2022/07/04 更新

ウメダ マサノブ
梅田 政信
UMEDA Masanobu
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系
職名
教授
研究室住所
福岡県飯塚市川津680-4
外部リンク

研究キーワード

  • 情報システム

  • 知識処理

  • 知識モデリング

  • 知識工学

  • ソフトウェア工学

研究分野

  • 情報通信 / ソフトウェア

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(情報工学)   2007年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系     教授

  • 2018年04月 - 2019年03月   九州工業大学   イノベーション推進機構     飯塚インキュベーション施設 管理運営責任者

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   大学院情報工学府     情報工学府情報創成工学専攻長

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   大学院情報工学府     情報工学府情報工学専攻長

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     情報工学研究院情報創成工学研究系長

  • 2015年12月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系     教授

  • 2015年04月 - 2018年03月   九州工業大学   イノベーション推進機構     飯塚分室長

  • 2014年04月 - 2015年03月   九州工業大学   産学連携推進センター     飯塚分室長

  • 2010年10月 - 2015年11月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系     准教授

▼全件表示

論文

  • Improving Motivation Control in Personal Software Process Education Course with a Qualitative Approach 査読有り 国際誌

    Kusakabe Shigeru, Araki Shunsuke, Katamine Keiichi, Umeda Masanobu

    International Journal of Learning Technologies and Learning Environments ( 特定非営利活動法人国際応用情報学研究機構 )   5 ( 1 )   1   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.52731/ijltle.v5.i1.736

    CiNii Research

  • A Study on Effective Project-based Learning Program Based on Software Process Education 査読有り 国際誌

    Keiichi Katamine, Masanobu Umeda

    Proceedings of the 14th International Conference on Project Management   57 - 63   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kumamoto City   2021年11月25日  -  2021年11月26日

  • Case Study of the Effect of Mutual Understanding Among Stakeholders and Organizational Factors on Quality and Delivery Time in a TSP-based Project 査読有り 国際誌

    Akira Akamatsu, Yoshihiro Akiyama, Masanobu Umeda

    Proceedings of the 14th International Conference on Project Management   77 - 85   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kumamoto City   2021年11月25日  -  2021年11月26日

  • General Step Reduction and Enlargement Method for Knowledge-Based Process Planning of Totally Non-axisymmetric Forged Products with Blanking and Punching 査読有り 国際誌

    Umeda M., Mure Y., Katamine K., Matsunaga K.

    Minerals, Metals and Materials Series   1161 - 1171   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A forging process planning method, including blanking and punching, termed General Step Reduction and Enlargement (GeneSteR+E), is discussed for cold- and warm-forged products. It is applicable to non-axisymmetric forged products that consist totally of non-axisymmetric shape elements and can generate multiple process plans without relying on design cases. The shape of a forged product is split into outer and inner shapes, which are then split into axisymmetric and non-axisymmetric shape representation units termed basic elements (BEs) according to shape separation rules. Process plans are generated in reverse order from a final forged product by applying shape transformation rules that reduce the number of steps between BEs until a billet (or a blank) is obtained. The shape transformation rules are defined not only for forging, but also blanking and punching. An experimental knowledge base was implemented and applied to several non-axisymmetric forged products, such as an electrical connector. The results show that the GeneSteR+E method is applicable to the design of forging processes including blanking and punching of totally non-axisymmetric products and can generate satisfactory process plans comparable to those developed by an experienced engineer.

    DOI: 10.1007/978-3-030-75381-8_97

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85112567388&origin=inward

  • Analyzing Motivation in Personal Software Process Education Course with a Qualitative Approach 査読有り 国際誌

    Kusakabe S., Araki S., Katamine K., Umeda M.

    Proceedings - 2020 9th International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2020   298 - 303   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kyushu Institute of Technology offers a class of the PSP (Personal Software Process) training course. One of the problems of the class is low completion rate and professors have been trying to resolve the situation. One of the trials is formalizing the motivation process of the PSP course trainees by using state transition modelling with the state, values of the factors regarding the trainee's motivation and a set of stimuli from the course instructors and environment. Conceptually, instructors can decide effective scenarios for the trainees and develop effective learning environment with the assumption on the state and corresponding state transition function of the trainees. However, it is difficult to develop and analyze such scenarios and environment based on the actual motivation states inside trainees. We use a qualitative approach, GTA with systems engineering modeling in analyzing causal conditions, intervening conditions, action strategies for success scenarios and environment.

