2022/09/15 更新

写真a

ヤマザキ トシマサ
山﨑 敏正
YAMAZAKI Toshimasa
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 生命化学情報工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0948-29-7818
研究室FAX
0948-29-7801
外部リンク

研究キーワード

  • 脳波

  • 独立成分分析

  • Bayesian Network

  • 遺伝子発現

  • マルコフ連鎖モンテカルロ法

  • ブレイン・コンピュータ・インタフェース

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  • 情報通信 / 知覚情報処理

取得学位

  • 北海道大学  -  工学博士   1988年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系     教授

論文

  • Representation of the brain network by electroencephalograms during facial expressions 査読有り

    Watanabe A., Yamazaki T.

    Journal of Neuroscience Methods   357   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Background: Facial expressions, such as smiling and anger, cause many physical and psychological effects in the body, known as ‘embodied emotions’ or ‘facial feedback theory.’ In the clinical application of this theory in certain diseases, such as autism and depression, treatments such as forcing patients to smile have been used. However, the neural mechanisms underlying the representation of facial expressions remain unclear. New method: We proposed a method to construct brain networks based on the time course of the synchronization likelihood and determine the effects of various facial expressions on the situation using visual stimulus of faces. This method was applied to analyze electroencephalographic (EEG) data recorded during the recognition and representation of various positive and negative facial expressions. The brain networks were constructed based on the EEG data recorded in 11 healthy participants. Results: Channel sets from brain networks during unsymmetrical smiling expressions (i.e., only the right or left side) were highly linearly symmetrical. Channel sets from brain networks during negative facial expressions (i.e., anger and sadness) and symmetrical smiling expressions (i.e., smiling with an opened or closed mouth) were similar. Comparison with existing methods: While we obtained brain networks based on time course EEG correlations throughout the experiment, existing methods can analyze EEG data only at a certain time point. Conclusions: The comparisons of different facial expressions could be used to identify the side of the facial muscles used while smiling and to determine how similar brain networks are induced by positive and negative facial expressions.

    DOI: 10.1016/j.jneumeth.2021.109158

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85103706514&origin=inward

  • The Effect of Music and White Noise on Electroencephalographic (EEG) Functional Connectivity in Neonates in the Neonatal Intensive Care Unit 査読有り

    Akiyama A., Tsai J.D., W. Y. Tam E., Kamino D., Hahn C., Go C.Y., Chau V., Whyte H., Wilson D., McNair C., Papaioannou V., Hugh S.C., Papsin B.C., Nishijima S., Yamazaki T., Miller S.P., Ochi A.

    Journal of Child Neurology   36 ( 1 )   38 - 47   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © The Author(s) 2020. The purpose of this study is to investigate whether listening to music and white noise affects functional connectivity on scalp electroencephalography (EEG) in neonates in the neonatal intensive care unit. Nine neonates of ≥34 weeks’ gestational age, who were already undergoing clinical continuous EEG monitoring in the neonatal intensive care unit, listened to lullaby-like music and white noise for 1 hour each separated by a 2-hour interval of no intervention. EEG segments during periods of music, white noise, and no intervention were band-pass filtered as delta (0.5-4 Hz), theta (4-8 Hz), lower alpha (8-10 Hz), upper alpha (10-13 Hz), beta (13-30 Hz), and gamma (30-45 Hz). Synchronization likelihood was used as a measure of connectivity between any 2 electrodes. In theta, lower alpha, and upper alpha frequency bands, the synchronization likelihood values yielded statistical significance with sound (music, white noise and no intervention) and with edge (between any 2 electrodes) factors. In theta, lower alpha, and upper alpha frequency bands, statistical significance was obtained between music and white noise (t = 3.12, 3.32, and 3.68, respectively; P <.017), and between white noise and no intervention (t = 4.51, 3.09, and 2.95, respectively, P <.017). However, there was no difference between music and no intervention. Although limited by a small sample size and the 1-time only auditory intervention, these preliminary results demonstrate the feasibility of EEG connectivity analyses even at bedside in neonates on continuous EEG monitoring in the neonatal intensive care unit. They also point to the possibility of detecting significant changes in functional connectivity related to the theta and alpha bands using auditory interventions.

    DOI: 10.1177/0883073820947894

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85089860607&origin=inward

  • Discrimination between Dementia Groups and Healthy Elderlies Using Scalp-Recorded-EEG-Based Brain Functional Connectivity Networks 査読有り

    Sakura Nishijima, Tetsushi Yada, Toshimasa Yamazaki, Yoshiyuki Kuroiwa, Makoto Nakane, Kimihiro Fujino, Toshiaki Hirai, Yasuhisa Baba, Shoko Yamada, Sho Tsukiyama

    Journal of Biomedical Science and Engineering   13 ( 7 )   153 - 167   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/jbise.2020.137015

  • バイオマーカーとしての脳波:brain functional connectivity network 招待有り 査読有り

    山﨑,西嶋,中根,藤野,黒岩

    脳神経内科 ( 科学評論社 )   92 ( 2 )   133 - 140   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Spatiotemporal human brain activities on recalling 4-legged mammal and fruit names 査読有り

    Sugimoto K., Yamanoi T., Toyoshima H., Otsuki M., Ohnishi S., Yamazaki T.

    IFSA-SCIS 2017 - Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 IEEE. The authors have measured electroencephalograms (EEGs) from subjects observing images of 4-legged mammal and/or fruit, and recalling their name silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method has been applied to the induced event related potentials (ERPs): averaged EEGs. The equivalent current dipoles (ECDs) were localized to the primary visual area V1 around 100ms, to the ventral pathway (TE) around 270ms, to the parahippocampal gyrus (ParaHip) around 380ms. Then ECDs were localized to the Broca's area around 450ms, to the fusiform gyrus (FuG) around 600ms, and again to the Broca's area around 760ms. According to the previous researches, the process of search and preservation in the memory is presumed to be done in the ParaHip. From the results of the present experiment, the authors supposed that both long shape and round shape visual stimuli are processes by Wernicke's area, but only long shape pass through angular gyrus (AnG) before arriving at Wernicke's area.

    DOI: 10.1109/IFSA-SCIS.2017.8023250

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030858143&origin=inward

  • Efficiency of independent component analysis for equivalent current dipole localization 査読有り

    Yamanoi T., Tanaka Y., Toyoshima H., Ohnishi S., Yamazaki T.

