2022/07/20 更新

写真a

ウメカゲ トシヒコ
梅景 俊彦
UMEKAGE Toshihiko
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 機械知能工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
093-884-3175
研究室FAX
093-871-8591
外部リンク

研究キーワード

  • 粉体工学

  • 流体工学

  • 数値解析

  • 混相流工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学  / 混相流工学, 粉体工学

出身学校

  • 1985年03月   九州工業大学   工学部   機械工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1987年03月   九州工業大学   工学研究科   機械工学第二   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(工学)   1994年06月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系     教授

学外略歴

  • 1987年04月 - 1990年03月   株式会社 神戸製鋼所   機械エンジニアリング事業本部 産業機械本部   職員(技術系)   日本国

論文

  • Onset mechanism of granular avalanches in inclining layers using a continuum model 査読有り 国際誌

    Yuu S., Umekage T.

    Advanced Powder Technology   33 ( 8 )   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    What is the onset mechanism of macro scale avalanches? How do macro scale avalanches happen in the granular layers in an inclining box? The answers to these questions are the main part of our article aims. Using 3-dimensional simulation method we show the stresses, the stress ratios and the packing fractions in the processes where the onset of macro scale avalanches takes place. Based on our results the critical conditions of the onset of avalanches are presented. The onset mechanism of granular avalanches is elucidated. The onset of macro scale avalanches occurs in the small area, about 2% of the whole area, in the inclining granular layers. These are the conditions for the onset of macro scale avalanches that the shear and normal stresses and the packing fraction reach the maximum values at the same inclining angle. Then the stress ratio should be larger than the static frictional coefficient of materials. Aggregates of stick-slip like event are formed in the longitudinal direction. The number of aggregates decreases and the physical quantities in the aggregates rapidly increase with increasing inclining angle in the small area in which the onset of macro scale avalanche occurs.

    DOI: 10.1016/j.apt.2022.103659

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85131961960&origin=inward

  • Mechanism of avalanche precursors in inclining granular layers using a continuum model obtained by discrete element method(共著) 査読有り

    Yuu S., Umekage T.

    Advanced Powder Technology   32 ( 7 )   2258 - 2267   2021年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    How do large shear stress and stress ratio peaks, which are avalanche precursors, occur in granular layers in an inclining box and why do the precursors have periodicities? The answers are our main objectives. The large and small shear stress peaks which are constituted by the large and small sticks and slips are found in our simulation results. Small sticks and slips, which occur after the large slip, change the granular structure until the stress ratio becomes equal to or larger than the frictional coefficient of granular materials. Here the next large slip with the large stick and slip, which shows the precursor, occurs. The precursors which are constituted by the series of the large stick–slip events have naturally periodicities because the stick–slip events are oscillation phenomena. Our 3-dimensional simulation results using the smoothed particle hydrodynamics (SPH) method based on our constitutive equations obtained by the 3-dimensional discrete element method (DEM) present the precursors in the bulk and on the surface and show the difference between them. The precursors are also found in the longitudinal and the depth directions of the granular layer. The simulated periodicities agree with the published experimental results.

    DOI: 10.1016/j.apt.2021.05.005

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85107445006&origin=inward

  • ハニカム構造体からなるナノバブル生成装置の生成能力に及ぼす異なるセルサイズと流れ特性の影響(共著) 査読有り

    野田 尚昭, 髙田 翔, 川野 凌, 佐野 義一, 高瀬 康, 翟 洪方, 任 飛, 上田 鷹彦, 米澤 裕二, 梅景 俊彦, 田中 洋征

    混相流 ( 日本混相流学会 )   3 ( 1 )   269 - 282   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    抄録
    In this study, nanobubble generator using a honeycomb structure is investigated towards producing a large amount of water including large nanobubble density. Our previous study showed that the pressure reduction and shear stress are involved in the honeycomb cell flow. In this study, the nanobubble generating performance is studied experimentally for honeycomb structures by varying the cell size and the flow velocity. Then, the small-scale honeycomb cell structure is studied for the broader industrial applications. Computational Fluid Dynamics analysis is also performed to simulate the experiment to find out the efficient nanobubble generation. The results show that the maximum shear stress is the main controlling factor of the nanobubble generation for small and large apparatuses.

    DOI: 10.3811/jjmf.2021.003

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10228/00008072

  • 近傍粒子リストの改良と空間ブロッキングによる DEM の高速化とメモリ使用量の削減(共著) 査読有り

    亀谷 洋大, 梅景 俊彦

    日本計算工学会論文集 ( 日本計算工学会 )   2021 ( 3 )   20210003 - 20210003   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    多くの計算量を必要とするDEMシミュレーションのGPU実装における高速化とメモリ使用量の削減を行なった.既存研究で提案された近傍粒子リストのデータ構造を見直し性能の向上とメモリ容量の削減を同時に実現した.またステンシル計算の高速化で用いられてきた空間ブロッキングによる高速化手法を適用し接触粒子の参照におけるメモリアクセスを改善した.本研究で提案した手法を全て用いた場合,計算速度は平均して1.5倍以上,メモリ容量は35%程度の削減となった.最終的に2000万粒子,20万タイムステップのDEMシュミレーションを1枚のGPUで3.3時間以内に完了し,大規模なシュミレーションが低いコストで実現できることを示した.

    DOI: 10.11421/jsces.2021.20210003

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 三次元 DEM による粉体層崩壊の前兆現象の観測(共著) 査読有り

    Kametani Y., Umekage T.

    粉体工学会誌 ( 一般社団法人 粉体工学会 )   57 ( 6 )   302 - 310   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Society of Powder Technology. All rights reserved. In this study, we have performed 3D DEM simulations about granular packings with slow tilt motion. It would be expected to obtain more detailed destabilization processes of tilting granular layers using numerical simulations than using experimental methods. Our simulation results agreed well with some experimental results about rearrangements of the particles at the surface layer. Most of the previous studies relate stability of the packings with mobilization of friction forces between the particles. However our simulation results show that the mobilization of friction forces does not change when the tilt angle increases up to 10° and further, the correlation between the mobilization of friction forces and global stability is insignificant. However, the direction of contacts and distribution of contact forces changed during our simulation time. Our simulation results indicate that we can estimate stability of the packings through contact forces and their directions rather than the mobilization of friction forces.

    DOI: 10.4164/sptj.57.302

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85092382034&origin=inward

  • Flow Characteristics in a Honeycomb Structure to Design Nanobubble Generating Apparatus(共著) 査読有り 国際誌

    Naoaki Noda, Hongfang Zhai, Kakeru Takata, Yoshikazu Sano, Yasushi Takase, Fei Ren, Ryo Kawano, Toshihiko Umekaga, Yuji Yonezawa and Hiroyuki Tanaka

    Chemical Engineering and Technology ( Wiley-VCH Verlag )   43   1 - 11   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A nanobubble generator with honeycomb structures producing a large amount of water including large nanobubble density in a short time is described. The nanobubble‐generating performance is investigated for large and small apparatus having different honeycomb cell dimensions by applying computational fluid dynamics (CFD) coupled with a population balance model (PBM). The CFD simulation shows that a significant pressure drop and shear stress occur in the bubbly flow in the honeycomb cell. The numerical model is based on the Eulerian multiphase model and the PBM is used to calculate the bubble size distribution. The obtained CFD‐PBM results are compared with the experimental results for large and small apparatus. Bubble size distributions in the honeycomb structure under different inlet absolute pressure can be predicted by the PBM. The maximum shear stress is determined as the main controlling factor for nanobubble generation.

