小田部 (エドモンド)荘司 (オタベ エドモンド ソウジ)

OTABE Edmund Soji

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

超伝導工学、超伝導物性、 縦磁界効果、電力ケーブル

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7683

研究室FAX

0948-29-7683

ホームページ

http://aquarius10.cse.kyutech.ac.jp/~otabe/

特記事項

米国生につき英名あり

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月   九州大学   工学部   電子工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月  九州大学  工学研究科  電子工学  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  1997年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   ニューロモルフィックAIハードウェア研究センター   構成員  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   物理情報工学研究系   教授  

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    九州工業大学   副学長  

  • 2012年09月
    -
    2013年03月

    九州工業大学   産学連携推進センター   センター長  

  • 2008年07月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   電子情報工学研究系   教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    継続中
     

    第27回国際磁石技術会議 MT-7 (Magnet Technology 27)  日本国

  • 2018年03月
    -
    2018年09月
     

    2018 PCカンファレンス 実行委員会  日本国

  • 2015年11月
    -
    2017年03月
     

    飯塚市地域連携都市政策協議会  日本国

  • 2015年07月
    -
    継続中
     

    応用物理学会  新領域グループ 量子化磁束動力学シミュレーション  日本国

  • 2015年07月
    -
    継続中
     

    バングラデシュ国際協力推進会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 量子化磁束の動力学シミュレーション

    量子力学 TDGL FEM FDTD  

    研究期間: 2014年10月  -  継続中

  • MgB2バルク超伝導体の着磁特性の有限要素法を用いた解析

    MgB2 着磁 有限要素法  

    研究期間: 2013年09月  -  継続中

  • 縦磁界効果を利用した超伝導電力ケーブルの開発

    縦磁界効果, 超伝導電力ケーブル  

    研究期間: 2011年10月  -  継続中

  • 遺伝的アルゴリズムによる磁束クリープフローモデルのパラメータ推定

    遺伝的アルゴリズム、磁束クリープフロー  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Layer Thickness Dependence of Critical Current Density using Longitudinal Magnetic Field Effect in Superconducting Coated Conductors

    T. Yonenaka, E. S. Otabe, V. Vyatkin, S. Lee, T. Akune, T. Nishizaki

    Journal of Physics: Conference Serie    1293   012017   2019年11月  [査読有り]

    DOI

  • TDGL Simulation on Angular Dependence of Critical Current Density in Superconductors with Columnar Defects

    Rina Yonezuka, Yusei Hamada, Kazunori Kamiji, Kenta Tanimura, Takaki Yoshihara, Edmund Soji Otabe, Yasunori Mawatari, Tetsuya Matsuno

    Journal of Physics: Conference Serie    1293   012018   2019年11月  [査読有り]

    DOI

  • Study on polishing method using magnetic levitation tool by superconducting

    Yuki Tanaka, Hidetaka Nakashima, Yuta Hiramatsu, Panart Khajornrungruang, Edmund Soji Otabe, Keisuke Suzuki

    Journal of the Japan Society for Abrasive Technology     62   219 - 220   2018年08月  [査読有り]

  • Round Robin Test of Residual Resistance Ratio of Nb3Sn Composite Superconductors

    Matsushita T., Otabe E., Kim D., Hwang T., Gao H., Liu F., Liu H., Cooley L., Turrioni D., Raine M., Hampshire D.

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity    28 ( 2 )   2018年03月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 IEEE. In this paper, a round robin test of residual resistance ratio (RRR) is performed for Nb 3 Sn composite superconductors prepared by an internal tin method by six institutes with the international standard test method described in IEC 61788-4. It was found that uncertainty mainly resulted from determination of the cryogenic resistance from the intersection of two straight lines drawn to fit the voltage versus temperature curve around the resistive transition. The measurement clarified that RRR can be measured with expanded uncertainty not larger than 5% with the coverage factor 2 by using this test method.

    機関リポジトリ DOI Scopus

  • The influence of winding direction of two-layer HTS DC cable on the critical current

    Vyatkin V., Kashiwagi K., Ivanov Y., Otabe E., Yamaguchi S.

