2024/05/14 更新

写真a

マエダ イオリ
前田 衣織
MAEDA Iori
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 8

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系
職名
教授
研究室電話
0948-29-7830
研究室FAX
0948-29-7801
外部リンク

研究キーワード

  • ペプチド科学

  • 生物化学

出身学校

  • 1990年03月   九州大学   理学部   化学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1992年03月   九州大学   理学研究科   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(理学)   1996年02月

学内職務経歴

  • 2024年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   物理情報工学研究系     教授

  • 2019年04月 - 2024年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   物理情報工学研究系     准教授

  • 2010年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系     准教授

論文

  • Aromatic compounds scavenging ability of thermo-responsive short elastin-like peptide (FPGVG)n analogs 査読有り 国際誌

    Keitaro Suyama ,Masayuki Murashima,Iori Maeda ,Takeru Nose

    Peptide Science 2022 ( 日本ペプチド学会 )   25 - 26   2023年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   トークネットホール仙台(仙台)   2022年10月26日  -  2022年10月28日

  • Branched short elastin-like peptides with temperature responsiveness obtained by EDTA-mediated multimerization 査読有り 国際誌

    Tanaka N., Suyama K., Tomohara K., Maeda I., Nose T.

    J Pept Sci   29 ( 2 )   e3449   p.1-10   2023年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin-like peptides (ELPs) exhibit a reversible phase transition, known as coacerva- tion, triggered by temperature changes. This property makes them useful as stimuli- responsive molecular materials for various applications. Among ELPs, short peptide chain lengths have some advantages over long peptide chain lengths because short ELPs can be easily obtained by chemical synthesis, allowing the use of various amino acids, including D-type and unnatural amino acids, at any position in the sequence. Moreover, the incorporated amino acids readily affect the temperature-responsive behavior of ELPs. However, to be utilized in various applications, it is necessary to develop short ELPs and to investigate their temperature-responsive properties. To obtain further insights into the temperature-responsive behavior of the short ELPs, we investigated branched short ELP analogs composed of (FPGVG)n chains (n = 1 or 2, abbreviated as F1 and F2, respectively). We synthesized multimers composed of four F1 chains or two to four F2 chains using ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA) as a central component of multimerization. Our results show that the multimers obtained exhibited coacervation in aqueous solutions whereas linear F1 or F2 did not. Furthermore, the structural features of the obtained multimers were the same as those of linear (FPGVG)4. In this study, we demonstrated that molecules capable of coacervation can be obtained by multimerization of F1 or F2. The temperature- responsive molecules obtained using short ELPs make it possible to use them as easy-to-synthesize peptide tags to confer temperature responsiveness to various molecules, which will aid the development of temperature-responsive biomaterials with a wide variety of functions.

    DOI: 10.1002/psc.3449

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/psc.3449

  • Suitability of high-molecular-weight tissue-derived elastin polypeptides and their particles as cosmetic biomaterials 査読有り 国際誌

    Sakai T., Sodemoto N., Inoue A., Taniguchi S., Maeda I., Hikima T.

    J Pept Sci   e3472   p.1-10   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We aimed to determine the coacervation properties of high-molecular-weight (HMW) tissue-derived elastin (TDE) and to examine the potential use of TDE parti- cles as a cosmetic biomaterial. TDE solutions were filtered and divided into three fractions (1–3) according to the molecular weight of the elastin. The turbidity of frac- tion 2, which contained a large portion (58%) of HMW elastin polypeptides (>100 kDa), was measured under several pH values (3.0–11.0) and NaCl concentra- tions (0–1000 mM) to examine its coacervation ability. HMW TDE exhibited coacer- vation under the physiological conditions (temperature, pH, and NaCl concentration) of the skin surface. We performed inclusion and release experiments using three model chemicals with different molecular weights and measured the size and zeta potential of the fraction 3 particles to investigate the suitability of HMW elastin poly- peptides. Fraction 3, which contained a larger portion (64%) of HMW elastin poly- peptides, displayed a strong coacervation property at a phase transition temperature of 19.8 ± 0.1C. The inclusion ratio of the model chemical Biebrich Scarlet (BS) with a molecular weight of <600 was approximately 92.1 ± 0.7%. The release profiles of BS from the particles linearly increased and reached a plateau after 15 days. Moreover, the average size of the particles with BS was 474.2 ± 24.6 nm. The low-molecular- weight (LMW) elastin peptides have moisturizing and whitening functions for the skin. We concluded that TDE, as a mixture of HMW polypeptides and LMW pep- tides, can potentially serve as a multifunctional and effective cosmetic biomaterial.

    DOI: 10.1002/psc.3472

    その他リンク: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36541737/

  • Development of truncated elastin-like peptide analogues with improved temperature-response and self-assembling properties 査読有り

    Sumiyoshi S., Suyama K., Tanaka N., Andoh T., Nagata A., Tomohara K., Taniguchi S., Maeda I., Nose T.

    Scientific Reports   12 ( 1 )   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Functional peptides, which are composed of proteinogenic natural amino acids, are expected to be used as biomaterials with minimal environmental impact. Synthesizing a functional peptide with a shorter amino acid sequence while retaining its function is a easy and economical strategy. Furthermore, shortening functional peptides helps to elucidate the mechanism of their functional core region. Truncated elastin-like peptides (ELPs) are peptides consisting of repetitive sequences, derived from the elastic protein tropoelastin, that show the thermosensitive formation of coacervates. In this study, to obtain shortened ELP analogues, we synthesized several (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)n (FPGVG)n analogues with one or two amino acid residues deleted from each repeat sequence, such as the peptide analogues consisting of FPGV and/or FPG sequences. Among the novel truncated ELP analogues, the 16-mer (FPGV)4 exhibited a stronger coacervation ability than the 25-mer (FPGVG)5. These results indicated that the coacervation ability of truncated ELPs was affected by the amino acid sequence and not by the peptide chain length. Based on this finding, we prepared Cd2+-binding sequence-conjugated ELP analogue, AADAAC-(FPGV)4, and found that it could capture Cd2+. These results indicated that the 16-mer (FPGV)4 only composed of proteinogenic amino acids could be a new biomaterial with low environmental impact.

    DOI: 10.1038/s41598-022-23940-0

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85141734638&origin=inward

  • Flexible customization of the self-assembling abilities of short elastin-like peptide Fn analogs by substituting N-terminal amino acids 査読有り 国際誌

    Suyama K., shimizu M., Maeda I., Nose T.

    Biopolymers   113 ( 10 )   e23521   p.1-14   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin-like peptides (ELPs) are thermoresponsive biopolymers inspired by the characteristic repetitive sequences of natural elastin. As ELPs exhibit temperature-dependent reversible self-assembly, they are expected to be biocompatible thermoresponsive materials for drug delivery carriers. One of the most widely studied ELPs in this field is the repetitive pentapeptide, (VPGXG)n . We previously reported that phenylalanine-containing ELP (Fn) analogs, in which the former Val residue of the repetitive sequence (VPGVG)n is replaced by Phe, show coacervation with a short chain length (n = 5). Owing to their short sequences, Fn analogs are easily modified in amino acid sequences via simple chemical synthesis, and are useful for investigating the relationship between peptide sequences and temperature responsiveness. In this study, we developed Fn analogs by replacing Phe residue(s) with other amino acids or introducing another amino acid at the N-terminus. The temperature responsiveness of the Fn analogs changed drastically with the substitution of a single Phe residue, suggesting that aromatic amino acids play an important role in their self-assembly. In addition, the self-assembling ability of Fn was enhanced by increasing the bulkiness of the N-terminal amino acids. Therefore, the N-terminal residue was considered to be important for hydrophobicity-induced intermolecular interactions between the peptides during coacervation.

    DOI: 10.1002/bip.23521

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85104330108&origin=inward

  • Development of temperature-responsive peptides by EDTA-mediated multimerization of short (FPGVG)n chains 査読有り 国際誌

    Naoki Tanaka, Keitaro Suyama, Keisuke Tomohara, Iori Maeda, and Takeru Nose

    Peptide Science 2021 ( 日本ペプチド学会 )   83 - 84   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京薬科大学(オンライン)   2021年10月20日  -  2021年10月22日

  • Development of temperature-responsive short-chain peptide analogues based on elastin-like peptide FPGVG 査読有り 国際誌

    Keitaro Suyama ,Marin Shimizu ,Iori Maeda ,Takeru Nose

    Peptide Science 2021 ( 日本ペプチド学会 )   141 - 142   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京薬科大学(オンライン)   2021年10月20日  -  2021年10月22日

  • Metal ion scavenging activity of elastin-like peptide analogues containing a cadmium ion binding sequence 査読有り 国際誌

    Shogo Sumiyoshi,Keitaro Suyama,Daiki Tatsubo,Naoki Tanaka,Keisuke Tomohara,Suguru Taniguchi,Iori Maeda,Takeru Nose

    Scientific Reports ( Nature Publishing group )   12 ( 1861 )   1 - 16   1861: Article number   2022年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/s41598-022-05695-w

    PubMed

  • Role of Phe residues in elastin-like peptide (FPGVG)5 on self-assembly properties 査読有り 国際誌

    Keitaro Suyama ,Marin Shimizu ,Iori Maeda ,Takeru Nose

    Peptide Science 2020 ( 日本ペプチド学会 )   59 - 60   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   鳥取大学(オンライン)   2019年11月09日  -  2019年11月11日

  • Fractionation of Water-soluble Elastin from Pig Aorta by Coacervation Method 査読有り 国際誌

    ori Maeda,Suguru Taniguchi,Yumi Moriuchi,Naruhiko Sawa,Asako Inoue,Tomoyuki Usa,Noriko Watanabe,Keitaro Suyama, Takeru Nose

    Peptide Science 2020 ( 日本ペプチド学会 )   65 - 66   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   鳥取大学(オンライン)   2019年11月09日  -  2019年11月11日

  • Simple Regulation of the Self-Assembling Ability by Multimerization of Elastin-Derived Peptide (FPGVG) <inf>n</inf>Using Nitrilotriacetic Acid as a Building Block 査読有り

    Suyama K., Mawatari M., Tatsubo D., Maeda I., Nose T.

    ACS Omega   6 ( 8 )   5705 - 5716   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin comprises hydrophobic repetitive sequences, such as Val-Pro-Gly-Val-Gly, which are thought to be important for the temperature-dependent reversible self-association (coacervation). Elastin and elastin-like peptides (ELPs), owing to their characteristics, are expected to be applied as base materials for the development of new molecular tools, such as drug-delivery system carrier and metal-scavenging agents. Recently, several studies have been reported on the dendritic or branching ELP analogues. Although the topological difference of the branched ELPs compared to their linear counterparts may lead to useful properties in biomaterials, the available information regarding the effect of branching on molecular architecture and thermoresponsive behavior of ELPs is scarce. To obtain further insight into the thermoresponsive behavior of branched ELPs, novel ELPs, such as nitrilotriacetic acid (NTA)-(FPGVG)n conjugates, that is, (NTA)-Fn analogues possessing 1-3 (FPGVG)n (n = 3, 5) molecule(s), were synthesized and investigated for their coacervation ability. Turbidity measurement of the synthesized peptide analogues revealed that (NTA)-Fn analogues showed strong coacervation ability with various strengths. The transition temperature of NTA-Fn analogues exponentially decreased with increasing number of residues. In the circular dichroism measurements, trimerization did not alter the secondary structure of each peptide chain of the NTA-Fn analogue. In addition, it was also revealed that the NTA-Fn analogue possesses one peptide chain that could be utilized as metal-scavenging agents. The study findings indicated that multimerization of short ELPs via NTA is a useful and powerful strategy to obtain thermoresponsive molecules.

