2023/01/30 更新

写真a

ホンダ アオイ
本田 あおい
HONDA Aoi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 情報数理

  • 確率論

  • データ解析

  • 解析学

研究分野

  • 自然科学一般 / 基礎解析学

  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学

  • 情報通信 / 情報学基礎論

  • 自然科学一般 / 数学基礎

出身学校

  • 1991年03月   九州工業大学   情報工学部   知能情報工学科   卒業   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(数理学)   2003年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     准教授

  • 2010年10月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系     准教授

所属学会・委員会

  • 2022年03月 - 現在   日本数学会 地方区代議員   日本国

  • 2021年04月 - 現在   日本数学会 教育委員会   日本国

  • 2019年04月 - 現在   工学系数学基礎教育研究会 幹事   日本国

  • 2022年06月 - 現在   日本数学会 男女共同参画推進委員会   日本国

  • 2013年04月 - 現在   一般財団法人ファジィシステム研究所 運営諮問委員   日本国

  • 2012年10月 - 現在   MDAI (International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence)   スペイン

  • 2018年10月 - 2021年09月   JSPS研究開発専門委員会 電力と情報通信のネットワーク基盤融合による超スマート社会 委員   日本国

  •   日本知能情報ファジィ学会 正会員   日本国

  •   日本数学会 正会員   日本国

  •   日本オペレーションズ・リサーチ学会 正会員   日本国

  •   日本応用数理学会 正会員   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • 非加法的測度と積分論を用いたデータ解析手法の開発

    非加法的測度,ビッグデータ

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月

  • Shepp空間の linear quasi-metricと数列表現

    角谷の二分定理, Sheppの定理

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月

  • 不動点理論に関連する種々の非線形問題

    不動点定理

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月

  • 筋電波形検査システムの開発

    筋電図,データ解析,画像認識

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月

  • Lp関数の定める数列空間の線形性と位相

    角谷の二分定理, Sheppの定理

    研究期間: 2010年04月  -  2013年03月

  • 数学図形の非視覚的情報交換のための情報構造解析

    学習支援,教育工学

    研究期間: 2009年04月  -  2012年03月

  • 束上の非加法的測度のエントロピー

    未設定

    研究期間: 2004年10月  -  2006年12月

     詳細を見る

    各種の非加法的測度を束上の測度として統一的に扱い, シャノンエントロピーの拡張となるエントロピーの定義を与え, この定義の一意性を示す自然な必要十分条件を与えた.

  • 無限直積ガウス測度の確率平行移動

    角谷の二分定理, Sheppの定理

    研究期間: 2001年04月  -  2003年03月

  • 無限次元測度の平行移動と絶対連続性

    角谷の二分定理, Sheppの定理

    研究期間: 1996年04月  -  1997年03月

  • 確率過程のランダム平行移動と分布の絶対連続性

    角谷の二分定理, Sheppの定理

    研究期間: 1995年04月  -  1996年03月

▼全件表示

論文

  • Representation and Interpretability of IE Integral Neural Networks 査読有り 国際誌

    Honda A., Kamata Y., James S.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   13408 LNAI   168 - 180   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    While there has been a lot of research attention given to neural networks and other black-box machine learning methods, recent works on aggregation functions and fuzzy sets have highlighted the appeal of incorporating fuzzy integrals into network implementations in order to achieve interpretability. We present an application of the recently proposed inclusion-exclusion integral neural network to the Boston House-Price dataset to illustrate its potential and examine the settings leading to better performance.

    DOI: 10.1007/978-3-031-13448-7_14

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137084717&origin=inward

  • A New Design Method of Cylindrical Bearings Based on a Simplified Thermohydrodynamic Lubrication Model 査読有り

    Hatakenaka Kiyoshi, Honda Aoi

    Tribology Online ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   17 ( 3 )   175 - 195   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>This paper proposes a new THL bearing design method based on an improved version of a precedent method. The precedent method used a model expression prepared in advance to easily and quickly find a crucial predicted data of the maximum bearing temperature. Three expressions were prepared for three different values of journal eccentricity ratio, 0.25, 0.50, and 0.75. Which one of the three should be used was determined, based on the preliminarily obtained value of journal eccentricity ratio derived from the initially analysis and <i>t</i>–test, for the crucial temperature for any value of journal eccentricity ratio. Furthermore, the new expression explicitly includes the four well-known dimensionless numbers used in THL analysis, that is, Sommerfeld number, bearing width-to-dimeter ratio, Peclet number and Khonsari number. The model expressions for other bearing characteristic performances were obtained in the same way. Compared with some measurements in test rigs of cylindrical bearings, the new improved method is confirmed to predict reasonably accurate bearing performances of cylindrical bearings faster and more easily than the precedent method over a wide range of operating conditions.</p>

    DOI: 10.2474/trol.17.175

    CiNii Research

  • Non-discrete k-order additivity of a set function and distorted measure 査読有り 国際誌

    Honda A., Fukuda R., Okazaki Y.

    Fuzzy Sets and Systems ( Elsevier )   430   36 - 47   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, we generalize the concept of the k-order additivity of a set function. First, we discuss the Möbius transform for a non-discrete set function. Next, we generalize the definition of the k-order additivity of a set function using the Möbius transform and provide the equivalent conditions for the k-order additivity. Furthermore, we consider the k-order additivity of the distorted monotone measure. We prove that under certain conditions, a distorted measure is k-order additive if and only if the distortion function is a polynomial of k-th order.

    DOI: 10.1016/j.fss.2021.03.008

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85103270432&origin=inward

  • Suitable Lp spaces for a k-additive set function 査読有り 国際誌

    Fukuda R., Honda A., Okazaki Y.

    Fuzzy Sets and Systems   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A constructively k-additive set function μ defined on a measurable space (X,B) is represented by using some σ-additive measure μ[k]. In this paper, we define the base measurable space for μ[k] on which μ[k] is uniquely defined. Using this measure, we define the covering measure μ¯ to be useful in the analysis of the measurable space. We elucidate that a measurable set A is a strong μ-null set (μ(B)=μ(B∪C),∀B,∀C⊂A) if and only if μ¯(A)=0. We prove the subadditivity of μ¯ and this follows the linearity and completeness of Lp-spaces with respect to the Choquet and Pan integrals over μ¯. The equivalent classes of these function spaces are given by the relation “to take same value on the complement of a strong μ-null set.”

    DOI: 10.1016/j.fss.2022.08.009

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139735047&origin=inward

  • 非加法的集合関数とその応用—VI 招待有り 査読有り

    藤本 勝成, 高萩 栄一郎, 成川 康男, 本田 あおい

    システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   65 ( 12 )   500 - 506   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.65.12_500

    CiNii Research

  • 非加法的集合関数とその応用—V:—順序しか判らない世界での統合評価 招待有り 査読有り

    藤本 勝成, 高萩 栄一郎, 成川 康男, 本田 あおい

    システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   65 ( 10 )   426 - 432   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.65.10_426

    CiNii Research

  • On Two Generalizations for k-Additivity 査読有り 国際誌

    Fukuda R., Honda A., Okazaki Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12898 LNAI   43 - 53   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    There are two generalizations for k-additive set functions: constructive k-additivity and formulaic k-additivity. We study some properties around these concepts and their relations. A constructively k-additive set function is always formulaic k-additive. For a distorted measure, these two concepts are equivalent. Under certain conditions of “bounded variation” and “continuity at the ∅,” we prove the constructive k-additivity for a formulaic k-additive set function.

    DOI: 10.1007/978-3-030-85529-1_4

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85115823968&origin=inward

  • 非加法的集合関数とその応用—IV:—ファジィ重回帰分析とファジィ深層学習 招待有り 査読有り

    本田 あおい, 高萩 栄一郎, 成川 康男, 藤本 勝成

    システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   65 ( 8 )   340 - 346   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.65.8_340

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008159881

  • 簡易熱流体潤滑モデルにもとづく真円軸受の新しい設計法 査読有り

    畠中 清史, 本田 あおい

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   66 ( 7 )   548 - 569   2021年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>This paper proposes a new THL bearing design method based on an improved version of a precedent method. The precedent method used a model expression prepared in advance to easily and quickly find a crucial predicted data of the maximum bearing temperature. Three expressions were prepared for three different values of journal eccentricity ratio, 0.25, 0.5, and 0.75. Which one of the three should be used was determined, based on the preliminarily obtained value of journal eccentricity ratio derived from the initially assumed bearing specifications. Two dimensionless temperature-rise parameters <i>κ</i><sub>1 </sub>and <i>κ</i><sub>2 </sub>were introduced for the common variables of the expression. On the other hand, the new improved method uses a single expression, which is obtained by applying multiple regression analysis and <i>t</i>-test, for the crucial temperature for any value of journal eccentricity ratio. Furthermore, the new expression explicitly includes the four well-known dimensionless numbers used in THL analysis, that is, Sommerfeld number, bearing width-to-dimeter ratio, Peclet number and Khonsari number. The model expressions for other bearing characteristic performances were obtained in the same way. Compared with some measurements in test rigs of cylindrical bearings, the new improved method is confirmed to predict reasonably accurate bearing performances of cylindrical bearings faster and more easily than the precedent method over a wide range of operating conditions.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.20-00016

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008064999

  • 非加法的集合関数とその応用—III:—ファジィ測度の自由度の計測と制御 招待有り 査読有り

    本田 あおい, 高萩 栄一郎, 成川 康男, 藤本 勝成

    システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   65 ( 6 )   232 - 238   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.65.6_232

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008129370

  • 非加法的集合関数とその応用—II:—集合関数とファジィ積分を使ったさまざまな集計関数 招待有り 査読有り

    高萩 栄一郎, 成川 康男, 本田 あおい, 藤本 勝成

    システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   65 ( 4 )   152 - 158   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.65.4_152

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008104326

  • 非加法的集合関数とその応用—I:—集合関数とは 招待有り 査読有り

    成川 康男, 高萩 栄一郎, 本田 あおい, 藤本 勝成

    システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   65 ( 2 )   67 - 73   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.65.2_67

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008074574

  • Constructive k-additive measure and decreasing convergence theorems 査読有り 国際誌

    Fukuda R., Honda A., Okazaki Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12256 LNAI   104 - 116   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. Pan and concave integrals are division-type nonlinear integrals defined on a monotone measure space. These satisfy the monotone increasing convergence theorem under reasonable conditions. However, the monotone decreasing convergence theorem for these integrals was proved only under limited conditions. In this study we consider the k-additive monotone measure on a non-discrete measurable space, and argue this property of Pan and concave integrals on a k-additive monotone measure space.

    DOI: 10.1007/978-3-030-57524-3_9

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090100003&origin=inward

  • Parameter learning and applications of the inclusion-exclusion integral for data fusion and analysis 査読有り 国際誌

    Honda A., James S.

    Information Fusion ( Elsevier )   56   28 - 38   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier B.V. Developments in the learning and interpretation of fuzzy integrals have paved the way for a myriad of applications in data analysis and prediction. The ability of the associated fuzzy measure to model heterogeneous interactions allow high flexibility when it comes to data fusion tasks – comparable to that of neural networks – however the fuzzy integral structure and properties also afford a degree of robustness and interpretability not enjoyed by such tools. On the other hand, neural network architectures can accommodate fuzzy integrals as a special case. In this paper, we propose that such a representation allows us to naturally extend and adapt the fuzzy integral framework toward specific applications. We focus on the inclusion-exclusion integral, which is a generalization of the Choquet integral, and detail methods for learning the various parameters, given its extended architecture. We then validate the performance and usefulness of this approach on some benchmark datasets.

    DOI: 10.1016/j.inffus.2019.10.004

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85073531284&origin=inward

  • 収束定理から見た各種分割型非線形積分の比較 招待有り 査読有り

    福田 亮治, 本田 あおい, 岡崎 悦明

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   32 ( 4 )   782 - 791   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>単調測度に対する非線形積分の中で,単関数による近似を用いたものを分割型積分と総称している.これらには,近似の上下の方向性,対応する集合族の共通部分の有無によりいくつかの種類がある.本稿では,これに係数の符号,和の有限性という視点を増やし,それらの積分を一様収束定理,単調増加/減少収束定理という立場から比較する.我々の対象とする積分では,これらの収束定理は一部のみ成り立つことが多い.どの様な性質がいかなる条件の下成り立つかを詳細に調べることで,非加法的な測度に関する分割型積分の特徴を明らかにしていきたい.</p>

    DOI: 10.3156/jsoft.32.4_782

    Kyutacar

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007887746

  • 簡易熱流体潤滑モデルにもとづくすべり軸受最高温度の近似式

    畠中 清史, 本田 あおい

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2020 ( 0 )   J10104   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.J10104

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008003739

  • 集合関数の凸/凹拡張による分割型非線形積分 (関数空間の一般化とその周辺)

    福田 亮治, 本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   2143 ( 2143 )   40 - 50   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/120006888250

  • An Approach to Interaction Analysis of Pains using Onomatopoeia and the Fuzzy Measure 査読有り 国際誌

    Takaaki Nakagawa, Aoi Honda, Makoto Ohki

    Proceedings of The 16th international Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   38 - 49   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    イタリア   ミラノ   2019年09月04日  -  2019年09月06日

  • 非分布関数型ファジイ積分に関する収束定理

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    数理解析研究所講究録 非線形解析学と凸解析学の研究   2112   134 - 140   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Generalization of inclusion–exclusion integral for nondiscrete monotone measure space 査読有り 国際誌

    Honda A., Okazaki Y.