    DOI: 10.1002/ceat.201900437

  • ハニカム構造体を用いるナノバブル生成法におけるバブル生成密度の考察(共著) 査読有り

    野田 尚昭, 高田 翔, 川野 凌, 翟 洪方, 佐野 義一, 高瀬 康, 米澤 裕二, 梅景 俊彦, 田中 洋征

    設計工学 ( 公益社団法人 日本設計工学会 )   56 ( 3 )   133 - 148   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The previous study revealed that a nanobubble generator using honeycomb structures may produce a large amount of water including large nanobubble density in a short time. In this paper, numerical simulations are performed for bubbly flow in the honeycomb structure by applying a computational fluid dynamics (CFD) coupled with a population balance model (PBM). The numerical model is based on the Eulerian multiphase model and the PBM was used to calculate the gas bubble size distribution considering the bubble coalescence and breakage. The results show that bubble size distributions in the honeycomb structure under different inlet absolute pressure can be predicted by the PBM. It may be concluded that the maximum shear stress is the main controlling factor for the nanobubble generation.</p>

    DOI: 10.14953/jjsde.2019.2879

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007940471

  • CFD-PBM approach for the gas-liquid flow in a nanobubble generator with honeycomb structure(共著) 査読有り

    Fei Ren, Nao-Aki Noda, Takahiko Ueda, Yoshikazu Sano, Yasushi Takase, Toshihiko Umekage, Yuji Yonezawa, and Hiroyuki Tanaka

    Journal of Dispersion Science and Technology   40 ( 2 )   306 - 317   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In recent years, nanobubble technologies have drawn great attention due to their wide applications in many fields of science and technology. From previous studies, a kind of honeycomb structure for high efficiency nanobubble generation has been proposed. In this paper, the numerical simulations of bubbly flow in the honeycomb structure were performed by using a computational fluid dynamics–population balance model (CFD-PBM) coupled model. The numerical model was based on the Eulerian multiphase model and the population balance model (PBM) was used to calculate the bubble size distribution. The bubble size distributions in the honeycomb structure under different work conditions were predicted. Two different drag force models (Schiller-Naumann model and Tomiyama model) and two different aggregation models (Luo model and turbulent aggregation model) were investigated. Both two drag models gave similar prediction of bubble number density distribution at the outlet. The results obtained from Luo model had better reflection of the trend of number density distribution. The turbulence dissipation rate ε can be used to evaluate the nanobubble generating ability. The water tank was not included in the CFD model in this work. The bubbles in the water tank should be studied in the future.

    DOI: 10.1080/01932691.2018.1470009

  • CFD-PBM coupled simulation of a nanobubble generator with honeycomb structure(共著) 査読有り

    Ren F., Noda N., Ueda T., Sano Y., Takase Y., Umekage T., Yonezawa Y., Tanaka H.

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   372 ( 1 )   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. In recent years, nanobubble technologies have drawn great attention due to their wide applications in many fields of science and technology. The nitrogen nanobubble water circulation can be used to slow the progressions of oxidation and spoilage for the seafood long- term storage. From previous studies, a kind of honeycomb structure for high-efficiency nanobubble generation has been proposed. In this paper, the bubbly flow in the honeycomb structure was studied. The numerical simulations of honeycomb structure were performed by using a computational fluid dynamics-population balance model (CFD-PBM) coupled model. The numerical model was based on the Eulerian multiphase model and the population balance model (PBM) was used to calculate the gas bubble size distribution. The bubble coalescence and breakage were included. Considering the effect of bubble diameter on the fluid flow, the phase interactions were coupled with the PBM. The bubble size distributions in the honeycomb structure under different work conditions were predicted. The experimental results were compared with the simulation predictions.

    DOI: 10.1088/1757-899X/372/1/012012

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049404174&origin=inward

  • 焼結過程の数値シミュレーション −マグネタイト鉱石粒子の配合割合が大規模亀裂の発生に及ぼす影響−(共著) 査読有り

    梅景 俊彦, 湯 晋一

    鉄と鋼 ( 一般社団法人 日本鉄鋼協会 )   103 ( 6 )   305 - 314   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The motions of particles and gas in the nearly full scale sintering beds were simulated to elucidate the effect of the magnetite ore blending on the particle agglomeration and the large scale crack formation by the simultaneous calculation of the Navier-Stokes equations and the La-grangian DEM equations based on the sintering model in which the phase change of particles and the cohesion forces and the resistance forces due to the liquid films among particles were considered. In this study containing ratios of magnetite ores are varied from 0 mass% to 19.3 mass%. Calculated results show that the large agglomerates and cracks are not formed and the homogeneous configurations of particles are produced when the containing ratio of magnetite ores is 19.3 mass%. In the sintering bed with high magnetite containing ratio, for example 19.3 mass%, two or more magnetite ore particles contact to one hematite ore particle on average. This increases the liquid region in which the large viscous interaction forces act among close particles and those forces reduce the particle relative velocities which cause the particle collisions and agglomerations. Magnetite ore particles go into voids by their relatively high mobility in the melting zone and produce the uniform sintering beds. In this condition the final bed shrink ratio which is defined as the ratio of the final bed height and the initial bed height is 85 % and it is considered that the sintering cake has the sufficient porosity for air flows.

    DOI: 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2016-070

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85020430033&origin=inward

  • 焼結過程の数値シミュレーション −マグネタイト鉱石粒子の体積溶融率および粒子間摩擦力が大規模亀裂の発生に及ぼす影響−(共著) 査読有り

    湯 晋一, 梅景 俊彦

    鉄と鋼 ( 一般社団法人 日本鉄鋼協会 )   103 ( 6 )   315 - 324   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The motions of particles and gas in the nearly full scale sintering beds were simulated to elucidate the effect of melting volume fraction of magnetite ores on the particle agglomeration and the large scale crack formation by the simultaneous calculation of the Navier-Stokes equations and the Lagrangian DEM equations based on the sintering model in which the phase change of particles and the cohesion forces and the resistance forces due to the liquid films among particles were considered. In this study melting volume fractions of magnetite ores are varied from 60% to 88%. Calculated results show that the large agglomerates and the large scale cracks are not formed when melting volume fractions of magnetite ores become large because the large melting volume fraction of magnetite ores increases the liquid region in which the large viscous interaction forces act among close particles. If the total volume of liquid phase in the melting zone is the same, it is effective to prevent the large scale crack when the liquid phase increases uniformly rather than locally. We also examined the effect of friction forces in the melting zone on large scale cracks under the condition without magnetite ore. Calculated results show that the small friction forces prevent the formations of large scale agglomerates and cracks because the small friction forces become easy to compress the particle layers due to the weight of the particle bed and the drag force caused by air flows passing through the particle beds.

