., Kitamura M., Yamaguchi M., Sakamoto H., Aoki S.

    International Journal of Mycobacteriology   9 ( 1 )   12 - 17   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Medknow. All rights reserved. Background: Mycobacterium tuberculosis enoyl-acyl carrier protein reductase (mtInhA) is involved in the biosynthesis of mycolic acids, a major component of mycobacterial cell walls, and has been targeted in the development of anti-tuberculosis (TB) drugs. In our previous in silico structure-based drug screening study, we identified KES4, a novel class of mtInhA inhibitor. KES4 is composed of four ring structures (A-D-rings) and molecular dynamic simulation predicted that the D-ring is essential for the interaction with mtInhA. Methods: The structure-activity relationship study of the D-ring was attempted and aided by in silico docking simulations to improve the mtInhA inhibitory activity of KES4. A virtual chemical library of the D-ring-modified KES4 was then constructed and subjected to in silico docking simulation against mtInhA using the GOLD program. The candidate compound showing the highest GOLD score, referred to as KEN1, was synthesized, and its biological properties were compared with those of the lead compound KES4. Results: We achieved the synthesis of KEN1 and evaluated its effects on InhA activity, mycobacterial growth, and cytotoxicity. The antimycobacterial activity of KEN1 was comparable to that of the lead compound (KES4), although it exhibited superior activity in mtInhA inhibition. \Conclusions: We obtained a KES4 derivative with high mtInhA inhibitory activity by in silico docking simulation with a chemical library consisting of a series of D-ring-modified KES4.

    DOI: 10.4103/ijmy.ijmy_184_19

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081752977&origin=inward

  • Rh(II)-catalyzed formal [3+3] cycloaddition of diazonaphthoquinones and propargyl alcohols: Synthesis of 2,3-dihydronaphtho-1,4-dioxin derivatives 査読有り

    Kitamura M., Nishimura T., Otsuka K., Shimooka H., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   61 ( 20 )   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 A Rh(II)-catalyzed formal [3+3] cyclization of diazonaphthoquinones and propargyl alcohol is reported to afford 2,3-dihydro-1,4-benzodioxins. Various terminal propargyl alcohols react with diazonapthoquinone in the presence of Rh2(OAc)4 to give the corresponding dihydrodioxins in good to high yields. However, dihydrodioxins are not formed in the reaction of internal propargyl alcohols, and the O–H insertion product and 2,5-dihydrofurans are formed as the main product(s) depending on the terminal substituent. 2,3-Dihydro-1,4-benzodioxins are proposed to be formed via Rh(II)-catalyzed intermolecular oxonium ylide formation and subsequent 6-exo-dig cyclization with the internal alkynyl group.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2020.151853

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85082126247&origin=inward

  • Improvement of the novel inhibitor for Mycobacterium enoyl-acyl carrier protein reductase (InhA): a structure–activity relationship study of KES4 assisted by in silico structure-based drug screening 査読有り

    Taira J., Umei T., Inoue K., Kitamura M., Berenger F., Sacchettini J.C., Sakamoto H., Aoki S.

    Journal of Antibiotics   73 ( 6 )   372 - 381   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020, The Author(s), under exclusive licence to the Japan Antibiotics Research Association. InhA or enoyl-acyl carrier protein reductase of Mycobacterium tuberculosis (mtInhA), which controls mycobacterial cell wall construction, has been targeted in the development of antituberculosis drugs. Previously, our in silico structure-based drug screening study identified a novel class of compounds (designated KES4), which is capable of inhibiting the enzymatic activity of mtInhA, as well as mycobacterial growth. The compounds are composed of four ring structures (A–D), and the MD simulation predicted specific interactions with mtInhA of the D-ring and methylene group between the B-ring and C-ring; however, there is still room for improvement in the A-ring structure. In this study, a structure–activity relationship study of the A-ring was attempted with the assistance of in silico docking simulations. In brief, the virtual chemical library of A-ring-modified KES4 was constructed and subjected to in silico docking simulation against mtInhA using the GOLD program. Among the selected candidates, we achieved synthesis of seven compounds, and the bioactivities (effects on InhA activity and mycobacterial growth and cytotoxicity) of the synthesized molecules were evaluated. Among the compounds tested, two candidates (compounds 3d and 3f) exhibited superior properties as mtInhA-targeted anti-infectives for mycobacteria than the lead compound KES4.

    DOI: 10.1038/s41429-020-0293-6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081720231&origin=inward

  • Selective Transesterification of 2,2,2-Trifluoroethyl Phosphates: Synthesis of Mixed Unsymmetrical Phosphates 査読有り

    Tsubaki K., Shimooka H., Kitamura M., Okauchi T.

    Organic Letters   21 ( 23 )   9779 - 9783   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 American Chemical Society. A selective transesterification starting with tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate has been developed. This method involves a three-step substitution for 2,2,2-trifluoroethoxy groups and enables the facile synthesis of mixed unsymmetric phosphate triesters from three different alcohols. The substitution of the trifluoroethoxy group at the phosphorus proceeds selectively in the presence of DBU or lithium alkoxides. This method can be applied for the preparation of phospholipids.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b04003

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075667578&origin=inward

  • Design, Synthesis and Anticancer Evaluation of New Substituted Thiophene-Quinoline Derivatives 査読有り

    Othman D., Selim K., El-Sayed M., Tantawy A., Amen Y., Shimizu K., Okauchi T., Kitamura M.

    Bioorganic and Medicinal Chemistry   27 ( 19 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier Ltd A series of new isoxazolyl, triazolyl and phenyl based 3-thiophen-2-yl-quinoline derivatives were synthesized adopting click chemistry approach. In addition, the synthesis of new useful synthon, (2-chloroquinolin-3-yl) (thiophen-2-yl) methanol, is reported. The obtained compounds were characterized by spectral data analysis and evaluated for their anticancer activity. All the derivatives were subjected to in vitro MTT cytotoxicity screening assay against a panel of four different human cancer cell lines, liver (HepG-2), colon (HCT-116), human cervical cancer (HeLa) and breast (MCF-7). Out of a library of 17 compounds, two compounds have been identified as potent and selective cytotoxic agents against HeLa and MCF-7 cell lines. SAR studies for such hybridized analogues were investigated and phenyl derivatives were proved to be more potent than isoxazole and triazole derivatives. Furthermore, the promising compounds were selected for in vitro inhibition of EGFR-TK and Topo II enzymes. Also, they were subjected to cell cycle arrest analysis and apoptosis assay on MCF-7 cells. Our recent finding highlights these thiophene-quinoline analogues as a promising class of compounds for further studies concerning new anticancer therapies.