    Journal of Physics: Conference Series    897 ( 1 )   2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. The design of twist pitch and direction of winding in multilayer HTS coaxial cable is important. For HTS AC transmitting cables, the main condition of twist pitch is the balance of inductances of each layer for providing the current balance between layers. In this work, the finite element method analysis for the coaxial cables with both same and opposite directions winding is used to calculate magnetic field distribution, and critical current of the cable is estimated. It was found that the critical current of the cable with same direction winding is about 10 percent higher than that in the case of the cable with the opposite direction winding.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 初めて電磁気を学ぶ時に読むベクトル解析 第2版

    小田部荘司 ( 単著 )

    大学生協  2018年04月

  • 理工学系学生のための基礎物理学

    大澤智興, 桑田精一, 田中公一, 藤原真, 廣瀬英雄, 小田部荘司 ( 共著 )

    培風館  2017年04月 ISBN: 978-4-563-02517-5

  • 初めて電磁気を学ぶ時に読むベクトル解析

    小田部荘司 ( 単著 )

    大学生協  2017年04月

  • プレゼンテーションTIPS集

    小田部荘司 ( 単著 )

    Kindle direct  2015年10月

  • 学生が学ぶMathematica入門

    小田部荘司 ( 単著 )

    Kindle direct  2014年04月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 量子渦運動のシミュレーションのための陽的数値積分法

    松野哲也, 小田部荘司, 馬渡康徳

    日本物理学会 第75回年次大会(2020年)  (名古屋大学)  2020年03月  -  2020年03月   

  • 縦磁界効果を用いた10kA級超伝導直流ケーブルの設計

    米中 友浩, 小田部 荘司, 一木 悠人, 松下 照男, 木内 勝

    第67回応用物理学会春季学術講演会  (上智大学)  2020年03月  -  2020年03月   

  • Estimation of Machine Parameters in Superconducting Transformer using Differential Evolution

    Tomohiro Yonenaka, Yuto Ichiki, Edmund Soji Otabe, Yoshitaka Tokunaga

    10th ACASC/ 2nd Asian-ICMC/ CSSJ Joint Conference  (Okinawa Convention Center, Okinawa)  2020年01月  -  2020年01月   

  • Evaluation of SUperconductive Assisted Machine (SUAM) with Superconducting Coated Wires using Finite Element Method

    Yushi Kinoshita, Ruizhe Zhang, Edmund Soji Otabe, Keisuke Suzuki, Yuki Tanaka, Hidetaka Nakashima

    10th ACASC/ 2nd Asian-ICMC/ CSSJ Joint Conference  (Okinawa Convention Center, Okinawa)  2020年01月  -  2020年01月   

  • The Relationship Between z axis Anisotropy Strength γz and Critical Current Density Jc Simulated by Using TDGL

    Rina Yonezuka, Yusei Hamada, Kazunori Kamiji, Edmund Soji Otabe, Yasunori Mawatari, Tetsuya Matsuno

    10th ACASC/ 2nd Asian-ICMC/ CSSJ Joint Conference  (Okinawa Convention Center, Okinawa)  2020年01月  -  2020年01月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 超伝導ケーブル

    特願 特願2013-1850440}  日本国

    松下照男、小田部荘司、木内勝

  • バルク超電導体のパルス着磁

    特願 '2006-168650  特許 特許第47693001号  日本国

    松下 照男,小田部 エドモンド 荘司

     概要を見る

    【要約】
    【課題】バルク超電導体を電導体として使用するのではなく、非常に大きな磁力を持つ永
    久磁石として使用するために、簡便なパルス着磁法により、バルク超電導体を効率良く着
    磁する方法を提供すること。
    【解決手段】バルク超電導体をパルス着磁法によって着磁させるに際し、バルク超電導体
    の上部及び/又は下部に銅材を配置することを特徴とするバルク超電導体のパルス着磁法

