2023/12/26 更新

ニホ トモヤ
二保 知也
NIHO Tomoya
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 9

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 計算力学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学

  • 情報通信 / 計算科学

出身学校

  • 1992年03月   九州工業大学   情報工学部   機械システム工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1997年03月   九州工業大学   情報工学研究科   情報システム   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(情報工学)   1997年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     准教授

  • 2017年03月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   機械情報工学研究系     准教授

論文

  • 抵抗スポット溶接の非定常非線形接触変形・電流・熱伝導3連成有限要素解析 招待有り 査読有り

    二保 知也

    溶接学会誌   90 ( 3 )   177 - 181   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.2207/jjws.90.177

  • Triply coupled analysis method for thin flexible piezoelectric bimorph in fluid 査読有り 国際誌

    Ramegowda P.C., Ishihara D., Takata R., Niho T., Horie T.

    8th International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering, COUPLED PROBLEMS 2019   470 - 480   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Piezoelectric-structure-fluid interaction is a complex multiphysics coupled phenomena appears wherein piezoelectric devices are in contact or surrounded by the fluid media. The piezoelectric energy harvesting using ocean waves, wind flow, and mechanical vibrations are some of the popular energy savaging methods wherein thin piezoelectric bimorphs surrounded by the fluid is used for power harvesting. With recent advances on micro air vehicles actuated by piezoelectric bimorph actuators in the fluid (surrounding media) as attracted the of piezoelectric-structure-fluid interaction. Generally, in these applications, the piezoelectric bimorph is thin, flexible, and surrounded by the fluid. The large deformation of the thin flexible piezoelectric bimorph causes strong interaction with the electric field (piezoelectric effect) and the surrounding fluid, and inversely, these two fields significantly affect the structure. The piezoelectric field-structure-fluid interaction analysis is very significant. In this work, we propose a hierarchal decomposition method to solve piezoelectric-structure-fluid interaction of a piezoelectric bimorph in the fluid. The proposed method is applied to a flexible restrictor flap in converging channel, where the rubber flap is replaced by the piezoelectric bimorphs made of PVDF or PZT-5H. The resonance frequency of the piezoelectric bimorph in the fluid agrees well with the theoretical and numerical pure FSI cases. These results show a good agreement with the previous studies.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85102122633&origin=inward

  • Coupled solid piezoelectric and shell inverse-piezoelectric analysis using partitioned method for thin piezoelectric bimorph with metal layers 査読有り 国際誌

    Ishihara D., Ramegowda P.C., Takata R., Niho T., Horie T.

    8th International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering, COUPLED PROBLEMS 2019   451 - 457   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this study, the coupled solid piezoelectric and shell inverse-piezoelectric analysis method for a thin piezoelectric bimorph with metal layers is proposed. The piezoelectric bimorph is usually thin and includes the metal layers such as the electrode and the shim plate. In the proposed method, the solid and shell elements are used for the piezoelectric and inverse-piezoelectric analyses, respectively, since the solid elements can describe the various types of the distributions of the electric potential along the thickness, and the shell elements are suitable for analyzing the thin structure. The block Gauss-Seidel method is used to couple the solid piezoelectric and shell inverse-piezoelectric analyses. In the iterative passing of the solution variables, the transformation method is used between the solid and shell elements. The rules of mixture for the bending rigidity and the mass are used for modeling the single shell structure in the inverse-piezoelectric analysis. A pseudo-piezoelectric modeling for the conductor is proposed to consider the metal layers in the piezoelectric analysis. This modeling allows us to reuse existing programs of the piezoelectric analysis without any modification.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85102116563&origin=inward

  • 炭素繊維複合材およびドライクロスの誘導加熱解析 査読有り

    中村 俊太, 堀江 知義, 二保 知也, 石原 大輔

    日本AEM学会誌 ( 日本AEM学会 )   29 ( 3 )   576 - 582   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p> Heating analysis of CFRP and carbon fiber dry cloth for aircraft structures, which is expected for a medium-sized aircraft, is performed. Comparing the temperature of test pieces between numerical and experimental results, validity of both experimental and analytical methods is confirmed for both aluminum and carbon dry cloth sheet. Analysis is made for the layers of carbon dry cloth sheet and CFRTP plate.</p>

    DOI: 10.14243/jsaem.29.576

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsaem/29/3/29_576/_pdf

  • Finite element analysis of a thin piezoelectric bimorph with a metal shim using solid direct-piezoelectric and shell inverse-piezoelectric coupling with pseudo direct-piezoelectric evaluation, Composite Structures 査読有り 国際誌

    Prakasha Chigahalli Ramegowda,Daisuke Ishihara,Rei Takata,Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Composite Structures ( Elesevier )   245   112284   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.compstruct.2020.112284

    DOI: 10.1016/j.compstruct.2020.112284

  • Hierarchically decomposed finite element method for a triply coupled piezoelectric, structure, and fluid fields of a thin piezoelectric bimorph in fluid 査読有り 国際誌

    Prakasha Chigahalli Ramegowd,Daisuke Ishihara,Rei Takata,Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering ( Elesevier )   365   113006   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.cma.2020.113006

    DOI: 10.1016/j.cma.2020.113006

  • Element-quality-based stiffening for the pseudoelastic mesh-moving technique 査読有り 国際誌

    Ishihara D., Goto A., Onishi M., Horie T., Niho T.

    International Journal of Computational Methods   17 ( 4 )   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, element-quality-based stiffening (EQBS) was developed as a method of maintaining mesh quality in the pseudoelastic mesh-moving technique. The proposed EQBS technique increases the stiffness of the element based on two element quality parameters, the element area and shape; this differs from techniques used in previous studies. Importantly, EQBS includes the previously proposed Jacobian-based stiffening (JBS) and minimum height-based stiffening (MHBS) techniques as a specific case. Therefore, it is quite general scenario of the selective stiffening of the mesh. The proposed EQBS technique was applied to the mesh-moving of a rectangular domain including a structure consisting of a square and a fin that undergo large translations and rotations. The proposed EQBS technique showed better performance than JBS on test problems with large translations and rotations applied to the structure. This is because EQBS considers the shear deformation of the element in addition to the tensile and compressive deformations.

