2024/05/14 更新

タカセ サトコ
高瀬 聡子
TAKASE Satoko
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 8

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
助教
外部リンク

研究キーワード

  • イオンセンサ

  • 燃料電池

  • 電極触媒

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 触媒プロセス、資源化学プロセス

出身学校

  • 1991年03月   福岡教育大学   教育学部   特設課程理科化学科   卒業   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(工学)   2008年06月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     助教

所属学会・委員会

  • 1992年04月 - 現在   電気化学会   日本国

  • 1992年04月 - 現在   日本化学会   日本国

  • 2009年04月 - 現在   化学センサ研究会   日本国

  • 2023年04月 - 2023年09月   2023電気化学秋季大会実行委員会   日本国

  • 2022年01月 - 現在   希土類学会   日本国

論文

  • Preparation of Highly Conductive Phthalocyaninato-Cobalt Iodide at the Interface between Aqueous KI Solution and Organic Solvent and Catalytic Properties for Electrochemical Reduction of CO<sub>2</sub> 査読有り 国際誌

    Takase Satoko, Aritsu Taku, Sakamoto Yoichiro, Sakuno Yoshihiro, Shimizu Youichi

    Bulletin of the Chemical Society of Japan ( 公益社団法人 日本化学会 )   96 ( 7 )   649 - 653   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>For the industrial practical use of cobalt phthalocyanine (CoPc) as a catalyst for CO<sub>2</sub> reduction, the effect of improving conductivity of CoPc crystal on the catalytic activity was investigated. Focusing on (phthalocyaninato) cobalt iodide (CoPcI), which is a highly conductive charge-transfer complex, a simple method for synthesizing CoPcI by simply mixing at an interface between aqueous KI solution and CH<sub>2</sub>Cl<sub>2</sub> solution containing CF<sub>3</sub>COOH and CoPc was developed by applying the CoPc crystal phase transformation method. The X-ray diffraction pattern of the obtained powder at the interface of CoPc organic and potassium iodide aqueous solutions revealed that the powder is composed of one-dimensional columns of CoPc and a linear array of triiodide ions (I<sub>3</sub><sup>−</sup>). UV-vis absorption spectra showed that iodide ions (I<sup>−</sup>) change to triiodide ions (I<sub>3</sub><sup>−</sup>) at the interface between aqueous KI solution and organic solvent under acidic conditions. The catalytic property of CoPcI was investigated by polarization measurement and electrochemical impedance spectroscopy using a gas diffusion carbon electrode. CoPcI showed high catalytic activity for CO<sub>2</sub> reduction with high CO production selectivity.</p>

    DOI: 10.1246/bcsj.20230028

    CiNii Research

  • Electrochemical Sulfite-Ion Sensor Using Sm<inf>2</inf>CuO<inf>4</inf>-Based Layered Perovskite-Type Oxide Thick Film 査読有り

    Shinoda Y., Takase S., Shimizu Y.

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   18 ( 2 )   300 - 302   2023年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    Sm2−xCexBO4 (x = 0, 0.1; B = Fe, Cu) thick films were prepared by an electrophoretic deposition method and applied as sulfite-ion (SO32−) sensors. Among the oxides, Sm1.9Ce0.1CuO4 showed good amperometric response to sulfite ions in the ion concentration range between 1.0 × 10−5 and 1.0 × 10−4 M at 30 °C. The applied potential to the electrode should be one of the key factors of high selectivity, and the relatively low potential of +0.2 V versus Ag/AgCl was found to be optimal for the detection of sulfite ions. Good sulfite-ion sensing should be enabled by Cu+ in Sm1.9Ce0.1CuO4 where SO32− is easily adsorbed. © 2022 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.23724

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139636770&origin=inward

  • Sensing Properties of Solid Electrolyte NOx Sensor Using NASICON and Perovskite-Type Oxide Electrode 査読有り

    Takahashi H., Takase S., Shimizu Y.

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    Solid electrolyte-based electrochemical devices fabricated with Na3Zr2Si2PO12 (NASICON), and perovskite-type oxide electrodes have been systematically examined. The elements attached with the perovskite-type oxides [A1−xA'xBO3] (A = La, Nd and Y, A' = Ca and Sr., B = Co, Cr, Fe, Ni, Mn and Ru, x = 0–0.4) exhibited rather good performance for the electromotive force responses which were almost linear to the logarithm of NO or NO2 concentration. Among sensors attached with various electrodes, the device using the NdCrO3 electrode gave the excellent NO sensing properties. © 2023 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.23792

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149324937&origin=inward

  • Enhancement of formic acid formation by nitrogen-doped graphene oxide nanosheets decorated with Sn nanoparticles in electrochemical CO<inf>2</inf> reduction 査読有り 国際誌

    Tano Y., Ahmad M.S., Watase Y., Tsugawa T., Takase S., Inomata Y., Hatakeyama K., Ida S., Armando Q., Shimizu Y., Kida T.

    Sustainable Energy and Fuels   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Electrochemical conversion of CO2 into renewable fuels is a critical area of research that poses significant scientific challenges. Herein, we investigated the impact of oxygen functional groups on the graphene support material in Sn/graphene composites. We discovered that the electrocatalytic performance of these composites could be adjusted by altering the structure of the metals and the support material, specifically graphene oxide. Our results revealed that Sn nanoparticles anchored on epoxy-functionalized graphene oxide facilitated the efficient generation of formic acid, achieving a remarkable faradaic efficiency (FE) of 75% and a high current density of −20 mA cm−2 at 1.6 V vs. Ag/AgCl. The use of the gas diffusion electrode coupled with Sn/graphene composites was effective in reducing CO2. Notably, the interaction between Sn and the support material played a vital role in determining the catalytic activity and selectivity of the formic acid. This study underscores the crucial role of support materials in electrocatalytic performance and offers insights into how to tailor the support material to optimize the conversion of CO2 into renewable fuels.

    DOI: 10.1039/d3se00781b

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85166223940&origin=inward

  • Bi-functional Oxygen Electrocatalysts Using Mixed-Metal Tungsten-Nitrides in Alkaline Media 査読有り

    NOMOTO Shotaro, KITAMURA Hiroki, TAKASE Satoko, SHIMIZU Youichi

    電気化学および工業物理化学 ( 公益社団法人 電気化学会 )   90 ( 8 )   087005 - 087005   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Transition metal-tungsten nitrides (CrWN<sub>2</sub>, MnWN<sub>2</sub>, FeWN<sub>2</sub>, Co<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N, Ni<sub>2</sub>W<sub>3</sub>N) could be synthesized and electrocatalytic properties on electrochemical oxygen reduction and evolution reactions were examined. The oxygen reduction performance was in the order of Co<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N > MnWN<sub>2</sub> > Ni<sub>2</sub>W<sub>3</sub>N ≫ FeWN<sub>2</sub> ≫ CrWN<sub>2</sub>. While the oxygen evolution was in that of Co<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N ≫ CrWN<sub>2</sub> > Ni<sub>2</sub>W<sub>3</sub>N > MnWN<sub>2</sub> ≫ FeWN<sub>2</sub>. Then, the Co<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N gave high bi-functional oxygen electrocatalytic properties. Furthermore, Ni-doped (Co<sub>1−</sub><i><sub>x</sub></i>Ni<i><sub>x</sub></i>)<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N (<i>x</i> = 0–1.0) were prepared and it was found that the (Co<sub>0.6</sub>Ni<sub>0.4</sub>)<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N gave the highest bi-functional electrocatalytic properties. The cathode performance was achieved with the electrode containing 32 wt% (Co<sub>0.6</sub>Ni<sub>0.4</sub>)<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N, i.e., the current density as high as 280 mA cm<sup>−2</sup>, which was 10 times higher than that of a carbon-only electrode, was obtained at (0.80 V vs. RHE) in 5 mol L<sup>−1</sup> KOH at 70 °C. Also, the (Co<sub>0.6</sub>Ni<sub>0.4</sub>)<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N electrode showed high activity to oxygen evolution as high as 300 mA cm<sup>−2</sup> at (1.60 V vs. RHE). As it was observed the changes in binding energy at O<sub>1s</sub>, N<sub>1s</sub>, W<sub>4f</sub>, Co<sub>2p</sub>, and Ni<sub>2p</sub> spectra among Co<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N, (Co<sub>0.6</sub>Ni<sub>0.4</sub>)<sub>3</sub>W<sub>3</sub>N, and Ni<sub>2</sub>W<sub>3</sub>N by X-ray photoelectron spectroscopy, the change in electrical properties at the surface of the nitrides should be one of the reasons of the high performance.</p>

