2023/12/26 更新

写真a

フジワラ アキヒロ
藤原 暁宏
FUJIWARA Akihiro
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • ナチュラルコンピューティング

  • アルゴリズム

研究分野

  • 情報通信 / 情報学基礎論

出身学校

  • 1993年03月   大阪大学   基礎工学部   情報工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1997年03月   奈良先端科学技術大学院大学   情報科学研究科   情報処理学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 奈良先端科学技術大学院大学  -  博士(工学)   1997年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系     教授

  • 2018年04月 - 2019年03月   九州工業大学   情報工学部     情報工学部情報・通信工学科長

  • 2017年04月 - 2019年03月   九州工業大学   情報工学部     情報工学部電子情報工学科長

  • 2017年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     情報工学研究院電子情報工学研究系長

  • 2017年04月 - 2018年03月   九州工業大学   大学院情報工学府     情報工学府先端情報工学専攻長・情報科学専攻長

  • 2013年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   電子情報工学研究系     教授

▼全件表示

論文

  • An asynchronous P system with the Bron-Kerbosch algorithm for solving the maximum clique 査読有り 国際誌

    Noguchi Takuya, Fujiwara Akihiro

    International Journal of Networking and Computing ( IJNC編集委員会 )   13 ( 2 )   131 - 148   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Membrane computing, which is also known as a P system, is a computational model inspired by the activity of living cells. Several P systems, which work in a polynomial number of steps, have been proposed for solving computationally hard problems. However, most of the proposed algorithms use an exponential number of membranes, and reduction of the number of membranes must be considered in order to make a P system a more realistic model.

    In the present paper, we propose asynchronous P systems based on the Bron-Kerbosch algorithm for solving the maximum clique problem with fewer membranes. The proposed P systems solve the maximum clique with n vertices in O(n^2) parallel steps or O(n^2 2^n) sequential steps.

    We evaluate the number of membranes used in the proposed P systems by comparing with the numbers of membranes used in known P systems. Our experimental results demonstrate the validity and efficiency of the proposed P systems.

    DOI: 10.15803/ijnc.13.2_131

    CiNii Research

  • Robustness proofs for asynchronous P systems 査読有り 国際誌

    Tojima N., Fujiwara A.

    10th International Symposium on Applied Engineering and Science (SAES2022)   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An asynchronous P system for solving the maximum clique problem with the Bron-Kerbosch algorithm 査読有り 国際誌

    Noguchi T., Fujiwara A.

    4th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications    2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Robust optimization algorithms for multi-objective knapsack problem 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Fujiwara A.

    13th International Workshop on Advances in Networking and Computing   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An asynchronous P system with a DPLL algorithm for solving SAT 査読有り 国際誌

    Noguchi Takuya, Fujiwara Akihiro

    International Journal of Networking and Computing ( IJNC編集委員会 )   12 ( 2 )   238 - 252   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Membrane computing, which is also known as P system, is a computational model inspired by the activity of living cells. Several efficient P systems, which work in a polynomial number of steps, have been proposed for solving computationally hard problems. However, most of the proposed algorithms use an exponential number of membranes, and reduction of the number of membranes must be considered in order to make the P system a more realistic model.

    In the present paper, we propose an asynchronous P system with a Davis-Putnam-Logemann-Loveland (DPLL) algorithm, which is a set of rules for solving a satisfiability problem (SAT) efficiently, in an attempt to reduce the number of membranes. The proposed P system solves SAT with n variables and m clauses in O(mn2) parallel steps or O(mn22n) sequential steps.

    We evaluate the number of membranes used in the proposed P system by comparison with the number of membranes used in known P systems. The experimental result demonstrates the validity and efficiency of the proposed P system.

    DOI: 10.15803/ijnc.12.2_238

    CiNii Research

  • Robust asynchronous P systems for basic operations 査読有り 国際誌

    N. Tojima, A. Fujiwara

    Symposium on Computational Science (CSCI-ISCS)   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An asynchronous P system with a DPLL algorithm for solving a satisfiability problem 査読有り 国際誌

    Noguchi T., Fujiwara A.

    Proceedings - 2021 9th International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2021   155 - 161   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing, which is also known as a P system, is a computational model inspired by the activity of living cells. Several efficient P systems, which work in a polynomial number of steps, have been proposed for solving computationally hard problems. However, most of the proposed algorithms use an exponential number of membranes, and reduction of the number of membranes must be considered in order to make the P system a more realistic model. In the present paper, we propose an asynchronous P system with a Davis-Putnam-Logemann-Loveland algorithm, which is a set of rules for solving a satisfiability problem (SAT) efficiently, in an attempt to reduce the number of membranes. The proposed P system solves SAT with n variables and m clauses in O({m}n^{2}) parallel steps or O(mn2^{n}) sequential steps. We evaluate the number of membranes used in the proposed P system by comparison with the number of membranes used in known P systems. The experimental result demonstrates the validity and efficiency of the proposed P system. We evaluate the number of membranes used in the proposed P system by comparison with the number of membranes used in known P systems. The experimental result demonstrates the validity and efficiency of the proposed P system.

