2024/01/12 更新

ハタケナカ キヨシ
畠中 清史
HATAKENAKA Kiyoshi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
准教授
外部リンク

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

取得学位

  • 東京大学  -  博士(工学)   1998年09月

学内職務経歴

  • 2024年01月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     准教授

  • 2019年04月 - 2023年12月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     講師

  • 2008年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   機械情報工学研究系     講師

論文

  • 多領域問題としてのRD流体力~理論・解析技術の変遷~ 招待有り 査読有り

    内海政春,田浦裕生,畠中清史,富松重行,渡邊裕輔

    ターボ機械 ( ターボ機械協会 )   52 ( 1 )   46 - 58   2024年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 簡易熱流体潤滑理論にもとづく真円軸受の新しい設計法 招待有り 査読有り

    畠中 清史, 本田 あおい

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   68 ( 10 )   706 - 709   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.18914/tribologist.68.10_706

    CiNii Research

  • 簡易THLモデルを用いたジャーナル軸受の熱流体解析と不安定化速度の予測(ジャーナル側への断熱境界条件の適用) 査読有り

    十河 誠, 井上 剛志, 畠中 清史

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   89 ( 924 )   23-00068 - 23-00068   全21ページ   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Journal bearings are an important mechanical element of rotating machines and support the rotor system by oil film reaction forces. As rotational speeds increase, the shear heat of the oil film causes a significant temperature distribution on the journal surface. As a result, bending of the shaft occurs and vibration modes called Morton effect are generated. The Thermo Hydrodynamic Lubrication (THL) model is used for analyzing of lubricant, and one of the authors has modified and applied it as a simple unsteady model to efficiently analyze the temperature, viscosity, and pressure distribution of the oil film , maintaining computational accuracy. In this paper, the simplified THL model is modified with the boundary condition that both the bearing and journal are adiabatic (ADIADI) in order to construct an accurate and efficient analytical model of the Morton effect in the rotor system. The journal vibration is assumed to be small, and dynamic coefficients of journal bearing are derived considering the temperature distribution. Eigenvalue analysis is performed using these dynamic coefficients to predict the onset speed of instability of the rotor system. The validity of the eigenvalue analysis is verified by direct numerical integration simulation.</p>

    DOI: 10.1299/transjsme.23-00068

    CiNii Research

  • Time History of Maximum Bearing Temperature Based on a Simplified Thermohydrodynamic Lubrication Theory 査読有り 国際誌

    Hatakenaka Kiyoshi

    Tribology Online ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   18 ( 2 )   53 - 63   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>An overshoot phenomenon of bearing temperature in hydrodynamic journal bearings may be observed during a sudden start-up experiment. This phenomenon implies that the maximum bearing temperature in acceleration operation may exceed the predicted one which can be predicted accurately by applying a state-of-the-art steady state thermohydrodynamic lubrication (THL) model. This paper presents the maximum bearing temperature including the one during acceleration operation by using a simplified THL model that is newly proposed for a transient THL analysis. It is found that the overshooted temperature can be qualitatively predicted by using the transient THL model that incorporates properly the interaction between the motion of journal center and the viscous dissipation, even if it is a simple model. Next, the transient temperature during slow acceleration operation and also those toward higher dimensional steady state journal rotational speed are calculated and they are found to be in qualitative agreement with the measurements. The oil film characteristics such as oil film pressure, temperature and thickness after reaching the steady state equilibrium do not depend on the value of initial journal eccentricity ratio in the transient analysis. However, when the values are different, the characteristics immediately after starting rotation change largely. In the case of the value 1.00, it is found to give a prediction that agrees qualitatively with the characteristics measured in the experiment.</p>

    DOI: 10.2474/trol.18.53

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85163443099&origin=inward

  • 高速すべり軸受の油膜幅縮小とブシュ駆動トルク 査読有り

    畠中 清史, 上月 康史

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   68 ( 5 )   352 - 362   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Floating bush journal bearings are widely used to support small-sized high-speed rotating machinery. When the journal rotational speed exceeds a stability threshold speed, the bearing shows self-excited vibration, which could be disappeared as the speed further increases and the bush rotational speed levels off in the case of low supply pressure. The peculiar phenomenon can be explained qualitatively by applying the hydrodynamic lubrication model with the axial oil film rupture being considered. However, the predictions are in quantitatively poor agreement with the measurements. In the present article, intending to obtain experimental results that would be useful for future improvement of the theoretical model, the authors experimentally observe the oil film by using a test apparatus of a cylindrical journal bearing that is equivalent to the inner oil film of a high-speed floating bush journal bearing. The width of the oil film is shown to gradually reduce with an increase in journal rotational speed due to air inflow into the bearing clearance, which results in the measured bush driving torque definitely lower than the theoretical one calculated from Petroff's formula. The ratio of the measured torque to the theoretical one is found to decrease with increasing journal rotational speed although the ratio does not simply decrease in proportion to the observed oil film width.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.22-00030

    CiNii Research

  • 熱流体潤滑理論を応用したジャーナル軸受の性能解析と設計 招待有り 査読有り

    畠中清史

    ターボ機械 ( ターボ機械協会 )   51 ( 1 )   25 - 36   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 2溝付き真円軸受の設計への応用を見据えた簡易熱流体潤滑モデル 査読有り

    畠中清史,内田渓太郎

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   88 ( 915 )   22-00234 - 22-00234   全17ページ   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Thermohydrodynamic lubrication (THL) models have been applied to predict the performances of journal bearings that support industrial rotating machineries. The final goal of this study is to propose a THL bearing design method of cylindrical journal bearings with two-axial oil grooves by using the model expressions, which are derived from a database constructed by the THL predictions and can predict the reasonably accurate bearing performances over a wide range of operating conditions and bearing specifications. In the present article, after the previous simplified model, which predicts the bearing performances from only four dimensionless numbers — Sommerfeld number, bearing width-to-diameter ratio, Peclet number and Khonsari number, is shown to poorly predict the performances, a simplified THL model is newly proposed for the database of the bearing performances. This model is derived by modifying the precedent high-accuracy THL model and predicts the bearing performances from the same four dimensionless numbers as the previous simplified model. Compared with some measurements in test rigs of the bearings, the model proposed is found to predict more reasonably accurate performances of the bearing under fully lubricated conditions than the previous simplified model. It is concluded that the new model is appropriate to the database for the simple easy and straightforward bearing design.</p>