    DOI: 10.5796/electrochemistry.22-00056

    CiNii Research

  • Effect of Metal-Nitrate Receptor on Solid-Electrolyte Impedancemetric NOxSensor Performance 査読有り

    Kijima Nobuaki, Takase Satoko, Shimizu Youichi

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )   142 ( 1 )   13 - 14   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The effects of metal-nitrate receptors on the NO<sub>X</sub> sensing properties of an impedancemetric solid-state sensor were investigated using a solid Li<sub>1.5</sub>Al<sub>0.5</sub>Ti<sub>1.5</sub>(PO<sub>4</sub>)<sub>3</sub> (LATP) electrolyte disc as an impedance transducer and various metal nitrates as receptors. Although most of the metal nitrates could not act as sensor receptors, an LATP-based sensor with KNO<sub>3</sub> exhibited high sensitivity to NO and NO<sub>2</sub> at 300 °C.</p>

    DOI: 10.1541/ieejsmas.142.13

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejsmas/142/1/142_13/_pdf

  • Electrochemical Nitrate-Ion Sensor Based on CuCo2O4Spinel-Type Oxide Thick-Film 査読有り

    Tsuji K., Takase S., Shimizu Y.

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines ( 一般社団法人 電気学会 )   142 ( 11 )   308 - 309   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Detection of nitrate-ion has been becoming important for various industrial fields and natural water systems. In this study, electrochemical nitrate-ion sensors based on Cu-based spinel-type oxide thick-films have been investigated. Spinel-type oxide fine powders prepared by a polymer precursor method at 550°C were used for screen printing to prepare thick-film devices. Among the spinel-type oxides tested, the CuCo2O4-based device showed relatively good amperometric response to nitrate-ion between 1.0×10-4 and 1.0×10-2 M at pH = 5 among the tested NO3-. Cl-, and H2PO4-. The 90% response time of the sensor device was as short as about 30 s at room temperature.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.142.308

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85144194357&origin=inward

  • Synthesis of nano-cobalt metal doped carbon for hydrogen-phosphate ion sensor 査読有り

    Tsuji K., Takase S., Shimizu Y.

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines ( 一般社団法人 電気学会 )   141 ( 9 )   310 - 311   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Nano Co-metal doped carbon powder could be prepared by a carbon-combustion method using large surface area carbon loaded with Co-nitrate. The Co-carbon thick-film sensor prepared by screen printing method showed relatively good response of potentiometric sensing to hydrogen-phosphate ion in the concentration range between 3.0×10-4 M and 1.0×10-2 M at pH = 5 with high selectivity among the tested anions; NO3 -, Cl-, Br-, HCO3 -, and CH3COO-. The 90% response time of the sensor device was as short as about 3 min at room temperature.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.141.310

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85114556574&origin=inward

  • Measurement of effective wetting area at hydrophobic solid–liquid interface 査読有り

    Zhang D., Takase S., Nagayama G.

    Journal of Colloid and Interface Science   591   474 - 482   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Hypotheses: The effective wetting area, a parameter somewhat different from the apparent contact area at solid–liquid interfaces, plays a significant role in surface wettability. However, determination of the effective wetting area for hydrophobic surfaces remains an open question. In the present study, we developed an electrochemical impedance method to evaluate the effective wetting area at a hydrophobic solid–liquid interface. Experiments: Patterned Si surfaces were prepared using the anisotropic wet etching method, and the water contact angle and electrochemical impedance were measured experimentally. The effective wetting area at the solid–liquid interface was examined based on the wettability and impedance results. Findings: The electrochemical impedance for the patterned Si surfaces increased with increasing surface hydrophobicity, whereas the effective wetting area decreased. The intermediate wetting state (i.e. partial wetting model) was confirmed at the patterned Si surfaces, and the effective wetting area was theoretically estimated. The effective wetting area predicted from the electrochemical impedance agreed well with that predicted from the partial wetting model, thereby demonstrating the validity of the electrochemical impedance method for evaluating the effective wetting area at the hydrophobic solid–liquid interface.

    DOI: 10.1016/j.jcis.2021.01.056

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85101403835&origin=inward

  • Effects of microwave-assisted reflux in wet-chemical synthesis of high sodium-ion conductive Na<inf>5</inf>DySi<inf>4</inf>O<inf>12</inf> 査読有り

    Takase S., Nakashima K., Arima M., Terada K., Shimizu Y.

    Solid State Ionics   364   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Sodium rare-earth silicate with Na DySi O components is known as a highly conductive and stable sodium ion solid electrolyte though are difficulties in obtaining a single-phase, highly conductive Na DySi O pellet because it has low conductivity impurity phases. In this study, microwave heating for aqueous solution of starting materials was performed for the formation of homogeneous precursor of Na DySi O . A single-phase Na DySi O was successfully obtained from the aqueous solution heated with 2.45GHz microwave at 80 °C after calcination at 700 °C and sintering at 1050 °C. The Na DySi O showed high conductivity of 2.9 × 10 at 30 °C and an activation energy of 0.25 eV. The precursor particles with microwave heating were fine particles with a narrower particle size distribution than those without microwaving. The results of thermal analysis showed different thermal behaviors with and without microwaves. The crystalline phase after calcination at 700 °C was different with and without microwave. After sintering at 1050 °C with microwaves was a single-phase Na DySi O , but the pellets without the microwaves heating process did not have a crystalline phase of Na DySi O . These results demonstrated that microwave heating of aqueous solution affects the formation of single-phase Na DySi O . 5 4 12 5 4 12 5 4 12 5 4 12 5 4 12 5 4 12 5 4 12 5 4 12 −4

    DOI: 10.1016/j.ssi.2021.115607

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85103314049&origin=inward

  • Impedancemetric sensor using Eu2CuO4 thick film for detection of CO 査読有り

    Tanioka Y., Takase S., Shimizu Y.

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines ( 一般社団法人 電気学会 )   141 ( 1 )   37 - 38   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An impedancemetric thick-film CO sensor using RE2CuO4 (RE = La, Sm, Eu, Gd) oxides was examined for monitoring carbon monoxide. The thick-film sensor using Eu2CuO4 showed a high response to CO. The response was almost linear to CO concentration between 50 and 600 ppm, and the 90% response time to 300-ppm CO was approximately 90 s, although the CO response of the sensor was affected by NO and NO2 at low concentration.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.141.37

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100115886&origin=inward

  • A Cobalt-Nickel Metal-Alloy Thin-Film Sensor for Hydrogen-Phosphate Ion 査読有り

    Nakamura H., Takase S., Shimizu Y.