    IWACIII 2017 - 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Recently, independent component analysis (ICA) has been used especially for EEG analysis. The ICA is a technical method for solving the so-called "cocktail party problem". The present authors applied ICA to single-trial EEGs for preprocessing to verify its efficiency for the EEG analysis thereafter. The authors measured electroencephalograms (EEGs) from subjects when recalling several types of images. Each image presented consisted of four types of line drawings of body parts. The electrodes were fixed on the scalp of subjects during the experiment. However, recorded EEGs had multiple components, including muscle and brain potentials. We thought the ICA is effective to remove these noises. In this paper, the authors attempted to estimate spatiotemporal brain activity using equivalent current dipole source localization (ECDL). First, the authors applied the ICA as preprocessing to be measured EEGs. Then we applied the ECDL method to processed EEGs to estimate spatiotemporal brain activity using the ECDL and three-dipole model. Last, we compared with these results and our previous results using ECDL analysis on Event Related Potentials (ERPs) without using ICA.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85037530584&origin=inward

  • Brain computer interface by use of EEGs on recalling robot image 査読有り

    Yamanoi T., Takayanagi H., Toyoshima H., Yamazaki T., Ohnishi S., Sugeno M.

    ISCIIA 2016 - 7th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016, Fuji Technology Press. All rights reserved. Authors measured electroencephalograms (EEGs) as subjects recognized and recalled ten types of images of robot (PLEN.D, dmm.com) movement presented on a CRT monitor. During the experiment, electrodes were fixed on the scalps of the subjects. Four EEG channels allocated on the right frontal and temporal cortices (Fp2, F4, C4 and F8 according to the international 10-20 system) were used in the discrimination. The authors analyzed a single trial EEGs of the subjects precisely after the latency at 400ms, and determined effective sampling latencies for the discriminant analysis to ten types of images. Sampling data 1 was collected at latencies from 400ms to 900ms at 25ms intervals for each trial. Sampling data 2 was collected from 399ms to 899ms at the same interval and sampling data 3 was collected from 398ms to 898ms at the same interval. Thus, data was an 84 dimensional vector (21 time point x 4 channels). The number of external criteria was 10 (the number of different movement), and the number of explanatory variables was thus 84. The canonical discriminant analysis was applied to those tripled single trial EEGs. Results from the canonical discriminant analysis were obtained using the jackknife method. And discrimination ratio was 100% for each of three subjects. The discriminant results were transmitted to the robot PLEN.D by the blue tooth. We could control the robot with ten commands by single trial EEGs of the subjects who only recalled corresponding robot images.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84997764922&origin=inward

  • 画像認知・想起時脳波によるトランプカードの推定

    山ノ井 髙洋, 豊島 恒, 山﨑 敏正, 大西 真一, 菅野 道夫

    知能と情報   28 ( 3 )   639 - 646   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    著者らは,クラブのトランプAからKまでの13枚の画像をCRT上で被験者に提示し,認知時またそれを想起した際のEEG計測を行なった.著者らが従来から試みている正準判別分析法をこれらのシングルトライアルEEGに適用した.従来から判別に用いている右中前頭回に対応する国際10-20法に対応するEEG計測位置であるFp2とF4,C4,F8の4チャネルからのEEG出力を判別に用いた.サンプリング区間は潜時400msから900msを25ms間隔でサンプリングし,84次元のベクトルデータを構成した.さらに,データを3倍とするサンプリング方法も検討した.ジャックナイフ統計を用いた正準判別分析の結果9人の被験者の判別率は90パーセントを越えた.これにより.トランプカードの推定マジックがトリックなしで90%以上の確率で行えた.

    DOI: 10.3156/jsoft.28.639

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005165111

  • Performance of a Bayesian-network-model-based BCI using single-trial EEGs 査読有り

    「M.Sakamoto」「 H.Yamaguchi」「T.Yamazaki」「K.Kamijo」「T.Yamanoi」

    IEICE TRANS. INF. & SYST.   E98-D ( 11 )   1976 - 1981   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transinf.2015EDP7017

    Scopus

    CiNii Article

  • サイレントシーズンBCI : HMMの性能評価 (MEとバイオサイバネティックス)

    伊東 崇, 山口 ひろみ, 山口 彩夏, 山崎 敏正, 福住 伸一, 山ノ井 高洋

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 514 )   81 - 84   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    本研究の目的は、脳波と音声信号を利用したSSBCI(サイレンスピーチBrain-Computer Interface)において、母音識別に注目した著者らのアルゴリズムを発展させ、子音識別を可能にすることである。まず、発話時の音声信号とブローカ野の活動を反映する脳波の独立成分の関係をKalman Filter (KF)で表現し、音声信号のスペクトログラムから子音/母音列の推移をHMMで学習した。次に、SS時の脳波をKFに入力することで音声信号を推定した。更に推定された音声信号をHMMに入力し対数尤度値を算出し、SSの内容を識別した。その結果、サイレントシーズン(haruとnatsu)の識別率はそれぞれ83%と67%であった。

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110010021856

  • サイレントシーズンBCI : HMMの性能評価 (ニューロコンピューティング)

    伊東 崇, 山口 ひろみ, 山口 彩夏, 山崎 敏正, 福住 伸一, 山ノ井 高洋

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 515 )   81 - 84   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    本研究の目的は、脳波と音声信号を利用したSSBCI(サイレンスピーチBrain-Computer Interface)において、母音識別に注目した著者らのアルゴリズムを発展させ、子音識別を可能にすることである。まず、発話時の音声信号とブローカ野の活動を反映する脳波の独立成分の関係をKalman Filter (KF)で表現し、音声信号のスペクトログラムから子音/母音列の推移をHMMで学習した。次に、SS時の脳波をKFに入力することで音声信号を推定した。更に推定された音声信号をHMMに入力し対数尤度値を算出し、SSの内容を識別した。その結果、サイレントシーズン(haruとnatsu)の識別率はそれぞれ83%と67%であった。