    DOI: 10.1142/S0219876218501463

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85055150115&origin=inward

  • Fluid-structure and electric interaction analysis of piezoelectric flap in a channel using a strongly coupled FEM scheme 査読有り 国際誌

    Ramegowda P.C., Ishihara D., Takata R., Niho T., Horie T.

    Proceedings of the 6th European Conference on Computational Mechanics: Solids, Structures and Coupled Problems, ECCM 2018 and 7th European Conference on Computational Fluid Dynamics, ECFD 2018   382 - 393   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Electric and Fluid-Structure interaction (EFSI) is a complex coupled multi-physics phenomenon appears in microelectromechanical system (MEMS) when these microdevices are operated in a fluid media. In this study, the EFSI phenomena refer to a combination of electromechanical (electric-structure interaction) coupling and fluid-structure interaction coupling. Both the electromechanical coupling and the fluid-structure interaction can be simulated in a monolithic way or in a partitioned iteration way. In the proposed method the electromechanical coupling is simulated in a partitioned iterative way with separate solvers for the electrical and mechanical equations using block Gauss-Seidel (BGS) iteration method, while the fluid-structure interaction is simulated in a monolithic way by solving the fluid and structure equations simultaneously using a projection method. The proposed algorithm combines these two methods to analyze the strongly coupled EFSI in MEMS. The proposed method is applied to a flexible flap made of piezoelectric bimorph actuator in a converging channel. The EFSI analysis results show a good agreement with FSI results when a very low input bias voltage is applied to the actuator.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065786873&origin=inward

  • Performance Evaluation of Numerical Finite Element Coupled Algorithms for Structure-Electric Interaction Analysis of MEMS Piezoelectric Actuator 査読有り 国際誌

    Ramegowda P., Ishihara D., Niho T., Horie T.

    International Journal of Computational Methods   16 ( 7 )   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This work presents multiphysics numerical analysis of piezoelectric actuators realized using the finite element method (FEM) and their performances to analyze the structure-electric interaction in three-dimensional (3D) piezoelectric continua. Here, we choose the piezoelectric bimorph actuator without the metal shim and with the metal shim as low-frequency problems and a surface acoustic wave device as a high-frequency problem. More attention is given to low-frequency problems because in our application micro air vehicle's wings are actuated by piezoelectric bimorph actuators at low frequency. We employed the Newmark's time integration and the central difference time integration to study the dynamic response of piezoelectric actuators. Monolithic coupling, noniterative partitioned coupling and partitioned iterative coupling schemes are presented. In partitioned iterative coupling schemes, the block Jacobi and the block Gauss-Seidel methods are employed. Resonance characteristics are very important in micro-electro-mechanical system (MEMS) applications. Therefore, using our proposed coupled algorithms, the resonance characteristics of bimorph actuator is analyzed. Comparison of the accuracy and computational efficiency of the proposed numerical finite element coupled algorithms have been carried out for 3D structure-electric interaction problems of a piezoelectric actuator. The numerical results obtained by the proposed algorithms are in good agreement with the theoretical solutions.

    DOI: 10.1142/S0219876218501062

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85045185951&origin=inward

  • A novel coupling algorithm for the electric field–structure interaction using a transformation method between solid and shell elements in a thin piezoelectric bimorph plate analysis 査読有り 国際誌

    Prakasha Chigahalli Ramegowda,Daisuke Ishihara,Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Finite Elements in Analysis and Design ( Elsevier )   159   33 - 49   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.finel.2019.02.001

  • 導体層を有する薄い圧電バイモルフのソリッド圧電-シェル逆圧電分離型解析 査読有り

    高田 黎,石原 大輔,Prakasha Chigahalli Ramegowda,二保 知也,堀江 知義

    日本計算工学会論文集   2019   20190011   7 pages   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11421/jsces.2019.20190011

  • Pseudoelastic mesh–moving using a general scenario of the selective mesh stiffening 査読有り

    Daisuke Ishihara, Atsushi Goto, Minato Onishi, Tomoya Niho, Tomoyoshi Horie

    Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering ( 一般社団法人 日本シミュレーション学会 )   6 ( 1 )   67 - 74   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>The selective mesh stiffening in this study changes the stiffness of the element based on both the element area and shape. It includes the stiffening in the previous studies as a specific case, and leads to a general scenario in the pseudoelastic mesh–moving. This scenario gives better mesh quality in the mesh-moving of a rectangular domain with a structure consisting of a square and a fin undergoes large rotations. This is because the shear deformation of the element is adaptively considered.</p>

    DOI: 10.15748/jasse.6.67

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10228/00007710

  • Cycles of triply coupled mechanical contact, current, and thermal conduction phenomena during resistance spot welding 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Naoki Hayashi,Daisuke Ishihara

    Welding in the World   63 ( 3 )   701 - 713   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s40194-018-00699-5

  • はりとシェルによる昆虫羽ばたき翼のキャンバー生成に対する形状簡略化モデリング 査読有り

    石原 大輔, 横田 順, 大西 南斗, 二保 知也, 堀江 知義

    日本計算工学会論文集   2018   20180018   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11421/jsces.2018.20180018

  • Coupled Finite Element Analysis Model of Structural and Electrical Coupled Analysis for Electrical Contact Resistance 査読有り

    Tomoya NIHO,Hiroyuki KURAMAE,Daisuke ISHIHARA,Tomoyoshi HORIE

    The 13th World Congress on Computational Mechanics / 2nd Pan American Congress on Computational Mechanics   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   New York   2018年08月22日  -  2018年08月27日