    Analytical Sciences ( 社団法人 日本分析化学会 )   37 ( 2 )   337 - 340   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cobalt-nickel alloy thin-films were prepared by electrodepositing on Au-coated Al O substrate from aqueous solutions of metal-salts, and applied as a potentiometric hydrogen-phosphate ion sensor. A doping of 20 mol% nickel in cobalt contributed to enhancing hydrogen-phosphate ion sensing performances, i.e., the sensing range and response time were drastically improved. The Co Ni inf>thin-film electrode showed good potentiometric response to hydrogen-phosphate ion between 1.0 × 10 and 1.0 × 10 M with a slope of –59 mV/decade and high anion selectivity. The 90% response time to 1 mM H PO was as short as 15 s at pH 5.0, 30°C. A mixed potential sensing mechanism could be proposed on the basis of the results. 2 3 80 20 –5 –3 2 4 –

    DOI: 10.2116/ANALSCI.20P290

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85101575777&origin=inward

  • Solid-State HCl Gas Sensor Using Na5DySi4O12 and RuO2 Electrode 査読有り

    Hashimoto Y., Kanou M., Takase S., Shimizu Y.

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines ( 一般社団法人 電気学会 )   141 ( 11 )   386 - 387   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A potentiometric solid-state sensor using a Na5DySi4O12 solid-electrolyte and oxide electrodes was tried to examine for monitoring HCl gas. Among the oxides tested, the sensor using RuO2 electrode showed relatively good HCl response at 400°C. The electromotive force was almost linear to the logarithm of HCl concentration between 100 and 1000 ppm. This HCl sensor showed also good selectivity to CO2, NO, and NO2, and few effect of oxygen. A mixed potential sensing mechanism is tentatively proposed.

    DOI: 10.1541/ieejsmas.141.386

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85127133862&origin=inward

  • Investigation of the effect of hydrophilicity on oxygen reduction reaction property with measurement of water vapor specific surface area 査読有り

    TAKASE S., KIMOTO A., KUSUNOKI M., SHIMIZU Y.

    Electrochemistry ( 公益社団法人 電気化学会 )   89 ( 6 )   597 - 601   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    For oxygen reduction reaction of an air battery which uses oxygen and water as reactants, it is important to control not only gas diffusivity but also hydrophilicity. In this study, the effect of hydrophilicity was investigated quantitatively. Various hydrophilic reaction layers were prepared with different amounts of Nafion as hydrophilic binder. The hydrophilicity was evaluated by measuring water vapor adsorption and nitrogen adsorption isotherms and calculating specific surface area by Brunauer-Emmett-Teller (BET) method. Polarization curves of oxygen reduction reaction revealed that the hydrophilicity effect differs between the reaction ratedetermining range and the diffusion rate-determining range. In the reaction rate-determining range, the oxygen reduction current increased in proportion to the amount of water in the reaction layer, indicating the extension of the three-phase interface as the reaction field. In the diffusion rate-determining range, oxygen reduction current decreased with increasing the hydrophilicity, which demonstrates that high hydrophilicity suppressed oxygen diffusion.

    DOI: 10.5796/electrochemistry.21-00094

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85119603342&origin=inward

  • A lithium-ion conductive Li<inf>1.5</inf>Al<inf>0.25</inf>Ga<inf>0.25</inf>Ti<inf>1.5</inf>(PO<inf>4</inf>)<inf>3</inf> solid electrolyte for electrochemical device 査読有り

    Oda K., Saitoh H., Hoaki Y., Shimoda H., Hirao T., Ichiyoshi W., Takase S., Shimizu Y.

    Solid State Ionics   346   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Lithium-ion solid electrolyte disc with high conductivity even at low temperature for electrochemical devices were designed using Li1+x+yAlxGayTi2-x-y(PO4)3 (x + y = 0–0.5) with NASICON-type structure. The solid-electrolyte discs were synthesized by a solution method at 900–1000 °C. Effects of Al and/or Ga dopants and crystal structures on ionic conductivity of the solid electrolytes were investigated. Almost single phase of Li1+x+yAlxGayTi2-x-y(PO4)3 (x + y = 0–0.5) systems could be synthesized at sintering temperatures above 900 °C up to x = 0.5, y = 0.25. An ionic conductivity as high as 9.3 × 10−4 S/cm at 30 °C and activation energy of 0.29 eV were obtained with the trivalent-cation double-doped Li1.5Al0.25Ga0.25Ti1.5(PO4)3 disc sintered at 900 °C.

    DOI: 10.1016/j.ssi.2019.115212

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077368284&origin=inward

  • An Impedancemetric Micro NO₂ Sensor Using Oxide and Solid-Electrolyte Thin-Films (特集 Society 5.0を支えるケミカルセンサ) 査読有り

    Sakai Tsuyoshi, Takase Satoko, Shimizu Youichi

    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )   140 ( 11 )   305 - 308   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>A solid-state micro NO<sub>X</sub> sensor was tried to make using a solid-electrolyte Li<sub>1.5</sub>Al<sub>0.5</sub>Ti<sub>1.5</sub>(PO<sub>4</sub>)<sub>3 </sub>(LATP) thin-film as an impedance transducer and a perovskite-type oxide thin-film as a receptor, respectively. The LATP and perovskite-type La<sub>0.8</sub>K<sub>0.2</sub>MnO<sub>3</sub> oxide thin-films were prepared by wet-chemical methods at 650-800°C. The La<sub>0.8</sub>K<sub>0.2</sub>MnO<sub>3</sub>/LATP thin-film device could work as a good impedancemetric NO<sub>2</sub> sensor at 300-500°C.</p>

    DOI: 10.1541/ieejsmas.140.305

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007933948

  • Improvement of sensing performance of impedancemetric C <inf>2</inf> H <inf>2</inf> sensor using SmFeO <inf>3</inf> thin-films prepared by a polymer precursor method 査読有り

    Tasaki T., Takase S., Shimizu Y.

    Sensors (Switzerland)   19 ( 4 )   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. A sensitive an impedancemetric acetylene (C 2 H 2 ) gas sensor device could be fabricated by using perovskite-type SmFeO 3 thin-film as a sensor material. The uniform SmFeO 3 thin-films were prepared by spin-coating and focusing on the effects of polymer precursor solutions. The prepared precursors and thin-films were characterized by means of thermal analysis, Fourier-transform infrared spectroscopy, ultraviolet–visible spectroscopy, X-ray diffraction analysis, scanning electron microscopy and X-ray photoelectron spectroscopy . It was found that particle growth and increase in homogeneity of the prepared thin-film could be accelerated by the addition of acetyl acetone (AcAc) as a coordination agent in the polymer precursor solution. Moreover, the highly crystallized thin-film-based sensor showed good response properties and stabilities to a low C 2 H 2 concentration between 0.5 and 2.0 ppm.

    DOI: 10.3390/s19040773

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061851647&origin=inward

  • Effects of Crystallographic Structures of Metal-Phthalocyanine on Electrocatalytic Properties of Oxygen Reduction in Acidic Condition 査読有り

    Takase S., Aoto Y., Ikeda D., Wakita H., Shimizu Y.

    Electrocatalysis   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. Effects of the crystallographic structures of metal-phthalocyanines (metal: Co, Ni, Cu, Zn) between α and β phases on electrochemical oxygen reduction catalytic activities were investigated in acidic condition. As the distances of centered-metal in the structures of α and β phases are 3.8 Å and 4.8 Å, respectively, they were closed to the size of an oxygen molecule (3.6 Å). The phases of metal-phthalocyanines were conducted by an interface deposition method. The obtained catalyst powders were characterized by means of X-ray diffraction and X-ray photoelectron spectra analyses. Electrochemical oxygen reduction performances were mainly measured by using a gas diffusion type carbon electrode loaded with a metal-phthalocyanine. It was confirmed that the catalytic activities of cobalt- and copper-centered phthalocyanines were enhanced by the conversion from β to α phases. The effects of the distance between the metals in the crystallographic structures of metal-phthalocyanines should be explained by the adsorbed oxygen states that depend on the distance between the metals. The α phase has the distance which allows to form the bridge configuration of oxygen molecule which requires two adsorption sites and that eventually produces H2O by the direct 4-electron pathway. Analysis with the rotating disk electrode system showed that the α-phased metal-phthalocyanines enhance the 4-electron reduction pathway. [Figure not available: see fulltext.].