    用いる銅材の厚みを変化させて、着磁を制御することもできる。
    【選択図】なし

  • 超電導マグネットの励磁方法及び超電導マグネット装置

    特願 '特許出願2005-  特許 '4201286  日本国

    松下照男,小田部エドモンド荘司,木内勝,坂本進洋,阿久根忠博

  • 超電導軸受における磁束ピンニング機構緩和特性の試験装置

    特願 '2003-020476  特開 '特許公開2004-232695  特許 特許第4296258号  日本国

    樋笠博正,松下照男,小森望充,小田部エドモンド荘司

     概要を見る

    超電導軸受が回転機に供用され、回転体を非接触支持し回転状態にある場合、超電導軸受の回転に随伴して生ずる特に著しい磁束ピンニング機構の緩和特性などに基因して生ずる
    超電導軸受の超電導磁気浮上特性の著しい劣化現象による超電導軸受の浮上位置(軸方向)変位の不安定特性とその影響を正しく反映した回転損失特性の測定方法、試験装置を提
    供し超電導軸受の精緻な設計を可能とする。

  • 高温超電導軸受の起動と供用方式

    特願 '2002-363633  特開 '特許公開2004-197767  特許 特許第4288343号  日本国

    松下照男,小森望充,小田部エドモンド荘司,樋笠博正

     概要を見る

    高温超電導軸受の超電導磁気浮上特性の時間的劣化を実用上解消するための起動並びに供用方式を提供する。

講演 【 表示 / 非表示

  • 大学生協の電子書籍(DECS)を使ってみて学生にどのように勉強して欲しいか ~理化学辞典を推薦する理由

    九州PCカンファレンス DECS企画 ( 佐賀大学 )  2019年11月10日 

  • 超伝導磁気浮上工具を用いた研磨技術

    東北・北海道支部/第3回材料研究会合同研究会&第18回高温超 伝導バルク材「夏の学校」 ( 伊東園ホテルニューさくら (栃木県日光市) )  2019年08月19日 

  • The role of Japanese universities in national development -Past, Present and Future

    Japan Bangladesh Friendship Views Exchange on Quality Education ( New Govrnment Degree College, Rajshahi, Bangladesh )  2019年03月02日  New Govrnment Degree College

  • 大学生協の電子教科書による新しい教育と学生の学び

    大学生協連 新年記者懇談会 ( 大学生協 杉並会館 )  2018年01月22日 

  • 若者の書籍離れを電子書籍で食い止められるか?

    PCカンファレンス ( 北九州市立大学 )  2017年10月28日 

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 九工大に起業サークル 事業実現へ切磋琢磨 2月に学内コンテスト

    西日本新聞  2020年01月23日

    小田部荘司

  • 古民家で国際交流 飯塚の「センター」こけら落とし バングラデシュ人学生ら招く

    毎日新聞  2019年09月18日

    小田部荘司

  • お菓子のリースできたよ 商店街に子ども達の笑顔 九工大生企画

    西日本新聞社  2015年12月21日

    小田部荘司、川棚湧貴

  • 商店街 クリスマス一色に 

    読売新聞社  2015年12月15日

    川棚湧貴

  • お菓子入りリース作り 九工大生が初企画

    西日本新聞社  2015年12月13日

    川棚湧貴

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Editor’s Choice

    2020年04月28日   日本物理学会   日本国

    受賞者:  松野哲也, 小田部荘司, 馬渡康徳

     概要を見る

    本論文では、超伝導体内の量子化磁束の運動を記述する時間依存ギンツブルグ・ランダウ方程式などの連立複素数偏微分方程式を、効率良く高い精度で数値的に解くことができる計算アルゴリズムを提案し、その有用性について述べています。
    J. Phys. Soc. Jpn. 89, 054006 (2020).

  • 低温工学・超電導学会2002年度 優良発表賞

    2002年05月19日   低温工学・超電導学会   日本国

    受賞者:  小田部荘司

  • Best Super conduceing Materials Paper,1989 International Cryogenic Materials Conference

    1990年04月01日   未設定  

    受賞者:  未設定

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • リップルを含んだ電流による超伝導体の通電損失に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年05月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22560278

  • Bi-2223超伝導体における臨界電流特性の支配因子の解明と特性向上の試み

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年05月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19560317

  • e-ラーニングを用いた物理リメディアル教育の実践

    基盤研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  19300263

  • 超伝導トランスの直流動作による高安定磁界の発生に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  16560245

  • 強磁場環境が生物に与える影響に関する研究

    萌芽研究・萌芽的研究

    研究期間:  2004年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  16651017

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高温超電導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装

    提供機関:  独立行政法人科学技術振興機構(JST) 

