藤田 敏治 (フジタ トシハル)

FUJITA Toshiharu

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

動的計画論

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年03月   九州大学   理学部   数学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月  九州大学  数理学研究科  数理学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(数理学)  1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年02月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   基礎科学研究系   教授  

  • 2009年05月
    -
    2012年03月

    九州工業大学   理数教育支援センター   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1992年06月
    -
    継続中
     

    日本数学会  日本国

  • 1995年07月
    -
    継続中
     

    統計科学研究会  日本国

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    日本オペレーションズ・リサーチ学会  日本国

  • 2008年07月
    -
    継続中
     

    数理経済学研究センター  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数学基礎・応用数学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ノンシリアル動的計画モデル

    動的計画,決定過程,非直列型推移  

    研究期間: 2015年04月  -  継続中

  • 相互依存型決定過程

    動的計画,決定過程,非直列型推移  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

  • 黄金数と最適化

    黄金数、最適化  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • On Complementary Duals—Both Fixed Points—

    Iwamoto S., Kimura Y., Fujita T.

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology - Pure and Applied Mathematics    2020 ( 67 ) 1 - 28   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020, Kyushu Institute of Technology. All rights reserved. We consider a quadratic minimization (primal) problem with both fixed endpoints and its associated maximization (dual) problem from a view point of complementarity. We focus on a pair of linear terms, which generates the respective quadratic functions (sums of squares) through an elementary inequality. We show that a complementary identity plays a fundamental part in establishing a dual relation between primal and dual. The identity produces the pair with an equality condition. The condition turns out to be a linear system of 2n-equation in 2n-variable. The system yields a couple of solutions, one is a minimum solution and the other is a maximum one. In the n-variable pair, both the solutions turn out to be complementary. The optimal solution is characterized by the backward Fibonacci sequence. The duality is enhanced through conjugate function. The solution is also given by dynamic programming. Thus Fibonacci complementary duality is established through the complementary identity approach.

    Scopus

  • 折り紙ユニットによる凸多面体構成問題について --- 実現可能な展開図の列挙 ---

    藤田 敏治

    京都大学数理解析研究所講究録    2126   106 - 115   2019年08月  [招待有り]

  • A dynamic programming algorithm for optimizing baseball strategies

    Kira Akifumi, Inakawa Keisuke, Fujita Toshiharu

    Journal of the Operations Research Society of Japan    62 ( 2 ) 64 - 82   2019年04月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>In this paper, baseball is formulated as a finite non-zero-sum Markov game with approximately 6.45 million states. We give an effective dynamic programming algorithm which computes equilibrium strategies and the equilibrium winning percentages for both teams in less than 2 second per game. Optimal decision making can be found depending on the situation—for example, for the batting team, whether batting for a hit, stealing a base or sacrifice bunting will maximize their win percentage, or for the fielding team, whether to pitch to or intentionally walk a batter, yields optimal results. Based on this model, we discuss whether the last-batting team has an advantage. In addition, we compute the optimal batting order, in consideration of the decision making in a game.</p>

    機関リポジトリ DOI CiNii

  • 合流型推移をもつ決定過程について

    藤田 敏治, 才川 尚輝

    京都大学数理解析研究所講究録    2078   250 - 256   2018年07月

  • Three recursive approaches for decision processes with a converging branch system

    Fujita T.

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology - Pure and Applied Mathematics    2018 ( 65 ) 1 - 21   2018年03月

     概要を見る

    © 2018, Kyushu Institute of Technology. All rights reserved. In this paper, we consider a decision process model with a converging branch system that is a nonserial transition system. The model is treated by three approaches. Thus we introduce three types of recursive equations by using a dynamic programming technique.

    Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 確率的推移をもつノンシリアル動的計画について

    藤田敏治

    第15回DP研究会  (長崎市)  2020年02月  -  2020年02月   

  • 微分と積分の話

    藤田敏治  [招待有り]

    最適化法とその応用 第11回研究集会  (弘前)  2019年12月  -  2019年12月   

  • ノンシリアル動的計画について --- Feedforward Loop Systems ---

    藤田敏治  [招待有り]

    最適化法とその応用 第11回研究集会  (弘前)  2019年12月  -  2019年12月   

  • 合流型の確率的推移をもつ決定過程問題について

    藤田敏治  [招待有り]

    京都大学数理解析研究所研究集会:不確実・不確定性の下における数理的意思決定の理論と応用  (京都大学)  2019年11月  -  2019年11月   

  • 合流型推移をもつマルコフ決定過程

    藤田敏治

    本数学会2019年度年会  (東京工業大学)  2019年03月  -  2019年03月    日本数学会

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 相互依存型決定過程の創出

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23654038

  • 動的リスク管理としてのマルコフ決定過程の展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22540112

  • 最適化とゲーム理論における連続と離散構造の研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  18340031

  • 動的計画法による制御積分方程式と数理ファイナンスの研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  17340030

  • 非加法型評価に対応する統一的動的計画モデルの確立とその応用システム

    若手研究(B)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月

    研究課題番号:  15740068

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大学と地域で協働する未来の航空科学技術フロンティア人材育成

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2015年10月  -  2018年03月

  • 大学発小型衛星が育む未来の宇宙利用者たち

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2013年02月  -  2015年03月

  • 大学発小型衛星から紡ぐ宇宙ベンチャーマインド

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月

     概要を見る

    2010年度より参加

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  応用数理C

  • 2019年度  理数教育体験

  • 2019年度  統計学

  • 2019年度  理数教育体験Ⅰ

  • 2019年度  解析学A

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部監事

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    日本オペレーションズ・リサーチ学会   研究普及委員

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部事務局

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 正多面体のはなし-折り紙でいろいろな立体をつくろう-

    2020年02月
     
     

     概要を見る

    飯塚市立幸袋中学校において出前講義を実施

  • 北九州市児童文化科学館 科学教室

    2020年02月
     
     

     概要を見る

    本学学生をスタッフとして教育し、平面図形(多角形)に関する講座および折り紙による幾何学模様の作成講座を実施

  • ジュニアサイエンススクール in 那覇

    2020年01月
     
     

     概要を見る

    終了した文部科学省航空人材育成プロジェクトのアウトリーチ活動の一環として「模型飛行機作り」のワークショップを開催した。また併せて折り紙立体作成のワークショップを開催した。

  • 宇宙HACK!&ドリームサテライト スペースワークショップin 福岡 体験講座出展

    2019年11月
     
     

     概要を見る

    本学学生をスタッフとして教育し、折り紙立体教室を実施
    参加者:78名+見学の保護者

  • 第114回九州工業大学ジュニア・サイエンス・スクール

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    「正多角形を切って作るふしぎな模様」
    講師:三村文武・藤田敏治
    役割:企画・準備・学生スタッフ指導・講師
    会場:九州工業大学

全件表示 >>