2022/08/03 更新

ナガヤマ カツヤ
永山 勝也
NAGAYAMA Katsuya
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 1

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0948-29-7778
研究室FAX
0948-29-7751
外部リンク

研究キーワード

  • 数値解析

  • 粒子モデル

  • マイクロ流動

研究分野

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

取得学位

  • ドレクセル大学  -  博士(Ph.D.)   1996年10月

  • ドレクセル大学  -  Master of Engineering   1996年10月

  • 東京大学  -  修士(工学)   1988年03月

  • 東京大学  -  学士(工学)   1986年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     教授

  • 2016年01月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   機械情報工学研究系     教授

論文

  • Numerical Simulation of Skin Formation: Epidermal Stem Cells and Undulation of the Basal Layer 査読有り 国際誌

    Shu Ooba,Katsuya Nagayama

    Proceedings of The 11th TSME International Conference on Mechanical Engineering   7page   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   Ubon Ratchathani,   2020年12月01日  -  2020年12月04日

  • Numerical simulation of tooth extraction socket: alveolar bone regeneration 査読有り 国際誌

    Rintaro Furukawa, Katsuya Nagayama, Masato Matsuo

    Proceedings of The 11th TSME International Conference on Mechanical Engineering   6page   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   Ubon Ratchathani,   2020年12月01日  -  2020年12月04日

  • Numerical simulations of cancer treatment prediction: modeling the influence of immunity 査読有り 国際誌

    Yuka Ezaki, Katsuya Nagayama, Ichiro Miura

    Proceedings of The 11th TSME International Conference on Mechanical Engineering   6page   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   Ubon Ratchathani,   2020年12月01日  -  2020年12月04日

  • Numerical Simulation of Skin Formation: Modeling of Scale Peeling 査読有り

    Oba S., Nagayama K.

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   886 ( 1 )   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. Skin is formed by cell division, and the cells eventually mature into corneums and drop off. This process is known as turnover. With normal turnover, skin disease rarely occurs. However, the disturbance of turnover leads to skin inflammation and associated effects such as scale formation. The mechanisms that underpin scale formation are not fully understood. This study analyses the impact of scale formation in atopic dermatitis using a numerical simulation. The numerical simulation model of the skin was constructed by theoretically setting the main parameters i.e. transepidermal water loss (henceforth TEWL) of atopic dermatitis, thereby allowing the elucidation of the mechanism of scale formation. As a result, thick corneum and scale of atopic dermatitis were successfully modeled. In addition, the variation of desmosome distribution in stratum corneum was shown to be associated with scale formation.

    DOI: 10.1088/1757-899X/886/1/012019

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090271495&origin=inward

  • Time-lapse imaging of HeLa spheroids in soft agar culture provides virtual inner proliferative activity 査読有り

    Minamikawa-Tachino R., Ogura K., Ito A., Nagayama K.

    PLoS ONE   15 ( 4 )   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Minamikawa-Tachino et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Cancer is a complex disease caused by multiple types of interactions. To simplify and normalize the assessment of drug effects, spheroid microenvironments have been utilized. Research models that involve agent measurement with the examination of clonogenic survival by monitoring culture process with image analysis have been developed for spheroid-based screening. Meanwhile, computer simulations using various models have enabled better predictions for phenomena in cancer. However, user-based parameters that are specific to a researcher’s own experimental conditions must be inputted. In order to bridge the gap between experimental and simulated conditions, we have developed an in silico analysis method with virtual three-dimensional embodiment computed using the researcher’s own samples. The present work focused on HeLa spheroid growth in soft agar culture, with spheroids being modeled in silico based on time-lapse images capturing spheroid growth. The spheroids in silico were optimized by adjusting the growth curves to those obtained from time-lapse images of spheroids and were then assigned virtual inner proliferative activity by using generations assigned to each cellular particle. The ratio and distribution of the virtual inner proliferative activities were confirmed to be similar to the proliferation zone ratio and histochemical profiles of HeLa spheroids, which were also consistent with those identified in an earlier study. We validated that time-lapse images of HeLa spheroids provided virtual inner proliferative activity for spheroids in vitro. The present work has achieved the first step toward an in silico analysis method using computational simulation based on a researcher’s own samples, helping to bridge the gap between experiment and simulation.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0231774

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85083489853&origin=inward

  • Numerical Simulations of Skin Formation: Convergence of Moisture Transport and Stratum Corneum Thickness 査読有り 国際誌

    Kohei Shobuda, Katsuya Nagayama

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering ( IOP Publishing Ltd )   501 ( 1 )   6page   2019年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phuket   2018年12月11日  -  2018年12月14日

    As the epidermis adapts to different environments, desquamation of keratinocytes is affected by the water content in the epidermis. The thickness of the outermost layer of skin is determined by the interaction between exfoliation and moisture evaporation. The balance between these processes is the key to healthy skin, but has not been studied. The present study constructs a qualitative numerical model of stratum corneum thickness based on the interaction between exfoliation and evaporation processes.

    DOI: 10.1088/1757-899X/501/1/012032

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1757-899X/501/1/012032/pdf

  • Numerical Simulation of Skin Formation: The Relationship between Transepidermal Water Loss and Corneum Thickness 査読有り

    K. Nagayama, T. Kurihara

    Journal of Applied Mathematics and Physics   1757 - 1762   6   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   昆明   2018年08月21日  -  2018年08月23日

    Skin moisturizing has drawn attention in terms of beauty and anti-aging industries.
    However, it is difficult to observe the inside of the epidermis and the
    relationship between the epidermis and water content is not yet clear. Computational
    simulations can be useful in understanding such mechanisms of
    skin formation. A particle model was used to simulate three-dimensional skin
    turnover, and the results reproduced the epidermal skin turnover phenomenon.
    In this study, a diffusion model is introduced into this simulation model
    and a moisture diffusion analysis of the epidermis was performed. In particular,
    transepidermal water loss (TEWL) was modeled by considering diffusion
    and surface evaporation in the stratum corneum and other layers. The relationship
    between the moisture content and the keratin detachment was considered,
    and the exfoliation condition of keratin based on the moisture content
    was calculated in the model. As a result, it was possible to calculate the
    intraepidermal water content distribution in the skin using the particle model.
    It was also possible to reproduce phenomena such as keratin thickening
    due to increase of TEWL. This phenomenon is consistent with cases of dry
    skin. In the future, it will be necessary to introduce a change in TEWL according
    to the thickness of the stratum corneum and the diffusion coefficient.

    DOI: 10.4236/jamp.2018.68150

    Kyutacar

    その他リンク: https://file.scirp.org/pdf/JAMP_2018090414494814.pdf

  • Numerical simulation of the hair formation -modeling of hair cycle 査読有り 国際誌

    Kajihara N., Nagayama K.

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   297 ( 1 )   2018年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In the recent years, the fields of study of anti-aging, health and beauty, cosmetics, and hair diseases have attracted significant attention. In particular, human hair is considered to be an important aspect with regard to an attractive appearance. To this end, many workers have sought to understand the formation mechanism of the hair root. However, observing growth in the hair root is difficult, and a detailed mechanism of the process has not yet been elucidated. Hair repeats growth, retraction, and pause cycles (hair cycle) in a repetitive process. In the growth phase, hair is formed through processes of cell proliferation and differentiation (keratinization). During the retraction phase, hair growth stops, and during the resting period, hair fall occurs and new hair grows. This hair cycle is believed to affect the elongation rate, thickness, strength, and shape of hair. Therefore, in this study, we introduce a particle model as a new method to elucidate the unknown process of hair formation, and to model the hair formation process accompanying the proliferation and differentiation of the hair root cells in all three dimensions. In addition, to the growth period, the retraction and the resting periods are introduced to realize the hair cycle using this model.

    DOI: 10.1088/1757-899X/297/1/012022

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046275377&origin=inward

  • Numerical modelling of the influence of stromal cells on tumor growth and angiogenesis 査読有り

    Sakiyama N., Nagayama K.

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   297 ( 1 )   2018年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. According to the statistics provided by the Ministry of Health, Labor and Welfare the death of one in 3.5 Japanese people is attributed to tumor highlighting the need for active research on malignant tumors. Early detection can be cited as a countermeasure against malignant tumors, but it is often difficult to observe the growth process, and thorough understanding of the phenomena will aid in more efficient detection of such tumors. A malnourished benign tumor may create new blood vessels from existing ones and proliferate abnormally by absorbing nutrients from these newly created blood vessels to become malignant. Different factors influence the shape of tumors and shape is an important factor in evaluating their malignancy. Because interstitial cells greatly influence tumor growth, investigating the influence of stromal cells on tumor growth will help in developing a better understanding of the phenomenon.

    DOI: 10.1088/1757-899X/297/1/012021

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046250686&origin=inward

  • Particle simulation on skin formation - melanin transportation and formation of freckles 査読有り

    Y. Fukuda, K. Nagayama

    Proceedings of The 8th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME004 )   8page   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   バンコク   2017年12月12日  -  2017年12月15日

    Freckles appear on people owing to ultraviolet radiation and, as such, affect their
    appearance. The epidermis is the outermost layer of a human’s skin, and epidermal conditions
    can be diagnosed from it in order to provide appropriate care. Recently, those interested in antiaging
    treatments have been paying greater attention to the epidermal layer. The epidermis
    consists of four different layers. In particular, the basal layer, which is at the bottom of the
    epidermis, contains pigment cells called melanocytes. Melanocytes are associated with changes
    in flesh color including freckles: melanocytes become freckles when the epidermis is hit by
    ultraviolet rays. However, the interaction mechanisms between freckles and the basal layer
    have not yet been uncovered because it is difficult to directly observe the skin’s basal layer. In
    order to investigate long-term skin formation, we created a model that simulates actual skin.
    Our model can analyze the basic epidermis model while constructing a model of melanin. In
    order to test this, we set conditions for the rate at which the basal layer’s surface area increases
    and the rate at which its cells divide so as to simulate and show flesh color in aging and young
    epidermises. In the case of undulations in the structure of the basal layer, the rate at which the
    basal layer’s surface area increases was changed. As a result of this analysis, the characteristics
    of the changes in the color depth of flesh according to undulations in the structure of the basal
    layer were found.

  • Particle Simulation on Human Epidermal Aging- Effect of Basal Layer and Cell Division Rate - 査読有り

    T. Kurihara, K. Nagayama

    Proceedings of The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME002 )   5page   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   チェンマイ   2016年12月13日  -  2016年12月16日

    Wrinkles and freckles appear on people due to aging and, as such, affect their appearance. The epidermis is the outermost layer of a human’s skin, and epidermal conditions can be diagnosed from it in order to provide appropriate care. Recently, those interested in anti-aging treatments have paid greater attention to the aging of the epidermal layer. The epidermis consists of four different layers. In particular, the basal layer, which is at the bottom of epidermis, has an undulating structure. This undulation is associated with aging: undulations in the basal layer become flat when the epidermis ages. However, the mechanisms between the aging process and the basal layer have not yet been made clear because it is difficult to directly observe the skin’s basal layer. In order to investigate long-term skin formation, we created a model that simulates actual skin. Our model can analyze the epidermis while including undulations in the structure of the basal layer. In order to test this, we set conditions for the number of basal cells and the basal cell division rate so as to simulate aging and young epidermises. In the case of aging epidermises, the number of basal cells was fewer and the basal cell division rate was lower than for young skin. As a result of this analysis, the characteristics of aging skin were found.

