Updated on 2024/05/21

写真a

 
NARAHARA Hiroyuki
 
Scopus Paper Info  
Total Paper Count: 0  Total Citation Count: 0  h-index: 4

Citation count denotes the number of citations in papers published for a particular year.

Affiliation
Faculty of Computer Science and Systems Engineering Department of Intelligent and Control Systems
Job
Professor
E-mail
メールアドレス
Phone
+81-948-29-7766
Fax
+81-948-29-7751
External link

Research Interests

  • Robust Engineering

  • Rapid Product Development

  • Quality Engineering

  • Rapid Prototyping

  • Additive Manufacturing

Research Areas

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Manufacturing and production engineering  / Additive Manufacturing

  • Informatics / Mechanics and mechatronics

  • Informatics / Robotics and intelligent system

Undergraduate Education

  • 1984.03   The University of Tokyo   Faculty of Engineering   Precision Machinery Engineering   Graduated   Japan

Post Graduate Education

  • 1987.03   The University of Tokyo   Graduate School, Division of Engineering   Precision Machinery Engineering   Master's Course   Completed   Japan

Degree

  • Hokkaido University  -  Doctor of Engineering   1995.03

Biography in Kyutech

  • 2019.04
     

    Kyushu Institute of Technology   Faculty of Computer Science and Systems Engineering   Department of Intelligent and Control Systems   Professor  

  • 2016.04
    -
    2020.03
     

    Kyushu Institute of Technology   Advanced Mold and Die Technology Center  

  • 2016.04
    -
    2018.03
     

    Kyushu Institute of Technology   Faculty of Computer Science and Systems Engineering  

  • 2014.04
    -
    2016.03
     

    Kyushu Institute of Technology   Advanced Mold and Die Technology Center  

  • 2008.04
    -
    2019.03
     

    Kyushu Institute of Technology   Faculty of Computer Science and Systems Engineering   Department of Mechanical Information Science and Technology   Professor  

Biography before Kyutech

  • 1988.04 - 1996.09   Hokkaido University, Faculty of Engineering   Research Assistant   Japan

Academic Society Memberships

  • 1998.04   Japan Society for Precision Engineering   Japan

  • 1999.04   Japanese Society of Die and Mould Technology   Japan

  • 2008.04   The Japan Society of Mechanical Engineers   Japan

  • 2003.04   Quality Engineering Society   Japan

  • 1987.04   日本ロボット学会   Japan

  • 1985.04   ライフサポート学会   Japan

▼display all

Papers

  • Simplified Prediction of Melt Pool Shape in Metal Additive Manufacturing Using Maraging Steel Reviewed International journal

    T. Fukunaga , H. Narahara

    International Journal of Automation Technology ( Fuji Technology Press Ltd. )   16 ( 5 )   609 - 614   2022.09

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>This paper describes a method to represent and predict the melting and solidifying shape of metal powder materials in the selective laser melting (SLM) method of metal addition manufacturing using a small number of physical properties. This is a processing method to complete a three-dimensional modeling object by layer-by-layer stacking. A laser beam is used to create objects with minimal voids and distortion by appropriately setting the scanning speed, output intensity, spot diameter, hatch spacing, and other conditions. Repeating actual experiments to determine the optimal build conditions increases the cost of operating the machine, such as electricity and labor, and the cost of materials when a modeling failure occurs. In recent years, attempts have been made to determine the optimal build conditions by analyzing the melting and solidification phenomena of metallic materials through precise simulations. However, it is necessary to set many physical property values as the parameters. Many physical property values are difficult to measure, and if these values are incorrect, the analysis results can differ significantly. In this study, a theoretical model for predicting the cross-sectional area and cross-sectional thickness of the melt pool using a single-track laser was developed using a small number of physical properties, such as melting point, thermal conductivity, and latent heat. To further examine the validity of the theoretical model, experiments were conducted for comparison purposes. In this experiment, 5 × 1 × 1 mm rectangular specimens were stacked and fabricated by a metal additive manufacturing machine using different laser beam irradiation conditions. The fabricated samples were cut, polished, and etched with nital, and the melt pool shapes were measured. Finally, experimental and theoretical values were compared to confirm the validity of the constructed theoretical model. This indicates that the proposed model can predict the melt pool shape.</p>

    DOI: 10.20965/ijat.2022.p0609

    DOI: 10.20965/ijat.2022.p0609

    Scopus

    CiNii Research

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137414758&origin=inward

  • Improvement in the permeability characteristics of injection mold fabricated by additive manufacturing and irradiated by electron beams Reviewed International journal

    Koresawa Hiroshi, Fujimaru Hironobu, Narahara Hiroyuki

    International Journal of Automation Technology ( Fuji Technology Press Ltd. )   11 ( 1 )   97 - 103   2017.01

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>This paper describes a metal mold with permeability fabricated by metal laser sintering with high-speed milling, which is an additive manufacturing method, and discusses the improvement in permeability. In this method, the sintered body is produced with gas exhaust tubes based on the porous structure. To maintain permeability, ensuring that the gas exhaust tube is not blocked is essential. Blockages may occur because of reasons such as the deformation of the gas exhaust tube due to the milling process during fabrication and generation of mold deposits within the gas exhaust tube during injection molding. In this research, by irradiating the surface of a sintered body, with a gas exhaust tube, by an electron beam, water repellency attributed to the reduction in surface free energy and recovery of permeability are confirmed. Further, in a fundamental experiment with an injection molding machine, the permeability of a permeable sintered body irradiated an electron beam increased by approximately 2.8 times as compared to the permeability of a sintered body that was not irradiated.</p>

    DOI: 10.20965/ijat.2017.p0097

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85010845194&origin=inward

  • Improvement and Evaluation of the Interlaminar Bonding Strength of FDM Parts by Atmospheric-Pressure Plasma Reviewed International journal

    Narahara H., Shirahama Y., Koresawa H.

    Procedia CIRP   42   754 - 759   2016.01

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    DOI: 10.1016/j.procir.2016.02.314

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84966549119&origin=inward

  • Low-energy injection molding process by a mold with permeability fabricated by additive manufacturing Reviewed

    10 ( 1 )   101 - 105   2016.01

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84957578026&origin=inward

  • Permeability performance on porous structure of injection mold fabricated by metal laser sintering combined with high speed milling Reviewed International journal

    6 ( 5 )   576 - 583   2012.09

     More details

    Authorship:Lead author, Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84866139628&origin=inward

  • Reaction Heat Effects on Initial Linear Shrinkage and Deformation in Stereolithography Reviewed International journal

    Hiroyuki Narahara,Fumiki Tanaka(Hokkaido Univ.),Takeshi Kishinami(Hokkaido Univ.),Satoru Igarashi(Hokkaido Univ.),Katsumasa Saito(Gunma Polytech College)

    Rapid Prototyping Journal   5 ( 3 )   120 - 128   1999.04

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Kyutacar

  • Effect of FDM Processing Conditions on Snap-Fit Characteristic in Assembly Reviewed

    Taguchi Hiroyuki, Kunimatsu Yohei, Narahara Hiroyuki

    International Journal of Automation Technology ( Fuji Technology Press Ltd. )   17 ( 4 )   326 - 334   2023.07

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>Snap-fit allows plastic products to have assembly and disassembly capabilities without the use of screws, bolts, or other additional parts. For this reason, snap-fit is used in all kinds of plastic products from stationery to automotive parts. Because the mechanical and other functions of a snap-fit are greatly affected by its shape and material properties, it is desirable to fully evaluate them at the design stage. In addition, as the assembly and disassembly of products by snap-fit is generally performed by people, it is important to evaluate not only virtually but also with actual plastic parts. Therefore, there is a strong need to make a prototype and evaluate the feel of the product during assembling and disassembling, before finalizing on the shape and materials. In the past, making precise prototype required expensive molds, but in recent years, additive manufacturing has made it possible to make prototype efficiently and at low cost. In additive manufacturing, fused deposition modeling (FDM) is considered suitable for snap-fit prototype because it can use the same materials as mass-produced products. Thus, it may be possible to make a snap-fit prototype with rigidity, strength, and other characteristics similar to those of mass-produced products. However, FDM has various processing conditions such as tool path, nozzle temperature, and height of one layer. They are expected to have a significant effect on the snap-fit characteristics. Snap-fit is required to meet various requirements depending on the plastic products. The requirements can be divided into three major categories: in assembly, in disassembly, and when to use. In this study, we investigated the effect of FDM processing conditions on snap-fit characteristic in assembly.</p>

    DOI: 10.20965/ijat.2023.p0326

    Scopus

    CiNii Research

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85164914649&origin=inward

  • Tool condition monitoring method by anomaly segmentation of time-frequency images using acoustic emission in small hole drilling Reviewed

    NAKANO Taro, KORESAWA Hiroshi, NARAHARA Hiroyuki

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   17 ( 3 )   JAMDSM0034 - JAMDSM0034   2023.06

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>Tool wear leads to a reduction in dimensional accuracy and surface quality, as well as unexpected sudden tool failure. A broken tool can cause irreparable damage to an expensive workpiece, resulting in increased operating costs and production delays. Since the mechanical strength of small-diameter drills is inadequate for the load and prone to breakage, tool condition monitoring and diagnosis is important to prevent sudden tool breakage, increase productivity, and promote automation in machining process. The present work is aimed to investigate a tool condition monitoring method based on the analysis of acoustic emission (AE) signals emitted during small-hole drilling. We propose DDM (Deep feature Distribution Modeling), a method for image-level anomaly detection and anomaly segmentation in time-series signal analysis. The peck drilling experiments on SKD61 steels were performed with high-speed steel (HSS) drills. The continuous wavelet transform (CWT) was applied to generate time-frequency (TF) image of the AE signals during the drilling process. The TF images were quantified as anomaly scores using the DDM, which establishes normality by fitting a multivariate Gaussian (MVG) to pre-trained deep features. The anomaly detection capability of the DDM and the convolutional autoencoder (CAE) was compared using dummy data for validation. The digital microscope was employed to measure tool wear. Chip morphology was also observed by the laser microscopy. As the tool wear progressed, the anomaly score increased or decreased, with several sharp increases observed between holes 3805 and 3869 just prior to tool failure. An increase in the width of the shear layer spacing of the chips was also observed just prior to failure. Changes in the anomaly score associated with tool wear were more clearly identified by creating anomaly maps. The present investigation shows that waveform processing of AE signals using the CWT and anomaly detection based on the DDM are efficient methods for tool condition monitoring. Our proposed approach makes it possible to visualize the differences in anomaly states using a more subdivided layer context by generating multiple anomaly maps with deep feature vectors obtained from multiple layers.</p>

    DOI: 10.1299/jamdsm.2023jamdsm0034

    Scopus

    CiNii Research

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85164247193&origin=inward

  • Preface Reviewed International journal

    NARAHARA Hiroyuki, TANAKA Ryutaro

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   17 ( 1 )   JAMDSM0001 - JAMDSM0001   2023.01

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.1299/jamdsm.2023jamdsm0001

    Scopus

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/17/1/17_2023jamdsm0001/_pdf

  • Magnetic Domain Observation of Milled Nanocrystalline Alloy Powder Reviewed

    Takezawa M., Nagaki T., Motozuka S., Sasaki I., Ando Y., Narahara H., Mori N., Shikayama T., Mukai S., Maeda S., Sakima S., Ishii T.

    IEEE Transactions on Magnetics   2023.01

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.1109/TMAG.2023.3283211

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85161616085&origin=inward

  • Special Issue on Recent Progress in Manufacturing Technology Reviewed International journal

    Narahara Hiroyuki, Gao Feng

    International Journal of Automation Technology ( Fuji Technology Press Ltd. )   16 ( 5 )   519 - 519   2022.09

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>The continued effects of the global spread of COVID-19 have reaffirmed that restrictions on the movement of people and products have geopolitical consequences. In addition, the impacts involved in the decarbonization of the global environment have further strengthened the growing demand for the building of a sustainable society. These factors have had no small impact on the global economy and on global manufacturing as well. In this context, the demand for the realization of new manufacturing technologies that can respond to changes in social and economic environments has been growing.</p><p>This special issue focuses on recent advances in manufacturing technologies that maximize product quality and reduce costs, with an emphasis on the machinery industry. This special issue of the IJAT contains 12 papers. These include works on cutting technology, machining metrology, advanced machine tools, gear manufacturing technology, additive manufacturing, and more. The first five papers are proposals for new cutting technologies and elucidations of cutting phenomena. The next three papers are new proposals for machining measurements. The next two papers are on precision positioning technologies and a rack gear compensation technology. The last two papers are theoretical investigations into the basic phenomenon of additive manufacturing and its applications.</p><p>These papers were originally presented at the 10th International Conference on Leading Edge Manufacturing in the 21st Century (LEM21), held in Kitakyushu, Japan in 2021. The papers have been revised and expanded at the request of the editors.</p><p>The editors would like to thank all authors for their comprehensive efforts in making this special issue possible, and would like to thank the anonymous reviewers for their hard work. We wish them all the best in their future research in this field of manufacturing technology.</p>

    DOI: 10.20965/ijat.2022.p0519

    Scopus

    CiNii Research

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137452482&origin=inward

  • 3Dプリンタによるスナップフィット機能性評価を可能とするための製造能力の評価

    國松 遙平, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 田口 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2022S ( 0 )   355 - 356   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>スナップフィット部品の設計において、最終製品は射出成形機で作られることが多く、試作として3Dプリンタを用いられる場合がある。しかし、3Dプリンタで作成した試作品と最終製品では材料や成形方法の違いにより、機械的物性値の相関性が明らかでない。本実験では、準備段階として射出成形機で作成するスナップフィット部品を用いて曲げ試験を実施し、機械的物性値のばらつき調査を行った。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2022s.0_355

    CiNii Research

  • 金属光造形法におけるメルトプール断面の硬化形状予測に関する研究

    福永 泰一朗, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2022S ( 0 )   359 - 360   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>金属光造形法は金属材料をレーザ光で選択的に溶融・凝固させ積層し, 立体的な造形物を完成させる手法である. 本稿では造形条件を新しく決定する際のプロセスを簡略化することを目的として金属材料が溶融した一部分であるメルトプールの硬化形状を表す理論式を導出した.また,マルエージング鋼材料にレーザ光を複数の条件で照射し,メルトプールの硬化形状を測定することで導出した理論値との比較を行った.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2022s.0_359

    CiNii Research

  • 金属付加製造法における曲げによるサポート材除去時の応力拡大係数の評価

    松田 康史郎, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2022S ( 0 )   361 - 362   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>金属付加製造法の粉末床溶融結合法には,サポート材を要する造形がしばしば存在する.しかし,このサポート材は除去の点で課題を有している.本実験では,先行研究より,分離の手法として有効と考えられる曲げ試験を行い,破断力の測定を行った.また,曲げによる分離が可能となるかどうかは急速破壊が起きているかどうかに起因すると考え,サポート除去時の応力拡大係数を,実験結果をもとに算出を行った.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2022s.0_361

    CiNii Research

  • 金型変形挙動に基づく成形不良の検討

    道平 和樹, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2022S ( 0 )   335 - 336   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>射出成形機では,溶融樹脂を高速かつ高圧で流入させるために金型に大きな圧力が生じる.すると金型分割面に間隙が生じ,そこに樹脂が流れ込むことでバリという成形不良が起きる.そこで金型の変形挙動に着目し,流動樹脂解析を用いて実際の射出時にかかる圧力を算出し,構造解析により金型に生じる間隙を求め,検討したので報告する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2022s.0_335

    CiNii Research

  • 熱溶解積層法用フィラメントに関する研究

    日高 明, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2022S ( 0 )   357 - 358   2022.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>本研究の目的は,通常,押し出し成形法によって成形される熱溶解積層法用フィラメントについて,射出成形法の援用による強度向上を図ることである.本報では,成形品からの糸状試験片取り出し方法および強度評価用の治具について検討した.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2022s.0_357

    CiNii Research

  • 3次元金属積層造形におけるレーザ焼結プロセスの可視化と高機能金型製造への応用 Invited

    楢原 弘之

    FORM TECH REVIEW ( 公益財団法人 天田財団 )   31 ( 0 )   72   2022.01

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    DOI: 10.32163/amadaftr.31.0_72

    CiNii Research

  • Intelligent Diagnosis for Micro Hole Drilling State by Acoustic Emission Signal Analysis Reviewed International journal

    NAKANO Taro, KORESAWA Hiroshi, NARAHARA Hiroyuki

    Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   2021.10 ( 0 )   018-036   2021.11

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    <p>In this paper, we introduce an intelligent diagnosis technique for micro-hole drilling state based on the analysis of acoustic emission (AE) signals emitted during the process. Through the analysis of the AE signal waveforms in both the time and frequency domains, we attempted to estimate tool condition in micro-hole drilling, and tried to diagnose abnormal state that may lead to tool breakage.</p>

    DOI: 10.1299/jsmelem.2021.10.018-036

    CiNii Research

  • Study on support size dependency for support removal of metal additive manufacturing Reviewed International journal

    Matsuda Koshiro, Narahara Hiroyuki, Koresawa Hiroshi

    Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   2021.10 ( 0 )   147-151   2021.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    <p>The powder bed fusion method of Metal additive manufacturing, Support materials are often required for modeling. However, this support material has a problem in terms of removal. Currently, this support material is removed by processing such as cutting. It will lead to the development of the industry if it can be removed by simple processing without taking time and cost by cutting. Therefore, we research on a support structure that works as a support material during modeling and can be easily removed after building. In this experiment, we performed bending and tensile tests for separation. In addition, a theoretical consideration of the support dimensions to enable separation was performed.</p>

    DOI: 10.1299/jsmelem.2021.10.147-151

    CiNii Research

  • Study on Prediction of Melt Pool Shape in SLM Method for Maraging Steel Reviewed International journal

    Fukunaga T., Narahara H.

