2023/12/26 更新

写真a

タケザワ マサアキ
竹澤 昌晃
TAKEZAWA Masaaki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 電気電子工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
093-884-3236
研究室FAX
093-884-3236
外部リンク

研究キーワード

  • 永久磁石

  • 電力用磁性材料

  • 磁気センサ

  • 磁区観察

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器  / electric device, electric equipment

出身学校

  • 1994年03月   東北大学   工学部   電気工学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1999年03月   東北大学   工学研究科   電気・通信工学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東北大学  -  博士(工学)   1999年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     教授

  • 2018年04月 - 2020年03月   九州工業大学   イノベーション推進機構     グローバル産学連携センター長

  • 2016年05月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系     教授

学外略歴

  • 1999年04月 - 1999年11月   東北大学 電気通信研究所   助手   日本国

所属学会・委員会

  • 2023年03月 - 2024年12月   2024年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2018) 実行委員会   日本国

  • 2020年05月 - 2022年05月   2021年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2018) 実行委員会   日本国

  • 2018年10月 - 2024年03月   日本学術振興会 アモルファス・ナノ材料と応用 147委員会   日本国

  • 2016年12月 - 2018年03月   2018年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2018) 実行委員会   日本国

  • 2014年10月 - 2016年03月   2015年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2015) 実行委員会   日本国

  • 2013年06月 - 2018年09月   日本学術振興会 アモルファス・ナノ材料147委員会   日本国

  • 2011年10月 - 現在   IEEE Magnetics Society   アメリカ合衆国

  • 2011年05月 - 2012年12月   22nd Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications プログラム&プロシーディング委員会   日本国

  • 2011年05月 - 2012年12月   22nd Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications 現地実行委員会   日本国

  • 2008年04月 - 現在   日本金属学会   日本国

  • 2008年04月 - 現在   粉体粉末冶金協会   日本国

  • 2004年04月 - 現在   日本磁気学会   日本国

  • 2004年04月 - 現在   電気学会   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • Kerr効果顕微鏡を用いたネオジム磁石の磁化反転機構の解明

    Kerr効果

    研究期間: 2014年04月  -  現在

     詳細を見る

    ハイブリッド自動車の駆動モータなどに用いられるネオジム磁石の磁化反転機構をミクロな観点から解明するため、Kerr効果顕微鏡を用いて磁化反転過程の磁区観察を行う。これにより磁石の保磁力発現のメカニズムを明らかにして、省レアメタルでの耐熱性向上を実現することを目指す

  • 永久磁石の応力下の磁気特性計測方式の開発

    永久磁石、応力、磁区

    研究期間: 2012年10月  -  現在

     詳細を見る

    ハイブリッド自動車の駆動モータ等に用いられるネオジム磁石において、駆動時の応力負荷を想定した磁気特性劣化を評価する。

  • 珪素鋼の磁性

    電磁鋼板, 磁壁ピンニング, 鉄損

    研究期間: 2009年04月  -  現在

  • 紫外光Kerr効果顕微鏡による熱アシスト磁化反転の高速・高分解能動磁区観察

    高分解能磁区観察

    研究期間: 2011年04月  -  2014年03月

  • 硬質磁性材料の高分解能磁区構造観察手段の開発と磁化過程解析に関する研究

    Nd-Fe-B系磁石, Kerr効果顕微鏡

    研究期間: 2007年04月  -  2012年03月

論文

  • Magnetic Domain Observation of Milled Nanocrystalline Alloy Powder 査読有り

    Takezawa M., Nagaki T., Motozuka S., Sasaki I., Ando Y., Narahara H., Mori N., Shikayama T., Mukai S., Maeda S., Sakima S., Ishii T.

    IEEE Transactions on Magnetics ( IEEE )   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Fe-based nanocrystalline alloys have high magnetic flux density and low loss. Therefore, in this study, the magnetic domain structure of the ball-milled magnetic powders of these nanocrystalline alloys was observed using a Kerr effect microscope. The effect of strain removal heat treatment on the magnetic properties of the powder was also investigated by observing and comparing the magnetic domain structure of the milled powder before and after heat treatment during the preparation process of the nanocrystalline-milled powder. Our findings showed that the strain removal heat treatment changed the size and shape of the magnetic domains to a simple structure. In addition, the domain wall motion was found to be sensitive to the magnetic field, resulting in soft magnetic properties.

    DOI: 10.1109/TMAG.2023.3283211

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85161616085&origin=inward

  • Observation of Magnetic Domains in Amorphous MagneticWires with a Diameter of 10 μm Used in GSR Sensors 査読有り 国際誌

    M. Takezawa, Y. Harada, Y. Honkura, and S. Honkura

    Sensors   23 ( 7 )   3506-1 - 3506-9   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The core of a Gigahertz Spin Rotation (GSR) sensor, a compact and highly sensitive magnetic sensor, is composed of Co–Fe-based amorphous magnetic wire with a diameter of 10 μm. Observations of the magnetic domain structure showed that this magnetic wire has unusual magnetic noise characteristics. Bamboo-shaped magnetic domains a few hundred micrometers in width were observed to form inside the wire, and smaller domains a few micrometers across were observed to form inside these larger domains. The magnetic domain pattern changed abruptly when an external magnetic field was applied to the wire. Herein is shown how these changes may be a source of magnetic noise in the wire.

    DOI: 10.3390/s23073506

    PubMed

  • Magnetic Domain Observation of Milled Nanocrystalline Alloy Powder 査読有り 国際誌

    Takezawa M., Nagaki T., Motozuka S., Sasaki I., Ando Y., Narahara H., Mori N., Shikayama T., Mukai S., Maeda S., Sakima S., Ishii T.

    2023 IEEE International Magnetic Conference - Short Papers, INTERMAG Short Papers 2023 - Proceedings   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Fe-based nanocrystalline alloys have high magnetic flux density and low loss. So, in this study, the magnetic domain structure of ball-milled magnetic powders of these nanocrystalline alloys was observed using a Kerr effect microscope. The effect of strain removal heat treatment on the magnetic properties of the powder was also investigated by observing and comparing the magnetic domain structure of the milled powder before and after heat treatment during the preparation process of the nanocrystalline milled powder. Our findings showed that the strain removal heat treatment changed the size and shape of the magnetic domains to a simple structure. In addition, the magnetic wall motion was found to occur quickly, resulting in soft magnetic properties.

    DOI: 10.1109/INTERMAGShortPapers58606.2023.10228715

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85172725611&origin=inward

  • Effect of Mn doping on magnetic properties, magnetic domain structures and microstructures of 2-17 type Sm-Co magnets 査読有り 国際誌

    Machida H., Fujiwara T., Fujimoto C., Kanamori Y., Inoue K., Takezawa M.

    IEEE Transactions on Magnetics   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Magnetic properties, magnetic domain structures and microstructures of Sm(Fe<sub>0.328</sub>Cu<sub>0.055</sub>Zr<sub>0.017</sub>Mn<sub>x</sub>Co<sub>bal</sub>)<sub>7.65</sub> (x=0.005, 0.010) were investigated. Even with Mn content increased, magnetic properties didn&#x2019;t deteriorate, remanent magnetic flux density, <italic>B</italic><sub>r</sub>, maximum energy product, [<italic>BH</italic>]<sub>m</sub> and squareness, <italic>H</italic><sub>k</sub>/<italic>H</italic><sub>cj</sub> (<italic>H</italic><sub>k</sub> is a reverse magnetic field value when magnetization becomes 90 % of <italic>B</italic><sub>r</sub>), exceeded 12 kG, 33.5 MGOe and 70 %, respectively in both samples. However, a mechanism of magnetic reversal was different, reverse magnetic domains were easy to propagate from grain boundaries in x=0.005, grain interior in x=0.010, respectively. In microstructures, Cu concentration increased in grain boundaries, and cell size enlarged with an increase in Mn content. Because microstructures were formed properly and its size was enlarged, which produce strong pinning force, and negative effects by doping non-ferromagnetic element Mn was compensated.

    DOI: 10.1109/TMAG.2023.3282679

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85161599523&origin=inward

  • Microstructure and Magnetic Characterization on Ball-milled Fe-based Nanocrystalline Alloy Sheet 査読有り

    Nagata S., Horibe Y., Hiramoto S., Narahara H., Mori N., Sasaki I., Takezawa M., Ando Y., Shikayama T., Mukai S., Maeda S., Sakima S., Ishii T., Motozuka S.

    2023 IEEE International Magnetic Conference - Short Papers, INTERMAG Short Papers 2023 - Proceedings   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    To realize the effective utilization of the end material and its application to a soft magnetic composite, Fe-based nanocrystalline alloy sheets were ball-milled, and platelet particles were obtained, in this work. Instrumental analyses revealed that although a micro strain was introduced into the nanocrystalline α-Fe grains in the achieved alloy powder, almost no changes were found in the amorphous part filled among the grains. The ball-milling treatment greatly increased the coercive force of the pulverized nanocrystalline sheet. Although the coercive force of the alloy powder decreased after the heat treatment, the coercive force remained to be approximately 10 times higher than that of the heat-treated alloy sheet without the ball-milling treatment, even after the heat treatment. The magnetic process of the ball-milled and heat treated nanocrystalline alloy powder will be discussed in detail in the conference based on the obtained results and Lorentz transmission electron microscopy.

    DOI: 10.1109/INTERMAGShortPapers58606.2023.10228768

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85172728252&origin=inward

  • Microstructure and Magnetic Characterization on Ball-Milled Fe-Based Nanocrystalline Alloy Sheet 査読有り

    Nagata S., Horibe Y., Hiramoto S., Narahara H., Mori N., Sasaki I., Takezawa M., Ando Y., Shikayama T., Mukai S., Maeda S., Sakima S., Ishii T., Motozuka S.

    Digests of the Intermag Conference   2023-May   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this work, ball-milled iron (Fe)-based nanocrystalline alloy sheets and obtaining platelet particles are used to effectively utilize the end material and apply it to a soft magnetic composite. The instrumental analysis results reveal that, although a microstrain is introduced into the nanocrystalline α-Fe grains in the achieved alloy powder, the amorphous part filled among the grains experiences almost no change. The ball-milling treatment greatly increases the coercive force of the pulverized nanocrystalline sheet. Although the coercive force of the alloy powder decreases after the heat treatment, it remained approximately 10 times higher than that of the heat-Treated alloy sheet without the ball-milling treatment, even after the heat treatment. The magnetic process of the ball-milled and post-Annealed nanocrystalline alloy powder is discussed based on the results of the synchrotron radiation X-ray analysis and transmission electron microscopy with the Lorentz technique.

    DOI: 10.1109/INTERMAG50591.2023.10265082

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85174529137&origin=inward

  • Recent topics of magnetic domain observation technique of nano-scaled magnetic materials 査読有り

    Takezawa M.

    IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials ( 一般社団法人 電気学会 )   141 ( 2 )   112 - 117   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Recent topics of magnetic domain observation technique of nano-scaled magnetic materials were summarized and reported. Magnetic properties of nano-scaled magnetic materials are highly dependent on the magnetic domain structure inside their magnetic materials. Therefore, an observation technique of the magnetic domain structure of magnetic materials is an extremely important field of technology to improve the performance of various devices. Spatial resolution of the domain observation and the observation technique in high magnetic fields were described.

    DOI: 10.1541/ieejfms.141.112

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100296786&origin=inward

  • Influence of oxygen or carbon impurities on domain structure of Sm-Co magnets 査読有り

    Takezawa M., Sakakura K., Tanaka J., Machida H., Fujiwara T.

    IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials ( 一般社団法人 電気学会 )   141 ( 2 )   133 - 138   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Magnetic domain structure changes during a demagnetization process of 2-17 type Sm-Co magnets with different amounts of carbon and oxygen were observed using a Kerr effect microscope. Moreover, the effects of the excess carbon and excess oxygen compositions on the demagnetization process of the magnets were investigated. As a result, it is found that in the Sm-Co magnets with high carbon and oxygen composition, the nucleation of reversal magnetic domains inside grains during the demagnetization process easily occurs at a lower demagnetization field strength. The nucleation of the reversal magnetic domain in grains causes a decrease in a squareness ratio of a demagnetization curve.

    DOI: 10.1541/ieejfms.141.133

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100241758&origin=inward

  • Preface to special issue on “recent topics and future prospect of analysis and creation of structure in nano-scaled magnetic materials”. 査読有り

    Takezawa M.

    IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials   141 ( 2 )   2021年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.1541/ieejfms.141.98

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100268214&origin=inward

  • 軟X線ナノビーム走査型XMCDによるNd-Fe-B系焼結磁石の結晶方位と磁区構造の関係解析

    槙 智仁, 古澤 大介, 西内 武司, 竹澤 昌晃

    SPring-8/SACLA利用研究成果集 ( 公益財団法人 高輝度光科学研究センター )   9 ( 1 )   80 - 82   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    Nd-Fe-B 系焼結磁石において結晶方位と磁区構造の関係を明らかにすることを目的とし、配向方向に平行な面において電子線後方散乱回折(EBSD)と BL25SU の軟X線磁気円二色性(MCD)顕微鏡装置による磁区観察を同位置で行った。熱消磁状態では多くの領域において多磁区粒子となっており、磁区は隣接する粒子をまたがって連続する場合が多いことがわかった。また、観察面に対し平行な磁場中で明瞭な磁区構造変化を得ることに成功した。その結果、粒子の磁化容易方向と印加磁場の角度差が大きい場合には磁壁移動が妨げられる可能性があることを示した。

    DOI: 10.18957/rr.9.1.80

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007976096

  • 軟磁性金属粉末における磁区の変化挙動が磁気特性におよぼす影響 査読有り

    佐藤 誉将 , 深瀬 美紀子 , 竹澤 昌晃

    電気製鋼 : 大同特殊鋼技報 ( 大同特殊鋼 )   91 ( 1 )   13 - 18   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Soft magnetic powder cores are used for choke coils, used in DC-DC converters, noise filters, etc. However, the increase of core loss during high frequency driving needs to be improved. Since core loss is related to magnetic domain motion, it is important to observe magnetic domains clearly to understand how to decrease core loss.In this study, the relation between core loss and the magnetic domain motions in various Fe-Si alloy powders has been investigated by observing magnetic domains with a Kerr effect microscope.We concluded as follows:(1) Grain boundaries, vacancies and precipitates prevent the motion of domain walls as pinning sites.(2) The patterns of magnetic domains vary with internal strain, crystal orientation, or segregation in the powders. Change rate of luminance value decreases in powder with complex magnetic domains.(3) Hysteresis loss decreases with increase of change rate of luminance value which quantifies the ease of domain wall motion. Therefore, it is important to relax the strain induced by solidification or to homogenize the segregation so that domain walls can easily move.