    Fuzzy Sets and Systems ( Elsevier )   355   42 - 58   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Elsevier B.V. We generalize the inclusion–exclusion integral for nondiscrete monotone measure spaces. The inclusion–exclusion integral for a monotone measure space on a finite space is discussed in previous papers. This is an integral with respect to a nonadditive monotone measure, which includes the Lebesgue and Choquet integrals. We are concerned with the monotonicity of the integral, and a sufficient condition for the monotonicity of the t-norm based inclusion–exclusion integral is given by introducing the complete monotonicity of the t-norm based interaction operator. Moreover concrete examples of the interaction operators that satisfy the complete monotonicity are shown.

    DOI: 10.1016/j.fss.2018.06.005

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85048315749&origin=inward

  • 分割型非線形積分の収束定理 招待有り 査読有り

    福田 亮治, 本田 あおい, 岡崎 悦明

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   31 ( 4 )   108 - 115   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3156/jsoft.31.4_108

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008074667

  • 非加法的単調測度によるLp空間

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    数理解析研究所講究録 関数空間の深化とその周辺   2095   138 - 144   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 非加法的単調測度による$L_{p}$空間 (関数空間の深化とその周辺)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   2095   138 - 144   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Research

  • 単調測度を利用した多変量解析 (関数空間の深化とその周辺)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   2095 ( 2095 )   131 - 137   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/120006861328

  • 非加法的単調測度によるL[p]空間 (関数空間の深化とその周辺)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 2095 )   138 - 144   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/120006861329

  • Representation of Shapley value of cooperative game 招待有り 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the 6th Asian Conference on NAO-ASIA 2018   25 - 25   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 包除積分の非離散化

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2017報告集   49   59 - 64   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Expressive human pose deformation based on the rules of attractive poses 査読有り 国際誌

    Oshita M., Yamamura K., Honda A.

    Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering, LNICST   229   162 - 171   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   横浜   2017年06月27日  -  2017年06月30日

    © ICST Institute for Computer Sciences, Social Informatics and Telecommunications Engineering 2018. We propose a method of deforming a human pose based on the rules of attractive poses. In our previous research, we proposed an approach for obtaining the rules of attractive poses from a set of attractive poses with a specific style and another set of unattractive poses by creating a decision tree based on the low-level pose features. In this paper, we propose a heuristic kinematics-based pose deformation method based on the discovered rules of attractive poses. The rules can be applied to any input pose with any specified scale. We evaluated our method through a user experiment. The results show that our method can deform a pose to realize a specified style, although not all rules are applicable to all kinds of poses and an appropriate style and deformation scale must be selected by the user.

    DOI: 10.1007/978-3-319-76908-0_16

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044036279&origin=inward

  • 包除積分数理モデルを用いた多変量データ解析 招待有り 査読有り

    本田 あおい

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   30 ( 4 )   183 - 192   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    type:Journal Article

    DOI: 10.3156/jsoft.30.4_183

    Kyutacar

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007887705

  • How to Cope with a Reviewer's Confidence? A Case Study on Fuzzy Aspects of Conference Paper Decisions 査読有り 国際誌

    Mario Koeppen,Aoi Honda

    Proceedings of the ISFUROS 2017   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    キューバ   バラデロ   2017年10月24日  -  2017年10月26日

  • Averaging aggregation functions based on inclusion-exclusion integrals 査読有り 国際誌

    Honda A., James S.

    IFSA-SCIS 2017 - Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 IEEE. The inclusion-exclusion integral, defined with respect to a fuzzy measure and interaction operator, generalizes the Choquet integral. Here we look at some of its interesting properties and investigate the conditions on the interaction operator which ensure the integral is averaging. We present some illustrative examples.

    DOI: 10.1109/IFSA-SCIS.2017.8023353

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030163010&origin=inward

  • Quasi-metric on the function space Lp(0≦p≦∞) for a fuzzy measure

    本田あおい,岡崎悦明

    数理解析研究所講究録   2041   199 - 208   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Quasi-metrics on the function spaces Lp(0 ≤ p ≤ ∞) for a fuzzy measure (関数空間の構造とその周辺)

    Honda Aoi, Okazaki Yoshiaki

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   2041 ( 2041 )   199 - 208   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    We introduce the function spaces L_{p}(0 leq pleq infty) and the natural quasimetrics on them based on the Sugeno integral for a fuzzy neasure. It is proved that for every 0<p, q<infty, L_{p}=L_{q} holds.

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/120006579150

  • Finding rules of attractive human poses using decision tree and generating novel attractive poses 査読有り 国際誌

    Oshita M., Yamamura K., Honda A.

    ACM International Conference Proceeding Series   Part F128640   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   横浜   2017年06月27日  -  2017年06月30日

    © 2017 ACM. In this paper, we propose a method to determine the rules for attractive poses and generate novel attractive poses based on the discovered rules. Given a set of attractive poses with a specific style and another set of unattractive poses, we can obtain the rules to separate those two sets of example poses by creating a decision tree based on the low-level pose features that are computed from the example poses. In this research, we implemented our approach for two kinds of attractive poses, Hero and JoJo standing poses, and successfully discovered the rules of these styles. We also developed a heuristic kinematics-based pose deformation method based on the discovered rules of attractive poses. The rules can be applied to any input pose with any specified scale. Using our system, a creator can interactively design novel poses.

    DOI: 10.1145/3095140.3095173

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85025476700&origin=inward

  • Theory of inclusion-exclusion integral 査読有り 国際誌

    Honda A., Okazaki Y.

    Information Sciences   376   136 - 147   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Elsevier Inc. We propose an integral with respect to a nonadditive monotone measure. This integral is a generalization of the Lebesgue integral and also the Choquet integral. It has appropriate properties, and can be extensively applied to real data analysis.

    DOI: 10.1016/j.ins.2016.09.063

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84992193897&origin=inward

  • Orness and cardinality indices for averaging inclusion-exclusion integrals 査読有り 国際誌

    Honda A., James S., Rajasegarar S.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10571 LNAI   51 - 62   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年10月18日  -  2017年10月20日

    © Springer International Publishing AG 2017. The inclusion-exclusion integral is a generalization of the discrete Choquet integral, defined with respect to a fuzzy measure and an interaction operator that replaces the minimum function in the Choquet integral’s Möbius representation. While in general this means that the resulting operator can be non-monotone, we have previously proposed using averaging aggregation functions for the interaction component, which under certain requirements can produce non-linear, but still averaging, operators. Here we consider how the orness of the overall function changes depending on the chosen component functions and hence propose a simplified calculation for approximating the orness of an averaging inclusion-exclusion integral.

    DOI: 10.1007/978-3-319-67422-3_6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030161842&origin=inward

  • L1-space for sugeno integral 査読有り 国際誌

    Honda A., Okazaki Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10571 LNAI   63 - 73   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年10月18日  -  2017年10月20日

    © Springer International Publishing AG 2017. Let L 1 (Su) be the L 1 space with respect to the Sugeno integral for a fuzzy measure [7, 9]. L 1 (Su) is a linear space with the natural quasi-metric. In general L 1 (Su) is not necessarily a topological linear space. We shall characterize explicitely the maximal topological linear subspace of L 1 (Su).

    DOI: 10.1007/978-3-319-67422-3_7

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030156785&origin=inward

  • Preface 査読有り

    Torra V., Narukawa Y., Honda A., Inoue S.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10571 LNAI   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030170429&origin=inward

  • Motion interpolation using adjectives 査読有り 国際誌

    Oshita M., Katsurada M., Honda A.

    Proceedings - NICOGRAPH International 2016, NicoInt 2016   36 - 43   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 IEEE. In this paper, we propose a motion interpolation method using parameters based on adjectives. We conducted a questionnaire experiment in which subjects were asked to evaluate 10 example walking motions using 41 pairs of adjectives. Based on the results, we selected 27 pairs of adjectives that are effective for motion parameterization and determined four primary parameters by categorizing the adjectives. Our motion interpolation method allows the user to create various styles of motions using the four primary parameters and any combination of the additional 27 adjective pairs. We present the results of our experiments and demonstrate the advantages of our method.

    DOI: 10.1109/NicoInt.2016.7

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84991109041&origin=inward

  • Lp-space and its dual for a fuzzy measure 査読有り

    Aoi Honda, Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the 13th International Conference on Modeling Decisions for Articial Intelligence   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Andorra   Sant Julià de Lòria   2016年09月19日  -  2016年09月21日

  • Inclusion-exclusion integral and its application for multi-variate analysis 査読有り

    Aoi Honda, Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the 13th International Conference on Fuzzy Set Theory and Applications   54 - 54   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    スロバキア   Liptovsky Jan   2016年01月24日  -  2016年01月29日

  • 相対評価法を用いた痛みを表すオノマトペの順序関係を調べる手法の提案 査読有り

    柴尾 一成, 本田 あおい, 大木 真

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   28 ( 4 )   734 - 743   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    本論文では,クイックソートの概念を利用して効率的に順序関係を調べる新しい相対評価法を提案する.人の主観的な疼痛を客観的な数値として表すことができれば,人の感じている痛みについて他者と共有することができ,医師(医療従事者)と患者との問診を支援することが可能になる.主観的な疼痛を客観的な数値で評価するためには,多くの年代や地域の方,さらには非健常者や妊婦,高齢者の方まで幅広くアンケート評価を行う必要がある.しかし,現状の評価法では,1人当たりにかかる検査時間(1~3時間)が長すぎるため,多くのデータを得ることが難しい.さらに,非健常者や妊婦,高齢者の方に対しては,身体的・精神的な理由から負担の大きい調査の実施が困難である.<br>本論文で提案する整列比較法は,一対比較法の判断の容易さを残したまま,問題点である比較回数と検査時間を大幅に改善できる.また,比較を行う実験刺激の個数に関係なく各実験刺激を定量化する数値化手法についても記述する.これにより,比較を行う実験刺激の個数を調整することが可能となり,より被験者の負担を減らすことができる.

    DOI: 10.3156/jsoft.28.734

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005266431

  • Inclusion-exclusion integral and t-norm based data analysis model construction 査読有り 国際誌

    Honda A., Okazaki Y.

    Communications in Computer and Information Science   610   65 - 77   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer International Publishing Switzerland 2016. A data analysis model using the inclusion-exclusion integral and a new construction method of a model utilizing t-norms are proposed. This model is based on the integral with respect to the nonadditive measure and is constructed in three steps of specifications of monotone functions, t-norm and of monotone measures. The model has good description ability and can be applied flexibly to real problems. Applying this model to the data set of a multiple criteria decision making problem, the efficiency of the model is verified by comparing it with the classical linear regression model and with the Choquet integral model.

    DOI: 10.1007/978-3-319-40596-4_7

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84977156542&origin=inward

  • モーションデータの合成のための形容詞を用いた直感的なインターフェースの提案 査読有り

    桂田 真歩, 本田 あおい, 尾下 真樹

    画像電子学会研究会講演予稿 ( 一般社団法人 画像電子学会 )   15 ( 0 )   156 - 162   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    動作補間とは複数の動作アニメーションに重みをつけて合成し効率的に新しい動作を生成する方法である.本講演では,動作補間法に対する形容詞を用いた直感的な入力インターフェースを提案する.準備した歩行動作アニメーションに対して形容詞で表現された印象についてアンケートを実施し,歩行動作の印象や各形容詞の関係を調査し,これをもとに作成したい動作を形容詞により階層的に入力できる直感的なインターフェースを構築した.提案手法のユーザビリティテストの結果と,本手法の特徴,及び利点を示す.

    DOI: 10.11371/wiieej.15.03.0_156

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007823239

  • Inclusion-exclusion integral 査読有り

    Aoi Honda, Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the 12th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    スウェーデン   ショブデ   2015年09月21日  -  2015年09月23日

  • Approximations and the linearity of the shepp space 査読有り 国際誌

    Honda A., Okazaki Y., Sato H.