    DOI: 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2016-071

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85020375726&origin=inward

  • An Elucidation for the Central Stress Minimum in Granular Piles Using the Smoothed Particle Hydrodynamics (共著) 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage

    AIChE Journal   62 ( 5 )   1417 - 1429   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/aic.15148

    Scopus

    その他リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1547-5905

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動(共著)

    梅景俊彦, 湯晋一

    材料とプロセス   29 ( 1 )   D007   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Flow around Wells Type Runner Installed in Floating Type Unique Ocean Wave Power Station (共著) 査読有り

    Shun Okamoto, Toshiaki Kanemoto, Huang Bin, Toshihiko Umekage

    Journal of Energy and Power Engineering   8 ( 11 )   1974 - 1981   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • SPH (Smoothed particle hydrodynamics)による粉粒体の運動や堆積の数値シミュレーション(共著)

    湯 晋一, 梅景俊彦

    鉄と鋼 ( 日本鉄鋼協会 )   100 ( 11 )   802 - 808   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • CFDを用いたピトーポンプ内部流れの予測(共著)

    相良 賢司, 古巻 圭一, 金元 敏明, 梅景 俊彦

    日本機械学会九州支部講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2014 ( 0 )   _129 - 1_-_129-2_   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.1299/jsmekyushu.2014.67._129-1_

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009951202

  • Floating Type Ocean Wave Power Station Equipped with Hydroelectric Unit (共著) 査読有り

    Shun Okamoto, Toshiaki Kanemoto, Toshihiko Umekage

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE   22 ( 5 )   467 - 471   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s11630-013-0649-3

    Scopus

  • Simulation of Sintering Process - Effects of Contraction Force by Particle Shrinkage and Melted Particle Volume on Growth of Void and Crack - (共著) 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage

    ISIJ International   53 ( 9 )   1648 - 1657   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2355/isijinternational.53.1648

    Scopus

    CiNii Article

  • Effect of the collector tube profile on Pitot pump performances (共著) 査読有り

    Keiichi Komaki, Toshiaki Kanemoto, Kenji Sagara, Toshihiko Umekage

    Proceedings of the 6th International Conference on Pumps and Fans with Compressors and Wind Turbines   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Beijing   2013年09月19日  -  2013年09月22日

    DOI: 10.1088/1757-899X/52/3/032021

    Scopus

  • Simulation of Sintering Process -Effects of Air Flow, Liquid Film Cohesion Force and Fixation Process on Large Scale Crack- (共著) 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage, Osamu Ishiyama

    ISIJ International   52 ( 10 )   1785 - 1793   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2355/isijinternational.52.1785

    Scopus

    CiNii Article

  • Simulation of Granular Flows and Pile Formation in a Flat-Bottomed Hopper and Bin, and Experimental Verification (共著) 招待有り 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage

    Materials   4 ( 8 )   1440 - 1468   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/ma4081440

    Scopus

    その他リンク: www.mdpi.com/journal/materials

  • Numerical Simulation of Particle and Air Velocity Fields in Raceway in Model Blast Furnace and Comparison with Experimental Data (Cold Model) (共著) 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage, Masatomo Kadowaki

    ISIJ INTERNATIONAL   50 ( 8 )   1107 - 1116   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2355/isijinternational.50.1107

    Scopus

    CiNii Article

  • Large Scale Simulation of Coke and Iron Ore Particle Motions and Air Flow in Actual Blast Furnace (共著) 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage, Shinroku Matsuzaki, Masatomo Kadowaki, Kazuya Kunitomo

    ISIJ INTERNATIONAL   50 ( 7 )   962 - 971   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2355/isijinternational.50.962

    Scopus

    CiNii Article

  • Continuum Model and Computer Simulation of Quasistatic and Dynamic Granular Flows (共著) 査読有り

    Shinichi Yuu, Toshihiko Umekage

    Proceedings of the 1st International Symposium on Soft Materials   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    China   Shanghai   2009年05月25日  -  2009年05月26日

  • Numerical Simulation of Particle Agglomeration and Bed Shrink in Sintering Process (共著) 招待有り 査読有り

    Toshihiko Umekage, Shinichi Yuu

    ISIJ INTERNATIONAL   49 ( 5 )   693 - 702   2009年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Constitutive Relations and Computer Simulation of Granular Material 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage

    Advanced Powder Technology   19 ( 3 )   203 - 230   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Constitutive Relations Based on Distinct Element Method Results for Granular Materials and Simulation of Granular Collapse and Heap by Smoothed Particle Hydrodynamics, and Experimental Verification 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage,Y.Mitsuiki,F.Koga

    Advanced Powder Technology   19 ( 2 )   153 - 182   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Constitution Relationship between Stress and Strain of Particulate Matters 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage

    KONA-Powder and Particle   25   270 - 279   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • DEMで求めた粉体層の構成および状態関係とそれを用いた粉体層の動力学的崩壊の計算と実験による検証 査読有り

    湯 晋一,梅景俊彦,満生泰規,古賀文章

    物性研究   88 ( 2 )   289 - 296   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Effect of Tuyere Angle and Wall Scaffolding on Unsteady Gas and Particle Flows Including Raceway in Blast Furnace 査読有り

    T.Umekage,M.Kadowaki,S.Yuu

    ISIJ International   47 ( 5 )   659 - 668   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 高レイノルズ数邪魔板付き攪拌槽内流れの数値シミュレーションと実験による検証 査読有り

    梅景俊彦,湯 晋一

    日本機械学会論文集 B編   73 ( 726 )   514 - 522   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 3次元循環流動層の気流と粒子の運動の数値シミュレーションと実験による検証 査読有り

    梅景俊彦,稲葉 剛,湯 晋一

    化学工学論文集   33 ( 1 )   345 - 359   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Numerical Simulation for the Friction Mechanism of a Powder Bed Using Two-Dimensional Distinct Element Method 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage,Y.Kawasaki

    Advanced Powder Technology   17 ( 10 )   1416 - 1425   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Blast Furnace Raceway Depth and Height, and Effect of Wall Cohesive Matter on Gas and Coke Particle Flows 査読有り

    T.Umekage,S.Yuu,M.Kadowaki

    ISIJ International   45 ( 10 )   1416 - 1425   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Predicition of Stable and Unstable Flows in Blast Furnace Raceway Using Numerical Simulation Methods for Gas and Particles 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage,T.Miyahara

    ISIJ International   45 ( 10 )   1406 - 1415   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 粉体層の摩擦機構の2次元Distinct Element Methodによる数値シミュレーション 査読有り

    湯 晋一,梅景俊彦,川崎 豊

    粉体工学会誌   42 ( 8 )   528 - 536   2005年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 粉体層の摩擦機構の3次元Distinct Element Methodによる数値シミュレーションと実験による検証 査読有り

    梅景俊彦,湯 晋一,勝木謙次

    粉体工学会誌   42 ( 8 )   537 - 545   2005年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Distinct Element Methodにより求めた構成関係を基にしたSmoothed Particle Hydrodynamics法による気泡流動層(2次元)の数値解析と実験による検証 査読有り

