高須 登実男 (タカス トミオ)

TAKASU Tomio

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

材料リサイクル、非鉄金属、金属製錬、乾式プロセス、湿式プロセス、電解プロセス、界面現象、数学的モデル、移動速度論

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

093-884-3351

ホームページ

http://w3.matsc.kyutech.ac.jp/recycling/index.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 1

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月   名古屋大学   工学部   鉄鋼工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月  名古屋大学  工学研究科  材料機能工学および材料プロセス工学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  博士(工学)  1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2020年09月

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    九州工業大学   サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー   施設次長  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    九州工業大学   工学部   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   工学部   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2011年03月

    東京大学生産技術研究所   研究員   日本国

  • 2000年12月
    -
    2004年03月

    東京大学生産技術研究所   協力研究員   日本国

  • 1996年07月
    -
    1997年09月

    トロント大学   文部省在外研究員:博士研究員   カナダ

  • 1993年04月
    -
    1994年03月

    日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    資源・素材学会  日本国

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本鉄鋼協会  日本国

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    日本金属学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    Canadian Institute of Mining, Metallurgy and Petroleum  カナダ

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    環境資源工学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 金属・資源生産工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 金属材料のリサイクルプロセスの開発

    リサイクル、安定化、素材プロセス、重金属  

    研究期間: 1994年04月  -  継続中

  • 高生産性・高効率 金属製錬プロセスの開発

    素材プロセス、電解精製、電解採取、高電流密度、電流効率  

    研究期間: 1994年04月  -  継続中

  • 材料プロセスにおけるマランゴニ対流の解析と制御

    界面現象、素材プロセス  

    研究期間: 1994年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Removal of boron from aqueous solution using zero-Valent magnesium granules

    Kasahara S., Takasu T., Nagano N., Mikoshi Y., Itou H., Sakamoto N.

    Materials Transactions  ( 公益社団法人 日本金属学会 )  61 ( 10 ) 1930 - 1939   2020年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 The Mining and Materials Processing Institute of Japan. In order to understand the characteristics of the wastewater treatment method using zero-valent magnesium granules, the reaction between an aqueous solution containing boron and zero-valent magnesium granules was investigated by experiments and a reaction rate model. Particular attention was paid to the effect of adding hydrochloric acid before adding zero-valent magnesium and to the effect of adding sodium hydroxide to adjust the pH to 10.5 after 110 minutes. The following findings were obtained. The relationship between the pH and the dissolved magnesium concentration over time is determined by a reaction formula in which zero-valent magnesium granules react with an aqueous solution to generate Mg2+ ions while generating hydrogen. When magnesium hydroxide is produced, the pH becomes constant over time. Increasing the concentration of hydrochloric acid lowers the pH value reached. This relationship is determined in equilibrium with magnesium hydroxide. The reaction rate of the zero-valent magnesium granules is determined as the first-order reaction of the hydrogen ion activity when the pH was lower than 2.3 or higher than 8.5, and as the zero-order reaction of the hydrogen ion activity at pH from 2.3 to 8.5. The amount of magnesium hydroxide produced without the addition of sodium hydroxide is determined by the above-described reaction rate model of zero-valent magnesium granules. The boron concentration of the solution when the pH is adjusted to 10.5 by adding sodium hydroxide is determined by the Langmuir-type sorption isotherm of boron to the magnesium hydroxide produced. As described above, the behavior of removing boron from an aqueous solution using zero-valent magnesium granules can be well reproduced by the simple reaction rate model used in this study, and it can be said that it is useful for process design. [doi:10.2320/matertrans.M-M2020842]

    DOI Scopus CiNii

  • Effect of polyethylene glycol on electrodeposition of zn active metal oxide composites from a particle-free solution

    Ueda D., Oue S., Takasu T., Nakano H.

    Materials Transactions  ( 公益社団法人 日本金属学会 )  61 ( 11 ) 2170 - 2177   2020年09月  [査読有り]