    10th International Conference on Leading Edge Manufacturing Technologies in 21st Century, LEM 2021   456 - 457   2021.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124790843&origin=inward

  • CADを用いたヘリカルギヤ創成研削シミュレーションの検討

    下坂 隆昭, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021S ( 0 )   267 - 268   2021.03

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>今日の伝達用歯車において高効率化、静音化が求められており、加工工程において熱処理後の仕上げ加工により熱処理歪みを除去するといった工夫がされている。今後のコスト、開発時間削減のために、CAD上でヘリカルギヤの研削加工をシミュレーションし、正確な歯面測定および研削加工を視覚的に確認できる環境の構築をおこなう。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_267

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Analysis of thermal behavior during selective laser melting additive manufacturing

    TANKASEM Warot, NARAHARA Hiroyuki, KORESAWA Hiroshi

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting ( The Japan Society for Precision Engineering )   2021S ( 0 )   395 - 396   2021.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>This research will represent the analysis of thermal behavior during the SLM manufacturing, calculated with deposited energy density and specific heat capacity formula. There are compared with actual temperature measured during manufacturing by an infrared thermo spot sensor.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_395

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 3Dプリンティングによる構造材料へのインプロセス導電パターン形成手法に関する研究

    竹下 未来, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021S ( 0 )   386 - 387   2021.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>3Dプリンティング手法の1つである材料押出法は材料の変更が容易なため,性質の異なる材料を用いて,造形物への機能性付加が期待される.本研究では,樹脂と導電性材料の同時造形による立体回路形成の実現を目指している.本稿では導電パターンの断線防止を目的とし,樹脂の色とフィラー材に着目して熱可塑性樹脂加熱時の熱変形を調査した結果及び実際に造形物内部へ導電パターンを形成した場合の検証結果について報告する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_386

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 金属光造形法における造形物の硬化形状予測に関する研究

    福永 泰一朗, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021S ( 0 )   397 - 398   2021.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>金属光造形法において目的とする加工物を作製するには金属の凝固状態の予測が必要である. 本稿ではレーザを用いてマルエージング鋼粉末を溶融凝固させる造形において, レーザ出力やレーザ走査速度を変化させた際に造形物がどのように変化するかをメルトプールの凝固形状から測定した. また, 理論値からメルトプールの硬化形状を算出し造形物の硬化形状予測が実験値に対して比較検討を行った.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_397

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 熱溶解積層法に用いるフィラメントの強度向上に関する研究

    日高 明, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021S ( 0 )   382 - 383   2021.03

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>熱溶解積層法はフィラメントと呼ばれる樹脂の線材を溶融・積層することで造形物を得る手法であり、自由度の高い手軽な付加加工の一手法である。フィラメントの強度を向上させることができればより広い分野での利用が期待される。本報では通常押出成形で作成されるフィラメントについて射出成形により成形することで、その強度向上を検討する。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_382

    CiNii Article

    CiNii Research

  • A Study on Strengthening of Molded Products by Fused Deposition Modeling

    Inoue Takaaki, Narahara Hiroyuki

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting ( The Japan Society for Precision Engineering )   2021S ( 0 )   384 - 385   2021.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_384

    CiNii Article

    CiNii Research

  • ダイカスト金型用鋳抜きピンに発生する応力の低減に関する研究

    西田 拓人, 是澤 宏之, 楢原 弘之, 中村 克昭, 泉川 達哉, 松本 幸礼

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021S ( 0 )   97 - 98   2021.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>ダイカスト金型の主な寿命原因に,ヒートチェックによる破損が挙げられる.アルミニウムダイカスト金型は溶湯充填により急激に加熱され,その後離型剤スプレー塗布により急激に冷却される.特に細径である鋳抜きピンの寿命は非常に短く,アルミニウムダイカスト生産に及ぼす影響が大きい.本報では鋳抜きピンに生じる伝熱に起因する応力に着目し,解析ソフトを用いて表面近傍の応力を抑制可能な形状を検討した.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_97

    CiNii Article

    CiNii Research

  • グリップ部の形状特徴が感性評価の結果に及ぼす影響の調査

    野中 皇佑, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021S ( 0 )   685 - 686   2021.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>近年モノづくりにおいて感性評価の重要性は高まってきている.中でも手で持って使用する製品は多く,持ち心地を向上させることは製品価値を高めるのに大きく寄与すると考えられる.それに伴い人の感性の定量化し,製品の設計に応用することはとても重要である.そこで本研究では持ち心地の定量化を目的として感性評価の結果と形状特徴の関係について調査を行う.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021s.0_685

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 3.5金属光造形複合加工 射出成形金型の機構と製作法(第11回) 第2章 金型の製作

    楢原弘之

    成形加工   32 ( 4 )   131-133 - 131-133   2020.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)

  • Development of Quality Engineering at Academic Research Institutions 2020 Reviewed

    Journal of Quality Engineering Society ( Robust Quality Engineering Society )   28 ( 6 )   31 - 35   2020.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)

    DOI: 10.18890/qes.28.6_31

    CiNii Research

  • Intelligent Diagnosis for Cutting State of Machine Tool Reviewed

    NAKANO, T., et al.

    18th International Conference on Precision Engineering.   397-398 - 397-398   2020.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

  • 国内外の大学・研究機関で進む型技術における金属AMの研究・開発動向

    楢原弘之

    型技術   35 ( 8 )   023-027 - 023-027   2020.08

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)

  • 金属AMの使い分けをどう考えるか

    楢原弘之

    機械と工具   10 ( 6 )   56-65 - 56-65   2020.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)

  • Chapter 2 Manufacturing of Injection Mold:3.5 Metal Laser Sintering Combined with High Speed Milling

    Narahara Hiroyuki

    Seikei-Kakou ( The Japan Society of Polymer Processing )   32 ( 4 )   131 - 133   2020.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)

    DOI: 10.4325/seikeikakou.32.131

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007833360

  • 付加製造法に基づく導電性材料のインプロセス焼結に関する研究

    竹下 未来, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   695 - 696   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>本研究では導電性材料と非導電性材料の異種材料造形による,立体回路形成手法の確立を目的としている.回路形成には導電性材料をパターンに沿って塗布した後,焼結により導電性を発現させる必要がある.本報ではFDM造形と導電性材料の塗布・焼結を同時に行うために,導電性材料の加熱条件と導電性発現時間の関係を調査したため,その結果を報告する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_695

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896827

  • 持ち心地のセンシングを目的とした面圧分布測定法の提案

    野中 皇佑, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   303 - 304   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>本研究室では感性評価を用いたチタンスプーンの研究を行ってきた.しかし、感性の共有は非常に難しく,人によってその状態を表す言葉には個人差がある.そのため感性を言葉だけで評価するのではなく,物性を定量的かつ客観的に評価することが必要である.その問題の解決に向け,持ち心地を害することなく,スプーン把握時の接触分布、力の分布を計測する方法の提案を行う.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_303

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896650

  • 通気特性を備えた射出成形金型の排気特性に関する研究

    井手 章博, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   436 - 437   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>射出成形法ではガスを起因とする成形不良が発生する。成形に関わるガスを金型外に排出することで低減可能である。本報では金属光造形を用いて微小な通気孔を有する造形物を作製し、造形物の通気特性検証を行う。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_436

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896677

  • ダイカスト金型用鋳抜きピンの形状に関する研究

    西田 拓人, 是澤 宏之, 楢原 弘之, 中村 克昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   432 - 433   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>成形品の穴あけ加工省略の役割を持つダイカスト金型用鋳抜きピンには、溶融金属による加熱と離型剤による冷却の繰り返しが原因で多くのトラブルが発生する。特に段付き鋳抜きピンにおいて、段と段との接続箇所には応力が集中しやすく多くのクラックが発生する。本報では応力集中箇所に発生する最大主応力をより減少させる鋳抜きピンの形状を、シミュレーションソフトを用いて検討した。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_432

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896671

  • Selective laser melting法による積層造形物の評価

    福永 泰一朗, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   684 - 684   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>Selective laser melting法により金属粉末をレーザにより付加加工する際の各種条件設定と造形物との関係はいまだに不明な点が多い。本実験ではブロック状の積層造形物を作成し各種レーザ条件を変更することによって造形物にどのような影響を与えるのかを観察し評価を行った。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_684

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896861

  • Observing the effect of cooling rate of metal manufacturing on surface roughness for SLM

    TANKASEM Warot, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( The Japan Society for Precision Engineering )   2020 ( 0 )   685 - 686   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>In this research, presents the effect of the cooling rate of metal that affects the surface roughness. By measuring the surface temperature of the workpiece as the laser from SLS moves through for melting the maraging steel powder and evaluates the roughness by a 3D scanner. The laser conditions are designed with Taguchi's orthogonal array method.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_685

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896824

  • ARを用いた作業支援システムにおける作業確認の自動化

    山中 耕平, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   36 - 37   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>現在各業種で,高齢化による後継者不足等,技術継承の難化が問題となっており,技術・技能の継承手法の開拓が急務となっている.本研究では,スマートグラスと呼ばれるARデバイスを用いて初心者に対し作業支援を行うことで,指導者の負担を減らすことを考えている.本報告では指導者が行っている作業の確認を,作業者の視野カメラ映像に対しテンプレートマッチングを用いて行ったことを報告する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_36

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896646

  • AEと機械学習を利用したエンドミル工具の状態観察に関する研究

    井上 賢人, 是澤 宏之, 楢原 弘之, 石田 秀一, 本村 大成, 田原 竜夫

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   42 - 43   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>切削加工においてコストを抑えて高い加工精度を維持するためには適切な工具保全が重要であり、工具状態を観測して寿命の正確な時間を推定する必要がある。本報では、エンドミル工具による切削加工実験のプロセス状態を薄型AEセンサを用いて取得し、得られた弾性波を機械学習することで予知保全に有益な情報の抽出を試みる。また、診断対象の状態を再構成誤差として算出し、プロセス時に運用可能な状態診断システムの構築を目指す。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_42

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896577

  • 3Dプリンタにおける決定的スクリーニング計画を用いた造形パラメータの評価

    井上 貴明, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   363 - 364   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>決定的スクリーニング計画を使用してFDM方式3Dプリンタで引張試験片を造形し引張応力を求め、造形パラメータの評価を行う。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_363

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896652

  • 3DCADによる歯車創成研削シミュレーションの検討

    下坂 隆昭, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020 ( 0 )   725 - 726   2020.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>伝達歯車の加工において熱処理後の歯面創成研削加工により熱処理歪みを除去し、さらなる高精度化・高能率化が追求されている。今後のトータルコスト低減と高精度化のために、CAD上で歯車研削加工のシミュレーションを行い正確な歯面測定を行うことができる環境の構築を目標としています。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020S.0_725

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896840

  • Extraction of product risk information from product reviews Reviewed

    Taguchi, H. and H. Narahara

    8th International Conference of Asian Siciety for Precision Engineering and Nanotechnology   2019.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

  • 実物に近い形状と重量を持った評価モデルの3Dプリンティングプロセスの開発

    野中 皇佑, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   522 - 523   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>熱溶解積層法に用いて,実物に近い形状と重量を持った評価モデルの作製を目的とする.そこで,樹脂と金属粉末を混練して,任意の比重のフィラメント(熱溶解積層法の材料)を作製するための押し出し機を作製した.そして,作製したフィラメントで実際に造形を行い,任意の重量・形状を持った評価モデルの作製を行った.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_522

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702701

  • 熱溶解積層法による造形物の機械的強度向上を目的とした低真空環境下での造形

    田坂 明大, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   521 - 521   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>昨今,付加製造技術(アディティブ・マニファクチャリング)と呼ばれる造形法の一つであるFDM(熱溶解積層造形)法が広く知られてきた.金型を必要とせず安価で迅速な造形が可能であることであるが,欠点として積層間における強度低下が起こることが考えられる.本報では,強度低下の影響の要因と考えられる酸化,空気中の水分による劣化を防ぐために低真空環境で造形を行い,引張試験により機械的強度向上の検討をする.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_521

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702702

  • 通気性射出成形金型に関する研究

    井手 章博, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   11 - 12   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>通気性射出成形金型を用いることで成形品に現れるショートショット、ガス焼けなどのガスを起因とする成形不良を防ぐことが可能である。また、通気性金型は樹脂流動性を向上させ、射出時に必要とする電力を削減し低エネルギー成形を可能にする。成形中の金型変形を考慮し、成形性に対する影響を評価する。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_11

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702408

  • 金属光造形機を用いたダイカスト金型用鋳抜きピンの熱疲労評価

    西田 拓人, 楢原 弘之, 中村 克昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   17 - 18   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>ダイカスト金型には,成形サイクルでの急激な加熱と冷却の繰り返しが原因の熱疲労によってクラックが生じることがある.穴のあいた鋳物を成形するために金型に組み込む鋳抜きピンは,特に熱疲労による不良が起きやすい.本研究では,金属光造形機により鋳抜きピンを作成し,成形サイクルの中でピンに発生するクラックの位置や大きさを観察するために熱疲労評価を行う.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_17

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702467

  • 金属光造形法を用いた金型内部のメッシュ化による反り低減効果の評価

    龍野 嘉基, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   500 - 501   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>金属光造形法では溶融した金属が凝固する際に収縮することで,造形物に反りが発生する問題がある.反りが発生すると金型としてそのまま使用できず後処理が必要となるため,金属光造形法において反りの低減は重要課題となっている.本研究では,造形物の内部構造や内部の造形条件に着目した反り低減手法の構築を目的としている.本報では,金型を模した造形物内部のメッシュ化を行い,反り低減効果の検証を行ったため報告する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_500

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702688

  • The Effect of Atmospheric Pressure Plasma on Inter-Laminar Adhesion Strength of FDM Parts Manufactured with Different Functional Polymers

    コペッチ・ロドリゲズ シーロ, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 中谷 久之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( The Japan Society for Precision Engineering )   2019 ( 0 )   519 - 520   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>Atmospheric Pressure Plasma (APP) is widely used as a surface treatment method and is capable of increasing the Surface Free Energy of a range of polymers. In this research, the effect of APP treatment on the resulting tensile strength (TS) of functional FDM polymers was analyzed. Multi-material samples of functional polymers were manufactured using mainly polyamide and conductive PLA as objects of study. The interface between those materials were treated with APP in different conditions and the TS data compared.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_519

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702705

  • FDM造形物を用いた接触分布検出センサの電極形成手法の研究

    竹下 未来, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   524 - 525   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>熱溶解積層法(FDM)は,熱可塑性樹脂材料を加熱し,ノズルから材料を吐出,積層する造形手法であり,ノズルを増やすことで容易に材料を変更できるという利点がある.著者らは非導電性材料と導電性材料を用いてFDM造形物内部に電極や配線回路を形成することで,接触分布検出センサの製作を目指している.本報では,FDM造形物の内部に電極を形成するために必要な条件について検討した.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_524

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702698

  • Evaluation of Melt Pool in Metal SLS Simulation

    Tankasem Warot, 百田 和矢, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 村松 壽晴, 青栁 裕治

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( The Japan Society for Precision Engineering )   2019 ( 0 )   502 - 503   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>In this research, in order to evaluate the applicability of metal SLS analytical software to the reality, we compared the melt pool values obtained by the software with the melt pool of manufactured objects. Secondly, the effect of laser output parameter on melt pool dimension was investigated and the results reported.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_502

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702690

  • CADを用いた歯面修整のための歯車と工具の相対位置制御シミュレーション

    下坂 隆昭, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019 ( 0 )   718 - 718   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>自動車用トランスミッションには伝達歯車が組み込まれている.これらを高速度・高負荷で回転する際の振動・騒音は自動車の快適性を損なう原因となる.抑制する方法として剛性の高い素材の使用やより高精度の歯車の使用があげられる.本研究では,今後のトータルコスト低減と高精度化のために歯研工程における歯車と工具の相対位置制御のシミュレーションを行う.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019S.0_718

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007702750

  • Wear observation for end-mill tool by machine learning through Acoustic Emission

    INOUE Kento, KORESAWA Hiroshi, NARAHARA Hiroyuki, ISHIDA Syuichi, MOTOMURA Taisei, TABARU Tatsuo

    The Proceedings of The Manufacturing & Machine Tool Conference ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   2019 ( 0 )   D22   2019.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    This paper deals with realizing proper usage for cutting tool under condition-based maintenance. In this maintenance, it is important to change cutting tool before breakage of tool. For instance, improper change for tool before tool life will be incurred machining cost beyond necessity. In other words, the change requires to estimate precise time and/or condition of tool life. We assumed the wear of tool should be tool life in experiments. In general, it is hard to evaluate condition and/or amount of tool wear during metal cutting. In this paper, tool state is evaluated, using signal from thin AE (Acoustic Emission) sensor set up on machine tool. When the tool is worn, it is well-know that anomaly vibration will be occurred from rotating cutting tool and reduction of cutting performance will be caused. Anomaly vibration is detected by using machine learning and auto encoder with reconstruction error. As a result of experiments, we confirmed that there is high regression between amount of wear of tool and reconstruction error.