  • Magnetic properties and microstructures of high heat-resistance Sm-Co magnets with high Fe and low Zr content 査読有り

    Machida H., Fujiwara T., Fujimoto C., Kanamori Y., Sakakura K., Takezawa M.

    AIP Advances   9 ( 12 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Author(s). The magnetic properties and microstructures of 2-17 type Sm-Co magnets with high Fe and low Zr content were investigated. The developed magnet achieved maximum energy product, [BH]m of 34.5 MGOe, intrinsic coercivity, Hcj of 21.3 kOe and squareness of 73.3% at 25 °C. Temperature coefficients of remanent magnetic flux density, Br and Hcj were 0.034%/K and 0.28%/K respectively, which values were almost as same as the conventional Sm-Co magnets. Moreover, the developed magnets had high magnetization orientation. For XRD, it was found that Zr was preferentially substituted by Co-Co pair, this made interaction between Co and Co stronger, so that heat resistance was maintained. Magnetic domain structures were observed with a Kerr effect microscope, and then it was observed that the developed magnet had strong pinning force. In the microstructures, the developed magnet had 200∼500 nm cell size with Fe and Cu separated clearly. This led to large gap of domain wall energy which produces strong pinning force. Because the developed magnet had high magnetization orientation and large gap of domain wall energy, we achieved high magnetic properties and high heat resistance on the developed magnet.

    DOI: 10.1063/1.5129805

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077601409&origin=inward

  • Magnetic Domain Structures and Magnetic Properties of Lightly Nd-Doped Sm-Co Magnets with High Squareness and High Heat Resistance 査読有り

    Machida H., Fujiwara T., Fujimoto C., Kanamori Y., Tanaka J., Takezawa M.

    IEEE Transactions on Magnetics   55 ( 2 )   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 1965-2012 IEEE. The relationship between magnetic domain structures and magnetic properties of Nd-doped Sm(Fe, Cu, Zr, Co)7.5 was investigated. In the preparation process, slow cooling between sintering and solution treatment was employed to promote homogenization of microstructures. The developed magnet achieved a maximum energy product, [BH]m, of 33.8 MGOe and coercivity, Hcb, of 11.2 kOe at 25 °C, respectively. Moreover, B-H line at 150 °C was linear, which means that irreversible demagnetization does not occur even at 150 °C. Temperature coefficients of remanent magnetic flux density, Br, and intrinsic coercivity, Hcj, were 0.035%/K and 0.24%/K, respectively, as usual the conventional Sm-Co magnet. Magnetic domain structures were observed with a Kerr effect microscope with a magnetic field applied from 0 to-20 kOe, and then reverse magnetic domains were generated evenly from grain boundaries. Microstructures referred to as 'cell structures' were observed with a scanning transmission electron microscope. Fe and Cu were separated to 2-17 and 1-5 phases, respectively. Moreover, without producing impurity phases, Nd showed the same composition behavior with Sm in a cell structure.

    DOI: 10.1109/TMAG.2018.2868969

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85054514910&origin=inward

  • 研究調査委員会 レポート:ナノスケール磁性体の構造・組織解析と創製調査専門委員会

    竹澤 昌晃

    電気学会論文誌. A ( 一般社団法人 電気学会 )   139 ( 10 )   NL10_5 - NL10_5   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejfms.139.NL10_5

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007722290

  • Magnetic properties and crystal structure of high-purity Fe-(6,6.5,7) mass%Si alloys 査読有り

    Matsuyama K., Sasaki I., Nakagawa S., Era H., Takezawa M., Horibe Y., Hata S., Kaidou C., Ogawa T., Kubo S.

    2018 IEEE International Magnetic Conference, INTERMAG 2018   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/INTMAG.2018.8508412

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85066793510&origin=inward

  • Change in Magnetic Domain Structure of Nd-Fe-B Sintered Magnets by Compressive Stress 査読有り

    Takezawa M., Morimoto Y., Ejima J., Nakano Y., Araki T.

    Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi)   203 ( 1 )   9 - 17   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Wiley Periodicals, Inc. To clarify the relationship between compressive stresses and demagnetization of Nd-Fe-B sintered magnets, we have examined the change in domain configuration by compressive stresses using a Kerr microscope. The magnetic domains of five kinds of Nd-Fe-B sintered magnets have been observed. The magnets have a coercivity of 0.8 MA/m to 1.4 MA/m and residual magnetic flux density of 1.3 T to 1.5 T. Irreversible demagnetization of Nd-Fe-B magnets with a low coercivity of 0.875 MA/m and high residual magnetic flux density of 1.41 T to 1.47 T have occurred from applying a compressive stress of 100 MPa. The compression-affected area is approximately 0.14%. The stress more than 50 MPa is needed to demagnetize Nd-Fe-B magnets. The amount of irreversible demagnetization depends upon the intensity of the compressive stress as well as the residual magnetic flux and coercive force of the magnets.

    DOI: 10.1002/eej.23058

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85036523298&origin=inward

  • Influence of Misorientation Angle Between Adjacent Grains on Magnetization Reversal in Nd-Fe-B-Based Sintered Magnet 査読有り

    T. Maki, R. Uchikoshi, R. Ishii, M. Natsumeda, T. Nishiuchi, M. Takezawa

    Journal of the Magnetics Society of Japan   42 ( 2 )   24 - 29   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3379/msjmag.1803R004

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/msjmag/42/2/42_1803R004/_pdf

  • コールドクルーシブル溶解法で溶製した高純度Fe-3 mass%Si合金の磁気特性と機械的特性 査読有り

    中川 翔太, 渡辺 稜介, 佐々木 巌, 竹澤 昌晃, 堀部 陽一, 波多 聰, 開道 力, 小川 俊文, 恵良 秀則

    日本金属学会誌   82 ( 12 )   476 - 483   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Magnetic properties and mechanical properties of high purity Fe-3 mass%Si alloy by cold crucible levitation melting was investigated. The raw material of the alloy made from electrolytic iron and pure silicon with a purity of 99.99 mass% and 99.999 mass% in amount of impurities excluding Fe and Si were suppressed to 90 ppm or less. In the magnetic property, the iron loss of the alloy was reduced to a third of 35H210, a silicon steel sheet of the same Si composition commercially. This reduction shows the effect of high purity. In the magnetic domain observation, the equal behavior as magnetic properties was observed. In mechanical property, it proved that the high purity Fe-3 mass%Si alloy was easy to draw because the elongation of the alloy was higher than the commercially available silicon steel sheet.</p>

    DOI: 10.2320/jinstmet.J2018008

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007492739

  • Magnetic domain structure and demagnetization process of Nd-Fe-B anisotropic HDDR magnetic particles 査読有り 国際誌

    Takezawa M., Nagaishi T., Shimba K., Mishima C., Mitarai H.

    2017 IEEE International Magnetics Conference, INTERMAG 2017   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In recent years, there has been an increasing demand for Nd-Fe-B magnets. As they have a high maximum energy product (BH)max, they are used in the motors of hybrid vehicles.

    DOI: 10.1109/INTMAG.2017.8007667

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85034656015&origin=inward

  • Magnetic domain control of amorphous ribbons for highly sensitive fluxgate sensors 査読有り

    Miyata H., Yamamoto R., Morimoto Y., Takezawa M.

    IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials   137 ( 8 )   466 - 469   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 The Institute of Electrical Engineers of Japan. We observed the repeatability of changes in the magnetic domains of three types of amorphous ribbons. These ribbons were cut at their edges and annealed to control their domain structures. The domain change of the cut samples had good repeatability. Moreover, jitter noise in the fluxgate-sensor output for the amorphous ribbon decreased. A decrease in the magnetization-reversal jitter could be achieved through magnetic domain-structure control of the sensor core, which could improve the sensitivity of the fluxgate.

    DOI: 10.1541/ieejfms.137.466

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85026505600&origin=inward

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石の圧縮応力による磁区構造変化 査読有り

    竹澤 昌晃, 森本 祐治, 江島 潤, 中野 善和, 荒木 健

    電気学会論文誌 A(基礎・材料・共通部門誌)   137 ( 7 )   367 - 373   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejfms.137.367

  • The high squareness Sm-Co magnet having Hcb=10.6 kOe at 150°C 査読有り

    Machida H., Fujiwara T., Kamada R., Morimoto Y., Takezawa M.

    AIP Advances   7 ( 5 )   056223   全6ページ   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Author(s).The relationship between magnetic properties and magnetic domain structures of Sm(Fe, Cu, Zr, Co)7.5 magnet was investigated. The developed Sm-Co magnet, which is conducted homogenization heat treatment at ingot state, high temperature short time sintering and long time solid solution heat treatment showed the maximum energy product, [BH]m of 34.0 MGOe and the coercivity, Hcb of 11.3 kOe at 20°C respectively. Moreover, Hcb of 10.6 kOe at 150°C was achieved. Heat treated ingot has clear 1-7 phase in mother phase from optical microscope observation. Kerr effect microscope with magnetic field applied was used to investigate magnetic domain structure. Reverse magnetic domains were generated evenly but generation of them from inside grain were not observed. Cell structure was observed by scanning transmission electron microscope and composition analysis was conducted by energy dispersive X-ray spectroscopy. Cell size was approximately 150 ∼ 300 nm, Fe and Cu were clearly separated and concentrated to 2-17 phase and 1-5 phase respectively. Moreover, Cu concentration went up to 40 at% in 1-5 phase. That means the gap of domain wall energy between 1-5 phase and 2-17 phase was increased due to microstructure control by conducting heat treatment for compositional homogeneity.

    DOI: 10.1063/1.4976334

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85012173169&origin=inward

  • ナノスケール磁性体の構造・組織解析と創製の研究動向

    竹澤 昌晃

    電気学会論文誌 A(基礎・材料・共通部門誌) ( 電気学会 )   137 ( 1 )   26 - 27   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejfms.137.26

  • Influence of misorientation angle between easy-axes of adjacent grains on magnetic domain propagation in Nd-Fe-B sintered magnet 査読有り

    T. Maki, R. Uchikoshi, R. Ishii, T. Nishiuchi, M. Takezawa

    Proceedings of the 24th International Workshop on Rare-Earth and Future Permanent Magnets and their Applications   24   637 - 640   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Magnetics and optics research

    Munekata H., Nakamura Y., Okamoto S., Sekiguchi K., Shiratsuchi Y., Takezawa M.

    Japanese Journal of Applied Physics ( Japanese Journal of Applied Physics )   55 ( 7 )   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.7567/JJAP.55.07M001

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84979289557&origin=inward

  • Analysis of thermal demagnetization behavior of Nd–Fe–B sintered magnets using magnetic domain observation (共著) 査読有り

    M. Takezawa, S. Ikeda, Y. Morimoto, H. Kabashima

    AIP Advances   6 ( 5 )   056021   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1063/1.4944402

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: http://dx.doi.org/10.1063/1.4944402

  • The hysteresis properties analysis of Fe-4 wt% Si prepared by high purity metallurgy (共著) 査読有り

    Z. Lei, T. Horiuchi, I. Sasaki, C. Kaido, M. Takezawa, S. Hata, Y. Horibe, T. Ogawa, H. Era

    Journal of the Magnetics Society of Japan   40 ( 1 )   8 - 12   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3379/msjmag.1512R002

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/msjmag/advpub/0/advpub_1512R002/_article

  • Relationship between Microstructure and Magnetic Domain Structure of Nd-Fe-B Melt-Spun Ribbon Magnets(共著) 招待有り 査読有り

    M. Takezawa, H. Taneda, Y. Morimoto

    Frontiers of Materials Science   9 ( 2 )   206 - 210   2015年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s11706-015-0297-5

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: http://dx.doi.org/10.1007/s11706-015-0297-5

  • Nd-Fe-B系焼結磁石の高温下における減磁過程の磁区観察

    竹澤昌晃, 荻本紘史, 森本祐治

    粉体および粉末冶金 ( 粉体粉末冶金協会 )   62 ( 2 )   67 - 71   2015年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Study on magnetic properties and domain structures of Fe-(5, 6) wt% Si alloys prepared with high purity metallurgy 査読有り

    Lei Z., Horiuchi T., Mimura Y., Sasaki I., Kaido C., Takezawa M., Kubo S., Ogawa T., Era H.

    2015 IEEE International Magnetics Conference, INTERMAG 2015   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2015 IEEE.The hysteresis loss of silicon iron alloy is highly connected to the crystal defects caused by impurities, stress and so on, which contribute to a pinning effect of magnetic domain wall displacement and rotation, thus results in an increase of iron loss<sup>[1]</sup>. Therefore, highly pure silicon iron alloy is always desired among industries and researchers. In order to obtain high purity iron silicon alloy in the experiment, highly pure raw iron and silicon with a purity of 99.99 wt% were utilized, and a method called CCLM (Cold Crucible Levitation Melting), which is popular for high purity metallurgy of various materials, was introduced to melt raw materials. In CCLM furnace, during melting by electromagnetism induction heating, the melted alloy can avoid contacting the crucible because it is levitated by magnetic force simultaneously that can effectively reduce impurities of the alloy than other metallurgy.

    DOI: 10.1109/INTMAG.2015.7156862

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84942474769&origin=inward

  • Magnetic domain observation of Nd-Fe-B sintered magnet at elevated temperature 査読有り

    Takezawa M., Ogimoto H., Morimoto Y.

    Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   62 ( 2 )   67 - 71   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Magnetization reversal and its propagation in sintered Nd-Fe-B magnets were clearly observed at elevated temperature up to 150 °C using a Kerr microscope, image processing, and photo editing. Simultaneous magnetization reversal in several grains along the easy axis direction occurred at elevated temperature, and the extent of simultaneous magnetization reversal increased with temperature. This indicates that reduction in the coercivity of Nd-Fe-B sintered magnets at elevated temperatures is attributable to decrease in anisotropy and insufficient pinning of domain walls at grain boundaries.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84926029677&origin=inward

  • 研究グループ紹介:九州工業大学大学院工学研究院 先端機能システム工学研究系 竹澤研究室

    竹澤 昌晃

    電気学会論文誌. A ( The Institute of Electrical Engineers of Japan )   135 ( 11 )   NL11_2 - NL11_2   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

    DOI: 10.1541/ieejfms.135.NL11_2

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005106275

  • Relationship Between Output of a Fluxgate Sensor and Magnetization Process of Its Core 査読有り

    H. Miyata, R. Yamamoto, Y. Morimoto, M. Takezawa

    IEEE Transactions on Magnetics   50 ( 11 )   1 - 4   #4005804   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TMAG.2014.2332348

    Kyutacar

    Scopus

  • Relationship between Sensor Output of a Fluxgate Magnetic Sensor and the Magnetic Domain Structure of its Core 査読有り

    H. Miyata, Y. Morimoto, M. Takezawa

    Journal of the Magnetics Society of Japan   38 ( 4 )   169 - 173   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3379/msjmag.1407R002

    Kyutacar

  • Analysis of the Demagnetization Process of Nd-Fe-B Sintered Magnets at Elevated Temperatures by Magnetic Domain Observation Using a Kerr Microscope 査読有り

    M. Takezawa, H. Ogimoto, Y. Kimura, Y. Morimoto

    Journal of Applied Physics   115 ( 17 )   17A733   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1063/1.4866894

    Kyutacar

    Scopus

  • Analysis of Magnetization Reversal Process of Nd-Fe-B Sintered Magnets by Magnetic Domain Observation Using Kerr Microscope 査読有り

    M. Takezawa, Y. Kimura, Y. Morimoto and J. Yamasaki

    IEEE Transactions on Magnetics   49 ( 7 )   3263 - 3264   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TMAG.2013.2241748

    Kyutacar

    Scopus

  • Easy Axis Orientation of Nd-Fe-B Melt-Spun Magnets Caused by Hot-Rolling 査読有り

    Masaaki Takezawa, Toshio Mihara, Yuji Morimoto, Jiro Yamasaki, Masaaki Yagi

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)   132 ( 10 )   818 - 821   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejfms.132.818

    Scopus

    CiNii Article

  • Magnetic Domain Observation of Nd−Cu-Diffused Nd-Fe-B Magnets with Submicron Grains by Kerr Effect Microscopy 査読有り

    M. Takezawa, Y. Nagashima, Y. Kimura, Y. Morimoto, J. Yamasaki, N. Nozawa, T. Nishiuchi and S. Hirosawa

    J. Appl. Phys.   111 ( 7 )   07A714   2012年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1063/1.3675157

    Scopus

  • Investigation of Easy Axis Orientation of Nd-Fe-B Melt-Spun Ribbons Produced by hot Rolling and Influence of Ti-C Addition 査読有り

    M. Takezawa, Y. Nakanishi, Y. Morimoto, J. Yamasaki and M. Yagi

    J. Appl. Phys.   111 ( 7 )   07A703   2012年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1063/1.3670976

    Scopus

  • 高分解能Kerr効果顕微鏡を用いたNd-Fe-B系微細結晶粒磁石の磁区観察と磁化過程解析

    竹澤 昌晃

    日本金属学会誌 ( 日本金属学会 )   76 ( 1 )   48 - 51   2012年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.2320/jinstmet.76.48

    Scopus

    CiNii Article

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Sintered Magnets at Elevated Temperatures by Using Kerr Microscope 査読有り

    M. Takezawa, Y. Nagashima, Y. Morimoto and J. Yamasaki

    IEEE Trans. Magn.   47 ( 10 )   3256 - 3258   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TMAG.2011.2154316

    Scopus

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Magnets with Submicron-Sized Grains by High-Resolution Kerr Microscopy 査読有り

    M. Takezawa,N. Tani,Y. Nagashima,Y. Morimoto,J. Yamasaki,N. Nozawa,T. Nishiuchi and S. Hirosawa

    J. Appl. Phys.   109 ( 7 )   07A709.1 - 07A709.3   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1063/1.3549610

    Scopus

  • HDDR 磁粉の短時間ホットプレス法で得られたNd-Fe-B 系微結晶磁石の組織と保磁力

    野澤 宣介, 西内 武司, 広沢 哲, Hossein Sepehri-Amin, 大久保 忠勝, 宝野 和博, 竹澤 昌晃, 丸子 覚博, 谷 奈緒美, 森本 祐治, 山崎 二郎

    日立金属技報   27   34 - 41   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Micromagnetic simulation of wall transition structures with self-induced helical anisotropy and their pinning effects 査読有り

    Asada H., Kubo H., Yamasaki J., Takezawa M., Koyanagi T.

    Journal of Physics: Conference Series   200 ( SECTION 4 )   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A three-dimensional micromagnetic simulation has been performed to clarify the effect of self-induced anisotropy on domain wall behaviours, such as wall broadening and wall pinning, with wall transitions. Simulation results of the broadening of the domain wall with the transitions agree qualitatively with the Kerr microscope observation: for the wall transition which has a Bloch line between two C-shaped walls without a cap switch at each surface, the broadening of each Neel cap mainly occurs toward the opposite directions and the jog along the wall also becomes larger; for the wall transition which has a cap switch with a Bloch line, Neel caps still keep the same position after broadening. Details of pinning characteristics of the domain walls with the wall transitions by the self-induced helical anisotropy will also be presented. © 2010 IOP Publishing Ltd.

    DOI: 10.1088/1742-6596/200/4/042003

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77957094745&origin=inward

  • Recent Efforts Toward Rare-Metal-Free Permanent Magnets in Japan 査読有り

    S. Hirosawa,T. Nishiuchi,N. Nozawa,T. Ohkubo,K. Hono,H. Sepehri-Amin,M. Takezawa,J. Yamasaki,S. Yamanuro,T. Tanaka,M. Okano and K. Sumiyama

    Proceedings of the 21st Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications, Bled, Slovenia   21   187 - 192   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Magnetic Domain Observation of Hydrogenation-Disproportionation- Desorption-Recombination Processed Nd-Fe-B Magnets with High- Resolution Kerr Microscope Using Ultraviolet Light 査読有り

    M. Takezawa,K. Maruko,N. Tani,Y. Morimoto,J. Yamasaki,N. Nozawa,T. Nishiuchi and S. Hirosawa

    Proceedings of the 21st Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications, Bled, Slovenia   21   51 - 54   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 光で見る磁石(磁性材料)の磁気的微細構造 査読有り

    竹澤 昌晃

    電気学会誌   130 ( 8 )   544 - 547   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Magnetic domain observation of hydrogenation disproportionation desorption recombination processed Nd-Fe-B powder with a high-resolution Kerr microscope using ultraviolet light 査読有り

    M. Takezawa,K. Maruko,N. Tani,Y. Morimoto,J. Yamasaki,T. Nishiuchi,S. Hirosawa

    Jounal of Applied Physics   107 ( 9 )   09A724.1 - 09A724.3   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1063/1.3339816

    Kyutacar

    Scopus

  • Effect of Surface Microstructure on Magnetization Process in Fe80.5Cu1.5Si4B14 Nanocrystalline Alloys 査読有り

    M. Ohta,Y. Yoshizawa,M. Takezawa,J. Yamasaki

    IEEE Transactions on Magnetics   46 ( 2 )   203 - 206   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TMAG.2009.2032092

    Scopus

  • Surface Domain Configuration of Nd-Fe-B Sintered Magnets Influenced by Underneath Magnetization 査読有り

    M. Takezawa,Y. Ichihara,Y. Morimoto,J. Yamasaki

    IEEE Transactions on Magnetics   45 ( 10 )   4439 - 4442   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 磁気光学顕微鏡とその応用 査読有り

    竹澤 昌晃

    電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌)   129 ( 9 )   565 - 568   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 元素戦略プロジェクト「低希土類元素組成高性能異方性 ナノコンポジット磁石の開発」の狙いと課題 査読有り

    広沢哲,西内武司,大久保忠勝,Li Wanfang,宝野和博,山崎二郎,竹澤昌晃,隅山兼治,山室佐益

    日本金属学会誌   73 ( 3 )   135 - 140   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Domain Observation of Nd-Fe-B Sintered Magnets by Image Processing Using Liquid Crystal Modulator 査読有り

    M. Takezawa,Y. Morimoto,J. Yamasaki

    Proceedings of 20th International Workshop on Rare Earth Permanent Magnet & Their Applications   20   327 - 329   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 無方向性電磁鋼板における磁気特性方向依存性の検討 査読有り

    開道力,竹澤昌晃,山崎二郎,藤倉昌浩,茂木尚

    Journal of the Magnetics Society of Japan   32 ( 3 )   254 - 259   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Magnetic Domains and Magnetization Process of Amorphous Granular (CoFeB)-SiO2 Thin Films 査読有り

    M. Takezawa,A. Shiota,Y. Morimoto,J. Yamasaki,M. Munakata,M. Yagi

    Jounal of Applied Physics   103 ( 7 )   07E723.1 - 07E723.1   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Kyutacar

  • Domain Observation of Amorphous Wire with Large Diameter for Micro-Sensor and Micro-Motor Application 査読有り

    M. Takezawa,T. Wada,Y. Morimoto,J. Yamasaki

    International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics   25 ( 1-4 )   189 - 192   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kyutacar

  • Domain Observation Technique for Nd-Fe-B Magnet in High Magnetic Field by Image Processing Using Liquid Crystal Modulator 査読有り

    M. Takezawa,T. Shimada,S. Kondo,S. Mimura,Y. Morimoto,T. Hidaka,J. Yamasaki

    Jounal of Applied Physics   101 ( 9 )   09K106.1 - 09K106.3   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Effect of Nd-Rich Phase on c-Axis Orientation of Nd-Fe-B Melt-Spun Magnet and its Domain Structure 査読有り

    M. Takezawa,K. Aiba ,H. Yasuda,Y. Morimoto,T. Hidaka,J. Yamasaki ,H. Kato ,M. Yagi

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   310 ( 2 )   2572 - 2574   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    Kyutacar

  • Effect of Applied Magnetic Field on Anodic Oxidization of Aluminum for High-Aspect-Ratio Microfabrication 査読有り

    M. Takezawa,T. Imagawa,J. Yamasaki,M. Yagi

    Sensor Letters   5 ( 1 )   293 - 295   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Strain by Mechanical Punching on Nonoriented Si-Fe Electrical Sheets for a Nine-Slot Motor Core 査読有り

    M. Takezawa,K. Kitajima,Y. Morimoto,J. Yamasaki,C. Kaido

    IEEE Transactions on Magnetics   42 ( 10 )   2790 - 2792   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Domain Wall Pinning by Step-Like Thickness Change in Magnetic Thin Film 査読有り

    M. Takezawa,K. Ejiri,J. Yamasaki,H. Asada,T. Koyanagi

    Jounal of Applied Physics   99   08B701.1 - 08B701.3   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Kyutacar

  • Domain Observation of Amorphous Wire with Large Diameter for Micro-Sensor and Micro-Motor Application 査読有り

    M. Takezawa,T. Wada,Y. Morimoto,J. Yamasaki

    12th International Symposium on Interdisciplinary Electromagnetic, Mechanic & Biomedical Problems   P3 - 3   2005年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オーストリア   Bad Gastein, Austria   2005年09月12日  -  2005年09月14日

  • Dynamic and Wide Field Domain Observation of Amorphous Ribbons with Longitudinal Kerr Effect Microscopy 査読有り

    M. Takezawa,K. Kitajima,Y. Morimoto,J. Yamasaki

    Journal of Applied Physics   97   10F701.1 - 10F701.3   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Micromagnetic Study of Domain Wall Pinning Characteristics with Grooves in Thin Films 査読有り

    H. Asada,H. Ii,J. Yamasaki,M. Takezawa,T. Koyanagi

    Journal of Applied Physics   97   10E317.1 - 10E317.3   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Micromagnetic Study of Domain Wall-Pinning Characteristics With Step-Like Thickness Change in Thin Film 査読有り

    H. Asada,Y. Hyodo,J. Yamasaki,M. Takezawa,T. Koyanagi

    IEEE Transactions on Magnetics   40 ( 4 )   2110 - 2112   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Asymmetric High-Frequnecy Carrier-Type Magnetic Field Sensor With Thin-Film Head Structure 査読有り

    Masaaki Takezawa,Masatake Dobashi,Jiro Yamasaki

    IEEE Transactions on Magnetics   40 ( 4 )   2679 - 2681   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Optimum Driving of Magnetostrictive Amorphous Wire Micro-Motor 査読有り

    Masaaki Takezawa,Yuichi Ishizaki,Takashi Honda,Jiro Yamasaki

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   272-276   e1735 - e1736   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 微細磁性体の磁区観察による磁化反転機構の検討 査読有り

    竹澤昌晃,森智礼,山崎二郎

    日本応用磁気学会誌   28 ( 3 )   384 - 387   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Effect of Grain Size on Domain Structure of Thin Nonoriented Si-Fe Electrical Sheets 査読有り

    M. Takezawa,Y. Wada,J. Yamasaki,T. Honda,C. Kaido

    IEEE Transactions on Magnetics   39 ( 5 )   3208 - 3210   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Influence of domain wall structure on pinning characteristics with self-induced anisotropy 査読有り

    H. Asada,Y. Wasada,J. Yamasaki,M. Takezawa,T. Koyanagi

    Journal of Applied Physics   93 ( 10 )   7447 - 7449   2003年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Domain Structure of Chemically Thinned non-Oriented Electrical Sheet 査読有り

    M. Takezawa,J. Yamasaki,T. Honda,C. Kaido

    Jounal of Magnetism and Magnetic Materials   254-255   167 - 169   2003年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Antiferromagnetic Coupled High-Frequency Carrier-Type Mangetic Field Sensor Using Ni-Fe/Fe-Mn Multilayer 査読有り

    Masaaki Takezawa,Jiro Yamasaki

    IEEE Transactions on Magnetics   38 ( 5 )   3150 - 3152   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 強磁性/反強磁性結合を用いた高周波キャリア型薄膜磁界センサ 査読有り

    竹澤昌晃,福田亮介,山崎二郎

    日本応用磁気学会誌   26 ( 5 )   775 - 778   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 磁壁ピンニングを施した高周波キャリア型薄膜磁界センサヘッド用磁性膜の検討 査読有り

    竹澤昌晃,山崎二郎

    日本応用磁気学会誌   26 ( 4 )   559 - 561   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • アモルファス薄帯における磁壁ピンニングの解析 査読有り

    浅田裕法,早田佳文,山崎二郎,竹澤昌晃,小柳剛

    日本応用磁気学会誌   26 ( 4 )   392 - 395   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • GHz 帯における高周波キャリア型薄膜磁界センサの動作特性解析 査読有り

    竹澤昌晃,山口正洋,丹健二,荒井賢一,山川清志,大内一弘

    日本応用磁気学会誌   25 ( 10 )   1541 - 1546   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Basic Load Characteristics of Magnetostrictive Amorphous Wire Micro-motor 査読有り

    T. Sugino,M. Takezawa,T. Honda,J. Yamasaki

    IEEE Transaction on Magnetics   37 ( 4 )   '2871 - 2873   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Dynamic domain observation in narrow thin films 査読有り