    DOI: 10.1109/CANDAR53791.2021.00029

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124127607&origin=inward

  • An asynchronous P system with branch and bound for solving the subset sum problem 査読有り 国際誌

    Nagao K., Fujiwara A.

    Proceedings - 2021 9th International Symposium on Computing and Networking Workshops, CANDARW 2021   241 - 247   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing is a computational model inspired by living cell activity. Using the membrane computing, a number of computationally hard problems have been solved by using exponential number of natural materials. However, existing algorithms for computationally hard problems define a huge number of evolution rules to execute arithmetic operations.In the present paper, we propose an asynchronous P system with branch and bound for solving the subset sum problem by applying existing P systems for elementary operations. Experimental results for the proposed P system show that the proposed method contributes to the large reduction of the numbers of evolution rules and membranes.

    DOI: 10.1109/CANDARW53999.2021.00047

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124166215&origin=inward

  • An asynchronous P system for bitonic sort 査読有り 国際誌

    K. Nagao, A. Fujiwara

    International Conference on Foundations of Computer Science (in conjunction with CSCE'21)   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Population protocol for the multi-objective knapsack problem 査読有り 国際誌

    C. Kaneko, A. Fujiwara

    International Conference on Scientific Computing (in conjunction with CSCE'21)   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Robust asynchronous P systems for basic operations 査読有り 国際誌

    Tojima N., Fujiwara A.

    Proceedings - 2021 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence, CSCI 2021   592 - 597   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing, which is a computational model inspired by living cell activity, has attracted considerable attention as a new computation paradigm. Using membrane computing, several arithmetic operations have been proposed. However, when the cellular activity of an organism is used as computational hardware, the cells may be stopped or vanish for some reason. Therefore, a robust algorithm, which continues calculation even if some of the cells are stopped or vanish, is necessary for membrane computing.In the present paper, we propose robust algorithms for basic operations, which are logic functions and addition, using an asynchronous P system. The proposed P system can obtain a correct solution even if some objects vanish at any stage of computation.

    DOI: 10.1109/CSCI54926.2021.00041

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85133905700&origin=inward

  • An asynchronous P system using branch and bound for maximum independent set

    Y. Nakano, A. Fujiwara

    11th International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An asynchronous P system with branch and bound for solving the knapsack problem 査読有り

    Y. Nakano, A. Fujiwara

    12th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   230 - 236   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing, which is a computational model based on cell activity, has considerable attention as a new computation paradigm. In general membrane computing, computationally hard problems have been solved in a polynomial number of steps using an exponential number of membranes. However, reduction of the number of membranes must be considered in order to make a P system a more realistic model.In the present paper, we propose an asynchronous P system for the 0/1 knapsack problem using branch and bound, which is a well-known optimization technique. The proposed P system solves the knapsack problem with n items and works in O(n2n) sequential steps or O(n2) parallel steps.In addition, the numbers of membranes used in the proposed P system are evaluated by computational simulation. The experimental results show the validity and efficiency of the proposed P system.

    DOI: 10.1109/CANDARW51189.2020.00052

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85102204848&origin=inward

  • An asynchronous P system for counting sort 査読有り

    K. Nagao, A. Fujiwara

    11th International Workshop on Advances in Networking and Computing   430 - 434   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing, which is a computational model based on cell activity, has attracted considerable attention as a new paradigm in computation. Using membrane computing, several algorithms for elementary operations, such as sorting, have been proposed. However, the proposed algorithms for sorting in membrane computing have different types of inputs. In addition, there is room for improvement on the complexities of the proposed algorithms.In the present paper, we propose an asynchronous P system based on counting sort for inputs representing binary numbers. The proposed P system sorts n binary numbers of m bits in O(mn2) sequential steps and O(mn) parallel steps.

    DOI: 10.1109/CANDARW51189.2020.00088

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85102200747&origin=inward

  • P systems with branch and bound for solving two hard graph problems 査読有り

    Umetsu Kotaro, Fujiwara Akihiro

    International Journal of Networking and Computing ( IJNC編集委員会 )   10 ( 2 )   159 - 173   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Membrane computing is a computational model based on activity of cells. Using the membrane computing, a number of computationally hard problems have been solved in a polynomial number of steps using an exponential number of membranes. However, the number of membranes denotes the number of cells from practical point of view, and the reduction of the number of membranes must be considered for using the membrane computing in real world.In this paper, we propose asynchronous P systems with branch and bound for reducing the number of membranes for two computationally hard graph problems. We first propose an asynchronous P system that solves Hamiltonian cycle problem for a graph with n vertices, and show that the proposed P system works in O(n^2) parallel steps. We next propose an asynchronous P system that solves the minimum graph coloring for a graph with n vertices, and also show that the P system works in O(n^2) parallel steps.In addition, we evaluate validity of the proposed P systems using computational simulations. The experimental results show the validity and efficiency of the proposed P systems with branch and bound.

    DOI: 10.15803/ijnc.10.2_159

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007878671

  • Population-based Search Relying on Spatial and/or Temporal Scale-free Behaviors of Individuals 査読有り 国際誌

    Z. Zhang, Y. Zhu, A. Fujiwara, K. Ohinishi

    The 2019 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (IEEE SSCI 2019)   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An asynchronous P system with branch and bound for solving Hamiltonian cycle problem 査読有り

    Fujiwara A., Umetsu K., Nozato F.

