2023/12/26 更新

クロサキ マサユキ
黒崎 正行
KUROSAKI Masayuki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0948-29-7659
研究室FAX
0948-29-7692
ホームページ
外部リンク

研究キーワード

  • 情報通信工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

出身学校

  • 2000年03月   東京都立大学   工学部   電子・情報工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2005年03月   東京都立大学   工学研究科   電気工学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 2002年03月   東京都立大学   工学研究科   電気工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京都立大学  -  博士(工学)   2005年03月

学内職務経歴

  • 2022年12月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系     教授

  • 2022年04月 - 現在   九州工業大学   先端研究・社会連携本部   高信頼知的集積システム研究センター     センター長

  • 2019年04月 - 2022年11月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系     准教授

  • 2011年11月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   電子情報工学研究系     准教授

学外略歴

  • 2003年04月 - 2005年03月   日本学術振興会   特別研究員(DC)   日本国

論文

  • Experimental Evaluation of CNN-based Packet Detection to Ensure 5G and WiFi Networks Coexistence 査読有り 国際誌

    Muhammad Harry Bintang Pratama, Dody Ichwana Putra, Muhammad Taqiyuddin, Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    Proceeings - 9th International Forum on Advanced Technologies   2023年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taiwan   2023年03月07日  -  2023年03月09日

  • A Study Real-Time WLAN Sensing System Using Channel State Information 査読有り 国際誌

    Isshiki R., Tsuji K., Nagao Y., Kurosaki M., Sai B., Ochi H.

    Proceedings - IEEE Consumer Communications and Networking Conference, CCNC   2023-January   907 - 908   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Recently, the Wi-Fi human activity recognition (HAR) system has attracted attention, using channel state information (CSI). CSI is a characteristic that indicates the radio propagation environment from transmitter to receiver, indoor environment. Therefore, sensing technology that predicts the indoor environment by calculating backward from the CSI is being considered. We first analyzed CSI in the time direction using singular value decomposition (SVD). In addition, a long short-term memory (LSTM) is applied to the obtained features to classify Absence/Presence. Furthermore, we implemented this system, where software-defined radio (SDR) receiver and common commercial wireless access point.

    DOI: 10.1109/CCNC51644.2023.10060556

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85150629500&origin=inward

  • Experimental Evaluation of Rate Adaptation using Deep-Q-Network in IEEE 802.11 WLAN 査読有り 国際誌

    Bintang Pratama M.H., Nakashima T., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - IEEE Consumer Communications and Networking Conference, CCNC   2023-January   668 - 669   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Rate adaptation algorithm has an important role in the Wi-Fi network. It ensures that the nodes transmit at a suitable transmission rate with minimum packet errors on the receiving side. However, there are cases when the existing algorithms fail to adapt to the changes in the communication environment. In this paper, we propose a rate adaptation algorithm using a Deep Q-network (DQN), in which the DQN agent controls the transmission rate of a node in response to the communication environment. We also evaluate the proposed algorithm using the field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR). The experimental result shows that the proposed algorithm can adaptively select the suitable MCS and maintain the throughput.

    DOI: 10.1109/CCNC51644.2023.10060609

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85150626077&origin=inward

  • Multi-Task Learning with Convolutional Neural Network Approach for Packet Collision Avoidance in 802.11 WLAN 査読有り 国際誌

    Dody Ichwana Putra, Muhammad Harry Bintang Pratam, Tomoki Nakashima, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceeings - 2022 9th NAFOSTED Conference on Information and Computer Science   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2022年10月31日  -  2022年11月01日

  • Multi - Task Learning with Convolutional Neural Network for Packet Format Detection and Modulation Classification of Wireless LAN 査読有り 国際誌

    Dody Ichwana Putra, Muhammad Harry Bintang Pratama, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceeings - 2022 13th International Conference on Information and Communication Technology Convergence   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Republic of Korea   Jeju Island   2022年10月19日  -  2022年10月21日

  • ns3-ai: Rate Control for Wireless LAN by Deep Q-Network 査読有り 国際誌

    Tomoki Nakashima, Leonardo Lanante, Muhammad Harry Bintang Pratama, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceedings - International Workshop on Smart Info-Media System in Asia   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Online  

  • 無線LAN規格IEEE802.11の次世代技術動向と応用 査読有り

    長尾勇平,黒崎正行,尾知博

    映像情報メディア学会誌 ( 一般社団法人 映像情報メディア学会 )   76 ( 3 )   337 - 343   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • FOREWORD Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems 査読有り 国際誌

    OCHI Hiroshi, KUROSAKI Masayuki

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E105.A ( 4 )   611 - 612   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transfun.2021smf0001

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149131704&origin=inward

  • H.264 Scalable Video Coding Transmission on MIMO without CSI Feedback 査読有り

    Tiawongsuwan Manthana, Lanante Leonardo, Kurosaki Masayuki, Ochi Hiroshi

    信号処理 ( 信号処理学会 )   26 ( 2 )   39 - 49   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In order to meet the current transmission and QoS demands of wireless video transmission, the conventional wireless systems are using Multiple Input Multiple Output (MIMO) technology aided with receiver channel state information (CSI) feedback. The CSI is used by the access point to accurately measure the users' channel quality to decide the best transmission and video encoding parameters possible for each user. However, the CSI feedback has some disadvantages such as the delayed reception at the transmitter, the CSI expiry due to the doppler shift, and finally, hardware complexity making it difficult to be implemented in low power and low cost devices. In this paper, we propose the transmission of H.264/SVC video bitstreams through MIMO system by using the received signal strength indicator (RSSI) instead of CSI. To supplement the RSSI, we implement a look-up table based mechanism to predict the video PSNR for any wireless propagation environment. Aside from being widely supported in all wireless devices, the RSSI can be obtained from the clear to send (CTS) packets in without the need of a sounding process. The results show that our proposed method improves the PSNR by more than 16 dB, and has 6 meters more range compared with the conventional method with fixed encoding ratio and packetization.</p>

    DOI: 10.2299/jsp.26.39

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Noise Reduction for Photon Counting Imaging Using Discrete Wavelet Transform 査読有り

    Lee J., Kurosaki M., Cho M., Lee M.C.

    Journal of Information and Communication Convergence Engineering   19 ( 4 )   276 - 283   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we propose an effective noise reduction method for photon counting imaging using a discrete wavelet transform. Conventional 2D photon counting imaging was used to visualize the object under dark conditions using statistical methods, such as the Poisson random process. The photons in the scene were estimated using a statistical method. However, photons which disturb the visualization and decrease the image quality may occur in the background where there is no object. Although median filters are used to reduce the noise, the noise in the scene remains. To remove the noise effectively, our proposed method uses the discrete wavelet transform, which removes the noise in the scene using a specific thresholding method that utilizes photon counting imaging characteristics. We conducted an optical experiment to demonstrate the denoising performance of the proposed method.

    DOI: 10.6109/jicce.2021.19.4.276

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124545994&origin=inward

  • Hardware Design of Wireless Video Transmission Using JSCC 査読有り 国際誌

    Shohei Ochi, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    9th International Joint Symposium on Applied Engineering and Sciences   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on the Quality Improvement Effects of Using STBC with H.264/SVC Video Transmission 査読有り 国際誌

    Tiawongsuwan M., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    ISPACS 2021 - International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems: 5G Dream to Reality, Proceeding   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    H.264/SVC is a widely used compression standard with a very high lossy compression rate. The completeness of the H.264/SVC bitstream is very crucial in achieving high quality video decompression. This is especially true in regard to the base layer which contains the important coding data. In this paper, we improve the quality of H.264/SVC video transmission by using the Space Time Block Code (STBC) technique. STBC is a technique to increase the reliability of the wireless transmission by transmitting multiple copies of the signal along multiple transmit antennas and is thus suitable for the need of H.264/SVC. We compared STBC with conventional SISO and MIMO techniques using the IEEE 802.11ac standard. The simulation results show that our method which uses STBC has superior performance in terms of both of high PSNR and low BER.

    DOI: 10.1109/ISPACS51563.2021.9651122

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124123699&origin=inward

  • Industrial WLAN System with Accurate Time Synchronization on Software Defined Radio 査読有り

    Nguyen T.T.T., Toyofuku M., Ito Y., Ishimitsu C., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    2021 IEEE International Conference on Communications Workshops, ICC Workshops 2021 - Proceedings   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents a hardware implementation of low latency and highly accurate time synchronization for Industrial WLAN systems. The design of our media access control (MAC) layer supports both asynchronous and synchronous multi- user transmission protocols. Low overhead Packet Division Multiple Access (PDMA) scheme is utilized for Multi-user Downlink transmission, while Frequency Division Multiple Access (FDMA) is employed for the uplink transmission. The design of the physical (PHY) layer system is developed based on fast and deterministic communication. The proposed industrial WLAN system is developed on Software Defined Radio (SDR). The experimental results show that the wireless control communication can be achieved to control motors with a high accuracy Precision Time Protocol (PTP) in nano-second level from 200 ns to 300 ns which is less than 1 ms compared to PROFINET wireless standard.

    DOI: 10.1109/ICCWorkshops50388.2021.9473752

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85112804045&origin=inward

  • 国際会議開催報告 2020 International Workshop on Smart Info-Media System in Asia 招待有り

    黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   14 ( 4 )   349 - 350   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    国際会議開催報告
    2020 International Workshop on Smart Info-Media System in Asia
    (SISA 2020,スマートインフォメディアシステム国際ワークショップ・イン・アジア,https://www.ieice-sisa.org/)Soongsil University, Seoul, Korea(Full Online)2020年12月17日~18日

    DOI: essfr.14.4_349

  • Null beamforming to self in cooperative MIMO for full-duplex systems 査読有り

    Kawano M., Thao Nguyen T.T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   2021-May   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this paper, we propose self-interference (SI) cancellation in cooperative multiple-input multiple-output (Co-MIMO) for full-duplex (FD) wireless communication systems. This proposal solves SI by applying the block diagonalization used in multi-user MIMO. Therefore, there is no need for a radio frequency (RF) canceller, which has a large hardware (HW) size and is difficult to extend to MIMO. Furthermore, we can achieve higher throughput by applying Co-MIMO, in which multiple access points (APs) work together to communicate. The proposed method-s implementation uses field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR). In the experiment, a total of 33 [dB] SI can cancel with two cooperative APs and two antennas per AP in the IEEE 802.11 system.

    DOI: 10.1109/ISCAS51556.2021.9401490

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85109037957&origin=inward

  • Live demonstration: Null beamforming to self in cooperative MIMO for full-duplex system 査読有り

    Kawano M., Nguyen T.T.T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   2021-May   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We demonstrate a self-interference (SI) cancellation in cooperative multiple-input multiple-output (Co-MIMO) for full-duplex (FD) wireless communication systems by applying the block diagonalization used in multi-user MIMO. The proposed method's implementation uses a field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR). In the experiment, a total of 33 [dB] SI can cancel with two cooperative APs and two antennas per AP in the IEEE 802.11 system.

    DOI: 10.1109/ISCAS51556.2021.9401102

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85109023157&origin=inward

  • Cooperative MIMO Applied Null Beamforming to Self in Full-Duplex Wireless Communication System and Its Implementation 査読有り 国際誌

    Kawano M., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   2021-February   176 - 181   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes a full-duplex wireless communication system applying cooperative multiple-input multiple-output (Co-MIMO). This proposal solves self-interference (SI) in full-duplex wireless communication systems by applying the block diagonalization used in multi-user MIMO (MU-MIMO). Therefore, there is no need for a radio frequency (RF) canceller, which has a large hardware size and is difficult to extend to MIMO. Furthermore, higher throughput can be achieved by applying Co-MIMO, in which multiple access points work together to communicate. We also introduce the implementation of the proposed method using a field-programmable gate array (FPGA) and software-defined radio (SDR) in this paper. It shows that SI cancellation can be realized by using them. The proposed method is implemented based on the IEEE 802.11n frame format as an example. In the experiment, a total of 30 [dB] SI cancellation is confirmed with a transmission power of-12 [dBm]. The SI cancellation amount can be further increased by increasing the transmission power.

    DOI: 10.23919/ICACT51234.2021.9370380

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85102856419&origin=inward

  • Design of WLAN System for Industrial Communication 査読有り

    Ito Y., Toyofuku M., Ishimitsu C., Nguyen T.T.T, Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    International Workshop on Smart Info-Media System in Asia (SISA 2020)   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Asymmetric Multi-BSS Environment Analytical Model for IEEE 802.11 Based WLANs 査読有り

    Kajihara R., Wenkai H., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    International Workshop on Smart Info-Media System in Asia (SISA 2020)   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Power Allocation Scheme for Wireless Video Streaming over Multiuser MIMO Systems 査読有り

    Yoshikawa Y., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    International Workshop on Smart Info-Media System in Asia (SISA 2020)   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Software Defined Radio Development of Accurate Time Synchronization for Industrial WLAN Systems 査読有り

    Nguyen T.T.T., Toyofuku M., Ito Y., Ishimitsu C., Nagao Y., Kurosaki M., Khai L.D., Ochi H.

    IECON Proceedings (Industrial Electronics Conference)   2020-October   2134 - 2139   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. In this paper, we propose a hardware development of a high accuracy Precision Time Protocol (PTP) on Software Defined Radio (SDR) for Industrial WLAN systems. To increase the throughput of the transmission system, we propose a low overhead 3-frames exchange PTP instead of 4-frames transmission as IEEE 1588 PTP protocol. Besides, our hardware-software co-design of the full SoC MAC-PHY can select the PTP timestamp point to remove the random transmission jitters caused by higher layers and the imbalanced timing made by the rugged hardware designs between master and slave. In previous work, the PTP synchronization has been evaluated on the M820-ZYNQ platform with Dummy PHY. In this paper, the proposed PTP system is developed on the SDR platform with real PHY. The SDR platform can reduce the processing delay between software and hardware compared to the previous platform. The result of our demonstration experiments shows that an oscilloscope captures the time synchronization of the proposed system in high accuracy with the nano-second level, which is less than 200 ns.

    DOI: 10.1109/IECON43393.2020.9254681

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85097737918&origin=inward

  • Performance analysis model of IEEE 802.11 CSMA/CA for Multi-BSS environment 査読有り

    Kajihara R., Wenkai H., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications, PIMRC   2020-August   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. The Markov chain based model by Bianchi for IEEE802.11 distributed controlled access is a highly accurate analytical tool for estimating the system throughput when a single Basic Service Set (BSS) network operates in isolation. However, with the increase of wireless LAN access points being deployed on the same area, an environment with multiple BSS interfering with each other has become the default network scenario. The purpose of this work is to extend the single BSS Markov chain model into a multi-BSS model by incorporating the influence of STAs' interference range and carrier sense range to their own transmission and collision probabilities. We verify the proposed multi-BSS analytical model using the latest version of the ns3 simulator which has recently supported accurate PHY abstractions for multi-BSS simulation. We show that the proposed model has a high accuracy (within 1%) independent of the multi-BSS network topology.

    DOI: 10.1109/PIMRC48278.2020.9217235

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85094099106&origin=inward

  • Retransmission Diversity with Channel Selectivity for High Reliable and Low Latency Industrial Wireless Control System 査読有り

    Kurniawati Astri Maria, Sutisna Nana, Lanante Jr. Leonardo, Nagao Yuhei, Kurosaki Masayuki, Ochi Hiroshi

    信号処理 ( 信号処理学会 )   24 ( 3 )   81 - 90   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The emerging applications in the 5th generation (5G) network, such as industrial control system and Machine-to-Machine (M2M) communication require high reliability and low latency communication at the same time. The retransmission scheme is one of the practical approaches to increase system reliability when other diversity techniques are avoided due to hardware complexity or significant transmission delay. In order to address such problems, in this paper, we propose a fast yet reliable retransmission scheme. The proposed retransmission scheme leverages the frequency diversity through simple channel selectivity. The channel selectivity is carried out by employing low complexity subcarrier allocation for selecting other channels in Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) transmission. The evaluation results show that the proposed retransmission method outperforms the conventional scheme. The proposed method can reduce the number of retransmission by up to 30%, corresponding to a success rate of 0.9999 . In addition, it can be employed in an industrial Wireless Local Area Network (iWLAN) system with a large number of users. The achievable control duration is around 52-63 μs, an improvement of approximately 36% compared to the conventional system.</p>

    DOI: 10.2299/jsp.24.81

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007843050

  • Multi-Stage MLD with Interference Cancellation in Superposition MIMO Systems for Video Streaming 査読有り

    Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    2020 8th International Electrical Engineering Congress, iEECON 2020   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. Wireless video transmission through multiple-input multiple-output (MIMO) channels has become more and more popular recently. In the superposition MIMO system which non-orthogonally multiplexes several signals in the power domain, the receiver performs non-linear detection to estimate the transmitted signals, which is called postcoding. This paper proposes a multistage postcoder which combines maximum likelihood detection (MLD) with codeword-level interference cancellation (CWIC) to balance the accuracy and complexity. It is shown from simulations that the proposed postcoder outperforms the conventional minimum mean square error-based detection with CWIC, where its improvement in peak signal-to-noise ratio comes up to 11 dB.

    DOI: 10.1109/iEECON48109.2020.229510

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85084991482&origin=inward

  • Hardware Design of Transmitter and Receiver for High Quality Video Transmission 査読有り

    Kubo K., Yoshikawa Y., Tashiro K., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    2020 8th International Electrical Engineering Congress, iEECON 2020   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. The demand for high-resolution wireless video transmission technology is expected to increase greatly as the video resolution increases, and as the Wi-Fi devices spread. Wireless transmission of high-resolution video requires high throughput, therefore it is necessary to use a multiple-input multiple-output (MIMO) system. In this paper, we propose an evaluation platform for video transmission method based on joint source-channel coding (JSCC) that suppresses the degradation of received video by combining source coding and precoding, and efficient hardware software co-design for implementing it on hardware such as field-programmable gate array (FPGA) board. As a result of simulation, beamforming based on eigenbeam-space division multiplexing (E-SDM), one of the precoding method, is performed and the effectiveness of the proposed method has been confirmed.

    DOI: 10.1109/iEECON48109.2020.229514

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085054567&origin=inward

  • Precoder and postcoder design for wireless video streaming with overloaded multiuser MIMO-OFDM systems 査読有り

    Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E102A ( 12 )   1825 - 1833   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2019 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers Mobile video traffic is expected to increase explosively because of the proliferating number of Wi-Fi terminals. An overloaded multiple-input multiple-output (MIMO) technique allows the receiver to implement smaller number of antennas than the transmitter in exchange for degradation in video quality and a large amount of computational complexity for postcoding at the receiver side. This paper proposes a novel linear precoder for high-quality video streaming in overloaded multiuser MIMO systems, which protects visually significant portions of a video stream. A low complexity postcoder is also proposed, which detects some of data symbols by linear detection and the others by a prevoting vector cancellation (PVC) approach. It is shown from simulation results that the combination use of the proposed precoder and postcoder achieves higher-quality video streaming to multiple users in a wider range of signal-to-noise ratio (SNR) than a conventional unequal error protection scheme. The proposed precoder attains 40 dB in peak signal-to-noise ratio even in poor channel conditions such as the SNR of 12 dB. In addition, due to the stepwise acquisition of data symbols by means of linear detection and PVC, the proposed postcoder reduces the number of complex additions by 76% and that of multiplications by 64% compared to the conventional PVC.

    DOI: 10.1587/transfun.E102.A.1825

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85076402595&origin=inward

  • Wireless Video Transmission over Multiuser MIMO Systems with Fair Power Allocation 査読有り 国際誌

    Yoshikawa Y., Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - 2019 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2019   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2019年12月03日  -  2019年12月06日

    © 2019 IEEE. With the spread of mobile devices, image and video transmission is in great demand. The use of multiuser multiple-input multiple-output (MU-MIMO) systems, where multiple data can be sent to multiple users, is highly expected. This paper proposes a novel power allocation scheme for MU-MIMO systems, which minimizes the variance of channel capacities of each spatial stream of all users to achieve user fairness in terms of video quality. In addition to the user fairness, we make the spatial streams which convey visually more important information be high-quality for achieving high video quality. Simulation results show that the proposed power allocation enables to equalize video quality even if the distances between a transmitter and users are different.

    DOI: 10.1109/ISPACS48206.2019.8986256

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081088445&origin=inward

  • Power Allocation for Wireless Video Streaming over MIMO Systems with Superposition Coding 査読有り

    Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC   2019-November   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal   Lisbon   2019年11月24日  -  2019年11月27日

    © 2019 IEEE. Recently, video distribution over wireless networks has become more common due to the spread of smart devices. This paper proposes an optimal power allocation algorithm for the transmission of layered video streams over point-to-point multiple-input multiple-output (MIMO) systems combined with superposition coding. The proposed power allocation scheme is derived from the maximization of the weighted sum-rate, where two-step optimization leads to a closed-form solution. First, the power distribution between eigen-channels is optimized, and then the optimal power allocation to quality layers is obtained. Results demonstrate that the proposed scheme attains higher peak signalto-noise ratio on average in a wide range of signal-to-noise ratio than conventional fixed power allocation schemes.

    DOI: 10.1109/WPMC48795.2019.9096159

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085502174&origin=inward

  • Development of Factory Automation WLAN System Compatible with Asynchronous Industrial Ethernet 査読有り

    Nguyen T., Tsurita M., Toyofuku M., Ito Y., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE International Conference on Emerging Technologies and Factory Automation, ETFA   2019-September   1338 - 1341   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Zaragoza   2019年09月10日  -  2019年09月13日

    © 2019 IEEE. In this paper, we propose a design of asynchronous communication for an industrial wireless LAN system. In our design, MAC is synchronous multi-user round-robin transmission protocol. Low overhead Packet Division Multiple Access scheme is utilized for Multi-user Downlink transmission up to 80 MHz, while Frequency Division Multiple Access is employed for the uplink transmission. The designed of PHY system is developed based on a fast and deterministic communication featuring the synchronous multi-user system. In this paper, the industrial robots are not only controlled by synchronous communication but also by asynchronous communication via our industrial WLAN (iWLAN) system. This paper presents the hardware and software cooperative design. In the verification, up to 10 motors can be controlled by our iWLAN system by asynchronous communication, and the delay of each robot measured is 188 μs on average. Besides, the time synchronization captured by oscilloscope is from 40 to 100 ns as in our target.

