2022/05/25 更新

写真a

ノマ ツカサ
乃万 司
NOMA Tsukasa
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • コンピュータアニメーション

出身学校

  • 1984年03月   早稲田大学   理工学部   数学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1989年03月   東京大学   理学系研究科   情報科学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  理学博士   1989年03月

学内職務経歴

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   情報工学部     情報工学部知能情報工学科長

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   大学院情報工学府     情報工学府先端情報工学専攻長・情報科学専攻長

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     情報工学研究院知能情報工学研究系長

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     教授

論文

  • Color2Hatch: conversion of color to hatching for low-cost printing 査読有り

    Isumi R., Yamamoto K., Noma T.

    Visual Computer   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we propose Color2Hatch, a decolorization method for business/presentation graphics. In Color2Hatch, each region represented as a closed path and uniformly colored in scalable vector graphics (SVG) is converted to a region hatched in black and white. From the characteristics of business graphics, the hatching patterns are designed to represent mainly the hue in the region; additionally, lightness and saturation can also be reflected. To discriminate subtle differences between colors, attached short line segments, zigzag lines, and wave lines are used in hatching by analogy to a clock. Compared with the existing decolorization methods, for example, grayscale conversion and texturing, our method is superior in the discrimination of regions, suitable for low-cost black and white printing that meets real-world needs.

    DOI: 10.1007/s00371-021-02268-2

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85112227231&origin=inward

  • Chain of Equipments: A Scheme for Life-Time Personal Photo Storage 査読有り

    Noma T., Yamamoto K.

    2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics, ICCE 2019   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 IEEE. Photographs in digital form is much more difficult to preserve than in films and prints. While long-term digital preservation has long been studied, the methods are for organizations, and are far from realistic for personal use. This paper proposes a new scheme for life-time personal photo preservation. In the scheme called a chain of equipments, a long-term photo preservation policy is determined first, and then manufacturers supply tailored storage devices, called ring equipments, under the policy. Complicated tasks for migration is encapsulated in the ring equipments, and a chain of ring equipments preserves photo data for a long time. The specifications of ring equipments are constrained only by the policy, and then the manufacturers can avoid technology obsolescence.

    DOI: 10.1109/ICCE.2019.8662025

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85063786136&origin=inward

  • NPR hair modeling with parametric clumps 査読有り

    Yamamoto K., Shimosoyama T., Noma T.

    Proceedings - 2017 International Conference on Cyberworlds, CW 2017 - in cooperation with: Eurographics Association International Federation for Information Processing ACM SIGGRAPH   2017-January   214 - 217   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    UK   Chester   2017年09月20日  -  2017年09月22日

    © 2017 IEEE. This paper presents a modeling method for NPR hair composed of parametric 3D clumps. The clump parameters are not only for modifying a single clump but also for modifying all or large part of clumps similarly and simultaneously, and then a user can create a hairstyle only by adjusting the parameters. Our experiments show that even naive users can model a variety of hairstyles with little effort.

    DOI: 10.1109/CW.2017.20

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85043485697&origin=inward

  • Making decision for the next step in dense crowd simulation using support vector machines 査読有り

    Mohamad S., Mohamad S., Oshita M., Noma T., Sunar M., Nasir F., Yamamoto K., Honda Y.

    Proceedings - VRCAI 2016: 15th ACM SIGGRAPH Conference on Virtual-Reality Continuum and Its Applications in Industry   1   281 - 287   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 ACM.This paper presents a method to optimize the travel time of an intelligent agent finding its way through a simulated dense crowd by using Support Vector Machines (SVMs). While prior studies have used Social Force Model (SFM) for crowd simulation, a limitation of the model is that it does not allow the agent to make decision in getting to a specific point in a dense crowd in the shortest time possible. The next step refers to the temporary position before a final destination is reached and identifying a suitable next step in a dense crowd is challenging as there are many other moving agents that might block the path. Hence, to avoid formulating the decision of the agent's next step to proceed to a target point in an explicit manner, we therefore resort to SVMs whereby the position and velocity of the nearby agents are used as the feature vectors and the next step position as the class label. The training data is trained a priori with feature vectors and class labels supplied by human subjects. In order to produce a higher accuracy of training model, the training data is duplicated by permutation process. During the simulation, we used SFM and multiple SVM training models to control the motion of the intelligent agent. The results of the simulation indicated that the combination of SFM+SVMs enabled the intelligent agent to reach the final destination faster than using SFM on its own.