    Proceedings - 2019 7th International Symposium on Computing and Networking Workshops, CANDARW 2019   256 - 259   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 IEEE. In the membrane computing, the exponential num-ber of membranes is usually used for computationally hard problems to create exhaustive solutions. However, the number of membranes means the number of cells, and reduction of the number of membranes must be considered because the cells cannot be created exponentially. In the paper, we propose an asynchronous P system for Hamiltonian cycle using with branch and bound to reduce the number of membranes. In addition, we evaluate the number of membrane used in the known and the proposed P systems with experimental simulations. The experimental results show validity and efficiency of the proposed P system.

    DOI: 10.1109/CANDARW.2019.00051

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85078854887&origin=inward

  • Strawberry optimization for multi-objective knapsack problem 査読有り

    Y. Mizobe, A. Fujiwara

    10th International Workshop on Advances in Networking and Computing   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An asynchronous P system using branch and bound for minimum graph coloring 査読有り

    K. Umetsu, A. Fujiwara

    Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   242 - 248   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing is a computational model based on activity of cells. Using the membrane computing, a number of computationally hard problems have been solved in a polynomial number of steps using an exponential number of membranes. However, the number of membranes denotes the number of cells from practical point of view, and the reduction of the number of membranes must be considered for using the membrane computing in real world. In this paper, we propose an asynchronous P system with branch and bound for reducing the number of membranes. In addition, we evaluate validity of the proposed P system using computational simulations. The experimental results show the validity and efficiency of the proposed P system with branch and bound.

    DOI: 10.1109/CANDARW.2019.00049

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85078849074&origin=inward

  • An asynchronous P system with branch and bound for solving the satisfiability problem 査読有り

    Jimen Yuki, Fujiwara Akihiro

    IJNC   8 ( 2 )   141 - 152   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Membrane computing, which is a computational model based on cell activity, has considerable attention as one of new paradigms of computations. In the general membrane computing, computationally hard problems have been solved in a polynomial number of steps using an exponential number of membranes. However, reduction of the number of membranes must be considered to make P system more realistic model.In the paper, we propose an asynchronous P system with branch and bound, which is a well known optimization technique, to reduce the number of membranes. The proposed P system solves the satisfiability problem (SAT) with n variables and m clauses, and works in O(m2^n)$ sequential steps or O(mn) parallel steps.In addition, the number of membranes used in the proposed P system is evaluated using a computational simulation. The experimental result shows validity and efficiency of the proposed P system.

    DOI: 10.15803/ijnc.8.2_141

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007404016

  • An asynchronous P system using branch and bound for the satisfiability problem 査読有り

    Y. Jimen, A. Fujiwara

    Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   408 - 413   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A firefly optimization for a connected dominating set in a sensor network 査読有り

    Y. Matsumoto, A. Fujiwara

    Fifth International Symposium on Computing and Networks   594 - 596   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Solving subset sum problem using EN P system with active membrane 査読有り

    T. Shiiba, A. Fujiwara

    Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems   886 - 891   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Membrane computing, which is a computational model inspired by the structures and behaviors of living cells, has considerable attention as one of non-silicon based computing. As a derived model of the membrane computing, a numerical P system has been proposed from structures of living cells and economics. The numerical P system contains a number of numerical variables, which are evolved according to programs. An enzymatic numerical P system (EN P system) is also a variant of P systems such that a number of variables, which are called enzymes, are used to promote evolution programs. In the present paper, we first define membrane division on the EN P system. Then, we propose an EN P system with active membranes for solving the subset sum problem. We show that the EN P system works in O(n) parallel steps and O(n2n) sequential steps.

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2016.0192

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85010440936&origin=inward

  • Asynchronous P systems for hard graph problems 査読有り

    K. Tanaka, A. Fujiwara

    International Journal of Networking and Computing   4 ( 1 )   2 - 22   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Asynchronous P systems for maximum independent set and related graph problems 査読有り

    K. Tanaka, A. Fujiwara

    15th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Centralized algorithms for the connected target coverage in wireless sensor networks 査読有り

    T. Shimokawa, A. Fujiwara

    4th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ICNC.2012.57

    Scopus

  • Asynchronous P systems for graph coloring problems 査読有り

    K. Tanaka, A. Fujiwara

    4th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ICNC.2012.46

    Scopus

  • Asynchronous SN P systems for sorting 査読有り

    S. Aoki, A. Fujiwara

    4th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ICNC.2012.41

    Scopus

  • Solving SAT and Hamiltonian cycle problem using asynchronous P systems 査読有り

    H. Tagawa, A. Fujiwara

    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems   E95-D ( 3 )   746 - 754   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transinf.E95.D.746

    Scopus

    CiNii Article

  • Asynchronous P systems for arithmetic operations and factorization 査読有り

    T. Murakawa, A. Fujiwara

    3rd International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   214 - 220   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Osaka  

