酒井 浩 (サカイ ヒロシ)

SAKAI Hiroshi

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

ラフ集合理論, 計算論理数学, 論理プログラム, データマイニング

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.mns.kyutech.ac.jp/~sakai/research.htm

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年03月   九州大学   理学部   数学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月  九州大学  総合理工学研究科  情報システム学  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  理学博士  1989年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   工学部   工学部総合システム工学科長  

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   大学院工学府   工学府先端機能システム工学専攻長  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   工学研究院基礎科学研究系長  

  • 2008年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   基礎科学研究系   教授  

  • 2003年08月
    -
    2008年03月

    九州工業大学   工学部   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年09月
    -
    1991年07月

    デューク大学   情報科学科   客員研究員   アメリカ合衆国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年01月
    -
    継続中
     

    国際ラフ集合学会  ポーランド共和国

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本知能情報ファジイ学会  日本国

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本数学会  日本国

  • 1985年06月
    -
    継続中
     

    日本人工知能学会  日本国

  • 1982年04月
    -
    継続中
     

    統計科学研究会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

  • 知能情報学

  • ラフ集合、計算論理数学、論理プログラム

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ラフ集合理論とその応用に関する研究

    ラフ集合理論、計算論理  

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

  • 不完全情報システムからのデータマイニングの研究

    不完全情報、データマイニング  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

  • 論理プログラムと情報の不完全性に関する研究

    論理プログラム、アルゴリズムの完全性、情報の不完全性  

    研究期間: 8804年01月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Rough Non-deterministic Information Analysis: Foundations and Its Perspective in Machine Learning (Chapter 9: pp.215-247, DOI:10.1007/978-3-642-28699-5_9)

    Hiroshi Sakai, Hitomi Okuma, Michinori Nakata ( 共編者 )

    Smart Innovation, Systems and Technologies, Springer  2013年03月 ISBN: 978-3-642-28698-8

  • Rough Non-deterministic Information Analysis for Uncertain Information (Chapter 4: pp.81-118, doi: 10.1142/9789814329484_0004)

    Hiroshi Sakai, Hitomi Okuma, Mao Wu, Michinori Nakata ( 共編者 )

    The Handbook on Reasoning-Based Intelligent Systems, World Scientific  2013年03月 ISBN: 978-981-4329-47-7

  • Transaction on Rough Sets, Vol. 14

    J.Peters, A.Skowron, H.Sakai, M.Chakraborty, D.Slezak, A.E.Hassanien, W.Zhu (Eds.) ( 共編者 )

    Springer, doi 10.1007/978-3-642-21563-6  2011年02月 ISBN: 978-3-642-21562-9

  • Proceedings of Rough Sets, Fuzzy Sets, Data Mining and Granular Computing

    Hiroshi Sakai, Mihir K. Chakraborty, Aboul Ella Hassanien, Dominik Slezak,William Zhu (Eds.) ( 共編者 )

    Springer LNCS Vol. 5908, 10.1007/978-3-642-10646-0  2009年12月 ISBN: 978-3-642-10645-3

  • An Application of Logic Programs with Soft Computing Aspects to Fault Diagnosis in Digital Circuits (Chapter 15, pp.335-363, doi:10.1142/9789812810281_0015)

    H.Sakai,A.Imamoto,A.Okuma ( 共著 )

    PRACTICAL APPLICATIONS OF SOFT COMPUTING IN ENGINEERING, Fuzzy Logic Systems Institute (FLSI) Soft Computing Series, Chapter 15  2001年04月 ISBN: 978-981-02-4523-8

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 連続的な定義域を有する情報テーブルにおけるラフ集合からのルール導出

    中田 典規, 酒井 浩

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集  2018年09月  -  2018年09月   

     概要を見る

    <p>下近似と上近似から成るラフ集合が連続的な定義域を有する不完全情報テーブルにおいて記述される。値が持つ識別不能領域は閾値によって決定される。識別不能関係はこの識別不能を用いて導かれる。先ず、ラフ集合が、識別不能関係を直接使うことによって、完全情報テーブルにおいて記述される。次に、ラフ集合が不完全情報テーブルにおいて記述される。不完全情報は、値集合あるいは区間値で表される。識別不能関係は、確実性と可能性の二つの観点から構成される。結果として、4種類の近似が得られる。これらの近似を用いて、下近似と上近似は区間集合で表される。4種類の近似から4種類のルールが導かれる。</p>