    DOI: 10.1145/3013971.3013990

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85009813092&origin=inward

  • Simulating group formation and behaviour in dense crowd 査読有り

    Nasir F., Noma T., Oshita M., Yamamoto K., Sunar M., Mohamad S., Honda Y.

    Proceedings - VRCAI 2016: 15th ACM SIGGRAPH Conference on Virtual-Reality Continuum and Its Applications in Industry   1   289 - 292   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 ACM.This paper presents a technique to simulate large groups in a dense crowd, where the groups can change their formation, and continuously avoid collision with other individual agents and groups, but still try to keep their collective behaviour until they reach their destination. To achieve this, we use the leader-follower model where the leader determines the group path while other members, driven by the modified social force model (SFM), follow the leader, maintaining the group formation. We also use density of agents in the travelling direction as the criteria to determine the appropriate formation type. Our proposed technique is easily compatible with individual agents driven by the existing SFM at moderate costs.

    DOI: 10.1145/3013971.3014017

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85009749058&origin=inward

  • <<改訂新版コンピュータグラフィックス>>の狙い

    藤代 一成, 斎藤 隆文, 乃万 司, 高橋 成雄, 馬場 雅志, 宮田 一乘

    研究報告グラフィクスとCAD(CG) ( 一般社団法人情報処理学会 )   2015 ( 6 )   1 - 4   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    2004 年 9 月の発刊以来,標準テキストとして利用されてきた CG-ARTS 協会編 <<コンピュータグラフィックス>> が,2015 年 3 月に改訂・出版される.新版では,この 10 年間の CG 分野の著しい発展が取り込まれ,その章構成や内容が刷新されている.本稿では,旧版からの主な差違を明らかにするとともに,新版編集の狙いについて概説する.The book entitled "Computer Graphics" by Computer Graphic Arts Society has widely been used as a standard textbook since September 2004. A new edition of the book to be published in March 2015 renovates its organization and contents reflecting the advances in the field during the past decade. In this article, the editorial board summarizes the purposes of the new edition and its primary differences from the old edition.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009877780

  • 部分地図のコラージュによる案内地図作成システムの開発

    井上拓哉 , 山本邦雄 , 乃万司

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告 ( 一般社団法人情報処理学会 )   2014 ( 3 )   1 - 8   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    本稿では,広域での経路案内において事前に経路全体を確認したいユーザに向け,曲がる場所など経路案内する上で重要なところを拡大しつつ,重要でないところは簡略化して経路全体を示す案内地図作成システムを提案する.提案システムの特徴は,重要地点周辺を拡大した部分地図を抽出し,それらを画像として上手く貼り付け,いわば,コラージュのように組み合わせて経路全体を表示する点にある.提案システムの開発により,案内地図が上手く作成できるかを検証した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009808751

  • トランスポート層におけるインテグレーテッドマルチVPNの提案と遠隔 (情報ネットワーク)

    田坂 祐太, 小出 洋, 乃万 司

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   114 ( 139 )   89 - 94   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    複数のLANに対して同時にVPN接続を行うことを容易にするトランスポート層におけるIntegrated Multi-VPNを提案する.既存技術であるIPSecVPNやSSL-VPN等では同時に複数のVPN接続が困難であったが,本手法ではトランスポート層において動的な経路設計を行う事で同時に複数のVPN接続を実現する.本手法は遠隔医療における複数の病院を連携する際に安全なネットワーク接続を実現するために応用することが可能である.また,仮想環境を用いて動作実証実験を行い,遠隔医療で利用可能か検討した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009946991

  • Power and Safety Management of Electrical Appliances in a Smart Power Distribution System 査読有り

    Tsukasa Noma,Yasuhiko Ookuma

    29th International Conference on Consumer Electronics (ICCE2011)   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2011年01月09日  -  2011年01月12日

    DOI: 10.1109/ICCE.2011.5722711

    Scopus

  • A Power Distribution and Management System for Identifying and Controlling Electrical Appliances 査読有り

    Toshiro Noguchi,Yasuhiko Ookuma,Tsukasa Noma

    16th International Conference on Electrical Engineering (ICEE2010)   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Busan   2010年07月13日  -  2010年07月17日

  • Inverse Rendering for Artistic Paintings 査読有り

    Shinya Kitaoka,Tsukasa Noma,Yoshifumi Kitamura,Kunio Yamamoto

    2nd International Conference on Computer Graphics Theory and Applications (GRAPP 2007)   293 - 298   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2007年03月08日  -  2007年03月11日