    DOI: 10.1299/transjsme.22-00234

    CiNii Research

  • A New Design Method of Cylindrical Bearings Based on a Simplified Thermohydrodynamic Lubrication Model 査読有り 国際誌

    Kiyoshi HATAKENAKA, Aoi HONDA

    Tribology Online ( 日本トライボロジー学会 )   17 ( 3 )   175 - 195   2022年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>This paper proposes a new THL bearing design method based on an improved version of a precedent method. The precedent method used a model expression prepared in advance to easily and quickly find a crucial predicted data of the maximum bearing temperature. Three expressions were prepared for three different values of journal eccentricity ratio, 0.25, 0.50, and 0.75. Which one of the three should be used was determined, based on the preliminarily obtained value of journal eccentricity ratio derived from the initially analysis and <i>t</i>–test, for the crucial temperature for any value of journal eccentricity ratio. Furthermore, the new expression explicitly includes the four well-known dimensionless numbers used in THL analysis, that is, Sommerfeld number, bearing width-to-dimeter ratio, Peclet number and Khonsari number. The model expressions for other bearing characteristic performances were obtained in the same way. Compared with some measurements in test rigs of cylindrical bearings, the new improved method is confirmed to predict reasonably accurate bearing performances of cylindrical bearings faster and more easily than the precedent method over a wide range of operating conditions.</p>

    DOI: 10.2474/trol.17.175

    DOI: 10.2474/trol.17.175

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85140405454&origin=inward

  • 粒子法を応用した同心ジャーナル軸受油膜のブシュ駆動トルク 査読有り

    畠中 清史, 寺床 海登

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   67 ( 4 )   299 - 312   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Floating bush journal bearings are widely used to support small-sized high-speed rotating machinery. When the oil-supplying pressure is low, the bearings show peculiar phenomena such as leveling-off of bush rotational speed and disappearance of oil whip event. Although the phenomena can be explained qualitatively by applying the hydrodynamic lubrication model with the axial oil film rupture being considered, the predictions are in quantitatively poor agreement with the measurements. The key to improving the discrepancy lies in numerically calculating the steady-state value of bush driving torque due to viscous force. This study aims at obtaining the value by adopting a moving particle simulation (MPS) method. Firstly, the governing equations based on the conventional isoviscous hydrodynamic lubrication theory are modified such that the MPS method can be applied to the concentric inner oil film of the bearing. Next, they are solved by using the least squares moving particle semi-implicit (LSMPS) scheme coupled with arbitrary Lagrangian-Eulerian (ALE) method. Lastly, the steady-state values of the bush driving torque are calculated for a range of the bearing design parameters and are found to be in good agreement with the theoretical value obtained from Petroff's law.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.21-00019

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 簡易熱流体潤滑モデルにもとづく真円軸受の新しい設計法 査読有り

    畠中 清史, 本田 あおい

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   66 ( 7 )   548 - 569   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>This paper proposes a new THL bearing design method based on an improved version of a precedent method. The precedent method used a model expression prepared in advance to easily and quickly find a crucial predicted data of the maximum bearing temperature. Three expressions were prepared for three different values of journal eccentricity ratio, 0.25, 0.5, and 0.75. Which one of the three should be used was determined, based on the preliminarily obtained value of journal eccentricity ratio derived from the initially assumed bearing specifications. Two dimensionless temperature-rise parameters <i>κ</i><sub>1 </sub>and <i>κ</i><sub>2 </sub>were introduced for the common variables of the expression. On the other hand, the new improved method uses a single expression, which is obtained by applying multiple regression analysis and <i>t</i>-test, for the crucial temperature for any value of journal eccentricity ratio. Furthermore, the new expression explicitly includes the four well-known dimensionless numbers used in THL analysis, that is, Sommerfeld number, bearing width-to-dimeter ratio, Peclet number and Khonsari number. The model expressions for other bearing characteristic performances were obtained in the same way. Compared with some measurements in test rigs of cylindrical bearings, the new improved method is confirmed to predict reasonably accurate bearing performances of cylindrical bearings faster and more easily than the precedent method over a wide range of operating conditions.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.20-00016

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008037345

  • バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼすトップフォイル変形解析モデルの影響(第2報):―アイソパラメトリックシェル要素の適用― 査読有り

    畠中 清史

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   66 ( 5 )   372 - 383   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Bump foil journal bearings are prospective applicants that can support a small-sized rotor of high-speed rotating machinery. The performance characteristics of the bearings are predicted by using a model bearing. When the air film thickness can be assumed to be uniform in the axial direction, a finite element (FE) model using curved beam element is appropriate to be applied in analyzing the displacement of bearing surface which is referred to as top foil. On the other hand, the top foil need be replaced with a thin shell in order to predict the performances of the bearing that has non-uniform air film thickness in the direction. In this study, an isoparametric shell element, which can couple the membrane and the bending effects of top foil, is introduced into the deformation analysis instead of a plate shell element adopted in the previous paper. The replacement of FE model is found to have a large influence on the bearing performance because of the change in the air film characteristics. It is concluded that the isoparametric shell element is appropriate in predicting the performance of the bearing that has non-uniform air film thickness in the axial direction.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.20-00015

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008000345

  • 簡易熱流体潤滑理論にもとづく軸受最高温度の時刻歴 査読有り

    畠中 清史

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   66 ( 5 )   384 - 396   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>An overshoot phenomenon of bearing temperature in hydrodynamic journal bearings may be observed during a sudden start-up experiment. This phenomenon implies that the maximum bearing temperature in acceleration operation may exceed the predicted one which can be predicted accurately by applying a state-of-the-art steady-state thermohydrodynamic lubrication (THL) model. This paper presents the maximum bearing temperature including the one during acceleration operation by using a simplified THL model that is newly proposed for a transient THL analysis. It is found that the overshooted temperature can be qualitatively predicted by using the transient THL model that incorporates properly the interaction between the motion of journal center and the viscous dissipation, even if it is a simple model. Next, the transient temperature during slow acceleration operation and also those toward higher dimensional steady-state journal rotational speed are calculated and they are found to be in qualitative agreement with the measurements. The oil film characteristics such as oil film pressure, temperature and thickness after reaching the steady-state equilibrium do not depend on the value of initial journal eccentricity ratio in the transient analysis. However, when the values are different, the characteristics immediately after starting rotation change largely. In the case of the value 1.00, it is found to give a prediction that agrees qualitatively with the characteristics measured in the experiment.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.20-00017

