2024/05/17 更新

モリグチ テツジ
森口 哲次
MORIGUCHI Tetsuji
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
093-884-3330
研究室FAX
093-884-3330
外部リンク

研究キーワード

  • 有機半導体

  • 発光化合物

  • 環境学

  • 炭化燃焼学

  • ランタノイド化合物

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 有機機能材料

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

▼全件表示

出身学校

  • 1990年03月   島根大学   理学部   化学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1992年03月   九州大学   総合理工学研究科   分子工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(工学)   1996年06月

学内職務経歴

  • 2018年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     准教授

論文

  • Design, Synthesis, Crystal Structure and Photophysical Properties of New Oxadiazole Extended Viologen Fluorophore 査読有り 国際誌

    Tetsuji Moriguchi, Masataka Okuyama, Venkataprasad Jalli

    Crystal Structure Theory and Applications ( Scientific Research Publishing Inc. )   2021 ( 10 )   27 - 37   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/csta.2021.102003

  • Design, Synthesis, Crystal Structure and Photoluminescence Properties of Four New Europium (III) Complexes with Fluorinated β-Diketone Ligand 査読有り 国際誌

    Tetsuji Moriguchi, Hiromasa Kawata, Venkataprasad Jalli

    Crystal Structure Theory and Applications ( Scientific Research Publishing Inc. )   2021 ( 10 )   1 - 13   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/csta.2021.101001

  • Synthesis, characterization and photophysical properties of two novel n-type semiconductor materials with trifluoromethyl and cyano groups 査読有り 国際誌

    Tetsuji Moriguchi, Daisuke Yakeya, Venkataprasad Jalli

    Journal of Molecular Structure ( Elsevier )   2019 ( 1185 )   403 - 409   2019年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2019.03.011

  • Synthesis of three new thiophene condensed pyrene derivatives, crystal structure and evaluation of their photophysical properties 査読有り

    Moriguchi T., Yakeya D., Tsuge A., Jalli V.

    Journal of Molecular Structure   1157   348 - 354   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V. Three new thiophene condensed fluorescent pyrene derivatives have been synthesized by a two-step process, via. Wittig reaction followed by iodine promoted photocyclization. These molecules have been characterized by1H NMR and EI-MS. Further, the molecular structures of 4a, 4b and 4c has been confirmed by single crystal X-ray diffraction analysis. The protons located in the fjord and cove-regions of molecules 4b and 4c showed downfield shifts of the protons. Molecule 4a crystallized under monoclinic system with space group P21/c, molecule 4b crystallized under monoclinic system with space group C2/c and the molecule 4c crystalized under triclinic system with space group P-1. Molecules 4a, 4b and 4c showed strong absorption maxima wavelengths at 305, 358 and 330 nm, respectively. The molar extinctinction coefficients (ε) of the compounds 4a, 4b and 4c indicated molecule 4c has better ability to absorb UV light, molecule 4b has better fluorescence intensity than molecule 4a and 4c.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2017.12.081

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85039413823&origin=inward

  • On-off switching of gel formation by red-ox reaction 査読有り

    Yakeya D., Moriguchi T., Tsuge A.

    Tetrahedron Letters   59 ( 8 )   712 - 714   2018年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Elsevier Ltd Organogelator candidates which consist of the ferrocene unit have been prepared. It has been suggested that two amino acid residues in the structure are necessary to form a stable organogel. Addition of an oxidizing agent such as NaClO induces the collapse of the gel, and reproduction of the gel was observed by addition of a reducing agent such as glutathione. It has been found out that the on-off switching of gel formation can be achieved by red-ox reaction.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2018.01.013

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85041186633&origin=inward

  • Synthesis, crystal structure and photo physical properties of isomeric fluorinated s-shaped polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives 査読有り

    Moriguchi T., Tabuchi D., Yakeya D., Tsuge A., Jalli V., Yoza K.

    Journal of Molecular Structure   1152   37 - 43   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V. Two s-shaped fluorinated isomeric polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives have been synthesized by a two step process using the Wittig, Heck and iodine promoted cyclization reactions. These cyclized compounds were characterized by1H NMR and EI-MS. Further, absolute configurations of isomeric 4a and 4b were determined by X-ray diffraction analysis. Compound 4a crystallized under monoclinic system with space group P21/c and compound 4b crystallized under monoclinic system with space group Cc. They have good solubility in common organic solvents such as dichloromethane, chloroform and THF. Photophysical properties of 4a and 4b were evaluated by using UV–Visible and Fluorescence spectrophotometer. Compounds 4a and 4b showed strong absorption maximum wavelength at 317 nm. The emission spectra of 4a and 4b displayed sharp peaks in the visible region from 417 to 441 nm. The shape of the UV–Visible and Fluorescence spectra of 4a and 4b looks almost identical. But compound 4a exhibited better fluorescence intensity than compound 4b. This difference may be due to the difference in the configuration of compounds 4a and 4b.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2017.09.057

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85029833288&origin=inward

  • Synthesis of two novels-shaped dibenzo[c,l] chrysene derivatives, crystal structure, and the evaluation of their photophysical properties 査読有り

    Moriguchi T., Tabuchi D., Yakeya D., Tsuge A., Jalli V.