    DOI: 10.1007/s12678-019-00553-2

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85071036093&origin=inward

  • Preparation of layered perovskite-type cuprate thick-film electrode by electrophoretic deposition method and its nitrite-ion sensing properties 査読有り

    Moriyama M., Shimoji H., Shinoda Y., Takase S., Ibrahim N., Shimizu Y.

    Journal of the Ceramic Society of Japan ( 日本セラミックス協会 )   127 ( 10 )   703 - 707   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 The Ceramic Society of Japan Detection of nitrite-ion has become very important for various industrial fields due to its wide application range such as food additives and a rust preventive agent for steels. In this study, we attempted at developing an advanced method to produce layered perovskite-type cuprates based thick-film device for highly sensitive electrochemical sensor for nitrite-ion with a capacity of wide concentration range. Here, layered perovskite-type oxide powders could be synthesized by a polymer precursor method which was deposited on alumina supports with gold electrode by an electrophoretic deposition method. The sensor performance was measured by an amperometric method for nitrite-ion detection. It was found that the Gd2CuO4-based electrode showed fast and good linear responses to nitrite-ion for a wide range of concentration.

    DOI: 10.2109/jcersj2.19078

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85073036547&origin=inward

  • Pyrochlore-type Bi<inf>2</inf>Sn<inf>2</inf>O<inf>7</inf> oxide as an electrocatalyst for carbon dioxide reduction 査読有り

    Mori A., Kawamura M., Takase S., Shimizu Y.

    Journal of the Ceramic Society of Japan   126 ( 10 )   843 - 846   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ©2018 The Ceramic Society of Japan. Pyrochlore-type A2B2O71z (A = Pb, Bi; B = Nb, Ru, Sn, Ir) oxide fine powders were synthesized by a wet-chemical method. The electrochemical reduction properties of carbon dioxide were investigated with carbon-based gas-diffusion-type electrodes loaded with various pyrochlore-type oxide catalysts. The currentvoltage curves under pure CO2 gas flow showed that the Sn-based pyrochlore-type oxides gave high electrocatalytic activities for the electrochemical CO2 reduction. Among the pyrochlore-type oxides tested, Bi2Sn2O7 showed the highest CO2 reduction reaction which gave CO as a main product at very high concentration. XPS analyses showed that the high performance for the electrochemical CO2 reduction of Bi2Sn2O7 was come from the valence state of Sn and/or oxygen adsorptiondesorption properties of the pyrochlore-type oxide.

    DOI: 10.2109/jcersj2.18079

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85054863382&origin=inward

  • Solid electrolyte impedancemetric NOx sensor attached with zeolite receptor 査読有り

    Shimizu Y., Nakano H., Takase S., Song J.

    Sensors and Actuators, B: Chemical   264   177 - 183   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Elsevier B.V. A new type solid-electrolyte impedancemetric sensor using a zeolite as a receptor and a Li1.5Al0.5Ti1.5(PO4)3(LATP) disc as a transducer, respectively, was designed and its sensing properties were investigated for detection of NO and NO2in the range of 100–500 ppm at 300–500 °C. It was revealed that the impedance responses of the sensor device attached with a zeolite receptor changed with depending on NOxconcentration. Cation-exchange in zeolites gave good improvement of the sensor responses. Among the ion-exchanged zeolites, K+-doped Y-type zeolite-based sensor showed the highest sensitivity and selectivity to NO2.

    DOI: 10.1016/j.snb.2018.02.146

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85042908780&origin=inward

  • Behavior and rust antirust mechanism of blast furnace slag mixed cement system anticorrosive paint 査読有り

    Moriyama M., Amano K., Ikeda M., Takase S., Shimizu Y.

    Zairyo to Kankyo/ Corrosion Engineering   67 ( 2 )   78 - 82   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Japan Society of Corrosion Engineering. All rights reserved. In this study, we focused on the combination of blast furnace slag mixed cement that imparts alkalinity, and nitrite that has proven in rust prevention treatment method of reinforced concrete. Also influence of these compositions on rust prevention of iron and verified the mechanism was dissassed. In order to observe the influence of alkaline powder and nitrite on iron, iron plates were immersed in aqueous solutions in which these additives were added as model samples. XPS analyses of the surface of iron plate immersed for 14 days, revealed that a large amount of adsorbed oxygen considered to nitrite ion was existed on the iron surface of the sample treated in containing nitrite. As for the energy state of iron, only the test piece containing nitrite ion showed lower peak, suggesting the adsorption of nitrite ion to the iron surface. In the actual steel sheet sample, an intermediate layer was composed of mainly iron and oxygen was confirmed at the interface between under coat containing nitrite and steel plate.

    DOI: 10.3323/jcorr.67.78

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85052070773&origin=inward

  • A thick-film impedancemetric carbon monoxide sensor using layered perovskite-type cuprate 査読有り

    Shimizu Y., Yamamoto S., Takase S.

    Sensors and Actuators, B: Chemical   249   667 - 672   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V. Carbon monoxide (CO) is a very toxic gas that is easily produced by incomplete combustion. In this study, a thick-film impedancemetric CO sensor with layered perovskite-type oxides (La 2-x A’ x Cu 1-y B’ y O 4 ; A’ = Sr, Ba, Ce; B’ = Zr, x, y = 0–0.2) was investigated. The oxides were synthesized by a polymer precursor method and used as receptor material for an impedancemetric CO sensor. Sensing properties of the thick-film devices prepared by a screen printing technique were investigated by the AC impedance method using an LCR meter at 300–600 °C. It was found that the La 1.9 Ce 0.1 CuO 4 thick-film device responded well to CO between 50 and 600 ppm at 400 °C, and 50 Hz.

    DOI: 10.1016/j.snb.2017.04.059

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85018628786&origin=inward

  • Sol–gel processing of Li<inf>1.5</inf>Al<inf>0.5</inf>Ti<inf>1.5</inf>(PO<inf>4</inf>)<inf>3</inf> solid electrolyte thin films via polymeric complex precursor 査読有り 国際誌

    Takase S., Kubo C., Aono R., Shimizu Y.

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   79 ( 3 )   564 - 572   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Thin films of crack-free lithium ionic conductive Li1.5Al0.5Ti1.5 (PO4)3 (LATP) solid electrolyte could be fabricated by a modified Pechini-type polymeric precursor method with controlled amount of citric acid (CA), pH, and viscosity of precursor at low temperatures between 600 and 700 °C. It turned out that the increase in molar ratio of citric acid to total metal salts (M) in the precursor gave drastic change of thermal reactions and crack-free LATP thin films could be obtained from the precursor with CA/M = 5. In addition, the formation of LATP crystal phase required the viscosities more than 0.100 Pa s. It was also found that the pH control of the coating solutions was a key step to obtain homogeneous thin films. FT-IR measurements revealed that the change of pH in the precursors gave structural changes in precursor complexes. The LATP thin film of 200 nm in thickness prepared from the solution at CA/M = 5, 0.100 Pa s, and pH = ca. 10, sintered at 650 °C showed an ionic conductivity of ca. 0.029 S/cm at 300 °C. Graphical Abstract: [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s10971-016-4043-y

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84963776929&origin=inward

  • Sol-gel processing of Li1.5Al0.5Ti1.5(PO4)3 solid electrolyte thin films via polymeric complex precursor 査読有り

    Takase, S., Kubo, C., Aono, R., Shimizu, Y.

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   79 ( 3 )   564 - 572   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Amperometric nitrite-ion sensor based on electrodeposited Sm-based perovskite-type oxide thick-film electrode 査読有り

    Yatsunami T., Takase S., Shimizu Y.