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008000334

  • A New Design Chart Method of Journal Bearings Based on a Simplified Thermohydrodynamic Lubrication Theory 査読有り

    Kiyoshi Hatakenaka

    Tribology Transactions   63 ( 5 )   935 - 945   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Society of Tribologists and Lubrication Engineers. This article proposes a new thermohydrodynamic (THD) bearing design method based on an improved version of a precedent method. The precedent method used two charts prepared in advance to easily and quickly find two crucial predicted data of the maximum bearing temperature and the effective temperature of the bearing oil film to be used later in an isoviscous Reynolds equation. Three sets of charts were prepared for three different values of journal eccentricity ratio, 0.25, 0.5, and 0.75. Which set should be used was determined based on the preliminarily obtained value of journal eccentricity ratio derived from the initially assumed bearing specifications. Two dimensionless temperature rise parameters (Formula presented.) and (Formula presented.) were introduced for the common coordinate variables of the two charts. On the other hand, the new improved method uses a single set of charts for the two crucial temperatures for any value of journal eccentricity ratio. Furthermore, the two coordinate variables for each chart explicitly include the four well-known dimensionless numbers used in THD bearing analyses; that is, Sommerfeld number, bearing aspect ratio (L/D), Peclet number, and dimensionless temperature–viscosity index of the lubricant oil. Compared with some measurements in test rigs of cylindrical bearings, the new improved method is confirmed to predict reasonably accurate bearing performances of cylindrical bearings faster and more easily than the precedent method over a wide range of operating conditions. In conclusion, the new method is simpler, easier, and more straightforward for bearing design use than the precedent method.

    DOI: 10.1080/10402004.2020.1778825

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85089548172&origin=inward

  • A new THL model for high accuracy of predicted journal surface temperature 査読有り

    Hatakenaka K., Baba Y., Kameyama Y.

    Tribology Online ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   15 ( 4 )   194 - 200   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2018年5月に公表された和論文「ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル」の英訳版.オリジナリティはないものの,和論文とは別の校閲過程を経ている.
    A thermo-hydrodynamic lubrication (THL) theory is applied to journal bearings that support large-sized high-speed rotary machineries and it is confirmed that the maximum pad surface temperature under operation is below an allowable limit value. The temperature predicted by the traditional THL model is in good agreement with the measurement. However, the predicted journal surface temperature is not comparable with the measurement. In the present paper, it is firstly shown that the amount of heat, which is generated by the shear flow in the oil film and is discharged out of the film, is evaluated appropriately in the film near the pad surface while it is evaluated excessively in the film near the journal surface. Secondly, a new THL model is proposed that the oil film temperature near the pad surface and the temperature near the journal surface are obtained independently, that is, the conventional energy equation for the oil film is solved for the former temperature while the equation described in the relative coordinate system with the journal surface as the reference one is used for the latter temperature. Lastly, it is shown that the THL model can predict the journal surface temperature comparable with the measurement without deteriorating the accuracy of the predicted maximum pad surface temperature.

    DOI: 10.2474/trol.15.194

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090916908&origin=inward

  • バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼすトップフォイル変形解析モデルの影響(第1報):―平面シェル要素の適用― 査読有り

    畠中 清史

    トライボロジスト ( 日本トライボロジー学会 )   64 ( 10 )   626 - 635   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Bump foil journal bearings are prospective applicants that can support a small-sized rotor of high-speed rotary machinery. Some model bearings are used in predicting the characteristic performances of the bearings. In the previous study, the finite element (FE) method that adopted a curved-beam element was applied in analyzing the displacement of the bearing surface that is called as top foil. However, the model assumes that the air film thickness in the axial direction is constant, so the performance of foil journal bearings that has uneven air film thickness in the direction cannot be obtained. In this study, the top foil is assumed to be a thin shell. The displacement is analyzed by replacing the curved-beam element to a plate shell element. Although the replacement of the FE model is found to have a large influence on the performances, this is because the shell model cannot couple the membrane and the bending effects. It is concluded that the shell model is inappropriate to the prediction of the bearing performance and should be replaced to other type of shell model that can couple the two effects.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.19-00008

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007728642

  • ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル 査読有り

    畠中 清史, 馬場 祥孝, 亀山 裕樹

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   63 ( 5 )   360 - 367   2018年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>A thermo-hydrodynamic lubrication (THL) theory is applied to journal bearings that support large-sized high-speed rotary machineries and it is confirmed that the maximum pad surface temperature under operation is below an allowable limit value The temperature predicted by the traditional THL model is in good agreement with the measurement. However, the predicted journal surface temperature is not comparable with the measurement. In the present paper, it is firstly shown that the amount of heat, which is generated by the shear flow in the oil film and is discharged out of the film, is evaluated appropriately in the film near the pad surface while it is evaluated excessively in the film near the journal surface. Secondly, a new THL model is proposed that the oil film temperature near the pad surface and the temperature near the journal surface are obtained independently, that is, the conventional energy equation for the oil film is solved for the former temperature while the equation described in the relative coordinate system with the journal surface as the reference one is used for the latter temperature. Lastly, it is shown that the THL model can predict the journal surface temperature comparable with the measurement without deteriorating the accuracy of the predicted maximum pad surface temperature.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.17-00024

    Kyutacar

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006503702

  • 新しい熱伝達モデルを組み込んだ熱流体潤滑モデル 査読有り

    畠中 清史

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   63 ( 4 )   294 - 302   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Thermo-hydrodynamic lubrication (THL) models have been applied at the design stage of large-sized high-speed rotary machineries to confirm that the maximum surface temperature of sliding bearing, such as tilting pad journal bearing, under operation is below the upper limit. A single common value of heat transfer coefficient is given between the environment and the five surfaces other than the lubricating one of each pad regardless of operating conditions and/or bearing specifications in the traditional THL model, while a new THL model is proposed with non-traditional heat transfer model incorporated. In this model, the value of locally distributed heat transfer coefficient is determined depending on the operation conditions and/or the bearing specifications. Using the model, it is unnecessary to determine the heat transfer coefficient by an unreasonable estimation, and it is found that the predicted maximum pad surface temperature and also the distribution of pad surface temperature are in good agreement with the measurements.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.17-00022

