神谷 亨 (カミヤ トオル)

KAMIYA Tohru

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

画像計測、医用画像

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-884-3185

研究室FAX

093-861-1159

ホームページ

http://lab.cntl.kyutech.ac.jp/~kimlab/index.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 17

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月   九州工業大学   工学部   電気工学   卒業   日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   副理事(国際担当)  

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系   機械知能工学専攻長  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    医用画像情報学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計測工学

  • 知能情報学

  • 医用システム

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 肺音診断支援法に関する研究

    研究期間: 2018年04月  -  継続中

  • 歯科検診用CT画像の画像解析に関する研究

    Dental CT  

    研究期間: 2010年01月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • U-survival for prognostic prediction of disease progression and mortality of patients with COVID-19

    Näppi J.J., Uemura T., Watari C., Hironaka T., Kamiya T., Yoshida H.

    Scientific Reports    11 ( 1 )   2021年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The rapid increase of patients with coronavirus disease 2019 (COVID-19) has introduced major challenges to healthcare services worldwide. Therefore, fast and accurate clinical assessment of COVID-19 progression and mortality is vital for the management of COVID-19 patients. We developed an automated image-based survival prediction model, called U-survival, which combines deep learning of chest CT images with the established survival analysis methodology of an elastic-net Cox survival model. In an evaluation of 383 COVID-19 positive patients from two hospitals, the prognostic bootstrap prediction performance of U-survival was significantly higher (P < 0.0001) than those of existing laboratory and image-based reference predictors both for COVID-19 progression (maximum concordance index: 91.6% [95% confidence interval 91.5, 91.7]) and for mortality (88.7% [88.6, 88.9]), and the separation between the Kaplan–Meier survival curves of patients stratified into low- and high-risk groups was largest for U-survival (P < 3 × 10–14). The results indicate that U-survival can be used to provide automated and objective prognostic predictions for the management of COVID-19 patients.

    DOI Scopus

  • Construction of a Hierarchical Feature Enhancement Network and Its Application in Fault Recognition

    Chen Z., Lu H., Tian S., Qiu J., Kamiya T., Serikawa S., Xu L.

    IEEE Transactions on Industrial Informatics    17 ( 7 ) 4827 - 4836   2021年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Industrial Internet of Things (IIoT) provide significant support for observing and controlling industrial machinery. In this article, a novel hierarchical feature enhancement network (HFEN) is proposed by combining signal processing and representation learning. The signal processing block extracts features with definite physical significance. Then, the representability of the physical features is improved by connecting stacked denoising autoencoders and squeeze-and-excitation networks. A novel two-stream architecture is designed for HFEN to fuse two types of features. Consequently, HFEN can extract features that can be analyzed for physical significance and that are also representative in terms of recognizable patterns. The experimental results prove that the performance of HFEN is satisfactory in terms of accuracy and efficiency when compared to other methods. Finally, this article also aims to demonstrate the potential of a new pairing that fuses the model-and data-driven strategies for IIoT.

    DOI Scopus

  • Computer-aided prediction of COVID-19 progression using unsupervised deep learning of chest CT images

    Uemura T, Näppi JJ, Watari C, Hironaka T, Kamiya T, Yoshida H.

    Computer Assisted Radiology and Surgery      2021年06月  [査読有り]

  • HPSSを用いた呼吸音の自動分類

    丸橋, 浅谷, 陸, 神谷, 間普, 木戸

    医用画像情報学会雑誌    38 ( 2 ) 95 - 10   2021年06月  [査読有り]

  • Optimizing early cancer diagnosis and detection using a temporal subtraction technique

    Miyake N., Lu H., Kamiya T., Aoki T., Kido S.

    Technological Forecasting and Social Change    167   2021年06月  [査読有り]

     概要を見る

    To optimize the early diagnosis and detection of lung cancer, computer-aided diagnostic (CAD) systems have been a useful tool for analyzing medical images. The temporal subtraction technique, which is a CAD system, performs the subtraction operation between the current image and the previous image on the same patient, and supports observation by emphasizing the temporal changes. However, the temporal subtraction technique for 3D images, such as thoracic CT images, has not yet been established. There is a need to develop efficient and highly accurate 3D nonrigid registration techniques to reduce subtraction artifacts. This study aims to develop a 3D nonrigid registration technique to establish a 3D temporal subtraction technique. In particular, we focus on the Finite Element Method, which is versatile, applicable to a wide range of fields, and capable of handling any shape. Our new method was examined on 46 clinical cases with multidetector row computed tomography images. As a result, the proposed method improved by 6.93% (p = 3.0 × 10−6) compared to the conventional methods in terms of the rate of reduction of artifacts, and the effectiveness was verified. Therefore, this study contributes to the literature on early detection and treatment.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 医用画像解析ハンドブック

