2024/01/25 更新

オカウチ タツオ
岡内 辰夫
OKAUCHI Tatsuo
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 11

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
准教授
外部リンク

研究キーワード

  • 有機合成化学

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 有機合成化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機合成化学

出身学校

  • 1987年03月   東京大学   理学部   化学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1992年03月   東京大学   理学系研究科   化学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  博士(理学)   1992年03月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     准教授

論文

  • Diazo-Transfer Reaction of Nonactivated Ketones with 2-Azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium Hexafluorophosphate (IPrAP) 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Ohtsuka K., Eto T., Tsuzaki M., Wada M., Shimooka H., Okauchi T.

    Journal of Organic Chemistry   88 ( 21 )   15494 - 15500   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The diazo-transfer reaction of nonactivated ketone under mild reaction conditions was developed. Various nonactivated ketones such as aryl methyl ketones, sec-alkyl methyl ketones, and cyclic ketones were transformed into their corresponding α-diazoketones in one step by treating 2-azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium hexafluorophosphate (IPrAP) in the presence of iPr2NH in ethylene glycol. In the reaction of IPrAP with prim-alkyl methyl ketone and prim-alkyl aryl ketones, migratory amidation proceeded under the reaction conditions to afford the corresponding amides.

    DOI: 10.1021/acs.joc.3c01743

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85177807337&origin=inward

  • Formal synthesis of isoquinocyclinone using ortho-alkoxycarbonylmethylation of anthranol via diazoquinone 査読有り 国際誌

    Mitsuru Kitamura, Noriyuki Fukuzumi, Masayuki Shinagawa, Keiichiro Araki, Yutaro Shimizu, Shuhei Takahashi, Takumi Iwata, Hirokazu Shimooka, Tatsuo Okauchi

    Tetrahedron Letters ( Elsevier )   125   154618   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, a formal synthesis of isoquinocyclinone is reported. Synthesis of key intermediate lactone 6, an intermediate in Koert's s total synthesis of isoquinocyclinone, was succeeded. The lactone 6 was synthesized by using our developed diazo-transfer reaction of anthranol with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium chloride (ADMC) and alkoxycarbonylmethylation of diazoquinone as key reactions.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2023.154618

  • Conversion of η<sup>4</sup>-(Vinylketene)iron complexes to η<sup>4</sup>-(Vinylketenimine)iron complexes using titanium chloride and amines 査読有り 国際誌

    Okauchi T., Teratani K., Nakagawa T., Ichimura T., Shimooka H., Kitamura M.

    Journal of Organometallic Chemistry   990   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We developed a one-pot convenient method for the synthesis of η4-(vinylketenimine)iron complexes using η4-(vinylketene)iron complexes. This method does not require toxic reagents or prior preparation of corresponding reagents. The (vinylketene)iron complex is readily converted to (vinylketene)iron complex by mixing TiCl4 and a commercially available amine.

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2023.122672

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149853261&origin=inward

  • Synthesis of Dinucleotide Non-Symmetrical Triester Phosphate Phosphoramidites and Their Incorporation Within Oligonucleotides 査読有り 国際誌

    Desaulniers, J.-P.; Tsubaki, K.; Hammill, M. L.; Kitamura, M.; Okauchi, T.

    Current Protocols ( Willy )   3 ( 5 )   e784   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this protocol article, the synthesis of dinucleotide non-symmetrical triester phosphate phosphoramidites will be highlighted. Specifically, we use a selective transesterification starting with tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate to afford a dinucleotide derivative phosphate ester. Substitution of the final trifluoroethyl group with various alcohols affords a dinucleotide triester phosphate with a hydrophobic group, which can then be deprotected and converted to a phosphoramidite for incorporation within oligonucleotides.

    DOI: 10.1002/cpz1.784

  • Synthesis, Derivatization and Photochemical Control of an ortho-Functionalized Tetrafluorinated Azobenzene-Modified siRNA 査読有り 国際誌

    Hammill M.L., Tsubaki K., Wang Y., Islam G., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    ChemBioChem   23 ( 20 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We report the synthesis of an ortho-functionalized tetrafluorinated azobenzene phosphoramidite for its site-specific incorporation into RNA. The tetrafluorinated azobenzene is embedded within the antisense strand of an siRNA duplex to form an ortho-functionalized tetrafluorinated azobenzene-containing siRNA (F-siRNAzo). The F-siRNAzo is inactivated via trans to cis conversion with green light (530 nm), and reactivated with blue light (470 nm) via cis to trans conversion in cell culture. The long half-life and stability of the tetrafluorinated azobenzene unit allows for reversible control of the F-siRNAzo in cell culture for up 72 hours.

    DOI: 10.1002/cbic.202200386

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137494118&origin=inward

  • Formal Synthesis of Teadenols via Pd-catalyzed 6- endo Cyclization of Epoxyphenol 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Suetake H., Hoshino K., Higashijima Y., Kisanuki M., Yuasa R., Yamaguchi Y., Shimazu T., Koga N., Hamada H., Miyori N., Shimooka H., Okauchi T.

    Synlett   33 ( 15 )   1523 - 1526   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Formal synthesis of teadenol A and B was achieved via Pd-catalyzed 6- endo cyclization of phenol having vinylepoxide moiety as a key reaction. Although 5- exo and 6- endo cyclizations compete for the cyclization of epoxides with a nucleophilic moiety at the 5-position, 6- endo cyclization can be realized by using a palladium catalyst.

    DOI: 10.1055/a-1890-8287

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85134309293&origin=inward

  • Synthesis of Diazoquinones and Azidophenols via Diazo-Transfer Reaction of Phenols 査読有り 国際誌

    Mitsuru Kitamura, Takashi Eto, Kazushige Konai, Shuhei Takahashi, Hirokazu Shimooka, Tatsuo Okauchi

    European Journal of Organic Chemistry   2022 ( 18 )   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An efficient diazo-transfer reaction of phenol is described. o-Quinone diazide (diazoquione) were synthesized from phenol by the diazo-transfer reaction using 2-azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium hexafluorophosphate (IPrAP), which is safe and stable crystalline, in MeOH in the presence of iPr2NH or DMAP. In addition, diazoquinones reacted with sodium azide smoothly in 2-methoxyethanol to give azidophenols in high yields.

    DOI: 10.1002/ejoc.202200307

  • SiRNAs with Neutral Phosphate Triester Hydrocarbon Tails Exhibit Carrier-Free Gene-Silencing Activity 査読有り 国際誌

    Matthew L. Hammill, Kouta Tsubaki, Lidya Salim, Andrew J. Varley, Ifrodet Giorgees, Mitsuru Kitamura, Tatsuo Okauchi, Jean-Paul Desaulniers

    ACS Medicinal Chemistry Letters ( American Chemical Society )   13 ( 4 )   695 - 700   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Short interfering RNAs (siRNAs) show promise as gene-silencing therapeutics, but their cellular uptake remains a challenge. We have recently shown the synthesis of siRNAs bearing a single neutral phenylethyl phosphotriester linkage within the sense strand. Here, we report the synthesis of siRNAs bearing three different hydrophobic phosphate triester linkages at key positions within the sense strand and assess their gene silencing in the absence of a transfection carrier. The best siRNAs bearing hydrophobic phosphate triester tails were not aromatic and exhibited effective gene silencing (IC50 ≈ 56–141 nM), whereas the aromatic derivative with three hydrophobic tails did not exhibit carrier-free gene silencing.

    DOI: 10.1021/acsmedchemlett.2c00027

  • New Phosphorylating Agents for the Synthesis of Phosphatidyl­ethanolamines 査読有り 国際誌

    Tsubaki K., Yamanaka T., Hisamitsu T., Shimooka H., Kitamura M., Okauchi T.

    Synthesis ( Thieme )   53 ( 20 )   3827 - 3835   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The preparation of three novel phosphorylating agents and their application toward the synthesis of phosphatidylethanolamines is described. These reagents are stable to air and moisture, and phosphorylate glycerols in good yield. The experimental procedures using these phosphorylating agents are simple. Moreover, the appropriate reagent can be selected based on the desired functional groups of the targeted phosphatidylethanolamine.

    DOI: 10.1055/a-1516-9893

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85108869274&origin=inward

  • Building siRNAs with Cubes: Synthesis and Evaluation of Cubane-Modified siRNAs 査読有り

    Hammill M.L., Salim L., Tsubaki K., Varley A.J., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    ChemBioChem   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cubane molecules hold great potential for medicinal chemistry applications due to their inherent stability and low toxicity. In this study, we report the synthesis of a cubane derivative phosphoramidite for the incorporation of cubane into small interfering RNAs (siRNAs). Synthetic siRNAs rely on chemical modifications to improve their pharmacokinetic profiles. However, they are still able to mediate sequence-specific gene silencing via the endogenous RNA interference pathway. We designed a library of siRNAs bearing cubane at different positions within the sense and antisense strands. All siRNAs showed excellent gene-silencing activity, with IC50 values ranging from 45.4 to 305 pM. Incorporating the cubane modification in both the sense and antisense strand led to viable duplexes with good biological activity. To the best of our knowledge, this is the first report of siRNAs bearing a cubane derivative within the backbone.

    DOI: 10.1002/cbic.202100334

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85112037081&origin=inward

  • Pyrrole Formation via Reactivity of η4-(Vinylketenimine)iron Complexes with Electron-Deficient Alkynes 査読有り 国際誌

    Tatsuo Okauchi, Akihiro Urakawa, Nagomi Tabuchi, Miten Arai, Tomoya Nakagawa, Taiga Ichimura, Hirokazu Shimooka, Mitsuru Kitamura

    Organometallics ( American Chemical Society )   40 ( 17 )   2929 - 2933   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    When electron-deficient alkynes reacted with η4-(vinylketenimine)iron complexes, pyrroles were produced. Pyrrole formation involved the [2 + 3] cycloaddition of alkyne to the ketenimine moiety, migration of the vinyl group, and decomplexation. Either alkynes bearing two electron-withdrawing groups, or terminal alkynes with an electron-withdrawing group reacted to generate pyrroles.

    DOI: 10.1021/acs.organomet.1c00321

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.organomet.1c00321

  • PdBr<inf>2</inf>-Catalyzed Acetal Formation of Carbonyl Compounds Using Diazophenanthrenequinone: Utility of 9,10-Phenanthrenedioxyacetal 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Fujimura R., Nishimura T., Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim We developed a new acetalization method of ketones and aldehydes under non-acidic conditions using diazophenanthrenequinone and PdBr2. The formed acetals that have a phenanthrene skeleton withstand under mild acidic conditions. Removal of acetals was successfully proceeded under strong acidic or oxidation conditions using aqueous ceric ammonium nitrate (CAN) to afford corresponding ketones and aldehydes.

    DOI: 10.1002/ejoc.202000315

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085974663&origin=inward

  • Synthesis and Evaluation of Neutral Phosphate Triester Backbone-Modified siRNAs 査読有り 国際誌

    Tsubaki K., Hammill M.L., Varley A.J., Kitamura M., Okauchi T., Desaulniers J.P.

    ACS Medicinal Chemistry Letters   11 ( 7 )   1457 - 1462   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2020 American Chemical Society. Two unsymmetrical dinucleotide phosphate triesters were synthesized via transesterification from tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate. The protected triesters were phosphytilated to generate phosphoramidites for solid-phase oligonucleotide synthesis. Neutral phenylethyl phosphate-modified short-interfering RNAs (siRNAs) were synthesized and evaluated for their gene-silencing ability, siRNA strand selection, and resistance to nucleases. These backbone-modified phosphate triester siRNAs offer many improvements compared to natural unmodified siRNAs.

