趙 孟佑 (チヨウ メンウ)

CHO Mengu

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

宇宙、高電圧、太陽電池アレイ、衛星帯電、放電、プラズマ、宇宙環境、レーザ、シミュレーション

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://laplace.ele.kyutech.ac.jp

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月   東京大学   工学部   航空   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1992年02月  マサチューセッツ工科大学大学院  工学系研究科  航空宇宙工学  博士課程・博士後期課程  修了  アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • マサチューセッツ工科大学 -  博士(工学)  1992年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   宇宙システム工学研究系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年07月
    -
    1996年07月

    国際宇宙大学 助手   助教   フランス共和国

  • 1992年02月
    -
    1995年06月

    神戸大学大学院自然科学研究科   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中
     

    国際宇宙航行アカデミー  日本国

  • 2003年11月
    -
    継続中
     

    大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    基準認証イノベーション技術研究組合(INOTEK)  日本国

  • 2011年04月
    -
    2012年03月
     

    国際協力機構  日本国

  • 2011年04月
    -
    2012年03月
     

    公益社団法人応用物理学会  日本国

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 超小型衛星の試験手法

    宇宙環境  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

  • 衛星搭載機器の地上帯電・放電試験

    未設定  

    研究期間: 2001年04月  -  継続中

  • 宇宙用機器の高電圧化に関する研究

    未設定  

    研究期間: 1997年04月  -  継続中

  • 衛星帯電シミュレーションソフトウェアの開発

    未設定  

    研究期間: 2004年04月  -  継続中

  • 超小型衛星コンステレーションの利用

    超小型衛星、コンステレーション  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Near-zero metamaterial inspired UHF antenna for nanosatellite communication system

    Alam T., Islam M., Cho M.

    Scientific Reports    9 ( 1 )   2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). Epsilon-and-mu-near-zero (EMNZ) metamaterial structure inspired UHF antenna for nanosatellite has been proposed in this paper. The antenna consists of 3 × 2-unit cell array on the ground plane and a meander line radiating patch. Coaxial probe feeding technique has been obtained to excite the antenna. The meander line enables the antenna to resonate at lower UHF band and the metamaterial array is used to make the resonant frequency stable by reducing the coupling effect with metallic nanosatellite structure. The metamaterial structure exhibits EMNZ characteristics from 385 MHz to 488.5 MHz, which facilitates stable resonant frequency and higher antenna efficiency when embedded with nanosatellite structure. The proposed EMNZ inspired antenna has achieved measured impedance bandwidth (S 11 < −10 dB) of 14.92 MHz (391 MHz–405.92 MHz). The perceptible novelty of this paper is the development of EMNZ metamaterial that significantly improves the UHF antenna’s operating frequency stability as well as efficiency for low earth orbit nanosatellite communications.

    DOI Scopus

  • New star identification algorithm using labelling technique

    Kim S., Cho M.

    Acta Astronautica    162   367 - 372   2019年09月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 IAA A new star identification algorithm is proposed for the attitude determination of a star sensor in the lost-in-space case, where prior attitude information is not available. The algorithm is based on a labelling technique, which uses label values to represent each group of stars. Using label values, multiple stars are simultaneously identified without repetition of search work. This labelling algorithm allows for a fast identification speed with efficiency, and provides the capability of more reliable identification by redundant confirmation. The proposed algorithm was verified by simulation study under various conditions.

    DOI Scopus

  • AOBA VELOX-IV: 2U CubeSat for the technological demonstration of lunar horizon glow mission

    Kim S., Orger N., Cordova-Alarcon J., Hernandez-Herrera M., Masui H., Yamauchi T., Toyoda K., Cho M., Duy Vu B., Vinh T., Seng L., Hiang C.

