谷川 洋文 (タニガワ ヒロフミ)

TANIGAWA Hirofumi

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

伝熱

研究室電話

093-884-3136

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 1

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月   九州工業大学   工学部   第二部機械工学科   卒業   日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本伝熱学会  日本国

  • 1995年01月
    -
    継続中
     

    日本熱物性学会  日本国

  • 2019年07月
    -
    継続中
     

    日本雪工学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 伝熱工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 気泡微細化沸騰の発生機構に関する研究

    中村 仁, 鶴田 隆治, 谷川 洋文

    日本機械学会論文集    84 ( 859 )   2018年03月  [査読有り]

  • MEB における発生気泡について

    川上 健大, 中村 仁, 鶴田 隆治, 谷川 洋文

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム  ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Microbubble emission boiling (MEB) has attracted attention because of high heat flux exceeding CHF. Even though the subcooling conditions the fine bubbles do not condense, which shows that the bubbles should be non-condensable gasses. Therefore, in this paper, we carried out the boiling experiment by using ultra pure water and distilled water to examine the effect of dissolved gasses. And we discussed on the heat transfer mechanism of MEB based on the boiling curves and the observation of bubbles behaviors with use of high-speed camera. In both cases, we observed the fine bubbles in the subcooled water with little difference.

    DOI CiNii

  • Paper Shrinkage after Fusing Process in Electrophotography

    Shunichi Oohara,Makoto Wada,Hirofumi Tanigawa,Takaharu Tsuruta

    proceedings of the Fourth International Forum on Heat Transfer      2016年11月  [査読有り]

    Japan  Sendai  2016年11月  -  2016年11月

  • Effects of Heating Methods on Drying Performance and Shrinkage Deformation of Foods (Comparison between Microwave and Warm-Air Heating)

    Keita Yamawaki,Akiyoshi Nakakura,Hirofumi Tanigawa,Takaharu Tsuruta

    proceedings of the Fourth International Forum on Heat Transfer      2016年11月  [査読有り]

    Japan  Sendai  2016年11月  -  2016年11月

  • Possibility of cryopreservation of medaka eggs using liquid meniscus

    Tsuruta T., Sano H., Tanigawa H.

    Journal of Thermal Science and Technology    11 ( 3 ) 1 - 8   2016年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2016 The Japan Society of Mechanical Engineers.The cryopreservation of fish eggs is an important subject in the field of fishery and preservation of biological species. Thus far, there has been no success in the preservation of fish eggs because of the large size of the eggs and the thick external shell. This paper discusses the effectiveness of using the liquid meniscus formed around the egg for protecting its morphology. Freezing and thawing experiments of medaka eggs were performed under different freezing conditions, and the hatching rate of the egg was examined. Before freezing, the eggs were dehydrated at room temperature in order to reduce the effect of volume expansion caused by freezing. It was confirmed that 100% of the eggs dehydrated by 15% or less were successfully hatched. In the freezing process, a medaka egg was placed on a hydrophobic cooling plate and a thin liquid meniscus was formed around the hydrophilic egg surface. An aqueous solution of trehalose was used as the liquid meniscus as well as a cryoprotectant to prevent damage caused by freezing. Cryopreservation of the egg was not successfully performed for all processes, including intracellular freezing; however, 80% of the eggs were alive even after freezing of the external meniscus. Therefore, it is confirmed that the liquid meniscus is effective for the cryopreservation of the external shell. The liquid meniscus can reduce the physical stress due to extracellular ice growth. Moreover, since the liquid meniscus system has a low heat capacity, the thermal process is easy to control compared to the conventional method. We concluded that the present method can be used for the cryopreservation of fish eggs.

    DOI Scopus CiNii

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • サブクールプール沸騰における遷移沸騰の伝熱機構について