    DOI: 10.1109/ETFA.2019.8868973

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85074213253&origin=inward

  • Low-complexity and high-accuracy positioning protocol based on an asynchronous protocol 査読有り

    Nan W., Nguyen T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE Vehicular Technology Conference   2019-September   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Honolulu, Hawaii   2019年09月22日  -  2019年09月25日

    © 2019 IEEE. Currently, Global Positioning System (GPS) is widely used as a representative position estimation system. However, GPS suffers from poor position estimation accuracy in an indoor environment. Moreover, time synchronization between devices needs to be performed for position estimation which is a resource intensive process. In previous studies, an asynchronous protocol (i.e., no synchronization requirement) called Grid Search was proposed to handle this problem. However, this method also has high complexity and takes a lot of search time to estimate the position. In this paper, we propose a method to narrow the search range using intersecting chord under the condition that generated circles intersect with each other. The proposed position estimation method has low complexity but can achieve accuracy comparable to Grid Search, i.e., a maximum estimation error less than 2 meters with 80% of the trials are within 1 meter. In addition, the calculation time can be reduced up to 6 times compared to the Grid Search when the search range extends to 5 times.

    DOI: 10.1109/VTCFall.2019.8891468

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075259877&origin=inward

  • Verification of Symbol Timing Synchronization for Wi-Fi System 査読有り 国際誌

    Kusunoki I., Nagano K., Sutisna N., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - 2019 19th International Symposium on Communications and Information Technologies, ISCIT 2019   167 - 172   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2019年09月25日  -  2019年09月27日

    © 2019 IEEE. In this paper, we propose a system that verifies and corrects the accuracy of symbol timing synchronization processing to determine reception time in Wi-Fi system. Time-of-flight (ToF) based Wi-Fi indoor mobile position estimation uses transmission and reception time stamp of radio waves between the mobile terminal targeted for estimation and fixed Wi-Fi receivers. However, it is known that the accuracy of radio reception time stamp in existing Wi-Fi receivers may be deteriorated due to the influence of multipath environment. Therefore, this paper proposes a system that corrects the accuracy of symbol timing synchronization processing that determines the reception time of radio wave in Wi-Fi system. This will improve the estimation accuracy of Wi-Fi indoor mobile position estimation.

    DOI: 10.1109/ISCIT.2019.8905193

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85076207152&origin=inward

  • Live demonstration: Accurate time synchronization for industrial wireless LAN systems 査読有り

    Tran Thi Thao Nguyen, Yuhei Nagao, Nico Surantha, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   2019-May   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sapporo   2019年05月26日  -  2019年05月29日

    © 2019 IEEE We demonstrate a precision time protocol (PTP) used to synchronize clocks in industrial wireless local area network (iWLAN) communication systems. The implementation of the system on FPGA boards for accurate verification and to test the feasibility of the system in a real environment. The result has been confirmed that time synchronization is high accuracy from 40 to 100 ns.

    DOI: 10.1109/ISCAS.2019.8702192

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85066783512&origin=inward

  • High Precision Industrial Wireless LAN System with Asynchronous Communication 査読有り

    Tran Thi Thao Nguyen, Makoto Tsurita, Kyoshiro Sakamoto, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   2019-February   222 - 227   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pyeongchang   2019年02月17日  -  2019年02月20日

    © 2019 Global IT Research Institute (GIRI). In this paper, we propose an industrial Wireless Local Area Network (iWLAN) system compatible with asynchronous communication for industrial robots (iRBs) control in factory automation (FA) environments. The design of our media access control layer is synchronous multi-user round-robin transmission protocol. Low overhead Packet Division Multiple Access (PDMA) scheme is utilized for Multi-user Downlink transmission up to 80 MHz, while Frequency Division Multiple Access (FDMA) is employed for the uplink transmission. The system is developed based on a fast and deterministic communication featuring the synchronous multi-user system. In general, the iRBs are not only controlled by synchronous communication but also by asynchronous communication via this iWLAN system. In this paper, we present the Field-programmable gate array (FPGA) implementation are carried out to confirm that our iWLAN system by asynchronous communication can control up to four motors. Based on the result of FPGA implementation, the time synchronization of the proposed system in high accuracy from 40 to 100 ns is also captured by an oscilloscope.

    DOI: 10.23919/ICACT.2019.8701902

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065652175&origin=inward

  • Industrial Wireless LAN System Compatible with EtherCAT 査読有り

    Kyoshiro Sakamoto, Makoto Tsurita, Yuhei Nagao, Mizuki Toyofuku, Yoshiki Itou, Tran Thi Thao Nguyen, Tatsumi Uwai, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceedings of 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS'19)   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   PyeongChang   2019年01月06日  -  2019年01月09日

  • Asynchronous Indoor Positioning System and Its FPGA Implementation 査読有り

    Kotaro Nagano, Yuhei Nagao, Leonardo Lanante Jr, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceedings of 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS'19)   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   PyeongChang   2019年01月06日  -  2019年01月09日

  • High Precision Localization by Shrinking Circle based on An Asynchronous Protocol 査読有り

    Nan Wang, Leonardo Lanante Jr, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceedings of 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS'19)   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   PyeongChang   2019年01月06日  -  2019年01月09日

  • Performance Evaluation of MU-MIMO Channel Emulator 査読有り

    Kyosuke Kubo, Tran Thi Thao Nguyen, Leonardo Lanante Jr, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proceedings of 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS'19)   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   PyeongChang   2019年01月06日  -  2019年01月09日

  • Optimized Packetization of H.264 SVC Bitstreams for MIMO Wireless Video Streaming 査読有り

    Tiawongsuwan M., Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    ISCIT 2018 - 18th International Symposium on Communication and Information Technology   355 - 358   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. Wireless video transmission over multiple-input multiple-output (MIMO) systems is a challenging theme. Eigen beam-space division multiplexing (E-SDM) is an optimal beamforming technique in terms of channel capacity when the transmitter and receiver can share channel state information. E-SDM sorts the channel quality from the highest signal-To-noise ratio (SNR) to the lowest one. This paper presents the video transmission scheme for H.264 scalable video streams over MIMO E-SDM with optimized packetization. The proposed method controls the ratio of a base layer and enhancement layers contained in a packet. The result shows that the optimized ratio is obtained when a packet consists of the lowest base layer ratio. This ratio provides the 39.9 dB of peak-signal-To-noise ratio after decoding while no frame can be decoded with the other ratio at SNR of 10 dB.

    DOI: 10.1109/ISCIT.2018.8587974

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85060984016&origin=inward

  • FPGA Implementation of Wireless LAN System for Factory Automation 査読有り

    Tran Thi Thao Nguyen, Yuhei Nagao, Tatsumi Uwai, Nana Sutisna, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi, Baiko Sai

    International Conference on Advanced Technologies for Communications   2018-October   78 - 83   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi MInh City   2018年10月18日  -  2018年10月20日

    © 2018 IEEE. A design of wireless communication system, particularly Media Access Control (MAC) and Physical layer system (PHY) for Factory Automation (FA) system based on Wireless Local Area Network (WLAN) communication system, is proposed in this paper. The designed of MAC is synchronous multi-user round-robin transmission protocol. Low overhead Packet Division Multiple Access (PDMA) scheme is utilized for Multi-user Downlink transmission up to 80 MHz, while Frequency Division Multiple Access (FDMA) is employed for the uplink transmission. The designed of PHY system is developed based on a fast and deterministic communication featuring the synchronous multi-user system. For efficient of multi-user transmission in the proposed protocol, the transmission time of the proposed iWLAN with 40 MHz bandwidth can achieve 500% better than PROFINET wireless standard. Furthermore, the implementation results of MAC and PHY layer of the proposed system show that FPGA logic utilization can fit with the target FPGA which is promising for a full implementation and evaluation combining with radio frequency.

    DOI: 10.1109/ATC.2018.8587479

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85060818117&origin=inward

  • Industrial Wireless LAN System Compatible with Asynchronous Communication 査読有り

    Makoto Tsurita, Kyoshiro Sakamoto, Mizuki Toyofuku, Yoshiki Itou, Tran Thi Thao Nguyen, Tatsumi Uwai, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS)   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Ishigaki   2018年11月27日  -  2018年11月30日

  • Greedy Power Allocation for Wireless Video Streaming with Overloaded MIMO Systems 査読有り

    Koji Tashiro, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS)   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Ishigaki   2018年11月27日  -  2018年11月30日

  • Industrial Wireless LAN System Compatible with Asynchronous Communication 査読有り

    Tsurita M., Ochi H., Sakamoto K., Toyofuku M., Itou Y., Nguyen T.T.T., Uwai T., Nagao Y., Kurosaki M., Sai B.

    ISPACS 2018 - 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   168 - 172   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. In this research, we propose an industrial Wireless Local Area Network (iWLAN) system compatible with asynchronous communication for industrial robots (iRBs) control in factory automation (FA) environments. In FA, iRBs are not only controlled by synchronous communication but also by asynchronous communication. As our conventional system is not compatible with asynchronous communication, it causes delay when iRBs are controlled by asynchronous communication. In order to target iRBs using asynchronous communication, we propose the utilization of specific memory writing technique. The register transfer level (RTL) simulation results show that our proposals can communicate with iRBs in faster throughput, better than the conventional system. Furthermore, the field-programmable gate array (FPGA) implementation are carried out to confirm that motors can be controlled by our iWLAN system compatible with asynchronous communication.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2018.8923192

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077022003&origin=inward

  • Greedy Power Allocation for Wireless Video Streaming with Overloaded MIMO Systems 査読有り

    Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    ISPACS 2018 - 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   155 - 160   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. In recent years, wireless video streaming has become very popular due to the widespread of Wi-Fi terminals supporting multiple-input multiple-output (MIMO) techniques. High-quality video streaming in wireless networks is a challenging topic. This paper proposes a greedy power allocation algorithm (GPA) for video streaming by overloaded MIMO systems. The proposed GPA adaptively controls power distribution based on received signal-to-noise ratio (SNR) so that the required bit error rate can be achieved. Simulation results demonstrate that GPA shows better performance than a conventional equal power allocation (EPA) scheme in terms of peak-signal-to-noise ratio (PSNR). The minimum SNR for achieving 35 dB in PSNR is 6 dB with GPA while EPA requires 10 dB in SNR to achieve 35 dB in PSNR.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2018.8923194

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077030226&origin=inward

  • Efficient MIMO video transmission scheme for the scalable video coding extension of HEVC 査読有り

    Manthana Tiawongsuwan, Koji Tashiro, Leonardo Lanante, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    2018 International Workshop on Advanced Image Technology, IWAIT 2018   1 - 3   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. High efficiency video coding (HEVC) is the newest video coding standard of the ITU-T Video Coding Experts Group and the ISO/IEC Moving Picture Experts Group. The introduction of multiple-input multiple-output (MIMO) eigenbeam-space division multiplexing (E-SDM) systems makes it possible to increase data rate by multiplexing different data streams on multiple parallel eigen-channels. In this paper, we propose a MIMO video transmission scheme for scalable high efficiency video coding (SHVC), which is the scalable extension of H.265/HEVC. Simulation results show that our video transmission scheme has more potential to broadcast video streams efficiently than conventional MIMO systems.

    DOI: 10.1109/IWAIT.2018.8369630

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85048784271&origin=inward

  • Energy efficient industrial wireless system through cross layer optimization 査読有り

    Kurniawati Astri Maria, Nana Sutisna, Tran Thi Thao Nguyen, Duc Khai Lam, Yuhei Nagao, Leonardo Lanante, MasayukiKurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE International Conference on Industrial Technology (ICIT)   2018-February   1586 - 1591   2018年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Lyon   2018年02月20日  -  2018年02月22日

    Industrial wireless system has been considered as a potential application in the upcoming wireless system (e.g. 5G and IoT era). The main requirements of this application are ultra-reliable low-latency and low-power massive machine type communication. Satisfying all these requirements at the same time is still big technical challenge, since many aspects from different layers of network system are inter-dependent in affecting overall system performance. Therefore, system design and optimization are difficult and could not be carried out solely in one part. To overcome these issues, this paper presents cross-layer optimization in order to achieve energy-efficient wireless system, while maintaining low-latency and high-reliability requirements. The cross-layer optimization is performed within Medium Access Layer (MAC) and Physical Layer (PHY), which are devoted as the backbone for radio access. The optimizations include system level design, low-power aware protocol and resource management design, signal processing algorithm design and circuit design techniques of transceiver system. Furthermore, the implementation of overall PHY-MAC hardware design for industrial wireless LAN system is presented. The proposed design offers an advantage, in terms of energy-efficient wireless system, as compared to the other classes of low-power wireless systems (e.g. Bluetooth, Zigbee) and the conventional WLAN systems.

    DOI: 10.1109/ICIT.2018.8352418

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046977150&origin=inward

  • A hybrid HW/SW 802.11ac/ax system design platform with ASIP implementation 査読有り

    Naotaka Yoshida, Leonardo Lanante, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    2017 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2017 - Proceedings   2018-January   827 - 831   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Chaina   Xiamen   2017年11月06日  -  2017年11月09日

    © 2017 IEEE. Current and next generation WLAN devices have an increasing need for processing power to support new WLAN features that require high computation complexity. In this paper, we present our design for an 802.11ac/ax system with an application specific instruction-set processor (ASIP) to implement multiple disjoint system tasks at much faster speed compared to a general purpose processor. As a proof of concept, we implemented the channel SVD, channel compression/decompression and beam-forming weight computations at the same time in the embedded ASIP core to support the 802.11ac MU-MIMO beamforming feature. In addition, the design was synthesized in the Zynq zc706 evaluation board programmable logic (PL) along with the rest of the PHY. The actual task to be done by the ASIP core at any given time can be programmed via the zc706 processing system (PS) resulting in a very high hardware savings compared to an all hardware implementation.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2017.8266590

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047625995&origin=inward

  • Efficient MIMO Video Transmission Scheme for the Scalable Video Coding Extension of HEVC 査読有り

    Manthana Tiawongsuwan, Koji Tashiro, Leonardo Lanante, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc.International Workshop on Advance Image Technology 2018 (IWAIT2018)   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Chiang Mai   2018年01月07日  -  2018年01月10日

    High efficiency video coding (HEVC) is the newest video coding standard of the ITU-T video coding experts group and the ISO/IEC moving picture experts group. The introduction of multiple-input multiple-output (MIMO) eigenbeam-space division multiplexing (E-SDM) systems makes it possible to increase data rate by multiplexing different data streams on multiple parallel eigen-channels. In this paper, we propose a MIMO video transmission scheme for scalable high efficiency video coding (SHVC), which is the scalable extension of H.265/HEVC. Simulation results show that our video transmission scheme has more potential to broadcast video streams efficiently than conventional MIMO systems.

  • High-Accuracy Positioning System based on ToA for Industrial Wireless LAN 査読有り

    Tran Thi Thao Nguyen, Khairunisa Ahmad Denney, Ohhara Syuhei, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2017 4th NAFOSTED Conference on Information and Computer Science   2017-January   37 - 41   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Hanoi   2017年11月24日  -  2017年11月25日

    In this paper, we propose a positioning system using a time-synchronized wireless network that can achieve high positioning accuracy without being dependent on any global positioning system (GPS) devices with cm-level accuracy as the main goal and objective. The proposed system utilizes time of arrival (ToA) method to estimate the target's position. Based on the results, we can achieve time synchronization with less than 1ns accuracy with the average offset error of 0.05ns and cm-level positioning accuracy with the position error of 1.23cm through our simulation. Furthermore, increasing the number or measuring device in positioning system will increase the accuracy of positioning a target. High accuracy time synchronization is achievable by deploying proposed PTP with a high number of iteration performed inside the synchronization period. In this research, we aim to deploy the proposed system in industrial wireless LAN. It is applicable by embedding the system into customized wireless LAN chip with positioning ability.

    DOI: 10.1109/NAFOSTED.2017.8108035

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85043364228&origin=inward

  • Joint transmission and coding scheme for high-resolution video streams over multiuser MIMO-OFDM systems 査読有り

    Koji Tashiro, Leonardo Lanante, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E100-A ( 11 )   2304 - 2313   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    High-resolution image and video communication in home networks is highly expected to proliferate with the spread of Wi-Fi devices and the introduction of multiple-input multiple-output (MIMO) systems. This paper proposes a joint transmission and coding scheme for broadcasting high-resolution video streams over multiuser MIMO systems with an eigenbeam-space division multiplexing (E-SDM) technique. Scalable video coding makes it possible to produce the code stream comprised of multiple layers having unequal contribution to image quality. The proposed scheme jointly assigns the data of scalable code streams to subcarriers and spatial streams based on their signal-to-noise ratio (SNR) values in order to transmit visually important data with high reliability. Simulation results show that the proposed scheme surpasses the conventional unequal power allocation (UPA) approach in terms of both peak signal-to-noise ratio (PSNR) of received images and correct decoding probability. PSNR performance of the proposed scheme exceeds 35dB with the probability of over 95% when received SNR is higher than 6dB. The improvement in average PSNR by the proposed scheme compared to the conventional UPA comes up to approx. 20dB at received SNR of 6dB. Furthermore, correct decoding probability reaches 95% when received SNR is greater than 4dB.

    DOI: 10.1587/transfun.E100.A.2304

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85033501808&origin=inward

  • Channel Selectivity Schemes for Re-transmission Diversity in Industrial Wireless System 査読有り

    Astri Maria Kurniawati, Nana Sutisna, Yuhei Nagao, Leonardo Lanante Jr, Masayuki Kurosaki, Baiko Sai, Hiroshi Ochi

    Proc. International Symposium on Electronics and Smart Devices (ISESD)   2018-January   207 - 212   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonseia   Yogyakarta   2017年10月17日  -  2017年10月19日

    The new use case of 5G network, such as industrial wireless control system and Machine-to-Machine (M2M) communication system, requires high reliability and real-time communication (ultra low-latency) at the same time. To increase system reliability, re-transmission scheme is one of popular technique, but it introduces a significant communication latency. To address this latency introduced by conventional re-transmission scheme, this paper presents re-transmission diversity through channel selectivity. Adjacent channel selection and random channel selection are the two channel selectivity schemes that are being considered as fast and low-latency channel selection method. The performance comparison of these two schemes are evaluated in an industrial wireless system. Evaluation results show that channel selectivity based on adjacent channel selection gives a better performance as compared with random channel selection. Furthermore, the impact of channel selectivity in different channel models are also presented to evaluate its effectiveness and to provide an insight for final deployment.

    DOI: 10.1109/ISESD.2017.8253333

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047530977&origin=inward

  • Precoding and postcosing schemes for wireless video transmission in overloded MIMO systems 査読有り

    Koji Tashiro, Leonardo Lanante, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2017)   2017-September   1920 - 1924   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Beijing   2017年09月17日  -  2017年09月20日

    Image and video transmission is highly expected to proliferate with the wide spread of Wi-Fi devices and the introduction of multiple-input multiple-output (MIMO) systems. This paper proposes a novel precoder for video transmission in overloaded MIMO systems, which is based on an eigenbeam space division multiplexing (E-SDM) technique. This paper also proposes a low complexity postcoder, which detects some of data symbols by a linear approach and the others by a prevoting vector cancellation (PVC) approach. It is shown from simulation results that the proposed precoder and postcoder achieve 40 dB in peak signal-to-noise ratio while reducing the computational complexity by over 61 compared to the conventional PVC-based detection when received signal-to-noise ratio is higher than 10 dB.

    DOI: 10.1109/ICIP.2017.8296616

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85045302591&origin=inward

  • Analysis of Finite Retry Limit on Uplink OFDMA Random Access 査読有り

    Tomoyasu Irikida, Tatsumi Uwai, Leonardo Lanante Jr., Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2017)   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Dazaifu   2017年09月06日  -  2017年09月08日

  • Scalable Copyright Protection using Lossless Information Hiding 査読有り

    Koichi Araki, Tsubasa Sonezaki, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2017 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2017)   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Dazaifu   2017年09月06日  -  2017年09月08日

  • Unified HW/SW System-Level Simulation Framework for Next Generation Wireless System 査読有り

    Nana Sutisna, Leeonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2017 30th IEEE International System-on-Chip Conference (SOCC)   2017-September   322 - 327   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germay   Munich   2017年09月05日  -  2017年09月08日

    Recently, wireless technology experiences a fast growth to meet user demand and push toward the boundary limit of system performance. The simulation and verification framework play important role for accelerating investigation of technology proof of concept, field-trial, and large-scale commercial prototyping. In this paper, we present system-level simulation of heterogeneous model and unified HW/SW framework, particularly for next generation wireless system. The proposed framework includes a unified HW/SW co-evaluation methodology, the flexible HW/SW architecture, and fast HW/SW co-evaluation. The co-evaluation is carried out by employing hardware-in-the loop scheme that covers various abstraction level of simulation, from algorithm-level into physical-level simulation, with respect to system level simulation. The proposed co-verification framework allows a comprehensive system evaluation for a wireless system, involving various system parameters, hardware impairments, different channel conditions and cross-layer evaluations with fast run-time evaluations. Additionally, we also show an application example of multi-user wireless communication system and its experimental evaluations.

    DOI: 10.1109/SOCC.2017.8226070

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044311350&origin=inward

  • OFDMAランダムアクセスのマルコフ連鎖モデル化とその性能解析 査読有り

    上井 竜己, 長尾 勇平, ラナンテ ジュニア, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会論文誌B 通信 ( 電子情報通信学会 )   J100-B ( 7 )   492 - 504   2017年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    次世代無線LAN規格IEEE 802.11axにおいて採用が決定しているUplink-Multi User送信では,Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)ランダムアクセスが検討されている.本論文ではOFDMAランダムアクセスのマルコフ連鎖モデルを提案し,提案モデルがIEEE 802.11規格におけるDistributed Coordination Functionの性能解析モデルとして基本的なモデルであるBianchiモデルの拡張モデルとみなせることを示す.提案モデルを用いてOFDMAランダムアクセスの通信効率とスループットを解析し,解析結果と計算機シミュレーション結果の比較を通して,稠密環境におけるOFDMAランダムアクセスの性能を高精度に解析可能であることを示す.更に,OFDMAランダムアクセスの通信効率をMedium Access Control (MAC)パラメータに着目して解析し,環境に応じてMACパラメータを設定することで,通信効率が向上することを示す.

    DOI: 10.14923/transcomj.2016wfp0005

    CiNii Research

  • Interleaved Domain Interference Canceller for Low Latency IDMA System and Its VLSI Implementation 査読有り

    Tran Thi Thao Nguyen, Leonardo Lanante, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Shingo Yoshizawa, Hiroshi Ochi

    Proc. 2017 IEEE 85th Vehicular Technology Conference (VTC Spring)   2017-June   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Sydney   2017年06月04日  -  2017年06月07日

    Interleave division multiple access (IDMA) is a potential candidate for the future fifth generation (5G) systems. In this paper, we propose a novel architecture for IDMA system with low latency while maintaining low complexity. In the conventional architecture, the IDMA receiver sequentially processes deinterleaving, despreading, spreading and interleaving for multiuser detection. The proposed architecture, which is called the interleaved domain, can perform multi-user detection directly without deinterleaving the received frame. Because of this, the interleaving is no longer needed in the interference cancellation loop resulting in the decrease of latency by half and the increase of throughput by twice. In VLSI implementation results, the proposed architecture has reduced circuit area and power consumption by 53% and 58% compared to the conventional architecture on the same throughput condition.