    Sensors and Materials   28 ( 7 )   777 - 784   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © MYU K.K. Perovskite-type oxide SmBO 3 (B = Cr, Mn, Fe, Co) powders were prepared by a polymer precursor method at 750 °C and systematically investigated for electrochemical sensing properties for NO 2 - . The SmBO 3 -modified carbon-felt electrodes could be prepared by an electrophoretic deposition (EPD) method without sintering. Among the oxide deposited electrodes, the SmFeO 3 modiied electrode showed the highest sensitivity to NO 2 - with 11.9 mA M -1 cm -2 and a linear sensing range between 5.0 × 10 -5 and 1.0 × 10 -3 M at +0.85 V vs Ag / AgCl with high selectivity for NO 2 - and no response to most other anions. A good correlation was observed between electrochemical activity toward nitrite-ion oxidation and oxygen adsorption properties of the oxides.

    DOI: 10.18494/SAM.2016.1237

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84982913031&origin=inward

  • Processing of α-Phase Metal?Phthalocyanine Powders by Interface Neutralization Method 査読有り

    Takase S., Aoto Y., Shimizu Y.

    Chemistry Letters   45 ( 9 )   1066 - 1068   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 The Chemical Society of Japan. Metal phthalocyanines (MPcs; M = Co, Ni, Cu, Zn) with α-phase powders were obtained at the interface between hydrophilic and hydrophobic solutions starting from β-phase powders. This method was also applied to the deposition of a highly dispersed α-phase MPc on a carbon substrate, which showed high electrochemical activity for oxygen reduction.

    DOI: 10.1246/cl.160486

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84986617410&origin=inward

  • 理工系女子を増やすには

    高瀬 聡子

    Electrochemistry ( 公益社団法人 電気化学会 )   84 ( 3 )   188 - 189   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.5796/electrochemistry.84.188

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005131420

  • Carbonate powder mixing calcination method for low-temperature synthesis of perovskite-type SmFeO3 fine powder 査読有り

    Takase S., Suzuki S., Shimizu Y.

    Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan   121 ( 1410 )   246 - 249   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Perovskite-type SmFeO 3 fine powder was synthesized by the polymer precursor method using carbonate powder as an anti-sintering agent. SmFeO 3 particles synthesized at 550°C were smaller than 100nm and had a specific surface are of 36 m 2 /g. Also, the addition of carbonate in the calcinations process enabled the synthesis temperature for crystal formation of SmFeO 3 to be reduced by 100°C. Results of thermal analysis suggested that carbonate stimulates a combustion reaction required for the formation of SmFeO 3 . © 2013 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84874928088&origin=inward

  • Impedancemetric Acetylene Gas Sensing Properties of Sm-Fe-Based Perovskite-Type Oxide-Based Thick-Film Device 査読有り

    Tomohisa Tasaki, Satoko Takase, Youichi Shimizu

    Sensors & Actuators B   187   128 - 134   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.snb.2012.09.086

    Scopus

  • Sensing Behavior of Solid-State Impedancemetric NOx Sensor Using A Solid Electrolyte Transducer and Oxide Receptor 査読有り

    Hong-Chan Cho, Satoko Takase, Jeong-Hwan Song, Youichi Shimizu

    Sensors & Actuators B   187   94 - 98   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.snb.2012.09.066

    Scopus

  • Sensing properties of impedancemetric solid-electrolyte NO<inf>x</inf> Sensor using perovskite-type lanthanum manganite-based receptor 査読有り

    Cho H., Kuramoto S., Takase S., Song J., Shimizu Y.

    Sensors and Materials   24 ( 1 )   31 - 41   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Solid-state impedancemetric NO x sensor devices composed of the perovskite-type oxide (La 0.8 A 0.2 MnO 3 ; A = La, Na, K) as a receptor material and a Li 1.5 Al 0.5 Ti 1.5 (PO 4 ) 3 (LATP) disc as a solid-electrolyte transducer were investigated for the detection of NO x (NO and NO 2 ) in the range of 100-500 ppm at 400°C. The lanthanum manganite/LATP-based sensor devices showed NO x sensing responses that could be divided into two components of resistance and capacitance. While the sensitivities to NO x were largely affected by the type of receptor material used, the La 0.8 K 0.2 MnO 3 /LATP-based impedancemetric sensor element showed excellent NO sensing properties. FT-IR measurements revealed that the interaction between NO and La 0.8 K 0 2 MnO 3 was the strongest among the receptor materials.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84874820555&origin=inward

  • Fabrication of Nano-LaCrO3 Receptor by Polymeric Precursor Method and Its Impedancemetric NOx Sensing Properties 査読有り

    Young-Sung Lee, Hong-Chan Cho, Satoko Takase, Youichi Shimizu, Jong-Tae Baek, Jeong-Hwan Song

    Journal of Nanoscience and Nanotechnology   12   1141 - 1146   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1166/jnn.2012.4628

    Scopus

  • Preparation of Perovskite-Type Oxide Thick-Film Device by EPD Method and Its Application for Electrochemical Hydrogen-Phosphate Ion Sensor 査読有り

    Toru Inagaki, Toshikazu Matsumoto, Satoko Takase, and Youichi Shimizu

    Key Engineering Materials   507   215 - 219   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.507.215

    Scopus

  • Erratum: Sensing Properties of Impedancemetric Solid-Electrolyte NO x Sensor Using Perovskite-Type Lanthanum Manganite-Based Receptor (Sensors and Materials (2012) 24: 1 (31-41)) 査読有り

    Cho H., Kuramoto S., Takase S., Song J., Shimizu Y.

    Sensors and Materials   24 ( 2 )   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84858965123&origin=inward

  • Sensing Properties of Impedancemetric Solid Electrolyte NOx Sensor Using Perovskite-Type Lanthanum Manganite-Based Receptor 査読有り

    Hong-Chan Cho, Shinya Kuramoto, Satoko Takase, Jeong-Hwan Song, Youichi Shimizu

    Sensors and Materials   24 ( 1 )   31 - 41   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of perovskite-type SmFeO3 thin-film and gas sensing properties to acetylene 査読有り

    Tasaki T., Takase S., Shimizu Y.

    Sensor Letters   9 ( 1 )   51 - 54   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Perovskite-type SmFeO 3 thin-film devices could be synthesized by a polymer precursor method and the impedancemetric sensing properties for acetylene gas were investigated. For preparation of the oxide, ethylene glycol solvent dissolving metal nitrates with polyvinylpyrrolidone and acetylacetone, as a polymer additive and a coordination agent, respectively, was spin-coated on an alumina substrate with Au interdigitated electrodes, and finally sintered at 600∼750 °C. The SmFeO 3 thin-film thus prepared showed well crystallized and almost single perovskite-type phase with the thickness of ca. 200 nm. The SmFeO 3 oxide thin-film sensors showed change in AC impedance at 20 kHz depending on acetylene gas concentrations at 400 °C. Copyright © 2011 American Scientific Publishers.

    DOI: 10.1166/sl.2011.1417

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=83255181470&origin=inward

  • Wet-Chemical Preparation and Oxygen Reduction Properties of Nickel-Based Sulfide Electrocatalysts for Polymer Electrolyte Fuel Cell 査読有り

    Wataru Iwaya, Satoko Takase, and Youichi Shimizu

    Electrochemistry   79 ( 5 )   364 - 366   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • Wet-chemical preparation and oxygen reduction properties of nickel-based sulfide electrocatalysts for polymer electrolyte fuel cell 査読有り

    Iwaya W., Takase S., Shimizu Y.

    Electrochemistry   79 ( 5 )   364 - 366   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Metal-sulfides with high chemical stability in acidic condition were tried to develop as an alternative none-noble metal electrocatalyst for polymer electrolyte fuel cell (PEFC). In particular, various types of Ni-based sulfides have synthesized by wet-chemical method and analyzed for the cathodic performances. Among the NiS, NiS2, and NI3S4, nickel-mono sulfide (NiS) system showed high oxygen reduction performance in 2N-H2SO4 at 70°C. In addition, Ni0.9Cu 0.1S was found to show the highest oxygen reduction performance in the Ni-mono sulfide based catalysts.