    DOI: 10.1021/acsomega.0c06140

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85104330108&origin=inward

  • Concentration dependent coacervation peoperty of nonlinear elastin-derived peptide (FPGVG)n analogs 査読有り 国際誌

    Keitaro Suyama,Mika Mawatari,Daiki Tatsubo,Iori Maeda,Takeru Nose

    Peptide Science 2019 ( 日本ペプチド学会 )   29 - 30   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京   2019年10月23日  -  2019年10月25日

  • Stability of Phe-containing elastin-like peptides against proteases in digestive organspeptide (FPGVG)n analogs 査読有り 国際誌

    Iori Maeda,Miki Kawakami,Suguru Taniguchi,Keitaro Suyama,Takeru Nose

    Peptide Science 2019 ( 日本ペプチド学会 )   161 - 162   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京   2019年10月23日  -  2019年10月25日

  • Development of liposome-like nanostructures composed of short amphiphilic elastin-like peptidestide (FPGVG)n analogs 査読有り 国際誌

    Naoki Sakamoto,Daiki Tatsubo,Keiji Sato,Keisuke Tomohara,Keitaro Suyama,Iori Maeda,Takeru Nose

    Peptide Science 2019 ( 日本ペプチド学会 )   113 - 114   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京   2019年10月23日  -  2019年10月25日

  • Enhancement of Self-Aggregation Properties of Linear Elastin-Derived Short Peptides by Simple Cyclization: Strong Self-Aggregation Properties of Cyclo[FPGVG]<inf>n</inf>, Consisting only of Natural Amino Acids 査読有り

    Suyama K., Tatsubo D., Iwasaki W., Miyazaki M., Kiyota Y., Takahashi I., Maeda I., Nose T.

    Biomacromolecules   19 ( 8 )   3201 - 3211   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin-like peptides (ELPs) consist of distinctive repetitive sequences, such as (VPGVG)n, exhibit temperature-dependent reversible self-assembly (coacervation), and have been considered to be useful for the development of thermoresponsive materials. Further fundamental studies evaluating coacervative properties of novel nonlinear ELPs could present design concepts for new thermoresponsive materials. In this study, we prepared novel ELPs, cyclic (FPGVG)n (cyclo[FPGVG]n, n = 1-5), and analyzed their self-assembly properties and structural characteristics. Cyclo[FPGVG]n (n = 3-5) demonstrated stronger coacervation capacity than the corresponding linear peptides. The coacervate of cyclo[FPGVG]5 was able to retain water-soluble dye molecules at 40 °C, which implied that cyclo[FPGVG]5 could be employed as a base material of DDS (drug delivery system) matrices and other biomaterials. The results of molecular dynamics simulations and circular dichroism measurements suggested that a certain chain length was required for cyclo[FPGVG]n to demonstrate alterations in molecular structure that were critical to the exhibition of coacervation.

    DOI: 10.1021/acs.biomac.8b00353

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049214569&origin=inward

  • Angiotensin I converting enzyme-inhibiting peptides purified from elastase-degraded elastin prepared from pig aorta 査読有り

    Maeda I., Kai S., Taniguchi S., Inoue A., Li H., Kesamaru H., Nose T.

    Current Enzyme Inhibition   14 ( 1 )   67 - 74   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Background: Many peptides are produced from food proteins during the manufacturing of various functional foods; unexpected and valuable physiological activities are frequently identified in such released peptides. Elastin, which normally exists as an insoluble elastic fiber, is being used as a new health food material in accordance with the progress in solubilization techniques for elastin. Objective: To evaluate the usefulness of elastin as a material for functional foods, we prepared highly pure, water-soluble elastin from pig aorta and evaluated its angiotensin-converting enzyme (ACE)-inhibitory activity. Method: Pure, water-soluble elastin was prepared from pig aorta using a hydrolyzing method employing a hot alkali reagent. Efficient enzymatic degradation of the elastin was achieved by using elastase that is specific for elastin. The ACE-inhibitory activities of elastin and of peptides obtained via enzymatic degradation were investigated. Three novel ACE-inhibiting peptides were purified from the degradation, and we investigated their ACE-inhibitory activities. Results: Highly pure, water-soluble elastin was prepared from pig aorta; this elastin preparation showed weak inhibitory activity (8.4% inhibition) against ACE. Surprisingly, 6-fold greater enzyme-inhibitory activity was observed for elastin peptides obtained from elastase-mediated degradation of the soluble elastin (48.0% inhibition). Among the enzymatically degraded elastin peptides, three were purified and their primary structures were newly characterized as Val-Tyr-Pro-Gly, Val-Gly-Val-Ala-Pro-Gly, and Gly-Tyr-Pro-Ile. All three peptides showed apparent ACE-inhibitory activity, and Val-Tyr-Pro-Gly exhibited the highest inhibitory capacity among them (60.6% inhibition). Conclusion: These results suggest that water-soluble elastin may serve as a functional food to exert a blood pressure-lowering effect in the body.

    DOI: 10.2174/1573408013666170912113121

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85045381253&origin=inward

  • Stepwise Mechanism of Temperature-Dependent Coacervation of the Elastin-like Peptide Analogue Dimer, (C(WPGVG)<inf>3</inf>)<inf>2</inf> 査読有り

    Tatsubo D., Suyama K., Miyazaki M., Maeda I., Nose T.

    Biochemistry   57 ( 10 )   1582 - 1590   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin-like peptides (ELPs) are distinct, repetitive, hydrophobic sequences, such as (VPGVG)n, that exhibit coacervation, the property of reversible, temperature-dependent self-association and dissociation. ELPs can be found in elastin and have been developed as new scaffold biomaterials. However, the detailed relationship between their amino acid sequences and coacervation properties remains obscure because of the structural flexibility of ELPs. In this study, we synthesized a novel, dimeric ELP analogue (H-C(WPGVG)3-NH2)2, henceforth abbreviated (CW3)2, and analyzed its self-assembly properties and structural factors as indicators of coacervation. Turbidity measurements showed that (CW3)2 demonstrated coacervation at a concentration much lower than that of its monomeric form and another ELP. In addition, the coacervate held water-soluble dye molecules. Thus, potent and distinct coacervation was obtained with a remarkably short sequence of (CW3)2. Furthermore, fluorescence microscopy, dynamic light scattering, and optical microscopy revealed that the coacervation of (CW3)2 was a stepwise process. The structural factors of (CW3)2 were analyzed by molecular dynamics simulations and circular dichroism spectroscopy. These measurements indicated that helical structures primarily consisting of proline and glycine became more disordered at high temperatures with concurrent, significant exposure of their hydrophobic surfaces. This extreme change in the hydrophobic surface contributes to the potent coacervation observed for (CW3)2. These results provide important insights into more efficient applications of ELPs and their analogues, as well as the coacervation mechanisms of ELP and elastin.

    DOI: 10.1021/acs.biochem.7b01144

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85043693562&origin=inward

  • Effects of Salts and pH on Coacervation of Short Elastin-Like Peptide (FPGVG)5 査読有り

    Daiki Tatsubo, Misako Kodama, Keiji Sato, Keitaro Suyama, Iori Maeda, and Takeru Nose

    Peptide Science 2017   62 - 63   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   大阪   2017年11月20日  -  2017年11月22日

  • 血管の柔軟性を保つには弾力性を生む繊維成分「エラスチン」の補給も重要で牛スジ・豚ハツで補え

    前田 衣織

    わかさ ( (株)わかさ出版 )   ( 1月 )   52 - 54   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

    血管の柔軟性を保つには弾力性を生む繊維成分「エラスチン」が重要であることについて、一般の読者へ向けて解説した。エラスチンが血圧降下に作用する可能性があることを示す学術報告を行うことも述べた。

  • Multifunctional biological activities of water extract of housefly larvae (Musca domestica) 査読有り

    Li H., Inoue A., Taniguchi S., Yukutake T., Suyama K., Nose T., Maeda I.

    PharmaNutrition   5 ( 4 )   119 - 126   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Many types of insects have been used as foods and protein sources. In this study, we investigated the usefulness of housefly larvae (Musca domestica) based on their amino acid composition and multifunctional biological activities. First, the utility of the amino acid composition of housefly larvae was evaluated by amino acid analysis. Notably, the housefly larvae contained sufficient amounts of all essential amino acids, and the amino acid composition was similar to that of hen eggs. Second, we prepared housefly larvae water extract (HLWE) using the decoction method and explored the biological activities of the extract for potential application of the extract as a functional food. HLWE showed significant antioxidant activity (75.4% at 5.00 mg/mL), angiotensin-I-converting enzyme (ACE) inhibitory activity (half-maximal inhibitory concentration [IC50] = 0.430 mg/mL), and dipeptidyl peptidase-IV (DPP-IV) inhibitory activity ([IC50] = 3.52 mg/mL). We found that the low-molecular-weight constituents (<6 kDa) in HLWE contributed to antioxidant and ACE-inhibitory activities, whereas the high-molecular-weight constituents (>6 kDa) contributed to DPP-IV inhibition. Our results suggested that housefly larvae may provide a useful source of multifunctional protein.

    DOI: 10.1016/j.phanu.2017.09.001

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030256505&origin=inward

  • Study of Coacervation and Structural Analysis of Short Elastin-Derived Peptides Containing Phenylalanine 査読有り

    Mariya Shimai, Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe, Asako Inoue, Takeru Nose and Iori Maeda

    Peptide Science 2016   231 - 232   2017年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2016年10月26日  -  2016年10月28日

  • Study of Coacervation Ability of Short Elastin-derived Peptide Analogues Using Hydrophobic and Aromatic Amino Acids 査読有り

    Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe, Asako Inoue, Takeru Nose, and Iori Maeda

    Peptide Science 2016   229 - 230   2017年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2016年10月26日  -  2016年10月28日

  • Coacervation Property and Structural Analysis of Cyclic Analogs of Elastin-derived Peptide (FPGVG)n 査読有り

    Keitaro Suyama, Daiki Tatsubo, Hitoshi Kesamaru, Iori Maeda, and Takeru Nose

    Peptide Science 2016   101 - 102   2017年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2016年10月26日  -  2016年10月28日

  • Structural basis of cucumisin protease activity regulation by its propeptide 査読有り

    Sotokawauchi A., Kato-Murayama M., Murayama K., Hosaka T., Maeda I., Onjo M., Ohsawa N., Kato D., Arima K., Shirouzu M.