    DOI: 10.1109/ICNC.2011.39

    Scopus

  • The fault tolerant connected sensor cover algorithm for discrete targets

    K. Kawachi, A. Fujiwara

    1st International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software   52 - 53   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Osaka  

  • Logic and arithmetic operations wiht a constant number of steps in membrane computing 査読有り

    A. Fujiwara, T. Tateishi

    International Journal of Foundations of Computer Science   22 ( 3 )   547 - 564   2011年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1142/S0129054111008222

    Scopus

  • Asynchronous P systems for SAT and Hamiltonian Cycle Problem 査読有り

    K. Ishii,A. Fujiwara,H. Tagawa

    World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing   520 - 526   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2010年12月15日  -  2010年12月15日

    DOI: 10.1109/NABIC.2010.5716305

    Scopus

  • Arithmetic Operations and Factorization in Membrane Computing 査読有り

    A. Kambe,A. Fujiwara

    The 13th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation   124 - 131   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    金沢   2010年07月23日  -  2010年07月23日

  • Distributed Algorithms for 2-Connected Sensor Cover in Sensor Network 査読有り

    K. Nakamoto,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Wireless Networks   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Las Vegas   2010年07月12日  -  2010年07月12日

  • Procedures for floating point operations with DNA molecules 査読有り

    Y. Tokumaru,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Foundations of Computer Science   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   2009年07月13日  -  2009年07月16日

  • Dictionary operations in membrane computing 査読有り

    H. Tagawa,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Foundations of Computer Science   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   2009年07月13日  -  2009年07月16日

  • Computation wiht a constant number of steps in membrane computing 査読有り

    A. Fujiwara,T. Tateishi

    Proceedings of 11th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Roma   2009年05月25日  -  2009年05月29日

  • An access point selection algorithm for heterogeneous stations 査読有り

    Y. Sagara,A. Fujiwara

    The 2008 International Conference on Wireless Networks   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Las Vegas   2008年07月  -  2008年07月

  • Access point selection algorithms for maximizing throughputs in wireless LAN environment 査読有り

    A. Fujiwara,Y. Sagara,M. Nakamura

    International Conference on Parallel and Distributed Systems   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   2007年04月  -  2007年04月

  • Procedures for computing the maximum with DNA 査読有り

    A. Fujiwara,S. Kamio,A. Takehara

    International Journal of Foundations of Computer Science   18 ( 3 )   475 - 493   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Data structures for storing binary numbers in DNA computing 査読有り

    T. Tateishi,A. Fujiwara

    International Conference on Foundations of Computer Science   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2007年04月  -  2007年04月

  • A procedure for MAX-SAT with DNA strands 査読有り

    Y. Tokumaru,A. Fujiwara

    The International Conference on Foundations of Computer Science   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Las Vegas   2006年06月25日  -  2006年06月25日

  • Procedures multiplication and division in DNA computing 査読有り

    H. Fukagawa,A. Fujiwara

    The International Conference on Foundations of Computer Science   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Las Vegas   2006年06月25日  -  2006年06月25日

  • A cost optimal parallel algorithm for patience sorting 査読有り

    T. Nakashima,A. Fujiwara

    Parallel Processing Letters   16 ( 1 )   39 - 51   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of access point selection strategy in wireless LAN 査読有り

    Y. Fukuda,A. Fujiwara,M. Tsuru,Y. Oie

    roceedings of IEEE 62nd Semiannual Vehicular Technology Conference (VTC2005-fall)   25 - 28   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年04月  -  2005年04月

  • A scheduling algorithm with static partition for total exchange 査読有り

    K. Nakahira,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications   739 - 745   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年04月  -  2005年04月

  • Sorting algorithms based on the odd-even transposition sort and the shearsort with DNA strands 査読有り

    M. Ushijima,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Foundations of Computer Science   52 - 58   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年04月  -  2005年04月

  • A Procedure for Computing 0-1 Integer Programming with DNA Strands 査読有り

    K. Atsuyama,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Foundations of Computer Science   125 - 134   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年04月  -  2005年04月

  • Procedures for multiple input function with DNA molecules 査読有り

    A. Fujiwara,S. Kamio

    International Journal of Foundations of Computer Science   16 ( 1 )   37 - 54   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Procedures for Multiple Input Functions with DNA Strands 査読有り

    A. Fujiwara,S. Kamio

    Proceedings of Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (in conjunction with IPDPS2004)   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年04月  -  2004年04月

  • Procedures for logic and arithmetic operations with DNA molecules 査読有り

    A. Fujiwara,K. Matsumoto,W. Chen

    International Journal of Foundations of Computer Science   15 ( 3 )   461 - 474   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Efficient scheduling algorithms for total exchange on GRID environment 査読有り

    Y. Jinno,M. Ito,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Symposium   81 - 87   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2003年04月  -  2003年04月

  • Addressable procedures for logic and arithmetic operations with DNA strands 査読有り

    A. Fujiwara,K. Matsumoto,W. Chen

    Proceedings of Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2003年04月  -  2003年04月

  • Procedures for computing the maximum with DNA strands 査読有り

    S. Kamio,A. Takehara,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Symposium   351 - 357   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2003年04月  -  2003年04月

