尾知 博 (オチ ヒロシ)

OCHI Hiroshi

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

ディジタル信号処理、無線通信方式

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7659

研究室FAX

0948-29-7651

ホームページ

http://dsp.cse.kyutech.ac.jp/Welcome.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 9

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1981年03月   長岡技術科学大学   工学部   電子機器工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月  長岡技術科学大学  工学研究科  電子機器工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  経営学修士  2003年03月

  • 東京都立大学 -  工学博士  1991年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   ■廃止組織■   ディペンダブル集積システム研究センター   ディペンダブル集積システム研究センター長  

  • 2008年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   電子情報工学研究系   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    2021年03月
     

    SISA国際会議 General Chair  日本国

  • 2016年08月
    -
    2018年12月
     

    ISPACS2018 General Chair  日本国

  • 2015年08月
    -
    継続中
     

    国交省 MICE誘致 アンバサダー  日本国

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    九州ベトナム友好協会 評議員  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    沖縄LSIデザインコンテスト実行委員会 委員長  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 次世代携帯電話、超高速無線LAN、産業用無線システムなどディジタル通信システムに関するアルゴリズム、アーキテクチャの開発、VLSI化設計およびそれらの実装

    未設定  

    研究期間: 2003年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Convolutional Neural Network for Asynchronous Packet Parameter Identification in Dense Wi-Fi

    Muhammad Harry Bintang Pratama, Dody Ichwana Putra, Leonardo Lanante Hiroshi Ochi

    2021 IEEE International Conference on Communications Workshops, IEEE ICC 2021      2021年06月  [査読有り]

  • Industrial WLAN System with Accurate Time Synchronization on Software Defined Radio

    Nguyen T.T.T., Toyofuku M., Ito Y., Ishimitsu C., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    2021 IEEE International Conference on Communications Workshops, ICC Workshops 2021 - Proceedings      2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents a hardware implementation of low latency and highly accurate time synchronization for Industrial WLAN systems. The design of our media access control (MAC) layer supports both asynchronous and synchronous multi- user transmission protocols. Low overhead Packet Division Multiple Access (PDMA) scheme is utilized for Multi-user Downlink transmission, while Frequency Division Multiple Access (FDMA) is employed for the uplink transmission. The design of the physical (PHY) layer system is developed based on fast and deterministic communication. The proposed industrial WLAN system is developed on Software Defined Radio (SDR). The experimental results show that the wireless control communication can be achieved to control motors with a high accuracy Precision Time Protocol (PTP) in nano-second level from 200 ns to 300 ns which is less than 1 ms compared to PROFINET wireless standard.

    DOI Scopus

  • Cooperative MIMO Applied Null Beamforming to Self in Full-Duplex Wireless Communication System and Its Implementation

    Kawano M., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT    2021-February   176 - 181   2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper proposes a full-duplex wireless communication system applying cooperative multiple-input multiple-output (Co-MIMO). This proposal solves self-interference (SI) in full-duplex wireless communication systems by applying the block diagonalization used in multi-user MIMO (MU-MIMO). Therefore, there is no need for a radio frequency (RF) canceller, which has a large hardware size and is difficult to extend to MIMO. Furthermore, higher throughput can be achieved by applying Co-MIMO, in which multiple access points work together to communicate. We also introduce the implementation of the proposed method using a field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR) in this paper. It shows that SI cancellation can be realized by using them. The proposed method is implemented based on the IEEE 802.11n frame format as an example. In the experiment, a total of 30 [dB] SI cancellation is confirmed with a transmission power of-12 [dBm]. The SI cancellation amount can be further increased by increasing the transmission power.

