2022/05/25 更新

アラキ コウジ
荒木 孝司
ARAKI Koji
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
准教授
研究室住所
福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
外部リンク

研究キーワード

  • 有機合成

出身学校

  • 1986年03月   長崎大学   工学部   工業化学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1991年06月   九州大学   工学研究科   合成化学   博士課程・博士後期課程   単位取得満期退学   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(工学)   1994年01月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     准教授

論文

  • Organogelators based on metacyclophane skeleton having urea units in the bridge 査読有り

    Tsuge A., Fujiwara T., Yakeya D., Kawasaki H., Moriguchi T., Araki K.

    Tetrahedron   71 ( 50 )   9429 - 9432   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2015 Elsevier Ltd.All rights reserved. Metacyclophanes having the urea units in their bridge have been prepared. It has been found out that some of them afford stable organogels in some solvents. It was also observed that addition of fluoride anion broke DMSO gel, and then this gel was formed again by addition of MeOH.

    DOI: 10.1016/j.tet.2015.10.056

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84946760978&origin=inward

  • Improvement of dispersion of pure indium particles by forming indium-complex covering 査読有り

    Kawasaki H., Okada H., Roppongi T., Soma D., Sato I., Kawamata Y., Araki K., Tsuge A.

    Materials Letters   144   36 - 38   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2014 Elsevier B.V. All rights reserved. No agglomeration of pure indium particles by the treatment with soaking in the solvent such as acetone or MEK has achieved. This is due to formation of indium-complex covering on the surface of particles. Furthermore we also have found out that a new pure indium particle works as well as conventional materials in terms of soldering properties.

    DOI: 10.1016/j.matlet.2014.12.039

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84921519535&origin=inward

  • Self-alignment Ability of Copper Ball on Soldering for Packaging-on-Packaging and Measurement of Oxidation Layer Thickness by Lightness Value

    Kawasaki Hiroyoshi, Hattori Takahiro, Roppongi Takahiro, Soma Daisuke, Sato Isamu, Kawamata Yuji, Araki Koji, Tsuge Akihiko

    Transactions of The Japan Institute of Electronics Packaging   8 ( 1 )   162 - 165   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cu balls showed unique soldering behavior that was different from the conventional solder as the semiconductor devices. On soldering on pad by the solder balls, solder balls move to the center position because of their self-alignment ability. On the contrary, Cu balls tend to move to the outer position from the mounted center position. We have achieved arranging of Cu balls at the center position using their self-alignment ability. It requires a thin oxidation layer on Cu balls. We also developed the simple and easy method to measure the thickness of the oxidation layers by utilizing the lightness.

    DOI: 10.5104/jiepeng.8.162

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005139872

  • Regulation of dynamic structure of cyclophanes by their complexation with the porphyrin 査読有り

    Tsuge A., Yokoo M., Kawasaki H., Kaneko D., Moriguchi T., Araki K.

    Tetrahedron Letters   54 ( 46 )   6181 - 6184   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Dithia[3.3]metacyclophanes which consist of the pyridine unit connecting to the different positions of the parent cyclophane skeleton have been prepared. Conformational change has been observed for the cyclophane having a 4-substituted pyridine unit by binding to the porphyrin. In contrast the porphyrin binding has no influence on conformational behavior of the cyclophane having a 3-substituted pyridine unit. © 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.08.116

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84885471489&origin=inward

  • Conformational regulation of cyclophanes by formation of pseudorotaxane based on a charge-transfer complex 査読有り

    Tsuge A., Nakamura K., Moriguchi T., Araki K.

    Chemistry Letters   41 ( 9 )   880 - 882   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cyclophanes consisting of diethylene glycol-substituted oligothiophene units as a component have been synthesized. Formation of pseudorotaxane arising from complexation of the cyclophanes and the cyclobis(paraquat-p-phenylene) (CBPQT4+) has been confirmed. It has also been discovered that conformational properties of the cyclophanes are strongly affected by the formation of pseudorotaxane. © 2012 The Chemical Society of Japan.

    DOI: 10.1246/cl.2012.880

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84866060045&origin=inward

  • Binding properties of calixarene-based cofacial bisporphyrins 査読有り

    Tsuge A., Kunimune T., Ikeda Y., Moriguchi T., Araki K.