    Journal of Biochemistry   161 ( 1 )   45 - 53   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cucumisin [EC 3.4.21.25], a subtilisin-like serine endopeptidase, was isolated from melon fruit, Cucumis melo L. Mature cucumisin (67 kDa, 621 residues) is produced by removal of the propeptide (10 kDa, 88 residues) from the cucumisin precursor by subsequence processing. It is reported that cucumisin is inhibited by its own propeptide. The crystal structure of mature cucumisin is reported to be composed of three domains: the subtilisin-like catalytic domain, the protease-associated domain and the C-terminal fibronectin-III-like domain. In this study, the crystal structure of the mature cucumisin•propeptide complex was determined by the molecular replacement method and refined at 1.95 Å resolution. In this complex, the propeptide had a domain of the α-β sandwich motif with four-stranded antiparallel β-sheets, two helices and a strand of the C-terminal region. The β-sheets of the propeptide bind to two parallel surface helices of cucumisin through hydrophobic interaction and 27 hydrogen bonds. The C-terminus of the propeptide binds to the cleft of the active site as peptide substrates. The inhibitory assay suggested that the C-terminal seven residues of the propeptide do not inhibit the cucumisin activity. The crystal structure of the cucumisin•propeptide complex revealed the regulation mechanism of cucumisin activity.

    DOI: 10.1093/jb/mvw053

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85014580285&origin=inward

  • Investigation of water-soluble elastin as a multifunctional cosmetic material:  moisturizing and whitening effects 査読有り

    Asako Inoue, Tomohiro Hikima, Suguru Taniguchi, Takeru Nose, Iori Maeda

    J. Cosmetc Sci.   68 ( 1 )   11 - 24   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Investigation of water-soluble elastin as a multifunctional cosmetic material: Moisturizing and whitening effects 査読有り

    Inoue A., Hikima T., Taniguchi S., Nose T., Maeda I.

    Journal of Cosmetic Science   68 ( 1 )   11 - 23   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin and collagen are extracellular matrix proteins that are widely distributed in the body. Although elastin essentially functions as a skin moisturizer, there have been few reports on its other fundamental chemical and biological functions. In this study, we investigated the moisturizing and whitening (tyrosinase inhibition) effects of elastin to examine its usefulness as a cosmetic material. Water-soluble hot alkali pig aorta (HAPA)- elastin was prepared from pig aorta using the hot alkali method. HAPA-elastin showed a widely distributed molecular weight and had a coacervation property that mediated reversible self-assembly of its molecules with increasing temperature. Amino acid analysis of HAPA-elastin showed a high content (81.5%) of hydrophobic amino acids such as Gly, Ala, Val, and Pro. Des (desmosine) and Ide (isodesmosine), which are characteristic amino acids of elastin, accounted for more than 0.4% of the total amino acid content. HAPA-elastin showed a moisture-retaining property. The water content of skin samples treated with and without HAPA-elastin was 77.2% ± 7.8% and 49.4% ± 10.1%, respectively. HAPA-elastin also inhibited tyrosinase activity by 11.3% ± 3.9%. The results obtained indicate that elastin has a useful function as a cosmetic material.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044740990&origin=inward

  • Identification of an Elastin-derived Peptide Degradate in Human Blood After Oral Ingestion of Elastin 査読有り

    Iori Maeda, Suguru Taniguchi and Takeru Nose

    Peptide Science 2015   305 - 306   2016年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   神奈川県   2015年11月16日  -  2015年11月18日

  • Dimerization effects on coacervation property of an elastin-derived synthetic peptide (FPGVG)<inf>5</inf> 査読有り

    Suyama K., Taniguchi S., Tatsubo D., Maeda I., Nose T.

    Journal of Peptide Science   22 ( 4 )   236 - 243   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin, a core protein of the elastic fibers, exhibits the coacervation (temperature-dependent reversible association/dissociation) under physiological conditions. Because of this characteristic, elastin and elastin-derived peptides have been considered to be useful as base materials for developing various biomedical products, skin substitutes, synthetic vascular grafts, and drug delivery systems. Although elastin-derived polypeptide (Val-Pro-Gly-Val-Gly)n also has been known to demonstrate coacervation property, a sufficiently high (VPGVG)n repetition number (n > 40) is required for coacervation. In the present study, a series of elastin-derived peptide (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)5 dimers possessing high coacervation potential were newly developed. These novel dimeric peptides exhibited coacervation at significantly lower concentrations and temperatures than the commonly used elastin-derived peptide analogs; this result suggests that the coacervation ability of the peptides is enhanced by dimerization. Circular dichroism (CD) measurements indicate that the dimers undergo similar temperature-dependent and reversible conformational changes when coacervation occurs. The molecular dynamics calculation results reveal that the sheet-turn-sheet motif involving a type II β-turn-like structure commonly observed among the dimers and caused formation of globular conformation of them. These synthesized peptide dimers may be useful not only as model peptides for structural analysis of elastin and elastin-derived peptides, but also as base materials for developing various temperature-sensitive biomedical and industrial products.

    DOI: 10.1002/psc.2876

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84962421662&origin=inward

  • Dimerization effects on coacervation property of an elastin-derived synthetic peptide (FPGVG)5. 査読有り

    Keitaro Suyama , Suguru Taniguchi, Daiki Tatsubo, Iori Maeda, Takeru Nose

    Journal of Peptide Science   22 ( 4 )   236 - 243   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/psc.2876.

  • Development of short and highly potent self-assembling elastin-derived pentapeptide repeats containing aromatic amino acid residues 査読有り

    Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe,Takeru Nose, and Iori Maeda

    Journal of Peptide Science   22 ( 1 )   36 - 42   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/psc.2837.

    Scopus

  • Design of phenylalanine-containing elastin-derived peptides exhibiting highly potent self-assembling capability 査読有り

    Maeda I., Taniguchi S., Watanabe N., Inoue A., Yamasaki Y., Nose T.

    Protein and Peptide Letters   22 ( 10 )   934 - 939   2015年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, we developed a series of Phe-containing elastin-derived peptide-analogs, (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)n (n = 1-5) and analyzed their reversible coacervation properties. Compared to the native elastin-derived repeating peptide sequence ((Val-Pro-Gly-Val-Gly)10), one of the Phecontaining 5-mer repeating peptide sequences ((Phe-Pro-Gly-Val-Gly)5) clearly exhibited stronger coacervation properties. The coacervation of (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)5 is nearly the same as that of polypeptides (Val-Pro-Gly-Val-Gly)n (n > 40). Although large molecular weights (>10,000 Da) are generally required for the coacervation of elastin-derived peptides, (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)5 exhibited reversible coacervation properties despite its low molecular weight (MW = 2,305 Da). High performance liquid chromatography (HPLC) and circular dichroism (CD) analysis revealed that (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)5 has high hydrophobicity and an ordered structure with a type II β-turn, which contributes to the strong coacervation ability of the peptide. In addition, (Phe-Pro-Gly-Val-Gly)5 exhibited an effective particle size distribution (60-70 nm) at body temperature (37 °C) and a dispersed small particle size similar to that of the monomer peptides at low temperatures. These properties, along with its small size and simple design, render the peptide suitable for use in biomaterials, including drug-delivery carriers.

    DOI: 10.2174/092986652210150821170703

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84940830108&origin=inward

  • Design of Phenylalanine-Containing Elastin-Derived Peptides Exhibiting Highly Potent Self-Assembling Capability. 査読有り

    Iori Maeda, Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe, Asako Inoue, Yuko Yamasaki and Takeru Nose

    Protein & Peptide Letters   22 ( 10 )   934 - 939   2015年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Comparison between Coacervation Property and Secondary Structure of Synthetic Peptides, Ile-containing Elastin-derived Pentapeptide Repeats 査読有り

    Iori Maeda, Suguru Taniguchi, Junko Ebina, Noriko Watanabe, Takao Hattori, and Takeru Nose

    Protein & Peptide Letters   20 ( 8 )   905 - 910   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2174/0929866511320080007

    Scopus

  • 美肌実現には肌の弾力性分エラスチンが不可欠で補ったら小ジワタルミが薄れた!肌はプルプル!

    前田 衣織

    わかさ ( (株)わかさ出版 )   ( 6月 )   140 - 141   2013年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

    エラスチンと肌との関係について、一般の読者へ向けて解説した。

  • 第2は血管の柔軟性アップで血管の弾力性分エラスチンの補給がよく効き血圧は上も下も下がりスジ肉で補え

    前田 衣織

    わかさ ( (株)わかさ出版 )   ( 2月 )   38 - 39   2013年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

    高血圧解消には血管の柔軟性を向上させることが重要で、血管を作る弾力繊維「エラスチン」が必要であることについて、一般の読者へ向けて解説した。

  • 50代までに半減する血管の弾力線維エラスチンを毎日少し補えば高血圧が下がり血管年齢も続々若やぐ

    前田 衣織

    わかさ ( (株)わかさ出版 )   ( 6月 )   91 - 92   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

    肌を若く保つには「エラスチン」が必要であり、また、エラスチンが不足すれば高血圧・脳卒中まで招く可能性もあることなどについて、一般の読者へ向けて解説した。

  • 春の美肌作りにはコラーゲンよりも肌のゴム線維エラスチンこそ必要で小ジワタルミが消えた!10歳若返った!

    前田 衣織

    わかさ ( (株)わかさ出版 )   ( 5月 )   122 - 123   2012年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

    美肌にはコラーゲンと共に、年々減る肌のゴム繊維と言われる「エラスチン」が重要であることについて、一般の読者へ解説した。

  • エラスチン由来Ile含有ペンタペプチドの二次構造解析 査読有り

    渡邊法子,谷口卓,前田衣織

    北九州医工学術者協会誌   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Structural requirements essential for elastin coacervation: Favorable spatial arrangements of valine ridges on the three-dimensional structure of elastin-derived polypeptide (VPGVG)n 査読有り

    Iori Maeda, Yoshiteru Fukumoto, Takeru Nose, Yasuyuki Shimohigashi, Takashi Nezu, Yoshihiro Terada, Hiroaki Kodama, Kozue Kaibara, and Kouji Okamoto

    Journal of Peptide Science   17 ( 11 )   735 - 743   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/psc.1394

    Scopus

  • Structural analysis and coacervation properties of Ile-containing elastin-derived pentapeptide analogues 査読有り

    Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe, Junko Ebina, Kaori Oka, Kouji Okamoto, and Iori Maeda

    PEPTIDE SCIENCE 2010   146 - 146   2011年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2010年12月04日  -  2010年12月09日

    主要雑誌

    CiNii Article

  • Elastin peptides prepared from piscine and mammalian elastic tissues inhibit collagen-induced platelet aggregation and stimulate migration and proliferation of human skin fibroblasts 査読有り

    Eri Shiratsuchi,Megumi Ura,Misako Nakaba,Iori Maeda,Kouji Okamoto

    J. Pept. Sci.   16   652 - 658   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Involvement of fibronectin and matrix metalloproteinases in airway smooth muscle cell migration for the process of airway remodeling. 査読有り