    DOI: 10.1109/VTCSpring.2017.8108683

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85040561302&origin=inward

  • Performance analysis of the 802.11ax UL OFDMA random access protocol in dense networks 査読有り

    Leonardo Lanante, Hiroshi Ochi, Tatsumi Uwai, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Chittabratta Ghosh

    Proc. 2017 IEEE International Conference on Communications (ICC)   1 - 6   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2017年05月21日  -  2017年05月25日

    Recently, 802.11ax has introduced uplink Orthogonal Frequency Division Multiple Access (UL OFDMA)-based random access transmission to provide uplink multiuser capability to stations (STA) with unknown buffer status. These STAs include those that are waking up from sleep and unassociated STAs trying to establish connection for the first time. Due to the absence of carrier sensing per resource unit, this procedure has a maximum efficiency of only about 37% for high number of STAs. The efficiency will decrease further without properly choosing the random access parameters. In this paper, we first build an analytical model of the performance of UL OFDMA random access transmission and verify it using simulations. In addition, we propose methods to optimize various random access parameters to maintain a system efficiency near the 37% limit. Simulation results show that our optimization methods can increase the throughput of UL OFDMA random access by as much as 39% when compared to randomly chosen parameters.

    DOI: 10.1109/ICC.2017.7997340

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85028300693&origin=inward

  • Re-transmission diversity with fast channel selectivity for reliable industrial WLAN system 査読有り

    Maria K., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings of the IEEE International Conference on Industrial Technology   1189 - 1194   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Toronto   2017年03月22日  -  2017年03月25日

    © 2017 IEEE. This paper proposes a fast and low-complexity retransmission scheme for Industrial WLAN system. The proposed scheme exploits the frequency diversity and employs channel selectivity in order to achieve high-reliability and low-latency communication. The channel selectivity is carried out instantly by re-scheduling sub-carrier allocation during OFDM transmission in order to obtain diversity gain. Evaluation results show that the performance of the proposed scheme in terms of system-error rate and achievable transmission throughput rate, are significantly improved from the conventional re-transmission scheme. Furthermore, the proposed method only need a minor modification in both of communication protocol and transceiver design from the existing Industrial WLAN system. Hence, the low-complexity transmission scheme could be realized in current OFDM-based wireless system.

    DOI: 10.1109/ICIT.2017.7915531

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85019556645&origin=inward

  • Low latency Interleave Division Multiple Access System 査読有り 国際誌

    Nguyen T., Lanante L., Nagao Y., Kurosaki M., Yoshizawa S., Ochi H.

    International Conference on Information Networking   7 - 12   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Da Nang   2017年01月11日  -  2017年01月13日

    © 2017 IEEE. In this paper, we propose a novel architecture for IDMA system with low latency and high throughput for the uplink multi-user wireless system. The throughput of the proposed IDMA system can be improved to about double compared to the conventional IDMA system while the hardware complexity remains unchanged. To achieve this, the proposed system utilizes the interleaver/de-interleaver-less architecture to minimize the latency of the interference canceller in IDMA receiver. In the conventional architecture, the IDMA receiver sequentially processes the de-interleaving, interleaving, de-spreading and spreading that cause high latency. The proposed architecture can perform these sequential processes at the same time resulting in a reduction of interference cancellation operation cycles in half.

    DOI: 10.1109/ICOIN.2017.7899444

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85018302531&origin=inward

  • An area-efficient multimode FFT circuit for IEEE 802.11 ax WLAN devices 査読有り 国際誌

    Dinh P., Lanante L., Nguyen M., Kurosaki M., Ochi H.

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   735 - 739   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pyongchang   2017年02月19日  -  2017年02月22日

    © 2017 Global IT Research Institute - GiRI. Multi-mode fast Fourier Transform (FFT) circuits are essential in orthogonal frequency domain (OFDM) based systems which supports multiple bandwidth. Typically, hardware implementation employs a single FFT circuit for the highest supported bandwidth and using oversampling, the same FFT circuit is used to support lower bandwidth. For the new 802.11ax wireless local area network (WLAN) standard whose frame consists of the regular 3.2us length symbol as well as a longer 12.8us symbol, a fast switchable double-mode FFT circuit is required. In addition, the 802.11ax SIG-B symbol contains a maximum of two independent symbol streams that requires two FFT circuits for the 3.2us symbol length. Our proposed FFT architecture is optimized to support the 802.11ax standard with low latency, area and power requirements. FPGA implementation results show that our proposed circuit has efficiency 13.7% lower area compared to conventional architecture.

    DOI: 10.23919/ICACT.2017.7890190

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85018460543&origin=inward

  • ToA-based positioning system for industrial wireless LAN 査読有り

    Denney K., Hamada M., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    2016 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2016   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phulket   2016年10月24日  -  2016年10月27日

    © 2016 IEEE. In this paper, we propose an alternative positioning system using time-synchronized wireless network that can achieve high positioning accuracy without being dependent to any global positioning system (GPS) devices with cm-level accuracy as the main goal and objective. The proposed system utilizes time of arrival (ToA) method in order to estimate the target's position. Based on the results, we can achieve time synchronization with less than 1ns (average offset error of 0.05ns) accuracy and cm-level (position error of 1.23cm) positioning accuracy through our simulation. Furthermore, increasing the number or measuring device in positioning system will increase the accuracy of positioning a target. High accuracy time synchronization is achievable by deploying proposed PTP with high number of iteration in synchronization period. In this research, we aim to deploy the proposed system in industrial wireless LAN. It is applicable by embedding the system into customized wireless LAN chip with positioning ability.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2016.7824744

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85015004753&origin=inward

  • Performance evaluation of OFDMA random access in IEEE802.11ax 査読有り 国際誌

    Uwai T., Miyamoto T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    2016 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2016   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 IEEE. Random access Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA), a method for uplink multi-user transmission (UL-MU) for STAs with unknown transmit buffer has been adopted in the upcoming IEEE802.11ax next generation wireless LAN standard. In this paper, we propose a performance analysis model which use bidimensional Markov chain model of OFDMA random access. Via computer simulation, we show the usefulness of the proposed method even in the case of dense environment. In addition, we present a method in calculating the optimal number of resource units, which in 802.11ax refer to a subset of subcarriers to assign the user for OFDMA random access from numerical results.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2016.7824740

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85015004832&origin=inward

  • Unified HW/SW framework for efficient system level simulation 査読有り

    Sutisna N., Lanante L., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    2016 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, APCCAS 2016   518 - 521   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    South Korea   Jeju   2016年10月25日  -  2016年10月28日

    © 2016 IEEE. In this paper, we present unified Hardware (HW)/Software (SW) framework for efficient system level simulation of complex circuits, particularly high throughput wireless communication system. The proposed framework include a unified methodology covering both of system level simulation (e.g. MATLAB or C/C++) and physical level verification (e.g FPGA). It allows performing fast HW/SW evaluation in the context of system level performance and also covering large number of verification scenarios within acceptable time. Experimental evaluations show the example design case achieves improvement of simulation time several orders of magnitude faster than pure software simulation and also capable to run in near real-time processing. Moreover, the proposed verification platform can be used for complete performance characterization of a MIMO wireless system under various system parameters, hardware impairments and channel model.

    DOI: 10.1109/APCCAS.2016.7804018

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85011031730&origin=inward

  • Adaptive backoff mechanism for OFDMA random access with finite service period in IEEE802.11ax 査読有り 国際誌

    Uwai T., Miyamoto T., Nagao Y., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    2016 IEEE Conference on Standards for Communications and Networking, CSCN 2016   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Berlin   2016年10月31日  -  2016年11月02日

    © 2016 IEEE. In next generation wireless LAN standard which is called IEEE802.11ax, Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA) random access has been adopted as an uplink multi-user transmission technology. In this paper, we propose an adaptive backoff algorithm for OFDMA random access. Due to the finite service period defined by the standard, random access OFDMA sessions are discontinuous in time which may result in performance degradation when naive implementations are performed. Via computer simulations, we show that near maximum throughput is consistently achieved even in the case of dense environment. In addition, we explain a method for accurately estimating the number of OFDMA random access users, a key parameter in the proposed adaptive method.

    DOI: 10.1109/CSCN.2016.7785174

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85010303856&origin=inward

  • Performance Evaluation of OFDMA Random Access in IEEE802.11ax 査読有り

    Tatsumi Uwai, Takuma Miyamoto, Yuhei Nagao, Leonardo Lanante Jr., Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phulket   2016年10月24日  -  2016年10月27日

  • Design of WLAN based system for fast protocol factory automation system 査読有り

    Maria K., Lam D., Lanante L., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H., Areni I.

    Proceedings - Asia-Pacific Conference on Communications, APCC 2016   430 - 435   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Yogyakarta   2016年08月25日  -  2016年08月27日

    © 2016 IEEE. This paper proposes a design of wireless communication system, particularly physical layer system (PHY) for Factory Automation (FA) system based on Wireless Local Area Network (WLAN) communication system. The designed PHY system is developed based on a fast and deterministic communication featuring a synchronous multi user round robin transmission protocol. Low overhead Packet Division Multiple Access (PDMA) scheme is utilized for Multi-user Downlink transmission, while the Frequency Division Multiple Access (FDMA) is employed for the uplink transmission. For efficient PHY implementation, several approaches on architectural aspects are also introduced. Implementation results show that the optimized design of transmitter and receiver have efficient logic resource while maintain required processing speed and error performance.

    DOI: 10.1109/APCC.2016.7581430

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84994655892&origin=inward

  • Overview of Next Generation Wireless LAN IEEE 802.11ax 査読有り

    Yuhei Nagao, Leonardo Lanante, Tatsumi Uwai, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia   248 - 253   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Ayutthaya   2016年09月14日  -  2016年09月17日

  • MU-MIMO channel emulator with automatic channel sounding feedback for IEEE 802.11ac 査読有り

    Nguyen T., Lanante L., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE Wireless Communications and Networking Conference, WCNC   2016-September   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Qatar   Doha   2016年04月03日  -  2016年04月06日

    © 2016 IEEE. This paper proposes a 4×4 MU-MIMO channel emulator with automatic channel sounding feedback used for beam-forming and MU-MIMO precoding features of IEEE 802.11ac. The main contribution of this paper is the design of a MU-MIMO channel emulator capable of sending channel feedback automatically to the AP from the generated channel coefficients after a programmable time duration. This function helps to evaluate the precoding algorithms without channel estimation error and uses very minimal MAC features. The second contribution is the design of single path implementation with serial processing which plays an important role on reducing the hardware complexity. The design choice makes it possible to generate channel coefficients for very high sampling rate systems with little increase in complexity. In addition, single path implementation allows the addition of the feedback channel output with only few additional nonsequential elements which would otherwise double in a parallel implementation. To demonstrate the functionality of our MU-MIMO channel emulator, we present actual hardware emulator results of precoded receive signal constellation on oscilloscope.

    DOI: 10.1109/WCNC.2016.7564942

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84989854391&origin=inward

  • Fast design exploration with unified HW/SW co-verification framework for high throughput wireless communication system 査読有り 国際誌

    Sutisna N., Hongyo R., Lanante L., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE Joint Conference - International Conference on IC Design and Technology, ICICDT 2016 and Solid State Systems Symposium, 4S 2016   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 IEEE. This paper presents fast design exploration with unified HW/SW co-verification framework, particularly for high throughput wireless communication system. Design exploration is an important task during design development in order to obtain optimum design with various possible methods/algorithms of implementation and also under various design constraints. The fast design exploration is enabled by employing co-operation between model-based RTL design and proposed unified HW/SW co-verification platform. Fast design exploration and unified HW/SW co-verification of MIMO MLD Decoder is selected as design example to show the effectiveness employed methodology and proposed platform. This approach gives significant improvement on reducing hardware design and verification time as compared with conventional approach, as well as provides reliable design.

    DOI: 10.1109/ICICDT.2016.7542059

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84988354356&origin=inward

  • Unified HW/SW co-verification methodology for high throughput wireless communication system 査読有り

    Sutisna N., Hongyo R., Lanante L., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology ( 一般社団法人 情報処理学会 )   9 ( 0 )   61 - 71   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Information Processing Society of Japan. As complexity of system LSI design is increased significantly, efficient verification methodology is mandatory to achieve reliable system and to speed up development time. HW/SW co-verification, nowadays, is interesting and practical as a tool for system verification because it allows covering large number of verification scenarios in acceptable time. In this paper, we present an efficient and unified framework of HW/SW co-verification methodology for large scale system, particularly high throughput wireless communication system. The proposed methodology combine system level simulation (e.g., MATLAB or C/C++) and physical level verification (e.g., FPGA). It allows performing fast HW/SW verification, as well as fast turn-around design exploration. The proposed methodology has been successfully employed to our case study which is 4x4 MIMO wireless communication system. Experimental results show that our case study is able to run in near real-time processing, resulting in an improvement of simulation time orders of magnitude faster than software based simulation. Moreover, the proposed verification platform can be used for complete characterization of communication performance of a MIMO wireless system employing MLD MIMO decoder for various operation modes and channel models.

    DOI: 10.2197/ipsjtsldm.9.61

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84992616475&origin=inward

  • Fast Design Exploration with Unified HW/SW co-verification Framework for High Throughput Wireless Communication System 査読有り

    Nana Sutisna, Reina Hongyo, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE International Conference on IC Design and Technology   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2016年07月27日  -  2016年07月29日

  • FPGA Implementation of Multiprocessor SoC for Industrial Wireless LAN Systems 査読有り

    Yushi Matsunaga, Mitsuru Hamada, Nico Surantha, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi,

    International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   411 - 414   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Naha   2016年07月10日  -  2016年07月13日

  • RTL Design of FA-WLAN System and its Verification 査読有り

    Mitsuru Hamada, Duc Khai Lam, Keishi Yamaguchi, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   245 - 248   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Naha   2016年07月10日  -  2016年07月13日

  • An Improved Precision Time Protocol for Industrial WLAN Communication Systems 査読有り

    Duc Khai Lam, Keishi Yamaguchi, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE International Conference on Industrial Technology   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2016年03月14日  -  2016年03月17日

    DOI: 10.1109/ICIT.2016.7474858

    Scopus

  • A Secure and Fast Industrial WLAN System with Zero-Delay Roaming 査読有り

    Keishi Yamaguchi, Mitsuru Hamada, Duc Khai Lam, Nico Surantha, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE International Conference on Industrial Technology   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2016年03月14日  -  2016年03月17日

    DOI: 10.1109/ICIT.2016.7474856

    Scopus

  • A Fast and Safe Industrial WLAN Communication Protocol for Factory Automation Control Systems 査読有り

    Duc Khai Lam, Yasuhiro Shinozaki, Keishi Yamaguchi, Satoshi Morita, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    ISCIE Transaction of the Institute of Systems, Control and Information Engineers ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   29 ( 1 )   29 - 39   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this work, an industrial Wireless Local Area Network (iWLAN) system used to control industrial robots (iRBs) in factory automation (FA) environments is addressed. For fast and safe communications, we first propose a synchronous multi-user round-robin transmission protocol. To reduce the overhead caused by the conventional multi-user downlink transmission technique, we then propose a low overhead Packet Division Multiple Access (PDMA) transmission technique. The numerical and simulation results indicate that our approaches increase speed of 100% and 300% throughput compared to the conventional industrial Point Coordination Function (iPCF) and Space Division Multiple Access (SDMA) approaches, respectively. Besides, our approaches also provide lower system error rate (SER) than conventional ones. In particular, the control duration per iRB in our iWLAN system is faster than 100μsec. Therefore, our proposed schemes can achieve fast and safe performance for FA communication systems.

    DOI: 10.5687/iscie.29.29

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/027040186

  • Power Saving Techniques for Wireless Communication Systems Using Cross Layer Designs 査読有り

    Yuya Haraguchi, Tatsuya Yamamoto, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE the 15th International Symposium on Communications and Information Technologies   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nara   2015年10月07日  -  2015年10月09日

    DOI: 10.1109/ISCIT.2015.7458348

    Scopus

  • A Fast Industrial WLAN Protocol and its MAC Implementation for Factory Communication Systems 査読有り

    Duc Khai Lam, Keishi Yamaguchi, Yasuhiro Shinozaki, Satoshi Morita, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE International Conference on Emerging Technologies and Factory Automation   1 - 6   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Luxembourg   Luxembourg   2015年09月08日  -  2015年09月11日

    DOI: 10.1109/ETFA.2015.7301523

    Scopus

  • High-definition Video Transmission over MU-MIMO E-SDM Systemication Systems 査読有り

    Koji Tashiro, Leonardo Lanante Jr., Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    2015 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Chiba   2015年08月26日  -  2015年08月28日

  • A Fast and Safety Industrial WLAN Protocol for Factory Communication Systems 査読有り

    Duc Khai Lam, Yasuhiro Shinozaki, Keishi Yamaguchi, Satoshi Morita, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE International Conference on Industrial Technology   1808 - 1813   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Seville   2015年03月17日  -  2015年03月19日

    DOI: 10.1109/ICIT.2015.7125359

    Scopus

  • Proposal of a switching power supply noise mitigation technique on industrial power supply overlaid communication system, 査読有り

    Hidetsugu Koga, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Journal of Signal Processing   19 ( 2 )   43 - 53   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A joint time synchronization concept for wireless communication system 査読有り

    Setiawan H., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - 2014 International Conference on Advanced Informatics: Concept, Theory and Application, ICAICTA 2014   255 - 259   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2014 IEEE. This paper presents a concept of common timing detection for three different wireless communication standards i.e. WLAN, WiMAX and LTE. We propose a system consists of sample rate conversion, symmetry-based auto-correlation, and peak detector. The correlation part consists of a single 256-tap symmetric-based auto-correlation circuit and a peak detector with an adaptive threshold value. The fixed point simulation results show that the proposed system has satisfied the minimum receiver sensitivity requirements that specified by the standards. Moreover, the proposed system has fitted for FPGA Virtex-5 XC5VTX240T implementation by utilizing 50 percent of total look up table (LUT) in the FPGA, and can reach the clock frequency up to 76.7MHz.

    DOI: 10.1109/ICAICTA.2014.7005950

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84961309522&origin=inward

  • FPGA Implementation of a MIMO Channel Emulator for the IEEE802.11n/ac 査読有り

    Tran Thi Thao Nguyen, Yuhei Nagao, Leonardo Lanante, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    he 2015 Vietnam-Japan International Symposium on Antennas and Propagation   77 - 82   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2015年01月07日  -  2015年01月09日

  • Very high throughput WLAN system for ultra HD 4K video streaming 査読有り

    Syafei W., Kurosaki M., Ochi H.

    2014 1st International Conference on Information Technology, Computer, and Electrical Engineering: Green Technology and Its Applications for a Better Future, ICITACEE 2014 - Proceedings   177 - 182   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2014 IEEE. We have been developing a very high throughput WLAN system based on IEEE802.11ac's criteria. It combines MIMO and OFDM technology to provide throughput over 1 Gbps for 150 feet propagation distance by using 80MHz of bandiwdth on 5GHz frequency band. 4 by 5 antennas MIMO is set to get 2 < sup > nd < /sup > -order diversity gain to maintain high throughput and performance. Greenfield preamble with novel phase rotation is employed to mitigate the overhead problem while reducing the peak to average power ratio of the signals. Run test to broadcast the ultra high definition video which resolution 4096 × 1714 pixels/frame with 30 frame/second under in-door channel model demonstrates an excellent performance of the developed system.

    DOI: 10.1109/ICITACEE.2014.7065737

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84927947333&origin=inward

  • ASIC design of 7.7 Gbps multi-mode LDPC decoder for IEEE 802.11ac 査読有り

    Tran T., Nagao Y., Ochi H., Kurosaki M.

    14th International Symposium on Communications and Information Technologies, ISCIT 2014   259 - 263   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2014 IEEE. In this paper, we propose a multi-mode low density parity check (LDPC) decoder architecture for high throughput wireless communication systems. Throughput of our decoder depends on code rate. The main blocks of our architecture are independent from value of the check matrix. Based on the proposed architecture, we design a twelve-mode Min-Sum LDPC decoder for IEEE 802.11ac system and synthesize it in ASIC 90nm technology. The ASIC synthesis results show that our decoder achieves up to 15.4 bits/cycle (bpc) or 7.7 Gbps at 500 MHz operating frequency, and has the best efficiency which is 1.89 (bpc/mm2) as compared to the previous works. In this paper, we also propose an efficient quantization method that can significantly improve the PER performance. The floating point and fixed point simulation results show that PER performance of the 802.11ac system is improved by at least 1 dB if using LDPC instead of BCC. Furthermore, the proposed quantization method can improve the LDPC PER performance up to 1.7 dB.

    DOI: 10.1109/ISCIT.2014.7011912

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84922885090&origin=inward

  • 産業用機器向け電力重畳型通信システムにおけるスイッチング電源雑音の軽減方式の提案 査読有り

    古賀 英嗣, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

    Journal of Signal Processing   19 ( 2 )   43 - 53   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we present a method of reducing the effect of switching noise generated from the switching power supply using a GaN (gallium nitride) device for controlling industrial equipment communication signal. We point out the noise power with its peak at the resonance frequency determined by the parasitic impedance and circuit constants. We propose a contorted communication timing where the guard interval of the communication signal and the switching noise are overlapping. Then, we propose to select the dedicated LLR (log-likelihood ratio) calculation instantaneously when the switching noise overlaps the guard interval of the communication signal in the proposed timing. Using the proposed contorted communication timing, we have improved the SNR (signal-to-noise ratio) vs BER (bit error rate) from 1.0×10<sup>-1</sup> to 2.5×10<sup>-2</sup> at the SNR of 20[dB]. In addition using the proposed LLR calculation method, the SNR vs BER is improved by more than 5 [dB] while the SNR vs PER(packet error ratio) is improved by 10[dB] at the SNR of 20[dB].

