2022/05/25 更新

コマツ ヒデユキ
小松 英幸
KOMATSU Hideyuki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 生命化学情報工学研究系
職名
准教授
研究室住所
福岡県飯塚市川津680-4
外部リンク

研究キーワード

  • 糖鎖生物学

  • 熱力学

  • 酵素反応速度論

  • タンパク質

研究分野

  • ライフサイエンス / 生物物理学

取得学位

  • 九州大学  -  博士(理学)   1993年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系     准教授

  • 2018年03月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系     准教授

所属学会・委員会

  • 1993年04月 - 現在   日本生化学会   日本国

  • 1988年04月 - 現在   日本生物物理学会   日本国

論文

  • Identification of a novel class of small compounds with anti-tuberculosis activity by in silico structure-based drug screening 査読有り

    Taira J., Morita K., Kawashima S., Umei T., Baba H., Maruoka T., Komatsu H., Sakamoto H., Sacchettini J., Aoki S.

    Journal of Antibiotics   70 ( 11 )   1057 - 1064   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Japan Antibiotics Research Association All rights reserved. The enzymes responsible for biotin biosynthesis in mycobacteria have been considered as potential drug targets owing to the important role in infection and cell survival that the biotin synthetic pathway plays in Mycobacterium tuberculosis. Among the enzymes that comprise mycobacterium biotin biosynthesis systems, 7,8-diaminopelargonic acid synthase (DAPAS) plays an essential role during the stationary phase in bacterial growth. In this study, compounds that inhibit mycobacterial DAP AS were screened in the virtual chemical library using an in silico structure-based drug screening (SBDS) technique, and the antimycobacterial activity of the selected compounds was validated experimentally. The DOCK-GOLD programs utilized by in silico SBDS facilitated the identification of a compound, referred to as KMD6, with potent inhibitory effects on the growth of model mycobacteria (M. smegmatis). The subsequent compound search, which was based on the structural features of KMD6, resulted in identification of three additional active compounds, designated as KMDs3, KMDs9 and KMDs10. The inhibitory effect of these compounds was comparable to that of isoniazid, which is a first-line antituberculosis drug. The high antimycobacterial activity of KMD6, KMDs9 and KMDs10 was maintained on the experiment with M. tuberculosis. Of the active compounds identified, KMDs9 would be a promising pharmacophore, owing to its long-term antimycobacterial effect and lack of cytotoxicity.

    DOI: 10.1038/ja.2017.106

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85032486310&origin=inward

  • 2,3-Butandione 2-monoxime inhibits skeletal myosin II by accelerating ATP cleavage 査読有り

    Komatsu H., Koseki Y., Kanno T., Aoki S., Kodama T.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   490 ( 3 )   849 - 854   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier Inc. 2,3-Butandione 2-monoxime (BDM) is a widely used myosin inhibitor with an unclear mode of action. In this report, we investigated the mechanism of BDM oxime group nucleophilic reactivity on the phosphoester bond of ATP. BDM increased the ATPase activity of skeletal myosin subfragment 1 (S1) under conditions in which ATP cleavage is the rate-limiting step (K + , EDTA-ATPase activity of native S1 and Mg 2+ -ATPase activity of trinitrophenylated S1 and partially unfolded S1). Furthermore, the effect of BDM on the S1-bound adenosine 5′-(β,γ-imido) triphosphate (AMPPNP) 31 P NMR spectrum suggests that BDM changes the microenvironment around the phosphorus atoms of myosin-bound nucleotide. A computational search for the BDM-binding site in the adenosine 5′-[γ-thio] triphosphate (myosin–ATPγS) complex predicted that BDM is located adjacent to the nucleotide on myosin. Therefore, we propose that the BDM oxime group catalytically assists in ATP cleavage, thereby enhancing the ATPase activity of myosin in a manner analogous to pralidoxime-mediated reactivation of organophosphate-inactivated acetylcholinesterase. This is the first study suggesting that oxime provides catalytic assistance for ATP cleavage by an ATP-hydrolyzing enzyme.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.06.130

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85021795137&origin=inward

  • Phosphorylation of clustered serine residues in the N-terminus of BPS domain negatively regulates formation of the complex between human Grb14 and insulin receptor 査読有り

    Taira J., Kida Y., Inatomi K., Komatsu H., Higashimoto Y., Sakamoto H.