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110010022027

  • トランプカード画像想起時の脳波を用いたBCI

    山ノ井 髙洋, 豊島 恒, 工藤 卓, 大西 真一, 山﨑 敏正, 菅野 道夫

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   31 ( 0 )   741 - 744   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    使用したデータは,正常な視覚を有する22歳の大学生に対して,トランプカードのクラブのエースからキングまでの13枚を被験者に提示し,提示時と想起時のEEGを計測した結果である.なお,被験者の利き手は右であった.それぞれのEEGデータを84個の説明変量を持つデータとして,13群に対する正準判別分析を試みた.外的基準がトランプの画像13種類,説明変量が4chの脳波電極から計測されたEEGデータからサンプリングされた84個のデータである.この際に,それぞれのデータに対してジャックナイフ統計を行った.判別すべき1トライアルのデータを除き,残りのEEGを学習データとして判別係数を求めて,除いた1トライアルのデータに対し,得られた判別係数を用いて判別を試みた.これをすべてのデータに対し試みた.この結果,いずれの被験者に関しても,判別率は90%を越えた.計測したPCからこの判別結果をBluetoothによって,マイクロマウスに送り13種類の動作制御を行う事が可能となった.

    DOI: 10.14864/fss.31.0_741

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005488378

  • 脳のfunctional connectivity network:ネットワーク理論の立場から 査読有り

    「山﨑敏正」「浦田理沙」「藤太一」「黒岩義之」

    神経内科   81 ( 2 )   204 - 209   2014年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Silent Speech BCI -From vowel to consonant recognition 査読有り

    「H.Yamaguchi」「A.Yamaguchi」「T.Yamazaki」「S.Fukuzumi」「T.Yamanoi」

    16th International Conference on Human - Computer Interaction   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ギリシャ   クレタ島   2014年06月22日  -  2014年06月27日

  • Neural prosthesis - Prediction of EMG next torque from EEGs 査読有り

    「T.Toh」「K.Fujikawa」「T.Yamazaki」「J.Ninomiya」

    16th International Conference on Human - Computer Interaction   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A new computational method for single-trial-EEG-based BCI: Proposal of the number of electrodes 査読有り

    「S.Fukuzumi」「H.Yamaguchi」「K.Tanaka」「T.Yamazaki」「T.Yamanoi」「K.Kamijo」

    16th International Conference on Human - Computer Interaction   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-319-07731-4_15

    Scopus

  • Categorial-Data-Based BCI with Motor Imagery Using Equivalent Current Dipole Source Localization 査読有り

    T.Yamazaki et al.

    Journal of Rehabilitation Robotics   2   1 - 12   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • サイレントスピーチBCI-子音識別への拡張- 査読有り

    「山口ひろみ」「山口彩夏」「山﨑敏正」「福住伸一」

    IEICE Technical Report   113 ( 499 )   163 - 166   2014年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synchronization Likelihood (SL)を利用したFunctional Brain Network 査読有り

    「藤太一」「浦田理沙」「山﨑敏正」「黒岩義之」

    IEICE Technical Report   113 ( 499 )   167 - 170   2014年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Silent Speech BCI 招待有り 査読有り

    T.Yamazaki

    The 2nd BMIRC International Symposium on Advances in Bioinformatics and Medical Engineering   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Spatiotemporal human brain activities on recalling names of body parts ii 査読有り

    Yamanoi T., Ohnishi S., Tanaka Y., Otsuki M., Yamazaki T., Sugeno M.

    Studies in Fuzziness and Soft Computing   317   137 - 147   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © Springer International Publishing Switzerland 2014. The authors measured electroencephalograms (EEGs) from subjects who were looking at line drawings of body parts and recalling their names silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method is applied to the event related potentials (ERPs): summed EEGs. ECDs are located in the ventral pathway. The areas are related to the integrated process of visual recognition of pictures and the retrieval of words. Some of these areas are also related to image recognition and word generation. ECDs are localized to the primary visual area V1, to the ventral pathway (ITG: Inferior Temporal Gyrus), to the parahippocampus (ParaHip), the right angular gyrus (AnG), to the right supramarginal gyrus (SMG) and to the Wernike’s area. Then ECDs are localized to the Broca’s area, to the post central gyrus (PstCG) and to the fusiform gyrus (FuG), and again to the Broca’s area. These areas are related to the integrated process of visual recognition of pictures and the retrieval of words. Some of these areas are also related to image recognition and word generation. And process of search and preservation in the memory is done from the result of some ECDs to the paraHip.

    DOI: 10.1007/978-3-319-06323-2_9

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84927710281&origin=inward

  • Spatiotemporal human brain activities on recalling body parts 査読有り

    Yamanoi T., Tanaka Y., Otsuki M., Toyoshima H., Yamazaki T.

    IEEE International Conference on Fuzzy Systems   2418 - 2423   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2014 IEEE. The authors measured electroencephalograms (EEGs) from subjects looking at line drawings of body parts and recalling their names silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method is applied to the event related potentials (ERPs): summed EEGs. ECDs are localized to the primary visual area VI, to the ventral pathway (ITG: Inferior Temporal Gyrus), to the parahippocampus (ParaHip), the right angular gyrus (AnG), to the right supramarginal gyrus (SMG) and to the Wernike's area. Then ECDs are localized to the Broca's area, to the postcentral gyrus (PstCG) and to the fusiform gyrus (FuG), and again to the Broca's area. These areas are related to the integrated process of visual recognition of pictures and the retrieval of words. Some of these areas are also related to image recognition and word generation. And process of search and preservation in the memory is done from the result of some ECDs to the paraHip.

    DOI: 10.1109/FUZZ-IEEE.2014.6891688

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84912521216&origin=inward

  • Spatiotemporal brain activities on recalling names of body parts 査読有り

    Yamanoi T., Tanaka Y., Otsuki M., Toyoshima H., Yamazaki T.

    IFMBE Proceedings   41   547 - 550   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The authors measured electroencephalograms (EEGs) from subjects looking at line drawings of body parts and recalling their names silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method is applied to the event related potentials (ERPs): summed EEGs. ECDs are localized to the primary visual area V1, to the ventral pathway (ITG: Inferior Temporal Gyrus), to the parahippocampal gyrus (ParaHip), the right angular gyrus (AnG), the right supramarginal gyrus (SMG) and the Wernike's area. Then ECDs are localized to the Broca's area, the postcentral gyrus (PstCG) and the fusiform gyrus (FuG), and again the Broca's area. These areas are related to the integrated process of visual recognition of pictures and the recalling of words. Some of these areas are also related to image recognition and word generation. And process of search and preservation in the memory is done from the result of some ECDs to the paraHip. © Springer International Publishing Switzerland 2014.