    DOI: 10.2299/jsp.19.43

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130004849326

  • A Novel Wireless LAN Protocol for Factory Automation Control 査読有り

    Duc Khai Lam, Hisaya Urabe, Yasuhiro Shinozaki, Keishi Yamaguchi, Satoshi Morita, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    International Conference on Robotics and Biomimetics   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Bali   2014年12月05日  -  2014年12月10日

    DOI: 10.1109/ROBIO.2014.7090504

    Scopus

  • Lossless data hiding method using error correction code 査読有り

    Tsubasa Nobeoka, Leonardo Lanante Jr., Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2014 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems   539 - 542   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Ishigaki   2014年11月17日  -  2014年11月20日

    DOI: 10.1109/APCCAS.2014.7032838

    Scopus

  • Live demonstration : hardware-software co-verification for very large scale SoC using synopsys HAPS platform 査読有り

    Nana Sutisna, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2014 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems   171 - 172   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Ishigaki   2014年11月17日  -  2014年11月20日

    DOI: 10.1109/APCCAS.2014.7032746

    Scopus

  • The power saving using variable time reservation-less sleep control for wireless LAN access points 査読有り

    Yuya Haraguchi, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2014年10月08日  -  2014年10月10日

  • LLR calculation technique for lossless data hiding method using LDPC code 査読有り

    Tsubasa Nobeoka, Leonardo Lanante Jr, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2014年10月08日  -  2014年10月10日

  • High-resolution image transmission over MIMO-OFDM E-SDM system with JSCC 査読有り

    Koji Tashiro, Leonardo Lanante Jr., Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. The 4th IEEE International Conference on Consumer Electronics - Berlin   379 - 383   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Berlin   2014年09月07日  -  2014年09月10日

    DOI: 10.1109/ICCE-Berlin.2014.7034243

    Scopus

  • High Definition Video Transmission System using Channel Characteristics

    Daiki Sakata , Koji Tashiro, Masafumi Ito, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    2014 International Symposium on Dependable Integrated Systems   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Iizuka   2014年03月  -  2014年03月

  • THPマルチユーザMIMOシステムにおけるチャネル推定誤差の影響の低減手法 (通信技術の革新を担う学生論文特集) 査読有り

    藤田 尚吾, ラナンテ レオナルド ジュニア, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   97 ( 2 )   174 - 181   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    マルチユーザMIMO(MU-MIMO)システムにおいてTomlinson Harashima Precoding(THP)手法は良好な伝送性能を示す非線形プリコーディングとして注目されている.しかしながらチャネル情報(CSI)に誤差が存在する場合,THPのBER特性は大きく劣化する.本報告では,THPにおいて受信機側でチャネル推定値の実数のみで復号を行うことにより,CSI誤差による雑音強調の影響を低減する手法を提案する.THP手法におけるチャネル推定誤差の影響を算出し,計算機シミュレーションにより提案手法の有効性を示す.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009766808

  • PWM noise reductionin OFDM-based power supply overlaid communication system for industrial machine control 査読有り

    Hidetsugu Koga, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    AETA 2013: Recent Advances in Electrical Engineering and Related Sciences, Lecture Notes in Electrical Engineering   282   247 - 257   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/978-3-642-41968-3_26

    Scopus

  • An Adaptive Frame Aggregation Algorithm for High Throughput Wireless LAN 査読有り

    Yuki Chosokabe, Tatsumi Uwai, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    The International Symposium on Electrical-Electronics Engineering   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Ho Chi Minh City   2013年10月31日  -  2013年11月01日

  • Watermarking Method using QR Decomposition for JPEG 2000 Wireless Transmission 査読有り

    Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2013年10月  -  2013年10月

  • Channel Estimation for MISO DVB-T2 System in High-Speed Environment 査読有り

    Nico Surantha, Tatsumi Uwai, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Baiko Sai, Hiroshi Ochi

    RISP Journal of Signal Processing   17 ( 5 )   179 - 188   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Computationally Efficient Sampling Frequency Offset Estimation for OFDM based Digital Terrestrial Television System 査読有り

    Nico Surantha, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE 24th International Symposium on Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications   662 - 666   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    United Kingdom   Kondon   2013年09月  -  2013年09月

    DOI: 10.1109/PIMRC.2013.6666219

    Scopus

  • Implementation of 2.6Gbps Super-high Speed AES-CCM Security Protocol for IEEE802.11i 査読有り

    Khoa Nguyen, Leoardo Lanante, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE International Symposium on Communication and Information Technology   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Samui lsland   2013年09月  -  2013年09月

    DOI: 10.1109/ISCIT.2013.6645945

    Scopus

  • Novel THP Scheme with Minimum Noise Enhancement for Multi-User MIMO Systems 査読有り

    Shogo Fujita, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E96-A ( 6 )   1340 - 1347   2013年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transfun.E96.A.1340

    Scopus

    CiNii Article

  • Sampling Frequency Offset Estimation for Digital Terrestrial Television Broadcasting System 査読有り

    Nico Surantha, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEICE Communication Express   2 ( 5 )   224 - 230   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • JPEG 2000 wireless image transmission system using encryption domain authentication 査読有り

    Ito R., Matsuo M., Miyaoka Y., Inoue K., Eguchi S., Kurosaki M., Ochi H., Kuroki Y., Miyazaki A.

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   179 - 183   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phenix Park   2013年01月  -  2013年01月

    In this paper, we propose a wireless high resolution video transmission system with encryption and authentication. The proposed system is implemented by JPEG 2000 coding. We implement JPEG 2000 coder by GPU in CUDA which is an integrated development environment for GPU, or by JPEG 2000 codec LSI. Moreover, the authentication system can check the user information in encrypted domain using Paillier encryption. Therefore, this system is more secure than conventional systems. We show that the proposed system can achieve 4K size coding by 2.34fps with CUDA, and HD size coding by 29.98 fps with LSI codec. In addition, we demonstrate that the authentication using Paillier encryption is successful. © 2013 GIRI.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84876247645&origin=inward

  • Hardware design of spatial mapper for 1.73Gbps multi-user MIMO system of IEEE802.11ac 査読有り

    Setiawan H., Lanante L., Kurosaki M., Ochi H.

    Proc. of 2013 3rd Int. Conf. on Instrumentation, Communications, Information Technol., and Biomedical Engineering: Science and Technol. for Improvement of Health, Safety, and Environ., ICICI-BME 2013   111 - 114   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents a spatial mapper hardware design using model based RTL provided by Synphony HLS. It is a part of a transmitter system based on IEEE 802.11ac. The speed target is 160MHz in the FPGA Altera Stratix IV EP4SE820H35C3. For spatial mapper, this speed can be achieved by two stages pipelining. The first pipeline puts inside of the complex multiplier, while the other is after the complex multiplier processing. The compilation result shows that the spatial mapper design can reach up to 203.7MHz and requires 1658 combinational circuits, 2113 ALMs, 3216 registers. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICICI-BME.2013.6698475

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84893561701&origin=inward

  • Derivation of log-likelihood ratio for M-ary non-orthogonal FSK wireless system 査読有り

    Nojima D., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE Vehicular Technology Conference   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Quebec   2012年09月  -  2012年09月

    In a soft decision Viterbi decoder, the log-likelihood ratio (LLR) metric is used to improve the performance of the error correction. On linear systems under additive white gaussian noise channel, this is straightforward as the error distribution at the input of the Viterbi decoder is also gaussian. In non-linear systems such as the M-ary non-coherent non-orthogonal frequency shift keying (FSK), this is generally not true. However, non-orthogonal non-coherent FSK LLR has not yet been proposed in literature. In this paper we derived the LLR for the M-ary non-orthogonal FSK mathematically and verified it using simulations. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/VTCFall.2012.6399141

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84878896252&origin=inward

  • RTL design of high-speed sorted QR decomposition for MIMO decoder 査読有り

    Miyaoka Y., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E95-A ( 11 )   1991 - 1997   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we propose a hardware architecture of high-speed sorted QR decomposition for 4x4 MIMO wireless communication systems. QR decomposition (QRD) is commonly used in many MIMO de-tection algorithms. In particular, sorted QR decomposition (SQRD) is the advanced algorithm to improve MIMO detection performance. We design an SQRD hardware architecture by using a modified Gram-Schmidt algo-rithm with pipelining and recursive processing. In addition, we propose an extended architecture which can decompose an augmented channel matrix for MMSE MIMO detection. These architecture can be applied in high-throughput MIMO-OFDM system such as IEEE802.11n which supports data throughput of up to 600 Mbps. We implement the proposed SQRD architecture and the proposed MMSE-SQRD architecture with 179k and 334k gates in 90 nm CMOS technology. These proposed design can achieve a high performance of up to 40.8 and 50.0 million 4x4 SQRD operations per second with the maximum operating frequency of 245 and 300 MHz. Copyright © 2012 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transfun.E95.A.1991

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84868338880&origin=inward

  • Power Supply Overlaid Real Time Communication System with OFDM for Industrial Robot Control 査読有り

    Hidetsugu Koga, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE 2012 International Symposium on Communications and Information Technologies   215 - 220   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Gold Coast   2012年10月02日  -  2012年10月05日

    DOI: 10.1109/ISCIT.2012.6380893

    Scopus

  • Hardware Design of 1.3Gbps Multi-User MIMO System for IEEE802.11ac with LDPC decoder 査読有り

    Leonardo Lanante Jr., Yuji Yokota, Yuhei Nagao, Baiko Sai, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia   82 - 87   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2012年09月  -  2012年09月

  • Modified Tomlinson Harashima Precoding Using Square Root for Multi-User MIMO Systems 査読有り

    Shogo Fujita, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE Vehicular Technology Conference 2012-Fall   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Quebec   2012年09月  -  2012年09月

    DOI: 10.1109/VTCFall.2012.6399162

    Scopus

  • Pilot Aided Channel Estimation for a 2x2 MIMO DVB-T2 system in High Speed Mobile Environment 査読有り

    Nico Surantha, Tatsumi Uwai, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Baiko Sai, Hiroshi Ochi

    IEEE Vehicular Technology Conference 2012-Fall   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    Kanaca   Quebec   2012年09月  -  2012年09月

    DOI: 10.1109/VTCFall.2012.6399310

    Scopus

  • Model-based Design Method for Wireless System VLSI with Synopsys Synphony Tool 査読有り

    Thi Hong Tran, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi, Baiko Sai

    he 2nd Solid-State Systems Symposium - VLSI & Related Technologies   283 - 289   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   2012年08月  -  2012年08月

  • Hardware Design of 1.3Gbps Multi-User MIMO System for IEEE802.11ac 査読有り

    Leonardo Lanante Jr., Shogo Fujita, Yuji Yokota, Yuhei Nagao, Baiko Sai, Masayuki Kurosaki

    IEEE Vehicular Technology Society Asia Pacific Wireless Communications Symposium   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kotyo   2012年08月  -  2012年08月

  • JPEG 2000 Image Transmission using Encryption Domain Authentication by Paillier Cryptosystem 査読有り

    Muneaki Matsuo, Masayuki Kurosaki, Akio Miyazaki, Hiroshi Ochi

    IEEE International Conference on Communications   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Ottawa   2012年06月  -  2012年06月

  • Sorted QR Decomposition for High-Speed MMSE MIMO Detection Based Wireless Communication Systems 査読有り

    Yuya Miyaoka, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. 2012 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2012)   2857 - 2860   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Seoul   2012年05月20日  -  2012年05月23日

    DOI: 10.1109/ISCAS.2012.6271909

    Scopus

  • RTL Design of Joint CFO and IQ-Imbalance Compensator for Narrow-Band Wireless System 査読有り

    Takuro Yoshida, Daisuke Nojima, Leonardo Lanante Jr. Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Baiko Sai, Hiroshi Ochi

    ECTI Transaction on Computer and Infomation Technology   6 ( 1 )   54 - 61   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Hardware Implementation of High Throughput RC4 Algorithm 査読有り

    Thi Hong Tran, Leonardo Lanante, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    2012 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS-2012)   77 - 80   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   2012年05月  -  2012年05月

    DOI: 10.1109/ISCAS.2012.6272151

    Scopus

  • Packet Delayed Lattice Reduction Algorithm for High Performance MIMO Decoder 査読有り

    Leonardo Lanante Jr., Arumjeni Mitayani, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    IEEE Wireless Communications and Networking Conference (WCNC 2012)   236 - 240   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Praris  

    DOI: 10.1109/WCNC.2012.6214191

    Scopus

  • IEEE 802.11n physical layer implementation on field programmable gate array 査読有り

    Setiawan H., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    Telkomnika   10 ( 1 )   67 - 74   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Register transfer level (RTL) development is a time cost step that requires high diligence and fidelity to get the valid interpretation of abstraction function of digital circuit. In this research, we introduce and prove that Model-Based Design Process (MBDP) is an effective and efficient way to develop a RTL complex system such as wireless communication. Using MBDP flow, we interpret, develop, and verify the physical layer RTL of a new standard that ratified on the end 2009, i.e. IEEE 802.11n wireless local area network (WLAN). The result of this research is a prototyping FPGA StratixII EP2S180 that has properly worked as a 2x2 MIMO WLAN with maximum throughput 144 Mbps. © 2012 Universitas Ahmad Dahlan.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84883601671&origin=inward

  • ASIC design of 600Mbps 4×4 MIMO wireless LAN system 査読有り

    Thi Hong Tran, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Baiko Sai, Hiroshi Ochi

    Proc. The 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2012)   360 - 363   CD-ROM   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pyeongchang   2012年02月19日  -  2012年02月22日

  • Performance Evaluation of π/4 DQPSK Direct-conversion Wireless Communication System 査読有り

    Yuji YOKOTA, Takuro YOSHIDA, Daisuke NOJIMA, Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    Proc. The 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2012)   788 - 793   CD-ROM   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pyeongchang   2012年02月19日  -  2012年02月22日

  • Performance Evaluation for Multi-User MIMO IEEE 802.11acWireless LAN System 査読有り

    Daisuke NOJIMA, Leonardo Lanante Jr., Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    Proc. The 15th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT2012)   804 - 808   CD-ROM   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pyeongchang   2012年02月19日  -  2012年02月22日

  • Low Complexity Compensation of Frequency Dependent I/Q Imbalance and Carrier Frequency Offset for Direct Conversion Receivers 査読有り

    Leonardo LANANTE Jr., Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCH

    IEICE TRANSACTIONS on Communications   E95-B ( 2 )   484 - 492   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.484

    Scopus

    CiNii Article

  • Real time 2D-DWT of JPEG 2000 for Digital Cinema using CUDA 4.0 査読有り

    Inoue K., Kuroki Y., Kurosaki M., Nagao Y., Ochi H.

    2011 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications Systems: "The Decade of Intelligent and Green Signal Processing and Communications", ISPACS 2011   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The Specifications of the Digital Cinema system released by Digital Cinema Initiatives decide to encode so-called 2K or 4K images by JPEG 2000. The JPEG 2000 codec provides high compression rates and error tolerance, but this codec is burden for both encoding and decoding. The parallel computing architecture named CUDA receives a lot of attention recently. In this paper, we attempt to realize real-time implementation of the two dimensional discrete wavelet transform (2D-DWT) of JPEG 2000 by using the newest developmental environment CUDA 4.0. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2011.6146127

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84857247328&origin=inward

  • A high throughput MAC layer for 600Mbps IEEE802.11n wireless LAN 査読有り

    Khine T., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    APSIPA ASC 2011 - Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2011   469 - 472   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This correspondence presents a fast and systematic architecture for realizing an efficient 4-stream IEEE802.11n based hardware/software co-design Medium Access Control( MAC) Layer, which can achieve near theoretical MAC throughput for burst data transmission while complying with a strict channel access time requirements. As a design result, the proposed MAC system architecture can achieve 462Mbps for which 77% efficiency of maximum 4-stream Physical Layer(PHY) transmission rate 600Mbps is obtained. This result is verified with both SystemVerilog software simulation and hardware prototyping on a Xilinx FPGA board. Furthermore, a SoC architecture for one-chip implementation with MIPS/ARM/Power PC CPUs is also shown. In this SoC, IEEE802.11e as well as 11i functions are also included.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84866882508&origin=inward

  • An ASIC implementation of puncture and spatial stream parser for MIMO Wireless LAN system 査読有り

    Ardiansyah A., Nagao Y., Kurosaki M., Ochi H.

    Proceedings - International Conference on Instrumentation, Communication, Information Technology and Biomedical Engineering 2011, ICICI-BME 2011   87 - 91   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper discus an ASIC implementation of puncture and SSP for MIMO IEEE 802.11n 4x4 MIMO Wireless LAN system. We also describe its receiver counterpart block, which is SSDP and Depuncture. The biggest challenge of this work is 72 modes operation that need to be supported. The design is implemented on 90nm ASIC CMOS technology. Synthesis result for puncture and SSP reveal that the logic area is 0.025 mm 2 . The correspond gates count is 4.535 KGE. Circuit power consumption is 0.736 mW. The design can work at very high frequency up to 1000MHz (1GHz). Thus, it could be implemented for very high data rate applications that use MIMO OFDM techniques up to 3,750 Mbps, such as digital cinema and HDTV over wireless transmission. Meanwhile, SSDP and Depuncture synthesis shows that the logic area is 0.0309 mm 2 which is equivalent with 5.581 gates. The maximum operating frequency is lower than its transmitter counterparts, only 250 MHz. Circuit power consumption is 0.209 mW. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICICI-BME.2011.6108600

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84855913067&origin=inward

  • Low-Latency Normalization Method for Multi-User MIMO Systems Using Vector Perturbation Precoder 査読有り

    Shogo Fujita, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. IEEE Third International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCOS 2011)   CD-ROM   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Fukuoka   2011年11月30日  -  2011年12月02日

    DOI: 10.1109/INCoS.2011.115

    Scopus

  • A CUDA Implementation of DWT for JPEG 2000 Codec 査読有り

    Masayuki KUROSAKI, Masateru MATSUO, Yoshimatsu KUROKI, Yuhei NAGAO, Baiko Sai, Hiroshi OCHI

    IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E94-A ( 11 )   2358 - 2360   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transfun.E94.A.2358

    Scopus

  • Image Transmission using Encryption Domain Authentication for Mesh Network 招待有り 査読有り

    Muneaki MATSUO, Masayuki KUROSAKI, Akio MIYAZAKI, Hiroshi OCHI

    2011 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2011)   CD-ROM   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagasaki   2011年10月31日  -  2011年11月02日

  • Power Supply Overlaid Communication System with OFDM Modulation for Robot Control 査読有り

    Yusuke YAMAGUCHI, Hidetsugu KOGA, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    2011 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2011)   CD-ROM   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagasaki   2011年10月31日  -  2011年11月02日

  • Joint CFO and IQ-Imbalance Compensator for Narrow-Band Wireless System 査読有り

    Takuro YOSHIDA, Daisuke NOJIMA, Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) ASC 2011   ( Thu-PM.PS3 )   CD-ROM   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Xi'an   2011年10月18日  -  2011年10月21日

  • Complexity Reduction Technique of Vector Perturbation Algorithm for Multiuser MIMO Systems 査読有り

    Muneaki MATSUO, Ryuta IMASHIOYA, Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    The 11th IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2011)   CD-ROM   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Hangzhou   2011年10月12日  -  2011年10月14日

    本論文において,Best Paper Awardを受賞

    DOI: 10.1109/ISCIT.2011.6089700

    Scopus

  • LTE physical layer identity detection: Frequency vs time domain schemes 査読有り

    Setiawan H., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE International Conference on Communications   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Long Term Evolution (LTE) physical layer identity can be recognized either in frequency domain or time domain. In this paper we serve some comparisons in term of complexity, latency, and recognition probability. As a result, frequency domain detection has superiority on performance for SNR higher than 3dB on all channel models, as well as lower latency than time domain scheme one. However, it requires huge computation resources that might meet difficulty for mobile devices implementation. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/icc.2011.5962766

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80052177952&origin=inward

  • High-Speed Sorted QR Decomposition for MIMO Wireless Communication Systems 査読有り

    Yuya MIYAOKA, Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    IEEE Asia Pacific Wireless Communication Symposium (APWCS2011)   ( 36 )   CD-ROM   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   Singapore   2011年08月22日  -  2011年08月23日

  • FPGA Implementation of Joint CFO and IQ-Imbalance Compensator for Narrow-Band Wireless System 査読有り

    Takuro YOSHIDA, Daisuke NOJIMA, Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

    International Conference on Advanced Technologies for Communications (ATC)   CD-ROM   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Da Nang   2011年08月03日  -  2011年08月05日

    DOI: 10.1109/ATC.2011.6027497

    Scopus

  • Wireless Transmission of JPEG 2000 Compressed Video 査読有り

    Masateru Matsuo,Ryo ito,Masayuki Kurosaki,Baiko Sai,Yoshimitsu Kuroki,Akio Miyazaki,Hiroshi Ochi

    Proc. The 13th International Conference of Advanced Communication Technology (ICACT2011)   ( 08A-04 )   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2011年02月13日  -  2011年02月16日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Symbol timing synchronization ISDB-T System in Multipath Fading Channel 査読有り

    Nico Surantha,Tatsumi UWAI,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    Proc. The 13th International Conference of Advanced Communication Technology (ICACT2011)   ( 10C-01 )   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Non-Linear Precoding for Next Generation Multi-User MIMO Wireless LAN Systems 査読有り

    Leonardo Lanante Jr.,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    Proc. The 13th International Conference of Advanced Communication Technology (ICACT2011)   ( 09A-02 )   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2011年02月13日  -  2011年02月16日

    主要論文集(会議)

  • RTL Design of Joint CFO and IQ-Imbalance Compensator for Narrow-BandWireless System 査読有り 国際誌

    Takuro Yoshida, Daisuke Nojima, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Int. Conf. Embedded Systems and Intelligent Technology (ICESIT2011)   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phuket   2011年02月09日  -  2011年02月11日

  • A Proposition of 600Mbps WLAN-like System with Low-Complexity MIMO Decoder for FPGA Implementation 査読有り

    Wahyul Amien Syafei,Yuhei NAGAO,Msayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    IEICE Transactions on Communications   E94-B ( 2 )   1745 - 1345   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1587/transcom.E94.B.491

    Scopus

    CiNii Article

  • HDTV over MIMO Wireless Transmission System 査読有り

    Masateru Matsuo,Msasyuki Kurosaki,Yuhei Nagao,Sai Baiko,Yoshimitsu Kuroki,Akio Miyazaki,Hiroshi Ochi

    IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2011)   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A   Las Vegas   2011年01月09日  -  2011年01月12日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/CCNC.2011.5766579

    Scopus

  • Performance Improvement Method for ISDB-T Receiver Under Fast Fading Channel 査読有り

    Tatsumi UWAI,Nico Surantha,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2011)   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A   Las Vegas   2011年01月09日  -  2011年01月12日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/CCNC.2011.5766570

    Scopus

  • RAM based physical-layer identity detector for 3GPP long term evolution 査読有り

    Setiawan H., Kurosaki M., Ochi H.

    IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   1362 - 1367   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Employing OFDMA and scalable bandwidth scheme in Long Term Evolution (LTE) downlink access impact on increasing complexity in frequency domain physical layer identity detection. Therefore, in this paper, we propose time domain detection instead of frequency domain using finite impulse response (FIR) filter and partial cross-correlation. Moreover, we implement RAM based architecture instead of multipliers and registers in filtering and cross-correlation computation. As result, the proposed system complexity is less than 128 point FFT. As addition, more than 95% physical layer identity can be detected correctly in SNR = 0 dB or higher for AWGN channel condition. ©2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/TENCON.2010.5686058

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79951656455&origin=inward

  • 4K Digital Cinema Home Theater over High Throughput Wireless Transmission System 査読有り

    Masayuki Kurosaki,Masateru Matsuo,Kuroki Yoshimitsu,Ryuta Imashioya,Sai Baiko,Hiroshi Ochi

    IEEE Globecom 2010 Workshop on Multimedia Communications and Services   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A   2010年12月  -  2010年12月

    主要論文集(会議)

    DOI: 10.1109/GLOCOMW.2010.5700453

    Scopus

  • A Feasibility Study on Physical Implementation of Global Wireless Communication Services Recognition System 査読有り

    Hendra Setiawan,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    IEEE Globecom 2010 Workshop on Advances in Communications and Networks   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A   2010年12月  -  2010年12月

    主要論文集(会議)

    DOI: 10.1109/GLOCOMW.2010.5700302

    Scopus

  • Dirty Paper Coding for Next Generation Multi-User MIMO Wireless LAN Systems 査読有り

    Leonardo Alisasis Lanante Jr,Tohru Oyama,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

    主要論文集(会議)

  • Joint Time-and-Frequency Synchronization for ISDB-T Receiver in Multipath Fading Channel 査読有り

    Nico Surantha,Tatsumi Uwai,Yuhei Nagao,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

    主要論文集(会議)

  • Performance Improvement Method for Digital Terrestrial Television Broadcasting Under Fast Fading Channel 査読有り

    Tatsumi Uwai,Nico Surantha,Yuhei Nagao,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

    主要論文集(会議)

  • A Design of Gigabit Wireless LAN with Backward Compatibility 査読有り

    Aidilla Pradini,Wahyul Amien Syafei,Yuhei Nagao,Ryuta Imashioya,Shin Chon Park,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

    主要論文集(会議)

  • Analysis of RAM Based Cross-Correlation Architecture 査読有り

    Hendra Setiawan,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

    主要論文集(会議)

  • Log Likelihood Ratio for FSK Demodulation Using Frequency Discriminator 査読有り

    Daisuke Nojima,Yuhei Nagao,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

    主要論文集(会議)

  • A CUDA Implementation of JPEG 2000 Codec for 4K Digital Cinema Wireless Transmission System 査読有り

    Yoshimitsu Kuroki, Masateru Matsuo, Yuhie Nagao, Baiko Sai, Akio Miyazaki, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Proc. Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2010   ( SSW2-1 )   2010年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philippines   Manila   2010年09月08日  -  2010年09月09日

  • PAPR Reduction Technique for Next Generation Gigabit WLAN 査読有り

    Wahyul Amien Syafei,Yuhei NAGAO,Msayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    Journal of Signal Processing   14 ( 5 )   381 - 386   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • HDTV Wireless Streaming Using IEEE802.11ac 4x5 MIMO WLAN System 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Masateru Matsuo,Yoshimitsu Kuroki,Akio Miyazaki,Hiroshi Ochi

    2010 International Workshop on Information Communication Technology   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2010年08月24日  -  2010年08月25日

    代表的研究業績

  • Soft Decision Viterbi Decoder for FSK Demodulation Under Fast Fading Channel 査読有り

    Daisuke Nojima,Yuhei Nagao,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    The Third International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2010)   36 - 36   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Nha Trang   2010年08月11日  -  2010年08月13日

    DOI: 10.1109/ICCE.2010.5670714

    Scopus

  • A Study on Performance Improvement of Digital Terrestrial Television Broadcasting Under Fast Fading Channel 査読有り

    Tatsumi Uwai,Nico Surantha,Yuhei Nagao,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    The Third International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2010)   57 - 57   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vietnam   Nha Trang   2010年08月11日  -  2010年08月13日

  • A design of next generation Gigabit MIMO wireless LAN system 査読有り

    Syafei W., Nagao Y., Kurosaki M., Sai B., Ochi H.

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   2   941 - 946   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2010年02月07日  -  2010年02月10日

    This paper deals with a design of next generation Gigabit WLAN system based on IEEE802.11TGac's functional requirements. It achieves 1.1 Gbps throughput for 45 meter propagation distance with 80 MHz bandwidth on 5 GHz band. The proposed preamble ensures backward compatibility with the IEEE802.11a/n systems and has lower PAPR and comparable preamble efficiencywith IEEE802.11n's preamble. It uses MIMO architecture to maintain both the high throughput and the high performance. Two options of channel encoder, binary convolutional code and low density parity check code are available to enhance the performance. Run test under in-door channel model demonstrates the excellent performance of the proposed system.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77952476208&origin=inward

  • 九州工業大学情報工学部電子情報工学科 尾知・黒崎研究室

    黒崎正行,尾知博

    画像電子学会誌   39 ( 3 )   318 - 319   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Low complexity compensation of frequency dependent I/Q imbalance and carrier frequency offset for direct conversion receivers 査読有り

    Leonardo Lanante Jr,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi Ochi

    International Symposium on Circuit and Systems (ISCAS 2010)   2067 - 2070   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2010年05月  -  2010年05月

    主要論文集(会議)

    DOI: 10.1109/ISCAS.2010.5537237

    Scopus

  • 4K Digital Cinema Transmission Over 1.2Gbps Wireless LAN System 査読有り

    Masayuki Kurosaki,Masateru Matsuo,Yuya Hirata,Hiroshi Ochi,Wahyul Amien Syafei,Yuhei NAGAO,Baiko Sai,Akio Miyazaki,Yoshimitsu Kuroki

    7th Annual IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2010)   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA,   Las Vegas, NV   2010年01月09日  -  2010年01月12日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/CCNC.2010.5421702

    Scopus

  • Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance Estimation Circuit RTL Design for OFDM Direct Conversion Receivers 査読有り

    Franz De Leon,Leonardo Lanante Jr.,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication System (ISPACS) 2009   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kanazawa   2009年12月07日  -  2009年12月09日

    主要論文集(会議)

  • Design of Gigabit WLAN System with International Standardization Strategy 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication System (ISPACS) 2009   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kanazawa   2009年12月07日  -  2009年12月09日

    主要論文集(会議)

  • PAPR Reduction for Gigabit MIMO WLAN System 査読有り

    Wahyul Amien Syafei, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Baiko Sai, Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2009   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2009年10月22日  -  2009年10月23日

  • Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance Estimation Circuit RTL Design for OFDM Direct Conversion Receivers 査読有り

    Franz De Leon,Leonardo Lanante Jr.,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2009   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2009年10月22日  -  2009年10月23日

    主要論文集(会議)

  • Short Training Sequences for the Synchronization of Next Generation Wireless OFDM Systems 査読有り

    Leonardo Lanante Jr.,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System Conference in Asia (SISA) 2009   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2009年10月22日  -  2009年10月23日

    主要論文集(会議)

  • A Design of 1.2 Gbps WLAN for 4K Digital Cinema Transmission 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    2009 Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Sapporo   2009年10月04日  -  2009年10月07日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Digital Cinema Wireless Transmission and Its Windows Applicaiton 査読有り

    Yuya HIRATA,Masateru MATSUO,Masayuki KUROSAKI,Wahyul Amien Syafei,Baiko SAI,Yuhei NAGAO,Hiroshi OCHI,Yoshimitsu KUROKI,Akio MIYAZAKI

    The 9th International Symposium on Communication ans Information Technology (ISCIT 2009)   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Incheon   2009年09月28日  -  2009年09月30日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • RTL Design of 1.2Gbps MIMO WLAN System and Its Business Aspect 査読有り

    Ryuta IMASHIOYA,Wahyul Amien Syafei,Yuhei NAGAO,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    9th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2009)   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Incheon   2009年09月28日  -  2009年09月30日

    主要論文集(会議)

  • Design of 1.2 Gbps MIMO WLAN for 4K Digital Cinema Transmission 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    The 20th IEEE Personal Indoor and Mobile Radio Communications Symposium (PIMRC) 2009   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Tokyo   2009年09月13日  -  2009年09月16日

  • A New Joint Estimation Scheme for Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance 査読有り

    Leonardo Lanante Jr.,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Och

    IEEE International Conference on Communications (ICC 2009)   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Dresden   2009年06月14日  -  2009年06月18日

    主要論文集(会議)

  • A Simple Estimation Scheme for Joint Estimation of Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance 査読有り

    Leonardo Lanante Jr.,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    2009 IEEE 69th Vehicular Technology Conference (VTC2009-Spring)   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2009年04月26日  -  2009年04月29日

    主要論文集(会議)

  • A Performance Evaluation of an RC Polyphase Filter with Parasitic Elements 査読有り

    Shunsaku MATSUNO,Cosy MUTO,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi OCHI

    The 11th International Conference on Advanced Communications Technology (ICACT 2009)   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2009年02月15日  -  2009年02月18日

  • A Study on Wireless Transmission System for Full-Spec HDTV 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Masateru MASUO,Yuya HIRATA,Wahyl Amien Syafei,Baiko Sai,Yoshimitsu KUROKI,Akio MIYAZAKI,Hirohi OCHI

    The 11th International Conference on Advanced Communications Technology (ICACT 2009)   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2009年02月15日  -  2009年02月18日

  • A Low Complexity Joint Parameter Estimation Scheme for Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance 査読有り

    Leonardo A. Lanante Jr.,Masayuki KUROSAKI,Hitoshi OCHI

    The 11th International Conference on Advanced Communications Technology (ICACT 2009)   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2009年02月15日  -  2009年02月18日

  • Performance Evaluation and ASIC Design of LDPC Decoder for IEEE802.11n 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Ryuichi YOHENA,Hiroyuki SHIMAJIRI,Takeo YOSHIDA,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi OCHI

    6th Annual IEEE Consumer Communications and Networking Conference (IEEE CCNC 2009)   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas, NV   2009年01月10日  -  2009年01月13日

    主要論文集(会議)

  • IQ Imbalance Estimation Algorithm in the Presence of CFO in OFDM Based Wireless LAN 査読有り

    Leonardo Lanante Jr., Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System in Bangkok (SISB 2008)   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2008年12月08日  -  2008年12月08日

  • The 600 Mbps WLAN System with Low-complexity MIMO Decoder, from Architecture to FPGA 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Ryuta IMASHIOYA,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    Smart Info-Media System in Bangkok (SISB 2008)   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2008年12月08日  -  2008年12月08日

    主要論文集(会議)

  • Performance Evaluation of Low Density Parity Check CODEC for IEEE802.11n and Its RTL Design 査読有り

    Hiroyuki Shimajiri,Ryuichi Yohena,Takeo Yoshida,Masayuki Kurosaki,Wahyul Amien Syafei,Yuhei Nagao,Hiroshi Ochi

    Smart Info-Media System in Bangkok (SISB 2008)   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2008年12月08日  -  2008年12月08日

  • FPGA Implementation of High Throughput 600Mbps WLAN System using 4×2 MIMO OFDM 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Ryuta IMASHIOYA,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    42nd Asilomar Conference on Signals, Systems and Computers   ( TA5b-5 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Monterey, CA   2008年10月26日  -  2008年10月29日

  • Performance Evaluation of Low Density Parity Check Codes for IEEE 802.11n and Its ASIC Design 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Ryuichi YOHENA,Hiroyuki SHIMAJIRI,Takeo YOSHIDA,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2008)   ( D3-AM )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Laos   Vientiane   2008年10月21日  -  2008年10月23日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • A Study on Channel Estimation Using Two-Dimensional Interpolation Filters for Mobile Digital Terrestrial Television Broadcasting 査読有り

    Yusuke SAKAGUCHI,Yuhei NAGAO,Masayuki KUROSAKI,Hiroshi OCHI

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E91-A ( 4 )   1150 - 1154   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Design of Single Carrier Mobile Wireless System with FDE and Its FPGA Implementation 査読有り

    Kunitoshi Nishijo,Wahyul Amien Syafei,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi and Satoru Ishii

    The International Conference in Embedded Systems and Intelligent Technology (ICESIT)   288 - 293   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2008年02月27日  -  2008年02月28日

  • Design of 600Mbps 4x2 MIMO-OFDM Wireless LAN System and Its FPGA Implementation 査読有り

    Akihiro Teramoto,Kunitoshi Nishijo,Tadashi Maemura,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 10th International Conference on Advance Communication Technology   ( 04A-03 )   579 - 582   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2008年02月17日  -  2008年02月20日

  • Adaptive Channel Estimation using Cyclic Prefix for Single Carrier Wireless System with FDE 査読有り

    Wahyul Amien Syafei,Kunitoshi Nishijo,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 10th International Conference on Advance Communication Technology   ( 06A-02 )   1032 - 1035   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2008年02月17日  -  2008年02月20日

  • RTL Designs of IEEE802.11n Wireless LAN system 査読有り

    Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 10th International Conference on Advance Communication Technology   ( 11A-01 )   2083 - 2086   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2008年02月17日  -  2008年02月20日

  • A Study on MAC Protocol for 600 Mbps 4x2 MIMO-OFDM Wireless LAN System 査読有り

    Tomohiko Oka,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,and Hiroshi Ochi

    The 10th International Conference on Advance Communication Technology   ( 07A-05 )   1352 - 1355   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2008年02月17日  -  2008年02月20日

  • FPGA Implementation of 3Mbps Single Carrier Mobile Wireless System with 1MHz Bandwidth 査読有り

    Kunitoshi Nishijo,Wahyul Amien Syafei,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi,Satoru Ishii

    The 10th International Conference on Advance Communication Technology   ( 06B-03 )   1060 - 1065   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2008年02月17日  -  2008年02月20日

  • Design of 600 Mbps MIMO Wireless LAN System using GLST Coding and Its FPGA Implementation 査読有り

    Wahyul Amien SYAFEI,Yuhei NAGAO,Ryuta IMASHIOYA,Masayuki KUROSAKI,Baiko SAI,Hiroshi OCHI

    IEEE Radio and Wireless Symposium (RWS 2009)   ( TU2P-16 )   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego, CA   2008年01月18日  -  2008年01月22日

  • Adaptive Channel Estimation for Single Carrier Wireless System using Cyclic Prefix 査読有り

    Wahyul Amien Syafei,Kunitoshi Nishijo,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 4th International Conference on Telematics System Service and Application (TSSA) 2007   33 - 37   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   2007年12月06日  -  2007年12月07日

  • Achieving Highly Reliable Wireless Communication System Design Using a Model-based RTL Design 査読有り

    Wahyul Amien Syafei,Y. Nagao,K. Nishijo,A. Teramoto,M. Kurosaki,H. Ochi

    IEEE The 50th Global Communication Conference (GLOBECOM) 2007   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   Washington DC   2007年11月26日  -  2007年11月30日

    主要論文集(会議) Poster Session

  • Evaluation of Single Carrier Wireless System with Frequency Domein Equalizer and Its RTL Design 査読有り

    Kunitoshi Nishijo,Wahyul Amien Syafei ,Masayuki Kurosaki ,Hiroshi Ochi ,Satoru Ishii

    International Workshop on Smart Info-Media Systems in Bangkok(SIS in Bangkok)   90 - 94   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Thailand   Bangkok   2007年11月01日  -  2007年11月05日

  • RTL Design of Single Carrier Wireless System 査読有り

    Kunitoshi Nishijo,Wahyul Amien Syafei ,Masayuki Kurosaki ,Hiroshi Ochi

    International Conference on Telecommunication Industry and Regulatory Development(ICTIR) 2007   2 - 5   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2007年08月17日  -  2007年08月21日

  • Low-Complexity Group Layered Space-Time Detection in Spatial Correlated MIMO Channels 査読有り

    Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    2007 IEEE 65th Vehicular Technology Conference   2233 - 2237   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Ireland   Dublin   2007年04月22日  -  2007年04月25日

  • FPGA Implementation of a GLST-MIMO System 査読有り

    Kota Higashi,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 9th International Conference on Advance Communication Technology   ( 02E-03 )   282 - 285   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2007年02月12日  -  2007年02月14日

  • DTTB Channel Estimation Using Separable 2D Filters on Nonrectangular Lattice 査読有り

    Yusuke Sakaguchi,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 9th International Conference on Advance Communication Technology   ( 09F-01 )   1875 - 1879   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2007年02月12日  -  2007年02月14日

  • Design of Single Carrier modulation system with Frequency Domain Equalization 査読有り

    Yasushi Tsue,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Satoru Ishii,Hiroshi Ochi

    The 9th International Conference on Advance Communication Technology   ( 02A-01 )   159 - 162   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2007年02月12日  -  2007年02月14日

  • Development of Prototype Board IEEE802.11n and IP Set 査読有り

    Yuki Yamanaka,Yuhei Nagao,Kota Higashi Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 9th International Conference on Advance Communication Technology   ( 01E-03 )   119 - 124   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2007年02月12日  -  2007年02月14日

  • Preamble Generation using Genetic Algorithm for MIMO Wireless LAN System 査読有り

    Tomohiko Oka,Yusuke Sakaguchi,Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 9th International Conference on Advance Communication Technology   ( 09A-01 )   1737 - 1742   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2007年02月12日  -  2007年02月14日

  • Design of Interpolated Two-Dimensional Filters with Nonrectangular Lattice for Digital Terrestrial Television Broadcasting 査読有り

    Yusuke Sakaguchi,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi,Hanae Sadamichi,Atsushi Shimizu,Kaihei Kuwata

    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   717 - 720   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Yonago   2006年12月12日  -  2006年12月15日

  • Low-Complexity Ordered Successive Detection for Group Layered Space-Time MIMO System 査読有り

    Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   363 - 366   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Yonago   2006年12月12日  -  2006年12月15日

  • Channel Estimation Using Separable Two-Dimensional Filters on Nonrectangular Lattice for Digital Terrestrial Television Broadcasting 査読有り

    Yusuke Sakaguchi,Masayuki Kurosaki,Shigenori Kinjo,Hanae Sadamichi,Atsushi Shimizu,Kaihei Kuwata,Hiroshi Ochi

    IEEE International Symposium on Communicaitons and Information Technologies 2006   ( W3F-2 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2006年10月18日  -  2006年10月20日

  • Packet level Pre-FEC interleaving for robust JPEG2000 video streaming with low receiver processing delay 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    Trans. Electrical Eng., Electronics, and Communications   4 ( 2 )   134 - 144   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Low-Complexity Generalized Layered Space-Time MIMO Detection 査読有り

    Yuhei Nagao,Masayuki Kurosaki,Hiroshi Ochi

    The 8th International Conference on Advance Communication Technology   1940 - 1943   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2006年02月  -  2006年02月

  • Low Delay Interleaved FEC for Robust JPEG2000 Video Streaming 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki Kurosaki,Kiyoshi Nishikawa,Hitoshi Kiya

    International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1 ( TF2-2 )   233 - 234   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Jeju   2005年07月  -  2005年07月

  • Packet Analyzer for JPEG2000 Codestreams and Its VHDL Model 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Akemi IKEDA,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems   905 - 908   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan ROC   Tainan   2004年12月  -  2004年12月

  • Efficient Packet Loss Protection for JPEG2000 Images Enabling Backward Compatibility with a Standard Decoder 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    IEEE International Conference on Image Processing   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2004年10月  -  2004年10月

  • A Packetization Strategy for Transmission of JPEG2000 Images over Lossy Packet Networks 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    Indonesia-Japan Joint Scientific Symposium   235 - 240   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年10月  -  2004年10月

  • Efficient Scheme of Packet Loss Recovery for JPEG2000 Images Allowing Backward Compatibility with a Standard Decoder 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    2004 International Technical Conf. on Circuits/Systems, Computers and Communications   ( 7F3P-7 )   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年07月  -  2004年07月

  • Packet Loss Recovery for RTP-based Transmission of JPEG2000 Images Enabling Backward Compatibility with Standard Decoder 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems   1   265 - 268   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年07月  -  2004年07月

  • An Efficient Error Correction Scheme Allowing Backward Compatibility with JPEG2000 Codestream 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E87-A ( 4 )   145 - 152   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Error Correction Using Data Hiding Technique for JPEG2000 Images 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Khairul Munadi,and Hitoshi KIYA

    IEEE International Conference on Image Processing   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2003年09月14日  -  2003年09月17日

  • A Robust Error Protection Technique for JPEG2000 Codestream and Its Evaluation in CDMA Environment 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    IEEE Asia-Pacific Conference on Communication   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2003年09月  -  2003年09月

  • Error Protection for JPEG2000-Coded Images and Its Evaluation over OFDM Channel 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E86-A ( 8 )   2056 - 2060   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Error Correction Using a Data Hiding Technique for MPEG Video 査読有り

    Yusuke SEKI,Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1   382 - 385   2003年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Phoenix Park   2003年07月07日  -  2003年07月09日

  • Error Protection for JPEG2000 Encoded Images and Its Evaluation over OFDM Channel 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    IEEE International Symposium on Circuits and Systems   II   432 - 435   2003年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2003年05月25日  -  2003年05月28日

  • Error Concealment using Layer Structure for JPEG2000 Images 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E86-A ( 4 )   772 - 778   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Error Concealment using Layer Structure for JPEG2000 Images 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Khairul Munadi,Hitoshi KIYA

    IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems   529 - 534   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2002年12月  -  2002年12月

  • Error Concealment Using a Digital Watermarking Technique for Interframe Video Coding 査読有り

    Khairul Munadi,Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   599 - 602   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2002年05月  -  2002年05月

  • Error Concealment using a Data Hiding Technique for MPEG Video 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E85-A ( 4 )   790 - 796   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • The Effective Method for Applying JPEG2000 to QCIF Video Coding 査読有り

    Ayuko TAKAGI,Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    2002 International Workshop on Advanced Image Technology   6-2   119 - 123   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2002年01月  -  2002年01月

  • Error Concealment Using a Data Hiding Technique for MPEG Video 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Hitoshi KIYA

    2001 European Conference on Circuit Theory and Design   3   81 - 84   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Finland   Espoo   2001年08月28日  -  2001年08月31日

  • 2種類の低階調画像を用いた動画像の動き推定法 査読有り

    黒崎正行,村松正吾,貴家仁志

    電子情報通信学会論文誌   J83-A ( 12 )   1434 - 1440   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Representation of Wavelet Transform using a Matrix Form and Its Implementation 査読有り

    Masayuki KUROSAKI,Kiyoshi NISHIKAWA,Hitoshi KIYA

    2000 International Technical Conf. on Circuits/Systems, Computers and Communications   282 - 285   2000年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pusan   2000年07月  -  2000年07月

▼全件表示

著書

  • ディジタル音声&画像の圧縮/伸長/加工技術 (共著)

    尾知博, 川村新, 黒崎正行(共著 ,  範囲: 1-4~1-7, 2-4, 第5章~第8章)

    CQ出版社  2013年05月  ( ISBN:978-4-7898-3145-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    本書では,音声や静止画像,動画像を扱うに当たって必要となるディジタル信号処理の基礎理論と応用システムについて,初学者でも理解しやすいように豊富な例題を示しながら説明しています.MP3やAAC,JPEG,MPEG-2,MPEG-4,MPEG-4 AVC/H.264といった現在市場で広く使われているデータ圧縮/伸張技術のアルゴリズムのほか,周囲の雑音を取り除き,特定の音源だけを抽出するノイズ・キャンセリングのしくみについても採り上げています.