    Kyutacar

  • Numerical Simulation of Alveolar Bone Regeneration and Angiogenesis - Trabecular Bone Formation 査読有り

    Y. Fukuda, Katsuya Nagayama, and Masato Matsuo

    Proceedings of The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME005 )   5page   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   チェンマイ   2016年12月13日  -  2016年12月16日

    Alveolar bone is the substance that supports teeth. Regeneration of alveolar bone after tooth extraction is
    known to be adaptive and requires Ca2+, which is secreted from local blood vessels. Thus, there is a strong relation
    between alveolar bone regeneration and both angiogenesis and Ca2+ secreted from blood vessels. In addition, bone
    formation is affected by the mechanical force around it and by shape remodeling by osteoblasts and osteoclasts.
    Therefore, in this study, an angiogenesis model, a Ca2+ transport model, a stress analysis model, and a reactiondiffusion
    model are constructed and calculated at the same time as a coupled analysis model of trabecular bone
    formation. Thus, our final bone regeneration model is constructed using the above factors and compared with data
    and images of the actual phenomena.

    Kyutacar

  • 3D Particle Simulation of Liver Cell Proliferation with Angiogenesis -Whole Hepatic Lobule Formation- 査読有り

    Shinya Ogawa, Katsuya Nagayama, Nana Shirakigawa, and Hiroyuki Ijima

    Proceedings of The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME002 )   4page   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   チェンマイ   2016年12月13日  -  2016年12月16日

    The liver is the organ primarily responsible for our metabolism and loss of its function generally results in death.
    Luckily, the liver has a high regenerative ability. However, the mechanism of its regeneration has not yet been
    clarified. This study therefore models liver regeneration via a numerical simulation. In addition, this simulation may
    aid other experiments in the field of regenerative medicine. As a first step, this study proposes an analytical model
    based on the particle method. The analysis object is a hepatic lobule. The purpose of this analysis is to elucidate the
    process, mechanism, and condition of cell growth on the micro-scale. Experiments using rats were conducted to
    obtain the parameters for the model, namely the diffusivity, oxygen concentration, and oxygen consumption rate of
    a cell. The most difficult to solve problem in liver cell proliferation technology is the restricted volume in which
    cells survive owing to oxygen supply problems. It is therefore necessary to extend the cell survival volume by
    angiogenesis. Here, results were generated using a model of angiogenesis in which blood vessels formed from the
    portal veins to a central vein, with repeated branching and connecting across the whole of the liver. In this way a
    hepatic lobule was filled with liver cells. Additionally, the analysis results yielded the rates of the cross sectional
    areas of the blood vessels. This research further aims to analyze the macro region by using analysis results obtained
    on the micro-scale. Applying the thresholds which is the most closed to the experimental value obtained from
    analysis results on the micro-scale to the macro region, it becomes available to curtail expenses and be kind to
    animals in the liver experiments.

    Kyutacar

  • Particle Simulation of Skin Basal Layer Formation 査読有り

    Katsuya Nagayama, Takeshi Kurihara, Yasuko Amano, Masanori Tanahashi

    Journal of Biosciences and Medicines   5   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    アメリカ   ロサンゼルス   2016年03月18日  -  2016年03月20日

    There has been increasing concern regarding the cosmetic aspects of skin in recent years. Compu-tational simulation can be useful in understanding the mechanism underlying skin formation. The bottom of the epidermis is called the basal layer and is very undulation. In this study, we focus on the basal layer formation. We created a particle model, which forms an undulation basal layer and regenerates the basal layer formation by numerical simulation. At first, two-dimensional basal layer formation without epidermal turnover was simulated. The results showed film shape changes and the stability, as a layer in the process of long-time with an increase and decrease of basal cells. Next, the model was applied to three-dimensional basal layer formation with epidermal turnover. As the structure of the basal layer was deformed, the upper structure of the epidermis comprising the cells divided from the basal layer also became irregular. The simulation results accurately represented and reproduced the three-dimensional basal layer formation and epidermis turnover process.

    Kyutacar

  • 2D Particle Simulation of Liver Cell Proliferation with Angiogenesis - Hepatic Lobule Formation 査読有り

    Katsuya Nagayama, Hiroto Tanaka, Yuki Oshiumi, Nana Shirakigawa, Hiroyuki Ijima

    Journal of Biosciences and Medicines   6   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    アメリカ   ロサンゼルス   2016年03月18日  -  2016年03月20日

    The liver has the ability to reform and regenerate in our body. However, the mechanisms of reformation or regeneration of the liver have not been elucidated. In this study, we propose an analysis model using a Particle Model to elucidate the mechanism of liver formation. The object of analysis is a hepatic lobule, which is the basic component of the liver. First, a 2-dimensional cell proliferation around one blood vessel was modeled. Second, angiogenesis was added and considered. And finally, the model was applied to the hepatic lobule and the 2D formation of the hepatic lobule was revealed. We used experimentally derived parameters such as diffusivity, oxygen concentration, and oxygen consumption of a cell. The model will be expected to facilitate in developing tissue-engineered liver using regenerative medicine technology.

    Kyutacar

  • Particle Simulation on Epidermal Skin Formation - Mechanism of Basal Layer Formation - 査読有り

    T. Kurihara, K. Nagayama

    Proceedings of The 6th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME009 )   4   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   ホアフィン   2015年12月16日  -  2015年12月18日

    Skin is the largest organ of the human body. The bottom of the epidermis is called the basal layer and is very uneven. However, the mechanism of uneven formation of the basal layer has not yet been elucidated. Computational simulation can be useful in further understanding the mechanisms of skin formation. We propose a particle model that can handle complex biological phenomena, including cell interactions and is a suitable method for the simulation of skin formation. In this study, we created a model similar to the actual skin using three-dimensional analysis and elucidated the formation mechanism of the basal layer. Particularly, each basal cell of this model is subjected to three patterns of cell division, which can simulate skin formation with an increase and decrease of basal cells and the consequent generation of upper cell layers. Therefore, we analyzed the association between these cell division patterns and the uneven formation of the cell layer.

    Kyutacar

  • 3D Particle Simulation of Liver Cell Proliferation with Angiogenesis - Partial Hepatic Lobule Formation- 査読有り

    H. Tanaka, K. Nagayama, N. Shirakigawa, H. Ijima

    Proceedings of The 6th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME005 )   4   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   ホアフィン   2015年12月16日  -  2015年12月18日

    Recently, the prevalence of viral hepatitis patients has been increasing. Therefore, the reconstruction of liver based on tissue engineering has attracted significant attention. However, the formation or regeneration mechanisms of the liver have not been elucidated; therefore, practical regenerative medicine technology based on tissue engineered liver has not been accomplished. In this study, we propose an analysis model using a Particle Model as the first step. The analysis object is a hepatic lobule. The purpose of this analysis is to elucidate the process of cell proliferation, mechanisms, and states at the micro scale. We used parameters which were obtained by experiments using rats relating to diffusivity, oxygen concentration, and oxygen consumption of a cell. Moreover, we used complex velocity potential of fluid dynamics and obtained a result corresponding to a real hepatic lobule, qualitatively.

    Kyutacar

  • Numerical Simulation of Alveolar Bone Regeneration and Angiogenesis - Building a Coupled Model – 査読有り

    A. Kitamoto, Katsuya Nagayama, Masato Matsuo

    Proceedings of The 6th TSME International Conference on Mechanical Engineering   ( BME007 )   5   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   ホアフィン   2015年12月16日  -  2015年12月18日

    Alveolar bone is the substance that supports teeth. Regeneration of alveolar bone after tooth extraction is known to be adaptively constructed with Ca2+consumption, which is secreted from the blood vessels. Thus, there is a strong relation between alveolar bone regeneration and angiogenesis and Ca2+ secreted from blood vessels. In addition, bone formation is affected by the mechanical force around it and shape remodeling by osteoblasts and osteoclasts. Therefore, in this study, an angiogenesis model, a Ca2+ transport model, stress analysis model, and reaction-diffusion model are constructed and calculated at the same time as the coupled analysis model of bone formation. Thus, the bone regeneration model is constructed using the above factors and compared with the data or images of the actual phenomena.

    Kyutacar

  • 3D Numerical Simulation of Epidermal Skin Turnover Process Using a Particle Model 査読有り

    Katsuya Nagayama, Takahiro Uehara, Yasuko Amano, Masanori Tanahashi

    Journal of Biosciences and Medicines   4   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    中国   蘇州   2015年03月18日  -  2015年03月20日

    Skin is the largest organ of the human body. In recent years, concern regarding the cosmetics area has increased, and research studies on anti-aging therapy or cosmetics have been rapidly con-ducted. Skin cells are not only changing its shape but also its physical properties during the epi-dermal skin turnover process. Computational simulation can be useful in further understanding the mechanisms of skin formation. We propose a particle model that can handle complex biological phenomena, including cell interactions and is a suitable method for simulating skin formation. The particle model was applied to simulate three-dimensional skin formation accompanied by proliferation and cornification of skin cells. The simulation results represented and reproduced the epidermal skin turnover phenomenon.

    DOI: 10.4236/jbm.2015.33007

    Kyutacar

    その他リンク: http://dx.doi.org/10.4236/jbm.2015.33007

  • 3D Numerical Simulation of Hair Formation Process Using a Particle Model 査読有り

    Katsuya Nagayama, Shogo Matsuoka, Naoko Morisaki, Hiroyuki Taguchi

    Open Journal of Regenerative Medicine   5page   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2015年02月06日  -  2015年02月06日

    DOI: 10.4236/ojrm.2015.41001

    Kyutacar

    その他リンク: http://www.scirp.org/Journal/PaperInformation.aspx?PaperID=53849

  • Quantification Method of Vascular Conditions by Capillaroscopy 査読有り

    Katsuya Nagayama, Ichiro Miura

    Advanced Biomedical Engineering   4   55 - 59   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2015年02月20日  -  2015年02月20日

    In this study, we proposed and examined the evaluation method for image processing of capillary vessels in the fingertips. Objectification of an image has many problems; especially, it is difficult to evaluate meandering of a blood vessel. Therefore we extracted the vessel shape from a clinical image, and simplified it to numeric data representing the characteristics of the shape. Using clinical illustration of the nailfold capillary, we investigated the characteristics of the nailfold capillary by feature point extraction techniques. We created a simplified program that automatically calculates the parameters of fingertip blood vessels from clinical images. This technique may be potentially useful to evaluate the status of capillaries after intake of supplements, by measuring the parameters of the microcapillary shape.

    DOI: 10.14326/abe.4.55

    Kyutacar

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/abe/4/0/4_4_55/_pdf

  • 毛細血管の画像解析による血管状態の評価(研究発表,第38回生命情報科学シンポジウム)

    永山 勝也, 三浦 一郎, 河越 景史

    国際生命情報科学会誌 ( 国際生命情報科学会 )   32 ( 2 )   199 - 204   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    指先血管の画像処理による評価法についての研究を行った.指先毛細血管の臨床画像を用いて,特徴点抽出により指先血管の輪郭の抽出を試みた.また,臨床画像より指先血管の状態について数値化を行い,自動的にパラメータを算出するプログラムを作成したことで処理の簡易化を実現した.さらに,画像処理により血管形状のパラメータを測定しその測定結果をサプリメントの性能評価に役立てることができた.