    DOI: 10.1109/IIAI-AAI50415.2020.00066

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85107230269&origin=inward

  • Knowledge-based design method of forging dies based on the stereotypes of die structures and the functions of forming surfaces 査読有り 国際誌

    Matsunaga K., Umeda M., Mure Y., Katamine K.

    Procedia Manufacturing   50   475 - 482   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 The Authors. Published by Elsevier B.V. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/) Peer-review under responsibility of the scientific committee of the 18th International Conference Metal Forming 2020 The die design of forged products greatly affects the quality, cost, and delivery of cold- and warm-forged products. However, such design is often not easy even for experienced engineers because extensive knowledge and experience of plastic forming, forging, blanking, and punching are required. This paper proposes a general forging die design method termed GeneDie on the basis of the basic die structure and the forming surfaces configuration which are introduced as basic concepts for the support of simple but general die design. The basic die structure is the relative positional inter-relationship among the components of forging dies and is used to represent the structure of forging dies simply. Meanwhile, the forming surfaces configuration is the correspondence between functions allocated to the surfaces of forging dies and the surfaces of a forged product and used to represent the shapes of forming dies concisely. Die design plans are generated by exhaustively assuming a basic die structure and a forming surfaces configuration that satisfy design requirements and then verifying design constraints regarding formability, workability, and economy. An experimental knowledge base is implemented adopting the GeneDie method and applied to a forging process plan for an electrical connector. Experimental results show that die design plans that are functionally equivalent to those of an experienced engineer are included in the plans generated for all forming steps of the forging process plan.

    DOI: 10.1016/j.promfg.2020.08.086

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099802106&origin=inward

  • Knowledge Systematization of Heat Source Systems for Energy Reduction of Industrial Buildings 査読有り 国際誌

    Narahavashi T., Umeda M., Matsunami Y., Yonezawa H., Shibata K.

    2019 11th International Conference on Knowledge and Smart Technology, KST 2019   105 - 110   2019年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 IEEE. Air conditioning systems of industrial buildings account for nearly half the energy consumed by the buildings and it is thus important to reduce the energy consumption of the systems. However, an improvement of the operation efficiency of a single unit may not reduce the energy consumption of the entire system over the life cycle. A framework for consistently handling various expertise ranging from design to renewal is therefore required. This paper proposes a method of systematizing domain knowledge of air conditioning systems focusing on attributes and relationships between attributes and represents relationships as attribute dependency graphs. The characteristic functions of air conditioning equipment are introduced and derived from measurements according to the graphs. A knowledge base for the operation evaluation of a heat source system is developed, and experiments using the knowledge base show that the thermodynamic behavior of the heat source system can be represented with sufficient accuracy for the evaluation of operation.

    DOI: 10.1109/KST.2019.8687789

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065058906&origin=inward

  • Managing Personal Software Process Education Course Based on Motivation Process Model by Using System-Theoretic Method STAMP/STPA 査読有り 国際誌

    Shigeru Kusakabe, Masanobu Umeda, Keiichi Katamine, Keiichi Ishibashi

    Proceedings of the 11th International Conference on Project Management (ProMAC2017)   1066 - 1072   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Munich   2017年11月29日  -  2017年12月01日

  • General Step Reduction Method for Knowledge-Based Process Planning of Non-Axisymmetrical Forged Products 査読有り 国際誌

    Umeda M., Mure Y., Katamine K., Kawahigashi K.

    Procedia Engineering   207   448 - 453   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We propose a process planning method, which is termed the General Step Reduction (GeneSteR) method, for non-axisymmetrical cold- and warm-forged products. The GeneSteR method can produce process plans for non-axisymmetrical forged products without relying on any design cases. The basic principle of the GeneSteR method is to produce reversed forging process plans by reducing the steps that are contained in a forged product by a stepwise approach until a cylindrical billet is obtained. An experimental knowledge base was implemented based on the GeneSteR method and was applied to a universal joint yoke used in automobiles. The experimental results show that the proposed method has sufficient capability to generate satisfactory process plans that include a comparable plan as designed by an experienced engineer in a shorter time.

