小森 望充 (コモリ モチミツ)

KOMORI Mochimitsu

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

メカトロニクス 電磁パワーシステム 超電導メカトロニクス マイクロアクチュエータ 電気機器・システム

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.tobata.kyutech.ac.jp/professor/komori_mochimitsu

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年03月   大阪大学   基礎工学部   制御工学(制御機器)   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月  大阪大学  基礎工学研究科  物理系(制御分野)  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  1994年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   教授  

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系長  

  • 2011年10月
    -
    2012年09月

    九州工業大学   工学部   就職担当  

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    九州工業大学   工学部   総合システム工学科長  

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系長  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    電気学会  日本国

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本AEM学会  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    米国電気電子工学会  アメリカ合衆国

  • 2015年04月
     
     
     

    自動制御連合講演会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 超電導メカトロニクス,磁気浮上メカトロニクス

  • 超電導メカトロニクス,磁気浮上メカトロニクス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dynamic Characteristics in the Horizontal Direction for New Type SMB Using SC Bulk and SC Coil

    Komori M., Wada A., Asami K.I., Sakai N.

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity    30 ( 4 )   2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2002-2011 IEEE. Superconducting magnetic bearings (SMBs) are usually composed of superconducting (SC) bulk and permanent magnet (PM). These SMBs are based on pinning forces between SC bulk and PM. In this paper, new type SMBs composed of SC bulk, SC coil and PM are proposed. In order to compare SMB Type-I with Type-II, impulse responses in the horizontal direction are performed. Then, natural damped vibration curves for impulse responses are observed. The damping coefficient for the SMB Type-II is very larger than the Type-I. The damping coefficient depends on the position of SC coil.

    DOI Scopus

  • Proposal of magnetically levitated mover using high Tc SC Coils

    Komori M., Tanabe Y., Asami K.I., Sakai N.

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity    30 ( 4 )   2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2002-2011 IEEE. Levitation techniques using high critical temperature (Tc) superconductors are based on pinning forces between high Tc superconductors and permanent magnets (PMs). In this paper, new type of magnetically levitated mover based on repulsion forces by induced current between high Tc superconducting (SC) coils and PMs is proposed. Induced current in SC coil is different from that in normal copper coil. Thus, the static and dynamic characteristics of both the SC coil and the levitated mover are discussed.

    DOI Scopus

  • Dynamic Characteristics in The Horizontal Direction for New Type SMB Using SC Bulk and SC Coil

    M. Komori, A. Wada, K. Asami, N. Sakai

    Abstract of International Conference on Magnet Technology  ( IEEE (USA) )    1 - 1   2019年09月  [査読有り]

    Canada  Vancouver  2019年09月  -  2019年09月

  • Proposal of Magnetically Levitated Mover Using High Tc SC Coils

    M. Komori, Y. Tanabe, K. Asami, N. Sakai

    International Conference on Magnet Technology  ( IEEE (USA) )    1 - 1   2019年09月  [査読有り]

    Canada  Vancouver  2019年09月  -  2019年09月

  • One-Axis Controlled Superconducting Magnetic Levitation System Using Persistent Current

    Komori M., Minoda A., Nemoto K., Asami K., Sakai N.

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity    29 ( 5 )   2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2002-2011 IEEE. Superconducting technique is applied to a superconducting magnetic levitation system. The levitation system is composed of a superconducting coil, a copper coil, a levitated object, a photo sensor, a proportional, integral and derivative (PID) controller, and power amplifiers. Persistent current in superconducting coil and control current in copper coil are used for levitating object and controlling object, respectively. In this paper, two different types of one-axis controlled superconducting magnetic levitation system using persistent current at a distance 43 mm are performed.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 機械工学事典(電子版)

    小森望充,上野哲,長真啓,成田正敬 ( 分担執筆 )

    日本機械学会(機械力学・計測制御部門)  2019年12月

     概要を見る

    下記専門用語を加筆修正し、内容について解説した。
    セルフベアリングモータ(ベアリングレスモータ) self-bearing motor (bearingless motor), セルフベアリングモータ(ベアリングレスモータ) self-bearing motor (bearingless motor), 受動安定 passive stabilization, 負ばね negative spring, ゼロパワー制御 zero power control, 超電導磁気軸受 superconductor magnetic bearing, セルフセンシング self-sensing