    DOI Scopus

  • Null beamforming to self in cooperative MIMO for full-duplex systems

    Kawano M., Thao Nguyen T.T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems    2021-May   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we propose self-interference (SI) cancellation in cooperative multiple-input multiple-output (Co-MIMO) for full-duplex (FD) wireless communication systems. This proposal solves SI by applying the block diagonalization used in multi-user MIMO. Therefore, there is no need for a radio frequency (RF) canceller, which has a large hardware (HW) size and is difficult to extend to MIMO. Furthermore, we can achieve higher throughput by applying Co-MIMO, in which multiple access points (APs) work together to communicate. The proposed method-s implementation uses field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR). In the experiment, a total of 33 [dB] SI can cancel with two cooperative APs and two antennas per AP in the IEEE 802.11 system.

    DOI Scopus

  • Live demonstration: Null beamforming to self in cooperative MIMO for full-duplex system

    Kawano M., Nguyen T.T.T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems    2021-May   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    We demonstrate a self-interference (SI) cancellation in cooperative multiple-input multiple-output (Co-MIMO) for full-duplex (FD) wireless communication systems by applying the block diagonalization used in multi-user MIMO. The proposed method's implementation uses a field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR). In the experiment, a total of 33 [dB] SI can cancel with two cooperative APs and two antennas per AP in the IEEE 802.11 system.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • シミュレーションで学ぶディジタル信号処理 第10版

    尾知 博 ( 単著 )

    CQ出版  2019年06月 ISBN: 978-4-7898-2230-2

  • シミュレーションで学ぶディジタル信号処理 第7版

    尾知 博 ( 単著 )

    CQ出版  2013年07月 ISBN: 978-4-7898-3320-2

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 産業用無線LANシステムを用いたEtherCATのトンネリングに関する研究

    伊藤義基, 豊福瑞, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2020年電子情報通信学会総合大会  (広島県東広島市)  2020年03月  -  2020年03月    電子情報通信学会

  • 小型SDRボードを用いたロボット制御のための産業用無線LANシステムの実装

    豊福瑞, 伊藤義基, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2020年電子情報通信学会総合大会  (広島県東広島市)  2020年03月  -  2020年03月    電子情報通信学会

  • マルチBSS環境におけるIEEE802.11CSMA/CA性能解析モデルに関する一検討

    梶原隆平, Leonardo Jr. Lanante, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2020年電子情報通信学会総合大会  (広島県東広島市)  2020年03月  -  2020年03月    電子情報通信学会

  • JPEG圧縮耐性を有する電子透かしを用いた画像の改ざん検知及び自己復元

    大原愁平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術報告  (福岡県北九州市)  2020年03月  -  2020年03月    電子情報通信学会

     概要を見る

    近年,スマートフォンの爆発的な普及により,2018 年時にはインターネット利用者に占めるSNS 利用者率が74.7 % まで増加している.ユーザーはSNS 等のインターネットを介して,様々な画像の送受信が容易に行えるようになった.また,画像処理技術も発展し,手軽に画像の加工が可能となっている.一方,画像処理技術の発展に伴い,悪意のあるユーザーによって事実とは異なるように画像が改ざんされ,SNS等で拡散されることがしばしば起こり,社会的な問題となっている.そのような問題を解決する手段として,電子透かしの技術が注目されている.この手法は画像中に直接電子透かしを埋め込み,受信側が被改ざん画像から電子透かしを抽出することで,画像の改ざんを検知し,改ざん箇所を復元する方法として用いられている.しかしこの手法は,SNS等でよく用いられている
    画像フォーマットJPEG (Joint Photographic Experts Group) には対応しておらず,電子透かしを埋め込んだ画像をJPEG に変換すると,電子透かしが壊れてしまい上手く機能しないという問題点がある.本稿では,JPEG 圧縮耐性を有する電子透かしを用いた画像の改ざん検知及び自己復元手法を提案し,ソフトウェアシミュレーションによりその性能を評価する.