    DOI: 10.1016/j.proeng.2017.10.803

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85036640058&origin=inward

  • Designing Process to Manage a Project -The Strategy for Project Success with PSP & TSP- 査読有り 国際誌

    Yoshihiro Akiyama, Masanobu Umeda, Keiichi Katamine, Masaaki Hashimoto

    Proceedings of the 9th International Conference on Project Management (ProMAC2015)   340 - 344   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 九州支部支部長新任のご挨拶

    梅田 政信

    プロジェクトマネジメント学会誌 ( プロジェクトマネジメント学会 )   17 ( 4 )   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009999300

  • Motivation Process Formalization and its Application to Education Improvement for the Personal Software Process Course 査読有り 国際誌

    Masanobu Umeda, Keiichi Katamine, Keiichi Ishibashi, Masaaki Hashimoto, Takaichi Yoshida

    IEICE Transactions on Information and Systems   E97-D ( 5 )   1127 - 1138   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transinf.E97.D.1127

    Scopus

    CiNii Article

  • PSP/TSPによる実践的なICT人材の育成と課題

    梅田 政信, 片峯 恵一

    教育ブレティン ( 九州工業大学 )   ( 10 )   45 - 56   2014年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Process Planning Method for Precision and Workability in Cold Forging 査読有り 国際誌

    Yusaku Okayama,Masanobu Umeda,Yuji Mure,Keiichi Katamine

    Proceedings of 2013 International Workshop on ICT   4   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Oita   2013年12月12日  -  2013年12月14日

  • Editing Operation Modeling using Dataflow-oriented Specification Description Languages for Structural Design Support System 査読有り 国際誌

    Tatsuya Fujino,Masanobu Umeda,Keiichi Katamine

    Proceedings of 2013 International Workshop on ICT   4   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Oita   2013年12月12日  -  2013年12月14日

  • The Design of a Hospital Discharge Support System for Regional Medical Cooperation 査読有り 国際誌

    Shinji Nagatomi,Masanobu Umeda,Keiichi Katamine,Kazuhiro Yamaga

    Proceedings of 2013 International Workshop on ICT   4   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Oita   2013年12月12日  -  2013年12月14日

  • Translating Nondeterministic Functional Language based on Attribute Grammars into Java 査読有り

    Masanobu Umeda, Ryoto Naruse, Hiroaki Sone, Keiichi Katamine

    Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   7773   41 - 57   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Austria   Vienna   2011年09月28日  -  2011年09月30日

  • Preliminary Study on Precision Management in Process Planning of Cold Forging 査読有り

    Yusaku Okayama, Masanobu Umeda, Yuji Mure, Keiichi Katamine

    Proceedings of International Symposium on Applied Engineering and Sciences   2   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia   2013年09月30日  -  2013年10月01日

  • A STRATEGY IN EFFECTIVE TEACHING OF SOFTWARE ENGINEERING PROCESS FOR GRADUATE STUDENTS 査読有り

    Keiichi Katamine, Masanobu Umeda, Masaaki Hashimoto, Yoshihiro Akiyama

    The Proceedings of IADIS International Conference Information Systems 2012   259 - 266   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Berlin   2012年03月10日  -  2012年03月12日

  • 円柱段差解消法に基づく軸対称部品の冷間鍛造工程設計支援 査読有り

    牟禮 雄二, 梅田 政信

    日本機械学会論文集(C編)   77 ( 782 )   3828 - 3839   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Translating Nondeterministic Functional Language based on Attribute Grammars into Java 査読有り

    Masanobu Umeda, Ryoto Naruse, Hiroaki Sone, Keiichi Katamine

    The Proceedings of the 19th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   44 - 55   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austria   Vienna   2011年09月28日  -  2011年09月30日

  • Changing Software Management Culture from Academic 査読有り

    Keiichi Katamine, Masanobu Umeda, Masaaki Hashimoto, Yoshihiro Akiyama

    TSP Symposium 2011 Proceedings   12 - 18   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Atlanta   2011年09月12日  -  2011年09月22日

  • Knowledge Management Strategy and Tactics for Forging Die Design Support 査読有り

    Masanobu Umeda, Yuji Mure

    Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   6547   188 - 204   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/978-3-642-20589-7_12

    Scopus

  • 九州工業大学におけるパーソナルソフトウェアプロセス教育 -ソフトウェア品質向上のためのスキル修得-

    秋山義博,片峯恵一,梅田政信,橋本正明,乃万司

    SEC journal   6 ( 3 )   118 - 125   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Philosophy-Based Discussion on Knowledge Architecture for Educating Interdisciplinary Engineers in the Software Development Industry 査読有り

    Masaaki Hashimoto,Jiro Kuriyama,Yoshihiro Akiyama,Takaichi Yoshida,Masanobu Umeda,Keiichi Katamine

    The Proceedings of the 9th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE'10)   292 - 305   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Lithuania   Kaunas   2010年08月25日  -  2010年08月27日

    主要論文集(会議)

  • Design and Implementation of Die and Die-set Design System for Cold Forging 査読有り