    DOI: 10.1021/acsmedchemlett.0c00232

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85094628376&origin=inward

  • Rh(II)-catalyzed formal [3+3] cycloaddition of diazonaphthoquinones and propargyl alcohols: Synthesis of 2,3-dihydronaphtho-1,4-dioxin derivatives 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Nishimura T., Otsuka K., Shimooka H., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   61 ( 20 )   2020年05月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Elsevier Ltd A Rh(II)-catalyzed formal [3+3] cyclization of diazonaphthoquinones and propargyl alcohol is reported to afford 2,3-dihydro-1,4-benzodioxins. Various terminal propargyl alcohols react with diazonapthoquinone in the presence of Rh2(OAc)4 to give the corresponding dihydrodioxins in good to high yields. However, dihydrodioxins are not formed in the reaction of internal propargyl alcohols, and the O–H insertion product and 2,5-dihydrofurans are formed as the main product(s) depending on the terminal substituent. 2,3-Dihydro-1,4-benzodioxins are proposed to be formed via Rh(II)-catalyzed intermolecular oxonium ylide formation and subsequent 6-exo-dig cyclization with the internal alkynyl group.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2020.151853

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85082126247&origin=inward

  • 九州工業大学工学部応用化学科の化学実験教育 査読有り

    中戸 晃之, 竹中 繁織, 岡内 辰夫, 山村 方人, 植田 和茂

    化学と教育 ( 公益社団法人 日本化学会 )   68 ( 3 )   114 - 117   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>九州工業大学工学部応用化学科では,2年次前期より3年次後期にかけて,分析化学,物理化学,有機化学,化学工学・無機化学の順序で,学生実験を実施している。実験技術の習得に加え,エンジニアリングデザイン,コミュニケーション,チームワークなどの能力の涵養も目的としている。有機化学実験ではPBL(課題解決型学習)方式を取り入れており,学生アンケートや教員の実感では有効に機能していると考えられる。</p>

    DOI: 10.20665/kakyoshi.68.3_114

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007993107

  • Selective Transesterification of 2,2,2-Trifluoroethyl Phosphates: Synthesis of Mixed Unsymmetrical Phosphates 査読有り 国際誌

    Tsubaki K., Shimooka H., Kitamura M., Okauchi T.

    Organic Letters   21 ( 23 )   9779 - 9783   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 American Chemical Society. A selective transesterification starting with tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate has been developed. This method involves a three-step substitution for 2,2,2-trifluoroethoxy groups and enables the facile synthesis of mixed unsymmetric phosphate triesters from three different alcohols. The substitution of the trifluoroethoxy group at the phosphorus proceeds selectively in the presence of DBU or lithium alkoxides. This method can be applied for the preparation of phospholipids.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b04003

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075667578&origin=inward

  • 高校生のためのクロスカップリング実験(共著)

    岡内辰夫,北村充

    化学と教育 ( 日本化学会 )   67 ( 3 )   130 - 133   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Pd-catalyzed cyclization of terminal alkynes using diazonaphthoquinones: Synthesis of naphtho[1,2-b]furans 査読有り 国際誌

    Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T., Kitamura M.

    Chemistry Letters   48 ( 1 )   28 - 31   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 The Chemical Society of Japan. Naphtho[1,2-b]furans were synthesized via a Pd-catalyzed reaction of diazonaphthoquinones and terminal alkynes in the presence of CuI and diisopropylamine. This method was then successfully applied to the synthesis of natural product, furomollugin.

    DOI: 10.1246/cl.180803

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85059438494&origin=inward

  • 高校生のためのクロスカップリング実験:—ノーベル化学賞の鈴木-宮浦クロスカップリングを題材に— 査読有り

    岡内 辰夫, 北村 充

    化学と教育 ( 公益社団法人 日本化学会 )   67 ( 3 )   130 - 133   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>2010年,「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリングの開発」に貢献した3人(Heck,根岸,鈴木)に,ノーベル化学賞が与えられた。そのうち2人が日本人であったため,マスコミで大きく取り上げられ,クロスカップリングという言葉が広く知られるようになった。受賞者の1人である北海道大学名誉教授の鈴木 章先生らのグループが開発した反応が,鈴木-宮浦クロスカップリングである。この反応は,有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物に対して,パラジウム触媒を作用させることで炭素-炭素結合が形成するというものである。この反応は,我々の身の回りの医薬品,農薬,液晶材料,EL材料などの開発・量産化に大いに貢献している。</p>

    DOI: 10.20665/kakyoshi.67.3_130

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007804205

  • Total Synthesis of Eleuthoside A; Application of Rh-Catalyzed Intramolecular Cyclization of Diazonaphthoquinone 査読有り 国際誌

    Othman D., Otsuka K., Takahashi S., Selim K., El-Sayed M., Tantawy A., Okauchi T., Kitamura M.

    Synlett   29 ( 4 )   457 - 462   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © Georg Thieme Verlag Stuttgart New York. The first total synthesis of (±)-eleutherol and eleuthoside A, the natural cytotoxic substances extracted from medicinal Indonesian plant, is described. First, the synthesis of (±)-eleutherol has been accomplished in nine steps starting from bromo methoxy aldehyde with the aid of diazo-transfer chemistry approach. Second, a metal-catalyzed intramolecular cyclization reaction of the corresponding diazonaphthoquinone led to the desired eleuotherol, which served as a precursor to eleuthoside A. Then, several glycosidation routes, using different glucosyl donors, were experimented to reach effective O-glycosidation of eleutherol. The only successful strategy involved Koenigs-Knorr glycosidation using peracetyl glycosyl bromide in the presence of Ag 2 O and quinoline. This strategy furnished our desired acetylated glycoside of β-configuration, regioselectively. Finally, deacetylation and successive separation of diastereomers were conducted to give eleuthoside A.

    DOI: 10.1055/s-0036-1589118

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85033366665&origin=inward

  • Synthesis of 1,2-naphthalenediol derivatives by Rh-catalyzed intermolecular O[sbnd]H insertion reaction of 1,2-diazonaphthoquinones with water and alcohols 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Otsuka K., Takahashi S., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   58 ( 36 )   3508 - 3511   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier Ltd Rh(II)-catalyzed O[sbnd]H insertion reaction of diazonaphthoquinones with water or alocohols proceeded to yield 1,2-naphthalenediol derivatives.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.07.084

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85028063914&origin=inward

  • Synthesis of (±)-myo-inositol 4-methylenephosphonate via Rh-Catalyzed hydrogenation of vinylphosphonate 査読有り 国際誌

    Tatsuo Okauchi, Shuya Nakamura, Kouta Tsubaki, Momoko Asakawa, Mitsuru Kitamura

    Carbohydrate Research   448   24 - 27   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Phosphatidylinositol phosphate (PIP) synthetase is a promising target for the development of new anti-mycobacterium compounds. We previously reported that myo-inositol 1-methylenephosphonate showed inhibitory activity against PIP synthetase. Herein, we report the synthesis of unprotected myo-inositol 4-methylenephosphonate, a constitutional isomer of myo-inositol 1-methylenephosphonate and found that the stereoselective hydrogenation of vinylphosphonate proceeded via Rh catalysis.

    DOI: 10.1016/j.carres.2017.05.018

    Scopus

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008621517303269

  • Synthesis, characterization and air stable semiconductor properties of thiophene-condensed pyrene derivatives 査読有り

    Moriguchi T., Higashi M., Yakeya D., Jalli V., Tsuge A., Okauchi T., Nagamatsu S., Takashima W.

    Journal of Molecular Structure   1127   413 - 418   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Elsevier B.V.New and simple polyaromatic compounds containing two thiophene rings were prepared via photo-cyclization and their structural and photophysical properties were evaluated via 1H NMR spectroscopy and X-ray crystallographic analysis. On the basis of X-ray analysis, it was determined that the molecular structure of the compound was highly strained and that they contain two hetero [4] helicene moieties. The compounds were investigated as active layer in p-type organic field-effect transistors (p-OFET) in top contact type devices. Notably, the compound containing two thiophene components exhibited very stable p-type semiconducting behavior in moist air.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.07.104

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84982811017&origin=inward

  • Molecular structures of n-type semiconducting material 2,5-difluoro-1,4-phenylene-3,3′-bis{2-[(4-trifluoromethyl)phenyl]acrylonitrile} and its photo dimerization product 査読有り

    Moriguchi T., Kitou N., Jalli V., Yoza K., Nagamatsu S., Okauchi T., Tsuge A., Takashima W.

    Journal of Molecular Structure   1118   372 - 377   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.The absolute molecular structure of air stable n-type semiconducting material 2,5-difluoro-1,4-phenylene-3,3′-bis{2-[(4-trifluoromethyl)phenyl]acrylonitrile} was determined by using twin crystal treatment X-ray diffraction analysis. The compound was readily dimerized in solution via irradiating of UV or Sun light. The exact molecular structure of the dimer also determined by X-ray analysis.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.04.035

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84964329369&origin=inward

  • Axially Chiral Bifunctional 8,8′-Biquinolyl: Synthesis of 7,7′-Dihydroxymethyl-8,8′-biquinolyl via Pd-Catalyzed Double C-H Oxidation of 7,7′-Dimethyl-8,8′-biquinolyl 査読有り

    Kitamura M., Fukuma H., Kobayashi M., Okayama S., Okauchi T.

    Journal of Organic Chemistry   81 ( 9 )   3956 - 3960   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 American Chemical Society.Bifunctional C2-symmetric 7,7′-dihydroxymethyl-8,8′-biquinolyl (2) was synthesized in short steps via (i) Cu/Pd-catalyzed homo coupling of 7-methyl-8-bromoquinoline and (ii) Pd(II)-catalyzed double C-H oxidation. Axial chirality of 2 and its synthetic precursor 7,7′-dimethyl-8,8′-biquinolyl (3) is stable. Optically active 2 was obtained through separation of racemic 2 by chiral column HPLC or Pd(II)-catalyzed double C-H oxidation of optically active 3. The absolute stereochemistry of enantiomers of 2 and 3 was determined using the exciton chirality method.

    DOI: 10.1021/acs.joc.6b00534

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84968735850&origin=inward

  • Synthesis, structure, and reaction of chiral 2-azidoimidazolinium salts: (7aS)-3-azido-5,6,7,7a-tetrahydro-2-[(1R)-1-phenylethyl]-1H-pyrrolo[1,2-c]imidazolium hexafluorophosphate and 2-azido-1,3-bis[(S)-1-phenylethyl]imidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Kitamura M., Ishikawa A., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   57 ( 16 )   1794 - 1797   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Published by Elsevier Ltd.Two chiral 2-azidoimidazolinium salts [(7aS)-3-azido-5,6,7,7a-tetrahydro-2-[(1R)-1-phenylethyl]-1H-pyrrolo[1,2-c]imidazolium hexafluorophosphate (2) and 2-azido-1,3-bis[(S)-1-phenylethyl]imidazolinium hexafluorophosphate (3)] were synthesized, and their structures were determined by X-ray single crystal structural analysis. Migratory amidation reaction of enol silyl ether with 3 proceeded, but good diastereoselectivity was not observed in the reaction.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.03.036

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84962261604&origin=inward

  • Pinpoint-fluorinated phenanthrene synthesis based on C-F bond activation of difluoroalkenes 査読有り

    K. Fuchibe, T. Morikawa, R. Ueda, T. Okauchi, J. Ichikawa

    Journal of Fluorine Chemistry   179   106 - 115   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jfluchem.2015.06.008

    Scopus

  • Rh-Catalyzed Cyclization of 3-Aryloxycarbonyldiazonaphthoquinones for the Synthesis of beta-Phenylnaphthalene Lactones and Formal Synthesis of Pradimicinone 査読有り

    M. Kitamura, S. Takahashi, T. Okauchi

    The Journal of Organic Chemistry   80 ( 16 )   8406 - 8416   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/acs.joc.5b01251

    Scopus

  • Thermodynamics and kinetic studies in the binding interaction of cyclic naphthalene diimide derivatives with double stranded DNAs 査読有り

    M. M. Islam, S. Fujii, S. Sato, T. Okauchi, S. Takenaka

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   23 ( 15 )   4769 - 4776   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.bmc.2015.05.046

    Scopus

  • Synthesis of Diazonaphthoquinones from Naphthols by Diazo-Transfer Reaction 査読有り