    DOI: 10.1016/j.bmc.2019.07.042

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85070393214&origin=inward

  • Direct Azidation of Phenols 査読有り

    Kitamura M., Murakami K., Koga T., Eto T., Ishikawa A., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2019 ( 33 )   5824 - 5827   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Direct azidation of phenols was developed. By treating chloroimidazolinium chloride 1b and sodium azide with phenol in the presence of a secondary amine in methoxyethanol, ortho-azidation of phenol was achieved.

    DOI: 10.1002/ejoc.201900967

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85070751076&origin=inward

  • 高校生のためのクロスカップリング実験 査読有り

    岡内 辰夫,北村 充

    化学と教育   67 ( 3 )   130 - 133   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Pd-catalyzed cyclization of terminal alkynes using diazonaphthoquinones: Synthesis of naphtho[1,2-b]furans 査読有り 国際誌

    Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T., Kitamura M.

    Chemistry Letters ( 公益社団法人 日本化学会 )   48 ( 1 )   28 - 31   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 The Chemical Society of Japan. Naphtho[1,2-b]furans were synthesized via a Pd-catalyzed reaction of diazonaphthoquinones and terminal alkynes in the presence of CuI and diisopropylamine. This method was then successfully applied to the synthesis of natural product, furomollugin.

    DOI: 10.1246/cl.180803

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85059438494&origin=inward

  • 高校生のためのクロスカップリング実験:—ノーベル化学賞の鈴木-宮浦クロスカップリングを題材に— 査読有り

    岡内 辰夫, 北村 充

    化学と教育 ( 公益社団法人 日本化学会 )   67 ( 3 )   130 - 133   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>2010年,「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリングの開発」に貢献した3人(Heck,根岸,鈴木)に,ノーベル化学賞が与えられた。そのうち2人が日本人であったため,マスコミで大きく取り上げられ,クロスカップリングという言葉が広く知られるようになった。受賞者の1人である北海道大学名誉教授の鈴木 章先生らのグループが開発した反応が,鈴木-宮浦クロスカップリングである。この反応は,有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物に対して,パラジウム触媒を作用させることで炭素-炭素結合が形成するというものである。この反応は,我々の身の回りの医薬品,農薬,液晶材料,EL材料などの開発・量産化に大いに貢献している。</p>

    DOI: 10.20665/kakyoshi.67.3_130

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007804205

  • Synthesis of (±)-myo-inositol 4-methylenephosphonate via Rh-Catalyzed hydrogenation of vinylphosphonate 査読有り

    T. Okauchi, S. Nakamura, K. Tsubaki, M. Asakawa, M. Kitamura

    Carbohydrate Research   448   24 - 27   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.carres.2017.05.018

  • Synthesis of 1,2-naphthalenediol derivatives by Rh-catalyzed intermolecular O-H insertion reaction of 1,2-diazonaphthoquinones with water and alcohol 査読有り

    M. Kitamura, K. Otsuka, S. Takahashi, T. Okauchi

    Tetrahedron Letters   58 ( 36 )   3508 - 3511   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.07.084

  • Azidoimidazolinium Salts: Safe and Efficient Diazo-transfer Reagents and Unique Azido-donors 査読有り

    Kitamura M.

    Chemical Record   17 ( 7 )   653 - 666   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 The Chemical Society of Japan & Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium chloride (ADMC) and its corresponding hexafluorophosphate (ADMP) were found to be efficient diazo-transfer reagents to various organic compounds. ADMC was prepared by the reaction of 2-chloro-1,3-dimethylimidazolinium chloride (DMC) and sodium azide. ADMP was isolated as a crystal having good thermal stability and low explosibility. ADMC and ADMP reacted with 1,3-dicarbonyl compounds under mild basic conditions to give 2-diazo-1,3-dicarbonyl compounds in high yields, which were easily isolated in virtue of the high water solubility of the by-products. ADMP showed high diazo-transfer ability to primary amines even in the absence of metal salt such as Cu(II). Using this diazotization approach, various alkyl/aryl azides were directly obtained from their corresponding primary amines in high yields. Furthermore, naphthols reacted with ADMC to give the corresponding diazonaphthoquinones in good to high yields. In addition, 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium salts were employed as azide-transfer and migratory amidation reagents.

    DOI: 10.1002/tcr.201600118

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85007307607&origin=inward

  • Total Synthesis of Eleuthoside A; Application of Rh-Catalyzed Intramolecular Cyclization of Diazonaphthoquinone 査読有り

    D. I. A. Othman, K. Otsuka, S. Takahashi, K. B. Selim, M. A. El-Sayed, A. S. Tantawy, T. Okauchi, M.u Kitamura

    Synlett   29 ( 4 )   457 - 462   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0036-1589118

    Kyutacar

  • Diazonaphthoquinones: Synthesis, reactions and applications 招待有り 査読有り

    D.I.A. Othman, M. Kitamura,

    Heterocycles   92 ( 10 )   1761 - 1783   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Axially Chiral Bifunctional 8,8′-Biquinolyl: Synthesis of 7,7′-Dihydroxymethyl-8,8′-biquinolyl via Pd-Catalyzed Double C–H Oxidation of 7,7′-Dimethyl-8,8′-biquinolyl 査読有り

    M. Kitamura, H. Fukuma, M. Kobayashi, S. Okayama, T. Okauchi

    J. Org. Chem.   2016年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/acs.joc.6b00534

    Scopus

  • Synthesis, structure, and reaction of chiral 2-azidoimidazolinium salts: (7aS)-3-azido-5,6,7,7a-tetrahydro-2-[(1R)-1-phenylethyl]-1H-pyrrolo[1,2-c]imidazolium hexafluorophosphate and 2-azido-1,3-bis[(S)-1-phenylethyl]imidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    M. Kitamura, A. Ishikawa, T. Okauchi

    Tetrahedron Lett.   57 ( 16 )   1794 - 1797   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.03.036

    Scopus

  • Rh-Catalyzed Cyclization of 3-Aryloxycarbonyldiazonaphthoquinones for the Synthesis of β-Phenylnaphthalene Lactones and Formal Synthesis of Pradimicinone 査読有り

    M. Kitamura, S. Takahashi, T. Okauchi

    J. Org. Chem.   80 ( 16 )   8406 - 8416   2015年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/acs.joc.5b01251

    Scopus

  • Synthesis of 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Hexafluorophosphate 査読有り

    M. Kitamura, K. Murakami

    Organic Syntheses   92   171 - 181   2015年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.15227/orgsyn.092.0171

    Scopus

  • Synthesis of the Cyclic Prenylguanidine Nitensidine E using a Palladium-Catalyzed Carbenylative Amination 査読有り

    M. Kitamura, R. Yuasa, D. L. Van Vranken

    Tetrahedron Lett.   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.10.140

    Scopus

  • A reagent for safe and efficient diazo-transfer to primary amines: 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Kitamura M., Kato S., Yano M., Tashiro N., Shiratake Y., Sando M., Okauchi T.