  • A Parallel Algorithm For The Stack Breadth-First Search 査読有り

    T. Nakashima,A. Fujiwara

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science   E85-D ( 12 )   1955 - 1958   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Parallel algorithms for patience sorting and longest increasing subsequence 査読有り

    T. Nakashima,A. Fujiwara

    Proceedings of the International Conference in Networks, Parallel and Distributed Processing and Applications   7 - 12   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2002年10月02日  -  2002年10月04日

  • Parallelizability of some P-complete problems 査読有り

    A. Fujiwara,M. Inoue,M. Toshimitsu

    Workshop on Advances in Parallel Computational Models (Lecture Notes in Computer Science, 1800)   116 - 122   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Cancun, Mexico   2002年01月10日  -  2002年01月10日

  • Parallelizability of some geometric P-complete problems in the EREW-PRAM 査読有り

    C.D. Castanho,W. Chen,K. Wada,A. Fujiwara

    Seventh Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON2001)   59 - 63   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Guilin, China   2001年08月20日  -  2001年08月23日

  • Parallelizability of the stack breadth-first search problem 査読有り

    T. Nakashima,A. Fujiwara

    International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'01)   722 - 727   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Las Vegas, USA   2001年06月25日  -  2001年06月28日

  • Polynomially fast parallel algorithms for some P-complete problems 査読有り

    C.D. Castanho,W. Chen,K. Wada,A. Fujiwara

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science   E84-A ( 5 )   1244 - 1255   2001年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Round optimal parallel algorithms for the convex hull of sorted points 査読有り

    N. Oshige,A. Fujiwara

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science   E84-A ( 5 )   1152 - 1160   2001年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 辞書式順極大3和問題に対するBSPモデル上のコ スト最適な並列アルゴリズム 査読有り

    中島孝明,藤原暁宏

    情報処理学会論文誌「並列処理」特集号   42 ( 4 )   724 - 731   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Polynomially fast parallel algorithms for some geometric P-complete problems 査読有り

    C.D. Castanho,W. Chen,K. Wada,A. Fujiwara

    Workshop on Computational Geometry   10 - 15   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    New York, USA   2000年10月27日  -  2000年10月28日

  • Parallel selection algorithms for CGM and BSP models with application to sorting 査読有り

    A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa

    IEICE Trans. Information and Systems   E83-D ( 5 )   1500 - 1508   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Parallel algorithms for the all nearest neighbor problems of binary image on the BSP model 査読有り

    T. Ishimizu,A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa,H. Fujiwara

    IEICE Transactions on Information and Systems   E83-D ( 2 )   151 - 158   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 2分木の平衡分解木を求めるコスト最適な並列アルゴリズム 査読有り

    藤原暁宏,井上美智子,増澤利光,都倉信樹

    電子情報通信学会論文誌D-I   J83-D-I ( 1 )   90 - 98   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Parallel algorithms for all nearest neighbors of binary images on the BSP model 査読有り

    T. Ishimizu,A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa

    Proc. Internatinal Symposium on Parallel Architechtures, Algorithms and Networks (ISPAN'99)   394 - 399   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Perth   1999年06月22日  -  1999年06月25日

  • Parallel selection algorithms with analysis on clusters 査読有り

    A. Fujiwara,H. Katsuki,M. Inoue,T. Masuzawa

    Proc. Internatinal Symposium on Parallel Architechtures, Algorithms and Networks (ISPAN'99)   388 - 393   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Perth   1999年06月22日  -  1999年06月25日

  • A cost optimal parallel algorithm for weighted distance transforms 査読有り

    A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa,H. Fujiwara

    Parallel computing   25 ( 4 )   405 - 416   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 選択問題を解くBSPモデルおよびBSP*モデル上の並列アルゴリズム 査読有り

    石水隆,藤原暁宏,井上美智子,増澤利光,藤原秀雄

    電子情報通信学会論文誌(DI)   J82-D-I ( 4 )   533 - 542   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • A parallel algorithm for Euclidean distance transform on the mesh 査読有り

    A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa

    Proc. international conference on parallel and distributed processing techiques and applications(PDPTA'98)   1726 - 1733   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1998年04月  -  1998年04月

  • A parallel algorithm for weighted distance transforms 査読有り

    A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa,H. Fujiwara

    Proceedings of 11th International Parallel Processing Symposium   407 - 412   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

  • 濃淡画像の連結成分を求める並列アルゴリズム 査読有り

    藤原暁宏,増澤利光,藤原秀雄

    電子情報通信学会論文誌(DI)   J79-D1 ( 5 )   215 - 225   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A simple parallel algorithm for the medial axis transform of binary images 査読有り

    A. Fujiwara,M. Inoue,T. Masuzawa,H. Fujiwara

    Proceedings of IEEE Second International Conference on Algorithms&Architectures for Paralle Processing   1 - 8   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1996年04月  -  1996年04月

  • A simple parallel algorithm for the medial axis transform 査読有り

    藤原暁宏,井上美智子,増澤利光,藤原秀雄

    IEICE Transaction on Information and Systems   E79-D ( 8 )   1038 - 1045   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • An optimal parallel algorithm for the Euclidean distance maps of binary images 査読有り