    M. Kitamura, R. Sakata, N. Tashiro, A. Ikegami, T. Okauchi

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   88 ( 6 )   824 - 833   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1246/bcsj.20150021

    Scopus

    CiNii Article

  • A Selective G-Quadruplex DNA-Stabilizing Ligand Based on a Cyclic Naphthalene Diimide Derivative 査読有り

    M. M. Islam, S. Fujii, S. Sato, T. Okauchi, S. Takenaka

    Molecules   20 ( 6 )   10963 - 10979   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/molecules200610963

    Scopus

  • Unprecedented formation of hapto4-(vinylketene)iron complexes from hapto4-(diene)iron complexes and aromatic compounds in the presence of a Lewis acid 査読有り

    Tatsuo Okauchi, Naoki Sata, Akihiro Urakawa, Mitsuru Kitamura

    Chemical Communications   51 ( 40 )   8454 - 8456   2015年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/c5cc00870k

    Scopus

  • Long-Term Air-Stable n-Channel Organic Thin-Film Transistors Using 2,5-Difluoro-1,4-phenylene-bis{2-[4-(trifluoromethyl)phenyl]acrylonitrile} 査読有り

    Shuichi Nagamatsu, Shinya Oku, Kouji Kuramoto, Tetsuji Moriguchi, Wataru Takashima, Tatsuo Okauchi, Shuzi Hayase

    ACS Applied Materials & Interfaces   6   3847 - 3852   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/am404549e

    Scopus

  • Pd(OAc)2-Catalyzed Macrocyclization of 1,2-Diazonaphthoquinones with Cyclic Ethers 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Masato Kisanuki, Koichi Kanemura, Tatsuo Okauchi

    Organic Letters   16 ( 6 )   1554 - 1557   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/ol500222s

    Scopus

  • A reagent for safe and efficient diazo-transfer to primary amines: 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Mitsuru Kitamura, So Kato, Masakazu Yano, Norifumi Tashiro, Yuichiro Shiratake, Mitsuyoshi Sandoa, Tatsuo Okauchi

    Organic & Biomolecular Chemistry   12 ( 25 )   4397 - 4406   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/c4ob00515e

    Scopus

  • Rhodium-Catalyzed Reaction of Diazonaphthoquinones and Enol Ethers: Synthesis of Dihydronaphthofuran Derivatives and alpha-Naphthyl Esters 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Keiichiro Araki, Hiroki Matsuzaki, Tatsuo Okauchi

    European Journal of Organic Chemistry   2013 ( 23 )   5045 - 5049   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/ejoc.201300712

    Scopus

  • Synthesis of alpha-Arylcarboxylic Acid Amides from Silyl Enol Ether via Migratory Amidation with 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Hexafluorophosphate 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Kento Murakami, Yuichiro Shiratake, Tatsuo Okauchi

    Chemistry Letters   42 ( 7 )   691 - 693   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1246/cl.130195

    CiNii Article

  • Studies of inositol 1-phosphate analogues as inhibitors of the phosphatidylinositol phosphate synthase in mycobacteria 査読有り

    H. Morii, T. Okauchi, H. Nomiya, M. Ogawa, K. Fukuda, H. Taniguchi

    The Journal of Biochemistry   153 ( 3 )   257 - 266   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1093/jb/mvs141

    Scopus

    その他リンク: http://jb.oxfordjournals.org/content/153/3/257

  • Cu(OAc)2-Mediated Cross-Coupling Reaction of Benzophenone N,N,N-Trimethylhydrazonium Salts and Aryl Boronic Acids 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Yu Tokuda, Norifumi Tashiro, Tatsuo Okauchi

    Australian Journal of Chemistry   65 ( 12 )   1687 - 1690   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1071/CH12350

    Scopus

  • Direct Synthesis of Organic Azides from Alcohols Using 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Hexafluorophosphate 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Tatsuya Koga, Masakazu Yano, Tatsuo Okauchi

    Synlett   ( 9 )   1335 - 1338   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2012年06月01日

    DOI: 10.1055/s-0031-1290958

    Scopus

  • Synthesis of 1,2-Naphthalenediol Diacetates by Rhodium(II)-Catalyzed Reaction of 1,2-Diazonaphthoquinones with Acetic Anhydride 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Masato Kisanuki, Tatsuo Okauchi

    European Journal of Organic Chemistry   ( 5 )   905 - 907   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/ejoc.201101698

    Scopus

  • Pd(II)-catalyzed Formal O-H Insertion Reactions of Diazonaphthoquinones to Acetic Acid: Synthesis of 1,2-Naphthalenediol Derivatives "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Masato Kisanuki, Rie Sakata, Tatsuo Okauchi

    Chemistry Letters   40 ( 10 )   1129 - 1131   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1246/cl.2011.1129

    Scopus

    CiNii Article

  • Synthesis of pi-Conjugated Copolymers Composed of Benzo[2,1,3]thiadiazole and Thiophene Units Bearing Various Alkyl Groups and Their Application to Photovoltaic Cells "jointly worked" 査読有り

    Lee, Kwang-Hoi)Ho-Jin Lee, K, Kouji Kuramoto, Yohei Tanaka, Kazuhide Morino, Atsushi Sudo, Tatsuo Okauchi, Akihiko Tsuge, Takeshi Endo

    Journal of Polymer Science Part A-Polymer Chemistry   49 ( 16 )   3543 - 3549   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of π-conjugated copolymers composed of benzo[2,1,3]thiadiazole and thiophene units bearing various alkyl groups and their application to photovoltaic cells 査読有り

    Lee K., Lee H., Kuramoto K., Tanaka Y., Morino K., Sudo A., Okauchi T., Tsuge A., Endo T.

    Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry   49 ( 16 )   3543 - 3549   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    π-Conjugated polymers, PTOTBT, PTEHTBT, and PTt-BTBT, composed of benzothiadiazole as an electron accepting unit and terthiophene as an electron donating unit in the backbone were prepared. PTOTBT, PTEHTBT, and PTt-BTBT contained side chain groups of n-octyl, 2-ethylhexyl, and t-butyl groups, respectively. Solubility, optical and thermal properties of the polymers showed strong dependences on their side chain groups. PTEHTBT having 2-ethylhexyl groups in the side chain exhibited absorption maximum (Imax) at longer wavelength (565 nm) than PTOTBT (534 nm) and PTt-BTBT (495 nm). PTOTBT showed higher thermal stability than the others. The prepared polymers were employed to polymer solar cells (PSCs) with a configuration of ITO/PEDOT-PSS/polymer: PC61BH/LiF/Al. Power conversion efficiency of the PSC-based on PTEHTBT was 1.32%. © 2011 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/pola.24790

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79960191214&origin=inward

  • Synthesis of alpha,alpha-diarylacetamides from benzyl aryl ketones using 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Satoshi Miyagawa, Tatsuo Okauchi

    Tetrahedron Letters   52 ( 24 )   3158 - 3161   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of α,α-diarylacetamides from benzyl aryl ketones using 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate 査読有り

    Kitamura M., Miyagawa S., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   52 ( 24 )   3158 - 3161   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Benzyl aryl ketones reacted with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium hexafluorophosphate (ADMP, 1) to give migratory amidated compounds, which were transformed into the corresponding diarylacetamides by treating with LiAlH 4. © 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.04.042

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79956059900&origin=inward

  • Palladium-catalyzed cross-coupling reactions of 2-diazonaphthoquinones with arylboronic acids "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Rie Sakata, Tatsuo Okauchi

    Tetrahedron Letters   52 ( 16 )   1931 - 1933   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.02.047

    Scopus

  • 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Salts: Efficient Diazo-Transfer Reagents for 1,3-Dicarbonyl Compounds "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Norifumi Tashiro, Satoshi Miyagawa, Tatsuo Okauchi

    Synthesis   ( 7 )   1037 - 1044   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0030-1258457

    Scopus

  • Synthesis of Isoindole Derivatives by Palladium-Catalyzed Domino Reaction of (2-Alkynyl)phenylketone O-Pentafluorobenzoyloximes "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Yohei Moriyasu, Tatsuo Okauchi

    Synlett   ( 5 )   643 - 646   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0030-1259556

    Scopus

  • Polythiophenes Bearing Electron-Withdrawing Groups in the Side Chain and Their Application to Bulk Heterojunction Solar Cells"jointly worked" 査読有り

    Kwang-Hoi Lee, Ho-Jin Lee, Kouji Kuramoto, Yohei Tanaka, Kazuhide Morino, Atsushi Sudo, Tatsuo Okauchi, Akihiko Tsuge, Takeshi Endo

    Journal of Polymer Science Part A-Polymer Chemistry   49 ( 1 )   234 - 241   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/pola.24444

    Scopus

  • Facile Preparation of Aryl Sulfides Using Palladium Catalysis under Mild Conditions "jointly worked" 査読有り

    Tatsuo Okauchi, Kouji Kuramoto, Mitsuru Kitamura

    Synlett   ( 19 )   2891 - 2894   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0030-1259012

    Scopus

  • Synthesis of Diazonaphthoquinones from Naphthols by Diazo-Transfer Reaction with 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Chloride "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Norifumi Tashiro, Rie Sakata, Tatsuo Okauchi

    Synlett   ( 16 )   2503 - 2505   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0030-1258568

    Scopus

  • Low-valent zirconocene-mediated cyclization of gamma,delta-unsaturated oximes "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Yuki Shintaku, Daisuke Kudo, Tatsuo Okauchi

    Tetrahedron Letters   51 ( 37 )   4890 - 4893   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.07.055

    Scopus

  • Enantioselective Synthesis of alpha-Benzylalanine Using trans-3,4-Dihydro-3,4-diaryldibenzo[c,g]phenanthrene-3,4-diols "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Daisuke Kitahara, Tatsuo Okauchi

    Synlett   ( 14 )   2097 - 2100   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0030-1258520

    Scopus

  • Direct Synthesis of Acyl Azides from Carboxylic Acids Using 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Chloride "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Norifumi Tashiro, Yusuke Takamoto, Tatsuo Okauchi

    Chemistry Letters   39 ( 7 )   732 - 733   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1246/cl.2010.732

    Scopus

    CiNii Article

  • 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium chloride: An efficient diazo transfer reagent for 1,3-dicarbonyl compounds 査読有り

    Kitamura M., Tashiro N., Okauchi T.

    Synlett   ( 18 )   2943 - 2944   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Diazo transfer from 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium chloride to 1,3-dicarbonyl compounds has been developed. The -reaction proceeds under mild conditions to give 2-diazo-1,3-dicarbonyl compounds in high yields, which are easily isolated because the by-products are highly soluble in water. © Georg Thieme Verlag Stuttgart.

    DOI: 10.1055/s-0029-1218269

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=72049115785&origin=inward

  • 2-Azido-1,3-dimethylimidazolinium Chloride: An Efficient Diazo Transfer Reagent for 1,3-Dicarbonyl Compounds "jointly worked" 査読有り

    Mitsuru Kitamura, Norifumi Tashiro, Tatsuo Okauchi

    Synlett   ( 18 )   2943 - 2944   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Steady Operation of n-Type Organic Thin-Film Transistors with Cyano-Substituted Distyrylbenzene Derivative "jointly worked" 査読有り

    Shuichi Nagamatsu, Tetsuji Moriguchi, Toshiya Nagase, Shinya Oku, Kouji Kuramoto, Wataru Takashima, Tatsuo Okauchi, Katsuhiro Mizoguchi, Shuji Hayase, Keiichi Kaneto

    Applied Physics Express   2 ( 10 )   101502   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A steady operation of n-type organic thin-film transistors with cyano-substituted distyrylbenzene derivative 査読有り

    Nagamatsu S., Moriguchi T., Nagase T., Oku S., Kuramoto K., Takashima W., Okauchi T., Mizoguchi K., Hayase S., Kaneto K.