  • 絵画からの反射率分布の抽出とレンダリング 査読有り

    北岡伸也,乃万司,北村喜文

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌   11 ( 3 )   395 - 402   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Animating Agents for Presenting Tables and Graphs 査読有り

    Kazumasa Kondo,Kunio Yamamoto,Tsukasa Noma

    SIGGRAPH 2006 (Research Poster)   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston   2006年07月30日  -  2006年08月03日

  • TablePresenter: A Life-like Agent Explaining Tables 査読有り

    Kazumasa Kondo,Kunio Yamamoto,Tsukasa Noma

    Proc. VIIP 2005 (5th IASTED International Conference on Visualization, Imaging, and Image Processing   727 - 730   2005年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Benidorm   2005年09月07日  -  2005年09月09日

  • PWS&PHA: Posture Web Server and Posture History Archiver 査読有り

    Yasuhiko Ooe,Kentaro Yamasaki,Tsukasa Noma

    Proc. CARPE '04 (1st ACM Workshop on Continuous Archival and Retrieval of Personal Experiences)   94 - 104   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   New York, NY   2004年10月15日  -  2004年10月15日

  • MLSLib: A Lip Sync Library for Multi Agents and Languages 査読有り

    Hideyuki Murakami,Hiromi Baba,Tsukasa Noma

    Journal of WSCG   10 ( 2 )   295 - 302   2002年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • T4: A Motion-capture-based Goal-directed Realtime Responsive Locomotion Engine 査読有り

    Tadasuke Tsumura,Takeharu Yoshizuka,Takashi Nojirino,Tsukasa Noma

    Proc. of Computer Animation 2001   52 - 60   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Seoul   2001年11月07日  -  2001年11月08日

    代表的研究業績

  • Automated generation of animated weather reports with a virtual weatherman 査読有り

    Noma T., Shiratori Y., Baba H.

    Multimedia Modeling: Modeling Multimedia Information and Systems, MMM 2000   413 - 427   2000年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagano   2000年11月13日  -  2000年11月15日

    This paper proposes automatic generation of animated weather reports, where a virtual human performs as a weatherman, as an example of automated TV-like program production. An input to our prototype system is a set of (location, time, weather)-type weather forecast data. The system then summarizes the data and makes a weather report scenario in the form of speech texts with embedded commands, most of which relate to the virtual weatherman's body language. From this command-embedded speech text, our virtual human presenter system makes the virtual human agent act as a weatherman with the weather charts in real-time 3D animation synchronized with speech outputs. When the system runs on a Web server, on-demand speech-text generation enables us to watch personalized and up-to-the-minute weather reports on the Web.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84887230469&origin=inward

  • A Motion Generator Approach to Translating Human Motion from Video to Animation 査読有り

    Tsukasa Noma,Kyoji Oishi,Hiroshi Futsuhara,Hiromi Baba,Takeshi Ohashi,Toshiaki Ejima

    The Journal of Visualization and Computer Animation   11 ( 5 )   237 - 248   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    代表的研究業績

  • Design of a Virtual Human Presenter 査読有り

    Tsukasa Noma,Liwei Zhao,Norman I. Badler

    IEEE Computer Graphics and Applications   20 ( 4 )   79 - 85   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    代表的研究業績

  • Motion Generator Approach to Translating Human Motion from Video to Animation 査読有り

    Tsukasa Noma,Kyoji Oishi,Hiroshi Futsuhara,Hiromi Baba,Takeshi Ohashi,Toshiaki Ejima

    Proceedings of Pacific Graphics '99   50 - 58   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Seoul, Korea   1999年10月05日  -  1999年10月07日

  • A Virtual Human Presenter 査読有り

    Tsukasa Noma,Norman I. Badler

    Proc. IJCAI-97 Workshop on Animated Interface Agents   45 - 51   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

  • Visualization of Temporal and Spatial Information in Natural Language Descriptions 査読有り

    Hiromi Baba,Tsukasa Noma,Naoyuki Okada

    IEICE Transactions on Information and Systems   E79-D ( 5 )   591 - 599   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Shadows on Bump-Mapped Surfaces in Ray Tracing 査読有り

    Tsukasa Noma,Koichi Sumi

    The Visual Computer   10 ( 6 )   330 - 336   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Animated Human Agents with Motion Planning Capabiliy for 3D-Space Postural Goals 査読有り

    Moon-Ryul Jung,Norman I. Badler,Tsukasa Noma

    J. of Visualization and Computer Animation   5 ( 4 )   225 - 246   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Automatic Background Music Generation based on Actors' Mood and Motions 査読有り