    Crystals   7 ( 8 )   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Two s-shaped polyaromatic dibenzo[c,l]chrysene derivatives have been synthesized by a two-step process, via. The Wittig reaction, followed by iodine, promoted photocyclization. These molecules have been characterized by 1 H NMR, FAB-MS, and elemental analysis. Further, the molecular structures of 4a and 4b have been confirmed by single crystal X-ray diffraction analysis. The protons located in the cove-regions of molecules 4a and 4b showed downfield shifts of the protons. Molecule 4a crystallized under the monoclinic system with space group C2/c, and the molecule 4b crystallized under the monoclinic system with space group P2 1 /n. Molecules 4a and 4b showed strong absorption maxima wavelengths at 310 nm and 324 nm, respectively. The molar extinctinction coefficients (ε) of the compounds 4a and 4b indicated that molecule 4b has a better ability to absorb UV light than molecule 4a. The emission spectra of the molecules 4a and 4b displayed peaks in the region 429–456 nm. The shape of the UV-Visible and Fluorescence spectra of the molecules 4a and 4b look almost identical. However, molecule 4b exhibited better fluorescence intensity than molecule 4a. This may be due to the difference in the substituents of molecules 4a and 4b.

    DOI: 10.3390/cryst7080251

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85027101401&origin=inward

  • Design and properties of glutamic acid-based coumarin derivatives as organogelators 査読有り

    Yakeya D., Kitou N., Kinugawa S., Moriguchi T., Tsuge A.

    Tetrahedron   73 ( 27-28 )   3973 - 3978   2017年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Two kinds of glutamaic acid-based coumarin derivatives show a quite different trend against gelation in organic solvents in terms of inter- or intramolecular hydrogen bonds involved. It has been found out that addition of the valinate structure into the coumarine derivative could improve its gelation ability.

    DOI: 10.1016/j.tet.2017.05.074

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85019698395&origin=inward

  • The syntheses, crystal structure and luminescence properties of cone-like octadentate europium (III) complexes with four short alkoxy substituents 査読有り

    Moriguchi T., Hirosaki S., Jalli V., Tsuge A., Yoza K.

    Crystals   7 ( 3 )   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Treatment of 1-(4′-methoxy or ethoxy phenyl)-4,4,4-trifluoro-1,3-butanedione with europium (III) chloride in the presence of piperidine resulted in the halide ligands exchange yielded new piperidinium tetrakis{1-(4′-methoxy or ethoxy phenyl)-4,4,4-trifluoro-1,3-butanedionato} europate (III) complexes 2a and 2b. Complexes 2a and 2b have been characterized by elemental analysis, 1 H NMR spectroscopy, and FAB-MS, and their absolute structures were determined by single crystal X-ray diffraction analysis. The complexes 2a and 2b have the monoclinic space groups C2/c (No. 15, 4′-substituent = OCH 3 ) and with P − 1 (No. 2, 4′-substituent = OC 2 H 5 ), respectively. X-ray analysis results showed that eight coordinate structures of the complexes 2a and 2b have conelike structures, like calix[4]arenes, but their structures were slightly different due to the crystal packing and the existence of the solvent molecule. The complexes 2a and 2b exhibited identical, strong photoluminescence emissions in the solution phase.

    DOI: 10.3390/cryst7030085

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85015314579&origin=inward

  • Synthesis, characterization and air stable semiconductor properties of thiophene-condensed pyrene derivatives 査読有り

    Moriguchi T., Higashi M., Yakeya D., Jalli V., Tsuge A., Okauchi T., Nagamatsu S., Takashima W.

    Journal of Molecular Structure   1127   413 - 418   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Elsevier B.V. New and simple polyaromatic compounds containing two thiophene rings were prepared via photo-cyclization and their structural and photophysical properties were evaluated via 1 H NMR spectroscopy and X-ray crystallographic analysis. On the basis of X-ray analysis, it was determined that the molecular structure of the compound was highly strained and that they contain two hetero [4] helicene moieties. The compounds were investigated as active layer in p-type organic field-effect transistors (p-OFET) in top contact type devices. Notably, the compound containing two thiophene components exhibited very stable p-type semiconducting behavior in moist air.

    DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.07.104

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84982811017&origin=inward

  • 2,5-Bis(3,4-dimethoxyphenyl)-1,3,4-oxadiazole 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Ryota Kamoto, Venkataprasad Jalli, Akihiko Tsuge

    IUCr DATA   1   x160167 - x160167   2016年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S241431461600167X

  • One-pot four component synthesis of novel 3-furyl coumarin derivatives 査読有り

    VENKATA PRASAD JALLI, SUVRATHA KRISHNAMURTHY, TETSUJI MORIGUCHI,AKIHIKO TSUGE

    Journal of Chemical Sciences   128 ( 2 )   217 - 226   2016年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s12039-015-1014-8

    Scopus

  • Efficient synthesis of novel pyrrolo[2,3-c]pyridone derivatives using the Ugi four-component reaction followed by condensation reaction 査読有り

    VenkataPrasad J., Krishnamurthy S., Moriguchi T., Tsuge A.

