2023/06/01 更新

トクナガ タツヤ
徳永 辰也
TOKUNAGA Tatsuya
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 相平衡

  • 相変態

  • 状態図

出身学校

  • 1994年03月   名古屋大学   工学部   原子核工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2004年09月   九州工業大学   工学研究科   物質工学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1996年03月   名古屋大学   工学研究科   原子核工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(工学)   2004年09月

  • 名古屋大学  -  修士(工学)   1996年03月

学内職務経歴

  • 2023年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     教授

  • 2014年04月 - 2023年03月   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     准教授

学外略歴

  • 2011年04月 - 2014年03月   鹿児島大学   理工学研究科   准教授   日本国

論文

  • 急冷凝固したFeCoNiCrBSi合金におけるミクロ組織とガラス形成 査読有り

    張 亦成, 徳永 辰也

    材料   72 ( 3 )   231 - 233   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.2472/jsms.72.231

  • α鉄におけるホウ素,炭素の粒界偏析に及ぼす合金元素の影響 査読有り

    徳永 辰也 , 元村 優太, 恵良 秀則, 土山 聡宏, 菖蒲 一久, 長谷部 光弘, 大谷 博司

    鉄と鋼   109 ( 3 )   158 - 166   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2022-081

  • Microstructure control and its observation of rapid solidification Cu–La alloy for the development of fluoride-ion batteries 査読有り 国際誌

    S. Zhu, H. Akamine, Y. Nagahata, T. Tojigamori, H. Miki, Y. Zhang, T. Tokunaga, S. Iikubo

    Journal of Alloys and Compounds   930   167447   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2022.167447

  • Thermodynamic calculation of phase equilibria in the Al-Fe-Zn-O system 査読有り 国際誌

    Matsumoto N., Tokunaga T.

    High Temperature Materials and Processes   41 ( 1 )   605 - 620   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The thermodynamics of the phase equilibria in the Al-Fe-Zn-O quaternary system was studied using the calculation of phase diagrams method to understand the oxidation behavior of the Zn bath surface during galvanizing process. The thermodynamic parameters for the Gibbs energies of the different constituent phases in the binary and ternary systems relevant to this quaternary system were taken mainly from previous studies. In this study, the thermodynamic assessment of the Al2O3-ZnO system was carried out based on the available experimental data, and some modifications to the thermodynamic model and/or parameters for the Fe-Zn-O ternary system were made to maintain consistency with the thermodynamic descriptions of other binary and ternary systems, making up the Al-Fe-Zn-O quaternary system adopted in this study. The calculated results on the ternary and quaternary systems generally agreed with the available experimental results on phase equilibria. The set of thermodynamic parameters enabled us to calculate the phase equilibria in the Al-Fe-Zn-O quaternary system over the entire composition and temperature ranges.

    DOI: 10.1515/htmp-2022-0249

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85143850917&origin=inward

  • Investigation of Nanoscale Phase Formation in Rapidly Solidified Fe20Co20Ni20Cr20B20-xSix Alloys 査読有り 国際誌

    Zhang Yicheng, Inoue Koji, Ishimaru Manabu, Tokunaga Tatsuya, Era Hidenori

    MATERIALS TRANSACTIONS ( 公益社団法人 日本金属学会 )   63 ( 9 )   1211 - 1216   2022年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In this study, nanoscale phase formation in rapidly solidified Fe<sub>20</sub>Co<sub>20</sub>Ni<sub>20</sub>Cr<sub>20</sub>B<sub>20−</sub><i><sub>x</sub></i>Si<i><sub>x</sub></i> alloys was investigated using atom probe tomography (APT) and transmission electron microscopy (TEM). According to previous X-ray diffraction measurements and scanning electron microscopy with energy-dispersive X-ray spectroscopy results, it was thought that this alloy system was composed of almost a single face-centered cubic (FCC) solid solution phase when the Si content was 5 at.%. However, APT and TEM results at the nanoscale showed that both an FCC solid solution and compound phases formed for all alloy compositions. The rapidly solidified alloy ribbon with a Si content of 5 at.% showed the presence of nanoscale FCC and Cr<sub>2</sub>B phases. Furthermore, in addition to the nanoscale FCC and Cr<sub>2</sub>B phases, a nanoscale Cr<sub>3</sub>Ni<sub>5</sub>Si<sub>2</sub> phase was observed when the Si content exceeded 7.5 at.%.</p>

    DOI: 10.2320/matertrans.mt-m2022058

    CiNii Research

  • 鋼中における溶質元素の粒界偏析の熱力学的評価 招待有り

    徳永辰也

    フジコー技報 ( 株式会社フジコー )   29   6 - 10   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Fe20Co20Ni20Cr20B20-xSixハイエントロピー合金の形成相に及ぼす冷却速度の影響と加熱による相変態挙動 査読有り

    張 亦成, 徳永 辰也, 恵良 秀則, 菖蒲 一久, 長谷部 光弘

    鋳造工学 ( 日本鋳造工学会 )   93 ( 9 )   532 - 540   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11279/jfes.93.532

  • α鉄中における窒素の粒界偏析に及ぼす合金元素の影響 査読有り

    元村 優太, 徳永 辰也, 恵良 秀則, 菖蒲 一久, 長谷部 光弘, 大谷 博司

    熱処理 ( 日本熱処理技術協会 )   61 ( 3 )   119 - 125   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.14940/netsushori.61.119

  • 溶湯浸透法によって作製したSiC二段反応焼結体の摩耗特性 査読有り

    花田喜嗣, 肖陽, 徳永辰也, 恵良秀則

    鋳造工学   92 ( 9 )   469 - 476   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Rapid fabrication of the continuous AlFeCrCoNi high entropy alloy coating on aluminum alloy by resistance seam welding 査読有り

    Zhao D., Yamaguchi T., Shu J., Tokunaga T., Danjo T.

    Applied Surface Science   517   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The continuous AlFeCrCoNi high entropy alloy coating was firstly fabricated on aluminium alloy by resistance seam welding. During welding, the coating was formed rapidly under the effect of instantaneous joule heating and the pressure. The gradient temperature transformed the nanocrystalline AlFeCrCoNi powder into the AlFeCrCoNi HEA coating consisted of body-centered-cubic and face-centered cubic structures. According to the calculation and experimental results, the welding process was not brought the negative affect to the substrate and only a certain amount of aluminum element penetrated into the coating. The average thickness and hardness of the coating were 420 µm and 715HV , respectively. Compared to A6061, the coating exhibited excellent wear-resistance in dry, deionized water and 3.5 wt% NaCl solution conditions. The environment played an important role in the wear behaviour of the AlFeCrCoNi HEA coating. Meanwhile, the corrosive wear of the AlFeCrCoNi HEA coating was proved to be beneficial to reduce the wear rate. 0.2