    坂本 祥介,谷川 洋文,鶴田 隆治

    熱工学コンファレンス2020  2020年10月  -  2020年10月    日本機械学会

  • 食品乾燥におけるガラス転移と収縮変形の関係

    石橋 涼汰, 沼田 拓也, 谷川 洋文, 鶴田 隆治

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年06月  -  2020年06月    日本伝熱学会

  • 根菜類のマイクロ波真空乾燥における収縮抑制に関する研究

    石橋 涼汰, 沼田 拓也, 谷川 洋文, 鶴田 隆治

    熱工学コンファレンス2019  2019年10月  -  2019年10月    日本機械学会

  • アルギン酸カプセルを用いた魚卵のモデル化と凍害防御剤の効果の検証

    深谷 淳司, 相江 隆広, 谷川 洋文, 鶴田 隆治

    熱工学コンファレンス2019  2019年10月  -  2019年10月    日本機械学会

  • 空間制限によるMEB遷移時の伝熱面気泡挙動観察

    川上 健大, 坂本 祥介, 谷川 洋文, 矢吹 智英, 鶴田 隆治

    熱工学コンファレンス2019  2019年10月  -  2019年10月    日本機械学会

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ビニールハウス

    特願 特願2014-217469  特許 6443973  日本国

    谷川洋文

  • 固体高分子形燃料電池

    特願 特願2014-99781  特許 6529330  日本国

    谷川洋文,鶴田隆治

  • 固体高分子形燃料電池

    特願 '特願 2009-003135  特許 特許第5234461号  日本国

    谷川洋文,鶴田隆治

     概要を見る

    発電に必要な水分を自己管理する機能を有する固体高分子形燃料電池

  • 断熱と伝熱を行なう壁構造体

    特願 '特願2001-119354号  特許 特許第4939694号  日本国

    増岡隆士,谷川洋文,中村裕章,大西満春,右田慎司,島田義充

講演 【 表示 / 非表示

  • 木質系バイオマスを活用した日本農業のグリーンエネルギー化実験

    日本伝熱学会創立50周年記念 九州支部講演会 「これからのエネルギー開発と伝熱技術」 ( 福岡市 福岡大学 )  2012年03月09日  日本伝熱学会九州支部

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 温湯暖房ハウス開発

    日本農業新聞  2018年01月19日

    谷川洋文

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 燃料電池内部の水分量を適正に動的コントロールできる可変ガス流路の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560236

  • 環境温度変化に応じて構造と性能が自動的に変化するインテリジェント断熱材の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2001年04月  -  2003年03月

    研究課題番号:  13750176

  • 気液相変化理論に基づくナノ・ミクロスケール乾燥モデルの構築と新規乾燥技術開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17360099

  • マイクロ波による細胞内凍結の制御と凍結保存技術への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2001年04月  -  2004年03月

    研究課題番号:  13450086

  • 水の気液界面物質伝達機構の分子動力学解析と毛細管実験による検証

    基盤研究(C)

    研究期間:  1999年04月  -  2001年03月

    研究課題番号:  11650228

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 積雪時における給湯管ビニール ハウス構造体の融雪ならびに暖房効果の検証

    共同研究

    研究期間:  2020年05月  -  2021年03月

     概要を見る

    ビニールハウスの枠組みを給湯管で構成するビニールハウスを提案している(特開2016-82906,下図).そこで,北陸,東北等で発生する積雪によるビニールハウスの倒壊をこの給湯管ビニールハウスの給湯による融雪効果で防ぐことが出来ないか,実験による検証を行う.

  • 積雪時における給湯管ビニール ハウス構造体の融雪ならびに暖房効果の検証

    共同研究

    研究期間:  2019年05月  -  2020年03月

     概要を見る

    ビニールハウスの枠組みを給湯管で構成するビニールハウスを提案している(特開2016-82906,下図).そこで,北陸,東北等で発生する積雪によるビニールハウスの倒壊をこの給湯管ビニールハウスの給湯による融雪効果で防ぐことが出来ないか,実験による検証を行う.

  • 積雪時における給湯管ビニール ハウス構造体の融雪ならびに暖房効果の検証

    共同研究

    研究期間:  2018年05月  -  2019年03月

     概要を見る

    ビニールハウスの枠組みを給湯管で構成するビニールハウスを提案している(特開2016-82906,下図).そこで,北陸,東北等で発生する積雪によるビニールハウスの倒壊をこの給湯管ビニールハウスの給湯による融雪効果で防ぐことが出来ないか,実験による検証を行う.

  • 小型廃棄物発電装置の製品化に向けての共同研究

    共同研究

    研究期間:  2016年11月  -  2017年12月

     概要を見る

    小型ガス化焼却炉から出る排熱を利用し,それを熱源として動作するスターリングエンジン発電機を製品化するための研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 格子ガス法による燃料電池内物質移動三次元解析シミュレータの研究開発

    提供機関:  独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

     概要を見る

    固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  機械工学PBL

  • 2019年度  機械工学実験Ⅱ

  • 2019年度  機械工学実験Ⅱ

  • 2018年度  機械工学PBL

  • 2018年度  機械工学実験Ⅱ

全件表示 >>