    Organic and Biomolecular Chemistry   12 ( 25 )   4397 - 4406   2014年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Organic azides were prepared from primary amines in high yields by a metal free diazo-transfer reaction using 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate (ADMP), which is safe and stable crystalline. The choice of base was important in the diazo-transfer reaction. In general, 4-(N,N-dimethyl)aminopyridine (DMAP) was efficient, but a stronger base such as alkylamine or DBU was more appropriate for the reaction of nucleophilic primary amines. X-ray single crystal structural analysis and geometry optimization using density functional theory (B3LYP/6-31G**) were conducted to study the ADMP structure, and the diazo-transfer reaction mechanism was explained with the help of the results of these analyses. © the Partner Organisations 2014.

    DOI: 10.1039/c4ob00515e

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84902106311&origin=inward

  • Reagent for safe and efficient diazo-transfer to primary amines: 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    M. Kitamura, S. Kato, M. Yano, N. Tashiro, Y. Shiratake, M. Sando, T. Okauchi

    Org. Biomol. Chem.   in press   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Pd(OAc)2-Catalyzed Macrocyclization of 1,2-Diazonaphthoquinones with Cyclic Ethers 査読有り

    M. Kitamura, M. Kisanuki, K. Kanemura, T. Okauchi

    Org. Lett.   16   1554 - 1557   2014年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/ol500222s

    Scopus

  • Development of safe diazo-transfer reagent: Synthesis and reaction of guanidino diazoninm salt (azide imidazolinium salt) 査読有り

    Kitamura M.

    Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   72 ( 1 )   14 - 25   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2-Azido-l,3-dimethylimidazolinium chloride (ADMC) and its corresponding hexafluorophosphate (ADMP) were found to be safe and efficient diazo-transfer reagents to various organic compounds. ADMC was prepared by the reaction of 2-chloro-1,3-dimethylimidazolinium chloride (DMC) and sodium azide. ADMP was isolated as a crystal having thermal stability and low explo- sibility. ADMC and ADMP reacted with 1,3-dicarbonyl compounds under mild basic conditions to give 2-diazo-1,3-dicarbonyl compounds in high yields, which are easily isolated because the byproducts are highly soluble in water. Naphthols also reacted with ADMC to give corresponding diazonaphthoquinones in good to high yields. Furthermore, ADMP shows efficient diazo-transfer ability to primary amines even without the aid of a metal salt such as Cu(ll). Using this diazoti- zation approach, various alkyl/aryl azides were obtained directly from corresponding primary amines in high yields. In addition, ADMC/ADMP could be used as azide-transfer and amidation reagents.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.72.14

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84898427657&origin=inward

  • Synthetic study of kosinostatin aglycone: Synthesis of BCDE rings using alkoxycarbonylmethylation of diazonaphthoquinone 査読有り

    M. Kitamura, K. Kubo, S. Yoshinaga, H. Matsuzaki, K. Ezaki, T. Matsuura, D. Matsuura, N. Fukuzumi, K. Araki, M. Narasaki

    Tetrahedron Lett.   55   1653 - 1656   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.01.082

    Scopus

  • Synthesis of α-Arylcarboxylic acid amides from silyl enol ether via migratory Amidation with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Kitamura M., Murakami K., Shiratake Y., Okauchi T.

    Chemistry Letters   42 ( 7 )   691 - 693   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    α-Arylcarboxylic acid amides were synthesized by reacting silyl enol ethers of aryl ketones and 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate (ADMP,1). Silyl enol ethers react with ADMP 1 to give N-(α-arylacyl) guanidines via the migration of aryl groups in enol ethers. The products were transformed to the corresponding α-aryl acetamides by treating with LiAlH4. © 2013 The Chemical Society of Japan.

    DOI: 10.1246/cl.130195

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84879966926&origin=inward

  • Rhodium-catalyzed Reaction of Diazonaphthoquinones and Enol Ethers: Synthesis of Dihydronaphthofuran Derivatives and alpha-Naphthyl Esters 査読有り

    M. Kitamura, K. Araki, H. Matsuzaki, T. Okauchi

    Eur. J. Org. Chem.   5045 - 5049   2013年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/ejoc.201300712

    Scopus

  • Identification of Compounds with Potential Antibacterial Activity against Mycobacterium through Structure-Based Drug Screening 査読有り

    T. Kinjo, Y. Koseki, M. Kobayashi, A. Yamada, K. Morita, K. Yamaguchi, R. Tsurusawa, G. Gulten, H. Komatsu, H. Sakamoto, J. C. Sacchettini, M. Kitamura, S. Aoki

    J. Chem. Inf. Model.   53   1200 - 1212   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/ci300571n

    Scopus

  • Synthesis of alpha-Arylcarboxylic Acid Amides from Enol Silyl Ether via Migratory-Amidation with 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Hexafluorophosphate 査読有り

    M. Kitamura, K. Murakami, Y. Shiratake, T. Okauchi

    Chem. Lett.   42   691 - 693   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Cu(OAc)2-mediated Cross-coupling Reaction of Benzophenone N,N,N-Trimethylhydrazonium Salts and Aryl Boronic Acids 査読有り

    M. Kitamura, Y. Tokuda, N. Tashiro, T. Okauchi,

    Aust. J. Chem.   65   1687 - 1690   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1071/CH12350

    Scopus

  • Direct Synthesis of Organic Azides from Alcohols using 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Hexafluorophosphate 査読有り

    M. Kitamura, T. Koga, M. Yano, T. Okauchi

    Synlett   1335 - 1338   2012年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0031-1290958

    Scopus

  • Synthesis of 1,2-Naphthalenediol Diacetates by Rhodium(II)-Catalyzed Reaction of 1,2-Diazonaphthoquinones with Acetic Anhydride 査読有り

    M. Kitamura, M. Kisanuki, T. Okauchi

    Eur. J. Org. Chem.   905 - 907   2012年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/ejoc.201101698

    Scopus

  • Synthesis of α,α-diarylacetamides from benzyl aryl ketones using 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Kitamura M., Miyagawa S., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   52 ( 24 )   3158 - 3161   2011年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Benzyl aryl ketones reacted with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate (ADMP, 1) to give migratory amidated compounds, which were transformed into the corresponding diarylacetamides by treating with LiAlH 4 . © 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.04.042

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79956059900&origin=inward

  • 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Salts: Efficient Diazo-Transfer Reagents for 1,3-Dicarbonyl Compounds 査読有り

    M. Kitamura, N. Tashiro, S. Miyagawa, T. Okauchi

    Synthesis   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

    DOI: 10.1055/s-0030-1258457

    Scopus

  • Synthesis of Isoindole Derivatives by Palladium-Catalyzed Domino Reaction of (2-Alkynyl)phenylketone O-Pentafluorobenzoyloximes 査読有り