    Applied Physics Express   2 ( 10 )   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A novel n-type organic semiconductor, cyano-substituted distyrylbenzene derivative, 1,4-bis{2-[4-(trifluoromethyl)phenyl]acrylonitorile}-benzene, was synthesized by Knoevenagel condensation with aldehyde and acetonitrile derivatives. Fabricated thin-film transistors (TFTs) exhibited high electron field-effect mobility of 10-2-10-1 cm2 V-1 s-1, on/off current ratio of 6 - 105. Hysteresis-free n-type transport © 2009 The Japan Society of Applied Physics.

    DOI: 10.1143/APEX.2.101502

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=70350173846&origin=inward

  • Preparation of colloidal silica grafted with iron(0) carbonyl complex/polymer and formation of colloidal crystals in organic solvents 査読有り

    Nakano M., Mouri E., Karakawa H., Okauchi T., Yoshinaga K., Nakai A.

    Polymer Preprints, Japan   55 ( 1 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Chemical modification of colloidal silica with poly(methyl methacrylate) containing tricarbonyliron(0) moiety, and colloidal crystallization in organic solvents were investigated. The polymer grafting to silica was carried out in 1,2-dimethoxyethane under refluxing using the polymer-silane, prepared by condensation of 3-aminopropyltriethoxysilane and carboxyl-terminated copolymer synthesized by radical polymerization of iron(0)tricarbony1(4,4-dimethyl-1,2- cyclohexadieny1) acrylate or methacrylate and methyl methacrylate using an initiator of 4,4′-azobis(4-cyanovaleric acid) in tetrahydrofuran. The polymer-modified silica formed relatively stable colloidal crystals in acetone or N,N-dimethylformamide.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33749873359&origin=inward

  • Chlamydocin analogs bearing carbonyl group as possible ligand toward zinc atom in histone deacetylases 査読有り

    M. P.I. Bhuiyan,T. Kato,T. Okauchi,N. Nishino,S. Maeda,T. G. Nishino,M. Yoshida

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   14 ( 10 )   3438 - 3446   2006年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Facile Synthesis of Modified Cyclic Imino Acids with Methyl and Hydroxyl Groups 査読有り

    BHUIYAN Mohammed P. I., WATANABE Louis A., IKEDA Satoshi, JUNG An-Na, KATO Tamaki, OKAUCHI Tatsuo, NISHINO Norikazu

    Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium   2005   15 - 18   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10017675252

  • Generation of alpha-phosphonovinyl radicals and development of a new route to highly functionalized vinylphosphonates and vinylphosphonate-incorporated carbocyclic or heterocyclic compounds via a radical trapping sequence 査読有り

    Takafumi Ageno,Tatsuo Okauchi,Toru Minami,Masaru Ishida

    Organic and Biomolecular Chemistry   3 ( 5 )   924 - 931   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Generation of α-phosphonovinyl radicals and development of a new route to highly functionalized vinylphosphonates and vinylphosphonate- incorporated carbocyclic or heterocyclic compounds via a radical trapping sequence 査読有り

    Ageno T., Okauchi T., Minami T., Ishida M.

    Organic and Biomolecular Chemistry   3 ( 5 )   924 - 931   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The first direct generation of synthetically useful α-phosphonovinyl radicals was achieved by treatment of α-phosphonovinyl halides with a tributyltin radical. The α-phosphonovinyl radicals 2a-d were trapped with electron-rich olefins and an electron-deficient olefin to produce α-functionalized vinylphosphonates 3a-f in 16-55% yields. The α-phosphonovinyl radicals 7e-g containing the YCH2CH=CH 2 (Y = O, CH2, S) substituent at the β-position afforded mixtures of 5-exo and 6-endo cyclization products, 5e-g and 6e-g, in good yields. The 5-exo/6-endo product ratios increase in the following order of the β-substituent: OCH2CH=CH2 > CH 2CH2CH=CH2 > SCH2CH=CH 2. The effects of the β-substituents upon the cyclization reaction were discussed. Radical cyclization of α-phosphonovinyl radicals bearing functional groups such as geranyloxy, geranylthio, and (2-cyclohexen-l-yl)thio groups at the β-position afforded 5-exo, 5-exo and 6-endo, and cis-fused-5,6-ring cyclization products incorporating an α,β-unsaturated phosphonate unit within the ring, respectively, in good yields. The β-phosphonovinyl radical 20 underwent tandem radical cyclization-radical cyclization to produce a mixture of two isomeric bicyclo[4.3.0]nonenes including a vinylphosphonate moiety in high yield. © The Royal Society of Chemistry 2005.

    DOI: 10.1039/b416394j

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=15244353962&origin=inward

  • Vinyl-and arylphosphorus derivatives 査読有り

    Minami T., Okauchi T.

    Comprehensive Organic Functional Group Transformations II   2   853 - 907   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=32644447308&origin=inward

  • Acid-promoted reaction of trimethylsilylketene bis(ethylthio)acetal with imines. Synthesis of γ,γ-bis(ethylthio)allylamines 査読有り

    Yahiro S., Shibata K., Saito T., Okauchi T., Minami T.

    Journal of Organic Chemistry   68 ( 12 )   4947 - 4950   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Acid-catalyzed reaction of silylketene dithioacetal 1 with iminium salts or imines 3b,d-h gave the corresponding γ,γ-bis(ethylthio)allylamines 2a-h or 5b,d-h in generally high yields. Similar reactions of 1 with (salicylidene)-amines 6a-e afforded 4-amino-2,2-bis(ethylthio)chromans 8a-e in good to moderate yields.

    DOI: 10.1021/jo020748v

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0037841604&origin=inward

  • New synthesis of gem-bis(phosphono)ethylenes and their applications 査読有り

    Inoue S., Okauchi T., Minami T.

    Synthesis   ( 13 )   1971 - 1976   2003年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Palladium-catalyzed cross-coupling reaction of α-phosphonovinyl nonafluorobutanesulfonates (nonaflates) 1 with dialkyl phosphites gave versatile intermediate reagents, gembis(phosphono)ethylenes 2a-d in 35-93% yields. The reaction of bis(diethylphosphono)ethylene (2a) with tribromomethyllithium to give the Michael adduct 3 was followed by treatment with potassium hydride to form 1,1-dibromo-2,2-bis(phosphono)cyclopropane 4 in 68% yield. The reaction of 2a with [N-(p-toluenesulfonyl)- or N-(methanesulfonyl)imino]phenyliodinane produced the corresponding 1-sulfonyl-2,2-bis(phosphono)aziridines 5a,b in 54-75% yields. Treatment of 2a with sodium or potassium imidazole and a halogenating agent led to [1-halo-2-(1-imidazolyl)ethyl]-1,1-bisphosphonates 7a,b (halogen = Cl, F) in 73-47% yields. Similar reaction using 3-lithiopyridine and a halogenating agent afforded [1-halo-2-(3-pyridyl)ethyl]-1,1-bisphosphonates 8a,b in 83-85% yields.

    DOI: 10.1055/s-2003-41002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0141594908&origin=inward

  • The first synthesis of phosphonoacrolein 査読有り

    Arimori S., Kouno R., Okauchi T., Minami T.

    Phosphorus, Sulfur and Silicon and Related Elements   177 ( 8-9 )   1953 - 1954   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1080/10426500213443

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0035981483&origin=inward

  • The first synthesis of phosphonoacrolein. Application to Diels-Alder reaction as heterodiene 査読有り

    Arimori S., Kouno R., Okauchi T., Minami T.

    Journal of Organic Chemistry   67 ( 21 )   7303 - 7308   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The first synthesis of phosphonoacrolein 3 was made in quantitative yield by acidic treatment of β-ethoxy-α-(methoxymethyl)vinylphosphonate 2, derived from a β-ethoxy-α-phosphonovinyl anion and MOMCl. The phosphonoacrolein 3 easily underwent a hetero-Diels-Alder reaction with electron-rich alkenes 4a-f or alkynes 9a-c under mild conditions, and phosphono-substituted pyrans 5a-d, 6e,f or pyranopyrans 11a-c were obtained in good to excellent yields. The reaction of 3 with cyclopentadiene and cyclohexadiene led to mixtures of [2 + 4] and [4 + 2] cycloadducts 7a, 8a and 7b, 8b in modest yields. The cycloaddition reaction between 3 and pyranopyran 13 or dibromocarbene and 13 resulted in [4 + 2] or [2 + 1] cycloadducts 14 or 15 in good yields.

    DOI: 10.1021/jo020403c

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0037131335&origin=inward

  • Synthesis and biological evaluation of N-(7-indolyl)-3-pyridinesulfonamide derivatives as potent antitumor agents 査読有り

    Owa T., Yoshino H., Okauchi T., Okabe T., Ozawa Y., Hata Sugi N., Yoshimatsu K., Nagasu T., Koyanagi N., Kitoh K.

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   12 ( 16 )   2097 - 2100   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We herein report the synthesis and antitumor activity of E7070 analogues containing a 3-pyridinesulfonamide moiety. E7070 was selected from our sulfonamide-based compound collections, currently undergoing Phase II clinical trials because of its tolerable toxicity profile and some antitumor responses in the Phase I setting. Of the analogues examined, ER-35745, a 6-amino-3-pyridinesulfonamide derivative, demonstrated significant oral efficacy against the HCT116 human colon carcinoma xenograft in nude mice. © 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0960-894X(02)00376-1

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0037136031&origin=inward

  • Synthesis and Biological Evaluation of N-(7-Indolyl)-3-Phridinesulfonamide Derivatives as Potent Antitumor Agents 査読有り

    岡内 辰夫

    Biolrganic & Medicinal Chemistry Letters   12 ( 16 )   2097 - 2100   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The First Synthesis of Phosphonoacrolein. Application to Diels-Alder Reaction as Heterodiene 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistr   67 ( 21 )   7303 - 7308   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Biological Evaluation of N-(7-Indolyl)-3-Phridinesulfonamide Derivatives as Potent Antitumor Agents 査読有り

    岡内 辰夫

    Biolrganic & Medicinal Chemistry Letters   12 ( 16 )   2097 - 2100   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The First Synthesis of Phosphonoacrolein. Application to Diels-Alder Reaction as Heterodiene 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistry   67 ( 21 )   7303 - 7308   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Regioselective proton abstraction and 1,3-migration of a phosphorus group in 1,3-dienes by iron coordination: A new method for the synthesis of α-phosphono-α,β-unsaturated ketones [17] 査読有り

    Okauchi T., Teshima T., Hayashi K., Suetsugu N., Minami T.

    Journal of the American Chemical Society   123 ( 48 )   12117 - 12118   2001年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/ja016958r

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0035814346&origin=inward

  • Lewis acid-promoted deoxygenative di[β,β-bis(ethylthio)]vinylation of aldehydes with trimethylsilylketene bis(ethylthio)acetal 査読有り

    Okauchi T., Tanaka T., Minami T.

    Journal of Organic Chemistry   66 ( 11 )   3924 - 3929   2001年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Silylketene dithioacetal 1 reacted with aldehydes 2a-o, 14, or cinnamaldehyde (11) in the presence of Lewis acid to give deoxygenative divinylation products, 3-substituted 1,4-pentadienes 3a-o, 15, or 5-phenyl-1,3,6-heptatriene 13b, in good to moderate yields. Similar reaction with 2-aminobenzaldehyde (16) or salicylaldehyde (17) produced quinoline 19 or chroman 20 in 40-58% yield. Treatment of 1 with α-diketones 22a-c or α-ketoester 24 led to tetrasubstituted furans 23a-c or allylic alcohol 25, respectively, in rather low yields. The formation mechanisms of these products are discussed.