    New Journal of Chemistry   41 ( 1 )   97 - 107   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © The Royal Society of Chemistry and the Centre National de la Recherche Scientifique. An efficient, mild and multicomponent synthesis of novel heterocyclic compounds possessing the pyrrolo[2,3-c]pyridone backbone was achieved using the Ugi four-component reaction and post-condensation of the Ugi adduct. This method offers many advantages, such as an easy handling procedure, atom economy, short reaction time, and a huge molecular library that can be synthesized by changing the substituents on the four independent starting materials. This methodology was also successfully employed for the electron deficient anilines and phenyl glyoxylic acids having CF 3 group. All the products were characterized using NMR ( 1 H and 13 C) spectroscopy and FAB mass spectrometry. Product 6g was further characterized by X-ray diffraction analysis.

    DOI: 10.1039/C6NJ02569B

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85007197688&origin=inward

  • 3,5,7-Triacetoxy-2-(3,4-diacetoxyphenyl)-4H-1-benzopyran-4-one 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Kozue Sakao, De-Xing Hou, Kenji Yoza

    IUCr DATA   1   x160028 - x160028   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2414314616000286

  • syn-6,15-Dihydroxy-2,11-dithia[3.3]metacyclophane ethyl acetate monosolvate 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Daisuke Miyamoto, Ventakaprasad Jalli, Kenji Yoza, Akihiko Tsuge

    IUCr DATA   1   x160082 - x160082   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2414314616000821

  • Organogelators based on metacyclophane skeleton having urea units in the bridge 査読有り

    Tsuge A., Fujiwara T., Yakeya D., Kawasaki H., Moriguchi T., Araki K.

    Tetrahedron   71 ( 50 )   9429 - 9432   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2015 Elsevier Ltd.All rights reserved. Metacyclophanes having the urea units in their bridge have been prepared. It has been found out that some of them afford stable organogels in some solvents. It was also observed that addition of fluoride anion broke DMSO gel, and then this gel was formed again by addition of MeOH.

    DOI: 10.1016/j.tet.2015.10.056

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84946760978&origin=inward

  • Crystal structure of ethyl 2-(2-{1-[N-(4-bromophenyl)-2-oxo-2-phenylacetamido]-2-tert -butylamino-2-oxoethyl}-1H-pyrrol-1-yl)acetate 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, AkihikoTsuge, Kenji Yoza

    Acta Crystallographica Section E   E71   o1049 - o1050   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2056989015023592

  • Crystal structure of 3,4-dimethyl 2-(tert -butylamino)-5-[2-oxo-4-(thiomorpholin-4-yl)-2Hchromen-3-yl]furan-3,4-dicarboxylate ethyl acetate hemisolvate 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, AkihikoTsuge and Kenji Yoza

    Acta Crystallographica Section E   E71   o1003 - o1004   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1107/S2056989015021970

    Scopus

  • SYNTHESIS OF NOVEL SPIRO[INDOL-2,20-PYRROLES] 査読有り

    Venkataprasad Jalli, Suvratha Krishnamurthy, Hiroyoshi Kawasaki, Tetsuji Moriguchi, and Akihiko Tsuge

    Synthetic Communications   45   2216 - 2226   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1080/00397911.2015.1071396

  • Crystal structure of (1R,4R)-tert-butyl 3-oxo-2-oxa-5-azabicyclo[2.2.2]octane-5-carboxylate 査読有り

    Krishnamurthy S., Jalli V., Vagvala T., Moriguchi T., Tsuge A.

    Acta Crystallographica Section E: Crystallographic Communications   71 ( 7 )   o449 - o450   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the title compound, C 11 H 17 NO 4 , commonly known as Ntert-butoxycarbonyl-5-hydroxy-D-pipecolic acid lactone, the absolute configuration is (1R,4R) due to the enantiomeric purity of the starting material which remains unchanged during the course of the reaction. In the crystal there no intermolecular hydrogen bonds.

    DOI: 10.1107/S2056989015010476

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84978120243&origin=inward

  • Crystal structure of benzyl 3-oxo-2-oxa- 5-azabicyclo[2.2.1]heptane-5-carboxylate 査読有り

    Krishnamurthy S., Jalli V., Vagvala T., Moriguchi T., Tsuge A.

    Acta Crystallographica Section E: Crystallographic Communications   71 ( 7 )   o447 - o448   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The title compound, C1 3 H 13 NO 4 (also known as N-benzyloxycarbonyl- 4-hydroxy-l-proline lactone), crystallizes with two molecules in the asymmetric unit. They have slightly different conformations: the fused ring systems almost overlap, but different C-O-C-C torsion angles for the central chains of -155.5 (2) and -178.6 (2)° lead to different twists for the terminal benzene ring. In the crystal, the molecules are linked by C-H⋯O interactions, generating a three-dimensional network. The absolute structure was established based on an unchanging chiral centre in the synthesis.