    M. Kitamura, Y. Moriyasu,T. Okauchi

    Synlett   643 - 646   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

    DOI: 10.1055/s-0030-1259556

    Scopus

  • Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reactions of 2-Diazonaphthoquinones with Arylboronic Acids 査読有り

    M. Kitamura, R. Sakata, T. Okauchi

    Tetrahedron Lett.   52   1931 - 1933   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.02.047

    Scopus

  • Pd(II)-Catalyzed Formal O-H Insertion Reactions of Diazonaphthoquinones to Acetic Acid: Synthesis of 1,2-Naphthalenediol Derivatives 査読有り

    M. Kitamura, M. Kisanuki, R. Sakata, T. Okauchi

    Chem. Lett.   40   1129 - 1131   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1246/cl.2011.1129

    Scopus

    CiNii Article

  • 1-Diazonaphthalen-2(1H)-one 査読有り

    M. Kitamura, R. Sakata, T. Matsumoto

    Acta Cryst.   E67   o1951   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S1600536811026377

    Scopus

  • Synthesis of alpha, alpha-diarylacetamides from benzyl aryl ketones using 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    M. Kitamura, S. Miyagawa, T. Okauchi

    Tetrahedron Lett.   52   3158 - 3161   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Direct synthesis of organic azides from primary amines with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Kitamura M., Yano M., Tashiro N., Miyagawa S., Sando M., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   ( 3 )   458 - 462   2011年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Organic azides were prepared from primary amines in high yields by metal-free diazo transfer with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate, which is a stable, crystalline solid that is easy to handle. Organic azides were prepared from primary amines in high yields by metal-free diazo transfer with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate (ADMP), which is a stable, crystalline solid that is easy to handle. © 2011 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim.

    DOI: 10.1002/ejoc.201001509

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78651295160&origin=inward

  • Pinacol Coupling of 2,2'-Biaryldiketone: An Application for the Synthesis of Enantiopure 3,4-Dihydrodibenzo[c,g]phenanthrene-3,4-diol Derivatives 査読有り

    M. Kitamura, K. Shiomi,K. D. Kitahara, Y. Yamamoto, T. Okauchi

    Synlett   1359 - 1362   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1055/s-0029-1219928

    Scopus

  • Direct Synthesis of Acyl Azides from Carboxylic Acids Using 2-Azido-1,3-Dimethylimidazolinium Chloride 査読有り

    M. Kitamura, N. Tashiro, Y. Takamoto, T. Okauchi

    Chem. Lett.   732 - 733   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1246/cl.2010.732

    Scopus

    CiNii Article

  • Enantioselective synthesis of alpha-benzylalanine using trans-3,4-dihydro-3,4-diaryldibenzo[c,g]phenanthrene-3,4-diol 査読有り

    M. Kitamura, D. Kitahara, T. Okauchi

    Synlett   2097 - 2100   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1055/s-0030-1258520

    Scopus

  • Low-valent zirconocene-mediated cyclization of gamma, delta-unsaturated oximes 査読有り

    M. Kitamura, Y. Shintaku, D. Kudo, T. Okauchi

    Tetrahedron Lett.   51   4890 - 4893   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.07.055

    Scopus

  • Synthesis of Diazonaphthoquinones from Naphthols by Diazo-transfer Reaction with 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Chloride 査読有り

    M. Kitamura, N. Tashiro, R. Sakata, T. Okauchi

    Synlett   4890 - 4893   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1055/s-0030-1258568

    Scopus

  • 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Chloride: An Efficient Diazo Transfer Reagent for 1,3-Dicarbonyl Compounds 査読有り

    M. Kitamura, T. Tashiro, T. Okauchi

    Synlett   2943 - 2944   2009年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Catalytic Radicalcyclization of Oximes 査読有り

    M. Kitamura,K.Narasaka

    Bull. Chem. Soc. Jpn   81   539 - 547   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Synthesis of dihydropyrrole derivatives by copper-catalyzed cyclization of gamma,delta-unsaturated ketone O- methoxy¬carbonyloximes 査読有り

    Koganemaru,Y.; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Chem. Lett.   784 - 785   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • (-)-ソルダリンの全合成 査読有り

    北村 充,千葉俊介,奈良坂紘一

    有機合成化学協会誌   65   450 - 459   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of 5-phenyl 2-functionalized pyrroles by amino Heck and tandem amino Heck carbonylation reactions 査読有り

    Zaman,S.; Kitamura,M.; Abell,A. D.

    Aust. J. Chem.   624 - 626   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of Primary Amines by the Electrophilic Amination of Grignard Reagents with 1,3-Dioxolan-2-one O-Sulfonyloxime 査読有り

    Kitamura,M.; Suga,T.; Chiba,S.; Narasaka,K.

    Org. Lett.   6   4619 - 4621   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • "General synthesis route to benanomicin-pradimicin antibiotics" 査読有り

    Tamiya,M; Ohmori,K; Kitamura,M; Kato,H; Arai,T; Oorui,M ; Suzuki,K.

    Chem. Eur. J.   13   9791 - 9823   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of (-)-sordarin 査読有り

    Chiba S,Kitamura M,Narasaka K

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   128 ( 21 )   6931 - 6937   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of azaheterocycles by one electron reduction of oximes 査読有り

    Narasaka,K.; Kitamura,M.

    ARKIVOC   7   245 - 260   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of peduncularine 査読有り

    Kitamura M,Ihara Y,Uera K,Narasaka,K

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   79 ( 10 )   1552 - 1560   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Palladium(0)-catalyzed synthesis of pyridines from β-acetoxy-γ,δ-unsaturated ketone oximes 査読有り

    Kitamura,M.; Kudo,D.; Narasaka,K.

    Arkivoc   III   148 - 162   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Amination with Oximes 査読有り

    Narasaka,K.; Kitamura,M.

    Eur. J. Org. Chem.   4505 - 4505   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Regio- and Stereocontrolled Total Synthesis of Benanomicin B 査読有り

    Ohmori,K.; Tamiya,M.; Kitamura,M.; Kato,H.; Oorui,M.; Suzuki,K.

    Angew. Chem., Int. Ed.   44   3871 - 3874   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Synthesis of Trisubstituted Imidazoles by Palladium-Catalyzed Cyclization of O-Pentafluorobenzoylamidoximes: Application to Amino Acid Mimetics with a C-Terminal Imidazole 査読有り

    Zaman,S.; Kitamura,M.; Abell,A. D.

    Org. Lett. 2005   7   609 - 611   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of α-Carbolines by Copper-Catalyzed Radical Cyclization of β-3-Indolyl Ketone O-Pentafluorobenzoyloximes 査読有り

    Tanaka,K.; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   78   1659 - 1664   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Photochemical Radical Cyclization of γ,δ-Unsaturated Ketone Oximes to 3,4-Dihydro-2H-pyrroles 査読有り

    Kitamura,M.; Mori,Y.; Narasaka,K.