    Acta Astronautica    161   328 - 337   2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 IAA AOBA VELOX-IV is a 2U-sized CubeSat that has been developed by the Kyushu Institute of Technology and Nanyang Technological University for the technological demonstration of a future lunar mission. Decades ago, Surveyor and Apollo programs reported light scattering observations on the horizon of the Moon; however, only a limited number of investigations were performed after the Apollo program to observe the lunar horizon glow (LHG). It is still unknown what conditions produce the light glow on the horizon of the Moon. The lunar mission of the AOBA VELOX project is planning to send CubeSats to the Moon and to capture images of the LHG on the lunar orbit while determining the conditions that can support light scattering above the lunar horizon. Before the satellites go into the lunar orbit, the necessary technologies must first be confirmed in Earth orbit. AOBA VELOX-IV was launched to low earth orbit via a JAXA Epsilon rocket in 18th January 2019. This paper explains the LHG mission first, and presents an overview of AOBA VELOX-IV, its payloads, technical issues, and the flight model.

    DOI Scopus

  • Guest Editorial Spacecraft Charging Technology

    Andersen A., Bodeau M., Cho M., Davis V., Dennison J., Donegan M., Ferguson D., Green N., Inguimbert V., Jun I., Lai S., Likar J., Minow J., Parker L., Roussel J., Toyoda K., Garrett H., Usui H.

    IEEE Transactions on Plasma Science    47 ( 8 ) 3629 - 3630   2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © 1973-2012 IEEE. This marks the seventh issue of the IEEE Transactions on Plasma Science dedicated to Spacecraft Charging Technology. The theme of this issue is based on the papers presented at the 15th Spacecraft Charging Technology Conference, Kobe, Japan, in 2018. The history of spacecraft charging goes back to the first Spacecraft Charging Technology Conference, sponsored by AFRL and NASA, that was held at the U.S. Air Force Academy, Colorado Springs, CO, USA, in 1978. The 15th Spacecraft Charging Technology Conference was hosted by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) and the Graduate School of System Informatics, Kobe University. It continues a tradition of international conferences on a ~2-year cycle. This conference, as well as each previous one in the series, was a great success. The topical discussions have greatly helped in making progress in the fields of spacecraft charging, spacecraft-plasma interactions, and related areas. At the end of the 15th Conference, the assembly agreed to request publication of the proceedings of the conference in the IEEE Transactions on Plasma Science and to encourage the submission of the papers presented at the conference to the Journal.

    DOI Scopus

  • Analysis of Charging of the HTV-4 Based on On-Orbit Data

    Tsujita D., Okumura T., Kobayashi Y., Kasai T., Ohkawa Y., Koga K., Cho M.

    IEEE Transactions on Plasma Science    47 ( 8 ) 3905 - 3914   2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © 1973-2012 IEEE. After three H-II transfer vehicles (HTVs) had finished their mission to resupply the International Space Station (ISS), NASA requested data of the HTV's potential to evaluate the charging/discharging process that occurs when the HTV docks to the ISS. To measure these data, a new instrument was installed on the fourth HTV. This instrument allows us to measure the HTV-4 surface potential relative to the surrounding plasma, and is called advanced technology on-orbit test instrument for space environment-mini (ATOTIE-mini). The ATOTIE-mini observed the HTV's local potential in the orbit for more than one month. The measured potential during the HTV solo-flight phase varied between-30 and-60 V in sunlight and was about 0 V in eclipse conditions. The HTV's potential during the time when it was docked to the ISS followed the ISS's potential with an almost constant offset of about 10 V. The data measured by ATOTIE-mini are consistent with those measured by the floating potential measurement unit on the ISS, and thus are considered reliable. The HTV's potential level itself was acceptable for ISS. Note that the solar array panels can generate up to approximately 120 V, which is much larger than the absolute potential range in sunshine. We analyze the potential distribution on the HTV surface by a multi-utility spacecraft charging analysis tool, because ATOTIE-mini can only observe one point on the HTV surface. The analysis results are discussed with respect to the flight attitude.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Surface Discharge on Spacecraft (Chap.4) in Spacecraft Charging

    Shu Lai, Mengu Cho ( 共著 )

    AIAA  2011年09月 ISBN: 9781600868368

  • Spacecraft Charging Simulation (Chap.5) in Spacecraft Charging

    Shu Lai, Mengu Cho ( 共著 )