    A. Fujiwara,T. Masuzawa,H. Fujiwara

    Proceedings of First IEEE Internatinal Conference on Algorithms and Architecture for Parallel Processing   928 - 928   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   1995年04月  -  1995年04月

  • An optimal parallel algorithm for the Euclidean distance map of 2-D binary images 査読有り

    藤原 暁宏

    Information Processing Letters   54 ( 5 )   295 - 300   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Pythonで学ぶ アルゴリズムとデータ構造

    藤原暁宏(単著)

    森北出版  2023年03月  ( ISBN:4627872615

     詳細を見る

    総ページ数:200   記述言語:日本語

  • はじめて学ぶオートマトンと言語理論

    藤原暁宏(単著 ,  範囲: 全体)

    森北出版  2015年07月  ( ISBN:9784627852914

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • アルゴリズムとデータ構造

    藤原暁宏(単著 ,  範囲: 全体)

    森北出版  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • クラスタ処理", アルゴリズム工学 -計算困難問題への挑戦-

    藤原暁宏(共著 ,  範囲: 6.22節)

    共立出版  2001年06月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 多目的ナップサックのベンチマーク問題作成に関する研究

    今中啓太, 藤原暁宏

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月22日   記述言語:日本語  

  • 多目的ナップサック問題に対するロバスト最適化

    宮本卓弥, 藤原暁宏

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月23日   記述言語:日本語  

  • 群集シミュレーションを用いた感染予測による店舗レイアウトの検討

    中野齊可太, 藤原暁宏

    第17回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月12日 - 2021年09月13日   記述言語:日本語  

  • An asynchronous P system using branch and bound for subset sum

    K. Nagao, A. Fujiwara

    第17回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月12日 - 2021年09月13日   記述言語:英語  

  • 多目的ナップサック問題に対する個体群プロトコルに基づく最適化アルゴリズム

    金子地洋, 藤原暁宏

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語  

  • 多目的ナップサック問題に対する蜻蛉最適化

    金井洞弥, 藤原暁宏

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語  

  • Flower pollination optimization for the multi-objective knapsack problem

    Y. Hadachi, A. Fujiwara

    The 10-th International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月27日 - 2019年11月29日   記述言語:英語  

  • Two swarm intelligence optimizations for the multi-objective knapsack problem

    Y. Hadachi, Y. Matsumoto, A. Fujiwara

    第15回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月18日 - 2019年09月20日   記述言語:英語  

  • An asynchronous P system with branch and bound for graph coloring

    K. Umetsu, A. Fujiwara

    第15回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月18日 - 2019年09月20日   記述言語:英語  

  • 非同期膜計算におけるグラフ分割問題及び支配集合問題の解法

    蓮尾弘太

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月23日   記述言語:日本語  

  • バッテリー残量を考慮した離散点連結センサカバー構築アルゴリズム

    松本大祐

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月23日   記述言語:日本語  

  • 非同期SN Pシステムにおける基本演算

    浜辺竜馬

    第7回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月01日 - 2011年09月03日   記述言語:日本語  

  • 二連結性及び二被覆性を保証する離散点連結センサカバーアルゴリズム

    河内孝治

    第7回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月01日 - 2011年09月03日   記述言語:日本語  

  • 連結支配集合問題に対する蜂群最適化

    松村竜介

    第7回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月01日 - 2011年09月03日   記述言語:日本語  

  • 稼働時間延長を考慮した局所型連結センサカバーアルゴリズム

    中本浩太

    電子情報通信学会2011年総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 抑制性ニューロンを用いたSN Pシステムにおける因数分解

    神戸文香

    電子情報通信学会2011年総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 非同期膜計算シミュレータの開発

    石井康太

    第6回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月03日 - 2010年09月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 三重県桑名市  

  • 非同期膜計算における算術演算及び因数分解

    村川誉幸

    第6回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月03日 - 2010年09月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 三重県桑名市  

  • 耐故障性を持つ連結センサカバーアルゴリズム

    松岡裕也

    第6回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月03日 - 2010年09月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 三重県桑名市  

  • 非同期膜計算による充足可能性問題とハミルトン路問題の解法

    田川博文

    電子情報通信学会2010年総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 膜計算における算術演算,及び,因数分解

    本人

    第5回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月06日 - 2009年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 広島市  

  • 二連結性を保障する分散センサカバーアルゴリズム

    本人

    第5回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月06日 - 2009年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 広島市  

  • 耐攻撃性を考慮したセンサ攻撃アルゴリズムとセンサ配置アルゴリズム

    本人

    第5回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月06日 - 2009年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 広島市  

  • マルチコアにおける並列ソートアルゴリズムの検証と提案

    本人

    第4回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 滋賀県  

  • 膜計算における辞書演算及び最大値計算

    本人

    第4回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 滋賀県  

  • 二連結性を保証する連結センサカバーアルゴリズム

    本人

    第4回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 滋賀県  

  • 検知領域交点を考慮した連結センサカバーアルゴリズム

    情報システム専攻, 高田 亮

    情報処理学会アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 膜計算における基本演算アルゴリズム

    情報システム専攻, 立石 竹志

    情報処理学会アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 帯域保証を考慮したアクセスポイント選択手法