    湯 晋一,梅景俊彦,松本寛治

    化学工学論文集   31 ( 2 )   92 - 101   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 離散要素法を用いた粉粒体の構成関係の計算と数式化 査読有り

    湯 晋一,梅景俊彦

    粉体工学会誌   42 ( 1 )   116 - 124   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of a Medium Reynolds Number Baffled Stirred Tank(Re=4500) and Experimental Verification 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage,Y.Nakano,S.Kawakami

    JSME International Journal, Series B   45 ( 4 )   752 - 758   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 邪魔板なし撹拌槽内の流れの直接数値シミュレーションと実験による検証 査読有り

    湯 晋一,中野良徳,梅景俊彦

    化学工学論文集   27 ( 5 )   554 - 559   2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 離散要素法を用いた粒小粒子気泡流動層の数値解析と実験による検証 査読有り

    湯 晋一,梅景俊彦,川上伸一郎

    化学工学論文集   27 ( 5 )   560 - 565   2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Air and Particle Motions in Group-B Particle Turbulent Fluidized Bed 査読有り

    S.Yuu,H.Nishikawa,T.Umekage

    Powder Technology   118 ( 1 )   32 - 44   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of High Reynolds Number Slit Nozzle Gas-Particle Jet Using Subgrid-Scale Coupling Large Eddy Simulation 査読有り

    S.Yuu,T.Ueno,T.Umekage

    Chemical Engineering Science   56 ( 14 )   4293 - 4307   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Particle Existence on High Reynolds Number Slit Nozzle Gas-Particle Two-Phase Jet 査読有り

    S.Yuu,H.Kohno,T.Umekage

    JSME International Journal, Series B   44 ( 2 )   204 - 212   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Powder and Dense Particulate Flows Using Smoothed Particle Method 査読有り

    梅景 俊彦

    Computational Fluid Dynamics Journal   9 ( 4 )   326 - 338   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Cohesive and Non-cohesive Particle Flows in Hoppers Using Distinet Element and Smoothed Particle Method and the Experimental Verification 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage

    NEPTIS-VII, Solid Flow Mechanisms and th Application   54 - 68   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2001年04月  -  2001年04月

  • じゃま板付かくはん槽内の流れの数値シミュレーションと実験による検証 査読有り

    湯 晋一,梅景俊彦,中野良徳,川上伸一郎

    日本機械学会論文集(B編)   67 ( 655 )   595 - 602   2001年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 液中粒子群の沈降及び堆積状態の数値解析と実験による検証 査読有り

    梅景俊彦,湯 晋一,中島賢治,杉本理充,椿 淳一郎

    粉体工学会誌   38 ( 3 )   140 - 146   2001年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 二方向(垂直及び剪断)応力同時測定用プローブの開発と壁面応力の測定 査読有り

    梅景俊彦,湯 晋一,齋藤高志

    化学工学論文集   26 ( 3 )   480 - 482   2000年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation of Air and Particle Motions in Bubbling Fluidized Bed of Small Particles 査読有り

    S.Yuu,T.Umekage,Y.Johno

    Powder Technology   110 ( 2 )   159 - 168   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 高レイノルズ数スリットノズル固気混相噴流の流れに与える粒子の影響 査読有り

    梅景 俊彦

    日本機械学会論文集(B編)   66 ( 641 )   57 - 66   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 粒子群を形成する球形粒子に作用する流体抗力の測定 査読有り

    梅景 俊彦

    日本機械学会論文集(B編)   65 ( 634 )   1948 - 1954   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Particle Existence on Low Reynolds Number Gas-Particle Free Jet (Re=800) 査読有り

    未入力

    JSME International Journal, Serier B   42 ( 1 )   9 - 15   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Numerical Simulation for Brockage of Cohesive Particles in a Hopper Using the Distinct Element Method and its Correlation with Experimental Results of Real Cohesive Granular Materials 査読有り

    未入力

    Advanced Powder Technology   9 ( 4 )   331 - 344   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 低レイノルズ数噴流(Re=800)の乱流化に及ぼす粒子の影響 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集(B編)   64 ( 619 )   677 - 677   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Smoothed Particle(S.P.)法を用いた流動粉体層の数値解析と実験値による検証 査読有り

    梅景 俊彦

    粉体工学会誌   35 ( 3 )   174 - 174   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Nemerical Simulation of Air and Particle Motions in Small Particle Bubbling Fluidized Bed. 査読有り

    未入力

    Proceedings of PTF '98, The Miami Beach 1998 AIChE Annual Meeting   115 - 120   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1998年04月  -  1998年04月

  • 流動粉粒体(粗大粒子)の応力と歪み速度の関係-離散要素法と実験による導出- 査読有り

    梅景 俊彦

    粉体工学会誌   34 ( 4 )   212 - 212   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • DSMC法による乱流流動層中の気流と粒子の運動の数値シミュレーション 査読有り

    未入力

    化学工学論文集   23 ( 6 )   811 - 811   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Measurements of Turbulent Coagulation Process in Turbulent Flow and Comparison with Calculated Results 査読有り

    未入力

    JSME International Journal   39 ( 4 )   731 - 731   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 底面ノズルによる3次元流動層の数値シュミレーションと実験的検証 査読有り

    未入力

    化学工学論文集   22 ( 1 )   67 - 67   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 粗大粒子からなる乱流流動層中の気流と粒子の運動の数値シミュレーション 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集(B編)   62 ( 601 )   3300 - 3300   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Direct Numerical Simulation for Three-Dimensional Gas-Solid Two-Phase Jet Using Two-Way Method and Experimental Verification 査読有り

    未入力

    JSME International Journal   39 ( 2 )   230 - 230   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Three-dimensional Numerical Simulation of the Motion of Particle Discharging from a Rectangular Hopper Using Distinct Element Method and Comparison with Experimental Data(Effects of Time Steps and Material Properties) 査読有り

    未入力

    Advanced Powder Technology   6 ( 4 )   259 - 259   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 乱流気流中における微粒子の凝集過程の測定と数値計算結果との比較 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集(B編)   61 ( 590 )   3655 - 3655   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 乱流が現れるRe=1500の回転二重円筒内流れの直接数値計算と実験値による検証 査読有り

    未入力

    化学工学論文集   21 ( 5 )   886 - 886   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 三次元固気混層乱流自由噴流のTwo-way methodを用いた直接数値計算と実験による検証 査読有り

    梅景 俊彦

    日本機械学会論文集 B編   60 ( 572 )   1152 - 1160   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 空気中を沈降する粒径が異なる微粒子の衝突効率 査読有り

    未入力

    粉体工学会誌   31 ( 10 )   703 - 710   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 低圧気体中で接近する2球間に作用する抗力 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集(B編)   60 ( 574 )   1910 - 1916   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Direct Numerical Simulation of Three-Dimensional Navier Stokes Equations for a Slit Nozzle Free Jet and Experimental Verification 査読有り

    未入力

    JSME International Journal Series B   36 ( 1 )   113 - 120   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 低圧気体中で平板に接近する球に作用する抗力. 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集(B編)   59 ( 561 )   1559 - 1565   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Direct Numerical Simulation for Dilute Gas-Particle Turbulent Jet. 査読有り