    DOI: 10.18936/islis.32.2_199

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009840856

  • Nailfold microcapillary findings reveal early stage of congestion of right ventricle of the heart.

    Miura Ichiro, Matsuo Masato, Konta Tsuyoshi, Nagayama Katsuya, Miyazaki Masami

    Microvascular Reviews and Communications ( 日本微小循環学会 )   7 ( 1 )   39a - 39a   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <b>Back groud and aims:</b> Nailfold capillaroscopy is usefull for determine the state of peripheral microvessels in various disease, especially rheumatic disease. While capillary loss is well known in essential hypertension as findings of the cardiovascular disease, clinical significance of horizontal capillaries is not well known. We have examined the relationship between serum concentration of brain natriuretic peptide (BNP) and horizontal vessels in nailfold capillary microscopy.<br><br><b>Method:</b> The study examined 78 patients 60 years of age or older. Serum BNP concentration was measured for all cases, and we examined the statistical significant difference of the cases with and without findings of transverse blood vessels by the nailfold capillary microscopy.<br><br><b>Result:</b> Serum BNP concentration increased in many cases with a horizontal vessels and significant difference was observed statistically. BNP concentration was enough to slightly more than normal values.<br><br><b>Discussion:</b> Using the nailfold capillary microscopy, deformation of the vessel in the vertical direction is most notable. On the other hand, the meaning of the transverse blood vessels has received less attention. Evaluated the observation of blood flow of many finger tips, it was considered that the blood flow in the horizontal direction is venous blood flow. We estimated that horizontal blood flow means the decrease of venous return, namely expresses the early state of congestion of the right ventricle of the heart. Since the BNP rise and this finding had a significant difference statistically, we considered nailfold microcapillary findings can reveal early stage of congestion of right ventricle of the heart.

    DOI: 10.14532/mvrc.7.39a

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130004678495

  • 304 肝臓再生の数値シミュレーション : ミクロ領域

    鴛海 祐希, 永山 勝也, 白木川 奈菜, 井嶋 博之

    日本機械学会九州支部講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2014 ( 0 )   _304 - 1_-_304-2_   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.1299/jsmekyushu.2014.67._304-1_

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009951229

  • 303 歯槽骨再生と血管新生の数値シミュレーション : ミクロ骨モデル

    木須 健太, 永山 勝也, 松尾 雅斗

    日本機械学会九州支部講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2014 ( 0 )   _303 - 1_-_303-2_   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    DOI: 10.1299/jsmekyushu.2014.67._303-1_

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009951228

  • Particle Simulation on alveolar bone regeneration and angiogenesis-Immature Bone Formation- 査読有り

    Katsuya NAGAYAMA, Kenta KISU, Masato MATSUO

    BMCE 2013   6page   2013年12月

  • Particle Simulation on alveolar bone regeneration and angiogenesis-Study on Stress Model- 査読有り

    Kenta KISU, Katsuya NAGAYAMA, Masato MATSUO

    CACM 2013   6page   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   海南島   2013年11月29日  -  2013年12月01日

  • An epidermal turnover model predicts uneven skin tone with aging 査読有り

    Yasuko Amano, T Uehara, M Tanahashi, K Nagayama

    ICBS(World congress on the International Society for Biophysics and Imaging of the Skin   40 - 40   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Denmark   Copenhagen   2012年11月28日  -  2012年11月30日

  • 3D numerical simulation of blood vessel network on angiogenesis in cancer using a particle model 査読有り

    Nagayama K., Tomita H., Miura I.

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   60   353 - 357   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Angiogenesis are usually observed in tumor growth. While the blood vessels supply nutrition to proliferate cancer cells, tumor cells activate blood vessels network forming simultaneously. Thus they grow by interacting each other. As imaging of tumor capillaries proliferation are difficult to observe, we investigate to clarify the phenomenon using numerical simulation. In our study, a three-dimensional particle model is introduced to simulate the growth of cancer cells and angiogenesis, and to analyze the relationship between them. The analysis confirmed the growth of the tumor vascular network formed with the growth of cancer cells. Adding the assumptions on the effect of the tumor internal pressure, our study showed that angiogenesis increase near the tumor surface and reduce in tumor center.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84863484968&origin=inward

  • 3D Particle Simulation on Cancer Growth and Angiogenesis: Using 2D Blood Vessel Image 査読有り

    Katsuya NAGAYAMA, Yuki OSHIUMI, Masayuki YUMITA

    Spring World Congress on Engineering and Technology (SCET2012)   352 - 355   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   西安   2012年05月26日  -  2012年05月29日

    DOI: 10.1109/SCET.2012.6342029

    Scopus

    その他リンク: http://ieeexplore.ieee.org/xpl/freeabs_all.jsp?arnumber=6342029&abstractAccess=no&userType=inst

  • 3D Numerical Analysis of Blood vessel Network on Angiogenesis in Cancer Using a Particle Model 査読有り

    Katsuya Nagayama,Hiroki TOMITA,Ichiro MIURA

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   60   353 - 357   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.11345/nctam.60.353

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130004463821

  • Particle simulation of slurry flow between a wafer and pad in CMP 査読有り

    Hiroki Sato, Kengo Matsuoka,Katsuya Nagayama

    Asian Symposium for Precision Engineering and Nanotechnology 2011   4page CD-ROM   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   香港   2011年11月16日  -  2011年11月18日

    その他リンク: http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F1-84628-559-3_47#page-1

  • THREE DIMENSIONAL PARTICLE SIMULATIONS ON THE DEFORMATION OF MICRO BLOOD VESSEL WITH RED BLOOD CELLS 査読有り

    Yusuke Tsuji,Katsuya NAGAYAMA, Ichiro MIURA

    WACBE (World Congress on Bioengineering) 2011   2page CD-ROM   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    台湾   台南   2011年08月18日  -  2011年08月21日

  • 3D Numerical Simulation of Blood Vessel Network Structure on Angiogenesis in Cancer 査読有り

    Hiroki TOMITA,Katsuya NAGAYAMA, Ichiro MIURA

    WACBE (World Congress on Bioengineering) 2011   2page CD-ROM   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    台湾   台南   2011年08月18日  -  2011年08月21日

  • 3D Numerical Simulation of Growing Cancer and Blood Vessel Network 査読有り

    K. Nagayama,H. Tomita

    Proceeding Int. Conf. on Bio-fabrication   ( A131 )   57 - 57   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Philadelphia   2010年10月04日  -  2010年10月06日

  • 3D Particle Simulation on Growing Cancer- Nutrition effect on Tumor Growth and Angiogenesis - 査読有り

    Katsuya Nagayama, Hiroki Tomita, Ichiro Miura

    Proceeding Int. Conf. on Bio-fabrication   86 - 86   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   富山   2011年10月06日  -  2011年10月08日

  • Numerical analysis on angiogenesis in cancer using a particle model 査読有り

    Nagayama K., Nitta J., Miura I.

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   58   321 - 324   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    There is a close relation between cancer growth and angiogenesis. While blood vessel supplies nutrition to help cancer cells increase, cancer cells attract growth of the blood vessel simultaneously. Thus they grow by interacting each other. A particle model was introduced to simulate and to clarify this relation. 2D model was developed and was applied to the blood vessel network of vasculogenesis in an egg comparing with experimental result and another simulation result. The model was extended to 3D model of cancer growth and angiogenesis. There blood vessel network growth, nutrition transportation, cancer cell movement and its increase were taken into consideration. Basic results that cancer grows as blood vessel network grows were obtained, and it means a first step model is established qualitatively.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77956751012&origin=inward

  • Numerical Analysis on Angiogenesis in Growing Cancer Using a Particle Model 査読有り

    K. Nagayama,H. Tomita,I. Miura

    WCB(World congress of Biomechanics) 2010, IFMBE Proceedings 31,www.springerlink.com   31   1491 - 1494   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   Singapore   2010年07月28日  -  2010年07月31日

    DOI: 10.1007/978-3-642-14515-5_380

    Scopus

  • 石英ガラス研磨におけるスラリー輸送解析 査読有り

    今城真,永山勝也,木村景一, 橋山雄一

    精密工学会誌   ( 904 )   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The analysis of slurry flow on quartz glass polishing 査読有り

    Imajo M., Nagayama K., Kimura K., Hashiyama Y.

    Seimitsu Kogaku Kaishi/Journal of the Japan Society for Precision Engineering   76 ( 4 )   458 - 462   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CMP (Chemical Mechanical Polishing) attracts attention as a technology polishing the glass base of the photo mask used for the liquid crystal products. The quartz glass is rubbed up by polishing pad that the chemical liquid slurry is soaked. The slurry has important roles on CMP because it promotes polishing and removing rubbish by flowing between the polishing pad and quartz glass. However, slurry flow can't be observed easily, numerical analysis is useful tool to clarify the slurry flow phenomenon. The lattice grooved pad is paid attention in this study as a basic grooved pad to make the slurry flow efficiency. None grooved pad and the lattice grooved pad are analyzed, and the feature of each pad is clarified. The analysis results show the slurry isn't replaced easily near the pad center under the square quartz glass on flat pad. On the other hand, it becomes easy for the slurry to be transported on lattice grooved pad by the grooves, and it flows to the whole uniformly. When this analysis results are compared with experimental results, they agree qualitatively. Therefore, to supply the slurry uniformly, and to polish efficiently, it has been understood that the lattice grooved pad is excellent.