    Machiko Nishihara-Fujiwara,Shunsuke Shoji,Iori Maeda,Terufumi Shimoda,Sankei Nishima,Kouji Okamoto

    Allergol. Int.   59   267 - 275   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2332/allergolint.09-OA-0153

    Scopus

    CiNii Article

  • NMR study on a considerable difference between temperature-dependent molecular assembly and disassembly processes of elastin-like polypentapeptide 査読有り

    Shinsuke Hirai,Keiko Ideta,Suguru Taniguchi,Eri Shiratsuchi,Iori Maeda,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2009   391 - 392   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 魚類及び哺乳類由来水溶性エラスチンの比較とその応用 査読有り

    白土絵理,中場操子,前田衣織,岡元孝二

    九州医工学術者協会誌   19   19 - 22   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Two types of cation binding sites on elastomeric polypeptides:effects on self-assembly process and elastomeric functions 査読有り

    Akihiko Okajima,Yuji Tanaka,Junko Kuwahara,Masayuki Naito,Iori Maeda,Kouji Okamoto,Kozue Kaibara

    Peptide Science 2008   505 - 508   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis of coacervation properties of Ile-containing elastin-derived pentapeptide analogues 査読有り

    Iori Maeda,Junko Ebina,Suguru Taniguchi,Amchiko Nishihara,Eri Shiratsuchi,Kaori Oka,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2008   289 - 292   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • エラスチン由来ペプチドの構造とコアセルベーション特性 査読有り

    前田衣織,岡元孝二

    Jasco Report   50   1 - 5   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Characterization of the Molecular Interaction between Tropoelastin and DANCE-Fibulin-5 査読有り

    Hiroshi Wachi,Risa Nonaka,Fumiaki Sato,Kayoko Shibata-Sato,Marie Ishida,Saori Iketani,Iori Maeda,Koji Okamoto,Zsolt Urban,Satosh Onouei,Yoshiyuki Seyama

    J. Biochem   143 ( 5 )   633 - 639   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Structural profiles for coacervation of elastin-derived polypeptides 査読有り

    Iori Maeda,Yoshiteru Fukumoto,Takeru Nose,Yasuyuki Shimohigashi,Takashi Nezu,Yoshihiro Terada,Hiroaki Kodama,Kozue Kaibara,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2007   219 - 222   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 平成19年度日本ペプチド学会奨励賞を受賞して

    前田 衣織

    PEPTIDE NEWS LETTER JAPAN   67   5 - 8   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Immunochemical and immunohistochemical studies on distribution of elastin fibers in human atherosclerotic lesions using a polyclonal antibody to elastin-derived hexapeptide repeat 査読有り

    Iori Maeda,Sonoko Kishita,Yuji Yamamoto,Kazunari Arima,Keiko Ideta,Jing Meng,Noriyuki Sakata,Kouji Okamoto

    the Journal of Biochemistry   142 ( 5 )   627 - 631   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Domains 16 and 17 of Tropoelastin in Elastic Fiber Formation 査読有り

    Hiroshi Wachi,Fumiaki Sato,Junji Nakazawa,Risa Nonaka,Zoltan Szabo,Zsolt Urban,Takuo Yasubaga,Iori Maeda,Koji Okamoto,Barry C Starcher,Dean Y Li,Robert P Mecham,Yoshiyuki Seyama

    Biochemical Journal   402   63 - 67   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Induction of macrophage migration through lactose-insensitive receptor by elastin-derived nonapeptides and their analogue 査読有り

    Iori Maeda,Noriaki Mizoiri,Maria Portia P. Briones,Kouji Okamoto

    Journal of Peptide Science   13 ( 4 )   263 - 268   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Nanoparticles from elastin-based polymers as drug release devices 査読有り

    Kouji Okamoto ,Asami Doi,Shuichiroh Uehara,Eri Shiratsuchi,Maria Portia P. Briones,Iori Maeda,Masakazu Furuta

    Understanding Biology Using Peptides, (E. Escher, W.D. Lubell and S.D. Valle Ed.)   611 - 611   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Nanoparticles preparation using elastin-derived polypeptide and co-polypeptide for design of drug release devices 査読有り

    Asami Doi,Iori Maeda,Masakazu Furuta,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2005   281 - 282   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • ペプチド大好き

    前田 衣織

    PEPTIDE NEWS LETTER JAPAN   59   3 - 4   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Synthesis and Coacervation Property of Elastin-derived Val-, Phe, Ala, and/or Lys-containing Copolymers for Design of Drug Release Devices 査読有り

    Shuichiroh Uehara,Masashi Yamashita,Iori Maeda,Kouji Okamoto,Masakazu afuruta,Masamichi Iwama

    Peptide Science 2004   389 - 390   2005年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Chemotactic and Proliferative Reseponses of Vascular Smooth Muscle Cells to Elastin-derived Peptides 査読有り

    Iori Maeda,YoheiYamada,Machiko Nishihara,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2004   483 - 484   2005年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Macrophage Chemotactic Activity-structure Relationship of Elastin-derived Nonapeptides 査読有り

    Noriaki Mizoiri,Maria Portia P. Briones,Iori Maeda,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2003   323 - 324   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Elastin-derived Peptides: Structures, Functions and Mechanisms 査読有り

    Iori Maeda,Maria Portia P. Briones,Machiko Nishihara,Hiroaki Kodama,Michio Kondo,Takashi Nezu,Yoshihiro Terada,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2003   31 - 34   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Extracellular Matrix Components Induce Chemotaxis of Airway Smooth Muscle Cells in the Process of Airway Wall Remodeling 査読有り

    Machiko Nishihara,Iori Maeda,Shunsuke Shoji,Kouji Okamoto

    北九州医工学術者協会誌   14 ( 1 )   39 - 42   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Structural Analyses of Elastin-derived Peptide Analogues 査読有り

    Iori Maeda,Takashi Nezu,Yoshihiro Terada,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2002   349 - 350   2003年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Possible Involvement of Increased Glycoxidation and Lipid Peroxidation of Elastin in Atherogenesis in Haemodialysis Patients 査読有り

    Yuji Yamamoto,Noriyuki Sakata,Jing Meng,Masaya Sakamoto,Akiko Noma,Iori Maeda,Kouji Okamoto,Shigeo Takebayashi

    Nephrol. Dial. Transplant.   17   630 - 636   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Coacervation properties of elastin-derived polypeptides and structural analyses 査読有り

    Iori Maeda,Yoshiteru Fukumoto,Michio Kondo,kozue Kaibara,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2001   285 - 286   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Conformational analysis and preparation of polyclonal antibody for the domain 26A of human elastin 査読有り

    Kumiko Takeshita,Takeshi Matsui,Yoshito Ueki,Iori Maeda,Jing Meng,Noriyuki Sakata,Kouji Okamoto

    Peptide Science 2001   225 - 226   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Interaction of solution and solid states of elastin-derived peptides with contractile and synthetic phenotypes of vascular smooth muscle cells 査読有り

    Kouji Okamoto,Kaoru Taira,Rie Kikugawa,Kyoko Kotsuru,Eiichi Hirano,Iori Maeda

    Peptide Science 2001   123 - 126   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Coacervation and Conformational Studies of Elastin-derivedPolypeptide (VPGVG)n and Its Analogues 査読有り

    Iori Maeda,Yoshiteru Fukumoto,Kouji Okamoto,Kozue Kaibara,Michio Kondo

    Proceedings of "The 4th International Symposium on Frontiers in Protein Chemistry and Biotechnology"   6 - 7   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Chengde   2001年08月16日  -  2001年08月20日

  • Coacervation and CD and FT-IR spectroscopic studies of elastin-derived polypentapeptide and its analogs 査読有り

    Kouji Okamoto,Yoshiteru Fukumoto,Iori Maeda,Elemer Vass,Zsuzsanna Majer,Gabor Dibo,Miklos Hollosi

    Peptides: The Wave of the Future (M. Lebl & R. A. Houghten, eds)   336 - 337   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    San Diego (U. S. A.)   2001年06月09日  -  2001年06月14日

  • Macrophage chemotactic response to elastin-derived VGVAPG and VGVPG permutations: A structure-activity relastionship and receptor binding assay 査読有り

    Maria Portia P. Briones,Satsuki Kamisato,Iori Maeda,Noboru Takami,Kouji Okamoto

    Peptides: The Wave of the Future (M. Lebl & R. A. Houghten, eds)   807 - 808   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    San Diego (U. S. A.)   2001年06月09日  -  2001年06月14日

  • Macrophage chemotaxis induced by elastin-desrived hexapeptides and its signal transduction mechanism 査読有り

    Kouji Okamoto,Maria Portia P. Briones,Satsuki Kamisato,Iori Maeda,Noboru Takami

    Peptides 2000   701 - 702   2001年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Elastin-derived Polypeptides, (VPGVG)n, (VPGV)n and (VPG)n: Coacervation Property and Specific Interaction with Metal Ions 査読有り

    Yoshiteru Fukumoto,Iori Maeda,Kouji Okamoto,Kozue Kaibara (Kyushu Univ.),Michio Kondo (Saga Univ.)

    Peptide Science 2000   189 - 192   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Comparison of Chemotactic Activity of Macrophages Induced by Permutations of Elastin-derived Hexapeptide VGVAPG and Pentapeptide VGVPG 査読有り

    Maria Portia P. Briones,Kyoko Kozuru,Iori Maeda,Satsuki Kamisato,Noboru Takami (Fukuoka Univ.),Kouji Okamoto

    Peptide Science 2000   255 - 258   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The effect of elastin peptides on cell migration in cultured chick vascular smooth muscle cells 査読有り

    Rie Kikugawa,Kaoru Taira,Eiichi Hirano,Iori Maeda,Kouji Okamoto

    Peptide Science 1999   225 - 228   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Preparation of polyclonal antibody against elastin hexapeptide sequence and its recognition site 査読有り

    Iori Maeda,Sonoko Kishita,Keiko Ideta,Kazunari Arima,Jing Meng,Noriyuki Sakata,Kouji Okamoto

    Peptide Science1999   217 - 220   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Chemotactic activation of macrophages by elastin hexapeptide sequences and its signaling mechanism 査読有り

    Maria Portia P. Briones,Iori Maeda,Satsuki Kamisato,Noboru Takami(Fukuoka Univ.),Kouji Okamoto

    Peptide Science 1999   221 - 224   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Effects of selective metal ion binding on structural and functional characteristics of elastin peptides 査読有り

    Kozue Kaibara (kyushu Univ.),Tohru Watanabe,Yoshiteru Fukumoto,Iori Maeda,Kouji Okamoto

    Peptide Science 1999   263 - 266   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Structural Essentials for Novel Inhibition of Serine Proteinase Chymotrypsin 査読有り

    Yasuyuki Shimohigashi,Yasuko Yamauchi,Koichi Ikesue,Iori Maeda,Megumi Kawahara,Takeru Nose

    Peptide Science-Present and Future     (   )   649 - 651   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Design of Serine Protease Inhibitors with Conformation Restricted by Amino Acid Side-Chain-Side-Chain CH/π Interaction 査読有り