    未入力

    Gas-Solid Flows, ASME FED   121   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • スリット形噴流の三次元直接数値計算と実験による検証 査読有り

    梅景 俊彦

    日本機械学会論文集 B編   56 ( 528 )   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 増分形有限要素法による充填粉体層の応力計算と実験による検証(平面ひずみ場の場合) 査読有り

    未入力

    化学工学論文集   16 ( 5 )   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 円形空気噴流における流れの発達過程(Re=50000の場合) 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集 B編   55 ( 520 )   3651 - 3659   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development Process of Turbulence in a Round-Nozzle Air Jet 査読有り

    未入力

    JSME International Journal (Series II)   32 ( 4 )   532 - 539   1989年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 円形空気噴流における流れの発達過程 査読有り

    未入力

    日本機械学会論文集 B編   54 ( 502 )   1292 - 1300   1988年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • 焼結層の層構造形成に及ぼす凝固時の収縮力の影響

    中山清香, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2019年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月23日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • DEMによる粉体層崩壊の前兆現象の観測

    亀谷洋大, 境 崇志, 梅景俊彦

    日本機械学会 第32回計算力学講演会(CMD2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月16日 - 2019年09月18日   記述言語:日本語   開催地:埼玉県川越市  

  • 焼結層の層構造形成に及ぼす溶融時の粒子間付着力の影響

    吉丸正師, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2018年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 高溶融鉱石を含む焼結層の構造変化の数値シミュレーション

    梅景俊彦

    粉体工学会2018年度春期研究発表会  粉体工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月15日 - 2018年05月16日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 焼結層の溶融凝固現象の数値シミュレーション

    山本 弥, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2017年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ハニカム構造体を用いたナノバブル生成装置におけるセル寸法と流速が異なる場合の性能に及ぼす影響

    Takahiko UEDA, Fei Ren, Naoaki NODA, Yoshikazu SANO, Yasushi TAKASE, Toshihiko UMEKAGE, Yuji YONEZAWA

    日本機械学会九州支部久留米講演会No.178-3   日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月21日   記述言語:日本語   開催地:久留米  

  • SPH法を用いた堆積粒状体のストレスディップのメカニズムの解明

    湯 晋一, 梅景俊彦

    粉体工学会2016年度第2回「西日本談話会」講演会  粉体工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月19日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 高炉内の原料粒子と気流の流れの大規模数値シミュレーション

    沼井健吾, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2015年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月21日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動 -高溶融鉱石の配合率と摩擦係数の影響-

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第6回 資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月29日 - 2015年10月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動 -高溶融鉱石の体積溶融率の影響-

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第5回 資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月20日 - 2015年05月21日   記述言語:日本語   開催地:福山  

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動 -鍋試験結果との比較-

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第4回 資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月22日 - 2015年01月23日   記述言語:日本語   開催地:熊本・玉名  

  • 離散要素法による焼結溶融凝固現象のモデル化

    井口紘希, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2014年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月24日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • Counter-Rotating Type Wells Runners for Floating Wave Power Station

    Shun Okamoto, Toshiaki Kanemoto, Huang Bin, Toshihiko Umekage

    The 4th Asia-Pacific Forum on Renewable Energy  Korean Society for New and Renewable Energy (KSNRE)

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月17日 - 2014年11月20日   記述言語:英語   開催地:Yeosu, Korea  

  • 浮遊式波浪発電ステーションに搭載した相反転方式ウェルズタイプランナの内部流れ

    Shun Okamoto, Toshiaki Kanemoto, Huang Bin, Toshihiko Umekage

    第72回ターボ機械協会大分講演会  ターボ機械協会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月03日 - 2014年10月04日   記述言語:英語   開催地:大分  

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会 シンポジウム『低酸化状態の鉄源を積極利用する高品質焼結鉱製造プロセス』  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月24日 - 2014年09月26日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動 -高溶融鉱石層の焼結時の構造変化-

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第3回 資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年04月23日 - 2014年04月24日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 高炉内の原料粒子とガスの流れの大規模数値シミュレーション

    船津陽一, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2013年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月25日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • Floating Type Ocean Wave Power Station (Wells Type Runner Work Submerged in Seawater

    Shun Okamoto, Toru Eshima, Toshiaki Kanemoto, Toshihiko Umekage

    The ASME2013 International Mechanical Engineering Congress & Exposition  American Society of Mechanical Engineers

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月17日 - 2013年11月21日   記述言語:英語   開催地:San Diego, USA  

  • 焼結層中の溶融および構造変化挙動 -付着力と収縮力の影響-

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第2回 資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月07日 - 2013年10月08日   記述言語:日本語   開催地:千葉・富津  

  • 粒状焼結体における亀裂の発生と大規模亀裂への成長のメカニズム

    梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2013年度春期研究発表会  粉体工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月21日 - 2013年05月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 粉粒堆積体のStress Dipのシミュレーションとそのメカニズム

    湯 晋一, 梅景俊彦

    粉体工学会2013年度春期研究発表会  粉体工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月21日 - 2013年05月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Floating Type Ocean Wave Power Station Equipped with Hydroelectric Unit

    Shun Okamoto, Toru Eshima, Toshiaki Kanemoto, Toshihiko Umekage

    The 11th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows  Institute of Engineering Thermophysics, Chinese Academy of Sciences

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月06日 - 2013年05月11日   記述言語:英語   開催地:Shenzhen, China  

  • 離散要素法による焼結溶融凝固現象のモデル化

    末廣拓弥, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2012年度第2回「西日本談話会」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月21日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 離散要素法による焼結溶融凝固現象のモデル化

    梅景俊彦, 湯 晋一

    日本鉄鋼協会 第164回秋季講演大会 討論会『低環境負荷・省エネルギー焼結プロセスをめざして』  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月17日 - 2012年09月19日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • 実高炉内のコークス粒子・鉱石粒子および気流の運動の大規模数値シミュレーション

    野村俊輔, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2011年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月14日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 離散要素法による焼結溶融凝固現象のモデル化

    本人

    日本鉄鋼協会 第162回秋季講演大会 シンポジウム『低炭素焼結プロセスの探求-100kg-CO2-/Fe-tonの削減を目指して-』 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月20日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 実高炉内のコークス粒子・鉱石粒子および気流の運動の大規模数値シミュレーション

    野村俊輔, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2010年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月21日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 大変形歪を用いた粉体の構成関係とそれを用いたホッパーからの粉体の流出・堆積メカニズムのシミュレーションと実験による検証

    湯 晋一, 梅景俊彦

    粉体工学会2010年度秋期研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月30日 - 2010年12月01日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 焼結層における層収縮および空隙形成の数値シミュレーション

    諸藤広修, 梅景俊彦, 湯 晋一

    粉体工学会2009年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月22日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 焼結層における層収縮および空隙形成の数値シミュレーション

    本人

    粉体工学会2008年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月25日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 焼結層収縮・空隙形成の数値シミュレーション

    本人

    日本鉄鋼協会 第156回秋季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月23日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 高炉内の気流及び粒子の流れの数値シミュレーション