    Masanobu Umeda,Yuji Mure

    The Proceedings of the 3rd International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2009年11月11日  -  2009年11月13日

    主要論文集(会議)

  • Knowledge Management Strategy and Tactics for Forging Die Design Support 査読有り

    Masanobu Umeda,Yuji Mure

    The Proceedings of the 18th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   21 - 36   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal   北九州市   2009年11月05日  -  2009年11月07日

    主要論文集(会議)

  • Organizational Process Improvement Model for CCPM 査読有り

    Keita Asaine,Wataru Asaine,Ryoma Shiratsuchi,Masaaki Hasimoto,Takaichi Yoshida,Masanobu Umeda,Keiichi Katamine

    The 4th International Project Management Conference (ProMAC 2008)   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2008年04月  -  2008年04月

    主要論文集(会議)

  • 業務システムのための知識処理サーバの設計と実装 査読有り

    梅田政信,片峯恵一,長澤勲,橋本正明,高田修

    情報処理学会論文誌   48 ( 5 )   1965 - 1979   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 医療情報システムにおける診療判断支援機能(CDSS: Clinical Decision Support System) の構築について 査読有り

    高田彰,長瀬啓介,大野国弘,梅田政信,長澤勲

    医療情報学   27 ( 3 )   315 - 320   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 知識ベースを用いた冷間鍛造金型詳細設計支援システムの開発

    牟禮雄二,梅田政信

    鹿児島県工業技術センター研究報告   ( 21 )   47 - 53   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Multi-Threading Inside Prolog for Knowledge-Based Enterprise Applications 査読有り

    Masanobu Umeda,Keiichi Katamine,Isao Nagasawa,Masaaki Hashimoto,Osamu Takata

    Declarative Programming for Knowledge Management,Lecture Notes in Computer Science   4369   200 - 214   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kitakyushu   2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Knowledge-Based System for Process Planning in Cold Forging using Adjustment of Stepped Cylinder method 査読有り

    Osamu Takata,Yuji Mure,Yasuo Nakashima,Masuharu Ogawa,Masanobu Umeda,Isao Nagasawa

    Declarative Programming for Knowledge Management,Lecture Notes in Computer Science   4369   161 - 174   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議)

  • A Design Product Model for Mechanism Parts by Injection Molding 査読有り

    Tatsuichiro Nagai,Isao Nagasawa,Masanobu Umeda,Tatsuji Higuchi,Yasuyuki Nishidai,Yusuke Kitagawa,Tsuyoshi Tsurusaki,Masahito Ohhashi,Osamu Takata

    The Proceedings of the 16th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   177 - 186   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議)

  • Knowledge-Based System for Die Configuration Design in Cold Forging 査読有り

    Osamu Takata,Tsubasa Mitani,Yuji Mure,Masanobu Umeda,Isao Nagasawa

    Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems,Lecture Notes in Computer Science   4252   1103 - 1110   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    England   2006年10月09日  -  2006年10月11日

    主要論文集(会議)

  • Knowledge Modeling for Operation Management Support of a Distribution Center 査読有り

    Hiroshi Nagasawa,Isao Nagasawa,Osamu Takata,Masanobu Umeda,Masaaki Hashimoto,Chiyuki Takizawa

    The Sixth IEEE International Conference on Computer and Information Technology   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Seoul   2006年09月20日  -  2006年09月22日

  • Knowledge-Based System for Process Planning in Cold Forging using Adjustment of Stepped Cylinder method 査読有り

    Osamu Takata,Yuji Mure,Yasuo Nakashima,Masuharu Ogawa,Masanobu Umeda,Isao Nagasawa

    The Proceedings of the 16th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   117 - 126   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議)

  • A Design Product Model for Mechanism Parts by Injection Molding 査読有り

    Tatsuichiro Nagai,Isao Nagasawa,Masanobu Umeda,Tatsuji Higuchi,Yasuyuki Nishidai,Yusuke Kitagawa,Tsuyoshi Tsurusaki,Masahito Ohhashi,Osamu Takata

    Declarative Programming for Knowledge Management,Lecture Notes in Computer Science   4369   148 - 160   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議)

  • A Discussion on a Modeling for the Automated Design of Fire Alarm Systems from the Viewpoint of Maintainability 査読有り

    Keiichi Katamine,Toshitaka Sato,Masaaki Hashimoto,Isao Nagasawa,Toyohiko Hirota,Masanobu Umeda

    The Proceedings of the 16th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   97 - 106   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議)