    Kyushu Journal of Mathematics ( 九州大学大学院数理学研究院 )   69 ( 1 )   173 - 194   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2015 Faculty of Mathematics, Kyushu University. Suggested by Shepp [Ann. Math. Statist. 36(4) (1965), 1107–1112] we defined a sequence space Λ<inf>p</inf>(f) determined by a single function f (≠= 0) ∈ L<inf>p</inf>(ℝ, dx), 1 ≤p <+∞, and discussed the structure of it. The problems are the linearity and the visible sequential representation of Λ<inf>p</inf>(f). In this paper we name Λ<inf>p</inf>(f) a Shepp space and discuss the problems in the case of p = 2 by defining an inner approximation {formula presented} (f) and an outer approximation {formula presented} (f) of Λ2(f), and we give a necessary and sufficient condition for {formula presented} (f) in terms of doubling dimension. In this case Λ<inf>2</inf>(f) is a linear space and those approximations are its visible sequential representations.We also give an example such that Λ<inf>2</inf>(f) is a linear space but {formula presented} (f).

    DOI: 10.2206/kyushujm.69.173

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84930984908&origin=inward

  • The new sequence space Λ#Dp#DR(f) 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Proceedings of the Interntional Symposium on Banach and Function Space IV   4   135 - 163   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 人間と機械が融和するネオファジィの世界 査読有り

    山川 烈, 内野 英治, 小橋 昌司, 田向 権, 小出 洋, 杉本 徹, 椎塚 久雄, 吉田 香, 吉川 大弘, 本田 あおい, 林 勲, 鈴木 倫保, 武川 直樹

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   30 ( 0 )   864 - 871   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    人間同士の,あるいは人間と機械の間のスムーズなコミュニケーションを実現するには,従来のファジィの概念をブレイクスルーした非定量空間で定義される新しい概念,「ネオファジィ」の創出と,その実用技術の開発が必要である.本パネル討論では,①あいまいな言語を使った推論,連想,類推,比喩の意味理解,②テクスト理解,テクスト生成,言語によるコミュニケーションのメカニズム,③ネオファジィ言語を生成・理解する際の脳内ネットワークの形成過程,④ネオファジィ言語と視聴覚表象の対応メカニズム,⑤ネオファジィ専用のメモリやアーキテクチャなど,ハードウェア,⑥ネオファジィ言語を用いたコミュニケーションの応用等について議論する.

    DOI: 10.14864/fss.30.0_864

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005480616

  • A Fairness Relation Based on the Asymmetric Choquet Integral and Its Application in Network Resource Allocation Problems 査読有り

    Honda A., Köppen M.

    Journal of Applied Mathematics   2014   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2014 Aoi Honda and Mario Köppen. The recent problem of network resource allocation is studied where pairs of users could be in a favourable situation, given that the allocation scheme is refined by some add-on technology. The general question here is whether the additional effort can be effective with regard to the user's experience of fairness. The computational approach proposed in this paper to handle this question is based on the framework of relational optimization. For representing different weightings for different pairs of users, the use of a fuzzy measure appears to be reasonable. The generalized Choquet integrals are discussed from the viewpoint of representing fairness and it is concluded that the asymmetric Choquet integral is the most suitable approach. A binary relation using the asymmetric Choquet integral is proposed. In case of a supermodular fuzzy measure, this is a transitive and cycle-free relation. The price of fairness with regard to a wireless channel allocation problem taking channel interference into account is experimentally studied and it can be seen that the asymmetric on relation actually selects allocations that perform on average between maxmin fairness and proportional fairness, and being more close to maxmin fairness as long as channel interference is not high.

    DOI: 10.1155/2014/725974

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84937061298&origin=inward

  • Entropy of capacity 査読有り

    Honda A.

    Studies in Fuzziness and Soft Computing   310   79 - 95   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Capacity is a monotone set function and an important class of non-additive measure. In this chapter entropies of capacities are discussed. First, entropies for classical capacities are introduced, then they are generalized for capacities on set systems. Moreover axiomatizations of the entropies are given to characterize them © 2014 Springer International Publishing Switzerland.

    DOI: 10.1007/978-3-319-03155-2_4

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84958541170&origin=inward

  • Rescaling for Evaluations Using Inclusion-Exclusion Integral 査読有り

    Honda A., Fukuda R., Okamoto J.

    Communications in Computer and Information Science   442 CCIS ( PART 1 )   284 - 293   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    On multivariate analyses generally distributions of explanatory variable have deviation depending on each unique quality, and eliminating deviation often beneficially effective. We propose two algorithms for rescaling of raw data and verify the validity of them using real reliable big data. © Springer International Publishing Switzerland 2014.

    DOI: 10.1007/978-3-319-08795-5_30

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84905046657&origin=inward

  • On generating functions of two-dimensional t-norms 査読有り

    Masaya Nohmi, Aoi Honda, Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the 10h International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   114 - 119   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2013年11月20日  -  2013年11月22日

  • Interval optimizations on F-response analysis 査読有り

    Aoi Honda, Ryoji Fukuda, Akiko Hachisuka, Kenji Hachisuka

    Proceedings of the 10h International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   120 - 127   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2013年11月20日  -  2013年11月22日

  • 多次元t-ノルムの性質について 査読有り

    乃美正哉, 本田あおい, 岡崎悦明

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   25 ( 5 )   834 - 841   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Comparison of baselines in extraction of F-responses 査読有り

    Fukuda R., Honda A., Hachisuka A., Hachisuka K.

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   17 ( 4 )   535 - 539   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The objective of this study is to eliminate slow responses that displace baselines positively. This is a key component of an automated technique for determining parameters of F-waves in an evoked potential obtained by limb stimulation. We investigate five methods and compare them to F-wave repeater data through visual observation by experts.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84880674197&origin=inward

  • Comparison of Baselines in Extraction of F-Responses 査読有り

    Ryoji Fukuda, Aoi Honda, Akiko Hachisuka, Kenji Hachisuka

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   17 ( 4 )   535 - 539   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 多次元t-norm の性質について 査読有り

    乃美 正哉, 本田 あおい, 岡崎 悦明

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   25 ( 5 )   834 - 841   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    t-ノルムは,ファジィ理論などで用いられる重要な演算である.t-ノルムの定義域は,閉区間[0,1]か一般の束Lであることが多い.閉区間[0,1]以外の具体的な定義域をもつt-ノルムは,あまり議論されることがなかった.本稿では,閉領域[0,1]×[0,1]上で定義された2次元t-ノルムや多次元t-ノルムについて考察する.いくつかの例を挙げ,それらの性質を述べる.また,多次元t-ノルムの生成関数についても言及する.

    DOI: 10.3156/jsoft.25.834

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130003384351

  • Metrics on the sequence space Λp(f) 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Kyushu Journal of Mathematics   66 ( 2 )   365 - 374   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.2206/kyushujm.66.365

    Scopus

    CiNii Article

  • On the variety of multi-dimensional t-norms 査読有り

    Masaya Nohmi, Aoi Honda, Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the 9h International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   23 - 33   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Girona   2012年11月21日  -  2012年11月23日

  • Fuzzy-integral based fairness for the evaluation of user preference 査読有り

    Aoi Honda, Mario Koeppen

    Proceedings of the 9h International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   1 - 10   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Girona   2012年11月21日  -  2012年11月23日

  • Comparison of baselines in analysis of F-Responces 査読有り

    Aoi Honda, Ryoji Fukuda, Akiko Hachisuka, Kenji Hachisuka

    Proceedings of the 9th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Girona   2012年11月21日  -  2012年11月23日

  • A new sequence space defined by an L#D2#DR-function 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Banach and function spaces IV   4   135 - 147   2012年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • A trust evaluation of networks utilizing matrix operations based on t-norms and t-conorms 査読有り

    Nohmi M., Honda A., Okazaki Y.

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   16 ( 1 )   154 - 161   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A new scheme for numerical trust evaluation of networks is proposed. Matrix operations based on tnorms and t-conorms are used for the evaluation. The algebraic properties of the matrix operations are studied. Fuzzy graphs, in which nodes are linked with some membership value, are proposed, using the matrices as adjacent matrices. Furthermore, the fuzzinesses of the trustability distribution are calculated.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84856010423&origin=inward

  • On generating functions of two-dimensional T-norms 査読有り 国際誌

    Masaya Nohmi,Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Advances in Intelligent and Soft Computing, Nonlinear Mathematics for Uncertainty and its Applications   100   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-642-22833-9_76

    Scopus

  • Doubling Condition の拡張とその応用

    本田あおい, 岡崎悦明, 佐藤坦

    京都大学数理解析研究所講究録, バナッハ空間論の研究とその周辺   ( 1753 )   47 - 61   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Doubling Conditionの拡張とその応用 (Banach space theory and related topics)

    本田 あおい, 岡崎 悦明, 佐藤 坦

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1753 )   47 - 51   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110008616046

  • Fuzzy fusion fairness relations for the evaluation of user preference 査読有り

    Mario Koppen, Jun Okamoto, Aoi Honda

    2011 IEEE International Conference on Fuzzy Systems   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Taiwan   Taipei   2011年06月27日  -  2011年06月30日

    DOI: 10.1109/FUZZY.2011.6007552

    Scopus

  • Doubling condition and linearity of the sequence space Λp(f) 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Kyushu Journal of Mathematics   65 ( 2 )   335 - 347   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.2206/kyushujm.65.335

    Scopus

    CiNii Article

  • 「第15 回曖昧な気持ちに挑むワークショップ選抜論文」特集にあたって 査読有り

    本田 あおい

    知能と情報 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   23 ( 4 )   591 - 591   2011年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3156/jsoft.23.4_591

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006307542

  • Algebraic properties of matrix operations derived from t-norm and tconorm and applications to trust evaluation of networks 査読有り

    Aoi Honda,Masaya Nohmi,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the Modeling Decisions for Artificial Intelligence 2010   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Perpinya   2010年10月27日  -  2010年10月29日

  • Entropy of non-additive measure in Dempster-Shafer Theory 査読有り

    Aoi Honda,Masaya Nohmi,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the Modeling Decisions for Artificial Intelligence 2010   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Perpinya   2010年10月27日  -  2010年10月29日

  • t-ノルムおよびt-コノルムから導出される行列演算とその応用 査読有り

    乃美正哉,本田あおい,岡崎悦明

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   22 ( 4 )   66 - 74   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2011年度論文賞受賞

  • Inclusion-exclusion integral and its application to subjective video quality estimation 査読有り

    Aoi Honda,Jun Okamoto

    Proceedings of International Conference in Information and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems(IPMU2010), Lecture Notes in Artificial Intelligence, Springer,   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Dortmund   2010年06月28日  -  2010年07月02日

    DOI: 10.1007/978-3-642-14055-6_50

    Scopus

  • Entropy of fuzzy measure 査読有り

    Aoi Honda,Michel Grabisch

    Proceedings of International Symposium on Integrated Uncertainty Management and Applications   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    能美市   2010年04月09日  -  2010年04月11日

  • Characterization for entropy and solution of set function on lattice 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Mathematical Aspects of Generalized Entropies and their Applications   201   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1088/1742-6596/201/1/012014

    Scopus

  • 非加法的測度による新しい積分の提案

    本田 あおい

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), 非加法性の数理と情報:凸解析との接点   1683   74 - 92   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 非加法的測度による新しい積分の提案 (非加法性の数理と情報--凸解析との接点--RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1683 )   84 - 92   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007583345

  • B-11-7 HDTV映像を対象としたFR型メディアレイヤ映像品質客観評価法の有効性検証(B-11.コミュニケーションクオリティ,一般セッション) 査読有り

    岡本 淳, 渡辺 敬志郎, 本田 あおい, 内田 真人, 半谷 精一郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   2010 ( 2 )   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007869556

  • ショケ積分の一般化と最良回帰 査読有り

    福田 亮治, 岡崎 悦明, 本田 あおい

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   26 ( 0 )   249 - 249   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    有限集合 A を定義域とした関数空間上に定義された汎関数に対して,A 上の2加法的測度による一般化されたショケ積分での近似を考える. 汎関数の空間に直積確率測度を定め,最小2乗近似をこの確率測度に関するL2空間での正射影とモデル化する.この枠組みで考えると,多重線形ファジィ積分の近似は同様の形の積分で最良になることが分かり,2加法的でない測度に関するショケ積分の近似は,2加法的な場合のショケ積分が必ずしも最良でないことが分かる.

    DOI: 10.14864/fss.26.0.249.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005035503

  • デンプスターシェイファー理論におけるファジィエントロピーについて 査読有り

    森 伸之, 本田 あおい, 岡崎 悦明

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   26 ( 0 )   247 - 247   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    -

    DOI: 10.14864/fss.26.0.247.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005035501

  • A value via posets induced by graph-restricted communication situations 査読有り

    Fujimoto K., Honda A.