    DOI: 10.1107/S2056989015010464

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84978141409&origin=inward

  • Preparation and structural properties of highly twisted polycyclic aromatic 査読有り

    Tetsuji Moriguchi, Naoya Kitou, Takuya Iwamoto, Kenji Yoza and Akihiko Tsuge

    Journal of Chemical Research   39   351 - 356   2015年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3184/174751915X14329171309884

    Scopus

  • α-Chymotrypsin and l-acylase aided synthesis of 5-hydroxypipecolic acid via Jacobsen's hydrolytic kinetic resolution of epoxy amino acids 査読有り

    Krishnamurthy S., Venkataprasad J., Chand Vagvala T., Moriguchi T., Tsuge A.

    RSC Advances   5 ( 64 )   52154 - 52160   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © The Royal Society of Chemistry. Diethyl malonate derivatives were used to synthesize racemic 2-amino-5-hexenoic acid. These racemic 2-amino-5-hexenoic acid (homoallylyglycine) derivatives were efficiently resolved aided by α-chymotrypsin or l-acylase, giving rise to l- and d-enantiomers. These isolated enantiomerically pure amino acids with tert-butoxycarbonyl (Boc) protection were oxidised with 3-chloroperbenzoic acid. The oxidation gave rise to inseparable diastereomeric epoxides due to a newly generated chiral center at the C < sup > 5 < /sup > carbon. The isolation of one of the diastereomeric epoxides was possible by selectively converting the remaining diastereomer into a dihydroxyl compound catalysed by Jacobsen's hydrolytic kinetic resolution (HKR). The isolated epoxide was regioselectively attacked by LiBr to give vicinal halohydrin, with bromide attacking the terminal C < sup > 6 < /sup > carbon. Boc deprotection of the halohydrin led to intramolecular cyclization by attack of free amine at the C < sup > 6 < /sup > carbon, generating a single isomer of 5-hydroxypipecolic acid which was effortlessly recovered in good yield after re-protection of the amine with the Boc group. Similarly the dihydroxyl compound isolated earlier was converted to a halohydrin with iodine at the C < sup > 6 < /sup > carbon. This was feasible by efficient regioselective mono-tosylation with catalytic Bu < inf > 2 < /inf > SnO followed by iodine substitution. This was utilized to synthesize the 5-hydroxypipecolic acid derivative in the same described sequence consisting of Boc removal by acid treatment, cyclization, reprotection and purification. Finally the same sequence was repeated with the d-isomer and two diastereomers were isolated.

    DOI: 10.1039/c5ra09207h

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84934987084&origin=inward

  • Long-term air-stable n-channel organic thin-film transistors using 2,5-difluoro-1,4-phenylene-bis{2-[4-(trifluoromethyl)phenyl]acrylonitrile} 査読有り

    Nagamatsu S., Oku S., Kuramoto K., Moriguchi T., Takashima W., Okauchi T., Hayase S.

    ACS Applied Materials and Interfaces   6 ( 6 )   3847 - 3852   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A long-term air-stable n-type organic semiconductor, 2,5-difluoro-1,4- phenylene-bis{2-[4-(trifluoromethyl)phenyl]acrylonitrile}, was synthesized by a high-yield simple procedure of Knoevenagel condensation with aldehyde and acetonitrile derivatives. A fabricated organic thin-film transistor (OTFT) using this compound exhibited good n-channel OTFT properties with a high electron mobility of 0.17 cm 2 V -1 s -1 and an on/off current ratio of 10 6 under both vacuum and ambient air operation. After storage in ambient air for 1 year, a stored n-channel OTFT still shows good n-channel OTFT performance with little degradation in ambient air operation. © 2014 American Chemical Society.

    DOI: 10.1021/am404549e

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84896964237&origin=inward

  • Regulation of dynamic structure of cyclophanes by their complexation with the porphyrin 査読有り

    Akihiko Tsuge,Masahiro yokoo,Hiroyoshi Kawasaki,Daisaku Kaneko,Tetsuji Moriguchi,Koji Araki

    Tetrahedron Letters   54   6181 - 6184   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.08.116

    Kyutacar

    Scopus

  • Formation of Luminescent Organogels from the Europium-based Complexes 査読有り

    Akihiko Tsuge, Daisuke Yakeya,Daisaku Kaneko,Tetsuji Moriguchi,Kouji Araki

    Chemistry Letters   42 ( 3 )   263 - 265   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Photoemission study on double-decker type bis(phthalocyaninato)tin(IV) and its complexes 査読有り

    Honda T., Ohya Y., Sumimoto M., Moriguchi T., Hori K., Fujimoto H.