    Journal of Biochemistry   162 ( 2 )   113 - 122   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 The Authors. Growth factor receptor-bound protein 14 (Grb14) is a negative regulator of insulin receptor (IR) and is involved in a negative feedback mechanism of insulin signaling. Grb14 associates with IR and inhibits its tyrosine kinase activity through the between pleckstrin homology and Src homology-2 (BPS) domain. We previously reported that the pharmacological inhibition and knockdown of glycogen synthase kinase-3 (GSK-3) facilitates the insulin-induced complex formation of human Grb14 (hGrb14) and IR, suggesting that GSK-3 suppresses hGrb14 recruitment to IR. This study further investigated a functional phosphorylation of the serine residues in hGrb14 BPS domain, identified as putative GSK-3 targets to verify an effect of GSK-3 on the hGrb14IR complex formation. In vitro kinase assay using the motif-derived peptides showed that the serine residues located in N-terminal (Ser 358 , Ser 362 and Ser 366 ) and C-terminal (Ser 419 and Ser 423 ) regions of the BPS domain were phosphorylated by GSK-3. Coimmunoprecipitation and yeast two-hybrid (Y2H) experiments suggested that the negative charges genetically introduced on the Ser 358 , Ser 362 and Ser 366 suppressed the association of hGrb14 to IR. Surface plasmon resonance experiment gave Kd values of 8 nM for recombinant hGrb 14 with respect to the interaction with IR bsubunit, and this affinity was lost after the replacements of the Ser 358 , Ser 362 and Ser 366 with glutamic acid residues. Y2H experiment with the BPS domain alone; however, did not show any difference owing to the same mutations. It is therefore evident that the N-terminus of the BPS domain plays an important role in the regulation of hGrb14IR complex formation through phosphorylation, in addition to other domains.

    DOI: 10.1093/jb/mvx007

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85029184784&origin=inward

  • In silico structure-based drug screening of novel antimycobacterial pharmacophores by DOCK-GOLD tandem screening 査読有り

    Taira J., Ito T., Nakatani H., Umei T., Baba H., Kawashima S., Maruoka T., Komatsu H., Sakamoto H., Aoki S.

    International Journal of Mycobacteriology   6 ( 2 )   142 - 148   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 The International Journal of Mycobacteriology. Background: Enzymes responsible for cell wall development in Mycobacterium tuberculosis are considered as potential targets of anti-tuberculosis (TB) agents. Mycobacterial cyclopropane mycolic acid synthase 1 (CmaA1) is essential for mycobacterial survival because of its critical role in synthesizing mycolic acids. Materials and Methods: We screened compounds that were capable of interacting with the mycobacterial CmaA1 active site using a virtual compound library with an in silico structure-based drug screening (SBDS). Following the selection of such compounds, their antimycobacterial activity was examined. Results: With the in silico SBDS, for which we also used DOCK-GOLD programs and screening methods that utilized the structural similarity between the selected active compounds, we identified two compounds with potent inhibitory effects on mycobacterial growth. The antimycobacterial effect of the compounds was comparable to that of isoniazid, which is used as a first-line anti-TB drug. Conclusion: The compounds identified through SBDS were expected to be a novel class of anti-TB pharmacophores.

    DOI: 10.4103/ijmy.ijmy_24_17

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85027456065&origin=inward

  • Development of a heme sensor using fluorescently labeled heme oxygenase-1 査読有り

    Shinya Koga, Shun Yoshihara, Hiroki Bando, Kazuki Yamasaki, Yuichiro Higashimoto, Masato Noguchi, Shinji Sueda, Hideyuki Komatsu, Hiroshi Sakamoto

    Analytical Biochemistry   433 ( 1 )   2 - 9   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.ab.2012.10.002

    Scopus

  • A luminescent affinity tag for proteins based on the terbium(III)-binding peptide 査読有り

    Sueda S., Tanaka S., Inoue S., Komatsu H.