    2009 International Fuzzy Systems Association World Congress and 2009 European Society for Fuzzy Logic and Technology Conference, IFSA-EUSFLAT 2009 - Proceedings   636 - 641   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper provides a new value (solution concept or allocation rule) of cooperative games via posets induced by graphs. Several values in a graph-restricted communication situation have been proposed or introduced by Myerson, Borm, and Hamiache⋯ However, these values have been subjected to some criticisms in certain types of games. The value proposed in this paper withstands these criticisms. Moreover, these existing values have been defined only in situations represented by undirected graphs, while the notion of the value proposed in this paper can be extended to situations represented by directed graphs.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84871895309&origin=inward

  • HDTV objective video quality assessment method applying fuzzy measure 査読有り

    Okamoto J., Watanabe K., Honda A., Uchida M., Hangai S.

    2009 International Workshop on Quality of Multimedia Experience, QoMEx 2009   168 - 173   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    High definition television (HDTV) video delivery services over IP networks have recently started. To make the delivered high-quality HDTV video comfortable to view, we need to design appropriate delivery systems and then monitor the quality of experience. Currently, subjective assessment is the main method used to quantify video quality. However, it is unsuitable for real time monitoring of video quality. Therefore, we need an objective video quality assessment method that can effectively estimate subjective video quality from the video characteristics. We propose a full-reference-type objective video quality measurement method that is applicable to the evaluation of coding distortions in HDTV. We analyzed the results from applying the conventional method (J.247 Annex A) to HDTV video and improved the conventional method on the basis of those results. We applied fuzzy measure to the conventional method so as to consider the interaction effects of each parameter because the conventional method tends to obtain different characteristics between high quality and low quality regions of video content. © 2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/QOMEX.2009.5246958

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=70350783888&origin=inward

  • L2関数で定まる数列空間Λ2(f)の構造と線形性

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), バナッハ空間及び関数空間論における幾何学的構造の研究とその応用   1667   89 - 92   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • L2関数で定まる数列空間Λ2(f)の構造と線形性 (バナッハ空間及び関数空間論における幾何学的構造の研究とその応用--RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明, 佐藤 坦

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1667 )   89 - 92   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007389591

  • BS-8-2 HDTVを対象とした映像品質客観評価法の精度向上に向けた一検討(BS-8.映像配信の本格普及を支える品質計測・評価・制御技術,シンポジウムセッション) 査読有り

    岡本 淳, 渡辺 敬志郎, 本田 あおい, 内田 真人, 半谷 精一郎

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   2009 ( 2 )   "S - 48"   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007870387

  • 協力ゲームの一般化と解概念 査読有り

    本田あおい,藤本勝成

    日本知能情報ファジィ学会雑誌, 知能と情報   21 ( 4 )   67 - 75   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A value via posets induced by graph-restricted communication situation 査読有り

    Katsushige Fujimoto,Aoi Honda

    IFSA-EUSFLAT 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal   Lisbon   2009年07月20日  -  2009年07月24日

    主要論文集(会議)

  • Equivalence of non-negative random translates of an IID random sequence 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Taiwanese Journal of Mathematics   13 ( 1 )   269 - 286   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • T-コノルム生成関数による distorted probability の構成

    Yoshiaki Okazaki,Aoi Honda

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), 非加法性の数理と情報:非線形性と凸解析   1630   122 - 127   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ゲームの解と極大鎖の利用

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), 非加法性の数理と情報:非線形性と凸解析   1630   70 - 76   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A new characterization of a value of the generalized game

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    九州工業大学情報工学部テクニカルレポート   ( CSSE-32 )   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • T-コノルム生成関数によるdistorted probabilityの構成 (非加法性の数理と情報:非加法性と凸解析--RIMS研究集会報告集)

    岡崎 悦明, 本田 あおい

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1630 )   122 - 127   2009年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007027703

  • ゲームの解と極大鎖の利用 (非加法性の数理と情報:非加法性と凸解析--RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1630 )   70 - 76   2009年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007027718

  • 新しいファジィ積分の提案と評価問題への応用 査読有り

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 ( 日本知能情報ファジィ学会 )   25 ( 0 )   167 - 167   2009年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    新しいファジィ積分として包除積分を提案する. この積分にはショケ積分も含まれ, 目的に応じて柔軟に使い分けることができる. また, この積分を用いた主観的意思決定モデルを提案し, 評価問題の実データに適用する。

    DOI: 10.14864/fss.25.0.167.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004591528

  • Shapley type axiomatization of a solution of game on set systems 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the Modeling Decisions for Artificial Intelligence 2008   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Spain   Barcelona   2008年10月30日  -  2008年10月31日

  • Quality evaliatopms of network services using a non-additive set function 査読有り

    Daisuke Mori,Aoi Honda,Masato Uchida,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of the Modeling Decisions for Artificial Intelligence 2008   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Spain   Barcelona   2008年10月30日  -  2008年10月31日

  • L2関数で定まるLorentz-Zygmund数列空間

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), バナッハ空間及び関数空間論の最近の進展とその応用   1615   67 - 70   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • L[2]関数で定まるLorentz-Zygmund数列空間 (バナッハ空間及び関数空間論の最近の進展とその応用--RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明, 佐藤 坦

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1615 )   67 - 70   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006886049

  • HDTV objective video quality assessment method applying fuzzy measure 査読有り

    Jun Okamoto,Keishiro Watanabe,Aoi Honda,Masato Uchida,Seiichiro Hangai

    First International Workshop on Quality of Multimedia Experience   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   San Diego   2008年07月29日  -  2008年07月31日

  • Entropy of fuzzy measure 査読有り

    Aoi Honda,Michel Grabisch

    Advances in Intelligent and Soft Computing   68   103 - 113   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • An axiomatization of entropy of capacities on set systems 査読有り

    Aoi Honda,Michel Grabisch

    European Journal of Operational Research   190   526 - 538   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • An Lp-function determines lp 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Proceedings of the Japan Academy, Series A Mathematical Science,   84 ( 3 )   39 - 41   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • A class of sequence spaces defined by a non-negative integrable function 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Banach and function spaces, Yokohama Publishers   2   309 - 317   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Axiomatization of Shapley Values of Fagle and Kern Type on Set Systems 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   12 ( 5 )   409 - 415   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • An L<inf>p</inf>-function determines l<inf>p</inf> 査読有り

    Honda A., Okazaki Y., Sato H.

    Proceedings of the Japan Academy Series A: Mathematical Sciences   84 ( 3 )   39 - 41   2008年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    lp is characterized by the convergence of a series defined by an Lp-function on the real line R. © 2008 The Japan Academy.

    DOI: 10.3792/pjaa.84.39

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=40549146198&origin=inward

  • A new characterization of lp by an Lp-function

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), 非加法性の数理と情報:非線形性・非可換性との接点   1585   30 - 37   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A new characterization of l[p] by an L[p]-function (非加法性の数理と情報--非線形性・非可換性との接点--RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明, 佐藤 坦

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1585 )   30 - 37   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006625600

  • An axiomatization of shapley values of games on set systems 査読有り

    Honda A., Okazaki Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4617 LNAI   185 - 192   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    An axiomatization of a generalized Shapley value of games is proposed. The authors follow Faigle and Kern, in the sense that our basic material is the maximal chains of the underlying set system. This generalized Shapley value may have applicability to the game on set systems which satisfy the condition of a sort of normality. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=37249032691&origin=inward

  • Linear and topological properties of a sequence space defined by an Lp-function

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), バナッハ空間、関数空間及び不等式の研究とその応用   1570   8 - 13   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Linear and topological properties of a sequence space defined by an Lp-function (バナッハ空間、関数空間及び不等式の研究とその応用--RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明, 佐藤 坦

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1570 )   8 - 13   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006388187

  • Axiomatization of Shapley values 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of Modeling Decisions for Artificial Intelligence   2007年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州市   2007年08月16日  -  2007年08月18日

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Shapley値の公理 (非加法の数理と情報:函数解析の観点から RIMS研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1561 )   106 - 112   2007年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006286002

  • D.A. Davey, H.A. Priestley著, 「Introduction to Lattices and Order」, 出版社名:Cambridge University Press, 2002年5月発行, ISBN-13:9780521784511, ISBN-10:0521784514, 第2版, 大きさ2Sub版, 298頁, 5,601円 査読有り

    本田 あおい

    知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics ( 日本知能情報ファジィ学会 )   19 ( 2 )   2007年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006250212

  • An axiomatization of Shapley values of games on set systems 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Lecture Notes in Artificial Intelligence, Modeling Decisions for Artificial Intelligence   12 ( 5 )   185 - 192   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Generalization of Shannon entropy of capacities on set systems 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Applied Functional Analysis, Information Sicence and Related Topics, Yokohama Publishers   89 - 98   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Shapley 値の公理

    本田あおい,岡崎悦明

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), 非加法の数理と情報:函数解析の視点から   1561   106 - 112   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 相対エントロピーを用いたファジィ測度の推定 査読有り

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics ( 日本知能情報ファジィ学会 )   19 ( 1 )   79 - 86   2007年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    有限集合上のファジィ測度に対して,一部の事象系の既知の測度値から残りの事象の測度値を,相対エントロピーを用いて推定する方法を提案する.真のファジィ測度の推定されたファジィ測度に対する相対エントロピーの値が小さいほどよい推定とする.また&lambda;-ファジィ測度と&chi;-ファジィ測度を,より自由度の高いクラスである(&lambda;, p)-ファジィ測度と拡張&chi;-ファジィ測度に拡張し,これらのクラスに対する提案手法の適用例も示す.

    DOI: 10.3156/jsoft.19.79

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006218762

  • 評価問題研究部会 査読有り

    本田 あおい

    知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics ( 日本知能情報ファジィ学会 )   19 ( 1 )   87 - 88   2007年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006218763

  • Distorted probability generated by triangular norm 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems   1435 - 1438   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    東京都   2006年09月20日  -  2006年09月24日

  • Shapley value of capacities 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems   1374 - 1379   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    東京都   2006年09月20日  -  2006年09月24日

  • A class of sequence spaces arising from admissible translates of an IID sequence 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    The Second International Symposium of Banach and Function Spaces 2006   2   309 - 318   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2006年09月14日  -  2006年09月17日

    主要論文集(会議)

  • Entropy of capacities on set systems and its axiomatization 査読有り

    Aoi Honda,Michel Grabisch

    Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems International Conference (IPMU2006)   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2006年07月02日  -  2006年07月07日

    主要論文集(会議)

  • Entropy of capacities on lattices and set systems 査読有り

    Aoi Honda,Michel Grabisch

    Information Sciences   176   3472 - 3489   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Distorted probability generated by triangular norm 査読有り

    Honda Aoi, Okazaki Yoshiaki

    SCIS & ISIS ( 日本知能情報ファジィ学会 )   2006 ( 0 )   1435 - 1438   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A new class of fuzzy measure generated by triangular norm presented by 2 parameter is proposed. It is a distorted probability and also a generalization of lambda-fuzzy measure. Consequently, it is readily-treatable and cover wide range of fuzzy measures. We propose also the method of identification of fuzzy measures using proposed class.

    DOI: 10.14864/softscis.2006.0.1435.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004672360

  • Shapley value of capacities 査読有り

    Honda Aoi, Okazaki Yoshiaki

    SCIS & ISIS ( 日本知能情報ファジィ学会 )   2006 ( 0 )   1374 - 1379   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An axiomatization of the Shapley value of capacities (also called fuzzy measures) is proposed. We consider capacities on general set systems of a finite universal set which are not necessarily the power sets. We shall introduce a definition of the Shapley value of fuzzy measure defined on set systems, and give a necessary and sufficient condition which characterizes our definition axiomatically. Our condition seems natural and enough understandable as axioms of the Shapley value on set systems.

