竹澤 昌晃 (タケザワ マサアキ)

TAKEZAWA Masaaki

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

磁区観察,永久磁石,電力用磁性材料,磁性体微細加工

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-884-3236

研究室FAX

093-884-3236

ホームページ

http://www.ise.kyutech.ac.jp/integrate/researcher/takezawa_ma.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月   東北大学   工学部   電気工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月  東北大学  工学研究科  電気・通信工学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)  1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   教授  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   イノベーション推進機構   グローバル産学連携センター長  

  • 2016年05月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    1999年11月

    東北大学 電気通信研究所   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年12月
    -
    2018年03月
     

    2018年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2018) 実行委員会  日本国

  • 2014年10月
    -
    2016年03月
     

    2015年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2015) 実行委員会  日本国

  • 2013年06月
    -
    2018年09月
     

    日本学術振興会 アモルファス・ナノ材料147委員会  日本国

  • 2011年10月
    -
    継続中
     

    IEEE Magnetics Society  アメリカ合衆国

  • 2011年05月
    -
    2012年12月
     

    22nd Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications 現地実行委員会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Kerr効果顕微鏡を用いたネオジム磁石の磁化反転機構の解明

    Kerr効果  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

     概要を見る

    ハイブリッド自動車の駆動モータなどに用いられるネオジム磁石の磁化反転機構をミクロな観点から解明するため、Kerr効果顕微鏡を用いて磁化反転過程の磁区観察を行う。これにより磁石の保磁力発現のメカニズムを明らかにして、省レアメタルでの耐熱性向上を実現することを目指す

  • 永久磁石の応力下の磁気特性計測方式の開発

    永久磁石、応力、磁区  

    研究期間: 2012年10月  -  継続中

     概要を見る

    ハイブリッド自動車の駆動モータ等に用いられるネオジム磁石において、駆動時の応力負荷を想定した磁気特性劣化を評価する。

  • 珪素鋼の磁性

    電磁鋼板, 磁壁ピンニング, 鉄損  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

  • 紫外光Kerr効果顕微鏡による熱アシスト磁化反転の高速・高分解能動磁区観察

    高分解能磁区観察  

    研究期間: 2011年04月  -  2014年03月

  • 硬質磁性材料の高分解能磁区構造観察手段の開発と磁化過程解析に関する研究

    Nd-Fe-B系磁石, Kerr効果顕微鏡  

    研究期間: 2007年04月  -  2012年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic properties and microstructures of high heat-resistance Sm-Co magnets with high Fe and low Zr content

    Machida H., Fujiwara T., Fujimoto C., Kanamori Y., Sakakura K., Takezawa M.

    AIP Advances    9 ( 12 )   2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 Author(s). The magnetic properties and microstructures of 2-17 type Sm-Co magnets with high Fe and low Zr content were investigated. The developed magnet achieved maximum energy product, [BH]m of 34.5 MGOe, intrinsic coercivity, Hcj of 21.3 kOe and squareness of 73.3% at 25 °C. Temperature coefficients of remanent magnetic flux density, Br and Hcj were 0.034%/K and 0.28%/K respectively, which values were almost as same as the conventional Sm-Co magnets. Moreover, the developed magnets had high magnetization orientation. For XRD, it was found that Zr was preferentially substituted by Co-Co pair, this made interaction between Co and Co stronger, so that heat resistance was maintained. Magnetic domain structures were observed with a Kerr effect microscope, and then it was observed that the developed magnet had strong pinning force. In the microstructures, the developed magnet had 200∼500 nm cell size with Fe and Cu separated clearly. This led to large gap of domain wall energy which produces strong pinning force. Because the developed magnet had high magnetization orientation and large gap of domain wall energy, we achieved high magnetic properties and high heat resistance on the developed magnet.

    DOI Scopus

  • Magnetic Domain Structures and Magnetic Properties of Lightly Nd-Doped Sm-Co Magnets with High Squareness and High Heat Resistance

    Machida H., Fujiwara T., Fujimoto C., Kanamori Y., Tanaka J., Takezawa M.

    IEEE Transactions on Magnetics    55 ( 2 )   2019年02月  [査読有り]

     概要を見る

    © 1965-2012 IEEE. The relationship between magnetic domain structures and magnetic properties of Nd-doped Sm(Fe, Cu, Zr, Co)7.5 was investigated. In the preparation process, slow cooling between sintering and solution treatment was employed to promote homogenization of microstructures. The developed magnet achieved a maximum energy product, [BH]m, of 33.8 MGOe and coercivity, Hcb, of 11.2 kOe at 25 °C, respectively. Moreover, B-H line at 150 °C was linear, which means that irreversible demagnetization does not occur even at 150 °C. Temperature coefficients of remanent magnetic flux density, Br, and intrinsic coercivity, Hcj, were 0.035%/K and 0.24%/K, respectively, as usual the conventional Sm-Co magnet. Magnetic domain structures were observed with a Kerr effect microscope with a magnetic field applied from 0 to-20 kOe, and then reverse magnetic domains were generated evenly from grain boundaries. Microstructures referred to as 'cell structures' were observed with a scanning transmission electron microscope. Fe and Cu were separated to 2-17 and 1-5 phases, respectively. Moreover, without producing impurity phases, Nd showed the same composition behavior with Sm in a cell structure.