    Jun-ichi Nakamura,Tetsuya Kaku,KYungsil Hyun,Tsukasa Noma,Sho Yoshida

    J. of Visualization and Computer Animation   5 ( 4 )   247 - 264   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Bipedal Walking with Dynamic Balance Constraint 査読有り

    未入力

    Proc. of Pacific Graphics '94/CADDM'94   2   489 - 494   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1994年04月  -  1994年04月

  • Automating Virtual Camera Control for Computer Animation 査読有り

    Tsukasa Noma,Naoyuki Okada

    Creating and Animating the Virtual World (Proc. Computer Animation '92)   177 - 187   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Switzerland   1992年04月  -  1992年04月

    代表的研究業績

  • Translating from Natural Language Story to Computer Animation 査読有り

    未入力

    Proc. SPICIS '92   475 - 480   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1992年04月  -  1992年04月

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • 多数の画像対を用いた雨天画像から晴天画像への変換

    崎田恭介(知能情報工学科)

    電子情報通信学会2009総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 愛媛県松山市  

  • CharacterPoint: キャラクタによるプレゼンテーションシステム

    山本邦雄(知能情報工学科)

    情報処理学会研究報告  

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月07日 - 2008年11月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県飯塚市  

  • 流動線を用いた動画像の動きの静止画表現

    平井智(情報創成工学専攻)

    平成20年度(第61回)電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分県大分市  

  • タグ管理機能とメモ機能を有するファイル一覧システム

    原田慶一(情報創成工学専攻)

    平成20年度(第61回)電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分県大分市  

  • CharacterPoint: キャラクタによるプレゼンテーションシステム

    山本邦雄(知能情報工学科)

    電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月22日 - 2008年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎県佐世保市  

  • 家具の自動配置のための配置評価法

    天野毅之(知能情報工学科)

    電子情報通信学会2008総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県北九州市  

  • カメラモーションキャプチャ

    山内隆弘(情報創成工学専攻)

    火の国情報シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月06日 - 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎県長崎市  

  • 動作クリップの逐次選択による動作生成手法

    福永洋介(情報創成工学専攻)

    火の国情報シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月06日 - 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎県長崎市  

  • CharacterPoint: キャラクタ付きプレゼンテーションシステム

    山本邦雄(知能情報工学科)

    第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2007) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月05日 - 2007年12月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎県佐世保市  

  • 説明の構造とアニメーション化

    本人

    情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月17日 - 2006年08月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分県別府市  

  • Animating Presentation Agent for Tabular Information

    本人

    IEEE SMC Hiroshima-Chapter 1st Int'l Workshop on Computational Intelligence 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月23日   記述言語:英語   開催地:日本 広島県東広島市  

  • 絵画からの反射率分布の抽出とレンダリング

    大阪大学

    情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月18日 - 2005年11月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 滋賀県草津市  

  • モーションブレンディングによるパラメトリックな動作生成の高速化

    Visual Computing グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2002予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年06月20日 - 2002年06月21日   記述言語:日本語   開催地: 早稲田大学井深ホール, 東京都新宿区  

  • 多言語の TTS に対応した Lip Sync ライブラリの作成

    情報処理学会第63回全国大会講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月26日 - 2001年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 山口大学吉田地区キャンパス, 山口市  

  • 複数エージェントの同期を考慮した協調動作生成

    情報処理学会 九州支部 火の国情報シンポジウム 2001 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月08日 - 2001年03月09日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学箱崎地区, 福岡市  

  • モーションキャプチャによる歩行動作生成

    第21回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM 2000 講演予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月24日 - 2000年11月25日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学箱崎キャンパス, 福岡市  

  • グループ行動を伴う殺陣のアニメーション化

    情報処理学会第61回全国大会講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月03日 - 2000年10月05日   記述言語:日本語   開催地: 愛媛大学城北キャンパス, 松山市  

  • 3次元deformable templateによるimage-based モデリングシステム

    情報処理学会第61回全国大会講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月03日   記述言語:日本語   開催地: 愛媛大学城北キャンパス, 松山市  

  • 3次元deformable templateによるimage-basedモデリングシステム

    第14回情報処理学会九州支部研究会報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 熊本大学工学部, 熊本市  

  • フレーム間差分をベースにした人物追跡

    第14回情報処理学会九州支部研究会報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 熊本大学工学部, 熊本市  

  • 奥行き情報を利用した人物追跡システム ステレオPtracker

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年01月20日 - 2000年01月21日   記述言語:日本語   開催地: NTTコミュニケーション科学基礎研究所, 京都府相楽郡精華町  

  • 実世界指向インタフェースによる案内図システムの実現

    情報処理学会第59回全国大会講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年09月28日 - 1999年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 岩手県立大学, 岩手県  

  • 仮想建物内のウォークスルーのための仮想人間ガイドの実現

    情報処理学会第59回全国大会講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年09月28日 - 1999年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 岩手県立大学?  