  • Micro-FE Modeling for Multiscale Coupled Analysis of Resistance Spot Welding 査読有り

    Hiroyuki KURAMAE,Tomoya NIHO,Tomoyoshi HORIE

    The 13th World Congress on Computational Mechanics / 2nd Pan American Congress on Computational Mechanics   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   New York   2018年08月22日  -  2018年08月27日

  • Coupled Finite Element Analysis Approach Combining In-house and General-purpose FEM Codes 査読有り

    Tomoyoshi Horie, Tomoya Niho, Daisuke Ishihara

    IUTAM Symposium on Co-Simulation and Solver Coupling   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A finite element approach for a coupled numerical simulation of fluid-structure-electric interaction in MEMS 査読有り

    Prakasha Chigahalli Ramegowda,Daisuke Ishihara,Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    VII International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering   999 - 1007   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   Rhodes island   2017年06月12日  -  2017年06月14日

  • Microscale electrical contact resistance analysis for resistance spot welding 査読有り

    Tomoya Niho,Kenji Kubota,Hirochika Aramaki,Hiroyuki Kuramae,Daisuke Ishihara,Tomoyoshi Horie

    VII International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering   1152 - 1158   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   Rhodes island   2017年06月12日  -  2017年06月14日

  • Stability analysis and evaluation of staggered coupled analysis methods for electromagnetic and structural coupled finite element analysis 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie,Junpei Uefuji,Daisuke Ishihara

    Computers & Structures   178   192 - 142   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.compstruc.2016.09.003

    Scopus

  • 3枚重ね抵抗スポット溶接の鋼板間接触面に生じる弾塑性接触変形・電流・熱伝導3連成現象の比較・検討 査読有り

    二保 知也, 堀江 知義, 池上 恭平, 石原 大輔, 松永 賢一, 朱 徳林

    溶接学会論文集 ( 一般社団法人 溶接学会 )   35 ( 2 )   63 - 72   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Resistance spot welding of three steel sheets is used in automotive manufacturing. The determination of welding conditions for three steel sheets welding is more difficult than that for two steel sheets welding because in the former case, two interfaces are simultaneously welded. The welding condition to improve the weld strength of thin and thick sheets' interface is required for thin, thick, and thick sheets welding. In addition, avoiding weld spatter is an important technical concern for the three sheets welding.<br> This paper discusses the triply coupled effects of elasto-plastic large deformation contact, electric current, and thermal conduction for the three sheets welding via triply coupled finite element analyses. The triply coupled effects of thin and thick sheets' interface and those of thick and thick sheets' interface are compared to discuss the special characteristics of the triply coupled effects of three sheets welding.<br> The nugget diameter of the thick and thick sheets' interface is larger than that of the thin and thick sheets' interface because the electrical contact resistance and the base electrical resistance of high-strength steels are higher than those of general-strength steels. Furthermore, the chain of the coupled effects of electrical resistances, Joule heat generation, temperatures, and electrical resistances is strong. As the effect of welding current on temperature by the coupling effect for the thick and thick sheets' interface is stronger than that for the thin and thick sheets' interface, the possibility of spatter increases. Increasing the nugget diameter solely for the thin and thick sheets' interface using electrode force is difficult because the effect of the electrode force on the nugget diameter is approximately the same for both interfaces. On the contrary, material characteristics can affect the nugget diameter solely for either of the interfaces. The possibility of spatter increases for the welding condition with a sheet gap because the temperature of the contact edge for the sheets' interface increases.

    DOI: 10.2207/qjjws.35.63

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005679533

  • Mechanisms of elasto-plastic contact, electric current and thermal conduction triply coupled phenomena during resistance spot welding 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Naoki Hayashi,Daisuke Ishihara

    Proceedings of 10th International conference on Trends in Welding Research & 9th International Welding Symposium of Japan Welding Society   329 - 332   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2016年10月11日  -  2016年10月14日

  • Multiscale Finite Element Multiphysics Analysis of Resistance Spot Welding 査読有り

    Hiroyuki Kuramae,Tomoya Niho,Riku Kusumoto,Jyunya Yamada,Tomoyoshi Horie

    Proceedings of 10th International conference on Trends in Welding Research & 9th International Welding Symposium of Japan Welding Society   333 - 336   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2016年10月11日  -  2016年10月14日

  • Numerical instability of staggered electromagnetic and structural coupled analysis using time integration method with numerical damping 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie,Junpei Uefuji,Daisuke Ishihara

    Proceedings of the International Conference on Computational Methods   3   Paper ID 1962, 8 pages.   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Ameria   Berkeley   2016年08月01日  -  2016年08月04日

  • Hierarchal decomposition for the structure-fluid-electrostatic interaction in a microelectromechanical system 査読有り

    Daisuke Ishihara,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    CMES: Computer Modeling in Engineering & Sciences   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ユーザ開発コードと汎用解析コードを組み合わせた連成有限要素解析方式の提案と実装 査読有り

    二保知也,堀江知義

    日本計算工学会論文集   p.20150015, 7 pages   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11421/jsces.2015.20150015

  • 抵抗スポット溶接における弾塑性接触・電流・熱伝導3連成解析モデルの検討 査読有り

    二保知也,堀江知義,森田雄祐,石原大輔,山川大祐,籾井信之

    溶接学会論文集   33 ( 3 )   271 - 282   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2207/qjjws.33.271

  • Hierarchically decomposed finite element analysis of the structure-fluid-electrostatic interaction 査読有り

    Daisuke Ishihara,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Proceedings of the KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2015   20 - 21   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Fluid-structure interaction analysis for the aerodynamic contribution to the passive pitching motion of dipteran flapping wings 査読有り

