山﨑 敏正 (ヤマザキ トシマサ)

YAMAZAKI Toshimasa

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

ブレイン・コンピュータ・インタフェース 脳波 独立成分分析 Bayesian Network 遺伝子発現 マルコフ連鎖モンテカルロ法

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7818

研究室FAX

0948-29-7801

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  工学博士  1988年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生命・健康・医療情報学

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 知覚情報処理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • バイオマーカーとしての脳波:brain functional connectivity network

    山﨑,西嶋,中根,藤野,黒岩

    脳神経内科  ( 科学評論社 )  92 ( 2 ) 133 - 140   2020年02月  [査読有り]  [招待有り]

  • Spatiotemporal human brain activities on recalling 4-legged mammal and fruit names

    Sugimoto K., Yamanoi T., Toyoshima H., Otsuki M., Ohnishi S., Yamazaki T.

    IFSA-SCIS 2017 - Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems      2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 IEEE. The authors have measured electroencephalograms (EEGs) from subjects observing images of 4-legged mammal and/or fruit, and recalling their name silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method has been applied to the induced event related potentials (ERPs): averaged EEGs. The equivalent current dipoles (ECDs) were localized to the primary visual area V1 around 100ms, to the ventral pathway (TE) around 270ms, to the parahippocampal gyrus (ParaHip) around 380ms. Then ECDs were localized to the Broca's area around 450ms, to the fusiform gyrus (FuG) around 600ms, and again to the Broca's area around 760ms. According to the previous researches, the process of search and preservation in the memory is presumed to be done in the ParaHip. From the results of the present experiment, the authors supposed that both long shape and round shape visual stimuli are processes by Wernicke's area, but only long shape pass through angular gyrus (AnG) before arriving at Wernicke's area.

    DOI Scopus

  • Efficiency of independent component analysis for equivalent current dipole localization

    Yamanoi T., Tanaka Y., Toyoshima H., Ohnishi S., Yamazaki T.

    IWACIII 2017 - 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics      2017年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Recently, independent component analysis (ICA) has been used especially for EEG analysis. The ICA is a technical method for solving the so-called "cocktail party problem". The present authors applied ICA to single-trial EEGs for preprocessing to verify its efficiency for the EEG analysis thereafter. The authors measured electroencephalograms (EEGs) from subjects when recalling several types of images. Each image presented consisted of four types of line drawings of body parts. The electrodes were fixed on the scalp of subjects during the experiment. However, recorded EEGs had multiple components, including muscle and brain potentials. We thought the ICA is effective to remove these noises. In this paper, the authors attempted to estimate spatiotemporal brain activity using equivalent current dipole source localization (ECDL). First, the authors applied the ICA as preprocessing to be measured EEGs. Then we applied the ECDL method to processed EEGs to estimate spatiotemporal brain activity using the ECDL and three-dipole model. Last, we compared with these results and our previous results using ECDL analysis on Event Related Potentials (ERPs) without using ICA.

    Scopus

  • Brain computer interface by use of EEGs on recalling robot image

    Yamanoi T., Takayanagi H., Toyoshima H., Yamazaki T., Ohnishi S., Sugeno M.

    ISCIIA 2016 - 7th International Symposium on Computational Intelligence and Industrial Applications      2016年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2016, Fuji Technology Press. All rights reserved. Authors measured electroencephalograms (EEGs) as subjects recognized and recalled ten types of images of robot (PLEN.D, dmm.com) movement presented on a CRT monitor. During the experiment, electrodes were fixed on the scalps of the subjects. Four EEG channels allocated on the right frontal and temporal cortices (Fp2, F4, C4 and F8 according to the international 10-20 system) were used in the discrimination. The authors analyzed a single trial EEGs of the subjects precisely after the latency at 400ms, and determined effective sampling latencies for the discriminant analysis to ten types of images. Sampling data 1 was collected at latencies from 400ms to 900ms at 25ms intervals for each trial. Sampling data 2 was collected from 399ms to 899ms at the same interval and sampling data 3 was collected from 398ms to 898ms at the same interval. Thus, data was an 84 dimensional vector (21 time point x 4 channels). The number of external criteria was 10 (the number of different movement), and the number of explanatory variables was thus 84. The canonical discriminant analysis was applied to those tripled single trial EEGs. Results from the canonical discriminant analysis were obtained using the jackknife method. And discrimination ratio was 100% for each of three subjects. The discriminant results were transmitted to the robot PLEN.D by the blue tooth. We could control the robot with ten commands by single trial EEGs of the subjects who only recalled corresponding robot images.