    M. Takezawa,J. Yamasaki

    IEEE Transactions on Magnetics   37 ( 4 )   2034 - 2037   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 無方向性珪素鋼板の厚みによる磁区構造変化 査読有り

    岩下聡,竹澤昌晃,本田崇,山崎二郎,開道力

    日本応用磁気学会誌   25 ( 4-2 )   903 - 906   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • リフトオフプロセスによる高周波キャリア型薄膜磁界センサ 査読有り

    菊池弘昭,網代紀行,山口正洋,荒井賢一,竹澤昌晃

    日本応用磁気学会誌   25 ( 4-2 )   975 - 978   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Miniaturization of High-Frequency Carrier-Type Thin-Film Magnetic Field Sensor Using Laminated Film 査読有り

    M. Takezawa,H. Kikuchi,M. Yamaguchi,K. I. Arai

    IEEE Trans. Magn.   36 ( 5 )   3664 - 3666   2000年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    Kyutacar

  • An evaluation of permeabiliity for striped thin films in the gigahertz range 査読有り

    S. Yabukami,M. Takezawa,T. Uo,M. Yamaguchi,K. I. Arai,Y. Miyazawa,M. Watanabe,A. Itagaki,and H. Ando

    Journal Applied Physics   87 ( 9 )   5998 - 6000   2000年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Directivity and sensitivity of high-frequency carrier type thin-film magnetic field sensor 査読有り

    M. Yamaguchi,M. Takezawa,H. Ohdaira,K. I. Arai,A. Haga

    Sensors and Actuators A, Physical   81   102 - 105   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 高周波キャリア型薄膜磁界センサの小形化の検討 査読有り

    竹澤昌晃,網代紀行,山口正洋,荒井賢一,若生直樹,阿部岩男,辻真哉,板垣篤

    日本応用磁気学会誌   24 ( 4-2 )   727 - 730   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Integration of High-Frequency Carrier-Type Thin-Film Magnetic Field Sensor with SmCo Thin-Film Bias Magnet 査読有り

    M. Takezawa,Y. H. Kim,K. Ishiyama,M. Baba,M. Yamaguchi,K. I. Arai,N. Wako,I. Abe

    IEEE Transaction on Magnetics   35 ( 5 )   3682 - 3684   1999年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 混合ブリッジ接続した高周波キャリア型薄膜磁界センサ 査読有り

    竹澤昌晃,大平祐史,馬場誠,山口正洋,荒井賢一,芳賀昭,若生直樹,佐藤尚之,阿部岩男

    日本応用磁気学会誌   23 ( 4-2 )   1621 - 1624   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 高周波キャリア型薄膜磁界センサの検出磁界分解能 査読有り

    荒井賢一,大平祐史,馬場誠,竹澤昌晃,山口正洋,芳賀昭

    日本応用磁気学会誌   23 ( 4-2 )   1617 - 1620   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • High Freguency Carrier Type Bridge-Connected Magnetic Field Sensor 査読有り

    M. Takezawa,H. Kikuchi,K. Suezawa,M. Yamaguchi,K. Ishiyama,K. I. Arai

    IEEE Transactions on Magnetics   34 ( 4 )   1321 - 1323   1998年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Trial on-silicon micromagnetoelastic devices 査読有り

    M. Takezawa,M. Yamaguchi,K. Ishiyama,K. I. Arai

    Journal of Applied Physics   83 ( 11 )   7303 - 7305   1998年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Micro Magnetic Thin-Film Sensor Using LC Resonance 査読有り

    M. Takezawa,H. Kikuchi,K. Ishiyama,M. Yamaguchi,K. I. Arai

    IEEE Transactions on Magnetics   33 ( 5 )   3400 - 3402   1997年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 微細形状磁性薄膜の高周波インピーダンス解析 査読有り

    菊池弘昭,竹澤昌晃,山口正洋,荒井賢一

    日本応用磁気学会誌   21 ( 4-2 )   789 - 792   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • LC共振を利用した高感度薄膜磁気センサの可能性 査読有り

    竹澤昌晃,中川英之,菊池弘昭,我妻成人,石山和志,山口正洋,荒井賢一

    日本応用磁気学会誌   21 ( 4-2 )   661 - 664   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

▼全件表示

著書

  • 基礎から学ぶ磁性材料~上手に利用するための基礎理論から測定法・応用の実際まで~

    監修 佐藤 勝昭 執筆者 計19名(分担執筆 ,  範囲: 第3章 計測・測定法 第6節 Kerr効果顕微鏡を用いた高分解能磁区観察)

    R&D支援センター  2020年03月  ( ISBN:978-4-905507-43-7

     詳細を見る

    総ページ数:294   担当ページ:177-186   記述言語:日本語

    磁性の基礎知識に立ち返って、磁性材料の作製技術、材料評価技術、実際の応用事例までを広くカバーする。

  • 次世代永久磁石の開発最前線(共著)

    監修:尾崎 公洋, 杉本 諭(執筆者50名)(共著)

    エヌ・ティー・エス  2019年02月  ( ISBN:978-4-8604-3586-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 磁性材料・部品の最新開発事例と応用技術(共著)

    編集:技術情報協会 (執筆者67名)(共著)

    技術情報協会  2018年03月  ( ISBN:978-4-8610-4705-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 磁気便覧(共著)

    編集:(公)日本磁気学会(執筆者124名)(共著)

    丸善出版  2016年01月  ( ISBN:978-4-621-30014-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 省/脱Dyネオジム磁石と新規永久磁石の開発(共著)

    監修:宝野和博, 広沢哲(執筆者40名)(共著)

    シーエムシー出版  2015年06月  ( ISBN:978-4-7813-1072-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 改訂 磁気工学の基礎と応用(共著)

    電気学会 マグネティックス技術委員会 編(共著)

    コロナ社  2013年10月  ( ISBN:978-4-339-00856-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 九工大 世界トップ技術 Vol.3

    国立大学法人 九州工業大学(共著)

    西日本新聞社  2012年03月  ( ISBN:978-4-8167-0844-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • 磁壁移動による無方向性電磁鋼板磁気特性モデル化

    開道 力, ⽵澤 昌晃

    電気学会 静止器・回転器合同研究会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月02日 - 2023年03月03日   記述言語:日本語   開催地:東海大学  

  • 高ダイナミックレンジイメージ技術を用いたNd-Fe-B系焼結磁石の磁区像コントラストの強調

    山下 塁, 竹澤 昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  2022年12月  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月21日   記述言語:日本語   開催地:明治大学  

  • Mn添加したSm 2 Co 17 系磁石の磁区観察

    井上 健次, 竹澤 昌晃, 町田 浩明, 藤原 照彦

    電気学会マグネティックス研究会  2022年12月  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月21日   記述言語:日本語   開催地:明治大学  

  • 電磁鋼板における結晶粒界の磁気挙動モデル化の検討

    開道 力, ⽵澤 昌晃

    電気学会 静止器・回転器合同研究会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月29日 - 2022年09月30日   記述言語:日本語   開催地:近畿大学  

  • 磁気 Kerr 効果顕微鏡を用いたソフト磁性材料の磁区観察技術

    竹澤 昌晃

    日本金属学会2022年秋期(第171回)講演大会  2022年09月  日本金属学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月20日 - 2022年09月23日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学  

  • HDR合成技術を用いた磁気Kerr効果による永久磁石の磁区像の強調

    山下 塁, 竹澤 昌晃

    2022年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(大会本部:長崎大学)  

  • Magnetic domain structure and magnetic properties of soft magnetic materials

    M. Takezawa

    第46回 日本磁気学会学術講演会  2022年09月  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月06日 - 2022年09月08日   記述言語:日本語   開催地:信州大学  

  • 無方向性電磁鋼板における結晶粒界の磁気挙動

    開道 力, ⽵澤 昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  2022年08月  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月08日 - 2022年08月09日   記述言語:日本語   開催地:岐阜大学  

  • Nd-Fe-B系焼結磁⽯の加圧・加熱による磁区構造変化と減磁率の評価

    ⽵澤 昌晃, ⽥村 紘⼤, 森本 祐治, 松本 紀久

    電気学会マグネティックス研究会  2022年08月  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月04日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 無方向性電磁鋼板の板厚と結晶粒径の変化に伴う磁区構造変化

    川久保洋輝, 森本祐治, 竹澤昌晃, 市江毅

    令和4年 電気学会全国大会  2022年03月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月21日 - 2022年03月23日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石の加熱・加圧の複合効果による磁区構造変化

    田村紘大, 江口徳彦, 森本祐治, 竹澤昌晃, 松本紀久

    第45回 日本磁気学会学術講演会  2021年09月  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年08月31日 - 2021年09月02日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Nd添加したSm2Co17系磁石の磁区観察

    井上健次, 竹澤昌晃, 町田浩明, 藤原照彦

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年08月06日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 無方向性電磁鋼板の板厚と結晶粒径の変化による鉄損分析

    川久保洋輝, 竹澤昌晃, 森本祐治, 市江毅

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年08月06日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • アモルファスワイヤ作製の再現性向上に向けた試料作製

    向野伸, 竹澤昌晃, 森本祐治, 宮田大史

    2020年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(大会本部:九州産業大学)  

  • 無方向性電磁鋼板の薄板化による磁区構造変化の観察

    川久保洋輝, 竹澤昌晃, 森本祐治, 市江毅

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年08月03日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 軟磁性異形粉末の磁区構造と磁化過程

    田村紘大, 竹澤昌晃, 森本祐治, 冨田裕也

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年08月03日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Kerr効果顕微鏡で観察した磁性体の磁区構造と結晶組織の比較

    竹澤 昌晃

    令和2年 電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月11日 - 2020年03月13日   記述言語:日本語   開催地:東京電機大学  

  • 磁区観察を用いたNd添加Sm-Co系磁石の減磁過程の検討

    坂倉 健治, 竹澤 昌晃, 町田 浩明, 藤原 照彦

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月24日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • フラックスゲート磁気センサの小型・高感度化に向けた磁性アモルファスワイヤの作製.

    向野 伸, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 宮田 大史

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月19日   記述言語:日本語   開催地:神奈川 慶應大学究所  

  • Magnetic properties and microstructures of high heatresistance Sm-Co magnets with high Fe and low Zr content

    H. Machida, T. Fujiwara, C. Fujimoto, Y. Kanamori, K. Sakakura, M. Takezawa

    64th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月04日 - 2019年11月08日   記述言語:英語   開催地:Las Vegas  

  • フラックスゲート磁気センサの小型・高感度化に向けた 磁性アモルファスワイヤ作製装装置の開発

    向野 伸, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 宮田 大史

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石の加圧・加熱による磁区構造変化

    江口 徳彦, 森本 祐治, 竹澤 昌晃, 松本 紀久

    第43回 日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月25日 - 2019年09月27日   記述言語:日本語   開催地:京都大学  

  • 軟磁性体粉末の磁区構造と磁化過程

    竹澤 昌晃, 瀧 泰洋, 深瀬 美紀子, 佐藤 誉将, 冨田 祐也

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月08日 - 2019年08月09日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 永久磁石材料の加圧・加熱下での磁区観察システムの開発

    福島 啓子, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 松本 紀久

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月21日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 磁区構造制御を行った磁性コアを有するフラックスゲート磁気センサの磁界感度

    宮田 大史, 山本 竜馬, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    平成29年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月27日 - 2017年09月28日   記述言語:日本語   開催地:琉球大学  

  • 張力印加した磁性コアの磁区構造制御による フラックスゲート磁気センサの小型化

    宮田 大史, 山本 竜馬, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    第41回 日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月19日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 高純度 Fe-(3-7)wt%Si合金の磁気特性

    中川 翔太, 松山 和樹, 佐々木 巌, 開道 力, 竹澤 昌晃, 堀部 陽一, 惠良 秀則, 波多 聰, 久保 臣悟, 小川 俊文

    第41回 日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月19日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • Nd-Fe-B系異方性HDDR磁粉の磁区観察による減磁過程解析

    竹澤昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月07日 - 2017年08月08日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • 高角型比Sm-Co系磁石の磁区構造と減磁過程

    竹澤昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月07日 - 2017年08月08日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • 高純度Fe-7 wt%Si 合金における磁気特性と磁区構造

    中川 翔太

    日本金属学会九州支部,日本鉄鋼協会九州支部,軽金属学会九州支部 合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月10日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • Magnetic domain structure and demagnetization process of Nd-Fe-B anisotropic HDDR magnetic particles

    Takezawa M., Nagaishi T., Shimba K., Mishima C., Mitarai H.

    2017 IEEE International Magnetics Conference, INTERMAG 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年04月24日 - 2017年04月28日   記述言語:英語  

    © 2017 IEEE. In recent years, there has been an increasing demand for Nd-Fe-B magnets. As they have a high maximum energy product (BH) max , they are used in the motors of hybrid vehicles.