    DOI: 10.1007/978-3-319-00846-2_135

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84891319318&origin=inward

  • Brain Computer Interface by Use of Single Trial EEG on Recalling of Several Images 査読有り

    Yamanoi T., Toyoshima H., Otsuki M., Ohnishi S., Yamazaki T., Sugeno M.

    Communications in Computer and Information Science   444 CCIS ( PART 3 )   508 - 517   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In order to develop a brain computer interface (BCI), the present authors investigated the brain activity during recognizing or recalling some images of line drawings. The middle frontal robe is known to be related to the function of central executive system on working memory. It is supposed to be so called headquarters of the higher order function of the human brain.Taking into account these facts, the authors recorded Electroencephalogram (EEG) from subjects looking and recalling four types of line drawings of body part, tetra pod, and further ten types of tetra pods, home appliances and fruits that were presented on a CRT. They investigated a single trial EEGs of the subjects precisely after the latency at 400ms, and determined effective sampling latencies for the discriminant analysis to some types of images. They sampled EEG data at latencies from 400ms to 900ms at 25ms intervals by the four channels such as Fp2, F4, C4 and F8. Data were resampled -1 ms and -2 ms backward. Results of the discriminant analysis with the jack knife (cross validation) method for four type objective variates, the discriminant rates for two subjects were more than 95%, and for ten objective variates were almost 80%. © Springer International Publishing Switzerland 2014.

    DOI: 10.1007/978-3-319-08852-5_52

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84904993892&origin=inward

  • Classification of gastric cancer subtypes using ICA, MLR and Bayesian network 査読有り

    Ishii H., Sasaki H., Aoyagi K., Yamazaki T.

    Studies in Health Technology and Informatics   192 ( 1-2 )   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The purpose of this study is to extract genes that could distinguish between two subtypes (diffuse and intestinal) of gastric cancer (GC) from their gene expression profile, to build a classifier based on the genes and to investigate the relationships among the selected genes, because there are big differences in the survival curve and the medical treatment between the subtypes. First, we applied Wilcoxon test, independent component analysis (ICA) and multiple logistic regression (MLR) to the profile, and conducted a classifier consisting of only three genes. We validated the classifier using test data with new 9 samples (blind test). The classifier yielded the accuracy of 100%. Finally, using the 18 genes selected by MLR and specific to each subtype, Bayesian Network was constructed, and compared with the network from GeneMANIA. Consequently, these networks were very similar each other. © 2013 IMIA and IOS Press.

    DOI: 10.3233/978-1-61499-289-9-1014

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84894290902&origin=inward

  • A Bayesian network approach to BCI using ICA and ECDL 査読有り

    T.Yamazaki,M.Sakamoto,K.Kamijo,T.Yamanoi

    NEUROSCIENCE 2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    America   2010年11月  -  2010年11月

    主要論文集(会議)

  • A new single-trial-EEG-based BCI - Validation of quantification method of type II modeling 査読有り

    K.Tanaka,M.Motoi,Y.Sasaguri,T.Yamazaki,H.Takayanagi,T.Yamanoi,K.Kamijo

    29th International Congress of Clinical Neurophysiology   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2010年10月  -  2010年10月

    主要論文集(会議)

  • Dipole localization of EEG and its application to detection of origin of epilepsy 査読有り

    T.Yamanoi,T.Yamazaki

    World Automation Congress 2010   108 - 112   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2010年09月  -  2010年09月

  • Spatiotemporal brain activities during hiragana recognition task

    H.Toyoshima,T.Yamanoi,T.Yamazaki,S.Ohnishi

    工学研究   ( 10 )   51 - 55   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Spatiotemporal brain activity during hiragana recognition task 査読有り

    H.Toyoshima,T.Yamanoi,T.Yamazaki,S.Ohnishi

    The 4th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Application   113 - 117   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2010年08月  -  2010年08月

  • ひらがな単語黙読時における時空間的脳活動の推定

    豊島恒,山ノ井高洋,山﨑敏正,大西真一

    北海学園大学 工学部研究報告   ( 37 )   51 - 57   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 視覚性事象関連電位と自律神経 査読有り

    山﨑 敏正

    神経内科   72 ( 1 )   67 - 71   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Gene-expression based disease class classification using probit model 査読有り

    H.Takahashi,T.Yamazaki,H.Sasaki

    The 20th International Conference on Genome Informatics (GIW2009)   038ー1 - P038ー2   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    横浜   2009年12月14日  -  2009年12月16日

    主要論文集(会議)

  • 視覚性事象関連電位と自律神経 査読有り

    山﨑 敏正

    自律神経   46 ( 5 )   437 - 440   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 右上前頭回からの脳波出力を用いたブレイン・マシン・インターフェイスの基礎研究Ⅱ

    山ノ井高洋,森高篤司,高柳浩,大西真一,山﨑敏正,菅野道夫,野中秀俊

    工学研究(北海学園大学大学院工学研究科紀要)   ( 9 )   21 - 26   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Bayesian network approach to single-trial-EEG-based BCI 査読有り

    M.Sakamoto,T.Yamazaki

    ISBET2009 in Kyoto   171 - 173   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    京都   2009年04月  -  2009年04月

    主要論文集(会議)

  • Micro robot control by use of electroencephalograms from right frontal area 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,S.Ohnishi,M.Sugeno,E.Sanchez

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   13 ( 2 )   68 - 75   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2009年04月  -  2009年04月

    主要論文集(会議)

  • Micro robot control by use of electroencephalograms from right frontal gyrus 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,S.Ohnishi,M.Sugeno,E.Sanchez

    ISCIIA 2008   385 - 394   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年11月  -  2008年11月

    主要論文集(会議)

  • Fundamental research for brain machine interface by use of EEG from right frontal gyrus 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,S.Ohnishi,M.Sugeno,E.Sanchez

    Proc. of 5th International Conference on Soft Computing as Transdisciplinary Science and Technology   118 - 124   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年10月  -  2008年10月

    主要論文集(会議)

  • Localization of the brain activity during stereopsis for random-dot stereo-grams by use of spatiotemporal dipole source localization method 査読有り