    Analytical Biochemistry   422 ( 1 )   52 - 54   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.ab.2011.12.050

    Scopus

  • Myosin atpase

    Komatsu H.

    xPharm: The Comprehensive Pharmacology Reference   1 - 24   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Myosin is a motor enzyme involved in muscle contraction and other cell motility systems. Myosin is characterized by ATP hydrolysis, interaction with actin, and translocation of actin filaments. The ATP hydrolysis is coupled with the translocation of actin filaments, and the ATPase is activated by the actin filaments. Myosins are a superfamily containing at least 18 subfamilies © 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/B978-008055232-3.60595-1

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84884111020&origin=inward

  • Kinetics of dextran-independent alpha-(1-3)-glucan synthesisby Streptococcus sobrinus glucosyltransferase I 査読有り

    Hideyuki Komatsu,Yoshie Abe,Kazuyuki Eguchi,Hideki Matsuno,Yu Matsuoka,Takayuki Sadakane,Tetsuyoshi Inoue,Kazuhiro Fukui,Takao Kodama

    FEBS Journal   278   531 - 540   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1111/j.1742-4658.2010.07973.x

    Scopus

  • Thermodynamics of the binding of the C-terminal repeat domain of Streptococcus sobrinus glucosyltransferase-I to dextran. 査読有り

    Komatsu,H.,Katayama,M.,Sawada,M.,Hirata,Y.,Mori M.,Inoue,T.,Fukui,K.,Fukada,H.,and Kodama T.

    Biochemistry   46   8436 - 8444   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Aggregation of partially unfolded myosin subfragment-1 into spherical oligomers with amyloid-like dye-binding properties. 査読有り

    Komatsu,H.,Shinotani,N.,Kimori,Y.,Tokuoka,J.,Kaseda,K.,Nakagawa,H.,and Kodama T.

    J. Biochem.(Tokyo)   139 ( 7 )   989 - 996   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Modulation of acto myosin motor function by 1-hexanol. 査読有り

    Komatsu H,Shigeoka T,Ohno T,Kaseda K,Kanno T,Matsumoto Y,Suzuki M,Kodama T

    J. Muscle Res. Cell Motil.   25   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Alcohol-induced biphasic inhibition of myosin subfragment 1 K-EDTA ATPase 査読有り

    Komatsu H,Kanno T,Matsumoto Y,Kodama T

    Biochim. Biophys. Acta   1430   14 - 14   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Structure and enzymatic properties of genetically truncated forms of the water-insoluble glucan-synthesizing glucosyltransferase from Streptococcus sobrinus 査読有り

    Konishi N,Torii Y,Yamamoto T,Miyagi A,Ohta H,Fukui K,Hanamoto S,Matsuno H,Komatsu H,Kodama T,Katayama E

    J. Biochem.   126   287 - 287   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Trinitrophenylation of the reactive lysine residue in double-headed myosin in the presence of PPi. 査読有り

    Komatsu H,Tawada K.

    J. Biochem.   115   1190 - 1190   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Affinity labelling of smooth muscle myosin light chain kinase with 5'-[p(fluorosulfonyl) benzoyl] adenosine. 査読有り

    Komatsu H.,Ikebe M.

    Biochem. J.   296   53 - 53   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Half-stoichiometric Trinitrophenylation of myosin subfragment 1 in the presence of pyrophosphate or adenosine diphosphate. 査読有り

    Komatsu H,Emoto Y.,Tawada K.

    J. Biol. Chem.   268   7799 - 7799   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Microheterogenity around the reactive lysine residue in the myosin heavy chain from rabbit skeletal muscle. 査読有り

    Komatsu H.,Tawada K.