    Chemistry Letters   39 ( 11 )   1155 - 1157   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Calixarene-based porphyrins in which the calixarene scaffold is connected with porphyrin units by an alkyl chain as a spacer have been prepared. Porphyrin with ethano bridge exhibits extremely high affinity (109M -1) for diazabicyclo-[2.2.2]octane (DABCO). © 2010 The Chemical Society of Japan.

    DOI: 10.1246/cl.2010.1155

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78449288040&origin=inward

  • Conformational Isomerism in and Binding Properies to Alkali-Metals and an Ammonium Salt of O-Alkylated Homooxacalix[3]arenes 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron   49 ( 42 )   9465 - 9465   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Syntheses and Ion Binding Properties of Novel Cage Molecules Derived from Homooxacalix[3]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron Letters   41   1807 - 1807   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Inclusion Properties of a Upper-rim-connected Biscalix[4]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Chemistry Letters   ( 1 )   20 - 20   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Guest Inclusion Properties of a Novel Cage Molecule Composed of Two Calix[4]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron Letters   41   1209 - 1209   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Stereochemistry and Recognition Properties of Calixarenes 査読有り

    荒木 孝司

    未入力   53 ( 1 )   22 - 22   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • カリックスアレーンの立体化学と忍識機能 査読有り

    荒木 孝司

    有機合成化学協会誌   53 ( 1 )   22 - 22   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Immobilization of the Ring Inversion Motion in Calix〔6〕arene by a Cap with C<sub>3</sub>-Symmerty 査読有り

    未入力

    Chemistry Letters   ( 7 )   1251 - 1251   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Syntheses of All Possible O-Methylation Products Derivable from 5, 11, 17, 23, 29, 35-Hexa-tert-Butylcalix〔6〕arene-37, 38, 39, 40, 41, 42, hexol 査読有り

    未入力

    Journal of Organic Chemistry   59 ( 6 )   1542 - 1542   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Facile Dctection of Cation-π Interaction in Calix〔n〕arenes by Mass Spectrometry 査読有り

    未入力

    Chemistry Letters   ( 8 )   1383 - 1383   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Improved Synthesis of 5, 11, 17, 23, 29-Penta-t-butylcalix〔5〕arence-31, 32, 33, 34, 35-pentol and Immobilization of the Conformation by O-Alkylation 査読有り

    未入力

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   67 ( 5 )   1499 - 1499   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Self-Assembled Molecular Capsule Basd on the Hydrogen-Bonding Interaction between Two Different Calix〔4〕arenes 査読有り

    未入力

    Tetrahedron Letters   35 ( 44 )   8255 - 8255   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Optimization of Phase-Transfer Catalysts Designed from Calix[4]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron   49 ( 31 )   6763 - 6763   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1993年04月  -  1993年04月

  • Synthesis and Ion Selectivity of Conformers Derived from Hexahomotrioxacalix[3]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Journal of Organic Chemistry   58 ( 22 )   5958 - 5958   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Molecular Design of a Calix[6]arene-Based Super-Uranophile with C<sub>3</sub> Symmetry. High UO<sub>2</sub><sup>2+</sup> Selectivity in Solvent Extraction 査読有り

    荒木 孝司

    Chemistry Letters   5   829 - 829   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Rotation vs. Immobilization Controversy in Calix[6]arenes. Is 5,11,17,23,29,35-Hexa-tert-butyl-37,39,41-trimethoxy-38,40,42-tris(tert-butoxycarbonylmethoxy)calix[6]arene really immobilized? 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron Letter   34 ( 45 )   7275 - 7275   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Metal Recognition of Biscalix[4]arenes. Intramolecular Metal-Hopping as Detected by <sup>1</sup>H NMR Spectroscopy 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron Letter   34 ( 13 )   2149 - 2149   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Cation-π Interactions in Calix[4]arene-based Host Molecules. What Kind of Cavity shape Is Favored for the Cation-binding 査読有り

    荒木 孝司

    Chemistry Letters   2   205 - 205   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • UNFQUIVOCAL EVIDENCE FOR THE PARA-SUBSTITUENT-THROUGH-THE ANNULUS ROTATION IN CALIX[6]ARENE 査読有り