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006337904

  • k-εモデルに基づくティルティングパッドジャーナル軸受の乱流熱流体潤滑性能解析および実測値との比較 査読有り

    畠中清史

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   81 ( 829 )   15-00253 - 15-00253   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1299/transjsme.15-00253

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjsme/81/829/81_15-00253/_pdf

  • バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼすトップフォイルの浮上および取付状態の影響(第2報:軸受設計変数に関する広範な調査) 査読有り

    畠中清史,道田大樹,橋元洋人

    日本機械学会論文集   77 ( 777 )   1866 - 1878   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • バンプフォイル軸受の理論安定限界速度とホワール比(第2報)-トップフォイルの浮上および取付状態の影響- 査読有り

    畠中清史,生島大喜,道田大樹

    トライボロジスト   55 ( 8 )   585 - 591   2010年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • バンプフォイル軸受の理論最大負荷容量に及ぼすトップフォイルの浮上ならびに取付状態の影響 査読有り

    畠中清史,生島大喜

    トライボロジスト   54 ( 8 )   561 - 565   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • バンプフォイル軸受の安定限界速度に対する軸受設計変数の影響 査読有り

    畠中清史,生島大喜

    日本機械学会論文集(C編)   75 ( 753 )   1361 - 1368   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • バンプフォイル軸受の理論安定限界速度とホワール比(第1報)―過大な静摩擦と組立予圧の影響― 査読有り

    畠中清史,山口陽平,生島大喜

    トライボロジスト   53 ( 12 )   842 - 849   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 混相流の数値解法を応用した浮動ブシュ軸受の内側油膜におけるブシュ駆動トルク 査読有り

    畠中清史,笠原王徳,石橋信彦

    トライボロジスト   53 ( 9 )   612 - 620   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 低給油圧力の浮動ブシュ軸受における高速安定性(第1報)- 安定性に対する内側油膜給排油部の影響 - 査読有り

    畠中清史,梁井寿徳

    トライボロジスト   53 ( 8 )   536 - 543   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 組立て予圧を与えた動圧型気体フォイル軸受の最大負荷容量に対する軸受設計変数の影響 査読有り

    畠中清史,山口陽平

    日本機械学会論文集(C編)   74 ( 741 )   1154 - 1162   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Turbulent thermo-hydrodynamic lubrication models compared with measurements 査読有り

    Masato Tanaka,Kiyoshi HATANEKAKA

    Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part J: Journal of Engineering Tribology   218 ( J5 )   391 - 399   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • バンプフォイル軸受の流体潤滑性能 査読有り

    畠中清史,斉藤勲

    トライボロジスト   48 ( 12 )   1006 - 1013   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Thermohydrodynamic performance of journal bearings with partial reverse flow and finger-type cavitation 査読有り

    Kiyoshi HATAKENAKA,Masato TANAKA

    Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers: Part J Journal of Engineering Tribology   216 ( 5 )   315 - 325   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • A Theoretical Analysis of Floating Bush Journal Bearing With Axial Oil Film Rupture Being Considered 査読有り

    Kiyoshi HATAKENAKA,Masato TANAKA,Kenji SUZUKI

    Transzctions of the ASME, Journal of Tribology   124 ( 3 )   494 - 505   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 油膜の逆流とフィンガー状のキャビテーションを考慮したジャーナル軸受の熱流体潤滑性能 査読有り

    畠中清史,田中正人,鈴木健司

    トライボロジスト   45 ( 8 )   628 - 635   2000年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 軸方向油膜破断を生じた超高速すべり軸受油膜の動特性解析と浮動ブッシュ軸受で支えられたロータの安定性解析への応用 査読有り

    畠中清史,田中正人,鈴木健司

    日本機械学会論文集(C編)   65 ( 640 )   4840 - 4845   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 遠心力の作用を考慮した修正レイノルズ方程式の導出と浮動ブッシュ軸受への適用 査読有り

    畠中清史,田中正人,鈴木健司

    日本機械学会論文集(C編)   65 ( 636 )   3395 - 3400   1999年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

▼全件表示

著書

  • ターボ機械50年の系譜と将来の展望

    宮川和芳他106名(分担執筆)

    ターボ機械協会  2023年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:426-433   記述言語:日本語

    「第IV部ターボ機械技術と変遷」「多領域問題としてのRD流体力実験技術の変遷と展望」の分担執筆者

口頭発表・ポスター発表等

  • 粒子法を応用した同心ジャーナル軸受油膜の粘性トルクに及ぼす遠心力の影響

    寺床海登,畠中清史

    日本機械学会九州支部第76期総会講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月06日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部(鹿児島県鹿児島市)  

    講演番号H13

  • 2溝付き真円軸受の軸受最高温度を予測するためのモデル式に関する検討

    畠中清史,内田渓太郎

    日本機械学会九州支部第76期総会講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月06日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部(鹿児島県鹿児島市)  

    講演番号H12

  • 高速すべり軸受における油膜厚さの光学測定に向けた実験的研究

    上月康史,畠中清史

    日本機械学会九州支部第76期総会講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月06日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部(鹿児島県鹿児島市)  

    講演番号H11

  • 同心ジャーナル軸受の油膜圧力分布に対する粒子配置の効果

    寺床海登,畠中清史

    日本機械学会九州支部第75期総会講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月09日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

    講演番号F13

  • 高速すべり軸受の給油圧力が軸受油膜の駆動トルクに及ぼす影響

    上月康史,畠中清史

    日本機械学会九州支部第75期総会講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月09日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

    講演番号F14

  • 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する研究(第1報)― 油膜観察実験 ―

    上月康史,畠中清史

    日本機械学会九州支部第74期総会講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月10日   記述言語:日本語   開催地:Web開催(福岡大学工学部)  