    Tetrahedron Lett.   46   2373 - 2376   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Palladium(0)-Catalyzed Amino-Heck Reaction of γ,δ-Uusaturated Ketone N,N,N-Trimethylhydrazonium Salts 査読有り

    Kitamura,M.; Yanagisawa,H.; Yamane,M.; Narasaka,K.

    Heterocycles   65   273 - 277   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 「オキシム誘導体を用いる合成反応の新展開」 査読有り

    北村充,奈良坂紘一

    有機合成化学協会誌   62   38 - 48   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Transformation of 1,5- and 1,6-Dienes by Hydrozirconation and Oxidation with Cerium(IV) Compounds 査読有り

    Azemi,T.; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Tetrahedron   60   1339 - 1344   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of 1-Azaazulenes from Cycloheptatrienylmethyl Ketone O-Pentafluorobenzoyloximes by Palladium-Catalyzed Cyclization 査読有り

    Chiba,S.; Kitamura,M.; Saku,O.; Narasaka,K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   77   785 - 796   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of (±)-Sordaricin 査読有り

    Kitamura,M.; Chiba,S.; Narasaka,K.

    Chem. Lett.   33   942 - 943   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Synthesis of Polycyclic Imines by Palladium-Catalyzed Domino Cyclization of Di- and Trienyl Ketone O-Pentafluorobenzoyloximes 査読有り

    Zaman,S.; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   76   1055 - 1062   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Synthesis of Quinolines and 2H-Dihydropyrroles by Nucleophilic Substitution at the Nitrogen Atom of Oxime Derivatives 査読有り

    Kitamura,M.; Yoshida,M.; Kikuchi,T.; Narasaka,K.

    Synthesis   15   2415 - 2426   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Intramolecular Substitution Reaction of Lithium Alkylidene Carbenoids: Regioselective Synthesis of Indenes 査読有り

    Yanagisawa,H.; Miura,K.; Kitamura,M.; Narasaka,K.; Ando K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   76   2009 - 2026   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Amination of Arenes with N,N-Dimethyl-2-imidazolidinone O-Methoxyacetyloxime 査読有り

    Baldovini,N.; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Chem. Lett.   548 - 549   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Synthesis of Dihydropyrrole and Pyrrole Derivatives by Radical Cyclization of γ,δ-Unsaturated Ketone O-Acetyloximes 査読有り

    Yoshida,M; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   76   2003 - 2008   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Synthesis of Primary Amines and N-Methylamines by the Electrophilic Amination of Grignard Reagents with 2-Imidazolidinone O-Sulfonyloxime 査読有り

    Kitamura,M.; Chiba,S; Narasaka,K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   76   1063 - 1070   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Semi pinacol strategy for constructing B-ring of pradimicin-benanomicin antibiotics 査読有り

    Ohmori,K.; Kitamura,M.; Ishikawa,Y.; Kato,H.; Oorui,M.; Suzuki,K.

    Tetrahedron lett.   7023 - 7026   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Intramolecular substitution reaction of alkylidene-lithium carbenoids: Regioselective synthesis of indenes 査読有り

    Yanagisawa,H.; Miura,K.; Kitamura,M.; Narasaka,K.; Ando,K.

    Helv. Chim. Acta   85   3130 - 3135   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • "Synthesis of Aza-Heterocycles from Oximes by Amino-Heck Reaction" 査読有り

    Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Chem. Rec. 2002, 2, 268-277.   2   268 - 277   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Palladium-catalyzed synthesis of 1-azaazulenes from cycloheptatrienylmethyl ketone O-pentafluorobenzoyl oximes 査読有り

    Kitamura,M.; Chiba,S.; Saku,O.; Narasaka,K.

    Chem. Lett.   606 - 607   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis of pyrrole derivatives by palladium-catalyzed cyclization of gamma delta-unsaturated ketone O-pentafluorobenzoyloximes 査読有り

    Tsutsui,H.; Kitamura,M.; Narasaka,K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   75   1451 - 1460   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis of 3,4-dihydro-2H-pyrroles from gamma,delta-unsaturated ketone O-acetyloximes 査読有り

    Yoshida,M.; Kitamura,M.; Narasaka,K

    Chem. Lett.   144 - 145   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis of spiro imines from oximes by palladinm-catalyzed cascade reaction 査読有り

    Kitamura,M.; Zaman,S.; Narasaka,K.

    Synlett   974 - 976   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • From Axial Chirality to Central Chiralities: Pinacol Cyclization of 2,2'-Biaryldicarbaldehyde to trans-9,10-Dihydrophenanthrene-9,10-diol 査読有り

    Ohmori,K.; Kitamura,M.; Suzuki,K.

    Angew. Chem. Int. Ed.   38   1226 - 1229   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Total Synthesis of Pradimicinone, the Common Aglycon of the PradimicinBenanomicin Antibiotics 査読有り

    Kitamura,M.; Ohmori,K.; Kawase,T.; Suzuki,K.

    Angew. Chem. Int. Ed.   38   1229 - 1232   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Divergent Behavior of Cobalt-Complexed Enyne Having a Leaving Group 査読有り

    Kitamura,M.; Ohmori,K.; Suzuki,K.

    Tetrahedron Lett.   40   4563 - 4566   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Nobel Migrating Group in 1,2-Anionotropic Reactions: Cobalt Complexation Facilitates 1,2-Shift of Alkynyl Groups 査読有り

    Nagasawa,T.; Taya,K.; Kitamura,M.; Suzuki,K.

    J. Am. Chem. Soc.   118   8949 - 8950   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Theoretical and Experimental Study on the In-Plane SN2 Type Substitution Reaction of Haloalkenes with Inversion of Configuration at Vinylic Carbon 査読有り

    Ando,K.; Kitamura,M.; Miura,K.; Narasaka,K.

    Org. Lett.   6   2461 - 2463   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Cobalt-Complexation Makes 2-(1-alkynyl)propenes Good Ene Donors in Carbonyl-Ene Reaction 査読有り

    Nagasawa,T.; Kitamura,M.; Suzuki,K.