    H.Toyoshima,T.Yamanoi,T.Yamazaki,S.Ohnishi

    SCIS & ISIS 2008   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年09月  -  2008年09月

    主要論文集(会議)

  • Classification of gliomas by application of ICA, probit model and MCMC method to gene expression profiles 査読有り

    Y.Ohtorii,T.Yamazaki,S.Kamata,H.Sasaki

    SCIS & ISIS 2008   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年09月  -  2008年09月

    主要論文集(会議)

  • Micro robot control by EEG on mental translation with directional symbols

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,M.Sugeno

    北海学園大学工学部研究報告   ( 8 )   47 - 52   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Discrimination of mental translation by EEG: An equivalent current dipole source localization approach 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,S.Ohnishi,M.Sugeno,E.Sanchez

    12th International Conference on Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems   537 - 542   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年06月  -  2008年06月

    主要論文集(会議)

  • Micro robot control by EEG on mental translation with directional symbols 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,M.Sugeno

    Proc. of 5th International Conference on Computational Intelligence, Robotics and Autonomous Systems   85 - 89   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年06月  -  2008年06月

    主要論文集(会議)

  • Discrimination of mental translation by EEG: An equivalent current dipole source localization approach

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,S.Ohnishi,T.Yamazaki,M.Sugeno,E.Sanchez

    北海学園大学工学部研究報告   ( 35 )   107 - 117   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Discrimination of mental translation by EEG: An equivalent current dipole source localization approach

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,S.Ohnishi,T.Yamazaki,M.Sugeno,E.Sanchez

    北海学園大学 工学部研究報告   ( 35 )   107 - 117   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Movement imagery classification on the basis of single-trial EEGs 査読有り

    T.Yamazaki,H.Maki,H.Takayanagi,K.Kamijo,T.Yamanoi

    2007 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   2007年10月07日  -  2007年10月10日

  • 時空間等価電流双極子推定法によるRDS両眼立体視の脳内処理部位の解析 査読有り

    豊島恒,山の井高洋,山﨑敏正,大西真一

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   18 ( 1 )   102 - 110   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • Dominance of recognition of words presented on right or left eye - Comparison of Kanji and Hiragana 査読有り

    T.Yamanoi,T.Yamazaki,J.-L.Vercher,E.Sanchez,M.Sugeno

    Modern Information Processing: From Theory to Applications   407 - 416   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    代表的研究業績

  • 向きを表す単語と記号に対する時空間的脳活動の比較 査読有り

    豊島恒,山の井高洋,山﨑敏正,大西真一,菅野道夫

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   18 ( 3 )   425 - 433   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • 向きを表す記号による時空間的脳活動の比較

    豊島恒,山の井高洋,大西真一,山﨑敏正,菅野道夫

    北海学園大学工学部研究報告   ( 33 )   175 - 180   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Spatio-temporal dipole modeling of EEGs during perception of straight movements 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki

    13th European Conference on Eye Movements   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年04月  -  2005年04月

  • Human recognition of symbols and words having the same meanings: An EEG and eye movement study 査読有り

    H.Toyoshima,T.Yamanoi,T.Yamazaki,S.Ohnishi

    13th European Conference on Eye Movements   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年04月  -  2005年04月

  • 円の直線移動知覚に関する脳内処理部位の等価電流双極子推定による同定

    山の井高洋,豊島恒,山﨑敏正

    未入力   ( 32 )   175 - 180   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Genome-wide studies for association of SNPs with adverse cardiovascular reactions by calcineurin inhibitors among patients with renal transplants 査読有り

    T.Mushiroda,Y.Ohnishi,S.Saito,Y.Tanaka,T.Yamazaki,N.Kamatani,Y.Beck,H.Tahara,Y.Nakamura

    The 13th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience, Genome Analysis and Medicine   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年12月06日  -  2004年12月08日

  • A new correction for multiple comparions in genome-wide case-control association studies based on haplotypes and diplotype configurations 査読有り

    S.Fujii,T.Yamazaki,M.Yanagisawa,Y.Ohnishi,Y.Nakamura,N.Kamatani

    The 13th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年12月06日  -  2004年12月08日

  • A method for calculating critical values in sequential tests in the context of case-control association studies 査読有り

    J.Takasaki,T.Yamazaki,N.Kamatani

    The 13th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience, Genome Analysis and Medicine   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年12月06日  -  2004年12月08日

  • A statistical clustering method for classifying the Invader assay genotyping data 査読有り

    S.Takitoh,S.Fujii,Y.Mase,N.Kamatani,T.Yamazaki,Y.Ohnishi,Y.Nakamura

    The American Society of Human Genetics, 54th Annual Meeting   511 - 511   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   トロント   2004年10月26日  -  2004年10月30日

  • Genome-wide SNP association studies for cardiovascular adverse reactions by calcineurin inhibitors in renal transplant recipients 査読有り

    T.Mushiroda,Y.Ohnishi,S.Saito,T.Yamazaki,N.Kamatani,Y.Beck,Y.Nakamura

    The American Society of Human Genetics, 54th Annual Meeting   356 - 356   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   2004年10月26日  -  2004年10月30日

  • 動作イメージ課題遂行時の事象関連fMRI 査読有り

    上條憲一,川島隆太,山﨑敏正,喜友名朝春,高木陽子

    生体医工学   42 ( 1 )   16 - 21   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Dominance of recognition of words presented on right or left eye - Comparison of Kanji and Hiragana 査読有り

    T.Yamanoi,T.Yamazaki,J.-L.Vercher,E.Sanchez,M.Sugeno

    IPMU 2004 Proceedings   2   1167 - 1173   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年04月  -  2004年04月

  • Localization of brain activity during perception of circle movement by use of equivalent current dipole analysis 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki,S.Ohnishi

    2004 IEEEE International Conference on Fuzzy Systems Proceedings   1   321 - 324   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2004年04月  -  2004年04月

  • 視差の異なるランダムドットステレオグラム視覚刺激に対する脳内処理過程とその潜時の比較

    山の井高洋,豊島恒,山﨑敏正

    北海学園大学大学院工学研究科紀要工学研究   ( 4 )   63 - 69   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Linear motion processing in the brain: A visual evoked potential study 査読有り