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2020.145980

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85082708091&origin=inward

  • 溶湯浸透法によるSiC反応焼結体の機械的性質と電気抵抗率に及ぼすFe-Si 合金組成の影響 査読有り

    花田 喜嗣, 肖 陽, 山本 厚生, 徳永 辰也, 恵良 秀則

    鋳造工学 ( 公益社団法人 日本鋳造工学会 )   92 ( 1 )   8 - 15   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>  The authors have been investigating a fabrication method to obtain high performance SiC ceramics by two-step reaction sintering using a Fe-Si alloy that is well known as an inoculation agent. In this study, compositions of C as a constituent of first-sintered body and the Fe-Si alloy as a constituent of molten infiltration alloy for the second sintering were changed for SiC ceramics fabrication. The second-sintered body was fabricated by infiltrating the Fe-Si molten alloy into the porous first-sintered body at 1723 K for 6 h under a pressure lower than 10<sup>-2</sup> Pa. The C content for the first sintered body was changed from 0 to 28 mass%, whereas the Fe concentration of the alloy for infiltration was changed from 0 to 66 mass%. Microstructure observation, elemental distribution measurements of Fe and Si, and phase identification for obtained second-sintered specimens were conducted using a laser microscope, EPMA, and XRD, respectively. Hardness and fracture toughness were evaluated by results of micro Vickers hardness testing. The electrical resistivity was measured using the four-terminal method.</p><p>  The microstructure of sintered SiC changed with the Fe content of the infiltration alloy, whereas the generated amount of SiC changed only slightly irrespective of the Fe content. No Fe carbide formation was observed, but FeSi<sub>2</sub> and FeSi phases were formed at high Fe contents. The fracture toughness of sintered bodies improved to 5.9 MPa·m<sup>0.5</sup> at maximum by the increase in the C content of the first sintered body and the Fe content of the infiltration alloy, although the electrical resistivity was reduced to 1.5 × 10<sup>-5</sup> Ωm at the minimum by the increase in Fe contents. Consequently, the fracture toughness of the Fe-Si alloy infiltrated SiC improved by two times compared to the conventionally sintered SiC ceramics. Furthermore, the electrical resistivity of the SiC sample largely decreased by one digit or more. It is considered that the superior characteristics are brought about by the extensive formation of finely distributed FeSi<sub>2</sub> and FeSi phases.</p>

    DOI: 10.11279/jfes.92.8

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007793406

  • Silicon Carbide Fabrication by Infiltration of Molten Fe-Si Alloy Through Two-Step Reaction Sintering 査読有り 国際誌

    Yoshitsugu Hanada, Yang Xiao, Akio Sonoda, Hyo-Gyoung Kang,Hideaki Nagayoshi, Atsuo Yamamoto, Tatsuya Tokunaga

    Archives of Metallurgy and Materials   64 ( 4 )   1645 - 1652   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.24425/amm.2019.130139

  • Fe-75%Si 合金を用いた溶湯浸透法によるSiC反応焼結体の作製とその機械的性質 査読有り

    花田 喜嗣, 肖 陽, 山本 厚生, 徳永 辰也, 恵良 秀則

    鋳造工学 ( 公益社団法人 日本鋳造工学会 )   91 ( 10 )   710 - 716   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>  Structure and mechanical properties of SiC fabricated by the reaction sintering method have been investigated by varying the blending composition of Si, C and SiC powders. First, specimens of the first-sintered body were formed at 473 K under a pressure of 20 MPa in a metallic mold and then sintered by heating at 973 K for 3.6 ks in Ar gas atmosphere. The first-sintered specimens were next put into a graphite mold to set Fe-75mass%Si alloy, which is often used as an inoculation agent, on the specimens and then held at 1693 K for 900 s in a vacuum furnace under a pressure of 10-1 Pa. Finally, SiC was successfully performed as a second-sintered body through the infiltration of Fe-75%Si alloy melt into the porous first-sintered body, which was followed by their mutual reaction. The microstructure and distributions of Fe and Si elements were observed using laser microscope and EPMA respectively. The hardness and fracture toughness were measured using a micro-Vickers hardness tester.</p><p>  The results indicate good infiltration of Fe-75%Si alloy melt into the first sintered body and that the second sintered body had a small amount of porosity. Iron carbides could not be found in the sintered structure but finely distributed iron silicides of FeSi and FeSi<sub>2</sub> were found. Furthermore, the fracture toughness of the body increased with increasing C content in the first sintered body. The mechanical properties were improved more than that of conventional sintered SiC when Fe-Si alloy was employed. The improvement in the properties is thought to be due to the uniform and fine distribution of FeSi, FeSi<sub>2</sub> and SiC in the matrix.</p>

    DOI: 10.11279/jfes.91.710

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007740200

  • Effect of Nickel Content on Microstructural Evolution in Austempered Solution-Strengthened Ferritic Ductile Cast Iron 査読有り 国際誌

    Tokunaga T., Kim Y., Era H.

    Journal of Materials Engineering and Performance   28 ( 7 )   4034 - 4040   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019, ASM International. The effects of Ni content and austempering temperature on microstructural evolution during austempering in solution-strengthened ferritic ductile cast iron with Ni contents between 0 and 1.1 mass% were investigated. The microstructure observation for the samples austempered at temperatures between 375 and 325 °C using an infrared gold image furnace was carried out with optical microscopy, x-ray diffraction measurements, and electron back-scattered diffraction pattern (EBSP) analysis. In addition, the Vickers hardness of both the austempered and as-quenched samples was measured under a load of 0.9807 N. According to the microstructure observations, the matrix of the samples austempered at temperatures between 375 and 325 °C exhibited finer acicular ferrite microstructure with increasing Ni content. Optical microscopy and EBSP analysis revealed that the amount of high-carbon austenite phase for the austempered samples increased with increasing Ni content and austempering temperature. Although samples with higher Ni content were found to contain more high-carbon austenite phase in the matrix, the Vickers hardness of the samples tended to increase with increasing Ni content at the same austempering temperature. The reason for this may be the higher carbon content in the matrix of the samples with higher Ni contents.

    DOI: 10.1007/s11665-019-04184-y

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85068872076&origin=inward

  • Effect of nickle content on microstructural evolution in austempered solution strengthened ferritic ductile cast iron 査読有り

    Tokunaga T., Kim Y., Era H.

    73rd World Foundry Congress &amp;quot;Creative Foundry&amp;quot;, WFC 2018 - Proceedings   191 - 192   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The effects of Ni content and austempering temperature on the microstructural evolution during austempering in SSFDI with different Ni contents were investigated. The results obtained are summarized as follows: (1) The bainitic ferrite microstructure for SSFDI was found to be much coarser with increasing Ni content. (2) The amounts of retained austenite for the samples after austempering increased with increasing Ni content and austempering temperature. (3) The Vickers hardness of the matrix for each sample decreased with the increase in austempering temperature, in contrast, increased with increasing Ni content.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85062279167&origin=inward

  • Fabrication method of silicon carbide by infiltration of molten Fe-Si alloy through two-step reaction sintering 査読有り

    Hanada Y., Xiao Y., Sonoda A., Kang H.G., Nagayoshi H., Tokunaga T., Era H.