  • Multi-Threading Inside Prolog for Knowledge-Based Enterprise Applications 査読有り

    Masanobu Umeda,Keiichi Katamine,Isao Nagasawa,Masaaki Hashimoto and Osamu Takata

    The Proceedings of the 16th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management   55 - 64   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年10月22日  -  2005年10月24日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Knowledge-Based System for Process Planning and Die Configuration Design in Cold Forging 査読有り

    Osamu Takata,Yuji Mure,Yasuo Nakashima,Masuharu Ogawa,Masanobu Umeda,Isao Nagasawa

    Proceedings of the 8th International Conference on Technology of Plasticity   99 - 199   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   2005年10月09日  -  2005年10月13日

    主要論文集(会議)

  • Development of Medical Knowledge Base for Clinical Decision Support 査読有り

    Kunihiro Ohno,Isao Nagasawa,Masanobu Umeda,Keisuke Nagase,Akira Takada,Tetsuya Igarashi

    The Proceedings of The 8th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics   7   193 - 198   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   2004年07月18日  -  2004年07月21日

  • Knowledge Base Development Environment and J2EE-Compliant Inference Engine for Clinical Decision Support 査読有り

    Masanobu Umeda,Isao Nagasawa,Kunihiro Ohno,Keiichi Katamine,Osamu Takata

    The Proceedings of The 8th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics   1   43 - 48   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   2004年07月18日  -  2004年07月21日

    代表的研究業績

  • Integrated Development Environment for Knowledge-Based Systems and its Practical Applications 査読有り

    Keiichi Katamine,Masanobu Umeda,Isao Nagasawa,Masaaki Hashimoto

    IEICE Transactions on Information and Systems   E87-D ( 4 )   877 - 885   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Modeling for Design of Fire Alarm Systems and its Implementation 査読有り

    Keiichi Katamine,Toshitaka Sato,Masaaki Hashimoto,Isao Nagasawa,Toyohiko Hirota,Masanobu Umeda

    Proceedings of 6th Intenational Conference Information Systems Implementation and Modeling, ISIM '03   71 - 78   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2003年04月28日  -  2003年04月30日

  • An Application of Assembly Structure in Welding Estimate of Welding Object in Manufacturing Design 査読有り

    Zhang Zhihua,Isao Nagasawa,Masamitsu Mochizuki,Hideyuki Yamaguchi,Masanobu Umeda

    The Conference on Intelligent Information Processing   311 - 314   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Montreal, Canada   2002年08月25日  -  2002年08月30日

  • Knowledge Base Programming for Medical Decision Support 査読有り

    Kunihiro Ohno,Masanobu Umeda,Keisuke Nagase,Isao Nagasawa

    The Proceedings of the 14th International Conference on Applications of Prolog   202 - 210   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Tokyo, Japan   2001年10月20日  -  2001年10月22日

    主要論文集(会議)

  • Integrated Development Environment for Knowledge-based Systems and Its Applications 査読有り

    Keiichi KATAMINE,Masanobu UMEDA,Isao NAGASAWA,Masaaki HASHIMOTO

    The ACIS Second International Conference on Software Engineering, Artificial Intellogence, Networking & Pararell/Distrbuted Computing   739 - 745   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Nagoya, Japan   2001年08月20日  -  2001年08月22日

  • Project Structure and Development Methodology Toward The IT Revolution -- Lesson from Practice -- 招待有り 査読有り

    Masanobu Umeda,Isao Nagasawa

    Proceedings of the Fourth Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering   1 - 8   2000年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Brno, Czech Republic   2000年09月12日  -  2000年09月14日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • A Design Support System for Manufacturing Design of Welding Vessel Object 査読有り

    Zhang Zhihua,Isao Nagasawa,Masamitsu Mochizuki,Hideyuki Yamaguchi,Masanobu Umeda

    The International Conference on Information Technology for Business Management   658 - 666   2000年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Beijing, China   2000年08月21日  -  2000年08月25日

  • 溶接製缶品の製作設計支援のための設計対象モデル 査読有り

    章志華,長澤勲,望月雅光,山口秀行,梅田政信

    情報処理学会論文誌   41 ( 1 )   123 - 135   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

  • プラント機器の基本設計支援のための知識表現モデル 査読有り

    山口 秀行,長澤 勲,梅田 政信,望月 雅光,章 志華

    情報処理学会論文誌   41 ( 11 )   3180 - 3192   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

▼全件表示

著書

  • Applications of Declarative Programming and Knowledge Management

    Hans Tompits, Salvador Abreu, Johannes Oetsch, Jörg Pührer, Dietmar Seipel, Masanobu Umeda, Armin Wolf(共編者(共編著者))