     概要を見る

    ©2020 The Japan Institute of Metals and Materials. Electrodeposition of ZnZr and ZnVoxide composites was performed under galvanostatic conditions at 313K on unagitated pH 2 sulfate solutions containing Zn2+ and Zr4+ or VO2+ ions and an additive such as polyethylene glycol (PEG). The effects of PEG addition on the codeposition of Zr and V oxides and their polarization behavior, and on the microstructure of the deposits, were investigated. Although the Zr content in the deposits obtained from the ZnZr solution in the absence of PEG was approximately zero, it increased significantly at a current density of above 1000 A m 2 following the addition of PEG. In the ZnV solution, the V content in the deposits obtained from 100 to 2000 A m 2 was higher with PEG than without it. In the presence of PEG, the cathode potential polarized, the rate of hydrogen evolution increased, and the hydrolysis reaction of Zr4+ and VO2+ ions proceeded smoothly, resulting in an increase in the Zr and V content in the deposits. Additionally, the crystal platelets of Zn in the ZnZr and the ZnVoxide films became fine, and the surface coverage of the spongiform Zr and film-like Voxides increased. Furthermore, the corrosion current densities of the ZnZr and ZnVoxide films obtained from the solution with PEG were lower than those from the solution without it. The reduction rate of dissolved oxygen decreased in the films in the presence of PEG, thereby leading to a decrease in the corrosion current density

    DOI Scopus CiNii

  • Effect of Organic Additives on the Electrodeposition Behavior of Zn from an Alkaline Zincate Solution and Its Microstructure

    Kenta Fukumoto, Satoshi Oue, Yoshiharu Kikuchi, Shinya Akamatsu, Tomio Takasu, Hiroaki Nakano

    MATERIALS TRANSACTIONS  ( 公益社団法人 日本金属学会 )  61 ( 3 ) 497 - 505   2020年02月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Electrodeposition of Zn was performed on an Fe electrode at a current density of 20–5000 A·m<sup>−2</sup> and a charge of 4 × 10<sup>4</sup> C·m<sup>−2</sup> in an unagitated zincate solution at 313 K containing 0.62 mol·dm<sup>−3</sup> of ZnO, 4.0 mol·dm<sup>−3</sup> of NaOH, and organic additives. The effects of organic additives on the deposition behavior of Zn and the microstructure of the deposits were investigated. Glossy films were obtained by depositing at current densities higher than 1000 A·m<sup>−2</sup> from the solution containing additives of a straight-chain polymer composed of a quaternary ammonium cation (PQ) and a quaternary ammonium salt with a benzene ring (QA). The polarization curve was separated into partial polarization curves of Zn deposition and hydrogen evolution by using the galvanostatic data of Zn deposition. The overpotentials of the charge transfer of Zn deposition and that of ZnO<sub>2</sub><sup>2−</sup> ion diffusion increased with the addition of PQ and QA. The increase in overpotential was considerable at potentials less noble than −1.5 V. Zn deposition reached the diffusion limit of ZnO<sub>2</sub><sup>2−</sup> ions at potentials less noble than −1.5 V, indicating that the diffusion of ZnO<sub>2</sub><sup>2−</sup> ions was suppressed considerably by PQ and QA. With the addition of PQ and QA, C, N, and H were codeposited with Zn, which demonstrated that the additives of PQ and QA were incorporated into the deposited films. Zn crystallite size decreased with increasing current density. At a high current density of 5000 A·m<sup>−2</sup>, the crystallite size decreased with the addition of PQ and QA, and the surface of the film was smooth. The orientation index of the {10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0} plane of Zn deposited from the solution containing PQ and QA increased with increasing current density. The changes in the crystallite size and crystal orientation of deposited Zn were explained by the deposition overpotential.</p><p> </p><p>This Paper was Originally Published in Japanese in J. Japan Inst. Metals <b>83</b> (2019) 399–406.</p>

    DOI CiNii

  • 非懸濁溶液からの Zn-活性金属酸化物複合電析に及ぼすポリエチレングリコール添加の影響

    植田 大樹, 大上 悟, 高須 登実男, 中野 博昭

    日本金属学会誌  ( 公益社団法人 日本金属学会 )  84 ( 2 ) 50 - 57   2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 The Japan Institute of Metals and Materials Electrodeposition of Zn-Zr oxide and Zn-V oxide composites was performed under galvanostatic conditions from an unagitated sulfate solution containing Zn2+, Zr4+, or VO2+ ions and an additive such as polyethylene glycol (PEG). The sulfate solution had a pH of 2 and the electrodeposition was performed at 313 K. The effects of PEG on the co-deposition of the Zr oxides and V oxides and their polarization behavior were investigated. Additionally, the effects of PEG on the microstructure of the deposits were investigated. Although the Zr content in the deposits obtained from the Zn-Zr solution without PEG was approximately zero, it increased significantly at a current density above 1000 A m- following the addition of PEG. In the Zn-V solution, the V content in the deposits obtained from 100 A m-2 to 2000 A m-2 was higher with PEG than that without PEG. In the presence of PEG, the cathode potential polarized, the rate of hydrogen evolution increased, and the hydrolysis reaction of Zr4+ and VO2+ ions occurred easily. This resulted in the Zr content and V content increasing in the deposits. Additionally, the crystal platelets of Zn in the Zn-Zr oxide film and the Zn-V oxide film became fine, and the surface coverage of the spongiform Zr oxide and the film-like V oxide increased. Furthermore, the corrosion current densities of the Zn-Zr oxide film and the Zn-V oxide film obtained from the solution with PEG were lower than those from the solution without PEG. The reduction reaction of dissolved oxygen decreased in the films with PEG, thereby decreasing the corrosion current density.