    AIAA  2011年09月 ISBN: 9781600868368

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 宇宙環境下で高強度マイクロ波放射を行うアンテナ表面の放電現像の予備実験

    第30回宇宙エネルギーシンポジウム  (日本 相模原)  2011年02月  -  2011年02月   

  • 半導電性コーティングテザーの放電特性評価

    第30回宇宙エネルギーシンポジウム  (日本 相模原)  2011年02月  -  2011年02月   

  • 超小型衛星用真空アーク推進機の基礎研究

    宇宙輸送シンポジウム  (日本 相模原)  2011年01月  -  2011年01月   

  • 超小型衛星「鳳龍」のソフトウエア試験

    第19回スペース・エンジニアリング・コンファレンス  (日本 熊本)  2011年01月  -  2011年01月   

  • 九州工業大学宇宙環境技術ラボラトリーの活動について(宇宙機帯電と宇宙 デブリから超小型衛星開発まで)

    第19回スペース・エンジニアリング・コンファレンス  (日本 熊本)  2011年01月  -  2011年01月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 太陽電池パネル

    特願 '特願2008-293418  日本国

    小圷秀明,趙孟佑

  • 太陽電池アレイ上での持続放電抑制装置

    特願 PCT/JP2009/006016  日本国

    豊田和弘、趙孟佑、栢野晃

  • 太陽電池アレイ上での持続放電抑制装置

    特願 '特願2008-289619  特許 5527699  日本国

    豊田和弘、趙孟佑、栢野晃

  • スペースデブリ除去方法及びその装置

    特願 '特願2008-237355  日本国

    豊田和弘、趙孟佑、古川泰規、増井博一

  • 放電対策装置

    特願 'PCT20075102  特許 US Patent No US 8014121 B2  アメリカ合衆国

    趙孟佑、三丸雄也、細田 聡史、岩田稔、藤田辰人、久田安正

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 汎用衛星帯電解析ツール MUSCAT

    八田真児、村中崇信、細田聡、金正浩 

    2007年03月
     
     
     

講演 【 表示 / 非表示

  • Effect of space weather on satellite mission

    The 1st International Workshop on Space Situational Awareness ( KAIST, Korea )  2018年12月07日 

  • My evolution from ISU 3Is to BIRDS Program, a Cross-Border Inter-University Collaboration on Space Research and Education

    6th UNISEC Global Meeting ( International Space University, Strasbourg, France )  2018年11月19日 

  • What can small satellites do?

    International Symposium on Establishment of the Southeast Asia Research and Education Center for Disaster Reduction and Environmental Monitoring Using Satellite Remote Sensing, ( 山口大学 )  2018年10月17日 

  • OVERVIEW OF BIRDS PROGRAM: Cross-Border Inter-University Collaboration on Space Research and Education

    3rd International BIRDS Workshop   2018年08月16日 

  • Lessons Learned from BIRDS-I Project

    3rd International BIRDS Workshop ( National University of Mongolia )  2018年08月16日 

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 『BIRDS Satellite Project』非宇宙先進国の持続可能な宇宙プログラムに向けて

    航空情報  2018年03月

    趙孟佑

  • 超小型衛星 フィリピンなど3ヶ国と同開発

    日韓工業新聞  2018年02月27日

    趙孟佑

  • 九工大留学生が超小型衛星 6月にも宇宙へ

    読売新聞  2018年02月27日

    趙孟佑

  • 超小型衛星3基完成 九工大留学生、院生11人製作

    毎日新聞  2018年02月27日

    趙孟佑

  • 3ヵ国の留学生 国別に衛星開発

    西日本新聞  2018年02月27日

    趙孟佑

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度宇宙開発利用大賞(外務大臣賞)

    2018年03月   内閣府   日本国

    受賞者:  国立大学法人九州工業大学

  • GEDC Airbus Diversity Award

    2017年10月   Global Engineering Deans Council  

    受賞者:  BIRDS Satellite Project

  • 平成25年度宇宙開発利用大賞(経済産業大臣賞)

