末田 慎二 (スエダ シンジ)

SUEDA Shinji

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

生体分析化学、プロテインタグシステム、蛍光分析、酵素反応、蛍光イメージング

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系   教授  

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

    科学技術振興事業団   研究員   日本国

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

    日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生体関連化学

  • 分析化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Stepwise Preparation of a Polymer Comprising Protein Building Blocks on a Solid Support for Immunosensing Platform

    Hiroki Miyao, Utaro Uemura, Shinji Sueda

    Analytical Sciences    36 ( 2 ) 213 - 219   2020年02月  [査読有り]

    機関リポジトリ DOI

  • Fluorescent Labeling of the Nuclear Envelope by Localizing Green Fluorescent Protein on the Inner Nuclear Membrane

    Toshiyuki Taniyama, Natsumi Tsuda, and Shinji Sueda

    ACS Chemical Biology    13   1463 - 1469   2018年05月  [査読有り]

    機関リポジトリ DOI

  • Labeling of Cytoskeletal Proteins in Living Cells Using Biotin Ligase Carrying a Fluorescent Protein

    NISHI Sairi, YAMAMOTO Chihiro, YONEDA Sawako, SUEDA Shinji

    Analytical Sciences    33 ( 8 ) 897 - 902   2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Labeling with fluorescent proteins is now widely exploited for elucidating the functions and roles of target proteins in living cells. Previously, we developed a protein labeling method by combining a fluorescent protein with a biotinylation reaction from archaeon <i>Sulfolobus tokodaii</i>. Biotinylation from <i>S. tokodaii</i> has a unique property that biotin protein ligase (BPL) forms a stable complex with its biotinylated substrate protein (BCCP). By taking advantage of this unique property, a target protein carrying BCCP in living cells can be labeled through biotinylation with BPL carrying a fluorescent protein. In the present work, to demonstrate the utility and performance of this labeling system in more detail, the cytoskeletal proteins &beta;-actin and &alpha;-tubulin were selected as target proteins and labeled in living cells. With this approach, we succeeded in fluorescent imaging of actin filaments and microtubules in living cells, and shows the advantages of our approach over the conventional labeling methods with fluorescent proteins.

    DOI CiNii

  • Improvement of heme oxygenase-1-based heme sensor for quantifying free heme in biological samples

    Junichi Taira, Yukinori Nakashima, Shun Yoshihara, Shinya Koga, Shinji Sueda, Hideyuki Komatsu, Yuichiro Higashimoto, Toru Takahashi, Nohito Tanioka, Hiroko Shimizu, Hiroshi Morimatsu, Hiroshi Sakamoto

    Analytical Biochemistry    489   50 - 52   2015年08月  [査読有り]

    DOI Scopus

  • Immobilization of immunoglobulin-G-binding domain of Protein A on a gold surface modified with biotin ligase

    Hiroki Miyao, Yusuke Ikeda, Arata Shiraishi, Yuji Kawakami, Shinji Sueda

    Analytical Biochemistry    484   113 - 121   2015年05月  [査読有り]

    DOI Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子レベルで制御可能なタンパク質の蛍光ラベル化技術の開発に関する検討

    末田慎二,山本千裕,有須田一馬

    日本化学会第93春季年会  (立命館大学びわこ・くさつキャンパス(草津市))  2013年03月  -  2013年03月   

  • 表面プラズモン共鳴法によるヘムオキシダーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用の検討

    和田翔太,東元祐一郎,野口正人,末田慎二,小松英幸,坂本寛

    第85回日本生化学会大会  (福岡国際会議場(福岡市))  2012年12月  -  2012年12月   

  • Development of a regulated fluorescent labeling system for proteins with biotin ligase fused to GFP

    Chihiro Yamamoto, Hideki Hayashi, Shinji Sueda

    The Fifth Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology: Future Technology in Medical & Dental Areas  (九工大戸畑キャンパス(北九州市))  2012年10月  -  2012年10月   

  • Development of a protein tyrosine kinase assay by using SH2 domain conjugated to biotin ligase carrying a Tb3+ complex

    Takeshi Kusaba, Yuki Abe, Tomohiro Ikeda, Shinji Sueda

    The Fifth Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology: Future Technology in Medical & Dental Areas  (九工大戸畑キャンパス(北九州市))  2012年10月  -  2012年10月   

  • Protein Aとビオチン化基質タンパク質の融合体を利用した固相基板上への抗体の固定化

    宮尾寛樹,白石新,末田慎二

    日本分析化学会第61年会  (金沢大学角間キャンパス(金沢市))  2012年09月  -  2012年09月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • タンパク等の分離・検出方法

    特願 '特願2007-085384  特開 特開2008-237163  特許 5055551  日本国

    末田慎二,田中一史,近藤寛樹

  • 蛍光共鳴エネルギー移動を利用した、DNAハイブリダイゼーション法によるDNA検出方法

    特願 PCT/JP00/04975  特開 WO01/53527  特許 US 6,830,889 B1  アメリカ合衆国

    松本和子,末田慎二

     概要を見る

    本発明は、蛍光共鳴エネルギー移動を利用した、DNAハイブリダイゼーション法によるDNA検出方法において、アクセプターの増感発光に及ぼすバックグラウンド発光(ド
    ナーの発光とアクセプターの直接励起に基づく発光)を極力抑え、均一溶液中で簡便且つ極めて容易に標的とするDNA鎖を検出できる実用的なDNAの検出方法を提供すること
    を目的とする。本発明は、検出用試薬として、蛍光性希土類金属錯体で標識したストレプトアビジンと、ビオチンで修飾した核酸プローブと、シアニン系有機色素で標識した核酸
    プローブとを用い、蛍光共鳴エネルギー移動を利用して、DNAハイブリダイゼーション法によりDNAを検出する方法に関する。

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 核膜選択的な蛍光ラベル化技術を活用した細胞核の動態解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月

    研究課題番号:  18K05177

  • 細胞表層から細胞内への共鳴エネルギー移動を利用したレセプター間の相互作用解析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  15K13728

  • 特異な酵素反応を利用した細胞内タンパク質機能制御システムの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22750071

  • 特異な酵素反応系を利用した新規細胞内ATPモニターリングシステムの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19750063

  • 部位特異的蛍光色素導入法に基づいた新規タンパク質分子間相互作用システムの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月

    研究課題番号:  16750063

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 2段階ビオチン化反応を利用したタンパク質解析

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2005年10月  -  2009年03月

     概要を見る

    個人型研究(さきがけタイプ)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  生体分析化学特論

  • 2018年度  大学院実践演習 Ⅱ

  • 2018年度  バイオテクノロジー実験

  • 2018年度  遺伝子工学

  • 2018年度  大学院実践演習 I

全件表示 >>