    DOI: 10.2493/jjspe.76.458

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77955455283&origin=inward

  • 0208 指先微小血管の内部流動と変形の数値解析(OS1:微小循環系のバイオメカニクス)

    永山 勝也, 橋口 周平

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2009 ( 0 )   2010年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.1299/jsmebio.2009.22.17

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110008064398

  • Numerical simulations on the particle transport in slurry flowing on the CMP pad 査読有り

    Katsuya Nagayama,Makoto Imajo,Keiichi Kimura

    International Conference on Planarization/CMP Technology 2009   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    福岡   2009年11月19日  -  2009年11月19日

  • Numerical analysis on the particle transport in slurry flowing on the CMP pad 査読有り

    Makoto Imajo,Katsuya Nagayama,Keiichi Kimura

    Asian Symposium for Precision Engineering and Nanotechnology 2009   4 - 4   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    北九州   2009年11月10日  -  2009年11月10日

  • Particle Simulations on the Deformation of Capillary Blood Vessel 査読有り

    K. Nagayama,S. Hashiguchi

    WACBE (World Congress on Bioengineering) 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Chaina   Hong Kong   2009年07月25日  -  2009年07月28日

  • Numerical Analysis on Angiogenesis in Cancer Using a Particle Model 査読有り

    Katsuya Nagayama,Junya NITTA,Ichiro MIURA

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   58   321 - 324   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 2相流モデルを用いたCMPにおける回転パッド上のスラリー液膜流動数値解析 査読有り

    永山勝也,木村景一,酒井智美

    日本機械学会論文集(B編)   74 ( 747 )   2272 - 2278   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Particle Simulations of Blood Flow in Bent and Twisted Capillary Vessel with Red Blood Cells 査読有り

    K. Nagayama,K. Honda

    Proceedings of the TFEC   4 - 4   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Sapporo   2008年09月14日  -  2008年09月16日

  • Particle Simulations of the Deformation of Red Blood Cells in a Capillary Vessel 査読有り

    K. Nagayama,K. Honda

    Proceedings of the 12th Asian Congress of Fluid Mechanics   ( W1-B-1 )   4 - 4   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Daejeon   2008年08月18日  -  2008年08月21日

  • Numerical Analysis of a Slurry Flow on a Rotating CMP pad Using a Two Phase Flow Model 査読有り

    Katsuya Nagayama,Tomomi Sakai,Keiichi Kimura,Kazuhiro Tanaka

    International Journal of Precision Engineering and Manufacturing   9 ( 2 )   3 - 3   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Visualization of Flow and Vortex Structure around a Swimming Loach by Dynamic Stereoscopic PIV 査読有り

    Katsuya NAGAYAMA,Toshimasa TANAKA,Kazuhiro TANAKA,Hiroshi HAYAMI,Shinichiro ARAMAKI

    Experiments in Fluids   8 - 8   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • A Computational Study on Slurry Flow inside Polishing Pad grooves in CMP 査読有り

    Takuo Toyofuku,Katsuya Nagayama,Keiichi Kimura,Kazuhiro Tanaka

    Asian Symposium for Precision Engineering and Nanotechnology 2007   ( 67 )   3 - 3   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Korea   Guanju   2007年11月05日  -  2007年11月09日

  • Numerical analysis of slurry flow on rotating CMP pad using two phase flow model 査読有り

    Katsuya Nagayama,Tomomi Sakai,Keiichi Kimura,Kazuhiro Tanaka

    Asian Symposium for Precision Engineering and Nanotechnology 2007   ( 69 )   2 - 2   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Korea   Guanju   2007年11月05日  -  2007年11月09日

  • CMPにおけるウエハとパッドすきま内スラリー流れの数値解析 査読有り

    永山勝也,木村景一,森下浩文,田中和博 

    日本機械学会論文集(B編)   73 ( 733 )   1806 - 1812   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Application of particle simulation on blood flow in capillary bend tube 査読有り

    K. Nagayama,K. Honda

    XXth Congress of International Society of Biomechanics   ( 263 )   1 - 1   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Tapei   2007年07月01日  -  2007年07月05日

    主要論文集(会議)

  • 非定常運動翼後流の渦流れと非定常推進力 査読有り

    渕脇正樹,田中和博,永山勝也

    日本機械学会論文集(B編)   73 ( 728 )   14 - 21   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 2D-PIV Analysis of Loach Motion and Flow Field 査読有り

    Katsuya Nagayama,Kazuhiro Tanaka

    Journal of Visualization   9 ( 24 )   393 - 401   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • A lodestar on pad groove pattern design with slurry flow analysis and visualization experiments in CMP process 査読有り

    Keiichi Kimura,Katsuya Nagayama,Yosuke Inatsu,Panart Khajournrungruang

    2006 ICPT   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Foster City, CA   2006年10月12日  -  2006年10月13日

  • Stereoscopic PIV Application to Flow Field Analysis around a Swimming Loach 査読有り

    Katsuya Nagayama,Kazuhiro Tanaka,Hiroshi Hayami,Shinichiro Aramaki

    12th ISFV (International Symposium on Flow Visualization)   CD-ROM ( 12 )   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Gottingen   2006年09月10日  -  2006年09月14日

    主要論文集(会議)

  • A Computational Study on Slurry Flow between a Wafer and CMP Pad with Grooves 査読有り

    Katsuya Nagayama,Hirofumi Morishita,Keiichi Kimura,Kazuhiro Tanaka

    Towards Synthesis of Micro-/Nano-systems ICPE2006    ( 5 )   277 - 280   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Tokyo   2006年08月18日  -  2006年08月22日

    主要論文集(会議)

  • Particle Simulations of Blood flow in Vein with Many RBCs 査読有り

    永山 勝也

    International Proceedings by Medimondfrom World Congress of Biomechanics Munich Germany   557 - 562   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Munich   2006年07月31日  -  2006年08月04日

    主要論文集(会議)

  • Comparison of Vortex Structure of Swimming Loach and Leech 査読有り

    K. Nagayama,K. Tanaka

    The 3rd Int. Conf. of Vortex Flows and Vortex Models   CD-ROM ( D05 )   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Yokohama   2005年11月22日  -  2005年11月22日

  • 油圧配管における熱発生・熱移動解析と動特性解析の結合 査読有り

    富岡弘毅, 田中和博, 四元博章, 永山勝也

    日本フルードパワーシステム学会論文集   36 ( 6 )   23 - 28   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic Characteristics and Power Consumption on an Electro-Pneumatic Hybrid Positioning System 査読有り

    7.Hiroshi HIGO,Yasuo SAKURAI,Takeshi NAKADA,Kazuhiro TANAKA,Katsuya NAGAYAMA

    Proceedings of the 6th JFPS International Symposium on Fluid Power   363 - 368   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Tukuba   2005年11月  -  2005年11月

  • Dynamic Characteristics of a Spool Valve Coupled with Electromagnetic and Mechanical Effects 査読有り

    Atsushi YUGE、Koki TOMIOKA、Kazuhiro TANAKA、Katsuya NAGAYAMA、Kimishiro TOKUDA

    Proceedings of the 6th JFPS International Symposium on Fluid Power   340 - 345   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Tukuba   2005年11月  -  2005年11月

  • Prediction Method of Temperature Distribution in an Oil-Hydraulic System 査読有り

    Koki Tomioka、Kazuhiro Tanaka、Katsuya Nagayama、Kimishiro Tokuda

    Proc. of I3M (Int. Conf. on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation)   89 - 94   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Marseille   2005年10月  -  2005年10月

  • Simulation Model of Heat Generation and Transfer in Oil-Hydraulic System 査読有り

    5.Koki TOMIOKA,Kazuhiro TANAKA,Katsuya NAGAYAMA,Kimishiro TOKUDA

    Proceedings of the 6th JFPS International Symposium on Fluid Power   120 - 125   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Tukuba   2005年10月  -  2005年10月

  • PIV Analysis of the Body and Water Interactions of a Swimming Loach 査読有り

    K. Nagayama,K. Tanaka

    PIV05 Caltech, F11-2-145,CD-ROM   2005年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Pasadena   2005年09月22日  -  2005年09月22日

    主要論文集(会議)

  • Visualization of Vortices around a Moving Loach 査読有り

    K. Nagayama,K. Tanaka

    Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows, CD-ROM   ( 54 )   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Toba   2005年04月10日  -  2005年04月10日

  • Particle Dynamics Simulation- Modeling and Applidcation to MultiphaseFlow in a Cavity 査読有り

    Katusya NAGAYAMA,Kazuhiro TANAKA

    3rd Int. Symp. on Two-Phase Flow Modeling andExperimentation   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    イタリア   Pisa   2004年09月22日  -  2004年09月24日

  • Velocity Measurement of Gas/Liquid Interface Applied to PIV 査読有り

    F.Shimizu,K.Nagayama、K.Tanaka

    11 th Int. Symp. on Flow Visualization, CD-ROM   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   2004年08月  -  2004年08月

  • Analysis of Large-Scale Deformation of Gas/Liquid Interface Induced by a Siphon Phenomenon 査読有り

    F.Shimizu,K.Nagayama,K.Tanaka

    11 th Int. Symp. on Flow Visualization, CD-ROM, August, 2004   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   2004年08月  -  2004年08月

  • Analysis of Flow Field around a Moving Loach by PIV Method 査読有り

    K.Nagayama,K.Tanaka

    6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, CD-ROM 4 page   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Jeju   2004年03月20日  -  2004年03月23日

  • Ultra Low Loss (0.1484dB/km) Pure Silica Core Fibre

    K.Nagayama,M.Matsui,M kakui,T. Saitoh,K. Kawasaki,H. Takamizawa,Y. Ooga,I. Tsuchiya,and Y. Chigusa

    SEI Technical Review   163   10 - 13   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    代表的研究業績

  • Ultra Low Loss (0.1484dB/km) Pure Silica Core Fibre and Extension of Transmission Distance 査読有り

    K. Nagayama,M. Kakui,M. Matsui,T. Saitoh,Y. Chigusa

    Electronics letters   38 ( 20 )   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Ultra Low Nonlinearity Pure Silica Core Fiber with an Effective Area of 211 micro m2 and Transmission Loss of 0.159 dB/km 査読有り

    M. Tsukitani,M. Matsui,K. Nagayama,E. Sasaoka

    28th European Conference on Optical Communication   ( 3.2.2 )   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    デンマーク   2002年09月  -  2002年09月

  • Ultra Low Loss (0.151 dB/km) Fiber and its Impact on Submarine Transmission Systems 査読有り

    K.Nagayama,T. Saitoh,M. Kakui,K. Kawasaki,M. Matsui,H. Takamizawa,H. Miyaki,Y. Ooga,I. Tsuchiya,Y. Chigusa

    Opical Fiber Conference 2002   ( Post deadline FA10 )   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2002年03月  -  2002年03月

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Polarization Mode Dispersion Characteristics of Various High Performance Optical Fibers in Cables 査読有り

    H. Ishikawa,K. Nagayama,N. Akasaka,M. Kaino,M. Shimizu,S. Takaoka

    Proceedings of 50st Int. wire and cable symposium   119 - 125   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   2001年11月  -  2001年11月

  • Particle Simulation of CH4/H2 RF Glow Discharges for DLC Film Deposition. 査読有り

    Nagayama K,Farouk B.

    22nd Int. Symposium of Rarefied Gas Dynamics   2000年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Australia   Sydney   2000年08月  -  2000年08月

  • Particle simulation of Radio-Frequency Plasma Discharges of Methane for Carbon Film Deposition 査読有り

    Nagayama K,Farouk B,Lee H.Y.

    IEEE Transactions of Plasma Science   26 ( 2 )   125 - 134   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Particle simulation of CH4/H2 Radio-Frequency Glow Discharges for Diamond-Like Carbon Film Deposition 査読有り

    Nagayama K,Farouk B,Lee H.Y.

