岩田 稔 (イワタ ミノル)

IWATA Minoru

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

宇宙用材料、放射線、紫外線、熱、宇宙環境、劣化

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://laseine.ele.kyutech.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東海大学 -  博士(工学)  2000年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   宇宙システム工学研究系   准教授  

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系   准教授  

  • 2010年03月
    -
    2015年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系   助教  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Electron-emitting Film for Spacecraft Charging Mitigation (ELFs Charm)

    TANAKA Atomu, MATEO VELEZ Jean-Charles, DADOUCH Sarah, OKUMURA Teppei, SAKAMOTO Kenji, IWATA Minoru, TOYODA Kazuhiro, CHO Mengu

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN    17 ( 1 ) 1 - 6   2019年01月

     概要を見る

    <p>To protect a satellite from accidents due to spacecraft charging, Kyushu Institute of Technology (Kyutech) is developing a device called ELFs-Charm, which stands for ELectron-emitting Film for Spacecraft CHARging Mitigation. Electron emission from ELFs-Charm was already confirmed in Polar Earth Orbit in 2012 via flight experiment onboard HORYU-II. As a next step, we are considering the practical operation for spacecraft charging mitigation. The present emission level is not enough to increase the satellite potential. We focus our efforts on improving two properties, charging property and the emission threshold. The charging property is measured by how well the differential voltage between the ELFs-charm insulator surface and the satellite chassis increases. The emission threshold is measured by the differential voltage when the electron emission starts. This paper reports the laboratory experimental results to measure the two properties of various samples. The sample made of fluorin resin coating had a good combination of the charging property and the emission threshold that makes it possible to emit electron under realistic ambient electron current density in orbit.</p>

    DOI CiNii

  • Horyu-IV flight results of spacecraft plasma interaction experiments

    Fukuda H., Masui H., Iwata M., Toyoda K., Cho M.

    Proceedings of the International Astronautical Congress, IAC    2018-October   2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 by the International Astronautical Federation (IAF). All rights reserved. HORYU-IV is a 30cm cubic satellite with an approximate mass of 11kg. The satellite was successfully launched by a H-IIA rocket to an orbit of 575km altitude with 31ºinclination on February 17, 2016. Since then, HORYU-IV has been conducting various flight experiments related to spacecraft plasma interaction. HORYU-IV implements HORYU-II, the previous satellite operated from 2012 to 2017, high voltage photovoltaic power generation technology and uses it to perform research on discharge phenomena. HORYU-IV's main mission is to acquire an arc current waveform by an onboard oscilloscope and capture its image by a camera triggered by the oscilloscope. In addition, HORYU-IV carries out scientific experiments on arc mitigation high voltage solar array, plasma measurement using a double Langmuir probe, vacuum arc thruster, photoelectron current measurement and polymer material degradation. HORYU-IV captured various discharge waveforms and images in space that can be categorized into several types. Ground experiments were carried out to compare the waveforms between the flight results and the ground results. The Double Langmuir probe was operated in space and its result was compared with the computer simulation results. Photoelectron emission yield was measured for several material for the first time in orbit. The overall results obtained in the past two and a half years from the spacecraft plasma interaction experiments will be presented.

    Scopus

  • 超低軌道宇宙環境での高分子材料の耐性評価とSLATSデータとの比較検討について

    藤本 友介, 田川 雅人, 井出 航, 大倉 僚太, 岩田 稔, 土屋 佑太, 後藤 亜希, 行松 和輝, 木本 雄吾, 横田 久美子

    表面科学学術講演会要旨集    2018 ( 0 )   2018年01月

     概要を見る

    昨年、宇宙航空研究開発機構により世界初の超低高度衛星技術試験機(SLATS)が打ち上げられた。超低地球軌道(sub-LEO)では低地球軌道と比較して中性粒子環境が大きく異なり、高分子材料の劣化特性は十分に明らかではない。本研究では、sub-LEOを模擬した粒子衝突実験をポリイミドなどに行い、劣化特性を明らかにした。また、SLATSデータを用いて、地上試験結果と軌道上データの比較検討を予定している。

    DOI CiNii

  • Initial Results from an In-Orbit High-Voltage Experimental Platform: HORYU-IV

    Tatsuo Shimizu, Hiroshi Fukuda, Nguyen Tien Su, Kazuhiro Toyoda, Minoru Iwata, and Mengu Cho

    IEEE Transactions on Plasma Science    45 ( 8 ) 1853 - 1863   2017年04月  [査読有り]