    DOI: 10.5796/electrochemistry.79.364

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79960239580&origin=inward

  • Preparation of amperometric hydrogen-phosphate ion sensor based on perovskite-type oxide thick-film by EPD process 査読有り

    Takase S., Matsumoto T., Shimizu Y.

    Electrochemistry   78 ( 2 )   150 - 152   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Perovskite-type structured LaCoO 3 fine powder with high surface areas could be prepared by a polymer precursor method using acetylacetone (AcAc) as a chelating agent at 500°C. This fine powder could be used for an electrophoretic deposition (EPD) process in an acetylacetone-based suspension. The LaCoO 3 fine powder supported on carbon-cross device was prepared by the EPD method without a sintering process. The device showed good properties of amperometric sensing of hydrogen-phosphate ion.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77950365634&origin=inward

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • Na5DySi4O12系固体電解質の合成と一部置換効果

    高瀬聡子,中山 敦,寺田光希,清水陽一

    第38回希土類討論会  2022年05月  日本希土類学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年05月11日 - 2022年05月12日   記述言語:日本語   開催地:熊本市国際交流会館   国名:日本国  

    化学的安定だが単相の合成が難しいナトリウムイオン導電体をマイクロ波アシスト湿式合成法で成功し、これをもとに組成金属の一部置換効果を検討した。その結果ナトリウムイオン導電経路を拡大する組成変化を引き起こす金属置換でイオン導電性の向上が見られることが明らかになったことを報告した。

    その他リンク: http://www.che.kyutech.ac.jp/chem16/topics.html

  • マンガン系複合酸化物の湿式合成と酸素電極触媒特性

    北原佳奈・高瀬聡子・清水陽一

    電気化学会第90回大会  2023年03月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月27日 - 2023年03月29日   記述言語:日本語   開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  • フタロシアニン系触媒の調製と酸素還元特性

    加美川裕貴・高瀬聡子・清水陽一

    電気化学会第90回大会  2023年03月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月27日 - 2023年03月29日   記述言語:日本語   開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  • 金属錯体/酸化物系複合触媒を用いた電気化学的炭酸ガス還元

    丸山 廉・高瀬聡子・清水陽一

    電気化学会第90回大会  2023年03月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月27日 - 2023年03月29日   記述言語:日本語   開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  • ゼオライトを用いた固体電解質インピーダンス型ガスセンサ

    永迫 心・高瀬聡子・清水陽一

    電気化学会第90回大会  2023年03月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月27日 - 2023年03月29日   記述言語:日本語   開催地:宮城県仙台市   国名:日本国  

  • Naイオン導電体を用いたインピーダンス型ガスセンサ

    永迫心・福島悠太・高瀬聡子・清水陽一

    2022年度日本セラミックス協会九州支部秋季研究発表会  2022年11月  日本セラミックス協会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • マンガン系複合酸化物の酸素電極触媒特性

    北原佳奈・高瀬聡子・清水陽一

    2022年度日本セラミックス協会九州支部秋季研究発表会  2022年11月  日本セラミックス協会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • フタロシアニン系電荷移動錯体の調整と酸素還元特性

    加美川裕貴・高瀬聡子・清水陽一

    第63回電池討論会  2022年11月  公益社団法人電気化学会 電池技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月08日 - 2022年11月10日   記述言語:日本語   開催地:福岡市   国名:日本国  

  • パイロクロア型酸化物を用いた酸性電解質用水電解電極触媒の設計

    岡﨑大樹・高瀬聡子・清水陽一

    2022年電気化学秋季大会  2022年09月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月08日 - 2022年09月09日   記述言語:日本語   開催地:神奈川県横浜市   国名:日本国  

  • 金属錯体結晶の水分解電極触媒特性

    全寅夏・高瀬聡子・清水陽一

    2022年電気化学秋季大会  2022年09月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月08日 - 2022年09月09日   記述言語:日本語   開催地:神奈川県横浜市   国名:日本国  

  • 複合金属酸化物系ナノシート触媒を用いた酸素電極特性

    山本恭寛・高瀬聡子・清水陽一

    2022年電気化学秋季大会  2022年09月  公益社団法人電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月08日 - 2022年09月09日   記述言語:日本語   開催地:神奈川県横浜市   国名:日本国  

  • 金属錯体と複合した酸化物電極触媒を用いた炭酸ガス還元

    丸山廉・高瀬聡子・清水陽一

    第59回化学関連合支部同九州大会  2022年07月  第60回化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月01日   記述言語:日本語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • マンガン系複合酸化物の酸素電極触媒特性

    北原佳奈・高瀬聡子・清水陽一

    第59回化学関連合支部同九州大会  2022年07月  第60回化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月01日   記述言語:日本語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • ガス拡散型酸素電極への高分散金属錯体触媒担持法

    加美川裕貴・高瀬聡子・清水陽一

    第59回化学関連合支部同九州大会  2022年07月  第60回化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月01日   記述言語:日本語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • 複合金属フタロシアニン系触媒の水分解特性

    全 寅夏,高瀬聡子,清水陽一

    2022年電気化学会 第89回大会  2022年03月  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    金属フタロシアニンの金属複合化及び電荷移動錯体形成を試み、得られた結晶を水電解触媒として評価した。マンガン系複合結晶で高い触媒活性が得られたことを報告した。

    その他リンク: https://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2022s/session/3K05-08/class

  • 複合化マンガン酸化物ナノシートの湿式合成と酸素電極触媒特性

    山本恭寛,高瀬聡子,清水陽一

    2022年電気化学会 第89回大会  2022年03月  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    マンガンナノシートと異種金属を組み合わせた安定な複合材料を得るために湿式法の条件を検討し、溶液の電導度による複合化状態の把握と複合化状態の安定化に対するマイクロ波加熱の効果、および得られた種々の金属との複合化触媒の酸素還元触媒特性を報告した。

    その他リンク: https://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2022s/subject/1G06/advanced

  • Bi-Ru系パイロクロア型酸化物電極触媒の水電解特性

    岡﨑大樹,高瀬聡子,清水陽一

    2022年電気化学会 第89回大会  2022年03月  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    ルテニウムを含むパイロクロア型酸化物の水電解触媒活性を向上させるために金属の一部置換効果を検討した結果を報告した。

    その他リンク: https://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2022s/session/3K05-08/class

  • Li4Zn(PO4)2系リチウムイオン導電体の湿式合成と一部置換効果

    久我崇朗,高瀬聡子,清水陽一

    第60回セラミックス基礎科学討論会  2022年01月  日本セラミックス協会基礎科学部会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月08日 - 2022年01月09日   記述言語:日本語   国名:日本国  

    新規なリチウムイオン導電体を開発することを目的として亜鉛を含むリチウム塩の一部置換効果を検討したことを報告した。

    その他リンク: http://kiso60.umin.jp/program.html

  • Sn 系複合酸化物を用いた電気化学的炭酸ガス還元特性

    石橋直樹,高瀬聡子,清水陽一

    第60回セラミックス基礎科学討論会  2022年01月  日本セラミックス協会基礎科学部会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月08日 - 2022年01月09日   記述言語:日本語   国名:日本国  

    二酸化炭素の資源化に必要な還元触媒としてスズと亜鉛を含む逆スピネル酸化物を評価し、コバルトまたは銅で一部置換を行うことで、還元生成物の一酸化炭素選択性が向上したことを報告した。

    その他リンク: http://kiso60.umin.jp/program.html

  • 金属フタロシアニン系電荷移動錯体の酸素還元特性

    作野芳洸・高瀬聡子・清水陽一

    第62回電池討論会  2021年12月  電気化学会電池技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月30日 - 2021年12月02日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜ノース   国名:日本国  