    DOI: 10.14864/softscis.2006.0.1374.0

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004672348

  • Identification of Fuzzy Measures with Distorted Probability Measure 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Journal of Advanced Computational Intelligence and intelligent Informatics   9 ( 5 )   467 - 476   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Dichotomy of Ergodic Measure (バナッハ空間の構造の研究とその応用 研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学 )   1399   8 - 14   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/120000906969

  • Subjective evaluation process by multi-dimensional fuzzy measure 査読有り

    Aoi Honda,Junji Yamagami,Yoshiaki Okazaki

    Proceedings of Joint 2nd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and International Symposium on Advanced Intelligent Systems 2004   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    横浜市   2004年09月21日  -  2004年09月24日

  • Absolute continuity of discrete one-sided random translation 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Banach and function spaces, Yokohama Publishers   225 - 241   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dichotomy of ergodic measure

    本田あおい,岡崎悦明

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), バナッハ空間の構造の研究とその応用   ( 1399 )   8 - 14   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Absolute continuity of discrete one-sided random translation 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Hiroshi Sato

    Proceedings of the International Symposium on Banach and function spaces   225 - 241   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2003年04月  -  2003年04月

    主要論文集(会議)

  • Subjective evaluation based on distorted probability 査読有り

    Aoi HONDA,Takafumu NAKANO,Yoshiaki Okazaki

    Joint 1st International Conf. on Soft Computing and Intelligent System   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Tsukuba   2002年10月21日  -  2002年10月25日

  • Distortion of fuzzy measure 査読有り

    Aoi HONDA,Takafumu NAKANO,Yoshiaki Okazaki

    Joint 1st International Conf. on Soft Computing and Intelligent System   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Tsukuba, Japan   2002年10月21日  -  2002年10月25日

  • Regularities of fuzzy measure

    本田あおい,岡崎悦明

    京都大学数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku), 函数解析学と数理情報の接点   ( 1253 )   67 - 72   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Regularities of fuzzy measure 〔和文〕 (函数解析学と数理情報の接点 研究集会報告集)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1253 )   67 - 72   2002年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000166157

  • ファジィ測度を用いた主観的評価尺度の推定 査読有り

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 ( 日本ファジィ学会 )   17   533 - 536   2001年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10015750330

  • Supports of a fuzzy measure 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology, Pure and Applied Mathematics   ( 48 )   9 - 13   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Canonical fuzzy measure on (0,1] 査読有り

    本田 あおい

    Fuzzy Sets and Systems   123 ( 2 )   147 - 150   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • ファジイ測度のdistortionについて (函数解析学の応用としての情報数理の研究)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1186 )   70 - 77   2001年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000165010

  • A new interpretation of Djokovic's inequality 査読有り

    Sin-ei Takahashi,Yasuji Takahashi,Aoi Honda

    Journal of Nonlinear and Convex Analysis   1 ( 3 )   343 - 350   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Characterization of 0-1 possibility measure on topological space 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology, Pure and Applied Mathematics   ( 47 )   1 - 3   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Djokovic's inequality の一考察

    高橋眞映,本田あおい

    数理解析研究所講究録, 函数解析学の応用としての情報数理の研究   1144   39 - 46   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • ファジィ測度のdistortionについて

    本田あおい,岡崎悦明

    数理解析研究所講究録, 函数解析学の応用としての情報数理の研究   1186   70 - 77   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Djokovic不等式の一考察 (作用素の不等式とその周辺)

    高橋 眞映, 高橋 泰嗣, 本田 あおい

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1144 )   39 - 46   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000164309

  • ファジィ測度の不変性と従属性 (情報数理に関連する応用函数解析の研究)

    本田 あおい, 岡崎 悦明

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1100 )   87 - 93   1999年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000163600

  • Invariance of fuzzy measure 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology, Pure and Applied Mathematics   ( 46 )   1 - 8   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • ファジィ測度の不変性と従属性

    本田あおい,岡崎悦明

    数理解析研究所講究録, 情報数理に関連する応用函数解析の研究   ( 1100 )   87 - 93   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Hanner type inequality with random coefficients

    本田あおい,岡崎悦明

    Hokkaido University Technical Report Series in Mathematics,第7回関数空間セミナー報告集   ( 57 )   18 - 21   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Djokovic不等式と等号条件

    高橋眞映,本田あおい

    数理解析研究所講究録, 作用素の不等式とその周辺   1080   122 - 128   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Invariance of Fuzzy Measure 査読有り

    Honda Aoi, Okazaki Yoshiaki

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology. Pure and applied mathematics = 九州工業大学研究報告. 自然科学 ( 九州工業大学工学部 )   ( 46 )   1 - 8   1999年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000079660

  • Djokovicの不等式と等号成立条件 (作用素の不等式とその周辺)

    本田 あおい, 高橋 眞映

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1080 )   122 - 128   1999年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000991565

  • Generalization of the Hlawka's inequality 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Yasuji Takahashi

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology   Pure and Applied Mathematics ( 45 )   9 - 15   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Hanner 型不等式への complex weight の導入

    本田 あおい

    Hokkaido University Technical Report Series in Mathematics,第6回関数空間セミナー報告集   ( 52 )   50 - 54   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Hlawka 不等式の拡張

    本田あおい,岡崎悦明,高橋泰嗣

    数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku),応用函数解析の研究   ( 1039 )   12 - 19   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Hlawkaの不等式の拡張(応用函数解析の研究)

    本田 あおい, 岡崎 悦明, 高橋 泰嗣

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1039 )   12 - 19   1998年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110002339385

  • GENERALIZATIONS OF THE HLAWKA'S INEQUALITY 査読有り

    HONDA Aoi, OKAZAKI Yoshiaki, TAKAHASHI Yasuji

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology. Pure and applied mathematics = 九州工業大学研究報告. 自然科学 ( 九州工業大学工学部 )   ( 45 )   9 - 15   1998年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000079657

  • The equivalence of the Rademacher translation of an infinite product measure 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology   Mathematics, Natural Science" ( 44 )   35 - 46   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The Equivalence of the Rademacher Translations of an Infinite Product Measure 査読有り

    HONDA Aoi, OKAZAKI Yoshiaki

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology. Mathematics, natural science = 九州工業大学研究報告. 自然科学 ( 九州工業大学工学部 )   ( 44 )   33 - 44   1997年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000014503

  • ファジィ測度の同定と決定問題 査読有り

    本田 あおい, 馬被 健次郎, 岡崎 悦明

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集   12   955 - 956   1996年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10017209020

  • 確率から導かれる FUZZY 測度 査読有り

    山口 真司, 本田 あおい, 岡崎 悦明

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集   12   147 - 148   1996年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10017207430

  • A generalization of the Hanner's inequality 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Yasuji Takahashi

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology   Pure and Applied Mathematics ( 43 )   9 - 13   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ファジィ測度と主観的評価問題

    本田あおい,岡崎悦明,山口真司

    数理解析研究所講究録(RIMS Kokyuroku),情報数理に関連する応用函数解析の研究   ( 975 )   202 - 219   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Banach 空間の不等式

    本田あおい,岡崎悦明,高橋泰嗣

    Hokkaido University Technical Report Series in Mathematics,第4回関数空間セミナー報告集   ( 52 )   90 - 94   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A generalization ofthe Hanner's inequality and the type 2 (cotype 2) constant of a Banach space 査読有り

    Aoi Honda,Yoshiaki Okazaki,Yasuji Takahashi

    Bulletin of the Kyushu Institute of Technology   Pure and Applied Mathematics ( 44 )   29 - 34   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Modeling Decisions for Artificial Intelligence(共編著)

    Vicenc Torra, Yasuo Narukawa, Aoi Honda, Sozo Inoue(共編者(共編著者))

    Springer  2017年10月  ( ISBN:9783319674216

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • Non-Additive Measure Theory and Applications

    Vicenc Torra(共著)

    Springer  2013年11月  ( ISBN:978-3319031545

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • 包除積分ニューラルネットワークの設計と実装

    福島慎央,山下兼巧,穴井日菜,本田あおい

    第27回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  2022年12月  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究会・九州工業大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月03日 - 2022年12月04日   記述言語:英語   開催地:九州工業大学 戸畑キャンパス   国名:日本国  

  • Shapley ValueとOwen Valueを用いたモデル解釈の提案

    穴井日菜,福島慎央,山下兼巧,穂刈亨,本田あおい

    第27回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  2022年12月  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究会・九州工業大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月03日 - 2022年12月04日   記述言語:英語   開催地:九州工業大学 戸畑キャンパス   国名:日本国  

  • 包除積分ニューラルネットワークの性能評価

    山下兼巧,福島慎央,穴井日菜,本田あおい

    第27回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  2022年12月  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究会・九州工業大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月03日 - 2022年12月04日   記述言語:英語   開催地:九州工業大学 戸畑キャンパス   国名:日本国  

  • The Shapley value and machine learning: Representation and interpretability of IE integral neural networks

    Aoi Honda

    The Summer Workshop on Game Theory and Experimental Economics 2022  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月11日 - 2022年09月12日   記述言語:英語   開催地:慶応大学三田キャンパス   国名:日本国  

  • 単調測度空間の完備化と可測関数空間の位相構造

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月28日 - 2022年03月31日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

  • 包除積分ニューラルネットワークの画像分類プロセス解釈

    入学百花,本田あおい

    第32回ソフトサイエンス・ワークショップ&第26回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月05日   記述言語:日本語   開催地:Web開催   国名:日本国  

  • 有限集合上に定義される単調測度のゼロ加法化

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    第32回ソフトサイエンス・ワークショップ&第26回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月05日   記述言語:日本語   開催地:Web開催   国名:日本国  

  • k-加法的測度の強零集合に関する考察

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月14日 - 2021年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(千葉大学)  

  • 包除積分ニューラルネットのパーセプトロンによる構成について

    長瀬准平,本田あおい,石渡哲哉

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月14日 - 2021年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(千葉大学)  

  • メビウス型包除積分ニューラルネットワークの項数削減による精度と解釈

    板橋将之,本田あおい

    応用数理学会2021年度年会  日本応用数理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(芝浦工業大学)  

  • 包除積分ネットワークモデルとtノルム・コノルム演算の関係

    本田あおい,長瀬准平,石渡哲哉

    応用数理学会2021年度年会  日本応用数理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(芝浦工業大学)  

  • 包除積分ニューラルネットの多層化とパーセプトロンによる構成について

    長瀬准平,本田あおい,石渡哲哉

    応用数理学会2021年度年会  日本応用数理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(芝浦工業大学)  

  • ルベーグ及び非加法的な測度積分によるディープニューラルネットワークの解釈性

    本田あおい

    第18回応用数学セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年04月09日 - 2021年04月10日   記述言語:日本語   開催地:飯塚市  

  • メビウス型包除積分ニューラルネットワークの解釈性

    本田あおい,板橋将之,S. James

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月16日 - 2021年03月19日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

    The Moebius type inclusion-exclusion integral is a representation of nonlinear integral with respect to nonadditive measures through the Moebius translation. We propose parameter estimation with backpropagation method of the Moebius type inclusion-exclusion integral mathematical model. Using this method, not only parameter determination but also data preprocessing can be performed automatically and the mathematical model can be interpreted. In this talk we show the performance of this method comparing with other neural network methods.

  • 非離散空間上の k-加法的測度の解析

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    第31回ソフトサイエンス・ワークショップ&第25回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会ソフトサイエンス研究部会、評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月06日 - 2021年03月07日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

  • 簡易熱流体潤滑理論にもとづく真円軸受の新しい設計法

    畠中清史,本田あおい

    トライボロジー会議2020  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン(別府)  

  • k次加法的単調測度の非離散への一般化

    本田あおい,福田亮治,岡崎悦明

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月22日 - 2020年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本大学  

    The k-order additivity which is one of the main concepts for analyzing non-additivbe measure is considered. We introduce a generalization of the concept of the Moebius transform, and define the k-order additivity for nondiscrete monotone measure space with this. We show the the validity of this definition
    and essential properties of k-order additivitiy. In addition we give several concrete examples of non-discrete k-order additive measure.

  • 単調測度の k-加法性の2つの非離散化

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月16日 - 2020年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本大学  

    The concept of the k-additive measure is originally defined for a non-additive measure on a finite
    set. We propose two types of non-discretization for the definition of k-additive measure: “Constructive
    k-additive measure” and “Formulaic k-additive measure”. We found some their properties and relations.

  • SHAP値や重要度を用いたモデル解釈性: 包除積分ネットワークとXGBoostの比較

    板橋将之,本田あおい,大北剛

    火の国情報シンポジウム2020  情報処理学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月09日 - 2020年03月10日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学 飯塚キャンパス  

    包除ネットワークは,隠れ層1層の機械学習アルゴリズムであるが,この解釈性の問題にプリミティブな形でどう対処するかを本論文では見ていくことを目的とする.目標は古典的なシャープレイ値や重要度を用いる形を2つのデータ集合を用いて実験を行なう.