    DOI: 10.1299/jsmemmt.2019.13.D22

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007836434

  • Work navigation using image recognition in metal laser additive manufacturingaiming attechnologyinheritance

    Yamanaka Kohei, Narahara Hiroyuki, Koresawa Hiroshi

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting ( The Japan Society for Precision Engineering )   2018S ( 0 )   255 - 256   2018.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_255

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Intermittent Monitoring of FDM Parts′ Surface Conditions During the Manufacturing Process: A Newly Designed Automated Test Platform

    Copetti Rodriguez Ciro, Narahara Hiroyuki, Koresawa Hiroshi, Nakatani Hisayuki, Shimizu Akimitsu

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting ( The Japan Society for Precision Engineering )   2018S ( 0 )   399 - 400   2018.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>Multi-material printing has been an important research field for the past years. Through the fabrication of multi-material parts, the capabilities and complexity of parts obtained through additive manufacturing increases yet again. However, improving the interface strength between different material is a challenge that needs to be overcome and several kinds of treatment can be used to investigate this matter. This paper presents the development of a test platform capable of performing surface treatments as well as part measurements concurrent to the print process, without human manipulation.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_399

    CiNii Article

    CiNii Research

  • FDM法における特殊雰囲気下での3Dプリンティングの検討

    田坂 明大, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2018S ( 0 )   395 - 396   2018.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>FDM法(熱溶解積層法)とは,付加製造法を用いる3Dプリンティングの方法の一つである.溶解した熱可塑性樹脂を堆積・固化させ,それを繰り返すことにより,任意の三次元形状を造形する手法である.本研究では,FDM法における3Dプリンティングを特殊雰囲気下で行うことのできる機構を作製し,成形実験により.特殊雰囲気における造形物への影響を評価する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_395

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 金属光造形法の造形条件が余剰硬化現象に与える影響の評価

    龍野 嘉基, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2018S ( 0 )   407 - 408   2018.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>金属光造形複合加工法では過剰なレーザー出力によって必要以上の金属粉末まで焼結する余剰硬化現象が発生する.この現象によって焼結後の表面が荒れ,切削加工時間の長時間化に繋がっている.焼結条件を適切に設定することで高い金属充填率を保ったまま余剰硬化の発生を抑えることができると期待される.本研究ではレーザーや造形物形状を変えて造形実験を行い,各種造形条件が余剰硬化に与える影響を定量的に評価する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_407

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 金属光造形における残留応力による造形ひずみの低減を目的とした条件因子の調査

    又吉 ジョナサン, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2018S ( 0 )   405 - 406   2018.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>金属光造形はレーザーで金属粉末を溶融凝固しているため熱が発生してしまう。それが原因となってベースプレート(母材)に残留応力という形で現れ、造形後にひずみを引き起こしたり破断する原因となる。そこで本研究では造形におけるどの因子がひずみに影響を及ぼすのかを調査すると同時に造形物の精度の検証も行うことを目的とする。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_405

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 通気性射出成形金型の低エネルギー成形に関する研究

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2018S ( 0 )   239 - 240   2018.03

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>通気性金型は,射出成形中に金型内で残留するガスを起因とした成形不良の低減対策として有効である.また,複雑形状部や薄肉部へ対して,低射出圧での溶融樹脂の充填が可能となり,成形サイクル中の射出成形機の消費電力削減が期待できる.本研究では,成形条件や通気特性,成形品形状を変化させた際の成形品の樹脂充填量と成形機の各種消費電力,金型内圧力を測定することで,通気性金型による電力削減効果を調査する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_239

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 樹脂3Dプリンタによる異種材料接合の接合強度向上に関する研究

    清水 章充, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 中谷 久之, コペッチ・ロドリゲズ シーロ

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2018S ( 0 )   397 - 398   2018.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>熱溶解積層法を用いた3Dプリンタは試作品の迅速な造形と切削法では不可能な複雑な内部形状の造形が可能である.しかし,層を積み重ねるという造形手法から積層方向への引張強度が低い問題を抱えている.特に,異なる特性を持つ材料同士の接合強度の低さが問題となっている.本研究では,異種材料を用いた3次元モデルの造形工程に機器による接合面への表面処理を含む造形実験を実施し,引張強度への影響を定量的に評価する.</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018s.0_397

    CiNii Article

    CiNii Research

  • One Action Press Forming of Helix Bevel Gear by Using Multi-Cylinder Press and Die Heating System Reviewed

    Nakamura Katsuaki, Koresawa Hiroshi, Narahara Hiroyuki

    International Journal of Automation Technology ( Fuji Technology Press Ltd. )   12 ( 5 )   767 - 774   2018.01

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>In the case of a complex shaped helix bevel gear, the forging of complete gear tips is very difficult to achieve. In almost all cases, tooth profile is finished by cutting machine from simple shaped forged parts, therefore requiring considerable machining time and cost. However, there are many approaches to forging. Forging is mainly classified as hot and cold forging, and uses a single motion press. In the case of hot forging takeoff of products from die is difficult by the cooling shrinkage from die and accuracy of products is lower level than cold forging. In addition, in the case of cold forging, a complicated shape is difficult to achieve based on the lack of ductility of the materials. To realize a helix bevel gear using a single forging operation, we applied a tool heating system and three-axis forging press. The tool heating system is applied to prevent a temperature decrease in the material by contact between the tool and forging material during the forging process. Further, to optimize the forging direction and timing, we used a three-axis forging press. We confirmed good forging capability of this special forging process, as well as the high precision of the forged parts. Moreover, through the thermo-mechanical control of steel and the tool temperature, the forged parts showed good mechanical properties, such as high hardness.</p>

    DOI: 10.20965/ijat.2018.p0767

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007472300

  • 3次元金属積層造形におけるレーザ焼結プロセスの可視化と高機能金型製造への応用

    楢原 弘之

    天田財団助成研究成果報告書 ( 公益財団法人 天田財団 )   31 ( 0 )   69 - 74   2018.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    DOI: 10.32163/amadareport.31.0_69

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007701565

  • 金属光造形複合加工法による金型製造 : 産業用金属3Dプリンターの産業応用への課題

    楢原弘之

    光アライアンス   28 ( 12 )   48 - 52   2017.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 産業用3Dプリンタと電子ビーム表面処理によるモールドデポジット抑制とガス排出機構の研究

    是澤宏之, 楢原弘之

    型技術   32 ( 5 )   44 - 47   2017.05

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • W-12 Developing a Kit for Experiential Understanding of Elastic and Plastic Properties of Materials in Class Reviewed

    ARIMOTO Kyozo, FREDRIKSSON Claes, SILVA Arlindo, NARAHARA Hiroyuki

    JSEE Annual Conference International Session Proceedings ( Japanese Society for Engineering Education )   2017 ( 0 )   71 - 76   2017.01

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Elastic and plastic properties of various materials, generally measured by dedicated testing machines, constitute an important area of engineering education. It is therefore desirable that students understand this topic, not only numerically, but also experientially. Classic research has shown that the ratio of Young’s modulus and yield strength relates to so called springback phenomena in long and thin objects. This topic is the basis for the development of a kit for classroom activities, including different metal wires and bending templates, a card and two arbores. Students bend wires by hand, using the templates, and use individual moments applied to the wires to investigate springback. In this paper, the result of a collaboration involving experimental equipment design, engineering educators and software developers is described. It outlines the theoretical background, experimental procedure and equipment needed as well as how to compare lab results to data in visual Ashby charts for increased understanding.

    DOI: 10.20549/jseeen.2017.0_71

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006318391

  • Enhancement of Electrically Conductive FDM Parts Adhesion Strength to Different Polymers through Atmospheric Pressure Plasma Treatment

    Copetti Rodriguez Ciro, Narahara Hiroyuki, Koresawa Hiroshi, Nakatani Hisayuki, Shimizu Akimitsu

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting ( The Japan Society for Precision Engineering )   2017 ( 0 )   1025 - 1026   2017.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    Multi-material 3D printing has been a hot topic among many papers and the final goal for many manufacturers and developers. However, one of the main issues holding multi-material printing back is the affinity between different materials and consequently the low strength of the resulting parts. This proceeding discusses the results of atmospheric-pressure plasma incidence on adhesion strength between different polymers commonly used in FDM applications and electrically conductive PLA. Strength test samples were manufactured with the aid of an adapted Delta printer set-up, capable of executing multiple activities in tandem with the print job. Surface free-energy analysis and strength tests were carried out for untreated and treated parts with alternating deposition orders and the results analyzed. Finally, the results were compared with observations already present in the literature and future steps for the completion of this work discussed.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017S.0_1025

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006043553

  • 金属積層造形における金属粉末の焼結状態観察

    又吉 ジョナサン, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2017S ( 0 )   1039 - 1040   2017.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    金属積層造形は, 金属粉末にレーザー光を照射することによって溶融させ凝固したものを積層してゆくことによって複雑な形状の造形物を造形する手法である. その際に金属粉末が飛散物(スパッタ)として発生し造形面性状に悪影響を与えてしまう. 本研究ではレーザー光の照射条件変えることによって変化するスパッタの状態を観察した上で比較検討し、発生の抑止を目的とする.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017s.0_1039

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 金属光造形法の造形条件が橋渡し構造物の余剰硬化に与える影響の研究

    龍野 嘉基, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2017S ( 0 )   1037 - 1038   2017.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    金属粉末積層造形は,金属の粉末材料をレーザー光で材料を焼結させ,複雑な形状の造形物を製作する手法である.この手法では,入力寸法より造形物寸法が大きくなる余剰硬化現象が見られる.特に橋渡し構造を含む造形物では高さ方向の余剰硬化が顕著で,高精度な冷却管や格子構造を造形する際の障害となっている.本論文はレーザー照射条件や造形物の各部寸法が余剰硬化現象に与える影響について調査・考察を行った.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017s.0_1037

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 金属光造形における造形パターンが造形物に与える影響

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2017S ( 0 )   1035 - 1036   2017.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    金属光造形複合加工法は,従来の切削加工では不可能であった複雑形状,また焼結体が通気特性を有する通気性金型の一体造形を実現可能であるが,レーザ焼結により造形物に熱変形が生じ,寸法精度の悪化および造形不良が発生する.本研究ではレーザ照射条件や走査パターン,積層数を変化させた際の,実験モデル造形表面の形状測定結果など用い比較検討することで,造形パターンが造形物に与える影響を調査する.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017s.0_1035

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 樹脂3Dプリンター造形物の接合強度へ積層間の粗面化処理が与える影響

    清水 章充, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 中谷 久之, コペッチ ロドリゲス シーロ

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2017S ( 0 )   1023 - 1024   2017.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    熱溶解積層法を用いた3Dプリンターは試作品の迅速な造形と切削法ではできない複雑な内部形状の造形が可能である.しかし,一層ずつ積み重ねるという造形手法から,積層方向への引張強度が弱いという問題を抱えている.本研究では,3次元造形物の積層間に粗面化処理を施す造形実験を行い,積層間への粗面化処理が接合強度へ与える影響を定量的に評価する.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017s.0_1023

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Proper Use of Additive Manufacturing from the Standpoint of Process Design

    NARAHARA Hiroyuki

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   2017 ( 0 )   F141001   2017.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>3D printer became a boom all over the world several years ago, and Japan was also active. In these days, in Japan, it is settling down and there is an atmosphere which the temporary boom has left. On the other hand, a fever to the 3D printer has not cooled down in the world. It seems that the synergistic effect of the industry 4.0 is expected and new engineering developments and the topic of peripheral technology have come out actively. Where does this difference come from? This paper mainly discusses the future of Additive Manufacturing from two viewpoints. The 1st viewpoint discusses why a difference in degrees of enthusiasm occurs between Japan and overseas. The 2nd viewpoint discusses proper use of Additive Manufacturing from the standpoint of a process design as direct manufacturing or Mold manufacturing.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2017.f141001

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2017/0/2017_F141001/_pdf

  • 付加製造法による通気性金型を用いた低エネルギー射出成形に関する研究

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2017A ( 0 )   677 - 678   2017.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    付加製造法により製作された通気構造を有する金型は,射出成形中に金型内で残留しているガスを起因とする成形不良の対策として有効である.また,通気構造を設けることで低圧での溶融樹脂の充填が可能となり,成形サイクル中の射出成形機の消費電力削減が期待できる.本研究では,成形条件や通気構造の有無を変化させた際の成形品の樹脂充填量と成形機の消費電力を測定することで,通気性金型による電力削減効果を調査する.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017a.0_677

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 成形性を向上する射出成形金型のガス排出方法

    是澤宏之,楢原弘之

    日本プラスチック工業連盟誌   68 ( 12 )   32 - 36   2016.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Advanced Human-Resource-Development Method of Advanced Mold and Die Technology Center in Kyushu Institute of Technology Invited Reviewed

    NARAHARA Hiroyuki

    Journal of the Japan Society for Technology of Plasticity ( The Japan Society for Technology of Plasticity )   57 ( 663 )   335 - 339   2016.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.9773/sosei.57.335

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005146532

  • Technology Trends and Research Examples of Additive Manufacturing in Die and Mold Industry Reviewed

    NARAHARA Hiroyuki

    Journal of the Japan Society for Precision Engineering ( The Japan Society for Precision Engineering )   82 ( 7 )   634 - 638   2016.01

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

    DOI: 10.2493/jjspe.82.634

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005162959

  • Low-Energy Injection Molding Process by a Mold with Permeability Fabricated by Additive Manufacturing Reviewed

    Koresawa Hiroshi, Tanaka Kohei, Narahara Hiroyuki

    International Journal of Automation Technology   10 ( 1 )   101 - 105   2016.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.20965/ijat.2016.p0101

    CiNii Article

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007673837

  • ゲンカイに挑む成形加工,金型と周辺機器の可能性を極める Reviewed

    森 直樹, 楢原 弘之, 前田 修一

    成形加工 ( 一般社団法人 プラスチック成形加工学会 )   28 ( 4 )   131 - 131   2016.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)

    DOI: 10.4325/seikeikakou.28.131

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007930352

  • The Effect of Low power Consumption Injection Molding by Porous Metal Mold by Selective Laser Melting Method (The condition of Injection Molding between resin filling rate and power consumption)

    YOSHIOKA Ryosuke, NARAHARA Hiroyuki, KORESAWA Hiroshi

    The Proceedings of The Manufacturing & Machine Tool Conference ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   2016 ( 0 )   A28   2016.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>Porous Metal Mold created by Selective Laser Melting Method is effective as countermeasures against molding defects produced by gas generated from resin. Further, Since it is possible to fill the molten resin at low pressure, it can be expected the effect of low power consumption. In this study, The Effect of Low power Consumption Injection Molding by Porous Metal Mold is investigated based on the condition of Injection molding.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemmt.2016.11.A28

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007162160

  • デルタ型3Dプリンタの高速度領域における成形条件のパラメータ設計

    清水 章充, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2016 ( 0 )   557 - 558   2016.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    熱溶解積層法を用いての3Dプリンタでの造形は,金型などを必要としないため設計段階での製品の迅速な製造,切削では造形できない複雑な内部形状の造形を可能としている.しかし,造形速度の遅さや設計寸法に対しての精度の問題が生じ,高精度3次元モデルの短時間造形が求められる.そこで本研究では,高速度造形領域での3Dモデル造形実験を実施し,デルタ型3Dプリンタの高速高精度化に向けたパラメータ設計を行った.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2016S.0_557

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005263896

  • 相対位置評価法を利用した多水準L<sub>12</sub>近直交表に基づくモデルの感性評価

    大浪 雅博, 中村 克昭, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2016S ( 0 )   803 - 804   2016.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    コンシューマはものを購入するとき,製品の機能だけで無く,見た目や感触などの感性から総合的に判断しており,使用する人の立場でデザインすることが重要となる.製品の使いやすさの要因を解明することが必要となる.そこで,本研究では,日常生活品でありながら製品価格差が大きいスプーンを対象として,品質工学における多水準L12近直交表に基づき12本のスプーンを作成し、相対位置評価を利用して感性評価を行う.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2016s.0_803

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 産業用3Dプリンタを用いた金属光造形通気性金型における基本通気特性の調査

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2016S ( 0 )   549 - 550   2016.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    金属光造形複合加工法により形成された通気構造を有する通気性金型は,射出成形時に樹脂から発生するガスによって起こる成形不良の対策として有効である.しかし,格子構造や低密度焼結構造の高さなど,造形条件の違いにより通気性金型の通気特性は大きく異なる.そこで,本研究では造形条件の異なる通気性金型の小型サンプルを金属光造形機により作製し,それぞれの通気量を測定することで基本的な通気特性を調査する.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2016s.0_549

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 樹脂吐出シミュレーションを用いたデルタ3Dプリンタの高速造形に関する研究

    馬場 寛, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2016S ( 0 )   555 - 556   2016.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    近年、デルタ3DプリンタというFDM装置が注目を集めている。デルタ3Dプリンタを用いて高速造形を行う際の問題点として、吐出ノズル内への樹脂の入力と吐出間に生じる時間差の存在がある。この時間差により、高速域での造形時、樹脂吐出の制御性が悪化し、造形精度も悪化してしまう。本研究では、物理モデルを用いた樹脂吐出シミュレーションと実機での造形実験を行い、時間差の低減に有効な造形条件の調査を行った。

    DOI: 10.11522/pscjspe.2016s.0_555

    CiNii Article

    CiNii Research

  • State of the Art and Trends in Additive Manufacturing Technology

    NARAHARA Hiroyuki

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan ( The Japan Society of Mechanical Engineers )   2016 ( 0 )   K14100   2016.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    <p>This paper describes the trend of the state-of-the-art Additive Manufacturing. Additive Manufacturing is widely recognized as new manufacturing technology, and researches as limited production with a wide variety, especially complicated-shaped parts and manufacturing of a difficult-to-cut material have been done actively. This paper explains the status of the Additive Manufacturing first. At resin system Additive Manufacturing, two-photon absorption type additive manufacturing equipment is beginning to be actively used by research of a micro domain. In consumer appliances, Material extrusion type additive manufacturing equipment is developed actively. Overseas, AM master course in higher education has also been started. Finally, some tasks and the future outlook which Additive Manufacturing holds are described.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2016.k14100

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2016/0/2016_K14100/_pdf

  • Behavior analysis of delta 3D printer using a multi-domain physics simulator Reviewed

    2015.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84974593850&origin=inward

  • 日本におけるAdditive Manufacturingの概要とこれからの課題

    楢原弘之

    計測と制御 ( 計測制御学会 )   54 ( 6 )   381 - 385   2015.06

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • Overview and Challenges of Additive Manufacturing in JAPAN

    NARAHARA Hiroyuki

    Journal of The Society of Instrument and Control Engineers   54 ( 6 )   381 - 385   2015.01

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.11499/sicejl.54.381

    CiNii Article

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005077665

  • 第31回ライフサポート学会大会(LIFE2015)報告

    楢原 弘之

    ライフサポート ( ライフサポート学会 )   27 ( 4 )   152 - 153   2015.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

    DOI: 10.5136/lifesupport.27.152

    CiNii Article

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005450139

  • 巻頭言 第31回ライフサポート学会開催にあたって

    楢原 弘之

    ライフサポート ( ライフサポート学会 )   27 ( 3 )   78 - 78   2015.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

    DOI: 10.5136/lifesupport.27.78

    CiNii Article

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005434592

  • 付加製造技術(additive manufacturing,3Dプリンタ)の概要と動向

    楢原 弘之

    人工臓器 ( JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL ORGANS )   44 ( 1 )   32 - 36   2015.01

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

    DOI: 10.11392/jsao.44.32

    CiNii Article

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005099708

  • NC加工の高精度化を目的としたMTシステムに基づくびびりの予測

    西岡 健人, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2015 ( 0 )   369 - 370   2015.01

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)

    近年,製造における納期の短期化などによる切削加工の高速化が原因で,びびりが発生しやすくなるという問題がある.びびりの発生は加工精度低下の大きな要因となっている.本研究の最終目的は,MTシステムに基づくびびりを予測・抑制する手法の検討を行い,NC加工の高精度化を図ることである.本稿では,RT法に基づくびびり判別手法の検討と,切削条件・加工パスから切削除去量を推定する手法の検討を行った.

