秋山 哲也 (アキヤマ テツヤ)

AKIYAMA Tetsuya

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

金属生産加工 レーザフォーミング

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1978年03月   大阪大学   工学部   溶接工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1980年03月  大阪大学  工学研究科  溶接工学  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)  1993年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   工学部   工学部マテリアル工学科長  

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   工学研究院物質工学研究系長  

  • 2013年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1976年07月
    -
    継続中
     

    溶接学会  日本国

  • 1981年06月
    -
    継続中
     

    日本金属学会  日本国

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

  • 2011年09月
    -
    継続中
     

    日本機会学会  日本国

  • 2002年03月
    -
    継続中
     

    溶接構造研究委員会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 金属・資源生産工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • レーザフォーミングに及ぼす加熱履歴の影響

    レーザフォーミング 加熱履歴  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

  • スポット溶接継ぎ手の高強度化

    スポット溶接継ぎ手 高強度化   

    研究期間: 2011年04月  -  継続中

     概要を見る

    レーザー熱処理とハイブリッド化された新しいスポット溶接を視野に,強度の高いスポット溶接継ぎ手の製作を目指す.ナゲット周辺の母材の強化により,破断位置を応力集中部から遠ざけ継手強度の上昇を測る.

  • 測地線-面内ひずみ法に基づく曲面成形加工法案の自由度に関する研究

    測地線-面内ひずみ法 曲面成形 自由度  

    研究期間: 2011年04月  -  継続中

     概要を見る

    薄板を用いた曲面成形技術において,必要なひずみ量を算出する方法と,加工方法の自由度の関係を研究している.加工方法の自由度は大きい方が好ましいが,それに応えられる有力な方法が測地線-面内ひずみ法である.

論文 【 表示 / 非表示

  • 複合荷重試験における高張力鋼板を用いた抵抗スポット溶接継手強度の荷重角度依存性

    小林 裕貴, 川端 智也, 秋山 哲也, 北村 貴典

    溶接学会全国大会講演概要  ( 一般社団法人 溶接学会 )  2019 ( 0 ) 196 - 197   2019年01月

     概要を見る

    著者らは軟鋼板を用いた抵抗スポット溶接継手に複合荷重が作用した際の強度に及ぼす荷重角度依存性を明らかにした.高張力鋼板を用いた場合,変形しにくさによる応力集中などが原因で十字引張強度が母材強さに比して上がらないことが報告されている.複合荷重下においても高張力鋼を用いることで継手強度に同様の影響を及ぼすことが想定される.そこで,高張力鋼板の継手の複合荷重下での強度についてマクロ的な観点で検討した.

    DOI CiNii

  • レーザフォーミングを用いた多重加熱が鋼曲板の変形に及ぼす影響

    土谷 耕平, 野坂 至, 西 琴衣, 秋山 哲也, 北村 貴典

    溶接学会全国大会講演概要  ( 一般社団法人 溶接学会 )  2019 ( 0 ) 330 - 331   2019年01月

     概要を見る

    レーザフォーミングを用いて任意の形状を作成する際,目的の形状を得るために複数回の加熱が予想される.しかし,複数回の加熱が材料の変形に及ぼす影響についての知見は少なく,また,材料の違いによる変形への影響は明らかにされていない.そこで,本研究では先行研究に用いた材料(SUS304)と異なる材料の熱間圧延鋼板SPHC にレーザフォーミングを複数回施し,複数回の加熱が材料の変形に及ぼす影響について調査した.

    DOI CiNii

  • レーザフォーミングにおける平行線状加熱順序が曲面成形に与える影響

    秋山 哲也, 北村 貴典, 東 謙吾, 倉本 洋彰, 岸 大祐

    日本金属学会誌    82 ( 9 )   2018年09月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Laser forming is a technique for forming a target curved surface by locally bending or shrinking by heating like linear heating process in shipbuilding. In the shipbuilding site, it is empirically known that the final curved surface shape changes due to the influence of thermal history, if the heating order is changed. However, the main cause has not been clarified yet. The authors studied mathematically the relation between the in-plane strain and the curved surface shape in the twisted curved surface forming. Then, it was shown that the difference of in-plane strain distributions caused by the difference in heating order suppressed or promoted twisted deformation. Therefore, if different in-plane strain distributions are formed by changing the heating order with parallel heating lines, bowl-shaped curved surfaces and saddle-shaped curved surfaces can be formed separately. In this paper, we carried out theoretical calculations using a macroscopic dynamic model, simulation by finite element method and experiments of laser forming. And we examined the relationship between heating order and in-plane strain and the possibility of forming bowl and saddle shaped curved surfaces separately. As a result, it was shown by FEM analysis that the peak value of the inherent strain generated by the late heating order is larger than that by early heating order. And we could explain the reason with a macroscopic dynamic model. In addition, by changing the heating order with parallel heating lines, it was possible to form bowl and saddle shaped curved surfaces separately. Finally, we could explain the cause of bowl or saddle shaped curved surface forming using thermal history by changing longitudinal shrinkage distribution.</p>

    DOI CiNii

  • Dependence of Load Angle on Static Strength of Resistance Spot Welded Lap Joint under Combined Load Test