    Chemical Physics   407   110 - 114   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Ultraviolet photoelectron spectroscopy (UPS) has been applied to investigate the valence electronic structures of the double-decker type phthalocyanine compound, bis(phthalocyaninato)tin(IV) (SnPc 2 ). The binding energies of spectral features were precisely determined and compared to those of tin(II) and lanthanide compounds. Two peaks were observed at 5.1 1 and 6.0 4 eV in the lower binding energy region, which corresponded to the molecular orbitals generated by the anti-bonding and bonding interactions between the orbitals of the two phthalocyanine rings, respectively. It is worthy to note that the ionization threshold of SnPc 2 is remarkably small as compared to other phthalocyanine compounds, implying ease of oxidation. Actually, oxidized forms of SnPc 2 were easily obtained by both chemical and electrochemical reactions, and their electronic structures were discussed in comparison with that of SnPc 2 and with the recent results of the density functional theory calculations. © 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.chemphys.2012.09.015

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84868210229&origin=inward

  • Conformational Regulation of Cyclophanes by Formation of Pseudorotaxane Based on a Charage-transfer Complex 査読有り

    Akihiko Tsuge,Katsuji Nakamura,Tetsuji Moriguchi,Kouji Araki

    Chemistry Letters   41 ( 9 )   880 - 882   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1246/cl.2012.880

    Scopus

    CiNii Article

  • Preparation of syn and anti cyclophanes having oligothiophene units and their spectral properties. 査読有り

    Akihiko Tsuge,Takeshi Hara,Tetsuji Moriguchi

    Tetrahedron Letters   50   4509 - 4511   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation,Structure, and Spectral Properties of Cyclophane Consisting of Oligothiphene Units 査読有り

    Akihiko Tsuge,Takeshi Hara,Tetsuji Moriguchi,Minoru Yamaji

    Chemistry Letters   37 ( 8 )   870 - 871   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Spectral Properties and Charge-Transfer Complexes of the Cyclophanes Having the pyrene Moiety 査読有り

    Akihiko Tsuge,Yukihiro Ikeura,Tetsuji Moriguchi,Minoru Yamaji

    Chemistry Letters   36 ( 8 )   1016 - 1017   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Structure and Conformational Properties of Three-layered Cyclophanes prepared by One-pot Synthesis 査読有り

    Akihiko Tsuge,Takahiro Okamoto,Tetsuji Moriguchi

    J.Chem.Res.   2007 ( 7 )   429 - 431   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photochemical and Host-Guest Properties of Novel Europium Complexes 査読有り

    森口哲次,和田佳子,豊瀬泰司,柘植顕彦

    Proceedings of 16th International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Sweden   Upsala   2006年07月03日  -  2006年07月07日

  • Self Assembled Coordination Cage Derived from Small-Sized Pyridinophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Ayumi Matsubara,Tetsuji Moriguchi,Yoshihisa Sei,Kentaro Yamaguchi

    Tetrahedron Letters   47   6607 - 6609   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthese,Structural Properties, and Charge Transfer Complexesof Pyrenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Waka Megumi Otsuka,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Org. Biomol. Chem.   19   3590 - 3593   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Photochemical Properties of Novel Europium Complexes 査読有り

    森口哲次,柘植顕彦,早瀬修二

    Proceedings of 15th International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   2004年07月02日  -  2004年07月09日

  • Preparation and Molecular Arrangement of Novel Anthracenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Waka Iwasaki,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Sakata

    Chem.Lett.   2004   756 - 757   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Stractural Properties of Thiametacyclophanes having Pyridine Rings 査読有り

    Tetsuji Moriguchi,Kanako Kamada,Akihiko Tsuge,Kazunori Sakata

    J.Chem.Res.   2004   165 - 169   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation and Structural Properties of Novel Fluorenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Hideaki Nishimoto,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Skata

    Chem.Lett.   2003   776 - 777   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparationb and Photochemical Properties of Novel Lanthanide(III) Complexes 査読有り

    森口哲次,鷹野秀樹,柘植顕彦

    Proceedings of 2002 IAMS International Symposium on Preparation of New Materials for LC and EL Display on Institute of Advanced Material Study, Kyushu University, Kasuga(2002)   71 - 74   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    春日市   2002年09月22日  -  2002年09月23日

  • Preparation and Molecular Arrangement of Novel Pyrenophanes 査読有り

    Akihiko Tsuge,Yuuji Tanba,Tetsuji Moriguchi,Kazunori Skata

    Chem.Lett.   2002   384 - 385   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Intra- and Intermolecular Interactions in Dithiametacyclophane Systems 査読有り

    柘植顕彦,森口哲次

    Proceeding of The 10th International Symposium on Novel Aromatics   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   サンディエゴ   2001年07月20日  -  2001年07月25日

  • Syntheses and structures of dichloropalladium(II)(dithia[3. 3]dipyridinophane)and dichloroplatinum(II)(dithia[3. 3]dipyridinophane)complexes. 査読有り