    DOI Scopus

  • 研究調査委員会 レポート:ナノスケール磁性体の構造・組織解析と創製調査専門委員会

    竹澤 昌晃

    電気学会論文誌. A  ( 一般社団法人 電気学会 )  139 ( 10 ) NL10_5 - NL10_5   2019年01月

    DOI CiNii

  • Magnetic properties and crystal structure of high-purity Fe-(6,6.5,7) mass%Si alloys

    Matsuyama K., Sasaki I., Nakagawa S., Era H., Takezawa M., Horibe Y., Hata S., Kaidou C., Ogawa T., Kubo S.

    2018 IEEE International Magnetic Conference, INTERMAG 2018      2018年10月  [査読有り]

    DOI Scopus

  • Change in Magnetic Domain Structure of Nd-Fe-B Sintered Magnets by Compressive Stress

    Takezawa M., Morimoto Y., Ejima J., Nakano Y., Araki T.

    Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi)    203 ( 1 ) 9 - 17   2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 Wiley Periodicals, Inc. To clarify the relationship between compressive stresses and demagnetization of Nd-Fe-B sintered magnets, we have examined the change in domain configuration by compressive stresses using a Kerr microscope. The magnetic domains of five kinds of Nd-Fe-B sintered magnets have been observed. The magnets have a coercivity of 0.8 MA/m to 1.4 MA/m and residual magnetic flux density of 1.3 T to 1.5 T. Irreversible demagnetization of Nd-Fe-B magnets with a low coercivity of 0.875 MA/m and high residual magnetic flux density of 1.41 T to 1.47 T have occurred from applying a compressive stress of 100 MPa. The compression-affected area is approximately 0.14%. The stress more than 50 MPa is needed to demagnetize Nd-Fe-B magnets. The amount of irreversible demagnetization depends upon the intensity of the compressive stress as well as the residual magnetic flux and coercive force of the magnets.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 次世代永久磁石の開発最前線(共著)

    監修:尾崎 公洋, 杉本 諭(執筆者50名) ( 共著 )

    エヌ・ティー・エス  2019年02月 ISBN: 978-4-8604-3586-8

  • 磁性材料・部品の最新開発事例と応用技術(共著)

    編集:技術情報協会 (執筆者67名) ( 共著 )

    技術情報協会  2018年03月 ISBN: 978-4-8610-4705-3

  • 磁気便覧(共著)

    編集:(公)日本磁気学会(執筆者124名) ( 共著 )

    丸善出版  2016年01月 ISBN: 978-4-621-30014-5

  • 省/脱Dyネオジム磁石と新規永久磁石の開発(共著)

    監修:宝野和博, 広沢哲(執筆者40名) ( 共著 )

    シーエムシー出版  2015年06月 ISBN: 978-4-7813-1072-5

  • 改訂 磁気工学の基礎と応用(共著)

    電気学会 マグネティックス技術委員会 編 ( 共著 )

    コロナ社  2013年10月 ISBN: 978-4-339-00856-2

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Kerr効果顕微鏡で観察した磁性体の磁区構造と結晶組織の比較

    竹澤 昌晃

    令和2年 電気学会全国大会  (東京電機大学)  2020年03月  -  2020年03月   

  • 磁区観察を用いたNd添加Sm-Co系磁石の減磁過程の検討

    坂倉 健治, 竹澤 昌晃, 町田 浩明, 藤原 照彦

    電気学会マグネティックス研究会  (東京)  2019年12月  -  2019年12月    電気学会マグネティックス技術委員会

  • フラックスゲート磁気センサの小型・高感度化に向けた磁性アモルファスワイヤの作製.

    向野 伸, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 宮田 大史

    電気学会マグネティックス研究会  (神奈川 慶應大学究所)  2019年12月  -  2019年12月    電気学会マグネティックス技術委員会

  • Magnetic properties and microstructures of high heatresistance Sm-Co magnets with high Fe and low Zr content

    H. Machida, T. Fujiwara, C. Fujimoto, Y. Kanamori, K. Sakakura, M. Takezawa

    64th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  (Las Vegas)  2019年11月  -  2019年11月   

  • Analysis of Magnetization Process of Magnetic Materials by In-situ Magnetic Domain Observation with a Kerr Microscope

    M. Takezawa  [招待有り]

    12th International Conference on Ferrites (ICF12)  (Boston)  2019年10月  -  2019年11月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 希土類コバルト永久磁石及びその製造方法、並びにデバイス

    特願 特願2019-091966  日本国

    竹樺昌晃, 町田浩明, 藤原照彦, 金森 悠

  • 希土類コバルト系永久磁石、その製造方法、モータ、及びデバイス

    特願 特願2017-544376  特開 WO2017/061126  特許 特6549720  日本国

    竹樺昌晃, 藤原照彦, 町田浩明, 吉川秀之

講演 【 表示 / 非表示

  • In-situ Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Permanent Magnet with a Kerr Microscope

    the 14th International Union of Materials Research Societies- International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM2015) ( Jeju, Korea )  2015年10月29日 