    Daisuke Ishihara,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Proceedings of the 8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics   66 - 66   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Finite element analysis using a hierarchal decomposition for the interaction of structure, fluid and electrostatic field in MEMS 査読有り

    Daisuke Ishihara,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Akiyoshi Baba

    Proceedings of the VI International Conference on Coupled Problems in Science and Engineering   1023 - 1028   2015年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An experimental and three-dimensional computational study on the aerodynamic contribution to the passive pitching motion of flapping wings in hovering flies 査読有り

    Daisuke Ishihara,Horie Tomoyoshi,Tomoya Niho

    Bioinspiration and Biomimetics   9   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/1748-3182/9/4/046009

    Scopus

  • 昆虫飛行の受動的ピッチング動力学における空気効果の数値的検討(共著) 査読有り

    石原大輔,堀江知義,二保知也

    日本機械学会論文集   80 ( 812 )   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • MEMS 構造要素における構造‐流体‐静電界連成の階層的分解による有限要素解析(共著) 査読有り

    石原大輔,堀江知義,二保知也,馬場昭好

    日本機械学会論文集   79 ( 804 )   1291 - 1302   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 流体構造連成によって生じるハエ目の受動的ピッチング運動の動力学的相似実験による評価(共著) 査読有り

    石原大輔,吉田翔太郎,志村高規,堀江知義,二保知也

    日本機械学会論文集   78 ( 786 )   300 - 310   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A three-Dimensional Computational Study on the Fluid-Structure Interaction Cause of Wing Pitch Changes in Insect Flapping Flight 査読有り

    Daisuke Ishihara,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   シドニー   2010年07月19日  -  2010年07月23日

    主要論文集(会議)

  • Coupled Effect between Electric Current, Heat and Deformation with Contact for Resistance Spot Welding 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Takahiro Shutoh

    Proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics   263 - 263   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   シドニー   2010年07月19日  -  2010年07月23日

    主要論文集(会議)

  • Study of Welding Condition and Welding Quality for Resistance Spot Welding using Electric -Thermal-Structural Coupled Analysis 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie,Sohei Takaki,Manabu Tsuchiya,Eizaburou Maruyama,Noriyuki Miyazaki

    Proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics   70 - 70   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   シドニー   2010年07月19日  -  2010年07月23日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Non-contact control of elastic vibration with magnetic damping for non-ferromagnetic plate 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics   34 ( 4 )   249 - 264   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.3233/JAE-2010-1315

    Scopus

  • ガガンボの飛行における受動的ピッチング運動と揚力発生に関する研究 査読有り

    石原大輔,山下祐,堀江知義,二保知也

    日本機械学会論文集   76 ( 764 )   601 - 607   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Passive maintenance of high angle of attack and its lift generation during the cranefly's flapping translation 査読有り

    Daisuke Ishihara,Yu Yamashita,Horie Tomoyoshi,Shotaro Yoshida,Tomoya Niho

    Journal of Experimental Biology   212   3882 - 3891   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 構造-非圧縮性粘性流体-静電界連成の強連成解法の開発(第1報, 構造を剛体近似した場合) 査読有り

    石原大輔,窪田篤司,堀江知義,二保知也,吉村忍

    日本機械学会論文集, Vol. 74-744 (A), (2008), pp.   74 ( 744 )   1068 - 1075   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Performance of Coupled Parallel Finite Element Analysis in Grid Computing Environment 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Lecture Notes in Computer Science   4759   262 - 270   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Solution Strategy Suitable for Coupled Parallel Finite Element Analysis Considering Numerical Instability and Solution Accuracy 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Abstracts of Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science   544 - 544   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2007年12月03日  -  2007年12月06日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Solution Strategy Suitable for Coupled Parallel Finite Element Analysis Considering Numerical Instability 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering   733 - 736   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   2007年05月21日  -  2007年05月23日

    代表的研究業績

  • Performance of Coupled Parallel Finite Element Analysis in Grid Computing Environment

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    The 6th International Symposium in High Performance Computing   CD-ROM   2005年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Coupled Parallel Finite Element Analysis for Electromagnetic and Structural Coupled Problem in Grid Computing Environment 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering   219 - 219   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   2005年05月25日  -  2005年05月28日

    代表的研究業績

  • Numerical Instability Analysis of Time Integration Scheme for Staggered electromagnetic and Structural Coupled Problem and Its Stabilization using Numerical Filter 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering   137 - 137   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   2005年05月25日  -  2005年05月28日

    代表的研究業績

  • A Proposal for Parallel Electromagnetic and Structural Coupled analysis Method in Grid Computing Environment 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie

    Abstracts of the Papers Presented at the Minisymposia Sessions of the Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with the Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics   1   65 - 65   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中華人民共和国   2004年09月05日  -  2004年09月10日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Stabilization of Staggered Coupled Analysis by Numerical Filter for Electromagnetic and Structural Coupled Problem 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Abstracts of the Papers Presented at the Minisymposia Sessions of the Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with the Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics   2   366 - 366   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中華人民共和国   2004年09月05日  -  2004年09月10日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Stability of augmented staggered method for electromagnetic and structural coupled problem 査読有り

    Yoshikazu Tanaka,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Eiji Shintaku,Yukio Fujimoto

    IEEE Transactions on Magnetics   40 ( 2 )   549 - 552   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Vibration Control of Non-ferromagnetic Plate with Magnetic Damping Effect 査読有り

    Tomoya Niho,Kyosuke Yoshida,Tomoyoshi Horie

    Proceedings of the 11th International Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics   62 - 63   2003年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    フランス   2003年05月12日  -  2003年05月14日

    代表的研究業績

  • Condition diagnosis of Rotating Machinery using Parameter Waveform of Vibration Signal 査読有り

    Tomoya Niho,Peng Chen,Toshio Toyota

    Proceedings of the International Symposium on Machine Condition Monitoring and Diagnosis   132 - 137   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2002年09月25日  -  2002年09月26日