    本人

    粉体工学会2007年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月25日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 粉体層の角型ホッパーからの流れとheapの形成の数値計算と実験による検証 -DEMで求めた3次元構成関係によるSPH法を用いて-

    九州工業大学名誉教授 湯 晋一

    粉体工学会2007年度秋期研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月16日 - 2007年10月17日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 高炉内のコークス粒子と気流の運動の数値シミュレーション(炉壁付着物の影響)

    工学研究科・機械知能工学専攻 濱崎元貴

    日本混相流学会年会講演会2007 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月22日 - 2007年06月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 焼結層収縮・空隙形成の数値シミュレーション

    本人

    日本鉄鋼協会第155回春季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月27日 - 2007年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 習志野  

  • 焼結層の収縮および空隙形成の数値シミュレーション

    本人

    日本機械学会九州支部第60期総会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • DEMで求めた粉体層の構成および状態関係とそれを用いた粉体層の動力学的崩壊の計算と実験による検証

    九州工業大学名誉教授 湯 晋一

    2006年度後期京都大学基礎物理学研究所研究会「粉体物理の現状と展望」 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月25日 - 2006年12月27日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 焼結層における層収縮および空隙形成の数値シミュレーション

    工学研究科・機械知能工学専攻 片岡慎治

    粉体工学会2006年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月14日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • DEMで求めた3次元構成関係および状態関係により連続体化した粉体層の安息角形成機構のSPH法による数値計算と実験による検証

    九州工業大学名誉教授 湯 晋一

    粉体工学会2006年度秋期研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月06日 - 2006年11月08日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • 高炉内の気流とコークス粒子の運動の数値シミュレーション(羽口角度の影響)

    本人

    日本機械学会2006年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月18日 - 2006年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • サイクロンによる高濃度粒子分離の数値シミュレーション(外円筒径の影響)

    本人

    日本混相流学会年会講演会2006 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月04日 - 2006年08月06日   記述言語:日本語   開催地: 金沢  

  • DEMで求めた3次元構成関係により連続体化した崩壊粉体層のSPH法による数値計算と実験による検証

    九州工業大学名誉教授 湯 晋一

    粉体工学会2006年度春期研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月23日 - 2006年05月24日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • 気泡流動層のSPH法による数値シミュレーションと実験値による検証

    九州工業大学名誉教授 湯 晋一

    第55回理論応用力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 液中粒子群の沈降及び凝集過程の数値解析

    本人

    粉体工学会2005年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 実高炉内におけるコークス粒子と気流の運動の数値シミュレーション

    門脇正具

    粉体工学会2005年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • DEMで求めた応力、歪とかさ密度による3次元構成関係の数理的表現

    九州工業大学名誉教授 湯 晋一

    粉体工学会2005年度秋期研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • Direct Simulation of Monte Carlo 法を用いたサイクロンによる高濃度粒子分離の数値シミュレーション

    本人

    日本混相流学会年会講演会2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年08月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Smoothed Particle Hydrodynamics法を用いた気泡流動層の数値シミュレーションと実測値との比較

    久保庸三

    粉体工学会2004年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 高炉内のレースウェイを含む領域における気流と粒子の運動の数値シミュレーション

    本人

    日本機械学会第17回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • Large Eddy Simulationを用いた高レイノルズ数邪魔板付き攪拌槽内流れの数値解析と実験による検証

    本人

    日本機械学会第82期流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 固気混相噴流の乱流遷移に関する数値解析による検討

    本人

    日本混相流学会年会講演会2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月   記述言語:日本語   開催地: 岡山  

  • DEMにより求めた構成関係を基にしたSPH法による微小粒子気泡流動層の数値解析と実験による検証

    松本寛治

    化学工学会第69年会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地: 堺  

  • 高炉内のレースウェイ領域における粒子および気流運動の数値シミュレーション

    宮原隆英

    粉体工学会2003年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • レースウェイ内の固体運動シミュレーションによる安定流動域の定量化(第1報)

    本人

    日本鉄鋼協会第146回秋季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 高レイノルズ数邪魔板付き攪拌槽内流体運動のLarge Eddy Simulation等を用いた数値シミュレーションと実験による検証

    本人

    化学工学会第68年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 離散要素法で求めた構成関係に基づいたSmoothed Particle法を用いた気泡流動層の数値解析と実験による検証

    湯晋一

    化学工学会第8回流動層シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 離散要素法を用いた粒状体の摩擦現象の数値解析

    湯晋一

    粉体工学会2002年度第2回西日本談話会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 離散要素法を用いた微小粒子振動流動層中の気流と粒子の運動の数値解析

    本人

    化学工学会第8回流動層シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年12月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 高濃度から低濃度にいたる固気混相噴流中の気流と粒子の運動の数値解析と実験による検証

    湯晋一

    日本混相流学会年会講演会2002 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年07月   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • Direct Simulation of Monte-Carlo法を用いた微小粒子循環流動層中の気流と粒子運動の数値解析と実験による検証

    本人

    日本混相流学会年会講演会2002 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年07月   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 気泡流動層内の気流変動速度の発生機構

    本人

    日本機械学会九州支部第55期支部総会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • Smoothed Particle法による気泡流動層の数値解析及び気泡合一メカニズムの検討

    城野祐生

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 高レイノルズ数邪魔板無し攪拌槽内の流れの数値シミュレーションと実験による検証

    本人

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Smoothed Particle法を用いた気泡流動層の数値解析と実験による検証

    本人

    化学工学会第7回流動層シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年12月   記述言語:日本語   開催地: 兵庫・東浦  

  • スリット噴流の乱流遷移の数値シミュレーション

    湯晋一

    第79期日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月   記述言語:日本語   開催地: 蔵王  

  • 離散要素法を用いたA'粒子(70μm)気泡流動層の数値解析と実験による検証

    本人

    日本混相流学会年会講演会2001 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 邪魔板なし攪拌槽内の流れの数値シミュレーションと実験による検証

    湯晋一

    化学工学会第66年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月   記述言語:日本語   開催地: 東広島  

  • Smoothed Particle法を用いた粉体及び高濃度固気混相流の数値シミュレーション, (招待講演)

    湯晋一

    東京大学弥生研究会 「粒子法研究会(第5回)」講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 高濃度固気混相流(流動層)における気流と粒子の運動, (招待講演)

    本人

    日本混相流学会第4回オーガナイズド混相流フォーラム 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月   記述言語:日本語   開催地: 高山  

  • 邪魔板付攪拌槽内流れ(Re=4500)の数値シミュレーションと実験による検証

    湯晋一

    化学工学会第33回秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:日本語   開催地: 浜松  

  • スリットノズル自由噴流の乱流遷移過程と流れ構造についての研究

    湯晋一

    日本機会学会2000年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年08月   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 液中粒子群の沈降及び堆積状態の数値解析と実験による検証

    本人

    粉体工学会第36回夏期シンポジウム「粒子集合体の圧縮 ・圧密・濃縮」 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月   記述言語:日本語   開催地: 葉山  

  • 微小粒子流動層中の気流と粒子の複雑流れの数値シミュレーションと実験による検証

    本人

    日本混相流学会年会講演会2000 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

▼全件表示

工業所有権

  • ガスワイピングノズル

    湯 晋一,梅景俊彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2002-065725  出願日:2002年03月11日