  • メビウス型包除積分ニューラルネットワークモデルの数理

    本田あおい

    2019年度応用数学合同研究集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月12日 - 2019年12月14日   記述言語:英語  

  • メビウス型包除積分を用いた畳み込みニューラルネットワークによる手書き文字認識

    佐々木真啓,大北剛,本田あおい

    第42回情報理論とその応用シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月26日 - 2019年11月29日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学 飯塚キャンパス  

  • メビウス型包除積分を用いた解釈可能なニューラルネットワーク

    板橋将之,大北剛,本田あおい

    第42回情報理論とその応用シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月26日 - 2019年11月29日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学 飯塚キャンパス  

  • k-加法的測度の非離散化

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    第24回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:日本語   開催地:関西大学  

  • メビウス型包除積分ニューラルネットワークによるデータ解析

    本田あおい,大北剛

    実解析学シンポジウム2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月25日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • Pan積分の拡張と単調収束定理

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月25日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • メビウス型包除積分数理モデルの誤差逆伝播法を用いたパラメータ推定

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月17日 - 2019年09月20日   記述言語:日本語   開催地:金沢大学  

  • 非加法的測度の拡張としての非線形積分

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月17日 - 2019年03月20日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学  

  • 非分布関数型非線形積分とその性質

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    第23回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月09日   記述言語:日本語   開催地:富山国際会議場, 富山市  

  • 集合関数の凸/凹拡張による分割型非線形積分

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    RIMS共同研究:関数空間の一般化とその周辺 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月26日 - 2018年11月28日   記述言語:日本語   開催地:数理解析研究所, 京都市  

  • 非加法的単調測度による弱凸積分と単調収束定理

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月26日 - 2018年10月28日   記述言語:日本語   開催地:大阪教育大学天王寺キャンパス  

  • 非加法的測度の concave envelope の定める非線形積分

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    第139回日本数学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月20日   記述言語:日本語   開催地:ホルトホール大分,大分市  

  • Pan積分, Lehrer積分の収束定理

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月24日 - 2018年09月27日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • 代数積包除積分の収束定理

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月24日 - 2018年09月27日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • 非分布型ファジィ積分に関する収束定理

    福田亮治,本田あおい,岡崎悦明

    非線形解析学と凸解析学の研究:RIMS研究集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月27日 - 2018年08月29日   記述言語:日本語  

  • 準劣加法的単調測度に関する弱Lp 空間Lp,∞

    本田あおい

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月18日 - 2018年03月21日   記述言語:日本語   開催地:東京大学大学院数理科学研究科  

  • 単調測度を利用した多変量解析

    本田あおい,岡崎悦明

    RIMS共同研究 関数空間の深化とその周辺 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年02月05日 - 2018年02月08日   記述言語:英語   開催地:京都大学 数理解析研究所  

  • 非加法的単調測度によるLp 空間

    本田あおい,岡崎悦明

    RIMS共同研究 関数空間の深化とその周辺 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年02月05日 - 2018年02月08日   記述言語:英語   開催地:京都大学 数理解析研究所  

  • 非加法的単調測度に基づく weak Lp 空間と測度の冪乗変換

    本田あおい,岡崎悦明

    第22回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月17日 - 2017年11月18日   記述言語:日本語   開催地:熊本市  

  • 包除積分の非離散化

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月10日 - 2017年11月12日   記述言語:英語   開催地:名古屋大学  

  • 非加法的測度に関する積分と Lp 空間 (0≦p≦∞)

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月10日 - 2017年11月12日   記述言語:英語   開催地:名古屋大学  

  • 可積分単関数の生成するL0の線形部分空間

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月11日 - 2017年09月14日   記述言語:日本語   開催地:山形大学  

  • 包除積分の単調性と interaction operator

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月11日 - 2017年09月14日   記述言語:日本語   開催地:山形大学  

  • 包除積分の非離散化

    本田あおい

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月24日 - 2017年03月27日   記述言語:日本語   開催地:首都大学東京  

  • Quasi-metrics on the function spaces Lp (0≦p≦∞) for a fuzzy measure

    岡崎悦明,本田あおい

    RIMS研究集会 関数空間の構造とその周辺 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年02月06日 - 2017年02月09日   記述言語:日本語   開催地:京都大学数理解析研究所  

  • 包除積分による疼痛の数値表現法の検討

    西嶋泰樹,本田あおい,大木真

    第18回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会  日本知能情報ファジィ学会九州支部会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月10日   記述言語:日本語   開催地:熊本高等専門学校 熊本キャンパス  

  • ファジィ測度の測度代数および可測関数空間 L0

    岡崎悦明,本田あおい

    第21回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月02日 - 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:コンパルホール,大分市  

  • オノマトペによる疼痛の数値表現法の検討

    西嶋泰樹,本田あおい,大木真

    第21回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月02日 - 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:コンパルホール,大分市  

  • 包除積分数理モデルのパラメータ決定手法の検討

    山田将也,本田あおい

    第21回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月02日 - 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:コンパルホール,大分市  

  • 包除積分ー非加法的な測度による積分ー

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月21日 - 2016年10月23日   記述言語:英語   開催地:奈良女子大学  

  • ファジィ測度に対する concave および convex integrals とその Lp空間

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月21日 - 2016年10月23日   記述言語:英語   開催地:奈良女子大学  

  • 劣加法的単調測度に対するShilkret-菅野型積分とそのLp 空間

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月15日 - 2016年09月18日   記述言語:日本語   開催地:関西大学  

  • t-ノルムに基づく包除積分データ解析モデルの構築

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月15日 - 2016年09月18日   記述言語:日本語   開催地:関西大学  

  • 非整数階Shepp 数列空間とL#Dp#DR の非整数階差分作用素

    本田あおい

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば市  

  • 劣加法的単調測度の作るL#Dp#DR空間と双対L#A*(/)p#AR

    本田あおい

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば市  

  • モーションデータの合成のための形容詞を用いた直感的なインターフェースの提案

    桂田真歩,本田あおい,尾下真樹

    画像電子学会 第276回研究会 in 飯塚 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月03日 - 2016年03月04日   記述言語:英語  

  • 相対比較による痛みを表すオノマトペの順序関係を調べる方法の検討

    柴尾一成,本田あおい,尾下真樹

    第20回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月13日 - 2015年11月14日   記述言語:日本語   開催地:中野区  

  • ファジィ測度の作るLp空間の準距離

    本田あおい

    第20回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月13日 - 2015年11月14日   記述言語:日本語   開催地:中野区  

  • 準距離空間の完備化,距離付け,およびベールの性質

    本田あおい

    実解析学シンポジウム2015  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月23日 - 2015年10月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • Inclusion-exclusion integral(包除積分)―非加法的単調測度による積分―

    本田あおい

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月13日 - 2015年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 包除積分―非加法的な測度による積分―

    本田あおい

    日本応用数理学会2015年年会  日本応用数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月09日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢市  

  • kinectを利用したスモン体操支援システムの開発

    本田あおい

    スモンに関する調査研究班研究報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月30日   記述言語:日本語  

  • オノマトペ表現による主観的疼痛の評価と問診支援への応用

    大木真

    スモンに関する調査研究班研究報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月30日   記述言語:日本語  

  • 包除積分による動画映像品質の主観的評価モデルとその検証

    本田あおい

    2014年度 応用数学合同研究集会  日本数学会応用数学分科会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月18日 - 2014年12月20日   記述言語:日本語   開催地:龍谷大学瀬田キャンパス  

  • 包除積分を用いたオノマトペの音印象の数値化モデルの提案

    豊坂祐樹,本田あおい

    第19回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  日本知能情報ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月03日 - 2014年10月04日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島市  

  • Shepp 空間のlinear quasi-metric

    岡崎悦明,本田あおい

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月15日 - 2014年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • Shepp 空間 Λp(f) の線形性と doubling dimension

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月02日 - 2013年11月04日   記述言語:日本語  

  • 鏡映描写テスト自動測定システムの開発

    永渕雄大,本田あおい

    第18回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月25日 - 2013年10月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 相馬市  

  • 手続き記憶検査における学習度自動診断手法の提案

    本田あおい

    第18回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月25日 - 2013年10月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 相馬市  

  • 筋電F波潜時自動推定手法の提案

    本田あおい

    第18回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月25日 - 2013年10月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 相馬市  

  • 数列空間 Λ2(f) の線形性と doubling dimension

    本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 松山市  

  • Linearity of the sequence spce Λp(f) 招待有り

    本田あおい

    Math colloquium, Indian Institute of Technology Kharagpur,Dep. of Math.  

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月22日   記述言語:英語  

  • 数列空間$\Lambda_2(f)$ の内側および外側近似空間と$\ell_p$ たち

    本人

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 包除積分を用いた主観的評価モデルの構築

    本田あおい

    第34回東海ファジィ研究会  日本ファジィ学会東海支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月10日 - 2013年02月11日   記述言語:日本語   開催地:愛知県知多郡  

  • Lebesgue 積分の平行移動の連続性と数列空間Λp(f)

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム2012 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月26日 - 2012年10月28日   記述言語:日本語   開催地:水戸市  

  • 多次元t-normの性質について

    乃美正哉,本田あおい,岡崎悦明

    第17回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月26日 - 2012年10月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 長野市  

  • 筋電図F波類似度の最適化

    渡邊直樹,蜂須賀明子,福田亮治,本田あおい

    第17回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月26日 - 2012年10月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 長野市  

  • 数列空間Λ2(f)の最大の線形部分空間とその数列表現

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月18日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 数列空間Λ#Aφ(/)2#ARの擬距離位相と線形性

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    日本数学会年会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月26日 - 2012年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • ファジィ積分による fairness の表現

    本田あおい, マリオ・ケッペン

    第16回 曖昧な気持ちに挑むワークショップ   日本ファジィ学会評価問題研究部会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月11日 - 2011年11月12日   記述言語:日本語   開催地:山梨県南都留郡  

  • 数列空間 Λ#Dp#DR(f) たちの距離位相 ~ 包含関係から連続性へ ~

    本人

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月04日 - 2011年11月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋市  

  • テント関数と数列空間Λ#Dp#DR(f)たちの連続性

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年10月01日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋市  

  • 数列空間 Λ#Dp#DR(f) の距離位相

    本人

    日本数学会秋季総合分科会  日本数学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月20日 - 2011年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • Doubling Condition の拡張とその応用

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    バナッハ空間論の研究とその周辺,京都大学数理解析研究所 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年02月14日 - 2011年02月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • Linearity of sequence spaces Λp(f) and doubling condition

    本人

    実解析学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月12日 - 2010年11月14日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州市  

  • Doubling condition と数列空間Λ2(f)の線形性

    本人

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月22日 - 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋市  

  • デンプスターシェイファー理論におけるファジィエントロピーについて

    本田あおい

    第26回ファジィシステムシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月13日 - 2010年09月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 東広島市  

  • Zygmund型数列空間の一般化

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    第3回バナッハ空間セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年04月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • L2 関数 f が定める数列空間Λ2(f)の構造

    本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会2010年度年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月24日 - 2010年03月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜市  

  • t-ノルムおよびt-コノルムから導出される行列演算とその応用

    乃美正哉,本田あおい,岡崎悦明

    第14回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月06日 - 2009年11月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜市  

  • L2 関数で定まる数列空間Λ2(f)の構成と線形性

    本田あおい,岡崎悦明

    実解析学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月23日 - 2009年10月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 坂戸市  

  • L2 関数で定まる数列空間Λp(f)の線形性

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月24日 - 2009年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪市  

  • 非加法的測度による新しい積分の提案

    本田あおい

    非加法性の数理と情報:凸解析との接点 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月05日 - 2009年08月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 新しい積分の提案と評価問題への応用

    本田あおい,岡崎悦明

    第25回ファジィシステムシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月14日 - 2009年07月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば市  

  • Lp関数が定める数列空間Λ(f)の線形性

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    バナッハ空間及び関数空間論における幾何学的構造の研究とその応用 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月20日 - 2009年05月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 一般化協力ゲームの解

    本田あおい

    第13回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月14日 - 2008年11月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 福島県福島市  

  • ネットワークの信頼度評価へのt-ノルム,t-コノルムの利用

    乃美正哉,本田あおい,岡崎悦明

    第13回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月14日 - 2008年11月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 福島県福島市  

  • L2関数で定まるLorentz-Zygmund数列空間

    本田あおい,岡崎悦明

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月24日 - 2008年10月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • ゲームの解と極大鎖の利用

    本田あおい

    非加法性の数理と情報:非加法性と凸解析 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月25日 - 2008年08月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • Tコノルム生成関数によるファジィ測度の構成

    本田あおい,岡崎悦明

    非加法性の数理と情報:非加法性と凸解析 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月25日 - 2008年08月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • L2関数で定まるLorentz-Zygmund数列空間

    システム創成 岡崎悦明

    バナッハ空間及び関数空間論の最近の進展とその応用 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年06月04日 - 2008年06月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • ショケ積分を利用したネットワーク品質評価の分析

    本田あおい,岡崎悦明

    第12回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月01日 - 2007年12月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢県金沢市  

  • t-コノルムを利用したファジィ測度の合成

    本田あおい,岡崎悦明

    第12回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月01日 - 2007年12月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢県金沢市  

  • 数列空間 lp は p-乗可積分関数で定まる

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    実解析学シンポジウム2007 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月19日 - 2007年10月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪市  

  • 束上のゲームの解のシャプレイ型公理系

    本田あおい,岡崎悦明

    第11回計画数学関係研究集会「数理的決定モデルの展開」 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月12日 - 2007年10月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢市  

