川原 憲治 (カワハラ ケンジ)

KAWAHARA Kenji

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

コンピュータネットワーク,センサネットワーク,ネットワーク省電力化

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://nile.cse.kyutech.ac.jp/~kawahara

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月   九州工業大学   情報工学部   電子情報工   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月  九州工業大学  情報工学研究科  情報システム  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)  1996年06月

  • 九州工業大学 -  修士(情報工学)  1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   電子情報工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    奈良先端科学技術大学院大学   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    米国電気電子学会(IEEE)  アメリカ合衆国

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム

  • 通信・ネットワーク工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ネットワーク省電力化に関する研究

    性能計測、トラヒックエンジニアリング、オンラインシミュレーション  

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • An Effectiveness Evaluation of PLC/WLAN Cooperative Transmission Scheme under Practical Network Environment (共著)

    A. Muniz, K. Tsukamoto, K. Kawahara, Y. Oie

    IEEE INCoS2014      438 - 443   2014年09月  [査読有り]

    Itary  Salerno  2014年09月  -  2014年09月

    DOI Scopus

  • Cooperative Transmission Scheme Between PLC and WLAN to Improve TCP Performance (共著)

    A. Muniz, K. Tsukamoto, K. Kawahara, M. Tsuru, Y. Oie

    IEEE PACRIM2013      142 - 147   2013年08月  [査読有り]

    Canada  Victoria  2013年08月  -  2013年08月

    DOI Scopus

  • Study on energy-efficient routing protocol based on experimental evaluation (共著)

    Akimoto S., Tamura H., Kawahara K., Hori Y.

    Proceedings - 3rd IEEE International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems, INCoS 2011      330 - 331   2011年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The green ICT is becoming extremely important for energy saving. The power consumption of network devices i.e., switches and routers, can be reduced by changing the transmission rate on their interfaces according to the amount of traffic. Energy-efficient routing based on the power reduction of devices may be attractive way for effectively saving energy over networks. Some schemes for energy-efficient routing have been studied in which traffic from some sources is aggregated on the particular link/node for power saving of others when the amount of traffic on network becomes low. Effectiveness of these schemes were shown by computer simulations and experiments in their own network environments. Therefore in this paper, we first implement some schemes on our test-bed network to compare both power consumption and transmission performance of them. We also investigate the applicability and scalability of these schemes on large scale networks and finally discuss important issues for more general and effective schemes. © 2011 IEEE.

    DOI Scopus

  • Energy Saving Scheme with an Extra Active Period for LAN Switches (共著)

    Hitomi Tamura, Ritsuko Tomihara, Yutaka Fukuda, Kenji Kawahara, Yuji Oie

    IEICE Transactions on Communications    E93-B ( 12 ) 3542 - 3554   2010年12月  [査読有り]

    DOI Scopus CiNii

  • Analysis of Two-phase Path Management Scheme for MPLS Traffic Engineering(共著)

    H. Tamura,K. Kawahara,Y. Oie

    IEICE Trans. on Commun    E92-B ( 1 ) 59 - 67   2009年01月  [査読有り]

     概要を見る

    主要雑誌 代表的研究業績

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Information Networking Advance in Data Communications and Wireless Networks

    I. Chong,K. Kawahara ( 共著 , 担当範囲: Editor )

    Springer LNCS 3961  2006年09月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 劣悪な無線環境における能動型アクセスポイント位置制御

    菅沼昂平

    電子情報通信学会 2018総合大会  (東京電機大学)  2018年03月  -  2018年03月    電子情報通信学会

  • スケールフリーネットワークにおけるTEのためのフロー配置アルゴリズム

    嘉藤学

    電子情報通信学会 情報ネットワーク(IN)研究会  (宮崎県フェニックス・シーガイア・リゾート )  2018年03月  -  2018年03月    電子情報通信学会

  • マルチパスTCPを適用したEnd-to-End空間的統括TEの性能評価

    波左間貴大

    電子情報通信学会 情報ネットワーク(IN)研究会  (宮崎県フェニックス・シーガイア・リゾート )  2018年03月  -  2018年03月    電子情報通信学会

  • 無線アクセスポイントにおけるスリープ制御のための省電力TCP

    柳瀬亘汰

    電子情報通信学会 情報ネットワーク(IN)研究会  (宮崎県フェニックス・シーガイア・リゾート)  2018年03月  -  2018年03月    電子情報通信学会

  • 部分競合発生下のダイナミックチャネルボンディングの性能解析 ~ 2×20MHzの場合 ~

    佐藤憲治

    電子情報通信学会 ネットワークシステム(NS)研究会  (沖縄県 石垣市商工会館 )  2018年01月  -  2018年01月    電子情報通信学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究賞

    2008年05月   電子情報通信学会   日本国

    受賞者:  植田 啓文,塚本 和也,田村 瞳,川原 憲治,尾家 祐二

  • 論文賞

    2007年09月   IEEE   ドイツ連邦共和国

    受賞者:  H. Tamura,T. Okubo,Y. Inoue,K. Kawahara,Y. Oie

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 時間/空間ダイナミクスを考慮した統括的トラヒックエンジニアリングの評価と実現手法

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K00131

  • ネットワーク省電力化を意識したトランスポートプロトコルの検討と実証実験

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23500091

  • オンラインシミュレーションシステムのネットワーク制御適用可能性の検討と改善

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  17700073

  • Middleboxにおけるネットワークトラヒックエンジニアリング機構の評価と実装

    若手研究(B)

    研究期間:  2003年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  15700064

  • インターネットにおけるMPLSの性能評価,およびQoS制御実現性の検討

    奨励研究(A)

    研究期間:  2000年04月  -  2002年03月

    研究課題番号:  12750341

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  オペレーティングシステムE

  • 2018年度  ネットワークデザイン特論

  • 2017年度  データ構造とアルゴリズム

  • 2017年度  オペレーティングシステムE

  • 2017年度  電子情報工学入門

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月
    -
    2016年06月

    電子情報通信学会   並列分散コンピュ ーティングとネットワーキング 和文論文小特集編集委員会 編集委員

  • 2014年06月
    -
    2015年06月

    電子情報通信学会   震災復興や新興国の近未来に役立つ情報ネットワーク技術 和文論文小特集編集委員会 編集委員

  • 2013年12月
    -
    2014年12月

    電子情報通信学会   将来の情報ネットワーク構築に向けた拡張性・信頼性・ロバスト性を向上させる通信技術とアーキテクチャ 英文論文小特集編集委員会 編集委員

  • 2012年06月
    -
    2013年06月

    電子情報通信学会   震災復興や新興国の近未来に役立つ情報ネットワーク技術 和文論文小特集編集委員会 編集委員

  • 2011年03月
    -
    2012年12月

    電子情報通信学会   Special Issue on Networking Technologies for Cloud Services 英文論文小特集編集委員会 編集委員

全件表示 >>