    Yasuyuki Shimohigashi,Takeru Nose,Yasuko Yamauchi,Iori Maeda

    Biopolymers   51   9 - 17   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Identification of a novel analgesic petide including an unnatural aminoacid from peptide libraries synthesized with a multipeptide synthesizer 査読有り

    前田 衣織

    Peptide Science-Present and Future   139 - 140   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1999年04月  -  1999年04月

  • X-ray Crystal Structure of a Dipeptide-Chymotrypsin Complex in an Inhibitory Interaction 査読有り

    Akiko Kashima,Yoshihisa Inoue,Naritoshi Sugio,Iori Maeda,Takeru Nose,Yasuyuki Shimohigashi

    European Journal of Biochemistry   255   12 - 23   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Purification and characterization of a cellulase from the giant snail Achatina fulica 査読有り

    前田 衣織

    Bioscience, Biotecnology and Biochemistry   60 ( 1 )   122 - 124   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Chymotrypsin inhibitory conformation induced by amlno acid side chain-side chain intramolecular CH/π interaction 査読有り

    前田 衣織

    Journal of Chemical Society, Perkin Trans 1   2479 - 2485   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Chymotrypsin inhibition induced by side chain-side chain intramolecular CH/π interaction in D-Thr-L-Phe bengylamide 査読有り

    前田 衣織

    Journal of Biochemistry   119   870 - 877   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Chymotrypsin inhibitory conformation of dipeptides constructed by side chain hydrophobic interactions 査読有り

    前田 衣織

    Journal of Molecular Recognition   6 ( 2 )   95 - 100   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • water-soluble chymotrypsin specific inhibitors containing arginine 査読有り

    前田 衣織

    Biochemical and Biophisical Research Communications   193 ( 1 )   428 - 433   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Characterization of peptides isolated from Trimeresurus flavoviridis and Trimeresurus ok navensis venoms 査読有り

    前田 衣織

    Bulletin of the chemical society of Japan   66 ( 5 )   1569 - 1571   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • 生体高分子の基礎 ~はじめてのバイオ分子化学~

    長谷川 慎、石水 毅、有馬 一成、前田 衣織(著)、下西康嗣(序文)(共著)

    実教出版  2014年10月  ( ISBN:978-4-4073-3246-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • エラスチンー構造・機能・病理ー

    伊藤浩行,岡元孝二,前田衣織,その他( 範囲: 第3章 分子構造と機能)

    日本エラスチン研究会  2008年03月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 生物工学実験書

    岡元孝二,前田衣織(共著 ,  範囲: 薄層クロマトグラフィーによるアミノ酸・ペプチドの定性分析法)

    培風館  2002年04月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Vascular Biology ナビゲーター:エラスチン

    岡元孝二,前田衣織,望月早月( 範囲: 第6章2節 エラスチン)

    メディカルレビュー社  2001年04月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • ブタ大動脈由来水溶性エラスチンを用いた弾性素材の作製

    前田衣織,澤 稔彦,渡邊 法子

    エラスチン・関連分子研究会 第6回学術集会  2022年11月  神人 正寿

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月22日 - 2022年11月23日   記述言語:日本語   開催地:ホテル京阪ユニバーサルタワー  

  • Aromatic compounds scavenging ability of thermo- responsive short elastin-like peptide (FPGVG)n analogs

    Keitaro Suyama,Masayuki Murashima,Iori Maeda,Takeru Nose

    第59回ペプチド討論会  2022年10月  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年10月26日 - 2022年10月28日   記述言語:英語   開催地:トークネットホール仙台(仙台)  

  • 放射線照射によるエラスチン様ペプチドの架橋反応 招待有り

    前田衣織

    大阪公立大学研究推進機構・放射線施設 令和 3 年度共同利用報告会  2022年09月  大阪公立大学研究推進機構

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月01日   記述言語:日本語   開催地:大阪公立大学 C13棟講堂  

  • 温度応答性ペプチド・(FPGVG)5の配列短縮による自己集合能の増強

    巣山慶太郎,住吉勝伍,田中尚輝,安藤拓海,長田晃彦,友原啓介,谷口 卓,前田衣織,野瀬 健

    令和4年度日本生化学会九州支部例会  2022年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月18日   記述言語:日本語   開催地:Zoom開催(本部:熊本大学大学院生命科学研究部)  

    その他リンク: https://square.umin.ac.jp/kyuseika/re_reiwa4.html

  • EDTAを用いた短鎖(FPGVG)nの多量体化による温度応答性分子の合成

    巣田中尚輝,巣山慶太郎,友原啓介,前田衣織,野瀬 健

    令和4年度日本生化学会九州支部例会  2022年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月18日   記述言語:日本語   開催地:Zoom開催(本部:熊本大学大学院生命科学研究部)  

    その他リンク: https://square.umin.ac.jp/kyuseika/re_reiwa4.html

  • 短鎖エラスチン由来ペプチド(FPGVG)nの多量体化による温度応答性を有する機能性分子素材の開発

    巣山慶太郎,馬渡弥佳,前田衣織,野瀬 健

    第94回日本生化学会大会  公益社団法人日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月03日 - 2021年11月05日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

  • Development of temperature-responsive short-chain peptide analogues based on elastin-like peptide FPGVG

    Naoki Tanaka,Keitaro Suyama,Keisuke Tomohara,Iori Maeda,Takeru Nose

    第58回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月20日 - 2021年10月22日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

  • Development of temperature-responsive peptides by EDTA-mediated multimerization of short (FPGVG)n chains

    Naoki Tanaka, Keitaro Suyama, Keisuke Tomohara, Iori Maeda, Takeru Nose

    第58回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月20日 - 2021年10月22日   記述言語:日本語   開催地:Web開催  

  • 細胞外マトリックスを用いた多層環モデルの形成

    前田衣織,谷口卓,福田祐介

    日本化学会 第101春季年会  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月19日 - 2021年03月22日   記述言語:日本語   開催地:日本大学(オンライン)  

  • Role of Phe residues in elastin-like peptide (FPGVG)5 on self-assembly properties

    Keitaro Suyama ,Marin Shimizu ,Iori Maeda ,Takeru Nose

    第57回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月09日 - 2020年11月11日   記述言語:日本語   開催地:鳥取大学(オンライン)  

  • Fractionation of Water-soluble Elastin from Pig Aorta by Coacervation Method

    Iori Maeda,Suguru Taniguchi,Yumi Moriuchi,Naruhiko Sawa,Asako Inoue,Tomoyuki Usa,Noriko Watanabe,Keitaro Suyama,Takeru Nose

    第57回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月09日 - 2020年11月11日   記述言語:英語   開催地:鳥取大学(オンライン)  

  • ブタ大動脈由来エラスチン含有成分の抽出

    前田衣織,谷口卓,井上亜沙子,平山裕規,小野紗佑里,野瀬健

    第52回日本結合組織学会学術大会  日本結合組織学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日 - 2020年09月20日   記述言語:日本語   開催地:国立長寿医療研究センター(愛知)(オンライン)  

  • The effect of sequential modification of elastin-derived (FPGVG)n peptide analogs on self-assembly properties

    Keitaro Suyama,Marin Shimizu,Iori Maeda,Takeru Nose

    日本化学会 第100春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月22日 - 2020年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学  

  • Continuous-flow formation of multilayered tubular hydrogel using 3D-printed microfluidic device

    Yusuke Fukuda,Suguru Taniguchi,Asako Inoue,Iori Maeda,Masaya Miyazaki

    BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS, & Applications 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月18日 - 2019年12月20日   記述言語:英語   開催地:鹿児島大学  

  • エラスチン由来ペプチドアナログの合成および凝集性解析

    住吉勝伍,巣山慶太郎,田坪大来,馬渡弥佳,前田衣織,野瀬 健

    第56回化学関連支部合同九州大会  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月13日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • ブタ由来水溶性エラスチンの限外ろ過分画物を用いたACE阻害能の評価

    宇佐友行、森内佑美、谷口卓、井上亜沙子、宮埼真佐也、前田衣織

    CSJ化学フェスタ2018  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月23日 - 2018年10月25日   記述言語:日本語   開催地:タワーホール船堀  

  • コアセルベーション法を利用した水溶性エラスチンの分画方法の検討

    森内佑美、宇佐友行、谷口卓、井上亜沙子、宮埼真佐也、前田衣織

    CSJ化学フェスタ2018  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月23日 - 2018年10月25日   記述言語:日本語   開催地:タワーホール船堀  

  • 水溶性エラスチン調製における透析条件の違いによる物性への影響

    福田祐介、角銅宏一郎、井上亜沙子、谷口卓、宮埼真佐也、前田衣織

    CSJ化学フェスタ2018  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月23日 - 2018年10月25日   記述言語:日本語   開催地:タワーホール船堀  

  • 魚組織由来水溶性エラスチンの調製における熱アルカリ処理時間の検討

    角銅宏一郎、井上亜沙子、谷口卓、宮埼真佐也、前田衣織

    CSJ化学フェスタ2018  日本化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月23日 - 2018年10月25日   記述言語:日本語   開催地:タワーホール船堀  

  • エラスチン様ペプチド(FPGVG)5の脂肪酸付加アナログを用いたリポソーム様凝集体形成

    坂本直樹、田坪大来、巣山慶太郎、前田衣織、野瀬健

    第55回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月30日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 薬物キャリアとしての生体由来エラスチン

    引間知広、坂井透麻、井上亜沙子、谷口卓、前田衣織

    第34回日本DDS学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月21日 - 2018年06月22日   記述言語:日本語   開催地:長崎ブリックホール  

  • 三量体化エラスチン由来ペプチド(FPGVG)nアナログの自己集合能および金属結合性

    馬渡弥佳、田坪大来、巣山慶太郎、前田衣織、野瀬健

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学  

  • pHおよび温度応答性ゲルの基材開発を目指したエラスチン由来(FPGVG)nアナログの自己集合特性

    巣山慶太郎、田坪大来、前田衣織、野瀬健

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月20日 - 2018年03月23日   記述言語:日本語   開催地:日本大学  

  • カツオ由来エラスチンの精製とその特性

    白土絵理,宮成健司,宅野美月,小峰卓士,前田衣織,有馬一成,山田道生, 岡元孝二

    エラスチン・関連分子研究会 第2回学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月02日 - 2017年12月03日   記述言語:日本語   開催地:新宿ワシントンホテル 新館3階「高尾1」  

  • アルカリ抽出により精製したブタ大動脈エラスチンのACE阻害活性

    前田衣織,谷口卓,井上亜沙子

    エラスチン・関連分子研究会 第2回学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月02日 - 2017年12月03日   記述言語:日本語   開催地:新宿ワシントンホテル 新館3階「高尾1」  

  • Effects of Salts and pH on Coacervation of Short Elastin-Like Peptide (FPGVG)5

    Daiki Tatsubo, Misako Kodama, Keiji Sato, Keitaro Suyama, Iori Maeda, and Takeru Nose