  • ディジタルデザインテクノロジ 2010 Summer 音声&画像処理の常識 (共著)

    尾知博, 川村新, 黒崎正行(共著 ,  範囲: 5章-7章,9章)

    CQ出版社  2010年08月  ( ISBN:978-4-7898-4945-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 小型端末のための腫瘍検出用プラットフォームの開発

    五十川侑輝, 尾知博, 黒崎正行

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  2022年09月  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 無線 LAN における強化学習を用いた伝送レート制御の性能検証

    中嶋智樹,ラナンテ レオナルド,黒崎正行,尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  2022年09月  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • IEEE 802.11におけるDeep Q-networkを用いた適応伝送レート選択に関する一検討

    中嶋智樹,ラナンテ レオナルド,黒崎正行,尾知博

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月25日 - 2022年08月26日   記述言語:日本語   開催地:石垣   国名:日本国  

    無線LANにおける伝送レート制御は通信品質を左右する 要素の1つである.これまで多くの伝送レート制御ア ルゴリズムが提案されてきたが,無線通信環境の変化 によっては既存のアルゴリズムでは適応的にレートを 制御できない場合が存在していた.本研究では,ノー ドの移動による通信環境の変化に適応した伝送レート 制御を行うため,Deep Q-Network(DQN)を用いた伝送レート 制御手法を提案する.DQNエージェントであるAPは通信 環境情報を学習して,通信環境に対して適応的に伝送 レートを制御する.提案するDQNによる伝送レート制御 をns3-aiフレームワークを用いて評価する.

  • 小型点検支援ロボットのための画像処理による異常部位検出システム

    横尾彬治, 尾知博, 黒崎正行

    電子情報通信学会ISSジュニア&学生ポスターセッション  2022年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • IEEE802.11規格に準拠したマルチスケーラブル画像伝送システムの提案

    吉野晃平, 尾知博, 黒崎正行

    電子情報通信学会ISSジュニア&学生ポスターセッション  2022年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • マルチスケーラブル無線画像伝送システムのための秘密情報伝送手法

    泉秀斗, 尾知博, 黒崎正行

    電子情報通信学会ISSジュニア&学生ポスターセッション  2022年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月16日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 小型端末におけるFCNを用いた腫瘍検出の一検討

    山本悠登, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  2021年09月  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月23日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • JSCC手法を用いた無線動画像伝送のHW設計に関する一検討

    越智翔平, 黒崎正行, 尾知博

    回路とシステムワークショップ  2021年08月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年08月26日 - 2021年08月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場, オンライン  

    高解像度な動画像無線伝送技術の需要が世界的に高まっており,効率的な動画像伝送の手法について多くの研究がなされている.本稿では情報源符号化と通信路符号化を組み合わせて復号画像の画質劣化を抑制するJSCC(joint source-channel coding)手法に基づく動画像伝送システムのハードウェア実装について提案する.提案法は画質への寄与度の高いレイヤをE-SDM(eigenbeam-space division multiplexing)により通信路容量の大きい通信路で伝送することで,最低画質を保証しつつ高画質化を図っている.ハードウェアモデルを組み込んだシミュレーションより,E-SDMを施さない従来システムでは動画像伝送が困難な低SNR時でも提案法は高画質な動画像伝送が可能であることを示す.

  • 無線LANセンシングにおける半教師あり学習を用いた自動ラベリング手法に関する一検討

    大隅尚輝, 辻康介, 一色良太郎, 永野航太郎, 長尾勇平, ラナンテ レオナルドJr, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術研究報告  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月14日 - 2021年07月16日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    近年,次世代無線LAN 規格のひとつとして,IEEE802.11bf ワーキンググループにおけるチャネル状態情報(CSI:Channel State Information) を活用したセンシング技術の研究開発が関心を集めている.無線LANは最も普及している無線通信インフラの一つであることから,CSIセンシングはスマートホームやヘルスケア分野などへ経済的かつ容易に応用できると期待されている.無線LANを用いたセンシング技術の研究では,学習の際に大量のラベル付きデータが必要となる「教師あり学習」が多く採用されているが,センシングのシステムを適用する環境ごとに学習に必要な量のラベル付きのCSIデータを収集することは困難である.そこで,本稿ではデータへのラベル付け作業にかかるコストを軽減する手法として,「半教師あり学習」の手法の一つである自己訓練モデルを用いた,少量のデータに対してのみラベル付けを行い,大量のラベルなしデータと組み合わせて学習を行う手法を提案し,室内環境におけるCSIデータの分類問題に適用する.提案手法を適用したところ,半教師あり学習を用いた自動ラベリングを行うことによって,CSIセンシングにおいて人間の有無(位置)の分類を90%以上の確率で達成したことを報告する.

  • 無線LANセンシングにおける半教師あり学習を用いた自動ラベリング手法に関する一検討

    大隅尚輝, 辻康介, 一色良太郎, 永野航太郎, 長尾勇平, ラナンテ レオナルドJr, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年07月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月14日 - 2021年07月16日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

    近年,次世代無線LAN 規格のひとつとして,IEEE802.11bf ワーキンググループにおけるチャネル状態情報(CSI:Channel State Information) を活用したセンシング技術の研究開発が関心を集めている.無線LANは最も普及している無線通信インフラの一つであることから,CSIセンシングはスマートホームやヘルスケア分野などへ経済的かつ容易に応用できると期待されている.無線LANを用いたセンシング技術の研究では,学習の際に大量のラベル付きデータが必要となる「教師あり学習」が多く採用されているが,センシングのシステムを適用する環境ごとに学習に必要な量のラベル付きのCSIデータを収集することは困難である.そこで,本稿ではデータへのラベル付け作業にかかるコストを軽減する手法として,「半教師あり学習」の手法の一つである自己訓練モデルを用いた,少量のデータに対してのみラベル付けを行い,大量のラベルなしデータと組み合わせて学習を行う手法を提案し,室内環境におけるCSIデータの分類問題に適用する.提案手法を適用したところ,半教師あり学習を用いた自動ラベリングを行うことによって,CSIセンシングにおいて人間の有無(位置)の分類を90%以上の確率で達成したことを報告する.

  • 無線LANセンシングのためのチャネル状態情報解析に関する一検討

    一色良太郎, 辻康介, 楠湧夢, 永野航太郎, 長尾勇平, ラナンテ レオナルドJr, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術研究報告  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月27日 - 2021年05月28日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 無線LANセンシングのためのチャネル状態情報解析に関する一検討

    一色良太郎, 辻康介, 楠湧夢, 永野航太郎, 長尾勇平, ラナンテ レオナルドJr, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年05月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月27日 - 2021年05月28日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 自己注意機構を用いたグレースケール画像の自動着色

    下川ゆふ, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会総合大会 ジュニア&学生ポスターセッション  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • CNNを用いた手書き数字の認識性能に関する一検討

    横尾彬治, 三矢絹子, 下川ゆふ, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部 学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 非対称マルチBSS 環境におけるIEEE802.11 CSMA/CA性能解析モデルに関する一検

    村山大騎, 梶原隆平, ラナンテレオナルド, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部 学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 産業用無線 LAN システムを用いた高信頼・低遅延制御に関する研究

    辻康介, 石光千春, 豊福瑞, 伊藤義基, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部 学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Wi-Fiセンシングを用いた物体検出システムに関する一検討

    一色良太郎, 楠湧夢, 川野真裕, 永野航太郎, ラナンテレオナルド, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部 学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • HW/SW 協調設計を用いた畳み込みニューラルネットワークの実現に関する一検討

    中嶋智樹, 大隅尚輝, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部 学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Wi-Fiチャネル情報を用いた人物検出システムの実装に関する一検討

    楠湧夢, 川野真裕, 永野航太郎, ラナンテ レオナルド, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月15日 - 2020年09月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ヌルビームフォーミングを用いた全二重無線通信システムに関する一検討とその実装

    川野真裕, 長尾勇平, ラナンテレオナルド, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月15日 - 2020年09月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ユーザ間の公平性に基づく電力割り当てを用いたMU-MIMOシステムによる無線動画像伝送

    吉川祐太, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月15日 - 2020年09月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 小型SDRボードを用いたロボット制御のための産業用無線LANシステムの実装

    豊福瑞, 伊藤義基, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2020年電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月17日 - 2020年03月20日   記述言語:日本語   開催地:広島県東広島市  

  • マルチBSS環境におけるIEEE802.11CSMA/CA性能解析モデルに関する一検討

    梶原隆平, Leonardo Jr. Lanante, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2020年電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月17日 - 2020年03月20日   記述言語:日本語   開催地:広島県東広島市  

  • 産業用無線LANシステムを用いたEtherCATのトンネリングに関する研究

    伊藤義基, 豊福瑞, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2020年電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月17日 - 2020年03月20日   記述言語:日本語   開催地:広島県東広島市  

  • JPEG圧縮耐性を有する電子透かしを用いた画像の改ざん検知及び自己復元

    大原愁平, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術報告  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月05日 - 2020年03月06日   記述言語:日本語   開催地:福岡県北九州市  

    近年,スマートフォンの爆発的な普及により,2018 年時にはインターネット利用者に占めるSNS 利用者率が74.7 % まで増加している.ユーザーはSNS 等のインターネットを介して,様々な画像の送受信が容易に行えるようになった.また,画像処理技術も発展し,手軽に画像の加工が可能となっている.一方,画像処理技術の発展に伴い,悪意のあるユーザーによって事実とは異なるように画像が改ざんされ,SNS等で拡散されることがしばしば起こり,社会的な問題となっている.そのような問題を解決する手段として,電子透かしの技術が注目されている.この手法は画像中に直接電子透かしを埋め込み,受信側が被改ざん画像から電子透かしを抽出することで,画像の改ざんを検知し,改ざん箇所を復元する方法として用いられている.しかしこの手法は,SNS等でよく用いられている
    画像フォーマットJPEG (Joint Photographic Experts Group) には対応しておらず,電子透かしを埋め込んだ画像をJPEG に変換すると,電子透かしが壊れてしまい上手く機能しないという問題点がある.本稿では,JPEG 圧縮耐性を有する電子透かしを用いた画像の改ざん検知及び自己復元手法を提案し,ソフトウェアシミュレーションによりその性能を評価する.

  • ソフトウェア処理による装置間の高精度時刻オフセット推定手法

    永野航太郎, 楠湧夢, 長尾勇平, ラナンテ レオナルド, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術報告  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月04日 - 2020年03月06日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    IoTデバイス等を用いて構築されたセンサネットワークにおいて,データ解析のためのセンサ取得情報と併せた情報取得時刻の高精度化が望まれている.
    一方,従来では特殊なハードウェアを用いた時刻同期によって高精度な時刻情報取得を実現していた.
    本研究では,無線LAN ネットワークにおいて,各ノードで取得するToA(Time of Arrival:信号到着時刻) 情報のみを用いたソフトウェア処理により,最大誤差 50 ns の高精度な装置間時刻オフセット推定システムを実現したので報告する.

  • 産業用無線LANシステムにおけるリアルタイム制御プロトコルの実装

    伊藤義基, 豊福瑞, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    2019年度(第27回)電子情報通信会九州支部 学生会講演会  電子情報通信会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月29日   記述言語:日本語   開催地:福岡県北九州市  

  • Studies on Precoding Accuracy for Video Streaming over MIMO Systems

    Yoshikawa Y., Tashiro K., Kurosaki M., Ochi H.

    The 2019 IEICE Student Activity Committee Kyushu Section Conference  Kyushu Section, IEICE

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月29日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu, Fukuoka  

  • Wi-Fi測位システムにおけるToA測定の精度検証 ~ Wi-Fi位置推定の高精度化に向けて ~

    楠湧夢, 永野航太郎, ナナ ステイスナ, 長尾勇平, ラナンテ レオナルド, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会技術報告  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月13日 - 2019年06月14日   記述言語:日本語   開催地:長崎県福江市  

    本稿では,Wi-Fiシステムにおける受信時刻決定を行うシンボル・タイミング同期処理の精度を検証し補正するシステムを提案する.
    電波飛行時間(ToF:Time of Flight)ベースのWi-Fi屋内モバイル位置推定は,位置推定の対象となるモバイル端末と固定されたWi-Fi受信機(アンカー)との間における電波の送受信時刻データを利用している.しかし,既存のWi-Fi受信機における電波受信時刻データの精度はマルチパス環境の影響を受け悪化している可能性が強いことが知られている.
    そこで,Wi-Fiシステムにおいて電波の受信時刻を決定しているシンボル・タイミング同期処理の精度を補正するシステムを考える.これによりWi-Fi屋内モバイル位置推定の推定精度向上を図る.

  • 重畳符号化を用いたMIMOシステムによる無線動画像伝送

    田代晃司

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月19日 - 2019年03月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 過負荷マルチユーザMIMOシステムにおける動画像伝送の高画質化のための一検討

    吉川祐太

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月19日 - 2019年03月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 非同期型Wi-Fi位置推定システムの提案とFPGA実装

    楠湧夢

    革新的無線通信技術に関する横断的研究会 (MIKA2018)  電子情報通信学会 通信ソサイエティ 革新的無線通信技術に関する横断型研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日 - 2018年09月28日   記述言語:日本語   開催地:伊東市  

  • ディープラーニングのFPGA実装に関する研究

    和田健佑, 下川ゆふ

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日   記述言語:日本語   開催地:大分市  

  • 過負荷マルチユーザMIMO システムを用いた無線動画像伝送

    吉川祐太

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日   記述言語:日本語   開催地:大分市  

  • MU-MIMOチャネルエミュレータの性能評価

    久保恭介

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 産業用無線LANシステムにおけるFPGA実装検証

    釣田真琴

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • High Accuracy ToF Measurement for IEEE 802.11ax Based Localization -- Experimental Validation Using Software Defined Radio --

    Leonardo Lanante

    IEICE Technical Report  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月19日 - 2017年10月20日   記述言語:英語  

  • Robust Video Transmission Scheme fpr H.264 Streams over MIMO Channels

    Nuraisyiah Ismail

    IEICE Kyushu Section Gakuseikai  IEICE Kyushu Section Gakuseikai

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:英語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • 色特徴量を用いた人物検出のための画像処理システムの実装

    久保恭介, 山本麻由, 黒崎正行, 尾知博

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • 並列処理によるフィルタチングの高速化手法における一検討

    荊尾輝

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • ASIPを用いた無線LAN向けHW/SWハイブリット設計プラットフォームの提案

    長尾明典

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • 産業用無線LANを用いた位置推定のための高精度時刻同期手法のFPGA実装

    鈴木智也

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • ディープラーニングの組み込みデバイス実装に関する研究

    五十嵐侑

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • スケーラブル情報ハインディングにおける埋め込み手法に関する一検討

    福田航平

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • 産業用高速無線LANにおける位置推定の高精度化に関する一検討

    坂元恭士郎, 荊尾輝, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

    産業応用工学会全国大会  産業応用工学

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月22日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • IEEE 802.11axにおける有限リトライリミットを考慮したOFDMAランダムアクセスの性能解析

    入木田知恭,上井竜己,ラナンテ レオナルド ジュニア,黒崎正行,尾知博

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月21日 - 2017年06月23日   記述言語:日本語   開催地:石垣  

    次世代無線LAN規格IEEE 802.11axでは,稠密環境下における通信品質の劣化を改善するため,Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)ランダムアクセスが採用される.OFDMAランダムアクセスの効率的な運用には複数のMedium Access Control (MAC)パラメータを適切に設計する必要があり,そのためには性能を正確に解析する必要がある.先行研究で提案したOFDMAランダムアクセスの性能解析モデルではリトライリミットが考慮されておらず,スループットを過大評価する問題がある.本報告ではリトライリミットを考慮した性能解析モデルを新たに提案し,さらに提案モデルを用いた性能解析を行う.リトライリミットを考慮することにより,提案モデルがOFDMAランダムアクセスの性能をより高精度に解析可能であることを示す.

  • 可逆情報ハイディングを用いたスケーラブル著作権保護手法

    黒崎正行

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月01日 - 2017年06月02日   記述言語:日本語   開催地:別府  

    本報告では,可逆情報ハイディング手法を用いた,解像度に対してスケーラブルな著作権保護手法を提案する.本提案手法は,従来の情報ハイディング手法と異なり,ユーザが縮小画像や画像の一部を要求する場合でも,画像全体を受信して情報を抽出することなく,著作権情報を抽出することが可能である.併せて,著作権保護手法として解像度にスケーラブルな改ざん検知と画像復元手法についても述べる.

  • 次世代無線LAN向け全二重無線通信MACプロトコルに関する研究

    宮本卓真

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月22日 - 2017年03月25日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • 産業用無線LANシステムにおけるFPGA実装検証

    浜田允

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月22日 - 2017年03月25日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • IEEE802.11axにおける OFDMAランダムアクセス制御に関する一検討

    上井竜己

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月22日 - 2017年03月25日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • Optimization of Scheduled Random Access OFDMA Transmission in 802.11ax

    Leonardo Lanante

    IEICE Technical Report  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月01日   記述言語:英語  

  • 下りリンク非直交多元接続における総伝送レート/フェアネス制御手法

    田代晃司

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月19日 - 2017年01月20日   記述言語:日本語   開催地:大阪市  

    無線通信システムにおける多元接続方式として,電力軸上に複数のユーザに対する信号を重畳する非直交多元接続方式(NOMA: non-orthogonal multiple access)が注目を集めている.NOMAでは,システムの総伝送レート(サムレート)と最小ユーザレートは互いにトレードオフの関係にあり,各ユーザに対するリソース割り当てが, これらのレートを大きく左右する.本稿では,サムレートと最小ユーザレートにおいて良好なトレードオフ特性を示す新たなリソース割り当て手法を提案する.提案手法では,サムレートに満たすべき下限を与えた上で最小ユーザレートの最大化を試みる.リソース割り当ての中でも周波数割り当てが支配的であることを利用してサムレートを制御し,電力割り当てにより最小ユーザレートを最大化する.計算機シミュレーションにより,従来のリソース割り当て手法と比較して,提案手法がサムレートと最小ユーザレートのトレードオフを改善することを示す.

  • Design of Industrial WLAN System and its Verification

    Mitsuru Hamada

    IEICE Technical Report  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月01日 - 2016年12月02日   記述言語:英語  

  • Interleaver/Deinterleaver-less Implementation of an Interference Cancellation in Low Latency for IDMA Systems

    Tran Thi Thao Nguyen

    IEICE Technical Report  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月20日 - 2016年10月21日   記述言語:英語  

  • 産業用無線LANのためのToAを用いた位置推定システム

    山本麻由

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎県  

  • 低PAPR特性のための振幅位相変調方式に関する比較検討

    永野航太郎

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎県  

  • 音色の特徴に基づく非負値行列因子分解による音源分離法

    吉川奈波

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月28日   記述言語:日本語   開催地:宮崎県  

  • 高精細画像のための可逆情報ハイディング法

    曽根崎翼

    電子情報通信学会九州支部学生講演会  電子情報通信学会九州支部学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月28日   記述言語:日本語   開催地:宮崎県  

  • D-21-7 圧縮センシングと電子透かし技術を用いた被改ざん文書画像の復元手法(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,一般セッション)

    坂田 大樹, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月01日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • B-5-137 IEEE802.11axにおけるアップリンクマルチユーザ向けMACプ口トコルに関する研究(B-5.無線通信システムB(無線アクセスネットワーク),一般セッション)

    杉山 雄一, 宮本 卓真, 上井 竜己, 長尾 雄平, ラナンテ レオナルド Jr., 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月01日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • B-5-180 過負荷MIMOを用いた動画像伝送に関する一検討(B-5.無線通信システムB(無線アクセスネットワーク),一般セッション)

    田代 晃司, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月01日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • B-6-109 TV同軸ケーブルネットワークにおける擬似的MIMO無線通信システム(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    冨安 貴文, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月01日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • C-12-36 Segment Transmission Line by Using Improved Disaster Quantum Genetic Algorithm

    Luo Kaixiang, Kurosaki Masayuki, Ochi Hiroshi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月01日   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • A Secure and Fast Industrial WLAN System for Seamless Roaming

    Keishi Yamaguchi

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月17日 - 2015年12月18日   記述言語:日本語   開催地:沖縄  

  • 高精細画像のためのスケーラブル著作権保護法

    荒木浩一, 黒崎正行

    STARCフォーラム  STARC

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月27日   記述言語:日本語  

  • FPGA Implementation of Channel Emulator with Automatic Channel Sounding Feedback for MU-MIMO WLAN systems

    Tran Thi Thao Nguyen

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月04日 - 2015年11月06日   記述言語:英語   開催地:沖縄  

  • [チュートリアル講演]OSIモデルのクロスレイヤーを用いた無線通信システムの消費電力低減手法

    黒崎正行

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月08日 - 2015年06月09日   記述言語:日本語   開催地:佐世保  

    本チュートリアルでは,OSIモデルのクロスレイヤを用いた無線LAN通信の消費電力低減手法について概説する.国際標準であるIEEE 802.11では,端末側においてスリープ状態をもうけることで,消費電力の低減を行っている.また,より効率的に消費電力を低減するために,IEEE802.11axでは複数のスリープ状態を持たせることが検討されるなど,端末側での消費電力低減について活発に議論が行われている.本チュートリアルでは,端末のみならずアクセスポイントイントについての消費電力低減手法について概説する.加えて,アクセスポイントにおいて,トラヒックに応じてスリープ状態の時間を制御することでより効率的に消費電力を低減させる手法についても説明する.