    DOI: 10.1021/jo010007e

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0035356055&origin=inward

  • Intramolecular Cyclizations of ο-substituted β,β-Difluorostyrenes: Synthesis of 3-Fluorinated Isochromenes and Isotheiochromenes 査読有り

    Wada Yukinori, Ichikawa Junji, Katsume Tadayuki, NOHIRO Tomoko, OKAUCHI Tatsuo, MINAMI Toru

    Bulletin of the Chemical Society of Japan ( Chemical Society of Japan )   74 ( 5 )   971 - 977   2001年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10009161565

  • Regioselective Proton Abstraction and 1.3-Migration of a Phosphorus Group in 1.3-Dienes by Iron Coordination: A New Method for the Synthesis of α-Phosphono-α,β-Unsaturated Ketores. 査読有り

    岡内 辰夫

    Journal of the American Chemical Society   123 ( 48 )   12117 - 12118   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Intramolecular Cyclizations of o-Substituted β, β-Difluorostyrenes : Synthesis of 3-Fluorinated Isochromenes and Isothiochromenes 査読有り

    岡内 辰夫

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   74 ( 5 )   971 - 977   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Regioselective Nucleophilic Additions to Cross-Conjugated Dienone System Bearing β-Fluorine : A Versatile Approach to Highly Substituted 2-Cyclopentenones 査読有り

    岡内 辰夫

    Organic Letters   3 ( 15 )   2345 - 2348   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lewis Acid-promoted Deoxygenative Di[β, β-bis(ethylthio)]vinylation of Aldehydes with Trimethylsilylketene Bis(ethylthio)acetal 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistry   66 ( 11 )   3924 - 3929   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • α-Phosphonovinyl Carbanions in Organic Synthesis 査読有り

    岡内 辰夫

    Synthesis   ( 3 )   349 - 357   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Regioselective Proton Abstraction and 1.3-Migration of a Phosphorus Group in 1.3-Dienes by Iron Coordination: A New Method for the Synthesis of α-Phosphono-α,β-Unsaturated Ketores. 査読有り

    岡内 辰夫

    Journal of the American Chemical Society   123 ( 48 )   12117 - 12118   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The nucleophilic 5-endo-trig cyclization of gem-difluoroolefins with homoallylic functional groups: Syntheses of ring-fluorinated dihydroheteroaromatics 査読有り

    Ichikawa J., Fujiwara M., Wada Y., Okauchi T., Minami T.

    Chemical Communications   ( 19 )   1887 - 1888   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Gem-Difluoroolefins bearing homoallylic tosylamido, hydroxy, or mercapto groups undergo intramolecular nucleophilic substitution of the nitrogen, oxygen, or sulfur with loss of fluorine via a 5-endo-trig process, leading to 2-fluoro-2-pyrrolines, 5-fluoro-2,3-dihydrofurans, or -thiophenes in high yields.

    DOI: 10.1039/b004978f

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034619226&origin=inward

  • Synthesis and synthetic application of α-formylvinylphosphonates. Facile synthesis of phosphono-substituted heterocyclic compounds 査読有り

    Kouno R., Tsubota T., Okauchi T., Minami T.

    Journal of Organic Chemistry   65 ( 14 )   4326 - 4332   2000年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The β-ethoxy-α-phosphonovinyl anion, generated from β- (ethoxy)vinylphosphonate 1 and LDA, reacted with aldehydes and ketones or phenyl isocyanate to give the corresponding allylic alcohols 2a-m or 1,3- diphenyl-5-phosphonouracil 4 in good or moderate yields. Treatment of the alcohols 2a-d,g,h,j with trifluoroacetic acid led to α- formylvinylphosphonates 5a-d,g,h,j in excellent yields. Synthetic application of the α-formylvinylphosphonates 5a-d,g,h to phosphono-substituted heterocyclic compounds was studied.

    DOI: 10.1021/jo000149t

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034647772&origin=inward

  • A focused compound library of novel N-(7-indolyl)benzenesulfonamides for the discovery of potent cell cycle inhibitors 査読有り

    Owa T., Okauchi T., Yoshimatsu K., Sugi N., Ozawa Y., Nagasu T., Koyanagi N., Okabe T., Kitoh K., Yoshino H.

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   10 ( 11 )   1223 - 1226   2000年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A series of compounds containing an N-(7-indolyl)benzenesulfonamide pharmacophore was synthesized and evaluated as a potential antitumor agent. Cell cycle analysis with P388 murine leukemia cells revealed that there were two different classes of potent cell cycle inhibitors; one disrupted mitosis and the other caused G1 accumulation. Herein described is the SAR summary of the substituent patterns on this pharmacophore template. (C) 2000 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0960-894X(00)00219-5

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034608622&origin=inward

  • A general method for acylation of ndoles at the 3-position with Acyl chlorides in the presence of dialkylaluminum chloride 査読有り

    Okauchi T., Itonaga M., Minami T., Takashi O., Kitoh K., Yoshino H.

    Organic Letters   2 ( 10 )   1485 - 1487   2000年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    (Matrix presented) Indoles are selectively acylated at the 3-position in high yields on treatment with a wide variety of acyl chlorides in CH2CI2 in the presence of diethylaluminum chloride or dimethylaluminum chloride. The reaction proceeds under mild conditions and is applicable to indoles bearing various functional groups without NH protection.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034682140&origin=inward

  • Asymmetric allylic alkylation of cycloalkenediol diacetates using a chiral phosphine ligand bearing a carboxyl group 査読有り

    Okauchi T., Fujita K., Ohtaguro T., Ohshima S., Minami T.

    Tetrahedron Asymmetry   11 ( 6 )   1397 - 1403   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Asymmetric induction in the allylic alkylation of cycloalkenediol diacetates was performed using a chiral alkylphosphine ligand bearing a carboxyl group, 3-(diphenylphosphino)butanoic acid. An increase in enantiomeric excess of the monoalkylated products of cis-cycloalkenediol diacetates was observed through a sequential asymmetric allylic alkylation- kinetic resolution process. (C) 2000 Elsevier Science Ltd.

    DOI: 10.1016/S0957-4166(00)00080-X

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034616326&origin=inward

  • The Nucleophilic 5-endo-trig Cyclization of gem-Difluoroolefins with Homoallylic Functional Group : Syntheses of Ring-fluorinated Dihydroheteroaromatics 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemical Communications   ( 19 )   1887 - 1888   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Asymmetric Allylic Alkylation of Cycloalkenediol Diacetates Using a Chiral Phosphine Ligand Bearing a Carbonyl Group 査読有り

    岡内 辰夫

    Tetrahedron : Asymmetry   11 ( 6 )   1397 - 1403   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • General Method for Acylation of Indoles at 3-Position with Acyl Chlorides in the Presence of Dialkylaluminum Chloride 査読有り

    岡内 辰夫

    Organic Letters   2 ( 10 )   1485 - 1487   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of 5-Diphenylphosphinolyl-2, 3-dihydropyran-4-ones 査読有り

    岡内 辰夫

    Heterocycles   53 ( 3 )   1393 - 1398   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis and Synthetic Application of α-Formylvinylphosphonates. Facile Synthesis of Phosphono-Substituted Heterocyclic Compounds 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistry   65 ( 14 )   4326 - 4332   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Focused Compound Library of Novel N-(7-Indolyl)benzenesulfonamides for the Discovery of Potent Cell Cycle Inhibitors 査読有り

    岡内 辰夫

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   10 ( 11 )   1223 - 1226   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of 5-diphenylphosphinoyl-2,3-dihydropyran-4-ones 査読有り

    Okauchi T., Nagamori H., Kouno R., Ichikawa J., Minami T.

    Heterocycles   52 ( 3 )   1393 - 1398   2000年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    5-Diphenylphosphinoyl-2,3-dihydropyran-4-ones are readily prepared from the corresponding 5-diphenylphosphinoyl-1-buten-3-yne under mild acidic conditions. The phosphorus substituted pyrones are converted to more substituted pyrones via 1,4-addition of copper reagents followed by Homer- Wittig reaction.

    DOI: 10.3987/COM-99-S131

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034163718&origin=inward

  • Vinylic C-F bond activation with low-valent zirconocene: The generation and cross-coupling reactions of 1-fluorovinylzirconocene 査読有り

    Fujiwara M., Ichikawa J., Okauchi T., Minami T.

    Tetrahedron Letters   40 ( 40 )   7261 - 7265   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    (p-2,2-Difluorovinyloxyphenyl)dimethylamine, readily obtained from 2,2,2-trifluoroethanol, is treated with zirconocene equivalent 'Cp2Zr' to generate thermostable 1-fluorovinylzirconocene via a C-F bond cleavage. This 1-fluorovinylzirconocene can be used for C-C bond formation through the cross-coupling with aryl iodides in the presence of palladium catalyst and zinc iodide, leading to (Z)-1-aryl-2-(p-dimethylaminophenoxy)-1-fluoroolefins in good yields.

    DOI: 10.1016/S0040-4039(99)01491-4

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0033215508&origin=inward

  • A Facile Synthesis of 1-H-2, 2-Difluorovinylphosphorus Compounds from 2, 2, 2-Trifluoroethyl Trifluoromethanesulfonate and Substitutions of Their Vinylic Fluorines 査読有り

    岡内 辰夫

    Journal of Fluorine Chemistry   97 ( 1-2 )   109 - 114   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • α-Phosphonovinyl Nonaflate : Their Synthesis and Cross-Coupling Reactions 査読有り

    岡内 辰夫

    Tetrahedron Letters   40 ( 29 )   5337 - 5340   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Discovery of Novel Antitumor Sulfonamides Targeting G1 Phase of the Cell Cycle 査読有り

    岡内 辰夫

    Journal of Medicinal Chemistry   42 ( 19 )   3789 - 3799   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthetic Utilization of α-Phosphonovinyl Anions 査読有り

    岡内 辰夫

    Phosphorus, Sulfur and Silicon   144-146   689 - 692   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Vinylic C-F Bond Activation : Generation and Cross-Coupling Reactions of 1-Fluorovinylzirconocene 査読有り

    岡内 辰夫

    Tetrahedron Letters   40 ( 40 )   7261 - 7265   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthetic utilization of α-phosphonovinyl anions 査読有り

    Minami T., Kouno R., Okauchi T., Nakamura M., Ichikawa J.

    Phosphorus, Sulfur and Silicon and Related Elements   144-146   689 - 692   1999年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The α-phosphonovinyl anions, generated in situ from treatment of β-hetero-substituted vinylphosphonates 1a-c with LDA (or LTMP), were trapped with various electrophiles such as chlorotriorganosilanes, chlorotrimethylgermane, chlorotriorganotins, dimethyl disulfide, and halogen to afford the corresponding β-hetero-substituted α-functionalized vinylphosphonates 2-14 in good to excellent yields. The Friedel-Crafts reaction of α-(silyl) or α-(germyl)phosphonoketene dithioacetals 2, 9 or 4 with acid chlorides gave α-acylated phosphonoketene dithioacetals 15-19 in 53-91 % yields. The palladium-catalyzed cross-coupling reaction of β-ethoxy-α-(tributylstannyl)vinylphosphonate 13 with a variety of organic halides (R = acyl, allyl, aryl etc.) provided β-ethoxy-α-substituted vinylphosphonates 20-25 in good to moderate yields. The palladium-mediated cross-coupling reaction of α-(iodo)-vinylphosphonates 7, 14 with terminal acetylenes afforded α-alkynylated vinylphosphonates 26-29 in 69-83 % yields.

    DOI: 10.1080/10426509908546338

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=4243740689&origin=inward

  • Synthesis and Synthetic Utilization of α-Functionalized Vinylphosphonates Bearing β-Oxy or β-Thio Substituents 査読有り

    Kouno R., Okauchi T., Nakamura M., Ichikawa J., Minami T.

    Journal of Organic Chemistry   63 ( 18 )   6239 - 6246   1998年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The β-hetero-substituted vinylphosphonates la-c on treatment with LDA or LTMP were readily lithiated at the α-position of the phosphono group, and the resulting α-lithiovinylphosphonates were trapped with various electrophiles to afford the corresponding α-functionalized vinylphosphonates 2-14 in 55-96% yields. The Friedel-Crafts reaction of α-(silyl)- or a-(germyl)-phosphonoketene dithioacetals 2, 9, or 4 with acid chlorides gave α-acylated phosphonoketene dithioacetals 15-19 in 53-91% yields. The palladium-catalyzed cross-coupling reaction of β-ethoxy-α-(tributylstannyl)vinylphosphonate 13 with a variety of organic halides (R = acyl, allyl, aryl, etc.) provided β-ethoxy-α-substituted vinylphosphonates 21-26 in good to moderate yields. The palladium-mediated cross-coupling reaction of α-(iodo)vinylphosphonates 7 and 14 with terminal acetylenes afforded α-alkynylated vinylphosphonates 41-44 in 69-83% yields. Several α-functionalized β-hetero-substituted vinylphosphonates were applied to the synthesis of pyrazoles and an isoxazole possessing a phosphono function.

