畠中 清史 (ハタケナカ キヨシ)

HATAKENAKA Kiyoshi

写真a

職名

講師

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)  1998年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系   講師  

  • 2008年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   機械情報工学研究系   講師  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

 

論文 【 表示 / 非表示

  • バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼす変形解析モデルの影響(第1報)―平面シェル要素の適用―

    畠中 清史

    トライボロジスト    64 ( 10 ) 626 - 635   2019年10月  [査読有り]

    機関リポジトリ DOI

  • ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル

    畠中 清史, 馬場 祥孝, 亀山 裕樹

    トライボロジスト    63 ( 5 ) 360 - 367   2018年05月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>A thermo-hydrodynamic lubrication (THL) theory is applied to journal bearings that support large-sized high-speed rotary machineries and it is confirmed that the maximum pad surface temperature under operation is below an allowable limit value The temperature predicted by the traditional THL model is in good agreement with the measurement. However, the predicted journal surface temperature is not comparable with the measurement. In the present paper, it is firstly shown that the amount of heat, which is generated by the shear flow in the oil film and is discharged out of the film, is evaluated appropriately in the film near the pad surface while it is evaluated excessively in the film near the journal surface. Secondly, a new THL model is proposed that the oil film temperature near the pad surface and the temperature near the journal surface are obtained independently, that is, the conventional energy equation for the oil film is solved for the former temperature while the equation described in the relative coordinate system with the journal surface as the reference one is used for the latter temperature. Lastly, it is shown that the THL model can predict the journal surface temperature comparable with the measurement without deteriorating the accuracy of the predicted maximum pad surface temperature.</p>

    機関リポジトリ DOI CiNii

  • 新しい熱伝達モデルを組み込んだ熱流体潤滑モデル

    畠中 清史

    トライボロジスト    63 ( 4 ) 294 - 302   2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Thermo-hydrodynamic lubrication (THL) models have been applied at the design stage of large-sized high-speed rotary machineries to confirm that the maximum surface temperature of sliding bearing, such as tilting pad journal bearing, under operation is below the upper limit. A single common value of heat transfer coefficient is given between the environment and the five surfaces other than the lubricating one of each pad regardless of operating conditions and/or bearing specifications in the traditional THL model, while a new THL model is proposed with non-traditional heat transfer model incorporated. In this model, the value of locally distributed heat transfer coefficient is determined depending on the operation conditions and/or the bearing specifications. Using the model, it is unnecessary to determine the heat transfer coefficient by an unreasonable estimation, and it is found that the predicted maximum pad surface temperature and also the distribution of pad surface temperature are in good agreement with the measurements.</p>

    DOI CiNii

  • k-εモデルに基づくティルティングパッドジャーナル軸受の乱流熱流体潤滑性能解析および実測値との比較

    畠中清史

    日本機械学会論文集    81 ( 829 ) 15-00253   2015年09月  [査読有り]

     概要を見る

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI CiNii

  • バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼすトップフォイルの浮上および取付状態の影響(第2報:軸受設計変数に関する広範な調査)

    畠中清史,道田大樹,橋元洋人

    日本機械学会論文集    77 ( 777 ) 1866 - 1878   2011年05月  [査読有り]

     概要を見る

    主要雑誌 代表的研究業績

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 動圧型空気フォイル軸受の流体潤滑特性

    畠中清史

    トライボロジー会議2019春 東京  (日本 東京)  2019年05月  -  2019年05月   

  • ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル

    畠中清史,馬場祥孝,亀山裕樹

    トライボロジー会議2019春 東京  (日本 東京)  2019年05月  -  2019年05月   

  • 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する実験的研究 - 実験装置の開発 -

    機械情報工学科,嘉陽宗温

    日本機械学会九州支部第72期総会講演会  (福岡県北九州市)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する実験的研究 - 実験装置の設計 -

    機械情報工学科,嘉陽宗温

    日本機械学会九州学生会第50回卒業研究発表講演会論文集  (佐賀県佐賀市)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 大型低速回転機械に対する動圧ジャーナル軸受の適用可能性 -遊星歯車の公転を考慮した過渡解析 -

    機械情報工学科,原岡知史

    日本機械学会九州学生会第49回卒業研究発表講演会論文集  (大分県大分市)  2018年03月  -  2018年03月   

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超高速浮動ブッシュ軸受に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2004年03月

    研究課題番号:  14750101

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  トライボロジー特論

  • 2018年度  解析Ⅱ

  • 2018年度  機械数学

  • 2018年度  解析Ⅰ・同演習

  • 2017年度  トライボロジー特論

全件表示 >>