     固体高分子形燃料電池用酸素還元触媒として、金属フタロシアニンの結晶を検討した。新規に開発した湿式合成法により様々な複合金属フタロシアニン結晶の合成に成功し、複合系の触媒が高い酸素還元触媒活性を示すことを報告した。

  • 二元機能酸素電極触媒としての複合金属炭化物

    和田匡司・高瀬聡子・清水陽一

    第62回電池討論会  2021年12月  電気化学会電池技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月30日 - 2021年12月02日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜ノース   国名:日本国  

    タングステンまたはモリブデンを含有する複合金属炭化物の合成と空気電池の2次電池化に必要な二元機能酸素電極触媒として評価した結果を発表した。モリブデンとコバルトの複合炭化物が高活性を示すことを報告した。

  • Li4Zn(PO4)2系リチウムイオン導電体の湿式合成と高性能化

    久我崇朗,高瀬聡子,清水陽一

    2021年度 公益社団法人日本セラミックス協会 九州支部秋季研究発表会  2021年11月  公益社団法人日本セラミックス協会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    新規なリチウムイオン導電体の合成法と特性について報告した

  • マンガン酸化物系ナノシートの湿式合成と酸素電極触媒特性

    山本恭寛,高瀬聡子,清水陽一

    2021年度 公益社団法人日本セラミックス協会 九州支部秋季研究発表会  2021年11月  公益社団法人日本セラミックス協会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    マンガン酸化物ナノシートと金属イオンの複合化を検討し、空気電池用空気極触媒として評価し、イットリウム複合系が高活性を示したことを報告した。

  • Bi系パイロクロア型酸化物の湿式合成と炭酸ガス還元触媒への応用

    石橋直樹,高瀬聡子,清水陽一

    2021年度 公益社団法人日本セラミックス協会 九州支部秋季研究発表会  2021年11月  公益社団法人日本セラミックス協会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    複合金属触媒の炭酸ガス還元に対する触媒活性を向上させる検討した結果を発表した

  • 複合金属フタロシアニン錯体の酸素還元触媒特性

    髙瀨聡子,安藤寿美、清水陽一

    第60回電池討論会  電気化学会電池技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月13日 - 2019年11月15日   記述言語:日本語   開催地:国立京都国際会館  

     固体高分子形燃料電池用酸素還元触媒として、金属フタロシアニン(MPc)系触媒を検討した。MPcの触媒特性は、活性点である中心金属種と中心金属間距離に依存して異なる1)。本研究では、中心金属種の複合化の影響を検討するために、MPcの有機系溶液を水溶液に滴下する湿式法により、MPcの複合積層体を作製し、酸素還元触媒特性を分極測定により評価を行った。

  • 複合金属フタロシアニンの炭酸ガス還元触媒活性

    高瀬聡子、有津拓、清水陽一

    2019年電気化学秋季大会  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月05日 - 2019年09月06日   記述言語:日本語   開催地:山梨大学  

     COは鉄鋼業などで還元剤として利用可能であるため、CO2のCOへの還元はCO2を資源化する方法として検討されている。本研究では、CO2還元触媒活性を持つ遷移金属フタロシアニン(MPc)に着目し、CO2還元触媒特性向上を目的として、MPcが自己形成する積層体を種々の中心金属を持つMPcを用いて金属複合化MPc触媒の作製とCO2還元特性の評価を行った。

  • Enhanced Metal-phthalocyanine Crystalline Phase for Oxygen Reduction Electrocatalyst

    Satoko Takase, Yuki Aoto, Daiki Ikeda and Youichi Shimizu

    6th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2018  Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月15日 - 2018年12月16日   記述言語:英語   開催地:Kyushu Institute of Technology  

    Practical proton conductive polymer electrolyte membrane fuel cells (PEMFC) require a highly active electrocatalyst for oxygen reduction reaction (ORR). We tried to align the MPc molecules through a selection of the crystallographic structures in MPc with a deposition at a hydrophilic-hydrophobic interface. In the two major crystallographic structures for MPcs, α phase (α-MPc) and β phase (β-MPc), MPc molecules are orderly arranged in parallel at a distance of 3.4 Å. The distances for central metals are 3.8Å in α-MPc and 4.8Å in β-MPc due to parallel shifts of the molecular plane.
    The catalytic performance of various α-MPc compared with β-MPc in an acid medium, and the influence of the crystallographic structures on the ORR properties is discussed.

  • ペロブスカイト系酸化物を用いた電流検出型センサのアニオ知特性

    森山実加子、篠田泰成、高瀬聡子、清水陽一

    第55回化学関連支部合同九州大会  8化学関連支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地: 北九州国際会議場  

  • マイクロ波処理を用いたNASICON型固体電解質の湿式合成

    中島一明,高瀬聡子,清水陽一

    第55 回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月12日 - 2017年01月13日   記述言語:日本語  

  • 界面析出法により作製した金属フタロシアニン触媒の酸素還元特性

    高瀬聡子,安藤寿美,清水 陽一

    第57 回電池討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月29日 - 2016年12月01日   記述言語:日本語   開催地:幕張メッセ 国際会議場  

  • 層状ペロブスカイト型酸化物を用いたインピーダンス検知型COセンサ

    山元信佑,高瀬聡子,清水陽一

    平成28年度日本セラミックス協会九州支部秋季合同研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月04日   記述言語:日本語  

  • インピーダンス検出型ガスセンサにおける固体電解質トランスデューサの影響

    坂井毅史,高瀬聡子,清水陽一

    公益社団法人日本セラミックス協会 第28回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:日本語  

  • Oxygen Reduction Properties of Structure-Controlled Metal Phthalocyanine Electrocatalysts in Acidic Condition

    Satoko Takase, Daiki Ikeda, Kotomi Ando, Youichi Shimizu

    第67回国際電気化学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年08月21日 - 2016年08月26日   記述言語:英語  

  • A Thick-film Impedancemetric Carbon Monoxide Sensor Using Layered Perovskite-type Oxide

    Youichi Shimizu, Shinyu Yamamoto, Satoko Takase

    第16回国債化学センサ会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月10日 - 2016年07月13日   記述言語:英語  

  • 遷移金属窒化物触媒の湿式合成と酸素電極特性

    下条慎,高瀬聡子,清水陽一

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 複合系金属フタロシアニン触媒のアルカリ溶液中での酸素還元特性

    藤田隆亮,高瀬聡子,清水陽一

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:日本語  

  • ハイドロソーダライトを用いた固体電解質インピーダンス検出型ガスセンサ

    弓場優也,高瀬聡子,清水陽一

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:日本語  

  • 金属フタロシアニン触媒の構造制御と酸性溶液中での酸素還元特性

    高瀬 聡子,脇田 英明,清水 陽一

    電気化学会第82回大会  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月15日 - 2015年03月17日   記述言語:日本語   開催地:横浜国立大学  

  • 金属オキソ酸塩/固体電解質デバイスのインピーダンスガス検知特性

    馬場 悠輔,高瀬 聡子,清水 陽一

    電気化学会第82回大会  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月15日 - 2015年03月17日   記述言語:日本語   開催地:横浜国立大学  

  • 固体電解質をトランスデューサとするインピーダンス検出型ガスセンサ

    坂井毅史,高瀬聡子,清水陽一

    第53回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月08日 - 2015年01月09日   記述言語:日本語   開催地:京都テルサ  

  • マイクロ波加熱法による固体電解質の湿式合成

    高瀬聡子,有馬正人,清水陽一

    第53回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月08日 - 2015年01月09日   記述言語:日本語   開催地:京都テルサ  

  • Cu系酸化物を用いたインピーダンス検出型センサのCOx応答特性

    山元信佑,高瀬聡子,清水陽一

    第53回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月08日 - 2015年01月09日   記述言語:日本語   開催地:京都テルサ  

