藤原 暁宏 (フジワラ アキヒロ)

FUJIWARA Akihiro

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

アルゴリズム,ナチュラルコンピューティング

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://pd-algo.cse.kyutech.ac.jp/

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1993年03月   大阪大学   基礎工学部   情報工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月  奈良先端科学技術大学院大学  情報科学研究科  情報処理学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 奈良先端科学技術大学院大学 -  博士(工学)  1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   情報工学部   情報工学部情報・通信工学科長  

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   情報工学部   情報工学部電子情報工学科長  

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報工学研究院電子情報工学研究系長  

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   大学院情報工学府   情報工学府先端情報工学専攻長・情報科学専攻長  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎理論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An asynchronous P system using branch and bound for maximum independent set

    Y. Nakano, A. Fujiwara

    11th International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software      2020年11月  [査読有り]

  • An asynchronous P system for counting sort

    K. Nagao, A. Fujiwara

    11th International Workshop on Advances in Networking and Computing      2020年11月  [査読有り]

    DOI

  • An asynchronous P system with branch and bound for solving the knapsack problem

    Y. Nakano, A. Fujiwara

    12th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications      2020年11月  [査読有り]

    DOI

  • P systems with branch and bound for solving two hard graph problems

    Umetsu Kotaro, Fujiwara Akihiro

    International Journal of Networking and Computing  ( IJNC編集委員会 )  10 ( 2 ) 159 - 173   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Membrane computing is a computational model based on activity of cells. Using the membrane computing, a number of computationally hard problems have been solved in a polynomial number of steps using an exponential number of membranes. However, the number of membranes denotes the number of cells from practical point of view, and the reduction of the number of membranes must be considered for using the membrane computing in real world.In this paper, we propose asynchronous P systems with branch and bound for reducing the number of membranes for two computationally hard graph problems. We first propose an asynchronous P system that solves Hamiltonian cycle problem for a graph with n vertices, and show that the proposed P system works in O(n^2) parallel steps. We next propose an asynchronous P system that solves the minimum graph coloring for a graph with n vertices, and also show that the P system works in O(n^2) parallel steps.In addition, we evaluate validity of the proposed P systems using computational simulations. The experimental results show the validity and efficiency of the proposed P systems with branch and bound.

    DOI CiNii

  • Population-based Search Relying on Spatial and/or Temporal Scale-free Behaviors of Individuals

    Z. Zhang, Y. Zhu, A. Fujiwara, K. Ohinishi

    The 2019 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (IEEE SSCI 2019)      2019年12月  [査読有り]

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • はじめて学ぶオートマトンと言語理論

    藤原暁宏 ( 単著 , 担当範囲: 全体 )

    森北出版  2015年07月 ISBN: 9784627852914

  • アルゴリズムとデータ構造

    藤原暁宏 ( 単著 , 担当範囲: 全体 )

    森北出版  2006年11月

  • クラスタ処理", アルゴリズム工学 -計算困難問題への挑戦-

    藤原暁宏 ( 共著 , 担当範囲: 6.22節 )

    共立出版  2001年06月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 多目的ナップサック問題に対する個体群プロトコルに基づく最適化アルゴリズム

    金子地洋, 藤原暁宏

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  2020年09月  -  2020年09月   

  • 多目的ナップサック問題に対する蜻蛉最適化

    金井洞弥, 藤原暁宏

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  2020年09月  -  2020年09月   

  • Flower pollination optimization for the multi-objective knapsack problem

    Y. Hadachi, A. Fujiwara

    The 10-th International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software  2019年11月  -  2019年11月   

  • Two swarm intelligence optimizations for the multi-objective knapsack problem

    Y. Hadachi, Y. Matsumoto, A. Fujiwara

    第15回情報科学ワークショップ  2019年09月  -  2019年09月   

  • An asynchronous P system with branch and bound for graph coloring

    K. Umetsu, A. Fujiwara

    第15回情報科学ワークショップ  2019年09月  -  2019年09月   

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • ナチュラルコンピューティングにおける理論的計算モデルと問題解法

    SICE分子ロボティクス研究会・JST分子ロボット倫理研究会合同研究会   2019年06月25日 

  • ナチュラルコンピューティング,および,ブロックチェーン

    大阪電気通信大学 情報学研究所 講演会   2018年12月26日 

  • Asynchronous membrane computings for solving computationally hard problems

    Workshop on Advanced Distributed Algorithms, (in conjunction with CANDAR'16)   2016年11月23日 

  • ナチュラルコンピューティングのアルゴリズム - 生命活動の仕組を用いた並列厳密解法と最適化手法 -

    コンピュテーション研究会 招待講演 ( 京都市 )  2015年03月09日  電子情報通信学会

  • 次世代高性能計算について

    奈良先端科学技術大学院大学 ゼミナール講演 ( 奈良県生駒市 )  2007年05月11日  奈良先端科学技術大学院大学

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナチュラルコンピューティングにおける非同期性に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  24500019

  • 膜計算モデルにおける基本演算アルゴリズムに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  20700013

  • DNA計算における基本演算アルゴリズムに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17700021

  • 並列化困難問題の並列性に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  14780229

  • P完全な問題の並列化に関する研究

    奨励研究(A)

    研究期間:  2000年04月  -  2002年03月

    研究課題番号:  12780236

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 合意形成アルゴリズムを用いたブロックチェーン技術およびその応用に関する研究

    共同研究

    研究期間:  2017年10月  -  2018年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  情報通信工学プロジェクト研究

  • 2020年度  データ構造とアルゴリズム

  • 2020年度  オートマトンと言語理論

  • 2020年度  計算機システム特論Ⅱ

  • 2020年度  アルゴリズム設計(C)

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 学科教育改善委員会委員長

    2013年04月
    -
    2015年03月
  • 学科教育改善委員会委員

    2004年04月
    -
    2013年03月