  • Real-Time Translation of Human Motion from Video to Animation

    SIGGRAPH 99 Conference Abstracts and Applications 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年08月08日 - 1999年08月13日   記述言語:英語   開催地: Los Angeles, USA  

  • 実時間人物追跡システム Ptracker

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年06月17日 - 1999年06月18日   記述言語:日本語   開催地: 富山大学  

  • 動画像中の人物像のリアルタイムアニメーション化

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月18日 - 1999年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 実時間人物追跡システム Ptracker

    第13回情報処理学会九州支部研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月16日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 動画像から人物像の抽出

    映像メディア処理シンポジウム第3回シンポジウム(IMPS98)資料 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月26日 - 1998年10月28日   記述言語:日本語   開催地: 軽井沢  

  • 仮想人間エージェントによる講義の実現

    平成10年度情報処理教育研究集会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月23日 - 1998年10月24日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 仮想人間エージェントによるWWW上でのプレゼンテーション

    情報処理学会研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年04月24日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 実験アニメーション作成のための動作の美化による直接操作インタフェース

    研究課題番号:25560115  2013年04月 - 2016年03月   挑戦的萌芽研究

  • 身代わりキャラクタのリアルタイム直接操作によるeラーニング教材作成システムの研究

    研究課題番号:23650051  2011年04月 - 2013年03月   挑戦的萌芽研究

  • 図的な情報構造を用いた擬人化エージェントによるプレゼンテーション化

    研究課題番号:17500072  2005年04月 - 2007年03月   基盤研究(C)

  • バーチャル出演者チームの協調的動作生成に関する研究

    研究課題番号:13680484  2001年04月 - 2003年03月   基盤研究(C)

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   マルチメディア表現特論

  • 2021年度   マルチメディア工学特論

  • 2021年度   企業情報システム特論

  • 2021年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2021年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2021年度   知能情報工学基礎実験

  • 2021年度   プログラミング

  • 2020年度   マルチメディア表現特論

  • 2020年度   マルチメディア工学特論

  • 2020年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2020年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2020年度   プログラミング

  • 2019年度   マルチメディア表現特論

  • 2019年度   マルチメディア工学特論

  • 2019年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2019年度   コンピュータグラフィックスE

  • 2019年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2019年度   プログラミング

  • 2018年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2018年度   コンピュータグラフィックスE

  • 2018年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2018年度   プログラミング

  • 2018年度   マルチメディア表現特論

  • 2018年度   マルチメディア工学特論

  • 2017年度   マルチメディア表現特論

  • 2017年度   マルチメディア工学特論

  • 2017年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2017年度   コンピュータグラフィックスE

  • 2017年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2017年度   プログラミング

  • 2016年度   プログラミング

  • 2016年度   先端情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2016年度   先端情報講究Ⅰ

  • 2016年度   マルチメディア表現特論

  • 2016年度   マルチメディア工学特論

  • 2016年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2016年度   コンピュータグラフィックスE

  • 2016年度   知能情報工学基礎演習

  • 2016年度   知能情報工学入門

  • 2016年度   知能情報工学特別講義

  • 2016年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2015年度   マルチメディア工学特論

  • 2015年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2015年度   コンピュータグラフィクスE

  • 2015年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2015年度   プログラミング

  • 2014年度   コンピュータグラフィクスE

  • 2014年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2014年度   プログラミング

  • 2014年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2014年度   マルチメディア工学特論

  • 2014年度   マルチメディア表現特論

  • 2013年度   コンピュータグラフィックス特論Ⅰ

  • 2013年度   コンピュータグラフィクスE

  • 2013年度   コンピュータグラフィックスA

  • 2013年度   プログラミング

  • 2012年度   プログラミング

  • 2012年度   マルチメディア表現特論

  • 2012年度   マルチメディア工学特論

  • 2012年度   コンピュータグラフィックス特論 I

  • 2012年度   コンピュータグラフィックスE

  • 2012年度   コンピュータグラフィックスA

▼全件表示