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 高温超電導軸受を用いた高速タービンロータ

    小森望充, 原啓城, 浅海賢一, 坂井伸朗

    日本機械学会関西支部講演会  2020年03月  -  2020年03月    日本機械学会

  • 液体窒素中と室温中におけるアキシャル型セルフベアリングモータ駆動の検討

    加藤博久, 小森望充, 浅海賢一, 坂井伸朗

    「運動と振動の制御」シンポジウム  (高知市・高知城ホール)  2019年12月  -  2019年12月    日本機械学会

  • 低温下における位置センシングの検討とセルフベアリングモータへの応用

    加藤博久, 小森望充, 浅海賢一, 坂井伸朗, 行武善造

    電気学会・計測研究会  (佐賀大学)  2019年11月  -  2019年11月    電気学会

  • 超電導コイルによる浮上体の水平浮上の基礎的検討

    原優希, 小森望充, 浅海賢一, 坂井伸朗, 行武善造

    電気学会・計測研究会  (佐賀大学)  2019年11月  -  2019年11月    電気学会

  • 高温超電導軸受の高速タービンロータへの適用と試作

    小森望充, 原啓城, 浅海賢一, 坂井伸朗

    MAGDAコンファレンス in 大分 (MAGDA 2019)  2019年10月  -  2019年10月    日本AEM学会

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 回転機

    特願 特願2018-012475  特開 特開2019-132140  特許 4876248  日本国

    小森望充,木下茂己

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会・Fellowに認定

    2019年02月12日   日本機械学会   日本国

    受賞者:  小森望充

  • 電気学会・上級会員に認定

    2018年10月04日   電気学会   日本国

    受賞者:  小森望充

  • 臨床歩行分析研究会定例会優秀発表賞

    2018年09月01日   臨床歩行分析研究会   日本国

    受賞者:  坂井伸朗, 渕雅子, 林克樹, 小森望充, 村上輝夫

  • Best Presentation Award (Oral Session)

    2017年09月08日   日本機械学会   日本国

    受賞者:  Mochimitsu Komori, Haruka Sagara, Ken-ichi Asami, Nobuo Sakai

  • 日本機械学会部門国際賞(機械力学・計測制御部門)

    2017年08月31日   日本機械学会   日本国

    受賞者:  小森望充

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 酸化物高温超電導コイルを用いた磁気浮上の基礎研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  24560265

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Magnetic Bearings (ISMB15)

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2016年04月  -  2016年08月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構(JST)新技術説明会にて特許説明(超電導軸受を用いた非接触軸受装置と応用および極低温ポンプ)

    2018年12月
     
     
     

  • 科学研究費委員会専門委員(科研費審査員)

    2015年12月
    -
    2016年11月
     

     概要を見る

    日本学術振興会・科学研究費委員会専門委員として,若手研究(B)の審査を行った。 

  • 科学研究費委員会専門委員(科研費審査員)

    2014年12月
    -
    2015年11月
     

     概要を見る

    日本学術振興会・科学研究費委員会専門委員として,若手研究(B)の審査を行った。 

  • NEDO技術委員「安全・低コスト大規模蓄電技術開発」

    2014年07月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    NEDO技術委員(平成26年7月25日~27年3月31日)として,「安全・低コスト大規模蓄電技術開発」の審査を行った。

  • 科学技術振興機構(JST)新技術説明会にて特許説明(ターボ分子ポンプに代替可能な, 安価で高性能な真空排気ポンプ)

    2012年12月
     
     
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  制御工学Ⅰ

  • 2018年度  電子回路Ⅰ

  • 2018年度  メカトロニクス特論

  • 2017年度  制御工学Ⅰ

  • 2017年度  電子回路Ⅰ

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • Best Presentation Award (Oral Session)