    73rd World Foundry Congress &amp;quot;Creative Foundry&amp;quot;, WFC 2018 - Proceedings   161 - 162   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85062280999&origin=inward

  • 状態図計算と金属溶射プロセスへの応用 招待有り 査読有り

    徳永辰也,曽珍素,恵良秀則

    溶射   55 ( 2 )   80 - 84   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    合金の状態図計算の概略を述べた後で,非平衡状態における準安定相生成の予測,合金の非平衡凝固時の挙動や結晶相の析出における状態図計算手法の適用についていくつか具体例を説明している.

  • Evaluation of residual stress in thermal-sprayed Ni-base self-fluxing alloy and alumina coatings

    Ikki Kambayashi, Zhensu Zeng, Nobuaki Sakoda, Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era

    Proceedings of the 8th Asian Thermal Spray Conference and Exhibition   2 pages   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Ni基自溶合金溶射皮膜およびアルミナ溶射皮膜中における残留応力をX線回折法により評価した.いずれの皮膜においても溶射ままの状態では残留応力は引張方向であった.一方で,溶射後に再溶融処理を施したNi基自溶合金暇苦衷の応力は引張から圧縮に変化することが明らかになった.

  • Effect of cooling rate after fusing on the microstructural evolution and hardness of a Co-based self-fluxing alloy

    Tatsuya Tokunaga, Kazuki Yoshida, Hidenori Era

    Proceedings of the 8th Asian Thermal Spray Conference and Exhibition   2 pages   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Co基辞溶合金の組織形成と硬さに及ぼす再溶融処理後の冷却速度の影響について調べた結果,本研究で調べた範囲内での冷却速度においては構成相は同じであることが分かった.ただし,構成相のミクロ組織形態は冷却速度により変化し,冷却速度が速いほど硬さの上昇に寄与する相の生成量が増加することが明らかになった.

  • State of the art HSS work roll for later stands (F4-F7) in hot strip mill finishing trains 査読有り

    Oda N., Nozaki Y., Oohata T., Fleiner P., Tokunaga T., Era H.

    AISTech - Iron and Steel Technology Conference Proceedings   3   2657 - 2665   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85024501774&origin=inward

  • 高周波誘導加熱による球状黒鉛鋳鉄の表面焼入れ性の評価 招待有り 査読有り

    徳永辰也,若菜凌,濱口主税,浦濱大地,岩川風,福永修大,丸山栄三郎,大坪文隆,惠良秀則

    溶射   54 ( 1 )   8 - 11   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    様々な条件で高周波焼入れを施した球状黒鉛鋳鉄の組織観察および硬さ試験を行った結果,試験片表面温度が920℃以上になる場合にマルテンサイト組織が形成することが明らかになった.さらに,熱伝導シミュレーション結果から得られた試験片内部の温度分布の形状および深さは,形成された組織領域の分布と概ね対応していることが分かった.これから,本シミュレーションにより,鋳鉄の高周波焼入れ処理で形成される組織や硬さをある程度予測できることが示唆された.

  • Effect of Si content on the ferrite-to-austenite transformation during austenitizing in spheroidal graphite cast iron 査読有り

    Tokunaga T., Furukawa T., Oda N., Era H.

    72nd World Foundry Congress, WFC 2016   36 - 37   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The effect of Si content on the ferrite-to-austenite transformation during austenitization in spheroidal graphite cast iron with a ferrite matrix was investigated. In this study, ferritic ductile cast irons with two different Si contents, 2.3 mass%Si (JIS-FCD400) and 3.8 mass%Si (SSFDI), were used. Microstructural observation revealed that the rate of the ferrite-to-austenite transformation for SSFDI was slower than for FCD400. In addition to the experiments, a simulation of the austenitization was performed for FCD and SSFDI using the DICTRA software package employing kinetic and thermodynamic databases. The simulations reproduced the experimental results on the austenitization behavior for both FCD and SSFDI well.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85016630076&origin=inward

  • Evaluation of anti-sticking effect of microstructure components in cast iron by friction thermal shock test 査読有り

    Oda N., Nozaki Y., Yamamoto H., Tokunaga T., Era H.

    72nd World Foundry Congress, WFC 2016   54 - 55   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Anti-sticking resistance is an important property to avoid deep cracks for hot strip mill work roll materials, especially in the later stands where mill incidents like cobble are likely to occur. Effect of microstructure components on anti-sticking property was investigated with cast steel and iron samples using friction thermal shock test. Graphite was found to show higher effect than carbides, although they also show preferable effect, depending on its carbide type.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85016560788&origin=inward

  • Deformation Behavior of Corrosion-Resistant Fe-Cr Alloy 査読有り

    H.Era, Y.Kono, R.Sasabuchi, N.Miyoshi, T.Tokunaga, N.Shinozaki, J-H.Lee, T.Shimozaki

    Applied Microscopy   46   45 - 50   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    高純度FeおよびCr粉末を出発原料とし,レーザー溶融により作製したFe-50mass%Cr合金の耐食性および機械的特性を評価した.その結果,従来の延性に乏しいFe-Cr合金に比べて,高純度Fe-50mass%Cr合金は,非常に高い延性を示すこと,および従来合金よりも高い耐食性を示すことをはじめて明らかにした.

  • Small Punch Creep Property of High Cr Ferritic Steels 査読有り

    S.Komazaki, T.Tokunaga, Y.Kawaji

    Proceedings of the 3rd International Conference SSST, Small Sample Test Techniques   6 pages   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Gr.91鋼のスモールパンチクリープ試験を行った結果,定常クリープ速度はMonkman-Grant則のような破断時間との良い相関があることが分かった.これより,定常クリープ域に至る時間までの試験を行えば,スモールパンチクリープ寿命を予測できることが示された.

  • Thermodynamic Analysis of Phase Equilibria in the Mg-Al-Ho Ternary System 査読有り

    T.Tokunaga, H.Kominato, S.Iikubo, H.Ohtani

    Materials Transactions   54 ( 5 )   647 - 655   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    第一原理計算を援用して,Mg-Al-Ho3元系状態図の熱力学的解析を行い,従来の実測値を再現できる熱力学パラメータが得られた.