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石における隣接粒子間方位差と磁化反転の関係

    槙 智仁

    日本金属学会春期大会  日本金属学

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月15日 - 2017年03月17日   記述言語:日本語   開催地:首都大学東京  

  • 高純度 Fe-Si 拡散反応における拡散相の磁性と結晶状態

    中川 翔太

    日本金属学会春期大会  日本金属学

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月15日 - 2017年03月17日   記述言語:日本語   開催地:首都大学東京  

  • 高純度 Fe-3 wt%Si 合金の磁気特性と機械的特性

    中川 翔太

    日本金属学会春期大会  日本金属学

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月15日 - 2017年03月17日   記述言語:日本語   開催地:首都大学東京  

  • Kerr効果顕微鏡を用いたPLD厚膜磁石の高分解能磁区観察

    堀 裕貴

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月11日 - 2016年12月12日   記述言語:日本語   開催地:慶應大学  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石における高温中における圧縮応力による磁区構造変化

    福島 啓子

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月11日 - 2016年12月12日   記述言語:日本語   開催地:慶應大学  

  • フラックスゲートセンサに用いられるアモルファス磁性材料の磁区構造制御

    竹澤昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月08日 - 2016年12月09日   記述言語:日本語   開催地:福岡県福岡市(九大西新プラザ)  

  • Nd-Fe-B異方性HDDR磁粉の磁区構造と減磁過程

    永石 知也

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月28日   記述言語:日本語   開催地:日本電気計器検定所(東京都港区)  

  • The High Squareness Sm-Co Magnet Having Hcb=10.6kOe at 150°C

    H. Machida

    61th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月31日 - 2016年11月04日   記述言語:英語   開催地:New Orleans, USA  

  • Magnetic-domain control of Fe-based amorphous ribbons for highly sensitive fluxgate sensors

    H. Miyata

    61th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月31日 - 2016年11月04日   記述言語:英語   開催地:New Orleans, USA  

  • Magnetic Domain Observation on Demagnetization of Nd-Fe-B Sintered Magnets under Compressive Stress and Elevated Temperatures

    M. Takezawa

    61th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月31日 - 2016年11月04日   記述言語:英語   開催地:New Orleans, USA  

  • PLD厚膜磁石の磁区構造と磁化過程

    堀 裕貴

    平成28年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学  

  • 磁区観察を用いたNd-Fe-B系焼結磁石の熱減磁解析

    竹澤 昌晃

    平成28年 電気学会基礎・材料・共通部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月06日 - 2016年09月07日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石の圧縮応力による磁区構造変化

    竹澤 昌晃

    平成28年 電気学会基礎・材料・共通部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月06日 - 2016年09月07日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石の配向度と磁区構造の関係

    打越 凌

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年08月09日 - 2016年08月10日   記述言語:日本語   開催地:豊橋技術科学大学  

  • Sensitivity of a Fluxgate Sensor Using Magnetic-Domain-Controlled Amorphous Core

    H. Miyata

    International Conference of the Asian Union of Magnetics Societies (ICAUMS 2016)  ¥

     詳細を見る

    開催期間: 2016年08月01日 - 2016年08月05日   記述言語:英語   開催地:National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan  

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石における熱と圧縮応力による磁区構造変化

    竹澤 昌晃

    平成28年 電気学会全国大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語   開催地:東北大学  

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石における応力印加時の磁気特性変化

    中野 善和

    平成28年 電気学会全国大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語   開催地:東北大学  

  • Analysis of Thermal Demagnetization Behavior of Nd-Fe-B Sintered Magnets Using Magnetic Domain Observation

    M. Takezawa, S. Ikeda

    The 13th Joint MMM/Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月11日 - 2016年01月15日   記述言語:英語   開催地:San Diego, USA  

  • 磁区観察を用いた組成の異なるSm-Co系磁石の減磁過程の検討

    鎌田 理紗子

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月01日   記述言語:日本語   開催地:日本電気計器検定所  

  • 磁区観察によるNd-Fe-B系焼結磁石の熱減磁解析

    池田 壮一郎

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月01日   記述言語:日本語   開催地:日本電気計器検定所  

  • 析出処理を施した電磁鋼板の磁区観察

    竹澤 昌晃

    平成27年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学  

  • 高磁歪磁性材料をコア材としたフラックスゲートセンサの小型化

    宮田 大史

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月24日 - 2015年09月25日   記述言語:日本語   開催地:山形大学  

  • 高純度Fe-(5, 6)wt%SiのKerr効果顕微鏡による磁区観察及びEBSDによる結晶方位測定

    レイ チェ

    日本金属学会 2015年秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2016年09月18日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石の磁区構造と結晶組織の関係

    永石 知也

    第39回 日本磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月08日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • Fe-Si-B-C アモルファス薄帯の磁区構造制御によるフラックスゲートセンサの小型化

    宮田 大史

    第39回 日本磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月08日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • 温度センサタグ用Pr-Fe材料の熱磁化特性

    竹澤 昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年08月05日   記述言語:日本語   開催地:長岡技科大  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石における応力印加時の磁区構造変化

    竹澤 昌晃, 森本 祐治, 江島 潤, 中野 善和, 荒木 健

    平成27年度 電気学会全国大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月24日 - 2015年03月26日   記述言語:日本語   開催地:東京都市大  

  • コア材料の磁区構造制御によるフラックスゲートセンサの小型化

    宮田 大史, 山本 竜馬, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月25日 - 2014年12月26日   記述言語:日本語   開催地:浜名湖ロイヤルホテル  

  • Relationship between microstructure and magnetic domain structure of anisotropic melt-spun Nd-Fe-B ribbons

    M. Takezawa, H. Tanedal, Y. Morimoto

    59th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月03日 - 2014年11月07日   記述言語:英語   開催地:Honolulu, Hawai, USA  

  • 析出物を有する Si-Fe 鋼板の磁区観察

    益田 准希, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    平成26年度電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大  

  • フラックスゲート磁気センサに用いられるアモルファス磁性コアの張力印加に伴う磁区構造変化

    宮田 大史, 山本 竜馬, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    平成26年度電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大  

  • 張力印加したアモルファス磁性コアを用いたフラックスゲート磁気センサ

    宮田 大史, 山本 竜馬, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    第38回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月02日 - 2014年09月05日   記述言語:日本語   開催地:慶応大  

  • 冷凍センサタグ用低キュリー温度磁石材料の作製

    渡邉 敬洋, 森本 祐治, 竹澤 昌晃, 松下 大雅, 野田 龍三

    第38回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月02日 - 2014年09月05日   記述言語:日本語   開催地:慶応大  

  • モータ駆動負荷による Nd-Fe-B 系焼結磁石の減磁評価

    池田 壮一郎, 藤原 幸星, 森本 祐治, 竹澤 昌晃, 椛嶌 寿行

    第38回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月02日 - 2014年09月05日   記述言語:日本語   開催地:慶応大  

  • Nd-Fe-B急冷薄帯磁石の結晶組織と硬質磁気特性

    竹澤 昌晃, 種子田 大幸, 森本 祐治

    平成26年 電気学会 基礎・材料・共通部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月21日 - 2014年08月22日   記述言語:日本語   開催地:信州大学  

  • フラックスゲート磁気センサの感度とコア材料の磁区構造の関係

    宮田 大史, 山本 竜馬, 森本 祐治, 竹澤 昌晃

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月04日 - 2014年08月05日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 温度センサタグ用低キュリー温度磁石材料の作成

    渡邉 敬洋, 森本 祐治, 竹澤 昌晃, 松下 大雅, 野田 龍三

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月04日 - 2014年08月05日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • Relationship between Sensitivity of a Fluxgate Sensor and the Magnetic Domain Structure of its Cores

    H. Miyata, R. Yamamoto, Y. Morimoto, M. Takezawa

    10th European Magnetic Sensors and Actuators Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月06日 - 2014年07月09日   記述言語:英語   開催地:Vienna, Austria  

  • Relationship between output of a fluxgate magnetic sensor and magnetization process of its core

    H. Miyata, R. Yamamoto, Y. Morimoto, M. Takezawa

    2014 IEEE International Magnetics Conference  IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月04日 - 2014年05月08日   記述言語:英語   開催地:Dresden  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石における残留応力と磁区構造の関係

    江島 潤

    平成26年度 電気学会全国大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語   開催地:愛媛大学  

  • 磁区観察を用いたNd-Fe-B系焼結磁石の高温中における減磁過程の検討

    荻本 紘史

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月02日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Influence of Microstructure on Magnetic Domain Propagation in Nd-Fe-B Sintered Magnet Analyzed by SEM/EBSD and in-situ Kerr Microscope

    T. Maki

    58th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月04日 - 2013年11月08日   記述言語:英語   開催地:Denver, Colorad, USA  

  • Analysis of Demagnetization Process of Nd-Fe-B Sintered Magnets at Elevated Temperatures by Magnetic Domain Observation Using Kerr Microscope

    M. Takezawa

    58th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月04日 - 2013年11月08日   記述言語:英語   開催地:Denver, Colorad, USA  

  • 析出物を有する電磁鋼板の磁区観察

    益田 准希

    平成25年度 電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石における残留応力と磁区構造の関係

    江島 潤

    平成25年度 電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • アモルファス磁性薄帯を用いたフラックスゲート磁気センサの周波数特性と磁芯の磁区構造の関係

    宮田 大史

    平成25年度 電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • Nd-Fe-B 系焼結磁石の高温中における減磁過程の磁区観察

    荻本 紘史

    第37回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月06日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学  

  • アモルファス磁性薄帯を用いたフラックスゲート磁気センサのセンサ出力と磁芯の磁区構造の関係

    宮田 大史

    第37回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月06日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学  

  • 異方性 Nd-Fe-B 系急冷薄帯磁石の磁区構造と磁化過程

    種子田 大幸

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月07日 - 2013年08月08日   記述言語:日本語   開催地:大同大  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石の高温中減磁過程の磁区観察

    荻本 紘史

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月13日 - 2013年06月14日   記述言語:日本語   開催地:松島  

  • Nd-Fe-B系磁石の磁区観察のための高分解能磁気Kerr効果顕微鏡の開発

    竹澤 昌晃

    日本磁気学会 第52回ナノマグネティクス専門研究会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月31日   記述言語:日本語   開催地:中央大学駿河台記念館  

  • Analysis of Magnetization Reversal Process of Nd−Fe−B Sintered Magnets by Magnetic Domain Observation Using Kerr Microscope

    M. Takezawa, Y. Kimura, Y. Morimoto, J. Yamasaki

    The 12th Joint MMM/Intermag Conference  American Institute of Physics, IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月14日 - 2013年01月18日   記述言語:英語   開催地:Chicago, Illinois, USA  

  • Analysis of Magnetization Process of Nd-Fe-B Sintered Magnets by Magnetic Domain Observation Using Kerr Microscope

    M. Takezawa

    The 2nd International Conference of AUMS  Asian Union of Magnetics Society

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月02日 - 2012年10月05日   記述言語:英語   開催地:Nara, Japan  

  • Nd-Fe-B 系急冷薄帯磁石の圧延による異方性化

    種子田 大幸, 中西 勇太, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎, 八木 正昭

    平成24年度 電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • Analysis of Magnetization Process of Hydrogenation-Disproportionation-Desorption-Recombination-Processed Nd-Fe-B Magnets by Magnetic Domain Observation Using A Kerr Microscope

    M. Takezawa

    The 22nd International Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications REPM‘12 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月02日 - 2012年09月05日   記述言語:英語   開催地:Nagasaki, Japan  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の磁区観察による磁化過程解析

    木村 祐弥, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月07日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語   開催地:サン・リフレ函館  

  • 圧延によるNd-Fe-B系急冷薄帯磁石の異方性化

    種子田 大幸, 中西 勇太, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎, 八木 正昭

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月21日 - 2012年06月22日   記述言語:日本語   開催地:信州大学  

  • Nd-Fe-B微細結晶粒磁石の磁区観察のための高分解能Kerr効果顕微鏡の開発

    木村 祐弥, 永島 優樹, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎, 野澤 宣介, 西内 武司, 広沢 哲

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月15日   記述言語:日本語   開催地:日本電気計器検定所  

  • Kerr効果顕微鏡を用いたトロイダル形状アモルファス磁性薄帯の動磁区観察

    坂屋 啓祐, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月24日 - 2011年11月25日   記述言語:日本語   開催地:東北大学  

  • Investigation of Easy Axis Orientation of Nd-Fe-B Melt-Spun rib- Bons Produced by hot Rolling and Influence of Ti-C Addition

    Y. Nakanishi, M. Takezawa, Y. Morimoto, J. Yamasaki and M. Yagi

    56th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月30日 - 2011年11月03日   記述言語:英語   開催地:Scottsdale  

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Cu Diffusion Nd-Fe-B sub- Micron Grain Sized Magnet by Kerr Effect Microscopy

    M. Takezawa, Y. Nagashima, Y. Kimura, Y. Morimoto, J. Yamasaki, N. Nozawa, T. Nishiuchi and S. Hirosawa

    56th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月30日 - 2011年11月03日   記述言語:英語   開催地:Scottsdale  

  • Nd-Fe-B系急冷薄帯磁石のTi、C添加による異方性への影響

    中西 勇太, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎, 八木 正昭

    第35回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月27日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語   開催地:新潟  

  • トロイダル形状アモルファス磁性薄帯のストロボ法による動磁区観察

    坂屋 啓祐, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎

    第35回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月27日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語   開催地:新潟  

  • Nd-Cuを拡散させたNd-Fe-B系微細結晶粒磁石のKerr効果顕微鏡による磁区観察

    永島 優樹, 木村 祐弥, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎, 野澤 宣介, 西内 武司, 広沢 哲

    第35回日本磁気学会学術講演会  日本磁気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月27日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語   開催地:新潟  

  • Nd-Fe-B系永久磁石の高温中磁区観察

    木村 祐弥, 永島 優樹, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎

    平成23年度 電気関係学会九州支部連合大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学  

  • 高磁界印加可能なKerr効果顕微鏡によるNd-Fe-B系磁石の高分解能磁区観察

    竹澤 昌晃, 谷 奈緒美, 永島 優樹, 森本 祐治, 山崎 二郎, 野澤 宣介, 西内 武司, 広沢 哲

    平成23年 電気学会 基礎・材料・共通部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月22日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学  

  • Dynamic Observation of Magnetic Domains of Hydrogenation Disproportionation Desorption Recombination (HDDR)-Processed Nd-Fe-B Magnets Compacted by hot Pressing with a High-Resolution Kerr Microscope Using Ultraviolet Light

    M. Takezawa, N. Tani, Y. Nagashima, Y. Morimoto, J. Yamasaki, N. Nozawa, T. Nishiuchi and S. Hirosawa

    European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes (EUROMAT) 2011  The Federation of European Materials Societies

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月12日 - 2011年09月15日   記述言語:英語   開催地:France  

  • Ti、C添加によるNd-Fe-B系急冷薄帯磁石の異方性化

    中西 勇太, 竹澤 昌晃, 森本 祐治, 山崎 二郎, 八木 正昭

    電気学会マグネティックス研究会  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月03日 - 2011年08月04日   記述言語:日本語   開催地:高知  

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Sintered Magnets at Elevated Temperatures by Using Kerr Microscope

    M. Takezawa, Y. Nagashima, Y. Morimoto, J. Yamasaki

    2011 IEEE International Magnetics Conference  IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月25日 - 2011年04月29日   記述言語:英語   開催地:Taipei  

  • Influence of Compressive Stress Applied Along the Normal Direction on the Magnetic Domain Structure of Oriented Si-Fe Electrical Sheets

    M. Takezawa, M. Tokushige, Y. Morimoto and J. Yamasaki

    2011 IEEE International Magnetics Conference  IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月25日 - 2011年04月29日   記述言語:英語   開催地:Taipei  

  • 高磁界印加可能なKerr 効果顕微鏡による Nd-Fe-B 系微細結晶粒磁石の高分解能磁区観察

    電気学会マグネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月09日 - 2010年12月10日   記述言語:日本語   開催地: 福岡工業大学  

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Magnets with Submicron- Sized Grains by High-Resolution Kerr Microscopy

    本人

    55TH ANNUAL CONFERENCE ON MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月14日 - 2010年11月18日   記述言語:英語   開催地: U. S. A. ATLANTA  