    講演番号C24

  • 動圧フォイル軸受の流体潤滑特性に及ぼすトップフォイル変形解析モデルの影響

    畠中清史

    トライボロジー会議2020秋 別府 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 Web開催  

  • 簡易熱流体潤滑理論にもとづくパッド表面最高温度の時刻歴

    畠中清史

    トライボロジー会議2020秋 別府 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 Web開催  

  • 簡易熱流体潤滑理論にもとづく真円軸受の新しい設計法

    畠中清史,本田あおい

    トライボロジー会議2020秋 別府 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 Web開催  

  • 動圧型空気フォイル軸受の流体潤滑特性

    畠中清史

    トライボロジー会議2019春 東京 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月20日 - 2019年05月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する実験的研究 - 実験装置の開発 -

    機械情報工学科,嘉陽宗温

    日本機械学会九州支部第72期総会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡県北九州市  

  • 高速すべり軸受の油膜幅縮小に関する実験的研究 - 実験装置の設計 -

    機械情報工学科,嘉陽宗温

    日本機械学会九州学生会第50回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月01日   記述言語:日本語   開催地:佐賀県佐賀市  

  • 大型低速回転機械に対する動圧ジャーナル軸受の適用可能性 -遊星歯車の公転を考慮した過渡解析 -

    機械情報工学科,原岡知史

    日本機械学会九州学生会第49回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分県大分市  

  • ティルティングパッドジャーナル軸受の熱流体潤滑性能 -ジャーナル表面温度の予測精度向上へ向けた考察 -

    機械情報工学科,篠宮瑞生

    日本機械学会九州学生会第49回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分県大分市  

    優秀講演賞を受賞

  • 新しい熱伝達モデルを組み込んだ熱流体潤滑モデル

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(高松)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日 - 2017年11月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 高松  

  • ジャーナル表面温度の予測精度を高める新たな熱流体潤滑モデル

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(高松)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日 - 2017年11月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 高松  

  • 大型低速回転機械に対する動圧ジャーナル軸受の適用可能性 ー軸受静特性ー

    機械情報工学科,石橋亮吾

    日本機械学会九州学生会第48回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月03日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • 有限要素法による動圧すべり軸受の油膜圧力

    機械情報工学科,坂井元

    日本機械学会九州学生会第48回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月03日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • ティルティングパッドジャーナル軸受の熱流体潤滑性能ー一般化エネルギー方程式と油膜 のエネルギー方程式の比較ー

    機械情報工学科,新田涼平

    日本機械学会九州学生会第48回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月03日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県中頭郡  

  • 動圧空気軸受の空気膜圧力に及ぼす数値解法の影響

    機械情報工学科,桑野岳大

    日本機械学会九州学生会第47回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月04日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島県霧島市  

  • ティルティングパッドジャーナル軸受の熱流体潤滑性能 ― 実測値との比較 ―

    機械情報工学科,入江亮輔

    日本機械学会九州学生会第47回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月04日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島県霧島市  

    優秀講演賞を受賞

  • すべり軸受の安定限界速度に及ぼすカップリング剛性の影響

    機械情報工学科,冨松修平

    日本機械学会九州学生会第46回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • 動圧空気フォイル軸受の理論安定限界速度に及ぼすトップフォイルの浮上および後縁の取付状態の影響 ―摩擦がないモデル軸受を用いた場合の設計変数の影響―

    情報システム専攻,藤恭彦

    日本機械学会九州支部第67期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • 動圧ジャーナル軸受の振動特性 -実験データの取得法と処理方法についての再検討-

    機械情報工学科,三浦康太朗

    日本機械学会九州学生会第45回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 大型低速回転機械に対する動圧ジャーナル軸受の適用可能性 -遊星歯車軸受の油膜圧力に及ぼす給油溝の影響-

    機械情報工学科,和田雄也

    日本機械学会九州学生会第45回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 大型低速回転機械を支える動圧ジャーナル軸受の油膜反力に及ぼす数値積分法の影響

    機械情報工学科,田阪法之

    日本機械学会九州学生会第45回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 動圧空気フォイル軸受の理論安定限界速度に及ぼすトップフォイルの浮上および後縁の取付状態の影響 ―静摩擦が大きい場合のモデル軸受と設計変数の影響(第3報)―

    情報システム専攻,藤恭彦

    日本機械学会九州支部第66期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 動圧真円空気軸受の予測性能に及ぼす溝の中心角の影響

    機械情報工学科,井上恭輔

    日本機械学会九州学生会第44回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 阿蘇  

  • 動圧型空気フォイル軸受の理論安定限界速度に及ぼすトップフォイルの浮上および取付状態の影響 -静摩擦が大きい場合のモデル軸受と設計変数の影響(第2報)-

    情報システム専攻,橋元洋人

    日本機械学会九州支部第65期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 大型低速回転機械に対する動圧ジャーナル軸受の適用可能性

    機械情報工学科,竹谷崇

    日本機械学会九州学生会第43回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐世保  

  • 動圧真円空気軸受の予測性能に及ぼす溝の影響

    機械情報工学科,藤恭彦

    日本機械学会九州学生会第43回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐世保  

  • 真円軸受で支える回転軸の理論安定性に及ぼすカップリングの影響

    機械情報工学科,浦川勇人

    日本機械学会九州学生会第43回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐世保  

  • 動圧型空気フォイル軸受の予測性能の検討 -空気膜厚さと最大負荷容量-

    情報システム専攻,道田大樹

    日本機械学会九州支部第64期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 動圧型空気フォイル軸受の理論安定限界速度に及ぼすトップフォイルの浮上と後縁の取付状態の影響 -静摩擦が大きい場合のモデル軸受と設計変数の影響-

    情報システム専攻,橋元洋人

    日本機械学会九州支部第64期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 遠心力と表面張力を考慮したレイノルズ方程式の修正と浮動ブシュ軸受内側油膜への適用

    情報システム専攻,近藤大介

    日本機械学会九州支部第64期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 浮動ブシュ軸受の安定限界速度の実測および理論値との比較

    機械情報工学科,近藤拓郎

    日本機械学会九州学生会第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 高速すべり軸受油膜の観察に関わる実験装置の設計-供試軸受部の設計-

    機械情報工学科,林賢治

    日本機械学会九州学生会第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 動圧型すべり軸受の安定性解析-軸心軌跡を利用した安定判別-

    機械情報工学科,坂井孝浩

    日本機械学会九州学生会第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 動圧型空気軸受の数値性能予測

    機械情報工学科,加藤佑騎

    日本機械学会九州学生会第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 動圧型空気フォイル軸受の最大負荷容量に対する設計変数の影響