    未入力

    Polyhedron   20 ( 18 )   2315 - 2320   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Conformational Properties and Intramolecular Weak Interactions in Substituted Dithia[3. 3]metacyclophanes 査読有り

    未入力

    Chem. Lett.   586 - 587   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis and electrochemical properties of bis([2. 2]metacyclop0hane)bipyridinium 査読有り

    未入力

    J. Chem. Res.(S)   250 - 252   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Inter-and Intramolecular Interaction in Substituteddithia[3. 3]metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Soc., Perkin Trans.   2 ( 6 )   934 - 938   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Preparation, conformation, and reactivities of metacyclophanes consisting of three aromatic rings 査読有り

    井上恵,森口哲次,柘植顕彦

    Proceeding of International Chemical Congress of Pacific Basin Socieries   458 - 458   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   ホノルル   2000年12月15日  -  2000年12月19日

  • Preparation, Conformation and Reaction of Medium-sized[1. n. n]Metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    Chem. Lett.   948 - 949   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Preparation and Characterization of Five-Coordinate Zinc(II)Complexes of H2tmtaa, (An(tmtaa)L[L=PPh3, OPPh3 and CH3CN])and Crystal Structure of Zn(tmtaa)OPPh<sub>3</sub>. 査読有り

    未入力

    Synth. React. Inorg. Met.-Org. Chem.   30 ( 1 )   73 - 87   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Syntheses, spectroscopic properties and X-ray crystal structures of tris(tfacametacyclophane)(bpy)europium(III)and piperidinium tetrakis(ptolutfacac)europate(III)complexes. 査読有り

    未入力

    Polyhedron   19 ( 7 )   785 - 790   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis and Properties of Metacyclophanes Consisting of Three Aromatic Rings 査読有り

    井上恵,森口哲次,柘植顕彦

    Proceedings of 1999 IAMS International Seminar on New Reactions and Novel Structures on Institute of Advanced Material Study   145 - 146   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    春日市   1999年12月02日  -  1999年12月03日

  • Synthesis and Conformational Properties of 1,8-Bridged fluorenophanes 査読有り

    灘良輔,森口哲次,柘植顕彦

    Proceedings of 1999 IAMS International Seminar on New Reactions and Novel Structures on Institute of Advanced Material Study   137 - 142   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    春日市   1999年12月02日  -  1999年12月03日

  • Preparation and Characterization of Dithia[3.3]meta-cyclophanes 査読有り

    森口哲次,柘植顕彦

    Proceedings of 1999 IAMS International Seminar on New Reactions and Novel Structures on Institute of Advanced Material Study   39 - 42   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    春日市   1999年12月02日  -  1999年12月03日

  • Preparation and Conformational Properties of Novel Fluorenophanes 査読有り

    柘植顕彦,森口哲次,灘良輔,野口雄二

    Proceedings of 9th International Symposium on Tohwa University   203 - 206   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    福岡市   1999年11月09日  -  1999年11月10日

  • Inter- and Intramolecular Weak Inbteraction in Dithia[3.3]meta-cyclophanes 査読有り

    森口哲次,柘植顕彦

    Proceedings of 9th International Symposium on Tohwa University   99 - 102   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    福岡市   1999年11月09日  -  1999年11月10日

  • Transannular Interactions and Reactions of Dithia[3. 3]metacyclophanediazonium Salt. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Res.(S), J. Chem. Res.(M)   604 - 605 2601-2   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Diene Transmissive Hetero Diels-Alder Reaction of 1, 5-Diphenyl-1, 4-pentadiene-3-one. 査読有り

    未入力

    Heterocycles   50   661 - 666   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis of Small-Sized Stilbenophanes and Their Transannular Delocalization. 査読有り

    未入力

    J. Org. Chem.   64   7246 - 7248   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Evaluation of Transannular Interaction of[2. 3]Metacyclophane-diazonium Tetrafluoroborate and its Dediazoniated Derivatives. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Res.(S), J. Chem. Res.(M)   78 - 79 437-448   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Conformational and Intramolecular Hydrogen-Bonding Properties of Substituted Dithia[3. 3]metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    Chem. Lett.   167 - 168   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Preparation and Conformational Properties of 1, 8-Bridged Fluorenophanes. 査読有り

    未入力

    Chem, Lett   603 - 604   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Immobilization of a Water-Soluble Host Molecule by Polyion Complexation with a Polymer. 査読有り

    未入力

    Aust. J. Chem.   51   1175 - 1178   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Preparation and spectroscopic properties of five 7, 16-bis(azophenyl)tetraaza-[14]annulene nickel(II)complexes. 査読有り

    未入力

    Inorganica Chimica Acta   281   190 - 194   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Estimation of Through-space Interaction between Two Aromatic Rings in Metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    The Reports of Institute of Advanced Material Study, Kyushu University   11   153 - 158   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Evaluation of Transannular Interaction in[2. 3]Metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    Chem. Lett.   413 - 414   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis of Water-soluble Diaza-1, 2, 5-Thiadiazolocyclophanes. 査読有り