    DOI: 10.11522/pscjspe.2015S.0_369

    Other Link: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005486263

  • 通気構造を有する金属光造形金型による生産エネルギー低減効果

    田中耕平,楢原弘之,是澤宏之

    型技術   29 ( 12 )   44 - 45   2014.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Verification and evaluation of automatically designed cooling channels for block-laminated molds Reviewed

    Liang, J., H. Narahara, H. Koresawa, and H. Suzuki

    The International Journal of Advanced Manufacturing Technology   75 ( 9-12 )   1751 - 1761   2014.08

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.1007/s00170-014-6260-2

    Scopus

  • IMPROVEMENT IN THE INTERLAMINAR BONDING STRENGTH OF THE FDM PARTS BY THE IN-PROCESS SURFACE TREATMENT USING ATMOSPHERIC-PRESSURE PLASMA Reviewed

    Hiroyuki Narahara, Yota Shirahama, Hiroaki Sanematsu, Hiroshi Koresawa, and H. Suzuki

    ISCIE/ASME 2014 International Symposium on Flexible Automation   39S-1 - 39S-4   2014.07

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    JAPAN   Awaji-Island, Hyogo   2014.07.14  -  2014.07.16

  • 付加製造技術を用いた金型製造法

    楢原弘之

    成形加工 ( 成形加工 )   26 ( 1 )   148 - 153   2014.04

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • 情報系専門科目を実施可能なアクティブラーニング環境の構築 Reviewed

    近藤秀樹,田川真樹,楢原弘之

    日本教育工学会論文誌   38 ( 3 )   255 - 268   2014.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 未来型インタラクティブ学習教室 MILAiSの導入について

    楢原弘之

    大学マネジメント ( 大学マネジメント )   9 ( 9 )   2 - 6   2013.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • Automatic Design of Cooling Channels for Block Laminated Molds: A Resolution Study Reviewed

    Jianguo Liang, Hiroyuki Narahara, Hiroshi Koresawa, and H. Suzuki

    International Journal of Engineering and Advanced Technology (IJEAT)   2 ( 6 )   52 - 60   2013.08

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Study on Parameter Design of Nozzle Device Using Small Screw in fused Deposition Modeling Reviewed

    H.Narahara, H.Koresawa, S.kato, Y.Shimokawa, and H.Suzuki

    International Conference on Robust Quality Engineering   99 - 103   2013.04

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Malaysia   Kuala Lumpur   2013.04.24  -  2013.04.25

  • Design method for inner structure of injection mold fabricated by metal laser sintering Reviewed

    6 ( 5 )   584 - 590   2012.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84866125810&origin=inward

  • Design Method for Inner Structure of Injection Mold Fabricated by Metal Laser Sintering Reviewed

    Koresawa, H., H. Fukumaru, M. Kojima, J. Iwanaga, H. Narahara, and H. Suzuki

    International Journal of Automation Technology   6 ( 5 )   584 - 590   2012.09

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • The influence capitalize of properties improvement for reinforced plastics by resin flow control molding method Reviewed

    6 ( 4 )   522 - 528   2012.07

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84863890511&origin=inward

  • Improving the properties of reinforced plastics using the resin flow control method of molding - Evaluation of sealing performance of molded plastic parts Reviewed

    6 ( 4 )   529 - 535   2012.07

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84863932568&origin=inward

  • Design and implementation of a dynamic reconfigurable classroom for cooperative learning Reviewed

    328 - 329   2011.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    DOI: 10.1109/INCoS.2011.72

    Scopus

    Other Link: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84857181166&origin=inward

  • 未来型インタラクティブ学習教室 MILAiS

    楢原弘之

    教育ブレティン ( 教育ブレティン )   8   25 - 33   2011.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • The Challenges of Introducing the Ashby Method in Japanese Materials Education Reviewed

    Arimoto, K. and H. Narahara

    3RD INTERNATIONAL MATERIALS EDUCATION SYMPOSIUM   2011.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    UK   Cambridge   2011.04.07  -  2011.04.08

  • Ashbyによって提案された材料教育のユニークな手法とその世界的な普及 Reviewed

    有本享三,楢原弘之

    工学教育   59 ( 2 )   91 - 96   2011.02

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 海外における先進的な教育事例調査報告

    楢原弘之, 永山勝也

    教育ブレティン ( 教育ブレティン )   7   59 - 71   2010.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • Fundamental Research on Fused Deposition Modeling using Conductive Material by Carbon Nanotube Mixing Resin Reviewed

    H. Narahara,Y. Okamura,H. Fukumaru,H. Koresawa and H. Suzuki

    7th France-Japan Congress on Mechatronics2008   ( 186 )   1 - 5   2008.05

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    France   Le grand bornand   2008.05.21  -  2008.05.23

  • Permeability Characteristics and Applications of Plastic Injection Molding Fabricated by Metal Laser Sintering Combined with High Speed Milling Reviewed

    M. Kojima,H. Narahara,Y. Nakao,H. Fukumaru,H. Koresawa,H. Suzuki and S. Abe

    Int. J. of Automation Technology   2 ( 3 )   175 - 181   2008.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Trial Formation of Artificial Bone by Inkjet Powder-Layered Manufacturing Reviewed

    K. Yamazawa,M. Anzai,H. Yokota,R. Himeno,H. Suzuki,H. Narahara and S. Suzuki

    Int. J. of Automation Technology   2 ( 3 )   156 - 161   2008.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • The Fundamental Experiment of Prediction of Material Degradation for Selective Laser Sintering Reviewed

    H. FUKUMARU,H. NARAHARA and H. SUZUKI

    The 4th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century   949 - 952   2007.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Fukuoka, Japan   2007.11.07  -  2007.11.09

  • 射出成形金型の構造解析に関する研究

    是澤宏之,清水康弘,小島道雄,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   22 ( 8 )   82 - 83   2007.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 国際汎用性と通用性のある情報技術者教育-産業社会の知識・技術を導入した実践情報工学教育のさらなる推進-

    楢原弘之

    教育ブレティン ( 教育ブレティン )   4   2 - 8   2007.07

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • Injection mould with permeability utilised Metal Laser Sintering Combined with High Speed Milling Reviewed

    M. Kojima,H. Narahara,H. Suzuki,H. Koresawa,S. Abe

    Int. J. Precision Technology   1 ( 1 )   55 - 64   2007.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 粉末積層造形法を用いた人工骨成形法の提案-成形性の検討- Reviewed

    山澤健二,横田秀夫,姫野龍太郎,安齋正博,鈴木裕,楢原弘之,鈴木茂樹

    生体医工学   45 ( 2 )   169 - 176   2007.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • ISO230-4を基礎とした5軸NC工作機械の動作経路計測 Reviewed

    牛尾雅樹,蔵前法文,神谷昌秀,楢原弘之,是澤宏之,鈴木裕

    精密工学会誌   72 ( 7 )   873 - 876   2007.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 欧州大学のPBL 教育を学ぶ(ラフバラ大学との先進教育研究交流プロジェクト)

    楢原弘之

    教育ブレティン ( 教育ブレティン )   3   30 - 44   2006.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • ラピッドプロトタイピング技術の現状

    楢原弘之

    設計工学 ( 設計工学 )   41 ( 12 )   1 - 6   2006.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • A Study On Inkjet Drop Deposition To Fabricate Multi-Material 3d Structure Reviewed

    M. B.I,T.Otsubo,H. Narahara,H. Koresawa,H. Suzuki,"

    The 12th International Conference on Machine Design and Production (UMTIK 2006)   137 - 149   2006.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Turkey   Kusadasi   2006.09  -  2006.09

  • Investigation on Fabricating 3D Structures Using Inkjet Printing Technology", Reviewed

    M. B.I.,T.Otsubo,H. Narahara,H. Koresawa,H. Suzuki

    The 11th International Conference on Precision Engineering (ICPE),Toward Synthesis of Micro-/Nano-systems   209 - 213   2006.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Tokyo   2006.09  -  2006.09

  • A Study On Using Inkjet Printing Technology To Fabricate Three-Dimensional Structures Reviewed

    M. B.Ibrahim,T.Otsubo,H. Narahara,H. Koresawa,H. Suzuki

    Proc. of ICOMAST 2006 International Conference on Manufacturing Science and Technology   161 - 164   2006.08

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Melaka, Malaysia   2006.08  -  2006.08

  • 北部九州地域高度金型中核人材育成事業

    鈴木裕,楢原弘之

    型技術 ( 型技術 )   21 ( 7 )   40 - 44   2006.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • Inkjet Printing Resolution Study for Multi-Material Rapid Prototyping Reviewed

    M. b. Ibrahim,T. Otsubo,H. Narahara,H. Koresawa,H. Suzuki

    JSME International Journal Series C   49 ( 2 )   353 - 360   2006.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Inkjet Printing Resolution Study for Multi-Material Rapid Prototyping Reviewed

    M. b. Ibrahim,T. Otsubo,H. Narahara,H. Koresawa,H. Suzuki.

    The 3rd International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century   45 - 49   2005.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Nagoya   2005.10.19  -  2005.10.20

  • Thermal Distortion Analysis During Photopolymerization in Stereolithography Reviewed

    F.Tanaka,M.Morooka,T.Kishinami,H. Narahara

    Proc. of the Eighth International Conference on Rapid Prototyping   87 - 92   2005.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Tokyo   2005.06.12  -  2005.06.13

  • ラピッドプロトタイピングシステムのキャリブレーションシステムの構築 Reviewed

    宇野憲司,楢原弘之,鈴木裕

    精密工学会誌   71 ( 6 )   774 - 778   2005.06

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • A Study On Fluid Deposition Resolution In Inkjet Printing Of Multi Material Fluid For Rapid Prototyping Application Reviewed

    M. b. Ibrahim,T. Otsubo,H. Narahara,H. Koresawa,H. Suzuki

    Proceedings Of The International Conference On Recent Advances In Mechanical & Materials Engineering,   1105 - 1109   2005.05

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Malaysia   Kuala Lumpur   2005.05.30  -  2005.05.31

  • Measurement of Liquid Surface Unevenness in Stereolithography Reviewed

    H. Narahara,A. Yoshikawa ,H. Suzuki

    JSME International Journal, Series C   47 ( 1 )   129 - 135   2004.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • A Method for Liquid Surface Unevenness Measurement in Stereolithography Reviewed

    H. Narahara,A. Yoshikawa and H. Suzuki

    Proc. of 2nd International Conference International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21th Century   2003.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Niigata, Japan   2003.11.03  -  2003.11.06

  • 光造形法における樹脂液面上凹凸測定の研究 Reviewed

    吉川晶洋,楢原弘之,鈴木裕

    精密工学会誌   69 ( 10 )   1434 - 1438   2003.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 新しい型・模型技術への挑戦 Reviewed

    斎藤勝政,近藤幹夫,青山英樹,楢原弘之

    精密工学会誌   69 ( 8 )   1051 - 1056   2003.08

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 新しい型・模型技術への挑戦

    斎藤勝政,近藤幹夫,青山英樹,楢原弘之

    精密工学会誌 ( 精密工学会誌 )   69 ( 8 )   1051 - 1056   2003.08

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

  • Development of Liquid Surface Unevenness Measuring Method Based on Mirror Reflection Image of Lattice Stripe in Stereolithography Reviewed

    H. Narahara,A. Yoshikawa and H. Suzuki

    The 24th Japan Rapid Prototyping Symposium   87 - 90   2003.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Tokyo Japan   2003.06.24  -  2003.06.24

  • Cu-Be合金の入れ子を用いた射出成形金型における異なる冷却条件による成形性の検証

    鬼木彰,高峰,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   17 ( 13 )   74 - 75   2002.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • アメリカ合衆国における品質工学のニーズ

    D. Clausing,(訳)楢原弘之

    品質工学   10 ( 6 )   54 - 64   2002.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 異形多数個取りにおける充填効率向上のための研究-充填の均一化-

    吉田崇志,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕,川下英二,木下篤,金城盛順

    型技術   17 ( 13 )   80 - 81   2002.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Investigation of Cooling Effects in Corner Areas of Mold Cores Applied with Copper Alloy Inserts and Cooling Channels Reviewed

    F. Gao,A. Oniki,H. Koresawa,H. Narahara ,H. Suzuki

    Proc. of the 6th International Conference on Mechatronics Technology   272 - 276   2002.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Kitakyushu, JAPAN   2002.09.29  -  2002.10.03

  • Research on Improvement in Parts Accuracy of Stereolithography Using Quality Engineering Reviewed

    H. Narahara,T. Aono ,H. Suzuki

    Proc. of the 6th International Conference on Mechatronics Technology   352 - 357   2002.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Kitakyushu, JAPAN   2002.09.29  -  2002.10.03

  • Study on Design for Manufacture of Rapid Prototyping System Based on Knowledge Database Reviewed

    Hiroyuki Narahara,Shinnichiro Kawaguchi,Hiroshi Suzuki

    Proc. of the 6th International Conference on Mechatronics Technology   346 - 351   2002.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Kitakyushu, JAPAN   2002.09.29  -  2002.10.03

  • 熱集中部にCu-Be合金を用いた射出成形金型の成形性に関する検証実験

    鬼木彰,高峰,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   17 ( 8 )   44 - 45   2002.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • SLS粉末劣化による造形不良の推定と防止に関する研究

    福丸浩史,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   17 ( 8 )   30 - 31   2002.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • プラスチック射出成形金型におけるCu-Be合金インサート材形状の自動生成 Reviewed

    高峰,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    精密工学会誌   68 ( 6 )   777 - 782   2002.06

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Study on the Development of Surface Fidelity Solid-image Fabrication Process for Hi-Fi Rapid Prototyping System Reviewed

    Hiroyuki Narahara,Yoshikatsu Shiwa,Hiroshi Suzuki

    Proc. of 5th Franco-Japanese Congress & 3rd European-Asian Congress of Mecatronics   525 - 530   2001.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Besancon   2001.10.09  -  2001.10.11

  • 3次元ソリッドCAD/CAMシステムに基づく金型製作の効率化に関するアンケート調査

    楢原弘之,鈴木裕,是澤宏之

    型技術   16 ( 8 )   132 - 133   2001.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 金型分割面先端の間隙を低減する金型分割面の自動生成

    内田暁和,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   16 ( 8 )   76 - 77   2001.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 射出成形金型における直管の組合せによる冷却回路の自動配置

    徳能竜一,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   134 ( 135 )   76 - 77   2001.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 定義面に忠実な積層造形処理の効率化

    志波義勝,吉川晶洋,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   16 ( 8 )   104 - 105   2001.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Evaluation of Thermal Environment in Plastic Injection Mold Reviewed

    Feng Gao,Hiroshi Koresawa,Hiroyuki Narahara,Hiroshi Suzuki

    ANTEC2001 Conference Proceedings   969 - 973   2001.05

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    USA   2001.05.06  -  2001.05.10

  • 光造形法における精度評価

    楢原 弘之

    光アライアンス   12 ( 8 )   22 - 25   2001.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Detection of Uneven Flattness on Liquid Surface Reviewed

    H. Narahara,H.Suzuki ,M.Suga

    Proc. of IMEKO2000   201 - 204   2000.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Austria   Wien   2000.09.25  -  2000.09.28

  • Detection of Uneven Flattness on Liquid Surface Reviewed

    H.Narahara,H.Suzuki,M.Suga

    Proc. of IMEKO2000   25 - 28   2000.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Wien   2000.09.25  -  2000.09.28

  • Surface Fidelity Solid-image Fabrication Process for Next Generation RP system Reviewed

    H. Narahara,H.Suzuki ,K.Saito

    Proc. of the Eighth International Conference on Rapid Prototyping   105 - 110   2000.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Tokyo   2000.06.12  -  2000.06.13

  • Thermal Distortion Analysis During Photopolymerization in Stereolithography Reviewed

    F.Tanaka(Hokkaido Univ.),M.Morooka(Hookaido Univ.),T.Kishinami(Hokkaido Univ.),Hiroyuki NARAHARA

    Proc. of the Eighth International Conference on Rapid Prototyping   87 - 92   2000.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Tokyo   2000.06.12  -  2000.06.13

  • Surface Fidelity Solid-image Fabrication Process for Next Generation RP system Reviewed

    H.Narahara,H.Suzuki,K.Saito(Gumna Polytech college)

    Proc. of the Eighth International Conference on Rapid Prototyping   105 - 110   2000.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Tokyo   2000.06.12  -  2000.06.13

  • ラピッドプロトタイピング技術の現状 Reviewed

    楢原 弘之

    精密工学会誌   67 ( 3 )   403 - 406   2000.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 型作りにおけるラピッド・プロトタイピング

    楢原 弘之

    型技術   15 ( 1 )   46 - 50   2000.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • プラスチック射出成形金型における熱環境の評価

    高峰,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   15 ( 8 )   96 - 97   2000.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 積層造形法の高精度化を目的とした加工誤差評価システム

    志波義勝,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   15 ( 8 )   50 - 51   2000.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 射出成形金型における直線的な冷却管に基づく冷却回路の自動配置

    徳能竜一,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   15 ( 8 )   58 - 59   2000.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 型作りにおけるラピッド・プロトタイピング