    未入力   268   16974 - 16974   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

▼全件表示

著書

  • 情報工学基礎実験 第2版

    九州工業大学情報工学部 情報工学基礎実験運営委員会編(共著)

    学術図書出版  2021年09月  ( ISBN:9784780609448

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    情報工学基礎実験のテキストのフィジカルコンピューティングのセクションを改訂した。

  • 情報工学基礎実験

    小田部荘司,小松英幸,宮瀬紘平,李旻哲,清水文雄,許宗焄(共編者(共編著者))

    学術図書出版社  2018年08月  ( ISBN:978-4-7806-0664-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • A solvent model of nucleotide-protein interaction-partition coefficients of phosphates between water and organic solvent

    Komatsu H.(単著)

    2018年05月  ( ISBN:9789811084584

     詳細を見る

    記述言語:英語

    © Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2018. In attempt to experimentally evaluate hydration/solvation of phosphoric compounds in aqueous solution, partitioning of phosphoric compounds from an aqueous solution to an organic solvent has been quantified. Transfer of phosphates from an aqueous solution into octanol was greatly enhanced by addition of alkylamine as an amphiphilic extractant. This alkylamine/octanol system exhibited amine basicity, and thus the pH of solution was controlled by equilibration with buffer. Further, enthalpy changes of the transfers of ATP and ADP from water to the alkylamine/octanol were estimated from van't Hoff analysis, and these enthalpy changes depended on ionization enthalpy of buffer. This result suggests that the transfers are accompanied with protonation of phosphoric ions and deprotonation of alkylamine. Finally, the partition coefficients of ATP, ADP, AMP, and Pi were estimated under the pH-controlled condition at 25 °C. The partition coefficients depended on the pH of aqueous phase and the net charge of phosphoric compounds. Therefore, the transfer is likely to be determined by electrostatic interaction between phosphoric ion and amine. The solvent system with a nucleotide-uptake capacity may partly mimic the function of ATP-binding proteins.

    Scopus

口頭発表・ポスター発表等

  • アクチンの重合と脱重合の熱測定

    呉尚諭,小松英幸

    第58回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月16日 - 2020年09月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 熱量および蛍光滴定により推定されたタウ–DNA結合熱

    松田貫,鹿嶋純太,小松英幸

    第58回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月16日 - 2020年09月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • タウー微小管とタウーヘパリン相互作用の等温滴定熱測定の比較

    鹿嶋純太,岡本里桜,小松英幸

    第58回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月16日 - 2020年09月18日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • ATPータンパク質間相互作用を模倣した溶媒モデル

    小松英幸

    日本生体エネルギー研究会 第45回討論会  日本生体エネルギー研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月22日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学 戸畑キャンパス  

  • タウ-微小管相互作用の等温滴定熱測定

    Junta Kashima, Hiroshi Sakamoto, Junichi Taira, Hideyuki Komatsu

    第57回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月24日 - 2019年09月26日   記述言語:英語   開催地:宮崎シーガイアコンベンションセンター  

  • プルランによる口腔連鎖球菌グルカンスクラーゼの阻害とそのメカニズム

    小松英幸

    第91回日本生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月24日 - 2018年09月26日   記述言語:英語   開催地:国立京都国際会館  

  • 口腔連鎖球菌グルカンスクラーゼのドメイン間屈曲運動

    村田雄大

    第56回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月15日 - 2018年09月17日   記述言語:英語   開催地:岡山大学 津島キャンパス  

  • 水溶液からアルキルアミン含有有機溶媒へのリン酸化合物分配の熱力学的解析

    小松英幸

    第55回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月19日 - 2017年09月21日   記述言語:英語   開催地:熊本大学 黒髪北地区  

  • 両親媒性抽出剤を用いた水相から有機相へのリン酸化合物の抽出

    小松英幸

    第54回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月25日 - 2016年11月27日   記述言語:英語   開催地:つくば国際会議場  

  • 口腔連鎖球菌グルカンスクラーゼと結合するグルカンの構造

    黒田尚志

    第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月01日 - 2015年12月04日   記述言語:英語  

  • ヘムオキシゲナーゼ-1を基盤としたヘムセンサーによる生体試料中の遊離ヘムの定量

    坂本寛

    平成27年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月16日 - 2015年05月17日   記述言語:日本語  