    Synlett   1183 - 1186   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • 金属触媒を用いたジアゾナフトキノンとグリシドールの環化によるベンゾジオキサンの合成

    石橋 千里,番野 滉大,佐々木 信弥,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会 第103春季年会(2023)  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学野田キャンパス  

  • plasmalogen類縁体の合成検討

    日隈 友梨,宍田 祐大,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会 第103春季年会(2023)  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学野田キャンパス  

  • ヒドロキシコロネン類の合成研究

    渡邉 愛梨,平河 隆二,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会 第103春季年会(2023)  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学野田キャンパス  

  • Synthesis of Dihydro-1,4-naphthodioxines by the Metal-catalyzed Reaction of Diazonaphthoquinones and Glycidol

    Chisato Ishibashi, Koudai Banno, Sinya Sasaki, Hirokazu Shimooka, Tatsuo Okauchi, Mitsuru Kitamura

    2022 Ontario Tech U‐KIT Mini‐Symposium in Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年10月27日 - 2022年10月31日   記述言語:英語   開催地:Oshawa   国名:カナダ  

  • Synthesis and polymerization of monomers with fluoroalkyl chains and multiple polymerization points

    Koki Yamashita, Mitsuru Kitamura, Tatsuo Okauchi

    2022 Ontario Tech U‐KIT Mini‐Symposium in Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年10月27日 - 2022年10月31日   記述言語:英語   開催地:Oshawa   国名:カナダ  

  • エステル交換反応を利用したエタノールアミン型plasmalogenの合成

    久光琢也,椿宏太,下岡弘和,北村充,岡内辰夫

    有機合成セミナー  有機合成化学協会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月28日 - 2022年09月30日   記述言語:日本語  

  • IPrAPを用いた単純ケトンのジアゾ化および第一級アミンのアジド化

    津﨑諒人,大塚和輝,衛藤隆志,下岡弘和,岡内辰夫,北村充

    有機合成セミナー  有機合成化学協会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月28日 - 2022年09月30日   記述言語:日本語  

  • siRNA化学修飾のためのトリエステル型ジヌクレオチドの合成

    日隈友梨, 山中友葵, 椿宏太, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第59回 化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 金属触媒を用いるジアゾナフトキノンとグリシドールの環化反応

    石橋千里, 番野滉大, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第59回 化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • スマネンコロネンハイブリッド化合物の合成研究

    渡邉愛梨, 平河隆二, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第59回 化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 種々のN-アリールアジドイミダゾリウム塩の合成と反応

    髙木唯, 大塚和輝, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第59回 化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • エステル交換反応を用いた非対称なホスホン酸ジエステルの合成法の開発

    髙木菜央, 山中友葵, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第59回 化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 光潜在性触媒の合成と評価

    志手翔, 下岡弘和, 吉田嘉晃, 北村充, 岡内辰夫

    第59回 化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • IPrAPを用いた単純ケトンのジアゾ化および第一級アミンのアジド化

    津﨑 諒人,大塚 和輝,衛藤隆志,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    第32回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月04日   記述言語:日本語   開催地:九州大学伊都キャンパ  

  • エステル交換反応を利用したエタノールアミン型プラズマローゲンの合成

    久光 琢也,椿 宏太,下岡 弘和,北村 充,岡内 辰夫

    日本化学会第102春季年 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月25日 - 2022年03月26日   記述言語:英語  

  • [MDABCO]K(PF6)3系ペロブスカイト固溶体の合成

    下岡 弘和,山下 功輝,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会第102春季年  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月25日 - 2022年03月26日   記述言語:英語  

  • エステル交換反応を用いた非対称なホスホン酸ジエステルの合成法の開発

    髙木 菜央,山中 友葵,下岡 弘和,北村 充,岡内 辰夫

    日本化学会第102春季年  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月25日 - 2022年03月26日   記述言語:英語  

  • ジアゾナフトキノンを用いたスピロオルソチオ炭酸エステルの合成法の開発

    佐々木 信弥,番野 滉大,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会第102春季年  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月25日 - 2022年03月26日   記述言語:英語  

  • アジドイミダゾリウム塩を用いた第一級アミンへのジアゾ移動反応によるアジド合成

    津﨑 諒人,大塚 和輝,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会第102春季年  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月25日 - 2022年03月26日   記述言語:英語  

  • テアデノールの合成研究

    島津 貴大,末竹 弘樹,山口 幸宏,星野 康佑,東島 勇太,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会第102春季年 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月25日 - 2022年03月26日   記述言語:英語  

  • コシノスタチンCDEFG環の合成と異性化についての研究

    岩田拓実, 鶴田健太, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:日本語  

  • ジアゾキノンを用いたスピロオルソチオ炭酸エステル合成法の開発

    佐々木信弥, 番野滉大, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:日本語  

  • アジドイミダゾリウム塩を用いた第一級アミンのアジド化

    津崎諒人, 大塚和輝, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第58回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日   記述言語:日本語  

  • ジアゾキノンを用いた多環式芳香族化合物の合成

    平河隆二,下岡弘和,岡内辰夫,北村充

    第117回有機合成シンポジウム2020年 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月29日 - 2020年10月30日   記述言語:日本語  

  • コシノスタチンアグリコンの合成研究

    高橋周平, 清水湧太郎, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • インディゴ骨格を中心に持つ新規n型有機半導体の合成

    井津裕太, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • ビニルケテンイミン-鉄錯体の新規合成法の開発

    寺谷光平, 岡内辰夫, 北村充, 下岡弘和

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • ジアゾキノンを用いるアセタール化反応の開発

    藤村涼, 西村智晃, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • テアデノールの合成研究

    星野康佑, 末竹弘樹, 山口幸宏, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • フェノールへの直接アジド化法の開発

    衛藤隆志, 高内和重, 髙橋周平, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 1位置換ジエンー鉄錯体を用いた新規合成反応の開発

    牟田拓輝, 坂東広太郎, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • アリルエーテルを有するPlasmalogen類縁体の合成

    押田紗歩, 椿宏太, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • アルツハイマー病の治療薬を目指したプラズマローゲン類縁体の合成

    宍田祐大, 椿宏太, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • リン酸トリス(2,2,2-トリフルオロエチル)の選択的なエステル交換反応によるリン酸トリエステルの合成とその応用

    椿宏太, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第55回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • ジアゾナフトキノンを用いるベンゾジオキサン類合成法の開発

    西村知晃

    第28回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月12日   記述言語:日本語  

  • らせん不斉を有するアザヘリセン類の合成研究

    安藤 寛雅

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語  

  • ジアゾナフトキノンを用いたベンゾジオキサン誘導体の合成

    西村 知晃

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語  

  • コシノスタチンアグリコンの合成研究

    髙橋 周平

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語  

  • 光を利用した自動酸化反応によるヒダントインの合成

    井上俊祐

    第 47 回 複素環化学討論会  

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月26日 - 2017年10月28日   記述言語:日本語  

  • Azidoimidazolinium Salts: Safe and Efficient Diazo-transfer Reagents and Unique Azido-donors

    Mitsuru Kitamura

    26th ISHC Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月03日 - 2017年09月08日   記述言語:英語  

  • 1位置換ジエン-鉄錯体を用いた新規反応の開発

    坂東 広太郎・北村 充・岡内 辰夫

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語  

  • Synthetic Study of EleuthosideA; Application of Rh-Catalysed Intramolecular Cyclization Of Diazonaphthoquinone