  • Nd-Fe-B 急冷薄帯磁石の添加物が異方性に及ぼす影響

    平成22年度 電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 九州産業大学  

  • Nd-Fe-B 焼結磁石の高温中磁区観察のための磁気Kerr 効果顕微鏡の試作

    平成22年度 電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 九州産業大学  

  • トロイダル形状アモルファス磁性薄帯の動磁区観察

    平成22年度 電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 九州産業大学  

  • 電磁鋼板の磁区構造に及ぼす板面垂直圧縮応力の影響

    第34回 日本磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月04日 - 2010年09月07日   記述言語:日本語   開催地: つくば国際会議場  

  • 磁気Kerr効果を用いたNd-Fe-B 系微細結晶磁石の高分解能磁区観察

    第34回 日本磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月04日 - 2010年09月07日   記述言語:日本語   開催地: つくば国際会議場  

  • Magnetic Domain Observation of Hydrogenation-Disproportionation- Desorption-Recombination Processed Nd-Fe-B Magnets with High- Resolution Kerr Microscope Using Ultraviolet Light

    本人

    21st Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications REPM‘10 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月29日 - 2010年09月02日   記述言語:英語   開催地: Slovenia Bled  

  • Recent Efforts Toward Rare-Metal-Free Permanent Magnets in Japan

    21st Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications REPM‘10 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月28日 - 2010年09月02日   記述言語:英語   開催地: Slovenia  

  • Project of “High Performance Anisotropic Nanocomposite Permanent Magnets with Low Rare-Earth Contents

    Joint European Magnetic Symposia JEMS2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月23日 - 2010年08月28日   記述言語:英語   開催地: Poland Krakow  

  • Nd-Fe-B 系磁石の高磁界・高温下磁区観察のための磁気Kerr 効果顕微鏡の試作

    電気学会マグネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月02日 - 2010年08月03日   記述言語:日本語   開催地: 東北工業大学  

  • Hard Magnetic Characteristics of Nd-Fe-B Sintered Magnets for Electrical Vehicles at Elevated Temperature

    本人

    8 th European Magnetic Sensors and Actuators Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月04日 - 2010年07月07日   記述言語:英語   開催地: Turkey Bodrum  

  • 紫外光源を用いた高分解能カー効果顕微鏡によるNd-Fe-B 系微細結晶磁石の磁区観察

    本人

    粉体粉末冶金協会講演概要集 平成22年度春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月25日 - 2010年05月27日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Magnetic Domain Observation of Hydrogenation Disproportionation Desorption Recombination Processed Nd-Fe-B Powder with a High-Resolution Kerr Microscope Using Ultraviolet Light

    本人

    11th Joint MMM/Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月17日 - 2010年01月21日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Washington, DC  

  • 偏光面変調素子を用いた画像処理法による永久磁石の磁区観察

    工学府先端機能システム工学専攻

    平成21年度 電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 紫外光カー効果顕微鏡を用いた微細軟質磁性薄膜の磁区観察

    工学府先端機能システム工学専攻

    平成21年度 電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 冷間圧延鋼板の磁区と磁化過程

    工学府先端機能システム工学専攻

    平成21年度 電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 板面垂直圧縮応力下における電磁鋼板の磁区構造

    工学府先端機能システム工学専攻

    第33回 日本磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月12日 - 2009年09月15日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • 高分解能カー効果顕微鏡による Nd-Fe-B 系異方性微細結晶磁石の磁区と磁化過程の観察

    工学府先端機能システム工学専攻

    第33回 日本磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月12日 - 2009年09月15日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • Effect of Heating Rate of Annealing on Magnetic Properties and Magnetization Process in Fe80.5Cu1.5Si4B14 Nanocrystalline Alloy

    日立金属株式会社

    Soft Magnetic Materials 19 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月06日 - 2009年09月09日   記述言語:英語   開催地: Italy Torino  

  • Surface domain configuration of Nd-Fe-B sintered magnets influenced by underneath magnetization

    本人

    2009 IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月04日 - 2009年05月08日   記述言語:英語   開催地: U.S.A Sacramento, California  

  • 高分解能カー効果顕微鏡によるNd-Fe-B 系異方性微細結晶磁石の磁区観察

    本人

    日本金属学会春期大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月28日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の内部磁化の表面磁区構造への影響

    本人

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 紫外光源を用いた高分解能カー効果顕微鏡の試作とNd-Fe-B系異方性微細結晶磁石の磁区観察

    工学研究科機能システム創成工学専攻

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月04日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 紫外光源を用いた高分解能カー効果顕微鏡による{Nd}-{Fe}-B系異方性微細結晶磁石の磁区と磁化過程の観察

    工学府先端機能システム工学専攻

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月03日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Easy axis orientation of Nd-Fe-B melt-spun magnets caused by hot-rolling

    本人

    53rd Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月10日 - 2008年11月14日   記述言語:英語   開催地: USA Austin, TX  

  • 板厚方向圧縮応力下における電磁鋼板の磁区構造と磁化過程

    工学研究科機能システム創成工学専攻

    平成20年度 電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • Nd-Fe-B 急冷薄帯磁石のc 軸配向に及ぼす圧延の影響

    工学研究科機能システム創成工学専攻

    平成20年度 電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 高分解能カー効果顕微鏡の試作とNd-Fe-B 系微細結晶磁石の磁区観察

    工学研究科機能システム創成工学専攻

    平成20年度 電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 高分解能カー効果顕微鏡の試作とNd-Fe-B系異方性微細結晶磁石の磁区観察

    工学研究科機能システム創成工学専攻

    第32回 日本磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月12日 - 2008年09月15日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • Domain Observation of Nd-Fe-B Sintered Magnets by Image Processing Using Liquid Crystal Modulator

    本人

    20th International Workshop on Rare Earth Permanent Magnet & Their Applications 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月08日 - 2008年09月10日   記述言語:英語   開催地: Greece Crete  

  • 偏光面変調を利用したNd-Fe-B焼結磁石の高温における磁区構造観察

    本人

    平成20年 電気学会 基礎・材料・共通部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月21日 - 2008年08月22日   記述言語:日本語   開催地: 千葉  

  • DRIE装置と磁性体の微細加工

    機能システム創成工学専攻 上ノ段暁

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月19日 - 2007年12月20日   記述言語:日本語  

  • 偏光面変調を利用したNd-Fe-B焼結磁石の高温における磁化過程観察

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月06日   記述言語:日本語  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の熱減磁過程の磁区構造変化

    粉体粉末冶金協会講演概要集 平成19年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月19日 - 2007年11月21日   記述言語:日本語  

  • Magnetic domains and magnetization process of amorphous granular (CoFeB)-SiO2 thin films

    52nd Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月05日 - 2007年11月09日   記述言語:英語   開催地: USA Tampa, FL  

  • (Co-Fe-B)-(SiO2)グラニュラー薄膜の磁区と磁化過程

    平成19年度 電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語  

  • 磁性体の微細加工のためのDRIE装置の試作

    平成19年度 電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語  

  • 紫外光を用いたカー効果顕微鏡の試作と磁区観察

    平成19年度 電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の熱減磁過程の磁区構造観察

    第31回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月11日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語  

  • 無方向性電磁鋼板における磁気特性方向依存性の検討

    第31回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月11日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語  

  • (Co-Fe-B)-(SiO2)グラニュラー薄膜の磁区観察

    第31回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月11日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語  

  • アモルファス薄膜における非対称Bloch磁壁構造の三次元シミュレーション

    第31回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月11日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語  

  • Magnetization Curve of An Individual Grain in Non-Oriented Si-Fe Electrical Sheets

    Soft Magnetic Materials Conference (SMM 18) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月02日 - 2007年09月05日   記述言語:英語   開催地: UK Cardiff  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の熱減磁過程の磁区観察

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月23日 - 2007年07月24日   記述言語:日本語  

  • 無方向性電磁鋼板における磁区挙動を考慮した磁気特性方向依存性の検討

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月17日 - 2007年07月18日   記述言語:日本語  

  • 無方向性電磁鋼板鉄心における磁気特性モデリングの高精度化

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月29日 - 2007年03月30日   記述言語:日本語  

  • Domain Observation Technique for Nd-Fe-B Magnet in High Magnetic Field by Image Processing Using Liquid Crystal Modulator

    The 10th Joint MMM/Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月07日 - 2007年01月11日   記述言語:英語   開催地: U.S.A Baltimore  

  • 偏光面変調を利用したNd-Fe-B焼結磁石の磁区観察

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月28日   記述言語:日本語   開催地: 東京都  

  • タグ付き磁性体のボルテックス磁区構造磁化反転制御

    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎大学  

  • 偏光面制御によるNd-Fe-B焼結磁石の画像処理磁区観察法

    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎大学  

  • Fe-Si-Bアモルファスワイヤの断面磁区観察

    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎大学  

  • 磁気繊毛微細加工用低温プラズマSiエッチング装置の試作

    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎大学  

  • モータコア用無方向性珪素鋼板の磁区構造に及ぼす加工歪の影響

    第30回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月11日 - 2006年09月14日   記述言語:日本語   開催地: 島根大学  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の温度変化に対する磁区と磁化過程

    第30回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月11日 - 2006年09月14日   記述言語:日本語   開催地: 島根大学  

  • シャッター制御による磁性体の高速磁化反転

    第30回 日本応用磁気学会学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月11日 - 2006年09月14日   記述言語:日本語  

  • EFFECT OF Nd-RICH PHASE ON C-AXIS ORIENTATION OF Nd-Fe-B MELT-SPUN MAGNET AND ITS DOMAIN STRUCTURE

    International Conference on Magnetism 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月20日 - 2006年08月25日   記述言語:英語   開催地:日本 Kyoto  

  • Nd-Fe-B焼結磁石の強磁界中での磁区と磁化過程

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月03日 - 2006年08月04日   記述言語:日本語   開催地: 奈良県  

  • EFFECT OF APPLIED MAGNETC FIELD ON ANODIC OXIDIZATION OF ALUMINUM FOR HIGH-ASPECT-RATIO MICROFABRICA

    6th European Conference on Magnetic Sensors and Actuators 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月03日 - 2006年07月05日   記述言語:英語   開催地: Spain Bilbao  

  • Effect of Strain by Mechanical Punching on Non-Oriented Si-Fe Electrical Sheets for 9-slot Motor Core

    2006 IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月08日 - 2006年05月12日   記述言語:英語   開催地: U.S.A San Diego, California  

  • 段差による磁性薄膜の磁壁ピンニング

    本人

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月12日 - 2005年12月13日   記述言語:日本語   開催地: 宮城県  

  • 低温ECRによるSiマイクロマシニングと磁性体の微細構造加工

    大山 賢司(九工大)

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月12日 - 2005年12月13日   記述言語:日本語   開催地: 宮城県  

  • 無方向性珪素鋼板の磁化過程に及ぼす加工歪の影響

    北島 健一(九工大)

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月24日 - 2005年11月25日   記述言語:日本語   開催地: 長崎市  

  • Domain Wall Pinning by Step-Like Thickness Change in Magnetic Thin Film

    本人

    50th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月30日 - 2005年11月03日   記述言語:英語   開催地: USA San Jose  

  • シャッター制御による高速動的磁区観察の基礎的検討

    椛嶌 寿行(九工大)

    平成17年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月29日 - 2005年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • 無方向性珪素鋼板の加工劣化と磁区構造

    北島 健一(九工大)

    平成17年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月29日 - 2005年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • 急冷法によるNd-Fe-B異方性薄帯磁石の磁区構造

    合庭 健介(九工大)

    第29回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 長野市  

  • 大線径アモルファスワイヤの磁区構造と磁化過程

    和田 朋之(九工大)

    第29回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 長野市  

  • Domain Observation of Amorphous Wire with Large Diameter for Micro-Sensor and Micro-Motor Application

    本人

    12th International Symposium on Interdisciplinary Electromagnetic, Mechanic & Biomedical Problems 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月12日 - 2005年09月14日   記述言語:英語   開催地: Austria Bad Gastein  

  • 磁気カー効果による微細磁性体の磁化過程の検討

    機能システム創成工学専攻 森智礼

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月18日 - 2004年11月19日   記述言語:日本語   開催地: 東北大学電気通信研究所  

  • Micromagnetic study of domain wall pinning characteristics with grooves in thin films

    山口大学 浅田裕法

    49th Annual Conference on Magnetism & Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月07日 - 2004年11月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Jacksonville, Florida  

  • Dynamic and Wide Field Domain Observation of Amorphous Ribon with Longitudinal Kerr Effect Microscope

    本人

    49th Annual Conference on Magnetism & Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月07日 - 2004年11月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Jacksonville, Florida  

  • Siマイクロマシニングによる磁性体の微細加工

    機能システム創成工学専攻 河崎誠

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月25日 - 2004年10月26日   記述言語:日本語   開催地: 信州大学工学部  

  • 大線径アモルファスワイヤの磁区と磁化過程

    電気工学科 和田朋之

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月14日 - 2004年10月15日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市戸畑区  

  • 横カー効果を用いた磁性体の面内磁化検出

    機能システム創成工学専攻 嶋田哲也

    平成16年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月27日 - 2004年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島大学工学部  

  • 膜厚変調による磁壁ピンニング素子の磁化過程

    機能システム創成工学専攻 江尻圭多

    平成16年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月27日 - 2004年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島大学工学部  

  • 磁性アモルファスワイヤの大線径化

    機能システム創成工学専攻 和田朋之

    平成16年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月27日 - 2004年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島大学工学部  

  • 低倍率縦カー効果顕微鏡によるアモルファス薄帯の動磁区観察

    機能システム創成工学専攻 北島健一

    回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • 急冷法によるNd-Fe-B異方性薄帯磁石

    機能システム創成工学専攻 合庭健介

    第28回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • 溝状段差による磁壁ピンニング特性の解析

    山口大学 浅田裕法

    第28回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • ナノコンタクト巨大磁気抵抗素子の作成

    機能システム創成工学専攻 片山八寿之

    第28回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • 磁束ブリッジ型薄膜電流センサの試作

    機能システム創成工学専攻 小河内康弘

    第28回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • ファラデーセルを利用した画像処理磁区観察法

    機能システム創成工学専攻 近藤周治,

    第28回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • Siマイクロマシンニングによる磁気繊毛アクチュエータの作製

    機能システム創成工学専攻 河崎誠

    第28回日本応用磁気学会学術講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月21日 - 2004年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター  

  • スパッタ島状構造を利用した磁性体ナノコンタクト構造の試作

    機能システム創成工学専攻 片山八寿之

    電気学会マグネティックス研究会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 島根大学  

  • Asymmetric High-Frequency Carrier-Type Magnetic Field Sensor with Thin-Film Head Structure

    本人

    9th Joint MMM/Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月05日 - 2004年01月09日   記述言語:英語   開催地: アメリカ  