    本人

    第3回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 膜計算における基本演算アルゴリズム

    本人

    第3回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 最小スループット制御を行うアクセスポイント選択手法

    電子情報工学科,中村允彦

    情報処理学会,アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • Procedures for floating point arithmetic operations with DNA molecules

    電子情報工学科,徳丸雄一郎

    情報処理学会,アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • ヘテロな無線LAN環境における分散型アクセスポイント選択手法の検証

    電子情報工学科, 高田亮

    第2回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • DNA計算における論理鎖生成アルゴリズム

    電子情報工学科, 立石竹志

    第2回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 無線LAN環境におけるマッチングアルゴリズムを用いた集中型アクセスポイント選択手法

    電子情報工学科, 稲光翔

    第2回情報科学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • DNA計算によるMAX-SATの解法

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • DNA計算における乗算および除算アルゴリズム

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 重み付けを用いた分散型アクセスポイント選択アルゴリズム

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 局所探索を用いた集中型アクセスポイント選択アルゴリズム

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 組み合わせ最適化アルゴリズムに基づく研究室配属システムの開発

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • グリッド環境における完全交換に対するスケジューリングアルゴリズム

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 無線LANにおけるAP選択戦略に関する検討

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • DNA計算における対数時間ソートアルゴリズム

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • DNA計算における奇遇転換ソート及びシェアソートアルゴリズム

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Procedures for multiple input functions with DNA strands

    2004冬のLAシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:英語  

  • DNAを用いた0-1整数計画問題の解法

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • DNA計算における0-1ナップサック問題の解法

    情報科学技術フォーラム(FIT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • DNA計算における最大値計算および辞書演算

    電子情報通信学会2003年総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • GRID環境に適した効率の良い完全交換アルゴリズム

    電子情報通信学会2003年総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • ヘテロジニアスBSPモデル上の2次元データ分割

    本人

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月30日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Addressable procedures for logic and arithmetic operations with DNA strands

    本人

    第1回情報科学技術フォーラム(FIT2002) 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月25日 - 2002年09月28日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Cost optimal algorithms for patience sorting and longest increasing subsequence

    Technical Report of IPSJ 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月23日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A parallel algorithm for the stack breadth-first search

    Technical Report of IEICE 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月16日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • クラスタ処理に適したソートアルゴリズム

    並列処理シンポジウム(JSPP2001) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 大域並列分散システムPVMhの実装と評価

    並列処理シンポジウム(JSPP2001) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Polynomially fast parallel algorithms for some P-complete problems

    Technical Report of IEICE 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月18日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Parallel algorithms with constant communication rounds for the convex hull of sorted points

    Technical Report of IEICE 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月25日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • P完全問題に対するコスト最適な並列アルゴリズム

    並列処理シンポジウム(JSPP2000) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月30日 - 2000年06月01日   記述言語:日本語   開催地: 早稲田大学  

  • P完全問題に対するコスト最適な並列アルゴリズム

    並列処理シンポジウム(JSPP2000) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 離散ボロノイ図を求める並列アルゴリズム

    並列処理シンポジウム(JSPP2000) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • P完全問題に対するBSPモデル上の並列アルゴリズム

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年03月28日 - 2000年03月31日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Practical parallelizability of some P-complete problems

    本人

    Technical Report of IPSJ 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年09月02日   記述言語:英語   開催地: 北海道大学  

  • Parallel algorithms for finding all nearest neighbors of binary images on the BSP model

    並列処理シンポジウム(JSPP'99) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年06月09日 - 1999年06月11日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Parallel selection algorithms for CGM and BSP with application to sorting

    本人

    並列処理シンポジウム(JSPP'99) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年06月09日 - 1999年06月11日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 2値画像上の全最近点を求めるBSPモデル上の並列アルゴリズム

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月31日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Parallel selection algorithms for CGM and BSP with application to sorting

    本人

    Technical Report of IEICE 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年03月23日 - 1998年03月24日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A parallel algorithm for Euclidean distance transforms on the mesh

    本人

    Technical Report of IEICE 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 選択問題を解く BSPモデルおよびBSP*モデル上の並列アルゴリズム

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • A parallel algorithm for weighted distance transforms of binary images

    本人

    Technical Report of IPSJ 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年04月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A Parallel Algorithm for the medial axis transform of binary images

    本人

    Technical Report of IEICE 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年04月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A Parallel Algorithm for the Euclidean Distance Maps

    本人

    Technical Report of IPSJ 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年04月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 濃淡画像の連結成分を求める並列アルゴリズム

    本人

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 2分木の平衡分解木を求める並列アルゴリズム

    本人

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 1993年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

▼全件表示

講演

  • ナチュラルコンピューティングにおける理論的計算モデルと問題解法

    SICE分子ロボティクス研究会・JST分子ロボット倫理研究会合同研究会  2019年06月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • ナチュラルコンピューティング,および,ブロックチェーン

    大阪電気通信大学 情報学研究所 講演会  2018年12月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Asynchronous membrane computing for solving computationally hard problems

    AI workshop  2018年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月27日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • Asynchronous membrane computings for solving computationally hard problems