    JSME Centennial Grand Congress International Conference on Fluid Engineering   ( 308 )   1997年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1997年08月  -  1997年08月

  • Modeling of RF Plasma Discharges of CH4 for Carbon Film Deposition 査読有り

    Nagayama K,Farouk B,Lee H Y

    IEEE International Conference on Plasma Science   ( 3A05 )   183 - 183   1996年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   1996年06月  -  1996年06月

  • Neutral and charged particle simulation of a RF argon plasma 査読有り

    Nagayama K,Farouk B,Lee H Y

    Plasma Sources Sci, Technol.   5   685 - 695   1996年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Modeling of RF Plasma Discharges of Polyatomic Gases for Carbon Film Deposition 査読有り

    Nagayama K,Farouk B,Lee H Y

    12th Int. Symposium on Plasma Chemistry   4   2247 - 2253   1995年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   Minneapolis   1995年08月  -  1995年08月

  • 遠心羽根車に働くふれまわり流体力の実験的研究 査読有り

    大橋秀雄,桜井明,西浜二郎,永山勝也,松本洋一郎,野々下知康

    機械学会論文集(B編)   61 ( 591 )   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

▼全件表示

著書

  • 歯科臨床のためのオーラルバイオロジー 14章 コンピュータシミュレーションによる歯周組織の再生予測 「(共著)」

    永山勝也,松尾雅斗(共著 ,  範囲: 14章 コンピュータシミュレーションによる歯周組織の再生予測)

    医歯薬出版  2020年09月  ( ISBN:978-4-263-44605-8

     詳細を見る

    総ページ数:6   担当ページ:134-139   記述言語:日本語

  • Fluid Dynamics, Computational Modeling and Application

    Katsuya Nagayama,Keisuke Honda(共著 ,  範囲: 3D Particle Simulations of Deformation of Red Blood Cells in Micro-Capillary Vessel)

    INTECH  2012年02月  ( ISBN:978-9-5351-0052-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

    3D Particle Simulations of Deformation of Red Blood Cells in Micro-Capillary Vessel

口頭発表・ポスター発表等

  • 皮膚形成の数値シミュレーション~自由水と 皮膚の恒常性の関係~

    坂元亮太、永山勝也

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月08日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 皮膚ひび割れの数値シミュレーション-表皮亀裂の力学モデルの構築-

    福田 裕隆,永山 勝也

    機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月05日 - 2021年09月08日   記述言語:日本語  

  • Numerical simulation of alveolar bone regeneration-reproduction of the regeneration process in extraction sockets-

    古川麟太郎、永山勝也

    日本微小循環学会総会  日本微小循環学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月20日 - 2021年03月21日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • がん増殖の数値シミュレーション-免疫モデルと非対称モデルの組み込み-

    西朔也、永山勝也

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 培養過程のモニタリングはコロニー形成能に何を提供できるか?

    立野 玲子, 伊藤 文音, 永山 勝也, 小倉 潔

    日本バイオイメージング学会学術集会  日本バイオイメージング学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月20日 - 2020年11月21日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Virtual inner proliferative activity provided by time-lapse imaging of HeLa spheroids in soft agar.

    Minamikawa-tachino, R, Ogura, K. Nagayama K

    日本癌学会学術総会  日本癌学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月01日 - 2020年10月03日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 表皮ひび割れの数値シミュレーション-角質亀裂の力学モデルの構築-

    福田裕隆、永山勝也

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月06日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 歯槽骨再生の数値シミュレーション-抜歯窩の骨梁形成-

    古川麟太郎、永山勝也

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月06日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 腫瘍増殖と血管新生の数値シミュレーション—発生から成長まで—

    永山勝也、三浦一郎

    日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月26日   記述言語:日本語   開催地:京都国際会館  

  • かけ湯式足湯装置の開発-制作と癒やし効果調査

    小畑亮、永山勝也

    LIFE2020 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月12日 - 2019年09月14日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • 大口径の「吹くダーツ」の飛行性能と呼吸機能への影響調査

    永山勝也、小畑亮

    LIFE2020 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月12日 - 2019年09月14日   記述言語:日本語   開催地:慶応大学  

  • Numerical simulation of tumor growth-Reproduction of Gompertz's model

    Katsuya Nagayama、Nobuyuki Sakiyama

    Euro Metabolomics 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月29日 - 2019年08月30日   記述言語:英語   開催地:Vienna  

  • 皮膚の形成の数値シミュレーション -水分表面蒸発量のモデル化-

    菖蒲田康平、永山勝也

    日本皮膚科学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月06日 - 2019年06月09日   記述言語:日本語   開催地:名古屋国際会議場  

  • 皮膚形成の数値シミュレーション (アトピー性皮膚炎のモデル化)

    大庭彫、永山勝也

    日本皮膚科学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月06日 - 2019年06月09日   記述言語:日本語   開催地:名古屋国際会議場  

  • かけ湯式足湯器の開発-構想と試作-

    永山 勝也, 小畑 亮, 菖蒲田 康平, 中村 和則

    生体医工学会大会  公益社団法人 日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月06日 - 2019年06月08日   記述言語:日本語   開催地:沖縄コンベンションセンター  

    <p>【目的】足浴において、少量のお湯でも肌がお湯に触れる面積が大きく温浴効果が高く、液膜流れによる癒し効果があり、しかも足の出しれが容易な、足浴器を提供する。【背景と課題】足湯は、特に体への負担は少なく、気軽に足先からゆっくりと体を温めることができることから、温泉地にも多く設置され、家庭用にも様々な足湯容器が開発されて楽しまれている。但し市販の足湯バケツに十分なお湯を入れると重くなり、お湯の出し入れや運搬が容易では無く、お湯の扱いに工夫が必要であった。【解決手段と結果】容器内にポンプと縦方向の供給管と横方向の穴あけ液かけ管から構成される循環装置を具備し、ポンプでお湯をくみ上げ横方向管に設けた複数の穴から足のひざ下あるいはふくらはぎにお湯をかけ、足の表面に液膜を形成した後に容器にお湯が戻るようにする。少量のお湯でもお湯が肌に触れる面積が大きく充分な温浴効果と、液膜流れによる癒し効果が期待され、しかも足の出し入れが容易な足湯容器である。試作後実際に学生7名で評価したところ、温浴効果と癒し効果何れにおいても、通常の足湯より、かけ湯式足湯の方が上回った。</p>

    57巻
    S277_1
    20190100
    ISSN 1347-443X
     

    CiNii Article

  • 腫瘍増殖の数値シミュレーョン- Gompertz のモデルの再現-

    崎山暢之

    生体医工学会九州支部 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語   開催地:九大病院  

  • かけ湯式足湯装置の開発-機構デザインと効果検証-

    小畑亮

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月01日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • がんの治療予測の数値シミュレーション(免疫の影響のモデル化)

    江崎由佳

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月01日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 皮膚形成の数値シミュレーション (アトピー性皮膚炎のモデル化)

    大庭彫

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月01日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 表皮代謝の数値シミュレーション

    菖蒲田康平

    生体医工学シンポジウム  生体医工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月14日 - 2018年09月15日   記述言語:日本語   開催地:名古屋工業大学  

  • 肌毛細血管の数密度の画像処理による認識方法の検討

    永山 勝也

    日本皮膚科学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月31日 - 2018年06月01日   記述言語:日本語   開催地:広島県立総合体育館  

  • 肌毛細血管の認識方法の効率化・高信頼化の研究

    小川真也

    生体医工学会九州支部 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 肝臓再生と血管新生の数値シミュレーション -ミクロからマクロまで-

    宇野 健太

    生体医工学会九州支部 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 皮膚形成のシミュレーション ―角質剥離のモデル化―

    菖蒲田康平

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分大学  

  • 歯槽骨形成の数値シミュレーション-外力による骨構造の変化-

    中村和則

    日本機械学会九州学生会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分大学  

  • 毛髪形成の数値シミュレーション-毛周期のモデル化-

    栗原健

    機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月03日 - 2017年09月06日   記述言語:日本語  

  • Particle simulation and prediction of cancer decay by anticancer drug from 2D angiography image

    永山 勝也

    ICBME 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月09日   記述言語:英語   開催地:シンガポール  

  • 2Dがん画像からの数値シミュレーションによる状態分析と抗がん剤治療の効果予測

    永山 勝也

    日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月06日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜  

  • 肝臓形成と血管新生の数値解析-小葉と検証-

    小川真也

    機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 皮膚の形成の数値シミュレーション-角質厚みと皮膚断面構造-

    栗原健

    機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 歯槽骨再生と血管新生の数値シミュレーション-骨梁形成まで-

    福田圭寿

    機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 毛髪形成の数値シミュレーション-毛周期のモデル化-

    梶原成道

    日本機械学会九州学生会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月04日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島高専  

  • 肝臓形成と血管新生の数値解析-ミクロモデルと検証-

    小川真也

    日本機械学会九州学生会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月04日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島高専  

  • 歯槽骨再生と血管新生の連成数値シミュレーション-血管退縮と骨梁形成-

    福田圭寿

    日本機械学会九州学生会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月04日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島高専  

  • 画像処理による頭皮の血管状態の定量化の検討

    永山 勝也

    第77回SCCJ研究討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月27日   記述言語:日本語   開催地:きゅりあん(品川区総合区民会館)  

  • 間質細胞モデルを含む2 次元腫瘍増殖シミュレーション

    永山 勝也

    日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月09日   記述言語:日本語   開催地:名古屋国際会議場  

  • 培養過程におけるがんスフェロイドの増殖抑制の評価と予測に向けた数値シミュレー ション

    伊藤文音

    バイオフロンティア講演会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月03日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 歯槽骨再生と血管新生の数値シミュレーション -応力・拡散による骨形成-

    北 本旭央

    バイオフロンティア講演会  機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月03日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 皮膚の基底膜形成とターンオーバーの粒子シミュレーション

    栗原健

    生体医工学シンポジウム  生体医工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日   記述言語:日本語   開催地:岡山国際交流センター  

  • 指先微小血管の画像解析による血管健康状態評価の研究 -複数血管評価-

    光武直之

    ライフエンジニアリング部門シンポジウム2015(LE2015)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 指先微小血管画像における血管状態評価~評価指標の確立~

    横山大輔

    日本機械学会九州支部第68期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月13日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学  

  • 肝臓再生と血管新生の数値シミュレーション -肝小葉の再現-

    田中寛人

    日本機械学会九州支部第68期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月13日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学  

  • 粒子モデルによる歯槽骨再生と血管新生の数値シミュレーション ―応力因子の導入―

    北本旭央

    日本機械学会九州支部第68期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月13日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学  

  • Particle Simulation on Cancer Growth and Angiogenesis- Modeling of stromal cells –

    Yukio Nagamizu

    The 3nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月06日   記述言語:英語   開催地:飯塚   

  • Particle Simulation on Formation of Epidermal Skin - Formation Mechanism of Basal Layer-

    Takeshi Kurihara

    The 3nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月06日   記述言語:英語   開催地:飯塚   

  • 2D Numerical Simulation of Liver Cell Proliferation with Angiogenesis - Hepatic Lobule Formation

    Hiroto Tanaka

    The 3nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月06日   記述言語:英語   開催地:飯塚   

  • Numerical Simulation of Alveolar Bone Regeneration and Angiogenesis - Implementing the Stress Factor –

    Akio Kitamoto

    The 3nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月06日   記述言語:英語   開催地:飯塚   

  • Modeling and Simulation on Cancer Cell Migration and Adhesion

    Ayane Ito

    The 3nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月06日   記述言語:英語   開催地:飯塚   

  • Particle simulation of tissue formation and angiogenesis toward constructive systems biology

    Katsuya Nagayama

    The 3nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月05日   記述言語:英語   開催地:田川 池の奥園  

  • Particle Simulation of Alveolar Bone Regeneration and Angiogenesis -Effect of stress on bone formation

    Katsuya Nagayama,

    2014 World Congress on Preventive and Regenerative Medicine  

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月04日 - 2014年11月07日   記述言語:英語   開催地:Chientan Youth Activity Center,Taipei  