    本人

    日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2010 CD-ROM論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月14日 - 2010年09月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 京田辺  

  • 給油溝を考慮した浮動ブシュ軸受の安定性解析

    本人

    日本機械学会2010年度年次大会 講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 動圧型空気フォイル軸受の安定限界速度に対するトップフォイルの浮上の影響

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月17日 - 2010年05月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 動圧型空気フォイル軸受の空気膜特性に対する離散化法の影響

    情報システム専攻, 道田大樹

    日本機械学会九州支部第63期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 浮動ブシュ軸受の安定性に関する実測値と予測値との比較 ~等粘度潤滑理論モデルによる比較~

    情報システム専攻,近藤大介

    日本機械学会九州支部第63期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • フォイル軸受の最大負荷容量に対するトップフォイル浮上の影響 ~バンプフォイルの等価ばね定数との関係~

    情報システム専攻,生島大喜

    日本機械学会九州支部第63期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 真円軸受の安定性に関する研究

    機械情報工学科,橘高和久

    日本機械学会九州学生会第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • 高速浮動ブシュ軸受の安定性に関する研究 ~軸受荷重および内側全円周油溝深さの影響~

    機械情報工学科,久保佑介

    日本機械学会九州学生会第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

    優秀講演賞を受賞

  • 真円空気軸受の安定判別に関する数値解析

    機械情報工学科,橋元洋人

    日本機械学会九州学生会第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • 高速すべり軸受油膜の観察に関わる実験装置の設計 ~供試軸部の設計~

    機械情報工学科,南浩生

    日本機械学会九州学生会第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • 動圧型空気フォイル軸受の最大負荷容量に対するトップフォイルの浮上の影響

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月18日 - 2009年05月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 動圧型空気フォイル軸受の静特性に対するトップフォイルの浮上の影響

    情報システム専攻,生島大喜

    日本機械学会九州支部第62期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 真円空気軸受の安定限界速度の比較

    機械情報工学科,道田大樹

    日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 高速すべり軸受の駆動トルクに関する数値解析

    機械情報工学科,近藤大介

    日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 高速浮動ブシュ軸受の安定性に対する内側全円周油溝深さの影響

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(名古屋)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 動圧型空気フォイル軸受の安定限界速度に対する設計変数の影響

    本人

    日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2008 CD-ROM論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月02日 - 2008年09月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 動圧型空気フォイル軸受の安定性に対する組立予圧の影響

    本人

    日本機械学会2008年度年次大会 講演論文集(4) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月03日 - 2008年08月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 動圧型空気フォイル軸受の安定性に対する摩擦の影響

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月12日 - 2008年05月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 振動数応答法を適用した動圧型空気フォイル軸受の安定性解析

    情報システム専攻,山口陽平

    日本機械学会九州支部第61期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 浮動ブッシュ軸受の安定性に対する内側油膜給油部の影響

    情報システム専攻,梁井寿徳

    日本機械学会九州支部第61期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 動圧型空気軸受のホワール開始速度の実測

    情報システム専攻,柴田顕太郎

    日本機械学会九州支部第61期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 振動数応答法を適用した動圧型真円軸受の安定性解析

    機械情報工学科,生島大喜

    日本機械学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 浮動ブッシュ軸受の高速安定性に対する内側すきま排油部の影響

    機械情報工学科,渡辺勝敬

    日本機械学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 浮動ブッシュ軸受の高速安定性に対する内側油膜給排油部の影響

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(佐賀)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 動圧型気体フォイル軸受の最大負荷容量に対する組立て予圧の影響

    本人

    日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2007 CD-ROM論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月25日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 東広島  

  • 動圧型気体フォイル軸受の最大負荷容量に対する組立て予圧の影響

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月28日 - 2007年05月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • バンプフォイル軸受の最大負荷容量に対する予圧の影響

    情報システム専攻,山口陽平

    日本機械学会九州支部第60期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 動圧型気体軸受に関する実験的研究-供試軸の性能評価-

    情報システム専攻,柴田顕太郎

    日本機械学会九州支部第60期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 浮動ブッシュ軸受の安定性に関する実験的研究-ブッシュ外側の軸受幅の影響-

    情報システム専攻,梁井寿徳

    日本機械学会九州支部第60期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 遠心力と表面張力が作用する高速すべり軸受油膜の静特性解析―修正レイノルズ方程式を利用した解析―

    情報システム専攻,石橋信彦

    日本機械学会九州支部第60期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 回転円板間に挿入した柱状構造物に作用する流体力

    情報システム専攻,大原隆憲

    日本機械学会九州支部第60期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 浮動ブッシュ軸受のブッシュ回転速度に関する実験的研究

    機械システム工学科,諫山周平

    日本機械学会九州学生会第38回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

    優秀講演賞を受賞

  • 浮動ブッシュ軸受内側油膜の駆動トルクに関する数値解析―軸受定数の影響―

    機械システム工学科,西薗友晴

    日本機械学会九州学生会第38回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 浮動ブッシュ軸受の安定性に関する実験的研究 -軸受荷重の影響-

    本人

    日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2006 CD-ROM論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月06日 - 2006年08月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • バンプフォイル軸受の動特性解析

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 浮動ブッシュ軸受の安定性に関する実験的研究

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 水平軸を支えるバンプフォイル軸受の安定性に対する組立誤差の影響

    情報システム専攻,木村正太

    日本機械学会九州支部第59期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 遠心力と表面張力が作用する高速すべり軸受油膜の支配方程式に関する検討

    情報システム専攻,石橋信彦

    日本機械学会九州支部第59期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 水平軸を支える真円気体軸受の安定性に対する組立誤差の影響

    機械システム工学科,山口陽平

    日本機械学会九州学生会第37回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田  

  • 動圧型空気軸受試験装置の設計

    機械システム工学科,柴田顕太郎

    日本機械学会九州学生会第37回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田  

  • 浮動ブッシュ軸受のブッシュ回転速度に関する実験的研究

    機械システム工学科,梁井寿徳

    日本機械学会九州学生会第37回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田  

  • 浮動ブッシュ軸受の駆動トルクに対する軸受設計パラメータの影響

    機械システム工学科,川村大輔

    日本機械学会九州学生会第37回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田  

  • 表面張力を考慮した高速すべり軸受油膜の数値解析

    情報システム専攻,石橋信彦

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • テーパ付き円柱構造物の渦誘起振動に関する数値解析

    情報システム専攻,前田剛治

    日本機械学会九州支部第58期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • CIP法を応用した超高速浮動ブッシュ軸受内側油膜の解析