    公開番号:特開2003-268523  公開日:2003年09月25日

    登録番号:3650802  登録日:2005年03月04日

    亜鉛メッキ鋼板製造ラインで用いられる2次元スリット状のガスワイピングノズル内に多数の仕切りを設けることにより噴流を安定化させて、メッキ層厚さの局所的な凹凸を従来の1/10にまで減少させることを可能にする技術である。

講演

  • Continuum Model and Computer Simulation of Quasistatic and Dynamic Granular Flows

    The 1st International Symposium on Soft Materials  2009年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月25日 - 2009年05月26日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Donghua University, Shanghai, China  

学術関係受賞

  • 日本鉄鋼協会 平成30年度山岡賞(共同研究賞)

    日本鉄鋼協会   2018年03月19日

    資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 数値シミュレーションによるCO_2発生ミニマム化のための高炉内流動現象の解明

    研究課題番号:16560150  2004年04月 - 2006年03月   基盤研究(C)

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   粉体工学特論

  • 2021年度   数値解析法

  • 2021年度   設計製図Ⅰ

  • 2021年度   流体力学基礎

  • 2021年度   設計製図Ⅰ

  • 2021年度   数値解析法

  • 2021年度   機械知能工学概論A

  • 2020年度   粉体工学特論

  • 2020年度   設計製図Ⅰ

  • 2020年度   流体力学基礎

  • 2020年度   設計製図Ⅰ

  • 2020年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅰ

  • 2020年度   流れ学

  • 2020年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅱ

  • 2020年度   数値解析法

  • 2020年度   機械知能工学入門

  • 2020年度   機械知能工学概論A

  • 2019年度   粉体工学特論

  • 2019年度   設計製図Ⅰ

  • 2019年度   流体力学基礎

  • 2019年度   設計製図Ⅰ

  • 2019年度   機械知能工学概論A

  • 2019年度   数値解析法

  • 2019年度   機械知能工学入門

  • 2019年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅱ

  • 2019年度   流れ学

  • 2018年度   流れ学基礎

  • 2018年度   流れ学

  • 2018年度   粉体工学特論

  • 2018年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅱ

  • 2018年度   数値解析法

  • 2018年度   機械知能工学入門

  • 2018年度   機械知能工学概論

  • 2018年度   設計製図Ⅰ

  • 2017年度   粉体工学特論

  • 2017年度   流れ学

  • 2017年度   流れ学基礎

  • 2017年度   数値解析法

  • 2017年度   設計製図Ⅰ

  • 2017年度   機械知能工学概論

  • 2017年度   機械知能工学入門

  • 2017年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅱ

  • 2016年度   流れ学

  • 2016年度   流れ学基礎

  • 2016年度   粉体工学特論

  • 2016年度   数値解析法

  • 2016年度   設計製図Ⅰ

  • 2016年度   機械知能工学概論

  • 2016年度   機械知能工学入門

  • 2016年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅱ

  • 2015年度   流れ学基礎

  • 2015年度   流れ学

  • 2015年度   粉体工学特論

  • 2015年度   数値解析法

  • 2015年度   設計製図Ⅰ

  • 2015年度   機械知能工学入門

  • 2015年度   機械工学概論

  • 2014年度   流れ学

  • 2014年度   粉体工学特論

  • 2014年度   流れ学基礎

  • 2014年度   機械知能工学入門

  • 2014年度   機械工学概論

  • 2014年度   数値解析法

  • 2014年度   設計製図Ⅰ

  • 2013年度   粉体工学特論

  • 2013年度   流れ学

  • 2013年度   流れ学基礎

  • 2013年度   機械知能工学入門

  • 2013年度   機械工学概論

  • 2013年度   数値解析法

  • 2013年度   設計製図Ⅰ

  • 2012年度   粉体工学特論

  • 2012年度   流れ学

  • 2012年度   流れ学基礎

  • 2012年度   機械知能工学入門

  • 2012年度   機械工学概論

  • 2012年度   数値解析法

  • 2012年度   設計製図Ⅰ

  • 2011年度   粉体工学特論

  • 2011年度   流れ学

  • 2011年度   流れ学基礎

  • 2011年度   数値解析法

  • 2011年度   機械工学概論

  • 2011年度   設計製図Ⅰ

  • 2011年度   機械知能工学入門

  • 2010年度   機械知能工学入門

▼全件表示

FD活動への参加

  • 2019年12月   公開授業

  • 2019年07月   公開授業

  • 2018年12月   公開授業

  • 2018年07月   公開授業

その他教育活動

  • 第2回『明専OB懇談会』(2017年1月18日開催)の計画および実施を担当

    2017年01月

     詳細を見る

    学部生と大学院生を対象としたキャリア教育の一環として本学と明専会が主催する第2回「明専OB懇談会」を王子ホールディングス株式会社で活躍中の卒業生(小林進様(S62)、井上晋門様(H14)、森澤和也様(H25)、小島あずさ様(H28))を講師に迎えて実施した。

  • 第37回『明専塾』(2013年1月24日開催)の計画および実施を担当

    2013年01月

     詳細を見る

    学部生と大学院生を対象としたキャリア教育の一環として本学と明専会が主催する第37回「明専塾」をアイシンAWで御活躍中のOB(久保孝行様(情制H6)、若松洋輔様(機宇H16)、松原伸一郎様(情機H20)を講師に迎えて実施した。

  • 第8回『明専塾』(2010年10月28日開催)の計画および実施を担当

    2010年10月

     詳細を見る

    学部生と大学院生を対象としたキャリア教育の一環として本学と明専会が主催する第8回「明専塾」を日立製作所で御活躍中のOB(香田克也様(機56)、中村知治様(制51)、河喜多心哉様(機H12)、山上恵様(建H15))を講師に迎えて実施した。

学会・委員会等活動

  • 日本混相流学会   理事  

    2020年08月 - 現在

  • 粉体工学会   西日本談話会副代表  

    2020年04月 - 現在

  • 日本混相流学会   評議員  

    2015年08月 - 2020年07月

  • 日本機械学会   代表会員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 日本鉄鋼協会   資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会委員  

    2013年04月 - 2016年03月

  • 日本鉄鋼協会   低炭素焼結技術原理の創成研究会委員  

    2009年04月 - 2013年03月

  • (独)新エネルギー産業技術総合開発機構・(財)石炭エネルギーセンター 「クリーン・コール・テクノロジー推進事業・次世代高効率石炭ガス化発電プロセスの開発に関する調査」調査検討委員会   委員(研究評価)  