  • ソフトウェア処理による装置間の高精度時刻オフセット推定手法

    永野航太郎, 楠湧夢, 長尾勇平, ラナンテ レオナルド, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術報告  (東京)  2020年03月  -  2020年03月    電子情報通信学会

     概要を見る

    IoTデバイス等を用いて構築されたセンサネットワークにおいて,データ解析のためのセンサ取得情報と併せた情報取得時刻の高精度化が望まれている.
    一方,従来では特殊なハードウェアを用いた時刻同期によって高精度な時刻情報取得を実現していた.
    本研究では,無線LAN ネットワークにおいて,各ノードで取得するToA(Time of Arrival:信号到着時刻) 情報のみを用いたソフトウェア処理により,最大誤差 50 ns の高精度な装置間時刻オフセット推定システムを実現したので報告する.

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ネットワークチップ、ネットワークモジュール、ネットワーク機器及びネットワークシステム

    特願 特願2016-012451  特許 特許第6656669号  日本国

    山口 景士, 森田 賢史, カイルニサ ビンティ アハマド デニー, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

講演 【 表示 / 非表示

  • Scalable Ultra HD Video Transmission over MIMO Wireless System

    The International Symposium on Multimedia and Communications (ISMAC 2019) ( Quezon, Phillippine )  2019年08月20日  IEEE

  • Fast and Secure Industry Wireless LAN

    The 6th IEEE International Conference on Communication, Networks and Satellite ( Semarang, Indonesia )  2017年10月05日 

  • World's First High Speed, High Reliability, High Safety Industrial WLAN System

    The 2017 International Conference on Embedded Systems and Intelligent Technology ( Bangkok )  2017年08月03日 

  • Up-Link Multi-User MIMO system Design

    2015 INHA SSE-ITRC ( INHA University, KOREA )  2015年03月30日 

  • IEEE 802.11 MAC Layer Design

    2015 INHA SSE-ITRC ( INHA University, KOREA )  2015年03月30日  INHA University

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • Meeting in Japan: Ski Slopes to Tropical Beaches

    IEEE Spectrum  2017年07月

    HIroshi Ochi

  • LSIデザインコンテスト 最優秀はバンドン工科大

    電子デバイス新聞  2015年04月30日

    九州工業大学情報工学部

  • 高専第1期生に大学編入説明会 九工大と通信で意見交換も

    琉球新聞  2007年10月24日

    尾知博

  • 平成電電など、自動販売機を利用した広域無線LANサービス

    朝日新聞 asahi.com  2004年08月12日

    尾知博

  • 平成電電とドリームテクノロジーズ、時速100kmで走行中にも1Mbpsの送受信が可能という次世代無線LAN技術を利用した新事業構想を発表

    朝日新聞 asahi.com  2004年08月12日

    尾知博

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018 Excellent Student Award of The IEEE Fukuoka Section

    2019年02月01日   IEEE Fukuoka section   日本国

    受賞者:  Koji Tashiro, Lanante Leonardo, Masayuki Kurosaki, and Hiroshi Ochi

  • Best paper award: 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences

    2019年01月08日   Korea multimedia society   大韓民国

    受賞者:  Kyosuke Kubo, Tran Thi Thao Nguyen, Lanante Leonardo,Masayuki Kurosaki, and Hiroshi Ochi

  • Best paper award; 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems

    2018年11月29日   IEEE2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   日本国

    受賞者:  Koji Tashiro, Masayuki Kurosaki, and Hiroshi Ochi

  • 第33回電気通信普及財団賞~テレコムシステム技術学生賞~

    2018年03月22日   電気通信普及財団   日本国

    受賞者:  田代晃司, レオナルド・ラナンテ, 黒崎正行, 尾知博

  • 2014 IEEE ASIA PACIFIC CONFERENCE ON CIRCUITS AND SYSTEMS: Live Demonstration Award

    2014年11月14日   IEEE CAS Society   日本国

    受賞者:  Nana Sutisna, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki and Hiroshi Ochi

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超大容量マルチユーザMIMO無線LANシステムの超低消費電力化設計に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  22360156

  • MIMOブロック符号化高速無線LANチップの開発とユビキタスネットワークへの応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  16360190

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ワイヤレスメッシュネットワークでの配信に適したデジタルシネマ伝送システムの開発