  • A new characterization of lp-space

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    非加法の数理と情報:非線形性:非可換性との接点 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年08月13日 - 2007年08月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 単峰な非負可積分関数で定まる数列加群の線形性

    本田あおい,岡崎悦明,佐藤坦

    バナッハ空間,関数空間及び不等式の研究とその応用 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月07日 - 2007年06月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • ファジィ測度の相対エントロピー

    本田あおい

    曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月18日 - 2006年11月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 由布市  

  • ファジィエントロピーとその応用

    本田あおい,岡崎悦明

    曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月18日 - 2006年11月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 吹田市  

  • 離散ファジィ測度のパラメータ族の構成と相対エントロピー基準による同定

    本田あおい,岡崎悦明

    第11回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 神奈川県平塚市  

  • コノルムの生成関数による連続ファジィ測度の構成

    第11回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 神奈川県平塚市  

  • 有限束上の非加法性測度のシャプレイ値

    本人

    第10回計画数学関係研究集会:数理モデルによる決定とその応用 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月20日 - 2006年10月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 高知市  

  • キャパシティのエントロピー

    本人

    確率論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月19日 - 2005年12月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • Entropy of capacity

    本人

    応用函数解析シンポジウム―情報科学と関連する話題―(梅垣先生傘寿記念シンポジウム) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月09日 - 2005年11月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • シャプレイ値の公理化

    本人

    非加法の数理と情報:函数解析の視点から 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月25日 - 2005年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • Dichotomy of ergodic measures

    本人

    バナッハ空間の構造の研究とその応用 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年06月16日 - 2004年06月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • Random translation of a product measure

    本人

    日本数学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀市  

  • R+上の無限直積測度の確率平行移動について

    本人

    日本数学会秋期総合分科会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月24日 - 2003年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • Absolute continuity of the product measure by one-sided random translations

    九州確率論セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年01月10日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • ファジィ測度の非負性とdistortion

    第7回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月08日 - 2002年11月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州国際会議場  

  • 六角格子状の画素における画像認識

    第7回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月08日 - 2002年11月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州国際会議場  

  • RUN の構成とその画像から想起される線図形の相関について

    第7回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月08日 - 2002年11月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州国際会議場  

  • 風景画像の印象を左右する特徴量について

    第7回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月08日 - 2002年11月09日   記述言語:日本語   開催地: 北九州国際会議場  

  • ファジィ積分による意思決定プロセス

    第3回日本ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年12月01日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • 可能性測度の上・下半連続性

    第6回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月09日 - 2001年11月10日   記述言語:日本語   開催地: 御殿場市  

  • 可分距離空間上の f-additive 測度の正則性

    第6回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月09日 - 2001年11月10日   記述言語:日本語   開催地: 御殿場市  

  • 科学技術文書における線図形認識システムの構築

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀大学  

  • 文字認識システムにおける太字判別法の提案

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月05日 - 2001年10月06日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀大学  

  • ファジィ測度を用いた主観的評価尺度の推定

    第17回「ファジィシステムシンポジウム」講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月05日 - 2001年09月07日   記述言語:日本語   開催地: 船橋市  

  • Supports of a fuzzy measure

    日本数学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年02月17日   記述言語:日本語   開催地: 九州工業大学(北九州市)  

  • Absolute continuity of a random translation of a product measure

    研究集会「距離空間上の測度と幾何学」 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月11日 - 2000年10月12日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学  

  • FCR法の多目的評定への応用と結果の視覚化

    第5回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月28日 - 2000年07月29日   記述言語:日本語   開催地: 工学院大学  

  • ファジィ測度とファジィ積分を考慮した社会的意思決定法の提案

    第5回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月28日 - 2000年07月29日   記述言語:日本語   開催地: 工学院大学  

  • 位相空間上の可能性測度の正則性

    第5回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月28日 - 2000年07月29日   記述言語:日本語   開催地: 工学院大学  

  • Random l4-translation of a product measure

    研究集会「バナッハ空間の測度と幾何学」 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年02月04日 - 2000年02月06日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学  

  • Djokovic's inequality の一考察

    (作用素の不等式とその周辺) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年01月06日 - 2000年01月07日   記述言語:日本語   開催地: 京都大学  

  • Invariance of fuzzy measure

    ファジィ解析とその周辺III 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月17日 - 1999年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀大学  

  • ファジィ測度の不変性

    第4回曖昧な気持ちに挑むワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月13日 - 1999年11月14日   記述言語:日本語   開催地: 岡山大学  

  • (0,1]上のCanonicalファジィ測度

    第4回曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集(第4回曖昧な気持ちに挑むワークショップ) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月13日 - 1999年11月14日   記述言語:日本語   開催地: 岡山大学教育学部本館  

  • ファジィ測度の不変性と従属性

    数理解析研究所講究録1039(情報数理に関連する応用函数解析の研究) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年01月11日 - 1999年01月13日   記述言語:日本語   開催地: 京都大学数理解析研究所  

  • ランダムな係数を持つ Hanner 型不等式

    第7回関数空間セミナー報告集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年12月24日 - 1998年12月26日   記述言語:日本語   開催地: 北海道大学理学部数学教室  

  • Djokovic不等式と等号条件

    数理解析研究所講究録1080(作用素の不等式とその周辺) 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年11月25日 - 1998年11月27日   記述言語:日本語   開催地: 京都大学数理解析研究所  

  • 対称型確率変数を係数とするn要素Pavlovic不等式

    実解析シンポジウム報告集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年11月05日 - 1998年11月07日   記述言語:日本語   開催地: 香川大学教育学部  

  • ファジィ測度の応用-評価問題

    ファジィ解析とその周辺(II)講演アブストラクト 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月05日 - 1998年10月07日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀大学理学部  

  • AHPにおける一対比較の簡易化

    第51回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月02日 - 1998年10月03日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

▼全件表示

工業所有権

  • 波形検査プログラム及び波形検査装置

    蜂須賀明子,本田あおい,渡邊直樹,福田亮治

     詳細を見る

    出願番号:2014-167753  出願日:2014年08月20日

講演

  • 非加法的集合関数に基づくニューラルネットワークの設計とモデル解釈技術

    第5回岡潔女性数学者セミナー  2022年09月  奈良女子大学岡数学研究所

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月20日   発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • シャープレイ値の公理と深層ニューラルネットワークへの応用

    ミクロ経済学ワークショップ  2022年07月  慶應義塾大学 経済研究所

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月08日   発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:慶應義塾大学 三田キャンパス   国名:日本国  

  • 数学授業事例報告―moodle、zoom、自作ボード、YouTubeを利用した同期非同期ブレンド型講義―

    第20回 4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム  2020年11月  国立情報学研究所

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:オンライン  

  • 非加法的測度による非線形積分の理論とその応用-ゲーム理論, ビッグデータ解析, 機械学習など-

    日本数学会年会  2019年03月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:基調講演  

  • 非加法的測度と非線形積分

    信州大学数理経済談話会  2017年11月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:信州大学松本キャンパス  

  • 非加法的測度のエントロピーの公理と協力ゲームの解

    平成28年度第1回講演・研究会  2016年07月  日本OR学会九州支部

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:北九州市立大学ビジネススクールサテライトオフィス  

  • 九州工業大学情報工学部における数学教育の取り組み~「解析I」習熟度別クラス編成の実施

    第21回工学系数学基礎教育研究会  2015年03月  工学系数学基礎教育研究会

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:明治大学  

  • Fuzzy measures, fuzzy integrals and aggregation operators

    MDAI2012(The 9th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence)  2012年11月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:パネル討論  

  • Doubling condition と数列空間Λ2(f)の線形性

    第49回実函数論・函数解析学合同シンポジウム  2010年08月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • ファジィエントロピーとシャプレイ値の公理

    山口東京理科大学 第148回コロキウム  2007年07月  山口東京理科大学

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:山口県小野田市  

  • ファジィ測度とその周辺

    第10回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  2005年11月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:大分県由布市  

▼全件表示

学術関係受賞

  • 日本トライボロジー学会2022年度論文賞

    日本トライボロジー学会   簡易熱流体潤滑モデルにもとづく真円軸受の新しい設計法   2023年01月

    畠中清史,本田あおい

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本知能情報ファジィ学会2011年度論文賞

    日本知能情報ファジィ学会   2011年10月

    乃美正哉, 本田あおい, 岡崎悦明

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 非加法的測度による積分を用いた数理モデルの構築とデータ解析への応用

    研究課題番号:15K05003  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • Shepp 空間の linear quasi-metric と数列表現

    研究課題番号:40037297  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 不動点理論に関連する種々の非線形問題

    研究課題番号:25400141  2013年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

  • 視覚障害者に対する情報確保支援のためのソフトウェアの開発

    研究課題番号:24501062  2012年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

  • Lp関数の定める数列空間の線形性と位相

    研究課題番号:22540201  2010年04月 - 2013年03月   基盤研究(C)

  • 数学図形の非視覚的情報交換のための情報構造解析

    研究課題番号:21650227  2009年04月 - 2012年03月   挑戦的萌芽研究

  • 無限直積ガウス測度の確率平行移動

    研究課題番号:13740100  2001年04月 - 2003年03月   奨励研究(A)→若手研究(B)

  • バナッハ空間における幾何学と確率の研究及びその応用

    研究課題番号:09640214  1997年04月 - 1999年03月   基盤研究(C)

  • 無限次元測度の平行移動と絶対連続性

    研究課題番号:08640297  1996年04月 - 1997年03月   基盤研究(C)

▼全件表示

寄附金・講座

  • 実吉奨学会    2007年09月

  • フランス政府給費金 stage部門    2004年07月

その他研究活動

  • セッション企画「機械学習の数理」

    2022年09月

     詳細を見る

    日本応用数理学会2022年度年会にて、企画セッション「機械学習の数理」を企画し、実施した

  • セッション企画「機械学習の数理Ⅰ・Ⅱ」

    2021年09月

     詳細を見る

    日本応用数理学会2021年度年会にて、企画セッション「機械学習の数理Ⅰ・Ⅱ」を企画し、実施した

  • 国際会議参加報告:FSTA2016参加報告

    2016年07月

     詳細を見る

    国際会議 The Thirteenth International Conference on Fuzzy Sets Theory and Application(FSTA2016, スロバキア共和国リプトフスキーヤンにて2016年1月25-29日開催)の参加報告記事. 日本知能情報学会誌「知能と情報」,Vol.28, No.3, pp.75-76, 2016

  • 第13回産学連携フェア ブース出展

    2013年10月

     詳細を見る

    北九州市にて開催された第13回産学連携フェアにて、医療データ解析の研究成果のポスター展示とデモンストレーションを行った。

  • ゲストエディター:「第15 回曖昧な気持ちに挑むワークショップ選抜論文」特集にあたって

    2011年10月

     詳細を見る

    ゲストエディター
    日本知能情報ファジィ学会誌「知能と情報」,Vol. 23, No. 4, p. 591, 2011

  • 書評:Introduction to Lattices and Order, D.A. Davey, H.A. Priestley著, Cambridge University Press

    2007年04月

     詳細を見る

    日本知能情報学会誌「知能と情報」,Vol.19, No.2, pp.48-49, 2007

  • 研究部会報告:評価問題研究部会

    2007年01月

     詳細を見る

    研究部会報告:評価問題研究部会
    日本知能情報ファジィ学会の部会の1つ、評価問題研究部会の紹介記事. 日本知能情報学会誌「知能と情報」,Vol.19, No.1, pp.87-88, 2007

▼全件表示

海外研究歴

  • 数学教育とIT教育の現状と改善

    インド, チェンナイ SRM University   インド  研究期間:  2008年02月21日 - 2008年03月23日

  • capacity のエントロピーの研究

    パリ第一大学  フランス共和国  研究期間:  2004年07月01日 - 2005年09月30日

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   統計的データ解析特論

  • 2021年度   微分方程式

  • 2021年度   解析Ⅱ

  • 2020年度   解析Ⅱ

  • 2020年度   数学基礎特論

  • 2020年度   微分方程式

  • 2019年度   線形代数Ⅰ

  • 2019年度   統計的データ解析特論

  • 2019年度   ファジィ情報理論特論

  • 2019年度   システム創成プロジェクト I

  • 2019年度   微分方程式

  • 2019年度   解析Ⅱ

  • 2018年度   数学基礎特論

  • 2018年度   線形代数Ⅰ

  • 2018年度   解析Ⅱ

  • 2018年度   システム創成プロジェクト I

  • 2018年度   確率論

  • 2018年度   システム創成特論

  • 2018年度   確率論

  • 2018年度   解析Ⅱ

  • 2018年度   線形代数Ⅰ

  • 2018年度   数学基礎特論

  • 2017年度   確率論

  • 2017年度   離散数学

  • 2017年度   ファジィ情報理論特論

  • 2017年度   システム創成プロジェクト I

  • 2017年度   システム創成入門

  • 2017年度   システム創成特論

  • 2016年度   数学基礎特論

  • 2016年度   確率論

  • 2016年度   離散数学

  • 2016年度   離散数学(教職)