  • Micromagnetic study of domain wall pinning characteristics with step-like thickness change in thin film

    山口大学 浅田裕法

    9th Joint MMM/Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月05日 - 2004年01月09日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Anaheim, California  

  • アルミニウムの陽極酸化に及ぼす印加磁界の効果

    本人

    電気学会マグネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月30日 - 2003年10月31日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • 磁束ブリッジ型磁気センサの動作解析

    電気関係学会九州支部第56回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月26日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • 磁界中陽極酸化法を利用した三次元マイクロコイルの微細加工

    電気関係学会九州支部第56回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月26日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • 微細粒二方向性ケイ素鋼板の磁区観察

    電気関係学会九州支部第56回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月26日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • 急冷法による希土類異方性薄帯磁石の作製

    電気関係学会九州支部第56回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月26日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • 溝状膜厚変調による磁壁ピンニング特性のマイクロマグネティックシミュレーション

    電気関係学会九州支部第56回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月26日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • 薄膜ヘッド構造の高周波キャリア型磁界センサ素子の寸法依存性

    電気関係学会九州支部第56回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月26日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • 膜厚変調による磁壁ピンニング特性の解析

    第27回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月16日 - 2003年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 段差形状による磁性薄膜の磁壁ピンニング

    第27回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月16日 - 2003年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 微細磁性体の磁区観察による磁化反転機構

    第27回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月16日 - 2003年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 高周波キャリア型磁界センサを用いた薄膜磁気ヘッドの試作

    第27回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月16日 - 2003年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • Optimum Driving of Magnetostrictive Amorphous Wire Micro-Motor

    本人

    International Conference on Magnetism 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年07月27日 - 2003年08月01日   記述言語:英語   開催地: イタリア Roma  

  • Domain Observation of Ni-Fe Dots in External Field by Using Kerr Microscopy

    本人

    The 2003 IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月28日 - 2003年04月03日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Boston, Massachusetts  

  • Effect of Grain Size on Domain Structure of Thin Non-Oriented Si-Fe Electrical Sheets

    本人

    The 2003 IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月28日 - 2003年04月03日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Boston, Massachusetts  

  • 薄板化による無方向性珪素鋼板の磁区構造変化

    平成15年 電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月17日 - 2003年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • NiO薄膜による高周波キャリア型磁界センサのバイアス特性

    平成15年 電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月17日 - 2003年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 微細磁性体の磁区観察

    平成15年 電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月17日 - 2003年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 微細磁性体の磁区と磁化過程

    本人

    電気学会マグネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年01月15日 - 2003年01月16日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 反強磁性材料による高周波キャリア型薄膜磁界センサのバイアス特性変化

    電気学会マグネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年01月15日 - 2003年01月16日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • Magnetization Process of Laminated Narrow Thin-film Strips for High-Frequency Carrier type Sensor Head

    本人

    47th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月11日 - 2002年11月15日   記述言語:英語   開催地: アメリカ Tampa, Florida  

  • 無方向性珪素鋼板の薄板化による磁区構造変化

    電気関係学会九州支部第55回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月26日 - 2002年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • 薄手無方向性珪素鋼板の磁区観察

    電気関係学会九州支部第55回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月26日 - 2002年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • NiO/NiFe交換結合膜を利用した高周波磁界センサの構造最適化

    電気関係学会九州支部第55回連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月26日 - 2002年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • NiO/NiFe多層膜による高周波キャリア型磁界センサのバイアス法

    本人

    第26回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月17日 - 2002年09月20日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 微小幅高周波キャリア型磁界センサ薄膜の磁化過程

    本人

    第26回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月17日 - 2002年09月20日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 強磁性/反強磁性結合を利用した高周波キャリア型薄膜磁界センサのバイアス法

    本人

    第3回 九州磁気セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月09日 - 2002年05月10日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • Antiferromagnetic Coupled High-Frequency Carrier-Type Magnetic Field Sensor Using NiFe/FeMn Multilayer

    本人

    The 2002 IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月28日 - 2002年05月02日   記述言語:英語   開催地: オランダ Amsterdam  

  • 磁歪振動マイクロモータの設置条件による回転特性変化

    電気学会マグネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年01月31日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 微細磁性体の磁区観察

    平成13年度 電気関係学会九州支部連合会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • アモルファス薄膜の誘導磁気異方性による磁壁ピンニングの解析

    平成13年度 電気関係学会九州支部連合会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 微細磁性体の磁区観察

    平成13年度 電気関係学会九州支部連合会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 磁歪振動マイクロモータの支持方法による回転特性変化

    平成13年度 電気関係学会九州支部連合会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 反強磁性結合型高周波キャリア型薄膜磁界センサの基礎特性

    平成13年度 電気関係学会九州支部連合会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 反強磁性結合を用いた高周波キャリア型薄膜磁界センサ

    本人

    第25回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月25日 - 2001年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 秋田  

  • アルミナ皮膜を利用したリソグラフィによる針状磁性体の作製

    第25回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月25日 - 2001年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 秋田  

  • 磁壁ピンニングを施した高周波キャリア型磁界センサ

    本人

    第25回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月25日 - 2001年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 秋田  

  • 横置き型磁歪振動マイクロモータ

    第25回 日本応用磁気学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月25日 - 2001年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 秋田  

  • Domain structure of chemically thinned non-oriented electrical sheet

    本人

    15th Soft Magnetic Materials Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月05日 - 2001年09月07日   記述言語:英語   開催地: スペイン Bilbao  

  • 高周波キャリア型薄膜磁界センサの磁化過程

    本人

    第2回 九州磁気セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年05月16日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • Miniaturized high-frequency carrier-type thin-film magnetic field sensor with high sensitivity

    東北大学 菊池弘昭

    The 8th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年01月07日 - 2001年01月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Antonio, Texas  

  • High sensitive permeability measurement of striped film inversely obtained by input impedance

    東北大学 藪上信

    The 8th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年01月07日 - 2001年01月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Antonio, Texas  

  • Preparation of fine magnetic wire by lithographic process using porous anodic aluminium oxide

    北九州高専 太屋岡篤憲

    The 8th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年01月07日 - 2001年01月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Antonio, Texas  

  • Dynamic domain observation of high-frequency carrier-type thin-film magnetic field sensor

    本人

    The 8th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年01月07日 - 2001年01月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Antonio, Texas  

  • Basic load characteristics of magnetostrictive amorphous wire micromotor

    電気工学科 杉野友啓

    The 8th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年01月07日 - 2001年01月11日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Antonio, Texas  

  • Miniaturization of high-frequency carrier-type thin-film magnetic field sensor using laminated film

    本人

    IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月09日 - 2000年04月13日   記述言語:英語   開催地: Canada Tronto  

  • Sensitive Magnetic Field Sensor for Intelligent Transportation System Composed of Soft Magnetic Film and Integrated Thin-Film Bias Magnet

    本人

    Transducers '99 The 10th International Conference on Solid-State Sensors and Actuators 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年06月07日 - 1999年06月10日   記述言語:英語   開催地:日本 Sendai  

  • Integration of High Frequency Carrier Type Thin-Film Magnetic Field Sensor with SmCo Thin-Film Bias Magnet

    本人

    IEEE International Magnetics Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年05月18日 - 1999年05月21日   記述言語:英語   開催地: Korea Kyongju  

  • Directivity and Sensitivity of High Frequency Carrier Type Thin-Film Magnetic Field Sensor

    東北大学 山口正洋

    2nd European Conference on Magnetic Sensors & Actuators 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年07月13日 - 1998年07月15日   記述言語:英語   開催地: イギリス Sheffield  

  • Trial n-Silicon Micromagnetoelastic Devices

    東北大学 山口正洋

    The 7th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年01月06日 - 1998年01月09日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Francisco, California  

  • High Frequency Carrier Type Bridge-Connected Magnetic Field Sensor

    東北大学 山口正洋

    The 7th Joint MMM-Intermag Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年01月06日 - 1998年01月09日   記述言語:英語   開催地: アメリカ San Francisco, California  

  • Micro Magnetic Thin-Film Sensor Using LC Resonance

    本人

    IEEE International Magnetic Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月01日 - 1997年04月04日   記述言語:英語   開催地: アメリカ New Orleans, Louisiana  

  • Analysis of High Frequency Impedance of Micromachined Magnetic Films Based on Bias Susceptibility Theory

    東北大学 山口正洋

    IEEE International Magnetic Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月01日 - 1997年04月04日   記述言語:英語   開催地: アメリカ New Orleans, Louisiana  

▼全件表示

工業所有権

  • PERMANENT MAGNET AND DEVICE

    竹澤 昌晃, 町田 浩明, 藤原 照彦, 幕田 裕和

     詳細を見る

    出願番号:18/354,532  出願日:2023年07月18日

    【課題】磁気特性の優れた永久磁石、及び、当該永久磁石を備えるデバイスを提供すること。
    【解決手段】R : 23∼27wt%(ただし、Rは少なくともSmを含む希土類元素の合計) 、 Fe : 22∼27wt%、Mn : 0. 3∼2. 5wt%、 Cu : 4. 0∼5. 0w t%を含み、残部がCo及び不可避不純物からなる組成を有する焼結体であって、 複数の結晶粒と粒界相とを有し、前記粒界相におけるCuの濃度が45at%以上である、永久磁石である。

  • 永久磁石及びデバイス

    竹澤 昌晃, 町田 浩明, 藤原 照彦, 幕田 裕和

     詳細を見る

    出願番号:特順2022-123094  出願日:2022年08月02日

    【課題】磁気特性の優れた永久磁石、及び、当該永久磁石を備えるデバイスを提供すること。
    【解決手段】R : 23∼27wt%(ただし、Rは少なくともSmを含む希土類元素の合計) 、 Fe : 22∼27wt%、Mn : 0. 3∼2. 5wt%、 Cu : 4. 0∼5. 0w t%を含み、残部がCo及び不可避不純物からなる組成を有する焼結体であって、 複数の結晶粒と粒界相とを有し、前記粒界相におけるCuの濃度が45at%以上である、永久磁石である。

  • 希土類コバルト永久磁石及びその製造方法、並びにデバイス

    竹樺昌晃, 町田浩明, 藤原照彦, 金森 悠

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-091966  出願日:2019年05月15日

    公開番号:特開2020-188140  公開日:2020年11月19日

    登録番号:特許第7010884号  登録日:2022年01月17日

  • 希土類コバルト系永久磁石、その製造方法、モータ、及びデバイス

    竹樺昌晃, 藤原照彦, 町田浩明, 吉川秀之

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-544376  出願日:2016年10月07日

    公開番号:WO2017/061126  公開日:2017年04月13日

    登録番号:特許第6549720号  登録日:2019年07月05日

  • RARE EARTH-COBALT PERMANENT MAGNET

    Masaaki Takezawa, Teruhiko Fujiwara, Hiroaki Machida, Hideyuki Yoshikawa

     詳細を見る

    出願番号:米国特許出願 第15/761,413号  出願日:2016年10月07日

    登録番号:US 11,380,465 

  • 希土類コバルト系永久磁石

    Masaaki TAKEZAWA, Teruhiko FUJIWARA, Hiroaki MACHIDA, Hldeyuki YOSHIKAWA

     詳細を見る

    出願番号:201680058280.9  出願日:2016年10月07日

    登録番号:201680058280.9  登録日:2020年09月18日

▼全件表示

講演

  • 磁気イメージング

    第43回 日本磁気学会サマースクール  2020年12月  日本磁気学会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:Web開催  

  • 磁気イメージング

    IEEE Fukuoka-Hiroshima Chapter オンライン講演会  2020年09月  IEEE Magnetics Society Fukuoka and Hiroshima Joint Chapter

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:Web開催  

  • Analysis of Magnetization Process of Magnetic Materials by In-situ Magnetic Domain Observation with a Kerr Microscope

    12th International Conference on Ferrites (ICF12)  2019年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月29日 - 2019年11月01日   発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:Boston  

  • 磁気イメージング

    IEEE Fukuoka-Hiroshima Chapterサマースクール  2019年09月  IEEE Magnetics Society Fukuoka and Hiroshima Joint Chapter

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:西新プラザ  

  • 磁気イメージング

    第42回 日本磁気学会サマースクール  2019年06月  日本磁気学会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:中央大学駿河台記念館430号室  

  • 磁気イメージング

    第41回 日本磁気学会サマースクール  2018年06月  日本磁気学会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:中央大学駿河台記念館430号室  

  • Visualization of relationship between magnetic domain and grain boundary in Nd-Fe-B sintered magnet by using soft X-ray magnetic circular dichroism microscope

    62nd Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  2017年11月  AIP

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月06日 - 2017年11月10日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Pittsburgh  

  • Magnetic domain observation of permanent magnets with a Kerr microscope

    International Workshop on Nanostructured Magnetic Materials  2017年05月  東北大学

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月30日 - 2017年06月01日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:東北大学  

  • In-situ Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Permanent Magnet with a Kerr Microscope

    the 14th International Union of Materials Research Societies- International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM2015)  2015年10月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Jeju, Korea  

  • Relationship between Microstructure and Magnetic Domain structure of Nd-Fe-B Melt-spun Ribbon Magnets

    EMN (Energy Materials Nanotechnology) Meeting on Photovoltaics  2015年01月  Open-Access Publication and Conference Management by Scientists and for Scientists

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月12日 - 2015年01月15日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Orlando, FL, USA  

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Sintered Magnets with A Kerr Microscope

    The Moscow International Symposium on Magnetism (MISM) 2014  2014年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月29日 - 2014年07月03日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Moscow, Russia  

  • Nd-Fe-B系焼結磁石の高温下における減磁過程の磁区観察

    粉体粉末冶金協会講演概要集 平成26年度春季大会  2014年06月  粉体粉末冶金協会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月03日 - 2014年06月05日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:早稲田大学  

  • Analysis of Demagnetization Process of Nd-Fe-B Permanent Magnets by Domain Observation Using Kerr Microscope

    2012 ENERGY MATERIALS NANOTECHNOLOGY (EMN FALL)   2012年11月  ENERGY MATERIALS NANOTECHNOLOGY

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Las Vegas, USA  

  • Magnetic Domain Observation of Nd-Fe-B Permanent Magnets with A High-Resolution Kerr Microscope Using Ultraviolet Light

    2012 Collaborative Conference on Materials Research (CCMR)  2012年06月  Collaborative Conference on Materials Research (CCMR)

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Seoul, South Korea  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • Kerr効果顕微鏡を用いた動磁区観察によるネオジム磁石の磁化反転機構の解明