    代表的研究業績

  • Stability Analysis of Staggered Methods for Electromagnetic and Structural Coupled Problem 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Yoshikazu Tanaka,Tomoya Niho

    Proceedings of the first Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics   1335 - 1340   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    オーストラリア   2001年11月20日  -  2001年11月23日

  • Online Lubrication Performance Monitoring of Fluid Film Bearing by Shaft Vibration Measurement 査読有り

    Toshio Toyota,Tomoya Niho,Takayuki Chiba

    The First International Symposium on Stability Control of Rotating Machinery   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   2001年08月20日  -  2001年08月24日

  • Condition Diagnosis of Reciprocating Machinery Using Information Theory 査読有り

    Toshio Toyota,Tomoya Niho,Peng Chen,Hidemichi Komura

    Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Management   657 - 672   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Condition Monitoring and Diagnosis of Rotating Machinery by Orthogonal Expansion of Vibration Signal 査読有り

    Toshio Toyota,Tomoya Niho,Peng Chen,Hidemichi Komura

    Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Management   752 - 732   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    代表的研究業績

  • Numerical Instability of Magnetic Damping Problem of Elastic Plate 査読有り

    Tomoya Niho,Tomoyoshi Horie,Yoshikazu Tanaka

    IEEE Transactions on Magnetics   36 ( 4 )   1373 - 1376   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Chaotic Dynamicsを用いた回転機械の異常診断(第1報)-高速回転軸のクラック検出への応用- 査読有り

    千葉隆之,二保知也,陳山鵬,豊田利夫,何正嘉(西安交通大学),宋京偉(華東交通大学)

    精密工学会誌   66 ( 2 )   256 - 260   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Simplified Analysis Method for Vibration of Fusion Reactor Components with Magnetic Damping 査読有り

    Yoshikazu Tanaka,Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Fusion Engineering and Design   51 ( 52 )   263 - 271   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Information divergence による回転機械の異常診断 査読有り

    劉信芳,豊田利夫,陳山鵬,馮芳,二保知也

    精密工学会誌   66 ( 1 )   157 - 162   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Numerical Instability of Electromagnetic and Structural Coupled Analysis 査読有り

    Tomoya NIHO,Tomoyoshi HORIE,Yoshikazu TANAKA

    Proceedings of 12th COMPUMAG Conference   62 - 63   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1999年10月24日  -  1999年10月28日

  • 磁気減衰振動現象の評価パラメータ(第2報, 連成強度パラメータによる磁気減衰振動特性評価) 査読有り

    二保知也,堀江知義,田中義和

    日本機械学会論文集(C編)   65 ( 635 )   2643 - 2650   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    代表的研究業績

  • 情報理論による回転機械の劣化傾向管理に関する研究 査読有り

    劉信芳,豊田利夫,陳山鵬,馮芳,二保知也

    日本信頼性学会誌   21 ( 8 )   505 - 514   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 正常時の振動波形のみを用いた回転機械の異常診断(第1報, 振動信号の確率密度分布による摩耗系(高周波型)異常の診断) 査読有り

    豊田利夫,二保知也

    日本設備管理学会誌   11 ( 1 )   4 - 11   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 磁気減衰振動現象の評価パラメータ(第1報, 薄板の磁気減衰挙動の測定) 査読有り

    堀江知義,二保知也,伊達幸利

    日本機械学会論文集(C編)   65 ( 630 )   471 - 476   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 対称型カルバック情報量による回転機械の異常診断 査読有り

    劉信芳,豊田利夫,陳山鵬,二保知也

    日本設備管理学会誌   10 ( 3 )   152 - 157   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 異常診断のための歯車装置の動特性解析 査読有り

    宋京偉(華東交通大学),豊田利夫,陳山鵬,二保知也

    日本設備管理学会誌   10 ( 1 )   8 - 14   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Evaluation Method of Magnetic Damping Effect for Fusion Reactor First Wall 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Yoshikazu Tanaka

    Fusion Engineering and Design   42   401 - 407   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Parallel Electromagnetic-mechanical Coupled Analysis using Combined Domain Decomposition Method 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Hiroyuki Kuramae,Tomoya Niho

    IEEE Transactions on Magnetics   33 ( 2 )   1792 - 1795   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 磁気減衰振動問題における連成モード合成法 査読有り

    堀江知義,二保知也

    日本機械学会論文集C編   63 ( 609 )   1455 - 1461   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Electromagnetic and Structural Coupled Analysis with the Effect of Large Deflection 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    IEEE Transactions on Magnetics   33 ( 2 )   1658 - 1661   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 連成固有値に基づく平板たわみ問題の磁気減衰挙動評価 査読有り

    堀江知義,二保知也,河野智城

    日本AEM 学会誌   4 ( 2 )   40 - 45   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Coupling Intensity Parameter and Its Dependence for Magnetic Damping Problem 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho,Tomoki Kawano

    Electromagnetic Phenomena Applied to Technology   4   61 - 68   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Electromagnetic and Mechanical Interaction Analysis of a Thin Shell Structure Vibrating in an Electromagnetic field 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    International Journal of Applied Electromagnetics in Materials   4   363 - 368   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Electromagnetic and Mechanical Interaction Analysis of a Thin Shell Structure Vibrating in an Electromagnetic field 査読有り

    Tomoyoshi Horie,Tomoya Niho

    Simulation and Design of Applied Electromagnetic Systems   4   109 - 112   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

▼全件表示

著書

  • A coupled finite element analysis approach combining in-house and general-purpose codes

    Horie T., Niho T., Ishihara D.(単著)

    IUTAM Bookseries  2019年01月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Coupled finite element analysis is expected in several fields of research and development, where necessity of coupled analysis of not only two phenomena but also three or more phenomena is increasing. The demand for multiscale and multiphysics analyses is also increasing. A coupled analysis approach that combines an in-house code and a general-purpose commercial finite element analysis code using a message passing interface is very promising for these analyses. To examine the practical usefulness and effectiveness, this approach was applied to the triply coupled and multiscale analyses of a resistance spot welding problem and to the dynamic coupled analysis of an ultra sonic piezoelectric motor. The approach is effective to perform various types of coupled finite element analyses of multiphysics and multiscale problems.