    第54回 ぺプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月20日 - 2017年11月22日   記述言語:日本語   開催地:大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス  

  • エラスチン微粒子からの化合物放出挙動に対するpHと塩濃度の影響

    松下幹司,坂井透麻,前田衣織,引間知広

    第33回日本DDS学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月06日 - 2017年07月07日   記述言語:日本語   開催地:京都市勧業館みやこめっせ  

  • 魚由来組織からのエラスチン精製における条件検討

    角銅宏一郎,宇佐友行,井上亜沙子,谷口卓,野瀬健,前田衣織

    第54回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月01日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • 環状合成ペプチド・Cyc-(FPGVG)nの自己集合特性の解析

    巣山慶太郎、田坪大来、袈裟丸仁志、前田衣織、野瀬健

    平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月13日 - 2017年05月14日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学清武キャンパス  

  • エラスチン由来ペプチド(FPGVG)5アナログの自己集合における塩および pHの影響

    田坪大来、兒玉美佐子、巣山慶太郎、前田衣織、野瀬健

    平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月13日 - 2017年05月14日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学清武キャンパス  

  • エラスチン由来ペプチド(FPGVG)nおよび(WPGVG)nの環状化アナログの 凝集特性および立体構造解析

    巣山慶太郎、田坪大来、袈裟丸仁志、前田衣織、野瀬健

    日本化学会 第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語   開催地:慶応義塾大学  

  • Structural Basis of Cucumisin Protease Activity Regulation by its Propeptide

    Mizuki Takuno, Ami Sotokawauchi, Kazutaka Murayama, Miyuki Kato-Murayama, Toshiaki Hosaka, Iori Maeda, Michio Onzyo, Noboru Osawa, Daichiro Kato, Shirouzu Mikako, Kazunari Arima

    4th Protein Expression, Purification & Characterization, Protein Discovery Summit 2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月05日 - 2016年12月07日   記述言語:英語   開催地:Hyatt Regency, BOSTON  

  • エラスチン由来短鎖型ペプチドを用いた自己集合能の解析およびDDS担体応用への基礎検討

    谷口 卓,渡邊法子,井上亜沙子,島居真理也,野瀬健,前田衣織

    第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会(2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学情報工学部  

  • 生体由来エラスチンの自己集合能及びその応用に関する研究

    坂井透麻,松下幹司,谷口卓、井上亜沙子、前田衣織、引間知広

    第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会(2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学情報工学部  

  • Study of Coacervation Ability of Short Elastin-derived Peptide Analogues Using Hydrophobic and Aromatic Amino Acids

    Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe, Asako Inoue, Takeru Nose, and Iori Maeda

    第53回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月26日 - 2016年10月28日   記述言語:日本語   開催地:京都テルサ  

  • Coacervation property and structural analysis of cyclic analogs of elastin-derived peptide (FPGVG)n

    Keitaro Suyama, Daiki Tatsubo, Hitoshi Kesamaru, Iori Maeda, and Takeru Nose

    第53回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月26日 - 2016年10月28日   記述言語:日本語   開催地:京都テルサ  

  • Study of Coacervation and Structural Analysis of Short Elastin-Derived Peptides Containing Phenylalanine

    Mariya Shimai, Suguru Taniguchi, Noriko Watanabe, Asako Inoue, Takeru Nose and Iori Maeda

    第53回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月26日 - 2016年10月28日   記述言語:英語   開催地:京都テルサ  

  • 生体由来エラスチンの薬物キャリアとしての可能性に関する検討

    坂井透麻、井上亜沙子、前田衣織、引間知広

    第32回 日本DDS学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月30日   記述言語:日本語   開催地:静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」  

  • 無機塩水溶液中におけるエラスチン由来ペプチド(FPGVG)nアナログの コアセルベーション特性

    兒玉美佐子、巣山慶太郎、前田衣織、野瀬健

    日本化学会 第96春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学  

  • エラスチン由来フェニルアラニン含有ペンタペプチド配列を用いた コアセルベーション及び二次構造の解析

    前田衣織

    第12回エラスチン研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月04日 - 2015年12月05日   記述言語:日本語   開催地:東京都千代田区九段北4-2-25 私学会館 アルカディア市ヶ谷  

  • エラスチン由来ペプチドからのACE阻害ペプチドの探索

    原田達郎、甲斐捷平、谷口卓、野瀬健、前田衣織

    第88回日本生化学学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月01日 - 2015年12月04日   記述言語:日本語   開催地:神戸ポートアイランド  

  • 動物組織からの効率的な水溶性エラスチン製造法

    古江健人、井上亜沙子、平山裕規、谷口卓、前田衣織

    第88回日本生化学学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月01日 - 2015年12月04日   記述言語:日本語   開催地:神戸ポートアイランド  

  • エラスチン分解物によるアンジオテンシン変換酵素の阻害

    行武公彦、原田達郎、甲斐捷平、谷口卓、野瀬健、前田衣織

    第88回日本生化学学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月01日 - 2015年12月04日   記述言語:日本語   開催地:神戸ポートアイランド  

  • エラスチン摂取による血液中からのエラスチン由来ペプチドの検出

    Iori Maeda, Suguru Taniguchi, Takeru Nose

    第52回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月16日 - 2015年11月18日   記述言語:日本語   開催地:平塚中央公民館  

  • エラスチン由来ペプチドのヒト3次元培養皮膚に対する効果

    井上亜沙子、引間知広、野瀬健、前田衣織

    第31回 日本DDS学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月02日 - 2015年07月03日   記述言語:英語   開催地:東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル  

  • 自己集合特性ペプチド(FPGVG)nアナログのN末端脂肪酸修飾が及ぼす 凝集特性への影響

    佐藤圭治、田坪大来、巣山慶太郎、前田衣織、野瀬健

    日本化学会九州支部設立100周年記念国際シンポジウム 第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日 - 2015年06月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州国際会議場  

  • Bioactivity and nutritional evaluation of housefly larvae

    Hujun Li, Asako Inoue, Suguru Taniguchi, Tomohiko Yukutake, Takeru Nose, Keitaro Suyama, Yasuharu Nakano, Ryohei Maeda, Iori Maeda

    第12回アジア栄養学会議  公益社団法人 日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月14日 - 2015年05月18日   記述言語:英語   開催地:パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)  

  • Inhibition of Angiotensin-converting Enzyme by Water-soluble Elastin Prepared with the AlkaliHydrolysis Method

    S. Kai, S. Taniguchi, A. Inoue, T. Harada, T. Nose, I. Maeda

    2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語   開催地:九州工業大学 戸畑キャンパス 百周年中村記念館  

  • 芳香族アミノ酸を含むエラスチン由来ペプチドダイマーのコアセルベーション特性と立体構造の解析

    Keitaro Suyama, Daiki Tatsubo, Suguru Taniguchi, Hitoshi Kesamaru, Iori Maeda and Takeru Nose

    第51回ペプチド討論会  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月22日 - 2014年10月24日   記述言語:英語   開催地:徳島大学 大塚講堂  

  • メロン由来プロテアーゼであるククミシンとそのプロペプチドとの複合体の構造

    外川内亜美、村山和隆、村山(加藤)美幸、保坂俊彰、前田衣織、伊東祐二、横山茂之、白水美香子、有馬一成

    2014年度 日本農芸化学西日本支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学農学部  

  • エラスチン配列由来芳香族アミノ酸含有合成ペプチドの温度依存的な自己集合凝集特性の解析

    田坪大来、巣山慶太郎、谷口 卓、前田衣織、野瀬 健

    第51回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月28日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • エラスチン由来ダイマーペプチドのコアセルベーション特性の解析

    巣山慶太郎、谷口 卓、田坪大来、前田衣織、河野敬一、野瀬 健

    平成26年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月17日 - 2014年05月18日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • エラスチン由来ペプチドダイマーの自己集合特性および立体構造の解析

    巣山慶太郎、野瀬健、谷口卓、前田衣織、河野敬一

    分子・物質合成プラットフォーム 平成25年度シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月10日 - 2014年03月11日   記述言語:日本語   開催地:茨城 つくば国際会議場  

  • Coacervation Properties of Short Elastin-derived Pentapeptide Analogues Containing Aromatic Amino Acids.

    Suguru Taniguchi、Noriko Watanabe、Takao Hattori、Taishi Inatomi、Asako Inoue、Yuko Yamasaki、Takeru Nose、Iori Maeda

    第50回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月06日 - 2013年11月08日   記述言語:英語   開催地:ホテル阪急エキスポパーク  

  • Preparing of Phenylalanine Containing Elastin-derived Pentapeptide Based Biomaterials.

    Asako Inoue、Suguru Taniguchi、Yuko Yamasaki、Masakazu Furuta、Takeru Nose、Iori Maeda

    第50回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月06日 - 2013年11月08日   記述言語:英語   開催地:ホテル阪急エキスポパーク  

  • Coacervation Property and Secondary Structure of Synthetic Dimer Peptides of Elastin-Derived Pentapeptide Repeats

    巣山慶太郎, 谷口卓, 前田衣織, 田坪大来, 野瀬健

    第50回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月06日 - 2013年11月08日   記述言語:英語   開催地:ホテル阪急エキスポパーク  

  • 水溶性エラスチンを用いたバイオマテリアルの開発に関する基礎研究

    井上亜沙子,前田衣織

    第54回北九州医工学術者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月02日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学(戸畑) 総合教育棟C-1A教室(福岡)  

  • タンパク質分解酵素ククミシンの結晶構造と阻害ペプチドの結合解析

    外川内亜美、村山和隆、村山(加藤)美幸、保坂俊彰、小野美香、渡邊法子、 前田衣織、横山茂之、白水美香子、有馬一成

    第84回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月14日 - 2012年12月16日   記述言語:日本語   開催地:マリンメッセ福岡  

  • エラスチン由来ペンタペプチドを用いたコアセルベーションの解析

    井上亜沙子,渡邊法子,前田衣織

    日本エラスチン研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月07日 - 2012年12月08日   記述言語:日本語   開催地:私学会館 アルカディア市ヶ谷  

  • 疎水性エラスチン由来ペンタペプチドアナログのコアセルベーション特性

    馬庭由佳,井上亜沙子,渡邊法子,荻野雄輝,山崎裕子,野瀬健,前田衣織

    第49回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月07日 - 2012年11月09日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島県交流センター(鹿児島)  

  • エラスチン由来ポリペプチドpoly(IPGVG)を用いたDDS担体応用への基礎的検討

    生命体工学研究科

    日本エラスチン研究会第9回学術集会  日本エラスチン学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月02日 - 2011年12月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 化学修飾水溶性エラスチンを用いた温度応答性細胞シートの作製

    生命体工学研究科

    第83回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月07日 - 2010年12月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • コレステロール負荷家兎の脂質代謝異常に及ぼすメロン抽出物による抑制効果

    生命体工学研究科

    第83回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月07日 - 2010年12月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • Structural Analysis and Coacervation Properties of Ile-ContainingElastin-Derived Pentapeptide Analogues