    楢原 弘之

    型技術   15 ( 1 )   46 - 50   2000.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Development of Concurrent Layered Manufacturing System Reviewed

    Hiroyki Narahara,Hiroshi Suzuki,Katsumasa Saito,Satoru Igarashi

    Proc. of the Second International Workshop on Intelligent Manufacturing systems 1999   329 - 338   1999.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Leuven, Belgium   1999.09.22  -  1999.09.24

  • Automatic Arrangement of Ejector Pins in Injection Mold Reviewed

    Yixin SU,Hiroyuki NARAHARA,Hiroshi KORESAWA,Hiroshi SUZUKI

    Proceedings of 1999 International Conference on Advanced Manufacturing Technology   542 - 546   1999.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Xian, China   1999.06.18  -  1999.06.21

  • A Study About Arrangement of Ejector Pins on Product Reviewed

    Hiroshi SUZUKI,Yixin SU,Hiroshi. KORESAWA,Hiroyuki NARAHARA

    Proceedings of 1999 International Conference on Advanced Manufacturing Technology   537 - 541   1999.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Xian, China   1999.06.18  -  1999.06.21

  • Cooling of Injection Mold by Using High Thermal Conductivity Material Reviewed

    Feng GAO,Hiroshi KORESAWA,Hiroyuki NARAHARA,Hiroshi SUZUKI

    Proceedings of 1999 International Conference on Advanced Manufacturing Technology   1196 - 1200   1999.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Xian, China   1999.06.18  -  1999.06.21

  • Condition of New Stereolithography Process for Stair-stepless Fabrication Reviewed

    Hiroyuki Narahara,Hiroshi Suzuki,Katsumasa Saito

    Proceedings of 1999 International Conference on Advanced Manufacturing Technology   92 - 94   1999.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

    Xi'an, China   1999.06.16  -  1999.06.18

  • ラピッドプロトタイピング技術の現状と課題

    楢原 弘之

    M & E   26 ( 4 )   126 - 135   1999.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • ラピッドプロトタイピングの最新応用技術

    楢原 弘之

    機械と工具   43 ( 3 )   16 - 22   1999.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 品質工学を用いた光造形品の再現性向上に関する研究

    坂元陽介,青野竜也,志波義勝,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   14 ( 12 )   58 - 59   1999.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Cu-Be合金を用いた射出成形金型の冷却効果の検討

    高峰,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   14 ( 7 )   54 - 55   1999.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 遺伝的アルゴリズムを用いた金型分割面形状の自動生成

    坂下将人,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   14 ( 7 )   56 - 57   1999.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • デジタルモックアップでRPをうまく活用する方法

    楢原 弘之

    型技術   14 ( 10 )   18 - 21   1999.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Automatic Arrangement of Ejector Pins for Injection Mold by Using Numerical Analysis Reviewed

    Y. Su,H. Koresawa,H. Narahara,H. Suzuki

    Proceedings of 14th International Conference on Computer-Aided Production Engineering   339 - 344   1998.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Tokyo   1998.09.08  -  1998.09.10

  • Development of New Layered Manufacturing Process to Improve Surface Roughness of Stereolithography Prototypes Reviewed

    H. NARAHARA,H. SUZUKI and K. Saito

    Proc. of the 4th Japan-France Congress & 2nd Asia-Europe Congress of Mechatronics (Kitakyushu)   799 - 804   1998.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    1998.04  -  1998.04

  • 高熱伝導材を用いた射出成形金型の冷却に関する研究

    高峰,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   13 ( 8 )   86 - 87   1998.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 射出成形金型におけるエジェクタピンの自動配置に関する研究

    蘇亦芯,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    型技術   13 ( 8 )   88 - 89   1998.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 光造形法における樹脂硬化定数の自動測定手法の研究

    楢原弘之,菅真弓,鈴木裕

    型技術   13 ( 8 )   48 - 49   1998.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 型とラピッドプロトタイピング Reviewed

    楢原 弘之

    精密工学会誌   63 ( 9 )   1236 - 1239   1997.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Development of CAM System Based on Simulation of the Copy Operation - An Application to the Boundary Representation Method and High Efficiency Machining - Reviewed

    M. KOHYA,H. NARAHARA ,H. SUZUKI

    Journal of Robotics and Mechatronics   9 ( 6 )   439 - 445   1997.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Reconstruction of Three Dimensional Surface from Slice Positional Data Reviewed

    Y. Miyake,T. Kondo,S. Kaneko,S. Igarashi ,H. Narahara

    Rapid Product Development-Proc. of the 8th ICPE, Chapman & Hall in association with JSPE, JSPE Publication Series No. 2, UK   587 - 592   1997.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Distortion Mechanism of Stereolithography Parts Reviewed

    T. Kishinami,F. Tanaka,H. Narahara

    Rapid Product Development-Proc. of the 8th ICPE, Chapman & Hall in association with JSPE, JSPE Publication Series No. 2, UK   83 - 92   1997.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • A New Stereolithography Process for Improved Performance and Surface Roughness Reviewed

    H. Narahara,S. Igarashi ,K. Saito

    Rapid Product Development-Proc. of the 8th ICPE, Chapman & Hall in association with JSPE, JSPE Publication Series No. 2, UK   1997.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 積層造形法の動向とターボ機械開発への応用 Reviewed

    楢原 弘之

    ターボ機械   25 ( 12 )   18 - 25   1997.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形模型のそり変形に及ぼす熱歪特性の影響

    楢原弘之,田中文基,岸浪建史,五十嵐悟,斎藤勝政

    型技術   12 ( 13 )   58 - 59   1997.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • A Study on a 5-axis Machine Tool for Sculptured Surface Having a Fixed Point in the Tip of the Tool Reviewed

    H. NARAHARA,T. KONDO,T. MIYOSHI ,K. SAITO

    International Journal of JSPE   29 ( 3 )   271 - 275   1996.09

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Shape Analysis of Solidified Photopolymer for the Three Dimensional Photofabrication Reviewed

    H. NARAHARA,K. SAITO

    International Journal of JSPE   30 ( 4 )   311 - 316   1996.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法の立体形成機構に関する研究(第1報)-硬化単位形状の検討- Reviewed

    楢原弘之,小島真一,五十嵐悟,斎藤勝政

    精密工学会誌   61 ( 1 )   117 - 122   1995.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • A New Method of Automatic Polishing on Curved Aluminum Alloy Surfaces at Constant Pressure Reviewed

    J. ZHAO,K. SAITO,T. KONDO,H. NARAHARA,S. IGARASHI,T. SASAKI ,L. ZHANG

    Int. J. Mach. Manufact.   35 ( 12 )   1683 - 1692   1995.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法によるラピッドマニュファクチャリング Reviewed

    楢原弘之,斎藤勝政

    設計工学   30 ( 2 )   61 - 66   1995.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法による複合立体模型の面精度向上に関する研究(第1報)-引き上げ照射法の提案- Reviewed

    楢原弘之,斎藤勝政

    精密工学会誌   61 ( 2 )   233 - 238   1995.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Accuracy Improvement Procedures for Stereolithography Parts Reviewed

    International Journal of the Japan Society for Precision Engineering   28 ( 4 )   301 - 304   1994.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法における光学解析-レーザパワー密度分布の同定手法- Reviewed

    楢原弘之,斎藤勝政

    精密工学会誌   60 ( 7 )   994 - 998   1994.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法におけるレーザ光学系の理論解析 Reviewed

    楢原弘之,斎藤勝政

    精密工学会誌   60 ( 8 )   1117 - 1121   1994.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • , "Characterization of Solidified Resin Created by Three Dimensional Photofabrication Reviewed

    H. NARAHARA ,K. SAITO

    Proc. of The Fourth International Conference on Rapid Prototyping   271 - 281   1993.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    U.S.A.   Dayton   1993.06.14  -  1993.06.17

  • Recent Application of Stereolithography and Overview of Rapid Model Fabrication Technology Reviewed

    Transaction of The Materials Research Society of Japan   13   74 - 81   1993.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形用感光性樹脂の定量比較を目的とした硬化特性パラメータに関する研究 Reviewed

    楢原弘之,斎藤勝政.

    精密工学会誌   59 ( 11 )   1803 - 1808   1993.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法における感光性樹脂の硬化形状解析-硬化臨界値の測定- Reviewed

    楢原弘之,斎藤勝政

    精密工学会誌   59 ( 9 )   1477 - 1482   1993.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 光造形法における形状ひずみ解析のためのレーザ照射経路生成システムの開発

    楢原弘之,喜多徹,五十嵐悟,斎藤勝政

    型技術   8 ( 8 )   96 - 97   1993.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Fundamental Analysis of Single Layer Created by Three Dimensional Photofabrication Reviewed

    H. NARAHARA and K. SAITO

    Proc. of The Third International conference on Rapid Prototyping   113 - 120   1992.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    U.S.A.   Dayton   1992.06.07  -  1992.06.10

  • Voxel加工シミュレータを基にした5軸制御加工に関する研究

    近藤 司,楢原弘之,井上真一、斎藤勝政

    型技術   5 ( 8 )   78 - 79   1992.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • デジタイジングシステムを基にした光造形法による3次元立体構築

    楢原弘之,近藤 司,斎藤勝政

    型技術   5 ( 8 )   108 - 109   1992.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 工具先端部不動点を有する5軸曲面仕上工具の研究 Reviewed

    楢原弘之,近藤司,三好隆志,斎藤勝政

    精密工学会誌   57 ( 7 )   63 - 68   1991.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 連続スポット転写法における成形ヘッド部の改良

    楢原弘之,岡田正幸,三好隆志,斎藤勝政

    型技術   6 ( 8 )   122 - 123   1991.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 3次元立体造型のための樹脂硬化特性

    楢原 弘之

    合成樹脂   36 ( 10 )   1990.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 3次元モデルの光学的造型法

    楢原 弘之

    プラスチック成形技術   7 ( 11 )   30 - 33   1990.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 連続スポット転写法による3次元モデル生成

    楢原 弘之

    型技術   5 ( 8 )   1990.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 複合模型の光学的形状創成法に関する基礎的研究

    楢原 弘之

    型技術   4 ( 7 )   1989.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • マン・マシン・インターフェースを考慮した聴覚障害児童のための発声発語訓練装置の開発 Reviewed

    楢原弘之,土肥健純,堀内孝,増澤徹

    医科器械学   58 ( 8 )   343 - 348   1988.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Investigation of Mechanical Property Values of 3D Printer Prototype Parts in Snap-Fits Reviewed

    Kunimatsu Y.,Narahara H.,Koresawa H.,Taguchi H.

    2022.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    JAPAN   Nara   2022.11.28  -  2022.12.02

  • Feasibility study of the effect of support structures on part accuracy in additive manufacturing Reviewed

    NARAHARA Hiroyuki,MITSUI Soichiro,KUNIMATSU Yohei,TAGUCHI Hiroyuki,KORESAWA Hiroshi

    2022.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    JAPAN   Nara   2022.11.28  -  2022.12.02

  • Effect of Processing Conditions on the Mechanical Properties of Snap-Fit in Additive Manufacturing Reviewed

    Taguchi H.,Kunimatsu Y.,Narahara H.

    2022.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    JAPAN   Nara   2022.11.28  -  2022.12.02

  • Study on the fracture phenomenon at the time of separation of the support material in the powder bed fusion method Reviewed

    Matsuda K.,Narahara H.,Koresawa H.,Nakamura K.

    2022.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    JAPAN   Nara   2022.11.28  -  2022.12.02

▼display all

Publications (Books)

  • 品質設計のための確率・統計と実験データの解析

    楢原弘之、宮城善治(Joint author)

    日科技連出版社  2017.04  ( ISBN:978-4-8171-9619-4

     More details

    Language:Japanese

  • 機械製作要論(鬼鞍宏猷編著)

    鬼鞍宏猷、楢原弘之、他(Edit ,  第3章 三次元造形・金型製作)

    養賢堂  2016.03 

     More details

    Language:Japanese

Conference Prsentations (Oral, Poster)

  • 金属光造形法の造形条件が余剰硬化現象に与える影響の評価

    龍野 嘉基, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    <p>金属光造形複合加工法では過剰なレーザー出力によって必要以上の金属粉末まで焼結する余剰硬化現象が発生する.この現象によって焼結後の表面が荒れ,切削加工時間の長時間化に繋がっている.焼結条件を適切に設定することで高い金属充填率を保ったまま余剰硬化の発生を抑えることができると期待される.本研究ではレーザーや造形物形状を変えて造形実験を行い,各種造形条件が余剰硬化に与える影響を定量的に評価する.</p>

    CiNii Article

  • 金属光造形における残留応力による造形ひずみの低減を目的とした条件因子の調査

    又吉 ジョナサン, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    <p>金属光造形はレーザーで金属粉末を溶融凝固しているため熱が発生してしまう。それが原因となってベースプレート(母材)に残留応力という形で現れ、造形後にひずみを引き起こしたり破断する原因となる。そこで本研究では造形におけるどの因子がひずみに影響を及ぼすのかを調査すると同時に造形物の精度の検証も行うことを目的とする。</p>

    CiNii Article

  • 通気性射出成形金型の低エネルギー成形に関する研究

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    <p>通気性金型は,射出成形中に金型内で残留するガスを起因とした成形不良の低減対策として有効である.また,複雑形状部や薄肉部へ対して,低射出圧での溶融樹脂の充填が可能となり,成形サイクル中の射出成形機の消費電力削減が期待できる.本研究では,成形条件や通気特性,成形品形状を変化させた際の成形品の樹脂充填量と成形機の各種消費電力,金型内圧力を測定することで,通気性金型による電力削減効果を調査する.</p>

    CiNii Article

  • 樹脂3Dプリンタによる異種材料接合の接合強度向上に関する研究

    清水 章充, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 中谷 久之, コペッチ・ロドリゲズ シーロ

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    <p>熱溶解積層法を用いた3Dプリンタは試作品の迅速な造形と切削法では不可能な複雑な内部形状の造形が可能である.しかし,層を積み重ねるという造形手法から積層方向への引張強度が低い問題を抱えている.特に,異なる特性を持つ材料同士の接合強度の低さが問題となっている.本研究では,異種材料を用いた3次元モデルの造形工程に機器による接合面への表面処理を含む造形実験を実施し,引張強度への影響を定量的に評価する.</p>

    CiNii Article

  • Work navigation using image recognition in metal laser additive manufacturingaiming attechnologyinheritance

    Yamanaka Kohei, Narahara Hiroyuki, Koresawa Hiroshi

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    CiNii Article

  • Intermittent Monitoring of FDM Parts′ Surface Conditions During the Manufacturing Process: A Newly Designed Automated Test Platform

    コペッチ・ロドリゲズ シーロ, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 中谷 久之, 清水 章充

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    <p>Multi-material printing has been an important research field for the past years. Through the fabrication of multi-material parts, the capabilities and complexity of parts obtained through additive manufacturing increases yet again. However, improving the interface strength between different material is a challenge that needs to be overcome and several kinds of treatment can be used to investigate this matter. This paper presents the development of a test platform capable of performing surface treatments as well as part measurements concurrent to the print process, without human manipulation.</p>

    CiNii Article

  • FDM法における特殊雰囲気下での3Dプリンティングの検討

    田坂 明大, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2018.01   Language:Japanese  

    <p>FDM法(熱溶解積層法)とは,付加製造法を用いる3Dプリンティングの方法の一つである.溶解した熱可塑性樹脂を堆積・固化させ,それを繰り返すことにより,任意の三次元形状を造形する手法である.本研究では,FDM法における3Dプリンティングを特殊雰囲気下で行うことのできる機構を作製し,成形実験により.特殊雰囲気における造形物への影響を評価する.</p>

    CiNii Article

  • 金属積層造形における金属粉末の焼結状態観察

    又吉 ジョナサン, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2017.01   Language:Japanese  

    金属積層造形は, 金属粉末にレーザー光を照射することによって溶融させ凝固したものを積層してゆくことによって複雑な形状の造形物を造形する手法である. その際に金属粉末が飛散物(スパッタ)として発生し造形面性状に悪影響を与えてしまう. 本研究ではレーザー光の照射条件変えることによって変化するスパッタの状態を観察した上で比較検討し、発生の抑止を目的とする.

    CiNii Article

  • 金属光造形法の造形条件が橋渡し構造物の余剰硬化に与える影響の研究

    龍野 嘉基, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2017.01   Language:Japanese  

    金属粉末積層造形は,金属の粉末材料をレーザー光で材料を焼結させ,複雑な形状の造形物を製作する手法である.この手法では,入力寸法より造形物寸法が大きくなる余剰硬化現象が見られる.特に橋渡し構造を含む造形物では高さ方向の余剰硬化が顕著で,高精度な冷却管や格子構造を造形する際の障害となっている.本論文はレーザー照射条件や造形物の各部寸法が余剰硬化現象に与える影響について調査・考察を行った.

    CiNii Article

  • 金属光造形における造形パターンが造形物に与える影響

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2017.01   Language:Japanese  

    金属光造形複合加工法は,従来の切削加工では不可能であった複雑形状,また焼結体が通気特性を有する通気性金型の一体造形を実現可能であるが,レーザ焼結により造形物に熱変形が生じ,寸法精度の悪化および造形不良が発生する.本研究ではレーザ照射条件や走査パターン,積層数を変化させた際の,実験モデル造形表面の形状測定結果など用い比較検討することで,造形パターンが造形物に与える影響を調査する.

    CiNii Article

  • 樹脂3Dプリンター造形物の接合強度へ積層間の粗面化処理が与える影響

    清水 章充, 楢原 弘之, 是澤 宏之, 中谷 久之, コペッチ ロドリゲス シーロ

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2017.01   Language:Japanese  

    熱溶解積層法を用いた3Dプリンターは試作品の迅速な造形と切削法ではできない複雑な内部形状の造形が可能である.しかし,一層ずつ積み重ねるという造形手法から,積層方向への引張強度が弱いという問題を抱えている.本研究では,3次元造形物の積層間に粗面化処理を施す造形実験を行い,積層間への粗面化処理が接合強度へ与える影響を定量的に評価する.