    情報システム専攻,笠原王徳

    日本機械学会九州支部第58期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • CIP法を利用した超高速ジャーナル軸受油膜の静特性解析

    機械システム工学科

    日本機械学会九州学生会第36回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 円柱周りの三次元流れ解析

    機械システム工学科,大原隆憲

    日本機械学会九州学生会第36回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 高周速ジャーナル軸受の乱流潤滑性能

    日本機械学会九州学生会第36回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • バンプフォイル軸受の不釣合い振動応答に対する軸受諸元の影響

    情報システム専攻,木村正太

    日本機械学会九州支部第58期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • バンプフォイル軸受の不釣合い振動応答

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(鳥取)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取  

  • 波状薄板で支えた円筒状薄板の振動解析

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(鳥取)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取  

  • ウェーブレット変換によるバンプフォイル軸受の安定性解析

    本人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • バンプフォイル軸受の安定性へのウェーブレット応用

    情報システム専攻,斉藤勲

    日本機械学会九州支部第57期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 真円気体軸受の安定性解析へのウェーブレット応用

    機械システム工学科,木村正太

    日本機械学会九州学生会第35回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 可撓面から構成される気体フォイル軸受の安定性解析

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(新潟)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語   開催地: 新潟  

  • バンプ・フォイル軸受で支えたロータの安定性解析

    日本機械学会 (N0.03-7) Dynamics & Design Conference 2003 CD-ROM論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月16日 - 2003年09月20日   記述言語:日本語   開催地: 長崎大学  

  • Numerical Analysis of Free Surface Behavior in Siphon Tube

    Fumio SHIMIZU, Kiyoshi HATAKENAKA, Kazuhiro TANAKA, Hiroshi SHIGEFUJI

    Proceedings of the Seventh Triennial International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月25日 - 2003年08月28日   記述言語:英語   開催地:Sorrento, Italy  

  • Numerical Analysis of Free Surface Deformation in Water Tank

    Fumio SHIMIZU, Kiyoshi HATAKENAKA, Kazuhiro TANAKA, Hiroshi SHIGEFUJI, Takeshi SHIMIZU

    Proceedings of the 4th ASME/JSME Joint Fluids Engineering Division Summer Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年06月06日 - 2003年06月10日   記述言語:英語   開催地:Honolulu, U.S.A  

  • 可撓面から構成される動圧気体軸受の流体潤滑性能

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議(東京)予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月12日 - 2003年05月14日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 層流境界層内の円柱に作用する微小流体力の測定

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • 非定常運動翼まわりの渦構造とその流体力への影響

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • CIP法による流体の数値解析

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • 高速浮動ブッシュ軸受試験装置の設計

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • 円柱の渦誘起振動に関する三次元解析

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集  

  • 斜流ポンプの内部流れ数値解析における先端隙間格子数の影響

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • CIP法を用いた管内圧力伝播の数値解析

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • 人工筋肉の渦制御に対応した機械的特性評価

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • パッドの変形を考慮したティルティングパッドジャーナル軸受軸受の熱流体潤滑性能予測ツールの開発

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月11日   記述言語:日本語   開催地: 琉球大学  

  • Numerical Analysis of Gas/Liquid Interface Including Large Scale Deformation

    Fumio SHIMIZU, Kiyoshi HATAKENAKA, Kazuhiro TANAKA, Hiroshi SHIGEFUJI, Takeshi SHIMIZU

    Proceedings of the 5th JSME-KSME Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月17日 - 2002年11月21日   記述言語:英語   開催地:Nagoya, Japan  

  • 水槽内における自由表面の数値解析

    清水文雄,萩原洋志,畠中清史,田中和博,重藤博司,清水剛

    日本機械学会2002年度年次大会  2002年09月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月25日 - 2002年09月27日   記述言語:日本語   開催地:東京都文京区(東京大学)  

  • Fingerprint Identification System Based on Correlation Method

    Kazuhiro TANAKA, Kohei WATANABE, Kiyoshi HATAKENAKA

    Proceedings of the 10th International Symposium on Flow Visualization 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年08月26日 - 2002年08月29日   記述言語:英語   開催地:Kyoto, Japan  

  • 斜流ポンプ内部流の失速に関する数値解析

    日本機械学会九州学生会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

  • 浮動ブッシュ軸受で支えられたオーバーハングロータの安定性に関する研究

    日本機械学会九州学生会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

  • 円柱の渦誘起振動に関する数値解析

    日本機械学会九州学生会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

  • ティルティングパッドジャーナル軸受の熱流体潤滑性能予測ツールの開発

    日本機械学会九州学生会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

  • ボンドグラフ法による管内圧力変動のシミュレーション

    日本機械学会九州学生会講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

  • 低干渉光源を用いた流速ベクトルの測定

    日本機械学会九州学生会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 大分大学  

  • CCUP法による自由表面を伴う流れ場の数値解析

    萩原洋志,清水文雄,畠中清史,田中和博,重藤博司,清水剛

    日本機械学会九州支部第55期総会講演会  2002年03月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月15日   記述言語:英語   開催地:福岡県北九州市(九州工業大学)  

  • Numerical Calculation of Internal Flow of a Mixed-flow Pump

    Masamichi IINO, Kazuhiro TANAKA, Kiyoshi HATAKENAKA, et al.