    生命体工学研究科

    5th International Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月04日 - 2010年12月09日   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • 水溶性エラスチンを用いた温度応答性培養皿による細胞シート作製と回収

    生命体工学研究科

    第47回北九州医工技術者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月18日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • エラスチン由来ポリペプチドアナローグ(VAPGVG)nの不可逆的な分子集合及び脱集合

    生命体工学研究科

    日本エラスチン研究会 第7回学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日 - 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • エラスチン由来ポリペプチドアナログpoly(VPAVG)の不可逆的な分子集合及び脱集合プロセスの解析

    生命体工学研究科

    日本エラスチン研究会 第7回学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月04日 - 2009年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • エラスチン類似ポリペンタペプチドの温度依存性分子集合及び脱集合の異なる過程のNMR解析

    生命体工学研究科

    第46回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月04日 - 2009年11月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • Ile含有エラスチン由来ペンタペプチドアナログを用いた自己集合特性の解析

    本人

    第45回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月29日 - 2008年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • エラスチン由来ポリペプチドの構造とコアセルベーション特性

    本人

    第44回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月07日 - 2007年11月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 富山  

  • Study on Self-Assembly of Pentapeptide Repeating Sequence in Tropoelastin

    生命体工学研究科・生体機能専攻

    Proceedings of the International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide Engineering Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月05日 - 2006年11月08日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Smooth muscle cell migration induced by production of fibronectin and matrix metalloproteinases for the process of airway remodeling in asthma

    Machiko Nishihara

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月18日 - 2006年06月23日   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • A highly selective and specific actitumor activity of garlic lectin

    本人

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月18日 - 2006年06月23日   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • Chemotactic migration of bronchial smooth miscle cells to fibronectin for the process of airway remodeling in asthma

    Machiko Nishihara(九州工業大学)

    第38回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月11日 - 2006年05月12日   記述言語:英語   開催地:日本 前橋市  

  • ニンニク由来レクチン及び祖精製物のin vitro及びin vivoにおける選択的抗腫瘍活性

    藤 泰多

    2006年度日本農芸化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月25日 - 2006年03月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 気管支喘息の気道リモデリング形成機構:気道平滑筋細胞のオートクライン機序による遊走フィブロネクチン及びマトリックスメタロプロテアーゼの関与

    アレルギー・気道上皮細胞研究会 第9回学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • エラスチン由来のランダムコポリマーのDDS担体応用への基礎的検討

    第42回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月27日 - 2005年10月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 気管支喘息の気道リモデリングへの気道平滑筋細胞の関与:フィブロネクチン産生及び遊走による病態形成機構

    第55回日本アレルギー学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月20日 - 2005年10月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 盛岡市  

  • Advanced glycation endproducts (AGE) induces migration of human monocytes

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月19日 - 2005年10月22日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸  

  • Comparison of coacervation property and secondary structure of human tropoelastin and its mutants

    本人

    第37回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月26日 - 2005年05月27日   記述言語:英語   開催地:日本 富山  

  • エラスチン繊維形成に及ぼすエラスチン遺伝子の選択的スプライシングの影響

    里 史明(星薬科大学)

    第37回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月26日 - 2005年05月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 富山  

  • Fibronectin and matrix metalloproteinases are involved in airway smooth muscle cell migration for the process of airway remodeling

    Machiko Nishihara

    第37回日本結合組織学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月26日 - 2005年05月27日   記述言語:英語   開催地:日本 富山  

  • 結合組織疾患に関与する変異体を含む各種ヒトトロポエラスチンのコアセルベーション特性と二次構造

    日本エラスチン研究会第二回学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月10日 - 2004年12月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • Synthesis and coacervation property of elastin-derived Val-, Phe-, Ala-, and/or Lys-containing copolymers for design of drug release devices

    The First Asia-Pacific International Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月31日 - 2004年11月03日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Chemotactic and proliferative response of vascular smooth muscle cells to elastin-derived peptides

    本人

    The First Asia-Pacific International Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月31日 - 2004年11月03日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Coacervation and Secondary Structure of Human Tropoelastin and its Isomers and Mutants

    第77回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月13日 - 2004年10月16日   記述言語:英語   開催地:日本 横浜  

  • Macrophage Chemotaxis Induced by Elastin-derived Nonapeptides

    第77回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月13日 - 2004年10月16日   記述言語:英語   開催地:日本 横浜  

  • Inhibitory Action of Elastin-derived Peptide on Collagen-induced Platelet Aggregation

    第77回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月13日 - 2004年10月16日   記述言語:英語   開催地:日本 横浜  

  • Involvement of Extracellular Matrix Components and Matrix Metalloproteinases in Airway Smooth Muscle Cell Migration for the Process of Airway Remodeling

    第77回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月13日 - 2004年10月16日   記述言語:英語   開催地:日本 横浜  

  • 気管支喘息の気道リモデリングにおける気管支平滑筋細胞のオートクライン機序による遊走とフィブロネクチン及びMMP-2の関与

    第25回日本炎症・再生医学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月13日 - 2004年07月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 皮膚弛緩症(Cutis laxa)におけるエラスチン線維構築

    第36回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年06月03日 - 2004年06月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • The chemotactic migration of airway smooth muscle cells toward the extracellular matrix components

    American Thoracic Society 100th International Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月21日 - 2004年05月26日   記述言語:英語   開催地: U.S.A. Orlando  

  • Regulation of Cellular Response by Solution and Solid States of Extracellular Matrix Component

    International Symposium on Bio-inspired Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月07日 - 2004年03月09日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • エラスチンペプチドのコアセルべーション特性と細胞遊走活性

    日本エラスチン研究会第1回学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年12月05日 - 2003年12月06日   記述言語:日本語   開催地: 仙台ロイヤルパークホテル  

  • 気管支喘息での気道リモデリングにおけるオートクライン機序による気道平滑筋細胞遊走の意義

    第7回アレルギー・気道上皮細胞研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • エラスチン由来ペプチドの構造と機能

    第40回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月29日 - 2003年10月31日   記述言語:日本語   開催地: かずさアーク  

  • エラスチン由来ノナペプチドのマクロファージ遊走活性・構造連関

    第40回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月29日 - 2003年10月31日   記述言語:日本語   開催地: かずさアーク  

  • トロポエラスチンモデルペプチドのカルシウムイオン結合における二量体効果

    2003年日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月25日 - 2003年10月26日   記述言語:日本語  

  • 気管支平滑筋細胞のオートクライン機序による遊走作用

    第53回日本アレルギー学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月23日 - 2003年10月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 岐阜  

  • Preparation and Characterization of Polyclonal Antibody against Hexapeptide Repeating Sequence Derived from Elastin

    第76回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月15日 - 2003年10月18日   記述言語:日本語   開催地: パシフィコ横浜  

  • Synthesis and calcium binding of dimeric tropoelastin analogs

    第76回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月15日 - 2003年10月18日   記述言語:日本語   開催地: パシフィコ横浜  

  • Effect of Extracellular Matrix Components on the Migration of Airway Smooth Muscle Cells in Asthma

    第76回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年10月15日 - 2003年10月18日   記述言語:日本語   開催地: パシフィコ横浜  

  • 気管支喘息の気道リモデリングにおける細胞外マトリックス及び気道平滑筋細胞の意義

    第27回北九州医工学術者会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年06月27日   記述言語:日本語   開催地: 九州工業大学(福岡)  

  • Involvement of extracellular matrix components in chemotactic response of airway smooth muscle cells associated with airway wall remodeling

    5th Pan-Pacific Connective Tissue Societies Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年06月03日 - 2003年06月07日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Biological and conformational studies associated with elastin peptide-mediated macrophage chemotaxis

    5th Pan-Pacific Connective Tissue Societies Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年06月03日 - 2003年06月07日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Immunoreactive and conformational analysis of hexapeptide repeating sequence derived from elastin

    本人

    5th Pan-Pacific Connective Tissue Societies Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年06月03日 - 2003年06月07日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • ヒトトロポエラスチンのエクソン欠損および変異体の自己集合特性

    平成15年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月31日 - 2003年06月01日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学(福岡)  

  • エラスチン由来ペプチドアナログの構造解析

    第39回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月16日 - 2002年10月18日   記述言語:日本語   開催地: 神戸市産業振興センター(兵庫県)  

  • 卵巣癌患者腹水中に含まれる35および37kDaセリンプロテアーゼの分離・精製とその性質

    第75回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月14日 - 2002年10月17日   記述言語:日本語   開催地: 国立京都国際会館(京都府)  

  • ニンニク(Allium Sativum)由来レクチンの構造及び生理作用

    第75回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月14日 - 2002年10月17日   記述言語:日本語   開催地: 国立京都国際会館(京都府)  

  • VPG配列のニワトリ血管中膜平滑筋細胞に対する遊走作用

    第75回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月14日 - 2002年10月17日   記述言語:日本語   開催地: 国立京都国際会館(京都府)  

  • 緑茶カテキンとエラスチンペプチド及びコラーゲンとの相互作用

    第39回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年07月19日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学(福岡県)  

  • トロポエラスチン短鎖ペプチドの二量化と金属イオンとの相互作用

    第39回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年07月   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学(福岡県)  

  • Macrophage migration and signaling mechanism by elastin derived hexapeptide VGVAPG

    平成14年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月18日 - 2002年05月19日   記述言語:英語   開催地: 九州大学薬学部(福岡県)  

  • エラスチン中の親水性ドメインを抗原としたポリクローナル抗体の作製

    平成14年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月18日 - 2002年05月19日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学薬学部(福岡県)  

  • Receptor-mediated binding of elastin-derived hexapeptide to macrophages induced a galactosugar-sensitive chemotaxis

    第34回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月04日 - 2002年04月05日   記述言語:英語   開催地: アクトシティ浜松(静岡県)  

  • Coacervation and calcium ion binding properties of elastin-derived polypeptide, (Val-Pro-Gly-Val-Gly)n

    第34回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月04日 - 2002年04月05日   記述言語:英語   開催地: アクトシティ浜松(静岡県)  

  • Arg基質を認識するa2-マクログロブリン・プロテアーゼ複合体の胃癌患者胸水中からの分離・精製とその性質

    第74回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月25日 - 2001年10月28日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • エラスチンの主要な繰り返し配列(VPGVG)nのコアセルベーション特性に及ぼす他の繰り返し配列及び他の細胞外マトリックスの影響

    第74回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月25日 - 2001年10月28日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 緑茶カテキンとエラスチンペプチドの相互作用

    第74回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月25日 - 2001年10月28日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 液相及び固相状態のエラスチンペプチドと収縮及び合成型血管平滑筋細胞の相互作用

    第38回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月03日 - 2001年10月05日   記述言語:英語   開催地: 長崎  

  • ヒトエラスチンのドメイン26Aの構造解析及びドメイン26Aを抗原としたポリクローナル抗体の作製

    第38回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月03日 - 2001年10月05日   記述言語:英語   開催地: 長崎  

  • エラスチン由来ポリペプチドアナログのコアセルベーション特性及びコンホメーション解析

    第38回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月03日 - 2001年10月05日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • 液相及び固相状態のエラスチンペプチドと収縮及び合成型血管平滑筋細胞の相互作用

    第38回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月03日 - 2001年10月05日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • エラスチン由来ポリペプチドアナログのコアセルベーション特性及びコンホメーション解析

    第38回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年10月03日 - 2001年10月05日   記述言語:英語   開催地: 長崎  

  • Coacervation and conformational studies of elastin-derived polypeptide (VPGVG)n and its analogs

    The 4th Internationla Symposium on Frontiers in Protein Chemistry and Biotechnology 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月16日 - 2001年08月20日   記述言語:英語   開催地: Chengde (China)  

  • Coacervation and CD and FT-IR spectroscopic studies of elastin-derived polypeptide and its analogs

    The 2nd International and the 17th American Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年06月09日 - 2001年06月14日   記述言語:英語   開催地: San Diego (U. S. A.)  