    DOI: 10.2320/matertrans.MI201226

    Scopus

    CiNii Article

  • Evaluation of Sensitization and Self-Healing in Austenitic Stainless Steels Based on Simulations of Cr-Depleted Zones 査読有り

    T.Tokunaga, H.Ohtani, J.Ågren

    ISIJ International   51   965 - 968   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2355/isijinternational.51.965

    Scopus

    CiNii Article

  • Phase Transformation Behavior of Boron Containing 9% Cr Heat Resistant Steels 査読有り

    T. Tokunaga,H. Kaku,H. Miyazaki,F. Masuyama

    Materials Science Forum   638-642   2345 - 2350   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2010年04月  -  2010年04月

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.638-642.2345

    Scopus

  • Phase Transformation Behaviour of Creep-Strength Enhanced 9% Cr Steels 査読有り

    T.Tokunaga, F. Masuyama

    Materials at High Temperatures   27 ( 1 )   61 - 65   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3184/096034009X12604503186238

    Scopus

  • Thermodynamic Analysis of Phase Equilibria in the Fe-Nb-P Ternary System 査読有り

    T. Tokunaga,N. Hanaya,H. Ohtani,M. Hasebe

    ISIJ International   49 ( 7 )   947 - 956   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Comprehensive Approach to Creep Life Assessment of Martensitic Heat Resistant Steels 査読有り

    F. Masuyama,T. Tokunaga,N. Shimohata,T. Yamamoto,M. Hirano

    OHMI, Operation Maintenance and Materials Issues (Internet Journal)   6   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Phase Transformation Behaviour of Grade 91 Ferritic Steel 査読有り

    T. Tokunaga,K. Hasegawa,F. Masuyama

    Materials Science and Engineering A   510-511   158 - 161   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Analysis of the Phase Equilibria in the Fe-Zr-B System 査読有り

    T.Tokunaga,K.Terashima,H.Ohtani,M.Hasebe

    Materials Transactions   49 ( 11 )   2534 - 2540   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • CALPHAD法援用による合金のアモルファス形成能評価 査読有り

    徳永辰也,大谷博司,長谷部光弘

    熱測定   35 ( 4 )   200 - 208   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Analysis of the Fe-Mn-P Ternary Phase Diagram by Combining the First-Principles and CALPHAD Methods 査読有り

    T. Tokunaga,N. Hanaya,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Science Forum   561-565   1899 - 1902   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2007年10月  -  2007年10月

    主要論文集(会議)

  • Thermodynamic Analysis of the Phase Equilibria in the Nb-Ni-Zr System 査読有り

    T. Tokunaga,S. Matsumoto,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   48 ( 9 )   2263 - 2271   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Evaluation of the Glass-Forming Ability of Nb-Ni-Ti-Zr Quaternary Alloys Using the CALPHAD Approach 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   48 ( 7 )   1635 - 1638   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Be-Mo2元系状態図の熱力学的解析 査読有り

    中島一喜,徳永辰也,大谷博司,長谷部光弘

    日本金属学会誌   71 ( 2 )   187 - 189   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Calculation of Phase Equilibria in the Nb-Ni-Ti-Zr Quaternary System 査読有り

    T. Tokunaga,S. Matsumoto,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   48 ( 2 )   89 - 96   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Assessment of the Al-Cr System by Combining the First-Principles and CALPHAD Methods 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Science Forum   539-543   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   2007年01月  -  2007年01月

    主要論文集(会議)

  • Thermodynamic analysis of the Fe-Cr-P ternary system by incorporating first-principles calculations into the CALPHAD approach

    T.Tokunaga,N.Hanaya,H.Ohtani,M.Hasebe

    Proceedings of the 13th National Symposium on Phase Diagrams, China-Japan Joint Symposium on Phase Diagrams, Materials Design and Their Applications   26 - 33   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    プロシーディングス

  • Nb-Ni-Zr系における相平衡の熱力学的解析 査読有り

    徳永辰也,松本智史,大谷博司,長谷部光弘

    日本金属学会誌   70 ( 9 )   741 - 749   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Analysis of the Zr-Be System Using Thermochemical Properties Based on Ab Initio Calculations 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Computer Coupling of Phase Diagrams and Thermochemistry   30 ( 2 )   201 - 208   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Be-Ti-V3元系における相平衡の熱力学的計算 査読有り

    西村雅俊,徳永辰也,大谷博司,長谷部光弘

    日本金属学会誌   70 ( 2 )   122 - 125   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Evaluation of the Phase Equilibria and Glass-Forming Ability of the Ti-Be System 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Journal of Phase Equilibria and Diffusion   27 ( 1 )   83 - 91   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Analysis of the Phase Equilibria of the Nb-Ni-Ti System 査読有り

    S. Matsumoto,T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   46 ( 12 )   2920 - 2930   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Evaluation of the Glass-Forming Ability of Zr-Ti-Be Ternary Alloys Using the CALPHAD Approach 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   46 ( 12 )   2931 - 2939   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Study of Phase Equilibria in the Ni-Fe-B System 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   46 ( 6 )   1193 - 1198   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 鉄系クラッド材の界面における拡散挙動 査読有り

    大道雅幸,里昌英,徳永辰也,大谷博司,長谷部光弘

    日本金属学会誌   68 ( 12 )   1013 - 1019   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Evaluation of the Phase Equilibria and Glass-Forming Ability of the Fe-Si-B System 査読有り

    T. Tokunaga,H. Ohtani,M. Hasebe

    Computer Coupling of Phase Diagrams and Thermochemistry   28 ( 4 )   354 - 362   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • CALPHAD法を援用したNi-Si-B3元合金のアモルファス形成能の評価 査読有り

    徳永辰也,大谷博司,長谷部光弘

    日本金属学会誌   68 ( 12 )   1002 - 1007   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Analysis of the Ni-Si-Ti System Using Thermochemical Properties Determined from Ab Initio Calculations 査読有り

    T. Tokunaga,K. Hashima,H. OHtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   45 ( 5 )   1507 - 1514   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • シーム溶接によるチタン板と軟鋼板との重ね溶接 査読有り

    西尾一政,加藤光昭,山口富子,徳永辰也,松本敦夫

    溶接学会論文集   21 ( 4 )   553 - 559   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Phase Equilibria in the Ni-Si-B System 査読有り

    T. Tokunaga,K. Nishio,H. Ohtani,M. Hasebe

    Materials Transactions   44 ( 9 )   1651 - 1654   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Thermodynamic Assessment of the Ni-Si System by Incorporating Ab Initio Energetic Calculations into the CALPHAD Approach 査読有り

    T. Tokunaga,K. Nishio,H. Ohtani,M. Hasebe

    Computer Coupling of Phase Diagrams and Thermochemistry   27 ( 2 )   161 - 168   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

▼全件表示

著書

  • 新版 鉄鋼材料と合金元素

    一般社団法人日本鉄鋼協会 鉄鋼材料と合金元素編集委員会(共編者(共編著者) ,  範囲: 応用編第4章の4.2.4節から4.2.6節(5ページ)および第15章15.2.1節(4ページ)を分担執筆した.)

    一般社団法人日本鉄鋼協会  2015年11月  ( ISBN:4930980879

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    本書は,鉄鋼材料における合金元素の役割を学術と応用の面から網羅するものである.学官界79名,産業界107名の執筆により,基礎編および応用編を併せて1076ページからなる.