    Scopus

  • 画像認知・想起時脳波によるトランプカードの推定

    山ノ井 髙洋, 豊島 恒, 山﨑 敏正, 大西 真一, 菅野 道夫

    知能と情報    28 ( 3 ) 639 - 646   2016年01月

     概要を見る

    著者らは,クラブのトランプAからKまでの13枚の画像をCRT上で被験者に提示し,認知時またそれを想起した際のEEG計測を行なった.著者らが従来から試みている正準判別分析法をこれらのシングルトライアルEEGに適用した.従来から判別に用いている右中前頭回に対応する国際10-20法に対応するEEG計測位置であるFp2とF4,C4,F8の4チャネルからのEEG出力を判別に用いた.サンプリング区間は潜時400msから900msを25ms間隔でサンプリングし,84次元のベクトルデータを構成した.さらに,データを3倍とするサンプリング方法も検討した.ジャックナイフ統計を用いた正準判別分析の結果9人の被験者の判別率は90パーセントを越えた.これにより.トランプカードの推定マジックがトリックなしで90%以上の確率で行えた.

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 我が故郷の一級品-浅間古墳-

    山﨑敏正 ( 単著 )

      2019年04月

  • Silent Speech Brain-Computer Interface in Japanese

    Toshimasa Yamazaki ( 単著 )

    Lambert Academic Publishing  2016年02月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子発現データと臨床情報を利用したがんサブタイプ探索

    山崎 他

    LE2015  2015年09月  -  2015年09月   

  • サイレントスピーチBCI~実用化課題の検討~

    廣瀬 他

    HCGシンポジウム2015  2015年12月  -  2015年12月   

  • BFCNによる長期記憶と短期記憶の可視化

    秋山 他

    HCGシンポジウム2015  2015年12月  -  2015年12月   

  • 遺伝子発現データに基づく大腸がんサブタイプ探索~教師なし学習法~

    原田佳織

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会  2014年12月  -  2014年12月   

  • 一般化線形モデルに基づく再帰分割法を利用した卵子の質向上のための排卵誘発法の選択

    篠原里菜

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会  2014年12月  -  2014年12月   

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Silent Speech Brain-Computer Interfaceの研究動向

    SOFT九州支部夏季ワークショップ2019 in 福岡   2019年08月22日 

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 頭の中の言葉 解読

    西日本新聞  2016年01月04日

    山崎敏正

  • 「心の声」脳波から解読

    読売新聞  2015年10月29日

    山崎敏正

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 単一試行脳波を利用したサイレントスピーチ認識システム-連続音声認識への拡張-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K00276

  • サイレントスピーチBCI

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23500151

  • ICA、ECDL、DBNを利用した、単一試行脳波によるBCIの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  20300196

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  生命情報工学プロジェクト研究

  • 2019年度  応用数学

  • 2019年度  脳波工学

  • 2019年度  脳波工学特論

  • 2019年度  線形代数Ⅰ

全件表示 >>

 

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度須津まちづくりセンター成人講座

    2016年02月
     
     

     概要を見る

    上記講座にて、「浅間古墳考-わがふるさとの一級品-」と題して講演を行った。

  • 情報工学のもたらす新世界探訪 -情報工学の可能性は∞-

    2010年07月
     
     

     概要を見る

    鹿児島県立加世田高等学校 2~3年