    Springer Berlin Heidelberg  2013年12月  ( ISBN:978-3-642-41523-4

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • Declarative Programming for Knowledge Management,Lecture Notes in Computer Science

    Masanobu Umeda,Armin Wolf,Oskar Bartenstein,Ulrich Geske,Dietmar Seipel,Osamu Takata(共編者(共編著者))

    Springer Science+Business Media  2006年04月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • 最適設計支援のための RPA を用いた鍛造金型設計案の評価手法に関する一考察

    岡本 遼太,梅田 政信,牟禮 雄二,片峯 恵一,柴井 悠佑

    第74回電気・情報関係学会九州支部連合大会  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 生産システムの系統的改善支援 -改善の機能と属性を絞り込むための生産システムのモデル化手法-

    安井 俊徳, 梅田政信

    信学技報 KBSE2021  2021年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月21日 - 2021年05月22日   記述言語:日本語  

  • 逐次鍛造方式を対象とした金型設計支援手法に関する一考察

    柴井 悠佑,梅田 政信,牟禮 雄二,片峯 恵一

    第73回電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語   開催地:九州産業大学  

  • ライフサイクル最適化に向けた空調熱源システムの運用支援知識ベースの構築

    松浪 佑宜, 相澤 直樹. 柴田 克彦, 畑田 隆宏, 梅田 政信

    令和2年度空気調和・衛生工学会大会  空気調和・衛生工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月16日 - 2020年09月18日   記述言語:日本語  

  • Preliminary Study on Process Planning Method for Non-Axisymmetrical Forged Products

    Noriaki Wakasugi

    International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2015)  Universiti Putra Malaysia and Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月23日 - 2015年11月24日   記述言語:英語   開催地:UPM, Malaysia  

  • Preliminary Study on Presumed Failure Causes and its Applications to Student Instruction in Design Exercises for Steel Deck Floors

    Hayato Yakushiji

    International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014)  Universiti Putra Malaysia and Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu, Japan  

  • Preliminary Study on Knowledge Modeling for the Hospital Discharge Support System MedLink

    Kazuhiro Yamaga

    International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2014)  Universiti Putra Malaysia and Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu, Japan  

  • 鋼構造設計教育支援のための適正解探索手法

    東 聖道

    火の国情報シンポジウム2012  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月15日 - 2012年03月16日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 設計初学者のための鋼構造設計教育支援システムにおける適正解探索支援手法

    東 聖道

    第64回電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 知識ベースを用いた特定保健指導のための自己管理支援システム

    情報創成工学専攻、広瀬智明

    第62回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 飯塚市  

  • 知識ベースシステムのための対話制御環境

    情報創成工学専攻、広瀬智明

    第62回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 飯塚市  

  • CCPM法を用いた継続的改善プロセスのモデリング

    情報創成工学専攻, 朝稲啓太

    信学技報 KBSE2008 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 知識ベースを用いた冷間鍛造におけるメタルフロー予測システムの開発

    本人

    第59回塑性加工連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 冷間鍛造金型設計支援知識ベースシステムの開発

    本人

    第59回塑性加工連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 知識情報処理システムのためのミドルウェア層の検討

    情報創成工学専攻

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日 - 2007年09月11日   記述言語:日本語   開催地: Malaysia クアラルンプール  

  • 物流センター業務のモデリングと設計方法 : 入出荷の構造変換に着目したモデリング

    情報創成工学専攻, 橋本慎太郎

    信学技報 KBSE2007 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 物流センター業務のモデリングと設計方法 : 設計パターンに着目した設計方法

    情報創成工学専攻, 江口貴紀

    信学技報 KBSE2007 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 臨床判断支援のための知識ベースシステムのアーキテクチャ

    本人

    第25回医療情報学連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月24日 - 2005年11月26日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 臨床判断支援システムのための薬剤知識の体系化と実装

    情報工学研究科

    第25回医療情報学連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月24日 - 2005年11月26日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 医療サービスの質的・経営的変革を誘導することを意図した臨床判断支援論理の実装と運用

    京都大学

    第24回医療情報学連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月26日 - 2004年11月28日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 臨床判断支援のための知識ベース開発環境と推論エンジンのJ2EE実装

    本人

    第23回医療情報学連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月22日 - 2003年11月24日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 臨床判断支援システムのための知識ベースの開発

    情報工学研究科

    第23回医療情報学連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月22日 - 2003年11月24日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 知識ベースシステム開発環境INSIDEと実用システムへの適用