口頭発表・ポスター発表等

  • Thermodynamic Analysis of Phase Equilibria in the Ge–Sn Binary System Considering Particle Size

    Robin Yoneda, Asuka Tsuru, Tatsuya Tokunaga

    9th international forum on Advanced Technologies (IFAT 2023)  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月07日 - 2023年03月09日   記述言語:英語   開催地:Taipei   国名:台湾  

  • Phase Formation and Phase Transformation Behavior During Heating in FeCoNiCrBSi Alloy Powders Produced by Mechanical Alloying

    Yicheng Zhang, Manabu Ishimaru, Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era

    10th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2022)   2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月12日 - 2022年12月14日   記述言語:英語  

  • Thermodynamic Evaluation and Experimental Investigation of Suzuki Effect in the Al–X Binary Systems

    Tatsuya Tokunaga, Kazuki Hanada, Ryota Suemitsu, Seiji Miura

    5th International Symposium on Long-Period Stacking/Order and Mille-feuille Structures (LPSO/MFS 2022)  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月11日 - 2022年12月14日   記述言語:英語   開催地:Tokyo  

  • 粒子サイズを考慮したGe–Sn二元系における相平衡の熱力学的解析

    米田路敏, 徳永辰也

    日本金属学会2022年秋期講演大会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月20日 - 2022年09月23日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • CuLa合金電極開発のための金属組織観察

    朱尚萍, 赤嶺大志, 長畑佑輔, 當寺ヶ盛健志, 野井浩祐, 三木秀教, 張亦成, 徳永辰也, 飯久保智

    日本金属学会2022年春期講演大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月17日   記述言語:日本語  

  • FeCoNiCrBSi系合金におけるナノスケール組織のTEM観察

    張亦成, 井上耕治, 徳永辰也, 石丸学, 恵良秀則

    日本金属学会2022年春期講演大会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月17日   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic analysis of phase equilibria in the Ni-P binary system

    Hiroki Tsumura, Tatsuya Tokunaga

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月05日 - 2021年12月08日   記述言語:英語  

  • Thermodynamic calculation of phase equilibria in the Al-Fe-Zn-O quaternary system

    Naoki Matsumoto, Tatsuya Tokunaga

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月05日 - 2021年12月08日   記述言語:英語  

  • (Ge,Pb)(Se,Te)擬四元系における相平衡の実験的検討と熱力学計算

    鍋田純冶, 徳永辰也

    日本金属学会2021年秋期講演大会  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月14日 - 2021年09月17日   記述言語:日本語  

  • Ni-P二元系における相平衡の熱力学的解析

    津村宙樹, 徳永辰也,大谷博司

    日本金属学会2021年秋期講演大会  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月14日 - 2021年09月17日   記述言語:日本語  

  • Nano-scale phase separation in Fe20Co20Ni20Cr20B20-xSix rapidly solidified ribbons

    Yicheng Zhang, Koji Inoue, Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era, Kazuhisa Shobu, Mitsuhiro Hasebe

    CALPHAD Global 2021  2021年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月01日 - 2021年06月24日   記述言語:英語  

  • Al基二元系合金における鈴木効 果の熱力学的評価

    徳永辰也, 花田一貴, 三浦誠司

    軽金属学会2021年春期大会  2021年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月15日 - 2021年05月16日   記述言語:日本語  

  • メカニカルアロイングによるFeCoNiCrBSi合金粉末作製とその組織形成

    張亦成, 徳永辰也

    日本金属学会2021年春期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月16日 - 2021年03月19日   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic calculation of phase equilibria in the Al-Li-Mg-Zn quaternary system

    Ami Hamajima, Akito Yanaru, Tatsuya Tokunaga, Yuto Morishita, Kenji Furuya

    8th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月12日 - 2020年12月19日   記述言語:英語  

  • α鉄中における窒素の粒界偏析に及ぼす合金元素の影響

    元村優太, 徳永辰也, 菖蒲一久, 長谷部光弘, 大谷博司

    第90回日本熱処理技術協会講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月26日 - 2020年11月27日   記述言語:日本語  

  • Ge-Sn二元系状態図の熱力学的解析

    田中遥, 津留明日香, 徳永辰也

    日本金属学会2021年秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月15日 - 2020年09月18日   記述言語:日本語  

  • FeCoNiCrBSi系急冷薄帯合金におけるナノスケール組織成型評価

    張亦成, 井上耕治, 徳永辰也, 菖蒲一久, 長谷部光弘

    日本金属学会2020年秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月15日 - 2020年09月18日   記述言語:日本語  

  • FeCoNiCrBSi系合金における組織形成の評価

    Yicheng Zhang,徳永辰也,恵良秀則

    日本金属学会第165回秋期講演大会  日本金属学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月11日 - 2019年09月13日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • 合金中の積層欠陥における溶質元素の偏析挙動の熱力学的評価

    徳永辰也,和泉勇樹,恵良秀則

    日本金属学会第165回秋期講演大会  日本金属学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月11日 - 2019年09月13日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • Thermodynamic Evaluation of Grain Boundary Segregation and Precipitation Behavior in Steels

    Tatsuya Tokunaga, Yuta Motomura, Hidenori Era, Hiroshi Ohtani

    CALPHAD XLVIII 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月02日 - 2019年06月07日   記述言語:英語   開催地:Singapore  

  • Phase-field simulation of solidification for spheroidal graphite cast iron

    田中遥,浅成勇介,大出真知子,徳永辰也,恵良秀則

    令和元年度日本金属学会・日本鉄鋼協会・軽金属学会九州支部合同学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月01日   記述言語:英語  

  • Fe-Mo-B三元系における相平衡の実験的検討と熱力学的解析

    元村優太,稲田拓哉,徳永辰也,恵良秀則,千綿伸彦,太田元基

    令和元年度日本金属学会・日本鉄鋼協会・軽金属学会九州支部合同学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月01日   記述言語:日本語  

  • 液体急冷法によるFe16.7Co16.7Ni16.7Cr16.7B16.7Si16.7薄帯の作製と評価

    張亦成,江良尚哉,徳永辰也,恵良秀則

    第72回日本鋳造工学会九州支部講演大会  日本鋳造工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年04月05日   記述言語:日本語  

  • Fe-Co-Ni-Cr-B-Si系ハイエントロピー合金における組織形成とその熱的安定性の評価

    Yicheng Zhang,徳永辰也,恵良秀則

    日本金属学会第164回春期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月20日 - 2019年03月22日   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Study on Segregation of Solute Elements to Stacking Faults in Some Binary Alloy Systems

    Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era

    LPSO2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月03日 - 2018年12月05日   記述言語:英語  

  • Thermodynamic Analysis of Phase Equilibria in Chalcogenide Thermoelectric Materials

    Tatsuya Tokunaga, Yusuke Oshiro, Hidenori Era

    TOFA2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月01日 - 2018年10月05日   記述言語:英語   開催地:Seoul, Korea  

  • Fabrication method of silicon carbide by infiltration of molten Fe-Si alloy through two-step reaction sintering

    Tatsuya Tokunaga, Yeong-Jin Kim, Hidenori Era

    73rd World Foundry Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月23日 - 2018年09月27日   記述言語:英語  

  • Effect of Nickel Content on Microstructural Evolution in Austempered Solution Strengthened Ferritic Ductile Cast Iron

    Tatsuya Tokunaga, Yeong-Jin Kim, Hidenori Era

    73rd World Foundry Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月23日 - 2018年09月27日   記述言語:英語  

  • Ⅳ-Ⅵ化合物における安定および準安定平衡の熱力学的解析

    小城佑介,菖蒲一久,長谷部光弘,徳永辰也,恵良秀則

    日本金属学会第163回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月19日 - 2018年09月21日   記述言語:日本語  