    2008年12月 - 2012年03月

  • 経済産業省九州経済産業局 九州低炭素システム研究会   委員  

    2008年09月 - 2011年03月

  • 日本混相流学会   評議員  

    2008年08月 - 2014年07月

  • (独)日本学術振興会 産学協力研究委員会・製銑第54委員会   委員  

    2008年04月 - 現在

  • 化学工学会   北九州化学工学懇話会幹事  

    2008年04月 - 現在

  • 粉体工学会   西日本談話会代表  

    2008年04月 - 2020年03月

  • 粉体工学会   評議員  

    2007年04月 - 現在

  • 日本混相流学会   理事  

    2006年08月 - 2008年07月

  • 日本混相流学会   年会講演会2007・日本学術会議第28回混相流シンポジウム実行委員  

    2006年08月 - 2007年07月

  • 日本混相流学会   年会講演会2007学生会 実行委員長  

    2006年08月 - 2007年07月

  • (独)新エネルギー産業技術総合開発機構・(財)石炭エネルギーセンター 「クリーン・コール・テクノロジー推進事業・次世代高効率石炭ガス化発電プロセスの開発に関する調査」調査検討委員会   委員(研究実施)  

    2006年04月 - 2008年03月

  • 日本鉄鋼協会   複合造粒・層設計焼結研究会委員  

    2005年04月 - 2008年03月

  • 粉体工学会   西日本談話会世話人  

    2004年04月 - 2008年03月

  • 粉体工学会   計算粉体力学グループ会世話人  

    2004年04月 - 2008年03月

  • (独)新エネルギー産業技術総合開発機構・(財)石炭利用総合センター 「クリーン・コール・テクノロジー推進事業・次世代高効率石炭ガス化発電プロセスの開発に関する調査」調査検討委員会   委員(研究実施)  

    2004年04月 - 2006年03月

  • 日本鉄鋼協会   CO2発生ミニマム化を目指した高炉限界現象の制御研究会 委員  

    2004年04月 - 2006年03月

  • 日本混相流学会   評議員  

    2003年04月 - 2006年07月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 『ブラジルナッツ効果について』(大分舞鶴高等学校 理数科 2年生)

    2017年08月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    対象:大分舞鶴高等学校 理数科 2年生
    内容:高校生が実験を行った「ブラジルナッツ効果」についての検討結果のプレゼンテーションをベースにして、本学大学院生および学部4年生とのディスカッションおよび「ブラジルナッツ効果」に関する最新研究の解説を行った。

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2017年度)

    2017年07月31日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『粒 or 粉? 粒子法シミュレーションの可能性と問題点 ~津波防災への適用事例と今後の課題~』
     講師 浅井光輝 (九州大学)
    『エンジン効率を考える』
     講師 橘 武史 (九州工業大学)
    『シニアエンジニアの活動奨励 (SCE・Netを参考として)』
     講師 長安敏夫 (化学工学会 産学官連携センター)

  • ジュニアサイエンススクール 北九州工学体験工房

    2016年08月04日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    主催者:九州工業大学
    役割:実施担当者・講師
       タイトル:『粒子や粉体が持ついろいろな性質』
    会場:九州工業大学(戸畑キャンパス)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2016年度)

    2016年08月02日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『河道縦横断形状と河床材料の長期的な予測を目的とした河床・河道変動モデルの開発とその課題』
     講師 重枝未玲 (九州工業大学)
    『どろどろ、さらさらを科学する ― 産学連携を通しての研究・教育』
     講師 佐伯 隆 (山口大学)
    『【ものづくり】 現場での経験』
     講師 大澤武雄 (元・三井化学株式会社)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2015年度)

    2015年07月28日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『マイクロ流路内の気液二相流』
     講師 川原顕磨呂 (熊本大学)
    『Geotechnical Modeling』
     講師 廣岡明彦(九州工業大学)
    『架空送電線の現状と課題(電力インフラの現状)』
     講師 奥村哲郎 (電気学会プロフェッショナル送電コンサルタント)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2014年度)

    2014年08月01日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『地震時液状化の予測・対策技術について』
     講師 永瀬英生 (九州工業大学)
    『液体中を移動する粒子や気泡による液体の乱流混合』
     講師 高曽 徹(九州大学)
    『微細藻類機能の環境問題への応用』
     講師 宮本和久 (大阪大学)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2013年度)

    2013年08月02日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『製銑プロセスの将来と粉体工学との関わりについて』
     講師 松井良行(㈱コベルコ科研)
    『製鉄技術の革新に向けた粉粒体操作』
     講師 清水正賢 (㈱神戸製鋼所)
    『液中粒子表面ミクロ構造の工学プロセスへの影響』
     講師 東谷 公(京都大学名誉教授)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2012年度)

    2012年07月26日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『分散型リサイクルシステムの提案と北九州での取り組み』
     講師 大矢仁史(北九州市立大学)
    『バブルジェット式エアリフトポンプによる海底・湖底堆積物の除去』
     講師 佐田富道雄(熊本大学)
    『フィルタ式固気分離装置の圧力損失式と粒子捕集効率式の導出』
     講師 多田 豊(名古屋工業大学)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2011年度)

    2011年08月02日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『粉体塊が自由落下する場合の粒子群の流れ特性』
     講師 中島賢治(佐世保工業高等専門学校機械工学科)
    『宇宙ごみ問題の現状と微小宇宙ごみ対策について』
     講師 赤星保浩(九州工業大学大学院工学研究院)
    『固気系流動層の流動化特性-気泡挙動と粒子物性』
     講師 山崎量平(富山大学名誉教授)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2010年度)

    2010年07月21日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『相構造を持つフィルムの乾燥』
     講師 山村 方人 (九州工業大学大学院 工学研究院)
    『スラリー系流体の流動・混合状態の可視化』
     講師 上ノ山 周 (横浜国立大学大学院 工学研究院)
    『自然の流体エネルギーが活躍する低炭素社会』
     講師 金元 敏明 (九州工業大学大学院 工学研究院)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2009年度)

    2009年08月27日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『低炭素・循環社会のためのバイオマス利用技術について』
     講師 白井義人(九州工業大学大学院 生命体工学研究科)
    『粉体の閉塞現象を回避可能な供給操作と流動機構』
     講師 尾形公一郎(大島商船高等専門学校 電子機械工学科)
    『微粒子を利用した熱物性制御』
     講師 宮崎康次(九州工業大学大学院 工学研究院)

  • 九州工業大学技術交流会 キューテックコラボ「粉体工学研究会」講演会(2008年度)

    2008年08月28日

     詳細を見る

    種別:講演会

    粉体工学会「西日本談話会」および化学工学会「北九州化学工学懇話会」と連携して、本学附属図書館本館AVホールを会場とし、以下の内容の講演会を企画して開催運営した。
    [演題・講師]
    『充填層・拡散層などの複雑形状を持つ流路内の流動解析』
     講師 松隈洋介(九州大学大学院工学研究院)
    『微粉流動層での流動化ガス切り替え時に起きる奇妙な現象』
     講師 甲斐敬美(鹿児島大学大学院工学研究科)
    『眼科DDSと粉粒体工学』
     講師 東條角治(九州工業大学大学院情報工学研究院)

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • Recent Progress of Computational Powder Mechanics

    粉体工学会  2018年05月16日

  • Physics of glassy and granular materials (Satellite meeting of STATPHYS 25)

    京都大学基礎物理学研究所, 粉体工学会計算粉体力学研究会  2013年07月16日 - 2013年07月19日

  • Recent Progress in Physics of Dissipative Particles.

    京都大学基礎物理学研究所, 粉体工学会計算粉体力学研究会  2010年11月24日 - 2010年11月26日