    2017年09月   電気学会LDIA国際会議・実行委員長

  • Outstanding Paper Award

    2014年10月   タイ機械学会

  • 優秀論文発表賞

    2013年09月   電気学会

  • ビジネスプランコンテスト審査委員奨励賞

    2006年11月   九州工業大学

  • 優秀論文発表賞

    2005年09月   電気学会

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • アイボリーテニス・サークル顧問

    2018年04月
    -
    2019年03月

     概要を見る

    2006年04月から継続中

  • 教職員同好会・幹事

    2018年04月
    -
    2019年03月

     概要を見る

    2015年4月から継続中

  • 教職員同好会・幹事

    2015年04月
    -
    2016年03月
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
     
     

    「運動と振動の制御」シンポジウム (MOVIC) (高知市)   オーガナイザー:磁気浮上・磁気軸受の制御

  • 2019年12月
    -
    2020年05月

    IEEE International Magnetic Conference (INTERMAG)   Program Committee

  • 2019年11月
     
     

    自動制御連合講演会(札幌市)   オーガナイザー:磁気浮上と磁気軸受とモータ関連技術

  • 2019年10月
     
     

    MAGDAコンファレンス(大分市)   組織委員

  • 2019年09月
     
     

    電気・情報関係学会九州支部連合大会(北九州市)   実行委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • (工大祭学科展)超電導現象と浮上実験(極限環境-196℃の世界を体験)

    2019年11月
     
     

     概要を見る

    総合システム工学科の学科展・研究室紹介(オープンラボ)に参加

  • (オープンキャンパス学科展)超電導現象と浮上実験

    2019年08月
     
     

     概要を見る

    総合システム工学科展
    極限環境-196℃の世界を体験しよう

  • 九州パワーアカデミー(KPA)総会・企画運営

    2019年06月
     
     

     概要を見る

    ○ 大学・高等専門学校間の単位相互認定や教員の相互派遣
    ○ 電気主任技術者試験にむけた集中講義の開催
    ○ 第一線で活躍する著名な研究者を招いた特別講義の開催
    ○ 最新鋭の発電所やメガソーラー、電気自動車など設備見学実施
    ○ 太陽電池、風車などを利用した電気工作教室(出前講義)の開催○ 大学・高専学生を対象とした産学連携フェスタの開催
    ○ 九州域内研究機関の技術シーズマップ作成

  • 九州パワーアカデミー(KPA)・副代表幹事

    2019年04月
    -
    2020年03月

     概要を見る

    ○ 大学・高等専門学校間の単位相互認定や教員の相互派遣
    ○ 電気主任技術者試験にむけた集中講義の開催
    ○ 第一線で活躍する著名な研究者を招いた特別講義の開催
    ○ 最新鋭の発電所やメガソーラー、電気自動車など設備見学実施
    ○ 太陽電池、風車などを利用した電気工作教室(出前講義)の開催○ 大学・高専学生を対象とした産学連携フェスタの開催
    ○ 九州域内研究機関の技術シーズマップ作成

  • 九州パワーアカデミー(KPA)・教育部会長

    2019年04月
    -
    2020年03月

     概要を見る

    ○ 大学・高等専門学校間の単位相互認定や教員の相互派遣
    ○ 電気主任技術者試験にむけた集中講義の開催
    ○ 第一線で活躍する著名な研究者を招いた特別講義の開催
    ○ 最新鋭の発電所やメガソーラー、電気自動車など設備見学実施
    ○ 太陽電池、風車などを利用した電気工作教室(出前講義)の開催○ 大学・高専学生を対象とした産学連携フェスタの開催
    ○ 九州域内研究機関の技術シーズマップ作成

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Magnetic Bearings

    China  2018年08月13日  -  2018年08月17日 

  • International Symposium on Magnetic Bearings

    China  2018年08月13日  -  2018年08月17日 

  • IEEE International Magnetics Conference

    Singapore  2018年04月23日  -  2018年04月27日  IEEE

  • IEEE International Magnetics Conference

    Ireland  2017年04月24日  -  2017年04月28日  IEEE

  • International Conference on Positioning Technology (ICPT)

    Korea  2016年11月08日  -  2016年11月11日  精密工学会

全件表示 >>