  • Particle Simulation of Alveolar Bone Regeneration and Angiogenesis - treated with Platelet-Rich Plasma

    Akio Kitamoto

    2014 World Congress on Preventive and Regenerative Medicine  

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月04日 - 2014年11月07日   記述言語:英語   開催地:Chientan Youth Activity Center,Taipei  

  • Particle Simulation of Alveolar Bone Regeneration and Angiogenesis - treated with Platelet-Rich Plasma

    Katsuya Nagayama

    International Conference on Biofabrication (ICB 2014) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月28日 - 2014年09月30日   記述言語:英語   開催地:PosTech, Pohang, Korea  

  • Numerical Simulation of Liver Cell Proliferation- Hepatic Lobule Formation -

    Hiroto Tanaka

    International Conference on Biofabrication (ICB 2014) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月28日 - 2014年09月30日   記述言語:英語   開催地:PosTech, Pohang, Korea  

  • Development of qualification methods of vascular conditions from nailfold microcapillary image

    永山勝也

    生体医工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月27日   記述言語:日本語   開催地:東京農工大  

  • 腫瘍成長と血管新生の3D粒子シミュレーション - 壊死に関する研究-

    永山勝也

    73回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月26日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜  

  • Modeling and Simulation on Cancer Cell Migration and Adhesion

    Ayane Ito

    International Conference on Systems Biology (ICSB 2014)  

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月14日 - 2014年09月18日   記述言語:英語   開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia  

  • Particle simulation of cancer growth and angiogenesis-based on the image of mouse

    Hiroto Tanaka

    The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月30日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Numerical simulation of basal layer and epidermal skin formation using particle model

    Hiroto Tanaka

    The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月30日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Numerical simulation of liver cell proliferation

    Yuki Oshiumi

    The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月30日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Particle Simulation of alveolar bone regeneration and angiogenesis-Microstructure model-

    Kenta Kisu

    The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月30日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Particle Simulation for Evaluation and Prediction on Growth Inhibition of Cancer Spheroids

    Ayane Ito

    The 2nd BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月30日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • 3D structured models of multi-cellular cancer spheroids

    Minamikawa-Tachino

    ICBE 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月04日 - 2013年12月07日   記述言語:英語   開催地:Singapore  

  • 歯槽骨再生と血管新生の粒子モデルによる数値解析 -幼弱骨形成-

    木須 健太

    第26回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀 佐賀大学  

  • 腫瘍増殖の3次元粒子シミュレーション-細胞増殖と血管新生の相互作用モデル

    永山勝也

    72回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月03日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜  

  • がん細胞のスフェロイド形成シミュレーションの試行

    立野 玲子

    第22回日本バイオイメージング学会 学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月15日 - 2013年09月16日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Particle simulation of alveolar bone regeneration and angiogenesis-Study on Ca transport-

    Katsuya Nagayama

    EMBC 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:英語   開催地:香港  

  • Growth simulation of multicellular cancer spheroid

    Minamikawa-Tachino

    EMBC 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月06日   記述言語:英語   開催地:大阪  

  • 毛髪形成の数値解析-実現象化と評価システム化-

    松岡翔吾

    日本機械学会九州支部第66期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州産業大学  

  • 肝臓再生医療を支援する解析研究-基本モデル-

    松岡翔吾

    日本機械学会九州支部第66期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州産業大学  

  • 非球形粒子モデルを用いた毛髪形成過程の数値シミュレーョン

    永山勝也

    62回理論応用力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月06日 - 2013年03月08日   記述言語:日本語   開催地:東工大  

  • 肝臓再生の数値シミュレーション―血管新生の基本モデル構築―

    横山大輔

    機械学会 九州学生会 第44回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本 阿蘇  

  • Particle simulation of cancer growth and angiogenesis-based on the image of rabbit ear-

    Yuki Oshiumi

    The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Numerical simulation of epidermal skin formation using particle model

    Takahiro Uehara

    The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Numerical simulation of liver cell proliferation - basic model

    Yusuke Tsuji

    The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Particle simulation of alveolar bone regeneration and angiogenesis-Study on basic model-

    Kenta Kisu

    The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Numerical simulation of hair formation using particle model

    Shogo Matsuoka

    The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • Numerical simulation of biological phenomena using particle model

    Katsuya NAGAYAMA

    The First BMIRC International Symposium on Frontiers in Computational Systems Biology and Bioengineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月28日   記述言語:英語   開催地:九工大 飯塚  

  • 兎の耳の濃淡画像からの血管構造抽出の検討

    鴛海祐希

    医用画像 電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 山口大学  

  • 歯骨再生と血管新生の数値解析

    木須 健太

    第25回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸 ポートアイランド  

  • 細胞周期を考慮した腫瘍増殖の3次元粒子シミュレーション

    永山勝也

    71回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月19日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:札幌国際会議場  

  • 粒子モデルを用いた毛髪形成過程の解析

    機械情報工学科 松岡翔吾

    生体医工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月07日 - 2012年09月08日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学  

  • 血管網を有する臓器鋳型を用いた肝臓再構築の数値シミュレーション

    横山大輔,

    生体医工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月07日 - 2012年09月08日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 3D Particle Simulation on Cancer Growth and Angiogenesis Considering Necrosis

    Katsuya NAGAYAMA

    System Biology (ICSB-2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月19日 - 2012年08月23日   記述言語:英語   開催地:Tronto  

  • An Analytical Approach for Growing Simulation of Multicellular Cancer Spheroid

    R. TACHINO

    System Biology (ICSB-2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月19日 - 2012年08月23日   記述言語:英語   開催地:Tronto  

  • 腫瘍成長と血管新生の連成数値解析-血管圧力の影響-

    鴛海祐希

    51ME生体医工学大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月10日 - 2012年05月12日   記述言語:日本語   開催地:福岡国際会議場  

  • 歯骨再生と血管新生の粒子モデルによる数値解析

    木須健太

    51ME生体医工学大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月10日 - 2012年05月12日   記述言語:日本語   開催地:福岡国際会議場  

  • 粒子モデルを用いた表皮形成の数値解析-表皮の積層構造-

    上原 教裕

    51ME生体医工学大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月10日 - 2012年05月12日   記述言語:日本語   開催地:福岡国際会議場  

  • CMPにおけるスラリー流動解析による各種パッドの性能評価

    佐藤広規

    日本機械学会九州支部第65期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀大学  

  • 腫瘍の発生現象の粒子モデルによる数値解析

    冨田浩基

    日本機械学会九州支部第65期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀大学  

  • 歯骨再生と血管新生の数値解析-基本モデルの構築-

    機械情報工学科 木須健太

    機械学会 九州学生会 第43回学生員卒業研究発表講演会  機械学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:佐世保高専  

  • 腫瘍成長と血管新生のイメージベースト数値解析

    機械情報工学科 弓田真之

    機械学会 九州学生会 第43回学生員卒業研究発表講演会  機械学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:佐世保高専  

  • 粒子モデルによる腫瘍成長と血管新生の3D数値解析

    機械情報工学科 鴛海祐希

    機械学会 九州学生会 第43回学生員卒業研究発表講演会  機械学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:佐世保高専  

  • 粒子モデルを用いた表皮形成の数値解析

    機械情報工学科 上原教裕

    機械学会 九州学生会 第43回学生員卒業研究発表講演会  機械学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:佐世保高専  

  • 粒子モデルを用いた毛髪形成解析-くせ毛の形成-

    機械情報工学科 松岡翔吾

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月08日 - 2012年01月09日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学  

  • 腫瘍増殖と血管新生の3D 数値解析-2D画像からの増殖解析の試み-

    永山勝也

    日本生体医工学会九州支部講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 3D Particle Simulation on Angiogenesis in Cancer- Growing from Two Artery

    Hiroki TOMITA

    17th International Biophysics Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月30日 - 2011年10月31日   記述言語:英語   開催地:中国 北京  

  • 初期から壊死に至るまでの腫瘍増殖と血管新生の3次元粒子シミュレーション

    永山勝也

    70回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月03日 - 2011年10月05日   記述言語:日本語   開催地:名古屋国際会議場  

  • 3D Particle Simulation on Growing Cancer Considering Tumor Growth Curve

    Katsuya NAGAYAMA

    System Biology (ICSB-2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月28日 - 2011年09月01日   記述言語:英語   開催地:Mannheim  

  • 離散的数値解析による人体現象の可視化(微小血管変形、腫瘍と血管新生、毛髪形成)

    本人

    可視化情報シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(工学院大学)  

  • 3D Numerical Simulation of Angiogenesis and its Structure in Cancer

    Katsuya NAGAYAMA

    Simulations in Bio-Sciences & Multiphysics International Conference 2011 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月20日 - 2011年06月22日   記述言語:英語   開催地:Marseille  

  • ヌードマウスに移植したヒト膵腫瘍における血管像についての検討

    三浦一郎

    第100回病理学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月30日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜  

  • 粒子法による指先微小血管の内部流動を含む3次元大変形解析

    辻裕介

    第50回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月29日   記述言語:日本語   開催地:東京電機大学  

  • ウエハのCMP研磨におけるスラリー流動の粒子モデルによる数値解析

    機械情報工学科 松岡翔吾

    機械学会 九州学生会 第42回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分大学  

  • 指先微小血管の内部流動と変形現象の粒子法による3次元数値解析

    機械情報工学科 辻裕介

    機械学会 九州学生会 第42回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分大学  

  • 腫瘍の成長と血管新生の粒子モデルによる3次元数値解析

    機械情報工学科 博士前期 冨田浩基

    60回理論応用力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月08日 - 2011年03月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京 日本学術会議  

  • 発生初期段階からの腫瘍成長と血管新生の数値解析

    機械情報工学科 冨田浩基

    日本機械学会第23回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月08日 - 2011年01月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本大学(熊本)  

  • 粒子モデルを用いた毛髪代謝解析手法の構築

    機械情報工学科 橋口周平

    日本機械学会第23回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月08日 - 2011年01月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本大学(熊本)  

  • 実験動画と演習を組み合わせたe-ラーニング教材

    機械情報工学科 高橋公也

    日本物理学会講演概要集 2010年秋季大会  

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス  

  • 粒子モデルを用いた腫瘍組織と血管網の成長と減衰の数値解析

    本人

    69回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 実験動画と演習を組み合わせたe-ラーニング教材の作製

    電子情報工学科 小田部荘司,

    2010年(平成22年)秋季第71回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月14日 - 2010年09月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎大学 文教キャンパス  

  • 血管新生を伴う腫瘍組織の成長と減衰の粒子モデルによる数値解析

    本人

    生体医工学シンポジウム2010 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月10日 - 2010年09月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌(北海道大学)  

  • 指先微小血管の内部流動と変形現象の解析による粒子シミュレーション

    機械情報工学科 橋口周平

    No.10-1日本機械学会年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学(名古屋)  

  • リチウムイオンキャパシタの放熱特性の数値シミュレーション

    機械情報工学科 佐藤広規

    No.10-1日本機械学会年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋(名古屋工業大学)  

  • 粒子法による赤血球を伴う微小血管の変形解析

    本人

    59回理論応用力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月08日 - 2010年06月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京 日本学術会議  