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2007年04月  -  2011年03月

     概要を見る

    本研究では、2k/4kハイビジョン画像のワイヤレス伝送システムの方式設計とチップ開発を行なうものである。ここでは、最高で1.3Gbpsもの伝送レートを有する世界最高速MIMO無線LANシステムのLSI化設計とデジタルシネマのセキュリティ伝送技術の開発がキーとなる。
    研究成果は以下の通りである。
    1.IEEE802.11n対応2x2MIMO無線LANの物理層チップ試作およびMAC層の開発
    2.1.3Gbps 4x4MIMO無線LANのRTL設計およびそのIEEE802.11TGac国際標準化委員会での技術提案採択(2件)
    3.5GHz帯MIMO無線LAN用RF回路のモジュール試作、およびLSI化設計とTEGチップ試作
    4.JPEG2000デジタルシネマ画像のWindows表示装置の開発

  • 高精度無線時刻同期方式の開発とその測位システムへの応用

    提供機関:  JST 

    研究期間:  2021年04月  -  2022年03月

     概要を見る

    無線LAN端末間のナノ秒オーダの時刻同期手法。

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • LSIデザインコンテスト

    1996年03月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    学生のためのハードウェア記述言語を用いたシステムLSIの設計コンテスト。電子情報通信学会、九州工大およびCQ出版社等の後援を受けて実施。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  ディジタル信号処理

  • 2020年度  ディジタル信号処理特論

  • 2020年度  通信理論

  • 2020年度  信号処理システム

  • 2019年度  ディジタル信号処理

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 2021年度電子情報通信学会 貢献賞

    2021年09月   電子情報通信学会 基礎協会ソサイエティ

  • 電子情報通信学会教育功労賞

    2020年03月   電子情報通信学会

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 小・中学生の科学教室「不思議がいっぱい科学の世界」(壱岐会場)

    2019年08月
     
     
  • LSIデザインコンテスト実行委員会委員長

    2011年03月
    -
    継続中

     概要を見る

    学生向けデザインコンテスト。電子情報通信学会、九工大と共催。

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    2020年12月

    SISA2020   General Chair

  • 2017年11月
     
     

    米国電気電子学会(IEEE)   ISPACS2017 Organizing Committee

  • 2017年10月
     
     

    米国電気電子学会(IEEE)   International Symposium on Electronics and Smart Devices (ISESD)2017, TPC-co-chair

  • 2016年08月
    -
    継続中

    ISPACS2018   実行委員長

  • 2015年10月
     
     

    米国電気電子学会(IEEE)   Int’l Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication System: ISPACS2015 TPC-Co-chair

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 実習で学ぶ次世代ワイヤレス通信技術

    2017年12月
     
     

     概要を見る

    主催者:雇用能力開発機構 高度ポリテクセンター
    役割:講師
    会場:千葉

  • 無線技術者のためのディタル信号処理

    2017年07月
     
     

     概要を見る

    主催者:雇用能力開発機構 高度ポリテクセンター
    役割:講師
    会場:千葉

  • ディジタル信号処理を用いたノイズ除去と信号分離技術

    2017年07月
     
     

     概要を見る

    主催者:雇用能力開発機構 高度ポリテクセンター
    役割:講師
    会場:千葉

  • シミュレーションで学ぶディジタル信号処理

    2017年06月
     
     

     概要を見る

    主催者:雇用能力開発機構 高度ポリテクセンター
    役割:講師
    会場:千葉

  • 実習で学ぶ次世代ワイヤレス通信技術

    2016年12月
     
     

     概要を見る

    主催者:雇用能力開発機構 高度ポリテクセンター
    役割:講師
    会場:千葉

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • SISA2020

    2020年12月17日  -  2020年12月18日  IEICE

  • ISPACS2018

    2018年11月27日  -  継続中  IEEE

  • IEEE International Conference APCCAS2014

    2014年11月17日  -  2014年11月20日  IEEE

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • ハノイ科学技術大学  2015年03月  -  継続中

  • ホーチミン市工科大学  2015年03月  -  継続中

  • FPT大学  2013年03月  -  継続中