  • パイロクロア型酸化物触媒の合成と電気化学的CO2還元特性

    森亜月,高瀬聡子,清水陽一

    平成26年度九州支部秋季合同研究発表会  セラミックス協会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月07日   記述言語:日本語   開催地:ウェルとばた  

  • ぺロブスカイト型酸化物をレセプタとする固体電解質インピーダンス型NOx センサ

    坂井毅史,中野晃,高瀬聡子,清水陽一

    平成26年度九州支部秋季合同研究発表会  セラミックス協会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月07日   記述言語:日本語   開催地:ウェルとばた  

  • マンガン酸化物系ナノ触媒の合成と酸素還元特性

    林健太郎,高瀬聡子,清水陽一

    2014年電気化学秋季大会  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月27日 - 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学  

  • 電気泳動法を用いた酸化物厚膜型イオンセンサ

    八並隆浩,高瀬聡子,清水陽一

    2014年電気化学秋季大会  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月27日 - 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学  

  • 遷移金属複合窒化物の合成と酸素還元触媒特性

    野元翔太郎,高瀬聡子,清水陽一

    2014年電気化学秋季大会  電気化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月27日 - 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学  

  • リチウムイオン導電体をトランスデュ-サとしたインピーダンス検出型NOXガスセンサ

    中野晃,高瀬聡子,清水陽一

    公益社団法人日本セラミックス協会 第27回秋季シンポジウム  公益社団法人日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月09日 - 2014年09月11日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学  

  • パイロクロア型酸化物をレセプタとする固体電解質インピーダンス型NOxセンサ

    中野晃,高瀬聡子,清水陽一

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語  

  • パイロクロア型酸化物系電極の炭酸ガス還元特性

    森亜月,高瀬聡子,清水陽一

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語  

  • ガス拡散型カーボン電極の微細構造制御と高電流密度化

    高瀬聡子,木本あゆみ,清水陽一

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語  

  • Ge系リチウムイオン導電性固体電解質の湿式合成

    下田隼人,高瀬聡子, 清水陽一

    第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月09日 - 2014年01月10日   記述言語:日本語   開催地:名古屋 ウインクあいち  

  • オキソ酸塩系レセプタを用いた固体電解質インピーダンス検出型ガスセンサ

    長谷川雄平・馬場悠輔・木島伸章・高瀬聡子・清水陽一

    第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月09日 - 2014年01月10日   記述言語:日本語   開催地:名古屋 ウインクあいち  

  • Wet-Chemical Preparation of Lithium Ionic Ceramic Thin-Films

    Satoko TAKASE, Chie KUBO, and Youichi SHIMIZU

    第30回日韓国際セラミックスセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月20日 - 2013年11月23日   記述言語:英語  

  • ガス拡散型カーボン電極の高次制御と高電流密度化

    髙瀨聡子、木本あゆみ、楠 雅貴、清水陽一

    2013年電気化学会季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月27日 - 2013年09月28日   記述言語:日本語  

  • 電気泳動析出法により作製したαフタロシアニンの酸素還元特性

    本人

    第48回電池討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月13日 - 2007年11月15日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

▼全件表示

講演

  • 水溶液を用いたNASICON型リチウムイオン導電体の薄膜合成

    公益社団法人日本セラミックス協会 第27回秋季シンポジウム  2014年09月  公益社団法人日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月09日 - 2014年09月11日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:鹿児島大学  

  • 電極触媒のための元素の配置

    トークシャワー・イン・九州2013  2013年09月  電気化学会九州支部

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

科研費獲得実績

  • 金属導電性を有する金属フタロシアニン積層体を実用的燃料電池のカソード触媒とする研究

    研究課題番号:26410207  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 燃料電池のカソード過電圧低下効果が高いαフタロシアニン触媒層の構築と耐久性の向上

    研究課題番号:20550126  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(C)

  • 燃料電池用電極触媒としての無置換フタロシアニン錯体α型積層膜の電気化学的作製

    研究課題番号:17750183  2005年04月 - 2007年03月   若手研究(B)

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   化学Ⅰ

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   化学Ⅰ

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   応用化学自由研究

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

    1年生の自由研究に対して研究の進行と発表準備に対して助言を行った。

  • 2019年度   応用化学自由研究

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2019年度   物理学・化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   化学実験

  • 2018年度   応用化学自由研究

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 公益社団法人電気化学会 電池技術委員会   第63回電池討論会実行委員会  

    2022年11月

  • 日本セラミックス協会九州支部   事務局  

    2019年04月 - 2021年03月

     詳細を見る

    支部の事務局の業務として、会計、総務、支部大会の企画開催を行っている。

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 工学女子シンポジウム2019

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    九州工業大学男女共同参画推進室  工学女子シンポジウム2019  百周年中村記念館  2019年10月05日

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 保護者, 社会人・一般

    男性が活躍するイメージの工学において、工学分野での活躍を目指して勉強する女子大学生と女子大学院生の発表を通して、中高生ならびに保護者にロールモデルの提示を行うことを目的としたシンポジウムを企画し実施した。、
    今年度は、工学系女性育成を大きな目的の一つとして学生の発表のブラッシュアップに力を入れた。

  • 建設業人材確保・育成事業の現地授業実施企業へのアドバイザー

    役割:運営参加・支援

    一般財団法人建設業振興基金  建設産業人材確保・育成推進協議会学校キャラバン  八幡高校  2021年11月01日 - 2021年11月02日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    高校生対象に「建設業人材確保・育成事業」の現地授業実施企業へのアドバイザーとして発表資料の添削を行った。

  • CO2リサイクルのための電極触媒

    役割:講師

    佐賀県新エネルギー産業課  再生可能エネルギー等イノベーション共創プラットフォーム研究分化会  オンライン  2020年09月10日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

    「オープンイノベーションを基軸に様々な分野の英知を結集させ、再生可能エネルギー等の研究開発や市場開拓を進めることで、佐賀県の関連産業創出を加速させる」プラットフォームであるセイレンでCO2の再資源化のための電気化学還元技術の課題と材料開発に関する講演を行った。

  • 触媒活性、表面制御等の研究動向等の講義及び意見交換

    役割:講師

    日本鉱業協会  九州工業大学戸畑キャンパス  2020年02月06日

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    来学した日本鉱業協会員である各鉱業事業の各社の方々に遷移金属を活性中心とする触媒のエネルギー分野への応用に関する講演および意見交換を行った。

  • 高校生ものづくり実戦事業における講師

    役割:講師, 実演

    名古屋市科学館  高校生ものづくり実戦事業  九州工業大学戸畑キャンパス  2019年12月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    実戦事業に参加している名古屋の高校生に水電解と触媒に関する講義を行い、水電解用触媒の評価実験を体験させた

  • 工学女子シンポジウム2018

    2018年10月20日

     詳細を見る

    対象: 高校生, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    男女の別なく幅広い対象者に工学を広める目的で工学系研究者と大学院生の講演を行うシンポジウムを企画し、開催した。高校生や、保護者、一般の方々に分かり易い講演であったと好評をいただいたこと、大学院生のスキルアップに効果が高かった。

  • 高校生燃料電池自動車プロジェクトの一環としての講義

    役割:講師

    名古屋市科学館  高校生燃料電池自動車プロジェクト  九州工業大学戸畑キャンパス  2018年07月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    各地で勉強しながら燃料電池自動車を作製するプロジェクトに参加する高校生に対して電池の触媒の必要性と作用機構に関する講義を行った。

  • 子供の原子も可能性は無限大

    2014年11月29日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学と女性研究者ネットワーク(ダブルキュービック)の共同主催による「第2回 女性研究者シンポジウム」で講演を行った。

  • 高校生燃料電池自動車プロジェクトにおける講師

    2014年08月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    名古屋市科学館主催の高校生燃料電池プロジェクトの一環として、高校生へ燃料電池触媒に関する特別授業を行った。

▼全件表示