    Akiyama Tetsuya, Kitamura Takanori, Ono Tetsushi

    Materials Transactions    59 ( 8 ) 1275 - 1279   2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>The strength of resistance spot welded lap joints is very important. JIS prescribes tensile shear testing and cross-tension testing as a realistic environment under combined load. Thus, numerous strength prediction equations have been proposed. These equations use a threshold value based on the base material strength as a fracture condition. The relationship between the cross-tension strength and the opening angle only reflects the influence of the opening angle on the axial force acting geometrically on the base metal. However, it shows good agreement with the experimental results. The strength of resistance spot welded lap joints under combined load is known to be dependent on the load angle. However, it is not clear whether the only cause for this is the geometric influence as indicated by previously established equations or whether the fracture mechanism changes depending on the load angle. In this study, we examined the extent to which the dependence on load angle can be explained by macro geometric factors using a material dynamics model, before studying the micro fracture mechanism, which depends on the load angle in the vicinity of the crack initiation site in the nugget. Thus, we were able to explain the load angle dependence with a macro model.</p>

    DOI CiNii

  • 複合荷重試験での抵抗スポット溶接重ね継手強度の荷重角度依存性について

    秋山哲也, 北村貴典, 小野哲士

    日本金属学会誌    82 ( 3 ) 59 - 63   2018年03月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 The Japan Institute of Metals and Materials. Strength of resistance spot welded lap joint is a very interesting task. JIS prescribes tensile shear test and cross tension test as a realistic environment in combined load. Then, a lot of strength prediction equations have been proposed. And these features are in the use of a threshold value based on the base material strength as a fracture condition. The relational expression between the cross tension strength and the opening angle deals only with the influence of the opening angle on the axial force acting geometrically on the base metal. But it explains the experimental results well. The strength of resistance spot welded lap joint in combined load is known to exhibit dependence of load angle. But it is not clear whether the cause is only the geometric influence as shown by the past equations or the fracture mechanism change depend on the load angle. In this study, we examined how much dependence of load angle can be explained by macro geometric factors using a material dynamics model, before studying the micro fracture mechanism depend on the load angle in the vicinity of the crack initiation part of the nugget. As a result, we were able to explain the dependence of load angle with the macro model.

    DOI Scopus CiNii

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 複合荷重試験における高張力鋼板を用いた抵抗スポット溶接継手強度の荷重角度依存性

    小林裕貴, 川端智也, 秋山哲也, 北村貴典

    溶接学会 2019年度 秋季全国大会  (東北大学)  2019年09月  -  2019年09月    一般社団法人溶接学会

  • レーザフォーミングを用いた多重加熱が鋼曲板の変形に及ぼす影響

    土谷耕平, 野坂 至, 西 琴衣, 秋山哲也, 北村貴典

    溶接学会 2019年度 秋季全国大会  (東北大学)  2019年09月  -  2019年09月    一般社団法人溶接学会

  • 複合荷重試験における高張力鋼板を用いた抵抗スポット溶接継手強度の荷重角度依存性

    小林裕貴, 川端智也, 秋山哲也, 北村貴典

    令和元年度溶接学会九州支部 研究発表会  (北九州国際会議場)  2019年06月  -  2019年06月    一般社団法人溶接学会九州支部

  • 縦収縮を利用したレーザフォーミングに及ぼす熱伝導率と硬さ変化の影響

    高松幸大, 泉頭貴史, 秋山哲也, 北村貴典

    令和元年度溶接学会九州支部 研究発表会  (北九州国際会議場)  2019年06月  -  2019年06月    一般社団法人溶接学会九州支部

  • レーザフォーミングを用いた多重加熱が鋼曲板の変形に及ぼす影響

    土谷耕平, 野坂 至, 西 琴衣, 秋山哲也, 北村貴典

    令和元年度溶接学会九州支部 研究発表会  (北九州国際会議場)  2019年06月  -  2019年06月    一般社団法人溶接学会九州支部

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 平板加工情報の取得方法および平板加工方法

    特願 '特願2005-082504号  特許 特許第4899039号  日本国

    秋山哲也,寺崎俊夫 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 溶接学会フェロー

    2018年04月25日   溶接学会   日本国

    受賞者:  アキヤマテツヤ秋山哲也

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • レーザフォーミングとデジタル技術利用によるぎょう鉄因子の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17360422

  • ナレッジベースの線状加熱加工シミュレータの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  14350523

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • レーザフォーミングを用いた意匠面作成技術の開発

    提供機関:  天田財団 

    研究期間:  2017年10月  -  2020年03月

  • レーザーフォーミングの個別要素技術の確立

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2010年04月  -  2017年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  造形力学特論

  • 2019年度  計算材料学Ⅱ

  • 2019年度  接合工学

  • 2019年度  材料力学

  • 2018年度  造形力学特論

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    九州地区溶接検定委員会   九州地区溶接検定委員会委員長

  • 2014年09月
    -
    2014年12月

    溶接学会   溶接構造シンポジウム2014 論文審査委員

  • 2014年06月
    -
    継続中

    溶接学会   溶接構造研究委員会 幹事

  • 2014年04月
    -
    継続中

    溶接学会   溶接学会代議員

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    九州地区溶接検定委員会   九州地区溶接技術検定委員会 副委員長

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 自分で作るフライトシミュレータ-運動方程式に従って飛行機を操縦しよう-

    2017年10月
     
     
  • 自分で作るフライトシミュレータ-運動方程式に従って飛行機を操縦しよう-

    2013年11月
     
     

     概要を見る

    福岡県立春日高等学校

  • 自分で作るフライトシミュレータ-運動方程式に従って飛行機を操縦しよう-

    2013年07月
     
     

     概要を見る

    スーパーサイエンスコンソーシアム

  • フライトシミュレータの作成(明治学園)

    2012年07月
    -
    2012年08月

     概要を見る

    エクセルを用いたフライトシミュレータづくり

  • 溶接管理技術者2級直前講習会

    2011年10月
     
     

     概要を見る

    主催者:溶接学会九州開催支援実行委員会
    役割:講師と事務局
    会場:戸畑生涯学習センター

全件表示 >>