  • In-Zr二元系における相平衡の実験的検討

    山本真夕季,徳永辰也,恵良秀則

    日本金属学会第163回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月19日 - 2018年09月21日   記述言語:日本語  

  • RE-O二元系状態図の熱力学的解析

    徳永辰也,長谷部光弘

    日本金属学会第163回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月19日 - 2018年09月21日   記述言語:日本語  

  • Influence of impurities on formation and growth of sigma phase in Fe-Cr reactive diffusion couples

    浜島亜実,下崎敏唯,徳永辰也,恵良秀則

    平成30年度日本金属学会・日本鉄鋼協会・軽金属学会九州支部合同学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月23日   記述言語:英語  

  • Fe-Cr合金の475℃脆性に及ぼす微量合金元素の影響

    田中一圭,徳永辰也,恵良秀則,石丸詠一朗

    平成30年度日本金属学会・日本鉄鋼協会・軽金属学会九州支部合同学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月23日   記述言語:日本語  

  • In-Zr二元系における相平衡の実験的検討

    山本真夕季,徳永辰也,恵良秀則

    平成30年度日本金属学会・日本鉄鋼協会・軽金属学会九州支部合同学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月23日   記述言語:日本語  

  • フェースフィールド法による球状黒鉛鋳鉄の凝固シミュレーション

    田中遥,浅成勇介,徳永辰也,恵良秀則,大出真知子

    第71回日本鋳造工学会九州支部講演大会  日本鋳造工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年04月10日   記述言語:日本語  

  • Evaluation of residual stress in thermal-sprayed Ni-base self-fluxing alloy and alumina coatings

    Ikki Kambayashi, Zhensu Zeng, Nobuaki Sakoda, Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era

    8th Asian Thermal Spray Conference and Exhibition 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月07日 - 2017年11月08日   記述言語:英語  

  • State of the Art HSS Work Roll for Later Stands (F4-F7) in Hot Strip Mill Finishing Trains

    Nozomu Oda, Yasunori Ozaki, Takumi Oohata, Paul Fleiner, Tasuya Tokunaga, Hidenori Era

    2017 AISTech Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月10日   記述言語:英語  

  • Microstructure and mechanical properties of SUS316L consolidated by Selective Laser Melting

    Tadaharu Nakaoku, Osamu Murakawa, Takumi Fukuda, Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era

    The 4th Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日 - 2016年12月18日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu, Japan  

  • Simulation of Microsegregation during Solidification of Mg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR Alloys using the Scheil-Gulliver Approximation

    Shohei Ikeda, Tatsuya Tokunaga, Satoshi Iikubo, Hiroshi Ohtani, Hidenori Era

    3rd International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences 2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日 - 2016年12月18日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu, Japan  

  • Effect of cooling rate after melting on formation of LPSO structure in Mg97Zn1RE2 aaloys

    Tatsuya Tokunaga, Shohei Ikeda, Satoshi Iikubo, Hiroshi Ohtani, Hidenori Era

    LPSO2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月05日 - 2016年12月07日   記述言語:英語  

  • Effect of cooling rate after melting on formation of LPSO structure in Mg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR alloys

    Tatsuya Tokunaga, Shohei Ikeda, Satoshi IIkubo, Hiroshi Ohtani, Hidenori Era

    LPSO2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月04日 - 2016年12月07日   記述言語:英語   開催地:Kyoto, Japan  

  • 高周波焼入れによる 球状黒鉛鋳鉄の表面改質

    徳永辰也,若菜凌,濱口主税,浦濱大地,岩川風,福永修大,丸山栄三郎,大坪文隆,惠良秀則

    日本溶射学会第104回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月17日 - 2016年11月18日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • Co基自溶合金のミクロ組織と硬さに及ぼす フュージング後の冷却速度の影響

    吉田和貴,徳永辰也,惠良秀則

    日本溶射学会第104回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月17日 - 2016年11月18日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • Mg#D97#DRZn#D1#DRGd#D2#DR合金におけるLPSO構造形成に及ぼす溶融後冷却速度の影響

    徳永辰也,山本美鈴,池田昇平,飯久保智,大谷博司,惠良秀則

    日本鋳造工学会第168回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月24日 - 2016年09月25日   記述言語:日本語   開催地:高知  

  • Mg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR合金におけるLPSO構造形成に及ぼす溶融後冷却速度の影響

    池田昇平、徳永辰也、飯久保智、大谷博司、恵良秀則

    日本金属学会第159回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月21日 - 2016年09月23日   記述言語:日本語   開催地:豊中,大阪  

  • Experimental investigation and thermodynamic calculation of the phase equilibria in the Ni-rich portion of the Ni-Cr-P system

    Tatsuya Tokunaga, Masatoshi Eto, Hidenori Era Seishin Ueda, Junichi Nishida

    TOFA2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月04日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:Santos, Brazil  

  • Effect of Ni content on the ferrite-to-austenite transformation during austenitizing in spheroidal graphite cast iron

    Tatsuya Tokunaga, Tatsuki Furukawa, Hidenori Era

    CALPHAD XLV 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月29日 - 2016年06月03日   記述言語:英語   開催地:Awaji, Japan  

  • Evaluation of Anti-sticking Effect of Microstructure Components in Cast Iron by Friction Thermal Shock Test

    Nozomu Oda, Yasunori Nozaki, Hiroshi Yamamoto, Tatsuya Tokunaga and Hidenori Era

    72nd World Foundry Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月21日 - 2016年05月25日   記述言語:英語   開催地:Nagoya  

  • Effect of Si Content on the Ferrite-to-Austenite Transformation during Austenitizing in Spheroidal Graphite Cast Iron

    Tatsuya Tokunaga, Tatsuki Furukawa, Nozomu Oda, Hidenori Era

    72nd World Foundry Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月21日 - 2016年05月25日   記述言語:英語   開催地:Nagoya  

  • 熱量測定を用いた高クロム鋼の材料状態評価

    笹渕亮太,徳永辰也,惠良 秀則,栗毛野裕太,駒崎慎一

    日本鉄鋼協会春季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月23日 - 2016年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Deformation Behavior of High Corrosion-Resistant Fe-Cr Alloy

    H.Era

    The 47th Annual Meeting of Korean Society of Microscopy(Special International Symposium On Microscopy and Microanalysis of Materials)  

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月   記述言語:英語  

  • Ni基自溶合金のフュージング過程におけるミ クロ組織形成とCCT曲線

    吉田和貴, 徳永辰也, 恵良秀則

    日本溶射学会第102回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月   記述言語:日本語  

  • 高Si球状黒鉛鋳鉄におけるオーステナイト変態に及ぼすNiの影響

    徳永辰也、古川立樹、恵良秀則

    日本鋳造工学会第167回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月   記述言語:日本語  

  • 合金鋳鋼の組織形成と破壊靭性に及ぼすSiの影響

    山本浩史、小田望、徳永辰也、恵良秀則

    日本鋳造工学会第167回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月   記述言語:日本語  

  • Mg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR合金における凝固偏析の定量評価

    池田昇平、徳永辰也、恵良秀則、飯久保智、大谷博司

    日本金属学会第157回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:英語  

  • U-RE-O3元系(RE=Ce, Eu, Gd)を構成する2元系状態図の熱力学的解析

    徳永辰也, 恵良秀則, 飯久保智, 大谷博司, 倉田 正輝

    日本金属学会第157回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:日本語  

  • 合金鋳鋼の炭化物形成に及ぼすSiの影響

    山本浩史、小田望、徳永辰也、恵良秀則

    日本金属学会第157回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic modelling of the U-RE-O (RE = Ce, Eu and Gd) sub-systems