    機関リポジトリ DOI Scopus CiNii

  • アルカリジンケート浴からの亜鉛の電析挙動とその微細構造に及ぼす有機添加剤の影響

    福元 健太, 大上 悟, 菊池 義治, 赤松 慎也, 高須 登実男, 中野 博昭

    日本金属学会誌  ( 公益社団法人 日本金属学会 )  83 ( 11 ) 399 - 406   2019年11月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Electrodeposition of Zn was performed on a Fe electrode at a current density of 20-5000 A·m<sup>−2</sup> and a charge of 4 × 10<sup>4</sup> C·m<sup>−2</sup> in an unagitated zincate solution containing 0.62 mol·dm<sup>−3</sup> of ZnO, 4.0 mol·dm<sup>−3</sup> of NaOH and organic additives at 313 K. The effects of organic additives on the deposition behavior of Zn and the microstructure of the deposits were investigated. The films deposited at current densities higher than 1000 A・m<sup>−2</sup> from the solution containing additives of a straight-chain polymer composed of quaternary ammonium cation (PQ) and a quaternary ammonium salt with benzene ring (QA) exhibited the gloss. The polarization curve was separated into a partial polarization curve of Zn deposition and that of hydrogen evolution by using the galvanostatic data of Zn deposition. The overpotentials of charge transfer of Zn deposition and that of ZnO<sub>2</sub><sup>2−</sup> ions diffusion increased with additions of PQ and QA. The increase in overpotential was remarkable at potential less noble than −1.5 V. Zn deposition reached the diffusion limit of ZnO<sub>2</sub><sup>2−</sup> ions at potential less noble than −1.5 V, indicating that the diffusion of ZnO<sub>2</sub><sup>2−</sup> ions was greatly suppressed by PQ and QA. With additions of PQ and QA, the C, N and H were co-deposited with Zn, showing that the additives of PQ and QA were incorporated in deposited films. The size of the Zn crystallite decreased with increasing current density. At a high current density of 5000 A・m<sup>−2</sup>, the crystallite size decreased furthermore with additions of PQ and QA and the film showed the smooth surface. The orientation index of the {10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0} plane of Zn deposited from the solution containing PQ and QA increased with current density. The change of the crystallite size and crystal orientation of deposited Zn were explained related to the deposition overpotential.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • ゼロ価マグネシウム粒を用いた水溶液からのホウ素除去

    笠原将二,高須登実男,長野暢明,見越勇希,伊藤秀行,阪本尚孝

    資源・素材学会 九州支部 2020年度 若手研究者および技術者研究概要集  (福岡県福岡市)  2020年05月  -  2020年05月    資源・素材学会 九州支部

  • 銅電解精製の電流効率に及ぼす電解液流動と溶存酸素の影響

    隈本一輝,石田達也,伊藤秀行,高須登実男

    資源・素材学会九州支部令和元年度 若手研究者および技術者の研究発表会,講演要旨集  (九州大学(福岡県福岡市))  2019年05月  -  2019年05月    資源・素材学会九州支部

  • 銅電解精製の電流効率に及ぼす電解液流動と溶存酸素の影響

    隈本一輝,石田達也,伊藤秀行,高須登実男

    日本金属学会・鉄鋼協会九州支部 材料プロセス談話会  (九州大学(福岡県福岡市))  2019年03月  -  2019年03月    日本金属学会・鉄鋼協会九州支部

  • 金属マグネシウムを用いた水溶液からのホウ素除去

    長野暢明,伊藤秀行,高須登実男,阪本尚孝,川田勝三

    資源・素材学会平成30年度 秋季大会講演集  (福岡)  2018年09月  -  2018年09月    資源・素材学会

  • 銅電解精製の陰極析出挙動に及ぼす電解液流動の影響

    永嶋和樹,伊藤秀行,高須登実男

    日本金属学会九州支部、日本鉄鋼協会九州支部 合同学術講演会 講演概要集  ( 北九州)  2018年06月  -  2018年06月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • マグネタイト強磁性物質懸濁微粒子の除去設備

