2022/08/16 更新

サイトウ タケシ
齊藤 剛史
SAITOH Takeshi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 8

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 視線解析

  • 顔画像処理

  • 画像処理

  • パターン認識

  • 読唇

研究分野

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

  • 情報通信 / 知能情報学

出身学校

  • 1999年03月   豊橋技術科学大学   工学部   情報工学課程   卒業   日本国

出身大学院

  • 2004年03月   豊橋技術科学大学   工学研究科   電子・情報工学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 2001年03月   豊橋技術科学大学   工学研究科   情報工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 豊橋技術科学大学  -  博士(工学)   2004年03月

学内職務経歴

  • 2021年01月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     教授

  • 2019年04月 - 2020年12月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     准教授

  • 2010年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系     准教授

学外略歴

  • 2014年09月 - 2015年01月   University of Oulu   客員研究員   フィンランド共和国

  • 2008年04月 - 2010年03月   鳥取大学大学院工学研究科   助教   日本国

  • 2007年04月 - 2008年03月   鳥取大学工学部   助教   日本国

  • 2004年05月 - 2007年03月   鳥取大学工学部   助手   日本国

  • 2004年04月   豊橋技術科学大学   研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 2008年04月 - 現在   米国電気電子学会(IEEE)   アメリカ合衆国

  • 2000年04月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 2011年10月 - 現在   電気学会   日本国

  • 2005年03月 - 現在   計測自動制御学会   日本国

  • 2018年02月 - 現在   精密工学会画像応用技術専門委員会   日本国

  • 2015年04月 - 現在   AVISA (the Auditory-VIsual Speech Association)   フランス共和国

  • 2014年05月 - 現在   The International Association for Pattern Recognition (IAPR)   アメリカ合衆国

  • 2013年04月 - 現在   サイレント音声認識研究グループ   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • 注視点推定

    研究期間: 2013年04月  -  現在

論文

  • 3DCNN-based Mouth Shape Recognition for Patient with Intractable Neurological Diseases 査読有り 国際誌

    Nakamura Y., Saitoh T., Itoh K.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   12083   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Patients with intractable neuropathy may use a mouth-shape character (MSC)-based communication as an alternative to communication when speech, writing, and PC are unavailable. MSC-based communication requires not only a speaker but also a supporter. However, it may not be easy to read the mouth shape due to the skill of the supporter. The communication support system that automatically recognizes the mouth shape of a speaker is expected. This study aims to develop the whole support system, and this paper works on mouth shape recognition. We introduce 3DCNN-based mouth shape recognition. As for the input data of CNN, not only the color image but also the flow image obtained by applying the optical flow is used, and two outputs of two CNN models are integrated. We collected speech scenes of eight patients with intractable neurological diseases and conducted recognition experiments. As a result, an average recognition rate of 77.1% was obtained. Excluding the two patients, one had difficulty recognizing the mouth shape even by a human due to little movement of the mouth, and the other had a problem shooting, and the average recognition rate of 86.6% was obtained. We demonstrated the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.1117/12.2623642

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85125590419&origin=inward

  • Replacing Speaker-independent Recognition Task with Speaker-dependent Task for Lip-reading Using First Order Motion Model 査読有り

    Kodama M., Saitoh T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   12083   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    There is a tendency to deal with a speaker-independent recognition task in the lip-reading field by collecting speech scenes from many speakers. The data collection task is time-consuming. This paper proposes a method to solve this problem. According to a driving video, First Order Motion Model (FOMM) is a deep generative model that generates a video sequence from a source image. Our idea is to apply FOMM to all speech scenes in the dataset to generate the speech scenes recording from one speaker. We propose a preprocessing method to replace the speaker-independent recognition task with the speaker-dependent recognition task by applying FOMM. We applied the proposed method to two publicly available databases: OuluVS and CUAVE, and confirmed that the recognition accuracy was improved by applying the proposed method to both databases.

    DOI: 10.1117/12.2623640

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85125595947&origin=inward

  • Japanese sentence dataset for lip- reading 査読有り 国際誌

    Shirakata T., Saitoh T.

    Proceedings of MVA 2021 - 17th International Conference on Machine Vision Applications   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This research is about lip-reading for Japanese sentences. Research on English sentences is actively pursued due to the extensive datasets. However, a sufficient dataset for Japanese sentences has not been released. Therefore, this paper builds a Japanese sentence dataset. A Transformer model is used for the recognition task. Three recognition target levels: phoneme, mora, and vowel, are set, and recognition experiments show that they can be recognized.

    DOI: 10.23919/MVA51890.2021.9511353

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85113921382&origin=inward

  • Multimodal Corpus Analysis of English Presentations for EFL teaching: Speech Contents, Speakers' Behavior and Gaze Points of Audience 査読有り 国際誌

    Miharu Fuyuno, Takeshi Saitoh

    12th International Conference on Corpus Linguistics (CILC2021)   22 - 23   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    online   2021年04月28日  -  2021年04月30日

  • Night Time Calling System by Eye Movement using Wearable Camera 国際誌

    Kazuki Sakamoto, Takeshi Saitoh, Kazuyuki Itoh

    8th International Joint Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2020)   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   online   2020年12月13日  -  2020年12月19日

  • Leader Identification Using Multimodal Information in Multi-party Conversations 査読有り

    Shiota T., Honda K., Shimada K., Saitoh T.

    2020 International Conference on Asian Language Processing, IALP 2020   7 - 12   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    It is one of the important tasks to predict a participant's role in a multi-party conversation. Many previous studies utilized only verbal or non-verbal features to construct models for the role recognition task. In this paper, we propose a model that combines verbal and non-verbal features for leader identification. We add non-verbal features and construct our prediction model with utterance, pose, facial, and prosodic features. In our experiments, we compare our model with a baseline model that is based on only utterance features. The results show the effectiveness of our multimodal approach. In addition, we improve the performance of the baseline model to add some new utterance features.

    DOI: 10.1109/IALP51396.2020.9310465

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099875287&origin=inward

  • 眼球運動を利用した呼び出しシステムの開発 招待有り 査読有り

    齊藤 剛史,坂本 一樹,伊藤 和幸,白井 誠

    地域ケアリング ( 北隆館 )   22 ( 12 )   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lip reading using facial expression features 査読有り 国際誌

    Tatsuya Shirakata, Takeshi Saitoh

    4th International Conference on Imaging, Vision & Pattern Recognition (IVPR2020)   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2020年08月26日  -  2020年08月29日

  • 神経難病患者向けの口形の動きを利用したコミュニケーション支援に関する研究 招待有り 査読有り

    齊藤 剛史,中村 祐哉,伊藤 和幸,白井 誠

    地域ケアリング ( 北隆館 )   22 ( 10 )   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lip reading using facial expression features 査読有り 国際誌

    Tatsuya Shirakata, Takeshi Saitoh

    International Journal of Computer Vision & Signal Processing   10 ( 1 )   9 - 15   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Gaze-Point Analysis of EFL Learners while Watching English Presentations: Toward Effective Teaching 査読有り 国際誌

    Miharu Fuyuno, Takeshi Saitoh, Yuko Yamashita, Daisuke Yokomori

    International Journal for Educational Media and Technology   14 ( 1 )   17 - 28   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A team leader’s gaze before and after making requests in emergency care simulation: a case study with eye-tracking glasses 査読有り 国際誌

    Kyota Nakamura, Takuma Sakai, Takeru Abe, Takeshi Saitoh, Frank Coffe, Andrew MacKenzie, Akira Taneichi, Keiko Tsuchiya

    BMJ Simulation and Technology Enhanced Learning   6 ( 6 )   369 - 370   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1136/bmjstel-2019-000561

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85095880377&origin=inward

  • Automatic tree species identification from natural bark image 査読有り 国際誌

    Ido J., Saitoh T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11373   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 SPIE. In this research, we are studying on image-based identification of trees species that we can see everywhere. In our previous study, we showed that convolutional neural network (CNN) can recognize tree species by using a region of interest (ROI) image of bark. However, the bark region is manually extracted from a natural bark image. This paper solves this problem using semantic segmentation, and proposes an automatic tree species identification from natural bark image. The proposed method was evaluated with the bark image dataset collected independently. We confirmed the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.1117/12.2557187

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85079816202&origin=inward

  • Development of Night Time Calling System by Eye Movement Using Wearable Camera 査読有り

    Sakamoto K., Saitoh T., Itoh K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12426 LNCS   345 - 357   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes a night time call system using a wearable camera for patients. The proposed system consists of a wearable camera, computer, relay controller, and nurse call. The user wears the wearable camera. All captured eye images are fed to the convolutional neural network to detect the pupil center. When the detected pupil center exceeds a preset threshold value, the computer sends the signal to operate the nurse call via each relay controller. Two experiments were conducted to evaluate the proposed system: verification of the accuracy of pupil center detection and quantitative evaluation of call success. In the former experiment, we collected 2,800 eye images from seven people and conducted a pupil center detection experiment on several training conditions. As a result, an average error of 1.17 pixels was obtained. In the latter experiment, a call experiment was conducted on five healthy people. The experiment time for each subject was about five minutes. The subject experimented while lying on the bed. Twelve audio stimuli were given in one experiment, after getting the stimuli, the subject moved his eye. The correct call in response to the audio stimulus was considered successful, and the precision, recall, and F-measure were calculated. As a result, we obtained the precision, recall, and F-measure of 0.83, 1.00, and 0.91, respectively. These experimental results show the effectiveness of the proposed system.

    DOI: 10.1007/978-3-030-60149-2_27

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85092207616&origin=inward

  • 救急医療での非言語行為解析のためのチームリーダーの視線分析

    土屋 慶子, 中村 京太, 安部 猛, 齊藤 剛史

    電子情報通信学会技術研究報告   119(415)   33 - 36   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Research

  • Lip Reading using Facial Expression Features 査読有り 国際誌

    齊藤 剛史

    International Journal of Computer Vision and Signal Processing   1   9 - 15   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Research

  • Lip Reading Experiments for Multiple Databases using Conventional Method 査読有り

    Shirakata T., Saitoh T.

    2019 58th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2019   409 - 414   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. Several databases have been published in the field of lipreading. Each database has a wide variety of utterance content, number of speakers, shooting angles, and so on. However, each paper uses one or two databases. It is desirable to discuss using many databases. This paper uses four publicly available databases: CUAVE, OuluVS, CENSREC-1-AV, and SSSD. In this paper, not the latest deep learning-based method but the standard recognition method by hidden Markov model (HMM) which mainly used conventionally is applied, and analyzes trends in recognition accuracy. Based-on recognition experiments, it was found that the recognition accuracy was correlated with the number of frames.

    DOI: 10.23919/SICE.2019.8859932

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85073875139&origin=inward

  • LiP25w: Word-level Lip Reading Web Application for Smart Device 査読有り 国際誌

    Takeshi Saitoh, Michiko Kubokawa

    5th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing (AVSP2019)   2019年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Melbourne   2019年08月10日  -  2019年08月11日

  • Automatic coding of a team leader’s eyegaze in emergency care simulation: developing a multimodal corpus with the sceneAnalysis GUI 査読有り 国際誌

    Tsuchiya, K, Saitoh, T, Nakamura, K, Sakai, T, Abe, T, Taneichi, A

    The 10th International Corpus Linguistics Conference (CL2019)   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    United Kingdom   Cardiff   2019年07月26日  -  2019年07月22日

  • A leader’s request and rapport in emergency care simulation: a multimodal corpus analysis 査読有り

    Keiko Tsuchiya, Akira Taneichi, Kyota Nakamura, Takuma Sakai, Takeru Abe, Takeshi Saitoh

    日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌 ( 日本ヘルスコミュニケーション学会 )   10 ( 1 )   36 - 41   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic Body Circumference Measurement Technique for a More Realistic Virtual Fitting Room Experience 査読有り

    Tomi B., Sunar M., Mohamed F., Saitoh T., Mokhtar M., Luis S.

    2018 IEEE Conference on e-Learning, e-Management and e-Services, IC3e 2018   56 - 60   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. A body measurement technique for virtual apparel by using angle-based algorithm is presented. The existing virtual apparel or virtual fitting room system only focus on normal-sized human body. This paper proposes a technique that will allow the system to measure accurately and dynamically, to be used by users with various body sizes, using a depth motion sensor. This paper will also discusses about the data from the depth motion sensor, and how the data is processed using the proposed angle-based algorithm and ellipse perimeter equation. Experiments from this study have shown that the system can measure various human body size and the calculated measurement using the technique is almost the same as the actual measurement of the user's body. Potential application of this technique and future plan are also discussed.

    DOI: 10.1109/IC3e.2018.8632636

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85062847742&origin=inward

  • CNN-based tree species identification from bark image 査読有り 国際誌

    Ido J., Saitoh T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11069   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © COPYRIGHT SPIE. Downloading of the abstract is permitted for personal use only. This paper proposes a convolutional neural network (CNN)-based tree species identification method from bark image. The proposed method uses the well-known CNN model. The difficulty of our problem is to use a special tree image in which a colorful tag is stick on the bark. The tag is irrelevant to the species. In order to recognize with CNN, it is necessary to extract a region (ROI) excluding the tag. Thus, this paper proposes a ROI extraction method. Extracted ROI is fed to CNN. We evaluated the proposed method with six tree species. We carried out the evaluation experiment with various conditions, and found an optimal condition for our problem.

    DOI: 10.1117/12.2524213

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065800899&origin=inward

  • Character input system based on gaze input using wearable camera 査読有り 国際誌

    Chinsatit W., Kondo N., Saitoh T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11069   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © COPYRIGHT SPIE. Downloading of the abstract is permitted for personal use only. This research presents the character input system by using wearable camera based gaze estimation system (GES) for disorders. The GES is the system that can estimate the user's gaze direction. The proposed system uses the inside-out camera to get the user's gaze image. This system uses the gaze image to classify the character and create the word. Proposed system consists of two processes: Gazes estimation process and character recognition process. This research uses the Convolutional Neural Network (CNN) method to archive the good accuracy. By using the proposed method to train the model, the system was confirmed through evaluation experiments. The experimental results show the good accuracy of the proposed system compared with the previous research.

    DOI: 10.1117/12.2524411

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065789895&origin=inward

  • 英語プレゼンテーション動画視聴時の日本人英語学習者の注視点解析

    冬野 美晴, 山下 友子, 齊藤 剛史

    本教育メディア学会年次大会プロシーディング   26   127 - 128   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Research

  • A leader’s request and rapport in emergency care simulation: a multimodal corpus analysis. 査読有り

    土屋 慶子, 安部 猛, 齊藤 剛史

    The Journal of the Japanese Association of Health Communication.   10(1)   36 - 41   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Research

  • SSSD: Speech Scene database by Smart Device for Visual Speech Recognition 査読有り

    Saitoh T., Kubokawa M.

    Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   2018-August   3228 - 3232   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. Speech scenes of conventional databases available for lip reading or visual speech recognition (VSR), were record with a video camera fixed on a tripod in a well-maintained environment. On the other hand, VSR is expected to be used in smart devices such as smartphone and tablet as an interface. Therefore, collecting the speech scenes recorded with these devices is an important task for practical use of VSR. In this paper, we collect Japanese word utterance scenes taken with smart device, and build a new publicly available database named speech scene database by smart device (SSSD) for VSR. Moreover, we apply the existing method to our database and show baseline recognition accuracy.

    DOI: 10.1109/ICPR.2018.8545664

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85059762033&origin=inward

  • Effectiveness of Data Augmentation for CNN-Based Pupil Center Point Detection 査読有り

    Kan N., Kondo N., Chinsatit W., Saitoh T.

    2018 57th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2018   41 - 46   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 The Society of Instrument and Control Enginners - SICE. Convolutional neural network (CNN) is one of the appearance-based methods, and this method has a potential for pupil center point detection problem. However, CNN requires a very large amount of training data. To overcome this problem, data augmentation (DA) is useful solution. In this paper, we investigate the effects of three DA approaches; affine transformation-based approach, synthetic image-based approach, and generative adversarial network (GAN)-based approach, and evaluate the effectiveness of DA for pupil center point detection task using an off-the-shelf CNN model. We set eleven conditions of the training data, and evaluated the detection accuracy. The result showed that higher detection accuracy was obtained for eye image by applying affine transformation. In our pupil center point detection task, it is found that affine transformation-based approach of DA is effective.

    DOI: 10.23919/SICE.2018.8492593

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85056711036&origin=inward

  • Excretion Prediction Using Nursing Record System Log Data 査読有り

    Saitoh T., Yamada I., Yoshioka Y.

    2018 57th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2018   1618 - 1623   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 The Society of Instrument and Control Enginners - SICE. Excretion assistance that helps excretion is one of the most important care innursing care, however, there are many troubles concerning excretion at nursing care sites. This paper proposes a novel method to extract features from log data of nursing record system and to discriminate excretion or non-excretion for improving quality of life of care recipient and reducing work burden of caregiver. In the proposed method, excretion / non-excretion prediction is considered as a two-class classification problem. Here, no excretion data is recorded in the log data, and excretion time is not a true excretion time. Therefore, several temporal parameters are defined for feature extraction. Evaluation experiments of urination / non-urination and defecation / non-defecation were conducted under the conditions of person dependent task and person independent task using four log data recorded in the special nursing home for the elderly. As a result, recognition accuracy of 75% for urination / non-urination and 85% for defecation / non-defecation were obtained and the effectiveness of the proposed method was confirmed.

    DOI: 10.23919/SICE.2018.8492590

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85056716876&origin=inward

  • Image-based Attention Level Estimation of Interaction Scene by Head Pose and Gaze Information 査読有り

    Komiya R., Saitoh T., Shimada K.

    Proceedings - 17th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2018   497 - 501   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. In many situations such as chat and discussion, we interact with other people, and interaction analysis is useful for improving communication skills and evaluating a learning effect of education. Although the audio information is possible to analyze the speaker behavior, it is difficult to analyze the non-speaker. On the other hand, the image information is possible to estimate the inside information, such as the concentration level and understanding level of the interaction of the non-speaker not only the speaker by using nodding, face direction, facial expression, and gaze. This paper proposes an image-based method to automatically estimate the attention level of participants for the interaction scene. We collected simulated interaction scenes by using the omnidirectional camera, and applied the proposed method. As a result, we confirmed the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.1109/ICIS.2018.8466462

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85055721201&origin=inward

  • Construction of a liar corpus and detection of lying situations 査読有り

    Takabatake S., Shimada K., Saitoh T.

    Proceedings - 2018 Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS-ISIS 2018   971 - 976   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. Recognizing lies in human interaction is one of the most important and challenging tasks in artificial intelligence. For example, it leads to the development of a human-computer interaction system that detects a liar in a conversation. In another example, some systems in the future might occasionally need to tell a lie for not hurting user's feelings, namely a white lie for trouble-free conversations. In this paper, we construct a video corpus for developing a system that detects lies in conversations. The corpus consists of 540 question-answer pairs by 9 persons; 270 true answers and 270 lies. We manually analyze the images in the corpus for recognizing lies. In addition, we apply machine learning techniques, support vector machines with local binary pattern features and geometric features, to our corpus. We discuss the results of the analysis of the corpus and the machine learning approaches to our corpus.

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2018.00161

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85067133291&origin=inward

  • Analysing a leader’s eye gaze in emergency care simulation 査読有り 国際誌

    Sakai, T, Nakamura, K, Abe, T, Saitoh, T, Taneichi, A, Tsuchiya, K

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2018   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Amsterdam   2018年05月02日  -  2018年05月04日

  • サイレント音声認識

    齊藤剛史

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌) ( 日本知能情報ファジィ学会 )   30 ( 2 )   110 - 110   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Multimodal analysis of public speaking performance by EFL learners: Applying deep learning to understanding how successful speakers use facial movement 査読有り

    Fuyuno M., Komiya R., Saitoh T.

    Asian Journal of Applied Linguistics   5 ( 1 )   117 - 129   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018, The Asian Journal of Applied Linguistics. Although multimodal corpus analysis has been widely practiced in the field of applied linguistics, few studies have investigated performance of English public speaking by EFL learners. Needs for effective public speaking are fundamental in the globalizing society; however, performing public speaking in English is challenging for EFL learners, and objective analysis on factors of eye contact and speech pauses still remain few though such information is crucial in efficient teaching. This study analyses public speaking performance by EFL learners based on data from a multimodal corpus. Data were collected in an annual speech contest at a Japanese high school. Speakers presented English speeches to an audience and judges. The data consist of video and digital audio recordings of performance, as well as speech scripts and evaluation scores by contest judges. Characteristics of speakers' facial movement patterns in regard to spoken contents and the correlation between facial movements and eye movements were examined. Facial and eye movements were detected with motion tracking and the deep learning method. The results indicated that facial direction changes were not synchronized with speech pauses among highly evaluated speakers. Furthermore, the facial direction changes tended to be synchronized with content words in the spoken utterance rather than function words.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047367965&origin=inward

  • サイレント音声認識(Silent Speech Recognition) 査読有り

    齊藤 剛史

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   30 ( 2 )   110 - 110   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.3156/jsoft.30.2_110_1

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007831777

  • Image-based Attention Estimation for Interaction Scene 査読有り

    Rinko Komiya, Takeshi Saitoh, and Kazutaka Shimada

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics (ICT-ROBOT2017)   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Kinect sensor based sign language word recognition by mutli-stream HMM 査読有り

    Kodama T., Koyama T., Saitoh T.