    T.Tokunaga, H.Era, S.Iikubo, H.Ohtani, M.Kurata

    CALPHAD XLIV 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月 - 2015年06月   記述言語:英語  

  • Scheil-Gulliverモデルに基づくMg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR合金のミクロ偏析シミュレーション

    徳永辰也、恵良秀則、飯久保智、榎木勝徳、大谷博司

    軽金属学会第127回秋期大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月   記述言語:日本語  

  • 高周波焼入れした球状黒鉛鋳鉄の組織形成

    若菜凌、濱口主税、浦濱大地、岩川風、福永修大、丸山栄三郎、大坪文隆、徳永辰也、恵良秀則

    日本鋳造工学会第165回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月   記述言語:日本語  

  • Solidification Simulation of Microsegregation Based on the Scheil-Gulliver Model in Mg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR Alloys

    T.Tokunaga, H.Era, S.Iikubo, M.Enoki, H.Ohtani

    LPSO2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月   記述言語:英語  

  • 球状黒鉛鋳鉄における炭素拡散と組織形成に及ぼすSi偏析の影響

    古川立樹、西尾理恵、大坪文隆、徳永辰也、恵良秀則

    日本鋳造工学会第165回全国講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月   記述言語:日本語  

  • Scheilの式によるMg#D97#DRZn#D1#DRRE#D2#DR合金の凝固偏析挙動評価

    徳永辰也、恵良秀則、飯久保智、大谷博司

    日本金属学会第155回秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   記述言語:日本語  

  • フェライト系耐熱鋼のクリープ破断強度に及ぼす化学成分と構成相の影響

    本人

    日本鉄鋼協会春季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:日本語   開催地: つくば  

  • DICTRAによるNbC成長シミュレーション

    本人

    日本鉄鋼協会春季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:日本語   開催地: つくば  

  • オーステナイト系ステンレス鋼におけるM23C6炭化物粒界析出シミュレーション

    本人

    日本金属学会春期講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:日本語   開催地: つくば  

  • Cr-Mo-B3元系状態図の熱力学的解析

    日本金属学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • Phase Transformation Behavior of Boron Containing 9% Cr Heat Resistant Steels

    本人

    THERMEC 2009, International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月   記述言語:英語   開催地: Germany Berlin  

  • Thermodynamic Analysis of the Cr-Mo-B Ternary System

    本人

    CALPHAD XXXVIII 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月   記述言語:英語   開催地: Czech Republic Prague  

  • Phase Transformation Behaviour of Creep-Strength Enhanced 9% Cr Steels

    本人

    2nd International ECCC Conference, Creep & Fracture in High Temperature Components Design & Life Assessment 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地: Switzerland Dubendorf  

  • 9Cr-0.5Mo-1.8W-V-Nb(P92)鋼のAc1温度近傍における相変態挙動

    本人

    日本鉄鋼協会2009年春季(第157回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Gr.91フェライト鋼のAc1温度近傍における相変態挙動

    本人

    日本鉄鋼協会2008年秋季(第156回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月23日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • Phase Transformation Behaviour of Creep-Strength Enhanced Ferritic Steels

    本人

    Creep 2008, the 11th Int. Conf. on Creep and Fracture of Engineering Materials and Structures 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月04日 - 2008年05月09日   記述言語:英語   開催地: Germany Bayreuth  

  • Effect of the addition of niobium and titanium on the diffusion behaviour at the interface between Ni-based self-fluxing alloy coatings and a steel plate

    本人

    社団法人日本鉄鋼協会第155回春季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:英語  

  • Thermodynamic Analysis of the Fe-Mn-P Ternary Phase Diagrams by Combining the First-Principles and CALPHAD Methods

    本人

    The Sixth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月05日 - 2007年11月09日   記述言語:英語   開催地: Korea Jeju  

  • Fe-Zr-B 3元系状態図の熱力学的解析

    日本鉄鋼協会2007年秋季(第154回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語  

  • Fe-Co-B 3元系における相平衡の熱力学的解析

    本人

    日本鉄鋼協会2007年秋季(第154回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Analysis of the Fe-Zr-B Ternary System

    本人

    CALPHAD XXXVI 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月06日 - 2007年05月11日   記述言語:英語   開催地: USA State College  

  • Fe-Mn-P 3元系状態図の熱力学的解析

    本人

    日本鉄鋼協会2007年春季(第153回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語  

  • Nb-Ni-Zr-H 4元系における相平衡の熱力学的計算

    本人

    日本金属学会2007年春期(第140回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語  

  • Mg-Zn-RE系合金における準安定構造の熱力学的安定性

    日本金属学会2007年春期(第140回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語  

  • Fe-B-C 3元系状態図の熱力学的解析

    日本鉄鋼協会2007年春期(第153回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語  

  • Nb-Ni-Ti-Zr 4元系における相平衡とガラス形成能の熱力学的評価

    本人

    第50回日本学術会議材料工学連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Analysis of the Fe-Cr-P Ternary System by Incorporating First-Principles Calculations into the CALPHAD Approach

    本人

    China-Japan Joint Symposium on Phase Diagrams, Materials Design and Their Applications 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月08日 - 2006年11月11日   記述言語:英語   開催地: China Xiamen  

  • Evaluation of the Glass-Forming Ability of Nb-Ni-Ti-Zr Quaternary Alloys Using the CALPHAD Approach

    本人

    The 5th International Bulk Metallic Glasses Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月01日 - 2006年10月05日   記述言語:英語   開催地:日本 淡路  

  • Fe-B-C 3元系状態図の熱力学的解析

    日本鉄鋼協会2006年秋季(第152回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:日本語  

  • Be-Mo2元系状態図の熱力学的解析

    日本金属学会2006年秋期(第139回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:日本語  

  • Nb-Ni-Ti-Zr 4元系における相平衡の熱力学的計算

    本人

    日本金属学会2006年秋期(第139回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Assessment of the Al-Cr System by Combining the First-Principles and CALPHAD Methods

    本人

    THERMEC 2006, International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月04日 - 2006年07月08日   記述言語:英語   開催地: Canada Vancouver  

  • Ni-Cr-B 3元系状態図の熱力学的解析

    日本金属学会春期(第138回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語  

  • 金属ホウ化物の生成エネルギーの第一原理計算

    本人

    日本金属学会春期(第138回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語  

  • Nb-Ni-Zr 3元合金のアモルファス形成能の評価

    本人

    日本金属学会春期(第138回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語  

  • Fe-Cr-P 3元系状態図の熱力学的解析

    本人

    日本鉄鋼協会第151回春季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語  

  • 3d遷移金属ホウ化物の生成エネルギーの第一原理計算

    本人

    日本鉄鋼協会第150回秋季講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語  

  • Be-Ti-V 3元系状態図の熱力学的解析

    日本金属学会秋期(第137回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Analysis of the Zr-Be System Using Thermochemical Properties Based on Ab Initio Calculations