  • Analysis of Demagnetization Process of Nd-Fe-B Permanent Magnets by Domain Observation Using Kerr Microscope

    2012 ENERGY MATERIALS NANOTECHNOLOGY (EMN FALL) ( Las Vegas, USA )  2012年11月29日  ENERGY MATERIALS NANOTECHNOLOGY

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Permanent Magnets with A High-Resolution Kerr Microscope Using Ultraviolet Light

    2012 Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) ( Seoul, South Korea )  2012年06月26日  Collaborative Conference on Materials Research (CCMR)

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Kerr効果顕微鏡を用いた動磁区観察によるネオジム磁石の磁化反転機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26420311

  • 紫外光Kerr効果顕微鏡による熱アシスト磁化反転の高速・高分解能動磁区観察

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560402

  • 紫外光を用いた高分解能カー効果顕微鏡によるナノ磁性ドットの超高速動磁化反転機構

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  21760261

  • パノスコピック形態制御高性能希土類磁石を用いた磁気マイクロマシンの設計と試作

    特定領域研究

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  20900133

  • 高速シャッター制御によるMHz帯高速動磁区観察と高周波マイクロ磁気デバイスの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  18760255

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ナノマニュピュレーションによる高温対応Sm-Co/αーFe系ナノコンポジット磁石の創製に関する検討

    受託研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年02月

  • 低希土類元素組成高性能異方性ナノコンポジット磁石の開発(微結晶磁性体の高分解能磁区構造観察手段の開発と磁化過程解析に関する研究)

    受託研究

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月

     概要を見る

    平成23年度科学技術試験研究委託事業

  • 低希土類元素組成高性能異方性ナノコンポジット磁石の開発(微結晶磁性体の高分解能磁区構造観察手段の開発と磁化過程解析に関する研究)

    受託研究

    研究期間:  2010年04月  -  2011年03月

  • 高感度磁気センサ用アモルファスワイヤの磁区観察

    その他共同研究等

    研究期間:  2009年11月  -  2009年11月

     概要を見る

    共同研究
    共同研究に参加した全人数:2名
    成果:研究私的記録

  • GHz帯におけるMIセンサの動作特性解析

    その他共同研究等

    研究期間:  1999年04月  -  2001年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 低希土類元素組成高性能異方性ナノコンポジット磁石の開発

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2007年07月  -  2012年03月

  • レーザアブレーション技術と低温プロセス技術を融合させたGHz帯マイクロL素子用ナノ結晶ソフトフェライト膜の開発

    提供機関:  独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 

    研究期間:  2001年09月  -  2002年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  電気回路Ⅱ

  • 2019年度  総合システム工学実験Ⅱ

  • 2019年度  電気回路Ⅱ

  • 2019年度  磁気工学特論

  • 2019年度  電気機器Ⅱ

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 電気学会マグネティックス技術委員会研究奨励賞

    2018年02月   電気学会マグネティックス技術委員会

  • 電気学会マグネティックス技術委員会研究奨励賞

    2016年01月   電気学会マグネティックス技術委員会

  • 第5回 PBL合同成果発表会 (九州P-1グランプリ) グランプリ

    2015年03月   九州工業大学

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月30日   第3回工学研究院FD研修会

  • 2018年06月27日   第1回工学研究院FD研修会

  • 2011年07月27日   研修会参加

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
    -
    2019年05月

    日本磁気学会   編集・論文委員会 分野副主査

  • 2016年12月
    -
    2018年03月

    2018年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2018) 実行委員会   委員

  • 2016年07月
    -
    2019年06月

    電気学会   ナノスケール磁性体の構造・組織解析と創製調査専門委員会 委員長

  • 2016年01月
    -
    2016年12月

    電気学会   平成28年度基礎・材料・共通部門大会実行委員会 委員

  • 2014年10月
    -
    2016年03月

    2015年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2015) 実行委員会   委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2017年07月
     
     

     概要を見る

    鹿児島県立川内高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2016年06月
     
     

     概要を見る

    八幡南高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2015年08月
     
     

     概要を見る

    佐賀西高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2015年01月
     
     

     概要を見る

    高槻中学高等学校

  • 久留米市立高良内小学校 理科体験授業

    2015年01月
     
     

     概要を見る

    高良内小学校で、PBL授業で作成したネオジム磁石の強さを安全に体験できる理科体験授業を開催した。

全件表示 >>

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (学生向けPR)

    電気自動車モータ用磁性材料の高性能化に関する研究

  • (企業向けPR)

    Kerr効果顕微鏡を用いた磁区構造解析による磁性材料の性能向上、単ロール急冷装置による磁性薄帯およびワイヤの作成、スパッタ装置および真空蒸着装置による磁性薄膜の作成、RIEによる磁性薄膜の3次元微細加工

    磁性材料の作成、加工、および磁区観察(ミクロな磁気情報の可視化)による特性評価を行います。