    Proceedings of the 9th of International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年02月10日 - 2002年02月14日   記述言語:英語   開催地:Honolulu, Hawaii  

  • CCUP法を用いた水槽内における気液界面の数値解析

    清水文雄,田中和博,畠中清史,重藤博司,清水剛

    第15回数値流体力学シンポジウム  2001年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年12月19日 - 2001年12月21日   記述言語:英語  

  • 3D Numerical Analysis of Whole Flow Field in a Mixed-flow Pump

    Masamichi IINO, Kazuhiro TANAKA and Kiyoshi HATAKENAKA

    Proceedings of International Conference on Marine Engineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月31日 - 2001年11月01日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • Influence of Impeller Profiles on Screw Type Centrifugal Pump Performance

    Yasushi TATEBAYASHI, Kazuhiro TANAKA, Kiyoshi HATAKENAKA

    Proceedings of International Conference on Marine Engineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月31日 - 2001年11月01日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • Numerical Analysis of a Siphon Phenomena

    Yuichiro HIYOSHI,Fumio SHIMIZU,Kiyoshi HATAKENAKA,Kazuhiro TANAKA,Hiroshi SHIGEFUJI,Takeshi SHIMIZU

    Proceedings of International Conference on Marine Engineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月31日 - 2001年11月01日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • Numerical Simulation of Gas/Liquid Two-Phase Flow Using CCUP Scheme

    Fumio SHIMIZU, Kiyoshi HATAKENAKA, Kazuhiro TANAKA, et al.

    Proceedings of International Conference on Marine Engineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月31日 - 2001年11月01日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • ねじ形遠心ポンプの性能に及ぼすハブ角度の影響

    舘林康,田中和博,畠中清史

    日本機械学会流体工学部門講演会  2001年10月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月02日 - 2001年10月03日   記述言語:英語  

  • 異なる形状を持つ回転矩形管内における気液二相流の三次元乱流場の数値解析

    舘林康,横山隆雄,田中和博,畠中清史

    日本混相流学会年会講演会  2001年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月   記述言語:英語   開催地:福岡県北九州市  

  • 油圧システムにおける鋼管と粘弾性管内の動特性に関する研究

    児玉直樹,河上純,江田秀次,山本耕治,田中和博,畠中清史

    日本機械学会九州学生会第32回講演会  2001年03月  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:英語   開催地:鹿児島県鹿児島市  

  • 配管系気相除去による高ボイド率輸送に関する研究

    西田智博,濱野五大,金由澤,田中和博,畠中清史

    日本機械学会九州学生会第32回講演会  2001年03月  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:英語   開催地:鹿児島県鹿児島市  

  • C-CUP法による界面変化の数値解析

    日吉雄一郎,萩原洋志,清水文雄,田中和博,畠中清史

    日本機械学会九州学生会第32回講演会  2001年03月  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:英語   開催地:鹿児島県鹿児島市  

  • ポンプ吸込み管内部流れの数値解析

    梶浜聖純,飯野真成,館林康,田中和博,畠中清史

    日本機械学会九州学生会第32回講演会  2001年03月  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:英語   開催地:鹿児島県鹿児島市  

  • Detailed Bond Graph Models of Turbomachinery

    Kazuhiro TANAKA, Wei-Hong Rong, Katsuya SUZUKI, Fumio SHIMIZU, Kiyoshi HATAKENAKA, Hiroki TANAKA

    2000 26th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月22日 - 2000年10月28日   記述言語:英語   開催地:Nagoya, Japan  

  • A Theoretical Stability Analysis of Floating Bush Journal Bearing with Axial Oil Film Rupture in its Inner Film being Considered

    2000 ASME/STLE International Joint Tribology Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月01日 - 2000年10月04日   記述言語:英語   開催地: Seattle, Washington, USA  

  • フィンガー状キャビティーを考慮したジャーナル軸受の熱流体潤滑性能

    畠中清史,田中正人,鈴木健司

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議1999秋高松  1999年10月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月   記述言語:英語  

  • 遠心力の作用を考慮した修正レイノルズ方程式の導出を浮動ブッシュ軸受の油膜動特性解析への応用

    畠中清史,田中正人,鈴木健司

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  1999年03月  日本機械学会機械力学・計測制御部門

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月   記述言語:英語  

  • 高速浮動ブッシュ軸受の安定性解析

    田中正人,畠中清史

    日本機械学会機械力学・計測制御講演会  1996年08月  日本機械学会機械力学・計測制御部門

     詳細を見る

    開催期間: 1996年08月   記述言語:英語  

  • ティルティングパッドジャーナル軸受の熱流体潤滑性能-油膜逆流発生領域を含む実験的検証-

    畠中清史,田中正人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議1995春東京  1995年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年05月   記述言語:英語  

  • 油膜の逆流を考慮したすべり軸受の熱流体潤滑解析法

    畠中清史,田中正人

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議1994秋金沢  1994年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年10月   記述言語:英語  

  • パッドの弾性変形を考慮したジャーナル軸受の熱流体潤滑性能

    田中正人,畠中清史

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議1994春東京  1994年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年05月   記述言語:英語  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 超高速浮動ブッシュ軸受に関する研究

    研究課題番号:14750101  2002年04月 - 2004年03月   若手研究(B)

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   トライボロジー特論AM

  • 2022年度   トライボロジー特論RO

  • 2022年度   サーモダイナミックス

  • 2022年度   解析Ⅱ

  • 2022年度   解析Ⅰ・同演習

  • 2021年度   トライボロジー特論

  • 2021年度   サーモダイナミックス

  • 2021年度   解析Ⅱ

  • 2021年度   解析Ⅰ・同演習

  • 2020年度   サーモダイナミックス

  • 2020年度   解析Ⅱ

  • 2020年度   解析Ⅰ・同演習

  • 2019年度   トライボロジー特論

  • 2019年度   解析Ⅱ

  • 2019年度   解析Ⅱ

  • 2019年度   解析Ⅰ・同演習

  • 2018年度   解析Ⅱ

  • 2018年度   解析Ⅰ・同演習

  • 2018年度   トライボロジー特論

  • 2018年度   機械数学

  • 2017年度   トライボロジー特論

  • 2017年度   機械数学

  • 2017年度   解析 II ・同演習

  • 2017年度   解析 I ・同演習

  • 2016年度   解析 II ・同演習

  • 2016年度   解析 I ・同演習

  • 2016年度   トライボロジー特論

  • 2016年度   機械数学

  • 2015年度   解析 I ・同演習

  • 2015年度   解析 II ・同演習

  • 2015年度   機械数学

  • 2015年度   トライボロジー特論

  • 2014年度   解析 I ・同演習

  • 2014年度   機械数学

  • 2014年度   解析 II ・同演習

  • 2013年度   機械数学

  • 2013年度   解析 I ・同演習

  • 2013年度   解析 II ・同演習

  • 2012年度   トライボロジー特論

  • 2012年度   解析Ⅱ・同演習

▼全件表示