    2017 56th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2017   2017-November   94 - 99   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. The aim of our research is a development of the sign language recognition (SLR) system for smooth communication between hearing disability people and hearing people. Sign language is consisted of three elements; hand position, hand movement, and hand shape. The proposed method is reflected all elements. Multi-stream HMM is used for the learning and recognition processes. In the experiment, two datasets: 100 Japanese sign language words dataset and 20 Italian gesture dataset, are used for evaluating the proposed method. As a result, all three elements of hand position, hand movement, and LBP-based hand shape are efficient for SLR task.

    DOI: 10.23919/SICE.2017.8105627

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044149610&origin=inward

  • Pupil center detection for infrared irradiation eye image using CNN 査読有り

    Kondo N., Chinsatit W., Saitoh T.

    2017 56th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2017   2017-November   100 - 105   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. This research proposes a convolutional neural network based pupil center detection method from an eye image which is captured by a wearable eye camera. This paper investigates the detection accuracy by applying several preprocessing, such as edge detection, and binarization. We find the preprocess method in order to speed up the computation time. We collected approximately 8,000 eye images with six subjects, and evaluated the performance, and confirmed that the proposed method obtained higher detection accuracy and have the potential to apply for a real-time application.

    DOI: 10.23919/SICE.2017.8105630

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044101536&origin=inward

  • Intensity Correction Effect for Lip Reading 査読有り

    Michiko Kubokawa and Takeshi Saitoh.

    28th British Machine Vision Conference (BMVC2017) workshop on Lip-Reading using Deep Learning Methods (LRDLM2017)   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Two features combination with gated recurrent unit for visual speech recognition 査読有り

    Iwasaki M., Kubokawa M., Saitoh T.

    Proceedings of the 15th IAPR International Conference on Machine Vision Applications, MVA 2017   326 - 329   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 MVA Organization All Rights Reserved. Recently, deep learning has attracted in the visual speech recognition (VSR) field, however, most of approaches use single feature. This paper proposes two features; image-based feature by autoencoder, and motion-based feature based on feature points, and combination approach with gated recurrent unit for VSR task. The proposed method was evaluated on a public dataset Oulu VS, and the speaker independent setting was carried out. Compared with the state-of-the-art, our method obtained the highest accuracy.

    DOI: 10.23919/MVA.2017.7986867

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85027835892&origin=inward

  • Analyzing Public Speaking for EAP Pedagogy: Factors of Better Performance 査読有り

    Miharu Fuyuno, Rinko Komiya, Takeshi Saitoh

    CAES International Conference Faces of English 2   53 - 53   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hong Kong   Pokfulam   2017年06月01日  -  2017年06月03日

  • Fish species recognition based on CNN using annotated image 査読有り

    Miyazono T., Saitoh T.

    Lecture Notes in Electrical Engineering   449   156 - 163   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2018. The objective of our research project is identify the fish species by using image processing technique. This paper proposes a novel feature-points representation method named annotated image. Furthermore, this paper proposes a fish species recognition method based on CNN using proposed annotated image. We collected 50 species of fish images, and applied to the proposed method. As the results, it was confirmed that the annotated image in which all four feature points are plotted into a channel, was obtained the highest recognition accuracy.

    DOI: 10.1007/978-981-10-6451-7_19

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85029427359&origin=inward

  • Head pose estimation using convolutional neural network 査読有り

    Lee S., Saitoh T.

    Lecture Notes in Electrical Engineering   449   164 - 171   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2018. Estimating the head pose is an important capability of a robot when interacting with humans. But there are many difficulties of human head pose estimation, such as extreme pose, lighting, and occlusion, has historically hampered. This paper addresses the problem of head pose estimation with two degrees of freedom (pitch and yaw) using a low-resolution image. We propose a method that uses convolutional neural networks for training and classifying various head poses over a wide range of angles from a single image. Evaluations on public head pose database, Prima database, demonstrate that our method achieves better results than the state-of-the-art.

    DOI: 10.1007/978-981-10-6451-7_20

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85029436349&origin=inward

  • Concatenated frame image based CNN for visual speech recognition 査読有り

    Saitoh T., Zhou Z., Zhao G., Pietikäinen M.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10117 LNCS   277 - 289   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer International Publishing AG 2017.This paper proposed a novel sequence image representation method called concatenated frame image (CFI), two types of data augmentation methods for CFI, and a framework of CFI-based convolutional neural network (CNN) for visual speech recognition (VSR) task. CFI is a simple, however, it contains spatial-temporal information of a whole image sequence. The proposed method was evaluated with a public database OuluVS2. This is a multi-view audio-visual dataset recorded from 52 subjects. The speaker independent recognition tasks were carried out with various experimental conditions. As the result, the proposed method obtained high recognition accuracy.

    DOI: 10.1007/978-3-319-54427-4_21

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85016094685&origin=inward

  • Head pose estimation and motion analysis of public speaking videos 査読有り

    Komiya R., Saitoh T., Fuyuno M., Yamashita Y., Nakajima Y.

    International Journal of Software Innovation   5 ( 1 )   57 - 71   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2017, IGI Global. Public speaking is an essential skill in a large variety of professions and also in everyday life. However, it can be difficult to master. This paper focuses on the automatic assessment of nonverbal facial behavior during public speaking and proposes simple and efficient methods of head pose estimation and motion analysis. The authors collected nine and six speech videos from a recitation and oration contest, respectively, conducted at a Japanese high school and applied the proposed method to evaluate the contestants' performance. For the estimation of head pose from speech videos, their method produced results with an acceptable level of accuracy. The proposed motion analysis method can be used for calculating frequencies and moving ranges of head motion. The authors found that the proposed parameters and the eye-contact score are strongly correlated and that the proposed frequency and moving range parameters are suitable for evaluating public speaking. Thus, on the basis of these features, a teacher can provide accurate feedback to help a speaker improve.

    DOI: 10.4018/IJSI.2017010105

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85024120529&origin=inward

  • CNN-Based Pupil Center Detection for Wearable Gaze Estimation System 査読有り

    Chinsatit W., Saitoh T.

    Applied Computational Intelligence and Soft Computing   2017   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Warapon Chinsatit and Takeshi Saitoh. This paper presents a convolutional neural network- (CNN-) based pupil center detection method for a wearable gaze estimation system using infrared eye images. Potentially, the pupil center position of a user's eye can be used in various applications, such as human-computer interaction, medical diagnosis, and psychological studies. However, users tend to blink frequently; thus, estimating gaze direction is difficult. The proposed method uses two CNN models. The first CNN model is used to classify the eye state and the second is used to estimate the pupil center position. The classification model filters images with closed eyes and terminates the gaze estimation process when the input image shows a closed eye. In addition, this paper presents a process to create an eye image dataset using a wearable camera. This dataset, which was used to evaluate the proposed method, has approximately 20,000 images and a wide variation of eye states. We evaluated the proposed method from various perspectives. The result shows that the proposed method obtained good accuracy and has the potential for application in wearable device-based gaze estimation.

    DOI: 10.1155/2017/8718956

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85042094141&origin=inward

  • カーロボ連携大学院での自動車・ロボットの知能化高度化に向けた専門人材育成

    森江 隆, 石井 和男, 我妻 広明, 田向 権, 榎田 修一, 齊藤 剛史, 松永 良一, 松波 勲, 大貝 晴俊

    工学教育   65 ( 4 )   4_51 - 4_56   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The Joint Graduate School Intelligent Car and Robotics Course, called “Car-Robo Joint Graduate School” is an educational program that started in 2012 mainly at The Kitakyushu Science and Research Park (KSRP). Graduate schools of engineering in Kyushu Institute of Technology, the University of Kitakyushu, and Waseda University at KSRP participate in this program. The purpose of this program is to foster highly skilled personnel in technical fields on intelligent car and robot technology. They will gain practical ability as leaders, mastering their special fields, understanding the peripheral technologies, and leading research and development teams. The special-feature program of this course is seven comprehensive practicums as team learning. Internship students of national colleges of technology and other universities as well as master and PhD course students of these graduate schools participate in the practicums.

    DOI: 10.4307/jsee.65.4_51

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005966874

  • 大学講義における小中学校児童生徒向けの理科教室の試み 査読有り

    齊藤 剛史

    工学教育   65 ( 5 )   5_54 - 5_58   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This study proposes a new mechanism for training specialists who are conscious of disinterest in science through implementation of science class for elementary and junior high school students in university lecture. This paper summarizes our activities over the five years, and shows the educational significance and results. University students will learn about science education, safety education, and improve their qualities as instructors by not only devising science experiment themes but also implementing science class. Participating students will raise their interest in science, feel university students close to them, promote a wide range of careers, including the go to university.

    DOI: 10.4307/jsee.65.5_54

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006110349

  • Kinectを用いた手話認識

    齊藤 剛史

    設計工学 ( 日本設計工学会誌,Vol.51,No.11,pp.760-764,(2016.11). 齊藤 剛史.画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発,日 )   51 ( 11 )   760 - 764   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • LBP-TOP based Facial Expression Recognition using Non Rectangular ROI 査読有り

    Masaya Iwasaki, Takeshi Saitoh

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   釜山   2016年09月07日  -  2016年09月09日

  • CNN for pupil center detection 査読有り

    Warapon Chinsatit, Takeshi Saitoh

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   釜山   2016年09月07日  -  2016年09月09日

  • Head pose estimation and movement analysis for speech scene 査読有り

    Komiya R., Saitoh T., Fuyuno M., Yamashita Y., Nakajima Y.

    2016 IEEE/ACIS 15th International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2016 - Proceedings   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 IEEE.Public speaking is an essential skill for a large variety of professions and in everyday life. However, it is difficult to master the skills. This paper focuses on the automatic assessment of nonverbal facial behavior of public speaking and proposes simple and efficient method of head pose estimation and motion analysis. We collected nine speech scenes of the recitation contest in a Japanese high school, and applied the proposed method to evaluate the performance. As for the head pose estimation, our method was obtained acceptable accuracy for the speech scene. Proposed motion analysis method can be calculated frequencies and moving ranges of head motion. As the result, it was found that there is correlation between the moving range and eye contact score.

    DOI: 10.1109/ICIS.2016.7550793

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84988019765&origin=inward

  • Improvement of eye detection performance for inside-out camera 査読有り

    Chinsatitf W., Saitoh T.

    2016 IEEE/ACIS 15th International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2016 - Proceedings   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 IEEE.This paper presents a fast and precious eye detection technique by using gradient value for improve the performance of inside-out camera. The propose methods using gradient vector to estimate a temporary pupil position before using ellipse fitting to detect actual eye position. We collected 280 eye images that capture from our inside-out camera, and apply the proposed method and previous method to the dataset. The experimental results show that the propose method is improving performance of wearable gaze estimation system.

    DOI: 10.1109/ICIS.2016.7550794

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84987958832&origin=inward

  • Image-based fish recognition 査読有り

    Saitoh T., Shibata T., Miyazono T.

    Proceedings of the 2015 7th International Conference of Soft Computing and Pattern Recognition, SoCPaR 2015   260 - 263   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2015 IEEE. We are studying image-based fish identification. Most of traditional approaches used a fish image which was easy to extract a fish region with a white background or uniform background for automatic processing. This research adapted an approach to give several points by manual operation by the user. The proposed approach is able to accept the fish image in the complicated background taken on the rocky place. Furthermore, to investigate the efficient features for fish recognition, we defined various features, such as, shape features, local features, and six kinds of texture features. We collected 129 species under various photography conditions, and the proposed method was carried out to it. As the results, it was confirmed that a combination features with geometric features and BoVW models obtained the highest recognition accuracy.

    DOI: 10.1109/SOCPAR.2015.7492817

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84979258309&origin=inward

  • Character Input System using Gaze Estimation 査読有り

    Warapon Chinsatit, Masataka Shibuya, Kenji Kawada, Takeshi Saitoh

    International Conference on Communication Systems and Computing Application Science   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   Jeju   2016年03月19日  -  2016年03月20日

  • Semantic Structure, Spech Units and Facial Movements: Multimodal Corpus Analysis of English Public Speaking 査読有り

    Miharu Fuyuno, Yuko Yamashita, Takeshi Saitoh, Yoshitaka Nakajima

    International Conference on Corpus Linguistics   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Malaga   2016年03月02日  -  2016年03月04日

  • D-15-32 スピーチ指導のための顔特徴点を用いた話者頭部の動き解析(D-15.教育工学,一般セッション)

    小宮 凜子, 齊藤 剛史, 冬野 美晴, 山下 友子, 中島 祥好

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   2016 ( 1 )   211   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Feature points based fish image recognition 査読有り

    Saitoh T., Shibata T., Miyazono T.

    International Journal of Computer Information Systems and Industrial Management Applications   8   12 - 22   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © MIR Labs.We are studying image-based fish identification. Most traditional approaches use a fish image wherein extraction is easy given that the fish region contrasts with a white or uniform background. This research introduces an approach to give several feature points by manual operation. In our proposed approach, we are able to accept fish image with complicated background, including rocky area. Further, to investigate efficient features for fish recognition in image, we define various features, including geometric features, bag of visual words (BoVW) models, and texture features. We collected images comprising 129 fish species under various photographic conditions and applied our proposed method to these images. From our results, we confirmed that a combination of geometric features and BoVW models obtained the highest recognition accuracy.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84963527448&origin=inward

  • Area Type Judgment of Mathematical Document Using Movements of Gaze Point 査読有り

    Ryoji Fukuda, Yuki Ogino, Kenji Kawada, Takeshi Saitoh

    20th Asian Technology Conference in Mathematics   346 - 353   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Leshan   China   2015年12月16日  -  2015年12月20日

  • Optical flow based lip reading using non rectangular ROI and head motion reduction 査読有り

    Shiraishi J., Saitoh T.

    2015 11th IEEE International Conference and Workshops on Automatic Face and Gesture Recognition, FG 2015   2015年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2015 IEEE. The mouth and the lips are deformed by muscles, and such deformations appear on the surface of the skin. Optical flow can be estimated by these deformations. In this study, we investigate optical flow-based lip reading. In natural speech, we slightly move our head, with speech without head movement being restricted. However, traditional optical flow-based approaches have not considered head movement of the speaker. Moreover, movement of the skin varies with facial placement. However, traditional approaches only consider a rectangular region of interest (ROI). This study addresses previous problems and proposes a novel optical flow-based lip reading method that includes head motion and employs facial features based ROIs. We demonstrate that our method exhibits the highest performance among several other methods for lip reading.

    DOI: 10.1109/FG.2015.7163160

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84944930950&origin=inward

  • OKIRAKU search: Leaf images based visual tree search system 査読有り

    Saitoh T., Iwata T., Wakisaka K.

    Proceedings of the 14th IAPR International Conference on Machine Vision Applications, MVA 2015   242 - 245   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2015 MVA organization. This paper addresses leaf images based visual tree search system called OKIRAKU Search. A user photographs an isolated leaf on a white background, and inputs the photographs to the system. The system automatically extracts the leaf region and computes shape features and color features, and searches it in the known species. The system shows the user the top matched species. The point of our approach is to accept either front leaf image or rear leaf image, or both images. We investigate the effectiveness of the features and images. In our experiment, 297 classes (278 species) are uniquely collected in the fields around our campus. The experimental results reveal that our proposed method obtains high performance. Moreover, we have developed a prototype tree search systems for mobile phone version and web-based version implemented the proposed method.

    DOI: 10.1109/MVA.2015.7153176

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84941195066&origin=inward

  • Applicability of Gaze Points for Analyzing Priorities of Explanatory Elements in Mathematical Documents 査読有り

    Ryoji Fukuda, Junki Iwagami, Takeshi Saitoh

    Proc. of 19th Asian Technology Conference in Mathematics   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Yogyakarta   2014年11月26日  -  2014年11月30日

  • チュートリアル講演 機械読唇技術 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント) 招待有り

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   114 ( 33 )   29 - 34   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    機械読唇技術とは,コンピュータを用いて視覚情報より獲得される口唇の動きのみを用いて発話内容を理解する技術である.機械読唇技術は音声認識技術の補助や障害者のコミュニケーション支援など様々な応用が期待されているが,実用レベルにはまだ達していない.本稿では,機械読唇技術に関する基礎技術から公開データベースや発話内容,撮影機器,撮影方向,フレームレートおよび応用などのトピックスを中心に機械読唇技術について解説する.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009902387

  • 画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発

    齊藤剛史

    画像ラボ ( 日刊工業出版 )   1 - 7   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 画像処理技術を用いた樹木同定に関する研究 査読有り

    齊藤 剛史, 岩田 聡大

    情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] ( 一般社団法人情報処理学会 )   2014 ( 14 )   1 - 8   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    本論文では画像処理技術を用いた樹木同定に関する研究として葉画像と樹皮画像を用いた二つのアプローチを検討する.葉画像に関しては,先行研究と同様に白背景で撮影した葉表と葉裏の 2 枚の画像を利用する.さらに先行研究を発展させて,基部と葉先の自動検出法および 25 個の特徴量を提案する.278 種 297 クラスの大規模データセットに対して提案手法および従来手法の比較実験を実施した.その結果,第 5 候補までを考慮した場合,95.1 %の高い認識率を得た.一方,樹皮画像に関しては,52 種のデータセットに対して既存のテクスチャ解析手法 6 種を適用した.その結果,LBP が第 5 候補までを考慮した場合,79.3 %の最も高い認識率を得た.二つのアプローチを通じて画像処理技術による樹木同定の可能性を示した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009673564

  • 画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発 査読有り

    齊藤剛史

    情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] ( 一般社団法人情報処理学会 )   2014 ( 15 )   1 - 5   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    本研究では割り箸生産における選別工程の機械化を目標とし,画像処理による割り箸原形の外観検査システムの試作機を開発する.本論文で処理対象とする割り箸原形は杉材である.この原形に対して 2 台のカメラで撮影した画像を用いて (A) 目込み・目粗,(B) 皮付き・非皮付き,(C) 半赤・非半赤の 3 項目を検査する手法を提案する.検査項目 (A) に対しては輝度値波形の解析により木目数を計測する手法,検査項目 (B) に対しては HS 色空間において判別分析を適用する手法,検査項目 (C) に対しては輝度値波形の傾きを定量化して判別する手法をそれぞれ提案する.試作機を稼働させて 2000 本の原形画像を撮影して判別実験を行った.その結果,全ての項目において 0.96 以上の高い正解率を確認し提案手法の有効性を確認した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009673565

  • 指先注視キャリブレーションを利用した注視点推定 (パターン認識・メディア理解) 査読有り

    岩上 純生, 齊藤 剛史

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   113 ( 431 )   189 - 194   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    本論文では,ユーザが指先を注視することで特別な器具を必要としない指先注視キャリブレーションを利用した注視点推定を提案する.提案手法では独自に開発した2台のカメラ(Eyeカメラ,Sceneカメラ)および赤外線LED群から構成されるInside-Outカメラを用いる.キャリブレーションモードでは,Eyeカメラ画像に対しては瞳孔中心を検出し,Sceneカメラ画像に対しては指先を検出する.注視モードでは,Eyeカメラ画像から検出された瞳孔中心を用いてSceneカメラの注視点を推定する.様々な指先文字の形状や複数被験者に対して注視点推定実験を実施した.その結果,約2.2°の平均視野角度誤差で注視点を推定可能であることを確認した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009837992

  • 距離画像を用いた単一指文字認識 (パターン認識・メディア理解) 査読有り

    井上 快, 小山 智己, 齊藤 剛史

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   113 ( 431 )   195 - 199   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    指文字は手の形を文字言語に対応させた視覚言語であり,動きを伴う指文字と動きを伴わない指文字がある.従来研究の多くは,動きを伴わない清音の指文字が対象とされていた.本論文では清音だけでなく濁音や半濁音など動きを伴う日本の全指文字を対象として,距離画像を用いた単一指文字認識手法を提案する.提案手法の概要は以下のとおりである.RGB-Dセンサより取得した距離画像より右手領域を抽出する.手領域より特徴量を算出し,HMMを用いて認識する.日本の81指文字を認識対象とし,被験者5名に対して評価実験を実施した.その結果,96%の平均認識率を得て提案手法の有効性を示した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009837993