  • 血管新生を伴う癌増殖についての粒子モデルによる数値解析

    本人

    第49回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 指先微小血管の内部流動と変形の数値解析

    本人

    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山理科大学(岡山)  

  • 粒子モデルを用いた腫瘍成長と血管新生の数値シミュレーション

    機械情報工学科 橋口周平

    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山理科大学(岡山)  

  • 石英ガラス研磨におけるスラリー流動現象の数値解析

    大学院 情報システム専攻 吉田明弘,

    精密工学会九州支部佐賀地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀大学  

  • 石英ガラス研磨のスラリー流動現象の解明

    大学院 情報システム専攻 今城真

    精密工学会九州支部佐賀地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀大学  

  • 粒子法を用いた微小血管の内部流動と変形解析

    機械情報工学科 橋口周平

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学(名古屋)  

  • Numerical Analysis on Angiogenesis in Cancer Using a Particle Model

    本人

    68回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 粒子モデルを用いた腫瘍組織における血管網の新生数値シミュレーション

    本人

    58回理論応用力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年06月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 粒子法による指先毛細血管変形の数値解析

    本人

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 粒子モデルを用いた組織における血管新生の数値解析

    本人

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 吹き出しに伴う微粒子浮遊の流動解析

    日本機械学会九州支部第62期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県 九州大学  

  • 石英ガラス研磨におけるスラリー流動現象に関する研究

    大学院 情報システム専攻 吉田明弘

    2010精密工学会春季大会講演論文集  

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月16日 - 2009年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 埼玉大学  

  • 自動車塗装プロセスにおける不純物付着低減の解析

    大学院 情報システム専攻 上田卓司

    日本機械学会九州支部第63期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本大学  

  • CMPにおける研磨パッドのスラリー排出・供給性能の解析

    大学院 情報システム専攻 上田卓司

    日本機械学会九州支部第63期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本大学  

  • CMPにおけるスラリーの熱流動現象に関する研究

    大学院 情報システム専攻 豊福拓生

    2009精密工学会春季大会講演論文集  

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月10日 - 2009年03月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(中央大学)  

  • リチウムイオンキャパシタの放熱特性の数値解析

    機械情報工学科 佐藤広規

    機械学会 九州学生会 第41回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎大学  

  • 粒子法による毛細血管内壁面移動の解析

    機械情報工学科 橋口周平

    機械学会 九州学生会 第40回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州工業大学(飯塚)  

  • CMPにおけるスラリー流動と熱輸送の数値解析

    機械情報工学科 吉田明弘

    機械学会 九州学生会 第40回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州工業大学(飯塚)  

  • 移動壁と微小凹凸壁の隙間内流動現象の3次元可視化解析

    機械情報工学科 津村和典

    機械学会 九州学生会 第40回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州工業大学(飯塚)  

  • 血管新生を伴う腫瘍増殖についての粒子モデルによる数値解析

    機械情報工学科 冨田浩基

    機械学会 九州学生会 第41回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎大学  

  • 石英ガラス研磨のスラリー流動現象の解明

    大学院 情報システム専攻 酒井智美

    精密工学会九州支部福岡地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • 外部磁界で駆動する魚型マイクロロボットまわりの流れの可視化

    工学部

    第61回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分市  

  • 小型フィッシュロボットの遊泳可視化解析による尾鰭最適化検討

    本人

    日本機械学会2008年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月04日 - 2008年08月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜国立大学  

  • 粒子モデルを用いた組織における血管網の新生数値シミュレーション

    本人

    第57回理論応用力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年06月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(日本学術会議)  

  • 外部磁界で駆動する魚型マイクロロボットの応用例

    工学部

    ロボティクス・メカトロニクス講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年06月05日 - 2008年06月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 長野市  

  • 脈動流による微小十字型流路内部の混合促進

    大学院 情報システム専攻 田中利昌

    日本機械学会九州支部第61期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • CMPパッド上に滴下されたスラリーの流動シミュレーション

    大学院 情報システム専攻 酒井智美

    日本機械学会九州支部第61期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • 車体移動を伴う塗装乾燥炉内部の不純物熱流動解析

    大学院 情報システム専攻 上田卓司

    日本機械学会九州支部第61期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県 九州大学  

  • 粒子法を用いた毛細血管曲がり部における赤血球流動解析

    大学院 情報システム専攻 本田啓介

    日本機械学会九州支部第61期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • CMPにおけるウェハ‐パッド間のスラリー熱流動解析

    大学院 情報システム専攻 豊福拓生

    2008精密工学会春季大会講演論文集  

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月17日 - 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(明治大学)  

  • 毛細血管内の赤血球の分布の偏りにつういての粒子シミュレーション

    本人

    日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年01月25日 - 2008年01月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京 芝浦工大  

  • CMPにおけるスラリーの熱流動現象の解析

    大学院 情報システム専攻 豊福拓生

    精密工学会九州支部長崎地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月08日 - 2007年12月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎大学  

  • CMPにおけるウエハを考慮したパッド上のスラリー液膜流動数値解析

    大学院 情報システム専攻 酒井智美

    精密工学会九州支部長崎地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月08日 - 2007年12月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎大学  

  • 脈動を伴う二液混合微小流路内の界面構造の可視化

    大学院 情報システム専攻 t田中利昌

    可視化情報学会全国講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 岐阜大学  

  • Moodleを用いたリメディアル教材の開発

    機械情報工学科 大西淑雅

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 初等物理教育のためのリメディアル教材の開発

    機械情報工学科 大西淑雅

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 初等物理教育のためのリメディアル教材

    電子情報工学科 小田部荘司,

    2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月27日 - 2007年03月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • e-ラーニングを用いた物理リメディアル教育2

    機械情報工学科 高橋公也

    物理学会63回年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月22日 - 2007年03月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 近畿大学本部キャンパス  

  • CMPにおけるスラリーの研磨パッド内部流動解析

    大学院 情報システム専攻 豊福拓生

    2007精密工学会春季大会講演論文集  

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月20日 - 2007年03月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(芝浦工業大学)  

  • 自動車塗装乾燥炉における不純物流動解析

    大学院 情報システム専攻 上田卓司

    日本機械学会九州支部第60期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県 九州工業大学  

  • CMPにおける回転パッド上のスラリー液膜流れ数値解析

    大学院 情報システム専攻 内田邦亮

    日本機械学会九州支部第60期講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県 九州工業大学  

  • 毛細曲がり管における赤血球を含む血流の粒子法による数値解析

    本人

    日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月07日 - 2007年01月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台市  

  • 放射状溝パッドを用いたCMP加工におけるスラリーの溝内部流動解析

    大学院 情報システム専攻 豊福拓生

    精密工学会九州支部福岡地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県 西日本工業大学  

  • CMPにおける回転パッド上のスラリー液膜流れ数値解析

    大学院 情報システム専攻 内田邦亮

    精密工学会九州支部福岡地方講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県 西日本工業大学  

  • 多数の赤血球を含む毛細血管内流れの粒子法による解析

    九州工業大学大学院 情報システム選考 本田啓介

    日本機械学会流体工学部門会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月28日 - 2006年10月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 川越市(東洋大学)  

  • ダイナミックステレオPIVによる水棲生物周りの渦構造の可視化

    大学院 情報システム専攻 t田中利昌

    可視化情報学会全国講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月26日 - 2006年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸大学  

  • マイクロPIVによる微生物の流れ場と運動解析

    大学院 情報システム専攻 酒井智美

    可視化情報学会全国講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月26日 - 2006年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸大学  

  • Study on groove pattern layout for slurry flow control in CMP process

    機械情報工学科 木村景一教授

    ADMETA 2006 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月25日 - 2006年09月26日   記述言語:英語   開催地:日本 Tokyo  

  • ステレオPIVによる屈曲魚周りの微細渦構造の可視化

    九州工業大学大学院 情報システム専攻 田中利昌

    日本機械学会2006年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月18日 - 2006年09月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本大学  

  • CMPパッドにおける同心円溝内部のスラリー輸送の詳細数値解析 

    本人

    日本機械学会2006年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月18日 - 2006年09月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本大学  

  • 魚型マイクロロボット周りの流れ可視化解析

    機械情報工学科 栗原浩史

    機械学会 九州学生会 第39回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州産業大学  

  • 石英研磨のスラリー流れ解析

    機械情報工学科 今城真

    機械学会 九州学生会 第39回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州産業大学  

  • CMPにおけるウェハおよび研磨パッド間のスラリー流れ解析

    大学院 情報システム専攻 森下浩文

    機械学会 九州支部 第59期総会・講演会 C31  

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡大学  

  • CMP溝付きパッド内スラリー流れの数値解析

    大学院 情報システム専攻 森下浩文

    精密工学会 2006年度春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 野田市(東京理科大学)  

  • ステレオPIVによるドジョウ周りの流れ場の可視化解析

    大学院 情報システム専攻 内田邦亮

    機械学会 九州支部 第59期総会・講演会、D14  

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡大学  

  • 微小金型内における粘弾性流動の解析

    大学院 情報システム専攻 井戸垣亮弘

    機械学会 九州支部 第59期総会・講演会、C32  

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡大学  

  • 微生物の遊泳運動の解析と流れ解析

    機械システム工学科 酒井智美

    機械学会 九州学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市(有明高専)  

  • 線状弾性体生物の推進メカニズムの流体力学的解析

    機械システム工学科 西島昌志

    機械学会 九州学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会  

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市(有明高専)  

  • 粒子法による赤血球を含む非定常解析

    機械システム工学科

    機械学会 九州学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市(有明高専)  

  • ドジョウ周りの流れ場のステレオPIVによる可視化実験

    機械システム工学科 田中利昌

    機械学会 九州学生会 第37回学生員卒業研究発表講演会  

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市(有明高専)  

  • CMPにおけるスラリー流れの数値解析

    大学院 情報システム専攻 森下浩文

    精密工学会 九州支部 鹿児島地方講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島高専  

  • ステレオPIVによるドジョウ周囲の流れ場解析

    大学院 情報システム専攻 吉森守彦

    機械学会流体工学部門会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 粒子法による赤血球を含む3次元血流解析

    本人

    日本流体力学会年会2005 講演論文集 AM05-17-007 CD-ROM 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(工学院大学)  

  • 泳いでいるドジョウ周りの渦構造の可視化

    本人

    可視化情報学会 第33回可視化情報シンポジウム 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 人工筋肉のイオン移動の粒子解析

    本人

    第54回理論応用力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(日本学術会議)  

  • 粒子法による複数の赤血球を含む2相流の粒子解析

    本人

    機械学会流体工学部門会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市(九州工業大学)  

  • 粒子法による水中での線状弾性体の運動解析

    本人

    機械学会年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌(北海道大学)  

  • 粘弾性流体の壁面落下現象の粒子解析

    本人

    流体力学学会2004年次大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 自由落下直方体周りの3次元渦構造

    本人

    第32回 可視化情報シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京(工学院大学)  

  • サイフォン現象後に生じる気液二相流の画像解析

    日本機械学会九州学生会第35回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 分子動力学法を用いたナノワイヤーの安定性解析

    機械システム工学科

    日本機械学会九州学生会第35回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • ピッチング/ヒービング運動翼まわりの渦構造と非定常推進力特性