    特願 特願2016-226633  日本国

    木本徹男,川田勝三,高須登実男,阪本尚孝,野澤忠生,横田漠

  • マグネタイト懸濁水の製造装置及び製造方法、並びに、重金属類の除去装 置及び除去方法

    特願 特願2016-040071  特開 特開2017-154932  特許 特許6647564号  日本国

    木本徹男,川田勝三,高須登実男,阪本尚孝,野澤忠生,横田漠

  • 金属イオン含有排水の処理装置

    特願 2010-271977  特開 2012-106221  特許 5737671号  日本国

    高須登実男,岩本朗,阪本尚孝

  • シリコン回収システムおよびシリコン回収方法

    特願 2010-019554  特開 2011-157226  特許 4665054号  日本国

    高須登実男,伊藤秀行,為藤敬則,須崎純一,齋藤憲一,山上公久

講演 【 表示 / 非表示

  • 金属鉄を用いたマグネタイト生成による排水処理

    エコテクノ2016 エネルギー先端技術展アカデミックセミナー ( 西日本総合展示場 )  2016年10月14日  北九州市

  • 金属鉄を用いたマグネタイト生成による排水処理

    九州工業大学 三木会 ( 九州工業大学 )  2016年06月03日  九州工業大学

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 銅電解精製のカソードへの粒子取込みとコブ状析出生成についての基礎研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26420757

  • 金属マグネシウムを用いた排水処理の開発に関する基礎研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  25420793

  • 電解液流動を用いた分極制御による銅電解精製の高電流密度化のための基礎研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560894

  • ヒ素固定化のためのスコロダイト生成の機構解明と制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年05月  -  2011年03月

    研究課題番号:  20560694

  • 硫化銅精鉱の酸化酸浸出の促進を目指したマイクロ波加熱処理の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年05月  -  2008年03月

    研究課題番号:  18560715

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 低品位銅電解精製に係る基礎研究

    共同研究

    研究期間:  2016年05月  -  2017年02月

  • 低品位銅電解精製に係る基礎研究

    共同研究

    研究期間:  2015年05月  -  2016年02月

  • 低品位銅電解精製に係る基礎研究

    共同研究

    研究期間:  2014年07月  -  2015年02月

  • 低品位銅電解精製に係る基礎研究

    共同研究

    研究期間:  2013年09月  -  2014年02月

  • 亜鉛電解における液流動と電解挙動の解析

    共同研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 金属マグネシウムを利用した環境水質浄化材の設計と製造(連続式吸着・除去技術の確立)

    提供機関:  独立行政法人 科学技術振興機構 

    研究期間:  2009年02月  -  2010年03月

     概要を見る

    地域ニーズ即応型

  • UG2鉱石からの白金族等の高効率回収のための固相還元及び濃縮挙動の解明

    提供機関:  独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 

    研究期間:  2008年08月  -  2009年02月

     概要を見る

    レアメタル新製錬・回収技術

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  反応速度論

  • 2019年度  マテリアル工学PBL

  • 2019年度  製錬工学

  • 2019年度  マテリアル工学入門

  • 2019年度  材料反応速度特論

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 空手道部顧問

    2010年04月
    -
    継続中
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
     
     

    資源・素材学会   資源・素材学会 素材部門委員会 第55回製錬関係研究会 担当

  • 2018年09月
     
     

    資源・素材学会   平成30年度 資源・素材関係学協会合同秋季大会 実行委員会委員

  • 2018年02月
    -
    2020年01月

    資源・素材学会   代議員

  • 2014年09月
     
     

    資源・素材学会   平成26年度 資源・素材関係学協会合同秋季大会 実行委員会委員

  • 2014年04月
    -
    継続中

    資源・素材学会   素材部門委員会 幹事

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • マテリアルの資源とリサイクルー持続型循環社会をめざしてー

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    大分県立中津北高等学校

  • マテリアルの資源とリサイクルー持続型循環社会をめざしてー

    2018年09月
     
     

     概要を見る

    福岡県立柏陵高等学校

  • マテリアルの資源とリサイクルー持続型循環社会をめざしてー

    2017年11月
     
     

     概要を見る

    山口県立下関工業高等学校/下関工科高等学校

  • マテリアルの資源とリサイクルー持続型循環社会をめざしてー

    2017年09月
     
     

     概要を見る

    山口県立徳山高等学校

  • マテリアルの資源とリサイクルー持続型循環社会をめざしてー

    2016年10月
     
     

     概要を見る

    熊本市立必由館高等学校

全件表示 >>

 

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • サンテティエンヌ国立高等鉱山学院  2011年03月  -  継続中

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (学生向けPR)

    環境調和を目指した素材製造・リサイクル・廃棄物安定化についての方法を研究しています。