    T.Yamanoi,H.Toyoshima,T.Yamazaki

    ECEM12   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Scotland   Dundee   2003年08月20日  -  2003年08月24日

▼全件表示

著書

  • Difference of Spatiotemporal Human Brain Activities on Recalling Some Fruit Names

    Sugimoto K., Yamanoi T., Toyoshima H., Otuki M., Ohnishi S.i., Yamazaki T.(単著)

    Studies in Fuzziness and Soft Computing  2021年01月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    The authors have measured electroencephalograms (EEGs) from subjects observing images of fruit and recalling them silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method has been applied to those event related potentials (ERPs): averaged EEGs. ECDs were localized to the primary visual area V1 around 100 ms, to the ventral pathway (TE) around 270 ms, to the parahippocampal gyrus (paraHip) around 380 ms. Then ECDs were localized to the Broca’s area around 450 ms, to the fusiform gyrus (FuG) around 600 ms, and again to the Broca’s area around 760 ms. Process of search and preservation in the memory has been done from the result of some ECDs to the paraHip. From the results of the present experiment, we supposed that long (not normal) visual shape stimulus processed on the Wernicke’s area after through the angular gyrus (AnG), but that round shape (normal) visual stimulus processed on the Wernicke without passing through the AnG.

    DOI: 10.1007/978-3-030-47124-8_36

    Scopus

  • 我が故郷の一級品-浅間古墳-

    山﨑敏正(単著)

    2019年04月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Silent Speech Brain-Computer Interface in Japanese

    Toshimasa Yamazaki(単著)

    Lambert Academic Publishing  2016年02月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • 遺伝子発現データと臨床情報を利用したがんサブタイプ探索

    山崎 他

    LE2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語  

  • サイレントスピーチBCI~実用化課題の検討~

    廣瀬 他

    HCGシンポジウム2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月16日 - 2015年12月18日   記述言語:日本語  

  • BFCNによる長期記憶と短期記憶の可視化

    秋山 他

    HCGシンポジウム2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月16日 - 2015年12月18日   記述言語:日本語  

  • 遺伝子発現データに基づく大腸がんサブタイプ探索~教師なし学習法~

    原田佳織

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語  

  • 一般化線形モデルに基づく再帰分割法を利用した卵子の質向上のための排卵誘発法の選択

    篠原里菜

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語  

  • Janken movement discrimination by Bayesian network model using MRPs

    S.Iihoshi

    International Workshop on Machine Vision and Intelligence 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月22日 - 2014年10月23日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu Science and Research Park  

  • 動作イメージBCI-運動準備電位とEMGの関係-

    西田 他

    LE2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語  

  • Silent speech BCI -Prediction of silent season-

    T.Ito et al.

    LE2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語  

  • Brain Functional Connectivity Network-Task遂行時と安静時の比較-

    中渡瀬文伽

    第21回日本生物工学科九州支部熊本大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語  

  • サイレントスピーチBCI-アルゴリズムを規定するパラメータの検討-

    松下 他

    LE2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語  

  • The small-worldness of synchronization likelihood from electroencephalograms various facial expressions

    A.Watanabe, T.Yamazaki

    IWACIII 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月   記述言語:英語  

  • The network analysis using synchronization likelihood and cross-correlation for electroencephalogram during facial expressions

    A.Watanabe and T.Yamazaki

    Neuroscience 2019  SFN

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月   記述言語:英語   開催地:USA  

  • Discriminability among Japanese vowels using early components in silent-speech-related potentials

    S.Tsukiyama, T.Yamazaki

    電子情報通信学会SP・WIT研究会および第6回SSRW2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月27日   記述言語:英語  

  • Real-time silent speech BCI with Japanese hiragana

    S.Gaborit, T.Yamazaki

    電子情報通信学会SP・WIT研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月27日   記述言語:英語  

  • The network analysis using synchronization likelihood and cross-correlation for electroencephalogram during facial expressions

    A.Watanabe, T.Yamazaki

    Neuroscience 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月   記述言語:英語  

  • Segmentation of EEGs during silent speech based on statistical discriminability

    S.Tsukiyama, K.Sunaba, T.Yamazaki

    SICE Annual Conference 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月10日 - 2019年09月13日   記述言語:英語  

  • The small worldness of synchronization likelihood from electroencephalograms during facial expressions

    A.Watanabe and T.Yamazaki

    IWACIII 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月   記述言語:英語  

  • Scalp-recorded EEG based brain functional connectivity networks in Alzheimer's disease

    黒岩、西嶋、中根、藤野、平井、藤野、鈴木、山田、馬場、山﨑

    第60回日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月22日 - 2019年05月25日   記述言語:英語  

  • Differences in scalp-recorded EEG based brain functional connectivity networks between Alzheimer's disease and elderly controls

    S.Nishijima, Y.Kuroiwa, H.Nakane, K.Fujino, T.Hirai, K.Suzuki, Y.Baba, T.Yamazaki

    Neuroscience 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月03日 - 2018年11月07日   記述言語:英語  

  • A method to estimate the active site by the brain functional connectivity networks based on electroencephalograms during various facial expressions

    A.Watanabe, T.Yamazaki

    Neuroscience 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月   記述言語:英語  

  • A method to estimate the active site by the brain functional connectivity networks based on electroencephalograms during various facial expressions

    A.Watanabe and T.Yamazaki

    Neuroscience 2019  SFN

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月   記述言語:英語   開催地:USA  

  • Silent-speech-related potentials –grand averagesによる検討-

    山﨑、東

    第5回SSRW 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月30日   記述言語:日本語  

  • Identification of distinct subtype in colorectal cancer for clinical decision making

    Y.Hosokawa, A.Kitajima, A.Kazahaya, S.Fujii, H.Sasaki, T.Yamanoi, T.Yamazaki

    18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月11日 - 2017年10月14日   記述言語:英語  

  • Subtype classification of colorectal cancer by using miRNA expression data

    A.Kazahaya, S.Fujii, M.Iida, T.Yamazaki

    18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月11日 - 2017年10月14日   記述言語:英語  

  • A method to construct and quantify the brain functional connectivity networks based on synchronization likelihood of electroencephalograms during different facial expressions

    A.Watanabe, T.Yamazaki

    18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems  

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月11日 - 2017年10月14日   記述言語:英語  

  • Brain functional connectivity network-based approach for recognition of Alzheimer's disease in EEG