    DOI: 10.1021/jo980467g

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0000134602&origin=inward

  • Fluorine-directed Nazarov cyclizations 2: Regioselective synthesis of 5-trifluoromethyl-2-Cyclopentenones 査読有り

    Ichikawa J., Fujiwara M., Okauchi T., Minami T.

    Synlett   ( 8 )   927 - 929   1998年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    1-Trifluoromethylvinyl vinyl ketones are treated with trimethylsilyl trifluoromethanesulfonate in CH 2 Cl 2 -1,1,1,3,3,3-hexafluoro-2-propanol to afford 5-trifluoromethyl-2-cyclopentenones. Both acyclic and cyclic substrates furnish the corresponding cyclized products in good to excellent yields with defined placement of the endocyclic double bond due to the strong electronic effect exerted by the trifluoromethyl group.

    DOI: 10.1055/s-1998-1817

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0001555854&origin=inward

  • Synthesis and Synthetic Utilization of α-Functionalized Vinylphosphonates Bearing β-Oxy or β-Thio Substituents 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistry   63 ( 18 )   6239 - 6246   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Fluorine-Directed Nazarov Cyclizations 2 : Regioselective Synthesis of 5-Trifluoromethyl-2-2cyclopentenones 査読有り

    岡内 辰夫

    Synlett   ( 8 )   927 - 929   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lewis Acid-Catalyzed Intramodecular [2+2]Cydoaddition of α-Ester-Substituted Conjugated Dienyl and Trienylphosphonates. New Synthesis of Functionalized Cydic Terpenoids 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistry   62 ( 24 )   8419 - 8424   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 2-Phosphono-1,1,4,4-tetrathio-1,3-butadienes. Synthesis and Synthetic Application to Highly Functionalized Dienes and Heterocycles 査読有り

    岡内 辰夫

    Bulletin des Soci(]J1117[)t(]J1117[)s Chimique Belges   106 ( 9-10 )   525 - 532   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 5-endo-Trigonal Cyclization of o-Substituted gem-Difluorostyrenes : Syntheses of 2-Fluorinated Indoles, Benzo[b]furans, and Benzo[b]thiophenes 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemical Communications   ( 16 )   1537 - 1538   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lewis Acid-Catalyzed Intramolecular [2 + 2] Cycloaddition of α-Ester-Substituted Conjugated Dienyl- And Trienylphosphonates. New Synthesis of Functionalized Cyclic Terpenoids 査読有り

    Okauchi T., Kakiuchi T., Kitamura N., Utsunomiya T., Ichikawa J., Minami T.

    Journal of Organic Chemistry   62 ( 24 )   8419 - 8424   1997年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    α-Ester-substituted 1,3-dienylphosphonates 7 and 8, prepared by the Knoevenagel condensation, underwent intramolecular [2 + 2] cycloaddition in the presence of Lewis acid to form bicyclo[4.2.0] (26-57% yield) and bicyclo[3.2.0]skeleton (14-38% yield), respectively. Similar treatment of homologous 1,3-dienylphosphonate 11 and 1,3,5-trienylphosphonate 12 resulted in the formation of ionone derivatives (30-94% yield). The intramolecular cycloaddition reaction was applicable to several conjugated dienes bearing an ester group.

    DOI: 10.1021/jo971153g

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0000736055&origin=inward

  • 5-endo-Trigonal cyclization of o-substituted gem-difluorostyrenes: Syntheses of 2-fluorinated indoles, benzo[b]furans and benzo[b]thiophenes 査読有り

    Ichikawa J., Wada Y., Okauchi T., Minami T.

    Chemical Communications   ( 16 )   1537 - 1538   1997年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    β,β-Difluorostyrenes bearing tosylamido, hydroxy or methylsulfinyl groups at the o-position undergo intramolecular substitution of the nitrogen, oxygen or sulfur with loss of fluorine via a 5-endo-trigonal process leading to 2-fluorinated heterocyclic systems in high yields.

    DOI: 10.1039/a703110f

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0000256371&origin=inward

  • Synthesis and synthetic application of phosphonoketene dithioacetals. New synthesis of dithioallenes and (α-dithiocarboxyvinyl)phosphonates 査読有り

    Minami T., Okauchi T., Matsuki H., Nakamura M., Ichikawa J., Ishida M.

    Journal of Organic Chemistry   61 ( 23 )   8132 - 8140   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Phosphonoketene dithioacetals 3a-e were obtained in good yields by the reaction of ethyl phosphonoacetates 1a,b with 2-4 equiv of thiols 2a-c in the presence of an alkylaluminum dichloride or dialkylaluminum chlorides. Reaction of 2,2-dithio-1-phosphonovinyl anions with aldehydes afforded allylic alcohols 4-7, 11-18 in good to moderate yields. Treatment of the alcohols 4-6 with t-BuOK in THF led to symmetrical [2 + 2] cycloadducts 20-22 of 1,1-(ethylenedithio)allenes in moderate yields, while a similar reaction of the alcohols 11-13 produced a mixture of symmetrical and unsymmetrical [2 + 2] cycloadducts of 1,1-(trimethylenedithio)allenes, 23a-25a and 23b-25b, in 55-94% yields. The alcohol 15 on a similar treatment gave 3-tert-butyl-1,1-bis(ethylthio)allene (26) in quantitative yield. The structures of 20 and 23b were determined by X-ray analysis. Treatment of the alcohols 15 and 18 with trifluoromethanesulfonic acid/n-Bu4NX (X = Br, I) or triphenylphosphine/CBr4 in CH2Cl2 afforded α-phosphonodithioacryclic acid esters 34 and 35 in 25-52% yields. The tandem Michael-Wittig reaction of 35 with sodium salt of 2-pyrrolecarbaldehyde in DMF gave ethyl 3-phenyl-3H-cyclopenta[a]pyrrole-2-dithiocarboxylate (36) in 25% yield.

    DOI: 10.1021/jo960491z

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0029827951&origin=inward

  • Development of Chiral Phosphine Ligands Bearing a Carboxyl Group and Their Application to Catalytic Asymmetric Reaction 査読有り

    岡内 辰夫

    Tetrahedron : Asymmetry   6 ( 10 )   2469 - 2474   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Novel 2, 2-Difluorovinylzirconocene : A Facile Synthesis of Monosubstituted gem-Difluoroolefins via Its Cross-Coupling Reaction 査読有り

    岡内 辰夫

    Tetrahedron Letters   37 ( 48 )   8799 - 8802   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • synthesis and Synthetic Application of Phosphonoketene Dithioacetals. New Synthesis of Dithioallenes and (α-Dithio carboxyvinyl) phosphonatis. 査読有り

    岡内 辰夫

    The Journal of Organic Chemistry   23 ( 61 )   8132 - 8140   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development of chiral phosphine ligands bearing a carboxyl group and their application to catalytic asymmetric reaction 査読有り

    Minami T., Okada Y., Otaguro T., Tawaraya S., Furuichi T., Okauchi T.

    Tetrahedron: Asymmetry   6 ( 10 )   2469 - 2474   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A new chiral phosphine ligand bearing a carboxyl group, 3-(diphenylphosphino)butanoic acid, was developed and used for palladium catalyzed asymmetric allylic alkylation of cyclic cis-allylic acetates such as 2-cyclopentenyl, 2-cyclohexenyl, and 2-cycloheptenyl acetate. These acetates reacted with triethyl sodiophosphonoacetate in the presence of the palladium catalyst with the ligand to give the corresponding alkylation products in good enantiomeric excesses. © 1995.

    DOI: 10.1016/0957-4166(95)00322-G

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0028895231&origin=inward

  • Novel 6-5 Fused Ring Heterocycle Antifolates with Potent Antitumor Activity : Bridge Modifications and Heterocyclic Benzoyl Isosters of 2, 4-Diamino-6, 7-dihydro-5H-cyclopenta[d]pyrimidine Antifolate 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemical & Pharmaceutical Bulletin   43 ( 5 )   829 - 841   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Novel 6–5 Fused Ring Heterocycle Antifolates with Potent Antitumor Activity: Bridge Modifications and Heterocyclic Benzoyl Isosters of 2,4-Diamino-6,7-dihydro-5H-cyclopenta[d] pyrimidine Antifolate 査読有り

    Kotake Y., Okauchi T., Iijima A., Yoshimatsu K., Nomura H.

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin   43 ( 5 )   829 - 841   1995年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Structural modifications of an extremely potent inhibitor of dihydrofolate reductase (DHFR) activity and tumor cell growth, N-[4-[3-(2,4-diamino-6,7-dihydro-5H-cyclopenta[d]pyrimidin-5-yl)propyl]benzoyl]-L-glutamic acid (1), have led to the synthesis of new cyclopenta[d]pyrimidine-based antifolates, including those with low alkyl substituted trimethylene bridges (2a, b) and isosterically modified bridges (ethyleneoxa, 2c; ethyleneamino, 2d; the N-methyl- and N-ethyl derivatives of 2d, 2e, f) and those in which the benzene ring of 1 has been replaced by heterocyclic isosters (indole, 2g; indoline, 2h; thiophene, 2i). These new analogs are highly potent as DHFR and cell growth inhibitors, and most of them are more potent than methotrexate (MTX) and 10-ethyl-10-deazapterin (10-EDAM) in inhibiting tumor cell growth (P388 MTX-sensitive and MTX-resistant, colon 26 and KB) on 72 h drug exposure. Among them, 2a (the 10-methyl derivative of 1) and 2i were most potent, being 2- to 3-fold more potent than 10-EDAM. On 4 h drug exposure, the growth-inhibitory activity of these analogs was radically influenced by even minor structural changes. Compounds 1, 2a—e, g—i were much more cytotoxic in colon 26 cell line than were MTX and 10-EDAM, with 2d and 2i being most potent, followed by 2a. Structure-activity relationships and their possible significance are discussed. © 1995, The Pharmaceutical Society of Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1248/cpb.43.829

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0029032398&origin=inward

  • Oxydative Generation of Thioalkyl Cation from 2-Tributylstannyl-1, 3-ditianes and 1-(Tributylstannnyl)alkyl Sulfides and Their Reactions with Olefinic Nucleophiles 査読有り

    岡内 辰夫

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   66 ( 10 )   2995 - 3003   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Generation of Cation Radicals from Enamines and Their Reactions with Olefins 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 10 )   2099 - 2102   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Generation of Cation Radicals from 2-Tributylstannyl-1, 3-dithianes and Their Reaction with Olefins 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 7 )   1229 - 1232   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Generation of Cation Radicals from Allylic Sulfides and Their Reactions with Silyl Enol Ethers by the Use of Cerium(IV)Ammonium Nitrate 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 3 )   515 - 518   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Addition Reactions of Cation Radicals of Nitroalkanes to Olefinic Compounds by the Use of Manganese((]G0003[))2-Pyridinecarboxylate 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 3 )   423 - 426   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The Addition Reaction of β-Keto Carboxylic Acids to Olefinic Compounds by the Use of Mn((]G0003[))Tris(2-pyridinecarboxylate)as an Oxidant 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 12 )   2169 - 2172   1989年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Stereoselective β-C-and β-S-Glycosylation of 2-Deoxyribofuranose Derivatives Controlled by the 3-Hydroxy Protecrive Group 査読有り

    岡内 辰夫

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   62 ( 3 )   845 - 852   1989年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of β-2-Deoxyribonucleosides from 1-O-Acetyl-3-O-[2-(methylsulfinyl)ethyl]-2-deoxyribose 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 5 )   801 - 804   1989年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The Trityl Cation Catalyzed Michael Type Reaction of Stannylated Nucleophiles with Ethylthioketene Dithioacetals 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 9 )   1695 - 1698   1987年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The Trityl Cation Mediated Michael Reaction of Ethylthioketene Dithioacetals with Silyl Enol Ethers 査読有り