  • Eigenlips using RGB-D Cameras for Lip Reading 査読有り

    Yuki Takasaki, Takeshi Saitoh, Tomoki Koyama

    20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2014)   180 - 183   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Okinawa   2014年02月04日  -  2014年02月06日

  • Easy Calibration for Gaze Estimation using Inside-Out Camera 査読有り

    Junki Iwagami, Takeshi Saitoh

    20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2014)   292 - 297   2014年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Okinawa   2014年02月04日  -  2014年02月06日

  • Vanishing point-based road detection for general road images 招待有り 査読有り

    Bui T., Saitoh T., Nobuyama E.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E97-D ( 3 )   618 - 621   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper proposes a vanishing point-based road detection method. Firstly, a vanishing point is detected using a texture-based method proposed in a recent study. After that, a histogram is generated for detecting two road borders. The road area is defined as the region between the two road borders and below the vanishing point. The experimental results demonstrate that our method performs well in general road images. Copyright © 2014 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transinf.E97.D.618

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84897680454&origin=inward

  • Road area detection based on texture orientations estimation and vanishing point detection 査読有り

    Bui T., Saitoh T., Nobuyama E.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   1138 - 1143   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Estimating a proper location of the road area from a single road image plays an essential role in autonomous driving systems and driver assistant systems. In this paper, we propose a new road area detection method based on texture orientations estimation and vanishing point detection. This method first estimates a vanishing point using a texture-based soft voting algorithm proposed in our recent study. After that, texture orientations and color information are combined in order to generate a histogram for estimating two most dominant road borders. The road area is defined as a region between the two detected road borders and below the estimated vanishing point. The proposed method has been imple- mented and tested in 1000 road images which contain large variations in color, texture, lighting condition and surrounding environment. The experimental results demonstrate that our method performs well in challenging conditions.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84888592693&origin=inward

  • Tree recognition based on leaf images 査読有り

    Iwata T., Saitoh T.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   2489 - 2494   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper addresses an image-based tree recognition method using shape features and color features of leaf images. Our method requires two leaf images including a front leaf image and a rear leaf image which are placed on a white background. Firstly, a leaf region is automatically extracted using a graph cuts-based method. Next, sixteen shape features, six color features, and one size feature are calculated from the extracted leaf region. These features are fed to random forests. In our experiments, 96 classes (92 species) with 20 samples are collected in fields around our campus. The experimental results reveal that the recognition accuracy of the rear leaf is higher than that of the front leaf.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84888628912&origin=inward

  • 画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発 査読有り

    齊藤 剛史,今村 将訓,福井 幸美

    電子情報通信学会論文誌   J96-D ( 10 )   2570 - 2579   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発 (システム開発論文特集) 査読有り

    齊藤 剛史, 今村 将訓, 福井 幸美

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   96 ( 10 )   2570 - 2579   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    本研究では割り箸生産における選別工程の機械化を目標とし,画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発を目的とする.本論文で処理対象とする割り箸原形は杉材である.この原形に対して2台のカメラで撮影した画像を用いて(A)目込み・目粗,(B)皮付き・非皮付き,(C)半赤・非半赤の3項目を検査する手法を提案する.検査項目(A)に対しては,輝度値波形の解析により木目数を計測する手法,検査項目(B)に対しては,HS色空間において判別分析を適用する手法,検査項目(C)に対しては,輝度値波形の傾きを定量化して判別する手法をそれぞれ提案する.試作機を稼働させて2000本の原形画像を撮影して判別実験を行った.その結果,全ての項目において0.96以上の高い正解率を確認し,提案手法の有効性を確認した.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009674129

  • Road Area Detection Based on Texture Orientations Estimation and Vanishing Point Detection 査読有り

    Trung Hieu Bui, Takeshi Saitoh, Eitaku Nobuyama

    Proc. of SICE Annual Conference   1138 - 1143   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2013年09月14日  -  2013年09月17日

  • Tree Recognition based on Leaf Images 査読有り

    Toshiriro Iwata, Takeshi Saitoh

    Proc. of SICE Annual Conference   2489 - 2494   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2013年09月14日  -  2013年09月17日

  • Efficient Face Model for Lip Reading 査読有り

    Takeshi Saitoh

    12th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing (AVSP2013)   227 - 232   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   2013年08月29日  -  2013年09月01日

  • H-031 葉の表裏を利用した樹木の画像認識(H分野:画像認識・メディア理解,一般論文)

    岩田 聡大, 齊藤 剛史

    情報科学技術フォーラム講演論文集 ( FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会 )   12 ( 3 )   161 - 162   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009814247

  • H-052 講義映像における移動物体動線の自動検出(H分野:画像認識・メディア理解,一般論文)

    西野 博貴, 齊藤 剛史

    情報科学技術フォーラム講演論文集 ( FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会 )   12 ( 3 )   207 - 208   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009814266

  • 「回路シミュレータQucsによる電子回路入門」(導入編)

    齊藤 剛史

    月刊I/O ( 工学社 )   38 ( 6 )   60 - 61   2013年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Development of Initial Inspection System for Wooden Chopsticks by Image Processing 査読有り

    Takeshi Saitoh, Masanori Imamura, Yukimi Fukui

    Proc. of 11th International Conference on Quality Control by Artificial Vision (QCAV2013)   75 - 80   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Fukuoka   2013年05月30日  -  2013年06月01日

  • 読唇技術の現状と展望

    齊藤剛史

    電波技術協会報FORN ( 電波技術協会 )   ( 292 )   32 - 35   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Kinect を利用した指文字認識に関する検討

    井上 快, 齊藤 剛史

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会   2013 ( 1 )   45 - 50   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10031142042

  • Kinectを利用した指文字認識に関する検討 (MEとバイオサイバネティックス)

    井上 快, 齊藤 剛史

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   112 ( 417 )   45 - 50   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    本論文ではMicrosoft社製Kinectを用いた指文字認識手法を提案する.Kinectより得られた距離画像から右手領域を自動的に抽出する.次に手領域より指の本数,アスペクト比,外接矩形と手領域の面積比,円形度,距離分布比およびフーリエ記述子の6種類の特徴量を求め,最後にSVMを用いて認識する.リアルタイム処理では,誤認識を防ぐために静止判定および投票処理を導入する.動きを伴わない41種類の日本指文字を認識対象とし,被験者5名に対して評価実験を実施した.その結果,特定人物認識実験では平均認識率95%,不特定人物認識では平均認識率53%の認識率を得た.

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009727765

  • Development of communication support system using lip reading 査読有り

    Saitoh T.

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   8 ( 6 )   574 - 579   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper develops a complete communication support system for speech and hearing disorders using lip reading. The proposed system is a high-level system and consists of a face detector using the Viola-Jones method, lip extraction based on the active appearance model, dynamic programming matching, automatic utterance section extraction, camera control, and message output. We implemented the system in a commercial laptop, and carried out the recognition experiments on 50 Japanese phrases with four subjects for more than 1 month and obtained high recognition accuracy. Furthermore, we demonstrated it in various situations such as the sitting position, supine position, and holding position. We confirmed that our system can be used in various situations. © 2013 Institute of Electrical Engineers of Japan.

    DOI: 10.1002/tee.21898

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84885833913&origin=inward

  • A texture-based local soft voting method for vanishing point detection from a single road image 査読有り

    Bui T., Nobuyama E., Saitoh T.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E96-D ( 3 )   690 - 698   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Estimating a proper location of vanishing point from a single road image without any prior known camera parameters is a challenging problem due to limited information from the input image. Most edge-based methods for vanishing point detection only work well for structured roads with clear painted lines or distinct boundaries, while they usually fail in unstructured roads lacking sharply defined, smoothly curving edges. In order to overcome this limitation, texture-based methods for vanishing point detection have been widely published. Authors of these methods often calculate the texture orientation at every pixel of the road image by using directional filter banks such as Gabor wavelet filter, and seek the vanishing point by a voting scheme. A local adaptive soft voting method for obtaining the vanishing point was proposed in a previous study. Although this method is more effective and faster than prior texture-based methods, the associated computational cost is still high due to a large number of scanning pixels. On the other hand, this method leads to an estimation error in some images, in which the radius of the proposed half-disk voting region is not large enough. The goal of this paper is to reduce the computational cost and improve the performance of the algorithm. Therefore, we propose a novel local soft voting method, in which the number of scanning pixels is much reduced, and a new vanishing point candidate region is introduced to improve the estimation accuracy. The proposed method has been implemented and tested on 1000 road images which contain large variations in color, texture, lighting condition and surrounding environment. The experimental results demonstrate that this new voting method is both efficient and effective in detecting the vanishing point from a single road image and requires much less computational cost when compared to the previous voting method. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transinf.E96.D.690

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84878262881&origin=inward

  • 「はじめてのパターン認識」(平井有三 著) 招待有り

    齊藤 剛史

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   52 ( 7 )   658 - 658   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.11499/sicejl.52.658

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006725711

  • Road Detection Based on an Estimated Vanishing Point and Color Information 査読有り

    Trung Hieu Bui, Eitaku Nobuyama, Takeshi Saitoh

    World Academy of Science, Engineering and Technology   71   1748 - 1753   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2012年11月29日  -  2012年11月30日

  • Leaf Recognition using Shape and Color Features 査読有り

    Takeshi Saitoh, Toshihiro Iwata

    World Academy of Science, Engineering and Technology   71   1734 - 1739   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2012年11月29日  -  2012年11月30日

  • Development of inspection system for wooden chopsticks 査読有り

    Saitoh T.

    Proceedings of the 12th IAPR Conference on Machine Vision Applications, MVA 2011   247 - 250   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Our aim is to development of the inspection system of wooden chopsticks, and in this paper, we develop the prototype for high-class disposable wooden chopsticks by computer vision technology. We propose a method of inspecting the four items of fine grain sample, coarse grain sample, unpeeled sample, and defective sample. Moreover, we addressed not only the proposal of the algorithm but development of a prototype system. We carried out the inspection experiment to 1050 samples, and evaluated quantitatively. As the results, for four items of fine grain sample, coarse grain sample, unpeeled sample, and defective sample, 98.5%, 82.2%, 98.9%, and 95.8% of F-measures were obtained.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84872514883&origin=inward

  • Real-time lip reading system for fixed phrase and its combination 査読有り

    Saitoh T.

    1st Asian Conference on Pattern Recognition, ACPR 2011   461 - 464   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents a high-level real-time lip reading system that can recognize both fixed phrase and its combination. Lip reading provides an important means for realizing a communication support interface for speech handicaps. The approach is based on the Viola-Jones face detector, lip extraction based on active appearance model, automatic utterance section detector, and phrase classifier using DP matching. Our system has two unique ideas; combined phrase recognition, and remove false recognition phrase from a target list. These ideas are simple but efficient in practical use. We demonstrated our system with five subjects and confirmed the usefulness. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ACPR.2011.6166595

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84862873152&origin=inward

  • Development of Communication Support System using Lip Reading 査読有り

    Takeshi Saitoh

    10th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing (AVSP2011)   117 - 122   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Volterra   2011年08月31日  -  2011年09月03日

  • Development of Inspection System for Wooden Chopsticks 招待有り 査読有り

    Takeshi Saitoh

    IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA 2011)   247 - 250   2011年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 発話シーンからのキーフレーム検出とキーフレームに基づく単語読唇 査読有り

    齊藤剛史,森下和敏,小西亮介

    電気学会論文誌   131 ( 2 )   418 - 424   2011年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Keyframe extraction from utterance scene and keyframe-based word lip reading 査読有り

    Saitoh T., Morishita K., Konishi R.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   131 ( 2 )   418 - 424   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the field of speech recognition, the research on the auditory speech recognition which obtains high recognition accuracy tackles actively. However, in the recognition only using audio information, it is easy to be affected by the influence of surrounding noise, and there is a problem to which use environment is restricted. In recent years, the lip reading attracts attention as one of the interfaces in which use in the scene where the public place and noisy environment place is possible. Many of researches on the conventional lip reading are the word-based approach which recognize based on the information which taken the utterance scene of the word used as the candidate for recognition in advance. In this case, when changing a recognition word, it is necessary to newly take an utterance scene and to re-learn. For this reason, there is a problem which cannot recognize the word which is not registered. Then, in this paper, we propose the new keyframe-based lip reading method which does not need the advanced registration of an utterance scene. © 2011 The Institute of Electrical Engineers of Japan.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.131.418

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80052411229&origin=inward

  • Real-time word lip reading system based on trajectory feature 査読有り

    Saitoh T., Konishi R.

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   6 ( 3 )   289 - 291   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper describes a real-time word lip reading system. Although our system is based on a word lip reading method already proposed, this system adapts to the user facial movements that cannot be avoided in a real-time process. With nine subjects, we obtained an average recognition rate of 89% for 14 Japanese words. Moreover, we carried out additional experiments with the system under various conditions, and verified the robustness and usefulness of our system. © 2011 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.

    DOI: 10.1002/tee.20658

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79953867793&origin=inward

  • スケジューリングによる待機電力削減機能を持つ多機能コンセントの開発 招待有り 査読有り

    明山寛史,川村尚生,笹間俊彦,菅原一孔,齊藤剛史,小西亮介

    情報処理学会論文誌   51 ( 12 )   2287 - 2297   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Profile lip reading for vowel and word recognition 査読有り

    Saitoh T., Konishi R.

    Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   1356 - 1359   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper focuses on the profile view, which is the second most typical angle after the frontal face, and proposes a profile view lip reading method. We applied the normalized cost method to detect profile contour. Five feature points, the tip of the nose, upper lip, lip corner, lower lip, and chin, were detected from the contour, and eight features obtained from the five feature points were defined. We gathered two types of utterance scenes, five Japanese vowels and 20 Japanese words. We selected 20 combinations based on the eight features and carried out recognition experiments. Recognition rates of 99% for vowel recognition and 86% for word recognition were obtained with five features: two lip heights, two protrusion lengths, and one lip angle. © 2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICPR.2010.335

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78149476156&origin=inward

  • A study of influence of word lip reading by change of frame rate 査読有り

    Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    9th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing (AVSP2010)   131 - 136   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   神奈川   2010年09月30日  -  2010年10月03日

  • Current Sensor based Home Appliance and State of Appliance Recognition 査読有り

    Takeshi Saitoh,Tomoyuki Osaki,Ryosuke Konishi,Kazunori Sugahara

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   3 ( 2 )   86 - 93   2010年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Word Lip Reading in Various Tones 招待有り 査読有り

    Takeshi Saitoh,Hiroyuki Ishikura,Ryosuke Konishi

    16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2010)   304 - 308   2010年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   広島   2010年02月04日  -  2010年02月05日

  • Voice activated wheelchair with collision avoidance using sensor information 査読有り

    Murai A., Mizuguchi M., Nishimori M., Saitoh T., Osaki T., Konishi R.

    ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings   4232 - 4237   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper develops a functional voice activated wheelchair. Various interfaces to control powered wheelchair are proposed. Since the voice is the most natural communication ways for person, our study pays attention to speech recognition. The user controls the wheelchair by the interactive operation. The wheelchair does not act based on false speech recognition. However, there is a problem that is the wheelchair collides in the wall and obstacle by delaying the voice command. Then, our system applies the collision avoidance function CAF by which wheelchair avoids the wall or obstacle without voice command by using the information of two kinds of sensor. CAF assists the user to control the wheelchair without colliding in the wall or obstacle. The effectiveness of our system was confirmed through the running experiment. © 2009 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77951112765&origin=inward

  • Mobile robot with following function and autonomous return function 査読有り

    Tsuda N., Harimoto S., Saitoh T., Konishi R.

    ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings   635 - 640   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes the mobile robot consisted of following function and returning function with monocular camera. In the following function, the robot follows the target object such as the person who walks in front of robot, and moves until reaching his destination. To follow him, the region extraction method is applied. Furthermore, the robot records the moving route. In the returning function, the robot moves by tracing the recorded route. We developed the mobile robot based on the electronic wheelchair and carried out several experiments. As the result, we confirm that our robot moves both following mode and returning mode adequate accuracy. © 2009 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77951116858&origin=inward

  • Mobile robot with following and returning mode 査読有り

    Tsuda N., Harimoto S., Saitoh T., Konishi R.

    Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   933 - 938   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes the mobile robot embedded two functions, the following function and returning function in the indoor environment with monocular camera. In the following mode, the robot follows the target object such as the person who walks in front of robot, and runs until reaching his destination. To follow him, the region extraction method is applied. Furthermore, the robot records the running route. In the returning mode, the robot runs by tracing the recorded route. We developed the mobile robot based on the electronic wheelchair and carried out some experiments. As the result, we confirm that our robot runs both following and returning mode by satisfactory performance. © 2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/ROMAN.2009.5326252

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=72849143061&origin=inward

  • Elevator available voice activated wheelchair 査読有り

    Murai A., Mizuguchi M., Saitoh T., Osaki T., Konishi R.

    Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   730 - 735   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper develops a new functional voice activated wheelchair. Our system has two major functions. The first function is the collision avoidance function that the wheelchair avoids the wall and obstacle without voice command by using the sensor information. This function has three autonomous movements of the stop movement, avoidance movement and deceleration movement. The second function is the robust elevator entry/exit function which can work smoothly in a variety of situations. Various experiments were carried out and evaluate the proposed system with several conditions. As the result, our system ran indoor environment safely. Furthermore, our system was possible to entry/exit the elevator, and move between floors. © 2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/ROMAN.2009.5326329

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=72849137680&origin=inward

  • Bird tracking and flapping motion recognition for monitoring system 査読有り

    Maruyama K., Saitoh T., Konishi R.

    ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings   3613 - 3618   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Recently, the increasing bird injury is one of the social problems. To solve this problem, we set our goal to develop the monitoring system. As the first step, we focus the bird tracking and flapping motion recognition both techniques are core technologies of our goal. It is found that Mean Shift tracking based on both the color model and flow model is the most effective to track the target object compared with other well known tracking methods, such as, optical flow, color model based Mean Shift, and Particle Filter. We defined three features the flow gradient and two flow features based on the frequency analysis, and proposed the method for recognizing the flapping motion. We collected 70 scenes including the bird's flying, bird's walking, and person's walking. As the result, the flow gradient feature is the effective for recognizing the flapping motion. © 2009 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77951102480&origin=inward

  • A novel transducer: From lip motion to voice message 査読有り

    Saitoh T., Kato T., Konishi R.

    Proceedings of the 11th IAPR Conference on Machine Vision Applications, MVA 2009   410 - 413   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes the novel transducer which recognizes lip motion of the word utterance and output the recognized word as the voice message. Though, the base method of our transducer is speaker dependent word lip reading, our system is adopted the facial movement of the user. For the developed prototype system, the robustness was evaluated to the two kinds of facial movement, the distance between the user and camera changed and rotation movement of the face. As the result, we confirmed the robustness above movements. Moreover, the recognition experiment with three subjects was carried out for two word groups of 14 words and 47 words. The recognition rates of 90.0% and 82.6% were obtained with 14 words group and 47 words group, respectively.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84862905261&origin=inward

  • Mobile Robot with Following and Returning Mode 招待有り 査読有り

    Naoki Tsuda,Shuji Harimoto,Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN2009)   933 - 938   2009年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Elevator Available Voice Activated Wheelchair 招待有り 査読有り

    Akira Murai,Masaharu Mizuguchi,Takeshi Saitoh,Tomoyuki Osaki,Ryosuke Konishi

    18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN2009)   730 - 735   2009年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Voice Activated Wheelchair with Collision Avoidance Using Sensor Information 招待有り 査読有り

    Akira Murai,Masaharu Mizuguchi,Masato Nishimori,Takeshi Saitoh,Tomoyuki Osaki,Ryosuke Konishi

    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE09)   4232 - 4237   2009年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   福岡   2009年08月18日  -  2009年08月21日

  • Mobile Robot with Following Function and Autonomous Return Function 招待有り 査読有り

    Naoki Tsuda,Shuji Harimoto,Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE09)   635 - 640   2009年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   福岡   2009年08月18日  -  2009年08月21日

  • Bird Tracking and Flapping Motion Recognition for Monitoring System 招待有り 査読有り

    Kohei Maruyama,Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE09)   3613 - 3618   2009年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   福岡   2009年08月18日  -  2009年08月21日

  • 単眼カメラを用いた中央走行型の屋内移動ロボット 査読有り

    齊藤剛史,多田直也,小西亮介

    電気学会論文C   129 ( 8 )   1576 - 1583   2009年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Novel Transducer: From Lip Motion To Voice Message 査読有り

    Takeshi Saitoh,Tomoya Kato,Ryosuke Konishi

    IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA 2009)   410 - 413   2009年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京  

  • Indoor mobile robot navigation by central following based on monocular vision 査読有り

    Saitoh T., Tada N., Konishi R.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   129 ( 8 )   2009年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper develops the indoor mobile robot navigation by center following based on monocular vision. In our method, based on the frontal image, two boundary lines between the wall and baseboard are detected. Then, the appearance based obstacle detection is applied. When the obstacle exists, the avoidance or stop movement is worked according to the size and position of the obstacle, and when the obstacle does not exist, the robot moves at the center of the corridor. We developed the wheelchair based mobile robot. We estimated the accuracy of the boundary line detection, and obtained fast processing speed and high detection accuracy. We demonstrate the effectiveness of our mobile robot by the stopping experiments with various obstacles and moving experiments. © 2009 The Institute of Electrical Engineers of Japan.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.129.1576

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=72549100735&origin=inward

  • Analysis of Efficient Lip Reading Method for Various Languages 査読有り

    Takeshi Saitoh,Kazutoshi Morishita,Ryosuke Konishi

    19th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2008)   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   Tampa, Florida   2008年12月08日  -  2008年12月11日

  • Analysis of efficient lip reading method for various languages 査読有り

    Saitoh T., Morishita K., Konishi R.

    Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The traditional researches targeted at only one language, and there is no research to refer the language and recognition method. Moreover, a lot of model-based methods use only an external lip or intraoral region, and tooth or tongue region is not reflected to the feature. This paper describes analysis of efficient lip reading method for various languages. First, we applies active appearance model, and simultaneously extracts the external and internal lip contour. Then, the tooth and intraoral regions are detected. Various features from five regions are fed to the recognition process. We set four languages to be the recognition target, and recorded twenty words per each language. As the result, proposed trajectory feature based on three shape features, the area and aspect ratio of internal lip region, and area of intraoral region, was obtained the highest recognition rates of 93.6%, compared with the traditional methods and other regions. © 2008 IEEE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77957930895&origin=inward

  • Japanese 45 Single Sounds Recognition Using Intraoral Shape 査読有り

    Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    IEICE Information and Systems   E91-D ( 11 )   2735 - 2738   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Japanese 45 single sounds recognition using intraoral shape 査読有り

    Saitoh T., Konishi R.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E91-D ( 11 )   2735 - 2738   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper describes a recognition method of Japanese single sounds for application to lip reading. Related researches investigated only five or ten sounds. In this paper, experiments were conducted for 45 Japanese single sounds by classifying them into five vowels category, ten consonants category, and 45 sounds category. We obtained recognition rates of 94.7, 30.9 and 30.0% with trajectory feature. Copyright © 2008 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1093/ietisy/e91-d.11.2735

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=68749103384&origin=inward

  • Current Sensor based Non-intrusive Appliance Recognition for Intelligent Outlet 査読有り

    Takeshi Saitoh,Yuuki Aota,Tomoyuki Osaki,Ryosuke Konishi,Kazunori Sugahara

    23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2008)   349 - 351   2008年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   下関   2008年07月06日  -  2008年07月09日

  • Monocular Vision based Indoor Mobile Robot 査読有り

    Naoya Tada,Keisuke Murata,Takeshi Saitoh,Tomoyuki Osaki,Ryosuke Konishi

    23rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2008)   41 - 44   2008年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   下関   2008年07月06日  -  2008年07月09日

  • Voice controlled intelligent wheelchair 査読有り

    Nishimori M., Saitoh T., Konishi R.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   336 - 340   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In order to assist physically handicapped persons, we developed a voice controlled wheelchair. The user can control the wheelchair by voice commands, such as "susume (run forward)" in Japanese. A grammar-based recognition parser named "Julian" is used in our system. Three type commands, the basic reaction command, the short moving reaction command, and the verification command, are given. We experimented speech recognition by Julian, and obtained a successful recognition rate 98.3%, 97.0% of the movement command and the verification command, respectively. The running experiment with three persons was carried out in the campus room and the utility of our system is shown. © 2007 SICE.

    DOI: 10.1109/SICE.2007.4421003

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=50249089982&origin=inward

  • Oral motion controlled intelligent wheelchair 査読有り

    Saitoh T., Takahashi N., Konishi R.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   341 - 346   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes the novel interface equipped intelligent wheelchair. The proposed interface is using visual oral motion. In our system, the user moves his mouth open and close to run the wheelchair. To achieve detection of mouth region and analysis mouth motion in real-time, we proposed mouth cavity region detection method. We carried out the operational experiment and the running experiment with five persons, and obtained proposed system brings the user toward destination operated with oral motion. © 2007 SICE.

    DOI: 10.1109/SICE.2007.4421004

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=50249097141&origin=inward

  • Mobile robot navigation by center following using monocular vision 査読有り

    Tada N., Saitoh T., Konishi R.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   331 - 335   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A system for center following in the corridor using monocular vision is presented. The robot detects a vanishing point and obstacle region from frontal view image. The vanishing point is found by two boundary lines of the wall and the corridor. The obstacle region is detected from corridor region using color histogram. The experiments are performed on the mobile robot. The results show that the robot runs the center of the corridor and stops when an obstacle is detected within the target range from 1m to 2m distance. © 2007 SICE.

    DOI: 10.1109/SICE.2007.4421002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=50249164125&origin=inward

  • Japanese phone recognition using lip image information 査読有り

    Saitoh T., Hisagi M., Konishi R.

    Proceedings of IAPR Conference on Machine Vision Applications, MVA 2007   134 - 137   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes Japanese phone recognition for lip reading based on a novel feature called trajectory feature to obtain high recognition rate. Trajectory feature is a time change of two mouth shape features expressed as a two-dimensional trajectory of the lip motion. The most similar trajectory in a database which is compared with the target trajectory by DP matching is selected as a result phone. Traditional researches concerned phone recognition experimented with only Japanese five vowels. In this paper, experiments were conducted for Japanese 45 phones with five person, and classified into five vowels and ten consonants, and recognition rate of 94.1% and 28.9%, respectively, were obtained.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84872588189&origin=inward

  • Development of an intelligent wheelchair with visual oral motion 査読有り

    Saitoh T., Takahashi N., Konishi R.

    Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   145 - 150   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes an intelligent wheelchair with a novel interface which uses visual oral motion. The wheelchair runs in various lighting environments, traditional mouth region detection method did not consider these conditions. To achieve detection of mouth region and analysis mouth motion in real-time and in various lighting environments, we proposed mouth cavity region detection method. In our system, the user moves his mouth open and close to run the wheelchair. We carried out six operational experiments and running experiments. Experiments with five subjects obtained our system is supposed to use a certain extent in a campus corridor. ©2007 IEEE.

    DOI: 10.1109/ROMAN.2007.4415070

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=48749087074&origin=inward

  • Analysis of Features for Efficient Japanese Vowel Recognition 査読有り

    Takeshi Saitoh,Mitsugu Hisagi,and Ryosuke Konishi

    IEICE Information and Systems   E90-D ( 11 )   1889 - 1891   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of features for efficient Japanese vowel recognition 査読有り

    Saitoh T., Hisagi M., Konishi R.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E90-D ( 11 )   1889 - 1891   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper analyses the features required to efficiently recognize five Japanese vowels for lip-reading. Various features, such as shape and radius, are calculated from the lip region and fed to the k Nearest Neighbor method. We calculated 15 feature sets and found that the feature set including the area and aspect ratio of the mouth cavity is effective for Japanese vowel recognition. Copyright © 2007 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1093/ietisy/e90-d.11.1889

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=68249144673&origin=inward

  • Oral Motion Controlled Intelligent Wheelchair 査読有り

    Takeshi Saitoh,Noriyuki Takahashi,Ryosuke Konishi

    SICE Annual Conference 2007,International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology   341 - 346   2007年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   高松市   2007年09月17日  -  2007年09月20日

  • Mobile Robot Navigation by Center Following using Monocular Vision 査読有り

    Naoya Tada,Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    SICE Annual Conference 2007,International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology   331 - 335   2007年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   高松市   2007年09月17日  -  2007年09月20日

  • Voice Controlled Intelligent Wheelchair 査読有り

    Masato Nishimori,Takeshi Saitoh,Ryosuke Konishi

    SICE Annual Conference 2007,International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology   336 - 340   2007年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   高松市   2007年09月17日  -  2007年09月20日

  • Development of an Intelligent Wheelchair with Visual Oral Motion 査読有り

    Takeshi Saitoh,Noriyuki Takahashi,Ryosuke Konishi

    16th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN2007)   145 - 150   2007年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   済州   2007年08月26日  -  2007年08月29日

  • オプティカルフロー分布を利用したMean Shift追跡 色モデルとフローモデルを統合したMean Shift追跡法の提案

    小西亮介,齊藤剛史,大島直也

    画像ラボ ( 日刊工業出版 )   52 - 56   2007年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Japanese Phone Recognition using Lip Image Information 査読有り

    Takeshi Saitoh,Mitsugu Hisagi,Ryosuke Konishi

    IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA 2007)   134 - 137   2007年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2007年05月16日  -  2007年05月18日

  • オプティカルフロー分布を利用したMean Shift追跡 査読有り

    大島直也,齊藤剛史,小西亮介

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 4 )   1096 - 1104   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • トラジェクトリ特徴量に基づく単語読唇 査読有り

    齊藤剛史,小西亮介

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 4 )   1105 - 1114   2007年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Real time mean shift tracking using optical flow distribution 査読有り

    Oshima N., Saitoh T., Konishi R.

    2006 SICE-ICASE International Joint Conference   4316 - 4320   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes about real-time object tracking method based on mean shift tracking algorithm. The mean shift tracking algorithm is an efficient technique for tracking object through an image. The original mean shift tracking is proposed to apply the color image based on the color distribution. A Near-Infrared Camera is used with surveillance system to take in the dark. It is difficult to track the target object in the low contrast image such as the infrared image. To overcome this problem, our idea is to consider optical flow distribution. The proposed method is integrated three distributions (color, flow magnitude and flow direction). Experiments were conducted for the color image and the infrared image compared with the original method. It will be shown that our method will be able to track a target object in the low contrast image. © 2006 ICASE.

    DOI: 10.1109/SICE.2006.314969

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250723920&origin=inward

  • Monocular autonomy following vehicle 査読有り

    Saitoh T., Osaki T., Konishi R.

    2006 SICE-ICASE International Joint Conference   5963 - 5966   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes the development of the monocular autonomy following vehicle which for reduce a helper burden. The system is composed by a CCD camera, a FPGA board and some control circuits. Our idea is that the distance between the system and the target human is related to the size of the human region in the camera image. Based on this idea, we proposed the automatic human region detection method with S-ACM which is a kind of Active Contour Model. We implemented our method and developed the system. The experiment which followed the target human was done. As the result, we confirmed that the system followed with keeping a fixed distance with the target human. © 2006 ICASE.

    DOI: 10.1109/SICE.2006.315838

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250777309&origin=inward

  • Lip reading using video and thermal images 査読有り

    Saitoh T., Konishi R.

    2006 SICE-ICASE International Joint Conference   5011 - 5015   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes the lip reading method using video and thermal images. We pay attention to the lip movement. The density of the thermal image expresses the surface temperature, and it is difficult to detect the lip position automatically. Though the video and the thermal images take in the same time, these don't synchronized in time and spatially. Then the time matching and the spatial matching process are applied. Next, a lip region is detected from the video image, and a lip region of the thermal image is detected corresponding to the video region. Finally, the eigenimage waveform is computed, and DP matching is applied. Experiments were conducted for 75 scenes (five words of three subjects). A successful recognition rate of 76.0% with the video image, 44.0% with the thermal image, and 80.0% with both images were obtained. Experimental results show the recognition rate was improves by combining with the video and the thermal images. © 2006 ICASE.

    DOI: 10.1109/SICE.2006.315095

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250757596&origin=inward

  • A real-time footstep tracking for monitoring system 査読有り

    Saitoh T., Kodani T., Konishi R.

    Proceedings of the 8th IASTED International Conference on Signal and Image Processing, SIP 2006   403 - 408   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    When a person is walking the outside of the room, the location of the person is unknown with the camera image because the wall is occluded the person and the camera. This paper proposed a real-time system for tracking a footstep based on direction of arrival estimation method. The microphone array technique is applied to estimate the direction of the target person and the camera with a motor is turned to the person in real-time. We applied simple estimation method with 1125 footstep sounds and obtained 80.3% of the success rate with cross-correlation method of input signals. The tracking demonstration was carried out with five examinees. Though the recording time was limited only a half second because of the hardware problem, we confirmed that the direction of the examinee who walks a corridor could be detected.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=56549097136&origin=inward

  • 回転可動カメラによるリアルタイム人物位置推定システム 査読有り

    大島直也,齊藤剛史,小西亮介

    電気学会論文誌C   126 ( 8 )   957 - 962   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Real-time person localization system with an active camera 査読有り

    Ooshima N., Saitoh T., Konishi R.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   126 ( 8 )   957 - 962   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper proposed a method in which location of a person is estimation with one active camera in real-time. The approach taken in this paper is as follows. First, we detect the person region with proposed method which is the region detection method based on short time distribution of the density to avoid the influence of the camera movement. Then we obtain his height and the gravity point. The rotate angle and the distance between the person and the camera are calculated by the information of the height and the gravity point. Experiments were applied with several examples. We obtained that the average error distance is less than 12[cm]. The average error distance is small enough in comparison with shoulder width of the persons. Our method can estimate the location in real-time.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.126.957

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33746904743&origin=inward

  • Automatic moving object detection and tracking with mean shift for surveillance system 査読有り

    Oshima N., Saitoh T., Konishi R.

    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications, ISPACS'06   578 - 581   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes an automatic detection and tracking method for unknown object from unclear background. Our method consists of two processes, the detection process and the tracking process. The former process is the background subtraction method and the block-based clustering. The latter process is with mean shift method. To detect an accurate size of the target region, we set a correction period. Demonstration was carried out with a scene which three men are appeared and walked. It is found that two regions could be tracked even when two men was walked toward different direction which they walking together. We confirmed that the proposed method could process on real time. © 2006 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2006.364724

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=45249105798&origin=inward

  • Analysis of efficient feature for Japanese vowel recognition 査読有り

    Hisagi M., Saitoh T., Konishi R.

    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications, ISPACS'06   33 - 36   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Recently, speech, especially word recognition using visual information, has attracted significantly interest. In word recognition, the target is not just a word, but also a vowel. However, since vowel frame do not contain many phonemes, vowel recognition rate is less than that of the word. Some research has been done on vowel recognition. This paper analyses features that can effectively recognize five Japanese vowels. The process of our method is as follows. First, Sampled Active Contour Model is applied to detect lip contour during the input image sequences. The lip size is then normalized. Next, various features, such as the shape, diameter, and the approximate function features, are calculated and compared with the recognition rates using k Nearest Neighbor method. Two experiments, speaker dependent recognition and speaker independent recognition are carried out with five subjects. We calculated eleven feature sets and found that the feature set including the area and aspect ratio is the most effective. In the speaker dependent recognition, we obtained the recognition rate of 96.6%, and in the speaker independent recognition, we obtained 82.4%. © 2006 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2006.364829

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=45249108717&origin=inward

  • Word recognition based on two dimensional lip motion trajectory 査読有り

    Saitoh T., Konishi R.

    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communications, ISPACS'06   287 - 290   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The visual information doesn't have an influence with the noise in comparison with the auditory information. However, lip-reading is earlier technology than speech recognition, there is a problem that recognition rate is low. This paper proposes a novel feature to obtain high recognition rate for lip-reading. The proposed lip-reading method is as follows. First, Sampled Active Contour Model is applied to detect lip contour during the input image sequences. The lip size is then normalized. Next, a time change of two lip shape features (area and aspect ratio) is expressed as a two-dimensional trajectory of the lip motion. The most similar trajectory in a database which is compared with the target trajectory by DP matching is selected as a result word. We recorded ten Japanese words that uses for the wheelchair control. As a result of comparative experiment with other features in which has already been proposed, trajectory feature obtained the highest recognition rate of 97.2%. © 2006 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2006.364888

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=45249101841&origin=inward

  • 自然画像に基づく花画像の自動認識 査読有り

    齊藤剛史,金子豊久

    電子情報通信学会論文誌   J89-D-II ( 12 )   2341 - 2349   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Route search method by normalized cost 査読有り

    Saitoh T., Kaneko T.

    Systems and Computers in Japan   36 ( 14 )   11 - 20   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we propose a method for extracting an object region from an image. First, we investigate the properties of the Intelligent Scissors (IS) method, which has been proposed as a method for extracting contours. As a result, we verify that the IS method's route search according to total cost requires multiple seed points to extract a complex contour. Next, we show that this problem can be resolved by using the route length to normalize the total cost and then minimizing the normalized cost. Based on this principle, we propose a contour extraction method based on the normalized cost, which we term the Normalized Cost (NC) method. In addition, we construct a user interface that includes the NC method and perform quantitative comparison experiments. From the experiments comparing the NC method with the IS method, we verify that the NC method can extract a region faster and with fewer seed points than the IS method. We use these results to show the effectiveness of the proposed technique. © 2005 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/scj.20420

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=27844555330&origin=inward

  • Real-time invader tracking system with surveillance camera 査読有り

    Ooshima N., Saitoh T., Konishi R.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   3364 - 3367   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this paper, we proposed an automatic extraction method of the contour image of an invader and the automatic calculation method of tracks with one surveillance camera image. For extraction method of region, we measured the density value distribution using past several flames every each pixel and proposed the method which judges whether moving object exists or not. Also, for the track of the invader, we obtain the relation between the height of moving object and distance in advance, and measured the position from the height of image. Moreover, we calculated the angle from the position in the image of invader and invader's actual position is calculated. Simulation experiment was done by using the track of one person who walked in the one room. As a result, the effectiveness of the proposal technique was shown. © 2005 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33645308535&origin=inward

  • Lip reading based on sampled active contour model 査読有り

    Saitoh T., Konishi R.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   3656 LNCS   507 - 515   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes a model-based method for detecting lip region from image sequences. Our approach is by Sampled Active Contour Model (S-ACM). The original S-ACM has the problem which can't expand. To overcome this problem, we propose the elastic S-ACM. Moreover, based on the extracted lip contour, the effective delta radius features are led to the word HMM. We recorded ten words that uses for the wheelchair control, and obtained a recognition rate of 89% with twelve features. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2005.

    DOI: 10.1007/11559573_63

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33646001053&origin=inward

  • Lip detection and visual speech recognition 査読有り

    Saitoh T., Fukui Y., Konishi R.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   2951 - 2954   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes an automatic method for detecting lip region by Sampled Active Contour Model (S-ACM). The original S-ACM has the problem which can't expand. In this paper, to overcome this problem, we proposed the elastic S-ACM. Moreover, by using this S-ACM, we detected lip contour, and the bimodal recognition system based on visual obtained from lip contour and audio information is proposed. Twelve delta radius features from image sequence and sixteen delta cepstrum features from audio data are fed to a word HMM. We recorded ten words that uses for wheelchair control. We obtained bimodal recognition rates of approximately 95%, 93%, and 89% if SNR=30dB, 15dB and 0dB, respectively. © 2005 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33645287546&origin=inward

  • Automatic speaker detection based on voice and image processing 査読有り

    Saitoh T., Ooshima N., Konishi R.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   3368 - 3371   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this paper, we propose a small-scale remote video conference system, and this paper describes a method for detecting a speaker among the participants based on the voice and the image processing of lip. At first, its method detects the direction of sound source and turns to camera to a speaker's direction. Then, the lip shape which has the most active, is detected as a speaker. We experimented to detect a speaker from some scenes. As a result, we obtained the successful rate of 98% at permissible rate angle of ±15°. And we obtained the successful rate of 100% by the image processing. © 2005 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33645304320&origin=inward

  • Optimal threshold for hepatic blood vessels based on structural analysis and cancer detection 査読有り

    Saitoh T., Ikeda M., Aoki K., Kaneko T., Sekiguchi R.

    Systems and Computers in Japan   36 ( 7 )   1 - 12   2005年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Recently, high-resolution multislice CT images have been used in the diagnosis of hepatic cancer. In the conventional method of detecting hepatic cancer on the basis of three-dimensional images, it is difficult to detect cancers with a three-dimensional structure. This paper proposes a method of detection of liver cancer on the basis of three-dimensional hepatic blood vessel regions which are extracted by threshold processing. First, the liver entrance is located by tracing the blood vessels from the abdominal aorta. In order to detect the cancer, the hepatic vessel region must be extracted accurately. For this purpose, a method is proposed in which a temporary threshold is determined near the liver entrance, and the structure of the blood vessel is analyzed by adjusting the threshold from the temporary value in order to determine the optimal threshold. In the structural analysis, thinning is applied to the blood vessel and a directed graph is constructed. When the threshold is too low, a loop is produced due to overextraction of the blood vessel region. The optimal threshold is determined on the basis of this property. The cancer detection procedure is composed of two stages. Primary detection finds cancers contained in the extracted blood vessel region, and secondary detection finds cancers from the region that is not extracted. In experiments on seven cases, ten cancers were detected with three false positives. © 2005 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/scj.20329

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=18744369937&origin=inward

  • 自己組織化マップを用いたハーブ種の判別 査読有り

    尾崎知幸,大島直也,齊藤剛史,小西亮介

    計測自動制御学会論文集   41 ( 5 )   383 - 387   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Automatic recognition of blooming flowers 査読有り

    Saitoh T., Aoki K., Kaneko T.

    Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   1   27 - 30   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper describes an automatic method for recognizing a blooming flower based on a photograph taken with a digital camera in natural scene. The problem of identifying an object against the background is known to be difficult. In this paper, we employ a photograph where the object (a blooming flower) is focused but the background is defocused. For extracting a flower region, we propose a new method that extracts a boundary by selecting a route with minimizing a sum of the local cost divided by the route length. Experiments were conducted for 600 pictures (20 pictures each for 30 species). A successful boundary extraction rate of 97% and a flower recognition rate of 90% were obtained.

    DOI: 10.1109/ICPR.2004.1333997

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=10044299384&origin=inward

  • 正規化コストに基づく輪郭抽出法 査読有り

    齊藤剛史,金子豊久

    電子情報通信学会論文誌   J87-D-II ( 12 )   2136 - 2144   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • CT画像における構造解析に基づく肝臓内血管の抽出と肝臓癌の検出 査読有り

    齊藤剛史,池田雅敏,青木公也,金子豊久,関口隆三

    電子情報通信学会論文誌   J87-D-II ( 6 )   1359 - 1368   2004年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Automatic Segmentation of Liver Region Based on Extracted Blood Vessels 査読有り

    Saitoh T., Tamura Y., Kaneko T.

    Systems and Computers in Japan   35 ( 5 )   1 - 10   2004年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    With the rapid progress of CT (Computed Tomography) scanners, four-phase CT images with resolutions as high as 1 mm have started to be used for diagnosing liver diseases. The first-, second-, third-, and fourth-phase CT images correspond to before dye injection, the early stage, the full stage, and the wash-out stage of the injected dye. Such CT data offer useful information for diagnosing hepatic cancer. This paper describes an automatic method for segmenting the liver region using the blood vessel stream in the first- and third-phase CTs by tracing the portal vein and then the hepatic vein. First, the tracing of the veins is carried out by performing a 3D labeling operation in the region extracted with a threshold that separates blood vessels from liver soft tissue. The adjoining stomach and spleen regions are separated by applying erosion and dilation, which are 3D morphological operations. Then, an operation for determining the accurate liver region is carried out to derive an approximate liver region, by enlarging the liver blood vessel region by morphological dilation and then extracting the liver region with an optimal threshold. This method was applied to eight CT data. The resulting regions agree well with the manually detected regions. © 2004 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/scj.10592

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=2342433763&origin=inward

  • Transient Texture Synthesis Based on Multiple Templates 査読有り

    Takeshi Saitoh,Manabu Sato,Toyohisa Kaneko,Shigeru Kiriyama

    MGV: Machine GRAPHICS and VISION journal   12 ( 4 )   525 - 537   2004年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Automatic extraction of object region from photographs 査読有り

    Saitoh T., Aoki K., Kaneko T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   2749   1130 - 1137   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper presents a new method for automatically extracting an object region from a photograph based upon a well-known method "Intelligent Scissors" (IS). For our application, it will be shown that (1) the cost should not be based on accumulated cost adopted by IS but rather on average cost and (2) only a few past pixels are needed for deciding the future route. It will be shown that our new method will be able to extract object region with a correct rate of approximately 93% if object images are well-focused. © Springer-Verlag 2003.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=35248814434&origin=inward

  • Automatic recognition of wild flowers 査読有り

    Saitoh T., Kaneko T.

    Systems and Computers in Japan   34 ( 10 )   90 - 101   2003年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper we propose an automatic recognition system for wild flowers. Two photos, one of the flower and one of the leaves taken from directly above or at a close angle of a single wild flower, were used as a single set. The objective (flower, leaf) is extracted from each image using a clustering method, then recognition is performed using a piecewise linear discriminant function after finding 10 features in the picture of a flower and 11 features in the picture of a leaf. We performed experiments on 20 sets of 34 species of wild flowers that grow around our university campus in the spring and early summer. The results of the experiment showed a recognition rate of 96.0% when all of the features (21) were used. Next we performed an experiment to select the features particularly useful for recognition. These results showed that six features for the pictures of flowers and two features for the pictures of leaves were the most effective, and with them a recognition rate of 96.8% could be reached.

    DOI: 10.1002/scj.10099

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0042420467&origin=inward

  • 血管形状に基づく肝臓領域の自動抽出 査読有り

    齊藤剛史,田村雄太,金子豊久

    電子情報通信学会論文誌   J86-D-II ( 5 )   633 - 641   2003年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Automatic segmentation of liver region through blood vessels on multi-phase CT 査読有り

    Saitoh T., Tamura Y., Kaneko T.

    Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   16 ( 1 )   735 - 738   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Recently four phases CT has been widely used for diagnosing liver diseases, especially cancer. This paper describes an automatic method for segmenting the liver region from third phase abdominal CT. First, blood vessels in the liver are extracted with a threshold. Then morphological dilation enables us to define an approximate liver region, which is found to be very useful for removing abutting organs. The final liver region is extracted with a threshold. Experiments were conducted for eight CT data. The extracted regions agree well with those detected manually. © 2002 IEEE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=18744416865&origin=inward

  • 花と葉による野草の自動認識 査読有り

    齊藤剛史,金子豊久

    電子情報通信学会論文誌   J84-D-II ( 7 )   1419 - 1429   2001年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Automatic recognition of wild flowers 査読有り

    Saitoh T., Kaneko T.

    Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   15 ( 2 )   507 - 510   2000年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper describes an automatic method for recognizing wild flowers. Recognition requires two pictures, a frontal flower image and a leaf image taken by a digital camera. Seventeen(17) features, eight from the flower and also nine from the leaf, are fed to a neural network. We collected 20 pairs of pictures from 16 wild flowers in the fields around our campus. We obtained a recognition rate of 95% with all the 17 features. Then we investigated which features are more effective for recognition and found that four features of flowers and two features of leaves can yield the best accuracy of 96%. © 2000 IEEE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0043098025&origin=inward

▼全件表示

著書

  • 回路シミュレータ「Qucs」による「電子回路」入門

    齊藤剛史(単著)

    工学社  2013年03月  ( ISBN:978-4777517473

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Computer Vision

    Indoor Mobile Robot Navigation by Center Following based on Monocular Vision(共著)

    IN-TECH  2008年11月  ( ISBN:978-9-5376-1921-3

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • 日本語読話能力検査の実施報告

    齊藤 剛史,立入 哉

    福祉情報工学研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月08日 - 2021年12月09日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • イベントベースカメラからの顔特徴点検出法の検討

    金丸 竜也,齊藤 剛史

    ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2021)  画像応用技術専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月02日 - 2021年12月03日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • Temporal Convolutional Networkを用いた単語読唇

    荒金 大清,齊藤 剛史

    第11回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム(SBRA2021)  電子情報通信学会 バイオメトリクス研究専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月29日 - 2021年11月30日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 眼球運動を利用した眼鏡型スイッチの開発(第1報)~ ALS療養者を対象として ~

    伊藤 和幸,坂本 一樹,齊藤 剛史,白井 誠,田川 元気

    第9回日本難病医療ネットワーク学会学術集会  日本難病医療ネットワーク学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月12日 - 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 眼球運動を利用した眼鏡型スイッチの開発(第2報)~ ALS療養者を対象として ~

    白井 誠,田川 元気,伊藤 和幸,坂本 一樹,齊藤 剛史

    第9回日本難病医療ネットワーク学会学術集会  日本難病医療ネットワーク学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月12日 - 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 瞳孔中心検出に基づく眼球運動を利用したALS患者用の眼鏡型スイッチの開発

    坂本 一樹,齊藤 剛史,伊藤 和幸

    福祉情報工学研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月19日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • ITAコーパスマルチモーダルデータベース

    齊藤 剛史,小田 恭央,小口 純矢,金井 郁也,森勢 将雅

    第8回サイレント音声認識ワークショップ(SSRW2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月18日   記述言語:日本語  

  • 読話能力テスト報告

    齊藤 剛史,立入 哉

    第8回サイレント音声認識ワークショップ(SSRW2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月18日   記述言語:日本語  

  • TCNを用いた単語読唇に関する研究

    荒金 大清,齊藤 剛史

    第8回サイレント音声認識ワークショップ(SSRW2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月18日   記述言語:日本語  

  • 生成モデルを用いた単語読唇に関する研究

    児玉 道成,齊藤 剛史

    第8回サイレント音声認識ワークショップ(SSRW2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月18日   記述言語:日本語  

  • メガネ型カメラを利用した眼球運動による呼び出しシステム

    坂本 一樹,齊藤 剛史,伊藤 和幸,白井 誠,田川 元気

    第35回リハ工学カンファレンス  日本リハビリテーション工学協会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月25日 - 2021年09月26日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • ITAコーパス:パブリックドメインの音素バランス文からなる日本語テキストコーパスの構築と基礎評価

    小口 純矢,金井 郁也,小田 恭央,齊藤 剛史,森勢 将雅

    音学シンポジウム2021  情報処理学会音楽情報科学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月18日 - 2021年06月19日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • First Order Motion Modelを用いた特定話者認識問題タスクへの置き換えによる読唇手法の提案

    児玉 道成,齊藤 剛史

    第27回 画像センシングシンポジウム(SSII2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月09日 - 2021年06月11日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • Transformerを用いた日本語文章読唇

    白方 達也,齊藤 剛史

    第27回 画像センシングシンポジウム(SSII2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月09日 - 2021年06月11日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 表情特徴を用いた読唇精度の向上

    白方 達也,齊藤 剛史

    第7回サイレント音声認識ワークショップ(SSRW2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月24日   記述言語:日本語  

  • 3D-CNNを用いた口形認識

    中村 祐哉,齊藤 剛史,伊藤 和幸

    第7回サイレント音声認識ワークショップ(SSRW2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月24日   記述言語:日本語  

  • 3D-CNNを用いた神経難病患者の口形認識に関する研究

    中村 祐哉,齊藤 剛史,伊藤 和幸

    福祉情報工学研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月22日 - 2020年10月23日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 依頼行為のための相互行為空間創出:救急医療シミュレーションでのチームリーダーの視線と立ち位置を含むマルチモーダル分析

    土屋 慶子,種市 瑛,中村 京太,酒井 拓磨,安部 猛,齊藤 剛史

    第12回日本ヘルスコミュニケーション学会 学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 表情特徴を用いた読唇

    白方 達也,齊藤 剛史

    第19回情報科学技術フォーラム(FIT2020)  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月01日 - 2020年09月03日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • ウェアラブルカメラを用いた目の動きによる夜間呼び出しシステムの開発

    坂本 一樹,齊藤 剛史,伊藤 和幸

    第19回情報科学技術フォーラム(FIT2020)  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月01日 - 2020年09月03日   記述言語:日本語   開催地:online  

  • 救急医療での非言語行為解析のためのチームリーダの視線分析

    土屋慶子, 種市瑛, 中村京太, 酒井拓磨, 安部 猛, 齊藤剛史

    言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年02月16日 - 2020年02月17日   記述言語:日本語   開催地:成蹊大学  

  • マルチモーダル情報を考慮した議論の取りまとめ役推定

    本多 幸希,塩田 宰,嶋田 和孝,齊藤 剛史

    言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年02月16日 - 2020年02月17日   記述言語:日本語   開催地:成蹊大学  

  • 視線解析メガネを用いた救急医療インタラクション分析:チーム・リーダーの視線とコミュニケーション・チャネルの確立

    酒井 拓磨, 中村 京太, 安部 猛, 齊藤 剛史, 竹内 一郎, 土屋 慶子, 種市 瑛

    第14回 医療の質・安全学会学術集会  

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月29日 - 2019年11月30日   記述言語:日本語   開催地:国立京都国際会館  

  • 英語プレゼンテーション動画視聴時の日本人英語学習者の注視点解析

    冬野美晴, 山下友子, 齊藤剛史, 横森大輔

    日本教育メディア学会第26回年次大会  日本教育メディア学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月02日 - 2019年11月03日   記述言語:日本語   開催地:徳島文理大学  

  • 神経難病患者の口形認識に関する研究

    中村 祐哉, 齊藤 剛史, 伊藤 和幸

    電子情報通信学会福祉情報工学(WIT)研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:第一工業大学  

  • 視線解析を用いた救急医療インタラクションのマルチモーダル分析:メンバーの促し行為とリーダーの指示行為

    土屋慶子, 種市瑛, 酒井拓磨, 中村京太, 安部猛, 齊藤剛史

    第11回日本ヘルスコミュニケーション学会 学術集会  日本ヘルスコミュニケーション学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月21日 - 2019年09月22日   記述言語:日本語   開催地:東京大学本郷キャンパス  

  • LSTMを用いた分類問題における判断根拠可視化の検討

    齊藤 剛史, 徳永 旭将

    第22回画像の認識・理解シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月29日 - 2019年08月01日   記述言語:日本語   開催地:大阪府立国際会議場  

  • CNNを用いた文章発話シーンに対する単音読唇

    清水 翔太, 齊藤 剛史

    動的画像処理実利用化ワークショップ2019(DIA2019)  精密工学会 画像応用技術専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月07日 - 2019年03月08日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • CNN-Based Calibration-Free Gaze Estimation System for Inside-out Camera

    ワラポン チンサティ, 齊藤 剛史

    動的画像処理実利用化ワークショップ2019(DIA2019)  精密工学会 画像応用技術専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月07日 - 2019年03月08日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 再帰型ニューラルネットワークを用いた動き特徴量による単語読唇システムの開発

    齊藤 剛史, 窪川 美智子

    ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2018)  精密工学会 画像応用技術専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月06日 - 2018年12月07日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜アネックスホール  

  • 読唇技術を用いた新規代用音声のための高齢発話障害者に対する実験報告

    齊藤 剛史, 窪川 美智子, 平井 美紗都, 野山 和廉

    電子情報通信学会福祉情報工学(WIT)研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月27日 - 2018年10月28日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑キャンパス  

  • 救急医療シミュレーションでのリーダーの依頼行為:受け手割当装置としてのポライトネスと視線配布

    土屋慶子, 種市瑛, 中村京太, 酒井拓磨, 安部猛, 齊藤剛史

    第10回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会  日本ヘルスコミュニケーション学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月14日 - 2018年09月15日   記述言語:日本語   開催地:九州大学病院キャンパス  

  • SSSDを用いた深層学習による読唇精度に関する検討

    窪川 美智子, 齊藤 剛史

    第21回画像の認識・理解シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月05日 - 2018年08月08日   記述言語:日本語   開催地:札幌コンベンションセンター  

  • SSSD:スマートデバイスを用いた読唇技術向け日本語データベース

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月18日 - 2018年03月19日   記述言語:日本語  

  • Gaze-based Text Input System using Wearable Camera

    ワラポン チンサティ, 齊藤 剛史

    動的画像処理実利用化ワークショップ2018(DIA2018) 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月08日 - 2018年03月09日   記述言語:英語  

  • 福祉施設の介護記録ログデータを用いた排泄予測

    山田 伊織

    火の国情報シンポジウム2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月01日 - 2018年03月02日   記述言語:日本語  

  • 視線情報を用いた対話シーンにおける注目度推定

    小宮 凜子

    火の国情報シンポジウム2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月01日 - 2018年03月02日   記述言語:日本語  

  • 手話認識に有効な骨格情報の検討

    児玉 知也

    電子情報通信学会 音声研究会,福祉情報工学研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月19日 - 2017年10月20日   記述言語:日本語  

  • 読唇技術における顔画像に対する輝度補正効果の検証

    窪川 美智子

    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月15日 - 2017年09月16日   記述言語:日本語  

  • 画像処理技術を用いた対話シーンにおける注目度推定

    小宮 凜子

    第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月12日 - 2017年09月14日   記述言語:日本語  

  • 顔画像に対するコントラスト変換を用いた読唇

    窪川 美智子

    第4回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月02日 - 2017年09月03日   記述言語:日本語   開催地:岐阜大学 JR岐阜駅前サテライトキャンパス  

  • 再帰型ニューラルネットワークを用いたマルチモーダル手話認識

    児玉 知也

    第20回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月07日 - 2017年08月10日   記述言語:日本語   開催地:広島国際会議場  

  • スピーチ指導のための映像情報を用いた話者の顔解析

    小宮 凜子

    動的画像処理実利用化ワークショップ2017(DIA2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月09日 - 2017年03月10日   記述言語:日本語   開催地:くにびきメッセ  

  • Convolutional Neural Networkを用いた頭部姿勢分類

    李 丞修

    動的画像処理実利用化ワークショップ2017(DIA2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月09日 - 2017年03月10日   記述言語:日本語   開催地:くにびきメッセ  

  • CNNを用いた特徴点付画像による魚種識別

    宮園 翼

    火の国情報シンポジウム2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月01日 - 2017年03月02日   記述言語:日本語  

  • CNNを用いた目画像からの瞳孔検出に関する研究

    近藤 凪沙

    火の国情報シンポジウム2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月01日 - 2017年03月02日   記述言語:日本語  

  • フレーム連結画像を用いたCNNによる読唇

    齊藤 剛史

    第6回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム(SBRA2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月16日 - 2016年11月17日   記述言語:日本語   開催地:芝浦工業大学  

  • 読唇向け公開データベースの紹介

    窪川 美智子

    第6回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム(SBRA2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月16日 - 2016年11月17日   記述言語:日本語   開催地:芝浦工業大学  

  • 距離画像のフレーム連結画像を用いたConvolutional Neural Networkによる手話単語認識

    橋村 佳祐

    電子情報通信学会 福祉工学研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月16日 - 2016年10月17日   記述言語:日本語   開催地:唐津ロイヤルホテル  

  • 距離画像のフレーム連結画像を用いたCNNによる手話単語認識

    橋村 佳祐

    第3回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月14日 - 2016年10月15日   記述言語:日本語   開催地:福岡朝日ビル  

  • フレーム連結画像を用いたCNNによる読唇

    齊藤 剛史

    第3回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月14日 - 2016年10月15日   記述言語:日本語   開催地:福岡朝日ビル  

  • 口形パターンと母音並び語を利用した日本語テキスト入力システム

    窪川 美智子

    平成28年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 (第69回連合大会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学  

  • ウェアラブルカメラを用いた視線入力システムの有効性の検討

    近藤 凪沙

    平成28年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 (第69回連合大会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学  

  • アイコンタクト解析のためのCNNを用いた目検出

    小宮 凜子

    平成28年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 (第69回連合大会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学  

  • フレーム連結画像を用いたCNNによるシーン認識

    齊藤 剛史

    第19回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年08月01日 - 2016年08月04日   記述言語:日本語   開催地:アクトシティ浜松  

  • Pupil Center Estimation by using Deep Convolutional Neural Network

    Warapon Chinsatit

    第19回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年08月01日 - 2016年08月04日   記述言語:英語   開催地:アクトシティ浜松  

  • D-15-32 スピーチ指導のための顔特徴点を用いた話者頭部の動き解析(D-15.教育工学,一般セッション)

    小宮 凜子, 齊藤 剛史, 冬野 美晴, 山下 友子, 中島 祥好

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月01日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • Convolutional Neural Networkを用いた魚画像認識

    脇坂 健太郎

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年02月21日 - 2016年02月22日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学(福岡県飯塚市)  

  • Eye Detection by using Gradient Value for Performance Improvement of Wearable Gaze Estimation System

    Chinsatit Warapon

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年02月21日 - 2016年02月22日   記述言語:英語   開催地:九州工業大学(福岡県飯塚市)  

  • 手話シーン観察時の注視情報分析

    祐宗 高徳

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年02月21日 - 2016年02月22日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学(福岡県飯塚市)  

  • Constrained Local Modelを用いた顔特徴点検出に関する検討

    原 賢太

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年02月21日 - 2016年02月22日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学(福岡県飯塚市)  

  • 注視点推定技術を利用した文字入力システムの開発

    渋谷 昌尚

    計測自動制御学会第34回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月28日 - 2015年11月29日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学(福岡県福岡市)  

  • 読唇で利用可能な公開データベースの紹介

    小宮 凛子

    第2回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月16日 - 2015年10月17日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学(兵庫県神戸市)  

  • 母音口形を利用したテキスト入力システム

    齊藤 剛史

    第2回サイレント音声認識ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月16日 - 2015年10月17日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学(兵庫県神戸市)  

  • Light-HMMを用いた手話認識

    橋村 佳祐

    平成27年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学(福岡県福岡市)  

  • 魚の画像認識に関する研究

    宮園 翼

    平成27年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学(福岡県福岡市)  

  • Constrained Local Modelを用いた特徴点検出

    原 賢太

    平成27年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学(福岡県福岡市)  

  • Inside-Out カメラを用いた単眼による注視点推定手法の性能評価

    川田 健司

    第14回情報科学技術フォーラム(FIT2015)  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月15日 - 2015年09月17日   記述言語:日本語   開催地:愛媛大学(愛媛県松山市)  

  • I-040 Inside-Outカメラを用いた単眼による注視点推定手法の性能評価(I分野:グラフィクス・画像,一般論文)

    川田 健司, 齊藤 剛史

    情報科学技術フォーラム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年08月24日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 多視点Audio-VisualデータベースOuluVS2

    原 賢太

    第18回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015)  情報処理学会コンピュータとイメージメディア研究会(CVIM)

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月28日 - 2015年07月30日   記述言語:日本語   開催地:ホテル阪急エキスポパーク(大阪府吹田市)  

  • 眼鏡型カメラを用いたコミュニケーション支援機器の重度頭部・脊髄外傷患者への応用

    小野 恭裕

    第35回日本リハビリテーション医学会 中国・四国地方会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月28日   記述言語:日本語   開催地:高知大学(高知県)  

  • 特徴点ベースによるモデルフリーの物体動線検出

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月18日 - 2015年06月19日   記述言語:日本語   開催地:新潟大学(新潟県新潟市)  

  • 口形パターンと母音並び語を利用したテキスト入力システム

    飯沼 眞紀

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月18日 - 2015年06月19日   記述言語:日本語   開催地:新潟大学(新潟県新潟市)  

  • 魚画像認識に有効な特徴量の検討

    齊藤 剛史

    情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会  情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月18日 - 2015年05月19日   記述言語:日本語   開催地:日本科学未来館(東京都)  

  • 魚画像認識に有効な特徴量の検討

    柴田 利樹, 齊藤 剛史

    情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月11日   記述言語:日本語  

    本論文では画像処理技術を利用した魚種同定に取り組んでいる.従来手法の多くは自動処理化を図るため,白背景あるいは領域抽出しやすい魚画像を用いていた.本論文では手動で特徴点を与えるアプローチを採る.これにより岩場などで撮影された複雑背景の魚画像も処理対象とする.また認識に有効な特徴量を検討するため,特徴点より求まる形状特徴量,局所特徴量および 6 種のテクスチャ特徴量を検討した.様々な条件で撮影された 81 種の魚画像に対して認識実験を適用した結果,形状特徴量と局所特徴量を用いた場合に高い認識精度を得られることを確認した.