  • Macrophage chemotactic response to elastin-derived VGVAPG and VGVPG permutations: A structure-activity relationship and receptor binding assay

    The 2nd International and the 17th American Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年06月09日 - 2001年06月14日   記述言語:英語   開催地: San Diego (U. S. A.)  

  • エラスチンペプチドとニワトリ血管平滑筋細胞の相互作用

    平成13年度 日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月28日 - 2001年04月29日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • エラスチンペプチドとニワトリ血管平滑筋細胞の相互作用

    平成13年度 日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月28日 - 2001年04月29日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • ポリペプチド(VPGVG)nとそのアナログのコアセルベーション特性

    平成13年度 日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月28日 - 2001年04月29日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • 腎不全患者胸部大動脈組織中のペントシジンの免疫組織化学的検討および定量

    平成13年度 日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月28日 - 2001年04月29日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • キモトリプシン活性中心His57へのスタッキングによる阻害機構

    第38回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月28日 - 2001年04月29日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • エラスチン由来ヘキサペプチドVGVAPGおよびペンタペプチドVGVPGの順序入れ替えペプチドのマクロファージ遊走活性の比較

    第37回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月18日 - 2000年10月20日   記述言語:日本語   開催地: 愛知県勤労会館  

  • エラスチン由来ポリペプチド(VPGVG)n、(VPGV)n、(VPG)nのコアセルベーション特性及び金属イオンとの特異的相互作用

    第37回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月18日 - 2000年10月20日   記述言語:日本語   開催地: 愛知県勤労会館  

  • 血管平滑筋細胞の遊走に対するエラスチンペプチドの作用

    第73回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月11日 - 2000年10月14日   記述言語:日本語   開催地: パシフィコ横浜  

  • 腎不全及び非腎不全患者の胸部大動脈エラスチン中のAdvanced Glycation Endoproductsの定量

    第73回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月11日 - 2000年10月14日   記述言語:日本語   開催地: パシフィコ横浜  

  • Macrophage chemotaxis induced by elastin-derived hexapeptides and its signal transduction mechanism

    26th European Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月10日 - 2000年09月15日   記述言語:英語   開催地: Montpellier, France  

  • Macrophage Chemotaxis Induced by Elastin-derived Hexapeptides and its Signal Transduction Mechanism

    26th European Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年09月   記述言語:英語   開催地: France San Diego (U. S. A.)  

  • Macrophage migration and its recognition by elastin-derived hexapeptide VGVAPG and its permutation peptides

    第32回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月24日 - 2000年05月25日   記述言語:日本語   開催地: 東邦大学  

  • 胃癌患者胸水中に含まれるa2-マクログロブリン・プロテアーゼ複合体の分離・精製とその性質について

    平成12年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月13日 - 2000年05月14日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学  

  • エラスチン由来ポリペプチドのコアセルベーション特性及び金属イオンとの特異的相互作用

    平成12年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月13日 - 2000年05月14日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学  

  • エラスチンヘキサペプチドに対するポリクローナル抗体の作製および認識部位の解析

    第36回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月21日 - 1999年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • エラスチン中のヘキサペプチド配列のマクロファージ遊走活性とその細胞内メカニズム

    第36回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月21日 - 1999年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • エラスチンペプチドへの金属イオンの選択特異的結合:構造と機能への影響

    第36回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月21日 - 1999年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • ニワトリ血管中膜平滑筋細胞の遊走作用に及ぼすエラスチンペプチドの影響

    第36回ペプチド討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月21日 - 1999年10月23日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 肺癌患者胸水より得られた57-kDaプロテアーゼの精製と性質

    第72回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月06日 - 1999年10月09日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 初代培養ニワトリ血管平滑筋細胞の遊走・増殖に及ぼすエラスチンペプチドの作用

    第72回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月06日 - 1999年10月09日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 癌患者の腹水中に含まれるGPAを認識するプロテアーゼの精製と性質

    第72回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月06日 - 1999年10月09日   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • Bone Development of Growing Rats as Influenced by Exercise

    ICHIPER.SD 42th World Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年07月06日 - 1999年07月08日   記述言語:英語   開催地: Egypt  

  • 肺癌患者胸水中に存在するゼラチン分解活性を持つ57-kDaプロテアーゼの部分精製と性質

    日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年04月24日 - 1999年04月25日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • エラスチンヘキサペプチド配列を抗原としたポリクローナル抗体の作製

    日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年04月24日 - 1999年04月25日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

▼全件表示

工業所有権

  • 水溶性エラスチン

    前田 衣織,鎌田 照男

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-247823  出願日:2017年12月25日

    公開番号:特開2019-112357  公開日:2019年07月11日

    登録番号:特許第6712914号  登録日:2020年06月02日

  • 経皮吸収素材、並びに、経皮吸収式化粧品、及び、経皮吸収式薬剤

    前田 衣織,引間 知広,野瀬 健

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-025675  出願日:2015年02月12日

    公開番号:2016-147830  公開日:2016年08月18日

    登録番号:6736036  登録日:2020年07月17日

  • ペプチドおよびその自己集合方法、その集合体、これらを用いた細胞培養基材、並びに、細胞シートの製造方法

    前田 衣織,野瀬 健

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-081400  出願日:2014年04月10日

    公開番号:2015-13850  公開日:2015年01月22日

    登録番号:6857857  登録日:2021年03月25日

  • ペプチド並びにその自己集合方法およびその集合体

    前田衣織

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-202497  出願日:2010年11月25日

    公開番号:2012-126713  公開日:2012年07月05日

    登録番号:6004415  登録日:2016年09月16日

    低分子でありながら、高分子のエラスチンと同等の性質を示すペプチドを発明した。

  • アンジオテンシン変換酵素阻害剤およびその用途

    前田衣織

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-201353  出願日:2010年09月08日

    公開番号:2012-56879  公開日:2012年03月22日

    登録番号:6083085  登録日:2017年02月03日

    動物組織中より精製した水溶性エラスチンを酵素分解し、血圧降下作用を有することを発明した。

講演

  • 放射線照射によるエラスチン様 ペプチドの架橋反応

    大阪公立大学研究推進機構・放射線施設 令和 3 年度共同利用報告会   2022年09月  大阪公立大学研究推進機構

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月01日   発表言語:日本語   講演種別:その他   開催地:オンライン  

  • 放射線を利用した弾性タンパク質エラスチンの化粧品、再生医療への応用

    第127回テクノラボツアー  2021年07月  大阪府立大学産官学共同研究会事務局

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン  

  • Self-assembling Peptides as Biomaterials

    The Fifth Japan-Korea Joint Symposium in Bio-microsensing Technology  2012年10月  北九州市

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州工業大学  

  • Analysis of structural changes in self-assembly of elastin-derived peptides

    大阪大学蛋白研究所セミナー ペプチド・蛋白質合成の未来像  2012年03月  大阪大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:セミナー ペプチド・蛋白質合成の未来像  

科研費獲得実績

  • 自己凝集性ペプチドを基材とした金属イオン回収材の開発

    研究課題番号:26550068  2014年04月 - 2016年03月   挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    エラスチン由来ペプチド(C-(FPGVG)5)2の広範な利用を可能にするための簡便な合成法の開発、ペプチドの改良、および、金属結合性の解析に取り組む。

  • 薬物放出制御機能を持つ生分解性ナノ粒子の設計に関する基礎研究

    研究課題番号:17500308  2005年04月 - 2007年03月   基盤研究(C)

  • エラスチンの分子集合特性を利用した薬物放出制御担体の設計

    研究課題番号:16700364  2004年04月 - 2006年03月   若手研究(B)

  • がんの腫瘍部位を標的とした抗原認識部位を含有するDDSキャリアーの開発

    研究課題番号:14780642  2002年04月 - 2004年03月   若手研究(B)

  • 薬物包含集合単体の脱集合を利用した薬物放出制御システムの設計に関する研究

    研究課題番号:12558110  2000年04月 - 2003年03月   基盤研究(B)

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   医用化学工学特論LE

  • 2023年度   医用化学工学特論BP

  • 2023年度   情報工学概論

  • 2023年度   化学Ⅰ

  • 2022年度   医用化学工学特論LE

  • 2022年度   医用化学工学特論BP

  • 2022年度   化学Ⅰ

  • 2021年度   医用化学工学特論

  • 2021年度   化学Ⅰ

  • 2020年度   医用化学工学特論

  • 2020年度   化学Ⅰ

  • 2020年度   情報工学基礎実験

  • 2019年度   医用化学工学特論

  • 2019年度   生化学

  • 2019年度   化学Ⅰ

  • 2018年度   医用化学工学特論

  • 2018年度   生化学

  • 2018年度   化学Ⅰ

  • 2018年度   化学実験

  • 2017年度   医用化学工学特論

  • 2017年度   生化学

  • 2017年度   基礎化学

  • 2017年度   基礎実験

  • 2017年度   化学実験

  • 2016年度   医用化学工学特論

  • 2016年度   生化学

  • 2016年度   基礎化学

  • 2016年度   基礎実験

  • 2016年度   化学実験

  • 2015年度   化学実験

  • 2015年度   基礎化学

  • 2015年度   生化学

  • 2015年度   医用化学工学特論

  • 2015年度   基礎実験

  • 2014年度   医用化学工学特論

  • 2014年度   化学実験

  • 2014年度   生化学

  • 2014年度   医用化学工学特論

  • 2014年度   基礎化学

  • 2014年度   基礎実験

  • 2014年度   生化学

  • 2013年度   生化学

  • 2013年度   基礎化学

  • 2013年度   医用化学工学特論

  • 2013年度   科学技術英語Ⅱ

  • 2013年度   化学実験

  • 2013年度   基礎実験

  • 2012年度   基礎実験

  • 2012年度   生化学

  • 2012年度   医用化学工学特論

  • 2012年度   基礎化学

  • 2012年度   医用化学工学特論

▼全件表示

その他教育活動

  • オンラインオープンキャンパス2020 公開講義

    2020年07月

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 大学公式YouTubeチャンネルの動画作成協力

    役割:講師

    九州工業大学  九州工業大学公式YouTubeチャンネル  飯塚キャンパス内  2022年03月10日 - 2022年06月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 社会人・一般

    種別:その他