    機械システム工学科

    日本機械学会九州学生会第35回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • マイクロ流れにおける混合過程の可視化解析

    日本機械学会九州学生会第35回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 粒子動力学シミュレーション-モデル化と基本流れ問題への応用

    本人

    第53回理論応用力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 導電性高分子アクチュエーター動特性のボンドグラフ方による解析

    本人

    フルードパワー学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 那覇  

  • サイフォン現象で発生する自由界面の可視化解析

    機械システム工学科

    機械学会年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月   記述言語:日本語   開催地:日本 徳島  

▼全件表示

工業所有権

  • 足浴装置

    永山勝也

     詳細を見る

    出願番号:実願2018-002823  出願日:2018年07月23日

    登録番号:実登3218307  登録日:2018年09月12日

  • 吹き矢とダーツを組合わせたブローダーツ

    永山勝也

     詳細を見る

    出願番号:実願2017-5393  出願日:2017年11月28日

    登録番号:実用新案登録第3215917号  登録日:2018年04月04日

  • 頭皮毛細血管の数値化システム及び頭皮毛細血管の数値化プログラム、並びに、頭皮評価システム及び頭皮評価プログラム

    永山勝也,河越景史

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-230783  出願日:2015年11月26日

    公開番号:特開2017-97711  公開日:2016年06月01日

  • 健康状態評価支援システム及び毛細血管のデータ取得方法

    永山勝也,三浦一郎,河越景史

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-9664  出願日:2015年01月21日

    公開番号:特開2015-157071  公開日:2015年09月03日

  • 生体組織のシミュレーション方法及びその装置

    永山勝也,天野恭子,棚橋昌則

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-040297  出願日:2014年03月03日

    公開番号:特開2015-165367  公開日:2015年09月17日

    登録番号: 6266382  登録日:2018年03月15日

  • 表皮組織シミュレーション装置及び表皮組織シミュレーション方法

    永山勝也,天野恭子,棚橋昌則

     詳細を見る

    出願番号:特願2012-34246  出願日:2012年02月24日

    公開番号:特開2013-169291  公開日:2013年09月02日

    登録番号:5651617   登録日:2014年11月21日

▼全件表示

作品

  • かけ湯式足湯システム

    永山勝也

    2018年07月01日
    -
    2018年12月01日

     詳細を見る

    発表場所:実用新案登録、研究室HP、朝日カルチャーセンター  

    かけ湯による癒やし効果のある可搬式足湯

  • ブローダーツ

    永山勝也

    2016年11月28日

     詳細を見る

    発表場所:実用新案登録、研究室HP、朝日カルチャーセンター  

    吹き矢とダーツを組合わせたブローダーツ

報道関係

  • 新光ファイバを開発 低損失世界記録を更新

    住友電気工業

    鉄鋼新聞  2002年04月04日

  • 光ファイバー信号損失最小 住友電工が開発

    住友電気工業

    日本経済新聞  2002年04月04日

  • 無中継で400km伝送 低損失光ファイバー世界記録を更新

    住友電気工業

    日刊工業新聞  2002年04月04日

  • 超低損失光ファイバ- 住友電工が世界記録

    住友電気工業

    日刊産業新聞  2002年04月04日

科研費獲得実績

  • 抜歯後の血管新生から歯槽骨再生に至る現象の数値シミュレーションの研究

    研究課題番号:26420202  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 腫瘍の成長に伴う腫瘍微小環境のシステム解析

    研究課題番号:25460097  2013年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

  • e-ラーニングを用いた物理リメディアル教育の実践

    研究課題番号:19300263  2007年04月 - 2011年03月   基盤研究(B)

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   力学Ⅰ

  • 2022年度   マイクロ流体工学特論

  • 2022年度   現代物理基礎

  • 2022年度   熱力学(I)

  • 2021年度   マイクロ流体工学特論

  • 2021年度   熱力学(I)

  • 2021年度   現代物理基礎

  • 2021年度   力学Ⅰ

  • 2020年度   マイクロ流体工学特論

  • 2020年度   熱力学(I)

  • 2020年度   現代物理基礎

  • 2020年度   力学Ⅰ

  • 2019年度   マイクロ流体工学特論

  • 2019年度   熱力学(I)

  • 2019年度   現代物理学

  • 2019年度   力学Ⅰ

  • 2018年度   マイクロ流体工学特論

  • 2018年度   現代物理学

  • 2018年度   力学Ⅰ

  • 2018年度   力学Ⅰ

  • 2017年度   マイクロ流体工学特論

  • 2017年度   現代物理学

  • 2017年度   力学

  • 2016年度   現代物理学

  • 2016年度   力学

  • 2016年度   マイクロ流体工学特論

  • 2015年度   力学

  • 2015年度   現代物理学

  • 2015年度   マイクロ流体工学特論

  • 2014年度   総合エンジニアリング I

  • 2014年度   マイクロ流体工学特論

  • 2014年度   情報システム講究Ⅱ

  • 2014年度   情報システム特別実験及び演習Ⅱ

  • 2014年度   情報システム特別講究Ⅱ

  • 2014年度   現代物理学

  • 2014年度   力学

  • 2013年度   情報システム特別講究Ⅱ

  • 2013年度   情報システム特別実験及び演習Ⅱ

  • 2013年度   情報システム講究Ⅱ

  • 2013年度   マイクロ流体工学特論

  • 2013年度   総合エンジニアリング I

  • 2013年度   現代物理学

  • 2013年度   力学

  • 2012年度   マイクロ流体工学特論

  • 2012年度   力学

  • 2012年度   現代物理学

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 毛細血管研究会   副会長 理事  

    2021年04月 - 現在

  • 毛細血管研究会   副会長 理事  

    2008年04月 - 2021年03月

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 観察と計算予測で見える化する体の不思議-皆さんの血流、がん増殖、肌の形成、歯槽骨再生まで-

    役割:講師

    九州工業大学  杉森高等学校  2022年02月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 吹くダーツで健康と楽しみを

    役割:講師

    2020年02月20日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    朝日カルチャーセンター福岡

  • 吹くダーツで健康と楽しみを

    役割:講師

    阪急旅コト塾  2020年01月29日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    阪急旅コト塾

  • 観察と計算予測で見える化する体の不思議

    役割:講師

    2019年12月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    戸畑高校 模擬合議

  • 毛細血管観察でみる体の健康

    役割:講師

    2019年11月30日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業

    朝日カルチャーセンター福岡

  • 吹くダーツで健康と楽しみを

    役割:講師

    2019年11月15日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    穴生市民センター

  • 宇宙とタイムマシン

    役割:講師

    阪急旅コト塾  2019年09月10日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業

    阪急旅コト塾

  • 宇宙旅行とタイムマシン

    役割:講師

    朝日カルチャーセンター  2019年08月10日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業

    朝日カルチャーセンター福岡

  • 選択クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    役割:講師

    2019年06月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    広島市立基町高等学校

  • クイズで謎解く現代物理の不思議な世界

    2018年12月18日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立 小倉高等学校

  • ブローダーツで呼吸力を増進

    2018年05月19日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    朝日カルチャーセンター北九州

  • 毛細血管と体の健康の科学

    2018年02月24日 - 2018年03月19日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    朝日カルチャーセンター福岡2月と3月で2回

  • 毛細血管と体の健康の科学

    2017年11月04日 - 2017年12月02日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    西日本新聞TNC文化サークル天神11月と12月で2回

  • 毛細血管と体の健康の科学

    2017年07月29日 - 2017年09月16日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    朝日カルチャーセンター福岡7,8,9月で3回

  • 毛細血管と体の健康の科学

    2017年05月13日 - 2017年06月10日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    朝日カルチャーセンター北九州5月6月で2回

  • なぞ解き現代物理

    2016年11月19日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    朝日カルチャーセンター北九州

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2016年10月27日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立大島高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2016年10月13日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    佐賀県立小城高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2015年11月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立伝習館高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2015年10月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本市立必由館高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2015年07月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡大学附属大濠高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2015年07月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡市立福岡西陵高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2015年07月04日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立延岡星雲高等学校

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界

    2015年06月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立高鍋高等学校

  • その時人生が動いた-いつ?選択は?努力は?行く末は?-

    2015年05月15日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    鹿児島県立志布志高校

  • 体の健康を観察と工学計算で魅せます。-血管、がん、肌、毛髪、歯骨、肝臓まで-

    2014年12月10日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    学校法人山口高川学園 高川学園高等学校

  • サイエンスカフェ 「体の健康を観察と計算予測で魅せます」

    2014年06月27日

     詳細を見る

    種別:サイエンスカフェ

     「体の健康を観察と計算予測で魅せます」で講演

  • 選択式クイズで簡単にわかる現代物理の不思議な世界ー時間とは?光とは?物質とは?原発は?宇宙は?ー

    2014年06月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立
    高鍋高等学校

  • 体の健康を観察と計算予測で魅せます。-血管、がん、肌、毛髪、歯骨、肝臓まで-

    2013年10月02日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大分県立大分雄城台高等学校

  • クイズでわかる現代物理の不思議な世界-時間とは?光とは?物質とは?原発は?宇宙は?-

    2013年06月17日

     詳細を見る

    種別:出前授業

    第一高等学院 熊本校

  • 体の健康を観察と計算予測で魅せます。-血管、がん、肌、毛髪、歯骨、肝臓まで-

    2013年06月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    広島県立祇園北高等学校

  • 3Dデザインで体の健康を科学します-血管、がん、肌、毛髪、歯骨まで-

    2013年01月17日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:出前授業

    福岡女学院中学校 3年

  • 3Dデザインで体の健康を科学します-血管、がん、肌、毛髪、歯骨まで-

    2012年10月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    島根県立大田高等学校 2年

  • 3Dデザインで体の健康を科学します-血管、がん、肌、毛髪、歯骨まで-

    2012年07月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大分県立臼杵高等学校 2年

  • 3Dデザインで健康を科学します -メタボ、がん、肌、毛髪まで-

    2011年08月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    宮崎県立日向高等学校 1~3年

  • 3Dデザインで健康を科学します -メタボ、がん、肌、毛髪まで-

    2011年06月15日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立八幡南高等学校 1~2年

▼全件表示

PR

  • (学生向けPR)

    体の健康を画像処理とシミュレーション予測で魅せます。
    -血管、がん、肌、毛髪、歯骨、肝臓まで-

    画像処理を使った分析と数値計算を行ってます。
    ガンの成長と血管新生のシミュレーション
    皮膚・毛髪の美容診断システム
    肺炎予防の吹矢の研究
    肝臓の再生医療開発支援のシミュレーション
    歯槽骨の再生医療開発支援のシミュレーション
    指先血管の画像処理による健康状態の評価システム

  • (企業向けPR)

    体の健康を画像処理とシミュレーション予測で魅せます。
    -血管、がん、肌、毛髪、歯骨、肝臓まで-

    足浴など健康器具も

    画像処理を使った分析と数値計算を行ってます。
    ガンの成長と血管新生のシミュレーション
    皮膚・毛髪の美容診断システム
    歯槽骨の再生医療開発支援のシミュレーション
    指先血管の画像処理による健康状態の評価システム
    健康器具は、癒しのある入浴装置(足浴など)、製品化する企業を募集してます。