    研究課題番号:26420311  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 紫外光Kerr効果顕微鏡による熱アシスト磁化反転の高速・高分解能動磁区観察

    研究課題番号:23560402  2011年04月 - 2014年03月   基盤研究(C)

  • 紫外光を用いた高分解能カー効果顕微鏡によるナノ磁性ドットの超高速動磁化反転機構

    研究課題番号:21760261  2009年04月 - 2011年03月   若手研究(B)

  • パノスコピック形態制御高性能希土類磁石を用いた磁気マイクロマシンの設計と試作

    研究課題番号:20900133  2008年04月 - 2009年03月   特定領域研究

  • 高速シャッター制御によるMHz帯高速動磁区観察と高周波マイクロ磁気デバイスの開発

    研究課題番号:18760255  2006年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

  • MEMSによる磁性材料の高アスペクト比微細加工と磁気MEMS医用マイクロポンプ

    研究課題番号:17360143  2005年04月 - 2007年03月   基盤研究(B)

  • パノスコピック形態制御高性能希土類磁石を用いた磁気マイクロマシンの設計と試作

    研究課題番号:16080213  2004年04月 - 2008年03月   特定領域研究

  • 微細磁性体の動的磁区観察と高速磁化反転制御

    研究課題番号:16760274  2004年04月 - 2006年03月   若手研究(B)

  • 陽極酸化皮膜を利用した微細加工による厚膜磁石の異方性化と医用磁気マイクロマシン

    研究課題番号:14350168  2002年04月 - 2005年03月   基盤研究(B)

  • 交換結合バイアス法を用いた高周波キャリア型薄膜磁界センサのマイクロヘッド化

    研究課題番号:14750268  2002年04月 - 2004年03月   若手研究(B)

  • 高周波キャリア型薄膜磁界センサの小形・高感度化に関する研究

    研究課題番号:12750288  2000年04月 - 2002年03月   奨励研究(A)

  • Alの陽極酸化皮膜を利用する磁性体の超高アスペクト比微細加工と磁気マイクロマシン

    研究課題番号:12450129  2000年04月 - 2002年03月   基盤研究(B)

▼全件表示

受託研究・共同研究実施実績

  • ナノマニュピュレーションによる高温対応Sm-Co/αーFe系ナノコンポジット磁石の創製に関する検討

    2015年04月 - 2017年02月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 低希土類元素組成高性能異方性ナノコンポジット磁石の開発(微結晶磁性体の高分解能磁区構造観察手段の開発と磁化過程解析に関する研究)

    2011年04月 - 2012年03月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

    平成23年度科学技術試験研究委託事業

  • 低希土類元素組成高性能異方性ナノコンポジット磁石の開発(微結晶磁性体の高分解能磁区構造観察手段の開発と磁化過程解析に関する研究)

    2010年04月 - 2011年03月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 高感度磁気センサ用アモルファスワイヤの磁区観察

    2009年11月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

    共同研究
    共同研究に参加した全人数:2名
    成果:研究私的記録

  • GHz帯におけるMIセンサの動作特性解析

    1999年04月 - 2001年03月

     詳細を見る

    研究区分:その他共同研究等

その他競争的資金獲得実績

  • 低希土類元素組成高性能異方性ナノコンポジット磁石の開発

    2007年07月 - 2012年03月

    元素戦略プロジェクト  

  • レーザアブレーション技術と低温プロセス技術を融合させたGHz帯マイクロL素子用ナノ結晶ソフトフェライト膜の開発

    2001年09月 - 2002年03月

    産業技術研究助成事業費助成金  

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   磁気工学特論

  • 2022年度   先端電気工学特論

  • 2022年度   電気回路Ⅱ

  • 2022年度   電気回路Ⅰ

  • 2022年度   専門英語Ⅱ

  • 2022年度   電気電子工学PBL実験

  • 2022年度   電気電子工学実験Ⅱ

  • 2022年度   電気回路Ⅱ

  • 2022年度   電気回路Ⅰ

  • 2021年度   磁気工学特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2021年度   電気回路Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気回路Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   専門英語Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気電子工学PBL実験

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気電子工学実験Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気回路Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気回路Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   磁気工学特論

  • 2020年度   電気回路Ⅱ

  • 2020年度   電気回路Ⅰ

  • 2020年度   電気機器Ⅱ

  • 2020年度   電気回路Ⅱ

  • 2020年度   電気回路Ⅰ

  • 2020年度   電気電子工学PBL実験

  • 2019年度   電気回路Ⅱ

  • 2019年度   電気機器Ⅱ

  • 2019年度   磁気工学特論

  • 2019年度   電気回路Ⅱ

  • 2019年度   電気回路Ⅱ

  • 2019年度   総合システム工学実験Ⅱ

  • 2019年度   総合システム工学実験Ⅰ

  • 2019年度   総合システム工学PBL

  • 2018年度   電気機器Ⅱ

  • 2018年度   電気回路Ⅱ

  • 2018年度   磁気工学特論

  • 2017年度   電気機器Ⅱ

  • 2017年度   磁気工学特論

  • 2017年度   電気回路Ⅱ

  • 2017年度   総合システム工学PBL

  • 2017年度   総合システム工学実験Ⅱ

  • 2017年度   総合システム工学実験Ⅰ

  • 2016年度   磁気工学特論

  • 2016年度   電気機器Ⅱ

  • 2016年度   電気回路Ⅱ

  • 2016年度   総合システム工学PBL

  • 2016年度   総合システム工学実験Ⅰ

  • 2016年度   総合システム工学実験Ⅱ

  • 2015年度   電気回路Ⅱ

  • 2015年度   電気機器Ⅱ

  • 2015年度   磁気工学特論Ⅰ

  • 2015年度   磁気工学特論Ⅱ

  • 2015年度   総合システム工学PBL

  • 2015年度   総合システム工学実験Ⅰ

  • 2015年度   総合システム工学実験Ⅱ

  • 2014年度   電気回路Ⅱ

  • 2014年度   電気機器Ⅱ

  • 2014年度   磁気工学特論

  • 2014年度   総合システム工学実験Ⅱ

  • 2014年度   総合システム工学実験Ⅰ

  • 2014年度   総合システム工学PBL

  • 2013年度   電気機器Ⅱ

  • 2013年度   磁気工学特論

  • 2013年度   電気回路Ⅱ

  • 2012年度   電気回路Ⅱ

  • 2012年度   電気機器Ⅱ

  • 2012年度   磁気工学特論

  • 2012年度   総合システム工学実験Ⅰ

  • 2012年度   サイエンス工房

  • 2012年度   専門英語

  • 2012年度   総合システム工学実験Ⅱ

  • 2011年度   磁気工学特論

  • 2011年度   電気機器Ⅱ

  • 2011年度   電気回路Ⅱ

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 電気学会 令和4年 優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰)

    電気学会 基礎・材料・共通部門  

    2023年09月23日

    井上 健次

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • マグネティックス技術委員会 研究奨励賞

    電気学会 基礎・材料・共通部門 マグネティックス技術委員会   無方向性電磁鋼板の板厚と化粧粒径の変化による鉄損分析  

    2022年02月22日

    川久保 洋輝

  • 電気学会 平成30年優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰)

    電気学会 基礎・材料・共通部門  

    2019年09月19日

    大久保智弘

  • 電気学会マグネティックス技術委員会研究奨励賞

    電気学会マグネティックス技術委員会  

    2018年02月18日

    福島啓子

     詳細を見る

    平成29年マグネティックス研究会の講演において優秀な成績をおさめた。

  • 電気学会マグネティックス技術委員会研究奨励賞

    電気学会マグネティックス技術委員会  

    2016年01月16日

    池田 壮一郎

     詳細を見る

    平成27年マグネティックス研究会の講演において優秀な成績をおさめた。

  • 第5回 PBL合同成果発表会 (九州P-1グランプリ) グランプリ

    九州工業大学  

    2015年03月15日

    九州工業大学 工学部総合システム工学科 総合システム工学PBL 竹澤班

     詳細を見る

    P-1グランプリにおいて、プレゼンテーション能力、プロジェクト達成度、および工夫力によって採点され、全12チーム中最も優秀な成績を修めた。

▼全件表示

FD活動への参加

  • 2022年09月   第2回工学研究院FD研修会「コロナ禍における学生の研究室適応および留学生のキャンパスライフに関する状況」

  • 2022年07月   全学FD研修会「オンデマンド授業の制作・運用について」

  • 2022年06月   第1回工学研究院FD研修会「コロナ3年目の学生相談の状況と対応〜低単位取得学生へのアプローチから〜」

  • 2021年03月   学習教育センター主催全学FD研修「ハイフレックス型授業実践」

  • 2021年01月   第2回工学研究院FD研修会「学修自己評価システムのアンケート機能および達成度評価機能の利用方法」

  • 2019年10月   第3回工学研究院FD研修会

  • 2018年06月   第1回工学研究院FD研修会

  • 2011年07月   研修会参加

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 電気学会   令和6年全国大会グループ委員会 3グループ幹事  

    2023年08月 - 2024年06月

  • 電気学会   Society5.0に資する高周波マイクロ磁気デバイスの研究および実用化動向調査専門委員会 委員  

    2023年04月 - 2026年03月

  • 電気学会   磁気センサと AI 技術を活用したセンシングシステム調査専門委員会 委員  

    2023年04月 - 2026年03月

  • 電気学会   ナノスケールソフト磁性体の創製とデバイス応用調査専門委員会 委員  

    2022年07月 - 2025年06月

  • 電気学会   高性能永久磁石材料の開発と応用動向調査専門委員会 委員長  

    2022年04月 - 2025年03月

  • 日本磁気学会   編集・論文委員会 分野主査  

    2021年06月 - 2025年05月

  • 電気学会   磁気センサと機械学習の活用調査専門委員会 委員  

    2020年04月 - 2023年03月

  • 電気学会   磁性材料の高周波特性活用技術調査専門委員会 委員  

    2020年04月 - 2023年03月

  • 2022年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2022) 実行委員会   委員  

    2020年03月 - 2022年12月

  • 電気学会   ナノスケール磁性体を用いた機能性材料開発調査専門委員会 委員  

    2019年07月 - 2022年06月

  • 日本磁気学会   編集・論文委員会 分野副主査  

    2019年06月 - 2021年05月

  • 電気学会   次世代永久磁石の研究開発動向と応用に関する調査専門委員会 委員  

    2019年04月 - 2022年03月

  • 日本磁気学会   編集・論文委員会 分野副主査  

    2017年06月 - 2019年05月

  • 2018年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2018) 実行委員会   委員  

    2016年12月 - 2018年03月

  • 電気学会   ナノスケール磁性体の構造・組織解析と創製調査専門委員会 委員長  

    2016年07月 - 2019年06月

  • 電気学会   平成28年度基礎・材料・共通部門大会実行委員会 委員  

    2016年01月 - 2016年12月

  • 2015年 Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS 2015) 実行委員会   委員  

    2014年10月 - 2016年03月

  • 電気学会   次世代スマートデバイス構築のための高周波磁気調査専門委員 委員  

    2014年04月 - 2017年03月

  • 電気学会   磁気センサの高機能化と応用調査専門委員会 委員  

    2014年01月 - 2016年12月

  • 日本学術振興会 アモルファス・ナノ材料147委員会   幹事補佐  

    2013年10月 - 2018年09月

  • 電気学会   ナノスケール磁性体の新物性と新機能性の応用調査専門委員会 副委員長  

    2013年07月 - 2016年06月

  • 電気学会   永久磁石における最先端研究と応用動向調査専門委員会 委員  

    2013年04月 - 2016年03月

  • 日本磁気学会   編集・論文委員会 委員  

    2011年06月 - 2017年05月

  • 22nd Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications プログラム&プロシーディング委員会   委員  

    2011年05月 - 2012年12月

  • 22nd Workshop on Rare-Earth Permanent Magnets and their Applications 現地実行委員会   委員  

    2011年05月 - 2012年12月

  • 電気学会   オンチップ RF マグネティックス調査専門委員会 委員  

    2011年04月 - 2014年03月

  • 電気学会   ナノスケール磁性材料の新機能性の評価と応用調査専門委員会 幹事  

    2010年07月 - 2013年06月

  • 電気学会   磁気利用スマートセンシングスシステム調査専門委員会 委員  

    2010年07月 - 2013年06月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-電気・ハイブリッド自動車実用化の切り札!-

    役割:講師

    九州大学工業大学  九州国際大学付属高等学校  2022年10月04日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-電気・ハイブリッド自動車実用化の切り札!-

    役割:講師

    九州大学工業大学  福岡県立糸島高等学校  2022年06月15日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    役割:講師

    2019年10月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立宇土高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2017年07月10日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立川内高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2016年06月30日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    八幡南高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2015年08月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    佐賀西高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2015年01月31日

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

    高槻中学高等学校

  • 久留米市立高良内小学校 理科体験授業

    2015年01月09日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    高良内小学校で、PBL授業で作成したネオジム磁石の強さを安全に体験できる理科体験授業を開催した。

  • 牧山小学校 理科体験授業

    2014年12月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    牧山小学校で、PBL授業で作成したネオジム磁石の強さを安全に体験できる理科体験授業を開催した。

  • 鞘ヶ谷小学校 理科体験授業

    2014年12月09日 - 2014年12月10日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    鞘ヶ谷小学校で、PBL授業で作成したネオジム磁石の強さを安全に体験できる理科体験授業を開催した。

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2014年10月18日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立延岡星雲高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル危機を救え!-

    2014年09月17日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡西陵高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2013年12月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立久留米高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2013年10月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立伊集院高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2013年09月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    九州国際大学付属高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2013年06月15日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2012年08月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立種子島高等学校 1~2年

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2012年07月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立錦江湾高等学校 3年

  • 世界最強! 日本磁石研究最前線-世界を変えた強力磁石。レアメタル問題を救えるか ?-

    2012年06月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    九州国際大学付属高等学校 1~3年

  • 希土類磁石材料の応用分野と低希土類組成化への要求

    2009年01月29日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    講師:竹澤昌晃
    主催者:資源ソリューション研究 -エネルギー環境問題の解決に向けて- 教育研究プロジェクト
    役割:
    会場:九工大図書館AVホール

▼全件表示

PR

  • (学生向けPR)

    電気自動車モータ用磁性材料の高性能化に関する研究

  • (企業向けPR)

    Kerr効果顕微鏡を用いた磁区構造解析による磁性材料の性能向上、単ロール急冷装置による磁性薄帯およびワイヤの作成、スパッタ装置および真空蒸着装置による磁性薄膜の作成、RIEによる磁性薄膜の3次元微細加工

    磁性材料の作成、加工、および磁区観察(ミクロな磁気情報の可視化)による特性評価を行います。