  • 2,3-ブタンジオン2-モノキシムによるミオシンIIATP加水分解のケミカルレスキュー

    Hideyuki Komatsu, Yuji Koseki, Shunsuke Aoki

    第52回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月25日 - 2014年09月27日   記述言語:英語   開催地:札幌コンベンションセンター  

  • 口腔連鎖球菌グルカンスクラーゼのグルカン結合特異性

    黒田尚志

    平成26年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月17日 - 2014年05月18日   記述言語:日本語   開催地:九州大学病院キャンパス  

  • ヘムオキシゲナーゼ-1のヘム結合における静電相互作用のエネルギー論的評価

    小松英幸

    平成26年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月17日 - 2014年05月18日   記述言語:日本語   開催地:九州大学病院キャンパス  

  • ATP加水分解のエネルギー論: 水/有機相系反応モデルとミオシンATPaseとの比較

    小松英幸

    2014年生体運動合同班会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月10日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語  

  • 非水溶媒中でのATP加水分解の熱力学的解析

    小松英幸

    日本生物物理学会第51回年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月28日 - 2013年10月30日   記述言語:英語   開催地:国立京都国際会館  

  • ヘムオキシゲナーゼー2とシトクロムP-450還元酵素の相互作用におけるビリベルジンの影響

    和田翔太

    第86回 日本生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜  

  • ヘムオキシゲナーゼ-1のヘム結合のエネルギー論

    小松英幸

    第86回 日本生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語   開催地:パシフィコ横浜  

  • ヘムセンサーとしての青色蛍光蛋白質融合型heme oxygenase-1の作製

    中島幸徳

    平成25年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月18日 - 2013年05月19日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学本荘キャンパス  

  • Thermodynamics of partitioning of ATP, ADP and Pi between water and organic solvent

    Hideyuki Komatsu

    Symposium on Hydration and ATP Energy 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月06日 - 2013年03月08日   記述言語:日本語  

  • ヘムオキシゲナーゼのヘム結合の熱力学: 置換等温滴定熱測定による精密解析

    小松英幸,奥田真孝,山本真平,東元祐一郎,野口正人,坂本寛

    第85回 日本生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月14日 - 2012年12月16日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 表面プラズモン共鳴法によるヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用の検討

    和田翔太,東元祐一郎,野口正人,末田慎二,小松英幸,坂本寛

    第85回 日本生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月14日 - 2012年12月16日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • ATP,ADP,Piの水溶液から脂肪酸アミン/オクタノール溶媒への移行: その熱力学特性とメカニズム

    小松英幸

    日本生物物理学会第50回年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月22日 - 2012年09月24日   記述言語:英語   開催地:名古屋  

  • ATP,ADP,Piの水/有機溶媒分配の熱力学

    小松英幸

    合同公開シンポジウム ゆらぎと水 生命のエネルギーと機能の分子機構を探る 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月14日 - 2012年09月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 表面プラズモン共鳴法を用いたヘムオキシゲナーゼ-2変異体とシトクロムP-450還元酵素との相互作用解析

    和田翔太

    平成24年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月26日 - 2012年05月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学七隈キャンパス  

  • ヘムオキシゲナーゼ-1とヘムとの結合における静電的相互作用の熱力学的解析

    山本真平

    平成24年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月26日 - 2012年05月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学七隈キャンパス  

  • ラットヘムオキシゲナーゼ-1のヘム結合の熱力学的解析:ヘムによる水和状態の調節

    小松英幸,岩崎浩之,山下耕平,奥田真孝,杉島正和,東元祐一郎,野口正人,坂本寛

    新学術領域「水を主役としたATPエネルギー変換」第4回領域会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月07日 - 2012年03月09日   記述言語:日本語   開催地:仙台秋保  

  • 有機溶媒中でのATP,ADPとPiの溶媒和状態

    小松英幸

    新学術領域「水を主役としたATPエネルギー変換」第4回領域会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月07日 - 2012年03月09日   記述言語:日本語  

  • ヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素の相互作用の検討

    福嶋祐也

    第84回日本生化学会大会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月24日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 脂肪酸アミン/オクタノール溶媒系を用いたATP,ADP,Piの水和エネルギー評価

    小松英幸

    日本生物物理学会第49回年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月16日 - 2011年09月18日   記述言語:英語   開催地:兵庫県立大学  

  • バイオヘムセンサーを用いたヘム蛋白質の新規スクリーニング定量法の提案

    生命情報工学科

    第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月07日 - 2010年12月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • Sensitive heme sensor using fluorescent-labeled heme oxygenase-1

    5th International Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月04日 - 2010年12月09日   記述言語:英語   開催地:日本 Kyoto  

    CiNii Article

  • Solubility of ATP, ADP and Pi on organic solvent

    本人

    第48回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月20日 - 2010年09月22日   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Thermodynamic characterization of the dextran-binding of oral streptococci glucosyltransferase-I

    本人

    International conference on chemical thermodynamics 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月31日 - 2010年08月06日   記述言語:英語   開催地:日本 つくば  

  • Thermodynamics of the interaction between heme nad rat heme oxygenase-1

    International symposium on hydration and ATP energy 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月08日 - 2010年03月10日   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Solubility of ATP, ADP and Pi in organic solvent

    本人

    International symposium on Hydration and ATP energy 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月08日 - 2010年03月10日   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Glucan binding specificity of Streptococcus sobrinus glucosyltransferase-I

    第47回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月30日 - 2009年11月01日   記述言語:英語   開催地:日本 徳島  

  • 微量ヘム定量法に向けたバイオセンサーの開発

    本人

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月21日 - 2009年10月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • ラットヘムオキシゲナーゼ-1と基質ヘムとの結合における誘導適合モデルのカロリメトリー解析

    本人

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月21日 - 2009年10月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • ヘムオキシゲナーゼ-2とシトクロムP450還元酵素との相互作用におけるヘムとNADP(H)の影響

    本人

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月21日 - 2009年10月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • ラット Heme Oxygenase-1のヘム結合の熱力学的特性にイオン強度変化が及ぼす影響

    本人

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月09日 - 2008年12月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • Streptococcuss sobrinus グルコシルトランスフェラーゼ-Iのデキストラン結合に伴う熱容量変化

    第46回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月03日 - 2008年12月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 口腔連鎖球菌グルコシルトランスフェラーゼ‐Iによるデキストラン結合の熱力学的解析:ストイキオメトリーに対する触媒ドメインの影響

    本人

    日本生物物理学会第45回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月21日 - 2007年12月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • ラットヘムオキシゲナーゼ‐1によるヘム結合のカロリメトリー解析

    生命情報工学科

    第30回日本分子生物学会 第80回日本生化学会 合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月11日 - 2007年12月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • Calorimetric titration study of F-actin solution with potassium chloride.

    本人

    5th East Asian Biophysics Symposium & 44th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月12日 - 2006年11月16日   記述言語:英語   開催地:日本 沖縄  

  • Visualization of domain structure of bacterial glucosyltransferase-I by electron cryo-microscopy.

    Norihiko Yaji (生命情報工学科)

    5th East Asian Biophysics Symposium & 44th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月11日 - 2006年11月16日   記述言語:英語   開催地:日本 沖縄  

  • グルコシルトランスフェラーゼとデキストランの結合に伴うエントロピー損失

    本人

    第43回日本生物物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月23日 - 2005年11月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌  

  • 電子分光クライオ電子顕微鏡を用いたグルコシルトランスフェラーゼのドメイン構造の可視化

    生命情報工学科 矢治智彦

    第43回日本生物物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月23日 - 2005年11月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌  

  • グルコシルトランスフェラーゼによるランダムコイル糖鎖(デキストラン)の認識機構

    本人

    第32回生体分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年06月24日 - 2005年06月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • 部分変性ミオシンサブフラグメント-1によるアミロイド染色陽性球状構造体の形成