    D. I. A. OTHMAN,K.OHTSUKA, K. B.SELIM,M. A. EL SAYED, A. TANTAWY,T.OKAUCHI, M. KITAMURA

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:英語  

  • ケテンイミン-鉄錯体の合成と応用

    田淵 和,浦川 晃洋,北村 充,岡内 辰夫

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:英語  

  • Pd触媒を用いたジアゾナフトキノンとアルキン類からのナフトフラン合成

    髙橋周平,岡内辰夫,北村充

    第46回 複素環化学討論会  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月26日 - 2016年09月28日   記述言語:日本語  

  • 1 位置換ジエンー鉄錯体を用いた新規合成反応の開発

    坂東広太郎,北村 充,岡内辰夫

    日本化学会 第96春季年会 (2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学 京田辺キャンパス  

  • パラジウム触媒を用いたジアゾナフトキノンとアルキニルスズ とのカップリング反応

    髙橋周平,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会 第96春季年会 (2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学 京田辺キャンパス  

  • ロジウム触媒を用いた 3-アルコキシ-1,2-ジアゾナフトキノンの C-H/O-H 挿入反応

    大塚孔太,高橋周平,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第96春季年会 (2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:英語   開催地:同志社大学 京田辺キャンパス  

  • アザ[5]ヘリセン類の合成研究

    小林充明,福馬 弘章,湯浅亮平,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第96春季年会 (2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学 京田辺キャンパス  

  • Processing of organic compounds processing in reactive oxygen atmosphere produced by Radical Vapor Reactor (RVR)

    Nobuhiro Midori, Mitsuru Kitamura, Tetsuya Haruyama

    THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES 2015 (PACIFICHEM 2015) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月15日 - 2015年12月20日   記述言語:英語   開催地:Hawaii, Honolulu  

  • Direct azidation of phenols with azidoimidazolinium salt

    Mitsuru Kitamura, Tatsuya Koga, Kento Murakami

    THE INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES 2015 (PACIFICHEM 2015) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月15日 - 2015年12月20日   記述言語:英語   開催地:Hawaii, Honolulu  

  • ジアゾキノンを用いるコシノスタチンアグリコンの合成研究

    清水 湧太郎,福住 謙亨,北村 充

    第45回複素環化学討論会  第45回複素環化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月19日 - 2015年11月21日   記述言語:日本語   開催地:早稲田・早稲田大学国際会議場  

  • 光学活性な 8,8'-ビキノリン類の合成

    小林 充明,福馬 弘章,岡山 真哉,岡内 辰夫,北村 充

    第45回複素環化学討論会  第45回複素環化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月19日 - 2015年11月21日   記述言語:日本語   開催地:早稲田・早稲田大学国際会議場  

  • n型有機半導体材料を指向した含窒素芳香族系化合物の合成

    有吉 裕亮,岡内 辰夫,北村 充

    第52回化学関連支部合同九州大会  化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州,北九州国際会議場  

  • 光学活性ビキノリン類の合成

    小林 充明,福馬 弘章,岡山 真哉,岡内 辰夫,北村 充

    第52回化学関連支部合同九州大会  化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州,北九州国際会議場  

  • 分子内C-H結合挿入反応を利用したジアゾナフトキノンからのナフトフラノン骨格の構築

    大塚 孔太,兼村 晃一,岡内 辰夫,北村 充

    第52回化学関連支部合同九州大会  化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州,北九州国際会議場  

  • ジエンー鉄錯体を用いた新規合成反応の開発

    坂東 広太郎,岡内 辰夫,北村 充

    第52回化学関連支部合同九州大会  化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州,北九州国際会議場  

  • コシノスタチンアグリコンの合成研究

    清水 湧太郎,岡内 辰夫,北村 充

    第52回化学関連支部合同九州大会  化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州,北九州国際会議場  

  • ロジウム触媒を用いたジアゾナフトキノンからのベンゾナフトピラノンの合成

    高橋 周平,岡内 辰夫,北村 充

    第52回化学関連支部合同九州大会  化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州,北九州国際会議場  

  • PIP脱リン酸化酵素阻害剤としてのイノシトール-1-リン酸類縁体の合成

    中村柊也

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語  

  • 光学活性なグアニジノジアゾニウム塩の合成と反応

    石川皓大

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いたフェノールのアジド化反応

    村上健人

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語  

  • ロジウム触媒を用いたジアゾナフトキノンからのベンゾナフトピラノンの合成

    髙橋周平

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語  

  • ビニルケテンイミン-鉄錯体を用いた新規合成反応の開発

    浦川晃洋

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語  

  • Synthesis of Organic Azides from Phenol with Guanidinodizonium Salt

    村上健人

    PNU and Kyutech Joint Symposium on Tecent Development of Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月28日   記述言語:英語  

  • グアニジノジアゾニウム塩‒安定で取り扱い易い第一級アミンのジアゾ化剤

    北村 充

    第47回酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月14日 - 2014年11月15日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いたα-アリールアミドの合成

    村上健人

    第47回酸化反応討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月14日 - 2014年11月15日   記述言語:日本語  

  • 安定で取り扱い易い第一級アミンのジアゾ化剤–グアニジノジアゾニウム塩

    北村 充

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語  

  • Pd触媒を用いたジアゾナフトキノンからの中・大員環エーテル合成

    兼村晃一

    第24回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月07日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いる第一級アミンのアジド化

    加藤聡

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • ニテンシジンE の合成

    湯浅亮平

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • コシノスタチンC-G 環の合成

    福住謙亨

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • ビニルケテン-鉄錯体の合成と応用

    浦川晃洋

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • ホスフィンボランを用いた新規カップリング

    平川啓太

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • Pd 触媒を用いるジアゾナフトキノンからの大員環・中員環エーテルの合成

    兼村晃一

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • 8, 8’-ビキノリンジオールの合成

    福馬弘章

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語  

  • 安定で取り扱い易いジアゾ化剤-グアニジノジアゾニウム塩の合成と反応

    北村 充

    第104回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月   記述言語:日本語  

  • Pd触媒を用いたジアゾナフトキノンからの中・大員環エーテル合成

    兼村晃一

    第43回複素環化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月17日 - 2013年10月19日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いた第一級アミンのアジドへの変換

    加藤総

    第43回複素環化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月17日 - 2013年10月19日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いた α-アリールカルボニル化合物の合成

    村上 健人

    第23回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月01日   記述言語:日本語  

  • ジエン-鉄錯体の脱プロトン化による新規錯体合成の研究

    渡邉謙太

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語  

  • ジアゾキノンを用いたα-アリールカルボニル化合物の合成

    荒木圭一郎

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いたα-アリールカルボニル化合物の合成

    村上健人

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いるアルコールからアジドへの一段階合成

    古賀達也

    第22回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月09日   記述言語:日本語  

  • コシノスタチンA-E環の合成研究

    松浦 泰祐

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩の単離および求核剤との反応

    北村 充

    第41回複素環化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月   記述言語:日本語  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いたジアゾ化法の開発