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年12月12日 - 2002年12月13日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 自火報設計自動化のためのモデリングとその実装

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年12月12日 - 2002年12月13日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Web Application Framework for Toolkit-based GUI Programming

    本人

    Proceedings of Internet Conference 2002 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月31日 - 2002年11月01日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 知識ベースシステム開発環境 INSIDE

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年08月05日 - 1999年08月06日   記述言語:日本語   開催地: 東北大学  

▼全件表示

講演

  • 九州工業大学における実践的ソフトウェアエンジニアリング教育への取り組みと今後の展開

    TSP Users Group Meeting/SEI TSP Update Workshop  2015年12月 

     詳細を見る

    講演種別:その他   開催地:東京都品川区東品川  

  • PSP-ソフトウェア開発のプロフェッショナルを目指して

    情報処理学会九州支部若手の会セミナー2014,  2014年09月  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:福岡県宗像市  

  • 知識処理技術を活用した地域医療連携支援の取組み ー退院支援業務のシステム化を例としてー

    第16回BMIRC研究会  2014年06月  九州工業大学バイオメディカルインフォマティクス研究開発センター

     詳細を見る

    講演種別:その他   開催地:九州工業大学情報工学部  

  • 船殻3次元CADを用いた設計の知識化と自動設計に関する研究

    船舶設計における3次元CAD利用技術に関するセミナー  2013年04月  一般財団法人 日本海事協会

     詳細を見る

    講演種別:その他   開催地:佐世保  

学術関係受賞

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    情報処理学会九州支部   最適設計支援のための RPA を用いた鍛造金型設計案の評価手法に関する一考察   2021年09月

    岡本遼太

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀講演奨励賞

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会   ライフサイクル最適化に向けた空調熱源システムの運用支援知識ベースの構築   2020年10月16日

    松浪佑宜

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 論文奨励賞

    ソフトウェア技術者協会   2018年06月07日

    日下部 茂,梅田 政信,片峯 恵一,石橋 慶一

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    情報処理学会九州支部   2015年12月09日

    川東輝舟

     詳細を見る

    受賞国:日本国

その他競争的資金獲得実績

  • 軽量自動車部材の低コスト・高品質加工を実現する次世代鍛造法の開発

    2014年09月 - 2017年03月

    戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)   

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   プログラミング

  • 2021年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2021年度   情報通信工学プロジェクト研究

  • 2021年度   情報通信工学プロジェクト研究

  • 2021年度   プロジェクトマネジメント

  • 2021年度   大学院実践演習 I

  • 2021年度   大学院実践演習 Ⅱ

  • 2021年度   プロジェクトマネジメント特論

  • 2021年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2021年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2021年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2020年度   プログラミング

  • 2020年度   プロジェクトマネジメント

  • 2020年度   大学院実践演習 Ⅲ

  • 2020年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2020年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2020年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2020年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2020年度   情報通信工学プロジェクト研究

  • 2019年度   プログラミング

  • 2019年度   オブジェクト指向開発

  • 2019年度   大学院実践演習 I

  • 2019年度   大学院実践演習 Ⅱ

  • 2019年度   大学院実践演習 Ⅲ

  • 2019年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2019年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2019年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2019年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2018年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2018年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2018年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2018年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2018年度   大学院実践演習 Ⅲ

  • 2018年度   大学院実践演習 Ⅱ

  • 2018年度   大学院実践演習 I

  • 2018年度   オブジェクト指向開発

  • 2018年度   プログラミング

  • 2017年度   プロジェクトマネジメント特論

  • 2017年度   大学院実践演習 I

  • 2017年度   大学院実践演習 II

  • 2017年度   大学院実践演習 III

  • 2017年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2017年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2017年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2017年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2017年度   オブジェクト指向開発

  • 2016年度   オブジェクト指向開発

  • 2016年度   プロジェクトマネジメント特論

  • 2016年度   情報創成特論 II

  • 2016年度   大学院実践演習 I

  • 2016年度   大学院実践演習 II

  • 2016年度   大学院実践演習 III

  • 2016年度   情報創成講究

  • 2016年度   情報創成特別実験及び演習

  • 2016年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2016年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2016年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2016年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2015年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2015年度   プログラミング

  • 2015年度   プロジェクトマネジメント特論

  • 2015年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2015年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2015年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2015年度   大学院実践演習 III