  • 不等間隔サンプリングに基づく音声符号化に関する研究 (スマートインフォメディアシステム)

    亀之園 栞, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月05日   記述言語:日本語  

    高サンプリング周波数化・高量子化ビット化が進み,音のデータ量は増加傾向にある.そのため,通信またはデータ保存に際し冗長なデータを削減する必要性が高まっている.現在までの圧縮法は,時間領域のサンプル群が等間隔に並んでいるものが主である.そこで,サンプルを時間領域において不等間隔に抜き出し,データ量を削減する手法を提案する.設定した量子化レベル付近の振幅を持つサンプルを不等間隔サンプル群として抽出し,エントロピーを削減するために,サンプル間隔をビット列で表現する.また,本手法で符号化されたデータのノイズに対する耐性能力を評価する.

    CiNii Article

  • SSIMに基づく画像探索を用いたスパースコーディングによる学習型超解像に関する研究 (スマートインフォメディアシステム)

    東 広大, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月05日   記述言語:日本語  

    画像を高解像度化する手法として,現在までに事前に高解像度画像と低解像度画像をペアとし,これらを利用して高周波成分を補う学習型超解像が提案されている.従来手法ではPSNRや微分フィルタを用いて類似したパッチを探索している.しかし,PSNRでは輝度平均の誤差,微分フィルタでは差分でしか評価を行っていないため,与えられた画像構造に近似していない画像を探索してしまう.特にスパースコーディングを用いた学習型超解像では基底を特徴量とし画像の復元を行うため最適な画像構造を保持したパッチ探索が重要になる.そこで本研究では,輝度平均,コントラスト,画像構造の類似度すべてを考慮した評価値であるSSIM (Structural SIMilarity)を画像探索に用いた手法を提案する.超解像後の結果から従来手法に対する有効性を示す.

    CiNii Article

  • A-22-9 時刻同期を考慮した高速制御を可能とする産業用無線通信システム(A-22.高信頼制御通信,一般セッション)

    山口 景士, 篠崎 翔明, 森田 賢史, Lam Duc Khai, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年02月24日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 産業用ロボット高速制御通信システムの無線化に関する一検討

    篠﨑翔明

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月20日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    近年,工場の生産工程自動化で用いられる産業用イーサネットの無線化の需要が高まっている.現在の産業用無線通信で適用されている無線通信規格としてIEEE802.15とIEEE802.11との2つに大別できるが,我々はIEEE802.11を利用した産業用無線通信システムについて,現在研究開発を進めている.本稿では,これまで報告してきた我々の産業用無線通信システムに,無線環境に応じて通信帯域幅を可変にする考えを取り入れる.これに伴い,同時通信を行うSTA数も可変となるため,各通信帯域幅とそれに伴う同時通信するSTA数における制御周期の合計値,及び1STA当たりの時間について評価を行ったので報告する.システム評価の結果,80[MHz]の通信帯域幅を用いた際,我々の産業用無線システムは2.01[ms]の制御周期で32STAの制御が可能であること分かり,1STA当たりの時間が最速で62.8[$mu$s]を達成できることが分かった.これは我々のシステムが無線環境に応じた制御が可能な産業用無線システムであると共に,モーションコントロールのような制御周期を必要とする制御通信システムにおいても利用可能であることを示している.

  • 高速制御通信を実現する産業ロボット用無線通信システム

    森田賢史

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月23日 - 2014年09月26日   記述言語:日本語   開催地:徳島市  

  • 高速なロボット制御通信を実現する産業用無線通信システム

    浜田允

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島市  

  • 無線LAN APに対する可変非予約型スリープ制御方式を用いた低消費電力化手法

    山﨑健太

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島市  

  • IEEE802.11acにおけるTwo-levelアグリゲーションの伝送効率改善に関する一検討

    松永優士

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島市  

  • 無線通信システムにおけるチャネル間干渉除去フィルタの低群遅延設計

    杉山雄一

    第27回 回路とシステムワークショップ  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月04日 - 2014年08月05日   記述言語:日本語   開催地:淡路市  

  • トランスポート層情報に基づいた無線LANアクセスポイントにおける予約型スリープ制御方式の改良 と特性評価

    山本達也

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月09日   記述言語:日本語   開催地:札幌市  

    アクセスポイント(AP)の省電力化手法として予約型スリープ制御方式が提案されている.予約型スリープ制御方式は他端末に対して制御フレームによるアクセス禁止区間を用いることで, APの省電力化を図る手法である.予約型スリープ制御方式はアクセス禁止区間が固定長であるため, VbIPなどの優先度が高いトラヒックが生じた場合,アクセス禁止区間により通信に影響を及ぼしてしまう.本報告では,トランスポート層の情報に基づき,端末(STA)から送信されるデータの優先度に応じてSLEEP期間を変動する可変長型の予約型スリープ制御方式を提案する.また,提案手法を用いることで,従来の予約型スリープ制御方式によるスリープ率を向上させることを示す.

  • 100μ秒以下での制御通信を可能とする産業ロボット用無線通信システム

    篠﨑翔明

    電気学会通信研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月01日   記述言語:日本語   開催地:札幌市  

  • 無線LAN 規格(IEEE802.11) を用いた産業ロボット用高速無線同期通信システム

    原口裕哉

    ワイヤレステクノロジーパーク2014  NICT, YRP, YRPアカデミア交流ネットワーク

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月28日 - 2014年05月30日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • IEEE 802.11acのハードウェア実装と固有ビーム伝送を用いた高解像度画の伝送

    田代晃司

    ワイヤレステクノロジーパーク2014  NICT, YRP, YRPアカデミア交流ネットワーク

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月28日 - 2014年05月30日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • MU-MIMO System on Chip Evaluation Platform with 2.4/5 GHz RF-Module for Next Generation IEEE 802.11 Wireless LAN

    Leonardo Lanante Jr

    IEICE General Conference  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月21日   記述言語:英語   開催地:新潟市  

  • MIMOデコーダの低演算量MLDの設計に関する検討

    本行礼奈

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月21日   記述言語:日本語   開催地:新潟市  

  • 100μ秒以下で制御可能な産業ロボット用無線LANシステム

    篠﨑翔明

    電気学会全国大会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • 伝送路特性を考慮した高精細画像の高能率無線伝送に関する研究

    伊藤将史

    画像電子学会 第269回研究会  画像電子学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年02月27日 - 2014年02月28日   記述言語:日本語   開催地:広島市  

  • Wireless Synchronous Communication System based on IEEE802.11ac for FA and its Performance Evaluation

    Satoshi Morita

    IEICE Technical Report  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月23日 - 2014年01月24日   記述言語:英語   開催地:福岡県  

  • IEEE 802.11 をベースとしたFA用無線同期通信システムに関する検討

    山口景士

    電気学会九州支部沖縄支所講演会  電気学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県  

  • OFDMベース産業ロボット用電力重畳型通信システムの開発

    冨安貴文

    電気学会九州支部沖縄支所講演会  電気学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県  

  • IEEE802.11ac 準拠マルチユーザMIMO通信におけるブロック対角化を用いた低演算プリコーディング手法の提案

    冨安貴文

    電気学会九州支部沖縄支所講演会  電気学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県  

  • MU-MIMOを用いたFA用無線同期通信システムに関する検討

    森田賢史

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月17日 - 2013年09月20日   記述言語:日本語   開催地:福岡県  

  • 無線LANのMAC層におけるフレームアグリゲーション数の制御による高速化

    長曽我部勇貴

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月17日 - 2013年09月20日   記述言語:日本語   開催地:福岡県  

  • 無線LANアクセスポイントにおける予約型スリープ制御方式のためのLLC層バースト伝送手法

    長曽我部勇貴

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月17日 - 2013年09月20日   記述言語:日本語   開催地:福岡県  

  • 誤り訂正符号を用いた可逆電子透かし

    延岡翼

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月17日 - 2013年09月20日   記述言語:日本語   開催地:福岡県  

  • IEEE802.11ac無線LANシステムを用いた低演算量Joint Source-Channel Codingに関する研究

    宮岡佑弥

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月19日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語   開催地:岐阜市  

  • マルチユーザMIMOシステム向けTHPのチャネル推定誤差の影響低減手法

    占部喜也

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月19日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語   開催地:岐阜市  

  • 移動体ロボットの電力線通信における位相遅延に関する一検討

    古賀英嗣

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月19日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語   開催地:岐阜市  

  • 伝送路特性を考慮した超高精細画像の無線伝送に関する研究

    宮岡佑弥

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月07日 - 2013年03月08日   記述言語:日本語   開催地:浜松市  

  • THPマルチユーザMIMOシステムにおけるチャネル推定誤差の影響の低減手法

    藤田尚吾

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月27日 - 2013年03月01日   記述言語:日本語  

    マルチユーザMIMO(MU-MIMO) システムにおいてTomlinson Harashima Precoding (THP) 手法は良好な伝送性能を示す非線形プリコーディングとして注目されている.しかしながらチャネル情報(CSI) に誤差が存在する場合,THP のBER 特性は大きく劣化する.本報告では,THP において受信機側でチャネル推定値の実数のみで復号を行うことにより,CSI 誤差による雑音強調の影響を低減する手法を提案する.THP 手法におけるチャネル推定誤差の影響を算出し,計算機シミュレーションにより提案手法の有効性を示す.

  • マルチユーザMIMOシステムにおけるProjection手法を用いたブロック対角化プリコーダ

    吉田拓郎

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月27日 - 2013年03月01日   記述言語:日本語  

    本論文では,MU-MIMO(Multi-User Multiple Input Multiple Output) システムにおけるユーザ間の信号干渉抑圧のための手法として,線形空間の射影に用いるProjection法及びQR分解を用いたブロック対角化(Block Diagonalization: BD) 法を提案する.ユーザ間の信号干渉を抑圧するプリコーディング手法にBD法がある.従来のBD法では,端末側からフィードバックされるチャネル情報に対し特異値分解を行うことで,IUI成分に対するヌル空間を生成し,ビームフォーミングを行っていた.しかし特異値分解は演算量が大きい処理であるため,従来のBD法は演算量が大きくなってしまうという問題がある.そこで本稿では,従来の特異値分解よりも低演算量で実現可能なProjection法及びQR分解を用いたBD法を提案する.また,計算機シミュレーションにより,提案手法が従来の特異値分解を用いたBD法と同等の性能を持つことを示す.

  • ハード・ソフト協調設計を用いた雑音除去システムの開発

    平田恒

    DSPS教育者会議  DSPS教育者会議

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月06日 - 2012年09月07日   記述言語:日本語  

  • 暗号領域での認証を用いたJPEG 2000画像無線伝送システムの実装に関する一検討

    伊東亮

    第25回 回路とシステムワークショップ  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月30日 - 2012年07月31日   記述言語:日本語   開催地:淡路市  

  • LDPC符号による耐改ざん性を有する可逆情報ハイディング法

    延岡翼

    第26回 回路とシステムワークショップ  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月29日 - 2012年07月30日   記述言語:日本語   開催地:淡路市  

  • Hardware Design of 1.3Gbps Multi-User MIMO System for IEEE802.11ac

    Leonardo Lanante

    IEICE Technical Report  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月21日 - 2012年06月22日   記述言語:英語   開催地:函館市  

    We present our hardware design of a very high throughput Multi-user Multiple Input Multiple Output (MU-MIMO) wireless LAN systembased on the 802.11ac standard. This system supports a total of 1.3Gbps through-put during MU-MIMO transmission and 650Mbps per station throughput. To enable low complexity MU-MIMO transmission, the system uses novel approaches to SVD for CSI feedback and block diagonalization for MU-MIMO precoding. The system runs at 240MHz to support 80MHz bandwidth at 3x oversampling. The system is also fully backward compatible to existing legacy 802.11a/n systems.

  • 暗号領域での認証を用いたJPEG 2000画像無線伝送システム

    黒崎正行

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月20日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山  

  • マルチユーザMIMOシステム向けTHPの雑音強調低減手法

    藤田尚吾

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月20日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山  

  • MIMO通信におけるLRA復号器の重み付けビタビ復号器の検討

    横田裕司

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月20日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山  

  • MMSE-MIMOデコーダ向け高速ソート付きQR分解

    宮岡佑弥

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月20日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山  

  • FA用電力重畳型デジタル変復調通信システムの開発

    古賀英嗣

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月20日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山  

  • THPマルチユーザMIMOシステムにおける雑音強調低減手法

    藤田尚吾

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月07日 - 2012年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 横須賀市  

  • 軟判定値出力LRA-MIMO復号器の性能改善に関する一検討

    野島大輔

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月07日 - 2012年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 横須賀市  

  • MMSE-MIMOデコーダ向け高速ソート付きQR分解のRTL設計

    宮岡佑弥

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月01日 - 2012年03月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 渋谷区  

  • Performance Evaluation for Multi-User MIMO IEEE 802.11acWireless LAN System

    Daisuke NOJIMA

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月16日 - 2011年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋市  

  • 複数のGPUを用いたデジタルシネマ画像の実時間ウェーブレット変換

    井上昴治

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 秋田市  

  • MIMO無線通信システム向け高速ソート付きQR分解

    黒崎正行

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月13日 - 2011年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌市  

  • Packet Delayed Lattice Reduction for High Performance MIMO Decoder

    野島大輔

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月13日 - 2011年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌市  

  • Design and ASIC Implementation of 600Mbps IEEE 802.11n 4x4 MIMO OFDM System

    Thi Hong Tran

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月13日 - 2011年09月16日   記述言語:英語   開催地:日本 札幌市  

  • Delayed Lattice Reduction Algorithm for High Performance MIMO Decoder

    Arumjeni Mitayani

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月21日 - 2011年07月22日   記述言語:英語   開催地:日本 旭川市  

  • 次世代無線LAN規格IEEE802.11acの国際標準化に関する研究

    藤田尚吾

    ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2011  独立行政法人情報通信研究機構(NICT), YRP研究開発推進協会, YRPアカデミア交流ネットワーク

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月05日 - 2011年07月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • MIMO無線通信システムのための高速ソート付きQR分解のRTL設計

    宮岡佑弥

    電子情報通信学会技術報告書  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月09日 - 2011年06月10日   記述言語:英語   開催地:日本 沖縄  

  • Optimized Cyclic Shifts for New Generation 802.11ac Wireless LAN System

    Leonardo Lanante

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月14日 - 2011年03月17日   記述言語:英語   開催地:日本 世田谷区  

  • マルチユーザMIMOシステムにおけるVector Perturbationアルゴリズムの演算量削減に関する検討

    松尾宗明

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月14日 - 2011年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • LRA-MIMO復号器の軟判定値出力生成方法に関する検討

    小山徹

    電子情報通信学会総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月14日 - 2011年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • JPEG2000動画像のPaillier認証システムに関する研究

    平田雄也

    画像電子学会 第255回研究会  画像電子学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月03日 - 2011年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • 4Kデジタルシネマ無線伝送システムのためのJPEG 2000並列化

    松尾正輝

    画像電子学会 第255回研究会  画像電子学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月03日 - 2011年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • Lattice Reductionを用いた軟判定値出力MIMO復号器の性能改善に関する一検討

    小山徹

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月02日 - 2011年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 横須賀  

  • 5GHz帯MIMO無線向け信号処理プラットフォームの設計

    前田勇士

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月02日 - 2011年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 石垣  

  • マルチユーザMIMOシステムにおけるVector Perturbationアルゴリズムの演算量削減に関する検討

    今塩屋竜太

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月02日 - 2011年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 石垣  

  • 狭帯域無線通信システムにおけるCFO及びIQ-Imbalance補正器のRTL設計

    吉田拓郎

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月20日 - 2011年01月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 屋久島  

  • 軟判定ビタビ復号を用いた4値FSK無線伝送システムの特性評価

    横田裕司,

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • マルチユーザーMIMOシステムの性能評価

    藤田尚吾

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • シングルキャリア変調ワイヤレスシステムにおけるキャリア周波数オフセット・IQインバランス除去システムの実装検証

    吉田拓郎

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • Dirty Paper Codingを用いた次世代マルチユーザMIMOシステム

    松尾宗明

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 4Kディジタルシネマ無線通信システムにおけるフェージング通信路の画質への影響に関する一考察

    伊東亮

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 可変音声分布に基づく雑音除去システムのDSP実現

    宮岡佑弥

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • シングルキャリア変調ワイヤレスシステムにおけるキャリア周波数オフセット・IQインバランス除去システムの実装検証

    吉田拓郎

    第12回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 可変音声分布に基づく雑音除去システムのDSP実現

    宮岡佑弥,

    第12回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 4K Digital Cinema Home Theater over Wireless Transmission System

    Ryo ITO

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月02日 - 2010年09月03日   記述言語:英語   開催地:日本 長崎  

  • Phase Rotation for the 80 MHz 802.11ac Mixed Mode Packet

    Leonardo Lanante Jr.

    IEEE 802.11 Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月   記述言語:英語   開催地: U.S.A San Diego  

  • メッシュネットワークでの配信に適した画像の階層伝送法

    本人

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:日本語   開催地:日本 網走  

  • 地上デジタル放送における移動体受信の性能改善法

    上井竜己,

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:日本語   開催地:日本 網走  

  • Common Wireless Communication Service Recognition System for 3GPP GSM, UMTS, LTE and Mobile WiMAX

    Hendra Setiawan

    電子情報通信学会技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • ギガビット無線LANを用いたHDTV/ディジタルシネマ伝送システム

    松尾正輝

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月16日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台市  

  • モデルベース設計を用いたMIMO無線LANのハードウェア開発

    本人

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月16日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台市  

  • 後方互換性を考慮したVHT無線LANの設計

    今塩屋竜太

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月16日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台市  

  • A Design of Gigabit Wireless LAN with Backward Compatibility

    電子情報通信学会技術研究報 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月04日 - 2010年03月05日   記述言語:英語   開催地:日本 厚木市  

  • FSK変調向け軟判定ビタビ復号回路の設計

    電子情報通信学会技術研究報 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月01日 - 2010年03月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮古市  

  • ギガビットMIMO無線LANシステムと国際標準化

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 飯塚市  

  • 周波数領域等化を用いた移動体向けシングルキャリア無線伝送システムの特性評価

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 飯塚市  

  • ディジタルシネマ画像の無線伝送システム

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 飯塚市  

  • キャリア周波数オフセットとI/Q インバランスの高精度同時パラメータ推定法

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 飯塚市  

  • 4Kデジタルシネマの1.2Gbps無線LAN伝送システム

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月24日 - 2009年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 広島市  

  • 4Kデジタルシネマの1.2Gbps 無線LAN伝送システム

    電子情報通信学会2009年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟市  

  • A 1.2 Gbps MIMO Wireless LAN System for IEEE802.11ac

    電子情報通信学会2009年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月18日   記述言語:英語   開催地:日本 新潟市  

  • ワイヤレスシステムのDSP実現 ~モデルベース設計手法の導入~

    第11回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月10日 - 2009年09月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 目黒区  

  • ディジタルシネマ画像の無線伝送システム

    第11回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月10日 - 2009年09月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 目黒区  

  • A 1.2 Gbps Wireless LAN System for 4K Digital Cinema Transmission

    電子情報通信学会技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年06月11日 - 2009年06月12日   記述言語:英語   開催地:日本 久米島,沖縄県  

  • IEEE802.11VHTを用いたHDL無線伝送システムの開発

    情報システム専攻, 平田雄也

    ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2009 (WTP2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月12日 - 2009年05月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • IEEE802.11n/VHT向け無線LANの設計

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 松山市  

  • IEEE802.11VHTを用いたHDTV無線伝送システムに関する一検討

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 松山市  

  • 再チャネル推定を用いた移動体向けシングルキャリア伝送システムのLSI設計

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 松山市  

  • A New Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance Compensation for MIMO OFDM

    IEICE Technical Committee in Mobile Multimedia Communications (MoMuc 2009), 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月05日 - 2009年03月06日   記述言語:英語   開催地:日本 横須賀市  

  • IEEE802.11 VHTを用いたディジタルシネマ無線伝送システムの開発

    本人

    電子情報通信学会 技術報告書 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月05日 - 2009年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 千代田区  

  • A Simple Preamble Based Algorithm for Joint Estimation of Frequency Offset and I/Q Imbalance in MIMO OFDM based Wireless LAN

    IEICE Technical Committee on Signal Processing 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月02日 - 2009年03月03日   記述言語:英語   開催地:日本 岐阜市  

  • RCポリフェーズフィルタにおける寄生素子の影響に対する一検討

    電子回路研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月23日 - 2008年10月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • Over 100Mbps High Throughput MAC for IEEE802.11n Wireless LAN with Hardware

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日 - 2008年09月26日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州市  

  • MIMO無線通信における干渉キャンセラの性能比較

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分市  

  • IEEE802.11n準拠無線LANシステムの各種IP設計

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分市  

  • MIMO無線LANシステムのフレーム同期の性能評価に関する一検討

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分市  

  • デジタルシネマ画像の次世代無線システムでの伝送に関する検討

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分市  

  • High Throughput MAC Architecture for IEEE 802.11n

    電子情報通信学会2008ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:英語   開催地:日本 川崎市  

  • RTL設計向けMIMO干渉キャンセラの比較検討

    電子情報通信学会2008ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 川崎市  

  • IEEE802.11n向けMIMO RF LSI設計におけるPolyphase Filterの特性評価

    電子情報通信学会2008ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 川崎市  

  • TAと楽しむ信号処理実習教育

    第10回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月11日 - 2008年09月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • Cognitive Digital Filters:Design, Application, and FPGA Implementation

    第10回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月11日 - 2008年09月12日   記述言語:英語   開催地:日本 東京  

  • RTL Design of Parallel FFT with Block Floating Point Arithmetic

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月24日 - 2008年07月25日   記述言語:英語   開催地:日本 東広島市  

  • IEEE802.11n用LDPC符号器の性能評価とそのRTL設計

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年06月12日 - 2008年06月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 旭川市  

  • RTL Design and FPGA Imkplementation of Carrier Wireless System

    情報システム専攻、西城

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月21日 - 2008年04月22日   記述言語:英語   開催地:日本 軽井沢町  

  • Model-Based RTL Designs of IEEE802.11n Wireless LAN System

    本人

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月21日 - 2008年04月22日   記述言語:英語   開催地:日本 軽井沢町  

  • ブロック浮動小数点を用いたFFT回路の検討

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • 周波数領域等化を用いた移動体向けシングルキャリア無線伝送システムのRTL設計