    金 亨燮 ( 共著 )

    Ohmsha  2012年11月

  • Artificial Intelligence and Robotics

    H. Lu et al. ( 共著 )

    Springer  2017年09月

  • Computational Anatomy Based on Whole Body Imaging

    Hidefumi Kobatake et al. ( 共著 )

    Springer  2017年01月

  • Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applications

    Murakami, Kim, Tan, Ishikawa, Aoki ( 共著 )

    IGI Global  2012年10月 ISBN: 9781466621961

  • Object Tracking

    Sugandi,Kim,Tan,Ishikawa ( 共著 , 担当範囲: Chapter 1: A Block Matching Technique for Object Tracking Based on Peripheral Increment Sign Correlation Image )

    InTech  2011年02月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Automatic Classification of Respiratory Sounds Based on LSTM with Affinity Loss

    Minami, Kamiya, Mabu, Kido

    8th International Symposium on Applied Engineering and Sciences  2020年12月  -  2020年12月   

  • A Detection Method for Liver Cancer Region Based on Faster R-CNN and Level-set Metho

    Furuzuki, Kamiya

    8th International Symposium on Applied Engineering and Sciences  2020年12月  -  2020年12月   

  • YOLOv3を用いた全天球カメラ映像からの障害物認識

    甲斐、陸、神谷

    第33回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会  2020年10月  -  2020年11月    第33回バイオメディカル・ファジィ・システム学会

  • SVMによる胸部CT画像からのドライバー遺伝子情報変異の検出

    吉福、寺澤、神谷、青木

    第33回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会  2020年10月  -  2020年11月    第33回バイオメディカル・ファジィ・システム学会

  • 2つの解像度スペクトルとTF-CRNNによる呼吸音の分類

    浅谷、神谷、間普、木戸

    第33回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会  2020年10月  -  2020年11月    第33回バイオメディカル・ファジィ・システム学会

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 医用画像処理方法及びその装置、プログラム

    特願 '特願2006-114631  特開 特許第4887491  特許 特許第4887491  日本国

    金亨燮,板井善則

     概要を見る

    過去画像と現在画像の比較読影による病変部の強調画像の生成を行う画像解析法

  • A voxel matching technique for removal of artifacts in medical subtraction images

    特願 a  アメリカ合衆国

    土井、桂川、板井、金

     概要を見る

    CT画像からの異常陰影を強調表示するための新技術の開発

講演 【 表示 / 非表示

  • A CAD technique for rheumatoid arthritis on CR images

    International Conference on Machine Intelligence   2020年09月22日 

  • 比較読影のための画像位置合わせ法

    信学技報IE2019-97   2020年03月05日 

  • 画像位置合わせ技術の医療安全への試み

    第46回日本臨床バイオメカニクス学会   2019年11月01日 

  • Non-rigid image registration techniques and its application to medical imaging

    International Symposium on Artificial Intelligence and Robotics   2019年08月22日 

  • A computer aided diagnosis method for identification of rheumatoid arthritis on CR images

    International Conference on Biomedical Signal and Image Processing ( Chengdu, China )  2019年08月13日 

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 日本の技術を韓国の中小企業が事業化

    大徳Net(韓国のメディア)  2008年03月09日

    鹿毛浩之、金亨燮

  • ロボカー自走競う

    朝日新聞  2005年07月22日

    金亨燮

  • 画像と声 患者ホッと (訪問看護に携帯用情報端末)

    朝日新聞  1997年07月09日

    金亨燮

     概要を見る

    訪問看護,携帯端末,画像

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Cum Laude Award at SPIE Medical Imaging

    2021年02月19日   SPIE   日本国

    受賞者:  T. Uemura, J. Näppi, C. Watari, T. Kamiya, H. Yoshida

  • Outstanding Paper Award

    2020年10月13日   International Conference on Control, Automation and Systems   日本国

    受賞者:  Hosoki, Kamiya, Kimura-Nomoto, Okawachi, Nozoe, and Nakamura

  • 第18回情報科学技術フォーラム

    2020年09月02日   情報科学技術フォーラム   指導学生がヤングリサーチャー賞受賞   日本国

    受賞者:  植村

  • 5th International Conference on Biomedical Signal and Image Processing

    2020年08月21日   5th International Conference on Biomedical Signal and Image Processing   指導学生がBest oral presentation award受賞   日本国

    受賞者:  Wu

  • SPIE Medical Imaging

    2020年02月15日   SPIE Medical Imaging   指導学生がHonorable Mention Poster Award受賞   日本国

    受賞者:  Uemura

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • CR画像からの指骨領域の自動抽出とコンピュータ画像診断支援への応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  16K14279