    DOI: 10.1007/978-3-030-14883-6_7

    Scopus

口頭発表・ポスター発表等

  • 誘導加熱による炭素繊維複合材成形のための電磁場・ 熱伝導連成解析

    二保 知也

    第34回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月21日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語  

  • 炭素繊維複合材の誘導加熱融着における機械学習を用 いた最適設計手法の検討重要性

    冨田,志谷,白井,堀江,二保,高木,神原

    第34回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月21日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語  

  • 抵抗スポット溶接における引張せん断強度の接触変形・電流・熱伝導3連成解析

    二保 知也

    第26回計算工学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月26日 - 2021年05月28日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 炭素繊維クロスの非主軸方向抵抗率の検討と融着解析への応用

    堀江,中村,二保,石原

    第33回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月19日 - 2021年05月21日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • アーク溶接の溶け込み量・余盛量解析による適正溶接条件範囲の検討

    二保 知也

    溶接学会全国大会講演概要 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語  

  • 抵抗スポット溶接の電流解析および熱伝導解析における変形効果の重要性

    二保 知也

    第25回計算工学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年06月10日 - 2020年06月12日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 炭素繊維複合材およびドライクロスの誘導加熱解析

    中村,堀江,二保,石原

    第32回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年05月20日 - 2020年05月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 抵抗スポット溶接の接触変形・電流・熱伝導3 連成解析における変形効果の重要性

    二保 知也

    第32回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月16日 - 2019年09月18日   記述言語:日本語   開催地:川越  

  • 枚重ね抵抗スポット溶接の構造・電流・熱伝導3 連成現象および接合強度におよぼす鋼板材質・板組の影響

    二保 知也

    第24回計算工学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月29日 - 2019年05月31日   記述言語:日本語   開催地:大宮  

  • 接触電気抵抗の大規模ミクロスケール接触変形・電流連成有限要素解析

    二保 知也

    第31回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月23日 - 2018年11月25日   記述言語:日本語  

  • マルチスケール抵抗スポット溶接シミュレーションのための酸化皮膜を考慮した微視接触電気抵抗解析

    倉前,二保,羽尻,堀江

    第31回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月23日 - 2018年11月25日   記述言語:日本語  

  • 構造シェル要素と電界ソリッド要素を用いた複合材圧電バイモルフの分離反復型解法

    高田 黎,

    計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月23日 - 2018年11月25日   記述言語:日本語  

  • 鋼板の表面状態を考慮したミクロスケール接触電気抵抗解析 および抵抗スポット溶接解析への応用

    二保 知也

    溶接学会全国大会講演概要 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月12日 - 2018年09月14日   記述言語:日本語  

  • 抵抗スポット 溶接におよぼす構造・電流・熱伝導 3 連成効果の影響度

    二保 知也,中野 陽介,堀江 知義,石原 大輔

    計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月16日 - 2017年09月18日   記述言語:日本語  

  • 弾塑性大変形接触・電流・熱伝導3連成解析と接触電気抵抗解析によるマルチスケール抵抗スポット溶接解析

    二保 知也

    溶接学会全国大会講演概要 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月11日 - 2017年09月13日   記述言語:日本語  

  • 抵抗スポット溶接時の電極・鋼板接触面および鋼板間接触面に生じる連成現象とその溶接品質への影響

    本人

    第24回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月16日 - 2012年05月18日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 抵抗スポット溶接部の溶接品質におよぼす弾塑性接触・電流・熱3連成効果の検討

    情報システム専攻

    日本機械学会第23回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 抵抗スポット溶接時に生じる構造・電流・熱3連成現象におよぼす塑性変形効果の検討

    本人

    日本機械学会第23回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 抵抗スポット溶接におよぼす塑性変形効果の連成FEM解析

    本人

    溶接学会全国大会講演概要87集(平成22年度秋季大会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月07日 - 2010年09月09日   記述言語:日本語  

  • 抵抗スポット溶接の溶接条件が接触・連成効果および溶接品質に与える影響の検討

    情報システム専攻

    第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月19日 - 2010年05月21日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 抵抗スポット溶接における接触・連成効果の電流・熱・構造3連成解析

    本人

    第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月19日 - 2010年05月21日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 抵抗スポット溶接における電流・熱・構造連成現象に及ぼす接触効果の検討

    日本機械学会第22回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月10日 - 2009年10月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 抵抗スポット溶接における接触状態および溶接品質に及ぼす溶接条件の影響の検討

    本人

    日本機械学会第22回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月10日 - 2009年10月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 抵抗スポット溶接におよぼす接触効果の連成FEM解析

    本人

    溶接学会全国大会講演概要85集(平成21年度秋季大会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月09日 - 2009年09月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 徳島  

  • 抵抗スポット溶接の電流・熱・構造3 連成有限要素解析と溶接条件の検討

    本人

    第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月20日 - 2009年05月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 長野  

  • 抵抗スポット溶接における電流・熱・構造3連成解析におよぼす接触効果の検討

    本人

    日本計算工学会第14回計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月12日 - 2009年05月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 抵抗スポット溶接における電流・熱・構造3連成現象の有限要素解析方法

    本人

    日本機械学会第21回計算力学講演会論文集CD-ROM  

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月01日 - 2008年11月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • マイクロマシンのシェル構造-流体-静電界強連成解析手法の開発