    CiNii Article

  • 画像処理技術を用いた魚種検索システムの開発

    川口 莉奈

    動的画像処理実利用化ワークショップ2015(DIA2015)  精密工学会 画像応用技術専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月05日 - 2015年03月06日   記述言語:日本語   開催地:広島工業大学五日市キャンパス  

  • Kinectを用いた手話単語認識に有効な特徴量の検討

    小山 智己

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月22日 - 2015年01月23日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学黒髪南地区  

  • Kinectを用いた手話単語認識に有効な特徴量の検討 (MEとバイオサイバネティックス)

    小山 智己, 齊藤 剛史

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月22日   記述言語:日本語  

    本研究は聴覚障害者と健聴者の円滑なコミュニケーションを支援するコンピュータによる手話認識システムの開発を目的とする.手話は手の位置,動き,手型の3要素から構成される.本論文ではこれら3要素を考慮した手法を提案する.特に手型特徴量を関しては,主成分分析に基づく特徴量,領域形状に基づく特徴量,DCT係数に基づくテクスチャ特徴量およびlocal binary Dattern(LBP)に基づくテクスチャ特徴量の4種を検討する.また学習および認識にはマルチストリームHMMを用いる.手話者6名より手話単語100語の手話シーンを撮影して評価実験を実施した.その結果,手の位置,動きおよび手型としてLBPが有効であることを確認した.

    CiNii Article

  • 画像処理技術を用いた魚種識別に有効な特徴量の検討

    柴田 利樹

    計測自動制御学会第33回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日 - 2014年12月07日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑キャンパス  

  • オプティカルフローを用いた読唇に有効な注目領域の検討

    白石 淳

    計測自動制御学会第33回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日 - 2014年12月07日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑キャンパス  

  • グラス型Inside-Out カメラを用いた注視点推定

    川田 健司

    平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部郡元キャンパス  

  • オプティカルフローを用いた読唇に関する研究

    白石 淳

    平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部郡元キャンパス  

  • オプティカルフローを用いた読唇に関する研究

    白石 淳

    第1回サイレント音声認識ワークショップ  九州工業大学「サイレント音声認識グループ」

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月07日 - 2014年08月08日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学飯塚キャンパス  

  • マルチストリーム読唇

    齊藤 剛史

    第17回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解 (PRMU) 研究専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月28日 - 2014年07月31日   記述言語:日本語   開催地:岡山コンベンションセンター  

  • お木楽サーチ:葉画像を用いた樹木検索システム

    齊藤 剛史

    動的画像処理実利用化ワークショップ2014(DIA2014)  精密工学会 画像応用技術専門委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月06日 - 2014年03月07日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学(熊本県熊本市)  

  • 画像処理技術を用いた樹木同定に関する研究

    齊藤 剛史

    情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会  情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月03日 - 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:東京大学(東京都目黒区)  

  • 画像処理による割り箸原形の外観検査システムの開発

    齊藤 剛史

    情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会  情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月03日 - 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:東京大学(東京都目黒区)  

  • 指先キャリブレーションを利用した注視点推定

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年02月13日 - 2014年02月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学(福岡県福岡市)  

  • 距離画像を用いた単一指文字認識

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年02月13日 - 2014年02月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学(福岡県福岡市)  

  • 高速度カメラを用いた初口形認識

    白石 淳

    第32回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学(長崎県長崎市)  

  • Kinectを用いた手話認識

    小山 智己

    第32回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学(長崎県長崎市)  

  • 講義映像における移動人物の自動検出

    西野 博貴

    平成25年度電気関係学会九州支部連合大会(第66回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学(熊本県熊本市)  

  • First Person VisionのためのInside-Outカメラにおける注視点推定

    岩上 純生

    平成25年度電気関係学会九州支部連合大会(第66回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学(熊本県熊本市)  

  • 樹皮画像による樹木同定の検討

    齊藤 剛史

    平成25年度電気関係学会九州支部連合大会(第66回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学(熊本県熊本市)  

  • 講義映像における移動物体動線の自動検出

    西野 博貴

    第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013)  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月04日 - 2013年09月06日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取県鳥取市)  

  • 葉の表裏を利用した樹木の画像認識

    岩田 聡大

    第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013)  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月04日 - 2013年09月06日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取県鳥取市)  

  • 葉画像を用いた樹木検索システム

    齊藤 剛史

    第16回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)  情報処理学会CVIM研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月30日 - 2013年08月01日   記述言語:日本語   開催地:国立情報学研究所(東京都千代田区)  

  • 講義映像における移動物体の自動検出

    西野 博貴

    電子情報通信学会教育工学研究会  電子情報通信学会教育工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月27日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学(熊本県熊本市)  

  • Kinectを利用した指文字認識に関する検討

    井上 快

    電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究会  電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月25日 - 2013年01月26日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学(福岡県飯塚市)  

  • Road Boundaries Extraction for General Road Images using Texture Orientation and Color Information

    Trung Hieu Bui

    第31回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:英語   開催地:熊本大学  

  • 高速度カメラを用いた音認識

    齊藤 剛史

    フォーラム顔学2012 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月13日 - 2012年10月14日   記述言語:日本語   開催地:東京電機大学  

  • 形状と色情報に基づく葉の画像認識

    岩田 聡大

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会(第65回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • SSRフィルタを用いた目検出及び瞬き検出

    岩上 純生

    電子情報通信学会画像工学研究会  電子情報通信学会画像工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月27日 - 2012年08月28日   記述言語:日本語   開催地:山口大学(山口県山口市)  

  • 葉画像を用いた樹木の認識

    岩田 聡大

    電子情報通信学会画像工学研究会  電子情報通信学会画像工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月27日 - 2012年08月28日   記述言語:日本語   開催地:山口大学(山口県山口市)  

  • 距離画像を用いたリアルタイム指文字認識

    井上 快

    電子情報通信学会画像工学研究会  電子情報通信学会画像工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月27日 - 2012年08月28日   記述言語:日本語   開催地:山口大学(山口県山口市)  

  • 読唇に有効な顔モデルの確立

    齊藤 剛史, 韓リャン

    第15回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012)  電子情報通信学会PRMU研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語   開催地:福岡国際会議場(福岡県博多市)  

  • 読唇に有効な顔モデルの検討

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月29日 - 2012年03月30日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学(兵庫県神戸市)  

  • レーザレンジファインダを用いたSLAMによる音声操作型電動車いすの走行補助

    吉田 浩治

    第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月26日 - 2011年11月27日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • レーザレンジファインダを用いた屋内追従帰還型移動ロボットの開発

    前田 祐作

    第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月26日 - 2011年11月27日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • 文章発話シーンにおける単語スポッティング認識

    内田 克彦

    第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月26日 - 2011年11月27日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • ニュース映像における基本口形の認識

    堰口 文貴

    第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月26日 - 2011年11月27日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • Active Appearance Modelにおける読唇に有効な顔モデルの検討

    韓 リャン

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会(第64回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • リアルタイム読唇システム

    齊藤 剛史

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会(第64回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 発話障害者のための読唇技術を利用したコミュニケーション支援システム

    齊藤 剛史

    ヒューマンインタフェースシンポジウム2011  ヒューマンインタフェース学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月13日 - 2011年09月16日   記述言語:日本語   開催地:仙台国際センター(宮城県仙台市)  

  • 読唇のための線形回帰による視点変換

    齊藤 剛史

    第14回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)  情報処理学会CVIM研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月20日 - 2011年07月22日   記述言語:日本語   開催地:金沢市文化ホール(石川県金沢市)  

  • レーザレンジファインダを用いたSLAMによる電動車いすの走行制御

    吉田 浩治

    電子情報通信学会福祉情報工学研究会  電子情報通信学会福祉情報工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月24日   記述言語:日本語   開催地:立命館大学 びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)  

  • 割り箸原形の外観検査システムの開発

    齊藤 剛史

    ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2010)  精密工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月09日 - 2010年12月10日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜アネックスホール(神奈川)  

  • 口形認識に有効な視点の検討

    齊藤 剛史

    第15回パターン計測シンポジウム(第83回パターン計測部会研究会)  計測自動制御学会計測部門パターン計測部会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月03日 - 2010年12月04日   記述言語:日本語   開催地:デュープレックスセミナーホテル(茨木)  

  • 音声操作型電動車いすのエレベータ乗降に関する研究

    松下 幸司

    第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月27日 - 2010年11月28日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根県松江市)  

  • ニュース映像における基本口形の認識

    堰口 文貴

    第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月27日 - 2010年11月28日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根県松江市)  

  • レーザレンジファインダを用いたSLAMによる車いすの壁沿い走行

    吉田 浩治

    第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月27日 - 2010年11月28日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根県松江市)  

  • レーザレンジファインダを用いた追従帰還型移動ロボットの開発

    前田 祐作

    第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月27日 - 2010年11月28日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根県松江市)  

  • 魚眼カメラを用いた追従帰還型移動ロボットの開発

    米虫 大輝

    第19回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月27日 - 2010年11月28日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根県松江市)  

  • ランダムサンプリングと2種類のトラッカによるMean Shift追跡

    丸山 康平

    電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月23日   記述言語:日本語   開催地:岡山県立大学(岡山県総社市)  

  • 文章発話シーンからの単語スポッティング認識

    内田 克彦

    電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月23日   記述言語:日本語   開催地:岡山県立大学(岡山県総社市)  

  • 多視点カメラによる発話シーンを用いた口形認識に有効な視点の検討

    山下 晃平

    電気・情報関連学会中国支部第61回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月23日   記述言語:日本語   開催地:岡山県立大学(岡山県総社市)  

  • 連続DPマッチングを用いた発話シーンからの単語スポッティング認識

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月08日 - 2010年10月09日   記述言語:日本語   開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉県千葉市)  

  • 発話シーンからのワードスポッティング読唇

    齊藤 剛史

    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会(第63回連合大会)  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地:九州産業大学(福岡県福岡市)  

  • 形状と背景変化に頑健なMean Shift追跡

    丸山 康平

    第13回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010)  画像情報学フォーラム,電子情報通信学会PRMU研究会,情報処理学会CVIM研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月27日 - 2010年07月29日   記述言語:日本語   開催地:釧路市観光国際交流センター  

  • フレームレート変化による単語読唇の影響に関する考察

    齊藤 剛史

    第13回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010)  画像情報学フォーラム,電子情報通信学会PRMU研究会,情報処理学会CVIM研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月27日 - 2010年07月29日   記述言語:日本語   開催地:釧路市観光国際交流センター  

  • トラジェクトリ特徴量を利用した単語読唇に関する基礎検討

    齊藤 剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月15日 - 2010年03月16日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学  

  • 特徴選択と複数のサブトラッカによるMean Shift追跡

    丸山 康平

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月21日 - 2010年01月22日   記述言語:日本語   開催地:京都大学  

  • 領域分割による複数のサブトラッカと特徴選択によるMean Shift追跡

    丸山 康平

    第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月28日 - 2009年11月29日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学  

  • レーザーレンジファインダを用いた未知環境における自己位置推定と地図生成

    村井 彰

    第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月28日 - 2009年11月29日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学  

  • 単眼カメラを用いた自律追従ロボットの開発

    津田 直樹

    第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月28日 - 2009年11月29日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学  

  • 携帯電話搭載カメラによる単語読唇

    山平 浩太朗

    第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月28日 - 2009年11月29日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学  

  • 顔画像を用いた単語読唇

    石倉 寛之

    第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月28日 - 2009年11月29日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学  

  • 割り箸原形の検査システムの開発

    齊藤 剛史

    第14回パターン計測シンポジウム(第80回パターン計測部会研究会)  計測自動制御学会計測部門 パターン計測部会

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月20日 - 2009年11月21日   記述言語:日本語   開催地:三光荘(岡山)  

  • 発話シーンからのキーフレーム検出と単語認識

    森下 和敏

    電気・情報関連学会中国支部第60回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月17日   記述言語:日本語   開催地:広島市立大学(広島)  

  • 多機能コンセントのスケジューリング機能による待機電力の削減

    明山 寛史

    第8回情報科学技術フォーラム(FIT2009)  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月02日 - 2009年09月04日   記述言語:日本語   開催地:東北工業大学(宮城)  

  • 発話シーンからのキーフレーム検出とキーフレームに基づく単語読唇

    森下 和敏

    第12回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009)  画像情報学フォーラム,情報処理学会CVIM研究会,電子情報通信学会PRMU研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月20日 - 2009年07月22日   記述言語:日本語   開催地:くにびきメッセ(島根  

  • 鳥害対策システムのための鳥追跡と羽ばたき動作の認識

    丸山 康平

    第12回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009)  画像情報学フォーラム,情報処理学会CVIM研究会,電子情報通信学会PRMU研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月20日 - 2009年07月22日   記述言語:日本語   開催地:くにびきメッセ(島根  

  • エレベータによるフロア間移動が可能な音声操作型電動車いす

    水口 正治

    電子情報通信学会福祉情報工学研究会  電子情報通信学会福祉情報工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月23日 - 2009年03月25日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根)  

  • 単眼カメラを用いた屋内移動ロボット

    多田 直也

    電子情報通信学会2009総合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月20日   記述言語:日本語   開催地:愛媛大学(愛媛)  

  • トラジェクトリ特徴量に基づく単語認識のリアルタイム処理

    加藤友哉

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月27日 - 2008年11月28日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学(大阪)  

  • 発話時における口唇形状の変化による単語認識

    齊藤剛史

    第13回パターン計測シンポジウム(第77回パターン計測部会研究会)  計測自動制御学会計測部門パターン計測部会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月21日 - 2008年11月22日   記述言語:日本語   開催地:かんぽの宿修善寺(静岡)  

  • 自律的帰還機能を持つカメラ画像を利用した屋内移動ロボットシステムの開発

    針本修次

    第17回計測自動制御学会中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月15日   記述言語:日本語   開催地:広島大学(広島)  

  • 危険回避機能をもつ廊下中央走行型移動ロボットの開発

    多田直也

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 衝突回避機能による音声操作型電動車椅子の操作性向上に関する研究

    水口正治

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 音声操作型電動車椅子のファジィ制御を用いた走行補助に関する研究

    西森雅人

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • コンセントの多機能化による待機電力の削減

    明山寛史

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 顔面熱画像を用いた個人認証に関する研究

    山平浩太朗

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • トラジェクトリ特徴量を用いたリアルタイム単語認識

    加藤友哉

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 読唇における発話シーンからの音節の自動抽出

    森下和敏

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 追従対象者の足元に着目した自律追従型システムの開発

    津田直樹

    電気・情報関連学会中国支部第59回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 顔面熱画像を用いた顔認識

    山平浩太朗

    計測自動制御学会第25回センシングフォーラム  計測制御学会計測部門センシングフォーラム運営委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日 - 2008年09月26日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学(佐賀)  

  • 電流センサに基づく家電機器の認識

    小西亮介

    計測自動制御学会第25回センシングフォーラム  計測制御学会計測部門センシングフォーラム運営委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月25日 - 2008年09月26日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学(佐賀)  

  • 横顔画像の輪郭形状に基づく読唇

    齊藤剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月05日 - 2008年09月06日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学(神奈川)  

  • 複数口唇領域を利用した多言語に有効な単語読唇

    齊藤剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月05日 - 2008年09月06日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学(神奈川)  

  • ネットワークから制御可能な多機能コンセント

    明山寛史

    第7回情報科学技術フォーラム(FIT2008)  電子情報通信学会情報・システムソサイエティ,電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ,情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月02日 - 2008年09月04日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学(神奈川)  

  • 複数の口唇領域を用いた単語認識

    齊藤剛史

    第11回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008)  画像情報学フォーラム,電子情報通信学会PRMU研究会,情報処理学会CVIM研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月29日 - 2008年07月31日   記述言語:日本語   開催地:軽井沢プリンスホテル(長野)  

  • 音声命令による電動車椅子の操作

    水口正治

    電子情報通信学会福祉情報工学研究会  電子情報通信学会福祉情報工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月29日 - 2008年05月30日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学(兵庫)  

  • リアルタイム口部形状認識を利用した意思伝達システム

    加藤友哉

    電子情報通信学会福祉情報工学研究会  電子情報通信学会福祉情報工学研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年01月24日 - 2008年01月25日   記述言語:日本語   開催地:島根大学(島根)  

  • 口部パターン形状を利用した文字入力システム

    齊藤剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2008年01月17日 - 2008年01月18日   記述言語:日本語   開催地:龍谷大学(滋賀)  

  • 1台のカメラを搭載する移動ロボットのための走行領域の自動検出

    多田直也

    IEEE広島支部第9回学生シンポジウム  IEEE広島支部

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月24日 - 2007年11月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 口部形状のリアルタイム認識

    加藤友哉

    IEEE広島支部第9回学生シンポジウム  IEEE広島支部

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月24日 - 2007年11月25日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • カメラ画像を利用した屋内移動ロボットの開発

    村田圭介

    計測自動制御学会第16回中国支部学術講演会  計測自動制御学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月10日   記述言語:日本語   開催地:山口大学(山口)  

  • 屋内移動ロボットのための画像情報に基づく曲がり角の自動検出

    多田直也

    電気・情報関連学会中国支部第58回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月20日   記述言語:日本語   開催地:広島大学(広島)  

  • リアルタイム読唇のための口部形状認識

    加藤友哉

    電気・情報関連学会中国支部第58回連合大会  電気・情報関連学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月20日   記述言語:日本語   開催地:広島大学(広島)  

  • 高速かつロバストなMean Shift追跡

    大島直也

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 読唇における発話単語からの音節の自動抽出と母音分類

    久木貢

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • リアルタイム口部パターン認識

    加藤友哉

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 屋内移動ロボットのための走行領域の検出

    多田直也

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 顔面熱画像を利用した個人認証

    水口正治

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 音声操作型電動車椅子の開発

    西森雅人

    電子情報通信学会2007ソサイエティ大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(鳥取)  

  • 唇および口内領域形状に基づくトラジェクトリ特徴量による読唇

    齊藤剛史

    第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)  情報処理学会,電子情報通信学会情報・システムソサイエティ,電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月05日 - 2007年09月07日   記述言語:日本語   開催地:中京大学(愛知)  

  • 口内領域形状に基づく日本語単音の分類

    齊藤剛史

    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会  電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月15日 - 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学(岡山)  