  • Effects of Space Environmental Exposure on Photoemission Yield of Polyimide

    Jiang Wu, Akira Miyahara, Arifur Khan, , Minoru Iwata, Kazuhiro Toyoda, Mengu Cho, and Xiaoquan Zheng

    IEEE Transaction on Dielectrics and Electrical Insulation    22 ( 2 ) 1204 - 1212   2015年04月  [査読有り]

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 宇宙機の熱設計(共著)

    大西晃 他 ( 共編者 )

    名古屋大学出版会  2014年02月 ISBN: 978-4-8158-0758-0

  • 新訂 最新ポリイミド -基礎と応用-

    岩田稔、今川吉郎 ( 編者 )

    NTS  2010年08月 ISBN: 978-4-8604-3273-7

  • 新編 熱物性ハンドブック

    日本熱物性学会編 ( 編者 , 担当範囲: 9.5.3 (b) 熱制御材料の劣化 )

    養賢堂  2008年03月 ISBN: 978-4-8425-0426-1

  • 高分子製品の長期品質保証とリスク対策

    早川浄 ( 共著 , 担当範囲: 有機系材料の宇宙環境における寿命評価 )

    アイピーシー  2004年02月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Electron-emitting Film for Spacecraft Charging Mitigation (ELFs charm)

    Atomu Tanaka, Jean-Charles Mateo Velez, Sarah Dadouch, Teppei Okumura, Kenji Sakamoto, Minoru Iwata, Kazuhiro Toyoda, Mengu Cho

    31st International Symposium on Space Technology and Science  2017年06月  -  2017年06月   

  • Accelerateing Effect of Atomic Oxygen-induced Polyimide Degradation due to Simultanious Collision of Chemically Inert Molecules

    Kazuki Kita, Yusuke Fujimoto, Yuki Yamasaki, Minoru Iwata, Kumiko Yokota, and Masahito Tagawa

    31st International Symposium on Space Technology and Science  2017年06月  -  2017年06月   

  • A Pulsed Supersonic Valve System Aimed for Martian Atmospheric Simulation

    Ryota Okura, Minoru Iwata, Chee Sze Keat, Kumiko Yokota, and Masahito Tagawa

    31st International Symposium on Space Technology and Science  2017年06月  -  2017年06月   

  • Mass-loss of FEP/Ag Films in Sub-Low Earth Orbit Space Environment

    Yusuke Fujimoto, Kazuki Kita, Yasuko Koshiba, Kenji Ishida, Minoru Iwata, Kumiko Yokota and Masahito Tagawa

    31st International Symposium on Space Technology and Science  2017年06月  -  2017年06月   

  • 宇宙材料劣化研究拠点による学術研究の活性化と高度な衛星プロジェクト支援

    岩田稔、田川雅人、太刀川純孝、平尾敏雄、大津志保

    第37回日本熱物性シンポジウム  2016年11月  -  2016年11月   

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 原子状酸素耐性付与技術の高度化とマルチ環境耐性の可能性に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K06603

  • 低地球軌道インフレータブル構造用材料のための耐原子状酸素性付与技術に関する研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23656541

  • 極軌道対応型衛星帯電防止用受動的電界電子放出素子(Elf/PEO)の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2010年06月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22246104

  • 受動的電界電子放出素子による静止軌道衛星帯電防止法の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2007年06月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19206090

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 極軌道上の原子状酸素が衛星表面に及ぼす影響に関する研究

    共同研究

    研究期間:  2010年07月  -  2011年10月

  • 高度500km前後の極軌道上の原子状酸素が衛星表面に及ぼす影響に関する研究

    共同研究

    研究期間:  2009年08月  -  2009年11月

  • 宇宙環境への高電圧バス技術の適用研究

    共同研究

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月

  • 人工衛星のプラズマ干渉・帯電に関する研究および宇宙環境への高電圧バス技術の適用性の研究

    共同研究

    研究期間:  2007年04月  -  2008年03月

  • 軌道帯電を防止する受動型電子エミッタの実用化研究

    受託研究

    研究期間:  2007年04月  -  2008年03月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本発の「ほどよし信頼性工学」を導入した超小型衛星による新しい宇宙開発・利用パラダイムの構築

    提供機関:  独立行政法人日本学術振興会 

    研究期間:  2009年04月  -  2014年03月

  • 宇宙材料複合劣化研究プロジェクト

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2006年04月  -  2010年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  宇宙材料劣化特論

  • 2018年度  機能性材料

  • 2018年度  機械材料

  • 2018年度  設計製図

  • 2017年度  機械材料

全件表示 >>