    日本機械学会第21回計算力学講演会論文集CD-ROM 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月01日 - 2008年11月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • 抵抗スポット溶接の電流・熱・構造連成有限要素解析による溶接条件の検討

    日本機械学会第21回計算力学講演会論文集CD-ROM  

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月01日 - 2008年11月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • 連成FEM解析に基づくスポット溶接条件のばらつきと溶接品質に関する検討

    本人

    溶接学会全国大会講演概要83集(平成20年度秋季大会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月10日 - 2008年09月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • Solution Strategy Suitable for Coupled Parallel Finite Element Analysis Considering Numerical Instability and Solution Accuracy

    本人

    Proceedings of Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月03日 - 2007年12月06日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 連成有限要素解析の数値的不安定性におよぼす時間積分法および連成アルゴリズムの影響

    本人

    日本機械学会第20回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月26日 - 2007年11月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • Solution Strategy Suitable for Coupled Parallel Finite Element Analysis Considering Numerical Instability

    本人

    Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月21日 - 2007年05月23日   記述言語:英語   開催地: Spain  

  • 電磁構造連成有限要素解析による電磁駆動型カーボンナノチューブアクチュエータの駆動特性解析

    第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月16日 - 2007年05月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • CNT電磁駆動特性の解析

    第56回理論応用力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月07日 - 2007年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 連成並列有限要素解析に適した連成アルゴリズムおよび時間積分法の検討

    本人

    日本機械学会第18回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月19日 - 2006年11月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 筑波  

  • 連成並列有限要素解析に適したプロセス割り当て方法の検討

    本人

    日本機械学会第19回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月03日 - 2006年11月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 連成並列有限要素解析に適した連成アルゴリズムの検討

    日本機械学会第19回計算力学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月03日 - 2006年11月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • グリッド環境の計算資源性能を考慮した連成並列有限要素解析の負荷分散

    本人

    日本計算工学会第11回計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月12日 - 2006年06月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 計算資源の性能および負荷状況を考慮した連成並列有限要素解析のグリッドコンピューティング

    本人

    日本計算工学会第10回計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月31日 - 2005年06月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • Numerical Instability Analysis of Time Integration Scheme for Staggered electromagnetic and Structural Coupled Problem and Its Stabilization using Numerical Filter

    機械情報工学科 堀江知義

    Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering (CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月25日 - 2005年05月28日   記述言語:英語   開催地: Greece  

  • Coupled Parallel Finite Element Analysis for Electromagnetic and Structural Coupled Problem in Grid Computing Environment

    本人

    Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering (CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月25日 - 2005年05月28日   記述言語:英語   開催地: Greece  

  • 電磁構造連成・交互解析の安定化のための数値フィルタの検討

    本人

    日本機械学会第17回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月18日 - 2004年11月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • グリッド環境における計算資源の負荷状況を考慮した連成有限要素解析

    情報システム専攻 玉野 暁士

    日本機械学会第17回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月18日 - 2004年11月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • イオン導電性高分子・金属複合材変形挙動の電気応答・シェル構造解析

    情報システム専攻 渡辺 健一

    日本機械学会第17回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月18日 - 2004年11月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • Stabilization of Staggered Coupled Analysis by Numerical Filter for Electromagnetic and Structural Coupled Problem

    機械情報工学科 堀江知義

    Proceedings CD-ROM of the Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with the Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月05日 - 2004年09月10日   記述言語:英語   開催地: 中華人民共和国  

  • A Proposal for Parallel Electromagnetic and Structural Coupled analysis Method in Grid Computing Environment

    本人

    Proceedings CD-ROM of the Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with the Second Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月05日 - 2004年09月10日   記述言語:英語   開催地: 中華人民共和国  

  • 非磁性構造物の電磁力による振動制御における磁気減衰効果の影響

    本人

    第16回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年06月09日 - 2004年06月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 電磁構造連成・交互解析法で生じる数値的不安定の数値フィルタによる安定化

    本人

    日本機械学会第16回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月22日 - 2003年11月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • 磁気減衰効果を考慮した非磁性構造物の振動制御

    本人

    第15回 「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月28日 - 2003年05月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 弱連成交互解析で生じる数値的不安定性の数値フィルタによる安定化

    本人

    日本計算工学会第8回計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月19日 - 2003年05月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 電磁構造連成現象のグリッド環境における連成並列有限要素解析

    機秋システム工学科 堀江知義

    日本計算工学会第8回計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月19日 - 2003年05月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 電磁構造連成解析における速度起電力項の数値的不安定性への影響

    日本機械学会第15回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月02日 - 2002年11月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • Grid環境における並列電磁構造連成解析方法の提案

    日本機械学会第15回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月02日 - 2002年11月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • 変動磁場中におかれた薄板平板の磁気減衰振動挙動

    第14回 「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月22日 - 2002年05月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山  

  • 交互解法を用いた電磁構造連成解析の安定性評価

    日本計算工学会第7回日本計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月20日 - 2002年05月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 振動信号の時間領域および周波数領域における正常・異常成分の分離

    平成13年度日本設備管理学会 秋季研究発表大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月26日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • Robust Diagnosis Method of Plant Machenery by Hidden Markov Model

    Frontiers in Artificial Intelligence and Applications 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月06日 - 2001年09月08日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Condition Monitoring and Diagnosis of Rotating Machinery by Gram-Charlier Expansion of Vibration Signal

    The First International Symposium on Stability Control of Rotating Machinery 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月20日 - 2001年08月24日   記述言語:日本語   開催地: アメリカ  

  • 統計的性質に基づく振動信号の正常・異常成分の分離

    平成13年度日本設備管理学会 春季研究発表大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年06月14日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 駆動電動機電流を状態変数とする回転機械の状態診断に関する研究

    成13年度 第5回 日本設備管理学会 東海支部主催 設備保全シンポジウム予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月19日 - 2001年04月20日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 振動波形の時間密度関数による往復動機械の異常診断