▼全件表示

工業所有権

  • 注視点推定システム、注視点推定方法、注視点推定プログラム、及び、こ れが記録された情報記録媒体

    齊藤剛史, ワラポン チンサティ

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-37630  出願日:2019年03月01日

  • パブリック・スピーキング支援装置、及びプログラム

    冬野美晴,山下友子,中島祥好,齊藤 剛史

     詳細を見る

    出願番号:2017-077706  出願日:2017年04月10日

    登録番号:7066115  登録日:2022年05月02日

  • 文字列入力装置

    齊藤 剛史,飯沼 眞紀

     詳細を見る

    出願番号:2015-108708  出願日:2015年05月28日

    公開番号:特開2016-224608  公開日:2016年12月28日

    登録番号:6562542  登録日:2019年08月02日

  • コミュニケーション支援システム

    齊藤剛史

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-182594  出願日:2011年08月24日

    公開番号:特開2013-045282  公開日:2013年03月04日

  • ワードスポッティング読唇装置及び方法

    齊藤剛史

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-201629  出願日:2010年09月09日

    公開番号:特開2012-059017  公開日:2012年03月22日

  • 文字入力方法

    齊藤剛史,小西亮介

     詳細を見る

    出願番号:特許出願2008-003472  出願日:2008年01月10日

    公開番号:特許公開2009-169464  公開日:2009年07月30日

  • 移動物体の追従装置及び同装置を備えた電動車椅子

    小西亮介,齊藤剛史,尾崎知幸

     詳細を見る

    出願番号:特許出願2006-093072  出願日:2006年03月30日

    公開番号:特許公開2007-265343  公開日:2007年10月11日

  • 輪郭抽出システム

    金子豊久,齊藤剛史

     詳細を見る

    出願番号:特許出願2004-134642  出願日:2004年04月28日

    公開番号:特許公開2005-316776  公開日:2005年11月10日

    登録番号:特許4491714  登録日:2010年04月16日

  • 植物認識システム

    金子豊久,齊藤剛史

     詳細を見る

    出願番号:特許出願2000-403201  出願日:2000年12月28日

    公開番号:特許公開2002-203242  公開日:2002年07月19日

    登録番号:特許3918143  登録日:2007年02月23日

▼全件表示

作品

講演

  • サイレント音声認識の研究動向 ~ 読唇技術を中心として ~

    電子情報通信学会 音声研究会,福祉情報工学研究会  2017年10月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州工業大学(福岡)  

  • 読唇技術のサーベイ

    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム(LE2017)  2017年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:岐阜大学JR岐阜駅前サテライトキャンパス(岐阜)  

  • 機械読唇技術とその応用

    第19回知能メカトロニクスワークショップ  2014年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:高野山「宝城院」(和歌山)  

  • 機械読唇技術

    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会  2014年05月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:東京理科大学(東京)  

  • 唇および口内領域形状に基づくトラジェクトリ特徴量による読唇

    第7回情報技術科学フォーラム イベント企画  2008年09月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

報道関係

  • 離島でも活用 ローカル5Gに熱い視線   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    讀賣新聞  2022年02月11日

  • 九州工大など、読唇術向けデータセット開発 唇の動き・発話文をAI学習   新聞・雑誌

    齊藤剛史, 森勢将雅

    日刊工業新聞  2021年07月27日

  • 東北家が出した「マルチモーダルDB」って要するに何だ? 本家に聞いてきた   インターネットメディア

    齊藤剛史

    くろ州の歌声合成備忘録  2021年07月05日

  • 読唇術を実現するためのデータベース作成!? 口の動きだけで言葉を認識し、違う声にする究極のバ美肉技術のための研究資金をクラウドファンディング中   インターネットメディア

    齊藤剛史, 小田恭央

    藤本健の “DTMステーション”  2020年07月12日

  • 「読唇技術」アプリを開発   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    毎日新聞  2019年03月15日

  • 開店!ウメ子食堂   テレビ・ラジオ番組

    齊藤剛史

    RKBラジオ  2019年03月11日

  • 第19回九工大わくわく科学教室「一番はじめのプログラミング」   テレビ・ラジオ番組

    齊藤剛史

    NHK総合「ニュース」  2019年03月10日

  • スマホで読唇 言葉推測   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    西日本新聞  2019年02月14日

  • あなたの唇 AIに読ませて   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    朝日新聞  2019年01月24日

  • 九工大わくわく科学教室   新聞・雑誌

    九工大わくわく科学教室(齊藤剛史)

    毎日新聞  2018年03月26日

  • 小中学生84人が実験・工作   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    西日本新聞朝刊  2017年07月06日

  • 子ども科学実験教室   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    毎日新聞  2017年07月02日

  • 九工大生と一緒に実験   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    読売新聞  2017年07月02日

  • ⼤学⽣が講師 科学体験の教室   テレビ・ラジオ番組

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    NHK  2017年07月01日

  • 飯塚で小中学校開放日 筑穂中は「プログラム学習」   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    毎日新聞  2017年06月07日

  • いまどきの学校   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    西日本新聞  2016年12月13日

  • プログラミング小中学生が学ぶ   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    毎日新聞  2016年12月04日

  • 科学の不思議体験   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    毎日新聞朝刊  2016年07月03日

  • 科学実験に歓声   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    西日本新聞朝刊  2016年07月03日

  • 科学の楽しさ学生が伝える   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    読売新聞朝刊  2016年07月03日

  • 口の動きで文字入力   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    日経産業新聞  2016年01月06日

  • プログラミング小中生挑戦   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    讀賣新聞  2015年12月13日

  • 小中学生、プログラム体験   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    西日本新聞  2015年12月13日

  • 小中生23人「スクラッチ」体験!   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    毎日新聞  2015年12月13日

  • 小中生が科学実験楽しむ   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    西日本新聞朝刊  2015年07月05日

  • 12テーマ科学実験楽しむ講師は九工大の1年生   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    西日本新聞朝刊  2014年07月01日

  • 九工大生と学ぶ子ども科学実験教室   テレビ・ラジオ番組

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    NHK  2014年06月28日

  • 読唇技術でコミュニケーション支援   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    読売新聞  2013年10月31日

  • 九州工業大学の学生がおくる科学実験教室   テレビ・ラジオ番組

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    NHK  2013年06月29日

  • 小中学生と科学実験九工大生楽しく指導   新聞・雑誌

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    西日本新聞朝刊  2012年09月01日

  • 九工大生と学ぶ 夏休みの科学実験教室   テレビ・ラジオ番組

    基礎プロジェクト(齊藤剛史)

    NHK  2012年08月09日

  • 医療と大学連携模索   新聞・雑誌

    九州工業大学

    西日本新聞  2011年07月23日

  • テクノロジー Powered by 九工大 シリーズ13 視覚情報に基づく発話内容の認識に関する研究   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    西日本新聞  2010年10月20日

  • 携帯電話カメラで読唇   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    山陰中央新報  2009年04月10日

  • 日曜あさいちばん、リレーニュース・郷土の話題   テレビ・ラジオ番組

    齊藤剛史

    NHKラジオ第1  2009年02月22日

  • いちおしNEWとっとり、とっとりニュース845   テレビ・ラジオ番組

    齊藤剛史

    NHK総合  2009年02月10日

  • パソコンで「読唇術」   新聞・雑誌

    齊藤剛史

    読売新聞[21]  2009年01月09日

  • 大学教員   テレビ・ラジオ番組

    齊藤剛史

    日本海ケーブルネットワーク「ユメイロ」  2007年12月15日

▼全件表示

学術関係受賞

  • 企業賞(SLP研究会)

    情報処理学会   ITAコーパス:パブリックドメインの音素バランス文からなる日本語テキストコーパスの構築と基礎評価   2022年02月01日

    小口 純矢, 金井 郁也, 小田 恭央, 齊藤 剛史, 森勢 将雅

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第11回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会 優秀演題賞(ポスター部門)

    日本ヘルスコミュニケーション学会   視線解析を用いた救急医療インタラクションのマルチモーダル分析:メンバーの促し行為とリーダーの指示行為   2019年09月27日

    土屋 慶子, 種市 瑛, 酒井 拓磨, 中村 京太, 安部 猛, 齊藤 剛史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • MVA2017 Best Poster Award

    International Association of Pattern Recognition (IAPR)   2017年05月10日

    Masaya Iwasaki, Michiko Kubokawa, Takeshi Saitoh

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 英語映像アーカイブのマルチモーダルコーパス化と分析:言語学と工学の融合

    研究課題番号:15K12416  2015年04月 - 2018年03月   挑戦的萌芽研究

  • 視覚障害者に対する情報確保支援のためのソフトウェアの開発

    研究課題番号:24501062  2012年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

     詳細を見る

    この研究の目的は,数学的な概念を扱う授業や講義において,視覚に障害を持つ学生に対して必要な情報を提供するために最適な環境を,開発予定のソフトウェアを用いて実現することである.視覚を前提としない情報の伝達を扱う場合,触覚や音声など一度に把握できる情報量が少ない伝達手段が中心となる.従って情報が形作るグラフ構造において,それぞれの情報の要素(節点)や要素間の関係(有向辺)の重要度を正確に把握することに大きな意味がある.そのために,健常者が視覚から何を得ているか,視覚障害者が触覚などからどのような情報を得る可能性があるかを解析し,より重要な情報をより分かりやすい形で伝達するための理論,ノウハウの構築を目指す.

  • 聴覚障害者のコミュニケーション支援のための読唇による会話認識インタフェースの開発

    研究課題番号:21700582  2009年04月 - 2012年03月   若手研究(B)

     詳細を見る

    本研究課題では,機械読唇を利用した聴覚障害者のコミュニケーション支援を目的として,単音や単語だけでなく会話文をリアルタイムで認識するインタフェースの開発を目指す.本研究初年度の平成21年度は以下のことに取り組んだ.

    1) 日本語25単語の発話シーンを学生10人の協力を得て撮影した.ただし,読唇をインタフェースとして利用する際,計算機性能によりカメラのフレームレートが変更する可能性がある.フレームレートが認識精度に与える影響を検討するため,撮影は一般的なカメラのフレームレートである30fpsでなく60fpsで撮影した.

    2) これまでは口唇周辺が大きく写る顔下半分の発話シーンを処理対象としていた.この場合,発話時に顔が動くと口唇領域の抽出に影響を与える.この問題を避けるため,本研究課題では顔全体が写る発話シーンを対象とした.顔検出にはViolaが提案したHaar-like特徴量による顔検出など数多くの手法が提案されているが,ここでは口唇領域抽出に用いるActive Appearance Model(AAM)を顔抽出にも利用する.顔抽出後にAAMを適用し口唇領域を抽出する.

    3) AAMにより五つの口唇領域を抽出し,これに基づき特徴量を定義する.特徴量として認識に有効なトラジェクトリ特徴量TFを用いるが,TFを構成する口唇領域の形状特徴量を変えて有効な特徴量の組み合わせを用いて認識実験を行なった.その結果,内側唇輪郭内領域の面積とアスペクト比,歯領域の面積を用いることにより94.6%の高い認識精度を得られることを確認した.

    4) 学習用データおよび認識実験用データのフレームレートを擬似的に変更し認識実験を行なった結果,両データのフレームレートの差が小さい場合,認識率はあまり影響を受けず,認識実験用データのフレームレートを大きくする方が高い認識率が得られやすいことを確認した.

    5) 研究成果は国際会議1件,国内学会2件で発表した.また国際会議および国内学会にそれぞれ1件投稿中であり,リアルタイム読唇システムに関する成果を学術論文として投稿する予定である.

  • 読唇システムを用いた「介護用電動車いす」の実用化に関する研究

    研究課題番号:21500515  2009年04月 - 2011年03月   基盤研究(C)

     詳細を見る

    本研究課題では、手動操作が困難な身障者や高齢者が「唇の動き」で操作できる次世代型「介護用電動車いす」の実用化を目指す。その場合、安全でかつ容易に操作できるだけでなく、車いすの走行がスムーズで「乗り心地」が自然であることが重要である。この目的の下、以下に研究に取り組んだ。

    1) 認識精度に関する検討:これまでは数人の発話者のみを対象とした認識実験を報告していたのに対し、10人の発話シーンを撮影して認識実験を実施した。さらに、読唇システムを利用する際に計算機スペックによりフレームレートが変わることを考慮し、撮影した発話シーンのフレームレートを擬似的に変えて認識実験を行なった。この成果は国際会議1件、国内学会2件で報告した。また国際会議および国内学会にそれぞれ1件投稿中である。

    2) 読唇システムに関する検討:前項目は事前に撮影した発話シーンに対する認識実験であったのに対し、リアルタイム読唇システムを用いて9人の被験者に対して車いす制御用14単語に対する認識実験を行なった。この成果は学術論文としてまとめ投稿する予定である。

    3) 車いすの走行制御に関する研究:学校や病院などの多くの公共施設は複数のフロアがあり、エレベータが設置されている。しかし、これまで移動ロボットに関する研究でフロア間移動について議論されていない。そこでエレベータを利用してフロア間の移動が可能なシステムを開発した。この成果は国際会議や国内会議で発表した。また、これまでのシステムでは、車いす前方に2台の超音波センサ、周囲に8個の赤外線センサをもとに車いすの走行環境を取得していた。この場合、外界センサの検知範囲の制限およびセンサの精度の問題による制限が生じていた。そこで新たなシステムとして、車いすの前方に1台のレーザーレンジファインダ(LRF)、後方に6個の赤外線センサを用いることにより車いすの周囲環境を広範囲かつ高い精度で取得できるよう改善した。またLRFを用いたSLAMを実装し、壁沿い走行を試みている。

  • 読唇システムを用いた「介護用電動車いす」の走行制御に関する研究

    研究課題番号:19500476  2007年04月 - 2009年03月   基盤研究(C)

     詳細を見る

    本課題では、手動操作が困難な身障者や高齢者が「口唇の動き」で操作できる「介護用電動車いす」の開発に取り組む。視覚情報を利用して口唇の動きをカメラ画像で認識する読唇の基盤技術、読唇処理のリアルタイム化、センサ情報を利用して障害物などを回避する走行補助に関して、アルゴリズムの開発や電動車いすシステムの実装を行った。

受託研究・共同研究実施実績

  • HT30255 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめきときめきサイエンス)

    2018年04月 - 2018年08月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • HT29306 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめきときめきサイエンス)

    2017年04月 - 2017年08月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • HT28297 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめきときめきサイエンス)

    2016年04月 - 2016年08月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • アレー型磁気センサを用いたマスク型サイレント音声インタフェースの開発

    2015年08月 - 2016年08月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

  • 情報提供サービス充実の為の携帯写真で簡単便利な魚種検索機能の開発

    2015年04月 - 2016年02月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

  • 注視点推定手法の高度化による新たな医療・福祉・介護支援機器の開発

    2014年07月 - 2014年11月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 情報提供サービス充実の為の携帯写真で簡単便利な魚種検索機能の開発

    2014年04月 - 2015年02月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

  • HT26246 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめきときめきサイエンス)

    2014年04月 - 2014年08月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 画像処理技術を用いたスマートフォン向け魚種同定システムの開発

    2013年05月 - 2014年02月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

  • AS242Z03836H患者の意思伝達を支援する口の動きを利用したインターフェイスの開発

    2012年11月 - 2013年10月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 発話障害者のコミュニケーション支援のための携帯電話用読唇システムの開発(092108002)

    2009年04月 - 2012年03月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

    戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
    発話障害者のコミュニケーション支援として3年間の研究期間内に、カメラで撮影した口唇画像を入力として、読唇技術により発話内容をリアルタイムで認識するシステムを開発する。課題を実現するために、撮像機構・手段、認識対象とする発話内容や認識に有効な特徴量など本システムに有用な読唇手法を模索、提案する。本提案課題が達成されれば発話障害者が携帯電話の通話機能を利用できる。将来は騒音環境における音声認識の補助としての応用を検討する。

▼全件表示

その他競争的資金獲得実績

  • IoTによるアクティブシニア活躍都市基盤開発事業

    2016年11月 - 2021年03月

    地域イノベーション・エコシステム形成プログラム  

  • ALS患者のための顔画像処理技術を利用したコミュニケーション 支援システムの開発

    2015年09月 - 2016年02月

    課題解決型医療機器等開発支援事業  

  • 眼鏡型カメラを用いたコミュニケーション支援機器の重度頭部・脊髄外傷患者への応用

    2014年09月 - 2015年09月

    日本損保保険協会交通事故医療に関する一般研究助成  

  • 地域連携型の携帯端末向け樹木検索システムの研究開発

    2013年07月 - 2014年03月

    飯塚市大学支援補助金  

その他研究活動

  • シーズ・ニーズマッチング交流会2019

    2020年01月

  • 九州工業大学 新技術説明会

    2019年12月

     詳細を見る

    顔画像処理を用いた音声を利用しない音声認識技術(読唇技術)の改善

  • 第21回西日本国際福祉機器展

    2019年11月

  • クロスヘルスEXPO2019

    2019年10月

  • イノベーション・ジャパン2019

    2019年08月

     詳細を見る

    バリアフリーな会話の未来を目指して:読唇技術によるサイレント音声認識

  • 第88回(平成30年度第2回)産研テクノサロン

    2018年08月

     詳細を見る

    読唇技術:音声不要のサイレント音声認識

  • 九州工業大学 新技術説明会

    2015年12月

     詳細を見る

    読唇技術を利用した肢体不自由者向けテキスト入力システム

  • 第1回KTC大学合同新技術説明会

    2015年11月

  • はじめてのパターン認識

    2013年07月

  • SCOPE第8回成果発表会(ICTイノベーションフォーラム2012)

    2012年10月

  • 平成24年度SCOPE研究発表会

    2012年07月

  • 九州工業大学 新技術説明会

    2011年12月

     詳細を見る

    読唇技術を用いたコミュニケーション支援システム

  • 九州・国際テクノフェア2011

    2011年11月

     詳細を見る

    出展

  • 麻生飯塚病院-九州工業大学 医工学連携に向けた懇談会

    2011年07月

     詳細を見る

    シーズ発表

  • 山陰(鳥取・島根)発 新技術説明会

    2008年12月

▼全件表示

海外研究歴

  • Lip reading under pose variations

    University of Oulu  フィンランド共和国  研究期間:  2014年09月01日 - 2015年01月09日

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   先端画像処理特論

  • 2021年度   画像工学Ⅰ

  • 2021年度   プログラミング

  • 2021年度   知能情報工学特別講義

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   知能情報工学プロジェクト

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   知能情報工学基礎実験

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   先端画像処理特論

  • 2020年度   画像工学Ⅰ

  • 2020年度   プログラミング

  • 2020年度   知能情報工学特別講義

  • 2020年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2020年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2020年度   情報工学概論

  • 2020年度   システム制御応用

  • 2020年度   ロボティクス応用

  • 2020年度   知能情報工学基礎実験

  • 2020年度   知能情報工学プロジェクト

  • 2019年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2019年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2019年度   先端画像処理特論

  • 2019年度   画像工学Ⅰ

  • 2019年度   プログラミング

  • 2019年度   認識プログラミング 総合実習Ⅰ

  • 2019年度   超PBLプロジェクトS

  • 2019年度   システム創成特論

  • 2019年度   システム創成プロジェクト I

  • 2019年度   情報工学概論

  • 2018年度   基礎プロジェクト

  • 2018年度   プログラム設計

  • 2018年度   プログラミング

  • 2018年度   先端画像処理特論

  • 2018年度   認識プログラミング 総合実習Ⅰ

  • 2018年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2018年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2018年度   システム創成特論

  • 2018年度   システム創成プロジェクト I

  • 2018年度   情報工学概論

  • 2017年度   先端画像処理特論

  • 2017年度   基礎プロジェクト

  • 2017年度   プログラム設計

  • 2017年度   システム創成入門

  • 2017年度   システム創成特論

  • 2017年度   システム創成プロジェクト I

  • 2017年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2017年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2017年度   認識プログラミング 総合実習Ⅰ

  • 2016年度   基礎プロジェクト

  • 2016年度   プログラム設計

  • 2016年度   先端画像処理特論

  • 2016年度   システム創成入門

  • 2016年度   システム創成特論

  • 2016年度   システム創成プロジェクト I

  • 2016年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2016年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2016年度   認識プログラミング 総合実習Ⅰ

  • 2015年度   基礎プロジェクト

  • 2015年度   先端画像処理特論

  • 2015年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2015年度   プログラム設計

  • 2015年度   認識プログラミング 総合実習Ⅰ

  • 2015年度   システム創成入門

  • 2015年度   システム創成特論

  • 2015年度   システム創成プロジェクト I

  • 2015年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2015年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2015年度   解析Ⅰ同演習