    本人

    CALPHAD XXXIV 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月22日 - 2005年05月27日   記述言語:英語   開催地: Netherland Maastricht  

  • Ti-Be および V-Be 2元系状態図の熱力学的解析

    本人

    日本金属学会春期(第136回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Evaluation of Phase Equilibria and Glass-Forming Ability in the Ti-Be System

    本人

    ASM Materials Solutions Conference & Show, Symposium on User Aspects of Phase Diagrams 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月18日 - 2004年10月20日   記述言語:英語   開催地: USA Columbus  

  • Ni基溶射皮膜界面での浸炭と添加元素による抑制効果

    日本金属学会秋期(第135回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語  

  • CALPHAD法を適用したNi-Si-B3元系合金のガラス形成能の評価

    本人

    日本金属学会秋期(第135回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Evaluation of the Phase Equilibria and Glass-Forming Ability in the Fe-Si-B System

    本人

    CALPHAD XXXIII 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月30日 - 2004年06月04日   記述言語:英語   開催地: Poland Krakow  

  • Ni基自溶合金溶射皮膜の相平衡と皮膜界面における拡散挙動

    日本金属学会秋期(第134回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月   記述言語:日本語  

  • Fe-Si-B 3元系における相平衡

    本人

    日本金属学会秋期(第134回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月   記述言語:日本語  

  • スタッド溶接によるマグネシウム合金とアルミニウム合金の接合

    溶接学会秋季全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月   記述言語:日本語  

  • Ni-Ti 2元系における相互拡散シミュレーション

    本人

    日本金属学会秋期(第133回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月   記述言語:日本語  

  • Ni-Si-Ti-B 3元系状態図の相平衡

    日本金属学会秋期(第133回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月   記述言語:日本語  

  • Thermodynamic Assessment of the Ni-Si System by Incorporating Ab-Initio Energetic Calculations into the CALPHAD Approach

    本人

    CALPHAD XXXII 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月25日 - 2003年05月30日   記述言語:英語   開催地: Canada La Malbaie  

  • Ni-Si-B 3元系における相平衡

    本人

    日本金属学会秋期(第132回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月   記述言語:日本語  

  • Ni-Si-Ti 3元系状態図の熱力学的解析

    日本金属学会秋期(第132回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月   記述言語:日本語  

  • Ni-Si 2元系状態図の熱力学的解析

    本人

    日本金属学会秋期(第131回)大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月   記述言語:日本語  

▼全件表示

講演

  • CALPHAD法を援用した溶融合金の物性予測

    日本溶射学会九州支部 2022年度研究会  2023年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年01月10日   発表言語:日本語   講演種別:その他  

  • CALPHAD法の基礎とその適用例について

    Thermo-Calcカンファレンス2022  2022年12月  伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月15日   発表言語:日本語   講演種別:その他  

  • 状態図計算の 鋳造・溶射プロセスへの適用

    日本溶射学会九州支部 2021年度研究会  2022年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月18日   発表言語:日本語   講演種別:その他  

  • FeCoNiCrBSi系合金における相形成とその相変態挙動

    日本材料学会・粉体粉末冶金協会 2021年度第1回合同研究会  2021年12月  日本材料学会 金属ガラス部門委員会/粉体末冶金協会 金属ガラス・ナノ結晶材料委員会研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月07日   発表言語:日本語   講演種別:その他  

  • Effect of cooling rate after fusing on the microstructural evolution and hardness of a Co-based self-fluxing alloy

    Effect of cooling rate after fusing on the microstructural evolution and hardness of a Co-based self-fluxing alloy  2017年11月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月07日 - 2017年11月08日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

学術関係受賞

  • 2019 AIST Hunt-Kelly Outstanding Paper Award (AIME) First Place

    Association for Iron & Steel Technology   2019年05月07日

    Nozomu Oda, Yasunori Nozaki, Takumi Ohtata, Paul C. Fleiner, Tatsuya Tokunaga, Hidenori Era

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • 2018 Rolls Technology Best Paper Award

    Association for Iron & Steel Technology   2018年05月07日

    Nozomu Oda, Yasunori Ozaki, Takumi Oohata, Paul Fleiner, Tasuya Tokunaga, Hidenori Era

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • H27年度シンクロLPSO研究成果報告会 優秀ポスター賞

    文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」シンクロ型LPSO構造の材料科学-次世代軽量構造材料への革新的展開‐   2016年03月04日

    徳永辰也

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 粒界アモルファス相からのホウ炭化物生成挙動に基づく鋼の焼入れ性向上メカニズム解明

    研究課題番号:18K04752  2018年04月 - 2021年03月   基盤研究(C)

  • 熱量測定に基づく高クロム鋼のミクロ組織状態変化の定量評価

    研究課題番号:26420726  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 超高強度マグネシウム合金の相変態挙動に基づくLPSO構造形成メカニズムの解明

    研究課題番号:24109507  2012年04月 - 2014年03月   新学術領域研究

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   材料相変態特論

  • 2022年度   計算材料学特論

  • 2022年度   材料組織学Ⅱ

  • 2022年度   材料組織学Ⅰ

  • 2022年度   マテリアル基礎実験

  • 2022年度   マテリアル工学概論A

  • 2021年度   材料相変態特論

  • 2021年度   材料組織学Ⅱ

  • 2021年度   材料組織学Ⅰ

  • 2021年度   マテリアル基礎実験

  • 2020年度   材料相変態特論

  • 2020年度   材料組織学Ⅱ

  • 2020年度   材料組織学Ⅰ

  • 2020年度   見学実習

  • 2020年度   マテリアル工学概論A

  • 2019年度   材料組織学Ⅰ

  • 2019年度   材料相変態特論

  • 2018年度   材料組織学Ⅰ

  • 2018年度   材料相変態特論

  • 2017年度   材料相変態特論

  • 2017年度   材料組織学Ⅰ

  • 2016年度   材料相変態特論

  • 2016年度   材料組織学Ⅰ

  • 2015年度   材料組織学Ⅰ

  • 2015年度   材料相変態特論

  • 2011年度   熱力学

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 技術奨励賞

    (公社)日本鋳造工学会九州支部  

    2023年04月23日

    張亦成(指導学生)

  • 奨学賞

    日本金属学会・日本鉄鋼協会  

    2023年03月

    飯塚璃子(指導学生)

  • 奨励賞

    日本鋳造工学会  

    2021年03月21日

    田中遥(指導学生)

  • 研究発表奨励賞(優秀賞)

    日本熱処理技術協会  

    2020年11月20日

    元村優太(指導学生)

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 身近な金属材料の科学―古より未来へ―

    役割:講師

    福岡県立久留米高等学校  2021年11月09日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業