    2013年10月10日   内閣府   日本国

    受賞者:  趙 孟佑

  • 第48 回嘉村記念賞

    2011年05月30日   未設定   日本国

    受賞者:  趙孟佑

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宇宙システムの高電圧化に向けた超小型衛星による帯電・放電現象の軌道上観測

    基盤研究(S)

    研究期間:  2013年05月  -  2018年03月

    研究課題番号:  25220915

  • 極軌道対応型衛星帯電防止用受動的電界電子放出素子(Elf/PEO)の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22246104

  • 月面環境における微粒子の帯電と付着に関する研究

    萌芽研究→挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  20656141

  • 受動的電界電子放出素子による静止軌道衛星帯電防止法の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19206090

  • 雷放電と低地球軌道衛星の帯電現象の相関に関する研究

    萌芽研究・萌芽的研究

    研究期間:  2005年10月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17656274

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • Space Environment Testing

    共同研究

    研究期間:  2018年03月  -  2018年09月

  • BIRDS-4 Project

    共同研究

    研究期間:  2018年02月  -  2021年04月

  • Cubesat qualification, acceptance testing and launching

    共同研究

    研究期間:  2018年02月  -  2019年12月

  • Training program on small satellite design, development, and testing

    共同研究

    研究期間:  2018年02月  -  2018年05月

  • BIRDS-3 Project

    共同研究

    研究期間:  2017年09月  -  2020年04月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 国際恊働衛星プロジェクトの実践を通じた世界に通用する宇宙人材の育成

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2017年09月  -  2019年03月

  • キューブサット衛星群を使ったアジア・アフリカ・中南米地域のデータ収集ネットワーク

    提供機関:  独立行政法人日本学術振興会 

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月

  • 超小型衛星試験拠点を核とした革新的宇宙技術の信頼性向上とグローバルニーズに応える宇宙利用と人材育成のための国際ネットワークの形成

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2015年01月  -  継続中

  • アジア太平洋諸国との認証作業連携を通じた超小型衛星市場拡大のための国際標準活動事業

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2014年06月  -  継続中

  • 超小型衛星の耐宇宙環境性評価基準の構築

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2011年09月  -  2014年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  電気機器Ⅰ

  • 2018年度  衛星工学入門

  • 2018年度  衛星電力システム特論Ⅱ

  • 2018年度  開発プロジェクト(設計)Ⅰ

  • 2018年度  開発プロジェクト(設計)Ⅱ

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 九工大衛星プロジェクトの指導

    2006年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    2009年度の創立100周年を祝して、学生の手による人工衛星を打ち上げるために、専攻・学科をまたがる約20名の学生チームを組織・指導し、人工衛星打上げに必要なシ
    ステム工学的思考やチームプロジェクト管理手法についての教育を行なっている。また、九工大と国際交流協定を結ぶサリー大学・バージニア工科大学からの短期留学生をチーム
    に加え、国際コミュニケーション能力の向上を図っている。
    同時に、衛星システムとシステム工学学習の一環として、カンサットプロジェクトを実施し、能代宇宙イベントや種子島ロケットコンペに参加して、優勝するなど、優秀な成績をあげている。

 

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • サマーサイエンスフェスタ

    2012年08月
    -
    継続中

     概要を見る

    サマーサイエンスフェスタに、九工大スペースアカデミーとして参加している

  • スペースアカデミーの運営

    2010年07月
    -
    継続中
  • Introduction to Space Research and Education at Kyushu Institute of Technology

    2018年12月
     
     

     概要を見る

    JICA Training Program

  • University of Rome, “Lean Satellite; A new way of making and using a satellite”,

    2018年11月
     
     

     概要を見る

    Rome, Italy

  • 宇宙科学談話会, “Lean Satellite; A new way of making and using a satellite”,

    2018年11月
     
     

     概要を見る

    宇宙科学研究所,JAXA

全件表示 >>