    CiNii

  • 連続的な定義域を有する不完全情報テーブルにおけるラフ集合

    中田 典規, 酒井 浩

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p> </p>

    CiNii

  • Lipski のアプローチによる不完全情報を含む場合の支配関係に基づくラフ集合

    中田 典規, 酒井 浩

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集  2016年01月  -  2016年01月   

     概要を見る

    <p> </p>

    CiNii

  • A Survey on Rough Non-deterministic Information Analysis: Table Data Analysis with Other Fuzziness

    Hiroshi Sakai

    Workshop FUZZY51  (早稲田大学 ひびきの)  2015年12月  -  2015年12月    International Society of Management Engineers

  • Association rule-based modal analysis for various data sets with uncertainty

    Hiroshi Sakai

    第24回境界領域数学国際会議  (バルセロナ、スペイン)  2015年11月  -  2015年11月    Forum for Interdisciplinary Mathematics

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • On NIS-Apriori Based Data Mining and Its Software Tool

    International Conference of Unconventional Modelling, Simulation & Optimization 2018 –Soft Computing and Meta Heuristics ( 北九州 )  2018年12月04日  International Society of Management Engineers

  • An Overview of NIS-Apriori Based Data Mining and Its Software Tool in SQL

    The 2nd Asian Conference on Artificial Intelligence Technology ( Chongqing, China )  2018年06月10日  CAAI Transactions on Intelligence Technology

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Contribution in Reviewing

    2017年09月   Elsevier   日本国

    受賞者:  Hiroshi Sakai

  • Excellent Paper Award in CMCSN2016 Conference

    2016年05月21日   CMCSN2016 conference PC Chair   日本国

    受賞者:  Hiroshi Sakai, Chenxi Liu, Michinori Nakata

  • Senior membership International Rough Set Society

    2015年11月22日   International Rough Set Society   日本国

    受賞者:  Hiroshi Sakai

  • Excellent Paper Award in FIM2013 conference

    2013年11月10日   FIM2013 Conference Organizing Committee   日本国

    受賞者:  Mao Wu, Naoto Yamaguchi, Michinori Nakata, Hiroshi Sakai

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ラフ集合非決定情報解析に関連する諸問題の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  26330277

  • ラフ集合不完全情報解析の新展開とそのデータマイニングへの応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22500204

  • 多様なデータも処理するラフデータマイニングツールの構築と応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  18500214

  • ラフデータ処理支援ツールの構築とアンケートデータ解析への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年10月  -  2006年03月

    研究課題番号:  16500176

  • Rough Set理論による論理プログラムの枠組みとその応用

    奨励研究(A)

    研究期間:  1995年04月  -  1996年03月

    研究課題番号:  07780338

     概要を見る

    ラフ集合(Rough Set)理論における特徴を把握し,論理プログラミングとラフ集合理論との融合を目指して研究を進めた.ラフ集合理論では,与えられる基本情報が不完全であり粗い場合における論理体系,推論法則,近似,知識獲得,デ-タ解析等多岐にわたる研究が進められている.これは,ファジイ理論とは異なる新たな不完全情報処理の枠組みである.

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  応用数理D

  • 2018年度  計算数学特論

  • 2018年度  統計学

  • 2017年度  応用数理D

  • 2017年度  複素解析学

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    日本知能情報ファジイ学会   2019年度学会企画セッション(大阪大学)

  • 2018年12月
    -
    2019年06月

    国際ラフ集合学会   JRS2019(デブレツェン、ハンガリー)プログラム委員

  • 2018年12月
    -
    2019年04月

    International Society of Management Engineers   TAMC2019国際会議プログラム委員

  • 2018年09月
    -
    2019年03月

    日本知能情報ファジイ学会   IUKM2019 PCメンバー

  • 2018年05月
    -
    2018年10月

    日本知能情報ファジイ学会   SCIS-ISIS2018 (Toyama, Japan) 国際会議 査読委員

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • FIM2013 (the 22nd international conference organized by Forum for Interdisciplinary Mathematics)

    2013年11月09日  -  2013年11月11日  Forum for Interdisciplinary Mathematics, International Society of Management Engineers, Waseda University, International Society for Mathematical Sciences, City of Kitakyushu

  • International Conference on AMLTA 2012

    エジプト  2012年12月08日  -  2012年12月10日  Aboul Ella Hassanien, Egypt

  • International Conference on Communication, Computing and Security

    インド  2012年10月06日  -  2012年10月08日  Sanjay Kumar Jena, NIT Rourkela, India

  • Future Generation Information Technology 2011 (DTA2011)

    Korea  2011年12月  -  2011年12月  SERSC: Science & Engineering Research Support soCiety

  • Int'l. Conf. on IEEE. GrC2011

    Taiwan  2011年11月08日  -  2011年11月10日  IEEE

全件表示 >>