    第18回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • ビアリールジケトンのピナコールカップリング

    第44回化学関連師部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語  

  • オキシムを用いたイナミン類の合成

    第44回化学関連師部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語  

  • o, o’-ビアリールジケトンの分子内ピナコールカップリング

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語  

  • Total Synthesis of Peduncularine

    本人

    ICOB-5 and ISCNP-25 IUPACnternational Conference on Biodiversity and Natural Products 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月   記述言語:日本語  

  • Total Synthesis of (-)-Sordarin

    本人

    ICOB-5 and ISCNP-25 IUPACnternational Conference on Biodiversity and Natural Products 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月   記述言語:日本語  

  • ジルコノセン錯体を用いるγδ不飽和オキシムの環化

    第43回化学関連師部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月   記述言語:日本語  

  • ヒドラゾニウム塩を用いるアリールボロン酸のアミノ化

    第43回化学関連師部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月   記述言語:日本語  

  • ベナノミシン-プラジミシン系抗生物質の合成研究

    日本化学会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語  

  • (-)-Sordarinの合成

    日本化学会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語  

  • 4,4,5,5-テトラメチル-1,3-ジオキソラン-2-オンオキシム誘導体を用いる求電子的アミノ化反応

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • Sordaricinの全合成研究

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • パラジウム触媒を用いるβ-アシロキシγ,δ-不飽和オキシムのピリジン類への変換

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • プラジミシン類の不斉全合成に関する研究(1)

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • ペダンクラリンの全合成研究

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • プラジミシン類の不斉全合成に関する研究(2)

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • プラジミシンーベナノミシン系抗生物質の全合成

    第46回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語  

  • Sordarinの合成研究

    第46回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語  

  • Electrophilic Amination with oximes

    本人

    5th International Conference on Organic Synthesis 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月   記述言語:日本語  

  • Pd-Catalyzed Transformation of Olefinic Oximes to Aza-Heterocycles

    19th International Congress of heterocyclic Chemistry 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地: Colorado  

▼全件表示

講演

  • Azidoimidazolinium Salts: Safe and Efficient Diazo-transfer Reagents and Unique Azido-donors

    The Kyutech-KKU International Symposium  2019年12月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:Khon Kaen University  

  • コシノスタチンアグリコンの合成研究

    第27回若手研究者のためのセミナー  2015年08月  有機合成化学協会九州山口支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年08月29日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:九州大学馬出キャンパス  

学術関係受賞

  • 有機合成化学協会 九州山口支部奨励賞

    有機合成化学協会 九州山口支部   2011年12月

    北村 充

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • ジアゾナフトキノンからのメタロキノン生成と多置換芳香族合成への展開

    研究課題番号:26410054  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 光学活性擬アザヘリセンの合成と不斉反応への展開

    研究課題番号:24655086  2012年04月 - 2014年03月   挑戦的萌芽研究

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いる合成反応の開発

    研究課題番号:21750105  2009年04月 - 2011年03月   若手研究(B)

  • N-置換イミンを用いる多環式生体機能分子の合成

    研究課題番号:18032059  2006年04月 - 2008年03月   特定領域研究

  • オキシムの分子内環化に基づく含窒素天然有機化合物の合成

    研究課題番号:17035018  2005年04月 - 2006年03月   特定領域研究

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   精密有機合成化学特論

  • 2023年度   応用化学実験B・PBL

  • 2023年度   応用化学基礎研究Ⅱ

  • 2023年度   応用化学基礎研究Ⅰ

  • 2023年度   反応有機化学

  • 2023年度   有機化学Ⅱ

  • 2022年度   精密有機合成化学特論

  • 2022年度   応用化学実験B・PBL

  • 2022年度   応用化学基礎研究Ⅱ

  • 2022年度   応用化学基礎研究Ⅰ

  • 2022年度   反応有機化学

  • 2022年度   有機化学Ⅱ

  • 2021年度   精密有機合成化学特論

  • 2021年度   応用化学実験B・PBL

  • 2021年度   応用化学基礎研究Ⅱ

  • 2021年度   応用化学基礎研究Ⅰ

  • 2021年度   反応有機化学

  • 2021年度   有機化学Ⅱ

  • 2020年度   精密有機合成化学特論

  • 2020年度   応用化学基礎研究Ⅱ

  • 2020年度   応用化学基礎研究Ⅰ

  • 2020年度   有機化学Ⅱ

  • 2019年度   精密有機合成化学特論

  • 2019年度   有機化学Ⅱ

  • 2019年度   応用化学実験B・PBL

  • 2018年度   応用化学特論Ⅱ

  • 2018年度   有機化学Ⅱ

  • 2018年度   精密有機合成化学特論

  • 2018年度   応用化学実験B・PBL

  • 2018年度   反応有機化学

  • 2017年度   錯体化学特論

  • 2017年度   有機化学Ⅱ

  • 2017年度   応用化学実験B・PBL

  • 2017年度   科学英語Ⅰ

  • 2017年度   応用化学入門

  • 2017年度   応用化学自由研究

  • 2017年度   有機工業化学

  • 2016年度   有機化学Ⅱ

  • 2016年度   精密有機合成化学特論

  • 2016年度   応用化学実験B・PBL

  • 2016年度   科学英語Ⅰ

  • 2016年度   科学英語Ⅰ

  • 2016年度   応用化学入門

  • 2016年度   応用化学自由研究

  • 2016年度   有機工業化学

  • 2015年度   錯体化学特論

  • 2015年度   有機化学Ⅱ

  • 2015年度   応用化学実験B

  • 2015年度   科学英語Ⅰ

  • 2015年度   応用化学入門

  • 2015年度   サイエンス工房

  • 2015年度   応用化学自由研究

  • 2014年度   サイエンス工房

  • 2014年度   精密有機合成化学特論

  • 2014年度   有機化学Ⅱ

  • 2013年度   有機化学Ⅱ

  • 2013年度   錯体化学特論

  • 2012年度   有機化学Ⅱ

  • 2012年度   精密有機合成化学特論

  • 2011年度   有機化学Ⅱ

  • 2011年度   錯体化学特論

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 2010年ノーベル化学賞 鈴木・宮浦カップリングを実体験-パラジウム触媒を用いて炭素と炭素をくっつける-

    役割:講師

    九州工業大学  西南学院高等学校  2023年10月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市立花房小学校  2023年09月27日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  特定非営利活動法人BeWith  2023年08月03日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市立星ヶ丘市民センター  2023年01月21日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  学童保育広小ひまわりクラブ  2022年08月24日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市立中原市民センター  2022年06月11日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市立門司図書館  2022年02月11日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

▼全件表示