    S.Nishijima, A.Akiyama, T.Yamazaki, Y.Kuroiwa

    18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月11日 - 2017年10月14日   記述言語:英語  

  • Comparison of spatiotemporal brain activities on recalling tetrapod animals and fruit names

    T.Yamanoi, K.Sugimoto, H.Toyoshima, M.Otsuka, S.Ohnishi, T.Yamazaki

    18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月11日 - 2017年10月14日   記述言語:英語  

  • Prediction of finger flexion speed using EEG power spectral entropy

    K.Ando, H.Nishida, N.Toshima, T.Yamazaki, T.Yamanoi

    18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月11日 - 2017年10月14日   記述言語:英語  

  • Discrimination of finger flexion speed using EEG power spectral entropy

    H.Nishida, N.Toshima, T.Yamazaki, T.Yamanoi

    11th Annual Canadian Neuroscience Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月28日 - 2017年05月31日   記述言語:英語  

  • Dynamic generation of thesaurus from text using deep learning

    K.Matsushita, T.Yamazaki

    11th Annual Canadian Neuroscience Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月28日 - 2017年05月31日   記述言語:英語  

  • Relationship between the modular structures of BFCNs and individual variability in foreign language learning ability

    A.Watanabe, A.Akiyama, T.Yamazaki, E.Soejima, T.Yamamoto

    11th Annual Canadian Neuroscience Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月28日 - 2017年05月31日   記述言語:英語  

  • 頭皮脳波を利用した新たしいBCIアルゴリズムの展開

    山崎

    LE2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語  

  • Neural Prosthesis -運動関連電位と筋電図の関係-

    豊嶋直人

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語  

  • アソシエーション分析による不妊治療に有効な検査項目の関係解析

    秦佳奈絵

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語  

  • 運動関連電位を用いたBayesian network modelによるジャンケン動作識別

    飯星翔平

    ライフエンジニアリング部門シンポジウム2014  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月17日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語  

  • Synchronization Likelihood (SL)を利用したFunctional Brain Networkの構築

    浦田理沙

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語  

  • 主成分分析を利用した遺伝子発現データに基づく胃癌分類器の構築

    太田愛美

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語  

  • タンパク質-タンパク質相互作用と多重比較を考慮した胃癌分類器の作成

    大崎真実

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語  

  • サイレントスピーチBCI-子音識別への拡張-

    山口彩夏

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語  

  • Double重回帰分析をNeural Prosthesisの開発

    藤川久実

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語  

  • ひらがな単語認知過程における時空間的脳活動

    JTS

    第21回ソフトサイエンスワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月19日 - 2011年03月20日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • EEGを用いた脳活動部位推定法について

    北海学園大学

    第21回ソフトサイエンスワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月19日 - 2011年03月20日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • サイレントスピーチBCI-single-trial EEGsと音声信号の利用-

    生命情報工学科・情報科学

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月21日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial-EEG-based BCIの開発-DBNMによる運動準備電位(BP)の表現-

    生命情報工学科・情報科学

    第25回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • ひらがな単語黙読時における時空間的脳活動

    北海学園大学,山ノ井高洋

    第26回ファジィシステムシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial-EEG-based BCI: first step for generalization to Dynamic Bayesian Network Model

    生命情報工学科・情報科学

    生体医工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月25日 - 2010年06月27日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial-EEG-based BCI: task classification and prediction by Bayesian Network Model

    生命情報工学科

    生体医工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月25日 - 2010年06月27日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial-EEG-based BCIの開発-Bayesian Network Modelの性能評価-

    情報工学部生命情報工学科 坂本麻似子

    電気学会研究会資料(医用・生体工学研究会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月18日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 単一試行脳波を利用したBCIの開発-LOOCVによる数量化分析Ⅱ類の性能評価-

    情報工学部生命情報工学部 田中一史

    第16回日本生物工学会九州支部飯塚大会(2009)講演要旨集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 遺伝子発現データを用いたICAによる疾患サブクラス分類

    情報工学部生命情報工学科 高橋英之

    第16回日本生物工学会九州支部飯塚大会(2009)講演要旨集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial-EEG-based BCIの開発-Bayesian Network Modelによるイメージした手の左右識別-

    情報工学部生命情報工学科 後藤あい

    第16回日本生物工学会九州支部飯塚大会(2009)講演要旨集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 単一試行脳波に基づいたBCIの開発-数量化分析Ⅱ類の性能評価-

    情報工学部生命情報工学科 田中一史

    第3回ブレイン・バイオコミュニケーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • Single-trial EEGsを利用したBCIの開発-数量化分析Ⅱ類による分類精度について-

    生命情報工学科 本井美甫

    電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial EEGsを利用したBCIの開発-ICA結果の再現性について-

    生命情報工学科 片野坂匡裕

    電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 視覚性事象関連電位と自律神経

    本人

    第61回日本自律神経学会総会 プログラム・抄録集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial EEGsを利用したBCIの実現に向けて-ICA、ECDL、数量化分析Ⅱ類、BNMの適用-

    本人

    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 向きを表す単語と記号に対する脳内活動の比較II

    北海学園大学 山ノ井高洋

    第23回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 向きを表す記号イメージング時EEGによるマイクロロボット制御

    北海学園大学 山ノ井高洋

    第24回ファジィシステムシンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 向きを表す記号・漢字イメージング時EEGによるマイクロロボット制御

    北海学園大学 山ノ井高洋

    第4回 脳と知能研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Single-trial EEGsによる動作イメージの分類について

    株式会社ジャパンテクニカルソフトウエア

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月21日 - 2007年11月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 宇都宮市  

  • Single-trial EEGsを利用したBCIの開発-ICA,ダイポール推定,数量化分析Ⅱ類による解析-

    本人

    2007年電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 固形がんのトランスクリプトームデータ解析の標準的フローの確立に向けて

    国立がんセンター研究所

    「オミックス(トランスクリプトーム・プロテオーム・メタボロームの融合)医療が拓く未来2006」セミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月03日 - 2006年10月04日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • ICAとダイポール解析によるsingle-trial EEG-based BCIの基礎的検討