     概要を見る

    CR画像からの指骨領域のセグメンテーション技術の開発と同一被験者の過去・現在画像間の経時的変化の強調表示法の開発

  • 多元計算解剖学の画像診断における臨床展開

    新学術領域研究

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  26108009

     概要を見る

    医用画像処理に関する研究

  • CT経時差分画像を用いた胸部診断支援システムに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26461842

     概要を見る

    CT経時差分画像を用いた胸部診断支援システムに関する研究

  • 脳外科手術支援用3次元非剛体画像位置合わせ法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560506

  • 過去・現在の異なる時期に得られる胸部CT画像の位置合わせ法の開発とその応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  20560397

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 胸部診断精度向上を目指した医療用3次元読影CADシステムの開発

    共同研究

    研究期間:  2012年01月  -  2013年12月

  • 指骨の画像解析に関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2010年04月  -  継続中

  • 頭部画像の位置合わせに関する研究

    その他共同研究等

    研究期間:  2008年04月  -  継続中

  • 胸部MDCT画像の経時差分法の開発と病変部候補領域の抽出

    受託研究

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月

     概要を見る

    胸部MDCT画像の経時差分法の開発と病変部候補領域の抽出

  • ニューラルネットワークによる過去・現在の胸部CT画像からの異常陰影候補領域の自動抽出

    受託研究

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月

     概要を見る

    ニューラルネットワークによる過去・現在の胸部CT画像からの異常陰影候補領域の自動抽出

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 指骨CR画像のコンピュータ画像診断支援法の開発

    提供機関:  北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2015年05月  -  2016年02月

     概要を見る

    指骨CR画像のコンピュータ画像診断支援法の開発

  • 指骨CR画像の経時解析とそれを用いた骨粗鬆症診断システム

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2012年04月  -  2013年02月

     概要を見る

    指骨の画像解析法の開発

  • 全身疾患の予測機能を備えた口腔疾患診断用ソフトウェアの開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月

     概要を見る

    歯科検診用ソフトウェアの開発

  • 胸部CT画像からの経時差分の生成と異常陰影候補領域の自動抽出法の開発

    提供機関:  北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2010年04月  -  2011年03月

  • 脳外科手術ロボットを支援するための高精度な画像位置合わせシステムの開発

    提供機関:  九州産業技術センター 

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月

海外研究歴 【 表示 / 非表示

  • CTC画像解析に関する研究

    延世大学  大韓民国  研究期間:  2020年09月01日  -  継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  情報処理システムⅡ

  • 2020年度  制御工学PBLⅢ

  • 2020年度  知能制御

  • 2020年度  データ処理工学

  • 2020年度  知的システム構成特論

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • Cum Laude Award at SPIE Medical Imaging 2021

    2021年02月   SPIE Medical Imaging 2021

  • Outstanding Paper Award

    2020年10月   International Conference on Control, Automation and Systems

  • Best oral presentation award

    2020年08月   International Conference on Biomedical Signal and Image Processing

  • Honorable Mention Poster Award

    2020年02月   SPIE Medical Imaging

  • Outstanding paper award

    2019年10月   International Conference on Control, Automation and Systems

全件表示 >>

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月30日   FD研修会

  • 2020年07月15日   FD研修会

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月
    -
    2021年03月

    動的画像処理実利用化ワークショップ   プログラム委員

  • 2020年05月
    -
    2020年10月

    20th International Conference on Control, Automation and System   International Program Committee Member

  • 2020年04月
    -
    2020年12月

    医用画像情報学会   査読委員

  • 2020年01月
    -
    2020年10月

    Intl. Conf. on Biomedical Signal and Image Processing 2019   General Chair

  • 2020年01月
    -
    2020年09月

    3rd International Conference on Electronics and Electrical Engineering Technology   Conference Co-Chairs

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 佐賀県立唐津西高等学校

    2021年06月
     
     
  • 福岡雙葉高校

    2019年07月
     
     
  • 熊本県立天草高等学校

    2015年09月
     
     
 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会

    2020年10月31日  -  2020年11月01日  バイオメディカル・ファジィ・システム学会

  • 20th International Conference on Control, Automation and Systems

    2020年10月13日  -  2020年10月16日  International Conference on Control, Automation and Systems

  • 医用画像情報学会令和2年度秋季(第188回)大会

    2020年10月03日  -  2020年10月03日  医用画像情報学会

  • 3rd International Conference on Electronics and Electrical Engineering Technology

    2020年09月27日  -  2020年09月29日  International Conference on Electronics and Electrical Engineering Technology

  • International Conference on Machine Intelligence 2020

    Slovenia  2020年09月22日  -  2020年09月22日  International Conference on Machine Intelligence

全件表示 >>

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • 高麗大学校科学技術大学  2018年04月  -  継続中

  • 天津工業大学  2018年04月  -  継続中