    CiNii Article

  • Proper Use of Additive Manufacturing from the Standpoint of Process Design

    NARAHARA Hiroyuki

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 

     More details

    Event date: 2017.01   Language:Japanese  

    CiNii Article

  • 付加製造法による通気性金型を用いた低エネルギー射出成形に関する研究

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2017.01   Language:Japanese  

    付加製造法により製作された通気構造を有する金型は,射出成形中に金型内で残留しているガスを起因とする成形不良の対策として有効である.また,通気構造を設けることで低圧での溶融樹脂の充填が可能となり,成形サイクル中の射出成形機の消費電力削減が期待できる.本研究では,成形条件や通気構造の有無を変化させた際の成形品の樹脂充填量と成形機の消費電力を測定することで,通気性金型による電力削減効果を調査する.

    CiNii Article

  • 相対位置評価法を利用した多水準L<sub>12</sub>近直交表に基づくモデルの感性評価

    大浪 雅博, 中村 克昭, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2016.01   Language:Japanese  

    コンシューマはものを購入するとき,製品の機能だけで無く,見た目や感触などの感性から総合的に判断しており,使用する人の立場でデザインすることが重要となる.製品の使いやすさの要因を解明することが必要となる.そこで,本研究では,日常生活品でありながら製品価格差が大きいスプーンを対象として,品質工学における多水準L12近直交表に基づき12本のスプーンを作成し、相対位置評価を利用して感性評価を行う.

    CiNii Article

  • 産業用3Dプリンタを用いた金属光造形通気性金型における基本通気特性の調査

    吉岡 亮祐, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2016.01   Language:Japanese  

    金属光造形複合加工法により形成された通気構造を有する通気性金型は,射出成形時に樹脂から発生するガスによって起こる成形不良の対策として有効である.しかし,格子構造や低密度焼結構造の高さなど,造形条件の違いにより通気性金型の通気特性は大きく異なる.そこで,本研究では造形条件の異なる通気性金型の小型サンプルを金属光造形機により作製し,それぞれの通気量を測定することで基本的な通気特性を調査する.

    CiNii Article

  • 樹脂吐出シミュレーションを用いたデルタ3Dプリンタの高速造形に関する研究

    馬場 寛, 是澤 宏之, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2016.01   Language:Japanese  

    近年、デルタ3DプリンタというFDM装置が注目を集めている。デルタ3Dプリンタを用いて高速造形を行う際の問題点として、吐出ノズル内への樹脂の入力と吐出間に生じる時間差の存在がある。この時間差により、高速域での造形時、樹脂吐出の制御性が悪化し、造形精度も悪化してしまう。本研究では、物理モデルを用いた樹脂吐出シミュレーションと実機での造形実験を行い、時間差の低減に有効な造形条件の調査を行った。

    CiNii Article

  • State of the Art and Trends in Additive Manufacturing Technology

    NARAHARA Hiroyuki

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 

     More details

    Event date: 2016.01   Language:Japanese  

    CiNii Article

  • 非接触式測定データにおける三次元モデルの高精度化処理の検討一レーザ照射領域における補正マップを用いた補正の評価一

    高木みゆき,楢原弘之,是澤宏之

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2015.03.17 - 2015.03.19   Language:Japanese  

  • NC加工の高精度化を目的としたMTシステムに基づくびびりの予測一切削条件・加工パスに基づく切削除去量推定手法とびびり判別手法の検討一

    西岡健人,是澤宏之,楢原弘之

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2015.03.17 - 2015.03.19   Language:Japanese  

  • スプーン把持時を対象とした持ち心地の定量一触覚を対象とする識別力の評価一

    大浪雅博,中村克昭,楢原弘之

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2015.03.17 - 2015.03.19   Language:Japanese  

  • 通気構造を有する金属光造形金型の樹脂の加熱発生ガスへの効果

    田中耕平,楢原弘之,是澤宏之

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2015.03.17 - 2015.03.19   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工による金属光造形通気性金型の目詰まり低減調査一電子ビーム加工による通気性能減少率の評価一

    藤丸浩宣,楢原弘之

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2015.03.17 - 2015.03.19   Language:Japanese  

  • FDMの接着性向上を目的とした大気圧プラズマ処理

    白濱洋太,是澤宏之,楢原弘之

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2015.03.17 - 2015.03.19   Language:Japanese  

  • 非接触式測定データにおける三次元モデルの高精度化処理の検討

    高木 みゆき, 楢原 弘之, 是澤 宏之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2015.01   Language:Japanese  

    三次元測定機の測定方法は,タッチプローブを用いる接触式とレーザプローブを用いる非接触式がある.非接触式は接触式よりも高速な測定が可能であるが,測定精度が劣る.そこで,本研究では,非接触式のレーザ照射領域内に補正マップを作成した.また,補正マップを用いて,非接触式測定で得られた点群データを補正し,三次元モデル構築の精度向上を行った.

    CiNii Article

  • 電子ビーム加工による金属光造形通気性金型の目詰まり低減調査

    藤丸 浩宣, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2015.01   Language:Japanese  

    金属光造形通気性金型とは,金属光造形法を用いた通気性を有する射出成型金型である.通気性金型は,型内のガスや空気を起因とする成型不良の対策として有効である.しかし,成型時の樹脂が通気部に入り込み目詰まると通気性能は低下する.本研究では,目詰まり低減を目的として通気部の濡れ性に注目する.金属光造形機により作製した通気性金型に電子ビーム加工を施す.その後,射出成形実験により成形前後の通気性能を評価する.

    CiNii Article

  • Low-energy formability for injection mold by metal laser sintering combined with high speed milling (1st report)

    Koresawa Hiroshi, Narahara Hiroyuki, Akiyama Hideharu

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 

     More details

    Event date: 2015.01   Language:Japanese  

    CiNii Article

  • スプーン把持時を対象とした持ち心地の定量

    大浪 雅博, 中村 克昭, 楢原 弘之

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2015.01   Language:Japanese  

    コンシューマはものを購入するとき,製品の機能だけで無く,見た目や感触などの感性から総合的に判断しており,使用する人の立場でデザインすることが重要となる.感性は人が主観的に感じることであるため,感性が高い者を測定対象とする必要がある.そこで,本研究では,日常生活品でありながら製品価格差が大きいスプーンを対象として,測定対象の選別を行うため触覚に関する識別力の評価を行う.

    CiNii Article

  • Atmospheric pressure plasma treatment aimed adhesion improvement of Fused Deposition Modeling

    Shirahama Yota, Koresawa Hiroshi, Narahara Hiroyuki

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 

     More details

    Event date: 2015.01   Language:Japanese  

    CiNii Article

  • 大気圧プラズマ照射条件による FDM造形物表面の表面自由エネルギーの変化

    白濱洋太,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • 非接触式測定データにおける三次元モデルの高精度化処理の検討 -レーザ照射領域における補正マップの作成と評価-

    高木みゆき,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • NC加工の高精度化を目的とした実送り速度を用いた切削除去量の推定手法の検討

    西岡健人,榎本祐亮,是澤宏之,楢原弘之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • カトラリーの高付加価値デザインを支援する感性評価 -スプーン把持時を対象とした持ち心地の定量化 -

    大浪雅博,楢原弘之,中村克昭,是澤宏之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • 通気構造を有する金属光造形金型の成形時の樹脂特性への効果

    田中耕平,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工による金属光造形通気性金型の目詰まり低減調査 -金型の表面改質による濡れ性への影響 -

    藤丸浩宣,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • アセンブリ機能を有するデルタ型 3Dプリンタにおける制御手法の検討

    馬場寛,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.12.06   Language:Japanese  

  • 複数クラウドデータ間の平滑化手法の検討

    高木みゆき,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • NC 加工の高精度化を目的とした切削除去量に着目した加工パス補正手法の検討

    西岡健人,是澤宏之,楢原弘之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • コンシューマ向け工業製品の感性エンジニアリング評価

    大浪雅博,是澤宏之,中村克昭,楢原弘之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • 通気構造を有する金属光造形金型による成形時の消費電力低減の調査

    田中耕平,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工による金属光造形通気性金型の目詰まり低減調査

    藤丸浩宣,楢原弘之,是澤宏之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • デルタ型3D プリンタの機構解析シミュレーション

    馬場寛,是澤宏之,楢原弘之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • FDM における熱可塑性樹脂と導電性材料との接着性制御の検討

    白濱洋太,是澤宏之,楢原弘之

    2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2014.09.16 - 2014.09.18   Language:Japanese  

  • 素材転換を考慮したロバスト設計のための材料データベース・材料指標の導入

    楢原弘之,是澤宏之

    第22回品質工学研究発表大会論文集  品質工学会

     More details

    Event date: 2014.06.26 - 2014.06.27   Language:Japanese  

  • 水溶性樹脂を用いた中子に関する研究

    有本翔太,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 重み付き最小二乗法を用いた点群データによる3次元モデリングの高精度化処理の検討

    吉田悠,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 積層造形物の構築を目的としたディスペンサーによるゲルの多孔質化方法の検討

    古城吉啓,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • FDMシステム用の導電性樹脂の作製及び評価

    小林祐也,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 熱溶解積層法に用いるスクリュー機構の開発

    松永健嗣,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • NC加工の高精度化を目的としたRT法に基づくびびり検出手法の検討

    西岡健人,大浪雅博,楢原弘之,鈴木裕,是澤宏之

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 二段すくい角を有するエンドミル工具の開発~ソリッドラジアスエンドミルにおける切削特性の評価~

    多賀雅勝,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 通気構造を有する金属光造形金型の射出成形条件に与える影響

    田中耕平,楢原弘之,鈴木裕,是澤宏之

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 大気圧プラズマ処理を用いたFDM造形物の強度向上〜造形速度と引張応力〜

    白濱洋太,楢原弘之,鈴木裕,是澤宏之

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • 水溶性樹脂を用いた中子に関する研究

    有本翔太,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.12.15   Language:Japanese  

  • チームベース学習環境下のチームワーク形成のMTシステムに基づく評価と予測

    楢原弘之,近藤秀樹,遠山紗矢香

    第21回品質工学研究発表大会論文集  品質工学会

     More details

    Event date: 2013.06.20 - 2013.06.21   Language:Japanese  

  • 大気圧プラズマ処理を用いたFDM造形物の強度向上〜表面自由エネルギーの測定と確認実験の検討〜

    白濱洋太,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.03.13 - 2013.03.15   Language:Japanese  

  • 非接触式三次元計測における三次元モデル構築の精度向上-測定対象面の傾きによる計測値のばらつき評価-

    高木みゆき,吉田悠,楢原弘之,是澤宏之,鈴木裕

    2013年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.03.13 - 2013.03.15   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法における成形品の高精度化 ~プラスチック歯車複合高アスペクト比成形品の評価~第二報

    重村直毅,森直樹,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.03.13 - 2013.03.15   Language:Japanese  

  • MTシステムによる切削加工時の加工状態の評価-MTシステムを用いたびびりの判別-

    西岡健人,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2013年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.03.13 - 2013.03.15   Language:Japanese  

  • 通気量のバラツキ低減を目的とした金属光造形金型の通気構造のパラメータ設計~非線形性を考慮した機能性評価の検討~

    田中耕平,楢原弘之,鈴木裕,是澤宏之

    2013年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2013.03.13 - 2013.03.15   Language:Japanese  

  • チームベース学習におけるチームワーク力のMTシステムによる分析

    楢原弘之,近藤秀樹,遠山紗矢香

    第20回品質工学研究発表大会論文集  品質工学会

     More details

    Event date: 2012.06.28 - 2012.06.29   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを工具材料として用いた切削工具の開発

    廣岡秀一,牛尾雅樹,吉丸将史,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 金属光造形におけるレーザ焼結時の熱伝導解析

    安永 志郎, 是.宏., 楢原 弘之, 鈴木 裕

    2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • FDMに適用可能な熱可塑性樹脂吐出機構の開発—スクリュー機構のパラメータ設計—

    下川雄基,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 金属光造形におけるレーザ焼結時の熱伝導解析

    安永 志郎, 是.宏., 楢原 弘之, 鈴木 裕

    2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • FDMに適用可能な熱可塑性樹脂吐出機構の開発—スクリュー機構のパラメータ設計—

    下川雄基,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 品質工学を用いた金型冷却構造の設計—パラメータ設計を用いた配置検討—

    梶原友美,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 環境影響を考慮した加工技術の選択—MTシステムを用いた選択手法の検討—

    荒瀬智絵,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • FDMシステムに適用可能な導電性樹脂の開発

    小林 祐也, 鈴.裕., 楢原 弘之, 是澤 宏之

    2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • FDMに用いる導電性樹脂用吐出ヘッドの開発

    松永 健嗣, 楢.弘., 鈴木 裕, 是澤 宏之

    2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 金属粉末焼結体の内部構造設計に関する研究

    是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法による格子状多孔質構造の通気特性の検討

    竹下翔,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法に基づく強化樹脂の物性改善に関する研究

    島田康平,森直樹,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • FDM造形物における層間接着強度の表面自由エネルギーに基づく評価

    實松宏明,是澤宏之,楢原弘之,鈴木裕

    2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2012.03.14 - 2012.03.16   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法におけるプラスチックの物性改善

    島田康平

    第22回プラスチック成形加工学会年次大会  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2011.06.22 - 2011.06.23   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法を用いたポリ乳酸の力学物性改良に関する研究

    森直樹

    第22回プラスチック成形加工学会年次大会  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2011.06.22 - 2011.06.23   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御法を用いた成形品の密閉性評価

    森直樹,

    第22回プラスチック成形加工学会年次大会  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2011.06.22 - 2011.06.23   Language:Japanese  

  • 2段すくい角を有するエンドミル工具の開発

    伊藤悠太

    型技術者会議2011  型技術協会

     More details

    Event date: 2011.06.21 - 2011.06.22   Language:Japanese  

  • 品質工学を用いた金型冷却構造設計の基礎的研究-金型冷却構造の機能性評価-

    梶原友美

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 金属光造形法による内部構造設計に関する研究

    岩永淳

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • FDMに用いる導電性材料に関する研究

    浦川裕貴

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • FDMに適用可能な熱可塑性樹脂吐出機構の開発-スクリュー機構による吐出実験-

    下川雄基

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • FDMによる成形物の樹脂層の接着強度向上に関する基礎的研究

    實松宏明

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 水熱プラズマによる金型材への異種金属の溶融接合に関する研究

    池内孝弘

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 環境負荷削減を目指した製造技術開発へのMTシステムの適用

    荒瀬智絵

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 二段すくい角を有するエンドミル工具の開発

    伊藤悠太

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを工具材種として用いたエンドミルの切削特性に関する研究

    廣岡秀一

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法による格子状多孔質構造の通気性能設計式の検討

    竹下翔

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法を用いたポリ乳酸の力学物性改良に関する研究

    権藤聖仁

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法に基づく強化プラスチックの物性改善に関する研究

    島田康平

    2011年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2011.03.14 - 2011.03.16   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法に関する研究-可視化金型による型内流動の観察 II-

    権藤聖仁

    成形加工シンポジア'10  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2010.11.12 - 2010.11.13   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法を用いた繊維強化プラスチックの性能評価

    島田康平

    成形加工シンポジア'10  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2010.11.12 - 2010.11.13   Language:Japanese  

  • 数値解析を用いた射出成形金型の構造に関する基礎的研究

    是澤宏之

    型技術者会議2010  型技術協会

     More details

    Event date: 2010.06.15 - 2010.06.16   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法を用いたポリプロピレン成形品の配向観察

    権藤聖仁

    第21回プラスチック成形加工学会年次大会  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2010.06.01 - 2010.06.02   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法に関する研究,可視化金型による型内流動の観察

    森直樹

    第21回プラスチック成形加工学会年次大会  プラスチック成形加工学会

     More details

    Event date: 2010.06.01 - 2010.06.02   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピングによる配線回路付きプラスチック成形品の作製-FDMと導電性インクによる樹脂造形物への立体配線形成-

    菊池理志

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 制振合金を用いた長工具長エンドミルの開発

    大西弘晃

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 多数個取りダイカスト金型における数値解析を用いた湯道設計手法に関する研究

    古谷紀宗

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 金属光造形金型への異種材料のプラズマ溶接に関する研究

    池内孝弘

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工法による金属光造形金型の表面処理技術に関する基礎的研究

    椋野雅人

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 通気性能を有する金属光造形金型における通気度モデルの実験的導出と評価

    藤原伸幸

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法におけるレーザ光走査経路の生成プログラムの開発

    平田渉

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 金属光造形金型におけるそり変形の解析に関する基礎的研究

    黒木洋介

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • FDM装置のノズル機構に関する基礎的研究-ノズル機構の設計及び評価-

    加藤翔太

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを用いた切削工具に関する研究

    吉田寛章

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 数値解析による射出成形金型の構造的剛性に関する研究

    塚辺直貴

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • FDMに用いる導電性材料の作製

    浦川裕貴

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法に関する研究-可視化金型による型内流動の観察-

    高辻怜

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法を用いたポリプロピレン成形品の配向観察

    権藤聖仁

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 鉄系材料を対象とした二段すくい角工具の切削性に関する研究(SWC切削法応用エンドミル工具の開発)

    伊藤悠太

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  精密工学会

     More details

    Event date: 2010.03.16 - 2010.03.18   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法におけるレーザ光走査経路の制御に関する研究

    平田渉

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集   精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 通気性を有する金属光造形金型の基礎的研究?通気構造における通気度の導入と評価?

    藤原伸幸

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 金属光造形金型への異種材料の接合に関する基礎的研究

    池内孝弘

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 金属光造形金型におけるそり変形の解析に関する基礎的研究?第3報 焼結過程でのパラメータの違いが温度変化に及ぼす影響?

    黒木洋介

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • FDMに基づくMID成形の検討?導電性材料の作製及び評価?

    浦川裕貴

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 導電性材料による配線回路付きプラスチック成形品の作製に関する研究

    菊池理志

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • FDM装置のノズル機構に関する基礎的研究?ノズル機構の機能評価及び初期献上の検討?