    未入力

    Heterocyles   46   651 - 658   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Evaluation of Transannular Interaction of 5-Substituted[2. 2]metacyclophanes Carrying Diazonio Group on their Outer Position. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Soc., Perkin Trans.   2   2141 - 2144   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis and Structure of Novel 1, 8-Bridged Fluorenophanes. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Res.   168 - 169   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis, Conformation, and Reactivity of Ethylene-Bridged[1. 2. 2]Metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    Chem. Lett.   425 - 426   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • A Facile Synthesis of Dinitro[2. 2]metacyclophanes and its Partial Reduction. 査読有り

    未入力

    Liebigs Ann.   769 - 771   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Preparation and Spectral Properties of Disubstituted[2. 2]Metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    J. Org. Chem.   60   4930 - 4931   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • [n. 2]Metacyclophanediquinones : Synthesis, Conformational Studies and Reduction to Tetrahydroxy[n. 2]metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    Liebigs Ann.   995 - 1001   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Unusual Balz-Schiemenn Reaction of[2. 2]Metacyckophanediazonium salts. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Res.   460 - 461   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Thiacalixarenes. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Res.   22 - 23   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • The Stability Constants for the 18-Crown-6 complexes with[2. 2]Metacyclophanediazonium Salts. 査読有り

    未入力

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   67   277 - 279   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Fluorescence Spectra and Coloration of a Europium(III)Hexaaza Macrocyclic Complex in Various Solvents. 査読有り

    未入力

    Polyhedron   13   159 - 161   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Evaluation of Through-Space Interaction in[2. 2]Metacyclophanes by Diazo Coupling Reaction. 査読有り

    未入力

    J. Chem. Soc. Perkin Trans.   1   2211 - 2215   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Facile Synthesis of 1, 8-and 1, 7-Bis(chloromethyl)fluorenes. 査読有り

    未入力

    Synthesis   205 - 206   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Diazo Coupling of[2. 2]Metacyclophanes. 査読有り

    未入力

    Chem. Lett.   579 - 582   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Nitration and Bromination of 8, 16-Dimethoxy[2. 2]metacyclophane. 査読有り

    未入力

    Chem. Express   7   469 - 472   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • シアノエチレン系n型有機半導体化合物の合成とその安定性評価

    木登直弥,森口哲次、柘植顕彦

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • Synthesis of novel Spiro [indole-pyrazoles] using isocyanide based multi component reaction.

    Jalli Venkataprasad,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:英語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • グルタミン酸骨格を基盤としたπ系ゲル化剤の合成とその特性有する化合物のゲル化挙動

    笹川知里,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス  

  • ピレンを環成分とするシクロファン型ゲル化剤に関する研究

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • グルタミン酸骨格を基盤とした種々の有機ゲル化剤の合成とその特性に関する研究

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 長鎖アルキル基を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン構造の特性評価

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 架橋部に水素結合部位を導入したシクロファン類のゲル化挙動

    応用化学科

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 架橋部に水素結合部位を導入したシクロファン類のゲル化挙動

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 植物由来接着性高分子の分子量制御による粘着接着特性転移の制御

    黒田一真,王思乾、金子大作、森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • シクロファン型ロタキサン類の構造特性評価に関する研究

    岩本拓也,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • クマリン骨格を有するゲル化剤の合成とそのゲル化特性

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • ピレンを環成分とするシクロファン型ゲル化剤に関する研究

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • クマリン骨格を有するゲル化剤の合成とその発光ゲル化剤としての特性に関する研究

    木登直弥,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 長鎖アルキル基を有するシクロファン類の合成とそのロタキサン構造の特性評価

    岩本拓也,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 架橋部に水素結合部位を有するシクロファン類の合成とそれらのゲル化特性

    藤原続道,森口哲次、荒木孝司、柘植顕彦

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月27日 - 2014年03月30日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • アミノ酸骨格を有する赤色発光型ユーロピウム錯体のゲル化挙動に関する研究

    池田脩,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第7回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月13日 - 2013年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高崎ビューホテル  

  • ピリジン部位と亜鉛ポルフィリンの配位を利用したピリジノファン類の動的構造制御

    応用化学科

    第7回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月13日 - 2013年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高崎ビューホテル  

  • ゲル化能を有する赤色発光型ユーロピウム錯体の構築とその特性

    池田脩,森口哲次,荒木孝司,柘植顕彦

    第50回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 無機物表面に親和性を有する強赤色発行Eu錯体の合成と評価

    応用化学科

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日 - 2013年03月25日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス  

  • ピレンを環成分とするシクロファン類の合成とその構造特性

    物質工学科

    第5回有機π電子系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月25日 - 2011年11月26日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • シクロファン骨格を基盤としたポルフィリン類の合成と構造特性

    第86日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • シクロファン骨格を基盤としたポルフィリン類の合成とその特性

    2005年日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 新規縮環芳香族化合物の合成とその光化学的特性