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • 600Mbps MIMO-OFDM WLANシステムのModel-Based RTL 設計

    本人

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • 600Mbps 4x2MIMO無線LANシステムのためのMACのスループット改善に関する一検討

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • IEEE802.11n 準拠無線LAN 送受信システムのモデルベース設計

    本人

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • 600Mbps MIMO無線LANのPHY・MAC層設計

    本人

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • Design of Single Carrier Wireless System with Frequency Domain Equalizer

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月28日   記述言語:英語   開催地:日本 名古屋市  

  • ドップラー・レイリーフェージング環境におけるOFDMとシングルキャリア方式の通信の性能評価

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県西原町  

  • STBCを用いた600Mbps MIMO無線LANシステムのRTL設計

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県西原町  

  • 次世代無線LAN IEEE 802.11nシステムにおけるLDPCの性能に関する一検討

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県西原町  

  • ディジタルシネマ向け画像表示システムの設計とFPGA実装に関する一検討

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県西原町  

  • IEEE802.11n準拠無線LANシステムのモデルベース設計

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地: 鳥取市  

  • ブロック浮動小数点を用いたFFT回路の実現

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取市  

  • 600Mbps MIMO無線LANシステムのModel-Based RTL設計

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取市  

  • 移動体向けシングルキャリア無線伝送システムのRTL設計

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取市  

  • Performance Verification between OFDM and SC-FDE For Narrowband Mobile Communication System,"

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:英語   開催地:日本 鳥取市  

  • 600Mbps 4×2MIMO無線LANシステムのためのMACプロトコルに関する一検討

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取市  

  • 次世代超高速無線LANを用いたディジタルシネマ伝送システムに関する研究

    本人

    第9回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年08月30日 - 2007年08月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 目黒区  

  • IEEE802.11n次世代無線LANシステムの設計と実装

    第9回DSPS教育者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年08月30日 - 2007年08月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 目黒区  

  • 2.4GHz帯 2×2 MIMO送受信RFモジュールの試作

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月14日 - 2007年06月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 稚内市  

  • MIMO通信におけるLattice-Reduction干渉キャンセラの設計

    情報工学研究科・情報システム専攻,西城邦俊

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月23日 - 2007年04月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 軽井沢  

  • MIMO-OFDM無線LANシステムのFPGA実装に関する一検討

    本人

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月23日 - 2007年04月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 軽井沢  

  • 地上デジタルTV放送における2D補間フィルタを用いた伝送路推定に関する一検討

    本人

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月23日 - 2007年04月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 軽井沢  

  • 移動体向けSC-OFDM無線LANシステムの設計

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋市  

  • IEEE802.11n次世代無線LANシステムLSI向け各種IPの開発

    電子情報通信学会RCS 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 横須賀市  

  • IEEE802.11n無線LANシステムの固定小数点評価

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋市  

  • 地上デジタルTV 放送のための非正方格子2次元フィルタを用いた高精度伝送路推定法

    本人

    電子情報通信学会 SIPシンポジウム2006 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • GLST-MIMO干渉キャンセラの有限語長特性と実装に関する研究

    電子情報通信学会 ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢市  

  • IEEE802.11n向けプロトタイプボードとIPセットの開発

    電子情報通信学会 ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:日本語   開催地: 金沢市  

  • GAを用いた次世代MIMO無線LANシステムのプリアンブル生成法

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県宮古島市  

  • GLST-MIMOデコーダの有限語長特性とその実装に関する研究

    電子情報通信学会 技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県宮古島市  

  • 次世代600Mbps MIMO無線LANシステム:Part2~GAを用いたプリアンブル生成~

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • MIMOシステム向け大規模FPGA評価ボードの開発

    本人

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • 次世代600Mbps MIMO無線LANシステム:Part1 ~GLST伝送方式における低演算量復号アルゴリズム~

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • MB-OFDM UWBシステムのシンボル同期に関する一検討

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • 次世代600Mbps MIMO無線LANシステム:Part3 ~GLST伝送方式におけるMIMOチャネルでの性能評価~

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • 次世代無線LANシステム用LDPC符号の固定小数点化に関する一検討

    本人

    電子情報通信学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄県西原町  

  • 時空間符号化SDM-MIMOシステムにおける一般化復号法の演算量削減に関する一検討

    電子情報通信学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 目黒区  

  • IEEE802.11a無線LAN周波数オフセット検出回路設計の動作比較

    電子情報通信学会 総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 世田谷区  

  • Group Layered Space-Time伝送方式を用いた600Mbps無線LANシステムに関する検討

    電子情報通信学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • プレインタリーバを用いたJPEG 2000符号化画像のバースト誤り訂正法

    本人

    映像情報メディア学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 福井市  

  • MB-OFDM UWBシステムのシンボル同期に関する一検討

    電子情報通信学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 港区  

  • 地上波ディジタル放送向けガードインターバル越え反射波等化器

    本人

    電子情報通信学会 SIPシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 高知市  

  • バースト誤り訂正のためのJPEG 2000符号化画像の生成法とその評価

    本人

    電子情報通信学会 SIPシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月   記述言語:日本語   開催地: 高知市  

  • 非正方二次元格子を用いた画像補間法に関する一検討

    電子情報通信学会 技術報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎市  

  • IEEE802.15TG3a推奨UWBシステムのアーキテクチャと伝送特性

    電子情報通信学会ソサィエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌市  

  • Interleaved FEC scheme for Burst Packet Loss Protection over RTP and Its Application to JPEG2000 Image Transmission

    電気工学専攻、都立大学Khairul Munadi

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月25日 - 2005年04月26日   記述言語:英語   開催地:日本 軽井沢町  

  • JPEG2000符号列のためのパケットヘッダ解析器の設計

    本人

    回路とシステム軽井沢ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月26日 - 2004年04月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 軽井沢町  

▼全件表示

工業所有権

  • 無線通信方法および無線通信システム

    久保恭介, 田代晃司, 黒崎正行, 長尾勇平, 尾知博

     詳細を見る

    出願番号:2019-143762  出願日:2019年08月05日

    公開番号:2021-027461   公開日:2021年02月22日

    登録番号:7308518  登録日:2023年07月06日

  • COMMUNICATION SYSTEM, REMOTE CONTROL MACHINE SYSTEM, AND COMMUNICATION METHOD

    長尾明典, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博, 坂元恭士郎

     詳細を見る

    出願番号:17/571,495  出願日:2022年01月09日

  • 通信システム、遠隔制御機械システム及び通信方法

    長尾明典, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博, 坂元恭士郎

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2020/027085  出願日:2020年07月10日

  • 移動端末の位置推定方法および移動端末の位置推定システム

    オウナン, レオナルドラナンテ, 黒崎正行, 長尾勇平, 尾知博

     詳細を見る

    出願番号:2019-172128  出願日:2019年09月20日

  • 通信システム、遠隔制御機械システム及び通信方法

    長尾明典, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博, 坂元恭士郎

     詳細を見る

    出願番号:2019-129207  出願日:2019年07月11日

    公開番号:2021-016059  公開日:2021年02月12日

  • 擬似的MIMO通信路の形成およびMIMO伝送方式

    冨安 貴文, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

     詳細を見る

    出願番号:2016-173332  出願日:2016年09月06日

    公開番号:2018-42046  公開日:2018年03月15日

  • ネットワークチップ、ネットワークモジュール、ネットワーク機器及びネットワークシステム

    森田 賢史, カイルニサ ビンティ アハマド デニー, 山口 景士, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

     詳細を見る

    出願番号:12451  出願日:2016年01月26日

    公開番号:2017-135501  公開日:2017年08月03日

    登録番号:6656669  登録日:2020年03月04日

  • 無線同期通信システム

    占部喜也, 森田賢史, ナムデクカイ, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

     詳細を見る

    出願番号:2014-2461  出願日:2014年01月09日

    公開番号:2015-133533  公開日:2015年07月23日

  • MU-MIMOシステムとMU-MIMOの通信方法

    森田賢史, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

     詳細を見る

    出願番号:2013-178280  出願日:2013年08月29日

    公開番号:2015-046839  公開日:2015年03月12日

    登録番号:6172670  登録日:2017年07月14日

  • チャネル推定装置およびチャネル推定プログラム

    ニコ スランタ, 黒崎 正行, 尾知 博

     詳細を見る

    出願番号:2013-027126  出願日:2013年02月14日

    公開番号:2014-158113  公開日:2014年08月28日

  • プリコーディング装置およびプリコーディング方法並びにプリコーディング処理プログラム

    藤田 尚吾, レオナルド ラナンテ ジュニア, 長尾 勇平, 黒崎 正行, 尾知 博

     詳細を見る

    出願番号:2012-186970  出願日:2012年08月27日

    公開番号:2014-045376  公開日:2014年03月13日

    登録番号:5975279  登録日:2016年07月29日

  • デジタル画像信号変換方法及び装置

    松尾正輝,黒崎正行,尾知博,斉培恒

     詳細を見る

    出願番号:'特願2009-143099  出願日:2009年06月16日

    公開番号:特開2011-3958  公開日:2011年01月06日

  • フレーム同期捕捉回路

    尾知博,東康太,長尾勇平,黒崎正行

     詳細を見る

    出願番号:'特願2008-301719  出願日:2008年11月26日

    公開番号:特開2010-130246  公開日:2010年06月10日

    登録番号:5182757  登録日:2013年01月25日

  • 受信信号の干渉信号を除去する復号装置及び復号方法

    東康太,黒崎正行,長尾勇平,尾知 博

     詳細を見る

    出願番号:'特願2006-331984  出願日:2006年12月08日

    公開番号:'特開2008-147932  公開日:2008年06月26日

  • シンボル同期捕促回路

    東康太,長尾勇平,黒崎正行,尾知博

     詳細を見る

    出願番号:'特願2005-381028  出願日:2005年12月14日

    公開番号:'特開2007-166571  公開日:2007年06月28日

  • 伝送路推定方法

    坂口祐介,黒崎正行,金城繁徳,尾知博

     詳細を見る

    出願番号:'特願2005-361018  出願日:2005年11月15日

    公開番号:'特開2007-143088  公開日:2007年06月07日

▼全件表示

学術関係受賞

  • 電子情報通信学会 論文賞

    一般社団法人 電子情報通信学会   Precoder and Postcoder Design for Wireless Video Streaming with Overloaded Multiuser MIMO-OFDM Systems   2021年06月03日

    田代晃司, 黒崎正行, 尾知博

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会 教育功労賞

    一般社団法人 電子情報通信学会   子供の科学教室講師とLSIデザインコンテストへの貢献   2021年03月11日

    黒崎正行

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    「子供の科学教室講師とLSIデザインコンテストへの貢献」により電子情報通信学会より教育功労賞を受賞した。

  • ICACT 2021 Certificate of Outstanding Paper Award

    23rd International Conference on Advanced Communication Technology   Cooperative MIMO Applied Null Beamforming to Self in Full-Duplex Wireless Communication System and Its Implementation   2021年02月10日

    川野真裕, 長尾勇平, Lanante Leonardo, 黒崎正行, 尾知博

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  • SISA Excellent Student Paper Award

    International Workshop on Smart Info-Media System in Asia (SISA 2020)   Design of WLAN System for Industrial Communication   2020年12月18日

    豊福瑞, 石光千春, Tran Thi Thao Nguyen, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ICACT 2019 Outstanding Paper Award

    ICACT 2019   2019年02月18日

    Tran Thi Thao Nguyen, Makoto Tsurita, Kyoshiro Sakamoto, Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  • JKCCS 2019 Best Paper Award

    JKCCS 2019   2019年01月08日

    Kyosuke Kubo, Tran Thi Thao Nguyen, Lanante Leonardo,Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  • ISPACS 2018 Best Paper Award

    ISPACS 2018実行委員会   2018年11月27日

    Koji Tashiro, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • IEEE APCCAS 2014 Live Demonstration Award

    IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems   2014年11月19日

    Nana Sutisna, Leonardo Lanante Jr., Yuhei Nagao, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Ochi

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ITまつり プログラム部門 1位

    ITまつり実行委員会   2012年02月04日

    九州工業大学, 琉球大学, LSIデザインコンテスト実行委員会

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ISCIT 2011 Best Paper Award

    IEEE   2011年10月13日

    Muneaki MATSUO, Ryuta IMASHIOYA, Yuhei NAGAO, Masayuki KUROSAKI, Hiroshi OCHI

     詳細を見る

    受賞国:中華人民共和国

  • 第5回LSI IPデザイン・アワード研究助成

    IPデザインアワード運営委員会   2003年06月

    黒崎正行,貴家仁志

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会 第14回 回路とシステム軽井沢ワークショップ奨励賞

    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ   2002年04月

    黒崎正行

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 可逆ステガノグラフィ技術に関する研究とその改ざん復元への応用

    研究課題番号:15K18066  2015年04月 - 2018年03月   若手研究(B)

  • 最適電力制御型コグニティブMIMO-OFDMシステムの設計・実現に関する研究

    研究課題番号:20166185  2012年04月 - 2015年03月   基盤研究(A)

  • メッシュ無線通信網におけるセキュア動画像伝送のための画質制御に関する研究

    研究課題番号:22760279  2010年04月 - 2013年03月   若手研究(B)

  • 超大容量マルチユーザMIMO無線LANシステムの超低消費電力化設計に関する研究

    研究課題番号:22360156  2010年04月 - 2013年03月   基盤研究(B)

  • 暗号領域における信号処理 -暗号化された信号を処理する技術の開発-

    研究課題番号:21656099  2009年04月 - 2012年03月   挑戦的萌芽研究

  • 電子透かし技術を用いた符号化画像のエラー耐性強化法に関する研究

    研究課題番号:03J08904  2003年04月 - 2005年03月   特別研究員奨励費

▼全件表示

受託研究・共同研究実施実績

  • 超高精細画像のためのスケーラブル著作権保護手法に関する研究

    2014年08月 - 2015年08月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

その他研究活動

  • Japan Robot Week 2018 出展

    2018年10月

     詳細を見る

    2018年10月17日(水)~19日(金)に東京ビックサイトにて開催されたJapan Robot Week 2018に出展し,研究成果の一部を展示した.

  • 2017国際ロボット展 出展

    2017年11月
    -
    2017年12月

     詳細を見る

    2017国際ロボット展に出展し,研究成果の一部を展示した.

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   情報・通信プロジェクト演習CE

  • 2022年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計CE

  • 2022年度   情報・通信プロジェクト演習NT

  • 2022年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計NT

  • 2022年度   情報・通信プロジェクト演習SD

  • 2022年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計SD

  • 2022年度   デジタルコンテンツ

  • 2022年度   情報理論(C)

  • 2022年度   情報通信工学実験Ⅰ

  • 2022年度   計算機システムⅡ

  • 2021年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2021年度   デジタルコンテンツ

  • 2021年度   情報理論(C)

  • 2021年度   情報通信工学実験Ⅱ

  • 2021年度   情報通信工学実験Ⅰ

  • 2021年度   計算機システムⅡ

  • 2020年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2020年度   デジタルコンテンツ

  • 2020年度   情報理論(C)

  • 2020年度   情報通信工学実験Ⅰ

  • 2020年度   計算機システムⅡ

  • 2019年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2019年度   デジタルコンテンツ

  • 2019年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2019年度   情報通信工学実験Ⅰ

  • 2019年度   計算機システムⅡ

  • 2018年度   情報理論E

  • 2018年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2018年度   電子回路ⅡE

  • 2018年度   デジタルコンテンツ

  • 2018年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2018年度   計算機システムⅡ

  • 2017年度   デジタルコンテンツ

  • 2017年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2017年度   情報理論E

  • 2017年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2016年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2016年度   デジタルコンテンツ

  • 2016年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2016年度   情報理論E

  • 2015年度   情報理論E

  • 2015年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2015年度   デジタルコンテンツ

  • 2015年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2014年度   情報理論E

  • 2014年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2014年度   デジタルコンテンツ

  • 2014年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

  • 2013年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2012年度   電子情報工学実験Ⅱ

  • 2012年度   情報理論E

  • 2012年度   デジタルコンテンツ

  • 2012年度   ハードウェア・ソフトウェア協調設計特論

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 弟25回 LSIデザインコンテストin沖縄2022 敢闘賞

    LSIデザインコンテストin沖縄  

    2022年03月22日

    舟橋雅貴

  • 弟24回 LSIデザインコンテストin沖縄2021 敢闘賞

    LSIデザインコンテストin沖縄  

    2021年03月21日

    舟橋雅貴

  • 弟23回 LSIデザインコンテストin沖縄2020 敢闘賞

    LSIデザインコンテストin沖縄  

    2020年03月20日

    大隅尚輝

  • 2018 Excellent Student Award of the IEEE Fukuoka Section

    IEEE Fukuoka Section  

    2019年02月

    Koji Tashiro

     詳細を見る

    題名: Precoding and Postcoding Schemes for Wireless Video Transmission in Overloaded MIMO Systems
    著者: Koji Tashiro, Lanante Leonardo, Masayuki Kurosaki, and Hiroshi Ochi
    の国際会議論文において2018 Excellent Student Award of the IEEE Fukuoka Sectionを受賞した.

  • 革新的無線通信技術に関する横断的研究会 MIKA2018 ポスター賞 若手部門

    IEICE 通信ソサイエティ 革新的無線通信技術に関する横断的研究会 実行委員会  

    2018年09月18日

    楠湧夢

     詳細を見る

    題名: 非同期型Wi-Fi位置推定システムの提案とFPGA実装
    著者:楠湧夢,王楠,永野航太郎,田代晃司,長尾勇平,レオナルド・ラナンテ・ジュニア,黒崎正行,尾知博
    において革新的無線通信技術に関する横断的研究会 MIKA2018 ポスター賞 若手部門を受賞した.

  • 第33回電気通信普及財団賞~テレコムシステム技術学生賞~

    電気通信普及財団  

    2018年03月18日

    田代晃司

     詳細を見る

    題名: Joint Transmission and Coding Scheme for High-Resolusion Video Streams over Multiuser MIMO-OFDM Systems
    著者: 田代晃司, レオナルド・ラナンテ・ジュニア, 黒崎正行, 尾知博
    において電気通信普及財団 テレコムシステム技術学生賞(佳作)を受賞した.

  • LSIデザインコンテストin沖縄2018 敢闘賞

    LSIデザインコンテストin沖縄  

    2018年03月18日

    五十嵐 侑,Nuraisyiah Binti Ismail

     詳細を見る

    国際デザインコンテストである,LSIデザインコンテストin沖縄 2018において,以下の題目で発表を行い,敢闘賞を受賞した.

    題名: Implementation of Audio Classification using
    Neural Network System
    著者: N-Netチーム,五十嵐 侑,Nuraisyiah Binti Ismail

  • 電子情報通信学会九州支部 学生会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部  

    2018年01月

    鈴木智也

     詳細を見る

    題名: 産業用無線LANを用いた位置推定のための高精度時刻同期手法のFPGA実装
    著者: 鈴木智也, 大原愁平, 濵田允, 黒崎正行, 尾知博
    において電子情報通信学会九州支部 学生会講演奨励賞を受賞した.

  • 電子情報通信学会九州支部 学生会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部  

    2018年01月

    久保恭介

     詳細を見る

    題名: 色特徴量を用いた人物検出のための画像処理システムの実装
    著者: 久保恭介, 山本麻由, 黒崎正行, 尾知博
    において電子情報通信学会九州支部 学生会講演奨励賞を受賞した.

  • LSIデザインコンテストin沖縄2017 敢闘賞

    LSIデザインコンテストin沖縄  

    2017年03月17日

    色特徴量を用いた人物検出法の実装

     詳細を見る

    国際デザインコンテストである,LSIデザインコンテストin沖縄 2017において,以下の題目で発表を行い,敢闘賞を受賞した.

    題名: 色特徴量を用いた人物検出法の実装
    著者: Love in K.I.T チーム,Mayu Yamamoto

  • スマートインフォメディアシステム研究会 若手研究優秀賞

    電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会  

    2012年03月

    宮岡佑弥

     詳細を見る

    題名: MIMO無線通信システムのための高速ソート付きQR分解のRTL設計
    著者: 宮岡佑弥, 長尾勇平, 黒崎正行, 尾知博
    においてスマートインフォメディアシステム研究会 若手研究優秀賞を受賞した.

▼全件表示

その他教育活動

  • 第15回「科学とあそぶ幸せな一日」での展示

    2023年08月

     詳細を見る

    慶応義塾大学,かわさき新産業創造センター,川崎市 主催
    「電波,音のふしぎ」の体験実験を展示,川崎市
    2023年8月26日開催

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(千歳会場)

    2022年09月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    千歳市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(壱岐会場)

    2019年06月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    壱岐市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(石垣会場)

    2018年02月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    石垣市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(和泊会場)

    2016年05月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    和泊町

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(根室会場)

    2015年09月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    根室市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(釧路会場)

    2015年09月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    釧路市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(鶴岡会場)

    2015年02月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    鶴岡市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(五島会場)

    2013年09月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    五島市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(宮古島会場)

    2012年02月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    宮古島市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(長崎会場)

    2011年07月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    長崎市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(鳥取会場)

    2010年12月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    鳥取市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(北見会場)

    2010年06月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    北見市

  • 小・中学生・の科学実験教室「不思議がいっぱい科学の世界」(石垣会場)

    2009年11月

     詳細を見る

    電子情報通信学会 主催
    講師として参加
    石垣市

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 電子情報通信学会   九州支部運営委員  

    2023年05月 - 現在

  • 電子情報通信学会   基礎・境界ソサイエティ論文誌 編集委員  

    2021年06月 - 2023年06月

  • 電子情報通信学会   Smart Multimedia & Communication Systems英文論文小特集編集委員会編集委員長  

    2021年02月 - 2022年04月

  • 電子情報通信学会   九州支部学生会顧問  

    2017年04月 - 現在

  • 電子情報通信学会   スマートインフォメディアシステム研究専門委員会委員  

    2010年05月 - 2016年05月

国際会議開催(学会主催除く)

  • 20th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2021)

    20th International Symposium on Communications and Information Technologies   Tottori, Online  2021年10月19日 - 2021年10月22日

  • 2020 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2020)

    Smart Info-Media Systems (SIS) Technical Committee, Engineering Science Society (ESS), the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), Japan  Korea, Online  2020年12月17日 - 2020年12月18日

  • The IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS)

    IEEE Circuits and Systems Society  2019年05月26日 - 2019年05月29日

  • The 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2018)

    ISPACS 2018実行委員会  2018年11月27日 - 2018年11月30日

  • 2018 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2018)

    ISMAC 2018実行委員会  2018年08月29日 - 2018年08月31日