    加藤翔太

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形法における型内流動に関する研究

    権藤聖仁

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 数値解析を用いた多数個取りダイカストの湯道形状に関する研究

    古谷紀宗

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御成形品の物性について

    権藤聖仁

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 構造解析による射出成形金型の変形挙動に関する研究

    塚辺直貴

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工法による金型の表面処理技術に関する基礎的研究

    椋野雅人

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 制振合金を用いた高性能エンドミルの開発?チップホルダへの制振合金の活用?

    大西弘晃

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを用いた切削工具の開発?高回転粋における切削特性?

    吉田寛章

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • 二段すくい角を有するエンドミル工具の開発

    伊藤悠太

    2009年度精密工学会九州支部佐賀地方講演会講演論文集  精密工学会九州支部

     More details

    Event date: 2009.12.12   Language:Japanese  

  • インクジェット法による高粘度材料利用に関する基礎的研究

    下池賢二

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 樹脂流動制御が射出成形品に及ぼす機械的物性の変化

    高辻怜

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムの鉄系材料に対する切削特性

    吉田寛章

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 高減衰材料を用いた高性能エンドミルの開発

    大西弘晃

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 射出成形金型におけるエジェクタピンの配置に関する研究?数値解析を用いたエジェクタピンの自動配置の検討?

    橋本匠平

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 数値解析を用いた多数個取りダイカストの湯道設計手法に関する研究

    古谷紀宗

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 温度と変形を考慮したブロック積層金型冷却構造の自動設計

    梁建国

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 通気性を有する金属光造形金型の基礎的研究?第9報 垂直格子状構造が射出成形に与える影響の調査?

    藤原伸幸

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 金属光造形金型における通気構造の造形手法が射出成形の不良低減へ及ぼす効果

    津田利尚

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 金属光造形金型におけるそり変形の解析に関する基礎的研究?第2報 パラメータの変化が温度変化に及ぼす影響?

    黒木洋介

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工法が通気構造を有する金属光造形金型に及ぼす影

    椋野雅人

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピングによる配線回路形成の検討?導電性インク焼成条件の評価・検討?

    菊池理志

    2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集  精密工学会

     More details

    Event date: 2009.03.11 - 2009.03.13   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型におけるCAE解析結果を用いた湯口方案設計に関する研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 機能性材料を用いた熱溶解積層法に関する基礎的研究(第2報)

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 射出成形時に金型分割面で発生するバリの評価指標の検討

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 光造形法の液面形状測定法の研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを用いたエンドミルの開発

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 通気性を有する金属光造形金型の基礎的研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 遺伝的アルゴリズムに基づくブロック積層金型冷却構造の最適化

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 数値解析による偏肉成形品における流動性検討

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 鍛造工程設計における品質工学とCAEの適用

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • CAEを用いたダイカスト金型における湯道形状が溶湯流動状態に及ぼす影響に関する研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 離型抵抗の低減を実現する通気性構造を有する金属光造形金型に関する研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • コランダム工具を用いたヘール加工の研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 粉末焼結材を用いた内部構造に関する研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 捻り超音波加振ヘール加工法に関する研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • MID形成を目的とした熱溶解積層法に関する基礎的研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法による部品の表面粗さ向上に関する研究

    2007年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.20 - 2007.03.22   Language:Japanese  

  • 品質工学とCAEを用いた鍛造工程設計

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • コアの変形を考慮したブロック積層金型冷却構造の自動配置

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 通気性構造を有する金属光造形金型の造形構造の異方性が通気性に及ぼす影響

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型における数値解析を用いた湯道設計手法に関する研究

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを用いたエンドミルの開発

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 射出成形金型におけるエジェクタピンの配置に関する研究

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • インクジェットノズルヘッド開発に関する基礎的研究

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 通気性を有する金属光造形金型の基礎的研究

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダム工具を用いたヘール加工の研究

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 数値解析に基づいた偏肉成形品の成形性に関する研究

    2008年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2007.03.17 - 2007.03.19   Language:Japanese  

  • 通気性を有する金属光造形金型の基礎的研究(第1 報レーザ走査経路に基づく通気性構造の設計と評価)

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法の加工面精度に与える金属粉末の影響とその対策

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 鍛造工程設計における品質工学の適用

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型におけるCAE を用いた湯道設計に関する研究

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 射出成形時に発生するバリの評価指標の検討

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法を用いた金型内部の最適構造に関する研究

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • , "単結晶コランダムを用いた回転工具の切削特性

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • MID 形成を目的とした熱溶解積層法に関する基礎的研究

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 数値解析を用いた偏肉成形品における流動性検討

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • インクジェット法を用いた導電性材料の噴射に関する研究

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 単結晶コランダムを用いたヘール加工の研究

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 捻り超音波加振ヘール加工法に関する研究‐水中での切りくず処理に関して‐

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • 通気性を有する金属光造形金型の基礎的研究(第2 報射出成形品への影響)

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型におけるCAE 解析結果を用いた湯溜方案設計に関する研究

    2006年度精密工学会九州支部学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.12.03   Language:Japanese  

  • インクジェット法を用いた液滴制御による平面度向上に関する検討

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 射出成形機の構造体が与えるバリの発生に関する基礎的研究

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 絞り成形加工における工程設計システムの開発

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • A Study on the Effect of Operating Parameters on a Single Nozzle Piezoelectric Inkjet Device

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:English  

  • 鍛造工程設計におけるCAEの適用

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 金属光造形物における機械強度に関する研究

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法に特有の加工環境が工具摩耗に及ぼす影響

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 成形不良の低減を実現する通気構造を有する金属光造形金型に関する研究

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 構造最適化手法の適用による金属粉末焼結体の内部構造に関する研究

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 捻り超音波加振ヘール加工法に関する研究

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • CAEを用いたダイカスト金型における湯口方案と流動性に関する研究

    2006年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2006.03.15 - 2006.03.17   Language:Japanese  

  • 鍛造工程設計におけるCAEの適用

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 金属光造形物における剛性評価に関する研究

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法における造形物内部の最適構造に関する研究

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 通気性構造を有する金属光造形金型を用いた射出成形の成形不良の低減

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • ダイヤモンド工具を用いた石英のへール加工における工具磨耗の影響

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • インクジェット法による複数材料を用いたラピッドプロトタイピングに関する研究

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 射出成形時に金型分割面に発生する間隙に関する研究

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 電子ビーム加工法を用いた金属光造形金型の表面品質の向上

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 捻り超音波加振を用いたへール加工における石英の加工特性

    2005年度精密工学会九州支部鹿児島地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.11.12   Language:Japanese  

  • 金属光造形複合加工法を利用したエアベント金型の研究 ―(第1報)通気性構造を有する金型の基礎的実験―

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 粉末焼結積層造形法を用いた金型製作に関する研究 ―第1報 造形条件と物性値に関する基礎的研究―

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型におけるゲート方案に関する研究

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 金属粉末積層造形法における異なるレーザー光照射パターンによる焼結時の温度測定

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • Deposition of High Aspect Ratio Silver Conductive Ink for Stereolithigraphy SFF Fabrication

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:English  

  • 超音波振動切削法による鉄系材料の微細加工

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 積層造形法を用いた多自由度駆動するステッピングモータの駆動に関する磁場解析 ―ロータ,ステータの極配置に関する検討―

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 射出成形過程中のバリの低減を可能とする成形条件の検討

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 金属粉末積層造形法におけるそりに関する基礎的研究 ―第2報 内部構造の違いによる変形の測定―

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 射出成形金型の冷却性能に関する研究

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 捻り超音波振動切削による硬脆性材の加工

    2005年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2005.03.16 - 2005.03.18   Language:Japanese  

  • 積層造形法を用いた多自由度モータの駆動に関する基礎的研究‐モータの駆動に関する磁場解析‐

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型におけるゲート方案と成形性に関する研究

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • 射出成形金型の成形不良の低減に関する研究

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • 射出成形金型の冷却管構造による冷却効果に関する研究

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • 金属粉末積層造形法のレーザ照射による焼結材への影響に関する研究

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • ヘール加工技術における超音波加振の適用

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • 金属粉末積層造形法におけるそりに関する基礎的研究(第1報)‐造形条件による粉末焼結材の物性に及ぼす影響-

    2004年度精密工学会九州支部宮崎講演会 

     More details

    Event date: 2004.12.02   Language:Japanese  

  • Integration of Silver Nanoparticle Inkjet Printing and Layered Manufacturing Technology

    Proc. of the 7th International Conference Quality in Research(QIR) 2004 

     More details

    Event date: 2004.08.04 - 2004.08.05   Language:English  

  • 金型仕上げ加工工程における多軸ヘール加工技術の適用

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 光造形法の液面形状測定法の研究―算出アルゴリズムによる精度向上の検討―

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 円筒形状金属におけるヘール加工法の適用

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 触覚センサを用いた摩擦力検出による把持制御に関する研究

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の磁場解析 (第4報)

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 金属積層材料における加工特性

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 粉末焼結積層造形法の材料の結合力の評価に関する基礎的研究

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • SLSによる金型の熱特性に関する基礎的研究

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型における金型設計の自動化に関する研究―ダイカスト金型における設計基準の解析的検証―

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 積層造形法を用いた多自由度駆動モータの試作と基礎特性(第2報)

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • SLSによる曲がり冷却管を備えた金型の冷却効果に関する研究

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • CAEを用いた異形多数個取り金型の設計―デジタルモールドを用いた検証と品質工学による成形性評価―

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • Electronic Circuit Fabrication Using Inkjet Printed of Silver Nanoparticles For SFF

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:English  

  • 金型分割面先端に発生するバリの低減に関する研究

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • 積層造形法に基づく磁性体混合材料を用いた造形物に関する磁化特性

    2004年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2004.03.16 - 2004.03.18   Language:Japanese  

  • SLSを用いた金型の冷却管配置に関する研究

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 鋼材仕上げ加工におけるヘール加工技術の適用

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • ダイカスト金型におけるゲート形状と流動性の検討

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の磁場解析(第3報)

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピングシステムのキャリブレーションに関する研究 第3報

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • SLS材料における加工特性

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • ブロック積層に基づく射出成形金型の冷却効果に関する検討

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 同時5軸工作機械におけるXYZ軸空間内の切削経路の精度計測

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 光造形法を用いた多自由度モータ用ステータの試作と基礎特性

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • A Study on Direct Writing of Conductive Ink on SLA Parts Using Ink Jet Printing technology

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 射出成形金型の冷却過程に関する基礎的実験

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 射出成形時に金型分割面に発生するバリに関する基礎的実験

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • ヘール加工法における円筒形状金属の加工

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • SLS金型における表面温度制御を目的とした熱応答性実験

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 光造形法の液面形状測定法における液面算出アルゴリズムの性能比較

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の成形に関する研究(第3報)-磁性材料を混合した観光性樹脂の残留磁束密度変化に関する基礎特性-

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 加工シミュレーションに基づくCAMシステムの高精度化-第3報シミュレーション精度の向上-

    2003年度精密工学会九州支部大分地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.11.15   Language:Japanese  

  • 粉末焼結型積層造形法における微細穴の成形条件

    2003年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.09.06   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピング研究・教育への品質工学の適用と課題

    第11回品質工学研究発表大会論文集 

     More details

    Event date: 2003.06.12 - 2003.06.13   Language:Japanese  

  • 逐次評価による工具経路の自動生成に関する研究

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • SLSによる金型冷却管のソリッドデータ生成に関する研究

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 高熱伝導材を用いた射出成形金型による成形性の検証

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 逐次評価による工具経路の自動生成に関する研究

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の成形に関する研究(第2報)―磁性材料混入の感光性樹脂による成形体に関する基礎特性―

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • SLSにおける熱処理工程の基礎的研究  第2報

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピングシステムのキャリブレーションに関する研究(第2報)

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の磁場解析 (第2報)

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • SLSによる金型冷却管のソリッドデータ生成に関する研究

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 6軸ヘール加工システムによる金属仕上げ加工技術の開発

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • SLSにおける熱処理工程の基礎的研究 第2報

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 間隙の低減を実現する金型分割面形状に関する研究

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピングシステムのキャリブレーションに関する研究(第2報)

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 6軸ヘール加工システムによる金属仕上げ加工技術の開発

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 高熱伝導材を用いた射出成形金型による成形性の検証

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の成形に関する研究(第2報)―磁性材料混入の感光性樹脂による成形体に関する基礎特性―

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の磁場解析 (第2報)

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • 間隙の低減を実現する金型分割面形状に関する研究

    2003年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2003.03.26 - 2003.03.28   Language:Japanese  

  • Analysis of injection mold by Selective Laser Sintering using quality engineering

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • SLS法によるグリーンパーツ時の微細穴成形条件

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • SLSにおける熱的処理工程の基礎的研究

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • 光造形法のための樹脂液面上凹凸計測の研究-光学系の3次元的配置を考慮したことによる計測精度向上の検討-

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • ラピッドプロトタイピングシステムのキャリブレーションに関する研究

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • SLSによる金型冷却管のソリッドデータの検証と修正に関する研究

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • Cu-Be合金の入れ子を用いた射出成形金型における異なる冷却条件による成形性の検証

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • バリを低減する金型分割面形状の検討

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • 切削力の評価に基づく工具経路生成に関する研究

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の成形に関する研究-光硬化性樹脂と磁性材料を用いた複合材料の強度変化に関する基礎特性

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • 光造形法に基づく複合材料の磁場解析

    2002年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.10.01 - 2002.10.05   Language:Japanese  

  • Parts Design and Manufacturing Process Support System Based on Stereolithography Manufacturing Knowledge Database

    Proc. of THE THIRTEENTH SOLID FREEFORM FABRICATION SYMPOSIUM 

     More details

    Event date: 2002.08.05 - 2002.08.07   Language:English  

  • Design of Thermal Environment in Plastic Injection Mold Based on Evaluation of Resin Cooling Uniformity

    Proc. of THE THIRTEENTH SOLID FREEFORM FABRICATION SYMPOSIUM 

     More details

    Event date: 2002.08.05 - 2002.08.07   Language:English  

  • 九州工業大学情報工学部における品質工学教育

    本人

    第10回品質工学研究発表大会論文集 

     More details

    Event date: 2002.06.12 - 2002.06.13   Language:Japanese  

  • 長方形形状の高熱伝導材を用いた射出成形金型における冷却均一性の検証実験

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 射出成形品のバリに関する基礎的実験

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 光造形法のための樹脂液面上凹凸計測の研究

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 射出成形品のバリに関する基礎的実験

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • Reduction of Flashing in Injection Molding by Optimization of Parting Line Shape

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 光造形法のための樹脂液面上凹凸計測の研究

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 長方形形状の高熱伝導材を用いた射出成形金型における冷却均一性の検証実験

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 金型分割面先端に発生する間隙を低減する金型分割面の自動生成

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 工具に作用する切削力の評価に基づく工具経路の自動生成

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • Analysis of thermal behavior of metal parts produced by Selective Laser Sintering(SLS)

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 知識データベースに基づいた製造性評価の手法に関する研究-光造形法の適用-

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 粉末焼結積層造形法の材料劣化の推定に関する基礎研究

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • Analysis of thermal behavior of metal parts produced by Selective Laser Sintering(SLS)

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:English  

  • 粉末焼結積層造形法の材料劣化の推定に関する基礎研究

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 工具に作用する切削力の評価に基づく工具経路の自動生成

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 知識データベースに基づいた製造性評価の手法に関する研究-光造形法の適用-

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 金型分割面先端に発生する間隙を低減する金型分割面の自動生成

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • Reduction of Flashing in Injection Molding by Optimization of Parting Line Shape

    2002年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 2002.03.28 - 2002.03.30   Language:Japanese  

  • 光造形法のための樹脂液面上凹凸検出の研究-画素間データ補間処理による検出精度向上の検討

    2001年度精密工学会九州支部長崎地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:Japanese  

  • 高熱伝導材を用いた射出成形金型による成形品の変形に与える影響

    2001年度精密工学会九州支部長崎地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:Japanese  

  • 光造形法の知識データベースに基づいた製造性評価の手法に関する研究-データベースとの照合-

    2001年度精密工学会九州支部長崎地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:Japanese  

  • Study on the Development of injection molding using SLS

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:English  

  • Evaluation of Mold Stiffness in Respect of Mold Injection Defects by Modeling of Parting Line Shape Design

    2001年度精密工学会九州支部長崎地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:Japanese  

  • バリの低減を可能とする金型分割面による成形品の変形に与える影響

    2001年度精密工学会九州支部長崎地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:Japanese  

  • 工具に作用する切削力の評価に基づく工具経路の自動生成

    2001年度精密工学会九州支部長崎地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 2001.11.03   Language:Japanese  

  • 光造形法における定義面に忠実な立体生成処理の高速化

    2001年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2001.03.28 - 2001.03.30   Language:Japanese  

  • 樹脂型耐久性向上に関する研究-温度勾配を与えた冷却課程の評価-

    2001年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2001.03.28 - 2001.03.30   Language:Japanese  

  • 射出成形金型における冷却回路の自動設計の検討-直管を組み合わせた冷却回路の自動配置-

    2001年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2001.03.28 - 2001.03.30   Language:Japanese  

  • Optimization of Parting Line Rendering Reduction of Mold Flashing Defect at Parting Line Edge in Plastic Injection Molding by Response Surface Methodology

    2001年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2001.03.28 - 2001.03.30   Language:Japanese  

  • 品質工学に基づいた光造形法の厚さ制御に関する研究

    2001年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2001.03.28 - 2001.03.30   Language:Japanese  

  • 不均一な厚みを持つ成形品における射出生成金型の冷却

    2001年度精密工学会春季大会学術講演会 

     More details

    Event date: 2001.03.28 - 2001.03.30   Language:Japanese  

  • 段差低減造形法におけるモデル表面の傾斜角に応じた領域分割アルゴリズム

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • 樹脂型耐久性向上に関する研究-樹脂型耐久性に影響を与える要因の検討-