    2005年日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月29日   記述言語:日本語  

  • π共役延伸配位子を含む新規ランタノイド金属錯体の合成及びその発光特性に関する研究

    第86日本化学会春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月27日   記述言語:日本語   開催地:日本  

▼全件表示

工業所有権

  • 廃油の再生方法及びその方法に用いられる吸着材

    森口哲次、芹生功、尾迫修二

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-44935  出願日:2017年03月09日

    公開番号:特開2018-145372  公開日:2018年09月20日

    登録番号:特許第6840325号  登録日:2021年02月19日

  • バイオディーゼル燃料の製造方法及び脱炭酸触媒並びにバイオディーゼル燃料の製造に用いられた脱炭酸触媒の再生方法

    森口哲次

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-171625  出願日:2016年09月02日

    公開番号:特開2018-35311  公開日:2018年03月08日

    登録番号:特許第6765101号  登録日:2020年09月17日

報道関係

  • 関東異分野新連携事業

    森口哲次

    山梨日日新聞  2009年03月05日

     詳細を見る

    竹林伐採,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

  • 竹炭燃料で温水システム 温泉・農家向け

    森口哲次

    日経新聞NET  2009年03月02日

     詳細を見る

    竹林伐採,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

  • 森林再生事業始まる「玉名市」

    森口哲次

    熊本日日新聞  2005年06月10日

     詳細を見る

    竹林伐採,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

  • エコ炭化炉

    毎日新聞

    毎日新聞  2004年04月03日

     詳細を見る

    松くい虫防除,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

  • 緊急フォーラム「秋田の松を守れ」

    秋田魁新報社

    材料新聞  2004年03月05日

     詳細を見る

    松くい虫防除,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

  • 松くい虫防除へ連携

    秋田魁新報社

    秋田さきがけ  2004年02月26日

     詳細を見る

    松くい虫防除,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

  • 松くい虫対策へNPO設立

    秋田ランドアート

    世界日報  2004年02月25日

     詳細を見る

    松くい虫防除,森林再生,炭素循環,バイオマス資源

▼全件表示

学術関係受賞

  • 電気科学技術奨励賞

    電気科学技術奨励会   電気絶縁油リサイクル技術の開発   2021年11月24日

    九州工業大学 森口哲次 芹生功 キューヘン 尾迫修二 井上暁史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    廃絶縁油を環境負荷極小な技術で再生可能とした。

  • 令和5年度福岡県循環型社会形成推進功労者知事表彰

    福岡県庁   電気絶縁油リの再生方法   2023年06月02日

    九州工業大学 森口哲次 芹生功 キューヘン 尾迫修二 井上暁史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    九工大と共同研究で開発した廃絶縁油再生方法を事業化し。SDGsやCO2削減に貢献した。

科研費獲得実績

  • 新規な工業潤滑油用劣化認識蛍光添加剤の創成

    研究課題番号:20550169  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(C)

  • 高輝度発光安定錯体部位を有する新規DNA及び蛋白結合錯体群の合成と機能性

    研究課題番号:17750131  2005年04月 - 2007年03月   若手研究(B)

  • 新規半球状複素環芳香族化合物の合成と機能性評価

    研究課題番号:13750789  2001年04月 - 2003年03月   奨励研究(A)→若手研究(B)

その他競争的資金獲得実績

  • 鋼材メッキの新規且つ簡便な剥離回収技術の開発と剥離金属材の再利用

    2015年04月 - 2017年03月

    北九州市環境局未来助成実証研究  

  • 大型タイヤの製造工程廃棄物であるスチール未加硫ゴム接着物の大規模分離実証試験と分離後未加硫ゴム再利用法の開発

    2013年04月 - 2015年03月

    北九州市環境局未来助成実証研究  

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   錯体化学特論

  • 2023年度   応用化学自由研究

  • 2023年度   有機工業化学

  • 2023年度   化学Ⅰ

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   物理学・化学実験

  • 2023年度   工学概論B

  • 2022年度   錯体化学特論

  • 2022年度   有機工業化学

  • 2022年度   化学Ⅰ

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2022年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   錯体化学特論

  • 2021年度   有機工業化学

  • 2021年度   化学Ⅰ

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2021年度   物理学・化学実験

  • 2020年度   錯体化学特論

  • 2020年度   応用化学入門

  • 2020年度   高分子合成化学

  • 2020年度   化学Ⅰ

  • 2019年度   錯体化学特論

  • 2019年度   高分子合成化学

  • 2019年度   化学Ⅰ

  • 2018年度   高分子合成化学

  • 2018年度   化学Ⅰ

  • 2017年度   化学Ⅰ

  • 2016年度   化学Ⅰ

  • 2014年度   応用化学自由研究

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2014年度   化学実験B

  • 2013年度   応用化学自由研究

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2013年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

  • 2012年度   化学実験B

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 応用化学は未来を支える-健康、エネルギーから環境まで-

    役割:講師

    九州工業大学  佐賀県立小城高等学校  2023年08月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業