    本人

    日本生物物理学会第42回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月13日 - 2004年12月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • グルカンスクラーゼ(Glicosyltransferase-I)におけるドメイン間相互作用:C端系統的欠損体の酵素化学及び物理化学的性質

    貞兼孝幸 生命情報工学科

    日本生物物理学会第42回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月13日 - 2004年12月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 溶液中のラチェットモデル

    本人

    日本生物物理学会第41回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月23日 - 2003年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟市  

  • 不溶性グルカン合成酵素デキストラン結合の定量的解析

    片山基輝 生命情報工学科

    日本生物物理学会第41回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月23日 - 2003年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟市  

  • 口腔連鎖球菌由来 グルコシルトランスフェラーゼの デキストラン鎖上での移動

    生体運動合同班会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年01月09日 - 2003年01月11日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 不溶性グルカン合成酵素(GTF-I)におけるドメイン間相互作用の熱力学的解析

    日本生物物理学会第40回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月02日 - 2002年11月04日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 口腔連鎖球菌由来グルコシルトランスフェラーゼの自発的フォールディング

    日本生物物理学会第40回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月02日 - 2002年11月04日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 示差走査熱量測定(DSC)による機能改変タンパク質のドメイン間相互作用評価

    日本生物工学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年12月08日   記述言語:日本語   開催地: 九州大学農学部  

  • Modulation of acto myosin function by hexanol through perturbing hydrophobic interaction.

    本人

    5th International Conference on Muscle Energetics 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月13日 - 2001年07月17日   記述言語:日本語   開催地: USA Burlington  

  • 神経原線維変化(タウ線維形成)の試験管内モデル

    生体運動合同班会議 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年01月06日 - 2001年01月08日   記述言語:日本語   開催地: 早稲田大学  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 生体内遊離ヘムの濃度測定と動態解析

    研究課題番号:15K01825  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • ヘムオキシゲナーゼの触媒機構と蛋白質間相互作用ネットワークの解明

    研究課題番号:24510301  2012年04月 - 2015年03月   基盤研究(C)

  • 有機溶媒相でのATP加水分解反応の速度論的及び熱力学的研究

    研究課題番号:23118712  2011年04月 - 2013年03月   新学術領域研究

  • ATP加水分解自由エネルギーの分割

    研究課題番号:21118517  2009年04月 - 2011年03月   新学術領域研究

  • 熱測定および誘電分散測定によるタンパク質分子内エネルギー転移メカニズムの解析

    研究課題番号:13680744  2001年04月 - 2003年03月   基盤研究(C)

  • リピート構造をもつ酸素が糖鎖上を解離せずに移動するメカニズム

    研究課題番号:13780537  2001年04月 - 2003年03月   奨励研究(A)→若手研究(B)

  • 蛋白質の酸誘発アンフォ-ルディングのストップトフロ-熱測定

    研究課題番号:09261229  1997年04月 - 1998年03月   重点領域研究

  • ミオシン分子の力学的性質(バネ)を担う高次構造の研究

    研究課題番号:08780628  1996年04月 - 1997年03月   奨励研究(A)

  • ミオシンモ-タ-のエネルギ-状態変化に共役した構造変化の研究

    研究課題番号:06780538  1994年04月 - 1995年03月   奨励研究(A)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   物理化学演習

  • 2021年度   生命化学情報工学実験Ⅱ

  • 2021年度   生命物理化学特論

  • 2020年度   生命化学情報工学実験Ⅱ

  • 2020年度   生命物理化学特論

  • 2019年度   生命物理化学特論

  • 2019年度   情報工学概論

  • 2014年度   化学熱力学・演習

  • 2012年度   化学熱力学・演習

  • 2012年度   ライフサイエンス実験Ⅰ

  • 2012年度   基礎実験

  • 2011年度   化学熱力学・演習

  • 2011年度   基礎実験

  • 2011年度   ライフサイエンス実験Ⅰ

  • 2010年度   化学熱力学・演習

  • 2010年度   ライフサイエンス実験 I

  • 2010年度   基礎実験

▼全件表示