    平成12年度 日本設備管理学会 秋季研究発表大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月16日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 多変量解析による製紙プロセスの異常診断

    平成11年度日本設備管理学会 秋季研究発表大会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 時間密度情報を用いた外部刺激応答診断の高精度化

    第39回 計測自動制御学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月26日 - 2000年07月28日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • 駆動電動機電流を状態変数とする被駆動回転機械系の異常診断に関する研究(2) -電流信号の機械系異常に対する検出感度の検討-

    第39回計測自動制御学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年07月26日 - 2000年07月28日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • 構造物の打撃検査の高精度化に関する研究(1) -古典制御理論による異常検出-

    平成12年度 日本設備管理学会 春季研究発表大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年06月22日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 回転機械の異常診断用振動音響信号の特徴抽出法に関する研究(2) -音響振動信号のCumulantによる特徴パラメータの自動生成-

    日本音響学会 2000年 春季研究発表会 講演論文集 II 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年03月16日 - 2000年03月17日   記述言語:日本語   開催地: 船橋  

  • 主要固有ベクトルによる回転機械の異常同定

    平成11年度日本設備管理学会 秋季研究発表大会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年11月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • AE信号による回転機械の異常診断に関する研究-Cumulantによる転がり軸受の異常診断-

    日本科学技術連盟 第29回 信頼性・保全性シンポジウム発表報文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年07月15日 - 1999年07月16日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • カオス力学の異常診断への応用に関する研究(1)-弾性回転軸ののクラック検出への応用-

    平成11年度日本設備管理学会 春季研究発表大会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年06月03日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 確率密度関数の Cumulant を用いた回転機械の異常診断

    平成11年度日本設備管理学会 春季研究発表大会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年06月03日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • AE信号を用いた回転機械の異常診断に関する研究(1)~確率密度関数の直交展開による転がり軸受の異常診断~

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月16日 - 1999年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Chaotic Dynamicsを用いた回転機械の異常診断(第1報)~高速回転軸のクラック検出への応用~

    1999年度精密工学会春季大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月16日 - 1999年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 電磁構造連成解析における時間積分法の安定性

    第11回 計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年11月18日 - 1998年11月20日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 正常時の振動波形のみを用いた回転機械の異常診断(第2報)~構造系(低周波型)異常の検出と識別~

    平成10年度日本設備管理学会秋季研究発表大会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年10月08日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 工作機械の多変量解析による異常診断技術の研究

    1998年度精密工学会秋季大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年09月23日 - 1998年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 特徴パラメータの直交化による歯車装置の異常診断

    平成10年度日本設備管理学会春季研究発表大会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年06月26日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 電磁構造連成解析における数値的不安定性の発生条件

    日本機械学会第75期通常総会講演会講演論文集(I) 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年03月30日 - 1998年04月03日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Coupled Mode Superposition Method for Electromagnetic and Structural Coupled Problem

    本人

    Advances in Computational Engineering Science 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年05月04日 - 1997年05月09日   記述言語:英語   開催地: コスタリカ  

▼全件表示

講演

  • 弾塑性接触大変形・電流・熱伝導3連成有限要素解析による抵抗スポット溶接シミュレーションの難しさと面白さ

    日本溶接協会電気溶接機部会技術講演会  2020年10月  日本溶接協会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:オンライン  

学術関係受賞

  • 内閣総理大臣表彰 第9回ものづくり日本大賞 九州経済産業局長賞 製造・技術開発部門

    経済産業省九州経済産業局   ステンレス等の高品質製品組立を実現する瞬間的リングプロジェクション溶接技術の開発   2023年03月02日

    森木 信一,北原 実,堀江 知義,二保 知也,高橋 明宏,山元 直行

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 素形材産業技術賞(一般財団法人素形材センター会長賞)

    一般財団法人素形材センター   ステンレス鋼管のプロジェクション溶接技術の開発   2019年11月01日

    森木信一,北原実,堀江知義,二保知也,高橋明宏,山元直行

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 溶接学会論文賞

    一般社団法人溶接学会   2018年04月25日

    二保 知也,堀江 知義

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 溶接学会溶接技術奨励賞

    一般社団法人溶接学会九州支部   2019年04月20日

    二保知也

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 電磁・流体・構造連成振動現象の連成並列有限要素解析方法の研究

    研究課題番号:18760066  2006年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

  • 電磁構造連成弾性振動を用いた非接触振動制御技術の研究

    研究課題番号:16760178  2004年04月 - 2006年03月   若手研究(B)

  • 磁気減衰効果を用いた構造物の非接触制振方法の研究

    研究課題番号:12750185  2000年04月 - 2002年03月   奨励研究(A)

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   エネルギ原理と有限要素法特論CA

  • 2022年度   エネルギ原理と有限要素法特論AM

  • 2022年度   エネルギ原理と有限要素法特論RO

  • 2022年度   計算力学・演習

  • 2022年度   応力解析の基礎

  • 2022年度   構造システムの基礎Ⅱ

  • 2021年度   エネルギ原理と有限要素法特論

  • 2021年度   計算力学・演習

  • 2021年度   応力解析の基礎

  • 2021年度   構造システムの基礎Ⅱ

  • 2020年度   エネルギ原理と有限要素法特論

  • 2020年度   構造システムの基礎Ⅱ

  • 2019年度   エネルギ原理と有限要素法特論

  • 2019年度   構造システムの基礎Ⅱ

  • 2018年度   エネルギ原理と有限要素法特論

  • 2018年度   はりの力学

  • 2017年度   エネルギ原理と有限要素法特論

  • 2017年度   はりの力学

  • 2016年度   はりの力学

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • Japan Society for Simulation and Technology   The 41st JSST Annual International Conference on Simulation Technology, Finance chair  

    2021年10月 - 2022年09月