    岡内 辰夫

    Chemistry Letters   ( 9 )   1691 - 1694   1987年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Comprehensive Organic Functional Group Transformations II

    南享,岡内辰夫(共著 ,  範囲: Vinyl- and Arylphosphorus Derivatives)

    Elsevier  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • 金属触媒を用いたジアゾナフトキノンとグリシドールの環化によるベンゾジオキサンの合成

    石橋千里,番野滉大,佐々木信弥,下岡弘和,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第103春季年会   2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:千葉県野田市   国名:日本国  

  • ヒドロキシコロネン類の合成研究

    渡邉愛梨,平河隆二,下岡弘和,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第103春季年会   2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:千葉県野田市   国名:日本国  

  • plasmalogen類縁体の合成検討

    日隈友梨,宍田祐大,下岡弘和,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第103春季年会   2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語   開催地:千葉県野田市   国名:日本国  

  • エステル交換反応を利用したエタノールアミン型plasmalogenの合成

    久光琢也,椿宏太,下岡弘和,北村充,岡内辰夫

    第38回有機合成化学セミナー  2022年09月  有機合成化学協会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月28日 - 2022年09月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • IPrAPを用いた単純ケトンのジアゾ化および第一級アミンのアジド化

    津﨑諒人,大塚和輝,衛藤隆志,下岡弘和,岡内辰夫,北村充

    第38回有機合成化学セミナー  2022年09月  有機合成化学協会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月28日 - 2022年09月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • siRNA化学修飾のためのトリエステル型ジヌクレオチドの合成

    日隈友梨, 山中友葵, 椿宏太, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第59回化学関連支部合同九州大会  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 光潜在性触媒の合成と評価

    志手翔, 下岡弘和, 吉田嘉晃, 北村充, 岡内辰夫内辰夫

    第59回化学関連支部合同九州大会  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • エステル交換反応を用いた非対称なホスホン酸ジエステルの合成法の開発

    髙木菜央, 山中友葵, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第59回化学関連支部合同九州大会  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 種々のN-アリールアジドイミダゾリウム塩の合成と反応

    髙木唯, 大塚和輝, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第59回化学関連支部合同九州大会  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • スマネンコロネンハイブリッド化合物の合成研究

    渡邉愛梨, 平河隆二, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第59回化学関連支部合同九州大会  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 金属触媒を用いるジアゾナフトキノンとグリシドールの環化反応

    石橋千里, 番野滉大, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第59回化学関連支部合同九州大会  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • ジアゾナフトキノンを用いたスピロオルソチオ炭酸エステルの合成法の開発

    佐々木信弥,番野滉大,下岡弘和,岡内 辰夫,北村充

    日本化学会 第102春季年会   2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • アジドイミダゾリウム塩を用いた第一級アミンへのジアゾ移動反応によるアジド合成開発

    津﨑諒人,大塚和輝,下岡弘和,岡内 辰夫,北村充

    日本化学会 第102春季年会   2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • エステル交換反応を利用したエタノールアミン型プラズマローゲンの合成

    久光琢也,椿宏太,下岡弘和,北村充,岡内辰夫

    日本化学会 第102春季年会   2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • エステル交換反応を用いた非対称なホスホン酸ジエステルの合成法の開発

    髙木菜央,山中友葵,下岡弘和,北村充,岡内辰夫

    日本化学会 第102春季年会   2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • [MDABCO]K(PF6)3系ペロブスカイト固溶体の合成

    下岡弘和,山下功輝,岡内 辰夫,北村充

    日本化学会 第102春季年会   2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • テアデノールの合成研究

    島津貴大,末竹弘樹,山口幸宏,星野康佑,東島 勇太,下岡弘和,岡内 辰夫,北村充

    日本化学会 第102春季年会   2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Plasmalogenの合成

    久光琢也, 押田紗歩, 椿宏太, 岡内辰夫

    第58回化学関連支部合同九州大会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • ビニルケテンイミン鉄錯体を用いた新規合成反応の開発

    村太雅, 新井御天, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第58回化学関連支部合同九州大会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • ジエン鉄錯体を用いた新規反応の開発

    中川朋哉, 下岡弘和, 北村充, 岡内辰夫

    第58回化学関連支部合同九州大会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • アジドイミダゾリウム塩を用いた第一級アミンのアジド化

    津崎諒人, 大塚和輝, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第58回化学関連支部合同九州大会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • コシノスタチンCDEFG環の合成と異性化についての研究

    岩田拓実, 鶴田健太, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第58回化学関連支部合同九州大会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • ジアゾキノンを用いtaスピロオルソチオ炭酸エステル合成法の開発

    佐々木信弥, 番野滉大, 下岡弘和, 岡内辰夫, 北村充

    第58回化学関連支部合同九州大会  化学工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • アジドイミダゾリウム塩を用いた単純ケトンの直接ジアゾ化

    大塚 和輝,衞藤 隆志,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会 第101春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月19日 - 2021年03月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 非対称なホスホン酸ジエステルの新規合成法の開発

    山中 友葵,椿 宏太,下岡 弘和,北村 充,岡内 辰夫

    日本化学会 第101春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月19日 - 2021年03月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • アジドイミダゾリウム塩を用いるフェノールのアジド化

    衛藤隆志,高内和重,髙橋周平,下岡 弘和,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第100春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • リン酸トリエステルを有するジヌクレオチド誘導体の合成とsiRNAへの応用

    椿宏太,下岡弘和,北村充,Matthew Hammill,Jean-Paul Desaulniers,岡内辰夫

    日本化学会 第100春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 光親和性標識基を有する長鎖アルコールの合成

    水川友妥,椿宏太,下岡弘和,北村充,岡内辰夫

    日本化学会 第100春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ビニルケテンイミン鉄錯体を用いた新規反応開発

    朴城江,田淵和,下岡弘和,北村充,岡内辰夫

    日本化学会 第100春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • らせん不斉を有するアザヘリセン類の合成研究

    藤村 涼,西村知晃,高橋周平,下岡弘和,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第99春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • アジドイミダゾリニウム塩を用いるフェノールのジアゾ化

    衛藤隆志,高内和重,髙橋周平,下岡弘和,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第99春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • ジアゾナフトキノンからの Rh 触媒を用いた環化反応によるフルオレノン誘導体の合成

    下岡弘和,前田 啓太郎,蒲池建人, Dina I. A. Othman,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第99春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • Teadenol の合成研究

    星野康佑,末竹弘樹,山口幸宏,下岡弘和,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第99春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • ビニルケテンイミン-鉄錯体の新規合成法の開発

    寺谷光平,下岡弘和,北村 充,岡内辰夫

    日本化学会 第99春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • リン酸エステル化合物の新規合成法の開発

    椿宏太,下岡弘和,北村 充,岡内辰夫

    日本化学会 第99春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日 - 2019年03月19日   記述言語:日本語   開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • らせん不斉を有するアザヘリセン類の合成研究

    安藤寛雅,福馬弘章,小林充明,下岡弘和,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第98春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学 船橋キャンパス  

  • コシノスタチンアグリコンの合成研究

    髙橋 周平,清水 湧太郎,下岡 弘和,岡内 辰夫,北村 充

    日本化学会 第98春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学 船橋キャンパス  

  • リン酸トリス(2,2,2,-トリハロエチル)の 選択的なエステル交換反応によるリン酸エステル合成

    椿 宏太,下岡 弘和,北村 充,岡内 辰夫

    日本化学会 第98春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学 船橋キャンパス  

  • ジアゾナフトキノンを用いるベンゾジオキサン類合成法の開発

    西村知晃,大塚孔太,下岡弘和,岡内辰夫,北村 充

    日本化学会 第98春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学 船橋キャンパス  

  • Pyrrole Synthesis Using hapto4-(Vinylketenimine)iron Complexes and Electron-deficient Alkynes

    Tatsuo Okauchi,Akihiro Urakawa,Nagomi Tabuchi, Mitsuru Kitamura

    The 19th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月25日 - 2017年09月29日   記述言語:英語   開催地:ICC Jeju, Jeju, Korea  

  • 1位置換ジエン-鉄錯体を用いた新規反応の開発

    坂東広太郎,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第97春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス  

  • Pd触媒を用いたジアゾナフトキノンとアルキンの反応によるナフトフランの合成

    髙橋周平,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第97春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス  

  • 光を利用した自動酸化反応によるヒダントインの合成

    井上俊祐,兼村晃一,田坂圭吾,山崎一読,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第97春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス  

  • ケテンイミン-鉄錯体の合成と応用

    田淵和,浦川晃洋,北村充,岡内辰夫

    日本化学会 第97春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス  

  • 1 位置換ジエンー鉄錯体を用いた新規合成反応の開発

    坂東広太郎,岡内辰夫,北村充

    日本化学会 第96春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学 京田辺キャンパス  

  • PIP 脱リン酸化酵素阻害剤としてのイノシトール-1-リン酸類縁 体の合成

    中村柊也,永田有紀,野宮拡貴,北村 充,岡内辰夫

    日本化学会 第95春季年会   日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • コシノスタチンABCDE環の合成

    石川皓大

    第51回化学関連支部合同九州大会  繊維学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • ホスファチジルイノシトール脱リン酸化酵素阻害剤の合成

    石川皓大

    第51回化学関連支部合同九州大会  繊維学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 脱炭酸クロスカップリング反応を利用したテトラフルオロ体の合成

    石川皓大

    第51回化学関連支部合同九州大会  繊維学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 光学活性なグアニジノジアゾニウム塩の合成と反応

    石川皓大

    第51回化学関連支部合同九州大会  繊維学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • ジアゾナフトキノンを用いたベンゾナフトピラノンの合成

    石川皓大

    第51回化学関連支部合同九州大会  繊維学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • C-H結合活性化を利用した8,8'‐ビキノリンジオールの合成

    小林充明

    第51回化学関連支部合同九州大会  繊維学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • コシノスタチンC-G環の合成

    福住謙亨

    日本化学会第94春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いる第一級アミンのアジド化

    加藤聡

    日本化学会第94春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • 8, 8’-ビキノリンジオールの合成

    福馬弘章

    日本化学会第94春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • Pd触媒を用いるジアゾナフトキノンからの大員環・中員環エーテルの合成

    兼村晃一

    日本化学会第94春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • ホスフィンボランを用いた新規カップリング

    平川啓太

    日本化学会第94春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • ビニルケテン-鉄錯体の合成と応用

    浦川晃洋

    日本化学会第94春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • ジエン-鉄錯体の脱プロトン化による新規錯体合成の研究

    渡邉謙太

    日本化学会第93春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:滋賀県草津市  

  • α-アリールカルボニル化合物の合成

    村上健人

    日本化学会第93春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:滋賀県草津市  

  • ジアゾキノンを用いたα-アリールカルボニル化合物の合成

    村上健人

    日本化学会第93春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:滋賀県草津市  

  • ジアゾナフトキノンからの1,2-ナフタレンジオールの合成

    木佐貫正人

    日本化学会第92春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • ビニルケテン-鉄錯体の合成

    佐多直城

    日本化学会第92春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • コシノスタチンA-E環の合成研究

    松浦泰祐

    日本化学会第92春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • グアニジノジアゾニウム塩を用いたアルコールからのアジドの一段階合成

    古賀達也

    日本化学会第92春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • ジアゾナフトキノンからの1,2-ナフタレンジオールの合成

    木佐貫正人

    日本化学会第91春季年会  (社)日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月27日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • ジエン鉄錯体を原料に用いる新規鉄錯体の合成

    佐多直城

    日本化学会第91春季年会  (社)日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月27日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • 3位架橋型ビスピロールの合成と重合

    古庄匡男

    日本化学会第91春季年会  (社)日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月27日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • ナザロフオキシアリルカチオン中間体を利用した五員環化合物の合成