  • 2015年度   大学院実践演習 II

  • 2015年度   大学院実践演習 I

  • 2015年度   情報創成特論 II

  • 2015年度   オブジェクト指向開発

  • 2015年度   プロジェクトマネジメント302

  • 2015年度   プロジェクトマネジメント301

  • 2014年度   企業実習 II

  • 2014年度   企業実習 III

  • 2014年度   企業実習Ⅰ

  • 2014年度   企業実習 IV

  • 2014年度   大学院実践演習 II

  • 2014年度   オブジェクト指向開発

  • 2014年度   プロジェクトマネジメント302

  • 2014年度   プロジェクトマネジメント301

  • 2014年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2014年度   大学院実践演習 I

  • 2014年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2014年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2014年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2014年度   大学院実践演習 III

  • 2014年度   プロジェクトマネジメント特論

  • 2014年度   プログラミング

  • 2013年度   プロジェクトマネジメント301

  • 2013年度   企業実習 III

  • 2013年度   企業実習 II

  • 2013年度   企業実習Ⅰ

  • 2013年度   企業実習 IV

  • 2013年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2013年度   大学院実践演習 II

  • 2013年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2013年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2013年度   プロジェクトマネジメント302

  • 2013年度   大学院実践演習 I

  • 2013年度   大学院実践演習 III

  • 2013年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2013年度   プロジェクトマネジメント特論C

  • 2012年度   プロジェクトマネジメント302

  • 2012年度   パーソナルソフトウエアプロセス計画演習

  • 2012年度   パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2012年度   プロジェクトマネジメント301

  • 2012年度   チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2012年度   チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2012年度   大学院実践演習 I

▼全件表示

FD活動への参加

  • 2014年09月   実践的ソフトウェア教育コンソーシアム FDキャンプ2014

その他教育活動

  • SEI認定PSPインストラクタ資格更新

    2018年04月
    -
    2020年03月
  • SEI-Certified PSP Developer資格更新

    2016年04月
    -
    2019年03月
  • SEI認定PSPインストラクタ資格更新

    2016年04月
    -
    2018年03月
  • SEI認定PSPインストラクタ資格更新

    2014年04月
    -
    2016年03月
  • SEI-Certified PSP Developer資格更新

    2013年04月
    -
    2016年03月
  • SEI認定PSPインストラクタ資格更新

    2012年04月
    -
    2014年03月
  • SEI-Certified PSP Developer資格更新

    2010年04月
    -
    2013年03月

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 6th International Conference on Enterprise Architecture and Information Systems (EAIS2021)   Program Committee  

    2021年07月

  • ソフトウェア・シンポジウム2021   プログラム委員長  

    2020年10月 - 2021年06月

  • ソフトウェア・シンポジウム2020   プログラム委員  

    2019年12月 - 2020年06月

  • 22nd International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP 2019)   Program Committee  

    2019年09月

  • 情報処理学会   九州支部長  

    2019年04月 - 2021年03月

  • ソフトウェア・シンポジウム2019   プログラム委員  

    2019年01月 - 2019年06月

  • 情報処理学会   九州支部委員  

    2018年04月 - 2019年03月

  • 21st International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP 2017)   Program Committee  

    2017年09月

  • プロジェクトマネジメント学会   平成29年度秋季研究発表大会実行委員会 実行副委員長  

    2017年08月 - 2017年09月

  • プロジェクトマネジメント学会   九州副支部長  

    2017年02月 - 現在

  • プロジェクトマネジメント学会   九州支部長  

    2015年05月 - 2017年01月

  • プロジェクトマネジメント学会   代議員  

    2014年12月 - 2016年11月

  • 20th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP 2013)   Program Committee  

    2013年09月

  • The 19th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP2011)   Program Committee  

    2011年09月

  • 情報処理学会   九州支部幹事  

    2011年04月 - 2013年03月

  • The 18th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP2009)   Program Committee  

    2009年11月

  • 精密工学会   知識工学とCAD専門委員会 委員長  

    2007年12月 - 2014年01月

  • The 17th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP2007)   Program Committee  

    2007年10月

  • The 16th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP2005)   Program Co-Chair  

    2005年10月

  • 第17回設計シンポジウム   運営委員  

    1999年04月 - 2000年03月

  • The 12th International Conference on Applications of Prolog   Program Committee  

    1999年04月

  • The First International Conference and Exhibition on The Practical Application of Constraint Technology and Logic Programming   Program Committee  

    1999年04月

  • 精密工学会   知識工学とCAD専門委員会 幹事  

    1991年04月 - 2007年03月

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • The 16th International Conference on Applications of Declarative Programming and Knowledge Management (INAP2005)

    INAP Organizing Committee  2005年10月22日 - 2005年10月24日