  • 2014年度   先端画像処理特論

  • 2014年度   プログラム設計

  • 2014年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2014年度   基礎プロジェクト

  • 2014年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2014年度   システム創成入門

  • 2014年度   システム創成特論

  • 2014年度   システム創成プロジェクト I

  • 2014年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2014年度   解析Ⅰ同演習

  • 2013年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2013年度   基礎プロジェクト

  • 2013年度   先端画像処理特論

  • 2013年度   解析Ⅰ同演習

  • 2013年度   システム創成特論

  • 2013年度   システム創成入門

  • 2013年度   システム創成プロジェクト I

  • 2013年度   プログラム設計

  • 2013年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2013年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2012年度   基礎プロジェクト

  • 2012年度   プログラム設計

  • 2012年度   先端画像処理特論

  • 2012年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2012年度   解析Ⅰ同演習

  • 2012年度   システム創成特論

  • 2012年度   システム創成入門

  • 2012年度   システム創成プロジェクトⅠ

  • 2012年度   創作プロジェクト II

  • 2012年度   創作プロジェクト I

  • 2011年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2011年度   先端画像処理特論

  • 2011年度   システム創成プロジェクトⅠ

  • 2011年度   システム創成特論

  • 2011年度   システム創成入門

  • 2011年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2011年度   システム創成基礎実験

  • 2011年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2011年度   線形代数Ⅱ・同演習

  • 2011年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2011年度   プログラム設計

  • 2010年度   プログラム設計

  • 2010年度   プログラム設計

  • 2010年度   システム創成特論

  • 2010年度   システム創成基礎実験

  • 2010年度   システム創成入門

  • 2010年度   創作プロジェクト I

  • 2010年度   創作プロジェクト II

  • 2010年度   線形代数 II ・同演習

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 情報・知能工学大学院特別講義Ⅰ(2021年度)

    機関名:豊橋技術科学大学

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 学生奨励賞

    第7回サイレント音声認識ワークショップ  

    2020年10月20日

    中村 祐哉

  • FIT奨励賞

    情報処理学会(第19回情報科学技術フォーラム)  

    2020年09月20日

    坂本 一樹

  • Lectures of the Year

    令和1年度九州工業大学情報工学部  

    2020年07月20日

  • FIT奨励賞

    情報処理学会(第16回情報科学技術フォーラム)  

    2017年09月17日

    小宮 凜子

     詳細を見る

    画像処理技術を用いた対話シーンにおける注目度推定

  • 学生奨励賞

    第4回サイレント音声認識ワークショップ  

    2017年09月17日

    窪川 美智子

     詳細を見る

    顔画像に対するコントラスト変換を用いた読唇

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    情報処理学会九州支部  

    2016年09月16日

    窪川 美智子

     詳細を見る

    口形パターンと母音並び語を利用した日本語テキスト入力システム

  • Lectures of the Year

    平成27年度九州工業大学情報工学部  

    2016年06月16日

  • 平成26年度連合大会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部  

    2014年09月14日

    川田 健司

     詳細を見る

    グラス型Inside-Out カメラを用いた注視点推定

  • 平成24年度連合大会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部  

    2012年09月12日

    岩田 聡大

     詳細を見る

    形状と色情報に基づく葉の画像認識

▼全件表示

その他教育活動

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業

    2015年06月

     詳細を見る

    基礎プロジェクト「九工大生と学ぶ子ども科学実験教室」における申請

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業

    2014年06月

     詳細を見る

    基礎プロジェクト「九州工業大学の学生がおくる科学実験教室」における申請

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業

    2013年06月

     詳細を見る

    基礎プロジェクト「九州工業大学の学生がおくる科学実験教室」における申請

  • 飯塚市「ものづくり体験、コンテスト出場・開催」支援事業

    2012年08月

     詳細を見る

    基礎プロジェクト「九工大と学ぶ夏休みの科学実験教室」における申請

学会・委員会等活動

  • 13th International Conference on Graphics and Image Processing (ICGIP2021)   Technical Committee  

    2021年07月 - 2021年08月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2022 (DIA2022)   プログラム委員  

    2021年07月 - 2022年03月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2021)   プログラム委員  

    2021年05月 - 2021年12月

  • Quality Control by Artificial Vision (QCAV2021)   Technical Committee  

    2020年07月 - 2021年05月

  • 電子情報通信学会福祉情報工学研究会   専門委員  

    2020年06月 - 2022年06月

  • 12th International Conference on Graphics and Image Processing (ICGIP2020)   Technical Committee  

    2020年05月 - 2020年11月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2020)   プログラム委員幹事補佐  

    2020年04月 - 2020年12月

  • 第7回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員  

    2020年04月 - 2020年10月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2021 (DIA2021)   プログラム委員会幹事  

    2019年12月 - 2021年03月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2019)   プログラム委員  

    2019年04月 - 2019年12月

  • 13th Asian Conference on Machine Learning (ACML2021)   Program Committee  

    2019年04月 - 2019年11月

  • 第6回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員長  

    2019年04月 - 2019年10月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2020 (DIA2020)   プログラム委員会幹事  

    2019年03月 - 2020年03月

  • 11th Asian Conference on Machine Learning (ACML2019)   Program Committee  

    2019年03月 - 2019年11月

  • 16th ACM SIGGRAPH International Conference on Virtual-Reality Continuum and its Applications in Industry (VRCAI2018)   Program committee  

    2018年08月 - 2018年12月

  • 10th Asian Conference on Machine Learning (ACML2018)   Program Committee  

    2018年05月 - 2018年11月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2018)   プログラム委員  

    2018年04月 - 2018年12月

  • 第5回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員  

    2018年04月 - 2018年09月

  • 精密工学会画像応用技術専門委員会   運営委員会委員  

    2018年02月 - 現在

  • 24th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2018)   Technical Committee  

    2018年01月 - 2018年08月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2019 (DIA2019)   実行委員長  

    2017年10月 - 2019年03月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2018 (DIA2018)   副プログラム委員長  

    2017年09月 - 2018年03月

  • 2018 IEEE Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG2018)   Program Committee  

    2017年07月 - 2018年05月

  • BMVC2017 workshop on Lip-Reading using deep learning methods (LRDLM2017)   Scientific Programme Committee  

    2017年05月 - 2017年09月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2017)   プログラム委員  

    2017年04月 - 2017年12月

  • 第4回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員  

    2017年04月 - 2017年09月

  • 第22回知能メカトロニクスワークショップ   論文委員  

    2017年02月 - 2017年08月

  • International Conference on Auditory-Visual Speech Processing (AVSP2017)   Scientific Committee  

    2016年11月 - 2017年08月

  • International Conference on Information and Communication Technology Robotics (ICT-ROBOT2016)   OS organizer  

    2016年09月

  • 15th IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2017)   Program Committee  

    2016年07月 - 2017年05月

  • 第3回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員  

    2016年04月 - 2016年10月

  • ACCV2016 workshop on Multi-view Lip-reading/Audio-visual Challenges (MLAC2016)   Co-organizer  

    2016年04月 - 2016年11月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2016)   プログラム委員  

    2016年03月 - 2016年12月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2017(DIA2017)   プログラム委員幹事  

    2016年03月 - 2017年03月

  • 第21回知能メカトロニクスワークショップ   論文委員  

    2016年01月 - 2016年08月

  • 2nd ACIS International Conference on Computational Science and Intelligence 2015   Program Committee  

    2015年07月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2016(DIA2016)   実行委員  

    2015年05月 - 2016年03月

  • 第2回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員  

    2015年04月 - 2015年10月

  • ACM(the Association for Computing Machinery)   14th ACM SIGGRAPH International Conference on Virtual Reality Continuum and its Applications in Industry (VRCAI 2015)  

    2015年04月 - 2015年11月

  • AVISA (the Auditory-VIsual Speech Association)   The 1st Joint Conference on Facial Analysis, Animation and Audio-Visual Speech Processing (FAAVSP2015)  

    2015年04月 - 2015年09月

  • ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2015)   プログラム委員幹事補佐  

    2015年03月 - 2015年12月

  • 計測自動制御学会   九州支部 庶務幹事  

    2015年01月 - 2017年01月

  • SICEライフエンジニアリング部門シンポジウム2015   実行委員  

    2015年01月 - 2015年09月

  • 14th IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2015)   Program Committee  

    2014年05月 - 2015年05月

  • 11th International Conference on Signal Image Technology & Internet Based Systems (SITIS2014)   Program Committee  

    2014年05月 - 2014年11月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2015(DIA2015)   実行委員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 第1回サイレント音声認識ワークショップ   実行委員長  

    2014年04月 - 2014年08月

  • 10th International Conference on Signal Image Technology & Internet Based Systems (SITIS2014)   Program Committee  

    2013年07月 - 2014年11月

  • 45th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (SSS'13)   Program Committee  

    2013年06月 - 2013年11月

  • 動的画像処理実利用化ワークショップ2014(DIA2014)   実行委員  

    2013年04月 - 2014年03月

  • 第18回計測自動制御学会中国支部学術講演会   実行委員  

    2009年11月

  • 計測自動制御学会   計測部門 パターン計測部会運営委員  

    2009年04月 - 現在

  • 言語処理学会   第15回年次大会、大会実行委員  

    2009年03月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    山口県立大津緑洋高等学校大津校舎(online)  2021年11月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    山口県立大津緑洋高等学校大津校舎(online)

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    新田青雲中等教育学校  2021年11月10日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    新田青雲中等教育学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    飯塚高等学校  2021年08月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    飯塚高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    福岡県立城南高等学校  2021年07月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立城南高等学校

  • 第24回九工大わくわく科学教室 挑戦!ゲームプログラミング

    役割:講師

    2021年03月27日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  • AIを使った画像認識

    福岡県立八幡高等学校  理数科課題研究の講義  福岡県立八幡高等学校  2021年02月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    役割:講師

    福岡県立香椎工業高校  2021年02月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立香椎工業高校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    大任中学校  2020年12月11日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    大任中学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    役割:講師

    北九州市子ども総合センターくろさき少年支援室  2020年11月30日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    北九州市子ども総合センターくろさき少年支援室

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    宮崎県立妻高等学校(online)  2020年11月17日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立妻高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    役割:講師

    福岡県立伝習館高校(online)  2020年11月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立伝習館高校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    役割:講師

    熊本県立八代清流高等学校  2020年11月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立八代清流高等学校

  • 長崎南高校SSH未来デザインスクール研究紹介

    役割:講師

    長崎県立長崎南高校  長崎南高校SSH未来デザインスクール  長崎県立長崎南高校(online)  2020年10月30日

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • enPit オンラインヒューチャーセッション

    役割:講師

    enPit オンラインヒューチャーセッション  2020年08月15日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • Scratchで学ぶプログラミング

    役割:講師

    嘉穂高等学校プログラミング講座  飯塚キャンパス  2020年01月30日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • Scratchで学ぶプログラミング

    役割:講師

    嘉穂高等学校プログラミング講座  飯塚キャンパス  2020年01月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    福岡県立山門高等学校  2019年11月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立山門高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    福岡県立戸畑工業高校  2019年10月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立戸畑工業高校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    福岡県立新宮高等学校  2019年10月18日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立新宮高等学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    高稜高等学校  2019年10月15日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    高稜高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    福岡県立直方特別支援学校  2019年08月21日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:出前授業

    福岡県立直方特別支援学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    鹿児島県立徳之島高等学校  2019年06月06日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立徳之島高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    筑紫女学園高等学校  2019年03月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    筑紫女学園高等学校

  • 第19回九工大わくわく科学教室 一番はじめのプログラミング

    役割:講師

    2019年03月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 一番はじめのプログラミング

    役割:講師

    博多大丸、九州工業大学  こどもプログラミング教室A  博多大丸  2019年03月10日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2019 SPRING FASHION EXPRESS
    ~未来を感じるデジタルライフ~
    九州工業大学 タイアップイベント
    集まれ!未来のサイエンティスト

  • Scratchで学ぶプログラミング

    役割:講師

    嘉穂高等学校プログラミング講座  飯塚キャンパス  2019年02月01日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • Scratchで学ぶプログラミング

    役割:講師

    嘉穂高等学校プログラミング講座  飯塚キャンパス  2019年01月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    飯塚キャンパス  2018年11月01日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    嘉穂東高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    戸畑キャンパスC-1A講義室(総合教育棟1階)  2018年10月30日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    育徳館中学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    飯塚キャンパスM3講義室(第1会議室)  2018年10月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    久留米市立南筑高等学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    山口県立萩高等学校  2018年10月23日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    山口県立萩高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    西南女学院中学校・高等学校  2018年10月17日

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

    西南女学院中学校・高等学校

  • Scratchで学ぶプログラミング

    役割:講師

    嘉穂高等学校理数科大学実習  飯塚キャンパス  2018年07月27日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • Scratchで学ぶプログラミング

    役割:講師

    嘉穂高等学校理数科大学実習  飯塚キャンパス  2018年07月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    役割:講師

    飯塚キャンパスリカレント講義室  2018年07月10日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立光陵高等学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    福岡県立八幡南高等学校  2018年06月29日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立八幡南高等学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    役割:講師

    福岡県立福岡講倫館高等学校  2018年05月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立福岡講倫館高等学校

  • 第16回九工大わくわく科学教室 一番はじめのプログラミング

    役割:講師

    2018年03月25日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2018年03月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    筑紫女学園高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    2017年12月05日 - 2017年12月19日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立戸畑工業高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2017年11月30日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    福岡県立育徳館中学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2017年10月30日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立熊本西高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    2017年10月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立若松高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    2017年10月24日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立新宮高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    2017年10月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    博多学園博多高等学校

  • 飯塚市教育委員会・平成29年度ICT活用教育研修会

    2017年08月21日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    Scratchを用いたプログラミング教育について

  • 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめき☆ときめきサイエンス)

    2017年08月20日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2017年07月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立指宿高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2017年07月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立加世田高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    2017年07月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立光陵高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2017年07月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    山口県立下関南高等学校
    模擬講義

  • 九工大生と学ぶ子ども科学実験教室

    2017年07月01日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学情報工学部システム創成情報工学科の創成教育科目「基礎プロジェクト」では、平成24年度より、小中一貫校頴田校および頴田公民館の協力の下、小中学校児童生徒向けの理科実験テーマの創作に取り組み、さらに実際に児童生徒の参加者を募り、本学学生を講師とする理科実験教室の事業を開催してきました。この事業を通じて本学学生は理科教育、安全教育や学社連携について学び、指導者としての資質向上を図ります。さらに本事業を通じて、参加者である児童生徒に理科に対する関心を高めるとともに、大学生を身近に感じ、大学への進学も含めた幅広いキャリア形成を図ります。
    2016年度より、参加対象となる児童生徒を拡大し、多くの子どもたちに参加を促すとともに、理科実験の質の向上に図りました。
    今年度は6回目の開催となります。

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2017年06月23日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立ひびき高等学校

  • Scratchで学ぼうプログラミング

    2017年06月06日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    飯塚市立筑穂中学校

  • 第12回九工大わくわく科学教室 一番はじめのプログラミング

    2016年12月03日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2016年10月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立若松高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2016年10月19日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    九州国際大学付属中学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    2016年10月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大分県立中津北高等学校

  • 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめき☆ときめきサイエンス)

    2016年08月06日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    2016年07月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    山口県立下関南高等学校
    模擬講義

  • 九工大生と学ぶ子ども科学実験教室

    2016年07月02日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学情報工学部システム創成情報工学科の創成教育科目「基礎プロジェクト」では、平成24年度より、小中一貫校頴田校および頴田公民館の協力の下、小中学校児童生徒向けの理科実験テーマの創作に取り組み、さらに実際に児童生徒の参加者を募り、本学学生を講師とする理科実験教室の事業を開催してきました。この事業を通じて本学学生は理科教育、安全教育や学社連携について学び、指導者としての資質向上を図ります。さらに本事業を通じて、参加者である児童生徒に理科に対する関心を高めるとともに、大学生を身近に感じ、大学への進学も含めた幅広いキャリア形成を図ります。
    昨年度より、参加対象となる児童生徒を拡大し、多くの子どもたちに参加を促すとともに、理科実験の質の向上に図りました。
    5回目となる今年度は更に改善します。

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2016年06月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    広島県立廿日市西高等学校

  • 第9回九工大わくわく科学教室 一番はじめのプログラミング

    2015年12月12日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2015年11月06日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立大牟田北高等学校

  • 九工大生と学ぶ子ども科学実験教室

    2015年07月04日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学情報工学部システム創成情報工学科の創成教育科目「基礎プロジェクト」では、平成24年度より、小中一貫校頴田校および頴田公民館の協力の下、小中学校児童生徒向けの理科実験テーマの創作に取り組み、さらに実際に児童生徒の参加者を募り、本学学生を講師とする理科実験教室の事業を開催してきました。この事業を通じて本学学生は理科教育、安全教育や学社連携について学び、指導者としての資質向上を図ります。さらに本事業を通じて、参加者である児童生徒に理科に対する関心を高めるとともに、大学生を身近に感じ、大学への進学も含めた幅広いキャリア形成を図ります。
    4回目となる今年度は、参加対象となる児童生徒を拡大し、多くの子どもたちに参加を促すとともに、理科実験の質の向上に図ります。

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 − 情報工学の可能性は∞ −

    2015年07月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立東鷹高等学校

  • 技術者ってかっこよくて、わるくない ~アニメや映画にみる技術者の姿~

    2015年06月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立ひびき高等学校

  • 唇の動きを解析!読唇できる?(ひらめき☆ときめきサイエンス)

    2014年08月03日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 九工大生と学ぶ子ども科学実験教室

    2014年06月28日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学情報工学部システム創成情報工学科の科目「基礎プロジェクト」では、2012年度より小中学校児童生徒向けの科学実験テーマの創作に取り組んでいます。通常の講義と違い、実際に児童生徒の参加者を募り科学実験教室を開催します。今年度もこれまでと同様に、飯塚市立小中一貫校頴田校の協力のもと、児童生徒の参加者を募り、本学学生を講師とする科学実験教室の事業を開催しました。本事業を通じて本学学生は理科教育、安全教育や学社連携について学び、指導者としての資質向上を図ります。さらに、参加者である児童生徒に科学に対する関心を高めるとともに、大学生を身近に感じ、大学への進学も含めた幅広いキャリア形成を図ります。

  • 九州工業大学の学生がおくる科学実験教室

    2013年06月29日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学情報工学部システム創成情報工学科の科目「基礎プロジェクト」では、2012年度より小中学校児童生徒向けの科学実験テーマの創作に取り組んでいます。通常の講義と違い、実際に児童生徒の参加者を募り科学実験教室を開催します。今年度も昨年度と同様に、飯塚市立小中一貫校頴田校の協力のもと、児童生徒の参加者を募り、本学学生を講師とする科学実験教室の事業を開催しました。本事業を通じて本学学生は理科教育、安全教育や学社連携について学び、指導者としての資質向上を図ります。さらに、参加者である児童生徒に科学に対する関心を高めるとともに、大学生を身近に感じ、大学への進学も含めた幅広いキャリア形成を図ります。

  • 九工大生と学ぶ 夏休みの科学実験教室

    2012年08月09日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州工業大学情報工学部システム創成情報工学科の科目「基礎プロジェクト」で、小中学校児童生徒向けの科学実験テーマの創作に取り組みました。これだけでは通常の講義と同じです。そこで飯塚市立頴田小・中学校の協力のもと実際に児童生徒の参加者を募り、本学学生を講師とする科学実験教室の事業を開催しました。本事業を通じて本学学生は理科教育、安全教育や学社連携について学び、指導者としての資質向上を図ります。さらに、参加者である児童生徒に科学に対する関心を高めるとともに、大学生を身近に感じ、大学への進学も含めた幅広いキャリア形成を図ります。

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • ACCV2016 workshop on Multi-view Lip-reading/Audio-visual Challenges (MLAC2016)

    Taiwan  2016年11月20日

その他国際交流活動

  • 研究インターンシップ受け入れ

    活動期間: 2016年06月 - 2016年09月

     詳細を見る

    Malaysia-Japan International Institute of Technology (MJIIT) Universiti Teknologi Malaysia
    留学生:Ahmad Nazimuddin Bin Abdul Rahman

  • 語学留学生受け入れ

    活動期間: 2016年04月 - 2016年09月

     詳細を見る

    FPT大学
    留学生:Nguyen Manh Huy

  • 研究インターンシップ受け入れ

    活動期間: 2016年04月 - 2016年06月

     詳細を見る

    マレーシア工科大学
    留学生:Bazli Bin Tomi

  • 研究インターンシップ受け入れ

    活動期間: 2015年06月 - 2015年07月

     詳細を見る

    モンクット王工科大学ラートクラバン校
    留学生:Jittapol Sriart

  • 語学留学生受け入れ

    活動期間: 2015年04月 - 2015年08月

     詳細を見る

    FPT大学
    留学生:Tuong Thi Thuy

  • 研究インターンシップ受け入れ

    活動期間: 2014年06月 - 2014年07月

     詳細を見る

    MJIIT
    留学生:Nor Erna Sakinah Binti Salim

▼全件表示