    佐藤一樹

    日本化学会第91春季年会  (社)日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月26日 - 2011年03月27日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • シアノ含有ジスチリルベンゼン誘導体を用いた新規n 型半導体の合成及びFET特性

    物質工学専攻,藏本晃士

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • リン試薬存在下でのルイス酸触媒による2,4-ジエナールの環化反応の開発

    物質工学専攻,井上英俊

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • 新規高歪縮環ヘテロ芳香族化合物群の合成とその電気伝導特性

    物質工学研究系,森口哲次

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • ジエン-鉄錯体のアニオンを利用したカルボニル挿入反応

    物質工学専攻,稲留将人

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • グアニジノジアゾニウム塩の合成と反応(2)第一級アミンとの反応

    物質工学専攻,矢野匡一

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • グアニジノジアゾニウム塩の合成と反応(1)カルボニル化合物との反応

    物質工学専攻,宮川智史

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • Pd触媒を用いるオキシム誘導体からのイソインドール類の合成

    物質工学専攻,森安洋平

    日本化学会第90春季年会(2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月26日 - 2010年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • n型CN-CF3DSB TFT特性の電極金属依存性

    足立大輔(生命体工学研究科)

    第57回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 平塚市  

  • シアノ基置換ジスチリルチオフェン誘導体のn型TFT特性

    足立大輔(生命体工学研究科)

    第57回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 平塚市  

  • Pd触媒を用いた簡便な炭素-硫黄結合形成反応

    蔵本晃士(物質工学研究系)

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉県船橋市  

  • Nazarov oxyallyl cation 中間体を利用した五員環化合物の合成

    井上英俊(物質工学科)

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 千葉県船橋市  

  • 様々な置換機を有する新規オリゴチエニレンビニレンの合成

    蔵本晃士(物質工学研究系)

    第25回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月08日 - 2008年09月10日   記述言語:日本語   開催地: 熊本県阿蘇市  

  • ジエン-鉄錯体のアニオンにおけるカルボニルの転位反応の開発

    菅原陽子(物質工学科)

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京都豊島区  

  • スルホン酸エステル基を有するジエンー鉄錯体を用いた合成反応の開発

    鍵本康太(物質工学研究系)

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月26日 - 2008年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京都豊島区  

  • 5_6.031 リン配位子を有するジエン-鉄錯体を用いた合成反応の開発

    物質工学専攻,鍵本康太

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月07日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • 5_6.011 Nazarov oxyallyl cation 中間体を利用した五員環化合物の合成

    物質工学専攻,江崎加名子

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月07日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • 5_6.043 末端α,α’位にスルホン官能基を有する新規オリゴチオフェンの合成

    物質工学専攻,児玉法子

    第44回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月07日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • 光Nazarov反応のリン試薬による中間体の捕捉検討

    物質工学専攻 俊成謙太

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月25日 - 2007年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 吹田市  

  • リン酸エステル基及びスルホン官能基を有する新規チオフェンオリゴマーの合成

    物質工学専攻 蔵本晃士

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月25日 - 2007年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 吹田市  

  • スルホンおよびホスホン酸エステルが置換したポリチオフェン

    日産化学工業,大谷直樹

    第15回ポリマー材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月16日 - 2006年11月17日   記述言語:日本語   開催地: 豊中市  

  • ジエン鉄(0)カルボニル錯体/ポリマーのコロイダルシリカへのグラフトと有機溶媒中でのコロイド結晶化

    中野 麻洋

    第43回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月08日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • コロイダルシリカへの鉄カルボニル錯体/ポリマーのグラフトと有機溶媒中でのコロイド結晶の形成

    物質工学専攻

    第55回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月24日 - 2006年05月26日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • コロイダルシリカへの鉄(0)カルボニル錯体/ポリマーのグラフトと有機溶媒中でのコロイド結晶化

    物質工学専攻

    第14回複合材料界面シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月25日 - 2006年04月27日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • Phosphono- and sulfonyl-substituted oligothiophenes: Synthesis and Electropolymerization

    本人

    2006 MRS Spring Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月17日 - 2006年04月21日   記述言語:英語   開催地: USA San Francisco  

  • Synthesis and Properties of Polythiophene Derivatives Containing Alkyl-sulfone Group or Dialkyl Phosphonate

    日産化学株式会社 大谷直樹

    2006 MRS Spring Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月17日 - 2006年04月21日   記述言語:英語   開催地: USA San Francisco  

  • オリゴチオフェン誘導体の電気的特性

    森田壮臣

    第53回応用物理学関連連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月22日 - 2006年03月26日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • メチル基、ヒドロキシル基で修飾された環状イミノ酸の簡便合成

    Mohammed P. I. Bhuiyan,渡邉路維,池田悟史,An-Na Jung,加藤珠樹,岡内辰夫,西野憲和

    第42回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月27日 - 2005年10月29日   記述言語:英語   開催地:豊中市  

  • スルホン酸エステル基を有する鎖状ジエン‐鉄錯体を用いた合成反応の開発

    物質工学専攻 古藤雄一

    2005年日本化学会 西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月22日 - 2005年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 宇部市  

  • ジエン─鉄錯体の3位アニオンを利用した合成反応の開発

    物質工学専攻 河窪秀和

    2005年日本化学会 西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月22日 - 2005年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 宇部市  

  • 側鎖末端に二重結合を有するアミノ酸の簡便合成とその応用

    生命体工学研究科 Mohammed P. I. Bhuiyan

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • Nazarov oxyallyl cation中間体を利用した五員環化合物の合成

    工学研究科・物質工学専攻 山下祐徳

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語  

  • アルキルアルミニウムを用いたインドールのアシル化

    工学研究科・物質工学専攻 川原真

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月26日 - 2005年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

▼全件表示

工業所有権

  • リン酸エステルの新規合成法

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-66704  出願日:2020年04月02日

    公開番号:特開2020-183374  公開日:2020年11月12日

  • 新規プラズマローゲン誘導体法

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-554942  出願日:2019年04月18日

    公開番号:WO2019/208392  公開日:2019年10月31日

講演

  • ジエン−鉄錯体を用いた新しい反応の開発

    有機合成化学講演会  2012年11月  有機合成化学協会九州山口支部

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州市  

科研費獲得実績

  • ビニルケテンイミン-鉄錯体を用いる新しい反応の開拓

    研究課題番号:22K05118  2022年04月 - 2025年03月   基盤研究(C)

  • ジエン-鉄錯体からジアシル鉄錯体の合成とその反応開発

    研究課題番号:16K05701  2016年04月 - 2019年03月   基盤研究(C)

  • ジエン-鉄錯体からビニルケテン-鉄錯体の合成とその反応の研究

    研究課題番号:25410047  2013年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

  • ジエン鉄錯体とアリル鉄錯体間の相互変換を利用した有機合成反応の開発

    研究課題番号:17550040  2005年04月 - 2007年03月   基盤研究(C)

  • メタロジエン-鉄錯体を利用する有機合成反応の開発

    研究課題番号:14740351  2002年04月 - 2005年03月   若手研究(B)

その他競争的資金獲得実績

  • 大気安定な新規n型有機半導体材料となるジシアノインデノインデン誘導体の開発

    2015年10月 - 2016年09月

    研究成果展開事業 マッチングプランナープログラム「探索試験」  

     詳細を見る

    我々が,初めて合成に成功したジシアノインデノインデン化合物は,大気安定性と光安定性を有する新規のn型有機半導体材料であることを明らかにしている。この材料は知的財産として期待されるものの,電子移動度は0.001cm2/Vs程度である。そこで,さらなる高移動度かつ大気安定性を実現するために,ジシアノインデノインデンを誘導体化のπ電子系を拡張法を確立する。その手法を見いだした後,側鎖導入やヘテロ原子の導入によるπ共役系の修飾等により,材料の最適化をすることで,高移動度かつ大気安定性を併せ持つ,新規n型半導体材料の開発を行い,事業化につなげる。

  • 溶液プロセスによる有機CMOS回路を目指した大気安定なn型有機半導体化合物の開発

    2013年01月 - 2013年12月

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) シーズ顕在化タイプ  

     詳細を見る

    本研究は、有機CMOS回路を実現するために必要な 1.0 cm2/Vsの移動度を達成するシアノスチリル系n型有機半導体化合物の開発、ならびに溶液プロセスに適用可能なシアノスチリル系n型有機半導体化合物の開発を目的とする。

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   応用化学実験B・PBL

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   有機機器分析

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   有機化学Ⅲ

  • 2022年度   有機金属化学特論

  • 2022年度   応用化学実験B・PBL

  • 2022年度   有機機器分析

  • 2022年度   反応有機化学

  • 2022年度   有機化学Ⅲ

  • 2021年度   有機合成化学特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2021年度   応用化学実験B・PBL

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   有機機器分析

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   反応有機化学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   有機化学Ⅲ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   応用化学自由研究

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目

  • 2020年度   有機金属化学特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2020年度   応用化学実験B・PBL

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   反応有機化学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   有機化学Ⅲ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   応用化学自由研究

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目

  • 2019年度   有機合成化学特論

  • 2019年度   応用化学実験B・PBL

  • 2019年度   反応有機化学

  • 2019年度   有機化学Ⅲ

  • 2018年度   応用化学実験B・PBL

  • 2018年度   反応有機化学

  • 2018年度   有機化学Ⅲ

  • 2018年度   有機金属化学特論

  • 2017年度   有機合成化学特論

  • 2017年度   応用化学実験B・PBL

  • 2017年度   有機工業化学

  • 2017年度   反応有機化学

  • 2017年度   有機化学Ⅲ

  • 2016年度   有機金属化学特論

  • 2016年度   応用化学実験B・PBL

  • 2016年度   有機工業化学

  • 2016年度   反応有機化学

  • 2016年度   有機化学Ⅲ

  • 2015年度   有機化学Ⅲ

  • 2015年度   反応有機化学

  • 2015年度   有機工業化学

  • 2015年度   応用化学実験B

  • 2015年度   有機合成化学特論

  • 2014年度   応用化学自由研究

  • 2014年度   サイエンス工房

  • 2014年度   反応有機化学

  • 2014年度   有機工業化学

  • 2014年度   有機金属化学特論

  • 2014年度   応用化学実験B

  • 2014年度   有機化学Ⅲ

  • 2013年度   有機合成化学特論

  • 2013年度   応用化学実験B

  • 2013年度   有機工業化学

  • 2013年度   反応有機化学

  • 2013年度   有機化学Ⅲ

  • 2013年度   応用化学自由研究

  • 2012年度   有機金属化学特論

  • 2012年度   有機化学Ⅲ

  • 2012年度   応用化学実験B

  • 2012年度   有機工業化学

  • 2012年度   反応有機化学

  • 2011年度   有機化学Ⅲ

  • 2011年度   反応有機化学

  • 2011年度   有機工業化学

  • 2011年度   応用化学実験B

  • 2011年度   有機合成化学特論

▼全件表示

その他教育活動

  • 岡山県総合教育センター研修講座講師

    2020年09月

     詳細を見る

    岡山県総合教育センターにて,同センター主催の高校教員向けの研修講座において,
    「有機化合物の構造の決め方と,鈴木カップリングを利用した 高校における化学実験の試み」の講演を行い,ディスカッションを行った。

学会・委員会等活動

  • 有機合成化学協会   九州山口支部常任幹事  

    2022年04月 - 2023年03月

  • 有機合成化学協会   九州山口支部常任幹事  

    2021年04月 - 2022年03月

  • 有機合成化学協会   九州山口支部常任幹事  

    2020年04月 - 2021年03月

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州大学工業大学  特定非営利活動法人 BeWith  2023年08月03日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州大学工業大学  北九州市立星ヶ丘市民センター  2023年01月21日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州大学工業大学  北九州市立くきのうみ小学校  2022年09月09日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州大学工業大学  学童保育広小ひまわりクラブ  2022年08月24日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州大学工業大学  北九州市立中原市民センター  2022年06月11日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市立黒崎中央小学校  2021年11月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

▼全件表示