  • 2015年度   代数学 I

  • 2015年度   シミュレーション物理

  • 2015年度   ファジィ情報理論特論

  • 2014年度   シミュレーション物理

  • 2014年度   数学基礎特論

  • 2014年度   代数学 I

  • 2014年度   大学院実践演習 I

  • 2014年度   大学院実践演習 III

  • 2013年度   シミュレーション物理

  • 2013年度   大学院実践演習 I

  • 2013年度   大学院実践演習 III

  • 2013年度   ファジィ情報理論特論

  • 2013年度   代数学 I

     詳細を見る

    (1) 論理 (2) 集合1 (3) 集合2 (4) 順列・組み合わせ (5) 演習 (6) 二項定理 (7) 不等式 (8) 剰余定理 (9) 複素数1 (10) 演習 (11) 複素数2 (12) 最大公約式 (13) 代数系入門1 (14) 代数系入門2 (15) 復習 (16) 試験

  • 2012年度   大学院実践演習 I

  • 2012年度   数学基礎特論

  • 2012年度   代数学 I

     詳細を見る

    (1) 論理 (2) 集合1 (3) 集合2 (4) 順列・組み合わせ (5) 演習 (6) 二項定理 (7) 不等式 (8) 剰余定理 (9) 複素数1 (10) 演習 (11) 複素数2 (12) 最大公約式 (13) 代数系入門1 (14) 代数系入門2 (15) 演習 (16) 試験

  • 2012年度   離散数学

  • 2012年度   大学院実践演習 III

  • 2012年度   シミュレーション物理

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • Moodle GP 2009年度

    九州工業大学  

    2010年04月10日

     詳細を見る

    代数学IにおけるE-Learning教材の作成

その他教育活動

  • コロナ下での数学遠隔講義

    2021年01月

     詳細を見る

    情報サイト・数理女子 サイトからの依頼により寄稿

  • 数学授業事例報告―moodle、zoom、自作ボード、YouTubeを利用した同期非同期ブレンド型講義―

    2020年11月

     詳細を見る

    国立情報学研究所「大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム」依頼講演

  • 推薦合格者合宿研修数学プレースメントテスト

    2017年12月
    -
    2018年03月

     詳細を見る

    合宿研修におけるプレースメントテストの実施と採点

  • 解析Ⅰ補習

    2017年09月

     詳細を見る

    解析Iの成績不振者を対象とした夏休み補習.担当教員2名.

  • 解析I習熟度別クラス編成の実施

    2017年04月
    -
    2017年09月

     詳細を見る

    解析I習熟度別クラス編成の実現。これまで4学科対象に行っていた取り組みの学部展開(5学科)。
    プレースメントテスト実施、およびクラス分け。

  • 推薦合格者合宿研修数学プレースメントテスト

    2016年12月
    -
    2017年03月

     詳細を見る

    合宿研修におけるプレースメントテストの実施と採点

  • 解析Ⅰ補習

    2016年09月

     詳細を見る

    解析Iの成績不振者を対象とした夏休み補習.担当教員3名.

  • 解析I期末共通試験の実施

    2016年04月
    -
    2016年09月

     詳細を見る

    4学科共通の期末試験の実施。
    共通期末テストの作成および採点。

  • 解析I習熟度別クラス編成の実施

    2016年04月
    -
    2016年09月

     詳細を見る

    解析I習熟度別クラス編成の実現。
    プレースメントテスト実施、およびクラス分け。

  • 推薦合格者合宿研修数学プレースメントテスト

    2015年12月
    -
    2016年03月

     詳細を見る

    合宿研修におけるプレースメントテストの実施と採点

  • 解析Ⅰ補習

    2015年09月

     詳細を見る

    解析Iの成績不振者を対象とした夏休み補習.担当教員3名.

  • 解析I習熟度別クラス編成の実施

    2015年04月
    -
    2015年09月

     詳細を見る

    解析I習熟度別クラス編成の実現。
    プレースメントテスト実施、およびクラス分け。

  • 解析I期末共通試験の実施

    2015年04月
    -
    2015年09月

     詳細を見る

    4学科共通の期末試験の実施。
    共通期末テストの作成および採点。

  • 九州工業大学情報工学部における解析習熟度別クラス編成の実践と課題

    2015年03月

     詳細を見る

    日本数学会2015年年会にて開催された、工学系数学教育研究会にて、学部における数学教育の取り組みに関する講演を行った。依頼講演。

  • 推薦合格者合宿研修数学プレースメントテスト

    2014年12月
    -
    2015年03月

     詳細を見る

    合宿研修におけるプレースメントテストの実施と採点

  • 解析Ⅰ補習

    2014年09月

     詳細を見る

    解析Iの成績不振者を対象とした夏休み補習.担当教員3名.

  • 解析I習熟度別クラス編成の実施

    2014年04月
    -
    2014年09月

     詳細を見る

    解析I習熟度別クラス編成の実現。
    プレースメントテスト実施、およびクラス分け。

  • 解析I期末共通試験の実施

    2014年04月
    -
    2014年09月

     詳細を見る

    4学科共通の期末試験の実施。
    共通期末テストの作成および採点。

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • アジア・オセアニア女性数学委員会   コーディネーター  

    2022年04月 - 現在

  • 日本数学会   代議員  

    2022年03月 - 現在

  • 日本数学会 教育委員会   委員  

    2021年06月 - 2023年03月

  • 日本数学会 男女共同参画推進委員会   専門委員  

    2022年06月 - 現在

  • The 14th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   大会実行委員長  

    2017年10月

  • 工学系数学基礎教育研究会   幹事  

    2019年04月 - 現在

  • 第26回曖昧な気持ちで挑むワークショップ   実行委員長  

    2022年12月

  • 日本応用数字学会   セッション企画「機械学習の数理」  

    2022年09月

  • The 19th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence   Session Chair  

    2022年08月 - 2022年09月

     詳細を見る

    Session: Aggregation and uncertainty の session chair

  • 日本応用数理学会   セッション企画「機械学習の数理I・II」  

    2021年09月

  • 日本学術振興会「電力と情報通信のネットワーク基盤融合による超スマート社会」研究開発専門委員会   委員  

    2018年10月 - 2021年09月

  • 日本数学会2018年度年会   実函数論分科会司会  

    2018年03月

  • 日本数学会実函数論分科会   実解析学シンポジウム2017 司会  

    2017年11月

  • 日本数学会実函数論分科会   実解析学シンポジウム2017 開催責任者  

    2017年11月

  • 実函数論・関数解析学合同シンポジウム   第56回実函数論・函数解析学合同シンポジウム委員  

    2017年08月

  • 曖昧な気持ちに挑むワークショップ   第23回 司会  

    2016年12月

  • 日本数学会実函数論分科会   実解析学シンポジウム2016 司会  

    2016年10月

  • 日本数学会実函数論分科会   実解析学シンポジウム2016 開催責任者  

    2016年10月

  • MDAI (International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence)   2013年第13回 Chair  

    2016年09月

  • 実函数論・関数解析学合同シンポジウム   第55回実函数論・函数解析学合同シンポジウム委員  

    2016年09月

  • 日本数学会実函数論分科会   実解析学シンポジウム2015 開催責任者  

    2015年10月

  • 実函数論・関数解析学合同シンポジウム   第54回実函数論・函数解析学合同シンポジウム委員  

    2015年09月

  • ICMC (International Conference on Mathematics and Computing)   ICMC2015 PC member  

    2015年01月

  • MDAI (International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence)   2014年第11回 PC member  

    2014年10月

  • 曖昧な気持ちに挑むワークショップ   第19回 司会  

    2014年10月

  • 一般財団法人ファジィシステム研究所   評議員  

    2014年04月 - 現在

  • ICMC (International Conference on Mathematics and Computing)   ICMC2013 PC member  

    2013年12月

  • MDAI (International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence)   2013年第10回 PC member  

    2013年11月

  • MDAI (International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence)   2013年第10回 座長  

    2013年11月

  • 曖昧な気持ちに挑むワークショップ   第18回 司会  

    2013年10月

  • 一般財団法人ファジィシステム研究所   運営諮問委員  

    2013年04月 - 現在

  • 日本ファジィ学会   評価問題研究部会幹事  

    2012年04月 - 現在

  • 日本知能情報ファジィ学会   ゲストエディター  

    2011年10月

  • (NLMUA 2011)   座長  

    2011年09月

  • 日本知能情報ファジィ学会   学会誌特集の企画立案及びゲストエディタ  

    2011年08月 - 2011年09月

  • 日本知能情報ファジィ学会   評議員  

    2011年04月 - 2013年03月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 嘉穂高校SSH

    2015年04月 - 2015年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    リテラシーII,テーマ「数学」を担当

  • 九工大わくわく科学教室「川崎ローズと数理と科学」

    2014年10月23日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    世界的に著名な数学者、折り紙作家の川崎敏和氏による学外向け科学教室の開催

  • 嘉穂高校SSH

    2014年04月 - 2014年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    リテラシーII,テーマ「数学」を担当

  • ISGフェスタ「折り紙ユニットで作る多面体」

    2013年11月09日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    ISG(飯塚サイエンスフェスタ)
    体験ブース「折り紙ユニットで作る多面体」

  • 嘉穂高校SSH

    2013年04月 - 2013年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    リテラシーII,テーマ「数学」を担当

  • ISGフェスタ「折り紙ユニットで作る多面体」

    2012年10月27日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    ISG(飯塚サイエンスフェスタ)
    体験ブース「折り紙ユニットで作る多面体」

  • 嘉穂高校SSH

    2012年04月 - 2012年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    リテラシーII,テーマ「数学」を担当

  • 嘉穂高校SSH

    2011年04月 - 2011年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    リテラシーII,テーマ「数学」を担当

  • 出張イムズキャンパス

    2010年09月18日 - 2010年09月19日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    天神イムズにて開催された、出張イムズキャンパスにて、折り紙多面体ブース担当

  • 星ヶ丘いきいき子供講座

    2006年04月01日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    地域の子供講座に参加。折り紙多面体作成の指導。

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • Women in Mathematics

    数理解析研究所  京都  2022年09月07日

  • The 19th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2022)

    ESADE,EUSFLAT,ACIA  スペイン  2022年08月30日 - 2022年09月02日

  • The 18th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2021)

    ESADE,EUSFLAT,ACIA  オンライン(スウェーデン)  2021年09月27日 - 2021年09月29日

  • The 17th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2020)

    ESADE,EUSFLAT,ACIA  オンライン(スペイン)  2020年09月02日 - 2020年09月04日

  • The 16th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2019)

    ESADE,EUSFLAT,ACIA  イタリア  2019年09月04日 - 2019年09月06日

  • The 15th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2018)

    スペイン  2018年10月15日 - 2018年10月18日

  • The 14th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2017)

    2017年10月18日 - 2017年10月20日

  • The 13th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2016)

    アンドラ公国  2016年09月19日 - 2016年09月21日

  • The 12th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2015)

    2015年09月21日 - 2015年09月23日

  • ICMC 2015(International Conference on Mathematics and Computing)

    インド  2015年01月05日 - 2015年01月10日

  • The 11th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2014)

    2014年10月29日 - 2014年10月31日

  • ICMC 2013(International Conference on Mathematics and Computing)

    インド  2013年12月27日 - 2013年12月29日

  • The 10th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence(MDAI2013)

    スペイン  2013年11月20日 - 2013年11月22日

  • International Conference on Nonlinear Mathematics for Uncertainty and Its Applications(NLMUA2011)

    中国  2011年09月07日 - 2011年09月09日

  • The Third International Symposium of Banach and Function Spaces 2009

    九州工業大学,日本数学会,北九州市  2009年09月14日 - 2009年09月16日

  • 2009 International Fuzzy Systems Association World Congress/ 2009 European Society for Fuzzy Logic and Technology Conference

    ポルトガル  2009年07月20日 - 2009年07月24日

  • The Second International Symposium of Banach and Function Spaces 2006

    九州工業大学,日本数学会,北九州市  2006年09月14日 - 2006年09月17日

  • International Symposium on Banach and Function Spaces 2003

    九州工業大学,北九州市  2003年10月02日 - 2003年10月04日

▼全件表示

その他国際交流活動

  • インドSRM大学学生派遣プログラムの実施

    活動期間: 2008年02月 - 2008年03月

  • 産学連携推進センター飯塚分室(兼任)

    活動期間: 2007年06月 - 2008年03月