    ㈱ジャパンテクニカルソフトウエア

    第21回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語  

  • 立体視認知における時空間的脳活動モデルの等価電流双極子推定法を用いた構築

    北海学園大学

    第21回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 向きを表す単語と記号に対する脳内活動の比較:EEGによる研究

    北海学園大学

    第20回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 等価電流双極子推定法による向きを表す単語と記号に対する認知過程の比較

    北海学園大学

    生体医工学シンポジウム2005プログラム・予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 円の直線移動知覚に関する脳内処理部位の等価電流双極子推定

    北海学園大学

    第21回ファジィシステムシンポジウム講演論文概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 向きを表す単語と記号に対する脳内活動

    北海学園大学

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 動作イメージ関連電位を利用したBCI開発のための基礎検討-128チャネル事象関連電位のダイポール解析-

    ㈱ジャパンテクニカルソフトウエア

    第20回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 円の直線移動視覚刺激に関する脳内処理部位の等価電流双極子による推定

    北海学園大学

    第19回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月01日 - 2004年11月03日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • SNPを用いたゲノムワイドcase-control相関解析における仮説検定により算出されたp値の妥当性の検討

    NTT

    日本人類遺伝学会第49回大会 プログラム・抄録集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月12日 - 2004年10月14日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Invader Assay法の出力結果の自動クラスタリング手法-最短距離法を初期値としたMCMC法による手法-

    早稲田大学

    日本人類遺伝学会第49回大会 プログラム・抄録集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月12日 - 2004年10月14日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 視差の異なるランダムドットステレオグラム視覚刺激に対する脳内処理部位とその過程の比較検討

    北海学園大学

    生体医工学シンポジウム2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月30日   記述言語:日本語  

  • 円移動知覚に関する脳内処理部位の等価電流双極子推定による同定

    北海学園大学

    第20回ファジィシステムシンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年06月04日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 視差の異なるランダムドットステレオグラムに対する脳内処理過程の比較検討

    北海学園大学

    第20回ファジィシステムシンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年06月04日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 視差の異なるランダムドットステレオグラムに対する脳内処理部位とその潜時について

    北海学園大学

    情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月24日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 円移動知覚に関する脳内処理部位の推定

    北海学園大学

    日本エム・イー学会誌 生体医工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月20日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 視差の異なるランダムドットステレオグラムに対する脳内処理過程の比較

    北海学園大学

    日本エム・イー学会誌 生体医工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月20日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 円の移動に対する脳内処理部位の推定

    北海学園大学

    平成15年電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月18日   記述言語:日本語  

  • 左右視野に提示された単語認知課題遂行時の事象関連電位

    北海学園大学

    平成15年電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月18日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 時分割液晶シャッターによる単語認知課題遂行時の事象関連電位

    北海学園大学

    第18回生体・生理工学シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月06日 - 2003年10月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟  

  • 左右視野に提示された単語の半球優位性

    北海学園大学

    第19回ファジィシステムシンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月08日 - 2003年09月10日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 時分割液晶シャッターによる単語認知課題遂行時の事象関連電位-漢字とひらがなの比較-

    北海学園大学

    生体医工学シンポジウム2003 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月05日 - 2003年09月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌  

  • 円移動の視覚刺激処理に関する脳内部位の推定

    北海学園大学

    第56回形の科学シンポジウム 形の科学会誌 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語  

▼全件表示

講演

  • Silent Speech Brain-Computer Interfaceの研究動向

    SOFT九州支部夏季ワークショップ2019 in 福岡  2019年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

報道関係

  • 頭の中の言葉 解読

    山崎敏正

    西日本新聞  2016年01月04日

  • 「心の声」脳波から解読

    山崎敏正

    読売新聞  2015年10月29日

科研費獲得実績

  • 単一試行脳波を利用したサイレントスピーチ認識システム-連続音声認識への拡張-

    研究課題番号:15K00276  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • サイレントスピーチBCI

    研究課題番号:23500151  2011年04月 - 2014年03月   基盤研究(C)

  • ICA、ECDL、DBNを利用した、単一試行脳波によるBCIの開発

    研究課題番号:20300196  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(B)

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   脳波工学特論

  • 2021年度   生命化学情報工学プロジェクト研究

  • 2021年度   脳情報工学

  • 2021年度   応用数学

  • 2021年度   線形代数Ⅰ

  • 2020年度   脳波工学特論

  • 2020年度   生命化学情報工学プロジェクト研究

  • 2020年度   脳情報工学

  • 2020年度   応用数学

  • 2020年度   線形代数Ⅰ

  • 2019年度   脳波工学特論

  • 2019年度   脳波工学

  • 2019年度   生命情報工学プロジェクト研究

  • 2019年度   応用数学

  • 2019年度   線形代数Ⅰ

  • 2018年度   線形代数Ⅰ

  • 2018年度   生化数学・演習-1

  • 2018年度   生化数学・演習-2

  • 2018年度   生命情報工学プロジェクト研究

  • 2018年度   脳波工学

  • 2018年度   脳波工学特論

  • 2017年度   生化数学・演習-2

  • 2017年度   生化数学・演習-1

  • 2017年度   線形代数Ⅱ

  • 2017年度   線形代数I

  • 2017年度   生命情報工学プロジェクト研究

  • 2017年度   脳波工学特論

  • 2017年度   脳波工学

  • 2016年度   脳波工学特論

  • 2016年度   生化数学・演習-2

  • 2016年度   生化数学・演習-1

  • 2016年度   医用工学・ゲノム情報学実験

  • 2016年度   線形代数Ⅱ

  • 2016年度   線形代数I

  • 2015年度   生命情報工学概論

  • 2015年度   生化数学・演習

  • 2015年度   バイオテクノロジー実験 II

  • 2015年度   脳波工学特論

  • 2014年度   生命情報工学概論

  • 2014年度   生化数学・演習

  • 2014年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2014年度   脳機能計測解析特論

  • 2013年度   脳機能計測解析特論

  • 2013年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2012年度   科学技術英語 II

  • 2012年度   生化数学・演習

  • 2012年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2012年度   生命情報工学概論

  • 2012年度   脳機能計測解析特論

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 平成27年度須津まちづくりセンター成人講座

    2016年02月28日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    上記講座にて、「浅間古墳考-わがふるさとの一級品-」と題して講演を行った。

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 -情報工学の可能性は∞-

    2010年07月23日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立加世田高等学校 2~3年