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • 光造形法の知識データベースに基づいた製造製評価の簡易表示の手法に関する研究

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • ヘール加工に基づく仕上げ加工技術の開発

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • プラスチック射出成形金型における熱環境の評価

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • 光造形法の寸法安定化に関する研究

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • 射出成形金型における冷却回路の自動配置-直線的な冷却管を組み合わせた場合-

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • 金型分割面先端のバリの発生を低減する金型分割面形状の検討

    2000年度精密工学会中国四国支部・九州支部共催学術講演会 

     More details

    Event date: 2000.11.11   Language:Japanese  

  • Boundary-Map方式を用いた形状補間 によるリアルタイムCAMに関する研究(第3報)-形状補間への加減速処理の適用-

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • 樹脂型の耐久性向上に関する研究-冷却過 程を考慮した型へのストレスの評価-

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • 光造形法を用いた成形品の寸法安定性に関する研究

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • 任意の成形品形状をもつ射出成形品金型にお けるCu-Be合金の自動配置

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • 直線的な冷却管の組合せによる冷却回路 の自動配置に関する研究

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • GAによる金型分割面形状の自動生成

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • 射出成形金型におけるエジェクターピンの 配置に関する研究

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • 次世代積層造形のための積層間情報のデータ構造と その生成アルゴリズム

    2000年度精密工学会春季大会 講演論文集 

     More details

    Event date: 2000.03.22 - 2000.03.24   Language:Japanese  

  • Cu-Be 合金による射出成形金型の冷却均一化

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • GAによるバリを低減する金型分割面形状の自動生成

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • 冷却条件が樹脂型に与える影響 -樹脂型の耐久性向上に関する研究-

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • 直管の組み合わせによる冷却回路の自動配置

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • 光造形法における精度向上のための設定硬化厚さ実現に関する研究-品質工学を用いた造形品の再現性向上に関する検証-

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • 段差無し造形法における照射・造形プロセスのアルゴリズム

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • Boundary-Map方式を用いた形状補間によるリアルタイムCAMに関する研究-第二報 等高線、走査線工具経路の生成-

    1999年度精密工学会九州支部沖縄地方講演会 講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.12.04   Language:Japanese  

  • 光学的液面測定を用いた光造形法の精度向上に関する研究

    1998年度精密工学会九州支部・中国四国支部佐賀地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.11.07   Language:Japanese  

  • 金型分割面のバリの発生を低減する金型分割面形状の自動生成

    1998年度精密工学会九州支部・中国四国支部佐賀地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.11.07   Language:Japanese  

  • 高精度曲面加工のための多軸加工用CAMの開発

    1998年度精密工学会九州支部・中国四国支部佐賀地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.11.07   Language:Japanese  

  • Boundary-Map モデラを用いた高能率荒加工用工具経路生成に関する研究

    1998年度精密工学会九州支部・中国四国支部佐賀地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.11.07   Language:Japanese  

  • 光造形法による複合立体模型の面精度向上に関する研究-表面張力理論に基づく段差なし造形条件-

    1998年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.09.23 - 1999.09.25   Language:Japanese  

  • エジェクターピンの配置が成形品に及ぼす影響

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • 光造形法における積層厚さの均一化に関する研究(第2報)-トラップドボリューム部が硬化形状へ及ぼす影響の評価-

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • 加工条件の自己組織化による多軸加工機械の工具姿勢決定

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • バリの発生を低減する金型分割面形状の自動生成

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • 射出冷却型における冷却管自動配置に関する研究-直線的な冷却管を組み合わせた場合-

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • Cu-Be 合金による射出成形金型の冷却に関する研究

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • Boundary-Map 方式を用いた形状補間によるリアルタイム加工に関する研究(第1報)-形状補間の基本概念-

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     More details

    Event date: 1999.03.16 - 1999.03.18   Language:Japanese  

  • 射出成形金型におけるエジェクターピンの自動配置に関する研究

    1998年度精密工学会九州支部・中国四国支部佐賀地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 1998.11.07   Language:Japanese  

  • 高熱伝導材を用いた射出成形金型の冷却に関する研究-2次元非定常熱伝導における配置方法の検討-

    1998年度精密工学会九州支部・中国四国支部佐賀地方講演会講演論文集 

     More details

    Event date: 1998.11.07   Language:Japanese  

  • Development of New Layered Manufacturing Process to Improve Surface Roughness of Stereolithography Prototypes

    4th Japan-France Congress & 2nd Asia-Europe Congress on Mechatronics 

     More details

    Event date: 1998.10.06 - 1998.10.08   Language:English  

  • Analysis of Initial Strain of Cared Stereolithography Resin Produced by UV-Laser Beam Scanning

    Proc. of Radtech Asia'97(Yokohama) 

     More details

    Event date: 1997.11.04 - 1997.11.07   Language:English  

  • Reaction Heat Effect on Initial Linear Shrinkage of Stereolithography Resins

    Proc. of Solid Freeform Fabrication Symposium 1997. (Texas, USA) 

     More details

    Event date: 1997.08.11 - 1997.08.13   Language:English  

  • 積層造形法に基づく鋳造砂型の製造-CO<sub>2</sub>レーザによるシェル砂の硬化特性-

    第12回ラピッド・プロトタイピングシンポジウム(大阪) 

     More details

    Event date: 1997.04   Language:Japanese  

▼display all

Lectures

  • 金属AMによる高機能型製造のためのレーザ焼結プロセスの可視化

    公益財団法人 天田財団 助成研究成果発表会  2023.04  公益財団法人 天田財団

     More details

    Event date: 2023.04.19   Language:Japanese   Presentation type:Others   Venue:横浜  

  • パネルディスカッション「⾦属AMの課題についてディスカッション」

    「 量産に向けて進化する⾦属AM技術とその課題」第2回セミ ナー   2022.04  一般社団法人 日本3Dプリンティング産業技術協会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Panel discussion   Venue:東京(オンライン開催)  

  • AM(Additive Manufacturing)を通して考える 高付加価値製品へと導くための デザイン・設計・加工の役割

    日本機械学会RC288 高付加価値産業を創出する生産技術に関する研究分科会 第11回 研究分科会  2022.01  日本機械学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:東京(リモート開催)  

  • 金属AMの進化と課題

    「量産に向けて進化する金属AM技術とその課題」第1回セミナー  2022.01  一般社団法人 日本3Dプリンティング産業技術協会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:東京(リモート)  

  • 最近の3Dプリンター関連トピックスと楢原・是澤研究室の研究紹介

    2021年(令和3年)明専会神戸支部総会・交流会 オンライン会場  講演会  2021.11  明専会神戸支部

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture  

  • 3Dプリンタ技術とその活用(総論)

    第141回型技術セミナー 「3Dプリンタによるものづくりの可能性と課題」  2021.08  型技術協会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:オンライン講習会  

  • 金属Additive Manufacturingの基礎特性とこれからの課題

    公益社団法人精密工学会主催第411回講習会企画 「精密工学の重点課題と展望~ 精密工学会特別オンライン講習会~」  2020.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:精密工学会  

  • 部品・金型製造での金属AMの使い分けとこれからの課題

    第10回 AM (Additive Manufacturing) シンポジウム  2020.01 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:東京大学  

  • 金属Additive Manufacturingによる金型製造の課題と造形現象の可視化

    産業技術連携推進会議 計測分科会年会  2019.12 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市小倉区  

  • 金型製造のためのアディティブマニュファクチャリングの課題と造形プロセクの可視化

    ソディック株式会社 金属3Dプリンターによる成形活用セミナー  2019.09 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 先端金型センターにおける最先端金型加工技術開発への取り組み

    21世紀金型会  2019.06 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市戸畑区  

  • 金属3Dプリンティング技術の高度化と産業応用

    日本3Dプリンティング産業技術協会  2019.02 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都北区  

  • 3次元金属積層造形におけるレーザ焼結プロセスの可視化と高機能金型製造への応用

    公益財団法人 天田財団助成式典 招待講演会  2018.12 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:神奈川県伊勢原市  

  • スマートファクトリー実現に向けた先端金型センターの取り組み

    キューテックコラボ三木  2018.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州  

  • 技術開発におけるセンシングと評価技術の役割

    第2回センサシステム技術研究会講演会 第26回インスペクション技術研究会講演会「生産効率向上のために目指すべきは何か」  2018.09 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Invited lecture   Venue:鹿児島  

  • 金属積層造形でイノベーションを導くための技術開発の考え方

    あいち産業科学技術総合センター 技術講演会「革新的金型開発に向けた金属3Dプリンタ技術の進展」  2018.08  あいち産業科学技術総合センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:愛知  

  • AMを活用した金型関連技術の動向

    第8回AMシンポジウム  2018.01  東京大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京  

  • 金属3Dプリンターによる高機能金型製造技術に関する研究

    第2回精密工学会九州支部「企業見学会+研究紹介」  2017.11  精密工学会九州支部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡  

  • イノベーションを導くための付加加工を活用する技術開発の考え方

    京都府中小企業技術センター3D技術活用セミナー 平成29年度第2回3Dプリンターによる生産技術の革新  2017.11  京都府中小企業技術センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都  

  • 品質を作り込む技術開発の考え方と技術者育成の方法

    佐賀県工業技術センター 技術講演会  2017.09  佐賀県工業技術センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:佐賀  

  • NC加工の高精度化を目的としたびびりの予測

    第1回精密工学会九州支部「企業見学会+研究紹介」  2017.09  精密工学会九州支部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡  

  • 工程設計の立場からの付加加工の使い分け-直接製造と型製造-

    日本機械学会2017年度年次大会  2017.09  日本機械学会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:埼玉  

  • 金属光造形複合加工法による 金型製造

    OPIE’17 講演会 レーザー特別セミナー  2017.04  オプトロニクス社

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:横浜  

  • 金属光造形法による 金型製造とその展望

    粉体粉末冶金協会・粉末積層3D造形技術委員会・講演会  2017.03  粉体粉末冶金協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪  

  • 付加製造技術の現状と動向

    日本機械学会2016年度年次大会  2016.09  日本機械学会

     More details

    Presentation type:Keynote lecture   Venue:福岡  

  • デジタルものづくり研究と教育(先端金型センター概要)

    九州工業大学技術交流会(キューテックコラボ)第118回  2015.12  九州工業大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州  

  • 「ワーキンググループ創出ガイダンスと 九州工業大学の支援体制」~九州工業大学先端金型センターと“チタンF工房”の取組から~

    デジタルものづくり研究会~デジタルとデザイン連携のためのパートナーづくりを目指して~  2015.10  九州経済産業局、一般財団法人 地域産業活性化センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡  

  • 付加製造法による金型製造と課題

    (社)計測自動制御学会九州支部SICEフォーラム  2015.08  (社)計測自動制御学会九州支部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • チタンF工房との産学連携デジタル一貫もの作りの取り組み

    2015年版ものづくり白書説明会~デジタル化の進展と新たなものづくりコミュニティーの形成~  2015.08  九州経済産業局、一般財団法人 地域産業活性化センター

     More details

    Language:English   Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡  

  • 付加製造法を用いた金型製造と課題

    第213回電気加工研究会  2015.05 

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都  

  • 付加製造技術を用いた金型製造法

    プラスチック成形加工学会第145回講演会  2015.01 

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京  

  • 金属系AM装置の金型への応用と課題

    日本鋳造工学会第165回全国講演大会技術講習会  2014.10 

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州  

  • 金属積層造形の可能性と課題

    型技術協会第117回型技術セミナー  2014.10 

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京  

  • 3Dプリンターの最新技術動向と将来

    精密工学会北海道支部 技術講演会  2014.08 

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:札幌市  

  • 生産現場における3Dプリンタ活用の最新動向~主に金型や製品製造を中心とした技術トレンドと活用のポイント~

    第3回大分県デジタルものづくり推進セミナー  2014.02 

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:大分  

  • 樹脂系・金属系3Dプリンターの動向と活用事例

    平成25年度佐賀工業技術センター研究成果発表会  2013.10 

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:佐賀  

  • 初期設計段階における低環境負荷加工技術選択へのMTシステムの適用

    計装研究会 第378回例会  2013.07 

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州  

▼display all

Honors and Awards

  • 型技術協会 型技術論文賞

    一般社団法人 型技術協会   産業用3Dプリンタと電子ビーム表面処理によるモールドデポジット抑制とガス排出機構の研究   2018.06.18

    是澤 宏之、楢原 弘之

     More details

    Country:Japan

Grants-in-Aid for Scientific Research

  • マルチマテリアルに基づく積層造形法の立体成形制御に関する研究

    Grant number:16H04250  2016.04 - 2019.03   基盤研究(B)

  • 積層造形法に基づく機能性部品の異種材料密着性制御に関する研究

    Grant number:24560137  2012.04 - 2015.03   基盤研究(C)

  • ナノマテリアルを用いた機能性部品のラピッドプロトタイピングに関する研究

    Grant number:21560128  2009.04 - 2012.03   基盤研究(C)

  • MID成形のラピッドプロトタイピングに関する研究

    Grant number:19560118  2007.04 - 2009.03   基盤研究(C)

  • 光造形法を用いたマイクロモータの多極マグネット成形技術の開発

    Grant number:13555075  2001.04 - 2003.03   基盤研究(B)

  • 積層造形法に基づく迅速試作システムの精度管理に関する研究

    Grant number:11750101  1999.04 - 2001.03   奨励研究(A)

  • 積層厚さのクロ-ズドル-プ制御による光造形システムの高精度化

    Grant number:09750144  1997.04 - 1999.03   奨励研究(A)

  • 分散設計・製造環境対応のコンカレント試作マシンの開発に関する研究

    Grant number:08750128  1996.04 - 1997.03   奨励研究(A)

  • 光造形法の層別制御による精度改善と評価に関する研究

    Grant number:06750107  1994.04 - 1995.03   奨励研究(A)

  • セラミックス機能性部品の光造形法による創成加工に関する研究

    Grant number:05452131  1993.04 - 1995.03   一般研究(B)

  • 光造形法の高精度化を目的とした造形ひずみの解析と制御に関する研究

    Grant number:05750070  1993.04 - 1994.03   奨励研究(A)

  • メンタルモデルに基づく光造形用CAD編集システムの開発に関する研究

    Grant number:04750181  1992.04 - 1993.03   奨励研究(A)

  • 立体形状模型の光造形法の開発に関する研究

    Grant number:03555022  1991.04 - 1993.03   試験研究(B)

  • 不動点機構を有する5軸曲面仕上げ工具の適応制御加工に関する研究

    Grant number:03750079  1991.04 - 1992.03   奨励研究(A)

▼display all

Contracts

  • 新素材を使ったモータ鉄心の研究

    2022.03

     More details

    Grant type:Joint research

    新素材を使ったモータ鉄心の研究

Award for Educational Activities

  • 公益社団法人精密工学会 春季大会 ベストプレゼンテーション賞

    公益社団法人 精密工学会   ⾦属光造形法におけるメルトプール断⾯の硬化形状予測に関する研究   2022.06.14

  • 第14回学生金型グランプリ プラスチック用金型部門 銀賞

    日本金型工業会   2022.04.21

  • 第14回学生金型グランプリ プラスチック用金型部門 産業デザイン賞

    日本金型工業会   2022.04.21

  • 品質工学会 学生賞

    一般社団法人 品質工学会   3Dプリンタ試作品と射出成形部品におけるスナップフィットの機械的物性値関係性調査   2022.03.01

  • 第12回学生金型グランプリ プラスチック用金型部門 エコロジー賞

    日本金型工業会   2020.10.01

  • 第12回学生金型グランプリ プラスチック用金型部門 銀賞

    日本金型工業会   2020.10.01

  • 公益社団法人精密工学会 九州支部・中国四国支部共催2019年度佐世保地方講演会 ベストプレゼンテーション賞

    精密工学会九州支部   2019.12.14

  • 公益社団法人精密工学会 九州支部・中国四国支部共催第20回学生研究発表会 企業特別賞

    精密工学会九州支部   2019.12.14

▼display all

Social activity outside the university

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  九州国際大学付属高等学校  2023.11.22

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  山口県立岩国高等学校  2023.10.31

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  福岡県立三池高等学校  2023.10.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  福岡県立小倉西高等学校  2023.06.20

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  熊本県立鹿本高等学校  2022.10.19

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  関西大倉高等学校  2022.07.14

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界-身近な情報工学、医療・ロボット開発で活躍する先進機械&情報工学技術-

    Role(s):Lecturer

    九州工業大学  福岡県立山門高等学校  2021.07.27

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界 -身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2018.06.22

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    広島県立 海田高等学校

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界 -身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2017.11.17

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    岩国高等学校

  • 情報と機械が生み出す第4次産業革命の世界 -身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2017.08.23

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    小倉南高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2014.12.18

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    兵庫県立北須磨高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.12.25

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    宮崎県立宮崎南高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.11.20

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    山口県立豊浦高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.11.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    山口県立西京高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.10.25

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    山口県立下関西高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.10.18

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    熊本市立必由館高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.07.29

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    長崎県立諫早高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2013.06.12

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    福岡県立城南高等学校

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2012.11.21

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    山口県立豊浦高等学校 2年

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2012.10.22

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    山口県立宇部高等学校 2年

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2012.10.04

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    福岡県立稲築志耕館高等学校 1年

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2012.09.18

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    島根県立大社高等学校 2年

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2012.07.18

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    大分県立日田高等学校 2年

  • 機械情報工学って何?-身近な機械情報工学、医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術-

    2012.07.05

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    愛媛県立松山中央高等学校 2年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2011.10.21

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    福岡県立東筑高等学校 1年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2011.10.07

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    福岡県立八幡中央高等学校 1~2年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2010.12.17

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    西海学園高等学校 2年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2010.12.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    熊本県立大津高等学校 2年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2010.10.29

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    山口県立下関西高等学校 2年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2010.08.26

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    大分県立大分西高等学校 2年

  • 機械情報工学って何? -身近な機械情報工学,医療・ロボット開発で活躍する情報工学技術 -

    2010.08.24

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    福岡県立門司学園高等学校 2年

▼display all