    Workshop on Advanced Distributed Algorithms, (in conjunction with CANDAR'16)  2016年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • ナチュラルコンピューティングのアルゴリズム - 生命活動の仕組を用いた並列厳密解法と最適化手法 -

    コンピュテーション研究会 招待講演  2015年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:京都市  

  • 次世代高性能計算について

    奈良先端科学技術大学院大学 ゼミナール講演  2007年05月  奈良先端科学技術大学院大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:奈良県生駒市  

  • 近年の並列アルゴリズムの動向について

    第11回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ   1998年04月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:軽井沢  

▼全件表示

学術関係受賞

  • Distinguished Service Award

    International Symposium on Networking and Computing   2021年11月26日

    Akihiro Fujiwara

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • PDAA Best Paper Award

    Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   An asynchronous P system with branch and bound for solving the subset sum problem   2021年11月26日

    K. Nagao, A. Fujiwara

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • ナチュラルコンピューティングにおける非同期性に関する研究

    研究課題番号:24500019  2012年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

  • 膜計算モデルにおける基本演算アルゴリズムに関する研究

    研究課題番号:20700013  2008年04月 - 2011年03月   若手研究(B)

  • DNA計算における基本演算アルゴリズムに関する研究

    研究課題番号:17700021  2005年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

  • 並列化困難問題の並列性に関する研究

    研究課題番号:14780229  2002年04月 - 2005年03月   若手研究(B)

  • P完全な問題の並列化に関する研究

    研究課題番号:12780236  2000年04月 - 2002年03月   奨励研究(A)

受託研究・共同研究実施実績

  • 合意形成アルゴリズムを用いたブロックチェーン技術およびその応用に関する研究

    2017年10月 - 2018年03月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   フィナンシャルテクノロジー

  • 2022年度   並列分散アルゴリズム

  • 2022年度   情報通信工学プロジェクト研究

  • 2022年度   アルゴリズム設計(C)

  • 2022年度   オートマトンと言語理論

  • 2022年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2021年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2021年度   情報通信工学実験Ⅱ

  • 2021年度   アルゴリズム設計(C)

  • 2021年度   オートマトンと言語理論

  • 2021年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2020年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2020年度   アルゴリズム設計(C)

  • 2020年度   オートマトンと言語理論

  • 2020年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2020年度   情報通信工学プロジェクト研究

  • 2019年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2019年度   アルゴリズム設計E

  • 2019年度   アルゴリズム設計(C)

  • 2019年度   オートマトンと言語理論

  • 2019年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2019年度   電子情報セミナー II

  • 2018年度   アルゴリズム設計E

  • 2018年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2018年度   先端情報講究Ⅱ

  • 2018年度   先端情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2018年度   情報工学概論

  • 2018年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2018年度   オートマトンと言語理論

  • 2018年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2017年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2017年度   アルゴリズム設計E

  • 2017年度   オートマトン理論

  • 2017年度   長期インターンシップ

  • 2017年度   プログラミング

  • 2017年度   先端情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2017年度   先端情報講究Ⅱ

  • 2016年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2016年度   アルゴリズム設計E

  • 2016年度   オートマトン理論

  • 2016年度   長期インターンシップ

  • 2016年度   プログラミング

  • 2015年度   プログラミング

  • 2015年度   長期インターンシップ

  • 2015年度   オートマトン理論

  • 2015年度   アルゴリズム設計E

  • 2015年度   インターンシップ

  • 2015年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2014年度   オートマトン理論

  • 2014年度   アルゴリズム設計E

  • 2014年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2014年度   インターンシップ

  • 2014年度   プログラミング

  • 2013年度   プログラミング

  • 2013年度   計算機システム特論Ⅱ

  • 2013年度   インターンシップ

  • 2013年度   アルゴリズム設計E

  • 2013年度   長期インターンシップ

  • 2012年度   計算機システム特論 II

  • 2012年度   アルゴリズム設計E

  • 2012年度   オートマトン理論

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 九州工業大学 情報工学部 Lectures of the year

    九州工業大学 情報工学部  

    2022年06月22日

  • 九州工業大学 情報工学部 Lectures of the year

    九州工業大学 情報工学部  

    2021年09月21日

  • 九州工業大学 情報工学部 Lectures of the year

    九州工業大学 情報工学部  

    2004年03月04日

その他教育活動

  • 学科教育改善委員会委員長

    2021年04月
    -
    2022年03月
  • 学科教育改善委員会委員長

    2013年04月
    -
    2015年03月
  • 学科教育改善委員会委員

    2004年04月
    -
    2013年03月

学会・委員会等活動

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications   Program committee  

    2022年11月

  • International Symposium on Computing and Networking   Program Vice-Chairs (Track Chairs)  

    2022年11月

  • 飯塚市飯塚市観光推進協議会   飯塚市飯塚市観光推進協議会委員  

    2022年04月 - 2023年03月

  • Special Issue of Concurrency and Computation on the International Symposium on Networking and Computing   Guest Editor  

    2022年04月 - 2023年03月

  • Special Issue of International Journal of Networking and Computing on the International Symposium on Networking and Computing   Guest Editor  

    2022年04月 - 2023年03月