    荒木 孝司

    Chemistry Express   8 ( 7 )   49 - 49   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • "cone"-"Partial-cone"Isomerism in Tetramsthoxycalix[4]arenes. Influence of Solvent Polarity and Metal Ions 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron   49 ( 44 )   9937 - 9937   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Optical Resolution of Calix[4]arenes with Molecular Asymmetry. Systematic Classification of All Possible Chirol Isomers Derivable from Calix[4]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Journal of the American Chemical Society   115 ( 10 )   3997 - 3997   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Molecular Design and Synthesis of a Bascalix[4]arene-Based Cage Molecule 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron Letter   34 ( 51 )   8297 - 8297   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1993年04月  -  1993年04月

  • 分子認識におけるカチオンーπ相互作用の重要性 査読有り

    荒木 孝司

    化学   47 ( 1 )   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • SUBSTITUTION OF OH WITH NH<sub>2</sub> IN CALIX[4]ARENES : AN APPROACH TO THE SYNTHESIS OF AMINOCALIXARENES 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron Letters   33 ( 9 )   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1992年04月  -  1992年04月

  • Acid Dissociation and Activation Parameters for Ring Inversion of Diaminocalix[4]arene 査読有り

    荒木 孝司

    Chemistry Letters   4   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1992年04月  -  1992年04月

  • On the Origin of the Distal vs. Proximal Regioselectivity in Di-O-alkylation of Calix[4]arenes 査読有り

    荒木 孝司

    Chemistry Letters   6   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1992年04月  -  1992年04月

  • Calixarene-Tetracyanoethylene complexes. On the Selective Complexation with Calix[4]arene Conformers. 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron   48 ( 6 )   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1992年04月  -  1992年04月

  • Kinetic Studies of Calixarene Based Cyclic and Non-cyclic 'Super-uranophiles'. 査読有り

    荒木 孝司

    Journal of Chemical Society Perkin Transaction 2   9   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1991年04月  -  1991年04月

  • Conformations and Structures of Tetra-O-alkyl-p-tert-butylcalix[4]arenes. How is the Conformation of Calix[4]arenes Immobilized? 査読有り

    荒木 孝司

    Journal of Organic Chemistry   56 ( 16 )   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of All Possible Conformational Isomers of O-Alkyl-p-t-Butylcalix[4]arenes. 査読有り

    荒木 孝司

    Tetrahedron   47 ( 25 )   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • pk<sub>a</sub> Determination of Water-soluble Calix[4]arenes 査読有り

    荒木 孝司

    Journal of Chemical Society Perkin Transaction 2   12   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1991年04月  -  1991年04月

  • 高次構造に由来する新しい不斉化合物 査読有り

    荒木 孝司

    化学   45 ( 2 )   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   有機化学Ⅰ

  • 2021年度   反応有機化学

  • 2021年度   コンピュータ解析Ⅱ

  • 2021年度   有機化学概論

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   有機化学Ⅰ

  • 2020年度   機能有機化学特論

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   有機化学Ⅰ

  • 2019年度   物理有機化学特論

  • 2018年度   有機化学Ⅰ

  • 2018年度   応用化学入門

  • 2018年度   機能有機化学特論

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   応用化学概論

  • 2017年度   物理有機化学特論

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   化学実験B

  • 2017年度   応用化学概論

  • 2017年度   有機化学Ⅰ

  • 2017年度   化学実験A

  • 2016年度   化学実験A

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   機能有機化学特論

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   有機化学Ⅰ

  • 2016年度   サイエンス工房

  • 2016年度   化学実験B

  • 2016年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験A

  • 2015年度   サイエンス工房

  • 2015年度   有機化学Ⅰ

  • 2015年度   物理有機化学特論Ⅰ

  • 2015年度   物理有機化学特論Ⅱ

  • 2015年度   化学実験B

  • 2015年度   化学実験B

  • 2014年度   有機化学Ⅰ

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験A

  • 2014年度   機能有機化学特論

  • 2014年度   サイエンス工房

  • 2013年度   化学実験A

  • 2013年度   有機化学Ⅰ

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   物理有機化学特論

  • 2012年度   化学実験A

  • 2012年度   有機化学Ⅰ

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   機能有機化学特論

  • 2011年度   物理有機化学特論

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験B

  • 2011年度   化学実験A

  • 2011年度   有機化学Ⅰ

▼全件表示