    研究期間:  2017年11月  -  2020年03月

  • 高性能超伝導電力ケーブルの開発

    提供機関:  独立行政法人科学技術振興機構(JST) 

    研究期間:  2011年10月  -  2015年03月

  • 鉄ニクタイド系高温超伝導体における臨界電流密度の高精度な評価

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2008年10月  -  2012年03月

     概要を見る

    新規材料による高温超伝導基盤技術

  • 高温超電導マグネットの設計手法の開発

    提供機関:  独立行政法人 日本学術振興会 

    研究期間:  2007年08月  -  2008年03月

  • 冷凍機冷却を用いた計測用1000A級小型酸化物超電導トランスの開発

    提供機関:  独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 

    研究期間:  2000年04月  -  2002年03月

海外研究歴 【 表示 / 非表示

  • Irreversibility Field in Hg-1223 Grain Aligned Powders

    Free Univ. Berlin  ドイツ連邦共和国  研究期間:  1997年04月  -  1997年09月

  • Third Harmonic AC Susceptibility in Superconducting Powder

    Free Univ. Berlin  ドイツ連邦共和国  研究期間:  1994年04月  -  1994年09月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  応用超伝導特論

  • 2019年度  電磁気学Ⅱ

  • 2019年度  電磁気学Ⅰ

  • 2019年度  初等物理補習

  • 2018年度  応用超伝導特論

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞

    2015年07月   日本学術振興会

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月18日   遠隔講義報告会にて講演を行なった

  • 2020年02月19日   eポートフォリオ活用に向けた全学的取り組み

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    継続中

    第27回国際磁石技術会議 MT-7 (Magnet Technology 27)   現地実行委員会 副委員長

  • 2018年04月
    -
    継続中

    低温工学・超電導学会   運営委員会 委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    低温工学・超電導学会   九州・西日本支部 支部長

  • 2018年03月
    -
    2018年09月

    2018 PCカンファレンス 実行委員会   委員

  • 2016年05月
    -
    継続中

    九州工業大学 生活協同組合   理事長

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 超伝導体による浮上実験-超伝導体と磁石はどう違うか?-

    2020年01月
     
     
  • 超伝導体による浮上実験-超伝導体と磁石はどう違うか?-

    2020年01月
     
     
  • 電気のいろいろな作り方-身近なもので電気をつくろう-

    2019年11月
     
     

     概要を見る

    北九州市竹末市民センター

  • ISGフェスタ

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    超伝導による浮上実験
    レゴブロックによるボール運びのデモ

  • 超伝導体による浮上実験-超伝導体と磁石はどう違うか?-

    2019年10月
     
     

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • Symposium on Applied Engineering and Science 2014

    2014年12月20日  -  2014年12月21日  Kyushuc Institute of Technology

その他国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • さくらサイエンスプラン

    活動期間:  2019年11月  -  2019年11月

     概要を見る

    バングラデシュのラジシャヒ大学等から9人の学生と2人の教員を7日間日本に招聘し、飯塚病院訪問、立岩小学校訪問などをおこなった。またデザイン思考を用いた教育を行なった。

  • さくらサイエンスプラン

    活動期間:  2019年10月  -  2019年10月

     概要を見る

    インドネシアのインターナショナルスクールの高校生10名と引率の教員1名に対して、プログラミングなどを教えた。また飯塚高校、嘉穂高校と交流をおこなった。

  • さくらサイエンスプラン

    活動期間:  2019年09月  -  2019年09月

     概要を見る

    バングラデシュのラジシャヒ大学等から9人の学生と1人の教員を10日間日本に招聘し、3つの研究室に分かれて、今後の国際協働研究につながる演習を行なった。

  • さくらサイエンスプラン

    活動期間:  2018年11月  -  2018年11月

     概要を見る

    バングラデシュのラジシャヒ大学等から9人の学生と2人の教員を10日間日本に招聘し、飯塚病院訪問、立岩小学校訪問などをおこなった。またデザイン思考を用いた教育を行なった。

  • さくらサイエンスプラン

    活動期間:  2017年12月  -  2017年12月

     概要を見る

    バングラデシュのラジシャヒ大学等から10人の学生を10日間日本に招聘し、デザイン思考を用いた教育を行なった。